取扱説明書とユーザーガイド - Monarch 9416 XL Avery Dennison

Monarch 9416 XL Avery Dennison の取扱説明書やユーザーガイドが1以上あります。

  • Avery Dennison Monarch 9416 XL (ページ: 24)

    目次
    • p. 1/24
      TC9416QRJA Rev. AD 10/09 ©2007 Avery Dennison Corp. All rights reserved. MONARCH® 9416® XL® クイック リファレンス このクイック リファレンスには、9416® XL® 感熱プリンタおよび 9416® XL® 熱転写プリンタのリボン取り付け、用紙取り付け、および一般的な手入れ、メンテナンス、およびトラブルシューティングの手順が説明されています。詳細については、装置マニュアルまたは弊社のウェブサイト ( www.monarch.com
    • p. 2/24
      2 通信ケーブルの接続 1. ケーブルを接続する前にプリンタの電源をオフにします。 2. プリンタの背面で、通信ケーブルをシリアル ポート (シリアル通信の場合) またはパラレル ポート (パラレル通信の場合) に接続します。 3. 接続ネジ (シリアル接続) またはスプリング クリップ (パラレル接続) でケーブルを固定します。 シリアル ポートで通信する場合は、プリンタの通信設定がホストと一致するこ とを確認してください。 工場出荷時のデフォルトは、 9600 ボー、パリティなし、8 ビット データ
    • p. 3/24
      3 表示ランプの説明 表示ランプで、プリンタの状態が表示されます。 表示ランプ 説明 緑 プリンタは使用可能です。 緑の点滅 プリンタは一時停止状態です。FEED ボタンを押して、プリンタ動作を再開してください。 赤の点滅 プリンタ エラー状態です。エラー状態および解決方法については、「トラブルシューティング」を参照してください。 オレンジ システムが用紙およびリボン (該当する場合) の状態を検出中です。 点灯なし プリンタは電源オフ状態です。電源が正しく接続されているか確認してください。 表示ランプ
    • p. 4/24
      4 リボンの取り付け 熱転写物に印刷するときは、リボンを使用します。 9416® プリンタは、プリンタの電源をオンにして熱転写印刷モードに切り替えたときは、リボンが取り付けられているかどうかを自動的に検出します。 プリンタの電源をオンにするときは、リボン ウィンドウおよびサ プライ ドアを必ず閉じてください。 1. リボン ウィンドウを押し下げて解除して、ウィンドウを上げます。 2. リボン巻き取りコアが巻き取りリール上にあるはずです。図示されているように、巻き取りコアをフロント ハブに取り付けます。
    • p. 5/24
      5 3. 新品のリボンのパッケージを開きます。この時、リボンに皺をつけたり破いたりしないように注意します 4. リボンをリボン リールに、それが停まるところまでスライドさせて取り付けます。 5. リボン リールをバック ハブに取り付けます。 6. ロールの底からリボンをはがして注意深く数インチ引き出します。 リボン リール上の リボン リボン リーダー バック ハブ 巻き取りコア
    • p. 6/24
      6 7. プリンタ前面に向かってリリース レバーを押して、サプライ ドアを開放します。 8. サプライ ドアを上げて開きます。プリンタ後方右側にある用紙ドア サポートによって、用紙ドアが開いたままになります。 9. リボンの端をプリントヘッドの下に通し、巻き取りコアに巻きます。 10. リボンの先端を巻き取りコアに貼り付けます。 11. リボン リーダーがしっかりと巻き取りコアに巻きつき、リボンの黒い部分が露出するまで、巻き取りコアを回します。 12. サプライ ドアをわずかに持ち上げて、サプライ ドア
    • p. 7/24
      7 非ピール モードでの給紙 このセクションでは、用紙を非ピール (連続) モードで供給する方法を説明します。感熱プリンタを使用している場合は (リボンは必要ありません)、必ず感熱用紙を使用してください。熱転写プリンタを使用している場合は (リボンが必要です)、必ず熱転写用紙を使用してください。 ブラック マーク/ダイ カット センサーを必ず用紙の種類に合わせて正しく設定してください。詳細は、「ブラック マーク/ダイ カット センサーの調整」を参照してください。 印刷中に用紙がなくなった場合は、再給紙するときにプリンタの電源を
    • p. 8/24
      8 4. 用紙ホルダー ガイドを用紙ホルダーの一方から取り外します (用紙ホルダーは、通常プリンタの内側に線で取り付けられており、下に示されているように自立しません。線を切断しないでください)。 5. 用紙ロールを用紙ホルダーに取り付けます。 用紙ロールのコア直径が1インチの場合は、用紙ガイド ホルダ ーから 1.5 インチの用紙コア アダプタを取り外します。 6. 用紙ホルダー ガイドを用紙ホルダーの端に戻します。1.5 インチ コアの用紙のために用紙コア アダプタを使用している場合は、用紙コア アダプタを必ず用紙の端に押し込みます。
