オーナーマニュアル HP - Designjet Z3200 Photo

background image

HP Designjet Z3200 Photo プリンタ シリ
ーズ

クイック

リファレンス ガイド

次へ

目次

  • p. 1/64
    HP Designjet Z3200 Photo プリンタ シリーズ クイック リファレンス ガイド
  • p. 2/64
    法律に関する注記 ここに記載した内容は、予告なしに変更することがあります。 HP 製品およびサービスの保証は、該当する製品およびサービスに付属する明示された保証書の記載内容に限られるものとします。本書中のいかなる記載も、付加的な保証を構成するものとして解釈されないものとします。弊社は、本書に含まれる技術上または編集上の誤りおよび欠落について、一切責任を負うものではありません。 USB 2.0 high-speed certified. 商標 Adobe®、Adobe Photoshop®、および Adobe®PostScript®
  • p. 3/64
    目次 1 はじめに 安全に関する注意事項 .................................................................................... 1 HP スタートアップ キット ............................................................................. 1プリンタのマニュアル ....................................................................................
  • p. 4/64
    用紙が詰まっている ..................................................................................... 34 9 印刷品質に関するトラブルシューティング 一般的なヒント ............................................................................................. 37 イメージに横線 (バンディング) が見られる .................................................
  • p. 5/64
    1 はじめに 安全に関する注意事項 次の注意事項に従うことにより、プリンタを適切に使用してプリンタの故障を防ぐことができます。常にこれらの注意事項に従ってください。 ● 製品プレートに示された電源電圧を使用してください。プリンタの電源コンセントに複数のデバイスを接続して、過負荷をかけないようにしてください。 ● 必ずプリンタを接地してください。プリンタを接地しないと、感電、発火、電磁妨害の影響を受ける可能性があります。 ● プリンタを分解または修理しないでください。サービスについては、 HP カ スタマー・ケア・センターにお問い合わせください
  • p. 6/64
    使い方 』を参照してください。このマニュアルは http://www.hp.com/go/z3200/ manuals/ および http://www.hp.com/go/z3200ps/manuals/ から入手できます。『 ク イック リファレンス ガイド 』には、一般的に必要とされる情報が記載されてお り、印刷されたマニュアルとしてプリンタと共に提供されます。 フロントパネル プリンタのフロントパネルは、プリンタ前面の中央にあります。フロントパネルには、以下の重要な機能があります。 ● トラブルシューティングのための情報アシスト。
  • p. 7/64
    3. OK ボタン - 手順の実行中または操作中に操作を確定します。メニューでサ ブメニューを表示します。オプションがある場合に値を選択します。 4. 戻る ボタン - 手順実行中または操作中に前の手順に戻ります。上位レベルに 移動する、メニューのオプションから外れる、またはオプションがある場合に使用します。 5. 下矢印 ボタン - メニューまたはオプション内を下に移動したり、数値を減ら します (たとえば、フロントパネルの表示コントラストや IP アドレスを設定 する場合 )。 6. 上矢印 ボタン
  • p. 8/64
    プリンタ ソフトウェア このプリンタには、以下のソフトウェアが付属しています。 ● PCL3 ラスタ プリンタ ドライバ ● PostScript プリンタ ドライバ (Z3200ps のみ) ● HP Printer Utility ( 6 ページの 「HP Printer Utility にアクセスする」 を参 照 ) を使用すると、以下を実行できます。 ◦ HP Color Center を使用してのカラーを含むプリンタ管理 ◦ ジョブ キューの管理 (Z3200ps のみ) (『 プリンタの使い方
  • p. 9/64
