取扱説明書とユーザーガイド - VENTARO Bosch

VENTARO Bosch の取扱説明書やユーザーガイドが3以上あります。

  • Bosch VENTARO [ver. 1] (ページ: 44)

    目次
    • p. 1/44
      00 VENTARO 表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 52 分 取 扱 説 明 書 VENTARO 電動ベンチレーションシステム このたびは、弊社電動ベンチレーションシステムをお買い求めいただき、誠にありがとうございます。 ● ご使用になる前に、この『取扱説明書』をよくお読みになり、正しくお使 いください。 ● お読みになった後は、この『取扱説明書』を大切に保管してください。 わからないことが起きたときは、必ず読み返してください。
    • p. 2/44
      00 VENTARO 表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 52 分
    • p. 3/44
      00 VENTARO 表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 52 分 1 安全上のご注意 警告表示の区分 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙ 2 電動工具全般についての注意事項 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙ 2 電動ベンチレーションシステムについての注意事項 ∙∙∙∙ 7 本製品について 用 途 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙ 11 各部の名称 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙
    • p. 4/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 2 ◆ 火災、感電、けがなど事故を未然に防ぐため、次に述べる『安全上のご 注意』を必ず守ってください。 ◆ ご使用前に、この『安全上のご注意』をすべてよくお読みのうえ、指示 に従って正しく使用してください。 ◆ お読みになった後は、ご使用になる方がいつでも見られる所に必ず保管 してください。 ◆ 他の人に貸し出す場合は、いっしょに取扱説明書もお渡しください。 警告表示の区分 ご使用上の注意事項は と に区分していますが、それぞれ次の
    • p. 5/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 3 警 告 1. 作業場は、いつもきれいに保ってください。 ◆ ちらかった場所や作業台は、事故の原因となります。 2. 作業場の周囲状況も考慮してください。 ◆ 電動工具は、雨ざらしにしたり、湿った、又 はぬれた場所で使用しないでください。 ◆ 作業場は十分に明るくしてください。 ◆ 可燃性の液体やガスのある所で使用しないで ください。 3. 感電に注意してください。 ◆ 電動工具を使用中、アースされているものに身体を接触させないようにし
    • p. 6/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 4 8. きちんとした服装で作業してください。 ◆ だぶだぶの衣服やネックレスなどの装身具は、回転部 に巻き込まれる恐れがあるので着用しないでください。 ◆ 屋外での作業の場合には、ゴム手袋と滑り止めのつい た履物の使用をお勧めします。 ◆ 長い髪は、帽子やヘアカバーなどで覆ってください。 9. 保護めがねを使用してください。 ◆ 作業時は、保護めがねを使用してください。また、粉塵の多い作業では、 防じんマスクを併用してください。
    • p. 7/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 5 15. 電動工具は、注意深く手入れをしてください。 ◆ 安全に能率よく作業していただくために、刃物類は常に手入れをし、よく 切れる状態を保ってください。 ◆ 注油や付属品の交換は、取扱説明書に従ってください。 ◆ コードは定期的に点検し、損傷している場合は、お買い求めの販売店又は ボッシュ電動工具サービスセンターに修理を依頼してください。 ◆ 延長コードを使用する場合は、定期的に点検し、損傷している場合には交
    • p. 8/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 6 21. 損傷した部品がないか点検してください。 ◆ 使用前に、保護カバーやその他の部品に損傷がないか、十分点検し、正常 に作動するか、また所定機能を発揮するか確認してください。 ◆ 可動部分の位置調整及び締付け状態、部品の破損、取付け状態、その他運 転に影響を及ぼす全ての箇所に異常がないか確認してください。 ◆ 損傷した保護カバー、その他の部品交換や修理は、取扱説明書の指示に従 ってください。 取扱説明書に指示されていない場合は、お買い求めの
    • p. 9/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 7 電動ベンチレーションシステムについての注意事項 電動工具全般の『安全上のご注意』について、前項ではご説明しました。ここでは、電動ベンチレーションシステムをお使いになるうえで、さらに守っていただきたい注意事項についてご説明します。 警 告 1. 使用電源は、銘板に表示してある電圧で供給してください。 ◆ 表示以外の電圧で使用すると、回転が異常になり、事故の原因になります。 2. 使用中に本体の調子が悪くなったり、異常音がしたりしたとき
    • p. 10/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 8 7. 使用中は、PSMサンダーの回転部、ノズルやホースの接続部に、 手や顔などを近づけないでください。 ◆ けがの原因になります。 8. PSMサンダーの使用中は、両手で確実にPSMサンダー本体を保持 してください。 ◆ 確実に保持していないと、けがの原因になります。 9. 使用中は、電源コードを傷つけないよう注意し、常に本体の後 方に離して、ご使用ください。 ◆ 感電や故障の原因になります。 10.
    • p. 11/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 9 16. 高所作業の際は、下に人がいないことをよく確かめてくださ い。また、本体を落下させないよう十分注意をしてください。 ◆ けがや感電、故障の原因になります。 17. 誤って落としたり、ぶつけたときは、本体などに破損、亀裂や 変形がないことをよく点検してください。 ◆ 破損、亀裂があるとけがの原因になります。 注 意 1. アクセサリーは、取扱説明書に指定してあるものを使用してく ださい。 ◆ 指定外のアクセサリーを使用すると、故障の原因になります。
    • p. 12/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 10 7. 本体のバルブ・ノズル・吸気口・排気口をふさいだ状態で使用 しないでください。 ◆ 故障の原因になります。 8. PSMサンダーのスイッチを入れるときは、PSMサンダーの回転部 が身体に接触していないことを確認してください。 ◆ 接触したままスイッチを入れると、けがの原因になります。 9. PSMサンダーを無理に強く押し付けて使用しないでください。 ◆ モーターやサンディングペーパーの寿命を短くするだけでなく、けがの原
    • p. 13/44
      02 VENTARO 本製品について.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 54 分 11 用 途 ◆ 一般ごみの吸じん *1 ◆ 木材の切りくずの吸じん ◆ 木材の研磨 *2 ◆ 塗装面の研磨 *2 ◆ エアマット等への空気入れ ◆ エアマット等からの空気抜き *1 液体の吸引はできません *2 微細な粉じん(石こうボード等)は吸引できません ※ 本製品はご家庭での使用を想定した「DIY用」製品です。 業務(建築作業等)での頻繁なご使用には適していません。 各部の名称
    • p. 14/44
      02 VENTARO 本製品について.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 54 分 12 仕 様 VENTARO 本体 型 番 VENTARO 定格電圧 単相 AC100V 50/60Hz 消費電力(入力) 1020 W 風 量 1.8 m 3 /min 真空度 200 ヘクトパスカル 吸じん容積 3 L(一般ゴミ) 質 量 5.6 kg PSM サンダー 型 番 PSM1400 無負荷回転数 16000 min -1 (回転/分) ストローク(無負荷時) 32000 min -1
    • p. 15/44
      02 VENTARO 本製品について.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 54 分 13 19mm φアダプター 品番:2 607 002 528 35mm φアダプター 品番:2 607 002 524 ブロワ用ノズル 品番:2 607 002 529 ブロワ用アダプター 品番:2 607 002 536 ドリル用吸じんノズル 品番:2 607 002 526 35 φすき間ノズル 品番:2 607 000 165 ペーパーバッグ(1 枚) 品番:2 605 411 217 ※上記品番(別売)は
    • p. 16/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 14 ◆ 作業前の準備をするときは、電源プラグを電 源コンセントから抜いてください。 ◆ 電源コードや電源プラグが損傷しているとき は、直ちに使用を中止してください。お買い求めの販売店またはボッシュ電動工具サービスセンターに修理を依頼してください。 使用電源を点検する ● 単相 AC100V(50/60Hz)か? ● コンセント不良(ガタ)のため、電源プ ラグが簡単に抜けないか? ● 電源コードが断線していたり、電源プラ
    • p. 17/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 15 ペーパーバッグを取り付ける・取り外す ペーパーバッグは必ず取り付けてください。 ペーパーバッグはボッシュ純正品を使用してください。 純正品でないと、本体が故障する恐れがあります。 取り付け 1. ロックハンドルのロック を外し、本体を開きます。 2. タンクキャップの切り欠 き部に指を掛けてタンクキャップを開きます。 3. ペーパーバッグの口がふ さがれていないか確認し、ペーパーバッグを手で少し膨らませます。
