取扱説明書とユーザーガイド - GSL 2 Bosch

GSL 2 Bosch の取扱説明書やユーザーガイドが1以上あります。

  • Bosch GSL 2 (ページ: 36)

    目次
    • p. 1/36
      ● 本取扱説明書に記載されている、 日本仕様の能力 ・ 型番などは、 外国語の印刷物とは異なる場合があります。● 本製品は改良のため、 予告なく仕様等を変更する場合があります。● 製品のカタログ請求、 その他ご不明な点がありましたら、 お買い求めになった販売店または弊社までお問い合わせください。 取扱説明書 このたびは、 弊社不陸レーザーレベルをお買い求めいただき、 誠にありがとうございます。● ご使用になる前に、 この 『取扱説明書』 をよくお読みになり、 正しくお 使いください。 ● お読みになった後は、
    • p. 2/36
      01 GSL2 目次 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 47 分 1 安全上のご注意 .............................. 2 警告表示の区分 ···································· 2 バッテリー工具全般についての注意事項 ·············· 2 不陸レーザーレベルについての注意事項 ·············· 9 リモコンについての注意事項 ························ 12 使用上のご注意
    • p. 3/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 2 ◆ 火災、感電、けがなどの事故を未然に防ぐため、次に述べる『安全上の ご注意』を必ず守ってください。 ◆ ご使用前に、この『安全上のご注意』すべてをよくお読みのうえ、指示 に従って正しく使用してください。 ◆ お読みになった後は、ご使用になる方がいつでも見られる所に必ず保管 してください。 ◆ 他の人に貸し出す場合は、一緒に取扱説明書もお渡しください。 警告表示の区分 ご使用上の注意事項は 、 、 に区分していますが、それ
    • p. 4/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 3 危 険 1. 専用のバッテリー以外を使用しないでください。 ◆ この取扱説明書に記載されているバッテリー以外は充電しないでくださ い。 ◆ 改造したバッテリー(分解して、セルなどの内蔵部品を交換したバッテリ ーを含む)を使用しないでください。 工具本体の性能や安全性を損なう恐れがあり、けがや故障、発煙、発火などの原因になります。 2. バッテリーを火中に投入したり、加熱したりしな いでください。 3. バッテリーにくぎを刺したり、衝撃を与えたりしないでくださ
    • p. 5/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 4 警 告 1. 正しく充電してください。 ◆ この充電器は、定格表示してある電源で使用してください。直流電源やエ ンジン発電機では、使用しないでください。 ◆ 温度が 0℃未満、または温度が 45℃以上ではバッテリーを充電しないでく ださい。 ◆ バッテリーは、換気の良い場所で充電してください。充電中、バッテリー や充電器を布などで覆わないでください。 ◆ 充電器を使用しない場合は、電源プラグを電源コンセントから抜いてくだ
    • p. 6/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 5 7. 次の場合は、バッテリー工具のスイッチを切り、バッテリーを 本体から抜いてください。 ◆ 使用しない、または修理する場合。 ◆ 刃物、ビットなどの付属品を交換する場合。 ◆ その他危険が予想される場合。 8. 不意な始動は避けてください。 ◆ スイッチに指を掛けて運ばないでください。 ◆ バッテリーを差し込む前にスイッチが切れていることを確認してくださ い。 9. 指定の付属品やアタッチメントを使用してください。
    • p. 7/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 6 注 意 1. 作業場は、いつもきれいに保ってください。 ちらかった場所や作業台は、事故の原因となります。 2. 子供を近づけないでください。 ◆ 作業者以外、バッテリー工具や充電器のコードに触れさせないでくださ い。 ◆ 作業者以外、作業場へ近づけないでください。 3. 使用しない場合は、きちんと保管してください。 ◆ 乾燥した場所で、子供の手の届かない安全な所、または鍵のかかる所に保 管してください。 ◆
    • p. 8/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 7 7. バッテリー工具は、注意深く手入れをしてください。 ◆ 安全に能率よく作業していただくために、刃物類は常に手入れをし、よく 切れる状態を保ってください。 ◆ 付属品の交換は、取扱説明書に従ってください。 ◆ 充電器のコードは定期的に点検し、損傷している場合は、お買い求めの販 売店、またはボッシュ電動工具サービスセンターに修理を依頼してください。 ◆ 延長コードを使用する場合は、定期的に点検し、損傷している場合には交
