PDFマニュアル LG - L04D

目次

  • p. 1/107
  • p. 2/107
    はじめに 「L -04D」をお買い上げいただきまして、ま ことにありがとうございます。 ご使用の前やご利用中に、この取扱説明書をお読みいただき、正しくお使いください。 本端末のご使用にあたって • L-04Dは、LTE・W-CDMA・無線LAN方式に対応して います。 • 本端末は無線を利用しているため、トンネル・地下・建 物の中で電波の届かない所、屋外でも電波の弱い所、Xi サービスエリアおよび FOMA サービスエリア外ではご 利用になれません。また、高層ビル・マンションなどの 高層階で見晴らしのよい場所であってもご使用になれな
  • p. 3/107
    1 目次/注意事項 本体付属品 L-04D本体 (保証書付き) リアカバー L31 電池パックL17 取扱説明書(本書) かんたんセットアップマニュアル 無線LAN初期設定シール IMEI : XXXXXXXXXXXXXXXSSID : L04D_XXXXXXXXSECURITY KEY : XXXXXXXX 専用ケース(試供品) オプション品について(→ P76) L-04D_UG_J.indb 1 2012/05/14 20:11:46
  • p. 4/107
    2 目次/注意事項 本書の見かた 記載内容について L-04Dの取扱説明書は、 『かんたんセットアップマニュ アル』と『L -04D取扱説明書』(本書)で構成されています。 ■ ■『かんたんセットアップマニュアル』本端末とゲーム機やiPod■touchの接続方法など、次の内容を記載しています。 • 本体付属品および主なオプション品• ドコモ miniUIM カードと電池パックを取り付ける• 充電する• 電源を入れる/切る• 無線 LAN 端末を接続する• 故障かな?と思ったら ■ ■『L-04D取扱説明書』(本書)本端末とパソコンの接続方法や仕様、各種機能の設定方法など、次の内容を記載しています。本書はPDFでも見られます。ご覧になるには、Adobe■Reader(バージョン6.0以上を推奨)が必要です。
  • p. 5/107
    3 目次/注意事項 本体付属品…………………………………………………………1本書の見かた………………………………………………… 2目次…………………………………………………………… 3L-04D の主な機能 ………………………………………… 4安全上のご注意(必ずお守りください) ………………………… 5取り扱い上のご注意……………………………………… 16 ご使用前の確認……………………………… 21 各部の名称と機能………………………………………… 21ディスプレイの見かた……………………………………
  • p. 6/107
    4 目次/注意事項 L-04Dの主な機能 「Xi」(クロッシィ)とは、LTE(Long■Term■Evolution) という国際標準化された通信規格に支えられたドコモのサービス名称です。FOMA(Freedom■Of■Mobile■multimedia■Access)とは、第3世代移動通信システム■(IMT-2000)の世界標準規格の1つとして設定されたW-CDMA方式をベースとしたドコモのサービス名称です。 ■ ■ Xiデータ通信に対応 受信時最大 75Mbps * 、送信時最大 25Mbps *
  • p. 7/107
    5 目次/注意事項 安全上のご注意(必ずお守りください) ■ ■ ご使用の前に、この「安全上のご注意」をよくお読 みの上、正しくお使いください。また、お読みになった後は大切に保管してください。 ■ ■ ここに示した注意事項は、お使いになる人や、他の 人への危害、財産への損害を未然に防ぐための内容を記載していますので、必ずお守りください。 ■ ■ 次の表示の区分は、表示内容を守らず、誤った使用 をした場合に生じる危害や損害の程度を説明しています。 危険 この表示は、取り扱いを誤った場合、「死亡または重傷を負う危険が切迫して生じることが想定される」内容です。
  • p. 8/107
    6 目次/注意事項 ■ ■「安全上のご注意」は下記の7項目に分けて説明し ています。 本端末、電池パック、アダプタ、ドコモ miniUIM カードの取り扱いについて(共通) ……………………… P6本端末の取り扱いについて ………………………… P8電池パックの取り扱いについて ……………………P10アダプタの取り扱いについて ………………………P12ドコモ miniUIM カードの取り扱いについて ………P13医用電気機器近くでの取り扱いについて …………P14材質一覧 ………………………………………………P15試供品(専用ケース)の取り扱いについて
  • p. 9/107
    7 目次/注意事項 本端末に使用する電池パックおよびアダプタは、N T Tドコモが指定したものを使用してください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。 警告 強い力や衝撃を与えたり、投げ付けたりしないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。 充電端子や外部接続端子に導電性異物(金属片、鉛筆の芯など)を接触させないでください。また、内部に入れないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。 使用中や充電中に、布団などで覆ったり、包んだりしないでください。火災、やけどの原因となります。
  • p. 10/107
    8 目次/注意事項 乳幼児の手の届かない場所に保管してください。誤って飲み込んだり、けがなどの原因となったりします。 本端末をアダプタに接続した状態で長時間連続使用される場合には特にご注意ください。充電しながら長時間使用すると、本端末や電池パック・アダプタの温度が高くなることがあります。温度の高い部分に直接長時間触れるとお客様の体質や体調によっては肌に赤みやかゆみ、かぶれなどが生じたり、低温やけどの原因となったりする恐れがあります。 本端末の取り扱いについて 警告 本端末内のドコモminiUIMカード挿入口に水などの液体や金属片、燃えやすいものなどの異物を入れないでください。火災、やけど、けが、感電の原因となります。
  • p. 11/107
    9 目次/注意事項 高精度な制御や微弱な信号を取り扱う電子機器の近くでは、本端末の電源を切ってください。電子機器が誤動作するなどの悪影響を及ぼす原因となります。※ ご注意いただきたい電子機器の例 補聴器、植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器、その他の医用電気機器、火災報知器、自動ドア、その他の自動制御機器など。植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器、その他の医用電気機器をご使用される方は、当該の各医用電気機器メーカもしくは販売業者に電波による影響についてご確認ください。 万が一、ディスプレイ部を破損した際には、割れたガラスや露出した本端末の内部にご注意ください。ディスプレイ部の表面には、プラスチックパネルを使用しガラスが飛散りにくい構造となっておりますが、誤って割れた破損部や露出部に触れますと、けがの原因となります。
  • p. 12/107