    • p. 9/24
      9 7. 用紙ホルダーの端を用紙ロール マウントのスロットに挿入します。 重要な情報 用紙ホルダーとプリンタに付いているプラスチック ラインは、必ず押し込 んで、用紙ホルダーおよび用紙ホルダー ガイドの邪魔にならないようにし ます。押し込まない場合は、プラスチック ラインが用紙ホルダーに巻きつ くか、用紙ホルダー ガイドにはさまることがあります。 8. 用紙ガイドを一番広い位置に調節します。 D i a l 用紙ロール マウント ダイアルD i l
    • p. 10/24
      10 9. 感熱プリンタの場合は、用紙ガイドの下、プラテン ローラーの上に、印刷面を上にして用紙を送り込みます。 熱転写プリンタの場合は、白いローラーの下、用紙ガイドの下、プラテン ロー ラーの上に、印刷面を上にして用紙を送り込みます。 10. 用紙を用紙ガイドの下に押します。 11. 用紙ガイドを移動して、裏紙の端にわずかに触れるようにします。 白いローラー 用紙ガイド プラテン ローラーP l t R ll 熱転写プリンタ 用紙ガイド 感熱プリンタ
    • p. 11/24
      11 12. カバーまたは用紙ドアを閉じて、しっかりとロックさせます。 熱転写プリンタの場合は、用紙ドアをわずかに持ち上げて、用紙ドア サポート の下をプリンタ前面に向かって引くことで、用紙ドアを閉じます。用紙ドアを ゆっくりと閉じて、必ずしっかりとラッチします。 カバーまたは用紙ドアを完全に閉めなかった場合は、印刷品質が悪 くなることがあります。 13. FEED ボタンを押します。表示ランプが緑色になります。 14. 必要に応じて用紙を校正します。詳細は、「用紙の校正」を参照してください。
    • p. 12/24
      12 ピール モードでのラベル取り付け ピール モードでは、印刷中にラベルが裏紙から剥がされます。 1. プリンタ前面に向かってリリース レバーを押して、カバーまたは用紙ドアを開放します。 2. カバーまたは用紙ドアを上げて開きます。 熱転写プリンタの場合は、プリンタ後方右側にある用紙ドア サポートによって、 用紙ドアが開いたままになります。 3. プリンタの前面にあるピール ドアを引いて、ピール ローラーおよびピール バーが見えるようにします。 4. 用紙ホルダー ガイドを用紙ホルダーの一方から取り外します
    • p. 13/24
      13 6. 用紙ホルダー ガイドを用紙ホルダーの端に戻します。1.5 インチ コアの用紙のために用紙コア アダプタを使用している場合は、用紙コア アダプタを必ず用紙の端に押し込みます。 7. 用紙ホルダーの端を用紙ロール マウントのスロットに挿入します。 重要な情報 用紙ホルダーとプリンタに付いているプラスチック ラインは、必ず押し込 んで、用紙ホルダーおよび用紙ホルダー ガイドの邪魔にならないようにし ます。押し込まない場合は、プラスチック ラインが用紙ホルダーに巻きつ くか、用紙ホルダー ガイドにはさまることがあります。
    • p. 14/24
      14 14. ピール ドアを押して閉じ、カバーまたは用紙ドアを閉めて、しっかりロックさせます。 熱転写プリンタの場合は、用紙ドアをわずかに持ち上げて、用紙ドア サポート の下をプリンタ前面に向かって引くことで、用紙ドアを閉じます。用紙ドアを ゆっくりと閉じて、必ずしっかりとラッチします。 カバーまたは用紙ドアを完全に閉めなかった場合は、印刷品質 が悪くなることがあります。 15. FEED ボタンを押します。ラベルが裏紙から剥れます。剥がされたラベルを取り除き、次のラベルを印刷します。 6 インチを超える用紙を印刷するときは、剥れたラベルの先端
    • p. 15/24
      15 用紙の校正 1. プリンタをオフにします。 2. プリンタの電源がオンになる間、FEED ボタンを押し下げたままにします。 3. 用紙を校正するには、表示ランプがオレンジ色に点滅しはじめてから FEED ボタンを放します。プリンタが、ブラック マークまたはダイ カット センサーを校正し、ラベルの長さを測定し、テスト ラベルを印刷します。 リボンを校正するには (熱転写プリンタの場合のみ)、表示ランプが赤色に点滅 しはじめてから FEED ボタンを放します。プリンタがリボン センサーを構成 します。
    • p. 16/24
      16 ダイ カッ ト ブラック マーク 給紙 ブラック マーク/ダイ カット センサーの調整 プリンタには、ブラック マーク/ダイ カット センサーがあり、用紙を検知し正しく校正するために使用されます。ブラック マーク用紙には、裏側にセンス マーク (ブラック マーク) があります。ダイ カット用紙には、ブラック マークがありません。 ダイ カット用紙の場合は、センサーを 必ず爪の位置に合わせ、四角いレンズが プリンタの中の矢印に一致するようにします。 ブラック マーク用紙の場合は、必要に応じて、ブラック
    • p. 17/24
