Family Marker Bf-1000E

取扱説明書とユーザーガイド - Family Marker Bf-1000E Brother

Family Marker Bf-1000E Brother の取扱説明書やユーザーガイドが2以上あります。

  • Brother Family Marker Bf-1000E (ページ: 204)

    目次
    • p. 1/204
      ȿșҰɁໄ϶ ȿșҰȾ॒ᛵȽໄ϶ɥᝢ஥ȪɑȬǿ ȿȗ஁Ɂژట ژటɁȿȗ஁Ȼ˨ਖ਼ȾȿșɽʎȽȼɥᝢ஥ȪɑȬǿ ȗɠȗɠȽȿȗ஁ ȗɠȗɠȽȿȗ஁ȻȰɁΈȗ஁ɥᝢ஥ȪɑȬǿ ҨȪɘș ҨȪɘșɁਖ਼ᬲɥᝢ஥ȪɑȬǿ ͇᧸ ʩʁʽɁȝਖ਼оɟȻٌȶȲȻȠɁߦѿ஁ศȽȼɥጳ̿ȪɑȬǿ ǴȧΈႊȾȽɞҰȾ॒ȭ՘੥ᝢ஥ంɥȝᝣɒȾȽɝǾඩȪȢȝΈȗȢȳȨȗǿ Ǵ՘੥ᝢ஥ంɂȽȢȨȽȗɛșȾ۾ҒȾίከȪǾȗȷȺɕਖ਼ȾȻȶȹ᛻ɜɟɞɛșȾȪȹȢȳȨȗǿ ҨȪɘșൡ͇ɽʽʞʯ˂ʉ˂ʩʁʽ ÅÍÖ¸±ʁʴ˂ʄ ՘੥ᝢ஥ం
    • p. 2/204
    • p. 3/204
      1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — はじめに このたびは、本製品をお買い上げいただきまことにありがとうございます。お使いになる前に、下記「安全にお使いいただくために」をよくお読みいただき、この取扱説明書をご覧になり各機能の正しい使い方を十分にご理解の上、末永くご愛用ください。また、取扱説明書は読み終わったあともいつでもご覧になれるところに保管してください。
    • p. 4/204
      2 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 本製品を安全にお使いいただくために、次のことがらを守ってください。 ឬ֖ า৙ ● 必ず一般家庭用電源 AC100V の電源で使用してください。それ以外の電源で使用すると、火災・感 電・故障の原因となります。 ● 次のようなときは電源スイッチを切り、電源プラグを抜いてください。火災・感電・故障の原因と
    • p. 5/204
      3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — า৙ ● 長期間使用しないときは、必ず電源プラグをコンセントから抜いてください。火災の原因となり ます。 ● 直射日光の当たるところや、ストーブ、アイロンなど火の気のあるもののそばや温度の高いとこ ろでは使用しないでください。ミシンの使用温度は 0 ~ 40 ℃です。ミシン内部の温度が上がったり、ミシン本体や電源コードの被膜が溶けて火災・感電の原因となります。
    • p. 6/204
      4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — า৙ ● ミシン本体の換気口や内部に異物を入れたり、ドライバーなどを差し込まないでください。高圧 部に触れて感電のおそれがあります。万一、異物が入った場合は、使用をやめてお近くの販売店または「お客様相談室 ( ミシン 119 番 )」フリーダイヤル 0120-340-233 にご連絡ください。 ●
    • p. 7/204
      5 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — า৙ お願い ● このミシンは日本国内向け、家庭用です。外国では使用できません。 This sewing machine cannot be used in a foreign country as designed for Japan.職業用としてご使用になった場合の保証はいたしかねますので、ご了承ください。
    • p. 8/204
      — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 6 もくじ はじめに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1安全にお使いいただくために
    • p. 9/204
      7 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 上手にぬうコツ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68 試しぬいをする . . . . . .
    • p. 10/204
      — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 8 刺しゅう . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 131 きれいに刺しゅうをするには . . . . . . . . .
    • p. 11/204
      製品の特長 9 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 製品の特長 実用模様・文字をぬうことができます。また、刺しゅう機で、ワンポイント模様・枠模様・文字を刺しゅうすることもできます。 実用模様・飾り模様・文字をぬうことができます。また、別売りの刺しゅう機をご購入すると、ワンポイント模様・枠模様・文字を刺しゅうすることもできます。
    • p. 12/204
      10 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付属品を確認してください 箱をあけたら、まず以下の付属品が揃っているか確認してください。不足しているときや破損しているときは、お買い上げの販売店にお問い合わせください。 付属品 ■ ミシンカバー ミシンを使用しないときは、カバーをかぶせて収納してください。 ■ 電源コード 電源ジャックに差し込みます。
    • p. 13/204
      付属品を確認してください 11 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ リッパー ぬい目をほどいたり、ボタン穴を切り開くときに使用します。 ■ はさみ 糸などを切ります。 ■ 押え ぬい方に合った押えが 7 種類用意されています。詳細は、 「押えを交換する」 (→ P.44)で説明します。 † ジグザグ押え <J> 押え固定ピンが付いています。
    • p. 14/204
      12 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 刺しゅう機 刺しゅうをするときにミシンに取り付けます。 ■ 刺しゅう押え <Q> 刺しゅうをするときに使用します。 ■ 刺しゅう枠 [M] 刺しゅうをするときに布地を張ります。10 × 10cm までの刺しゅうができます。 ■ 刺しゅうシート 刺しゅう枠に、印を付けた布を張るとき、位置を合わせるために使用します。(
    • p. 15/204
      付属品を確認してください 13 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ ソーイングネットチラシ ブラザー「ソーイングネット」へのユーザー登録の方法を紹介しています。 ■ ダウンロードガイド インターネットから刺しゅうデータをダウンロードする手続きを紹介しています。
    • p. 16/204
      14 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 別売品 別売品として次の製品を用意しています。お買い上げの販売店、または「お客様相談室(ミシン 119 番) 」 (フ リーダイヤル 0120-340-233)にお問い合わせください。 ■ フットコントローラー ミシンを足で操作するときに使用します。 (モデル:FC32291) 型式 MODEL
    • p. 17/204
      付属品を確認してください 15 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 刺しゅう糸 ウルトラポス 39 色セット (モデル:ETS39) ウルトラポス 23 色セット (モデル:ETS23) ウルトラポス 22 色セット (モデル:ETS22) カントリー糸 40 色セット (モデル:CTS40) カントリー糸 21 色セット (モデル:CTS21)
    • p. 18/204
      16 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 各部の名前とはたらき ここでは、ミシンの各部の名前とはたらきを説明します。ミシンを使用する前に、よく読んで名前を覚えておきましょう。 前面 a 糸案内カバー ( → P.29) 下糸をボビンに巻くときや、上糸を通すときに糸をかけます。 b 上糸案内 ( → P.29) 下糸をボビンに巻くときや、上糸を通すときに糸をかけます。
    • p. 19/204
      各部の名前とはたらき 17 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 針・押え部分 a ボタン穴かがりレバー ボタン穴かがりやかんどめをするときに使用します。 b 糸案内皿 針穴に糸を通すときに糸をかけます。 c 針のとめネジ 針を固定します。 d 針棒糸かけ 上糸をかけます。 e 針板 まっすぐにぬうための目盛りが付いています。 f 押えレバー
    • p. 20/204
      18 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 操作スイッチ 操作スイッチで、ミシンの基本的な操作が簡単に行えます。 a スタート/ストップスイッチ ミシンをスタートさせるときとストップさせるときに押します。ぬい始めとスイッチを押している間はゆっくりとぬいます。購入時は、針が下がった(布地に刺さった)状態でストップするように設定されています。スイッチはミシンの状態によって色が変わります。
    • p. 21/204
      各部の名前とはたらき 19 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 操作パネル 前面の操作パネルで、模様を選択したり設定したりすることができます。 a 液晶画面 選択した模様やメッセージが表示されます。液晶画面に表示されるキーをタッチペンまたは指で押して操作します。詳細は、 「液晶画面の操作」 (→ P.24)で説明します。 b 戻るキー
    • p. 22/204
      20 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
    • p. 23/204
      1 ぬう前の準備 ここでは、ぬう前に必要な準備を説明します。 電源を入れましょう . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22 液晶画面の操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