    10 目次/注意事項 お客様の体質や体調によっては、かゆみ、かぶれ、湿疹などが生じることがあります。異状が生じた場合は、直ちに使用をやめ、医師の診療を受けてください。 • 各 箇 所 の 材 質 に つ い て( → P15「 材 質 一 覧」) ディスプレイを見る際は、十分明るい場所で、画面からある程度の距離をとってご使用ください。視力低下の原因となります。 電池パックの取り扱いについて ■ ■ 電池パックのラベルに記載されている表示により、 電池の種類をご確認ください。 表示 電池の種類 Li-ion00
  • p. 13/107
    11 目次/注意事項 電池パック内部の液体などが目の中に入ったときは、こすらず、すぐにきれいな水で洗った後、直ちに医師の診療を受けてください。失明の原因となります。 警告 落下による変形や傷などの異常が見られた場合は、絶対に使用しないでください。電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因となります。 電池パックが漏液したり、異臭がしたりするときは、直ちに使用をやめて火気から遠ざけてください。漏液した液体に引火し、発火、破裂の原因となります。 ペットが電池パックに噛みつかないようご注意ください。電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因となります。
  • p. 14/107
    12 目次/注意事項 アダプタの取り扱いについて 警告 アダプタのコードが傷んだら使用しないでください。火災、やけど、感電の原因となります。 A Cアダプタは、風呂場などの湿気の多い場所では使用しないでください。火災、やけど、感電の原因となります。 D Cアダプタはマイナスアース車専用です。プラスアース車には使用しないでください。火災、やけど、感電の原因となります。 雷が鳴り出したら、アダプタには触れないでください。感電の原因となります。 コンセントやシガーライターソケットにつないだ状態で充電端子をショートさせないでください。また、充電端子に手や指など、身体の一部を触れさせないでください。火災、やけど、感電の原因となります。
  • p. 15/107
    13 目次/注意事項 D Cアダプタのヒューズが万が一切れた場合は、必ず指定のヒューズを使用してください。火災、やけど、感電の原因となります。指定ヒューズに関しては、個別の取扱説明書でご確認ください。 電源プラグについたほこりは、拭き取ってください。火災、やけど、感電の原因となります。 A Cアダプタをコンセントに差し込むときは、確実に差し込んでください。火災、やけど、感電の原因となります。 電源プラグをコンセントやシガーライターソケットから抜く場合は、アダプタのコードを無理に引っ張らず、アダプタを持って抜いてください。火災、やけど、感電の原因となります。
  • p. 16/107
    14 目次/注意事項 医用電気機器近くでの取り扱いについて ■ ■ 本記載の内容は「医用電気機器への電波の影響を防 止するための携帯電話端末等の使用に関する指針」 (電波環境協議会)に準ずる。 警告 医療機関の屋内では次のことを守って使用してください。■ • 手術室、集中治療室(I C U)、冠状動脈疾患 監視病室(C C U)には本端末を持ち込まないでください。 • 病棟内では、本端末の電源を切ってください。 • ロビーなどであっても付近に医用電気機器が ある場合は、本端末の電源を切ってください。 •
  • p. 17/107
    15 目次/注意事項 材質一覧 使用箇所 材質/表面処理 フロントカバー PC、PC + ABS /塗装仕上げ 電源ボタンWi-Fi ボタンWPS ボタン PC +シリコン/塗装仕上げ リアカバー PC + GF10% 電池カバー PC /塗装仕上げ 電池パック 電池パック本体 PC /腐食処理 ラベル PET /無光コーティング 端子 Ni+Gold /メッキコーティング 試供品(専用ケース)の取り扱いに ついて 警告 電子レンジなどの加熱調理機器や高圧容器に入れないでください。発煙、発火、破損の原因となります。
  • p. 18/107
    16 目次/注意事項 取り扱い上のご注意 共通のお願い ■ ■ 水をかけないでください。 本端末、電池パック、アダプタ、ドコモ miniUIM カードは防水性能を有しておりません。風呂場などの湿気の多い場所でのご使用や、雨などがかかることはおやめください。また身に付けている場合、汗による湿気により内部が腐食し故障の原因となります。調査の結果、これらの水濡れによる故障と判明した場合、保証対象外となり修理できないことがありますので、あらかじめご了承ください。なお、保証対象外ですので修理を実施できる場合でも有料修理となります。
  • p. 19/107
    17 目次/注意事項 本端末についてのお願い ■ ■ 極端な高温、低温は避けてください。 温度は 5℃~ 35℃、湿度は 45% ~ 85% の範囲でご使用ください。 ■ ■ 一般の電話機やテレビ・ラジオなどをお使いになっ ている近くで使用すると、悪影響を及ぼす原因となりますので、なるべく離れた場所でご使用ください。 ■ ■ お客様ご自身で本端末に登録された情報内容は、別 にメモを取るなどして保管してくださるようお願いします。 万が一登録された情報内容が消失してしまうことがあっても、当社としては責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
  • p. 20/107
    18 目次/注意事項 ■ ■ 電池パックを保管される場合は、次の点にご注意く ださい。 • フル充電状態(充電完了後すぐの状態)での保管• 電池残量なしの状態(本体の電源が入らない程消費し ている状態)での保管 電池パックの性能や寿命を低下させる原因となります。保管に適した電池残量は、目安として電池アイコン表示が 2 本の状態をお勧めします。 アダプタについてのお願い ■ ■ 充電は、適正な周囲温度(5℃~ 35℃)の場所で行っ てください。 ■ ■ 次のような場所では、充電しないでください。 • 湿気、ほこり、振動の多い場所•
  • p. 21/107
    19 目次/注意事項 ■ ■ ドコモminiUIMカードを曲げたり、重いものをの せたりしないでください。故障の原因となります。 ■ ■ ドコモminiUIMカードにラベルやシールなどを 貼った状態で、本端末に取り付けないでください。故障の原因となります。 無線LAN(WLAN)についてのお願い ■ ■ 無線L A N(W L A N)は、電波を利用して情報のや り取りを行うため、電波の届く範囲であれば自由にLAN接続できる利点があります。その反面、セキュリティの設定を行っていないときは、悪意ある第三者に通信内容を盗み見られたり、不正に侵入されてしまう可能性があります。お客様の判断と責任において、セキュリティの設定を行い、使用することを推奨します。
  • p. 22/107
    20 目次/注意事項 • 2.4GHz 機器使用上の注意事項 WLAN 搭載機器の使用周波数帯では、電子レンジなどの家電製品や産業・科学・医療用機器のほか工場の製造ラインなどで使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。 1. この機器を使用する前に、近くで移動体識別用 の構内無線局および特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。 2.
