ユーザーガイド Acer - AcerSystem, Extensa E420, Aspire M5201, Aspire M3200, Aspire M5640, Aspire M1201, Aspire M3640, Aspire M1640, Aspire M3201, Aspire M5200, Veriton M420, Aspire M1200, Veriton M464, Veriton M220

background image



7

コ ン ピ ュ ー タ の お手入れ

本項 に 一覧表示 さ れ た 重要な指示 を お読み く だ さ い。 こ れ ら の指示 に 従 う こ と

に よ り 、 コ ン ピ ュ ー タ の耐久性 を 最大限 に 高め る こ と が で き ま す。

重要な ヒ ン ト

コ ン ピ ュ ー タ を 直射日光 に さ ら さ な い で く だ さ い。 コ ン ピ ュ ー タ を ラ ジ

エ ー タ な ど の熱源の傍 に 設置 し な い で く だ さ い。

コ ン ピ ュ ー タ を

0

o

C 以下、

o

ま た は

50

o

C 以上の温度に さ ら さ な い で く だ さ

い。

o

コ ン ピ ュ ー タ を 磁場 に さ ら さ な い で く だ さ い。

コ ン ピ ュ ー タ を 雨 ま た は湿気 に さ ら さ な い で く だ さ い。

コ ン ピ ュ ー タ に 液体 を こ ぼ さ な い で く だ さ い。

コ ン ピ ュ ー タ に 強い衝撃 を 与 え た り 、 振動の あ る 場所 に 設置 し な い で く だ
さ い。

コ ン ピ ュ ー タ を 埃 に さ ら さ な い で く だ さ い。

シ ス テ ム を 不安定な表面 に 設置 し な い で く だ さ い。

電源 コ ー ド を 踏ん だ り 、 重い物体 を 載せ な い で く だ さ い。 電源 コ ー ド は、
人の よ く 通 る 場所 を 避け て 慎重 に 配線 し て く だ さ い。

電源 コ ー ド を 抜 く と き は、 コ ー ド で は な く プ ラ グ を つ か ん で引 っ 張 っ て く

だ さ い。

延長 コ ー ド を 使用 し て い る 場合、 差 し 込ん で い る 機器の合計 ア ン ペ ア 定格

は コ ー ド の ア ン ペ ア 定格 を 超 え な い よ う に す る 必要が あ り ま す。 ま た 、

1 つ

の コ ン セ ン ト に 差 し 込 ま れ て い る す べ て の機器の合計電流定格は、 フ ュ ー
ズ定格 を 超 え な い よ う に す る 必要が あ り ま す。

洗浄 と 修理

コ ン ピ ュ ー タ と キ ー ボ ー ド を 洗浄す る に は

1

コ ン ピ ュ ー タ の電源 を オ フ に し て 、 電源 コ ー ド を 抜 き ま す。

2

水 を 湿 ら せ た 柔 ら か い布 を 使用 し て 、 コ ン ピ ュ ー タ 外部 と キ ー ボ ー ド を

そ っ と 拭 き ま す。 液体 ク リ ー ナ ー や エ ア ゾ ー ル ク リ ー ナ ー を 使用 し な い で

く だ さ い。

ポ イ ン テ ィ ン グ デ バ イ ス を 洗浄す る に は

通常の マ ウ ス

( ゴ ム ボ ー ル付 き ) を 洗浄す る に は

1

マ ウ ス 底部の丸い カ バ ー を 開け ま す。

2

ゴ ム の ボ ー ル を 取 り 出 し 、 柔 ら か い、 湿 っ た 布で拭 き ま す。

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.