マニュアル Panasonic - テレビ TH-P46VT3 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ, テレビ TH-P50VT3 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ

background image

無線

L

A

Nの接続

設定

ワイヤレスで通信

62

63

接続後の設定

■ かんたんネットワーク設定

42ページの手順

4

で「かんたんネットワーク設定」を選び、

「決定」を3秒以上押して画面

の指示に従って操作する。

(かんたんネットワーク設定の内容

83ページ)

個別に設定するとき:LAN接続形態(

ガイド764)

無線LANの接続設定

無線LAN機器

接続する機器

特長/対応機器

参照

無線LANアダプター

USB端子に接続すると、無線LANでネットワーク

に接続できます。

(別途、無線LANアクセスポイントが必要です)

接続ガイド

当社製無線LANアダプター DY-WL10

上記の品番は2011年1月現在発売中のものです。

●

本機との接続に対応した無線LANアダプターとアクセスポイントが別途必要です。

対応した無線LANアダプターについては、以下のホームページでご覧になれます。

(2011年1月現在)

http://panasonic.jp/support/tv/を開く。「動作確認情報一覧」→『VIERA「プラズマ

テレビ」』→『「TH-○○○」の接続検証』から無線LANアダプターを選ぶ。

■無線LANについて

アクセスポイントはAOSS

TM

かWPS

対応であることをご確認ください。

(AOSS

TM

、WPSに対応

していない場合は、設定の際にアクセスポイントの暗号キーが必要になります。)詳しくはアクセス

ポイントの取扱説明書をご覧ください。

無線LANアダプターとアクセスポイント間の無線方式は、11n(5GHz)を推奨します。

11a、11b、11g、11n(2.4GHz)でも通信できますが、通信速度が遅くなることがあります。

アクセスポイントの無線方式を切り換えた場合は、無線LANで接続できていた機器(パソコン

など)が接続できなくなることがあります。

無線LANアダプターはUSB延長ケーブルで接続してください。

無線LANアダプターは良好な電波状態が確保できる場所に設置してください。

●

通信内容の傍受、不正利用、なりすましなどを防止するために、適切なセキュリティ設定(暗号

化設定)を行ってください。詳しくはアクセスポイントの取扱説明書をご覧ください。

●

無線LANのセキュリティ設定(暗号化設定)を行っていない場合、USBハードディスクから無線

LANを経由してのダビングはできません。

電波を使う機器から離してください。

 電波の干渉による悪影響を防止するため、次の機器からできるだけ離してください。

電子レンジ 

他の無線LAN機器 

Bluetooth®対応機器 

その他2.4GHz、5GHzの電波

を使用する機器(デジタルコードレス電話、ワイヤレスオーディオ機器、ゲーム機、パソコン周辺

機器など)

※「WPS」は「Wi-FiProtectedSetup

TM

」の略です。

電子説明書の使いかた

6ページ)

無線LANで接続するときの一例

接続のしかた

接続ガイド

アクセス

ポイント

USB 2 または 3 端子へ

本機と無線LANで接続することができます。

本機背面

パソコン

モデムなど

ハブまたは

ブロードバンドルーター

当社製 無線LAN

アダプター(別売品)

品番:DY-WL10

●

無線LANアダプターはUSB延長

ケーブルで接続してください。

インターネットへ

■USB端子について

 

当社製無線LANアダプターなど、本機に対応する機器の接続用です。本機に対応していない

機器を接続しないでください。

本機で動作確認済の機器について(

63ページ)

 

USB端子に機器を接続したり、USB端子から機器を外すときは、本体の電源を「切」にして

から行ってください。

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.