    2 プリンタのカスタマイズ プリンタの電源をオン /オフにする ヒント: プリンタの電源をオンにしたままでも電力は無駄になりません。電源 をオンのままにすることにより、応答時間とシステム全体の信頼性が向上します。一定時間 (デフォルトの時間は Energy Star によって指定されます) 使用しな い場合、プリンタはスリープ モードに移行して電力を節約します。ただし、プリ ンタのフロントパネルの表示で何らかの操作を行うと直ちにアクティブ モードに 戻り、印刷を再開することができます。スリープ モード時間を変更するには、
  • p. 10/64
    電源を入れ直すには、背面の電源スイッチを使用します。 プリンタの電源を入れ直すと、初期化、およびプリントヘッドのチェックと準備に約 3 分間かかります。プリントヘッドの準備には、約 1 分 15 秒かかります。 ただし、プリンタを 6 週間以上使用していない場合は、プリントヘッドの準備に 最大 1 時間かかることがあります。 HP Printer Utility にアクセスする HP Printer Utility を使用すると、USB 接続または TCP/IP を使用してコンピュータからプリンタを管理できます。
  • p. 11/64
    内蔵 Web サーバは、以下のブラウザでアクセスできます。 ● Internet Explorer 6 以降 (Windows) ● Netscape Navigator 6.01 以降 ● Mozilla 1.5 以降 ● Mozilla Firefox 1.0 以降 ● Safari 2 以降 (Mac OS) コンピュータ上で内蔵 Web サーバにアクセスするには、Web ブラウザを開き、 プリンタのアドレスを入力します。プリンタのアドレス (http: から始まる) は、 フロントパネルのステータス画面で確認できます。
  • p. 12/64
    3 用紙の取り扱い ロール紙をスピンドルに取り付ける 注意: 用紙トレイが閉まっていることを確認してください。 1. スピンドルの右端をプリンタから取り外し、次に左端を取り外します。 警告! 取り外し作業の最中に、スピンドル サポートに指を入れないでくだ さい。 2. スピンドルの両端には、ロール紙を正しい位置に固定するストッパが付いています。青いストッパは、新しいロール紙を取り付けるために取り外すことができます。また、どのような幅のロール紙でも固定できるように、スピンドルに沿ってスライドさせることができます。スピンドルの端から青い用紙ストッパを取り外します。
  • p. 13/64
    3. 厚紙製 3 インチ芯のロール紙を使用する場合、プリンタに同梱されている芯 アダプタを取り付けます。 4. ロール紙が長い場合は、スピンドルを台の上に水平に置いて、取り付けるようにしてください。 ヒント: 大きなロール紙の作業には、 2 人必要な場合があります。 5. 新しいロール紙をスピンドルに取り付けます。用紙の向きは、図のようになるように注意してください。向きを間違えた場合は、ロール紙を外して 180 度回転し、取り付け直します。スピンドルには、正しい向きを示すラベルが貼付されています。 注記:
  • p. 14/64
    ことができます。追加のスピンドルは別途購入できます ( 32 ページの 「アクセ サリ」 を参照 )。 ロール紙をプリンタに取り付ける ロール紙を取り付けるには、 2 つの方法があります。簡単な取り付け手順をお勧 めします。 注記: この手順を始める前に、ロール紙をスピンドルに取り付けておく必要が あります。 8 ページの 「ロール紙をスピンドルに取り付ける」 を参照してくださ い。 簡単な取り付け手順 1. プリンタの後ろに立ち、左側のロール紙ホルダーにスピンドルの黒い端を載せます。ロール紙ホルダーに、スピンドルの端を完全に入れないでください。
  • p. 15/64
    3. 両手を使って、スピンドルを両端のロール紙ホルダーに同時に押し込みます。スピンドルは所定の位置にぴったりはまります。 4. ロール紙の端が切れている場合 (ロール紙の端を固定するためのテープが原 因で起こる場合があります )、またはまっすぐでない場合、用紙をカット用の 溝からカットする分だけ送り、カッターを使用してまっすぐにカットします。 ヒント: まっすぐでないと用紙を正しく取り付けることができないため、 用紙をできるだけ直線にカットします。 5. 用紙の端をフィーダに挿入します。 注意: プリンタの用紙経路に指を入れないでください。
  • p. 16/64
    6. スピンドルをフィーダの方向に感触があるまで回します。プリンタが用紙を検出して、用紙をプリンタに自動的に給紙します。 7. 用紙がプリンタに給紙されると、ロール紙またはカット紙のどちらを取り付けるかを尋ねるメッセージがフロントパネルに表示されます。 上矢印 およ び 下矢印 ボタンを使用して[ロール紙]を選択し、 OK ボタンを押します。 8. 用紙のカテゴリおよび種類を選択します。 ヒント: 用紙リストに表示されない用紙の種類を取り付けた場合は、 『 プ リンタの使い方 』を参照してください。 9.
