ユーザーマニュアル Panasonic - デジタルビデオカメラ NV-GS5K デジタルビデオカメラ

background image

49

マルチについて

対面撮影のミラーモード時にマルチボタンを押すと右側から画
像が表示されます。(記録は通常と同じ左側からです)

静止画時はマルチ画面になりません。

マルチ画面は画質が少し悪くなります。

スイングモードについて
「マルチ&コガメン」メニューの「スイングモード」を「入」にする
と、中間部分が速く、前後がゆるやかになります。

マルチ機能は以下の場合、使えません。
・プログレッシブ機能「入」設定時
・カードモード設定時
・シネマ設定時

再生映像効果について

再生時の映像効果のワイプ・ミックスを選んでいるとき、映像
効果の切 / 入設定はリモコンでのみ操作できます。

映像効果を入れた映像は DV 端子(P68)、デジタル静止画端子
(P70)から出力されません。

無記録部分(ブルーバック画面)からのワイプ、ミックスはできま
せん。

ワイプ(ミックス)効果中にリモコンの「切 / 入」ボタンを押す
と、効果を途中で止められます。 再度押すと効果が続きま
す。

撮影した映像に特殊効果を入れて
再生します。

再生モード

にしておく。

リモコン

を用意しておく。

再生する(1)
繰り返し選択ボタンを
押して、希望の映像効果
を選ぶ

押すごとに効果が変わります。
効果を解除するには画面の映像効
果を無表示にします。

効果を一時解除する
切 / 入ボタンを押す

画面の映像効果表示が点滅しま
す。(ワイプ、ミックス設定時は
除く)

ワイプ/ミックス設定時

再生する(1)
メモリーしたい場面で
メモリーボタンを押す

画面のワイプ、ミックス表示が白
黒反転します。

メモリー画像につなげる場
面で切/入ボタンを押す

選んだ効果で場面が変わります。

映像効果は次の 10 種類です。
ワイプ、ミックス、ストロボ、ネガ
ポジ、セピア、モノトーン、キセキ、
アート、モザイク、ミラー
(実際の効果はデジタル機能/効果
の 46 ページを参照してください)

像効果を入れて再生する

(再生映像効果)

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.