    • p. 24/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 22 電源を入れましょう ミシンの電源を入れます。 電源に関する注意 電源について気をつけるべきことを説明します。 ឬ֖ า৙ ● 一般家庭用電源 AC100V の電源以外では、絶対に使用しないでください。火災・感電・故障の原因 となります。 ● 次のようなときは電源スイッチを切り、電源プラグを抜いてください。火災・感電・故障の原因と
    • p. 25/204
      電源を入れましょう 23 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 電源を入れる 付属の電源コードを用意します。 a ミシン本体右側面の電源スイッチの左側(○側)が押されて電源スイッチが 「切」になっていることを確認します。 b 本体右側面の電源ジャックに電源コードを差し込みます。 c 電源プラグを家庭用電源コンセント (AC100V)に差し込みます。
    • p. 26/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 24 液晶画面の操作 ミシン本体前面の液晶画面には、選択した模様の設定値やメッセージが表示されます。液晶画面右横の操作キーを押して表示を切り替えて、タッチペンまたは直接指で液晶画面に触れて操作します。操作キーについては、 「操作パネル」 (→ P.19)を参照してください。 液晶画面の見方 電源を入れると液晶画面が点灯します。次に液晶画面に表示されるメッセージに従ってタッチペンまたは指で液晶画面に触れると、次の実用模様の選択画面が表示されます。
    • p. 27/204
      液晶画面の操作 25 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 ミシンの設定を確認・変更する 設定画面で、ミシンの設定を確認、変更することができます。各設定値とアイコンの説明は、下の表を参照してください。操作のしかたは次ページで説明します。 お知らせ ● 上記の反転表示は購入時の初期設定です。 項目 表示 内容 設定 針位置
    • p. 28/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 26 a 電源を入れます。 上記の反転表示は購入時の初期設定です。 X 液晶画面が点灯します。 b 操作パネルの (設定キー)を押し ます。 X 設定画面が表示されます。 c 設定を確認・変更します。 (前ページキー) (次ページキー) で画面を切り替えます。 [例]針位置を上に変更する場合 d 終わったら、 (
    • p. 29/204
      液晶画面の操作 27 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 ミシンの使い方を確認する 次の項目については、簡単な説明を液晶画面に表示させて確認することができます。上糸セット・下糸巻き・下糸セット・針交換・刺しゅう機取り付け/取り外し・刺しゅう枠取り付け/取り外し・刺しゅう押え取り付け・押え交換 a 電源を入れます。 X 液晶画面が点灯します。
    • p. 30/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 28 糸をセットしましょう 下糸用の糸を巻いたボビンをセットしたあと、上糸用の糸を通します。 下糸を巻く 下糸用の糸をボビンに巻きます。糸こまとボビンを用意します。 า৙ a 電源を入れます。 b ボビンのミゾと下糸巻き軸のバネの位置を合わせて、ボビンを下糸巻き軸に差し込みます。 c ボビンを右側へカチッと音がするまで押します。
    • p. 31/204
      糸をセットしましょう 29 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 e 下糸用の糸こまを糸たて棒にいっぱいまで差し込みます。 糸こまを横にして、下側から手前に糸が出る向きで差し込みます。 お知らせ ● 刺しゅうをするときは、ブラザー刺しゅう専 用下糸を使用してください。 f 糸こま押えを糸たて棒に差し込み、糸たて棒をもとの位置に戻します。
    • p. 32/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 30 i 糸を引いて下糸巻き案内の凸部に糸を引っかけ、皿の間に左回りに糸をかけてしっかり奥まで入れます。 糸が皿の下に確実に通っていることを確認してください。 j 糸を時計まわりに5~6回ボビンに巻きつけます。 引き出した糸がたるまないように左手で持ち、右手で糸端をボビンに巻きつけます。 า৙ k 糸の端をボビン受け座のガイドミゾに引っかけて右へ引き、カッターで糸を切ります。
    • p. 33/204
      糸をセットしましょう 31 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 m (スタート/ストップスイッチ)を 1 回押します。 フットコントローラーが接続されている場合は、フットコントローラーを踏みます。 X ボビンが回転して下糸巻きがスタートし、液晶画面に「下糸巻き中」と表示されます。 お願い ● 下糸巻き中は、ミシンのそばを離れないでく
    • p. 34/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 32 ■ ボビン受け座の下に糸がからまってしまったら 糸が下糸巻き案内の皿の下に確実に通っていない状態で下糸を巻くと、ボビン受け座の下に糸が巻かれてしまうことがあります。 (→ P.30) そうなった場合は、以下の手順に従ってボビン受け座の下に巻かれた糸をほどいてください。 า৙ a ボビン受け座の下に下糸がからまり始めたら、
    • p. 35/204
      糸をセットしましょう 33 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 下糸をセットする 下糸を巻いたボビンをかまにセットします。 า৙ お知らせ ● ボビンをセットするときの糸の通し方は、針 板カバーにも表示されています。 a (針上下スイッチ)を1回または2回 押して針を上に上げ、押えレバーを上げます。 b 電源を切ります。
    • p. 36/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 34 f 右手でボビンをかまに入れます。 า৙ g 右手でボビンを軽く押さえ、左手で糸を引きます。 h 図のように、右手でボビンを軽く押さえながら、ミゾにそって糸を通します。このとき、ボビンが左回りに軽く回ることを確認してください。そのあと、手前に引きカッターで糸を切ります。 お願い ● 内かまの板バネの間に確実に糸が入っていな
    • p. 37/204
      糸をセットしましょう 35 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 ■ 下糸を引き出してからぬう ギャザーやフリーモーションキルトなどをするときは、あらかじめ下糸を引き出しておきます。 a 「上糸を通す」 (→ P.36)を参照して、上 糸を通します。 b 「下糸をセットする」 (→ P.33)の c ~ f に従って、ボビンをかまに入れます。
    • p. 38/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 36 上糸を通す 上糸用の糸こまをセットし、針に糸を通します。 า৙ a 電源を入れます。 b 押えレバーを上げます。 X 押えが上がります。 お知らせ ● 押えが下がった状態で上糸を通すことはでき ません。 プーリーの 印 ● 上糸は、手順に従って正しく通してく ださい。上糸を正しく通していない場合、糸がからんで針が折れたり曲がったりするおそれがあります。
    • p. 39/204
      糸をセットしましょう 37 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 c (針上下スイッチ)を1回または2回 押して、針を上げます。 お願い ● 針が確実に上がっているときは、プーリーの 印が下図のように上になります。必ず、プーリーの印が上にきていることを確認してください。印がこの位置にきていないときは、針上下スイッチで針を上に上げてから、以降の操作をしてください。
    • p. 40/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 38 i 糸を糸案内カバーの奥から手前へかけます。 引き出した糸がたるまないように右手で糸を持ち、左手で糸案内カバーにかけます。 お願い ● 糸がたるまないよう、必ず右手で糸を持ち、 左手で糸案内カバーに糸をかけてください。板バネに正しく糸がかからず、糸調子不良の原因となります。 ● 糸案内カバーに糸をかける前に、押えレバー
    • p. 41/204
      糸をセットしましょう 39 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 n 針棒糸かけにかけた糸を左へ引き、糸ガイドのミゾに糸をかけます ( ① )。糸案内皿 <7> のすき間に手前から糸をしっかり奥まで入れます ( ② )。 お願い ● 糸が糸ガイドのミゾに確実に通っていること を確認してください。 o ミシン本体左側面の糸切りに糸を引っかけて切ります。
    • p. 42/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 40 q 糸通しレバーをゆっくりと上へ戻します。 r 押えレバーを上げ、針穴に通った糸の、輪になった部分を持ってゆっくりと後ろに引き出します。 า৙ s 糸端を押えの間に通し、 後ろ側へ5cm ほ ど引き出します。 X 上糸通しが完了します。 า৙ ■ 手で針に糸を通すとき 糸通し装置が使用できないメタリック糸やナイロン透明糸などの特殊な糸、別売のウィングニードルなどを使用するときは、次の手順で針に糸を通します。
    • p. 43/204
      針を交換する 41 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 針を交換する า৙ 布地と糸の種類による針の使い分け ミシン針は、布地や糸の太さによって使い分けます。次の表を参考にして、布地に合った糸と針を選択してください。 お願い ● 20 番以下の太い糸は使用しないでください。 故障の原因となります。 お知らせ z 糸は数字が小さいほど太く、針は数字が大き
    • p. 44/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 42 正しい針の見分け方 曲がった針は、使用中に折れるおそれがあり大変危険です。使用する前に、針の平らな面を平らな板などに合わせて確認し、すき間が平行にならない針は使用しないでください。 針を交換する 「正しい針の見分け方」で確認した正しい針と、付属 のドライバーを用意します。 a (針上下スイッチ) を 1 回または
