インストラクションマニュアル LG - L05D

目次

  • p. 1/203
  • p. 2/203
    はじめに L -05Dをお買い上げいただきまして誠にありがとうございます。 ご使用の前やご利用中に、本書をお読みいただき、正しくお使いください。 本書についての最新情報は、ドコモのホームページよりダウンロードできます。また、本端末から取扱説明書の最新情報を見ることができます。 ■ ■「クイックスタートガイド」 (本体付属品) 基本的な機能の操作について説明して います。 ■ ■「取扱説明書」(本端末のアプリケー ション)機能の詳しい案内や操作について説明 しています。 ホーム画面で「アプリ」 u 「取扱説明書」
  • p. 3/203
    1 目次/注意事項 クイックスタート ガイド(本書) 電池パック■L18 (2 個) バッテリーチャージャー■L01 (保証書、USB接続ケーブル(試供品)を含む) microSDHCカード(4GB)(試供品) ※お買い上げ時にあらかじめ本端末に取 り付けられています。 本体付属品 その他のオプション品・関連機器について、本端末の「e トリセツ」アプリをご参照ください。 L-05D本体 (保証書を含む) リアカバー L32 L-05D_QSG_J.indb 1 2012/06/21 11:03:35
  • p. 4/203
    2 目次/注意事項 本書のご使用にあたって • 本書の内容の一部、または全部を無断 転載することは、禁止されています。 • 本書の内容に関しては、将来予告なし に変更することがあります。 • 本書の本文中においては「L-05D」を 「本端末」と表記させていただいてお ります。あらかじめご了承ください。 操作説明文について 本書では、タッチスクリーンで表示されるアイコンや項目の選択操作を次のように表記して説明しています。 表記 操作内容 ホーム画面で 「アプリ」 ホーム画面に表示されている をタップする•
  • p. 5/203
    3 目次/注意事項 表記 操作内容 ホーム画面で■ ■u■「本体 設定」 画面の下にある をタップして、表示されたオプションメニューの「本体設定」をタップする 「Wi-Fi」■u■「ネットワー クを追加」 画面に表示されている「Wi-Fi」をタップして、続けて「ネットワークを追加」をタップする ■を1秒以 上タッチする 画面に表示されている を長めに(1 ~2 秒間)触れたままにする お知らせ • 本書の操作説明は、ホームセレク タが「docomo Palette UI」に設定されていて、ホーム画面の内容が初期設定の場合で説明しています。ホーム画面の内容を変更した場合は、アプリケーションを開く操作などが本書の説明と異なることがあります。
  • p. 6/203
    4 目次/注意事項 本体付属品………………………………… 1本端末のご利用について………………… 6安全上のご注意(必ずお守りください) …………………………………………… 10取り扱い上のご注意…………………… 33防水性能………………………………… 46 ご使用前の確認と設定……… 56 各部の名称と機能……………………… 56ドコモminiUIMカード ……………… 60microSDカード ……………………… 62電池パック……………………………… 63充電……………………………………… 65電源を入れる/切る……………………
  • p. 7/203
    5 目次/注意事項 電話/メール/■ウェブブラウザ…………… 125 電話………………………………………125発着信履歴………………………………131電話帳……………………………………133spモードメール ………………………134SMS ……………………………………135Eメール …………………………………136Gmail ……………………………………138緊急速報「エリアメール」 ……………138ブラウザ…………………………………140 本体設定…………………… 142 設定メニュー……………………………142
  • p. 8/203
    6 目次/注意事項 本端末のご利用について • 本 端 末 は、L T E・W - C D M A・G S M / GPRS・無線 LAN 方式に対応しています。 • 本端末は無線を使用しているため、トンネ ル・地下・建物の中などで電波の届かない所、屋外でも電波の弱い所、X iサービスエリアおよびF O M Aサービスエリア外ではご使用になれません。また、高層ビル・マンションなどの高層階で見晴らしのよい場所であってもご使用になれない場合があります。なお、電波が強くアンテナマークが4本表示されている状態で、移動せずに使用している場合でも通信が切れることがありますので、ご了承ください。
  • p. 9/203
    7 目次/注意事項 • お客様ご自身で本端末に登録された情報 内容は、別にメモを取るなどして保管してくださるようお願いします。本端末の故障や修理、機種変更やその他の取 り 扱 い な ど に よ っ て、 万 が 一、 登 録された情報内容が消失してしまうことがあっても、当社としては責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。 • 本端末はパソコンなどと同様に、お客様 がインストールを行うアプリケーションなどによっては、お客様の端末の動作が不安定になったり、お客様の位置情報や本端末に登録された個人情報などがインターネットを経由して外部に発信され不正に利用される可能性があります。このため、ご利用されるアプリケーションなどの提供元および動作状況について十分にご確認の上ご利用ください。
  • p. 10/203
    8 目次/注意事項 • お客様の電話番号(自局番号)は以下の 手順で確認できます。ホーム画面で u 「本体設定」 u 「端末 情報」 u 「ステータス」をタップしてください。 • ご利用の本端末のソフトウェアバージョ ンは以下の手順で確認できます。ホーム画面で u 「本体設定」 u 「端末 情報」をタップしてください。 • 本端末のソフトウェアを最新の状態に更 新することができます。詳しくは「ソフトウェア更新」(P168)をご参照ください。 • 本端末の品質改善を行うため、ソフトウェ ア更新によってオペレーティングシステム(OS)のバージョンアップを行うことがあります。また、古い
  • p. 11/203
    9 目次/注意事項 • Google が提供するサービスについては、 Google Inc. の利用規約をお読みください。また、そのほかのウェブサービスについては、それぞれの利用規約をお読みください。 • sp モード、mopera U および mopera U 設定以外のプロバイダはサポートしておりません。 • 本端末は 64K データ通信には対応してお りません。 • 画像や動画、音楽などのお客様データは、 パソコンでのバックアップを行ってください。接続方法について、詳しくは本端末の取扱説明書をご参照ください。また、各種オンラインによるデータバックアップサービスのご利用をおすすめします。
  • p. 12/203
    10 目次/注意事項 安全上のご注意(必ずお守り ください) ■ ■ ご使用の前に、この「安全上のご注意」 をよくお読みの上、正しくお使いください。また、お読みになった後は大切に保管してください。 ■ ■ ここに示した注意事項は、お使いになる 人や、他の人への危害、財産への損害を未然に防ぐための内容を記載していますので、必ずお守りください。 ■ ■ 次の表示の区分は、表示内容を守らず、 誤った使用をした場合に生じる危害や損害の程度を説明しています。 危険 この表示は、取り扱いを誤った場合、 「死 亡または重傷を負う危険が切迫して生じることが想定される」内容です。
  • p. 13/203
    11 目次/注意事項 ■ ■ 次の絵表示の区分は、お守りいただく内 容を説明しています。 禁止(してはいけないこと)を示します。 分解してはいけないことを示す記号です。 水がかかる場所で使用したり、水に濡らしたりしてはいけないことを示す記号です。 濡れた手で扱ってはいけないことを示す記号です。 指示に基づく行為の強制 (必ず実行していただくこ と)を示します。 電源プラグをコンセントから抜いていただくことを示す記号です。 L-05D_QSG_J.indb 11 2012/06/21 11:03:37
  • p. 14/203
    12 目次/注意事項 ■ ■「安全上のご注意」は下記の8項目に分け て説明しています。本端末、電池パック、アダプタ、 バッテリーチャージャー、 ドコモ miniUIM カードの取り扱いに ついて(共通) …………………… P12本端末の取り扱いについて ……… P16電池パックの取り扱いについて … P21アダプタ、バッテリーチャージャーの 取り扱いについて ………………… P23ドコモ miniUIM カードの取り扱いに ついて ……………………………… P26医用電気機器近くでの取り扱いに ついて
  • p. 15/203
    13 目次/注意事項 分解、改造をしないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。 水や飲料水、ペットの尿などで濡らさないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。防水性能については下記をご参照ください。→ P46 本端末に使用する電池パックおよびアダプタは、N T Tドコモが指定したものを使用してください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。 警告 強い力や衝撃を与えたり、投げ付けたりしないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。 充電端子、microUSB接続端子及びイヤホンマイク端子に導電性異物(金属片、鉛筆の芯など)を接触させないでください。また、内部に入れないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。
  • p. 16/203
    14 目次/注意事項 使用中や充電中に、布団などで覆ったり、包んだりしないでください。火災、やけどの原因となります。 ガソリンスタンドなど引火性ガスが発生する場所に立ち入る場合は必ず事前に本端末の電源を切り、充電をしている場合は中止してください。ガスに引火する恐れがあります。ガソリンスタンド構内などでおサイフケータイをご使用になる際は必ず事前に電源を切った状態で使用してください(おサイフケータイ ロック設定を設定されている場合にはロックを解除した上で電源をお切りください)。 使用中、充電中、保管時に、異臭、発熱、変色、変形など、いままでと異なるときは、直ちに次の作業を行ってください。•
  • p. 17/203
    15 目次/注意事項 湿気やほこりの多い場所や高温になる場所には、保管しないでください。火災、やけど、感電の原因となります。 子供が使用する場合は、保護者が 取り扱いの方法を教えてくださ い。また、使用中においても、指 示どおりに使用しているかをご確 認ください。 けがなどの原因となります。 乳幼児の手の届かない場所に保管してください。誤って飲み込んだり、けがなどの原因となったりします。 本端末をアダプタに接続した状態で長時間連続使用される場合には特にご注意ください。充電しながらアプリケーションやワンセグ視聴などを長時間行うと、本端末や電池パック・アダプタの温度が高くなることがあります。温度の高い部分に直接長時間触れるとお客様の体質や体調によっては肌に赤みやかゆみ、かぶれなどが生じたり、低温やけどの原因となったりする恐れがあります。
  • p. 18/203
    16 目次/注意事項 本端末の取り扱いについて 警告 赤外線ポートを目に向けて送信しないでください。目に悪影響を及ぼす原因となります。 赤外線通信使用時に、赤外線ポートを赤外線装置のついた家電製品などに向けて操作しないでください。赤外線装置の誤動作により、事故の原因となります。 ライトの発光部を人の目に近づけて点灯発光させないでください。特に、乳幼児を撮影するときは、1m以上離れてください。視力障害の原因となります。また、目がくらんだり驚いたりしてけがなどの事故の原因となります。 本端末内のドコモminiUIMカードスロットやmicroSDカードスロットに水などの液体や金属片、燃えやすいものなどの異物を入れないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。
  • p. 19/203
    17 目次/注意事項 自動車などの運転者に向けてライトを点灯しないでください。運転の妨げとなり、事故の原因となります。 航空機内や病院など、使用を禁止された区域では、本端末の電源を切ってください。電子機器や医用電気機器に悪影響を及ぼす原因となります。医療機関内における使用については各医療機関の指示に従ってください。航空機内での使用などの禁止行為をした場合、法令により罰せられます。ただし、電波を出さない設定にすることなどで、機内で本端末が使用できる場合には、航空会社の指示に従ってご使用ください。 スピーカーに設定して通話する際や、着信音が鳴っているときなどは、必ず本端末を耳から離してください。また、イヤホンマイクなどを本端末に装着し、ゲームや音楽再生などをする場合は、適度なボリュームに調節してください。音量が大きすぎると難聴の原因となります。また、周囲の音が聞こえにくいと、事故の原因となります。
  • p. 20/203
    18 目次/注意事項 医用電気機器などを装着している場合は、医用電気機器メーカもしくは販売業者に、電波による影響についてご確認の上ご使用ください。医用電気機器などに悪影響を及ぼす原因となります。 高精度な制御や微弱な信号を取り扱う電子機器の近くでは、本端末の電源を切ってください。電子機器が誤動作するなどの悪影響を及ぼす原因となります。※ ご注意いただきたい電子機器の例 補 聴 器、 植 込 み 型 心 臓 ペ ー スメーカおよび植込み型除細動器、その他の医用電気機器、火災報知器、自動ドア、その他の自動制御機器など。植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器、その他の医用電気機器をご使用される方は、当該の各医用電気機器メーカもしくは販売業者に電波による影響についてご確認ください。
  • p. 21/203
    19 目次/注意事項 万が一、ディスプレイ部やカメラのレンズを破損した際には、割れたガラスや露出した本端末の内部にご注意ください。ディスプレイ部やカメラのレンズの表面には、強化ガラスを使用し、ガラスが飛散りにくい構造となっておりますが、誤って割れた破損部や露出部に触れますと、けがの原因となります。 注意 アンテナ、ストラップなどを持って本端末を振り回さないでください。本人や他の人に当たり、けがなどの事故の原因となります。 本端末が破損したまま使用しないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。
  • p. 22/203
    20 目次/注意事項 誤ってディスプレイを破損し、液晶が漏れた場合には、顔や手などの皮膚につけないでください。失明や皮膚に傷害を起こす原因となります。液晶が目や口に入った場合には、すぐにきれいな水で洗い流し、直ちに医師の診断を受けてください。また、皮膚や衣類に付着した場合は、すぐにアルコールなどで拭き取り、石鹸で水洗いしてください。 自動車内で使用する場合、自動車メーカもしくは販売業者に、電波による影響についてご確認の上ご使用ください。車種によっては、まれに車載電子機器に悪影響を及ぼす原因となりますので、その場合は直ちに使用を中止してください。
  • p. 23/203
    21 目次/注意事項 電池パックの取り扱いについて ■ ■ 電池パックのラベルに記載されている表 示により、電池の種類をご確認ください。 表示 電池の種類 Li-ion00 リチウムイオン電池 危険 端子に針金などの金属類を接触させないでください。また、金属製ネックレスなどと一緒に持ち運んだり、保管したりしないでください。電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因となります。 電池パックを本端末に取り付ける ときは、電池パックの向きを確か め、うまく取り付けできない場合 は、無理に取り付けないでくださ い。
  • p. 24/203