  • p. 17/64
    12. ロール上で用紙がたるんでいる場合は、ピンと張るまでスピンドルの端で軽く巻き直します。 注記: 用紙の取り付けのいずれかの段階で予期しない問題が発生した場合は、 『 プリンタの使い方 』を参照してください。 ヒント: 印刷した用紙がバスケットに落ちると、破れたり、別の印刷された用 紙のインクが付着することがあります。これを防止するには、印刷された用紙がカットされたらすぐに取り出し、バスケットに入らないようにしてください。別な方法として、自動カッターをオフにし (『 プリンタの使い方 』を参照 )、
  • p. 18/64
    4. [ロール紙の取り付け] を選択します。 5. 簡単な取り付け手順の 9 以降を実行します ( 12 ページの 用紙のカテゴリお よび種類を選択します。 を参照 )。 ロール紙を取り外す ロール紙を取り外す前に、ロールに用紙があるかどうか、または用紙の終端がロールからすでに外れているかどうかを確認し、以下に説明する適切な手順に従ってください。 ヒント: 印刷中は用紙に触れないでください。印刷品質に問題が発生する原因 となります。 ロールに用紙がある場合の 用紙の取り外し ボタンの手順 ロールに用紙がある場合は、以下の手順に従ってください。
  • p. 19/64
    2. [用紙の取り外し] を選択します。 3. 用紙の取り外し ボタンの手順 2 から実行します。 ロールに用紙がない場合の手順 用紙の終端がロールからすでに外れている場合は、以下の手順に従ってください。 1. すでに用紙の取り外しを開始している場合は、フロントパネルの キャンセ ル ボタンを押して、その手順をキャンセルします。 2. 左側の青いレバーを上げます。フロントパネルにレバーに関する警告が表示された場合は、無視してください。 3. プリンタから用紙を引き出します。用紙に触れることができる場所から引き出します。プリンタの背面から引き出すことをお勧めします。
  • p. 20/64
    2. フィーダにカット紙を挿入します。カット紙を取り付け線に合わせて取り付け、それ以上入らなくなるまで用紙を挿入し、厚手のカット紙では感触があるまで挿入します。プリンタは、カット紙を 3 秒で検出します。フロントパ ネル ディスプレイで秒読みが開始されます。 注意: プリンタの用紙経路に指を入れないでください。 3. 秒読み後、用紙がプリンタに給紙されます。カット紙がまっすぐ挿入されるように手を添えます。これは、特に厚手用紙で重要です。 4. ロール紙、カット紙 (スキュー チェックあり)、カット紙 (スキュー
  • p. 21/64
    5. 用紙のカテゴリおよび種類を選択します。 ヒント: 用紙リストに表示されない用紙の種類を取り付けた場合は、 『 プ リンタの使い方 』を参照してください。 6. [用紙の取り付け] メニューで [カット紙、スキュー チェックあり] を選択すると、プリンタによって位置調整の確認とカット紙の測定が行われます。 注記: カット紙の長さによっては、プリンタ前面に排紙されます。 [カット紙、スキュー チェックなし] を選択した場合は、手動でカット紙の位置調整を行う必要があります。 7. 用紙が正しく取り付けられると、フロントパネルに「印刷可能です」というメッセージが表示され、プリンタが印刷できる状態になります。用紙がまっすぐ取り付けられていない場合は、フロントパネルに表示される指示に従います。
  • p. 22/64
    用紙のメニューの手順 用紙の取り付け方法には、用紙のメニューから行う方法もあります。 1. 簡単な取り付け手順の 1 を実行します。 2. メニュー ボタンを押してメイン メニューに戻り、[用紙] アイコン を選 択します。 3. [用紙の取り付け] を選択します。 18 第 3 章 用紙の取り扱い JAWW 用紙の取り扱い
  • p. 23/64
    4. [カット紙、スキュー チェックあり] または [カット紙、スキュー チェックなし ] を選択します。 注記: [カット紙、スキュー チェックあり] オプションを選択することをお 勧めします。 注記: スキュー チェックなしで取り付ける場合、印刷プレビューが正しく 機能しない可能性があります。 24 ページの 「印刷をプレビューする」 を 参照してください。 5. 簡単な取り付け手順の 5 以降を実行します ( 17 ページの 用紙のカテゴリお よび種類を選択します。 を参照 )。 カット紙を取り外す
  • p. 24/64
    用紙のメニューの手順 用紙のメニューからカット紙を取り外すこともできます。 1. メニュー ボタンを押してメイン メニューに戻り、[用紙] アイコン を選 択します。 2. [用紙の取り外し] を選択します。カット紙がプリンタの前面に排紙されます。手動で取り出すか、バスケットに落としておくことができます。 20 第 3 章 用紙の取り扱い JAWW 用紙の取り扱い
  • p. 25/64
