オーナーマニュアル Panasonic - CF-W2 series

background image

このたびはパナソニックパーソナルコンピュー
ターをお買い上げいただき、まことにありがと
うございました。

この取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお
使いください。
特に「安全上のご注意」

2

5

ページ)は、

ご使用前に必ずお読みいただき、安全にお使い
ください。
お読みになったあとは、保証書と一緒に大切に
保管し、必要なときにお読みください。

保証書は「お買い上げ日・販売店名」などの記
入を確かめ、販売店からお受け取りください。

保証書別添付

取扱説明書

パーソナルコンピューター

品番 

CF-W2 シリーズ

XP

安全上のご注意 ...........................................................

2

使用上のお願い/表記について .................................

6

説明書の見かた ...........................................................

7

Let’snote でできること ...............................................

8

各部の名称と働き .......................................................

9

状態表示ランプで状態を確認する ...........................

11

はじめて使うとき ....................................................

12

電源を入れる/切る ................................................

18

ホイールパッドを使う .............................................

20

Fn キーを使う ..........................................................

21

メモリーを増設する ................................................

22

本機の設定を変更する .............................................

24

(セットアップユーティリティ)

使用・保管・お手入れについて ..............................

31

無線 LAN について ..................................................

32

Windows /ウィルス対策について ..........................

35

周辺機器の使用/内蔵ハードディスクについて .....

37

CD/DVD を使う/ CPRM について .........................

38

エラーコードが表示されたら ..................................

39

困ったときの解決方法 .............................................

40

困ったときの Q&A....................................................

41

アプリケーションの問い合わせ先 ...........................

49

再インストールする ................................................

50

ソフトウェア使用許諾書 .........................................

55

本機の廃棄・譲渡時にデータを消去する ................

56

仕様 ..........................................................................

58

保証とアフターサービス .........................................

62

修理依頼表 ...............................................................

