ユーザーマニュアル Acer - TravelMate 8481T, TravelMate series, TravelMate 4350, TravelMate 8573TG, TravelMate 7750, TravelMate 8473, TravelMate 6595TG, TravelMate 4750, TravelMate 6495TG, TravelMate 4750ZG, TravelMate 6495, TravelMate 6595T, TravelMate 8481TG, TravelMate 6495G, TravelMate 8473G, TravelMate 4740ZG, TravelMate 4750G, TravelMate 8481G, TravelMate 8473Z, TravelMate 8573T, TravelMate 8473T, TravelMate 5760, TravelMate 5760G, TravelMate 8473TG, TravelMate 5760ZG, TravelMate 7750Z, TravelMate 5760Z, TravelMate 7750G, TravelMate 8481, TravelMate 6495T, TravelMate 4750Z, TravelMate 5744, TravelMate 5360G, TravelMate 5744Z, TravelMate 7750ZG, TravelMate 8572Z

background image

32



注意:スリープ LED が OFF の場合は、本ノートブック PC はハイバ
ネーションモードに切り替わって OFF の状態になっています。電源
LED が OFF でスリープ LED が ON の場合は、本 PC はスリープモー
ドに切り替わっています。どちらの場合も、本ノートブック PC を
標準モードに戻すには、電源ボタンを押してください。本ノート
ブック PC は、スリープモードに切り替わってから一定の時間が過
ぎると、ハイバネーションモードに切り替わることがありますので、
ご注意ください。

会議に持っていくもの

短時間の会議であれば、コンピュータ以外のものを携帯する必要はないでしょう。
ただし長時間にわたる会議や、電池が完全に充電されていない場合は、AC アダプ
タを携帯されることをお薦めします。

会議室にコンセントがない場合は、本ノートブック PC をスリープモードに切り替
えて電源の消費を最小限にとどめてください。本ノートブック PC を使用していな
いときは、<Fn> + <F4> キーを押すか、またはディスプレイを閉めるようにしてく
ださい。標準モードに戻るには、ディスプレイを開けてください。次に、電源ボタ
ンを押してください。

自宅に持ち帰る

オフィスと自宅の間を移動する場合についてご説明いたします。

携帯するための準備

本ノートブック PC をご自宅に持って帰る場合は、以下の準備を行ってください。

ドライブからメディアや CD をすべて取り出してあることを確認してくださ
い。 メディアを挿入したままにしておくと、ドライブのヘッドが破損する場合
があります。

移動中に動かないように、または落としたときにクッションがあるように、
本ノートブック PC を保護ケースまたは携帯用バックに入れてください。

注意: 携帯ケースの中に本ノートブック PC 以外のものを多く詰め
すぎると、トップカバーに圧力がかかり、スクリーンが破損する恐
れがあります。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.