    4 印刷 印刷品質を選択する 高品質の印刷では印刷速度が遅くなりますが、高速の印刷では印刷品質が低下するので、プリンタにはさまざまな印刷品質オプションが用意されています。 したがって、標準の印刷品質セレクタはスライダになっており、これを使用して品質および速度間の選択が可能です。 その他の方法としては、カスタム オプションの [高品質]、[標準]、および [高速] の中から選択することができます。印刷品質に影響する 3 つの追加のカスタム オ プションである [高精細]、[パスの拡張]、および[グロス エンハンサ]
  • p. 26/64
    注記: コンピュータで印刷品質が設定されている場合、フロントパネルで 設定した印刷品質よりもこちらが優先されます。 注記: プリンタに送信中または送信済みのページの印刷品質は、印刷がまだ開 始されていない場合でも変更できません。 用紙サイズを選択する 用紙サイズは、以下の方法で指定することができます。 注記: ここでは、文書が作成された用紙サイズを指定する必要があります。印 刷のために文書を拡大縮小できます。『 プリンタの使い方 』を参照してください。 ● Windows ドライバのダイアログの場合:[用紙/品質]
  • p. 27/64
    [詳細設定] タブを選択し、[用紙/出力] - [用紙サイズ] を選択します。用紙サイズのリストから [PostScript カスタム ページ サイズ] を選択し、 用紙の寸法を指定して [OK] をクリックし、PostScript カスタム ペー ジ サイズの新しい寸法を保存します。この寸法は、[用紙/品質] タブの 使用可能なカスタム サイズのリストに表示されます。新しいページ サ イズは、現在のアプリケーションを終了するまで保存されます。その後も PostScript カスタム ページ サイズはリストに表示されますが、その
  • p. 28/64
    ● [内容をマージンでクリップ]イメージに白いフチがあり、サイズが選択した用紙サイズと同じ場合は、このオプションを使用します。白いフチはプリンタによってマージンとして使用され、ドライバで選択したページサイズと同じサイズのページが得られます。 ● [フチ無し]イメージは、選択したサイズのページにマージンなしで印刷されます。イメージは、イメージの端と用紙の端の間にマージンが残らないように、若干拡大されます。 [プリンタで自動] を選択した場合、この拡大は自動 的に行われます。 [アプリケーションで手動] を選択した場合、アプリケーシ
  • p. 29/64
    ◦ [印刷プレビューの表示] オプションをクリックします。このオプションは、ドライバの [印刷機能のショートカット] タブ、[用紙/品質] タブ、 および [機能] タブにあります。印刷前にプレビューが表示されます。 印刷設定およびイメージのレイアウトを確認し、印刷を継続するには[印刷] をクリックします。ジョブをキャンセルするには [キャンセル]をクリックします。 ● Mac OS では、次のオプションで印刷をプレビューできます。◦ アプリケーションの印刷プレビュー オプションを使用します。 ◦ [プリント]
  • p. 30/64
    ◦ PCL3 ドライバを使用している場合は、[プリント] ダイアログ ボックスの下部にある [PDF] ボタンをクリックし、次に [HP 印刷プレビュー] を クリックします。ここでは、さらに機能が付加されたプレビューが提供されます。用紙サイズ、用紙の種類、印刷品質を変更したり、イメージを回転したりできます。以下を参照してください。 注記: HP 印刷プレビューは、Adobe InDesign、Adobe Illustrator、 Adobe Reader または Apple Aperture を使用する場合には利用できません。
  • p. 31/64
    5 カラーマネジメント カラーキャリブレーション カラーキャリブレーションを行うことによって、プリンタの特定のプリントヘッド、インク、および使用する用紙の種類に合わせて、また特定の環境条件に応じて、色調を統一することができます。カラーキャリブレーションを行うと、異なる場所にある 2 つのプリンタから同じ内容の印刷物を出力することができます。 キャリブレーションは、以下の場合に実行してください。 ● プリントヘッドを交換した場合 ● 現在のプリントヘッドでキャリブレーションを実行したことがない新しい用紙の種類を使用する場合
  • p. 32/64
    キャリブレーション ステータスの確認 現在取り付けられている用紙のカラーキャリブレーション ステータスは、フロン トパネルの 取り付けられている用紙の表示 ボタンを押すことで、いつでも確認で きます。ステータスは以下のいずれかになります。 ● ペンディング:この用紙でキャリブレーションが実行されていません。 注記: プリンタのファームウェアを更新した場合、すべての用紙のカラー キャリブレーション ステータスはペンディングにリセットされま す。 30 ページの 「ファームウェアをアップデートする」 を参照してくだ
  • p. 33/64