    • p. 18/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 16 取り外し ペーパーバッグを取り外したあとは、速やかに新しいペーパーバッグを取り付けることをお勧めします。 1. ロックハンドルのロックを外し、本体を開きます。 2. タンクキャップを開きます。 3. ペーパーバッグのボール 紙部分の切り欠きを上に引いて、ペーパーバッグの口をふさぎます。 4. ペーパーバッグのボール紙 部分を引き上げて、ペーパーバッグを取り外します。 5. タンクキャップを「カチッ」と音がするまで押し込んで、閉めます。
    • p. 19/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 17 ホースを取り付ける・取り外す 取り付け ※ ホース②は、本体の中に収納されています。 1. ホース接続部からホース接続用カバーを外します。 2. 本体の矢印マークとホース②の矢印マークが合うように、ホース接続 部にホース②を「カチッ」と音がするまで差し込みます。 3. クリーナー用アダプターが取り付けられているか確認します。 クリーナーとして使用するときは、必ずクリーナー用アダプターを取り付けてください。
    • p. 20/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 18 35mm φアダプター・すき間ノズルを使用して作業する (一般ごみや木材の切りくずの吸じん) 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. ホース②に 35 ㎜φアダプターを「カチッ」と音がするまで、差し込み ます。 ホース②の凸部が 35 ㎜φアダプターの穴にはまるように差し込んでください。 2. 狭い場所のごみを吸じんする場合は、35 ㎜φアダプターにすき間ノズ ルを差し込みます。
    • p. 21/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 19 5. 作業が終わったら、再度「メインスイッチ③」を押してください。 本体が停止します。 すき間ノズル以外にも、クリーナー用アクセサリーを取り付けることができます。(39 ページ「クリーナー用アクセサリーとの接続」参照) ドリル用アダプターを使用して作業する (穴あけ作業時の吸じん) 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. ホース②に 35 ㎜φアダプターを「カチッ」と音がするまで、差し込み
    • p. 22/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 20 4. ドリル用アダプターの穴と開ける穴の位置を合わせて、ドリル用アダ プターを材料に押し当てます。 5. 「メインスイッチ③」を押します。 VENTARO 本体の吸引力により、ドリル用アダプターが材料に固定されます。 材料表面の凹凸により、ドリル用アダプターが固定されない場合があります。 6. 作業が終わったら、再度「メインスイッチ③」を押してください。 本体が停止し、ドリル用アダプターが材料から外れます。
    • p. 23/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 21 取り付け サンディングペーパーは、前後両方とも装着してください。 サンディングペーパーは、前後、同じ粒度のものを装着してください。 1. ラバーパッドに付着したゴミ等を取り除きます。 2. サンディングペーパーの吸 じん用の穴と、ラバーパッドの穴が合うようにして、ラバーパッドにサンディングペーパーを軽く押し付けて装着します。 サンディングペーパーの先端が摩耗しているときは、ペーパーをいった んはがし、120
    • p. 24/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 22 取り外し サンディングペーパーの端を持ち上げ、引きはがします。 マジック式アクセサリー アクセサリーはすべてマジック式ですので、交換も工具なしでワンタッチで素早く行えます。 新しくサンディングペーパーを装着するときは、取り付け面に付着したゴミ等を取り除いてください。サンディングペーパーはラバーパッドに軽く押す感じで取り付けてください。サンディングペーパーは吸じん用の穴あきタイプになっていますので、取り付ける際にラバーパッドの穴に合うように取り付けてください。
    • p. 25/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 23 PSM サンダー①を取り付ける・取り外す ◆ けがの発生を防ぐため、PSM サンダーを取り 付けたり取り外したりするときは、電源プラグを電源コンセントから抜いて作業を行ってください。 取り付け 1. ホース②に PSM サンダー①を「カチッ」と音がするまで、差し込みま す。 ホース②の凸部が PSM サンダー①の穴にはまるように差し込んでください。 取り外し 1. ホース②を左(反時計方向)に回しながら、引き抜きます。
    • p. 26/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 24 作業する ◆ 引火性・爆発性・発火性のゴミや高温または燃えているゴミ を吸引しないでください。また、それらのものの近くで使用しないでください。爆発や火災の危険があります。 ◆ 石こうボード等の微細な粉じんは、吸引しないでください。◆ 木材の切りくず、接着剤の残りかす、シリコーンを含む物質 を吸引しないでください。 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. PSM サンダー①の「ON/OFF
    • p. 27/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 25 スイッチの ON/OFF スイッチ ON :「ON/OFF スイッチ」を先端方向にスライドさせなが ら押し込みます。 スイッチ OFF :「ON/OFF スイッチ」の後方を押します。 スイッチが後方に戻り、PSM サンダー①が停止します。 3. 作業が終わったら、「ON/OFF スイッチ」を“OFF”にします。 4. 「メインスイッチ③」を押します。 本体が停止します。 研削・研磨作業 サンディングペーパー全体を加工面に当て、材料上を適度の圧力で動かして作業を行ってください。
    • p. 28/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 26 ◆ 発火する恐れがあります。材料や PSM サンダー本体を過熱 させないように作業してください。 長時間の加工は行わないでください。VENTARO 本体が熱くなったときは、作業を中止し、モーターを冷やしてください。 次の表は、研削・研磨作業での作業ヒントです。作業に応じて参考にしてください。 サンディングペーパー粒度 材 料 粗削り 仕上げ 塗装はがし (金 属) 180 - 塗装はがし(木 材) 40
    • p. 29/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 27 ラバーパッドを交換する 作業に応じて、ラバーパッドを交換してください。 1. サンディングペーパーを取り外します。 2. SDS レバーを矢印の方向にいっぱ いにずらします。 3. ラバーパッドの端を持ち、引きは がします。 4. 新しいラバーパッド、または回転 させたラバーパッドを、取り付け部に挿入します。 5. SDS レバーを元の位置に戻します。 ラバーパッドが固定されます。 確実にラバーパッドが取り付けられているか、確認してください。
    • p. 30/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 28 ブロワ用ノズルを使用して作業する (エアマット等からの空気抜き) 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. ホース②に 35 ㎜φアダプターを「カチッ」と音がするまで、差し込み ます。 ホース②の凸部が 35 ㎜φアダプターの穴にはまるように差し込んでください。 2. 35 ㎜φアダプターにブロワ用ノズルを差し込みます。 3. ブロワ用ノズルをエアマット等に差し込みます。
    • p. 31/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 29 ブロワ(送風機)として使用する 作業前の準備をする ◆ けがの発生を防ぐため、電源プラグを電源コ ンセントから抜き、取り付け・取り外し作業をしてください。 ホースを取り付ける・取り外す 取り付け 1. ホース接続用カバーがホース接続部にはめ込まれているか確認しま す。 2. クリーナー用アダプターのフックを内側に押しながら、クリーナー用 アダプターを取り外します。 3. ブロワアダプターの凸部を本体の凹部に差し込み、ブロワアダプター
    • p. 32/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 30 4. ブロワアダプターの矢印マークとホース②の矢印マークが合うよう に、ブロワアダプターにホース②を「カチッ」と音がするまで差し込みます。 取り外し 1. ホース②を左(反時計方向)に回しながら、引き抜きます。 2. ブロワアダプターのフックを内側に押しながら、ブロワアダプターを 取り外します。 3. クリーナー用アダプターの凸部を本体の凹部に差し込み、クリーナー 用アダプターをはめ込みます。 ブロワ用ノズルを取り付ける
    • p. 33/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 31 作業する 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. 電源プラグを電源コンセントに差し込みます。 2. 「メインスイッチ③」を押します。 ブロワ用ノズルの穴を指でふさぐことにより、風量の調整ができます。 3. 作業が終わったら、再度「メインスイッチ③」を押してください。 本体が停止します。
    • p. 34/44
      04 VENTARO 困ったときは.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 3 時 19 分 32 故障かな?と思ったら ① 『取扱説明書』を読み直し、使い方に誤りがないか確かめます。 ② 次の代表的な症状が当てはまるかどうか確かめます。 症 状 原 因 対 処 作動しない 電源プラグが電源コンセントに差し込まれていない 電源プラグを電源コンセントに確実に差し込む 「メインスイッチ③」を“OFF”にしても作動したまま止まらない 内部パーツ不良 修理を依頼 吸引が弱い 内部パーツ不良 修理を依頼
    • p. 35/44