63

さくいん ............................................................ 裏表紙

1

2

3

Î 7

この表示は、DVD-RAM
ディスクに VR フォー
マット(ビデオレコー

ディングフォーマット)
で映像・音声を記録する
機能または、VR フォー
マットで記録された
DVD-RAM ディスクの再
生機能をあらわします。

次へ

目次

  • p. 1/64
    このたびはパナソニックパーソナルコンピューターをお買い上げいただき、まことにありがとうございました。 • この取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。特に「安全上のご注意」 ( 2 ~ 5 ページ)は、 ご使用前に必ずお読みいただき、安全にお使いください。お読みになったあとは、保証書と一緒に大切に保管し、必要なときにお読みください。 • 保証書は「お買い上げ日・販売店名」などの記入を確かめ、販売店からお受け取りください。 保証書別添付 取扱説明書 パーソナルコンピューター 品番 CF-W2
  • p. 2/64
    2 必ずお守りください お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防止するため、必ずお守りいただくことを、次のように説明しています。z 表示内容を無視して誤った使い方をした時に生じる危害や障害の程度を、次の表示で区分し、説明しています。 z お守りいただく内容の種類を、次の絵表示で、説明しています。(下記は絵表示の一例です。) この表示の欄は、「死亡または重傷などを負う危険が切迫して生じることが想定される」内容です。 この表示の欄は、「死亡または重傷などを負う可能性が想定される」内容です。 この表示の欄は、「傷害を負う可能性または物質的損害のみが発生する可能性が想定される」内容です。
  • p. 3/64
    3 CF-W2 シリーズ専用の充電式電池です。本機以外に使用すると、液漏れ・発熱・発火・破裂の原因になります。 z 異常が起きたら、すぐに電源スイッ チを切って電源プラグとバッテリーパックを抜き、販売店にご相談ください。 AC 傷んだまま使用すると、感電・ショート・火災の原因になります。z コードやプラグの修理は、販売店に ご相談ください。 プラグにほこり等がたまると、湿気等で絶縁不良となり、火災の原因になります。z 電源プラグを抜き、乾いた布でふい てください。長期間使用しないときは、電源プラグを抜いてください。
  • p. 4/64
    4 必ずお守りください 内部には電圧の高い部分があり、感電の原因になります。また、改造や間違った方法での分解は火災の原因にもなります。 水などの液体がこぼれたり、クリップ、コインなどの異物が中に入ったりすると、火災・感電の原因になります。z 内部に異物が入った場合は、すぐに 電源スイッチを切って電源プラグとバッテリーパックを抜き、販売店にご相談ください。 SD 誤って飲み込むと、身体に悪影響をおよぼします。 z 万一、飲み込んだと思われるとき は、すぐに医師にご相談ください。 22 cm 電波によりペースメーカーの作動に影響を与える場合があります。
  • p. 5/64
    5 電源コードが傷つき、火災・感電の原因になることがあります。 z 電源コードが傷ついた場合は、すぐ に電源プラグを抜いて販売店にご相談ください。 内部に熱がこもり、キャビネットが変形したり、内部の部品が故障または劣化したりすることがあります。このような状態のまま使用すると、ショートや絶縁不良等により火災・感電につながることがあります。 高温により、キャビネットが変形したり、内部の部品が故障または劣化したりすることがあります。このような状態のまま使用すると、ショートや絶縁不良等により火災・感電につながることがあります。
  • p. 6/64
    6 z 油煙やたばこの煙の多いところでは使用しないでください。 レンズの寿命が短くなることがあります。 z 電源状態表示ランプ 付近(矢印の位置)を押してロックされたことを確認して ください。 CPRM z 必ず付属の「 WinDVD™ CPRM Pack 」 CD-ROM を使って WinDVD に CPRM 対応機 能を組み込んでください。( Î 16 ページ)組み込まないと CPRM で録画したメ ディアの再生ができません。また WinDVD の機能の一部が働きません。 ( Î 38 ページ) •
  • p. 7/64
    7 マニュアルは本機に保存されていて、 「はじめて使うとき」の設定( Î 12 ~ 16 ペー ジ)が終わったあと起動して、見ることができます。z PDF 形式の説明書(上記)をはじめて起動したとき、 Acrobat ® Reader の「ソフト ウェア使用許諾契約書」画面が表示された場合は内容を確認のうえ、 [ 同意する ] をクリックしてください。 z Acrobat ® Reader の使いかたは、 Acrobat ® Reader のヘルプを参照してください。 1 [ ] - [ ] 1 または、
  • p. 8/64
    8 Let’snote
  • p. 9/64
    9 A ファンクションキー 【 Fn】キーと組み合わせて押すと、各キーに割り当てられている機能が働きます。 Î 21 ページ B キーボード ― C ホイールパッド Î 20 ページ D ラッチ ディスプレイを閉じてラッチがロック状態になると、スタンバイや休止状態に入ります。( Î 画面で見る『操作マニュアル』の「第 2 章:次回、すぐに操作をはじめるた めに」 ) z スタンバイまたは休止状態に入った場合、操作を再開するときはディスプレイを 開けてください。 E 状態表示ランプ Î 11 ページ F