    この処理には 8 ~ 10 分ほどかかります。以下の手順で実行されます。 1. キャリブレーション テスト チャートが印刷されます。これには、プリンタ で使用される各インクのパッチが印刷されています。 2. チャートは、インクが乾いてカラーが安定するまでプリンタに保持されます。この時間は用紙の種類によって異なります。 3. チャートがスキャンされ、 HP 内蔵分光測光器で計測されます。 4. 分光測光器による計測結果を基に、必要な修正要素が算出され、その用紙の種類で再現性のあるカラー印刷を行うために適用されます。また、その用紙に使用される各インクの最大量も計算されます。
  • p. 34/64
    6 プリンタを保守する プリンタの外部をクリーニングする プリンタの外部や、通常の操作で触れるその他の部分のクリーニングには、湿らせたスポンジや柔らかい布と、研磨剤の入っていない液状の石鹸など、刺激の少ない家庭用洗剤を使用します。 警告! 感電を防ぐために、クリーニングの前に、プリンタの電源がオフになっ ていて、電源コードが抜いてあることを確認してください。プリンタ内部に水が入らないようにしてください。 注意: プリンタに研磨剤入り洗剤を使用しないでください。 インクカートリッジを保守する インクカートリッジは、通常の使用期間内であれば特別な保守は必要ありません。ただし、最高の印刷品質を維持するため、使用期限に達したカートリッジは交換してください。カートリッジが使用期限に達すると、プリンタのフロントパネルに表示されます。
  • p. 35/64
    ファームウェア ファイルをプリンタにアップロードする処理に非常に時間がかか る場合は、プロキシ サーバの使用がその原因であることがあります。その場合 は、プロキシ サーバを経由せずに内蔵 Web サーバに直接アクセスします。 ● Windows 版の Internet Explorer 6 を使用している場合は、[ツール] - [インターネット オプション] - [接続] - [LAN の設定] をクリックし、[ローカル アド レスにはプロキシ サーバーを使用しない] ボックスをオンにします。さらに 高度な設定を行うには、
  • p. 36/64
    7 アクセサリ サプライ品およびアクセサリ プリンタ用のサプライ品およびアクセサリについては、 Web サイト (下記を参 照 ) またはお近くの販売代理店にお問い合わせください。 インク サプライ品について オンラインでのご注文の際には、 http://www.hp.com/go/z3200/supplies/ または http://www.hp.com/go/z3200ps/supplies/ をご覧ください。お使いのプリンタでご 使用いただけるインクカートリッジとプリントヘッドの正しい名称と製品番号については、『
  • p. 37/64
    で使用できるアクセサリの正しい名称と製品番号については、 『 プリンタの使い 方 』を参照してください。 JAWW サプライ品およびアクセサリ 33 アクセサリ
  • p. 38/64
    8 用紙に関するトラブルシューティング 用紙が詰まっている 紙詰まりが起こると、通常、「紙づまりの可能性があります」というメッセージがフロントパネルに表示されます。 1. フロントパネルでプリンタの電源をオフにし、背面にある電源スイッチもオフにします。 2. ウィンドウを開きます。 3. プリントヘッド キャリッジを邪魔にならない場所に移動します。 4. 青いレバーを上がるところまで持ち上げます。 34 第 8 章 用紙に関するトラブルシューティング JAWW 用紙の問題
  • p. 39/64
    5. プリンタの上部から、詰まった用紙を慎重に取り除きます。 6. プリンタの後ろ側に立ち、ロール紙を巻き戻すか、プリンタからカット紙を引き出します。用紙が見えない場合は、プリンタの前に戻り、排紙トレイから用紙を取り除きます。 注意: 用紙を横に動かさないでください。横に動かすとプリンタが損傷す るおそれがあります。 7. 用紙の切れ端を慎重に取り除きます。 8. 青いレバーを押し下げ、透明なウィンドウを閉じます。 JAWW 用紙が詰まっている 35 用紙の問題
  • p. 40/64
    9. プリンタの電源を入れます。 10. ロール紙を取り付け直すか、新しいカット紙を取り付けます。 10 ページの 「ロール紙をプリンタに取り付ける」 または 15 ページの 「カット紙を取り 付ける」 を参照してください。 注記: プリンタ内に障害の原因となる用紙がまだ残っている場合は、作業をや り直し、用紙の切れ端すべてを慎重に取り除きます。 36 第 8 章 用紙に関するトラブルシューティング JAWW 用紙の問題
  • p. 41/64
    9 印刷品質に関するトラブルシューティング 一般的なヒント 印刷の品質に問題がある場合は、以下の項目を確認してください。 ● プリンタで最高のパフォーマンスを実現するために、 HP 純正のサプライ品 とアクセサリをお使いください。これは、純正品では信頼性とパフォーマンスが十分に検証されており、トラブルなく最高品質の印刷を実現できるためです。推奨する用紙についての詳細は、 32 ページの 「用紙について」 を参 照してください。 ● フロントパネルで選択されている用紙の種類が、プリンタに取り付けられている用紙の種類と同じであることを確認してください。これを確認するには、フロントパネルの