      04 VENTARO 困ったときは.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 3 時 19 分 33 症 状 原 因 対 処 PSM サンダー①の吸引が弱い ラバーパッドの吸じん穴が目詰まりしている ラバーパッドの吸じん穴を清掃する サンディングペーパーとラバーパッドの穴がずれている サンディングペーパーを正しく取り付ける PSM サンダー①の研磨量が少ない サンディングペーパが摩耗している 新品と交換する PSM サンダー①を材料に強く押し当てすぎている ストロークが落ちない程度に材料に当てる
    • p. 36/44
      04 VENTARO 困ったときは.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 3 時 19 分 34 修理を依頼するときは ◆ 『故障かな?と思ったら』を読んでもご不明な点があるときは、お買い 求めの販売店または弊社コールセンターフリーダイヤルまでお尋ねください。 ◆ 修理を依頼されるときは、お買い求めの販売店またはボッシュ電動工具 サービスセンターにご相談ください。 ◆ この製品は厳重な品質管理体制の下に製造されています。万一、本取扱 説明書に書かれたとおり正しくお使いいただいたにもかかわらず、不具合(消耗部品を除きます)が発生した場合は、ボッシュ電動工具サービスセンターまでご連絡ください。
    • p. 37/44
      05 VENTARO お手入れと保管.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 35 ◆ お手入れのときは、電源プラグを電源コンセ ントから抜いてください。 クリーニング 通風口などに付いたゴミ、ホコリを取り除く 乾いた、柔らかい布で本体の汚れをふき取る 変色の原因になるベンジンなど、溶剤を使 わないでください。 保 管 電動ベンチレーションシステムや PSM サンダーを使った後は、 きちんと保管する ● 子供の手が届くところ、または錠が掛 からないところに置かない。 ● 風雨にさらされたり、湿度の高いとこ
    • p. 38/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 36 別売アクセサリー ラバーパッド 品番:2 608 601 181 延長ラバーパッド 用途:本体の入らない皿に狭い場所の研磨 に 品番:2 608 000 200 曲面フィンガーパッド 用途:曲面や、くぼみあるいはアーチ型表 面の研磨に 品番:2 608 000 198 フラットフィンガーパッド 用途:細長い溝部の研磨に 品番:2 608 000 199
    • p. 39/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 37 サンディングペーパー :軟硬材、金属の研磨(10 枚) #40 品番:2 608 607 407 #80 品番:2 608 607 408 #120 品番:2 608 607 409 #180 品番:2 608 607 410 :木材、金属よりの塗装はがし(10 枚) #40 品番:2 608 607 402 #80 品番:2 608 607 403 #120 品番:2 608 607 404 #180
    • p. 40/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 38 サンディングクロスセット (細目・中目 各1) 品番:2 608 607 419 ペーパーバッグ (5枚入) 品番:2 605 411 217 電動工具本体との接続 (2006 年3月現在)
    • p. 41/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 39 クリーナー用アクセサリーとの接続 (2006 年3月現在) ※樹脂パイプと吸引力調整ノズルはそれぞれ単独では使用できません。 その他ノズル類・ブラシを接続してお使いください。
    • p. 42/44
      07 VENTARO メモ.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 59 分 MEMO
    • p. 43/44
      08 VENTARO 裏表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 3:28:13 PM
    • p. 44/44
      08 VENTARO 裏表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 3:28:13 PM 2 609 932 544 (06.08) EM A- VEN TAR O
  • Bosch VENTARO [ver. 2] (ページ: 44)

    目次
    • p. 1/44
      00 VENTARO 表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 52 分 取 扱 説 明 書 VENTARO 電動ベンチレーションシステム このたびは、弊社電動ベンチレーションシステムをお買い求めいただき、誠にありがとうございます。 ● ご使用になる前に、この『取扱説明書』をよくお読みになり、正しくお使 いください。 ● お読みになった後は、この『取扱説明書』を大切に保管してください。 わからないことが起きたときは、必ず読み返してください。
    • p. 2/44
      00 VENTARO 表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 52 分
    • p. 3/44
      00 VENTARO 表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 52 分 1 安全上のご注意 警告表示の区分 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙ 2 電動工具全般についての注意事項 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙ 2 電動ベンチレーションシステムについての注意事項 ∙∙∙∙ 7 本製品について 用 途 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙ 11 各部の名称 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙
    • p. 4/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 2 ◆ 火災、感電、けがなど事故を未然に防ぐため、次に述べる『安全上のご 注意』を必ず守ってください。 ◆ ご使用前に、この『安全上のご注意』をすべてよくお読みのうえ、指示 に従って正しく使用してください。 ◆ お読みになった後は、ご使用になる方がいつでも見られる所に必ず保管 してください。 ◆ 他の人に貸し出す場合は、いっしょに取扱説明書もお渡しください。 警告表示の区分 ご使用上の注意事項は と に区分していますが、それぞれ次の
    • p. 5/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 3 警 告 1. 作業場は、いつもきれいに保ってください。 ◆ ちらかった場所や作業台は、事故の原因となります。 2. 作業場の周囲状況も考慮してください。 ◆ 電動工具は、雨ざらしにしたり、湿った、又 はぬれた場所で使用しないでください。 ◆ 作業場は十分に明るくしてください。 ◆ 可燃性の液体やガスのある所で使用しないで ください。 3. 感電に注意してください。 ◆ 電動工具を使用中、アースされているものに身体を接触させないようにし
    • p. 6/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 4 8. きちんとした服装で作業してください。 ◆ だぶだぶの衣服やネックレスなどの装身具は、回転部 に巻き込まれる恐れがあるので着用しないでください。 ◆ 屋外での作業の場合には、ゴム手袋と滑り止めのつい た履物の使用をお勧めします。 ◆ 長い髪は、帽子やヘアカバーなどで覆ってください。 9. 保護めがねを使用してください。 ◆ 作業時は、保護めがねを使用してください。また、粉塵の多い作業では、 防じんマスクを併用してください。
    • p. 7/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 5 15. 電動工具は、注意深く手入れをしてください。 ◆ 安全に能率よく作業していただくために、刃物類は常に手入れをし、よく 切れる状態を保ってください。 ◆ 注油や付属品の交換は、取扱説明書に従ってください。 ◆ コードは定期的に点検し、損傷している場合は、お買い求めの販売店又は ボッシュ電動工具サービスセンターに修理を依頼してください。 ◆ 延長コードを使用する場合は、定期的に点検し、損傷している場合には交
    • p. 8/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 6 21. 損傷した部品がないか点検してください。 ◆ 使用前に、保護カバーやその他の部品に損傷がないか、十分点検し、正常 に作動するか、また所定機能を発揮するか確認してください。 ◆ 可動部分の位置調整及び締付け状態、部品の破損、取付け状態、その他運 転に影響を及ぼす全ての箇所に異常がないか確認してください。 ◆ 損傷した保護カバー、その他の部品交換や修理は、取扱説明書の指示に従 ってください。 取扱説明書に指示されていない場合は、お買い求めの
    • p. 9/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 7 電動ベンチレーションシステムについての注意事項 電動工具全般の『安全上のご注意』について、前項ではご説明しました。ここでは、電動ベンチレーションシステムをお使いになるうえで、さらに守っていただきたい注意事項についてご説明します。 警 告 1. 使用電源は、銘板に表示してある電圧で供給してください。 ◆ 表示以外の電圧で使用すると、回転が異常になり、事故の原因になります。 2. 使用中に本体の調子が悪くなったり、異常音がしたりしたとき
    • p. 10/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 8 7. 使用中は、PSMサンダーの回転部、ノズルやホースの接続部に、 手や顔などを近づけないでください。 ◆ けがの原因になります。 8. PSMサンダーの使用中は、両手で確実にPSMサンダー本体を保持 してください。 ◆ 確実に保持していないと、けがの原因になります。 9. 使用中は、電源コードを傷つけないよう注意し、常に本体の後 方に離して、ご使用ください。 ◆ 感電や故障の原因になります。 10.
