オーナーマニュアル Acer - eDisplay Management

background image

Acer プロジェクタには強力なネットワーキ
ング ディスプレイ(LAN/WiFi、DLNA 等の
ソースを介して)、マルチメディア ディス
プレイ(メディア ソースを介して)

、USB デ

ィスプレイ(USB B ソースを介して)が備え
られています。

A. プロジェクタの設定

プロジェクタのキーパッドまたはリモコン

の「Source」ボタンを押します。ソース リ
ストが表示されますので、この中からソー

スを選択してください。

WiFi ディスプレイおよび DLNA 機能を使

用するためには、USB WiFi アダプタを USB

A ポートに挿入するか、または LAN ケー

ブルを繋ぎます(LAN ポートを備えた一部
のモデル)

「メディア」ソースを介して RAM、USB ハ
ンディ ドライブ、SD カードからマルチメ
ディア コンテンツを再生できます。

USB ディスプレイを使用する場合は、USB

B ポートに mini USB ケーブルを差し込ん

でください。

eDisplay

ソースとして LAN/WiFi を選択すると、
WiFi ディスプレイの「ようこそ」画面が表

示されます。「eDisplay セットアップ」
LAN/WiFi」メニューで設定を変更する
と、Acer プロジェクタを AP モード(デフ
ォルト)またはクライアント モードに設定
できます。

(1) LAN/WiFi 設定から AP モードを選択す

ると、プロジェクタを AP として機能さ
せることができます。「eDisplay」をタッ
プすると、次のスプラッシュ画面が表示

されます。次の情報を確認してくださ

い。プロジェクタ ID(有効にしたとき、
画面に 4 桁のランダムな番号が表示さ
れます)

、プロジェクタ名(SSID、デフォ

ルト名は AcerProjector)、WiFi IP(デフ
ォルトは 192.168.100.10

、セキュリティ

(デフォルトはなし)

調整が完了したら、

Apply(適用)/Enter

(入力)

」を押します。

プロジェクタ名(SSID):AcerProjectorXXX
WiFi IP
:192.168.100.10
セキュリティ:なし(デフォルト)
LAN IP:0.0.0.0(LAN ケーブル接続していない場合)

日本語

次へ

目次

  • p. 1/4
    Acer プロジェクタには強力なネットワーキング ディスプレイ(LAN/WiFi、DLNA 等のソースを介して)、マルチメディア ディスプレイ(メディア ソースを介して) 、USB デ ィスプレイ(USB B ソースを介して)が備えられています。 A. プロジェクタの設定 プロジェクタのキーパッドまたはリモコン の「Source」ボタンを押します。ソース リストが表示されますので、この中からソー スを選択してください。  WiFi ディスプレイおよび DLNA 機能を使 用するためには、USB WiFi
  • p. 2/4
    (2) LAN/WiFi 設定でクライアント モード を選択すると、次の画面が表示されま す。 使用可能な AP に接続して、必要であればパスワードも入力してください。 すると、スプラッシュ画面に次の情報が表 示されます。 接続した AP 名(SSID):未定 クライアント IP:未定 セキュリティ:未定 LAN IP:0.0.0.0(LAN ケーブル接続していない場合)「eDisplay」アプリケーションを使用するとタブレットやスマートフォンのスクリーン を投写することができます。インターネッ トにもアクセスできます。
  • p. 3/4
    メディア モード ソースとしてメディアを選択すると、 ミュージック、写真、ビデオ、ドキュメン ト、セットアップの 5 つのオプションが提示されます。RAM(内部メモリ)、USB メモリ、SD カード(一部のモデルのみ)からコンテンツを再生できます。 注意:最新のファームウェアを Acer グローバル ダウンロード サイトから USB ハンディ ドライブにダウンロードすると、ファームウェアをアップグレードすることがで きます( 「セットアップ」 「ファームウェ アのアップグレード」 ) 。 USB ディスプレイ
  • p. 4/4
    「Run(名前を指定して実行)」をクリックしてウィザードの指示に従ってください。 デスクトップ上に Acer Projector Gateway W7 ショートカットが表示されますので、これを実行してください。 「投写モード」は「フル、L/R、4-スプリット 「Mirror(ミラー)」 投写」と「フル、L/R、4-スプリット 「Extension(拡張) 」 投 写」に対応し、オーディオ オン/オフ、投写画面のコントロールをフリーズまたは非表 示にすることができます。 「ビデオ モード」はビデオ ストリーミングに対応しています。
 
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.