  • p. 42/64
    1. フロントパネルおよび使用しているソフトウェアで選択されている用紙と同じ種類の用紙が取り付けられていることを確認します。フロントパネルで確認するには、 取り付けられている用紙の表示 ボタンを使用します。 2. 目 的 に 適 し た 印 刷 品 質 設 定 を 使 用 し て い る か ど う か を 確 認 し ま す( 21 ページの 「印刷」 を参照 )。場合によっては、より高い印刷品質のレベル を選択することにより印刷品質の問題を解決できる場合があります。たとえば、 [印刷品質] のスライダを
  • p. 43/64
    1. フロントパネルおよび使用しているソフトウェアで選択されている用紙と同じ種類の用紙が取り付けられていることを確認します。フロントパネルで確認するには、 取り付けられている用紙の表示 ボタンを使用します。 2. 正しい印刷面に印刷しているかどうかを確認してください。 3. 適 切 な 印 刷 品 質 設 定 を 使 用 し て い る か ど う か を 確 認 し て く だ さ い( 21 ページの 「印刷」 を参照 )。場合によっては、より高い印刷品質のレベル を選択することにより印刷品質の問題を解決できる場合があります。たとえば、
  • p. 44/64
    印刷物の色が予期したものと一致しない場合、以下の方法を試してください。 1. フロントパネルおよび使用しているソフトウェアで選択されている用紙と同じ種類の用紙が取り付けられていることを確認します。フロントパネルで確認するには、 取り付けられている用紙の表示 ボタンを使用します。同時に、 カラーキャリブレーションのステータスを確認してください。ステータスが 「ペンディング」または「失効」の場合、カラーキャリブレーションを実行 する必要があります。 27 ページの 「カラーキャリブレーション」 を参照し てください。変更を加えた場合、問題が解決したか、ジョブを再印刷することができます。
  • p. 45/64
    ョブを SWOP 規格に準拠した印刷機で印刷することである場合、ジョブの作成 時にイメージを SWOP に変換します。 イメージの一部が印刷されない イメージの欠落は通常、取り付けられている用紙の実際の印刷可能な範囲と、ソフトウェアで認識されている印刷可能な範囲が一致していない場合に発生します。多くの場合、印刷をプレビューすることにより、この問題を印刷前に確認することができます ( 24 ページの 「印刷をプレビューする」 を参照 )。 ● 取り付けられた用紙サイズの実際の印刷可能領域を確認します。 印刷可能領域
  • p. 46/64
    これらのアプリケーションから、これより大きいイメージを印刷すると、イメージの下部がクリップされる可能性があります。イメージ全体を印刷するには、以下の推奨方法を実行します。 ● PostScript プリンタ ドライバ (Z3200ps のみ) でジョブを印刷したことがない場合は、それを試してみます。 ● Windows の PCL3 ドライバのダイアログには、[アプリケーションの最大解像度 ] というオプションがあり、このような状況で正しく印刷することがで きます。通常は、デフォルトの設定である [自動]
  • p. 47/64
    10 フロントパネルのエラー メッセージ フロントパネルの画面に、以下のメッセージのいずれかが表示される場合があります。その場合は、 [推奨] 列のヒントに従ってください。 ここに示されていないエラー メッセージが表示され、適切な対応が不明な場合 は、 HP サポートにお問い合わせください。 47 ページの 「HP サポートへのお 問い合わせ」 を参照してください。 表 10-1 テキスト メッセージ メッセージ 推奨 [カラー] カートリッジの使用期限が切れています カートリッジを交換してください。
  • p. 48/64
    メッセージ 推奨 [カラー] プリントヘッド #[n] での保証に関する警告です 間違った種類のインクを使用したことにより、プ リントヘッドの保証が無効になっている可能性が あります。 『 法律情報 』を参照してください。 IO エラー プリンタを再起動してください。問題が解決され ない場合は、 HP サポートにお問い合わせくださ い。 47 ページの 「HP サポートへのお問い合わ せ」 を参照してください。 IO/警告 再試行してください。それでも問題が解決されな い場合は、 HP サポートにお問い合わせくださ
  • p. 49/64