    • p. 45/204
      針を交換する 43 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 d 押えレバーを下げます。 X 押えが下がります。 e 針のとめネジをゆるめ、針を抜きます。 左手で針を持ち、右手でドライバーを手前に回します。 お願い z とめネジをしめたりゆるめたりするときに、 無理な力を加えないでください。故障の原因となります。 f 新しい針の平らな面が後ろ側になるように、針を針棒に差し込みます。
    • p. 46/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 44 押えを交換する า৙ 押えを交換する 押えの取り外し方と取り付け方を説明します。 お知らせ z 刺しゅう押え < Q > の取り付け方は、 「刺しゅ う押え < Q > を取り付ける」 (→ P.134)で説 明します。 z 購入時は、ジグザグ押え<J>が取り付けられ ています。 a
    • p. 47/204
      押えを交換する 45 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 f 押えレバーをゆっくり下げて、押えホルダーのミゾを押えのピンにはめます。 X 押えが押えホルダーに取り付けられます。 g 押えレバーを上げて、押えが確実に取り付けられていることを確認します。 お願い z 模様を選択すると、使用する押えが液晶画面 の左上に表示されます。ぬい始める前に押えを確認し、他の押えが取り付けられている場合は、手順に従って正しい押えを取り付けてください。
    • p. 48/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 46 押えホルダーを取り外す 刺しゅう押え < Q > や別売のウォーキングフットを使用するとき、またお手入れをするときは、押えホルダーを取り外します。付属のドライバーを用意します。 า৙ a 「押えを交換する」 (→ P.44)の手順に 従って、押えを取り外します。 b 押えホルダーのネジをゆるめます。
    • p. 49/204
      筒ものをぬう 47 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬう前の準備 筒ものをぬう 筒ものをぬうときは、フリーアームにすると便利です。 フリーアームにする そで口やズボンのすそなどの小さな筒ものをぬうときは、補助テーブルを取り外してフリーアームにします。 a 補助テーブルを左へ引いて取り外します。 X フリーアームになります。 b 布地をアームに通し、布地を回しながらぬっていきます。
    • p. 50/204
      ぬう前の準備 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 48
    • p. 51/204
      2 ぬい方の基本 ここでは、基本のぬい方と上手にぬうコツなどを説明します。 ぬってみましょう . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50 ぬい目を調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
    • p. 52/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 50 ぬってみましょう ここでは、基本のぬい方を説明します。 า৙ ソーイングの手順 ミシンをかけるときの基本の手順は次のとおりです。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ● ミシン操作中は、針の動きに十分注意してください。また、針、プーリー、てんびんなど、動 いているすべての部品に手を近づけないでください。けがの原因となります。
    • p. 53/204
      ぬってみましょう 51 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬい方の基本 模様の種類 模様は、実用模様・飾り模様・サテンステッチ・実用飾り模様・クロスステッチ・飾りサテン・アルファベット 3 種類・ひらがな/カタカナの 10 グループの模様があります。模様の種類は、操作早見表の「模様一覧」( → P.72) を参照してください。 a
    • p. 54/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 52 d 操作パネルの (実用/文字模様 キー)を押します。 X 模様グループの選択画面が表示されます。 e 模様グループを選択します。 X 模様の選択画面が表示されます。 f 模様を選択します。 (前ページキー)で前の画面、 (次 ページキー)で次の画面が表示されます。 お知らせ ● 画面を指で押しにくい場合は、付属のタッ
    • p. 55/204
      ぬってみましょう 53 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬい方の基本 [例] 「BUS」を選択する場合 ■ ひらがな/カタカナを選ぶ a 「模様を選ぶ」 (→ P.51) の a ~ d に従っ て、模様グループの選択画面を表示させます。 b を押します。 c 文字を選択します。 行を選択してから文字を選択します。 を押すと、ひらがな/カタカナが切り替わ
    • p. 56/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 54 [例] 「一年かとう」を選択する場合
    • p. 57/204
      ぬってみましょう 55 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬい方の基本 布地をセットする 布地の表・裏や、ぬう順番に注意して布地をセットします。 a 電源を入れます。 b (針上下スイッチ) を 1 回または 2 回 押して、針を上に上げます。 c 押えの下に布地を置きます。 お知らせ z ぬいしろが右側になるように置くと、まっす
    • p. 58/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 56 ミシンをスタートさせる 準備ができたらミシンをスタートさせます。操作スイッチの (スタート/ストップスイッチ)または 別売のフットコントローラーで操作します。 「フット コントローラー(別売)を使う」 (→ P.57)を参照し てください。 お知らせ z フットコントローラーをミシン本体に接続し ているときは、
    • p. 59/204
      ぬってみましょう 57 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬい方の基本 ■ フットコントローラー ( 別売 ) を使う 別売のフットコントローラーをミシン本体に接続して、足で踏んで操作します。 a 電源を切ります。 お願い z フットコントローラーを接続するときに、 誤ってミシンがスタートしないよう、必ず電源を切ってください。 b
    • p. 60/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 58 า৙ 返しぬい/止めぬいをする ぬい始めとぬい終わりは、糸の端がほつれないように返しぬいまたは止めぬいをします。 ■ 返しぬいをする 返しぬいは、 1 ・ 3 ・ 7 の模様に設定されて います。他の模様 ( またはそれ以外の模様 ) は“止めぬい”に設定されています。返しぬい/ 止めぬいの設定の詳細は、
    • p. 61/204
      ぬってみましょう 59 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬい方の基本 c 3 ~ 5 針ほどぬったら、 (返しぬいスイッチ)を押します。 ぬい始めの位置に戻るまで (返しぬいス イッチ)を押したままにします。 X (返しぬいスイッチ)を押している間、 後ろに向かって針が進みます。 d ぬい始めの位置まで戻ったら、 (返しぬいスイッチ)から手を離します。
    • p. 62/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 60 糸を切る ぬい終わったら、糸を切ります。操作スイッチの (糸切りスイッチ)またはミシン本体左側面の糸 切りを使用します。 ■ 操作スイッチを使う a ぬい終わりの位置で、 (糸切りスイッチ)を 1 回押します。 X 糸が切れ、針が上に上がります。 お願い ● 押えが上がっていると、糸切りスイッチで糸 を切ることができません。
    • p. 63/204
      ぬい目を調節する 61 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬい方の基本 ぬい目を調節する ジグザグの振り幅やぬい目の長さは、あらかじめ模様ごとの適切な数値に設定されています。必要に応じて設定を変更するときは、液晶画面の を押したあと、次の説明に従って操作してください。 お願い z 模様によって、変更できない設定もあります。詳細は、「模様一覧」(→
    • p. 64/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 62 ぬい目の長さを調節する ぬい目の長さをあらくしたり細かくしたりすることができます。 ぬい目の長さの を押すごとに、ぬい目が細かくな ります。 ぬい目の長さの を押すごとに、ぬい目があらくな ります。 ・ を押すと、もとの数値に戻ります。 お知らせ z と表示されているときは、設定を変更す ることができません。
    • p. 65/204
      ぬい目を調節する 63 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬい方の基本 お願い ● ぬい終わったとき、針板ふたを外して糸が下 図のように見えることを確認してください。糸が下図のようにならないときは、内かまの板バネの間に下糸が入っていません。下糸を正しく入れなおしてください。( → P.34) ■ 上糸が弱いとき 布地の裏に上糸が見えます。
    • p. 66/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 64 便利な機能 ここでは、役に立つ便利な機能を説明します。 自動で返しぬい/止めぬいをする ぬい始めとぬい終わりに、自動で返しぬいまたは止めぬいをするように設定します。選択した模様によって、自動で返しぬいまたは止めぬいに設定されます。返しぬい / 止めぬいの設定の詳細は、 「模様一覧」 (→ P.72)を参照してください。
    • p. 67/204