    22 目次/注意事項 電池パック内部の液体などが目の中に入ったときは、こすらず、すぐにきれいな水で洗った後、直ちに医師の診療を受けてください。失明の原因となります。 警告 落下による変形や傷などの異常が見られた場合は、絶対に使用しないでください。電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因となります。 電池パックが漏液したり、異臭がしたりするときは、直ちに使用をやめて火気から遠ざけてください。漏液した液体に引火し、発火、破裂の原因となります。 ペットが電池パックに噛みつかないようご注意ください。電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因となります。
  • p. 25/203
    23 目次/注意事項 濡れた電池パックを使用したり充電したりしないでください。電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因となります。 電池パック内部の液体などが漏れた場合は、顔や手などの皮膚につけないでください。失明や皮膚に傷害を起こす原因となります。液体などが目や口に入った場合や、皮膚や衣類に付着した場合は、すぐにきれいな水で洗い流してください。また、目や口に入った場合は、洗浄後直ちに医師の診断を受けてください。 アダプタ、バッテリーチャージャーの取り扱いについて 警告 アダプタのコードが傷んだら使用しないでください。火災、やけど、感電の原因となります。
  • p. 26/203
    24 目次/注意事項 D Cアダプタはマイナスアース車専用です。プラスアース車には使用しないでください。火災、やけど、感電の原因となります。 雷が鳴り出したら、アダプタには触れないでください。感電の原因となります。 コ ン セ ン ト や シ ガ ー ラ イ タ ー ソケットにつないだ状態で充電端子をショートさせないでください。また、充電端子に手や指など、身体の一部を触れさせないでください。火災、やけど、感電の原因となります。 アダプタのコードの上に重いものをのせないでください。火災、やけど、感電の原因となります。
  • p. 27/203
    25 目次/注意事項 指定の電源、電圧で使用してください。また、海外で充電する場合は、海外で使用可能なACアダプタで充電してください。誤った電圧で使用すると火災、やけど、感電の原因となります。• AC アダプタ:AC100V• DC アダプタ:DC12V・24V(マ イナスアース車専用) • 海外で使用可能なACアダプタ: AC100V ~ 240V(家庭用交流コンセントのみに接続すること) D Cアダプタのヒューズが万が一切れた場合は、必ず指定のヒューズを使用してください。火災、やけど、感電の原因となります。指定ヒューズに関しては、個別の取扱説明書でご確認ください。
  • p. 28/203
    26 目次/注意事項 長時間使用しない場合は、電源プラグをコンセントやシガーライターソケットから抜いてください。火災、やけど、感電の原因となります。 万が一、水などの液体が入った場合は、直ちにコンセントやシガーライターソケットから電源プラグを抜いてください。火災、やけど、感電の原因となります。 お手入れの際は、電源プラグをコンセントやシガーライターソケットから抜いて行ってください。火災、やけど、感電の原因となります。 ドコモminiUIMカードの取り扱いについて 注意 ドコモminiUIMカードを取り外す際は切断面にご注意ください。けがの原因となります。
  • p. 29/203
    27 目次/注意事項 警告 医 療 機 関 の 屋 内 で は 次 の こ と を守って使用してください。• 手術室、集中治療室(ICU)、冠 状動脈疾患監視病室(CCU)には本端末を持ち込まないでください。 • 病棟内では、本端末の電源を切っ てください。 • ロビーなどであっても付近に医 用電気機器がある場合は、本端末の電源を切ってください。 • 医療機関が個々に使用禁止、持 ち込み禁止などの場所を定めている場合は、その医療機関の指示に従ってください。 満員電車の中など混雑した場所では、付近に植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器を装着している方がいる可能性がありますので、本端末の電源を切ってください。電
  • p. 30/203
    28 目次/注意事項 自宅療養などにより医療機関の外で、植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器以外の医用電気機器を使用される場合には、電波による影響について個別に医用電気機器メーカなどにご確認ください。電波により医用電気機器の作動に悪影響を及ぼす原因となります。 材質一覧 使用箇所 材質 表面処理 外装 ケース ディスプレイ 強化ガラス - フロントケース PC + GF 樹脂 UV コーティング リア ケース PC + TPEE 樹脂 UV コーティング リアカバー PC + GF 樹脂 UV
  • p. 31/203
    29 目次/注意事項 使用箇所 材質 表面処理 カメラ装飾部 AL 陽極酸化処理 イヤホンマイク端子装飾部 銅合金 金+ニッケル microUSB 接続 端子 銅合金 金+ニッケル 電池収納面 PC Sheet - 充電端子コネクタ (本体電池収納部) チタン銅 - スピーカーグリル PET - ネジ 軟鋼 ZnB メッキ 処理 電池 パック 電池パック本体 PC 樹脂 腐食処理 シール部 PET マットコーティング 端子部 ニッケル+ 金 金メッキ 使用箇所 材質 表面処理 microSDカード取り付け部
  • p. 32/203
    30 目次/注意事項 試供品(microSDHCカード (4GB)、USB接続ケーブル)の 取り扱いについて 危険 ■ ■ microSDHCカード(4GB)/ USB接 続ケーブル(共通) 電子レンジなどの加熱調理機器や高圧容器に入れないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。 ■ ■ USB接続ケーブル 高温になる場所(火のそば、暖房器具のそば、こたつの中、直射日光の当たる場所、炎天下の車内など)で使用、保管、放置しないでください。火災、やけど、けがの原因となります。 分解、改造をしないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。
  • p. 33/203
    31 目次/注意事項 警告 ■ ■ microSDHCカード(4GB)/ USB接 続ケーブル(共通) 強い力や衝撃を与えたり、投げ付けたりしないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。 ■ ■ USB接続ケーブル 外部接続端子に導電性異物(金属片、鉛筆の芯など)を接触させないでください。また、内部に入れないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。 U S B接続ケーブルは、風呂場などの湿気の多い場所では使用しないでください。火災、やけど、感電の原因となります。 U S B接続ケーブルのコードが傷んだら使用しないでください。火災、やけど、感電の原因となります。
  • p. 34/203
    32 目次/注意事項 濡れた手でケーブルに触れないでください。火災、やけど、感電の原因となります。 U S B接続ケーブルを抜くときは、U S B接続ケーブルを無理に引っ張らず、コネクタ本体を持って抜いてください。火災、やけど、感電の原因となります。 注意 ■ ■ microSDHCカード(4GB)/ USB接 続ケーブル(共通) 乳幼児の手の届かない場所に保管してください。誤って飲み込んだり、けがなどの原因となったりします。 ■ ■ USB接続ケーブル ぐらついた台の上や傾いた場所など、不安定な場所には置かないでください。落下して、けがの原因となります。
  • p. 35/203
    33 目次/注意事項 湿気やほこりの多い場所や高温になる場所には、保管しないでください。火災、やけど、感電の原因となります。 子供が使用する場合は、保護者が取り扱いの方法を教えてください。また、使用中においても、指示どおりに使用しているかをご確認ください。けがなどの原因となります。 取り扱い上のご注意 共通のお願い ■ ■ 本端末は防水性能を有しておりますが、 本端末内部に浸水させたり、付属品、オプション品に水をかけたりしないでください。電池パック、アダプタ、バッテリーチャージャー、ドコモminiUIMカードは防水性能を有しておりません。風呂場などの湿気の多い場所でのご使用や、雨などがかかることはおやめください。また身に付けている場合、汗による湿気により内部が腐食し故障の原因となります。調査の結果、これらの水濡れによる故障と判明した場合、保証対象外となり修理できないことがありますので、あらかじめご了承ください。なお、保証対象外ですので修理を実施できる場合でも有料修理となります。
  • p. 36/203
    34 目次/注意事項 ■ ■ お手入れは乾いた柔らかい布(めがね拭 きなど)で拭いてください。• 乾いた布などで強く擦ると、ディスプ レイに傷がつく場合があります。 • ディスプレイに水滴や汚れなどが付着 したまま放置すると、シミになることがあります。 • アルコール、シンナー、ベンジン、洗 剤などで拭くと、印刷が消えたり、色があせたりすることがあります。 ■ ■ 端子は時々乾いた綿棒などで清掃してく ださい。端子が汚れていると接触が悪くなり、電源が切れたり充電不十分の原因となったりしますので、端子を乾いた綿棒などで拭いてください。また、清掃する際には端子の破損に十分ご注意ください。
  • p. 37/203
    35 目次/注意事項 本端末についてのお願い ■ ■ タッチスクリーンの表面を強く押したり、 爪やボールペン、ピンなど先の尖ったもので操作したりしないでください。タッチスクリーンが破損する原因となります。 ■ ■ 極端な高温、低温は避けてください。 温 度 は 5 ℃ ~ 35 ℃、 湿 度 は 45% ~85% の範囲でご使用ください。 ■ ■ 一般の電話機やテレビ・ラジオなどをお 使いになっている近くで使用すると、悪影響を及ぼす原因となりますので、なるべく離れた場所でご使用ください。 ■ ■ お客様ご自身で本端末に登録された情報
  • p. 38/203
    36 目次/注意事項 ■ ■ リアカバーを外したまま使用しないでく ださい。電池パックが外れたり、故障、破損の原因となったりします。 ■ ■ microSDカードの使用中は、microSD カードを取り外したり、本端末の電源を切ったりしないでください。データの消失、故障の原因となります。 ■ ■ 磁気カードなどを本端末に近づけないで ください。キャッシュカード、クレジットカード、テレホンカード、フロッピーディスクなどの磁気データが消えてしまうことがあります。 ■ ■ 本端末に磁気を帯びたものを近づけない
  • p. 39/203
    37 目次/注意事項 ■ ■ 電池パックを保管される場合は、次の点 にご注意ください。• フル充電状態(充電完了後すぐの状態) での保管 • 電池残量なしの状態(本体の電源が入 らない程消費している状態)での保管 電池パックの性能や寿命を低下させる原因となります。保管に適した電池残量は、目安として電池残量が 40 パーセント程度の状態をお勧めします。 アダプタ、バッテリーチャージャーについてのお願い ■ ■ 充電は、適正な周囲温度(5℃~ 35℃) の場所で行ってください。 ■ ■ 次のような場所では、充電しないでくだ
  • p. 40/203
    38 目次/注意事項 ドコモminiUIMカードについてのお願い ■ ■ ドコモminiUIMカードの取り付け/取り 外しには、必要以上に力を入れないでください。 ■ ■ 他のI Cカードリーダー/ライターなどに ドコモminiUIMカードを挿入して使用した結果として故障した場合は、お客様の責任となりますので、ご注意ください。 ■ ■ I C部分はいつもきれいな状態でご使用く ださい。 ■ ■ お手入れは、乾いた柔らかい布(めがね 拭きなど)で拭いてください。 ■ ■ お客様ご自身で、ドコモminiUIMカード
  • p. 41/203
    39 目次/注意事項 Bluetooth機能を使用する場合のお願い ■ ■ 本端末は、Bluetooth機能を使用した通 信時のセキュリティとして、Bluetooth標準規格に準拠したセキュリティ機能に対応しておりますが、設定内容などによってセキュリティが十分でない場合があります。Bluetooth機能を使用した通信を行う際にはご注意ください。 ■ ■ Bluetooth機能を使用した通信時にデー タや情報の漏洩が発生しましても、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。 ■ ■ 周波数帯について
  • p. 42/203
    40 目次/注意事項 : 2400M H z ~ 2483.5M H z の全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回避可能であることを意味します。利用可能なチャンネルは国により異なります。航空機内の使用は、事前に各航空会社へご確認ください。 ■ ■ Bluetooth機器使用上の注意事項 本端末の使用周波数帯では、電子レンジなどの家電製品や産業・科学・医療用機器のほか、工場の製造ラインなどで使用される免許を要する移動体識別用構内無線局、免許を要しない特定小電力無線局、アマチュア無線局など(以下「他の無線局」と略します)が運用されています。
  • p. 43/203
    41 目次/注意事項 無線LAN(WLAN)についてのお願い 無線LAN(WLAN)は、電波を利用して情報のやり取りを行うため、電波の届く範囲であれば自由にLAN接続できる利点があります。その反面、セキュリティの設定を行っていないときは、悪意ある第三者に通信内容を盗み見られたり、不正に侵入されてしまう可能性があります。お客様の判断と責任において、セキュリティの設定を行い、使用することを推奨します。 ■ ■ 無線LANについて 電気製品・A V・O A 機器などの磁気を帯びているところや電磁波が発生しているところで使用しないでください。•
  • p. 44/203
    42 目次/注意事項 1. この機器を使用する前に、近くで移 動体識別用の構内無線局および特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。 2. 万が一、この機器から移動体識別用の 構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、速やかに使用周波数を変更するかご利用を中断していただいた上で、本書裏面の 「総合お問い合わせ先」までお問い合 わせいただき、混信回避のための処置など(例えば、パーティションの設置など)についてご相談ください。 3. その他、この機器から移動体識別用
  • p. 45/203
    43 目次/注意事項 FeliCaリーダー/ライターに■ついて ■ ■ 本端末のFeliCaリーダー/ライター機能 は、無線局の免許を要しない微弱電波を使用しています。 ■ ■ 使用周波数は13.56M H z帯です。周囲 で他のリーダー/ライターをご使用の場合、十分に離してお使いください。また、他の同一周波数帯を使用の無線局が近くにないことを確認してお使いください。 試供品(microSDHCカード (4GB)/ USB接続ケーブル) についてのお願い microSDHC カード(4GB)/USB 接続ケーブル(共通)
  • p. 46/203
    44 目次/注意事項 microSDHC カード(4GB) ■ ■ microSDカードの使用中は、microSD カードを取り外したり、本端末の電源を切ったりしないでください。データの消失、故障の原因となります。 ■ ■ m i c r o S Dカードの取り付け/取り外し には、必要以上に力を入れないでください。 ■ ■ m i c r o S Dカードにラベルやシールなど を貼った状態で、本端末に取り付けないでください。故障の原因となります。 ■ ■ 端子部を傷つけたり、不用意に触れたり、 ショートさせたりしないでください。データの消失、故障の原因となります。
  • p. 47/203
    45 目次/注意事項 USB接続ケーブル ■ ■ お手入れは乾いた柔らかい布(めがね拭 きなど)で拭いてください。 ■ ■ 端子は時々乾いた綿棒などで清掃してく ださい。端子が汚れていると接触が悪くなり、電源が切れたり充電不十分の原因となったりしますので、端子を乾いた綿棒などで拭いてください。また、清掃する際には端子の破損に十分ご注意ください。 注意 ■ ■ 改造された本端末は絶対に使用しないで ください。改造した機器を使用した場合は電波法に抵触します。■本端末は、電波法に基づく特定無線設備の技術基準適合証明などを受けており、その証として「技適マーク