    • p. 9/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 8 12. 油断しないで十分注意して作業を行ってください。 ◆ バッテリー工具を使用する場合は、取り扱い方法、作 業の仕方、周りの状況など十分注意して慎重に作業してください。 ◆ 常識を働かせてください。 ◆ 疲れている場合は、使用しないでください。 13. 損傷した部品がないか点検してください。 ◆ 使用前に、保護カバーやその他の部品に損傷がないか 十分点検し、正常に作動するか、また所定機能を発揮するか確認してください。
    • p. 10/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 9 不陸レーザーレベルについての注意事項 バッテリー工具全般の『安全上のご注意』について、前項ではご説明しました。ここでは、不陸レーザーレベルをお使いになるうえで、さらに守っていただきたい注意事項についてご説明します。 本機はレーザー光を照射します。レーザー安全基準のクラス 3R に準拠していますが、以下に記載する内容には十分に注意してご使用ください。 警 告 1. レーザー光を直接のぞかないでください。 ◆
    • p. 11/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 10 7. 窓や鏡などの反射しやすい面からのレーザー光も避けてくだ さい。 反射したレーザー光が目に入ると、視力に影響を及ぼす場合があります。 8. 分解、改造は絶対にしないでください。 ◆ 故障、修理の場合は、必ずお買い求めの販売店、またはボッシュ電動工具 サービスセンターにお申しつけください。 9. 使用者にレーザー光による視力障害が疑われる場合は、速やか に医師の診断を受けてください。 10. 取扱説明書に記載された使用方法に従って使用してください。
    • p. 12/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 11 17. 誤って落としたり、ぶつけたりしたときは、本機に破損や亀裂、 変形がないことをよく確認してください。 18. 本機を湿気の多い場所や直射日光の当たる場所に、放置しない でください。 19. 使用しないときは、きちんと保管してください。子供の手の届 かない安全な場所に保管してください。 注 意 1. 使用前に、本機に損傷がないか点検してください。 ◆ 使用前に、本機に損傷がないか十分に点検し、正常に作動するか、また所
    • p. 13/36
      02 GSL2 安全上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 12 リモコンについての注意事項 警 告 1. 分解、改造は絶対にしないでください。 ◆ 故障、修理の場合は、必ずお買い求めの販売店、またはボッシュ電動工具 サービスセンターにお申しつけください。 2. 可燃性の液体やガスのある所、ほこりの多い所ではリモコンを 使用しないでください。 ◆ リモコン内部でスパークした場合、引火する恐れがあります。
    • p. 14/36
      03 GSL2 使用上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 13 注 意 1. -10℃~+50℃の環境で使用してください。 上記環境外では精度不良や、レーザー光が照射しない場合があります。 2. 次のような場所には置かないでください。 精度不良や故障の原因になります。 ・ 直射日光が当たるところや暖房器具の近くなど高温になるところ ・ 冬場の屋外など低温になるところ ・ ダッシュボード、トランク、荷台や直射日光下で窓を閉め切った車内 ・ 急激な温度変化のあるところ ・
    • p. 15/36
      03 GSL2 使用上のご注意 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 14 9. 点検は、必ずお買い求めの販売店、またはボッシュ電動工具サ ービスセンターにお申しつけください。 点検の知識や技術のない方が点検しますと、十分な性能を発揮しないだけでなく、事故やけがの原因になります。 この取扱説明書は、大切に保管してください。
    • p. 16/36
      04 GSL2 本製品について 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 15 用 途 ◆ 床面の水平確認(室内用) ◆ 床面の不陸(凹凸)確認(室内用) 各部の名称 ◆イラストの形状・詳細は、実物と異なる場合があります。
    • p. 17/36
      04 GSL2 本製品について 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 16 ◆イラストの形状・詳細は、実物と異なる場合があります。
    • p. 18/36
      04 GSL2 本製品について 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 17 仕 様 本 体 品 番 GSL2 レーザー 630-670nm.<5m W クラス 3R 使用可能距離範囲 ターゲットプレート未使用時 0.5m~10m * ターゲットプレート使用時 0.5m~20m * 精 度 ±0.3mm/m 自動補正範囲 ±4° 標準補正時間 5 秒以下 使用可能温度範囲 -10℃~+50℃ 保管可能温度範囲 -20℃~+70℃ 最大相対湿度 90% 電 源 単 3 アルカリ乾電池
    • p. 19/36