      便利な機能 65 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬい方の基本 お知らせ z ぬう方向を変えるときなど、返しぬいをせず にミシンを途中で止めたいときは、 (スタート/ストップスイッチ)を押してください。自動で返しぬい / 止めぬいをせずにミシンが止まります。ぬい終わりで (返しぬいスイッチ)を押し てください。 自動で糸を切る ぬい終わりに自動で糸を切るように設定します。これを「プログラム糸切り」といいます。プログラム糸切りを設定すると、自動返しぬい/止めぬいも一緒に設定されます。
    • p. 68/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 66 d 布 地 を セ ッ ト し、 (ス タ ー ト / ストップスイッチ)を 1 回押します。 X 返しぬいまたは止めぬいをしてから、ぬい始めます。 e ぬい終わりの位置まできたら、 (返しぬいスイッチ)を 1 回押します。 ボタン穴かがりやかんどめなど、止めぬいが含まれている模様を選択したときは、この操作は必要ありません。
    • p. 69/204
      便利な機能 67 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬい方の基本 模様の設定を記憶させる ジグザグの振り幅やぬい目の長さ、自動糸切りや自動止めぬいは、あらかじめ模様ごとに設定されています。実用模様では、これらの設定を変更して記憶させることができます。変更した設定は、電源を落としてもミシンに記憶されています。 [ 例]直線のぬい目の長さを、いつも
    • p. 70/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 68 上手にぬうコツ ここでは、上手にぬうためのコツを説明します。ソーイングをするときの参考にしてください。 試しぬいをする 本製品は、模様を選択すると、自動的に適切な模様の幅と長さが設定されるようになっています。しかし、布地の種類やぬい方によっては必ずしも思い通りにならないことがあるので、試しぬいをするようにしましょう。試しぬいは、実際に使用する布地のはぎれと糸を使用して、糸調子や模様の幅・長さを確認します。ぬい方や、布地を何枚重ねてぬうかによってもぬった結果は異なるので、実際にぬうものと同じ状態で試しぬいをします。
    • p. 71/204
      上手にぬうコツ 69 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬい方の基本 ■ ぬい始めに段差があって布地を送ることができ ないとき 図のように布地に段差があり、押えが傾いてしまい、布地が送られない場合があります。その場合は、押え固定ピン ( ジグザグ押え <J> 左側の黒いボタン ) の機能を使って、押えを水平にしてぬうと、スムーズに布地を送ることができます。
    • p. 72/204
      ぬい方の基本 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 70 伸びる布地をぬう あらかじめしつけをして、布地を引っ張らないようにぬいます。 また、ニット用の糸を使用したり伸縮ぬいを使用すると、きれいにぬうことができます。 4 5 9 10 34 ビニールや皮をぬう ビニールコーティングや皮革など、押えに貼り付いてぬいにくい素材には、別売のウォーキングフットを使用します。
    • p. 73/204
      3 いろいろなぬい方 ここでは、いろいろなぬい方とその使い方を説明します。 模様一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72 ぬいしろを始末する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
    • p. 74/204
      72 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 模様一覧 実用模様 名称 模様 押え 用途 振り幅 ぬい目の長さ 返しぬいスイッチ ウォーキングフット 自動 手動 自動 手動 直線 左 1 J 地ぬい、ギャザー、ピンタックなど 0.0 0.0 ~ 7.0 2.5 0.2 ~ 5.0 返しぬい × 2 J 地ぬい、ギャザー、ピンタックなど 0.0 0.0
    • p. 75/204
      模様一覧 73 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — まつりぬい 17 R 普通地のまつりぬい 00 3 ← ~ → 3 2.0 1.0 ~ 3.5 止めぬい × 18 R 伸びる布地のまつりぬい 00 3 ← ~ → 3 2.0 1.0 ~ 3.5 止めぬい × アップリケ 19 J アップリケ 3.5 2.5 ~
    • p. 76/204
      74 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 飾りぬい 35 J 飾りぬい 4.0 0.0 ~ 7.0 3.0 2.0 ~ 4.0 止めぬい × 36 J 飾りぬい 4.0 0.0 ~ 7.0 2.5 1.0 ~ 4.0 止めぬい × 37 J 飾りぬい 5.5 0.0 ~ 7.0 1.6 1.0 ~ 4.0 止めぬい × 38 N 飾りぬい、ゴムひも付け
    • p. 77/204
      模様一覧 75 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — * :別売のサイドカッターを使用します。 ボタン穴かがり 56 A 普通地・厚地のはとめ穴 7.0 3.0 ~ 7.0 0.5 0.3 ~ 1.0 自動止め ぬい × 57 A 厚地・毛足の長い布地の横穴 7.0 3.0 ~ 7.0 0.5 0.3 ~ 1.0 自動止め
    • p. 78/204
      76 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — その他の模様 * 調整用模様 名称 模様 押え 大きさ 密度 長さ・幅 変更 左右反転 飾り模様 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 N - × ○ ○ 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30* サテン ステッチ 1 2
    • p. 79/204
      模様一覧 77 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 文字模様 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 37 38 39 41 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 44 45 46 42 43 40
    • p. 80/204
      78 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 123 124 125
    • p. 81/204
      ぬいしろを始末する 79 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ぬいしろを始末する 裁断した布端がほつれないように、たち目かがりをします。たち目かがりに使用できる模様は、全部で 15 模様あります。使用する押えごとにぬい方を説明します。 たち目かがり押え <G> を使ったたち目かがり 次の 3 模様を選択したときは、たち目かがり押え
    • p. 82/204
      80 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ジグザグ押え <J> を使ったたち目かがり 次の 7 模様を選択したときは、ジグザグ押え <J> を使用します。 า৙ a ジグザグ押え <J> を取り付けます。 ・ 「押えを交換する」 (→ P.44)を参照してくだ さい。 b 模様を選択します。 ・ 「模様を選ぶ」
    • p. 83/204
      ぬいしろを始末する 81 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — サイドカッター押え <S> ( 別売 ) を使ったたち目かがり 別売のサイドカッター押え < S > を使用して、布端を切りながらぬいしろを始末することができます。液晶画面で模様に「S」と表示されている次の 5 模様から選択します。
    • p. 84/204
      82 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 上糸はサイドカッター押え<S>の下を通して、後ろ側に引き出します。 f 模様を選択します。 ・ 「模様を選ぶ」 (→ P.51)を参照してください。 g 布地のぬい始めの部分に 2cm の切り込みを入れます。 h 布地をセットします。 布地の切り込みを入れた右の部分を、サイドカッター押え <
    • p. 85/204
      布をぬい合わせる / しつけぬいをする 83 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 布をぬい合わせる / しつけぬいをする 基本となる直線ぬいをします。直線ぬいは、次の 5 模様から選択します。 ※地ぬいとは、2枚以上の布をぬい合わせることです。 า৙ しつけぬい 5mm の長さのぬい目でしつけぬいをします。 a ジグザグ押え
    • p. 86/204
      84 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d プーリーを手前に回してぬい始めの位置に針を刺します。 e 押えレバーを下げ、ミシンをスタートさせます。 ・ 「ミシンをスタートさせる」 (→ P.56)を参照 してください。 ・ 返しぬいをする場合は、 「返しぬい/止めぬい をする」 (→ P.58)を参照してください。 f ぬい終わったら、糸を切ります。
    • p. 87/204
      すそ上げをする 85 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — すそ上げをする スカートやズボンのすそをまつります。まつりぬいは、次の 2 模様から選択します。 า৙ 次の手順でまつりぬいをします。 お知らせ ● 筒の大きさがアームに入らないほど小さいときや、筒の長さが短いときは、布地がうまく送られず、き れいに仕上がらないことがあります。
    • p. 88/204
      86 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d しつけをしたところから、内側へ折り込みます。 e 布端を開いて裏返します。 f まつりぬい押え <R> を取り付けます。 ・ 「押えを交換する」 (→ P.44)を参照してくだ さい。 g 模様を選択します。 ・ 「模様を選ぶ」 (→ P.51)を参照してください。 h ミシンをフリーアームにします。
