ユーザーマニュアル Panasonic - デジタルビデオカメラ NV-GS5K デジタルビデオカメラ

background image

67

外部機器(オーディオ機器など)
を使ったアフレコ(ライン入力)
左図の接続をして、 メニューの
「AV タンシ」を「AV 入出力」にし
て、「アフレコ入力」を「ライン」に
設定します。

マイク端子を使ったアフレコ
(マイク入力)
「アフレコ入力」を「マイク」に設
定します。
以下の接続コード(別売)を使用し
ます。

大型ステレオプラグのヘッドホ
ン端子の場合は大型・ミニ録音
コード S/RP-CA6A

ピンプラグ×2 の出力端子の場
合は大型・ミニラインコード S/
RP-CA59A

ミニステレオプラグのヘッドホ
ン端子の場合はミニ・ミニ録音
コード S/RP-CA2A

アフレコについて
アフレコ録音する前に

撮影時のオリジナルの音声も残したい場合は「キロクセッテ
イ」メニューの「音声キロク」を「12bit」にして撮影します。
(「16bit」設定時は、アフレコ録音後、撮影時の音声は消えます)

「キロクセッテイ」メニューの「キロクモード」を「SP」にして撮
影します。

(「LP」モードで撮影した部分にはアフレコできませ

ん)

カードにアフレコはできません。

無記録部分にアフレコはできません。

アフレコ中に無記録部分があると、その部分を再生したとき
に、映像、音声が乱れます。

DV 端子からの音声をアフレコすることはできません。

アフレコ録音のときに、カウンターメモリー機能を使うと便利
です。(P93)

アフレコした音声を聞くには
「再生キノウ」メニューの「12bit 音声」の設定によって、アフレ
コ音声と元の音声を切り換えることができます。
ステレオ 1:

元の音声を再生します。

ステレオ 2:

アフレコ音声を再生します。

ミックス:

元の音声とアフレコ音声を同時に再生します。

音声を聞きながらアフレコするには
アフレコ一時停止時、「ステレオ2」に設定すると、音声を確認で
きます。マイク入力時はヘッドホンを使うと、音声を聞きなが
らアフレコできます。(ヘッドホンを使う場合、「AV入出力セッ
テイ」メニューの「AV タンシ」を「AV 出力 / ヘッドホン」に設定
してください)
ライン入力時はスピーカーで音声を聞きながらアフレコできま
す。

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.