サービスマニュアル Acer - H223HQ

background image

viii

快適帯を見つける

モニタの表示角度を調整し、フットレストを使用し、または座高を上げることに
よって快適帯を見つけて、最大の快適さを達成します。次のヒントに注意してくだ
さい

:

1 つの固定した姿勢を長く保たないようにする

前屈みになったり後ろにもたれかかったりしない

脚の筋肉の張りを取るために、定期的に立ち上がって歩き回る

目のお手入れ

長時間の凝視、正しくないメガネやコンタクトレンズの着用、ギラギラする、過剰
な部屋の照明、焦点の合っていない画面、きわめて小さな活字、低コントラスト
ディスプレイは目にストレスを与えます。以下の各項では、目の疲れを和らげる方
法に関して推奨いたします。


目を頻繁に休ませる。

モニタから目を離したり遠くの一点に焦点を合わせることにより、定期的に
目を休ませる。

頻繁に目を瞬かせて目が乾かないようにする。

ディスプレイ

ディスプレイは常にきれいにしておく。

ディスプレイの中央を見ているとき目が下を向くように、頭をディスプレイ
の上端よりわずかに高くなるようにする。

テキストが読みやすくグラフィックスがくっきり見えるるように、ディスプ
レイの明るさとコントラストを快適なレベルに調整する。

以下の方法でぎらつきと反射を抑えます

:

ディスプレイの側面が窓や光源を向くように、ディスプレイを設置する

カーテン、日よけまたはブラインドを使用して、部屋の明かりを最小限
に抑える

タスクライトを使用する

ディスプレイの表示角を変更する

ぎらつき防止フィルタを使用する

ディスプレイの上端から端まで広がるボール紙など、ディスプレイバイ
ザーを使用する

ディスプレイを見にくい角度に調整しないようにする。

開いた窓などの明るい光源を長時間見ないようにする。

適切な作業習慣を付ける

次の作業習慣を付けて、コンピュータをより楽に、また高い生産性を上げられるよ
うに使用します。

短い休憩を定期的に、またしばしば取る。

手足の屈伸運動をときどきする。

できるだけ頻繁に新鮮な空気を吸う。

定期的に運動をして、健康な体を保つ。

前へ 次へ
 

© 2012–2021, manyuaru.com
All rights reserved.