    • p. 89/204
      すそ上げをする 87 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 針がかかりすぎているとき 針が左側にいきすぎています。振り幅の を押して針位置を右に動かし、針 が折り山に少しかかるように調節します。 ■ 針がかかっていないとき 針が右側にいきすぎています。振り幅の を押して針位置を左に動かし、針 が折り山に少しかかるように調節します。
    • p. 90/204
      88 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ボタン穴かがりをする/ボタンを付ける ボタン穴を作ったり、ボタンをぬい付けたりします。ボタン穴は、用途に合わせて次の 10 模様から選択します。 名称 模様 用途 振り幅 ぬい目の長さ 押え 自動 手動 自動 手動 ボタン穴かがり 48 薄地・普通地のねむり穴、横穴 5.0 3.0 ~ 5.0 0.5 0.2
    • p. 91/204
      ボタン穴かがりをする/ボタンを付ける 89 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ボタン穴かがりをする 「ボタンの直径+厚み」が約 28mm 以下のボタン穴を作ることができます。 ボタン穴かがりは、次の順で押えの手前から後ろに向かってぬっていきます。 า৙ お知らせ ● ボタン穴かがりをするときは、ぬい目の長さや振り幅を確認するため、必ず試しぬいをしましょう。
    • p. 92/204
      90 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — a ボタン穴かがりをする位置にチャコペンなどで印を付けます。 b ボタン穴かがり押え <A> の台皿を引き出し、ボタンをのせてはさみます。 ボタンが台皿にのらないとき 「ボタンの直径+厚み」を、押えスケールの目 盛り(1 目盛り 5mm)に合わせて、ボタンホールの大きさを決めます。 [例]直径
    • p. 93/204
      ボタン穴かがりをする/ボタンを付ける 91 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — f ミシン本体のボタン穴かがりレバーを一番下まで引き下げます。 ボタン穴かがりレバーが、押えの突起部の後ろ側になるようにします。 g 左手で上糸を軽く持ち、ミシンをスタートさせます。 X 後ろに向かってぬっていきます。ぬい終わると、自動的に止めぬいをしてストップします。
    • p. 94/204
      92 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — l 付属のリッパーでボタン穴を切り開きます。 はとめ穴の場合は、付属のはとめ穴パンチで穴をあけてから、リッパーで切り開きます。 お願い ● はとめ穴パンチを使用するときは、布地の下 に厚紙などを敷いてください า৙ ■ ぬい目のあらさを変えるとき ぬい目の長さを調節します。 お知らせ ●「ぬい目の長さを調節する」(→
    • p. 95/204
      ボタン穴かがりをする/ボタンを付ける 93 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 伸びる布地をぬうとき 伸びる布地にボタン穴かがりをするときは、芯ひもを入れてぬいます。 a ボタン穴かがり押え<A>の図の部分に芯ひもをかけます。 b 芯ひもの端を反対側のミゾにはさんで軽く結びます。 c ボタン穴かがり押え
    • p. 96/204
      94 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e ジグザグの振り幅を穴の距離に合わせます。 f ぬい付ける位置にボタンを置き、押えレバーを下げます。 X ボタンの位置が固定されます。 お知らせ ● 4つ穴のボタンを付けるときは、手前の穴を先 にぬいます。手前の穴がぬい終わったら、ボタンをずらして後ろの穴に合わせ、もう一度ぬいます。 g プーリーを手前に回し、針がボタンに当たらずにボタン穴に交互に入るか確認します。
    • p. 97/204
      ファスナーを付ける 95 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ファスナーを付ける ファスナーをぬい付けます。 า৙ ファスナーの付け方によってぬい方が異なります。ここでは、つき合わせと片返しの場合のぬい方を説明します。 つき合わせ つき合わせた布地の両方にステッチが入ります。 a ジグザグ押え <J> を取り付けます。
    • p. 98/204
      96 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e ぬい目とファスナーの中央を合わせて、しつけをします。 f でき上がり線のしつけを布端から 5cm 程度ほどきます。 g 片押え <I> のピンの右側を押えホルダーに取り付けます。 ・ 「押えを交換する」 (→ P.44)を参照してくだ さい。 h 模様 3 を選択します。 ・ 「模様を選ぶ」
    • p. 99/204
      ファスナーを付ける 97 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 片返し 布地の片側にステッチが入ります。脇ファスナーや後ろファスナーのときに使用します。 ここでは、脇ファスナーの場合を例に説明します。 a ジグザグ押え <J> を取り付けます。 ・ 「押えを交換する」 (→ P.44)を参照してくだ さい。
    • p. 100/204
      98 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — i 3 mm 出した折り山部分を、あき止まりの方からぬいます。 า৙ j 残り 5cm ほどまでぬったらミシンをストップさせ、針を下げたまま押えを上げます。 k ファスナーを開いて続きをぬいます。 l ファスナーをとじて表に返し、反対側をしつけします。 m 片押え <I> のピンの左側を押えホルダーに取り付けます。
    • p. 101/204
      伸びる布地やゴムテープをぬう 99 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 伸びる布地やゴムテープをぬう 伸びる布地をぬったり、ゴムテープをぬい付けたりします。 า৙ 伸縮ぬい a ジグザグ押え <J> を取り付けます。 ・ 「押えを交換する」 (→ P.44)を参照してくだ さい。 b 模様 4 または 5
    • p. 102/204
      100 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ゴムテープ付け そで口やウエストなどにゴムテープをぬい付ける場合、ゴムテープが縮んでいる状態ができ上がり寸法になります。必要な長さのゴムテープを用意します。 a まち針で布地の裏側にゴムテープを留めます。 布地とゴムテープが均等になるように数か所留めます。 b ジグザグ押え <J> を取り付けます。
    • p. 103/204
      アップリケ/パッチワーク/キルトをぬう 101 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — アップリケ/パッチワーク/キルトをぬう アップリケやパッチワーク、キルトをぬうときに使用する模様について説明します。キルトをぬうときは、別売のフットコントローラーを使用すると便利です。フットコントローラーの使い方については、 「フットコントローラー(別売)を使う」
    • p. 104/204
      102 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — アップリケ a アップリケ布に3~5mmのぬいしろを付けて裁ちます。 b アップリケ布の裏に厚紙の型紙を置き、アイロンでぬいしろを内側に折ります。カーブの部分は、必要に応じて切り込みを入れます。 c アップリケ布を表に返し、土台になる布地にしつけまたはのりで留めます。 d ジグザグ押え <J>
    • p. 105/204
      アップリケ/パッチワーク/キルトをぬう 103 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — f プーリーを手前に回し、アップリケ布の端から少し外側に針が刺さるようにしてぬい始めます。 急な角度をぬうときは、アップリケ布の外側に針を刺したまま、押えを上げて少しずつ方向を変えながらぬいます。 パッチワーク (クレイジーキルト)
    • p. 106/204
      104 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — c 模様 21 または 22 を選択します。 ・ 「模様を選ぶ」 (→ P.51)を参照してください。 お知らせ ● ピーシング用直線は、液晶画面に「P」と表示 されています。 d 押えの端に布端を合わせてぬいます。 ぬいしろが右側のとき 押えの右端に布端を合わせ、 21 の模様でぬい ます。 ぬいしろが左側のとき
    • p. 107/204
      アップリケ/パッチワーク/キルトをぬう 105 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d 押えレバーを下げ、押えホルダーのネジを差し込んで、ドライバーでしめます。 X ウォーキングフットが取り付けられます。 า৙ e 模様を選択します。 ・ 「模様を選ぶ」 (→ P.51)を参照してください。 f 押えの両側に手を置き、布地をしっかりと張ってぬいます。
    • p. 108/204
      106 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — フリーモーションキルト フリーモーションキルトをするときは、送り歯を下げて(ドロップフィード)布地が自由に動かせるようにします。フリーモーションキルトをするときは、別売のオープントゥキルト押え <O> を使用します。 า৙ a 押えと押えホルダーを取り外します。 ・ 「押えホルダーを取り外す」
    • p. 109/204
      アップリケ/パッチワーク/キルトをぬう 107 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 振幅コントロールを使って模様をぬう ジグザグの振り幅を変化させて、模様をぬうことができます。スピードコントロールレバーの設定を変更して、振り幅の調節が手もとでできるようにします。ぬう速度は、別売のフットコントローラーで調節します。 a
