ユーザーマニュアル Acer - TravelMate 8481T, TravelMate series, TravelMate 4350, TravelMate 8573TG, TravelMate 7750, TravelMate 8473, TravelMate 6595TG, TravelMate 4750, TravelMate 6495TG, TravelMate 4750ZG, TravelMate 6495, TravelMate 6595T, TravelMate 8481TG, TravelMate 6495G, TravelMate 8473G, TravelMate 4740ZG, TravelMate 4750G, TravelMate 8481G, TravelMate 8473Z, TravelMate 8573T, TravelMate 8473T, TravelMate 5760, TravelMate 5760G, TravelMate 8473TG, TravelMate 5760ZG, TravelMate 7750Z, TravelMate 5760Z, TravelMate 7750G, TravelMate 8481, TravelMate 6495T, TravelMate 4750Z, TravelMate 5744, TravelMate 5360G, TravelMate 5744Z, TravelMate 7750ZG, TravelMate 8572Z

background image

42



BIOS ユーティリティ

BIOS ユーティリティはコンピュータの BIOS に組み込まれた、ハードウェア
構成プログラムです。

本ノートブック PC は、すでに正確に設定されているので、セットアッププログラ
ムを実行する必要はありません。しかし、設定に問題がある場合は、セットアップ
プログラムを実行することができます。

POST の最中のノートブック PC のロゴが表示されているときに <F2> キーを押し
て、BIOS ユーティリティにアクセスしてください。

起動シーケンス

BIOS ユーティリティで起動シーケンスを設定するには、BIOS ユーティリティを
アクティブにし、画面の上に一覧表示されたカテゴリから Boot を選択します。

Disk-to-disk recovery 機能の実行

Disk-to-disk recovery 機能を実行するには ( ハードディスク復元 )、BIOS ユーティ
リティを有効にして、カテゴリーから Main を選択してください。画面の下部に
D2D Recovery が表示されますので、<F5> キーと <F6> キーを使ってこの値を
Enabled に設定してください。

パスワード

起動時にパスワードを設定するには、BIOS ユーティリティをアクティブにし、画
面の上に一覧表示されたカテゴリから Security を選択します。 Password on
boot
:を探し、<F5> キーと <F6> キーを使ってこの機能を有効にしてください。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.