  • p. 23/107
    21 ご使用前の確認 ご使用前の確認 各部の名称と機能 a ディスプレイ b 電源ボタン: 約 2 秒以上押して電源を入れる/切るをします。 c Wi-Fiボタン: 約 2 秒押して省電力モードを設定/解除します。省電 力モード中は、無線 LAN 機能およびネットワーク通信 機能がオフになります。ディスプレイが消灯した際に は、電源ボタンを押してディスプレイを点灯させてか ら、Wi-Fi ボタンを押してください。 d WPSボタン: W P S 機能を利用して、他の無線 L A N 端末を本端末の 無線
  • p. 24/107
    22 ご使用前の確認 f Xiアンテナ: ネットワーク通信用アンテナは、本体に内蔵されてい ます。 g リアカバー: リアカバーを外して、電池パックを取り外すと、ドコモ miniUIMカードスロットがあります。 h サブアンテナ: 複数のアンテナを使うことで通信品質を向上させるた めのサブアンテナです。本体に内蔵されています。 i Wi-Fiアンテナ: 無線 LAN 用アンテナは、本体に内蔵されています。 お知らせ • スチール製の机やテーブルなど、本端末を金属の上 に置くと、アンテナの性能に影響して通信速度が遅くなることがあります。
  • p. 25/107
    23 ご使用前の確認 本端末のディスプレイに未接続アイコンが表示されている状態ではインターネット接続できません。L-04D Connection Manager のトップメニュー u 「ネットワーク設定」 u 「プロファイル」を開き、設定 が間違っていないか確認してください。 c 国際ローミング中 d ネットワークとの接続状態 : 接続中: 未接続: 待ち受け状態 e WPS機能が利用できる状態(→P58) f 無線LAN■auto■off機能が設定されている状態 (→P56) g 電池残量表示 多い
  • p. 26/107
    24 ご使用前の確認 ドコモminiUIMカードを使う ドコモminiUIMカードは電話番号などお客様の情報が記録されているICカードのことで、本端末に取り付けないと、データ通信などを利用できません。ドコモminiUIMカードの詳しい取り扱いについては、ドコモminiUIMカードの取扱説明書をご覧ください。 本端末では、ドコモminiUIMカードのみご利用できます。ドコモUIMカード、FOMAカードをお持ちの場合には、ドコモショップ窓口にてお取り替えください。 取り付けかた ドコモminiUIMカードを取り付けるときは、両手で持って行ってください。
  • p. 27/107
    25 ご使用前の確認 取り外しかた ドコモminiUIMカードを取り外すときは、両手で持って行ってください。 • ドコモ miniUIM カードは、電源を切り、電池パックを 外してから取り外します(→ P27「電池パックの取り付けかた/取り外しかた」)。 a ドコモminiUIMカードを矢印の方向にスライドさせて取り外す お知らせ • 取り外したドコモ miniUIM カードはなくさないよう にご注意ください。 • 必ずドコモ miniUIM カードの各面を確認してくださ い。 • ドコモ miniUIM
  • p. 28/107
    26 ご使用前の確認 暗証番号 ドコモminiUIMカードには PIN1コードという暗証番号があり、ご契約時は[0000]に設定されています。P I N1コードは第三者による無断使用を防ぐため、本端末の電源を入れるとき、ユーザーを認識するための4 ~ 8桁の暗証番号です。 お客様のドコモminiUIMカードがPIN1コードを確認する設定になっている場合は、そのままデータ通信をすることができません。 P I N1コードを確認してから利用するか、あらかじめドコモminiUIMカードの設定を、PIN1コードを確認しない設定(→P64)にしてから使用してください。
  • p. 29/107
    27 ご使用前の確認 設定ページ(L-04D Connection Manager)に ログインすると PIN1 コード確認を表示 PIN1 コードを入力 3 回連続入力失敗 PIN ロック解除コードを入力 OK 10回連続入力失敗 新しい PIN1 コード を設定可能 ドコモショップ窓口に お問い合わせください。 電池パックの取り付けかた/取り 外しかた 本端末専用の電池パック■L17をご利用ください。 お知らせ • 電池パックを取り外すときは、必ず本端末の電源を 切ってから取り外してください。電源が入った状態で取り外すと、本端末が正常に動作しなくなることがあります。
  • p. 30/107
    28 ご使用前の確認 取り付けかた 電池パックを取り付けるときは、両手で持って行ってください。 a 本体下部にある凹部に爪をかけ、矢印 a の 方向に押さえながら矢印 b の方向に持ち上 げてリアカバーを取り外す ※ 下図のような取り外しかたは行わないでください。 下図のように凹部がない場所に爪をかけてもリアカバーは取り外しできません。 下図のようにスライドさせてもリアカバーは取り外しできません。 L-04D_UG_J.indb 28 2012/05/14 20:11:54
  • p. 31/107
    29 ご使用前の確認 b 電池パックの「■ ■」と記載されている面を上にして、電池パックと本端末の金属端子が合うように a の方向に取り付けてか ら、 b の方向へはめ込む 本端末の突起と電池パックのくぼみが合うようにはめ込んでください。 L 17 c リアカバーの向きを確認して本体に合わせるように装着し、ツメ部分を1■つずつしっかりと押して閉じる 取り外しかた 電池パックを取り外すときは、両手で持って行ってください。 a 本体下部にある凹部に爪をかけ、矢印 a の 方向に押さえながら矢印 b の方向に持ち上
  • p. 32/107
    30 ご使用前の確認 b 本端末の凹部分から電池パックに指などをかけて a の方向に押し付けながら、 b の方 向へ持ち上げ、 c の方向に取り外す L 17 c リアカバーの向きを確認して本体に合わせるように装着し、ツメ部分を1■つずつしっかりと押して閉じる 充電する ■ ■ 電池パックの寿命 • 電池パックは消耗品です。充電を繰り返すごとに 1 回 で使える時間が、次第に短くなっていきます。 • 1 回で使える時間がお買い上げ時に比べて半分程度に なったら、電池パックの寿命が近づいていますので、早めに交換することをおすすめします。また、電池パックの使用条件により、寿命が近づくにつれて電池パックが膨れる場合がありますが問題ありません。
  • p. 33/107
    31 ご使用前の確認 • コネクタを抜き差しする際は、無理な力がかからない ようにゆっくり確実に行ってください。 • 電池パックが空の状態で充電を開始すると、しばらく の間本端末の電源が入らない場合があります。 • 充電中に通信を行ったとき、本端末内部の温度が上昇 し、充電が停止する場合があります。この場合は、本端末の電源を切り、本端末の温度が下がるのを待ってから充電を行ってください。 • 使用状況によっては、電池残量が 100% になる前に 充電が停止する場合があります。この場合、一旦電池パックを取り外してから再度取り付けてください。充電を継続させることができます。
  • p. 34/107
    32 ご使用前の確認 ACアダプタを使って充電する 別売りのA Cアダプタ03を使って充電する方法を説明します。 a microUSBケーブルのUSBコネクタをACアダプタに接続し、microUSBコネクタをBの刻印されている面を上にして本端末の外部接続端子へ水平に差し込む b ACアダプタの電源プラグをコンセントに差し込む 電池残量が表示され、充電が開始されます。充電が完了すると、電池残量表示がフル充電状態になります。 充電が終わったら、A Cアダプタのコネクタを水平に引き抜きます。 • A C アダプタのコネクタの抜き差しは、向き(表裏)を
  • p. 35/107
    33 ご使用前の確認 電源を入れる/切る 電源を入れる a 電源が切れている状態で、電源ボタンを約2秒以上押す 電源を入れると、Xi エリアや FOMA エリアなどのネットワークの検索が開始されます。ネットワークに接続されると、ディスプレイに接続先のネットワーク名が表示されます。また、電源を入れると、無線 L A N 端末との接続が可能な状態になります。 電源を切る a 電源が入っている状態で、電源ボタンを約2秒以上押す L-04D_UG_J.indb 33 2012/05/14 20:11:55
  • p. 36/107
    34 ご使用前の確認 本端末から利用できる通信 基本的な使いかた 無線L A N機能が搭載されているパソコンやゲーム機などと最大10台まで同時に接続し、受信時最大75Mbps * 、送信時最大25Mbps * の速度でデータ通 信を行うことができます。 * Xi エリアの一部に限ります。 ※ 1 対応エリアの詳細は、ドコモのホームページでご確 認ください。 ※ 2 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、 実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。