  • p. 10/64
    10 A 無線 LAN 用アンテナ (内蔵) 無線 LAN 通信用のアンテナが内蔵されています。 Î 画面で見る『操作マニュアル』の「第 5 章:無線 LAN で通信する」 B 電源端子 AC アダプターを接続します。 Î 13 ページ C 外部ディスプレイコネクター 外部ディスプレイのケーブルを接続します。Î 画面で見る『操作マニュアル』の「第 4 章:外部ディスプレイを接続する」 D USB コネクター USB ケーブルを接続します。 Î 画面で見る『操作マニュアル』の「第 4 章: USB 機器を接続する」
  • p. 11/64
    11 ランプ ランプの名前と状態 電源状態表示ランプz 消灯:電源オフまたは休止状態。z 点灯:電源オン。z 点滅:スタンバイ状態。 バッテリー状態表示ランプz 消灯:バッテリーパック未装着または充電していない状態。z オレンジ色点灯:充電中。z 緑色点灯:充電完了。z 赤色点灯:残量約 9% 以下。 z 赤色点滅:バッテリーパックまたは充電回路が正しく動作していない状態。z オレンジ色点滅:一時的に充電できない状態。(バッテリーパック内部の温度が充電可能な範囲外) Caps Lock ランプ(キャップスロック)
  • p. 12/64
    12 お買い上げ後、はじめて Windows の操作を始めるまでの操作手順を説明します。 1 О 2 О 55 本機の包装袋のシールをはがす前に、必ず内容を確認してください。 3 A バッテリーパックの左側のラッチ( A )をロック解除( )の方向にス ライドする。 B バッテリーパックの向きに注意して、矢印の方向にスライドさせて取り 付ける。 C 左側のラッチ( A )をロック( )の方向にスライドし、しっかりと固定 されていることを確認する。 (正しく取り付けられると、右側のラッチが自動的にロックされます。
  • p. 13/64
    13 5 AC z はじめて使うときの操作が完了するまで、必ず接続しておいてください。z 接続すると、自動的にバッテリーパックの充電が始まります。 充電時間:約 4.5 時間(コンピューターの動作状態により異なる。 ) z はじめて使うときは、バッテリーパックと AC アダプター以外の周辺機器 を接続しないでください。 6 z 電源スイッチ を約 1 秒間スライドし、電源状態表示ランプ が点灯し たら手を離す。 z 電源スイッチを 4 秒以上スライドしないでください。強制的に電源が切れます。 z 電源スイッチを連続してスライドしないでください。z
  • p. 14/64
    14 7 Windows カーソル( )の移動やボタンなどの選択(クリック)には、ホイールパッド( A )と左ボタン( B )を使います。 ( Î 20 ページ) z 操作中、次の画面に移るまでしばらく時間がかかる場合があります。 キーボードやホイールパッドなどを操作せずにしばらくお待ちください。 A「 Windows XP セットアップウィザードの開始」画面で [ 次へ ] をクリック する。 B「ライセンス契約」画面で使用許諾契約をよく読んで、 [ 同意します ] をク リックして、 [ 次へ ]
  • p. 15/64
    15 8 z メールの設定やパスワードリセットディスク(Î 17 ページ)などの各種 操作を行ってからユーザーアカウントを作成すると、それまでのメールの履歴や設定内容が使用できなくなりますので、ここでユーザーアカウントを作成します。 A [ スタート ] *1 - [ コントロールパネル ] - [ ユーザーアカウント ] をクリック し、 [ 新しいアカウントを作成する ] をクリックする。 *1 Windows のセットアップ直後は、[ スタート ] がクリックされた状態([ スタート ]の上に [
  • p. 16/64
    16 z 画面上の文字やアイコンが小さくて見にくい場合 A [ スタート ] - [ すべてのプログラム ] - [Panasonic] をクリックする。 B [ フォントサイズ拡大 ] をクリックし、 「大きいサイズ」または「特大のサイ ズ」をクリックして、 [OK] をクリックする。 画面上の文字やアイコンなどが拡大表示されます。 z [ フォントサイズ拡大 ] は、ユーザーアカウントごとに設定できます。 9 Windows ® Media Player 以降、画面の指示に従ってください。z 設定の途中、使用許諾に同意するための画面が表示されます。
  • p. 17/64
    17 Windows 現在のパスワードを解除して新しくパスワードを設定するパスワードリセット機能があります。この機能を使うには、以下の手順に従って、あらかじめパスワードリセットディスクを作成しておいてください。 A 別売りの USB フロッピーディスクドライブ( Î別冊の『ご使用の前 に』)を本機に接続する。 B [ スタート ] - [ コントロールパネル ] - [ ユーザーアカウント ] をクリックする。 C ログオンしているアカウントをクリックし、 [ 関連した作業 ] 内から [ パス ワードを忘れないようにする
  • p. 18/64
    18 1 A ラッチ( A )を矢印の方向にスライドする。 B ディスプレイを開ける。 z ディスプレイを必要以上( 135 °以上)に開けたり、必要以上の力を 液晶部分に加えたりしないでください。また、液晶部分を持って開閉しないでください。 2 電源スイッチ を約 1 秒間スライドし、電源表示ランプ が点灯したら手 を離す。z 4 秒以上スライドしないでください。強制的に電源が切れます。 z 起動中(ポインターが砂時計( )から通常のもの( )に戻り、ハード ディスク状態表示ランプ が消えるまで)は、以下のことをしないでください。