    • p. 110/204
      108 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — g ぬいながらスピードコントロールレバーを動かして振り幅を調節します。 レバーを左に動かすと振り幅はせまくなり、右に動かすと広くなります。 ・ ぬう速度は、フットコントローラーで調節します。 お知らせ z フットコントローラーをミシン本体に接続し ているときは、 (スタート/ストップスイッチ)は使用できません。
    • p. 111/204
      丈夫にしたいところをぬう 109 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 丈夫にしたいところをぬう そでぐりや股ぐりなどのぬい目を丈夫にしたり、ポケット口などのあき止まり部分を補強するときに使用します。 า৙ 三重ぬい そでぐりや股ぐりなど、ぬい目を丈夫にしたいところをぬうときに使用します。 a ジグザグ押え <J>
    • p. 112/204
      110 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — b ボタン穴かがり押え <A> を取り付けます。 ・ 「押えを交換する」 (→ P.44)を参照してくだ さい。 c 模様 60 を選択します。 ・ 「模様を選ぶ」 (→ P.51)を参照してください。 d ポケット口が手前になる向きに布地を置き、ポケット口より 2mm 手前に針が刺さる位置で押えを下げます。
    • p. 113/204
      丈夫にしたいところをぬう 111 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — h 押えレバーを上げて、布地を取り出します。 お知らせ ● プログラム糸切りを設定すると、ぬい終わり の位置にきたときに、返しぬいまたは止めぬいをしてから、自動で糸を切ります。詳細は「自動で糸を切る」 (→ P.65)を参照 してください。 ● ミシン本体左側面の糸切り、またははさみを
    • p. 114/204
      112 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — つくろいぬい(ダーニング) 布地がやぶれたときなどに、つくろいぬいをします。ダーニングは、次の順でぬっていきます。 a つくろいぬいをする長さを決めます。 ボタン穴かがり押え <A> の押えスケールの目盛り (1 目盛り 5mm)を合わせて、長さを決めます。 お知らせ ● 最大約 28mm のダーニングができます。
    • p. 115/204
      丈夫にしたいところをぬう 113 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e ミシン本体のボタン穴かがりレバーを一番下まで引き下げます。 ボタン穴かがりレバーが、押えの突起部の後ろ側になるようにします。 f 左手で上糸を軽く持ち、ミシンをスタートさせます。 X ぬい終わると、自動的に止めぬいをしてストップします。 g ぬい終わりの位置で
    • p. 116/204
      114 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — はとめ穴を作る ベルトの穴などに使用するはとめ穴(アイレット)を作ります。7mm・6mm・5mm の大きさのはとめ穴ができます。 า৙ a 模様ぬい押え <N> を取り付けます。 ・ 「押えを交換する」 (→ P.44)を参照してくだ さい。 b 模様 62 を選択します。 ・ 「模様を選ぶ」
    • p. 117/204
      飾りぬいをする 115 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 飾りぬいをする いろいろな飾りぬいができます。 名称 模様 用途 振り幅 ぬい目の長さ 押え 自動 手動 自動 手動 ファゴティング 32 布地と布地の間を離してかがる 5.0 0.0 ~ 7.0 2.5 1.0 ~ 4.0 J 33 2.5 ~ 7.0 つき合わせ
    • p. 118/204
      116 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — า৙ ファゴティング 布地と布地の間を離して糸でかがるぬい方を「ファゴティング」といいます。ブラウスや子供服などに使用します。太い糸を使用するときれいに仕上がります。 a 布地をでき上がり線で折って、アイロンをかけておきます。 b ハトロン紙などの薄い紙に4mm の間隔をあけて、布地をしつけします。 ハトロン紙の中央に線を書いておくとぬいやすくなります。
    • p. 119/204
      飾りぬいをする 117 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — スカラップ 貝殻を並べたような連続した波形の模様を「スカラップ」といいます。ブラウスの衿やハンカチのふち飾りなどに使用します。 a 模様ぬい押え <N> を取り付けます。 ・ 「押えを交換する」 (→ P.44)を参照してくだ さい。 b 模様
    • p. 120/204
      118 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 模様 31 または 32 、 33 を選択します。 ・ 「模様を選ぶ」 (→ P.51)を参照してください。 f 直線ぬいの間をぬいます。 g 直線ぬいの糸を抜き取ります。 シェルタック 貝殻を並べたような連続したひだを作ることを「シェルタック」といいます。ふちどりや、ブラウスの胸もと、そで口の飾りなどに使用します。薄地の布地を使用します。
    • p. 121/204
      飾りぬいをする 119 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — つき合わせ つき合わせたぬいしろ部分の上から飾り模様をぬいます。クレイジーキルトなどに使用します。 a ジグザグ押え <J> を取り付けます。 ・ 「押えを交換する」 (→ P.44)を参照してくだ さい。 b 直線ぬいを選択し、布地を中表にしてぬい合わせ、ぬいしろを開きます。
    • p. 122/204
      120 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — c 模様を選択します。 模様は 39 ・ 40 ・ 41 ・ 42 ・ 43 ・ 44 ・ 45 ・ 46 ・ 47 が適しています。 ・ 「模様を選ぶ」 (→ P.51)を参照してください。 お願い ● ウィングニードルを使用するときは、ジグザグ の振り幅を、6.0mm 以下に設定してください。 d ミシンをスタートさせます。
    • p. 123/204
      飾りぬいをする 121 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e を押します。 X になり、液晶画面上部に表示された 模様が反転します。 f 模様が対照になるように、反対側をぬいます。 g を押し、模様の反転を解除します。 ■ ドロンワーク(例 2) 布地の織り糸を抜き取った間をぬいます。 a 布地の織り糸を数本抜き取り、約
    • p. 124/204
      122 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — いろいろな模様をぬう アルファベット(3 種類) 、ひらがな/カタカナ、飾り模様、サテンステッチ、飾りサテン、クロスステッチ、実 用飾り模様がぬえます。すべて、模様ぬい押え <N> を取り付けてぬいます。 模様をきれいにぬうには きれいに模様を仕上げるために、以下の点に注意してください。 ■
    • p. 125/204
      いろいろな模様をぬう 123 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 模様の密度を変える 飾りサテンを選択した場合は、模様の密度を変えることができます。 a 操作パネルの (実用文字模様キー) を押してから、 (飾りサテン)を選択 します。 b 模様を選択します。 ・ 「模様を選ぶ」 (→ P.51)を参照してください。
    • p. 126/204
      124 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 模様の長さを変える サテンステッチ 1 つ分の模様の長さを、5 段階で変えることができます。 a 操作パネルの (実用文字模様キー) を押してから、 (サテンステッチ)を 選択します。 b 模様を選択します。 c を押します。 X になり、模様が長くなります。 キーを押すごとに、数字が変わります。 から
    • p. 127/204
      いろいろな模様をぬう 125 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 模様を調整する 布地の種類やぬう速度などによって、模様が正しくぬえないことがあります。その場合は、実際にぬう布のはぎれを用意し、試しぬいをして模様を調整します。 お知らせ ● 模様の調整ができるのは、クロスステッチと 文字模様と実用模様のアイレット模様のみです。
    • p. 128/204
      126 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — を押すごとに表示の値が小さくなり、模様 がつまっていきます。 h (戻るキー)を押します。 X もとの画面に戻ります。 i もう一度 をぬって、模様を確認します。 X 正しくぬえるようになるまで調整します。 模様を組み合わせる 飾り模様、サテンステッチ、クロスステッチ、飾りサテン、文字、実用飾り模様を組み合わせてぬうことができます。模様は
    • p. 129/204
      いろいろな模様をぬう 127 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d 模様を選択し終えたら、ミシンをスタートさせます。 X 液晶画面に表示された順番に、模様がぬわれます。 お知らせ ● 模様は70個まで組み合わせることができます。 ● 実用模様は組み合わせられません。 ● 複数の模様を組み合わせたときは、液晶画面 に表示された模様をぬい終わると、ミシンはストップします。組み合わせた模様をくり返してぬうときは、
    • p. 130/204
      128 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 模様を反転させる 模様を左右反転させることができます。 a 単一模様を選択した後に、 を押して 模様を反転させます。 ■ 模様を確認する 選択した模様が液晶画面に表示しきれないときは、次の手順で模様を確認します。 a を押します。 X 模様の確認画面が表示されます。 b で表示を切り替えて、模様を確