  • p. 37/107
    35 ご使用前の確認 • Xi エリアの帯域幅により規格上の通信速度は、受信速度 (帯域幅[20/15/10/5MHz]): 100/100/75/37.5Mbps、 送信速度(帯域幅[20/15/10/5MHz]):50/37.5/25/12.5Mbps となります。 • X iエリア外のF O M Aハイスピードエリアにおいては、受 信時最大14Mbps /送信時最大5.7Mbpsの通信となります。 • X i エ リ ア 外 お よ び F O M A ハ イ ス ピ ー ド エ リ ア 外 の
  • p. 38/107
    36 ご使用前の確認 利用にあたっての留意点 ■ ■ インターネットサービスプロバイダの利用料について インターネットを利用する場合は、利用するインターネットサービスプロバイダに対する利用料が必要になります。この利用料は、X i サービス利用料とは別に直接インターネットサービスプロバイダにお支払いいただきます。利用料の詳しい内容については、ご利用のインターネットサービスプロバイダにお問い合わせください。ドコモのインターネット接続サービス「mopera U」などが利用できます。 「m o p e r a
  • p. 39/107
    37 ご使用前の確認 パソコンへの取り付けかた/取り 外しかた 本端末をパソコンで充電するときは、microUSBケーブルを使ってパソコンに取り付けます。 取り付けかた a パソコンの電源を入れる b microUSBケーブルのmicroUSBコネクタをBの刻印されている面を上にして本端末の外部接続端子へ水平に差し込む c microUSBケーブルのUSBコネクタをパソコンのUSBポートに差し込む • お買い上げ時初めて接続するときは、Windows版の みゼロインストール機能により、L-04Dドライバのセットアップ画面が自動で表示されます。画面の指示に従ってインストールしてください。
  • p. 40/107
    38 ご使用前の確認 電池残量が表示され、充電が開始されます。充電が完了すると、電池残量表示がフル充電状態になります。 O S の設定によっては「自動再生」画面が表示されることがあります。画面が表示されたら、「フォルダーを開いてファイルを表示」を選択してください。 ※ ドライバのインストール中にキャンセルをしたり、本端 末を取り外したりしないでください。ドライバをインストールしないとソフトウェア更新(→ P86)を行うことができません。 取り外しかた microUSBケーブルを取り外してください。 L-04D_UG_J.indb
  • p. 41/107
    39 セットアップ セットアップ セットアップについて 本端末をお使いになる前に、お使いの無線LAN端末を本端末の無線LANに接続するための設定を行います。また、無線LANや各種機能の設定を、お使いの環境に合わせて変更することができます。 動作環境を確認する 本端末を利用するための動作環境は以下のとおりです。 項目 必要環境 パソコン本体 PC/AT 互換機、および、Macディスプレイ解像度 800x600 ドット、High Color(65,536 色)以上を推奨 OS ※ 1 Windows XP
  • p. 42/107
    40 セットアップ セットアップの流れ セットアップの流れは、以下のとおりです。 お使いになる無線LAN端末を本端末の無線LAN に接続する■(→P40) インターネット接続の設定をする■(→P50) • mopera U に接続してお使いになる場合は、この設 定は不要です。 • 設定方法については、「接続先の設定を登録する」 (→ P63) を参照してください。 お知らせ • 本端末の設定を変更する場合は、最初にパソコンを 接続し、設定を変更してからその他の無線 LAN 端末を接続してください。※ なお、ブラウザが搭載されている端末であれば、
  • p. 43/107
    41 セットアップ ■ ■ S S I Dおよびセキュリティキー■( W P A2■s h a r e d■ key)■記載位置同梱されている「無線 L A N 初期設定シール」にS S I D およびセキュリティキー ( W P A2 s h a r e d key) が記載されていますのでご確認ください。また、電池パックを外すと、本体内部のシールに S S I D およびセキュリティキー (WPA2 shared key) が記載されています(→ P27「電池パックの取り付けかた/取り外しかた」)。
  • p. 44/107
    42 セットアップ e 本端末に設定したSSID(初期設定: 「L04D_XXXXXXXX」→P41)が表示 されている項目をクリックし、「接続」をクリックする f 「セキュリティキーまたはパスフレーズ」に、 本端末に設定されているセキュリティキー (WPA2■shared■key)(→P41)を入 力し、「OK」をクリックする Windows Vista の場合は「接続」をクリックします。 g 「このネットワークを保存します」と「この 接続を自動的に開始します」を選択し、「閉じる」をクリックする Windows
  • p. 45/107
    43 セットアップ Windows XP の場合 a 本端末の電源ボタンを約2秒以上押す 本端末の電源が入り、無線LAN機能がオンになります。 b パソコンの無線LAN機能をオンにする c スタートu「コントロールパネル」u「ネットワークとインターネット接続」u「ネットワーク接続」を順にクリックする d 「ワイヤレス■ネットワーク接続」をダブル クリックする 「ワイヤレス ネットワーク接続」ウィンドウが表示されます。 e 本端末に設定したSSID(初期設定:「L04D_XXXXXXXX」→P41)が表示されている項目をクリックし、「接続」をクリックする
  • p. 46/107
    44 セットアップ Macを接続する 本端末のセキュリティモードが「WPA2-PSK/AES」に設定されている場合に、Mac■OS■X■10.7で設定する手順を例に説明しています。 a 本端末の電源ボタンを約2秒以上押す 本端末の電源が入り、無線LAN機能がオンになります。 b アップルメニューの「システム環境設定...」u「ネットワーク」をクリックする c 「Wi-Fi」を選択し、「Wi-Fiを入にする」を クリックする Mac の無線 LAN 機能がオンになります。 お知らせ • 「すべての優先するネットワークを利用できません」
  • p. 47/107
    45 セットアップ e 「パスワード」に、本端末に設定されている セキュリティキー(WPA2■shared■key) (→P41)を入力し、「このネットワーク を記憶」を選択し、「接続」をクリックする iPadを接続する 本端末のセキュリティモードが「WPA2-PSK/AES」に設定されている場合に、iPadで設定する手順を例に説明しています。 a 本端末の電源ボタンを約2秒以上押す 本端末の電源が入り、無線LAN機能がオンになります。 b iPadのホーム画面で「設定」をタップする c 「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiを「ON」にする
  • p. 48/107
    46 セットアップ iPod■touchを接続する 本端末のセキュリティモードが「WPA2-PSK/AES」に設定されている場合に、iPod■touchで設定する手順を例に説明しています。 a 本端末の電源ボタンを約2秒以上押す 本端末の電源が入り、無線LAN機能がオンになります。 b iPod■touchのホーム画面で「設定」をタップする c 「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fi■を「ON」にする d 本端末に設定したSSID(初期設定: 「L04D_XXXXXXXX」→P41)が表示 されている項目をタップする
  • p. 49/107
    47 セットアップ h 「OK」をタッチする 設定が保存されます。 i 「はい」をタッチする 接続テストが開始されます。 PSPを接続する 本端末のセキュリティモードが「WEP」に設定されている場合に、P S P -3000で設定する手順を例に説明しています。 お知らせ • お買い上げ時のセキュリティモード「WPA2-PSK/ A E S」では接続できません。セキュリティモード (→ P57)を変更してからお使いください。 a 本端末の電源ボタンを約2秒以上押す 本端末の電源が入り、無線LAN機能がオンになります。
  • p. 50/107
    48 セットアップ g 本端末に設定したSSID(初期設定: 「L04D_XXXXXXXX」→P41)が表示 されている項目を選択し、「○」ボタンを押す h 表示されたSSIDを確認し、方向キーの「 △ 」 ボタンを押す i 「WEP」を選択し、方向キーの「 △ 」ボタ ンを押す j 「○」ボタンを押す k 本端末に設定されているWEP■key (→P57)を入力し、方向キーの「 △ 」 ボタンを押す l 表示された接続名を確認し、方向キーの「 △ 」 ボタンを押す m 表示された設定一覧を確認し、方向キーの
  • p. 51/107