    • p. 11/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 9 16. 高所作業の際は、下に人がいないことをよく確かめてくださ い。また、本体を落下させないよう十分注意をしてください。 ◆ けがや感電、故障の原因になります。 17. 誤って落としたり、ぶつけたときは、本体などに破損、亀裂や 変形がないことをよく点検してください。 ◆ 破損、亀裂があるとけがの原因になります。 注 意 1. アクセサリーは、取扱説明書に指定してあるものを使用してく ださい。 ◆ 指定外のアクセサリーを使用すると、故障の原因になります。
    • p. 12/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 10 7. 本体のバルブ・ノズル・吸気口・排気口をふさいだ状態で使用 しないでください。 ◆ 故障の原因になります。 8. PSMサンダーのスイッチを入れるときは、PSMサンダーの回転部 が身体に接触していないことを確認してください。 ◆ 接触したままスイッチを入れると、けがの原因になります。 9. PSMサンダーを無理に強く押し付けて使用しないでください。 ◆ モーターやサンディングペーパーの寿命を短くするだけでなく、けがの原
    • p. 13/44
      02 VENTARO 本製品について.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 54 分 11 用 途 ◆ 一般ごみの吸じん *1 ◆ 木材の切りくずの吸じん ◆ 木材の研磨 *2 ◆ 塗装面の研磨 *2 ◆ エアマット等への空気入れ ◆ エアマット等からの空気抜き *1 液体の吸引はできません *2 微細な粉じん(石こうボード等)は吸引できません ※ 本製品はご家庭での使用を想定した「DIY用」製品です。 業務(建築作業等)での頻繁なご使用には適していません。 各部の名称
    • p. 14/44
      02 VENTARO 本製品について.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 54 分 12 仕 様 VENTARO 本体 型 番 VENTARO 定格電圧 単相 AC100V 50/60Hz 消費電力(入力) 1020 W 風 量 1.8 m 3 /min 真空度 200 ヘクトパスカル 吸じん容積 3 L(一般ゴミ) 質 量 5.6 kg PSM サンダー 型 番 PSM1400 無負荷回転数 16000 min -1 (回転/分) ストローク(無負荷時) 32000 min -1
    • p. 15/44
      02 VENTARO 本製品について.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 54 分 13 19mm φアダプター 品番:2 607 002 528 35mm φアダプター 品番:2 607 002 524 ブロワ用ノズル 品番:2 607 002 529 ブロワ用アダプター 品番:2 607 002 536 ドリル用吸じんノズル 品番:2 607 002 526 35 φすき間ノズル 品番:2 607 000 165 ペーパーバッグ(1 枚) 品番:2 605 411 217 ※上記品番(別売)は
    • p. 16/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 14 ◆ 作業前の準備をするときは、電源プラグを電 源コンセントから抜いてください。 ◆ 電源コードや電源プラグが損傷しているとき は、直ちに使用を中止してください。お買い求めの販売店またはボッシュ電動工具サービスセンターに修理を依頼してください。 使用電源を点検する ● 単相 AC100V(50/60Hz)か? ● コンセント不良(ガタ)のため、電源プ ラグが簡単に抜けないか? ● 電源コードが断線していたり、電源プラ
    • p. 17/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 15 ペーパーバッグを取り付ける・取り外す ペーパーバッグは必ず取り付けてください。 ペーパーバッグはボッシュ純正品を使用してください。 純正品でないと、本体が故障する恐れがあります。 取り付け 1. ロックハンドルのロック を外し、本体を開きます。 2. タンクキャップの切り欠 き部に指を掛けてタンクキャップを開きます。 3. ペーパーバッグの口がふ さがれていないか確認し、ペーパーバッグを手で少し膨らませます。
    • p. 18/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 16 取り外し ペーパーバッグを取り外したあとは、速やかに新しいペーパーバッグを取り付けることをお勧めします。 1. ロックハンドルのロックを外し、本体を開きます。 2. タンクキャップを開きます。 3. ペーパーバッグのボール 紙部分の切り欠きを上に引いて、ペーパーバッグの口をふさぎます。 4. ペーパーバッグのボール紙 部分を引き上げて、ペーパーバッグを取り外します。 5. タンクキャップを「カチッ」と音がするまで押し込んで、閉めます。
    • p. 19/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 17 ホースを取り付ける・取り外す 取り付け ※ ホース②は、本体の中に収納されています。 1. ホース接続部からホース接続用カバーを外します。 2. 本体の矢印マークとホース②の矢印マークが合うように、ホース接続 部にホース②を「カチッ」と音がするまで差し込みます。 3. クリーナー用アダプターが取り付けられているか確認します。 クリーナーとして使用するときは、必ずクリーナー用アダプターを取り付けてください。
    • p. 20/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 18 35mm φアダプター・すき間ノズルを使用して作業する (一般ごみや木材の切りくずの吸じん) 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. ホース②に 35 ㎜φアダプターを「カチッ」と音がするまで、差し込み ます。 ホース②の凸部が 35 ㎜φアダプターの穴にはまるように差し込んでください。 2. 狭い場所のごみを吸じんする場合は、35 ㎜φアダプターにすき間ノズ ルを差し込みます。
    • p. 21/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 19 5. 作業が終わったら、再度「メインスイッチ③」を押してください。 本体が停止します。 すき間ノズル以外にも、クリーナー用アクセサリーを取り付けることができます。(39 ページ「クリーナー用アクセサリーとの接続」参照) ドリル用アダプターを使用して作業する (穴あけ作業時の吸じん) 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. ホース②に 35 ㎜φアダプターを「カチッ」と音がするまで、差し込み
    • p. 22/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 20 4. ドリル用アダプターの穴と開ける穴の位置を合わせて、ドリル用アダ プターを材料に押し当てます。 5. 「メインスイッチ③」を押します。 VENTARO 本体の吸引力により、ドリル用アダプターが材料に固定されます。 材料表面の凹凸により、ドリル用アダプターが固定されない場合があります。 6. 作業が終わったら、再度「メインスイッチ③」を押してください。 本体が停止し、ドリル用アダプターが材料から外れます。
    • p. 23/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 21 取り付け サンディングペーパーは、前後両方とも装着してください。 サンディングペーパーは、前後、同じ粒度のものを装着してください。 1. ラバーパッドに付着したゴミ等を取り除きます。 2. サンディングペーパーの吸 じん用の穴と、ラバーパッドの穴が合うようにして、ラバーパッドにサンディングペーパーを軽く押し付けて装着します。 サンディングペーパーの先端が摩耗しているときは、ペーパーをいった んはがし、120
    • p. 24/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 22 取り外し サンディングペーパーの端を持ち上げ、引きはがします。 マジック式アクセサリー アクセサリーはすべてマジック式ですので、交換も工具なしでワンタッチで素早く行えます。 新しくサンディングペーパーを装着するときは、取り付け面に付着したゴミ等を取り除いてください。サンディングペーパーはラバーパッドに軽く押す感じで取り付けてください。サンディングペーパーは吸じん用の穴あきタイプになっていますので、取り付ける際にラバーパッドの穴に合うように取り付けてください。