  • p. 48/203
    46 目次/注意事項 ■ ■ 自動車などを運転中の使用にはご注意く ださい。運転中の携帯電話を手で保持しての使用は罰則の対象となります。ただし、傷病者の救護または公共の安全の維持など、やむを得ない場合は対象外となります。 ■ ■ FeliCaリーダー/ライター機能は日本国 内で使用してください。本端末の FeliCa リーダー/ライター機能は日本国内での無線規格に準拠しています。海外でご利用になると罰せられることがあります。 ■ ■ 基本ソフトウェアを不正に変更しないで ください。ソフトウェアの改造とみなし故障修理をお断りする場合があります。
  • p. 49/203
    47 目次/注意事項 L -05Dは、雨の中やキッチン、プールサイドなどの水際でも使用できますが、水の侵入を防ぐために、必ず次の点を守ってください。• 雨の中で傘をささずに通話、ワンセグ視 聴ができます(1 時間の雨量が 20mm 程度)。 • 手が濡れているときや本端末に水滴がつ いているときは、リアカバーの取り付け/取り外しはしないでください。 • 洗面器などに張った真水・常温の水道水 に浸けて、静かに振り洗いをしたり、蛇口から弱めに流れる水道水に当てながら手で洗ったりすることができます。 - リアカバーを取り付けた状態で洗って
  • p. 50/203
    48 目次/注意事項 ご使用にあたって • ご使用前に、リアカバーを確実に取り付 けている状態にしてください。微細なゴミ(微細な繊維、髪の毛、砂など)がわずかでも挟まると浸水の原因となります。 • 次のイラストのように、常温の水以外の 液体などをかけたり浸けたりしないでください。 <例> リアカバーの取り付けかた/■取り外しかた ■ ■ 取り付けかた a リアカバーの向きを確認して、本体に合わせるように装着し ( a )、 ■部分をしっかりと押 して閉じる( b ) • 本端末とすきまがないことを確認
  • p. 51/203
    49 目次/注意事項 a b お知らせ • リアカバーを取り付ける際は、ド コモ miniUIM カードや microSDカード、電池パックが確実に取り付けられていることを確認してください。ドコモ m i n i U I M カードの挿入が不十分であると、電池パックが正しく取り付けられず、リアカバーを取り付ける際に、本端末とリアカバーの間に隙間が生じて防水性能を損なう場合があります。 L-05D_QSG_J.indb 49 2012/06/21 11:03:46
  • p. 52/203
    50 目次/注意事項 ■ ■ 取り外しかた a リアカバーのミゾに指をあて、 ● を軽く押さえながら矢印( a ) の方向へ持ち上げてリアカバーを取り外す a 防水性能を維持するため、異常の有無に関わらず、2年に1回、部品の交換をおすすめします。部品の交換は端末をお預かりして有料にて承ります。ドコモ指定の故障取扱窓口にお持ちください。 注意事項 ■ ■ 本端末について• 落下させたり、強い衝撃を与えたりしな いでください。ひび割れや傷の発生などにより、防水性能の劣化を招く恐れがあります。 • お湯に浸けたり、サウナで使用したり、
  • p. 53/203
    51 目次/注意事項 • 規定(→ P46)以上の強い水流を直接 当てないでください。L-05D は IPX5 の防水性能を有していますが、内部に水が入り、感電や電池の腐食などの原因となります。 • 濡れている状態で絶対に充電しないでく ださい。 • 洗濯機などで洗わないでください。• 本端末は水に浮きません。• 砂浜などの上に直接置かないでください。 - 送話口、受話口、スピーカーの穴など に砂などが入り、音が小さくなる恐れ があります。 - microUSB 接続端子、イヤホンマイク 端子の穴などに砂などが入り、防水性
  • p. 54/203
    52 目次/注意事項 • リアカバーのゴムパッキンが傷ついたり、 変形したりした場合は、ドコモ指定の故障取扱窓口にてお取り替えください。 • リアカバーの隙間に、先の尖ったものを 差し込まないでください。ゴムパッキンが傷つき、浸水の原因となります。 • リアカバーが破損した場合は、リアカバー を交換してください。破損箇所から内部に水が入り、感電や電池の腐食などの故障の原因となります。 • リアカバーが開いている状態で水などの 液体がかかった場合、内部に液体が入り、感電や故障の原因となります。そのまま使用せずに電源を切り、電池パックを外した状態でドコモ指定の故障取扱窓口へご連絡ください。
  • p. 55/203
    53 目次/注意事項 a 本端末表面の水分を乾いたきれいな布でよく拭き取る b 本端末をしっかりと持ち、各面を20回程度、水滴が飛ばなくなるまで振る • 本端末に水滴が付着していないこ とを目視で確認してください。 L-05D_QSG_J.indb 53 2012/06/21 11:03:47
  • p. 56/203
    54 目次/注意事項 c 乾いたきれいな布に本端末を軽く押し当て、送話口、受話口、スピーカー、キー、イヤホンマイク端子、microUSB接続端子などの隙間に入った水分を拭き取る • 隙間に溜まった水分を綿棒などで 直接拭き取らないでください。 L-05D_QSG_J.indb 54 2012/06/21 11:03:47
  • p. 57/203
    55 目次/注意事項 d 十分に水分を取り除いてから使用する • 上記の手順を行っても、本端末に 水分が残っている場合がありますので、しばらく自然乾燥させてからご使用ください。 • 水を拭き取った後に本体内部に水 滴が残っている場合は、水が染み出ることがあります。 充電のときには 付属品、オプション品は防水性能を有していません。充電時、および充電後には必ず次の点を確認してください。• 本端末が濡れていないか確認してくださ い。本端末が濡れている状態では、絶対に充電しないでください。 • 本端末が濡れているときや水に濡れた後
  • p. 58/203
    56 ご使用前の確認と設定 各部の名称と機能 i h g e b a c d f a スピーカーフォン用マイク b インカメラ c 受話口(レシーバー) d 充電ランプ/近接センサー ※1 /照度 センサー e ディスプレイ(タッチスクリーン) f 送話口(マイク) g ■戻るキー h ■ホームキー i ■メニューキー ※ 1 タッチスクリーンのオンとオフ を 切 り 替 え て、 通 話 中 に 顔 がタッチスクリーンに触れても誤動作しないようにします。 ご使用前の確認と設定 L-05D_QSG_J.indb
  • p. 59/203
    57 ご使用前の確認と設定 j l m r q n k o p s t j 赤外線ポート k Bluetooth / Wi-Fiアンテナ部 ※2 l メインカメラ m m i c r o S Dカードスロット(本体内 部) n GPS / Xiアンテナ部 ※2 o フラッシュ p ドコモminiUIMカードスロット(本 体内部) q リアカバー r ■ マーク s スピーカー t FOMAアンテナ部 ※2 L-05D_QSG_J.indb 57 2012/06/21 11:03:48
  • p. 60/203
    58 ご使用前の確認と設定 u v w x y z u イヤホンマイク端子 v 電源キー/画面ロックキー w ワンセグアンテナ x 音量キー y microUSB接続端子 z ストラップホール ※ 2 アンテナは本体に内蔵されていま す。アンテナ付近を手で覆うと品質に影響を及ぼす場合があります。 お知らせ • 各センサー部分にシールなどを貼 らないでください。 • リアカバーの裏側のシールは、は がさないでください。シールをはがすと、IC カードを読み書きできない場合があります。 L-05D_QSG_J.indb
  • p. 61/203
    59 ご使用前の確認と設定 本端末前面には、キーが3つ配置されています。それぞれのキーの役割は次のとおりです。 戻るキー タップすると、直前の画面に戻ります。または、ダイアログボックス、オプションメニュー、通知パネル、ソフトウェアキーボードを非表示にします。 ホームキー • タップすると、どのアプ リケーションを使用中でも、どの画面が表示されていてもホーム画面が表示されます。 • 1 秒以上タッチすると、 最近利用したアプリケーションのリストが表示されます。サムネイルをタップすると、アプリケーションを開くことができます
  • p. 62/203
    60 ご使用前の確認と設定 ドコモminiUIMカード ドコモminiUIMカードとは、お客様の情報が記録されているICカードです。ドコモm i n i U I Mカードが本端末に取り付けられていないと、一部の機能は利用することができません。ドコモminiUIMカードを挿入または取り出す前には、必ず本端末の電源を切り、アダプタも取り外してください。本端末では、ドコモm i n i U I Mカードのみご利用できます。ドコモU I Mカード、FOMAカードをお持ちの場合には、ドコモショップ窓口にてお取り替えください。
  • p. 63/203
    61 ご使用前の確認と設定 ドコモminiUIMカードを取り外す a リアカバーを外し、電池パックを取り出して、ドコモminiUIMカードを指の先で押さえながら、手前にすべり出すように取り出す L-05D_QSG_J.indb 61 2012/06/21 11:03:49
  • p. 64/203
    62 ご使用前の確認と設定 microSDカード m i c r o S Dカードは、互換性のある他の機器でも使用できます。• 本端末では市販の 2GB までの microSD カード、32GB までのmicroSDHC カードに対応しています (2012 年 6 月現在)。 • 対応の microSD カードは各 microSD カードメーカへお問い合わせください。 microSDカードを取り付ける a リアカバーを取り外す(P50) b microSDカードの金属端子面を下に向けてスロットに差し込む
  • p. 65/203
    63 ご使用前の確認と設定 microSDカードを取り外す a リアカバーを外し、microSDカードを指の先で押さえながら、矢印の方向にすべり出すように取り出す 電池パック 電池パックを取り付ける a リアカバーを取り外す(P50) b 電池パックのCEマークがある面を上にして本端末と電池パックのツメを合わせるように矢印 ( a )の方向へ挿入する L-05D_QSG_J.indb 63 2012/06/21 11:03:49
  • p. 66/203
    64 ご使用前の確認と設定 a c リアカバーを取り付ける(P48) 電池パックを取り外す a リアカバーを取り外す(P50) b 本端末のくぼみに指をあて、電池パックを矢印( a )の方向に 押しながら矢印( b )の方向に 持ち上げて取り外す b a L-05D_QSG_J.indb 64 2012/06/21 11:03:49
  • p. 67/203
    65 ご使用前の確認と設定 お知らせ • 電池パックの取り付け/取り外し は、本端末の電源を切ってから行ってください。 充電 ACアダプタで充電する オプション品のACアダプタ■03(別売) ※ を使って充電する方法を説明します。※ A C アダプタ 03 は、A C アダプタ本 体と microUSB 接続ケーブルで構成されています。 L-05D_QSG_J.indb 65 2012/06/21 11:03:49
  • p. 68/203
    66 ご使用前の確認と設定 a microUSB接続ケーブルのUSBコネクタをACアダプタ本体のUSB接続端子に差し込む b microUSB接続ケーブルのmicroUSBコネクタを本端末のmicroUSB接続端子に差し込む • microUSB 接続ケーブルは、USB マークがある面を上にして水平に差し込んでください。 L-05D_QSG_J.indb 66 2012/06/21 11:03:49
  • p. 69/203
    67 ご使用前の確認と設定 c ACアダプタ本体のプラグを電源コンセントに差し込む • 充電ランプが赤色に点灯します。• 充電中は、ステータスバーの電池 アイコンが のように表示されるか、 u u u u u u u のようにアニメーション表示 されます。 • 電池パックがフル充電状態になる と、ステータスバーの電池アイコンが になります。 • 充電が完了すると充電完了音が鳴 り、 と充電完了のメッセージが表示されます。 d 充電が終わったら、microUSB接続ケーブルのmicroUSBコネクタを本端末から取り外す
  • p. 70/203
    68 ご使用前の確認と設定 バッテリーチャージャー■L01で充電する バッテリーチャージャー■L01 ※ を使っ て、電池パック■L18を充電する方法を説明します。※ バッテリーチャージャー L01 は、 バッテリーチャージャー本体と USB接続ケーブル(試供品)で構成されています。 バッテリーチャージャーに電池パックを取り付ける a バッテリーカバーのミゾに指をあて、矢印( a )の方向へ持ち 上げる L-05D_QSG_J.indb 68 2012/06/21 11:03:50
  • p. 71/203
    69 ご使用前の確認と設定 b 電池パックのCE■マークがある面を上にしてバッテリーチャージャーと電池パックのツメを合わせるように矢印( a )の方向 へ挿入する c バッテリーカバーを閉じる 電池パックを充電する a USB接続ケーブルのUSBコネクタをACアダプタのUSB接続端子に差し込む b USB接続ケーブルのmicroUSBコネクタをバッテリーチャージャー■L01の接続端子に差し込む L-05D_QSG_J.indb 69 2012/06/21 11:03:51
  • p. 72/203
    70 ご使用前の確認と設定 • U S B 接続ケーブルは、U S B マー クがある面を上にして水平に差し込んでください。 c ACアダプタのプラグをコンセントに差し込む • バッテリーチャージャーの充電ラ ンプが赤→緑→オレンジ色に点灯→消灯し、充電が開始されます。 • 充電中は充電ランプが赤色に点灯 します。 d 充電が終わったら、USBコネクタをバッテリーチャージャー■L01から取り外す e ACアダプタのプラグを電源コンセントから取り外す お知らせ • バッテリーチャージャーの充電ラ ンプがオレンジ色の点滅を繰り返している場合、正しく充電されていません。接続の確認や接続端子の汚れを取り除いて、再度充電してください。
  • p. 73/203
    71 ご使用前の確認と設定 パソコンで充電する 本端末とパソコンをU S B接続ケーブル (試供品)で接続すると、本端末をパソ コンから充電できます。 a USB接続ケーブルのmicroUSBコネクタを本端末のmicroUSB接続端子に差し込む • U S B 接続ケーブルは、U S B マー クがある面を上にして水平に差し込んでください。 b USB接続ケーブルのUSBコネクタをパソコンのUSBポートに差し込む c 「充電のみ」 d 充電が終わったら、microUSBコネクタを本端末から取り外す e
  • p. 74/203
    72 ご使用前の確認と設定 電源を入れる/切る 電源を入れる a 電源キーを3秒以上押し続ける • しばらくすると、ロック画面が表 示されます。 電源を切る a 電源キーを1秒以上押し続ける b 「電源を切る」 c 「OK」 バックライトを点灯する 本端末では、誤動作の防止と省電力のため、一定時間が経過すると、バックライトが消灯されます。その状態でバックライトを点灯にして画面ロックを解除すると、バックライトが消灯される前の画面が表示されます。 a 電源キーを押す • 「ロック中」画面が表示されます。 お知らせ
  • p. 75/203
    73 ご使用前の確認と設定 画面ロックを解除する a ■をタップする • 「画面ロック」を設定している場合 は、設定した解除方法を行います。 お知らせ • 画面ロックを「タッチ」に設定し ている場合は、画面ロックを解除していない状態で、ステータスバーを下にドラッグまたはスワイプして通知パネルを開くことができます。 L-05D_QSG_J.indb 73 2012/06/21 11:03:51
  • p. 76/203
    74 ご使用前の確認と設定 基本操作 本端末は、ディスプレイにタッチスクリーンを採用しており、スクリーンに触れることでさまざまな操作を行うことができます。 タッチスクリーン利用上の注意 タッチスクリーンは指で軽く触れるように設計されています。指で強く押したり、先が尖ったもの(爪/ボールペン/ピンなど)を押し付けないでください。 以下の場合はタッチスクリーンに触れても動作しないことがあります。また、誤動作の原因となります。• 手袋をしたままでの操作• 爪の先での操作• 異物を操作面に乗せたままでの操作•