    49 セットアップ d 本端末のWPS■ボタンを約2秒以上押す e 接続する無線LAN端末で画面表示に従って設定する お使いの無線 LAN 端末によって操作が異なります。 ■ ■「WPS方式」が「WPS■PIN」の場合の例 a 本端末の電源ボタンを約2秒以上押す 本端末の電源が入り、無線LAN機能がオンになります。 b 無線LAN■で接続したパソコンでWeb■ブラウザを起動し、本端末の設定ページ(L-04D■Connection■Manager)にログインする c 接続する無線LAN端末の無線LAN機能をオンにし、「WPS-PIN」アクセスを選択する■
  • p. 52/107
    50 インターネットに接続する インターネットに接続する インターネット接続について 本端末を使ってインターネットに接続するためには、サービスおよびデータ通信に対応したインターネットサービスプロバイダ(mopera■Uなど)のご契約が必要です。詳しくはドコモのホームページをご確認ください。 インターネットサービスプロバイダとの接続設定は、本端末のプロファイルに登録します。設定方法について、詳しくは「接続先の設定を登録する」 (→P63)を参照してください。 • プロファイルは、最大 10 個まで登録できます。•
  • p. 53/107
    51 各種設定 各種設定 設定ページ(L-04D Connection Manager)にログインする 無線LANで接続したパソコンでWebブラウザを起動し、本端末の設定ページ(L-04D■Connection■Manager)を表示して各種の機能を設定することができます。 お知らせ • ブラウザが搭載されている端末であれば、パソコン 以外であっても端末本体の設定変更が可能です。ただし、一部利用できないメニューがあります。また、ブラウザの種別によっては、ご利用いただけない場合があります。 • 本端末の設定ページは、以下の
  • p. 54/107
    52 各種設定 d [ユーザ名]欄に「Admin」と固定され、 [パ スワード]欄にログインパスワード(初期設定:「1234」)を入力して、[ログイン]をクリックする • [Language]欄で、設定ページの表示言語を選択 することができます。 P I N1 コードが設定されている場合は「P I N1 コード 確認」画面が表示されます。 e 「PIN1コード■確認」画面が表示された場合 は、[PIN1コード]■欄にPIN1コードを入力して■[適用]■をクリックする PIN1 コードについて、詳しくは「暗証番号」
  • p. 55/107
    53 各種設定 設定ページの「設定情報」画面が表示されます。 「設定情報」画面で最新のバージョンがあると、W e b ページからのメッセージが表示されます。更新方法は 「ソフトウェアを更新する」(→ P88)を参照して ください。 お知らせ • セキュリティを確保するため、ログインパスワード の初期設定を変更することをお勧めします。詳しくは「 ロ グ イ ン パ ス ワ ー ド を 変 更 す る 」( → P68)を参照してください。 設定ページの画面について a トップメニュー メニュー項目をクリックして設定ページを切り替えます。
  • p. 56/107
    54 各種設定 d 設定を変更するときにクリックします。 e 「設定情報」画面の表示内容を更新するときにクリック します。 端末の接続状態や設定状態を 確認する a トップメニューの■[設定情報]■をクリックする 「設定情報」画面が表示されます。 • [情報更新]をクリックして情報を更新することが できます。 ネットワーク (3G/■LTE) ※ :接続中の帯域(Band)が表示されます。 ネットワーク名 ※ :接続中のネットワーク名が表示されま す。 FOMA/Xi電波受信レベル ※ :現在の受信レベルが表示されます。
  • p. 57/107
    55 各種設定 無線LANの設定をする お知らせ • 無線LANを海外で利用する場合は、その国の使用可能 周波数、法規制などの条件を確認の上、ご利用ください。 無線LANの基本機能を設定する a トップメニューの■[無線LAN設定]■をクリックする b サブメニューの■[基本設定]■をクリックする c 設定画面で各項目を設定する SSID(初期設定:L04D_XXXXXXXX)無線 LAN のネットワーク名(SSID)を設定します。半角英数字、 「-(ハイフン)」、 「_(アンダーバー)」で、 最大 32
  • p. 58/107
    56 各種設定 無線LAN■auto■off機能を設定する a トップメニューの■[無線LAN設定]■をクリックする b サブメニューの■[無線LAN■auto■off]■をクリックする c 設定画面で各項目を設定する 無線LAN■auto■off(初期設定:使用する)クライアントの接続が一定時間以上ない場合に自動的に無線 L A N 機能をオフにして、省電力モードにするかどうかを選択します。• 使用する:オフにする• 使用しない:オフにしない ■ ■ 使用するとき 無線LAN切断時間(分)(初期設定:10)無線
  • p. 59/107
    57 各種設定 無線LANのセキュリティモードを■ 設定する a トップメニューの■[無線LAN設定]■をクリックする b サブメニューの■[無線LANセキュリティ ]■をクリックする c 設定画面で各項目を設定する 無線LANセキュリティモード(初期設定:WPA2-PSK)無線 LAN のセキュリティモードを選択します。• Open• WEP• WPA-PSK• WPA2-PSK• WPA/WPA2-PSK mixedセキュリティモードの設定によって、以下の設定項目が異なります。 ■ ■ Open設定時クライアント数制限(初期設定:1)接続できる端末数が表示されます(変更できません)。
  • p. 60/107
    58 各種設定 WPA共有キー(初期設定:XXXXXXXX)WPA のセキュリティキーを入力します。半角英数字で、8 ~ 64 文字のキーを入力できます。64 文字のキーの場合には、16 進数(0 ~ 9、A ~ F)で入力します。クライアント数制限(初期設定:10)接続できる端末数を選択します。 ■ ■ WPA2-PSK設定時暗号方式(初期設定:AES)暗号化方式を選択します。• AES• TKIPWPA2共有キー(初期設定:→P41)WPA2 のセキュリティキーを入力します。半角英数字で、8 ~ 64
  • p. 61/107
    59 各種設定 ■ ■ 使用するとき WPS方式(初期設定:プッシュボタン)WPS 機能の方式を選択します。• Enable only:端末の WPS ボタン押した後に、 WPS 方式での接続をする場合([ 適用 ] ボタンを押下しても、WPS 機能は動作しません) • プッシュボタン:WPS ボタンを使用する場合、ま たは、[ 適用 ] ボタンをクリックし、WPS 方式で接続を行う場合 • WPS PIN:WPS 用の PIN コード(数字 8 桁)を 入力して接続を行う場合 WPS■PIN指定されている
  • p. 62/107
    60 各種設定 ■ ■ 許可または拒否設定時 MACアドレスの入力欄が表示されます。指定する端末の MAC アドレスを入力します。最大 10 個の MAC アドレスを指定できます。 d [適用]■をクリックして設定内容を保存する DHCP機能を設定する a トップメニューの■[無線LAN設定]■をクリックする b サブメニューの■[DHCP]■をクリックする c 設定画面で各項目を設定する IPアドレス(初期設定:192.168.2.1)本端末のプライベート IP アドレスを設定します。サブネットマスク(初期設定:255.255.255.0)LAN
  • p. 63/107
    61 各種設定 接続クライアントを確認する a トップメニューの■[無線LAN設定]■をクリックする b サブメニューの■[接続クライアント]■をクリックする c 接続クライアントの情報が表示される • [情報更新]をクリックして情報を更新することが できます。 d 接続を解除する場合は、「切断」欄の ■をクリックする UPnP機能を設定する U P n P機能を利用するアプリケーションなどを使用する場合は、U P n P機能を「使用する」に設定してください。 a トップメニューの■[無線LAN設定]■をクリックする
  • p. 64/107
    62 各種設定 ネットワークを設定する 接続先を選択する 接続先のネットワークを指定することができます。 • 日本国内では、この機能は利用できません。 a トップメニューの■[ネットワーク設定]■をクリックする b サブメニューの■[ネットワーク検索]■をクリックする c 設定画面で各項目を設定する モード(初期設定:自動)接続先を指定するかどうかを選択します。• 自動:接続できる接続先が自動的に選択されます。• 手動:接続先を指定する場合に選択します。[ 適用 ] をクリックすると接続できる接続先が検索され、[オペレータリスト
  • p. 65/107