    • p. 131/204
      いろいろな模様をぬう 129 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 組み合わせ模様を記憶させる 組み合わせた文字をミシンに記憶させることができます。記憶させた模様は電源を切っても消えないので、いつでも呼び出してぬうことができます。名前などの文字の組み合わせ模様を記憶させると便利です。10 組までの模様を記憶させることができます。
    • p. 132/204
      130 いろいろなぬい方 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 模様を消去する a を押します。 X ポケットの選択画面が表示されます。 b 消去する模様を選択します。 を押して、表示される模様を確認します。 模様がすべて表示されないときは、 を押す と、確認することができます。 選択したポケット が になり、模様が表示 されます。 c を押します。 X 確認メッセージが表示されます。
    • p. 133/204
      4 刺しゅう ここでは、刺しゅうの手順を説明します。 きれいに刺しゅうをするには. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 132 刺しゅう押え <Q> を取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
    • p. 134/204
      132 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — きれいに刺しゅうをするには ここでは、刺しゅうをする前に必要なことを説明します。 用意するもの 刺しゅうをするときは、次のものが必要です。 ■ 布地 刺しゅうする布地を用意します。刺しゅう模様の大きさに合わせて、刺しゅう枠より少し大きめの布地を用意します。 お願い ● 布地には、あらかじめブラザー専用接着芯を
    • p. 135/204
      きれいに刺しゅうをするには 133 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう 刺しゅうの手順 刺しゅうをするときの基本の手順は次のとおりです。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 1 押えの取り付け 刺しゅう押え <Q> を取り付けます。 「刺しゅう押え <Q> を取り付ける」(→ P.134)で説明します。
    • p. 136/204
      134 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺しゅう押え <Q> を取り付ける 刺しゅう押え <Q> の取り付け方を説明します。 刺しゅう押え <Q> を取り付ける 刺しゅうをするときは、刺しゅう押え <Q> を取り付けます。刺しゅう押え <Q> とドライバーを用意します。 า৙ a
    • p. 137/204
      刺しゅう押え <Q> を取り付ける 135 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう e 押えホルダーのネジをゆるめます。 右手で押えホルダーを支え、左手でドライバーを奥に回します。 X 押えホルダーが押え棒から外れます。 f 図のように、 右手で刺しゅう押え <Q> を 持ちます。 右手の人差し指が押えの後ろ側のレバーにかかるように持ちます。
    • p. 138/204
      136 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺しゅう押え <Q> を取り外す a (針上下スイッチ) を1回または2回 押して、針を上げます。 b 電源を切ります。 า৙ c 押えレバーを上げます。 X 押えが上がります。 d 押えホルダーのネジをゆるめます。 右手で刺しゅう押え <Q> を支え、左手でドライバーを奥に回します。
    • p. 139/204
      刺しゅう機を取り付ける 137 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう 刺しゅう機を取り付ける 刺しゅうをするときは、刺しゅう機を取り付けます。 า৙ お願い ● ミシン本体の刺しゅう機差し込み口および刺 しゅう機のコネクタに触れないでください。コネクタピンが破損し、故障の原因となります。 ● 刺しゅう機のキャリッジを持って、刺しゅう
    • p. 140/204
      138 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — c 刺しゅう機を右へスライドさせ、刺しゅう機のコネクタをミシン本体の刺しゅう機差し込み口に差し込みます。 カチッと音がするまで刺しゅう機を押し込みます。 X 刺しゅう機が取り付けられます。 お願い ● ミシン本体と刺しゅう機の間にすきまがある と、模様くずれの原因となります。必ず奥まで確実に差し込んでください。
    • p. 141/204
      刺しゅう機を取り付ける 139 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう 刺しゅう機を取り外す 刺しゅう枠を取り外してから、刺しゅう機を取り外します。 a ミシンが動いていないことを確認し、刺しゅう枠を取り外します。 ・ 「刺しゅう枠を取り外す」 (→ P.145)で説明し ます。 b を押します。 X メッセージが表示されます。
    • p. 142/204
      140 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 布地を用意する 刺しゅうする布地に接着芯を貼ってから、刺しゅう枠に張ります。 布地に接着芯を貼る ぬい縮みや模様くずれを防ぎ、刺しゅうをきれいに仕上げるために、布地に付属の刺しゅう用接着芯を貼ります。 お知らせ ● オーガンジーなどの薄い素材や、タオルなど の起毛している布地には、別売の水で溶ける水溶性シートを使用してください。
    • p. 143/204
      布地を用意する 141 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう 布地を刺しゅう枠に張る 接着芯を貼った布地と刺しゅう枠を用意し、布地を刺しゅう枠に張ります。 ■ 刺しゅう枠[M] 縦 10 ×横 10cm までの模様を刺しゅうできます。 ■ 刺しゅう枠[S](別売品) 縦 2 ×横 6cm までの模様を刺しゅうできます。文字などの小さな刺しゅうをするときに使用します。
    • p. 144/204
      142 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 調節ネジをゆるめずに、布地を外枠からていねいに外します。 お知らせ ● これにより、刺しゅう中の模様くずれが起こ りにくくなります。 f 内枠の△と外枠の▽の印を合わせながら、布地の上からもう一度内枠をしっかりとはめ込みます。 外枠の底面まで内枠をしっかりとはめ込みます。 g 布地の四方を引っ張ってたるみをなくし、調節ネジをしめます。
    • p. 145/204
      布地を用意する 143 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう a 内枠の上に刺しゅうシートをのせます。 b 布地の刺しゅうをしたい位置に、チャコペンで印を付けます。 c 布地の印と刺しゅうシートの基準線を合わせます。 d 外枠の上に布地と内枠を置き、布地を張ります。 ・ 布地の張り方については、 「布地を刺しゅう枠 に張る」
    • p. 146/204
      144 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺しゅう枠を取り付ける 布地を張った刺しゅう枠を刺しゅう機に取り付けます。 刺しゅう枠を取り付ける a ブラザー刺しゅう専用下糸をボビンに巻いて、かまにセットします。 ・ 「糸をセットしましょう」 (→ P.28)を参照し てください。 b 押えレバーを上げます。 c (針上下スイッチ) を1回または2回
    • p. 147/204
      刺しゅう枠を取り付ける 145 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう 刺しゅう枠を取り外す a 押えレバーを上げます。 b (針上下スイッチ) を1回または2回 押して、針を上げます。 c 刺しゅう枠ホルダーの図の部分を左に押し、刺しゅう枠を持ち上げます。 X 刺しゅう枠が刺しゅう枠ホルダーから外れます。 d 押えレバーをさらに上げて、押えの下から刺しゅう枠を取り出します。
    • p. 148/204
      146 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺しゅう模様を選びましょう 刺しゅうする模様を選択します。 お願い ● ミシン本体や別売の刺しゅうカードに内蔵されている刺しゅう模様は、一般家庭用としてのみご利用い ただけます。営利または業務目的で使用することは、著作権法上固く禁じられておりますのでご注意ください。 刺しゅう模様の種類 刺しゅう模様には、次のグループがあります。
    • p. 149/204
      刺しゅう模様を選びましょう 147 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう 液晶画面の操作 操作パネルの操作キーを使用しながら、液晶画面を操作します。ここでは、刺しゅうをするときのキーの使い方を説明します。 ■ 操作キー † 刺しゅう中の表示設定 を押して を押した後、 で刺しゅう 中に表示させる項目を選択します。 ブラザー刺しゅう糸:ウルトラポスの色番号
    • p. 150/204
      148 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 針数:針が進んだ数 糸色名:一般的な色の名称 ■ 液晶画面のキー [ 画面例:アルファベット選択画面 ] 選択した文字模様の文字列を確認することができます。 で表 示を切り替えます。 自動糸切りや糸密度などの糸の設定をします。 自動糸切りを設定/解除します。設定されているときは反転表示されます。 で糸密度を調節します。
    • p. 151/204
      刺しゅう模様を選びましょう 149 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう お知らせ ● 液晶画面のキーが点線で表示されているとき (例: ) は、 その機能は使用できません。 [ 画面例:ワンポイント模様選択画面 ] ぬい目を戻したり進めたりします。特定の糸色のみ 刺しゅうしないときや、ミシンの電源を切ったあと、途中から再開するときに使用します。詳細は、