  • p. 77/203
    75 ご使用前の確認と設定 タッチスクリーンの操作 タッチスクリーンでは以下の操作ができます。• タップ:画面に軽く触れる• ダブルタップ: 画面に 2 度続けて軽く 触れる • 1 秒以上タッチ:画面に長く触れる• スワイプ: 画面を軽くなぞる• ドラッグ: 画面をタッチしたままな ぞって指を離す • ピンチアウト:2 本の指で画面をタッ チし、タッチしたまま指の 間を広げる • ピンチイン:2 本の指を開いて画面を タッチし、タッチしたまま つまむように指を近づける 項目を開く a 項目をタップする
  • p. 78/203
    76 ご使用前の確認と設定 画面をスクロールする 画面を上下にスクロールできます。一部のウェブページでは、左右にスクロールすることも可能です。 ドラッグすると画面がスクロールします。 スワイプすると画面が高速でスクロールします。スクロール中にタッチすると、スクロールが停止します。 表示を拡大/縮小する 使用するアプリケーションによっては、画面の文字が小さくて見にくいとき、表示を拡大することができます。また、拡大した状態から全体表示とするため縮小することもできます。 ピンチアウトすると指の動きに合わせて画面が拡大表示されます。
  • p. 79/203
    77 ご使用前の確認と設定 • ピンチインすると 指の動きに合わせて画面が縮小表示されます。 • ホーム画面でピン チインするとホーム画面一覧が表示され、ホーム画面の設定ができます。 画面の表示方向を変更する 本端末を横向き/縦向きにすると、自動的に横画面表示/縦画面表示に切り替わります。 L-05D_QSG_J.indb 77 2012/06/21 11:03:52
  • p. 80/203
    78 ご使用前の確認と設定 お知らせ • 表示方向が自動的に切り替わらな いアプリケーションもあります。 • ホーム画面で u 「本体設定」 u 「表示」をタップし、「表示」画 面で「縦横表示の自動回転」のチェックマークを外すと、本端末を横向き/縦向きにしても画面の表示方向が切り替わらないようにすることができます。 スクリーンショットを撮る 表示している画面を画像として保存できます。 a 電源キーと音量キー(下)を同時に1秒以上押し続ける • 撮影したスクリーンショットは、 「ギャラリー」の「Screenshots」
  • p. 81/203
    79 ご使用前の確認と設定 ワンタッチメモを利用する メモアプリケーションを起動せずに、簡単にメモができるアプリです。 a メモを取りたい画面で、上下の音量キーを同時に1秒以上押し続ける • 画面の上部に以下の情報が表示さ れます。 : 背景を変更します。: ペンの種類やカラーを選択できま す。 : 消しゴムを利用できます。: Bluetooth や Gmail、Picasa な どで取ったメモを送信できます。 : 取ったメモを保存します。 b ■をタップする • 取ったメモがギャラリーに保存さ れます。
  • p. 82/203
    80 ご使用前の確認と設定 初期設定 初めて電源を入れたときの設定 本端末の電源を初めて入れたときは、本端末で使用する言語や日時の設定が必要です。一度設定を行うと、次回以降、設定する必要はありません。また、ここでの設定は、後から変更できます。• ネットワークとの接続や設定の省略な どによっては手順が異なります。 a 電源キーを3秒以上押し続ける b 「ガイドに従って設定を始めま しょう」の画面で「次へ」 • 「日本語(日本)」をタップすると、 言語を変更できます。 c 「インターネット接続設定」画面 で「モバイルネットワーク」/
  • p. 83/203
    81 ご使用前の確認と設定 d 「Googleを利用する」画面で「ロ グイン」/「アカウントを作成」/「今は設定しない」■u■「ありがとうございます」画面まで画面に従って設定する e 「ソフトウェア更新」画面で「OK」 f 「ドコモサービスの初期設定」画 面で「進む」 g 「アプリ一括インストール」画面 で「インストールする」/「インストールしない」■u■「進む」 h 「おサイフケータイの利用」画面 で「設定する」/「設定しない」■u■「進む」 i 「ドコモアプリパスワードの設 定」画面で「設定する」■u■ドコモアプリパスワードを入力■u■
  • p. 84/203
    82 ご使用前の確認と設定 j 「位置提供設定」画面で「位置提 供ON」/「位置提供OFF」/「電話帳登録外拒否」■u■「進む」 k 「プリインアプリ利用状況送信」 画面で「利用状況を送信する」/「利用状況を送信しない」■u■ 「進む」 l 「設定完了」画面で「OK」 アクセスポイントを設定する インターネットに接続するためのアクセスポイント(spモード、mopera■U)は、あらかじめ登録されており、必要に応じて追加、変更することもできます。お買い上げ時には、通常使う接続先としてspモードが設定されています。
  • p. 85/203
    83 ご使用前の確認と設定 アクセスポイントを追加で設定する<新しいAPN> • M C C を 440、M N C を 10 以外に変 更しないでください。画面上に表示されなくなります。 a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「その他 ...」■u■「モバイルネットワーク」■u■「アクセスポイント名」■u■ ■u■「APNの追加」 b 「名前」■u■作成するネットワー クプロファイルの名前を入力■u■ 「OK」 c 「APN」■u■アクセスポイント名 を入力■u■「OK」 d その他、通信事業者によって要求されている項目を入力
  • p. 86/203
    84 ご使用前の確認と設定 アクセスポイントを初期化する アクセスポイントを初期化すると、お買い上げ時の状態に戻ります。 a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「その他 ...」■u■「モバイルネットワーク」 b 「アクセスポイント名」 c ■u■「初期設定に戻す」 spモード s pモードはN T Tドコモのスマートフォン向けI S Pです。インターネット接続に加え、iモードと同じメールアドレス (@docomo.ne.jp)を使ったメールサー ビスなどがご利用いただけます。spモードはお申込みが必要な有料サービスです。spモードの詳細については、ドコモのホームページをご覧ください。
  • p. 87/203
    85 ご使用前の確認と設定 mopera U を設定する a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「その他 ...」■u■「モバイルネットワーク」 b 「アクセスポイント名」 c 「mopera■U」/「mopera■U 設定」のラジオボタンにチェックを入れる お知らせ • 「mopera U 設定」は mopera U 設 定 用 ア ク セ ス ポ イ ン ト で す。mopera U 設定用アクセスポイントをご利用いただくと、パケット通信料がかかりません。なお、初期設定画面、および設定変更画面以外には接続できないのでご注意ください。mopera
  • p. 88/203
    86 ご使用前の確認と設定 Wi-Fiを設定する 本端末は、W i - F iネットワークや公衆無線L A Nサービスのアクセスポイントに接続してインターネットなどを利用できます。接続するには、アクセスポイントの接続情報を設定する必要があります。 お知らせ • Wi-Fi機能がONのときもパケッ ト通信を利用できます。ただし、Wi-Fiネットワークに接続中は、Wi-Fiネットワークが優先されます。Wi-Fiネットワークが切断された場合には、自動的にLTE /3G / GPRSネットワークでの接続に切り替わります。切り替わったままでご利用される場合は、パケット通信料が発生しますのでご注意ください。
  • p. 89/203
    87 ご使用前の確認と設定 Wi-Fiネットワークのステータス 本端末がW i - F iネットワークに接続されている場合、ステータスバーに■ ■が表 示されます。また、ネットワーク検出通知が有効となっている場合、範囲内でセキュリティで保護されていないオープンネットワークが検出されると、常に■ ■ がステータスバーに表示されます。 Wi-Fiネットワークに接続する a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「Wi-Fi」 b 「Wi-Fi」をONにする c 接続するWi-Fiネットワーク名をタップする
  • p. 90/203
    88 ご使用前の確認と設定 セキュリティで保護されていないWi-Fi ネットワークを検出したら通知する a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「Wi-Fi」 b 「Wi-Fi」をONにする c 「ネットワーク検出通知」に チェックマークを付ける Wi-Fiネットワークを追加する a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「Wi-Fi」 b 「Wi-Fi」をONにする c 「ネットワークを追加」 d 「ネットワークSSID」ボックス に、ネットワークSSIDを入力する L-05D_QSG_J.indb
  • p. 91/203
    89 ご使用前の確認と設定 e 「セキュリティ」 • 「セキュリティ」メニューが表示さ れます。「なし」「W E P」「W P A /WPA2 PSK」「802.1x EAP」の4種類から適切なものを選択します。 • セキュリティの設定ごとに、設定 方法は異なります。 f 「保存」 Wi-Fiネットワークのパスワードを変更する a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「Wi-Fi」 b Wi-Fiネットワーク名を1秒以上タッチする c 「ネットワークを変更」 • 設定状況が表示されます。「パス ワード」ボックスをタップし、新たなパスワードを入力します。
  • p. 92/203
    90 ご使用前の確認と設定 USBテザリングを有効にする 本端末とパソコンをU S B接続ケーブル (試供品)で接続すると、本端末をモデム として利用し、パソコンをインターネットに接続させることができます。 a 本端末とパソコンをUSB接続ケーブルで接続する • 「U S B 接続の種類」画面が表示さ れます。 b ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「接続」■u■「USB 接続の種類」■u■「USB テザリング」 • 注意事項の詳細を確認して「O K」 をタップします。 お知らせ • U S B
  • p. 93/203
    91 ご使用前の確認と設定 • U S B テザリングを行うには、専 用のドライバが必要です。専用のドライバのダウンロードや操作方法、その他詳細については、下記のホームページをご参照ください。 http://www.lg.com/jp/mobile- phones/download-page/index.jsp Wi-Fiテザリングを設定する 本端末をW i - F iアクセスポイントとして利用し、無線L A N対応機器をインターネットに8台まで同時接続させることができます。 Wi-Fiテザリングを有効にする
  • p. 94/203
    92 ご使用前の確認と設定 Wi-Fiアクセスポイントを設定する a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「その他 ...」■u■「テザリング」 b 「Wi-Fiアクセスポイントを設 定」 c 「ネットワークSSID」入力欄を タップし、ネットワークSSIDを入力する d 「セキュリティ」をタップし、セ キュリティメニューから適切なものを選択して設定する e 「保存」 お知らせ • お買い上げの状態では、ネット ワーク SSID は「L-05D_xxxx」、セキュリティは「WPA2 PSK」、パスワードは任意で入力されております。必要に応じて、セキュリティの設定を行ってください。
  • p. 95/203
    93 ご使用前の確認と設定 オンラインサービスアカウントを設定する Googleなどのオンラインサービスで使用するアカウントを設定することで、本端末の情報を更新できます。また、サーバーの情報が更新された場合、自動的に同期するようにも設定できます。さらに、不要なアカウントは削除することもできます。 オンラインサービスアカウントを追加する a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「アカウントと同期」 b 「アカウントを追加」 c アカウントを設定するオンラインサービスをタップする • 画面の指示に従ってログイン情報
  • p. 96/203
    94 ご使用前の確認と設定 オンラインサービスアカウントを削除する a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「アカウントと同期」 b 削除するアカウントをタップする c ■u■「アカウントを削除」■u■ 「OK」 お知らせ • docomo アカウントは削除できま せん。 ホーム画面 ホ ー ム 画 面 で は ア プ リ ケ ー シ ョ ン のショートカットやウィジェットを追加/移動したり、壁紙を変えるなどカスタマイズできます。ホーム画面には、ショートカットやウィジェットを追加するための画面が最大12画面まで追加できます。
  • p. 97/203
    95 ご使用前の確認と設定 ホーム画面の管理 ホーム画面に追加できるもの ホーム画面を自分好みにカスタマイズできます。 a ホーム画面を1秒以上タッチする • 「操作を選択」メニューが表示され ます。 ショート■カット ショートカットを作成できます。 ウィジェット ウィジェットを配置できます。 L-05D_QSG_J.indb 95 2012/06/21 11:03:56
  • p. 98/203
    96 ご使用前の確認と設定 フォルダ フォルダを作成できます。 きせかえ アイコンの背景やデザインを選択できます。 壁紙 ホーム画面の壁紙を選びます。 グループ グループへのショートカットを追加します。 ホーム画面一覧 ホーム画面の一覧が表示されます。画面の移動や追加を行えます。 壁紙ループ設定 壁紙の表示をループするかどうかを設定します。 b 追加/設定する項目をタップする • 各項目に応じた選択リストが表示 されます。 L-05D_QSG_J.indb 96 2012/06/21 11:03:56
  • p. 99/203
    97 ご使用前の確認と設定 ショートカットなどの移動 a ホーム画面で、移動するアイコンを1秒以上タッチする b そのままドラッグし、移動先で指を離す • アイコンが移動できます。 お知らせ • 右または左の画面の端にドラッグ すると、別のホーム画面の領域に移動することもできます。 ショートカットなどのホーム画面からの削除 a ホーム画面で、ショートカットアイコン、またはウィジェットを1秒以上タッチする b そのまま■ ■にドラッグして指を離す • ホーム画面から削除されます。• 削除するアイコンを 1
  • p. 100/203
    98 ご使用前の確認と設定 アプリケーションやウィジェットのアンインストール a ホーム画面で、削除するアプリケーションを1秒以上タッチ■u■ 「アンインストール」 b 「OK」■u■「OK」 • アプリケーションが削除されます。 お知らせ • お買い上げ時に用意されているア プリケーションについては、アンインストールできないものがあります。 フォルダ名の変更 a ホーム画面で名前を変更するフォルダをタップする • フォルダのウィンドウが開きます。 b タイトルバーを1秒以上タッチする c フォルダ名を入力して「OK」
  • p. 101/203
    99 ご使用前の確認と設定 きせかえの変更 ホーム画面の壁紙やアイコンを変えて、イメージを着せ替えます。 a ホーム画面を1秒以上タッチする • 「操作を選択」メニューが表示され ます。 b 「きせかえ」■u■デザインを選ぶ■ u■「設定する」 • ウェブサイトから好きなデザイン のきせかえを探して設定することもできます。 • ホーム画面で u 「きせかえ」 と操作しても設定できます。 アイコンのカスタマイズ ホーム画面で使用するショートカットのアイコンのデザインを変更することができます。 a ショートカットのアイコンを1秒以上タッチする