  • p. 19/64
    19 z 電源を入れても本体が起動しない場合: CPU の温度が上がっていることがあり ます。 CPU の温度が上がっていると、 CPU の過熱を防止するための機能が自動 的に働き、本体が起動しないようになっています。しばらくしてから再度電源を入れてください。それでも起動しない場合は、ご相談窓口にご相談ください。 ... 本機のセキュリティのため、スーパーバイザーパスワードまたはユーザーパスワードが設定されています。パスワードを入力し【 Enter】を押してください。 z 正しく入力すると起動します。z
  • p. 20/64
    20 マウスと同じようにカーソルを動かしたり、機能を選択したりするときに使います。 A. 操作面(ホイールパッド) B. 左ボタン C. 右ボタン z ダブルクリックの速さやボタンを押したときの動作は、 [ マウスのプロパティ ] 画面で変更できます。 • [ マウスのプロパティ ] 画面を表示するには: [ スタート ] - [ コントロールパネル ] - [ プリンタとその他のハードウェア ] - [ マ ウス ] をクリックします。 z ホイールパッドに触れたときの感度を調節することができます。
  • p. 21/64
    21 Fn 【 Fn】を押しながら、文字や記号が枠で囲まれているキーを押すと、 枠で囲まれている文字や記号の機能が働きます。z 各機能の詳細:Î 画面で見る『操作マニュアル』の「第 2 章: Fn キーを使う」 z 【Fn】と【Ctrl】(左側)の機能を入れ換えてお使いの場合 ( Î 26 ページ) : 【 Fn】の代わりに【Ctrl】(左側)を押してください。 (キー表面の印刷やキーそのものを入れ換えることはできません。 ) キー 機能 ポップアップウィンドウ ( Windows にログオン後表示)
  • p. 22/64
    22 別売りの RAM モジュールを増設し、メモリーを増やすことによって Windows やア プリケーションソフトの処理速度を上げることができます。 ( お使いの使用条件に よって効果は異なります。 ) z RAM モジュールは、 CF-BAU0256U などの推奨品をお使いください。それ以外は 使用しないでください。正常に動作しないだけでなく故障の原因になる場合があります。 RAM モジュールの仕様については「仕様」 ( Î 58 ページ)をご覧くださ い。推奨品については弊社の最新カタログやホームページでご確認ください。
  • p. 23/64
    23 D 左右のフック( G )でロックされるまで倒す。 z RAM モジュールを倒すとき、左右のフックが少し開き、ロックされ ると元に戻ります。 z 倒しにくい場合は、無理に力を加えず、再度モジュールの向きや挿し 込み具合を確認してください。 4 A カバーを斜めから挿し込み、取り付ける。 B ネジで固定する。 z セットアップユーティリティの「情報」メニュー(Î 25 ページ)でメモリー サイズが増えていたら、 RAM モジュールは認識されています。 RAM モジュールが認識されていない場合は、コンピューターの電源を切り、
  • p. 24/64
    24 セットアップユーティリティは、コンピューターの動作環境(パスワードや起動ドライブなど)を設定するためのユーティリティです。以下の 6 メニューがあります。 「情報」 、「メイン」、 「詳細」 、「セキュリティ」、 「起動」 、「終了」 1 Windows 2 Panasonic F2 パスワードを設定している場合は、左の画面が表示されます。パスワードを入力し、【 Enter】を押してください。 スーパーバイザーパスワードを入力すると z セットアップユーティリティのすべての項目が設定できます。 ユーザーパスワードを入力すると
  • p. 25/64
    25 z 【F1】 :ヘルプを表示。 ( 【 F1】を再度押すと元の画面に戻る) z 【Esc】 : 「終了」メニューを表示。 z 【П】 【 Р】:カーソルを上下に移動。(項目を選ぶときに使用) z 【Н】 【 О】 :カーソルを左右に移動。 ( 「情報」「メイン」「詳細」 「セキュリティ」 「起動」「終了」の各メニューを選ぶときに使用) z 【F5】 :各項目の前候補を選択。 (設定値の変更時に使用) z 【F6】 :各項目の次候補を選択。 (設定値の変更時に使用) z 【Enter】 :各設定項目のサブメニューを表示。(【П】
  • p. 26/64
    26 *1 24 時間制です。 *2 【 Tab 】でカーソルの移動ができます。 (アンダーラインは工場出荷時の設定) システム時間 : [xx:xx:xx] *1*2 システム日付 : [xxxx/xx/xx] *2 フラットパッド : [ 有効 ] Fn/ 左 Ctrl キー [ 標準 ] ディスプレイ : [ 同時表示 ] 拡張表示 : [ 有効 ] CD/DVD ドライブ速度 : [ 高速 ] フラットパッド • ホイールパッドを使う(有効)/使わない(無効)を設定します。 無効有効 Fn/ 左
  • p. 27/64
    27 z ユーザーパスワードでセットアップユーティリティを起動したとき、「詳細」 メニューは変更できません。 (アンダーラインは工場出荷時の設定) モデム : [ 有効 ] LAN: [ 有効 ] LAN Boot 機能 : [ 有効 ] 無線 LAN: [ 有効 ] レガシー USB: [ 有効 ] モデム • 内蔵モデムの機能を使用する(有効)/使用しない(無効)を設定します。 (外付けのモデムには働きません。 ) 無効有効 LAN • 内蔵 LAN の機能を使用する(有効)/使用しない(無 効)を設定します。
  • p. 28/64