    • p. 25/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 23 PSM サンダー①を取り付ける・取り外す ◆ けがの発生を防ぐため、PSM サンダーを取り 付けたり取り外したりするときは、電源プラグを電源コンセントから抜いて作業を行ってください。 取り付け 1. ホース②に PSM サンダー①を「カチッ」と音がするまで、差し込みま す。 ホース②の凸部が PSM サンダー①の穴にはまるように差し込んでください。 取り外し 1. ホース②を左(反時計方向)に回しながら、引き抜きます。
    • p. 26/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 24 作業する ◆ 引火性・爆発性・発火性のゴミや高温または燃えているゴミ を吸引しないでください。また、それらのものの近くで使用しないでください。爆発や火災の危険があります。 ◆ 石こうボード等の微細な粉じんは、吸引しないでください。◆ 木材の切りくず、接着剤の残りかす、シリコーンを含む物質 を吸引しないでください。 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. PSM サンダー①の「ON/OFF
    • p. 27/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 25 スイッチの ON/OFF スイッチ ON :「ON/OFF スイッチ」を先端方向にスライドさせなが ら押し込みます。 スイッチ OFF :「ON/OFF スイッチ」の後方を押します。 スイッチが後方に戻り、PSM サンダー①が停止します。 3. 作業が終わったら、「ON/OFF スイッチ」を“OFF”にします。 4. 「メインスイッチ③」を押します。 本体が停止します。 研削・研磨作業 サンディングペーパー全体を加工面に当て、材料上を適度の圧力で動かして作業を行ってください。
    • p. 28/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 26 ◆ 発火する恐れがあります。材料や PSM サンダー本体を過熱 させないように作業してください。 長時間の加工は行わないでください。VENTARO 本体が熱くなったときは、作業を中止し、モーターを冷やしてください。 次の表は、研削・研磨作業での作業ヒントです。作業に応じて参考にしてください。 サンディングペーパー粒度 材 料 粗削り 仕上げ 塗装はがし (金 属) 180 - 塗装はがし(木 材) 40
    • p. 29/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 27 ラバーパッドを交換する 作業に応じて、ラバーパッドを交換してください。 1. サンディングペーパーを取り外します。 2. SDS レバーを矢印の方向にいっぱ いにずらします。 3. ラバーパッドの端を持ち、引きは がします。 4. 新しいラバーパッド、または回転 させたラバーパッドを、取り付け部に挿入します。 5. SDS レバーを元の位置に戻します。 ラバーパッドが固定されます。 確実にラバーパッドが取り付けられているか、確認してください。
    • p. 30/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 28 ブロワ用ノズルを使用して作業する (エアマット等からの空気抜き) 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. ホース②に 35 ㎜φアダプターを「カチッ」と音がするまで、差し込み ます。 ホース②の凸部が 35 ㎜φアダプターの穴にはまるように差し込んでください。 2. 35 ㎜φアダプターにブロワ用ノズルを差し込みます。 3. ブロワ用ノズルをエアマット等に差し込みます。
    • p. 31/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 29 ブロワ(送風機)として使用する 作業前の準備をする ◆ けがの発生を防ぐため、電源プラグを電源コ ンセントから抜き、取り付け・取り外し作業をしてください。 ホースを取り付ける・取り外す 取り付け 1. ホース接続用カバーがホース接続部にはめ込まれているか確認しま す。 2. クリーナー用アダプターのフックを内側に押しながら、クリーナー用 アダプターを取り外します。 3. ブロワアダプターの凸部を本体の凹部に差し込み、ブロワアダプター
    • p. 32/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 30 4. ブロワアダプターの矢印マークとホース②の矢印マークが合うよう に、ブロワアダプターにホース②を「カチッ」と音がするまで差し込みます。 取り外し 1. ホース②を左(反時計方向)に回しながら、引き抜きます。 2. ブロワアダプターのフックを内側に押しながら、ブロワアダプターを 取り外します。 3. クリーナー用アダプターの凸部を本体の凹部に差し込み、クリーナー 用アダプターをはめ込みます。 ブロワ用ノズルを取り付ける
    • p. 33/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 31 作業する 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. 電源プラグを電源コンセントに差し込みます。 2. 「メインスイッチ③」を押します。 ブロワ用ノズルの穴を指でふさぐことにより、風量の調整ができます。 3. 作業が終わったら、再度「メインスイッチ③」を押してください。 本体が停止します。
    • p. 34/44
      04 VENTARO 困ったときは.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 3 時 19 分 32 故障かな?と思ったら ① 『取扱説明書』を読み直し、使い方に誤りがないか確かめます。 ② 次の代表的な症状が当てはまるかどうか確かめます。 症 状 原 因 対 処 作動しない 電源プラグが電源コンセントに差し込まれていない 電源プラグを電源コンセントに確実に差し込む 「メインスイッチ③」を“OFF”にしても作動したまま止まらない 内部パーツ不良 修理を依頼 吸引が弱い 内部パーツ不良 修理を依頼
    • p. 35/44
      04 VENTARO 困ったときは.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 3 時 19 分 33 症 状 原 因 対 処 PSM サンダー①の吸引が弱い ラバーパッドの吸じん穴が目詰まりしている ラバーパッドの吸じん穴を清掃する サンディングペーパーとラバーパッドの穴がずれている サンディングペーパーを正しく取り付ける PSM サンダー①の研磨量が少ない サンディングペーパが摩耗している 新品と交換する PSM サンダー①を材料に強く押し当てすぎている ストロークが落ちない程度に材料に当てる
    • p. 36/44
      04 VENTARO 困ったときは.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 3 時 19 分 34 修理を依頼するときは ◆ 『故障かな?と思ったら』を読んでもご不明な点があるときは、お買い 求めの販売店または弊社コールセンターフリーダイヤルまでお尋ねください。 ◆ 修理を依頼されるときは、お買い求めの販売店またはボッシュ電動工具 サービスセンターにご相談ください。 ◆ この製品は厳重な品質管理体制の下に製造されています。万一、本取扱 説明書に書かれたとおり正しくお使いいただいたにもかかわらず、不具合(消耗部品を除きます)が発生した場合は、ボッシュ電動工具サービスセンターまでご連絡ください。
    • p. 37/44
      05 VENTARO お手入れと保管.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 35 ◆ お手入れのときは、電源プラグを電源コンセ ントから抜いてください。 クリーニング 通風口などに付いたゴミ、ホコリを取り除く 乾いた、柔らかい布で本体の汚れをふき取る 変色の原因になるベンジンなど、溶剤を使 わないでください。 保 管 電動ベンチレーションシステムや PSM サンダーを使った後は、 きちんと保管する ● 子供の手が届くところ、または錠が掛 からないところに置かない。 ● 風雨にさらされたり、湿度の高いとこ