  • p. 102/203
    100 ご使用前の確認と設定 壁紙の変更 a ホーム画面を1秒以上タッチする b 「壁紙」 c 「ギャラリー」/「ライブ壁紙」 /「壁紙」/「壁紙ギャラリー」 • 「ギャラリー」をタップした場合は、 壁紙として使用する画像を選択し、ドラッグして壁紙に使用したい画像の範囲にトリミング枠を設定して、[O K]をタップすると、壁紙に設定されます。 • 「ライブ壁紙」をタップした場合は、 ライブ壁紙の一覧が表示されます。いずれかのライブ壁紙をタップして選択した後、「壁紙に設定」をタップしてください。壁紙の種類によって
  • p. 103/203
    101 ご使用前の確認と設定 ホーム画面の並べ替え ホーム画面のスクロール順を並べ替えるができます。 a ホーム画面で■ ■u■「ホーム画 面一覧」をタップする • 「ホーム画面一覧」画面が表示され ます。 b サムネイルを1秒以上タッチして移動したい場所へドラッグする ホーム画面の削除 a ホーム画面で■ ■u■「ホーム画 面一覧」をタップする • 「ホーム画面一覧」画面が表示され ます。 b サムネイルの右上に表示されている■ ■をタップ • サムネイルを 1 秒以上タッチ u ポップアップメニューで「削除」をタップしても削除できます。
  • p. 104/203
    102 ご使用前の確認と設定 ステータスバー ステータスバーは画面上部に表示されます。ステータスバーには本端末のステータスと通知情報が表示されます。ステータスバーの左側に通知アイコンが表示され、右側に本体のステータスアイコンが表示されます。• ステータスアイコンおよび通知アイコ ンについて、詳しくは本端末の「e トリセツ」アプリをご参照ください。 主なステータスアイコン 電波レベル 圏外 ■ (白色) Bluetooth 機能 ON ■ (水色) Bluetooth デバイスに接続中 電池残量 充電中
  • p. 105/203
    103 ご使用前の確認と設定 主な通知アイコン 新着 Gmail あり 新着メッセージ(SMS)あり カレンダーに設定された予定あり 不在着信あり USB 接続中 スロー充電中 Wi-Fi Direct 使用中 お知らせ • は、内部ストレージの容量が 不足している場合に表示されます。 が表示されているときは、ア プリケーションをダウンロードしてもインストールが出来ない場合があります。 空き容量を確保してから再度アプリケーションのインストールを行ってください。 L-05D_QSG_J.indb 103
  • p. 106/203
    104 ご使用前の確認と設定 通知パネル 通知アイコンは通知パネルに表示されます。メッセージ、リマインダー、予定の通知などの通知を通知パネルから直接開くことができます。 通知パネルの見かた L-05D_QSG_J.indb 104 2012/06/21 11:04:00
  • p. 107/203
    105 ご使用前の確認と設定 通知パネルを開く a ステータスバーを下にドラッグまたはスワイプする • 通知パネルが表示されます。通知パ ネル上部にはアイコンが表示され、オンの状態では青、オフの状態では白で表示されます。 通知内容の詳細を表示する a 通知パネルの通知メッセージをタップする • 最適なアプリケーションが開き、 通知内容の詳細が表示されます。 通知パネルの表示を消去する a 通知パネルの■ ■をタップする 通知パネルを閉じる a パネルの下部を上にドラッグまたはスワイプする L-05D_QSG_J.indb
  • p. 108/203
    106 ご使用前の確認と設定 アプリケーション画面 a ホーム画面で「アプリ」 グループごとにアプリケーションがアイコンで一覧表示されます。 アプリケーションの管理 ショートカットのホーム画面への追加 a ホーム画面で「アプリ」 b ショートカットを作成したいアプリのアイコンを1秒以上タッチ■u■「ホームへ追加」 • ホーム画面にショートカットアイ コンが追加されます。 アプリケーションのアンインストール a ホーム画面で「アプリ」 L-05D_QSG_J.indb 106 2012/06/21 11:04:00
  • p. 109/203
    107 ご使用前の確認と設定 b アンインストールしたいアプリのアイコンを1秒以上タッチ■u■ 「アンインストール」 c 確認画面が表示されたら「OK」■u■「OK」をタップする アプリケーションの移動 a ホーム画面で「アプリ」 b 移動するアプリケーションを■1秒以上タッチする c そのままドラッグし、移動先で指を離す • アプリケーションが移動します。 グループの管理 アプリケーション画面でグループの管理を行って、アイコンを整理することができます。 グループを追加する a ホーム画面で「アプリ」
  • p. 110/203
    108 ご使用前の確認と設定 グループの並べ替え a ホーム画面で「アプリ」 b グループ名を1秒以上タッチしてドラッグする • グループの位置が移動されます。 グループ名の編集 a ホーム画面で「アプリ」 b グループ名を1秒以上タッチ■u■ 「名称変更」 c 新しいグループ名を入力して 「OK」 • グループ名が変更されます。 グループ色の変更 a ホーム画面で「アプリ」 b グループ名を1秒以上タッチ■u■ 「ラベル変更」 • 色を選んでタップします。 グループのホーム画面への追加 a ホーム画面で「アプリ」
  • p. 111/203
    109 ご使用前の確認と設定 グループの削除 a ホーム画面で「アプリ」 b グループ名を1秒以上タッチ■u■ 「削除」 c 「OK」 • グループが削除されます。 端末内のアプリケーションやウェブページを検索 a ホーム画面で「アプリ」 b ■u■「検索」 • 検索ウィジェットが起動します。 キーワードを入力するか、音声入力して検索します。 L-05D_QSG_J.indb 109 2012/06/21 11:04:00
  • p. 112/203
    110 ご使用前の確認と設定 「おすすめ」アプリケーション のインストール a ホーム画面で「アプリ」 b 「おすすめ」 c インストールしたいアプリをタップ • 画面の指示に従ってアプリをイン ストールしてください。 お知らせ • 「おすすめ」タブには、ドコモが おすすめするアプリケーションが表示されます。 • アプリケーションアイコンをタッ プして、アプリケーションのダウンロード画面に移動します。 • ダウンロードしたアプリケーショ ンは、 「アプリ」タブの「ダウンロー ドアプリ」グループに表示されます。
  • p. 113/203
    111 ご使用前の確認と設定 アプリケーション画面の表示切り替え アプリケーション画面の表示を、タイル形式、リスト形式の2種類から選択します。 a ホーム画面で「アプリ」 b ■u■「リスト形式」/「タイ ル形式」 ホームアプリの情報 docomo■Palette■UIの操作ガイドを見ることができます。 a ホーム画面で■ ■u■「ヘルプ」 • docomo Palette UI の操作につい て説明が表示されます。 ホームアプリのバージョン情報 a ホーム画面で「アプリ」 b ■u■「アプリケーション情報」
  • p. 114/203
    112 ご使用前の確認と設定 ホームアプリの設定 a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「ホームスクリーン」 • 「ホームスクリーン」画面が表示さ れます。 ホーム選択 ホームアプリを切り替えます。OS 標準のホームアプリと docomo Palette UI があります。 テーマ ※ ホーム画面のテーマを選択します。 アニメーション表示 ※ 「アニメーションなし」 /「すべて表示」のどちらかを選択します。 スクリーン効果 ※ スクリーン効果を選択します。 壁紙 ギャラリー、ライブ壁紙、壁紙、壁紙ギャラリーのいずれかを選択します。
  • p. 115/203
    113 ご使用前の確認と設定 設定のバックアップとリストア ※ アプリケーションやウィジェットの設定およびテーマのバックアップとリストアを行います。 ※ docomo Palette UI では変更でき ません。 文字入力 本端末では、タッチスクリーンに表示されるソフトウェアキーボードで文字を入力することができます。 ソフトウェアキーボードでの文字入力 画面上のテキストボックスをタップすると、タッチスクリーンにソフトウェアキーボードが表示されます。本端末では、テンキーとフルキーの2種類のソフトウェアキーボードを切り替えて使用できます。キーアイコンをタップすると、文字種の変更など、入力操作の切り替えができます。
  • p. 116/203
    114 ご使用前の確認と設定 ■ ■ テンキーソフトウェアキーボード 日本語を「かな入力」で入力する場合に使用します。 a e b f c g d h ■ ■ フルキーソフトウェアキーボード 日本語を「ローマ字入力」で入力する場合に使用します。 fb g i d e h c a 逆順/戻すキー 1 つ前の文字を表示(逆順)します。 「戻す」と表示されているときは、1 つ前の操作を取り消します。 L-05D_QSG_J.indb 114 2012/06/21 11:04:01
  • p. 117/203
    115 ご使用前の確認と設定 b 左カーソル/十字キー 左へカーソルを移動します。1 秒以 上タッチすることで十字キーモード に切り替わります。変換時は変換範 囲を狭めます。 c 記号/英数カナキー 絵文字/記号/顔文字リストを表示 します。 「英数カナ」と表示されているときは、 英数字またはカナの候補を表示しま す。 d 文字種切替/設定キー 入力(文字種)を切り替えます。 1 秒以上タッチすることで「LG キー ボードメニュー」を表示します。 e DELキー カーソル位置の左の文字を削除しま す。1
  • p. 118/203
    116 ご使用前の確認と設定 お知らせ • ここでは L G キーボードのソフト ウェアキーボードについて説明しています。キー表示は入力画面や文字種により変わります。 • ソフトウェアキーボードの種類を 切り替える方法については、 「キー ボ ー ド を 切 り 替 え る 」(P116)をご参照ください。 • キーボードが不要な場合は、 をタップすることで閉じることができます。再び表示するには、画面上のテキストボックスをタップしてください。 文字入力には8つのモードがあり、現在のモードはステータスバーのアイコンで確認できます。
  • p. 119/203
    117 ご使用前の確認と設定 c 「10キーキーボード」/「QWERTYキーボード」/「音 声入力」 • 入力モードを変更すると、キーボー ドは自動的に切り替わります。 「10 キーキーボード」/「QWERTY キーボード」/「音声入力」で切り替えなおしてください。 文字種を切り替える 文字入力画面で■ ■をタップするたびに、 「ひらがな漢字」■u■「半角英字」■u■「半角 数字」の順に文字種が切り替わります。 絵文字/記号/顔文字を入力する 文字入力画面で■ ■をタップすると、絵 文字/記号/顔文字入力モードになりディスプレイに絵文字の候補が表示されます。
  • p. 120/203
    118 ご使用前の確認と設定 お知らせ • キーボードを左端から右にドラッ グすると、最近使用した絵文字などの履歴が見られる「絵文字クイック」が表示されます。「絵文字クイック」には、文字入力中の 「記号」を経由して入力したデコ メ絵文字 ® 、絵文字、記号と「絵 文字クイック」から直接入力したもののみが表示されます。 ※ 顔文字は「絵文字クイック」 に反映されません。 ※ 「絵文字クイック」に表示さ れる内容は、アプリケーションによって異なります。 文字入力の設定を変更する 文字入力画面で■ ■を1秒以上タッチす
  • p. 121/203
    119 ご使用前の確認と設定 ロック/セキュリティ 暗証番号とドコモminiUIMカードの保護について 本端末を便利で安全にお使いいただくため、本端末をロックするためのコードやネットワークサービスでお使いになるネットワーク暗証番号などが設定できます。用途に応じて上手に使い分けて、本端末をご活用ください。 お知らせ • 設定する暗証番号は「生年月日」 「電話番号の一部」「所在地番号や 部屋番号」「1111」「1234」など容易に推測できる番号は避けて ください。また、設定した暗証番 号はメモを取るなどしてお忘れにならないようお気をつけください。
  • p. 122/203
    120 ご使用前の確認と設定 • P I N ロック解除コードは、ドコモ ショップでご契約時にお渡しする契約申込書(お客様控え)に記載されています。ドコモショップ以外でご契約されたお客様は、運転免許証など契約者ご本人であることが確認できる書類とドコモminiUIM カードをドコモショップ窓口までご持参いただくか、本書裏面の「総合お問い合わせ先」までご相談ください。 ネットワーク暗証番号 ドコモショップまたはドコモ■インフォメーションセンターでのご注文受付時に契約者ご本人を確認させていただく際や各種ネットワークサービスご利用時などに必要な数字4桁の番号です。ご契約時に任意の番号を設定いただきますが、お客様ご自身で番号を変更できます。パソコン向け総合サポートサイト「My■docomo」の「docomo■ID
  • p. 123/203
    121 ご使用前の確認と設定 PINコード ドコモminiUIMカードには、PINコードという暗証番号を設定できます。この暗証番号は、ご契約時は「0000」に設定されていますが、お客様ご自身で番号を変更できます。P I Nコードは、第三者による無断使用を防ぐため、ドコモm i n i U I Mカードを本端末に差し込むたびに、または本端末の電源を入れるたびに使用者を確認するために入力する4 ~ 8桁の暗証番号です。P I Nコードを入力することにより、端末操作が可能となります。 お知らせ • 新しく端末を購入されて、現在
  • p. 124/203
    122 ご使用前の確認と設定 PINロック解除コード(PUK コード) PINロック解除コードは、PINコードがロックされた状態を解除するための8桁の番号です。なお、P I Nロック解除コードはお客様ご自身では変更できません。• P I N ロック解除コードの入力を 10 回 連続して間違えると、ドコモ miniUIMカードがロックされます。その場合は、ドコモショップ窓口にお問い合わせください。 ドコモ miniUIMカードの PIN を有効にする a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「セキュリティ」
  • p. 125/203
    123 ご使用前の確認と設定 PINコードを変更する a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「セキュリティ」 b 「UIMカードのロック設定」 c 「UIM■PINの変更」 d すでに設定されているPINコードを入力して「OK」 e 新たに設定するPINコードを入力して「OK」 f 手順5で入力したものと同じPINコードを入力して「OK」 PIN コードを入力する 本端末の電源を入れたときにP I Nコードの入力が求められたら、以下のように操作します。 a ドコモminiUIMカードのPINコードを入力して「OK」
  • p. 126/203
    124 ご使用前の確認と設定 ドコモ miniUIM カードのPINロックを解除する P I Nコードの入力を3回連続間違えてP I Nコードがロックされた場合は、以下のように操作します。 a PINロック解除コード入力画面でPINロック解除コードを入力して「OK」 b 新たに設定するPINコードを入力して「OK」 c 手順2で入力したものと同じPINコードを入力して「OK」 デバイス管理をする 本端末でおまかせロックを利用できるよう、デバイス管理を設定します。 a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■
  • p. 127/203
    125 電話/メール/ウェブブラウザ 電話 電話をかける 本端末では、一般的な通話のほか国際電話、緊急電話をかけることもできます。 電話をかける a ホーム画面で「電話」■u■「ダイヤル」 • 「ダイヤル」タブが表示されます。 b 電話番号を入力■u■ • 電話番号の入力を誤った場合は、 をタップすることで消去でき ます。 通話を終了する a 通話中に「終了」 電話/メール/ウェブブラウザ L-05D_QSG_J.indb 125 2012/06/21 11:04:04