    63 各種設定 接続先の設定を登録する 接続先設定の登録、編集、削除を行います。最大10■個までの接続先を登録できます。 • お買い上げ時には、あらかじめmopera Uに接続するた めの設定が登録されており、削除することはできません。mopera Uをご利用になる場合は、以下の設定は不要です。 a トップメニューの■[ネットワーク設定]■をクリックする b サブメニューの■[プロファイル]■をクリックする c 新しい接続先を登録する場合は、[新規作成]■をクリックする ■ ■ 既存の接続先を編集する場合
  • p. 66/107
    64 各種設定 認証方式(初期設定:CHAP)接続先の認証方法を選択します。• None• PAP• CHAP e 新しい接続先を登録する場合は、[保存]をクリックする f [適用]をクリックして設定内容を保存する 本端末を暗証番号で保護する この機能を設定すると、ネットワーク通信がロックされ、設定ページへのログイン時に暗証番号(P I N1コード)の入力が要求されます。 a トップメニューの■[ネットワーク設定]■をクリックする b サブメニューの■[PIN1ロック]■をクリックする c 設定画面で各項目を設定する
  • p. 67/107
    65 各種設定 ■ ■ PINコードの入力を無効にするときPIN1コード入力(設定解除)ドコモ miniUIM カードの PIN1 コードを入力します。 ■ ■ PIN1コードの入力を有効にするときPIN1コード入力(設定する)ドコモ miniUIM カードの PIN1 コードを入力します。 d [適用]■をクリックする e 「設定する」に設定したときは、電源ボタン を約2秒以上押して本端末の電源を切り、再度電源を入れる PIN1 ロックを解除する P I N1コードの入力を3回連続して間違えると、ロックされて使えなくなります。この場合は「P
  • p. 68/107
    66 各種設定 旧PIN1コードドコモ miniUIM カードに設定されている PIN1 コードを入力します。新PIN1コード新しく設定する PIN1 コードを入力します。新PIN1コード(確認)確認のため、[ 新 PIN1 コード ] と同じ PIN1 コードを入力します。 d [適用]■をクリックする PIN1 コードが変更されます。 データ通信量を表示する 通信に使用されたデータ容量が表示されます。海外でのデータ通信量は加算されません。また、海外ローミング地域ではデータ通信量は表示されません。 a
  • p. 69/107
    67 各種設定 d [適用]をクリックして設定内容を保存する セキュリティ機能を設定する ファイアウォール機能を利用する ファイアウォール機能を利用して、インターネットからの不正なアクセスを防止することができます。また、IPフィルタを設定することができます。 a トップメニューの■[セキュリティ設定]■をクリックする b サブメニューの■[ファイアウォール]■をクリックする c 設定画面で各項目を設定する ファイアウォール(初期設定:使用しない)ファイアウォール機能を有効にするかどうかを設定します。•
  • p. 70/107
    68 各種設定 WAN側からのPingを破棄する WAN側からアクセスするPing要求を破棄して応答しないようにすることで、本端末やL A N側端末のI P情報の漏えいを防止することができます。 a トップメニューの■[セキュリティ設定]■をクリックする b サブメニューの■[WAN■Pingブロック]■をクリックする c 設定画面で各項目を設定する WAN■Pingブロック(初期設定:使用しない)W A N P i n g ブロック機能を有効にするかどうかを設定します。• 使用する:WAN Ping
  • p. 71/107
    69 各種設定 旧パスワード現在設定されているパスワードを入力します。新パスワード新しく設定するパスワードを入力します。新パスワード(確認)確認のため、[ 新パスワード ] と同じパスワードを入力します。 d [適用]■をクリックする 「パスワードが変更されました。」というメッセージが 表示されます。 e [OK]■をクリックする 設定データのバックアップ/復元 設定ページのすべての設定データを、設定ページを開いているパソコンに保存することができます。また、保存した設定データを本端末に読み込むことができます。
  • p. 72/107
    70 各種設定 設定を初期化する 設定ページのすべての設定内容を、お買い上げ時の状態に初期化することができます。ただし、ディスプレイに表示されるデータ通信量はリセットされません。データ通信量をリセットする方法は、「データ通信量を表示する」(→P66)を参照してください。 • 本端末のボタン操作で初期化することもできます。詳し くは「本端末をリセットする」(→ P89)を参照してください。 a トップメニューの■[システム設定]■をクリックする b サブメニューの■[リセット]■をクリックする c [リセット]■をクリックする
  • p. 73/107
    71 各種設定 ■ ■ ON設定時 ログインすると、毎回ソフトウェア更新確認のメッセージが表示されます。メッセージを表示させないようにするには、「OFF」に設定してください。 ■ ■ OFF設定時 [今すぐチェック]をクリックすると更新ファイルの 有無が確認され、新しい更新ファイルがある場合にはメッセージが表示されます。更 新 方 法 に つ い て は、「 ソ フ ト ウ ェ ア 更 新 」 (→ P86)を参照してください。 d ソフトウェア更新の設定を変更したときは、[適用]■をクリックする 問い合わせ先を表示する
  • p. 74/107
    72 海外利用 海外利用 国際ローミング(WORLD WING)の概要 国際ローミング(WORLD■WING)とは、日本国内で使用している本端末をドコモと提携している海外通信事業者のサービスエリアで利用いただけるサービスです。 ■ ■ 対応エリアについて 本端末は 3G ネットワークのサービスエリアでご利用いただけます。また、3G850MHz に対応した国・地域でもご利用いただけます。GPRS エリアではご利用いただけません。ご利用可能エリアをご確認ください。 • 海外で本端末をご利用いただく前に、以下を合わせて
  • p. 75/107
    73 海外利用 海外でご利用になる前の確認 STEP1:出発前の準備についてSTEP2:滞在先での利用についてSTEP3:帰国後の設定について 出発前の準備について ■ ■ ご契約について • 「WORLD WING」は通常ご契約時にあわせてお申込 みいただいておりますが、My docomo、ドコモショップまたは本書裏面の総合お問い合わせ先でご確認ください。 • 「WORLD WING」を契約したドコモ miniUIM カー ドを本端末に取り付けておく必要があります。 ■ ■ 充電について • 海外でのご利用は日本よりも電池を多く消耗する場
  • p. 76/107
    74 海外利用 • 手動で設定した事業者のサービスエリア外に移動し た場合は「設定ページで接続先の設定が必要です」と表示されます。サービスを再利用するためには、 「ネッ トワーク検索」で接続可能な他の事業者を検索して選択するか、設定している事業者のサービスエリアに移動する必要があります。 ■ ■ 画面表示について ネットワーク接続時は、現在接続している事業者の情報が表示されます。 お知らせ • 無線 L A N を利用する場合は、その国の使用可能周 波数、法規制などの条件を確認の上、必要に応じて無線 L
  • p. 77/107
    75 海外利用 通信事業者の検索方法と接続先を 設定する 滞在先で利用できるネットワーク(通信事業者)を手動で設定してください(海外利用時のみ手動での設定が可能)。設定ページにログインし、ネットワーク関連の設定ができます。 a 設定ページにログインする 詳しくは、「設定ページ(L-04D Connection Manager)にログインする」(→ P51)を参照してください。 b トップメニューの■[ネットワーク設定]■をクリックする c サブメニューの■[ネットワーク検索]■をクリックし、各項目を設定する
  • p. 78/107
    76 付録/困ったときには 付録/困ったときには オプション・関連機器のご紹介 本端末にさまざまな別売りのオプション機器を組み合わせることで、パーソナルからビジネスまでさらに幅広い用途に対応できます。なお、地域によってはお取り扱いしていない商品もあります。詳しくは、ドコモショップなど窓口へお問い合わせください。また、オプションの詳細については、各機器の取扱説明書などをご覧ください。 • リアカバー L31• 電池パック L17• AC アダプタ L02• USB 接続ケーブル L01• USB 接続ケーブル
  • p. 79/107
    77 付録/困ったときには • 使用目的以外のご使用はお避けください。• 小さなお子様の手の届かない場所に保管してくださ い。 • 誤飲などに十分ご注意ください。 ■ ■ 主な仕様 材質:サテンスエード、ポリエステルサイズ(H × W × D):約 110mm ×約 70mm × 約 13mm 故障かな?と思ったら まずはじめに、ソフトウェアを更新する必要があるかをチェックして、必要な場合にはソフトウェアを更新してください(→P86「ソフトウェア更新」)。気になる症状のチェック項目を確認しても症状が改善されないときは、本書裏面の「故障お問い合わせ先」または、ドコモ指定の故障取扱窓口までお気軽にご相談ください。