    • p. 38/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 36 別売アクセサリー ラバーパッド 品番:2 608 601 181 延長ラバーパッド 用途:本体の入らない皿に狭い場所の研磨 に 品番:2 608 000 200 曲面フィンガーパッド 用途:曲面や、くぼみあるいはアーチ型表 面の研磨に 品番:2 608 000 198 フラットフィンガーパッド 用途:細長い溝部の研磨に 品番:2 608 000 199
    • p. 39/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 37 サンディングペーパー :軟硬材、金属の研磨(10 枚) #40 品番:2 608 607 407 #80 品番:2 608 607 408 #120 品番:2 608 607 409 #180 品番:2 608 607 410 :木材、金属よりの塗装はがし(10 枚) #40 品番:2 608 607 402 #80 品番:2 608 607 403 #120 品番:2 608 607 404 #180
    • p. 40/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 38 サンディングクロスセット (細目・中目 各1) 品番:2 608 607 419 ペーパーバッグ (5枚入) 品番:2 605 411 217 電動工具本体との接続 (2006 年3月現在)
    • p. 41/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 39 クリーナー用アクセサリーとの接続 (2006 年3月現在) ※樹脂パイプと吸引力調整ノズルはそれぞれ単独では使用できません。 その他ノズル類・ブラシを接続してお使いください。
    • p. 42/44
      07 VENTARO メモ.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 59 分 MEMO
    • p. 43/44
      08 VENTARO 裏表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 3:28:13 PM
    • p. 44/44
      08 VENTARO 裏表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 3:28:13 PM 2 609 932 544 (06.08) EM A- VEN TAR O
  • Bosch VENTARO [ver. 3] (ページ: 44)

    目次
    • p. 1/44
      00 VENTARO 表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 52 分 取 扱 説 明 書 VENTARO 電動ベンチレーションシステム このたびは、弊社電動ベンチレーションシステムをお買い求めいただき、誠にありがとうございます。 ● ご使用になる前に、この『取扱説明書』をよくお読みになり、正しくお使 いください。 ● お読みになった後は、この『取扱説明書』を大切に保管してください。 わからないことが起きたときは、必ず読み返してください。
    • p. 2/44
      00 VENTARO 表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 52 分
    • p. 3/44
      00 VENTARO 表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 52 分 1 安全上のご注意 警告表示の区分 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙ 2 電動工具全般についての注意事項 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙ 2 電動ベンチレーションシステムについての注意事項 ∙∙∙∙ 7 本製品について 用 途 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙ 11 各部の名称 ∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙∙
    • p. 4/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 2 ◆ 火災、感電、けがなど事故を未然に防ぐため、次に述べる『安全上のご 注意』を必ず守ってください。 ◆ ご使用前に、この『安全上のご注意』をすべてよくお読みのうえ、指示 に従って正しく使用してください。 ◆ お読みになった後は、ご使用になる方がいつでも見られる所に必ず保管 してください。 ◆ 他の人に貸し出す場合は、いっしょに取扱説明書もお渡しください。 警告表示の区分 ご使用上の注意事項は と に区分していますが、それぞれ次の
    • p. 5/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 3 警 告 1. 作業場は、いつもきれいに保ってください。 ◆ ちらかった場所や作業台は、事故の原因となります。 2. 作業場の周囲状況も考慮してください。 ◆ 電動工具は、雨ざらしにしたり、湿った、又 はぬれた場所で使用しないでください。 ◆ 作業場は十分に明るくしてください。 ◆ 可燃性の液体やガスのある所で使用しないで ください。 3. 感電に注意してください。 ◆ 電動工具を使用中、アースされているものに身体を接触させないようにし
    • p. 6/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 4 8. きちんとした服装で作業してください。 ◆ だぶだぶの衣服やネックレスなどの装身具は、回転部 に巻き込まれる恐れがあるので着用しないでください。 ◆ 屋外での作業の場合には、ゴム手袋と滑り止めのつい た履物の使用をお勧めします。 ◆ 長い髪は、帽子やヘアカバーなどで覆ってください。 9. 保護めがねを使用してください。 ◆ 作業時は、保護めがねを使用してください。また、粉塵の多い作業では、 防じんマスクを併用してください。
    • p. 7/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 5 15. 電動工具は、注意深く手入れをしてください。 ◆ 安全に能率よく作業していただくために、刃物類は常に手入れをし、よく 切れる状態を保ってください。 ◆ 注油や付属品の交換は、取扱説明書に従ってください。 ◆ コードは定期的に点検し、損傷している場合は、お買い求めの販売店又は ボッシュ電動工具サービスセンターに修理を依頼してください。 ◆ 延長コードを使用する場合は、定期的に点検し、損傷している場合には交
    • p. 8/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 6 21. 損傷した部品がないか点検してください。 ◆ 使用前に、保護カバーやその他の部品に損傷がないか、十分点検し、正常 に作動するか、また所定機能を発揮するか確認してください。 ◆ 可動部分の位置調整及び締付け状態、部品の破損、取付け状態、その他運 転に影響を及ぼす全ての箇所に異常がないか確認してください。 ◆ 損傷した保護カバー、その他の部品交換や修理は、取扱説明書の指示に従 ってください。 取扱説明書に指示されていない場合は、お買い求めの
    • p. 9/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 7 電動ベンチレーションシステムについての注意事項 電動工具全般の『安全上のご注意』について、前項ではご説明しました。ここでは、電動ベンチレーションシステムをお使いになるうえで、さらに守っていただきたい注意事項についてご説明します。 警 告 1. 使用電源は、銘板に表示してある電圧で供給してください。 ◆ 表示以外の電圧で使用すると、回転が異常になり、事故の原因になります。 2. 使用中に本体の調子が悪くなったり、異常音がしたりしたとき
    • p. 10/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 8 7. 使用中は、PSMサンダーの回転部、ノズルやホースの接続部に、 手や顔などを近づけないでください。 ◆ けがの原因になります。 8. PSMサンダーの使用中は、両手で確実にPSMサンダー本体を保持 してください。 ◆ 確実に保持していないと、けがの原因になります。 9. 使用中は、電源コードを傷つけないよう注意し、常に本体の後 方に離して、ご使用ください。 ◆ 感電や故障の原因になります。 10.