    28 *1 SD メモリーカードが登録されているときのみ表示されます。 ( Î 画面で見る『操作マニュ アル』の「第 4 章:SD メモリーカードによるセキュリティ機能」) z ユーザーパスワードでセットアップユーティリティを起動した場合 • [ 登録された SD の解除 ] 、 [ スーパーバイザーパスワード設定 ] は表示されません。 • [ 起動時のパスワード ] 、 [SD による起動 ] 、 [SD のセット方法 ] 、 [Setup Utility 表 示 ] 、 [Boot First Menu]
  • p. 29/64
    29 オペレーティングシステムを起動するデバイスの優先順位(上から順に優先)を設定します。優先順位を 1 つ上げる場合は、 【 П】 【 Р】でデバイスを選択して【 F6】を押す。 優先順位を 1 つ下げる場合は、 【 П】 【 Р】でデバイスを選択して【 F5】を押す。 起動できる別売りのドライブ( Î 別冊の『ご使用の前に』)をご確認ください。 *1 「詳細」メニューで [LAN] または [LAN Boot 機能 ] が [ 無効 ] に設定されているときは表示さ れません。 z ユーザーパスワードでセットアップユーティリティを起動した場合、「起動」
  • p. 30/64
    30 「起動時のメニュー」は、 「セキュリティ」メニューの [Boot First Menu] が [ 有効 ] に設定されているときのみ表示させることができます。 *1 ユーザーパスワードでセットアップユーティリティを起動した場合、この項目は表示されません。 *2 工場出荷時の設定に戻すと、連動して無線 LAN の電源が入ります。無線 LAN の電源を切る必要がある場合は、Windows を起動して、無線 LAN 切り替えユーティリティで電源を切ってください。 ( Î 32 ページ) 設定を保存して終了
  • p. 31/64
    31 z 平らで落下のおそれがない場所 コンピューターを立てて置かないでください。倒れると、本体に衝撃が加わり誤動作や故障の原因になります。 z 使用時の温度 : 5 ℃~ 35 ℃ 湿度 : 30 %RH ~ 80 %RH (結露なきこと) z 保管時の温度 : -20 ℃~ 60 ℃ 湿度 : 30 %RH ~ 90 %RH (結露なきこと) z 磁気を発生するもの、および磁気カードなどから離れた場所 • 磁石、磁気ブレスレットなどの近くには置かないでください。 • 本機は左図の丸印の位置に磁石を使用しています。磁気カードなどを触れた状態にしないでください。
  • p. 32/64
    32 LAN 無線 LAN の設定方法や使用時のお願いなどは、 [ スタート ] - [ 操作マニュアル ] をク リックし、「第 5 章:無線 LAN で通信する」をご覧ください。 LAN 「 http://panasonic.biz/pc/support/wlan/index.html 」にアクセスすれば、最新の無 線 LAN サポート情報が入手できます。( 2004 年 4 月 1 日現在) LAN z 無線 LAN をお使いになる前に、無線 LAN の電源を入れてください。(工場出荷時 は、無線
  • p. 33/64
    33 LAN 工場出荷時、無線 LAN のセキュリティに関する設定は行われていません。 無線 LAN をご使用になる前に、必ず無線 LAN のセキュリティに関する設定を行って ください。( Î 画面で見る『操作マニュアル』の「第 5 章:無線 LAN で通信する」、 お使いの無線アクセスポイントの説明書) 無線 LAN では、 LAN ケーブルを使用する代わりに電波を利用してコンピューターと 無線アクセスポイント等との間で情報のやり取りを行います。このため、電波の届く範囲であればネットワーク接続が可能であるという利点があります。その反面、ある範囲であれば障害物(壁等)を越えて電波が届くため、セキュリティに関する設定を行っていないと、以下のような問題が発生する可能性があります。
  • p. 34/64
    LAN 34 パナソニック液晶プロジェクター TH-LB10NT とワイヤレス接続して使う場合、プロ ジェクターに付属の CD-ROM を使わずに、ワイヤレス投写用アプリケーションソフ ト Wireless Manager mobile edition を使うことができます。 Wireless Manager mobile edition は、無線 LAN でコンピューターからプロジェクター に画面を送るためのアプリケーションソフトです。z アプリケーションソフトの使いかたについては下記の「オンラインマニュアルの
  • p. 35/64
    35 Windows Windows の設定、インストールしているアプリケーションソフトやドライバーに よって、 Windows のメニューや表示が本書と異なる場合があります。 また、パスワードリセット機能( Î 17 ページ)など一部の機能が動作しない場合が あります。そのときは下記の項目の他、本書や画面で見る『操作マニュアル』の「第 7 章:困ったときの Q&A 」 、 『 Windows のヘルプ』 ( Î 7 ページ) 、アプリケーション ソフトやドライバーに付属の説明書などから、該当する項目をご覧ください。
  • p. 36/64
    Windows 36 この設定にチェックマークを付ける(使用する)と、複数のユーザーがコンピューターを使用している場合、ログオンし直さずに別のユーザーに切り替えることができます。 以下の場合はユーザーの簡易切り替えを使用することができません。z 「ようこそ画面を使用する」にチェックマークを付けていない場合z ネットワークのドメインに参加している場合z SD カード設定( Î 画面で見る『操作マニュアル』の「第 4 章: SD メモリーカード によるセキュリティ機能」)で「 Windows のログオン時に使用する」に設定してい