  • p. 80/107
    78 付録/困ったときには ■ ■ 電源、充電に関するトラブル 症■■■状 チェックする箇所 電源が入らない 電池パックが正しく取り付けられてい ますか。(→ P27)電池切れになっていませんか。 (→ P23、P32、P37) 充電ができない 次のことをご確認ください。 (→ P27、P32、P37) • 電池パックが正しく取り付けられて いますか。 • アダプタの電源プラグがコンセント に正しく差し込まれていますか。 • AC アダプタと本端末が正しくセッ トされていますか。 • AC アダプタをご使用の場合、AC
  • p. 81/107
    79 付録/困ったときには 症■■■状 チェックする箇所 ドコモminiUIMカードが認識しない ドコモ miniUIM カードを正しい向きで挿入していますか。(→ P24) ■ ■ 本端末が認識されない 症■■■状 チェックする箇所 microUSBケーブルで接続したパソコンが本端末を認識しない 本端末が、microUSB ケーブルで正しくパソコンに接続されているかどうかを確認してください。microUSB ケーブルをパソコンから一度取り外し、パソコンを再起動してから、再度接続してください。L-04D
  • p. 82/107
    80 付録/困ったときには ■ ■ 無線LANのトラブル 症■■■状 チェックする箇所 無線 LAN 端末を接続できない 本端末と無線 LAN 端末の無線 LAN 機能がオンになっているかを確認してください。 無線 LAN 端末に正しいセキュリティキーが設定されているかを確認してください。 (→ P40) 本端末に設定したセキュリティキーを忘れた場合には、 「無線 LAN のセキュリティ モードを設定する」(→ P57)を参照してセキュリティキーを設定し直し、再度接続の操作を行ってください。 症■■■状
  • p. 83/107
    81 付録/困ったときには 症■■■状 チェックする箇所 無線 LAN 端末を接続できない ■ ■ セキュリティモードがWEP(Mac■OS■ 10.7の場合)の例 [アップル]メニュー→[システム環境 設定]→[ネットワーク]→画面左側の[Wi-Fi]を選択→[ネットワーク環境]で[ネットワーク環境を編集]→[+]→[名称未設定]に任意の名称を入力→[完了]→[メニューバーに Wi-Fi の状況を表示]にチェック→[詳細]→画面上部のタブで[Wi-Fi]を選択→[+]→ネットワーク名を入力→[セキュリティ]で[WEP]を選択→[パスワード]に本端末に設定されている
  • p. 84/107
    82 付録/困ったときには 症■■■状 チェックする箇所 本端末のディスプレイに未接続アイコンが表示されている状態ではインターネット接続できません。• Wi-Fi ボタンを 2 秒間長押しして、 Wi-Fi 機能を ON にしてください。 • L-04D Connection Manager のトッ プメニュー u 「ネットワーク設定」 u 「プロファイル」を開き、設定が間違っ ていないか確認してください。 ■ ■ 海外利用に関するトラブル 症■■■状 チェックする箇所 海外で通信できない (アンテナ
  • p. 85/107
    83 付録/困ったときには ■ ■ その他トラブル 症■■■状 チェックする箇所 急に動作しなくなった 本端末にドコモ miniUIM カードを正しく挿入していますか。(→ P24) 急にインターネットの速度が遅くなる LTE/W-CDMA/HSDPA/HSUPA のサービス環境が不安定な地域では速度が遅くなることがあります。他の場所に移動して再度接続してください。 Windows XP で通信を行う場合、パソコンの通信設定を最適化する必要があります。microUSB ケーブルで本端末とパソコンを接続してドライバをインストールしてください。その際、「W-TCP
  • p. 86/107
    84 付録/困ったときには エラーメッセージ 説 明 PIN ロック解除コードの入力を 10 回間違えたため、L-04D がロックされました。ドコモの窓口までお問合せください。 PIN ロック解除コードの入力に 10 回失敗したため、ドコモminiUIM カードがロックされました。ドコモの窓口までお問い合わせください。 保証とアフターサービス 保証について • 本端末をお買い上げいただくと、保証書が付いています ので、必ずお受け取りください。記載内容および「販売店名・お買い上げ日」などの記載事項をお確かめの上、大切に保管してください。必要事項が記載されていない場合は、すぐにお買い上げいただいた販売店へお申し付けください。無料保証期間は、お買い上げ日より
  • p. 87/107
    85 付録/困ったときには お問い合わせの結果、修理が必要な場合 ドコモ指定の故障取扱窓口にご持参いただきます。ただし、故障取扱窓口の営業時間内の受付となります。また、ご来店時には必ず保証書をご持参ください。なお、故障の状態によっては修理に日数がかかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。 ■ ■ 保証期間内は • 保証書の規定に基づき無料で修理を行います。• 故障修理を実施の際は、必ず保証書をお持ちくださ い。保証期間内であっても保証書の提示がないもの、お客様のお取り扱い不良(ディスプレイ・コネクタなどの破損)による故障・損傷などは有料修理となります。
  • p. 88/107
    86 付録/困ったときには • 本端末に貼付されている銘版シールは、はがさないでく ださい。銘版シールには、技術基準を満たす証明書の役割があり、銘版シールが故意にはがされたり、貼り替えられた場合など、銘版シールの内容が確認できないときは、技術基準適合の判断ができないため、故障修理をお受けできない場合がありますので、ご注意願います。 • 各種機能の設定などの情報は、本端末の故障・修理やそ の他お取り扱いによってクリア(リセット)される場合があります。お手数をおかけしますが、この場合は再度設定を行ってくださるようお願いいたします。
  • p. 89/107
    87 付録/困ったときには ご利用にあたって • ソフトウェア更新中は電池パックを外さないでくださ い。更新に失敗することがあります。 • ソフトウェア更新を行う際は、電池をフル充電しておい てください。 • 以下の場合はソフトウェアを更新できません。 - 通信中 - ドコモ miniUIM カードが未挿入のとき - 電池がフル充電されていないとき - 「圏外」が表示されているとき - 電源が入っていないとき • ソフトウェア更新(ダウンロード、書換え)には時間が かかることがあります。 • ソフトウェア更新中は、通信機能および、その他機能を
  • p. 90/107
    88 付録/困ったときには c サブメニューの[バージョン]をクリックする d [最新ソフトウェア自動確認]にチェック方 法を設定する • O N:更新チェックが自動で行われるようになりま す。更新データがある場合には、パソコンの画面上に更新を知らせるメッセージが表示されます。 • OFF:更新チェックを手動で行うことができます。 [ 今すぐチェック ] をクリックして、更新チェックを行います。 更新データがある場合には、パソコンの画面上に更新を知らせるメッセージが表示されます。 e [適用]をクリックする
  • p. 91/107
    89 付録/困ったときには c [ソフトウェア更新開始]■をクリックする ソフトウェアのダウンロードが開始され、ソフトウェア更新が行われます。 d ソフトウェア更新が完了したら、[終了]をクリックする e [はい]をクリックする 次の画面で「お使いの端末は最新のバージョンのためソフトウェア更新の必要はありません。」と表示されることを確認してください。 本端末をリセットする 本端末をリセットしてお買い上げ時の状態に戻すには、以下の操作を行います。ただし、ディスプレイに表示されるデータ通信量はリセットされません。データ通信量をリセットする方法は、「データ通信量を表示する」(→P66)を参照してください。
  • p. 92/107
    90 付録/困ったときには 主な仕様 ■ ■ 本体 品名 L-04D サイズ(H × W × D) 約 90mm ×約 62mm ×約 12.6(最厚部約 12.9)mm 質量 約 89g(電池パック装着時) 連続通信時間 LTE 約 4 時間 3G(HSDPA/HSUPA、W-CDMA) 約 5 時間 連続待受時間 LTE 約 160 時間 3G(HSDPA/HSUPA、W-CDMA) 約 320 時間 充電時間 AC アダプタ:約 200 分USB:約 270 分 画面部分 方式 有機 EL サイズ
  • p. 93/107
    91 付録/困ったときには • 連続通信時間とは、電波を正常に送受信できる状態で通 信に使用できる時間の目安です。 • 連続待受時間とは、電波を正常に受信できる状態で移動 したときの時間の目安です。なお、電池の充電状態、機能設定状況、気温などの使用環境、利用場所の電波状態 (電波が届かないか、弱い場所など)などにより、待受 時間は約半分程度になることがあります。 • データ通信を行うと通信・待受時間は短くなります。• 充電時間は、本端末の電源を切って、電池パックが空の 状態から充電したときの目安です。本端末の電源を入れて充電した場合、充電時間は長くなります。