  • p. 128/203
    126 電話/メール/ウェブブラウザ 緊急通報 緊急通報 電話番号 警察への通報 110 消防・救急への通報 119 海上での通報 118 お知らせ • 本端末は、「緊急通報位置通知」 に対応しております。 110 番、119 番、118 番などの緊急通報をかけた場合、発信場所の情報(位置情報)が自動的に警察機関などの緊急通報受理機関に通知されます。お客様の発信場所や電波の受信状況により、緊急通報受理機関が正確な位置を確認できないことがあります。 位置情報を通知した場合には、待ち受け画面に通報した緊急通報受理機関の名称が表示されます。
  • p. 129/203
    127 電話/メール/ウェブブラウザ なお、「184」を付加してダイヤルするなど、通話ごとに非通知とした場合は、位置情報と電話番号は通知されませんが、緊急通報受理機関が人命の保護などの事由から、必要であると判断した場合は、お客様の設定によらず、機関側が位置情報と電話番号を取得することがあります。 また、「緊急通報位置通知」の導入地域/導入時期については、各緊急通報受理機関の準備状況により異なります。 • 本端末から 110 番、119 番、 118 番通報の際は、携帯電話からかけていることと、警察・消防機関側から確認などの電話をする場合があるため、電話番号を伝え、明確に現在地を伝えてください。また、通報は途中で通話が切れないように移動せず通報し、通報後はすぐに電源を切らず、10
  • p. 130/203
    128 電話/メール/ウェブブラウザ • 日本国内では、ドコモ m i n i U I M カードを取り付けていない場合、PIN コードの入力画面、PIN コードロック・P U K ロック中には緊急 通 報 110 番、119 番、118番に発信できません。P I N コードについて詳しくは「暗証番号とドコモ m i n i U I M カードの保護について」(P119)をご参照ください。 電話を受ける 着信すると着信音が鳴ります。サウンドプロフィールを「バイブレートのみ」、 「サ イレント」に設定していると着信音が鳴りません。バイブレータを設定していれば、バイブレータが動作します。
  • p. 131/203
    129 電話/メール/ウェブブラウザ 着信音を消音にする a 着信中に音量キー(上)/音量キー(下)を押す • 着信音が聞こえなくなります。 通話中の操作 通話中には利用状況に応じて音量を調整したり、スピーカーやマイクのオン/オフ、保留などの操作ができます。 通話音量を調整する 通話中に相手の声の音量を調整できます。 a 音量キー(上)/音量キー(下)を押す • 操作に応じて、通話音量が変わり ます。 スピーカーをオンにする/オフにする a 通話中に「スピーカー」 • スピーカーから通話相手の音声が 聞こえます。
  • p. 132/203
    130 電話/メール/ウェブブラウザ b スピーカーがオンの状態で「スピーカー」 • スピーカーから通話相手の音声が 聞こえなくなります。 お知らせ • スピーカーがオンになっている状 態で本端末を耳に当てないでください。 • 本端末に向かって 50 cm以内の 距離でお話しください。音が割れて聞き取りにくい場合は、スピーカーをオフにしてください。 マイクをオンにする/オフにする a 通話中に「ミュート」 • 通話相手に音声が聞こえなくなり ます。 b マイクがオフになっている状態で「ミュート」 • 再び通話相手に音声が聞こえるよ
  • p. 133/203
    131 電話/メール/ウェブブラウザ 通話を保留する a 通話中に「保留」 • 通話を保留します。 b 保留になっている状態で「保留」 • 保留が解除され、通話を再開しま す。 お知らせ • 通話を保留するには「キャッチホ ン」のご契約が必要です。 発着信履歴 着信や発信の履歴は自動的に記録されます。また、この履歴を利用して電話をかけたり、電話帳に電話番号を登録することもできます。 不在着信の相手に電話をかける 不在時に着信があった場合は、ステータスバーから不在着信の通知を確認できます。 a ステータスバーに■
  • p. 134/203
    132 電話/メール/ウェブブラウザ b 不在着信の通知をタップする c 不在着信の履歴の右にある■ ■をタップする 発着信リストを利用して電話をかける 発着信リストに記録された電話番号に電話がかけられます。 a ホーム画面で「電話」■u■「発着信リスト」タブ b 相手の名前または電話番号の右にある■ ■をタップする 発着信リストの電話番号を電話帳に登録する 発着信リストの中で、電話帳として登録されていないものを登録できます。 a 「発着信リスト」タブで電話番号 をタップする b 「電話帳に登録」 c
  • p. 135/203
    133 電話/メール/ウェブブラウザ 発着信リストを消去する 発着信リストは自動的に追加されますが、任意の履歴またはすべての履歴を消去できます。 任意の発着信リストを消去する a 「発着信リスト」タブで電話番号 を1秒以上タッチする b 「通話履歴から消去」■u■「OK」 すべての発着信リストを削除する a 「発着信リスト」タブで「着信履 歴」■/「発信履歴」■u■ ■u■「全 件削除」■u■「OK」 電話帳 電話帳には、電話番号、Eメールアドレス、インターネット上の各種サービスのアカウントなど連絡先に関わる情報が入力できます。
  • p. 136/203
    134 電話/メール/ウェブブラウザ 連絡先を登録する 新たに連絡先を登録できます。 a 「連絡先」タブで「登録」 b 情報を入力して「登録完了」 連絡先を削除する a 「連絡先」タブで削除する連絡先 をタップ b ■u■「削除」■u■「OK」 spモードメール iモードのメールアドレス(@docomo.ne.jp)を利用して、メールの送受信ができます。絵文字、デコメール ® の使用が可能で、 自動受信にも対応しております。• sp モードメールの詳細については、 『ご利用ガイドブック (sp モード編
  • p. 137/203
    135 電話/メール/ウェブブラウザ SMS 携帯電話番号を宛先にして、全角最大70文字(半角英数字のみの場合は160文字)までのテキストメッセージが送受信できます。 メッセージ(SMS)を送信する a ホーム画面で「アプリ」■u■「メッセージ」 b ■をタップする c 「To」ボックスをタップ■u■送信 相手の電話番号を入力する d 「メッセージ入力」ボックスを タップ■u■メッセージを入力する e 「送信」 お知らせ • 海外通信事業者をご利用のお客様 との間でも送受信が可能です。利用可能な国・海外通信事業者については『ご利用ガイドブック(国際サービス編)』またはドコモの
  • p. 138/203
    136 電話/メール/ウェブブラウザ メッセージ(SMS)を受信する/読む a ホーム画面で「アプリ」■u■「メッセージ」 b いずれかのスレッドをタップする Eメール mopera■Uや一般のプロバイダが提供するメールアカウントを設定して、Eメールを利用できます。 メールアカウントを設定する あらかじめ、ご利用のサービスプロバイダから設定に必要な情報を入手してください。 a ホーム画面で「アプリ」■u■「Eメール」 L-05D_QSG_J.indb 136 2012/06/21 11:04:04
  • p. 139/203
    137 電話/メール/ウェブブラウザ b 「メールプロバイダーの選択」画面 でメールプロバイダーを選択する c メールアカウントの設定画面でメールアドレスとパスワードを入力する d 「手動」または「次へ」 • 以降は画面の指示に従って操作し てください。 メールを開く a ホーム画面で「アプリ」■u■「Eメール」 受信したメールを表示する a 「受信トレイ」画面でいずれかの メールをタップする メールを作成して送信する a 「受信トレイ」画面で■ b 「To」ボックスに送信相手のメー ルアドレスを入力する
  • p. 140/203
    138 電話/メール/ウェブブラウザ Gmail Gmailは、GoogleのオンラインEメールサービスです。本端末のGmailを使用して、Eメールの送受信が行えます。 Gmailを開く a ホーム画面で「アプリ」■u■ 「Gmail」 • Gmail の詳細については、Gmail の「受信トレイ」画面で u 「ヘ ルプ」をご覧ください。 緊急速報「エリアメール」 気象庁から配信される緊急地震速報などを受信することができます。• エリアメールはお申し込みが不要の無 料サービスです。 • 最大 50 件保存できます。•
  • p. 141/203
    139 電話/メール/ウェブブラウザ エリアメールを受信する a エリアメールを自動的に受信する • エリアメールを受信すると、専用 の着信音が鳴り、エリアメールの本文がポップアップで表示されます。 • 画面ロックが設定されている場合、 エリアメールの本文は表示されません。画面ロックを解除すると表示されます。 • 着信音量を変更することはできま せん。 受信したエリアメールを表示する a ホーム画面で「アプリ」■u■「エリアメール」 b いずれかのエリアメールをタップする エリアメールを設定する エリアメールを受信するかどうかや、着信時の動作などを設定できます。
  • p. 142/203
    140 電話/メール/ウェブブラウザ ブラウザ ブラウザを利用することで、パソコンと同じようにウェブページが閲覧できます。 ブラウザを開く a ホーム画面で「インターネット」 • ホームページが表示されます。• ウェブページをピンチアウトする と、拡大表示されます。ピンチインすると、縮小表示されます。 a b c d e g f a 検索ボックス 検索する文字や U R L を入力すると、 ウェブページの候補や検索候補がリ スト表示されます。 L-05D_QSG_J.indb 140 2012/06/21
  • p. 143/203
    141 電話/メール/ウェブブラウザ リストのいずれかをタップするか、 URL を最後まで入力して「実行」を タップすると、ウェブページが表示 されます。 ブラウザ画面に検索ボックスが表示 されていない場合は、ウェブページを下にドラッグすると表示されます。 b ウィンドウ切り替え 複数のウィンドウでウェブページに アクセスしている場合は、選択した ウィンドウに切り替えることができ ます。 をタップすると、ウィンド ウを閉じることができます。 c 前のウェブページ 前のウェブページを表示します。 d 次のウェブページ
  • p. 144/203
    142 本体設定 本体設定 設定メニュー 本端末では、ホーム画面で■ ■u■「本体 設定」をタップすると、さまざまな設定を行う「設定」画面が表示されます。ここで表示されるメニューは以下のとおりです。 ■ ■ 無線とネットワーク Wi-Fi Wi-Fi 機能を ON /OFF にします。Wi-Fi 機能を使用するための各種設定を行います。 Bluetooth Bluetooth 機能を ON/ OFF にします。Bluetooth 機能を使用するための各種設定を行います。 データ使用 モバイルデータ通信を利用するかどうか、モバイルデータ通信の制限設定、データ使用サイクルのグラフと使用されたサービスの内訳を表示します。
  • p. 145/203
    143 本体設定 その他... 機内モード 電波を発する機能を有効/無効にします。 Wi-Fi■Direct Wi-Fi Direct 対応機器と、アクセスポイントを経由せずに直接接続します。 テザリング ポータブル Wi-Fi アクセスポイントの設定を行います。 その他... VPN VPN(仮想専用線)を用いた通信をするための設定を行います。 モバイルネットワーク アクセスポイントの設定やデータローミング、ネットワークモードの設定を行います。 ■ ■ デバイス サウンド ボリュームなどの設定を行います。
  • p. 146/203
    144 本体設定 ホームスクリーン ホーム画面に関する設定を行います。ホーム選択、テーマ、アニメーション表示、スクリーン効果、壁紙、スクロール壁紙、エンドレスモード、設定のバックアップとリストア、について設定できます。 画面のロック 画面ロックを使用するかどうか、使用する場合に必要な設定を行います。 ジェスチャー モーションジェスチャーに関する設定を行います。 ストレージ microSD カードの空き容量表示、マウント、フォーマット、内部ストレージの空き容量表示などを行います。 パワーセーブ バッテリー残量が少ないときに、オフにする機能の設定を行います。
  • p. 147/203
    145 本体設定 ■ ■ パーソナル ドコモサービス アプリケーション管理やドコモアプリパスワード、オートGPS の設定などを行います。 アカウントと同期 アカウントおよび同期に関する設定を行います。 位置情報サービス GPS 機能を使用するかなどを設定します。 セキュリティ パスワードの設定などを行います。 言語と入力 本端末の使用言語やキーボードの設定を行います。音声認識の設定やテキストの読み上げに関する設定を行います。 バックアップとリセット アプリケーションや各種設定を Googleサーバーでバックアップするかどうかなどの設定を行います。また、本端末内のすべてのデータを消去します。
  • p. 148/203
    146 本体設定 ■ ■ システム 日付と時刻 日付や時刻に関する設定を行います。 ユーザー補助 ユーザー補助に関するアプリケーションの設定などを行います。 接続 USB 接続モードやOn-Screen Phone機能の設定を行います。 開発者向けオプション アプリケーション開発に必要となる各種設定を行います。 端末情報 本端末に関する各種情報を表示します。 L-05D_QSG_J.indb 146 2012/06/21 11:04:05
  • p. 149/203
    147 付録 付録 試供品 • 試供品は無料修理保証の対象外です。• 試供品の仕様および概観は、性能向上 のため予告なく変更することがあります。 microSDHCカード(4GB) ■ ■ ご使用上のお願い• お客様ご自身で、microSD カードに記録 された情報内容は、バックアップをお取りくださるようお願いします。 • microSD カードを廃棄する際は、データ を消去またはフォーマットするだけではなく、物理的に破壊した上で廃棄することをおすすめします。 ■ ■ 免責事項 次の項目に該当する場合については、当社は一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。•
  • p. 150/203
    148 付録 ■ ■ 材質一覧 使用箇所 材質/表面処理 microSDHC カード本体 エポキシ樹脂 microSDHC カード端子部 銅/金メッキ • 本製品のご使用において発生した データの消失、破損 - 当社では、データの復旧/回復 作業は行っておりません。 • 接続機器、ソフトウェアとの組み 合わせによる誤動作などから発生した損害 ■ ■ 主な仕様 動作電圧 2.7V ~ 3.6V 外形寸法 縦:約 15mm、 横:約 11mm、 厚み:約 1.0mm 質量 約 0.24g L-05D_QSG_J.indb
  • p. 151/203
    149 付録 b USB接続ケーブルのUSBコネクタをパソコンのUSBポートに差し込む USB接続ケーブル ■ ■ 接続方法 a USB接続ケーブルのmicroUSBコネクタを本端末のmicroUSB接続端子に差し込む • microUSB コネクタは、USB マー クがある面を上にして水平に差し込んでください。 L-05D_QSG_J.indb 149 2012/06/21 11:04:05
  • p. 152/203
    150 付録 ■ ■ 材質一覧 使用箇所 材質/表面処理 コード部 TPE(ハロゲンフリー ) コネクタ部(金属部) ニッケル コネクタ部 PC PC 側コネクタ部(端子) ニッケル PC 側コネクタ部(端子周囲) TPE(ハロゲンフリー ) 端末側コネクタ部(端子) ニッケル 端末側コネクタ部(端子周囲) TPE(ハロゲンフリー ) ラッチ スチール/SPCC-SD ※ パソコンから USB 接続ケーブル を抜くときは、パソコンのタスクトレイから「ハードウェアの安全な取り外し」の操作を必ず行ってください。操作をしないで抜くと、データ消失などの原因となります。
  • p. 153/203
