ユーザーマニュアル Panasonic - デジタルビデオカメラ NV-GS5K デジタルビデオカメラ

background image

39

頭出しについて
本機では、頭出しをするための目印(INDEX:インデックス)となる
信号を自動的に記録します。

1フォトインデックス

フォトインデックス信号が入った画像の頭出しに使います。
テープフォトショット時、メモリー画像伝送時に自動的に記録
します。

2シーン(場面)インデックス

場面の頭出しに使います。
次の場合、自動的に記録します。(記録中は、「INDEX」の表示が
数秒間点滅します)

カセットを入れた後の最初の撮影時

「キロクセッテイ」メニューの「シーンインデックス」の設定に
従って

日付:

撮影終了後、日付が変わった後の最初の撮影時

2 ジカン: 撮影終了後、2時間経過した後の最初の撮影時

電源 / 操作モード切換えスイッチを操作したときや日付を設

定したときは、その後の最初のインデックス信号は記録されま
せん。

テープ始端での頭出しはできないことがあります。

2秒以上頭出しボタンを押し続けると、イントロサーチ機能が
働き、フォトインデックス信号の入った画像を次々と頭出しし、
数秒間ずつ再生します。(解除するには、再生(1)ボタンか停止

(■)ボタンを押します)

連写フォトショットで撮影した画像は頭出しできません。

シーンサーチはインデックスとインデックスの間隔が1分以内
の場合は、うまく働かないことがあります。

った最後の部分をさがす

(ブランクサーチ)

撮影した場面の最後の部分(テープ
の未使用部分)を見つけるときは、
ブランクサーチ機能を使うと便利
です。

再生モード

にしておく。

「再生キノウ」メニューで

「ブランクサーチ」を「す
る」に設定する

最後のシーンの約1秒手前で静止
画になります。

ブランクサーチを途中でやめる
停止(■)ボタンを押す

テープに未記録部分がなかった
場合は、 テープ終端で止まりま
す。

ブランク部分を見つけたあと、撮
影モードにして撮影を始めると、
最後の部分からつなぎ撮りが始
められます。

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.