      17 印刷 印刷する前に、通信ケーブルでホストにプリンタが接続されていることを確認します。プリンタの通信設定は、ホストの設定に一致させる必要があります。 プリンタのデフォルト通信設定は、 9600 ボー、パリティなし、8 ビット データ フレーム、1 ストップ ビット、DTR フロー制御 (9600, N, 8, 1, DTR) です。 1. プリンタをオンにします。 2. フォーマットおよびバッチをダウンロードします。印刷ジョブのダウンロードの詳細については、『ポケット リファレンス マニュアル』を参照してください。プリンタが、ピール
    • p. 18/24
      18 注意 ラベルを取り除くために、尖った物を使用しないでください。プリントヘッ ドを損傷することがあります。 7. 用紙を再給紙します。 8. カバーまたは用紙ドアを閉じて、しっかりとロックさせます。 熱転写プリンタの場合は、用紙ドアをわずかに持ち上げて、用紙ドア サポート の下をプリンタ前面に向かって引くことで、用紙ドアを閉じます。用紙ドアを ゆっくりと閉じて、必ずしっかりとラッチします。 カバーまたは用紙ドアを完全に閉めなかった場合は、印刷品質 が悪くなることがあります。 9. FEED ボタンを押してエラーを消去します。表示ランプが緑色になります。
    • p. 19/24
      19 6. 新しい綿棒をイソプロピル アルコールで湿らせて、プラテン ローラーを横方向にこすります。 7. プラテン ローラーを指で回転させ、全周がきれいになったことを確認します。 8. 1 分間放置してプリントヘッドとプラテン ローラーを乾燥させてから、カバーまたは用紙ドアを閉じて、印刷を再開します。 熱転写プリンタの場合は、用紙ドアをわずかに持ち上げて、用紙ドア サポート の下をプリンタ前面に向かって引くことで、用紙ドアを閉じます。用紙ドアを ゆっくりと閉じて、必ずしっかりとラッチします。 カバーまたは用紙ドアを完全に閉めなかった場合は、印刷品質
    • p. 20/24
      20 トラブルシューティング 問題 解決方法 プリンタをオンにしたと きに、表示ランプがオフ になっています。 電源からプリンタおよび AC コンセントへの電源接続を 確認します。詳細は、「電源の接続」を参照してくださ い。 ホストからプリンタへのケーブル接続を確認します。 用紙が正しく給紙されていることを確認します。 プリントヘッドを清掃します。 表示ランプが緑色です が、プリンタが印刷しま せん。 カバーまたは給紙ドアが完全に閉まっていることを確認 します。 用紙を校正します。詳細は、「用紙の校正」を参照して
    • p. 21/24
      21 問題 解決方法 用紙が正しく給紙されていることを確認します。詳細 は、「用紙の給紙」を参照してください。 プリントヘッドを清掃します。 損傷または欠陥がないか、用紙およびリボン (熱転写プリ ンタの場合) を点検します。必要な場合は、用紙またはリ ボンを再取り付けします。 印刷が薄かったり、低品 質です。 印刷スピード/濃度 (コントラスト) を調整します。詳細 は、『ポケット リファレンス マニュアル』を参照してく ださい。 プリンタが用紙をかんでいることがあります。 用紙およびリボン (熱転写プリンタの場合)
    • p. 22/24
      22 テスト ラベルの印刷 1. プリンタをオフにします。 2. プリンタの電源がオンになる間、FEED ボタンを押し下げたままにします。 3. 状態ランプがオレンジ色に点滅した後で、FEED ボタンを放します。テスト ラベルが印刷されます。 最初のラベルには、パケット (A-F) によりプリンタの構成が表示されます。詳 細は、弊社の Web サイトからダウンロードできる『パケット リファレンス マ ニュアル』を参照してください。 2 番目のラベルには、モデル番号、ソフトウェアのバージョン、通信設定、速
    • p. 23/24
      23 感熱プリンタの仕様 高さ: 6.6" (168 mm) 幅: 8.3" (211 mm) 奥行き: 9.4" (239 mm) 重量: 4.1 ポンド (1.9 kg) (電源装置をのぞく) 出荷重量: 9 ポンド (4 kg) 電源: 米国: 120 VAC ± 10%, 60Hz 海外: 220 VAC ± 10%, 50Hz 動作範囲: 感熱動作: 40 ~ 105 F (4 ~ 40 C) 保管: 40 ~ 140 F (4 ~ 60 C) 相対湿度:
    • p. 24/24
      24 用紙の仕様 用紙タイプ: ラベル、タグ、または領収書用紙 用紙の幅: 0.75" (19 mm) (最小) 4.25" (108 mm) (最大) 用紙の長さ: 0.25" (6.3 mm) (最小) 10.0" (254 mm) (最大) (ピール用) 0.75" (19 mm) (最小) 10.0" (254 mm) (最大) 注記: 6 インチを超える用紙を印刷するときは、剥れたラベルの先端を支えます。 リボンの仕様: タイプ: 標準 コア直径:
 

© 2012–2018, manyuaru.com
All rights reserved.