    151 付録 ■ ■ 電源 症 状 本端末の電源が入らない チェック • 電池パックが正しく取り 付けられていますか。→ P63 • 電池切れになっていませ んか。→ P65 トラブルシューティング (FAQ) 故障かな?と思ったら • まずはじめに、ソフトウェアを更新す る必要があるかをチェックして、必要な場合にはソフトウェアを更新してください。(ソフトウェア更新→P168) • 気になる症状のチェック項目を確認し ても症状が改善されないときは、本書裏面の「故障お問い合わせ先」または、ドコモ指定の故障取扱窓口までお気軽にご相談ください。
  • p. 154/203
    152 付録 チェック • ACアダプタを使用する 場合、AC アダプタがUSB 接続ケーブル(試供品)で、本端末またはバッテリーチャージャー L01 にしっかりと接続されていますか。 • バッテリーチャージャー L01 を使用する場合、接続端子は汚れていませんか。汚れたときは端子部分を乾いた綿棒などで拭いてください。 ■ ■ 充電 症 状 充電ができない チェック • 電池パックが正しく取 り付けられていますか。→ P63 • アダプタの電源プラグや シガーライタープラグがコンセントまたはシガーライターソケットに正しく差し込まれていますか。
  • p. 155/203
    153 付録 ■ ■ 端末操作 症 状 操作中・充電中に熱くなる チェック • 操作中や充電中、また、 充電しながら動画撮影やワンセグ視聴などを長時間行った場合などには、本端末や電池パック、アダプタが温かくなることがありますが、安全上問題ありませんので、そのままご使用ください。 チェック • 充電しながら通話や通 信、その他機能の操作を長時間行うと、本端末の温度が上昇して電池の状態アイコンが充電中にならない場合があります。その場合は、本端末の温度が下がってから再度充電を行ってください。 症 状 画面に「充電してください」と表示される
  • p. 156/203
    154 付録 チェック • 電池パックは消耗品で す。充電を繰り返すごとに、1 回で使える時間が次第に短くなっていきます。 十分に充電しても購入時に比べて使用時間が極端に短くなった場合は、指定の電池パックをお買い求めください。 症 状 電池の使用時間が短い チェック • 圏外の状態で長時間放置 されるようなことはありませんか。圏外時は通信可能な状態にできるよう電波を探すため、より多くの電力を消費しています。 • 電池パックの使用時間 は、使用環境や劣化度により異なります。 L-05D_QSG_J.indb
  • p. 157/203
    155 付録 症 状 ドコモ miniUIM カードが認識しない チェック • ドコモminiUIMカード を正しい向きで挿入していますか。→ P60 症 状 時計がずれる チェック • 長い間電源を入れた状態 にしていると時計がずれる場合があります。 「本体設定」の「日付と 時刻」で「日付と時刻の自動設定」にチェックマークが付いているかを確認し、電波のよい場所で電源を入れ直してください。 症 状 電源断・再起動が起きる チェック • 電池パックの端子が汚れ ていると接触が悪くなり、電源が切れることがあります。汚れたときは、電池パックの端子を乾いた綿棒などで拭いてください。
  • p. 158/203
    156 付録 チェック • セーフモードの起動方法 1. 電源 OFF の状態から 電源キーを押します。 2. LG ロゴが表示され たら、音量キー(下)を押し続けます。 成功すると約 5 秒後にバイブレータが振動します。 ※ セーフモードが起動 すると画面左下に 「セーフモード」と表 示されます。 ※ セーフモードを終了 するには、電源を一度 OFF にし起動し直してください。 症 状 端末動作が不安定 チェック • ご購入後に端末へインス トールしたアプリケーションによる可能性があります。セーフモードで起動して症状が改善される場合には、インストールしたアプリケーションをアンインストールすることで症状が改善される場合があります。※
  • p. 159/203
    157 付録 症 状 アプリケーションが正しく動作しない(起動できない、エラーが頻繁に起こるなど) チェック • 無効化されているアプリ ケーションはありませんか。無効化されているアプリケーションを有効にしてから再度お試しください。 ■ ■ 通話 症 状 をタップしても発信 できない チェック • 「UIMカードのロック」 を設定していませんか。→ P122 • 機内モードを設定してい ませんか。 チェック • 必要なデータを事前に バックアップした上でセーフモードをご利用ください。 • お客様ご自身で作成され
  • p. 160/203
    158 付録 チェック • 電波の混み具合により、 多くの人が集まる場所では電話やメールが混み合い、つながりにくい場合があります。その場合は話中音が流れます。場所を移動するか、時間をずらしてかけ直してください。 症 状 通話ができない(場所を移動しても「圏外」の表示が消えない、電波の状態は悪くないのに発信または着信ができない) チェック • 電源を入れ直すか、電 池パックまたはドコモminiUIM カードを入れ直してください。 • 電波の性質により、「圏 外ではない」「電波状況を示す電波レベルが 4 本表示している
  • p. 161/203
    159 付録 ■ ■ おサイフケータイ 症 状 おサイフケータイが使えない チェック • 電池パックを取り外す と、おサイフケータイ ロック設定にかかわらずおサイフケータイの機能が利用できなくなります。 • おサイフケータイ ロッ ク設定を設定していませんか。 • 本端末の マークがあ る位置を読み取り機にかざしていますか。 ■ ■ カメラ 症 状 カメラで撮影した静止画や動画がぼやける チェック • 近くの被写体を撮影する ときは、接写撮影に切り替えてください。 • カメラのレンズにくもり や汚れが付着していないかを確認してください。
  • p. 162/203
    160 付録 エラー■ メッセージ 説 明 PIN1 がロックされましたPIN ロック解除コードを入力してください PUK(PIN ロック解除コード)(P124)を正しく入力してください。 空き容量低下 空き容量がありません。不要なアプリケーションを削除(P103)して容量を確保してください。 エラーメッセージ エラー■ メッセージ 説 明 • サービ スは無効になっています • ドコモ UIMカードが挿入されていません • サービスエリア外か、 電波の届かない場所にいるため利用できません。電波の届く場所まで移動してください。
  • p. 163/203
    161 付録 a スマートフォン遠隔サポートセンター■ ■0120-783-360■ 受付時間 午前9:00 ~■午後8:00(年中無休)■へ電話する b 「遠隔サポート」をタップする • 初めてご利用される際には、「ソフ トウェア使用許諾書」に同意いただく必要があります。 c ドコモからご案内する接続番号を入力する d 接続後、遠隔サポートを開始する スマートフォンあんしん遠 隔サポート お客様の端末上の画面をドコモと共有することで、端末操作設定に関する操作サポートを受けることができます。• ドコモ
  • p. 164/203
    162 付録 保証とアフターサービス 保証について • 本端末をお買い上げいただくと、保証 書が付いていますので、必ずお受け取りください。記載内容および「販売店名・お買い上げ日」などの記載事項をお確かめの上、大切に保管してください。必要事項が記載されていない場合は、すぐにお買い上げいただいた販売店へお申し付けください。無料保証期間は、お買い上げ日より 1 年間です。 • この製品は付属品を含め、改良のため 予告なく製品の全部または一部を変更することがありますので、あらかじめご了承ください。 端末初期化
  • p. 165/203
    163 付録 アフターサービスについて 調子が悪い場合 修理を依頼される前に、本書の「故障かな?と思ったら」をご覧になってお調べください。それでも調子が良くないときは、本書裏面の「故障お問い合わせ先」にご連絡の上、ご相談ください。 • 本端末の故障・修理やその他お取り扱 いによって電話帳などに登録された内容が変化・消失する場合があります。万が一に備え、電話帳などの内容はご自身で控えをお取りくださるようお願いします。 ※ 1 本端末は、電話帳などのデータを microSD カードに保存していただくことができます。
  • p. 166/203
    164 付録 ■ ■ 保証期間内は • 保証書の規定に基づき無料で修理 を行います。 • 故障修理を実施の際は、必ず保証 書をお持ちください。保証期間内であっても保証書の提示がないもの、お客様のお取り扱い不良(液晶・コネクタなどの破損)による故障・損傷などは有料修理となります。 • ドコモの指定以外の機器および消 耗品の使用に起因する故障は、保証期間内であっても有料修理となります。 お問い合わせの結果、修理が必要な場合 ドコモ指定の故障取扱窓口にご持参いただきます。ただし、故障取扱窓口の営業時間内の受付となります。また、ご来店時には必ず保証書をご持参ください。なお、故障の状態によっては修理に日数がかかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • p. 167/203
    165 付録 ■ ■ 保証期間が過ぎたときは • ご要望により有料修理いたします。 ■ ■ 部品の保有期間は • 本端末の補修用性能部品(機能を 維持するために必要な部品)の最低保有期間は、製造打ち切り後 4年間を基本としております。ただし、故障箇所によっては修理部品の不足などにより修理できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。また、保有期間が経過したあとも、故障箇所によっては修理可能なことがありますので、本書裏面の「故障お問い合わせ先」へお問い合わせください。 ■ ■ 以下の場合は、修理できないことがあ
  • p. 168/203
    166 付録 - 改造が原因による故障・損傷の場合 は、保証期間内であっても有料修理となります。 • 本端末に貼付されている銘版シール は、はがさないでください。銘版シールには、技術基準を満たす証明書の役割があり、銘版シールが故意にはがされたり、貼り替えられた場合など、銘版シールの内容が確認できないときは、技術基準適合の判断ができないため、故障修理をお受けできない場合がありますので、ご注意願います。 • 各種機能の設定などの情報は、本端末 の故障・修理やその他お取り扱いによってクリア(リセット)される場合があります。お手数をおかけしますが、この場合は再度設定を行ってくださるようお願いいたします。
  • p. 169/203
    167 付録 メモリダイヤル(電話帳機能)およびダウンロード情報などについて • 本端末を機種変更や故障修理をする際 に、お客様が作成されたデータまたは外部から取り込まれたデータあるいはダウンロードされたデータなどが変化・消失などする場合があります。これらについて当社は一切の責任を負いません。また、当社の都合によりお客様の本端末を代替品と交換することにより修理に代えさせていただく場合がありますが、その際にはこれらのデータなどは一部を除き交換後の製品に移し替えることはできません。 • 修理を実施した場合には、故障箇所に
  • p. 170/203
    168 付録 ソフトウェア更新 L -05Dのソフトウェア更新が必要かをネットワークに接続して確認し、必要に応じて更新ファイルをダウンロードして、ソフトウェアを更新する機能です。ソフトウェア更新が必要な場合には、ドコモのホームページにてご案内いたします。更新方法は、次の3種類があります。 自動更新 : 更新ファイルを自動でダウ ンロードし、設定した時刻に書き換えます。 即時更新 : 今すぐ更新を行います。予約更新 : 予約した時刻に自動的に更 新をします。 お知らせ • ソフトウェア更新は、本端末に登
  • p. 171/203
    169 付録 ご利用にあたって • ソフトウェア更新中は電池パックを外 さないでください。更新に失敗することがあります。 • ソフトウェア更新を行う際は、電池を フル充電しておいてください。更新時は充電ケーブルを接続する事をおすすめします。 • 次の場合はソフトウェアを更新できま せん。 - 通話中 - 圏外が表示されているとき * - 国際ローミング中 * - 機内モード中 * - OS バージョンアップ中 - 日付と時刻を正しく設定していないとき - ソフトウェア更新に必要な電池残量 がないとき -
  • p. 172/203
    170 付録 • ソフトウェア更新が不要な場合は、 「更 新の必要はありません。このままお使いください」と表示されます。 • 国際ローミング中、もしくは、圏外に いるときには、「ローミング中、もしくは圏外時は更新できません。」と表示されます。Wi-Fi 接続中も同様です。 • ソフトウェア更新中に送信されてきた SMS は、SMS センターに保管されます。 • ソフトウェア更新の際、お客様の L-05D 固有の情報(機種や製造番号など)が、当社のソフトウェア更新用サーバーに送信されます。当社は送信された情報を、ソフトウェア更新以外の目的には利用いたしません。
  • p. 173/203
    171 付録 ソフトウェアの自動更新 更新ファイルを自動でダウンロードし、設定した時刻に書き換えます。 ソフトウェアの自動更新の設定 お買い上げ時は、自動更新の設定が[自動で更新を行う]に設定されています。 a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「端末情報」■u■「ソフトウェア更新」■u■「ソフトウェア更新設定の変更」 b 「自動で更新を行う」/「自動で 更新を行わない」 ソフトウェア更新が必要になると 更新ファイルが自動でダウンロードされると、ステータスバーに■ ■(ソフトウェア更新有)が通知されます。•
  • p. 174/203
    172 付録 b 「ソフトウェア更新有」をタップ する • 書換え時刻が表示されます。 c 目的の操作を行う • 「O K」:ホーム画面に戻ります。設 定時刻になると更新を開始します。 • 「開始時刻変更」:予約更新→「ソ フトウェアの予約更新」(P174) • 「今すぐ開始」:即時更新→「ソフ トウェアの即時更新」(P173) お知らせ • 更新通知を受信した際に、ソフト ウェア更新ができなかった場合には、ステータスバーに (ソフトウェア更新有)が表示されます。 • 書き換え時刻にソフトウェア書き 換えが実施できなかった場合、翌日の同じ時刻に再度書き換えを行います。
  • p. 175/203
    173 付録 ソフトウェアの即時更新 すぐにソフトウェア更新を開始します。ソフトウェア更新を起動するには書き換え予告画面から起動する方法とメニューから起動する方法があります。 a ホーム画面で■ ■u■「本体設定」■ u■「端末情報」■u■「ソフトウェア更新」■u■「更新を開始する」■u■ 「はい」 • 書き換え予告画面からの起動:書 き換え予告画面を表示 u 「今すぐ開始」 b 「書き換え処理を開始します」表 示後、約3秒後に自動的に書き換え開始 • 「O K」をタップすると、すぐに書 き換えを開始します。
  • p. 176/203
    174 付録 ソフトウェア更新終了後の表示 ソフトウェア更新が完了すると、ステータスバーに通知されます。ステータスバーを開いて通知をタップすると完了画面が表示されます。 ソフトウェアの予約更新 更新ファイルのインストールを別の時刻に予約したい場合は、ソフトウェア書き換えを行う時刻をあらかじめ設定しておくことができます。 a 書換え予告画面を表示■u■「開始時刻変更」 b 時刻を入力■u■「OK」 L-05D_QSG_J.indb 174 2012/06/21 11:04:07
  • p. 177/203
    175 付録 予約した時刻になると 開始時刻になると書換え処理画面が表示され、約3秒後に自動的にソフトウェア書き換えが開始されます。 お知らせ • 更新中は、すべてのキー操作が無 効となります。更新を中止することもできません。 • 開始時刻にソフトウェア更新が開 始できなかった場合には、翌日の同じ時刻にソフトウェア更新を行います。 • O S バージョンアップ中の場合、 予約時刻になってもソフトウェア更新は行われません。 • 開始時刻と同じ時刻にアラームな どが設定されていた場合でも、ソフトウェア更新は実施されます。
  • p. 178/203
