インストラクションマニュアル Acer - Aspire 5741G, Aspire 5741ZG, Aspire series, Aspire 5741Z, Aspire 5741

前へ 次へ
background image

4



キーボード

キーボードはフルサイズのキーとテンキーパッド

*、独立したカーソル、ロック、

Windows キー、機能キー、特殊キーで構成されています。

ロックキーとテンキーパッド

*

本ノートブック

PC には、ON または OFF に切り替えることができるロックキーが

3 つあります。

テンキーパッドは、デスクトップのテンキーパッドと同様に機能します。

キー

キャップの右上隅に小さい文字で示されています。キーボードが見やすいように、
カーソル制御キー記号は表示されていません。

* 特定モデルのみ

ロックキー

説明

Caps Lock

Caps Lock が ON のときは、すべてのアルファベット文字は大文字で入
力されます。

Num Lock
<Fn> + <F11>*

Num Lock がオンになっているときには、独立したキーパッドが数値
モードになります。キーは、計算機のように機能します

(+、 -、*、と /

を含みます

)。数値データの入力を大量に行うとき、このモードを利用

してください。外付けテンキーパッドを接続することもできます。

Scroll Lock
<Fn> + <F12>

Scroll Lock が ON のとき上または下カーソルキーを押すと、画面はそれ
ぞれ

1 行上または 1 行下に移動します。Scroll Lock は、特定のアプリ

ケーションでは機能しません。

アクセス

Num Lock on

Num Lock off

内蔵テンキーパッドの
数値キー

通常どおり、数値をタイプし
てください。

内蔵テンキーパッドの
カーソル制御キー

<Shift> キーを押しながら、
カーソルキーを使用してくだ
さい。

<Fn> キーを押しながら、
カーソルキーを使用してくだ
さい。

メインキーボードのキー

<Fn> キーを押しながら、内
蔵テンキーパッドの文字を入
力してください。

通常どおり、文字をタイプし
てください。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.