  • p. 94/107
    92 付録/困ったときには cm■must■be■maintained■from■the■user's■body.While■there■may■be■differences■between■the■SAR*■levels■of■various■wireless■portable■devices■and■at■various■positions,■they■all■meet***■the■EU■requirements■for■RF■exposure. * The exposure standard for
  • p. 95/107
    93 付録/困ったときには FCC■Regulations Statement This■equipment■has■been■tested■and■found■to■comply■with■the■limits■for■a■class■B■digital■device,■pursuant■to■Part■15■of■the■FCC■Rules.■These■limits■are■designed■to■provide■reasonable■protection■against■harmful■interference■in■a■residential■installation.■This■equipment■generates■uses■and■can■radiate■radio■frequency■energy■and,■if■not■installed■and■used■in■accordance■with■the■instructions,■may■cause■harmful■interference■to■radio■communications.■However,■there■is■no■guarantee■that■interference■will■not■occur■in■a■particular■installation.■If■this■equipment■does■cause■harmful■interference■or■television■reception,■which■can■be■determined■by■turning■the■equipment■off■and■on,■the■user■is■encouraged■to■try■to■correct■the■interference■by■one■or■more■of■the■following■measures:
  • p. 96/107
    94 付録/困ったときには Consumer Information on SAR (Specific Absorption Rate) THIS■DEVICE■MEETS■THE■GOVERNMENT'S■REQUIREMENTS■FOR■EXPOSURE■TO■RADIO■WAVES.Your■wireless■device■is■a■radio■transmitter■and■receiver.■It■is■designed■and■manufactured■not■to■exceed■the■emission■limits■for■exposure■to■radiofrequency■(RF)■energy■set■by■the■Federal■Communications■Commission■of■the■U.S.■Government.■These■limits■are■part■of■comprehensive■guidelines■and■establish■permitted■levels■of■RF■energy■for■the■general■population.■The■guidelines■are■based■on■standards■that■were■developed■by■independent■scientific■organizations■through■periodic■and■thorough■evaluation■of■scientific■studies.The■standards■include■a■substantial■safety■margin■designed■to■assure■the■safety■of■all■persons,■regardless■of■age■and■health.■The■exposure■standard■for■wireless■devices■employs■a■unit■of■measurement■known■as■the■Specific■Absorption■Rate,■or■SAR.■The■SAR■limit■set■by■the■FCC■is■1.6W/kg.■
  • p. 97/107
    95 付録/困ったときには 知的財産権 著作権・肖像権について お客様が本製品を利用してインターネット上のホームページからのダウンロードなどにより取得した文章、画像、音楽、ソフトウェアなど第三者が著作権を有するコンテンツは、私的使用目的の複製や引用など著作権法上認められた場合を除き、著作権者に無断で複製、改変、公衆送信などをすることはできません。 商標について • 「FOMA」「i モード」「i アプリ」「mopera U」「WORLD WING」「Xi /クロッシィ」および「Xi」ロゴは NTT ドコモの商標または登録商標です。
  • p. 98/107
    96 索引 索引 ア 暗証番号……………………………………………… 26 PIN1 コード………………………………………… 26PIN ロック解除コード……………………………… 26 オプション・関連機器のご紹介…………………… 76主な仕様……………………………………………… 90 カ 海外利用 海外通信事業者の検索…………………………… 75海外で利用する前の確認………………………… 73海外で利用できる通信サービス………………… 72国際ローミング(WORLD…WING)……………… 72 外部接続端子…………………………………………
  • p. 99/107
    97 索引 タ 知的財産権…………………………………………… 95ディスプレイ…………………………………… 21,…22電源ボタン…………………………………………… 21電源を入れる/切る………………………………… 33電池パック…………………………………………… 27 取り付けかた……………………………………… 28取り外しかた……………………………………… 29 問い合わせ先………………………………………… 71ドコモ miniUIM カード… …………………………… 24 暗証番号変更………………………………………
  • p. 100/107
    98 索引 英数字 CE… …………………………………………………… 92DHCP… ……………………………………………… 60European…Union…Directives…Conformance…Statement………………………… 92FCC…Regulations…………………………………… 93MAC アドレスフィルタリング……………………… 59microUSB ケーブル… ……………………………… 37 取り外しかた……………………………………… 38取り付けかた………………………………………
  • p. 101/107
    99 L-04D_UG_J.indb 99 2012/05/14 20:12:02
  • p. 102/107
    100 L-04D_UG_J.indb 100 2012/05/14 20:12:02
  • p. 103/107
    101 L-04D_UG_J.indb 101 2012/05/14 20:12:02
  • p. 104/107
    102 L-04D_UG_J.indb 102 2012/05/14 20:12:02
  • p. 105/107
    103 L-04D_UG_J.indb 103 2012/05/14 20:12:02
  • p. 106/107
    104 L-04D_UG_J.indb 104 2012/05/14 20:12:02
  • p. 107/107
    ご契約内容の確認・変更、各種サービスのお申込、各種資料請求をオンライン上で承っております。 パソコンから My■docomo■(http://www.mydocomo.com/)■u■各種お申込・お手続き ※ パソコンからご利用になる場合、「docomo ID /パスワード」が必要となります。 ※ 「docomo ID /パスワード」をお持ちでない方・お忘れの方は、本書裏面の「総合お問い合わせ先」にご相談ください。 ※ ご契約内容によってはご利用になれない場合があります。 ※ システムメンテナンスなどにより、ご利用になれない場合があります。
 
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.