ユーザーマニュアル HP - Remote Graphics 6.0

background image

コラボレーション

RGS では、プライマリ ユーザーは、自分のデスクトップ セッションを複数のローカル ユーザーと
同時に共有できます

12 ページの 一対多の接続

を参照してください)

。この機能は、教室での授業、

デザインの検討、テクニカル サポートなど、さまざまなコラボレーションで利用できます。

コラボレーション セッションの作成

プライマリ ユーザーが自分のデスクトップ セッションに接続することを

1 人または複数のローカ

ル ユーザーに許可する場合、コラボレーション セッションが作成されます。これによって、すべて
のユーザーがプライマリ ユーザーのデスクトップを表示し、使用できるようになります

51 ページの図 5-8 「複数のローカル ユーザーがプライマリ ユーザーのデスクトップを表示し

て操作できる」

を参照してください)。

5-8

複数のローカル ユーザーがプライマリ ユーザーのデスクトップを表示して操作できる

1

リモート コンピューター:

RGS Sender をホストします。Sender は、リモート コンピューターのデス

クトップ セッションをローカル コンピューター上の

RGS Receiver に送信します

2

プライマリ ローカル ユーザー:このユーザーはリモート コンピューターにログインされ、セッション
に参加しているセカンダリ ローカル ユーザーを認証する必要があります。

3

セカンダリ ログイン ユーザー:このユーザーは、プライマリ ローカル ユーザーから認証されると、そ
のユーザーのリモート デスクトップ セッションを表示できます。

マウスやキーボードを現在制御しているユーザーをフロア所有者と呼びます。デスクトップを操作
できるのは、一度に

1 人のユーザー(フロア所有者)だけです。フロア所有者を移行するには、現在

のフロア所有者がキーボードやマウスの操作を一定期間(

0.5 秒間)停止する必要があります。現在

のフロア所有者がこの

0.5 秒間が過ぎた後も操作を停止している間に、別のユーザーがキーボードま

たはマウスを使用すると、フロアの所有権が新しいユーザーに移行します。

コラボレーション セッションでは、フロア所有者のローカル カーソルの形が変わります。他のリ
モート ユーザーのローカル カーソルの形は変わらず、リモート表示ウィンドウにはリモート カー
ソルが表示されます。

コラボレーション

51

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.