ユーザーマニュアル Panasonic - デジタルビデオカメラ NV-GS5K デジタルビデオカメラ

background image

93

タイムコード
タイムコードとは、撮影(録画)し
た テ ー プ 上 に 記 録 さ れ る 時 間
データのことで、 時、 分、 秒、 フ
レーム(1秒は約 30 フレーム)で
表されます。 タイムコードは撮
影と同時に記録されているので、
撮影した映像のテープ上での絶
対位置を知ることができます。
・新しい(何も記録されていない)

カ セ ッ ト を 入 れ る と、 タ イ ム
コードはゼロから始まります。

・途中まで記録されているカセッ

トを入れると、そこから続けて
タイムコードが記録されます。
(カセットそう入時はゼロの表示
が出ることがありますが、撮影
を始めると続きの値から表示し
ます)

ただし、テープの途中に無記録部
分があると、タイムコードは再び
ゼロから記録され始めます。 そ
の結果、テープを後で編集する場
合に誤動作の原因となります。
したがって本機で撮影するとき
は、 記録部分が途切れないよう
に、カメラサーチやブランクサー
チ を す る こ と を お す す め し ま
す。

タイムコードは、リセットでき
ません。

通常再生時以外では、 タイム

コードが表示されない(または、
不正確になる)ことがあります。

タイムコードに対応した編集コ
ントローラーを使って編集をす
ると、正確な編集が可能になり
ます。

カウンター表示
撮影や再生の経過時間を表示す
るためのものです。
カウンター表示は、自由にリセッ
ト(カウンター表示を 0:00.00 に
戻す)することができます。 した
がって、撮影や再生を始めた位置
でリセットしておけば、その時点
からの経過時間を表示すること
ができます。 しかしタイムコー
ドのように映像のテープ上での
絶対位置を知ることはできませ
ん。
カウンターをリセットするには
「ヒョウジセッテイ」メニューの
「カウンタリセット」を「する」に
設定します。

カウンターメモリー機能
カウンターメモリー機能を使う
と、以下のことができます。
テープを任意の位置まで巻き戻
す(早送りする)
1 「ヒョウジセッテイ」メニュー

の「カウンタモード」を「カウン
タメモリ」にする

2 後で戻りたい場面で、「ヒョウ

ジセッテイ」メニューの「カウ
ンタリセット」を「する」にする

3 再生や撮影をする
4 電源スイッチを「再生」にする
5 巻戻しまたは早送り操作をす

カウンターをリセットした位置
付近で自動的にテープ走行が停
止します。

アフレコ時に、自動的に編集を停
止させる
1 アフレコを終了させたいとこ

ろで静止画再生する

2「ヒョウジセッテイ」メニュー

の「カウンタモード」を「カウン
タメモリ」にする

3「ヒョウジセッテイ」メニュー

の「 カウンタリセット」 を「 す
る」にする

4 アフレコを開始したい位置ま

で戻り、静止画再生する

5 アフレコを開始する

カウンターをリセットした位
置で、自動的にアフレコが停止
します。

プログレッシブ機能
本機のフレーム静止画機能は、ず
れのない高画質な静止画を撮影
するために、
・絞りをシャッター動作させ、
・フィールドメモリーを 2 個搭載

し、制御しています。

実際には、
1 フォトショットボタンを押す

(または静止画ボタンを押す)

2 瞬間に、絞りを閉じ、次の映像

がレンズから入ってこないよ
うにする

3 同じ画像データを2つのフィー

ルドメモリーに記憶する

といった動作をします。

その成果として、
2つのフィールドにそれぞれ同じ
映像を記録し、フレーム映像にす
るのでフィールド画像に比べる
と約 1.5 倍の解像度になり、しか
もずれがありません。

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.