    表 10-2 数値エラー コード エラー コード 推奨 52:01 プリンタの内部クリーニングが必要です。 『 プリンタの使い方 』を参照して ください。問題が解決されない場合は、 HP サポートにお問い合わせくださ い。 47 ページの 「HP サポートへのお問い合わせ」 を参照してください。 61:01 ファイル形式が間違っているため、プリンタがジョブを処理できません。プ リンタのグラフィック言語設定を確認してください (『 プリンタの使い方 』を 参照 )。Mac OS から USB 接続経由で
  • p. 50/64
    エラー コード 推奨 94, 94.1 カラーキャリブレーションを再度行ってください。 27 ページの 「カラーキ ャリブレーション」 を参照してください。 98 プリントヘッドに問題がある可能性があります。 『 プリンタの使い方 』を参 照してください。 その他の任意のコード プリンタを再起動してください。問題が解決されない場合は、 HP サポート にお問い合わせください。 47 ページの 「HP サポートへのお問い合わ せ」 を参照してください。 表 10-2 数値エラー コード (続き) 46 第
  • p. 51/64
    11 HP カスタマー・ケア はじめに HP カスタマー・ケアは、その優れたサポート内容が評価され、受賞経験もあります。お使いの HP Designjet から常に最高の結果を得られるようなサポートをご 提供します。弊社は、サポートに関する幅広く信頼性の高い専門知識を有し、常に新しい技術を効果的に使用することで、細かなサポートをご提供します。サービスには、セットアップおよびインストールのサポート、トラブル解決のための情報提供、アップグレード保証、修理および交換サービス、電話と Web による サポート、ソフトウェアのアップデート、自己保守サービスなどがあります。
  • p. 52/64
    ◦ プリンタでお使いのインタフェースの種類 (USB、またはネットワー ク ) ◦ 現在使用中のソフトウェアの名前とバージョン ◦ 可能であれば、 [現在の設定の印刷]、[使用状況レポートの印刷]、およ び [サービス情報の印刷] から [上記の全ページを印刷] を印刷してくだ さい (『プリンタの使い方』を参照)。サポート センターからこれらのペ ージの FAX 送信をお願いする場合があります。 電話番号 HP サポートの電話番号は、Web で提供しています。 http://welcome.hp.com/
  • p. 53/64
    12 法律情報 Hewlett-Packard 無償保証書 HP 製品 無償保証期間 プリンタおよび関連 HP ハードウェア 1 年間 (お客様の新規購入日から。ただし、中古機を除く。 ) ソフトウェア 90 日間 (お客様の新規購入日から。ただし、中古機を除く。 ) プリントヘッド 製品に印刷されている「保証期限日」に達するま で、あるいはプリントヘッドで 1000ml の HP イ ンクを使い切るまでの、いずれか先に到達したと き。 インクカートリッジ HP インクを消費するまで、または製品に印刷されている「保証期限日」に達するまでの、いずれ
  • p. 54/64
    4. 弊社の限定保証は、製品を通常の用法に従って使用した結果発生した不具合に対してのみ適用されます。以下のような場合を含め、その他の問題には適用されません。a. お客様の不適切または不十分な保守または改造による場合。 b. 弊社が提供またはサポートしていないソフトウェア、インタフェース、メディア、部品、サプライ品を使用した場合。 c. 製品仕様または本マニュアルの記載の範囲外での製品操作に起因する場合。 d. 無断の改変または誤った使い方による場合。 クリーニング サービス、予防保守サービス (予防保守キットに含まれる部
  • p. 55/64
    9. お客様から故障したコンポーネント、部品、消耗品、メディア、およびハードウェア製品を弊社にご返却いただくまで、弊社には交換または返金の義務はありません。この無償保証による交換によって返却されたコンポーネント、部品、消耗品、メディア、またはハードウェア製品は、弊社の所有物となります。上記の内容にかかわらず、弊社は、故障したコンポーネント、部品、消耗品、メディア、またはハードウェア製品の返却をお客様に要求しない場合もあります。 10. 特に明記しない限り、地域の法律の定める範囲内において、弊社製品は、新しい材料、または新しい材料とパフォーマンスと信頼性において同等な使用済み材料を使用して製造される場合があります。弊社は、製品の修理または交換を行う際、
  • p. 56/64
    D. 国/地域別の法律 1. この無償保証は、特定の法的権利をお客様に与えるものです。米国とカナダでは州によって、またはその他の国 /地域ではその国/地域によってその他の 異なる権利が与えられる場合があります。お客様が有するその他の権利については、国 /地域の法律をご確認ください。 2. この無償保証の一部が特定の国 /地域の法律と一致していない場合は、その 国 /地域の法律に合致するよう修正されます。当該国/地域の法律上許されて いない場合を除き、本保証の条件は除外、制限、または変更されません。さらに、本保証の条件は、当該国
  • p. 57/64
