ユーザーマニュアル Panasonic - デジタルビデオカメラ NV-GS5K デジタルビデオカメラ

background image

31

LPモードについて
LPモードで撮っても画質は劣化しませんが、以下の場合に、モザ
イク状のノイズなどが出たり機能が制限されることがありま
す。
・ 他のデジタルビデオ機器で再生
・ 他のデジタルビデオ機器でLP録画したテープを本機で再生
・ LPモードがないデジタルビデオ機器で再生
・ スロー / コマ送り再生時(P35、36)
・ カメラサーチ(戻し)時(P38)

手ぶれ補正について

ぶれが大きいときや、動きのある被写体を追いながら撮影した
場合、補正できないことがあります。

デジタルズーム領域では手ぶれ補正が効きにくくなることがあ
ります。

カラーナイトビュー使用時は、 手ぶれ補正は使えません。
(P41)

コンバージョンレンズを付けると手ぶれ補正が効きにくくな
ることがあります。

三脚使用時は、「テブレホセイ」を「切」にすることをおすすめし
ます。

対面撮影について

「ミラー」に設定時、警告表示は「°」と表示されます。この場
合は、液晶モニターを元に戻して、警告表示内容を確認してく
ださい。(P81)

「ミラー」に設定時、タイトルインしたイラストは左右反転表示
しますが、記録は通常どおりです。

「タイメンモード」を「ノーマル」に設定すると、記録される映像
と同じものが液晶モニターに映ります。モニターに映った文
字を読むことができます。

液晶モニターを見ながら自分自身
を撮るときに使います。また撮影
する相手にも撮影内容を見せなが
ら撮るときに使うと便利です。

撮影モード

にしておく。

液晶モニターを開き、手
前(レンズ側)に回転させ

回転させると、液晶モニターの映
像が上下反転し、手前から見ても
違和感なく映ります。

撮影する

液晶モニターに映る映像を左右反
転させる
「ソノタセッテイ」メニューの「タイ
メンモード」を「ミラー」に設定する

液晶モニターに映る画像が左右反
転して、鏡を見ているような映像
になります。

分を撮る

(対面撮影)

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.