      04 GSL2 本製品について 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 48 分 18 標準付属品 ターゲットプレート リモコン レーザー用メガネ キャリングケース ◆イラストの形状・詳細は、実物と異なる場合があります。
    • p. 20/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 19 作業前の準備をする ◆ 電池やバッテリーを取り付けたり、取り外したりするときは、 「電源スイッチ⑧」が“切”になっていることを確認してください。 本体の電池取り付け・取り外し 取り付け 1. 「電源スイッチ⑧」が“切”になっていることを確認します。 2. 本体の高さがいちばん低い状態にな っているか確認します。 低くなっていない場合は、高さ調節ダイヤル⑦を回して、いちばん低い状態にしてください。 3. 電池収納カバーロック⑤を矢印の方
    • p. 21/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 20 5. 電池収納カバー⑥を閉めます。 6. 電池収納カバー⑥が確実に閉まっているか、確認します。 電池を交換するときは、必ずすべての電池を交換してください。異なったメー カーの電池を同時に使用したり、アルカリ乾電池と充電式ニッケル水素電池を 同時に使用したりしないでください。 長期間使用しない場合は、本体から電池を取り外してください。長期間、電池 を入れたまま使用しないと、電池が腐食、放電することがあります。 バッテリーを使用する
    • p. 22/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 21 リモコンの電池取り付け・取り外し 取り付け 電池はアルカリ乾電池を使用してください。 1. 電池収納カバーの 部分を押しなが ら、電池収納カバーを矢印の方向にスライドさせて、取り外します。 2. プラス(+)極・マイナス(-)極の向 きを電池収納部内のイラストに合わせて、電池をセットします。 3. 電池収納カバーをリモコン本体の溝 に合わせてスライドさせ、電池収納カバーのツメをリモコン本体の凹部にカチッと音がするまで押し込みます。
    • p. 23/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 22 取り外し 1. 電池収納カバーの 部分を押しなが ら、電池収納カバーを矢印の方向にスライドさせて、電池収納カバーを取り外します。 2. 電池を取り外します。 3. 電池収納カバーをリモコン本体の溝 に合わせてスライドさせ、電池収納カバーのツメをリモコン本体の凹部にカチッと音がするまで押し込みます。
    • p. 24/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 23 作業する ◆ レーザー光照射口①を直接のぞかないでください。 ◆ レーザー光照射口①が他人や動物、自分に向いていないことを 確かめて、本機を設置してください。 ◆ 本体の電源を入れたまま放置しないでください。 ◆ 使用後は、必ず電源を切ってください。 ◆ 本体に水をかけたり、直射日光を当てたりしないでください。 ◆ 本機を極度に温度の高いまたは低い場所や急激な温度変化のあ る場所では使用しないでください。 ◆ 本機に衝撃を与えたり、落としたりしないでください。
    • p. 25/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 24 電源を入れる ◆ レーザー光が目に入らないよ うに、レーザー光照射口①の向きに注意して電源を入れてください。 電源の“入” “切” 入: 「電源スイッチ⑧」を本体後方(バッテ リー残量表示④側)にスライドさせる 電源を入れると、レーザー光が×形 に2本照射され、水平を自動補正し ます。 切: 「電源スイッチ⑧」を本体前方(レーザ ー光照射口①側)にスライドさせる 約 30 分本体を移動しない、またはリ モコン操作をしないと自動的にレー
    • p. 26/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 25 本体が 4°以上傾斜していると、レーザー光が点滅します。 レーザー光が点滅している場合は、本体を水平な面に置き直してください。 電源を入れると、バッテリー残量表示④が点灯します。バッテリー残量表示④ の点灯状況で電池やバッテリーの残量が確認できます。 バッテリー残量表示 バッテリー容量 3 つ点灯 2/3 以上 2 つ点灯 1/3 以上 1 つ点灯 1/3 未満 1 つ点滅 要電池交換または要充電
    • p. 27/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 26 ヘッド部と高さ調節ダイヤル⑦の向きを確認する 図のように、高さ調節ダイヤル⑦の側に、ヘッド部のバッテリー残量表示④側が来ているようにしてください。 レーザー光照射口①と高さ調節ダイヤル ⑦が同じ向きになっていると、高さを調節 するときにレーザー光が目に入る恐れが あります。 図の向きになっていないときはリモコンでヘッド部を回転させ、向きを調節してください。 (ヘッドの回転は、31 ページ「リモコンを操作する」参照)
    • p. 28/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 27 ヘッド部の高さを調節する レーザー光照射口①から照射されている2本のレーザー光が基準点で1本になるようにヘッド部の高さを調節します。 基準点は、最初にレーザー光を視認できる個所(本体から約 50cm 離れた床面)です。 ヘッド部を高くする:高さ調節ダイヤル⑦を時計方向に回す ヘッド部を低くする:高さ調節ダイヤル⑦を反時計方向に回す 本体を置いた場所と基準点の高低差が大きいと、ヘッドの高さを調節しても2 本のレーザー光が重なりません。基準点との高低差が小さい場所を選び、本体