    せん。本使用許諾条件に違反した場合、本ソフトウェアの供給元である第三者は、当該第三者の有する権利を保護することができます。 複写および翻案 お客様は、保存目的ならびに本ソフトウェアを許諾された範囲内 で使用するために複製または翻案が不可欠の手段であるときに限り、本ソフトウェアを複製または翻案することができます。本ソフトウェアに付されたすべての著作権表示は、すべての複製物または翻案物の上に表示されなければなりません。お客様は、本ソフトウェアを一般公開されているいかなるネットワーク上にも複製またはアップロードできません。
  • p. 58/64
    ダに収録されています。オープン ソース ソフトウェアの著作権は、それぞれの著 作権者が保有します。 オープン ソース ソフトウェア オープン ソースについて ● 本製品には、 Apache Software Foundation 社 ( http://www.apache.org/ ) が開 発したソフトウェアが含まれています。 ● com.oreilly.servlet のパッケージに含まれるソース コード、オブジェクト コード、および文書は、 Hunter Digital Ventures,LLC
  • p. 59/64
    規制適合モデル番号 適合する規制を識別する目的上、製品には規制適合モデル識別番号 (RMN) が割り 当てられています。この製品の規制適合モデル番号は、 BCLAA-0608 です。この 規制適合番号は、商品名 (HP Designjet プリンタなど) または製品番号 (Z####X など、 Z および X は任意の 1 文字、#は数字) とは異なるものです。 各規制のステートメント 欧州連合 環境関連情報 騒音 (ドイツ) Geräuschemission (Germany) LpA < 70
  • p. 60/64
    Note This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class Bdigital device, pursuant to part 15 of the FCC Rules.These limits are designed toprovide reasonable protection against harmful interference in a residentialinstallation.This
  • p. 61/64
    カナダ Electromagnetic compatibility (EMC)Normes de sécurité (Canada) Le présent appareil numérique n’émet pas de bruits radioélectriques dépassantles limites applicables aux appareils numériques de Classe B prescrites dans ler é glement sur le brouillage radio
  • p. 62/64
    台湾 環境関連情報 この HP 製品では、内部のマザーボードにリチウム電池が使用されています。使 用期間が過ぎたら、指定の方法に従って処理する必要があります。 中国 適合宣言 (DECLARATION OF CONFORMITY) ISO/IEC 17050-1 および EN 17050-1 に準拠 適合宣言番号 BCLAA-0608-05 供給者の名称: Hewlett-Packard Company 供給者の住所: Avenida Graells, 501 08174 Sant Cugat del
  • p. 63/64
    本製品は下記の製品仕様に一致します。 安全性: IEC 60950-1:2001 / EN 60950-1:2001 CAN/CSA 60950-1-07 / UL 60950-1-2007 EMC: CISPR 22:2005 / EN 55022:2006 Class B EN 55024:1998+A1:2001+A2:2003 EN 61000-3-2:2000 +A2:2005 / IEC 61000-3-2:2000 +A1:2001+A2:2004 EN 61000-3-3:1995+A1:2001
  • p. 64/64
    規格適合に関する問い合わせ先 EMEA における問い合わせ先:Hewlett-Packard GmbH, HQ-TRE, HerrenbergerStrasse 140, 71034 Böblingen, Germany. http://www.hp.com/go/certificates/ 米 国 で の 問 い 合 わ せ 先 : Hewlett-Packard Company, Corporate Product Regulations Manager, 3000 Hanover Street,
 
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.