    • p. 11/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 9 16. 高所作業の際は、下に人がいないことをよく確かめてくださ い。また、本体を落下させないよう十分注意をしてください。 ◆ けがや感電、故障の原因になります。 17. 誤って落としたり、ぶつけたときは、本体などに破損、亀裂や 変形がないことをよく点検してください。 ◆ 破損、亀裂があるとけがの原因になります。 注 意 1. アクセサリーは、取扱説明書に指定してあるものを使用してく ださい。 ◆ 指定外のアクセサリーを使用すると、故障の原因になります。
    • p. 12/44
      01 VENTARO 安全編.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 53 分 10 7. 本体のバルブ・ノズル・吸気口・排気口をふさいだ状態で使用 しないでください。 ◆ 故障の原因になります。 8. PSMサンダーのスイッチを入れるときは、PSMサンダーの回転部 が身体に接触していないことを確認してください。 ◆ 接触したままスイッチを入れると、けがの原因になります。 9. PSMサンダーを無理に強く押し付けて使用しないでください。 ◆ モーターやサンディングペーパーの寿命を短くするだけでなく、けがの原
    • p. 13/44
      02 VENTARO 本製品について.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 54 分 11 用 途 ◆ 一般ごみの吸じん *1 ◆ 木材の切りくずの吸じん ◆ 木材の研磨 *2 ◆ 塗装面の研磨 *2 ◆ エアマット等への空気入れ ◆ エアマット等からの空気抜き *1 液体の吸引はできません *2 微細な粉じん(石こうボード等)は吸引できません ※ 本製品はご家庭での使用を想定した「DIY用」製品です。 業務(建築作業等)での頻繁なご使用には適していません。 各部の名称
    • p. 14/44
      02 VENTARO 本製品について.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 54 分 12 仕 様 VENTARO 本体 型 番 VENTARO 定格電圧 単相 AC100V 50/60Hz 消費電力(入力) 1020 W 風 量 1.8 m 3 /min 真空度 200 ヘクトパスカル 吸じん容積 3 L(一般ゴミ) 質 量 5.6 kg PSM サンダー 型 番 PSM1400 無負荷回転数 16000 min -1 (回転/分) ストローク(無負荷時) 32000 min -1
    • p. 15/44
      02 VENTARO 本製品について.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 54 分 13 19mm φアダプター 品番:2 607 002 528 35mm φアダプター 品番:2 607 002 524 ブロワ用ノズル 品番:2 607 002 529 ブロワ用アダプター 品番:2 607 002 536 ドリル用吸じんノズル 品番:2 607 002 526 35 φすき間ノズル 品番:2 607 000 165 ペーパーバッグ(1 枚) 品番:2 605 411 217 ※上記品番(別売)は
    • p. 16/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 14 ◆ 作業前の準備をするときは、電源プラグを電 源コンセントから抜いてください。 ◆ 電源コードや電源プラグが損傷しているとき は、直ちに使用を中止してください。お買い求めの販売店またはボッシュ電動工具サービスセンターに修理を依頼してください。 使用電源を点検する ● 単相 AC100V(50/60Hz)か? ● コンセント不良(ガタ)のため、電源プ ラグが簡単に抜けないか? ● 電源コードが断線していたり、電源プラ
    • p. 17/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 15 ペーパーバッグを取り付ける・取り外す ペーパーバッグは必ず取り付けてください。 ペーパーバッグはボッシュ純正品を使用してください。 純正品でないと、本体が故障する恐れがあります。 取り付け 1. ロックハンドルのロック を外し、本体を開きます。 2. タンクキャップの切り欠 き部に指を掛けてタンクキャップを開きます。 3. ペーパーバッグの口がふ さがれていないか確認し、ペーパーバッグを手で少し膨らませます。
    • p. 18/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 16 取り外し ペーパーバッグを取り外したあとは、速やかに新しいペーパーバッグを取り付けることをお勧めします。 1. ロックハンドルのロックを外し、本体を開きます。 2. タンクキャップを開きます。 3. ペーパーバッグのボール 紙部分の切り欠きを上に引いて、ペーパーバッグの口をふさぎます。 4. ペーパーバッグのボール紙 部分を引き上げて、ペーパーバッグを取り外します。 5. タンクキャップを「カチッ」と音がするまで押し込んで、閉めます。
    • p. 19/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 17 ホースを取り付ける・取り外す 取り付け ※ ホース②は、本体の中に収納されています。 1. ホース接続部からホース接続用カバーを外します。 2. 本体の矢印マークとホース②の矢印マークが合うように、ホース接続 部にホース②を「カチッ」と音がするまで差し込みます。 3. クリーナー用アダプターが取り付けられているか確認します。 クリーナーとして使用するときは、必ずクリーナー用アダプターを取り付けてください。
    • p. 20/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 18 35mm φアダプター・すき間ノズルを使用して作業する (一般ごみや木材の切りくずの吸じん) 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. ホース②に 35 ㎜φアダプターを「カチッ」と音がするまで、差し込み ます。 ホース②の凸部が 35 ㎜φアダプターの穴にはまるように差し込んでください。 2. 狭い場所のごみを吸じんする場合は、35 ㎜φアダプターにすき間ノズ ルを差し込みます。
    • p. 21/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 19 5. 作業が終わったら、再度「メインスイッチ③」を押してください。 本体が停止します。 すき間ノズル以外にも、クリーナー用アクセサリーを取り付けることができます。(39 ページ「クリーナー用アクセサリーとの接続」参照) ドリル用アダプターを使用して作業する (穴あけ作業時の吸じん) 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. ホース②に 35 ㎜φアダプターを「カチッ」と音がするまで、差し込み
    • p. 22/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 20 4. ドリル用アダプターの穴と開ける穴の位置を合わせて、ドリル用アダ プターを材料に押し当てます。 5. 「メインスイッチ③」を押します。 VENTARO 本体の吸引力により、ドリル用アダプターが材料に固定されます。 材料表面の凹凸により、ドリル用アダプターが固定されない場合があります。 6. 作業が終わったら、再度「メインスイッチ③」を押してください。 本体が停止し、ドリル用アダプターが材料から外れます。
    • p. 23/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 21 取り付け サンディングペーパーは、前後両方とも装着してください。 サンディングペーパーは、前後、同じ粒度のものを装着してください。 1. ラバーパッドに付着したゴミ等を取り除きます。 2. サンディングペーパーの吸 じん用の穴と、ラバーパッドの穴が合うようにして、ラバーパッドにサンディングペーパーを軽く押し付けて装着します。 サンディングペーパーの先端が摩耗しているときは、ペーパーをいった んはがし、120
    • p. 24/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 22 取り外し サンディングペーパーの端を持ち上げ、引きはがします。 マジック式アクセサリー アクセサリーはすべてマジック式ですので、交換も工具なしでワンタッチで素早く行えます。 新しくサンディングペーパーを装着するときは、取り付け面に付着したゴミ等を取り除いてください。サンディングペーパーはラバーパッドに軽く押す感じで取り付けてください。サンディングペーパーは吸じん用の穴あきタイプになっていますので、取り付ける際にラバーパッドの穴に合うように取り付けてください。
    • p. 25/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 23 PSM サンダー①を取り付ける・取り外す ◆ けがの発生を防ぐため、PSM サンダーを取り 付けたり取り外したりするときは、電源プラグを電源コンセントから抜いて作業を行ってください。 取り付け 1. ホース②に PSM サンダー①を「カチッ」と音がするまで、差し込みま す。 ホース②の凸部が PSM サンダー①の穴にはまるように差し込んでください。 取り外し 1. ホース②を左(反時計方向)に回しながら、引き抜きます。
    • p. 26/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 24 作業する ◆ 引火性・爆発性・発火性のゴミや高温または燃えているゴミ を吸引しないでください。また、それらのものの近くで使用しないでください。爆発や火災の危険があります。 ◆ 石こうボード等の微細な粉じんは、吸引しないでください。◆ 木材の切りくず、接着剤の残りかす、シリコーンを含む物質 を吸引しないでください。 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. PSM サンダー①の「ON/OFF