  • p. 37/64
    37 コンピューター本体、周辺機器、ケーブル等の故障を防ぐため、次の点に注意してください。また、本書および画面で見る『操作マニュアル』とあわせて、使用する周辺機器に付属の取扱説明書をご覧ください。z 仕様に適合した周辺機器を使用する。z コネクターの形状、向きに注意して、正しく接続する。z 接続しにくい場合は無理に挿し込まず、もう一度コネクターの形状、向き等を確 認する。 z 固定用のネジがある場合は、ネジを締める。z ケーブルを取り付けたまま持ち運んだり、ケーブルを強く引っ張ったりしない。 以下のことをお守りください。z
  • p. 38/64
    38 CD/DVD CPRM z コンピューターの電源が入っている場合は、必ず左側のオープンレバーを使うか、 Windows 上で取り出しの操作を行ってください。 以下のソフトをお使いの場合は、オープンレバーではカバーが開きません。 • B's Recorder または B's CLiP をお使いの場合は、画面で見る『操作マニュアル』 の「第 3 章: CD を作る」をご覧ください。 • 「 MovieAlbum 」をお使いの場合は、 MovieAlbum 画面上の をクリックしてく ださい。 (DVD
  • p. 39/64
    39 電源を入れたとき、下記のエラーコードやメッセージが表示された場合は、対処の説明に従ってください。それでも解決できない場合、または下記以外のエラーコードやメッセージが表示された場合は、ご相談窓口にご相談ください。 エラーコード/メッセージ 対 処 Invalid system disk. Replace the disk, and then press any key z フロッピーディスクドライブにフロッピーディスクがセットされている場合 は取り出し、何かキーを押してください。 z USB コネクターに機器を接続している場合は、取り外すか、セットアップ
  • p. 40/64
    40 コンピューターが起動しなかったり、正常に動作しない場合は、次の項目をチェックしてみてください。 1 キーボード、ホイールパッドが動作しない、 画面に正しく表示されない場合もこちら • [ スタート ] - [ 操作マニュアル ] をクリックして、 画面で見る『操作マニュアル』をご覧ください。 『取扱説明書』に記載されていない説明や問題解 決の方法を見ることができます。 • それでも解決できない場合:手順 2 へ。 • 本書の「困ったときの Q&A 」 ( Î 41 ページ)を ご覧ください。
  • p. 41/64
    41 Q&A トラブルが発生した場合は、以下の方法を試してください。z Windows のセットアップ: Î 下記 z 電源を入れたとき:Î 下記z パスワード入力:Î 42 ページ z 画面表示:Î 43 ページ z セットアップユーティリティ:Î 44 ページ z 終了時:Î 44 ページ z スタンバイ・休止状態機能:Î 44 ページ z バッテリー状態表示ランプ:Î 45 ページ z 画面で見る『操作マニュアル』:Î 45 ページ z ディスクの操作:Î 45 ページ z B's Recorder/B’s
  • p. 42/64
    Q&A 42 日付と時刻が正しく表示されない z 次の項目を使って訂正してください。 [ スタート ] - [ コントロールパネル ] - [ 日付、時刻、地域と言語のオプ ション ] - [ 日付と時刻 ] z 正しく設定してもすぐに表示が違ってくる場合、日付と時刻の情報を保持 している内蔵バックアップバッテリー(リチウム電池)が消耗している可能性があります。ご相談窓口にご相談ください。 z LAN (ネットワーク)に接続している場合は、サーバーの日付/時刻を確 認してください。 z 西暦 2100
  • p. 43/64
    43 電源を入れた後、画面に何も表示されない z 外部ディスプレイの画面に表示されない場合 • 外部ディスプレイのケーブル類は正しく接続されていますか? • 外部ディスプレイの電源は入っていますか? • 外部ディスプレイの設定は正しいですか? z 表示先が外部ディスプレイに設定されている可能性があります。 【 Fn】 + 【 F3】を押して表示先を切り替えてください。 【 Fn】 + 【 F3】を続けて押す場合は、画面の表示先が完全に切り替わった ことを確認してから押してください。 z 【Fn】 + 【
  • p. 44/64
    Q&A 44 WinDVD や Windows ® Media Player で MPEG ファイルや DVD ビデオな どの動画を再生しているとき、 【 Fn】 + 【 F3】で画面の表示先を切 り替えることができない z MPEG ファイルや DVD ビデオなどの動画を再生中に、 画面の表示先を切り 替えることはできません。再生を終了し画面の表示先を切り替えてください。 画面右下のタスクトレイのアイコンが隠れて見えない z 画面右下のタスクトレイの をクリックすると、隠れていたアイコンが 表示されます。
  • p. 45/64
    45 リジュームできない z スタンバイ状態のとき、 AC アダプターおよびバッテリーパックを取り外 しませんでしたか?スタンバイ中に電力の供給がなくなると、保持されていたデータは失われ、リジュームできなくなります。 z 電源スイッチを 4 秒以上スライドしませんでしたか? 電源スイッチを 4 秒以上スライドすると、強制終了します。この場合、保 存していないデータは消えます。 赤色に点灯している z バッテリーの残量が少なくなっています。(残量約 9% 以下) AC アダプターを接続してバッテリー状態表示ランプがオレンジ色に変