    176 付録 • 開始時刻に L -05D の電源が O F F の場合、電源を入れた後、予約時刻と同じ時刻になったときにソフトウェア更新を行います。 • ソフトウェア更新実施時にステー タスバーに「 ソフトウェア更新を中断しました。本体メモリの空き容量を確認のうえ、再度更新を行ってください。」と表示された場合には、本体メモリの空き容量を確認したうえで、再度ソフトウェア更新を行ってください。 • ソフトウェア更新実行時にステー タスバーに「 ソフトウェア更新を中断しました。端末の状態をご確認のうえ、再度更新を行ってください。」と表示された場合は、下記の状態でない事をご確認のうえ、再度更新を行ってください。
  • p. 179/203
    177 付録 携帯電話機の比吸収率など 携帯電話機の比吸収率(SAR)について この機種L -05Dの携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収に関する技術基準および電波防護の国際ガイドラインに適合しています。この携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収に関する技術基準 ※ 1 ならびに、これと同 等な国際ガイドラインが推奨する電波防護の許容値を遵守するよう設計されています。この国際ガイドラインは世界保健機関(WHO)と協力関係にある国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が定めたものであり、その許容値は使用者の年齢や健康状況に関係なく十分な安全率を含んでいます。国の技術基準および国際ガイドラインは電波
  • p. 180/203
    178 付録 ス等のアクセサリをご使用にならない場合には、身体から 1.5 センチ以上の距離に携帯電話機を固定でき、金属部分の含まれていない製品をご使用ください。世界保健機関は、『携帯電話が潜在的な健康リスクをもたらすかどうかを評価するために、これまで 20 年以上にわたって多数の研究が行われてきました。今日まで、携帯電話使用によって生じるとされる、いかなる健康影響も確立されていません。』と表明しています。さらに詳しい情報をお知りになりたい場合には世界保健機関のホームページをご参照ください。http://www.who.int/docstore/peh-emf/publications/facts_press/fact_japanese.htm
  • p. 181/203
    179 付録 ※ 1 技術基準については、電波法関連省令 (無線設備規則第 14 条の 2)で規定 されています。 ※ 2 携帯電話機本体を側頭部以外でご使 用になる場合の S A R の測定法につい て は、 平 成 22 年 3 月 に 国 際 規 格 (I E C62209-2)が制定されました。 国の技術基準については、平成 23 年10 月に、諮問第 118 号に関して情報通信審議会情報通信技術分科会より一部答申されています。 Radio Frequency (RF) Signals THIS
  • p. 182/203
    180 付録 of scientific studies.The exposure standard for wireless mobile phones employs a unit of measurement known as the Specific Absorption Rate (SAR). The SAR limit set by the FCC is 1.6W/kg.* Tests for SAR are conducted using standard operating positions
  • p. 183/203
    181 付録 requirement.The FCC has granted an Equipment Authorization for this model phone with all reported SAR levels evaluated as in compliance with the FCC RF exposure guidelines. SAR information on this model phone is on file with the FCC and can be found
  • p. 184/203
    182 付録 Declaration of Conformity The product "L-05D" is declared to conform with the essential requirements of European Union Directive 1999/5/EC Radio and Telecommunications Terminal Equipment Directive 3.1(a), 3.1(b) and 3.2.This mobile phone complies
  • p. 185/203
    183 付録 *** Tests for SAR have been conducted using standard operating positions with the phone transmitting at its highest certified power level in all tested frequency bands. Although the SAR is determined at the highest certified power level, the actual
  • p. 186/203
    184 付録 Wi-Fi■(WLAN) This device is intended for sale in Japan only. It can be operated in all European countries.The WLAN can be operated in the EU without restriction indoors, but cannot be operated outdoors in France, Russia and Ukraine. Important Safety
  • p. 187/203
    185 付録 HOSPITALSMobile phones should be switched off wherever you are requested to do so in hospitals, clinics or health care facilities. These requests are designed to prevent possible interference with sensitive medical equipment. PETROL■STATIONSObey all
  • p. 188/203
    186 付録 Hearing■AidsSome digital wireless phones may interfere with some hearing aids. In the event of such interference, you may want to consult your hearing aid manufacturer to discuss alternatives. NOTE: Excessive sound pressure from earphones can cause
  • p. 189/203
    187 付録 知的財産権 著作権・肖像権について お客様が本製品を利用して撮影またはインターネット上のホームページからのダウンロードなどにより取得した文章、画像、音楽、地図データ、ソフトウェアなど第三者が著作権を有するコンテンツは、私的使用目的の複製や引用など著作権法上認められた場合を除き、著作権者に無断で複製、改変、公衆送信などすることはできません。実演や興行、展示物などには、私的使用目的であっても撮影または録音を制限している場合がありますのでご注意ください。また、お客様が本製品を利用して本人の同意なしに他人の肖像を撮影したり、撮影した他人の肖像を本人の同意なしにインターネット上のホームページに掲載するなどして不特定多数に公開することは、肖像権を侵害する恐れがありますのでお控えください。
  • p. 190/203
    188 付録 • Bluetooth とそのロゴマークは、 Bluetooth SIG, INC. の登録商標で、株式会社 NTT ドコモはライセンスを受けて使用しています。その他の商標および名称はそれぞれの所有者に帰属します。 • Wi-Fi Certified ® とそのロゴは、Wi-Fi Alliance の登録商標または商標です。 • Microsoft ® 、Windows ® 、Windows Vista ® 、Windows Media ® は、米国 Microsoft Corporation
  • p. 191/203
    189 付録 その他 • ロヴィ、Rovi、G ガイド、G-GUIDE、G ガイドモバイル、G-GUIDE MOBILE、および G ガイド関連ロゴは、米国 Rovi Corporation および/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 • 本製品は Adobe Systems Incorporated の Adobe ® Flash ® Player 、Adobe ® Flash ® Lite ® テクノロジーを 搭載しています。 - Adobe Flash Player Copyright
  • p. 192/203
    190 付録 - Windows Vista は、Windows Vista ® (Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)の略です。 - Windows XP は、Microsoft ® Windows ® XP Professional operating system または Microsoft ® Windows ® XP Home Edition operating systemの略です。 • 本製品は、MPEG-4 Patent
  • p. 193/203
    191 付録 SIMロック解除 本端末はS I Mロック解除に対応しています。S I Mロックを解除すると他社のS I Mカードを使用することができます。 • S I M ロック解除は、ドコモショッ プで受付をしております。 • 別途 S I M ロック解除手数料がかか ります。 • 他社の S I M カードをご使用になる 場合、L T E 方式では、ご利用いた だけません。また、ご利用になれ るサービス、機能などが制限され ます。当社では、一切の動作保証 はいたしませんので、あらかじめ ご了承ください。
  • p. 194/203
    192 付録 索引 ア アイコン……………………………… 102アイコンのカスタマイズ…………… 99アクセスポイント…………………… 82アダプタ…………………… 23, 37, 65アフターサービス…………………… 163アプリケーション…………………… 106暗証番号……………………………… 119安全上のご注意……………………… 10医用電気機器………………………… 26ウィジェット………………………… 95絵文字………………………………… 117絵文字クイック……………………… 117エリアメール…………………………
  • p. 195/203
    193 付録 サ 材質一覧……………………………… 28 microSDHC カード(4GB) (試供品) ………………………… 150 USB 接続ケーブル(試供品) … 148 試供品………………………………… 147システム……………………………… 146充電…………………………………… 65 AC アダプタで充電する ………… 65パソコンで充電する …………… 71バッテリーチャージャーで 充電する ………………………… 68 商標…………………………………… 187ショートカット…………………97,
  • p. 196/203
    194 付録 タ タッチスクリーン…………………… 74 利用上の注意 …………………… 74 端末初期化…………………………… 162チェックマークを付ける/外す…… 75知的財産権…………………………… 187著作権 ・ 肖像権について …………… 187通知アイコン………………………… 103通知パネル…………………………… 104通話音量を調整……………………… 129通話を保留…………………………… 131ディスプレイ………………………… 56デバイス……………………………… 143電源を入れる…………………………
  • p. 197/203
    195 付録 電池パック……………………… 21, 63 取り付ける ……………………… 63取り外す ………………………… 64 電話…………………………………… 125電話帳………………………………… 133 登録する ………………………… 134 電話を受ける………………………… 128電話をかける………………………… 125ドコモ miniUIM カード ……………………… 26, 38, 60, 119 取り付ける ……………………… 60取り外す ………………………… 61 トラブルシューティング……………
  • p. 198/203
    196 付録 ブラウザ……………………………… 140 検索する ………………………… 140 防水性能……………………………… 46 ご使用にあたって ……………… 48充電のときには ………………… 55注意事項 ………………………… 50水抜きについて ………………… 52リアカバー ……………………… 48 ホーム画面…………………………… 94保証…………………………………… 162本書のご使用にあたって……………… 2本体設定……………………………… 142本体付属品………………………………
  • p. 199/203
    197 付録 英数字 Bluetooth ………………………… 39Declaration of Conformity …… 182European Union Directives Conformance Statement ……… 183E メール ……………………………… 136FAQ ………………………………… 151FeliCa リーダー/ライター ……… 43Gmail ………………………………… 138Important Safety Information … 184PIN コード ……………………………
  • p. 200/203
    198 ご契約内容の確認・変更、各種サービスのお申込、各種資料請求をオンライン上で承っております。spモードから dメニュー■u■「お客様サポートへ」■u■「各種お申込・お手続き」 パソコンから My docomo(http://www.mydocomo.com/)■u■各種お申込・■お手続き ※ sp モードからご利用になる場合、「ネットワーク暗証番号」が必要となります。 ※ sp モードからご利用になる際は、一部有料となる場合があります。 ※ パソコンからご利用になる場合、「docomo ID/ パスワード」が必要となります。
  • p. 201/203
    199 ■ ■ 使用禁止の場所にいる場合 航空機内、病院内では、必ず本端末の電 源を切ってください。 ※ 医用電気機器を使用している方がいる のは病棟内だけではありません。ロビーや待合室などでも、必ず電源を切ってください。 ■ ■ 満員電車の中など、植込み型心臓ペース メーカおよび植込み型除細動器を装着し た方が近くにいる可能性がある場合 植込み型心臓ペースメーカおよび植込み 型除細動器に悪影響を与える恐れがあり ます。 マナーもいっしょに携帯しましょう 本端末を使用する場合は、周囲の方の迷惑にならないように注意しましょう。
  • p. 202/203
    200 プライバシーに配慮しましょう カメラ付き携帯電話を利用して撮影や画像送信を行う際は、 プライバシーなどにご配慮ください。 こんな機能が公共のマナーを守ります かかってきた電話に応答しない設定や、本端末から鳴る音を消す設定など、便利な機能があります。 ■ ■ バイブレートのみ、サイレント 操作音・着信音など本端末から鳴る音 を消します。 ※ ただし、シャッター音は消せません。 ■ ■ 公共モード(電源OFF) 電話をかけてきた相手に、電源を切る必 要がある場所にいる旨のガイダンスが流 れ、自動的に電話を終了します。
  • p. 203/203
    -81-3-6832-6600 -8000120-0151 -81-3-6718-1414 -8005931-8600 L-05D_QSG_J.indb 3 2012/06/21 11:04:08
 
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.