    • p. 27/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 25 スイッチの ON/OFF スイッチ ON :「ON/OFF スイッチ」を先端方向にスライドさせなが ら押し込みます。 スイッチ OFF :「ON/OFF スイッチ」の後方を押します。 スイッチが後方に戻り、PSM サンダー①が停止します。 3. 作業が終わったら、「ON/OFF スイッチ」を“OFF”にします。 4. 「メインスイッチ③」を押します。 本体が停止します。 研削・研磨作業 サンディングペーパー全体を加工面に当て、材料上を適度の圧力で動かして作業を行ってください。
    • p. 28/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 26 ◆ 発火する恐れがあります。材料や PSM サンダー本体を過熱 させないように作業してください。 長時間の加工は行わないでください。VENTARO 本体が熱くなったときは、作業を中止し、モーターを冷やしてください。 次の表は、研削・研磨作業での作業ヒントです。作業に応じて参考にしてください。 サンディングペーパー粒度 材 料 粗削り 仕上げ 塗装はがし (金 属) 180 - 塗装はがし(木 材) 40
    • p. 29/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 27 ラバーパッドを交換する 作業に応じて、ラバーパッドを交換してください。 1. サンディングペーパーを取り外します。 2. SDS レバーを矢印の方向にいっぱ いにずらします。 3. ラバーパッドの端を持ち、引きは がします。 4. 新しいラバーパッド、または回転 させたラバーパッドを、取り付け部に挿入します。 5. SDS レバーを元の位置に戻します。 ラバーパッドが固定されます。 確実にラバーパッドが取り付けられているか、確認してください。
    • p. 30/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 28 ブロワ用ノズルを使用して作業する (エアマット等からの空気抜き) 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. ホース②に 35 ㎜φアダプターを「カチッ」と音がするまで、差し込み ます。 ホース②の凸部が 35 ㎜φアダプターの穴にはまるように差し込んでください。 2. 35 ㎜φアダプターにブロワ用ノズルを差し込みます。 3. ブロワ用ノズルをエアマット等に差し込みます。
    • p. 31/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 29 ブロワ(送風機)として使用する 作業前の準備をする ◆ けがの発生を防ぐため、電源プラグを電源コ ンセントから抜き、取り付け・取り外し作業をしてください。 ホースを取り付ける・取り外す 取り付け 1. ホース接続用カバーがホース接続部にはめ込まれているか確認しま す。 2. クリーナー用アダプターのフックを内側に押しながら、クリーナー用 アダプターを取り外します。 3. ブロワアダプターの凸部を本体の凹部に差し込み、ブロワアダプター
    • p. 32/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 30 4. ブロワアダプターの矢印マークとホース②の矢印マークが合うよう に、ブロワアダプターにホース②を「カチッ」と音がするまで差し込みます。 取り外し 1. ホース②を左(反時計方向)に回しながら、引き抜きます。 2. ブロワアダプターのフックを内側に押しながら、ブロワアダプターを 取り外します。 3. クリーナー用アダプターの凸部を本体の凹部に差し込み、クリーナー 用アダプターをはめ込みます。 ブロワ用ノズルを取り付ける
    • p. 33/44
      03 VENTARO 使い方.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 55 分 31 作業する 作業中、タンクキャップのバルブをふさがないよう、注意してください。 1. 電源プラグを電源コンセントに差し込みます。 2. 「メインスイッチ③」を押します。 ブロワ用ノズルの穴を指でふさぐことにより、風量の調整ができます。 3. 作業が終わったら、再度「メインスイッチ③」を押してください。 本体が停止します。
    • p. 34/44
      04 VENTARO 困ったときは.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 3 時 19 分 32 故障かな?と思ったら ① 『取扱説明書』を読み直し、使い方に誤りがないか確かめます。 ② 次の代表的な症状が当てはまるかどうか確かめます。 症 状 原 因 対 処 作動しない 電源プラグが電源コンセントに差し込まれていない 電源プラグを電源コンセントに確実に差し込む 「メインスイッチ③」を“OFF”にしても作動したまま止まらない 内部パーツ不良 修理を依頼 吸引が弱い 内部パーツ不良 修理を依頼
    • p. 35/44
      04 VENTARO 困ったときは.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 3 時 19 分 33 症 状 原 因 対 処 PSM サンダー①の吸引が弱い ラバーパッドの吸じん穴が目詰まりしている ラバーパッドの吸じん穴を清掃する サンディングペーパーとラバーパッドの穴がずれている サンディングペーパーを正しく取り付ける PSM サンダー①の研磨量が少ない サンディングペーパが摩耗している 新品と交換する PSM サンダー①を材料に強く押し当てすぎている ストロークが落ちない程度に材料に当てる
    • p. 36/44
      04 VENTARO 困ったときは.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 3 時 19 分 34 修理を依頼するときは ◆ 『故障かな?と思ったら』を読んでもご不明な点があるときは、お買い 求めの販売店または弊社コールセンターフリーダイヤルまでお尋ねください。 ◆ 修理を依頼されるときは、お買い求めの販売店またはボッシュ電動工具 サービスセンターにご相談ください。 ◆ この製品は厳重な品質管理体制の下に製造されています。万一、本取扱 説明書に書かれたとおり正しくお使いいただいたにもかかわらず、不具合(消耗部品を除きます)が発生した場合は、ボッシュ電動工具サービスセンターまでご連絡ください。
    • p. 37/44
      05 VENTARO お手入れと保管.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 35 ◆ お手入れのときは、電源プラグを電源コンセ ントから抜いてください。 クリーニング 通風口などに付いたゴミ、ホコリを取り除く 乾いた、柔らかい布で本体の汚れをふき取る 変色の原因になるベンジンなど、溶剤を使 わないでください。 保 管 電動ベンチレーションシステムや PSM サンダーを使った後は、 きちんと保管する ● 子供の手が届くところ、または錠が掛 からないところに置かない。 ● 風雨にさらされたり、湿度の高いとこ
    • p. 38/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 36 別売アクセサリー ラバーパッド 品番:2 608 601 181 延長ラバーパッド 用途:本体の入らない皿に狭い場所の研磨 に 品番:2 608 000 200 曲面フィンガーパッド 用途:曲面や、くぼみあるいはアーチ型表 面の研磨に 品番:2 608 000 198 フラットフィンガーパッド 用途:細長い溝部の研磨に 品番:2 608 000 199
    • p. 39/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 37 サンディングペーパー :軟硬材、金属の研磨(10 枚) #40 品番:2 608 607 407 #80 品番:2 608 607 408 #120 品番:2 608 607 409 #180 品番:2 608 607 410 :木材、金属よりの塗装はがし(10 枚) #40 品番:2 608 607 402 #80 品番:2 608 607 403 #120 品番:2 608 607 404 #180
    • p. 40/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 38 サンディングクロスセット (細目・中目 各1) 品番:2 608 607 419 ペーパーバッグ (5枚入) 品番:2 605 411 217 電動工具本体との接続 (2006 年3月現在)
    • p. 41/44
      06 VENTARO 付録.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 58 分 39 クリーナー用アクセサリーとの接続 (2006 年3月現在) ※樹脂パイプと吸引力調整ノズルはそれぞれ単独では使用できません。 その他ノズル類・ブラシを接続してお使いください。
    • p. 42/44
      07 VENTARO メモ.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 午後 2 時 59 分 MEMO
    • p. 43/44
      08 VENTARO 裏表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 3:28:13 PM
    • p. 44/44
      08 VENTARO 裏表紙.doc 2006 年 8 月 9 日(水) 3:28:13 PM 2 609 932 544 (06.08) EM A- VEN TAR O
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.