  • p. 46/64
    Q&A 46 市販の DVD レコーダーで録画した テレビ番組を再生中または再生しようとすると、 [CPRM コンテンツを スキップ ] と表示され、画面がス キップする z 「 1 世代のみ録画可能」として放送されているデジタル放送番組を著作権管 理技術である CPRM で録画した場合、そのメディアを本機で再生するに は、付属の「 WinDVD™ CPRM Pack 」 CD-ROM を使って WinDVD に CPRM 対応機能を組み込んでください。( Î 16 ページ) CPRM 対応機能を組み込んでも
  • p. 47/64
    47 アプリケーションソフトなどが正しく動作しない z ユーザーの簡易切り替え機能を使って別のユーザーに切り替えると、以下 のような問題が起きる場合があります。 • アプリケーションソフトが正しく動作しない • 【 Fn】とのキーの組み合わせが動作しない • 画面の設定ができない • 無線 LAN が使えない • B's CLiP のアイコンが画面右下のタスクトレイに表示されず、 CD-RW および DVD-RW ディスクに書き込みができない • DVD MULTI ドライブ内蔵モデルの場合: DVD-MovieAlbumSE
  • p. 48/64
    Q&A 48 ご相談窓口への相談時の情報として活用することができます。 (コンピューターの管 理者の権限でログオンしないと、一部「未検出」と表示される情報があります。) PC A [ スタート ] - [ すべてのプログラム ] - [Panasonic] - [PC 情報ビューアー ] - [PC 情報ビューアー ] をクリックする。 項目をクリックすると各項目の詳細情報が表示されます。 ( PC 情報ビューアーの画面は、常に手前に表示されます。 ) 表示している内容をテキスト形式( .txt
  • p. 49/64
    49 6 Q&A 2004 4 1 z ® • • Web • 9:00 17:00 • *1 0570-030-088 • E-mail *2 mo_coc@nai.com • • • 9:00 21:00 • *1 0570-060-033 • E-mail E-mail Web • Web http://www.mcafeehelp.jp/ *1 FAX *2 E-mail 24 z B's Recorder/B's CLiP• WindowsTEL 06-4861-8234 FAX 06-6378-3336
  • p. 50/64
    50 ハードディスクをフォーマットして、 Windows をインストールし直すことです。 z Windows が起動しなくなったり、 Windows の動作が不安定になって修復できない 場合 z ハードディスクを 2 つのパーティションに分割して使用する場合 z プロダクトリカバリー DVD-ROM z 周辺機器および SD メモリーカード/マルチメディアカードは、すべて取り外して ください。特に、 USB フロッピーディスクドライブや USB 接続の CD/DVD ドラ イブを接続したままでは、再インストールが正常に行われない場合がありますので、必ず取り外してください。
  • p. 51/64
    51 1 AC 2 以下の設定を行います。z 工場出荷時の設定に戻す。z CD/DVD ドライブから起動できる設定に変更する。 お買い上げ時の状態から設定を変更して使っていた場合は、変更した設定をメモしておくことをおすすめします。 A コンピューターの電源を入れ、 「 Panasonic 」起動画面が表示されてい る間に【 F2】 を押し、セットアップユーティリティを起動する。 z パスワードを設定している場合は、以下の画面で、スーパーバイザー パスワードを入力し、 【 Enter】を押してください。
  • p. 52/64
    52 3 DVD-ROM A【 1】を押して「 1. 【リカバリー】 」を実行する。 (以降の画面はすべて一例です。 ) z 再インストールを実行するための条件が表示されます。 B 同意する場合は【 1】を押し、 同意しない場合は【 2】 を押す。 z 【1】を押すとメニューが表示されます。z 【2】を押すと再インストールが終了します。 C 再インストールの方法を選ぶ。 z お買い上げ時の状態に戻す場合 【 1】を押す。 z パーティションを 2 つ( OS 用とデータ用)に分割する場合 【 2】を押す。
  • p. 53/64
    53 • 最初のパーティションのサイズは約 6 G バイト以上必要です。小さ なパーティションには再インストールできません。 D 確認のメッセージが表示されますので、 【 Y】を押す。 再インストールが始まります。z 途中で電源を切ったり、【Ctrl】 + 【 Alt】 + 【 Del】を押すなどして、 再インストールを中止しないでください。 Windows が起動しなく なったり、データが消失して再インストールが実行できなくなったりするおそれがあります。 E「再インストールを終了しました」というメッセージが表示されますの
  • p. 54/64
    54 5 Windows Î 14 6 WinDVD CPRM CPRM を使わない場合でも、必ず再インストール後に CPRM 対応機能を組み 込んでください。以下の操作はコンピューターの管理者の権限でログオンした状態で行ってください。 A 付属の「 WinDVD™ CPRM Pack 」 CD-ROM を CD/DVD ドライブにセッ トする。 ( 「ユーティリティセットアップツール」画面が表示されま す。)z 画面が表示されないときは [ スタート ] - [ ファイル名を指定して実行 ] を クリックし、
