マニュアル Panasonic - テレビ TH-P46VT3 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ, テレビ TH-P50VT3 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ

background image

外部機器の接続

設定

54

55

ビエラリンク(HDMI)対応機器

ビエラリンク(HDMI)で本機とシアターを接続時、ビエラリンク(HDMI)で接続した他の機器か

らの音声が5.1chのときは、本機のデジタル音声出力(光)端子とHDMI1端子(ARC対応)より

5.1chで出力します。(ディーガはビエラリンクVer.2、ビエラリンク(HDMI)Ver.3以上に対応

している機種のみ対応)

ビエラリンク(HDMI)が正しく動作しないときは

接続した機器を取り換えたり、接続・設定を変更したときなどは、本機が接続されている機器

を正しく認識しない場合があります。

HDMIケーブルが正しく接続されていることを確認のうえ、下記の操作をしてください。

① すべての接続機器の電源を入れた状態で、

本体の電源ボタンで電源を入れ直す

を押して、接続・設定を変更したHDMI入力ごとに映像を確認する

③本機のリモコンで機器を操作してみる

ガイド481)

お好みで設定できます

「ビエラリンク(HDMI)設定」

ガイド822)

■ 電源オフ連動

本機の電源をリモコンで「切」にしたとき、機器の電源を切ります。

■ 電源オン連動

ディーガなどの操作に連動して本機の電源を入れます。

■ 電源オン時の音声出力

本機の電源をリモコンで「入」にしたとき、シアターに音声を出力します。

■ ECOスタンバイ

本機の電源をリモコンで「切」にしたとき、機器の消費電力を最小にします。

■ ケーブルテレビ電源オン連動

本機の電源をリモコンで「入」にしたとき、CATVデジタルSTBの電源を入れます。

■ こまめにオフ

使わないときに、機器の電源を個別に自動的に切ります。

■ ディーガの操作

ディーガ視聴中、本機のリモコンで操作できるボタンを増やします。

■ メニュー表示方法

「ビエラリンクメニュー」の表示形式を変更します。

■ テスト

(ディーガ電源オン/ディーガ電源オフ)

ディーガの動作を確認できます。

外部機器の接続設定

お知らせ

接続する機器

ケーブル [接続する端子]

注意事項

参照

ディーガ

HDMIケーブル

[HDMI1]

HDMIケーブルについて

 

◦

当社製を推奨します。

接続ガイド)

 ◦

HDMI規格に準拠して

いないケーブルでは動
作しません。

接続後は必ずビエラリン

ク(HDMI)を有効にして

ください。

(

「ビエラリンク(HDMI)

制御」

ガイド822)

最初に接続したときは

「入力切換」を押して、

HDMI入力に切り換えて

ください。

機器の操作をしたときに、

本機の電源を「入」にする

には「電源オン連動」を設

定してください。

ガイド822)

HDMI端子に同じ種類の

ビエラリンク(HDMI)対

応機器を複数接続した場

合は、番号の小さいHDMI

端子に接続された機器が、

ビエラリンク(HDMI)の

操作対象になります。

接続ガイド

CATVデジタルSTB

スカパー

!HD対応DVR

シアター

接続ガイド

デジタルビデオカメラ

HDMIミニケーブル

[HDMI3]

接続ガイド

デジタルカメラ

ブルーレイディスク

プレーヤー

など

HDMIケーブル

[HDMI2]

接続ガイド

パソコン

接続ガイド

●

HDMI端子とは、テレビと接続機器のデジタ

ル映像/音声信号を直接つなぐインター

フェイスです。

●

HDMI端子とテレビを1本のケーブルで接

続するだけで、高画質な映像とデジタル音声

をお楽しみいただけます。アナログ音声を

お使いになる場合、HDMI 2とビデオ入力2

の音声入力端子に接続し、「HDMI音声入力

設定」

ガイド823)と「ビデオ2音声入

出力設定」

ガイド823)が必要です。

■HDMI端子

について

対応している映像信号

 480i、480p、720p、1080i、1080p

(24Hz/59.94Hz/60Hz)

対応している音声信号

 種類:リニアPCM

サンプリング周波数:48kHz/44.1kHz/

32kHz

電子説明書の使いかた

6ページ)

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.