    • p. 29/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 28 測定する レーザー用メガネを使用すると周りの光を遮り、レーザーの赤い光がより明る く見えます。 2本のレーザー光は、測定したい床面が基準点と同じ高さかどうかを示します。 2本のレーザー光が正確に一致し、1本に見える場合は、基準点と同じ高さです。 2本のレーザー光が離れて見える場合や遮られている場合は、基準点と高低差があります。 2本のレーザー光が床面上一定の角度で広がっている場合は、床面が傾斜しています。 高低差を測る
    • p. 30/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 29 2. 照射されている左側のレーザー光が ターゲットプレート⑨の左基準線と一致するようにターゲットプレート⑨を動かします。 3. ターゲットプレート⑨のプレート部 を上下に動かし、ターゲットポイント⑩を測定したい場所に突き当てます。 4. ターゲットプレート⑨に照射されている右側のレーザー光の位置で高 低差を読み取ります。 床に凸凹や高低差がない → 左右のレーザー光がターゲットプレート ⑨の基準線に合っている
    • p. 31/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 30 床がへこんでいる →右のレーザー光がターゲットプレート⑨の右基準線より内側に入っている。 床が盛り上がっている →右のレーザー光がターゲットプレート⑨の右基準線より外側に出ている。
    • p. 32/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 31 リモコンを操作する ◆ ヘッド部は 360°回転します。レーザー光が目に入らないよ うに注意してください。また、回転範囲内に、他人や動物が居ないことを確認してください。 ◆ リモコンに水をかけたり、直射日光を当てたりしないでくだ さい。 ◆ 極度に温度の高いまたは低い環境、極度に温度変化のある場 所ではリモコンを使用しないでください。 床面を全体的に測定するとき、リモコンを使用してヘッド部を回転させます。 リモコンからの信号は、本体正面または上部からリモコン受信部③に届きます。
    • p. 33/36
      05 GSL2 使い方 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 32 ⑮時計方向回転コマ送りボタン 押している間だけ、ヘッド部が時計方向にゆっくり回転します。 ⑯時計方向回転ボタン 押すと、ヘッド部が時計方向に回転します。 もう一度押すと回転が止まります。 ⑰時計方向回転早送りボタン 押すと、ヘッド部が時計方向に早く回転します。 もう一度押すと回転が止まります。 電源を切る 「電源スイッチ⑧」を本体前方(レーザー光照射口①側)にスライドさせて電源を切ります。 ヘッド部の高さを低くする
    • p. 34/36
      06 GSL2 困ったときは 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 33 故障かな?と思ったら ① 『取扱説明書』を読み直し、使い方に誤りがないか確かめます。 ② 充電については、『充電器の取扱説明書』を読み直します。 ③ 次の代表的な症状が当てはまるかどうか確かめます。 症 状 原 因 対 処 ラインが出ない 電池またはバッテリーの入れ方が間違っている 電池またはバッテリーが消耗している 電池またはバッテリーを正しく入れる 電池またはバッテリーを交換する ラインが点滅している
    • p. 35/36
      06 GSL2 困ったときは 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 34 修理を依頼するときは ◆ 『故障かな?と思ったら』を読んでもご不明な点があるときは、お買い 求めの販売店または弊社コールセンターフリーダイヤルまでお尋ねください。 ◆ 修理を依頼されるときは、お買い求めの販売店またはボッシュ電動工具 サービスセンターにご相談ください。 ◆ この製品は厳重な品質管理体制の下に製造されています。万一、本取扱 説明書に書かれたとおり正しくお使いいただいたにもかかわらず、不具合(消耗部品を除きます)が発生した場合は、お買い求めの販売店または、ボッシュ電動工具サービスセンターまでご連絡ください。
    • p. 36/36
      07 GSL2 お手入れと保管 2012 年 6 月 16 日(土) 午後 3 時 49 分 35 ● 本機を保管・運搬する際には、必ず付属のケースに収納してください。 ● 不陸レーザーレベルはきれいな状態を保ってください。 ● 不陸レーザーレベルを水中やその他の液体中に入れないでください。 ● 汚れは湿ったやわらかい布で拭き取ってください。洗浄剤や溶剤は使用し ないでください。 廃 棄 本機の廃棄処分は各地域の行政が指導する方法に従って適切に処分してください。 本機を不適切に廃棄処分すると、以下のような問題が起きる恐れがあります。
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.