  • p. 55/64
    55 1 お客様は、本ソフトウェア(コンピューター本体に内蔵のハードディスク、付属のマニュアルや DVD-ROM などに記録または記載された情報のことをいいます) の使用権を得ることはできますが、著作権がお客様に移転するものではありません。 2 お客様は、有償あるいは無償を問わず、本ソフトウェアおよびコピーしたものを第三者に譲渡あるいは使用させることはできません。 3 本ソフトウェアのコピーは、保管(バックアップ)の目的のためだけに限定されます。 4 本ソフトウェアは、本コンピューター 1 台での使用とし、他のコンピューター
  • p. 56/64
    56 ハードディスクデータ消去ユーティリティを利用すれば、内蔵ハードディスクに保存されているすべてのデータやソフトウェアを、復元できないように消去できます。本機を廃棄または譲渡する場合などにご利用ください。 z プロダクトリカバリー DVD-ROM z 必ず、 AC アダプターを接続してください。 z 内蔵ハードディスクにのみ有効です。外付けハードディスクには働きません。z 実行すると、ハードディスクからは起動しなくなります。z 損傷しているハードディスクのデータは消去できません。z パーティションを指定してデータを消去することはできません。
  • p. 57/64
    57 F【 Y】を押す。 ハードディスクデータ消去ユーティリティが起動します。 (以降の画面はすべて一例です。 ) G「 <<< スタートメニュー >>> 」で【 Enter】を押す。 H 消去にかかるおおよその時間など、メッセージの内容を確認してから 【 Space】を押す。 I メッセージの内容を確認してから【 Enter】を押す。 ハードディスクのデータ消去が開始されます。z 万一、途中でデータ消去を中断する場合は、【Ctrl】 + 【 C】を押して 中断することができますが、すでに消去されたデータは復元されません。
  • p. 58/64
    58 本製品(付属品を含む)は日本国内仕様であり、海外の規格などには準拠しておりません。z 本体仕様 機種名 CF-W2DW1AXR CF-W2DW1AXP CF-W2DW6AXR CPU /2 次キャッシュメモリー 超低電圧版 ★ インテル ® Pentium ® M プロセッサ 1.1 GHz(システムバスクロック:400 MHz)/ オンダイ L2 キャッシュ -1M バイト * 1 チップセット インテル ® 855 GM チップセット メインメモリー 標準 256 M バイト * 1 DDR
  • p. 59/64
    59 ★ :既存のインテル低電圧版に比べて、さらに電圧レベルを低下(バッテリー駆動時 0.85 V) *1 1 M バイト =1,048,576 バイト。 *2 コンピューターの動作状況により、メインメモリーの一部が自動的に割り当てられます。サイズを設定しておくことはできません。 *3 1 G バイト =1,000,000,000 バイト。OS または一部のアプリケーションソフトでは、これよりも小さな数値で G バイト表示される場合があります。ハードディスクのユーティリティなど使用時は NTFS 対応のものをご使用ください。
  • p. 60/64
    60 *1 本機はインストール済み OS 以外では動作保証しておりません。 *2 ワイヤレス投写用アプリケーションソフト(パナソニック液晶プロジェクター TH-LB10NT とワイヤレス接続するときに使います。 ( Î 34 ページ)) *3 ご使用前にユーザー登録が必要です。ユーザー登録から 90 日間無償で「ウイルス定義ファイル」のアップデートサービスおよびサポートがご利用いただけます。引き続きマカフィー ® ・ウイルススキャンをご利用の場合は表示メッセージに従い、セキュ リティサービスの延長契約(有償)をお申し込みください。
  • p. 61/64
    61 当社は国際エネルギースタープログラムの参加事業者として、本製品が国際エネルギースタープログラムの対象製品に関する基準を満たしていると判断します。 z お客様の使用誤り、その他異常な条件下での使用により生じた損害、および本機の使用または使用不能から生ず る付随的な損害について、当社は一切責任を負いません。 z 本機は、医療機器、生命維持装置、航空交通管制機器、その他人命に関わる機器/装置/システムでの使用を意 図しておりません。本機をこれらの機器/装置/システムなどに使用され生じた損害について、当社は一切責任を負いません。
  • p. 62/64
    62 ! ! 6 This product cannot be used in foreign country as designed for Japan only. 1 [ ] „ Q&A О 2004 4 1
  • p. 63/64
    63 [ ] 1. 2. 3. 4. 1. FAX 20
  • p. 64/64
    松下電器産業株式会社 IT プロダクツ事業部 〒 570-0021 大阪府守口市八雲東町一丁目10番12号  2004 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. All Rights Reserved. この取扱説明書は、再生紙を使用しています。 こんな症状はありませんか • 異常な音やにおいがする • 水や異物が入った ` このような症状の時は故障や事故防止のため、電源を切り、電源プラグとバッテリーパックを抜いて、必ずご相談窓口に点検をご依頼ください。 CF-
 
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.