PDFマニュアル Acer - C20

background image



日本語

Copyrght © 2010. Acer Incorporated.
版権所有。

Acer Projector C20シリーズのユーザーズガイド
初版: 09/2010


本出版物の情報は、改訂や変更の通知義務を負うことなしに定期的に変更されます。 かかる変更は、本書または補足書類と出版物の新しい版に組み込
まれます。 当社は本書の内容に関して、明示的であれ黙示的であれ、いかなる表明または保証も行わず、また、特定目的への商品性または適合性の黙示
の保証を行わないことを明言します。

モデル番号、シリアル番号、購入日、購入場所の情報を以下の記入欄に記録してください。 シリアル番号とモデル番号は、プロジェクターに添付されたラベル
に記録されています。 お使いの装置に関するすべての通信にはシリアル番号、モデル番号、および購入情報を含める必要があります。

本出版物のいかなる部分も、

Acer Incorporatedの書面による事前の許可なしには、いかなる形または手段によっても、電子的、機械的、コピー、録音、ま

たはその他により、複製、検索システムへの記憶、または伝送を行うことができません。

Acer Projector C20シリーズ

モデル番号:

_

___________________________________________________________________________


シリアル番号:

__________________________________________________________________________


購入日: _________________________________________________________________________________

購入場所:

______________________________________________________________________________


AcerおよびAcerロゴはAcer Incorporatedの登録商標です。 その他の会社の製品名または商標は、本書では識別目的のために使用されており、それぞれ
の会社に帰属しています。

HDMI

TM

HDMIロゴおよびHigh-Definition Multimedia InterfaceはHDMI Lcensng LLCの商標または登録商標です。」

安全と快適さを得るための情報

この操作説明書をよくお読みください。 本書を保管して、必要に応じて参照してください。 製品にマークされたすべての警告と指示に従ってください。

清掃するまえに製品の電源をオフにしてください

清掃する前に、コンセントから本製品のプラグを抜いてください。 液体クリーナーやエアゾールクリーナーを使用しないでください。 清掃には、湿った布を使用して
ください。

デバイスを抜くときのプラグに対する注意

外部電源装置への電源の接続と取り外しの際は、次のガイドラインを守ってください。

• 電源装置を取り付けてから、電源コードを

ACコンセントに接続してください。

• 電源コードを抜いた後で、プロジェクタから、電源装置を取り外してください。
• システムに複数の電源が取り付けられている場合、電源装置から電源コードをすべて抜いてシステムから電源を接続解除します。

アクセス可能性に対する注意

電源コードを差し込むコンセントは、装置オペレータのすぐ傍にあることを確認します。 装置への電源を接続解除する必要があるときは、必ずコンセントから電
源コードを抜いてください。

..........................................................................................................................................

警告:

• 本製品を水気のあるところで使用しないでください。
• 本製品を不安定なカート、スタンドまたはテーブルの上に置かないでください。 製品が落ちて、ひどく破損することがあります。
• スロットや開口部は換気のために設けられ、製品の信頼できる操作を確実にし、製品を過熱から保護します。 これらの開口部を塞いだり、覆ったりしない

でください。 製品をベッド、ソファ、ラグまたはその他の類似の表面上に置いて、開口部を塞がないようにしてください。

本製品をラジエータやヒートレジスタの傍または上に置いたり、適切な換気が提供されない場合、はめ込み式の設備に取り付けたりしないでください。

• いかなる種類の物体もキャビネットのスロットを通して本製品内部に押し込まないでください。危険な電圧ポイントやショートする部品に触れて、火災や感電

の原因となります。 製品の上または内部には、いかなる種類の液体もこぼさないでください。

• 内部のコンポーネントが損傷したりバッテリの液漏れの原因となるため、製品を振動する面に設置しないでください。
• スポーツや運動が行われていたり、または振動のある環境下で本製品を使用しないでください。回転装置やランプが予期せずショートしたり、破損する原因

となります。

次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.