    • p. 152/204
      150 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 文字模様を選ぶ 刺しゅうする文字を選択します。 お知らせ ●「模様が枠からはみだします。」と表示された ときは、それ以上文字を選択することはできません。 ● 異なるグループ(アルファベットとかな、ゴ シック体と明朝体など)の文字を組み合わせることはできません。 ● 組み合わせた文字をミシンに記憶させること
    • p. 153/204
      刺しゅう模様を選びましょう 151 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう † [例] 「じゅんいち」を選択する場合 選択した文字を確認するときは、 を押します。 ひらがな/カタカナ切り替え 大/小切り替え 縦書き / 横書き切り替え
    • p. 154/204
      152 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ワンポイント模様を選ぶ 花や動物など、56 のワンポイント模様が内蔵されています。 お知らせ ● 模様のできあがり見本と使用する糸について は、操作早見表の「刺しゅう模様一覧」を参照してください。 a ワンポイント模様を選択します。 X 模様の選択画面が表示されます。 b 模様を選択します。 (前ページキー)
    • p. 155/204
      刺しゅう模様を選びましょう 153 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう c 枠のステッチを選択します。 (前ページキー) (次ページキー) で画面を切り替えて、12 種類の中から選択します。 X 縫製画面が表示されます。 刺しゅうカードを使う ミシン本体に内蔵されている模様以外に、別売の刺しゅうカードの模様を刺しゅうすることができます。刺しゅうカードには、テーマ別にいろいろな模様があります。
    • p. 156/204
      154 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — b ミシン本体右側面の刺しゅうカード差し込み口に刺しゅうカードを差し込みます。 刺しゅうカードに記されている矢印を手前にして、まっすぐにいっぱいまで差し込みます。 c 電源を入れます。 d を押します。 X 模様の選択画面が表示されます。 お知らせ ●「刺しゅうカードを入れてください。」と表示 される場合は、刺しゅうカードが正しく差し込まれていません。ミシンの電源を切り、刺しゅうカードを抜いて、
    • p. 157/204
      刺しゅうをしてみましょう 155 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう 刺しゅうをしてみましょう 準備ができたら刺しゅうしてみましょう。ここでは、ワンポイント模様の場合を例に説明します。 刺しゅうする前に模様を確認する 刺しゅう枠が動いて刺しゅうする位置を示します。刺しゅう枠の動きを見て正しい位置に刺しゅうされるかを確認してください。
    • p. 158/204
      156 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ワンポイント模様を刺しゅうする ワンポイント模様は、1 色ごとに糸色を替えて刺しゅうします。 お願い ● 下糸は、必ず刺しゅう用の下糸を使用してく ださい。 a 液晶画面に表示される色の刺しゅう糸を用意します。 液晶画面の糸色表示は、 (設定キー)を押 して、ブラザー刺しゅう糸番号/カントリー糸番号/ぬい時間/針数/糸色名の間で切り替えることができます。糸色表示の切り替え方については、
    • p. 159/204
      刺しゅうをしてみましょう 157 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう e (スタート/ストップスイッチ)を押 します。 า৙ f 5~6針ぬったら (スタート/ストップスイッチ)を押して、ミシンをストップさせます。 g ぬい始めの余分な糸をはさみで切ります。 ぬい目のきわで糸を切ります。 お願い ● ぬい始めの余分な糸を残したまま刺しゅうを
    • p. 160/204
      158 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 1. アップリケピースを作る a アップリケ模様を選択します。 X 液晶画面に「アップリケピース」と表示されます。 b アップリケピースの布地の裏に接着芯を貼ります。布地を刺しゅう枠に張り、刺しゅう機にセットします。 c 刺しゅう糸をセットし、押えレバーを下げ、 (スタート/ストップスイッチ)を押し、アップリケピースの切り取り線をぬいます。
    • p. 161/204
      刺しゅうをしてみましょう 159 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう c 刺しゅう枠を刺しゅう機から取り外します。 お願い ● 土台用の布は、模様をすべてぬい終わるまで 刺しゅう枠から外さないでください。 3. アップリケピースを土台 用の布地に貼り付ける a アップリケピースの裏側に手芸用ののりを薄く付け、 「2. 土台の布地にアップ
    • p. 162/204
      160 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — こんなとき ここでは、模様のレイアウト調整のしかたや他の便利な機能を説明します。 模様のレイアウトや大きさを調整する 模様を選択すると、刺しゅう枠の中心に配置されます。刺しゅうを始める前にレイアウトを確認し、位置や大きさを変更することができます。 a 刺しゅう模様を選択したら、 を押 します。 X 模様画面が表示されます。
    • p. 163/204
      こんなとき 161 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう お知らせ ● 刺しゅうの範囲が10cm×10cmをはみ出し ている場合、角度の微調整ができないことがあります。 お知らせ ● 左右反転は、ワンポイント模様と枠模様のみ 可能です。 า৙ d (戻るキー)を押して、もとの画面 に戻ります。 お知らせ ● 液晶画面のキーが点線で表示されているとき
    • p. 164/204
      162 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 糸調子を調節する 糸調子が正しく設定されていないと、刺しゅうを失敗したときに、糸をほどくことが難しく、布地をいためることがあります。刺しゅうを始める前に、同じ布地のはぎれを使用して糸調子などを確認してください。 上糸の糸調子は、本体の糸調子ダイヤルで調節します。刺しゅうぬいの時は、ダイヤルに色がついている2~6の範囲で糸調子を調節してください。
    • p. 165/204
      こんなとき 163 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう 長い文字をつなげてぬう 組み合わせた文字が刺しゅう枠内に入りきらないときは、以下の手順でぬいます。 ■ [ 例 ] “ABC”と“DEF”をつなげてぬう場合 a "ABC" を選択し、 を押します。 b を にして、自動糸切りを解除し ます。 c (戻るキー)を押します。
    • p. 166/204
      164 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — k を押して にします。 X ぬい始めの針位置が左下になります。 l を押し、 “ABC”のぬい終わり の位置に針を合わせます。 m 押えを下げ、 (スタート / ストップスイッチ)を押してぬいます。 n ぬい終わったら糸を切ります。 刺しゅうし直したいとき 上糸の色を誤って刺しゅうしたときは、正しい色の上糸をセットして刺しゅうし直します。
    • p. 167/204
      こんなとき 165 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう 途中で糸がなくなったとき 刺しゅうの途中で上糸または下糸がなくなると、ミシンが自動的にストップします。その場合は、10 針ほど前に戻して重ねてぬいます。 a 上糸または下糸をセットします。 お知らせ ● 下糸がなくなった場合は、糸を切って刺しゅ う枠を外してから、下糸を交換してください。
    • p. 168/204
      166 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — c (刺しゅうキー)を押します。 X 確認メッセージが表示されます。 d を押します。 X 選択した模様が消え、模様の選択画面に戻ります。 e 電源を切ります。 お願い ● ミシンを移動させるときは、必ず刺しゅう機 を取り外してください。 f 電源を入れ、模様を選択します。 お知らせ ● 模様の大きさやレイアウトを変更して刺しゅ
    • p. 169/204
      模様の記憶機能を使う 167 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう 模様の記憶機能を使う 刺しゅうデータに関する注意 こ の ミ シ ンで作成 ・ 記憶さ せたデ ー タ 以外の刺 し ゅ う デ ー タ を扱 う と き は、 次の点に注意 し て く ださ い。 า৙ ■ 使用可能な刺し ゅ う デ ー タ の種類 ・
    • p. 170/204
      168 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ・ 刺 し ゅ う デ ー タ は、 USB フ ラ ッ シ ュ メ モ リ ーのル ー ト フ ォ ルダ ー に直接保存す る か、 ま た はサブ フ ォ ルダ ー 内に直接保存 し て く ださ い。 も し 刺 し ゅ う デ ー タ を サブ フ ォ ルダ ー 内の フ ォ ルダ ー に保存
    • p. 171/204
      模様の記憶機能を使う 169 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう パソコンの模様を呼び出す USB フラッシュメモリーを使用して、パソコンに保存された模様をミシンへ呼び出すことができます。以下の手順に従って進めてください。 a 「刺しゅうデータに関する注意」 (→ P.167 ~ 168)をよく読んでから、パソコン内に刺しゅうデータを準備します。
    • p. 172/204
      170 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — f ミシンの USB ポートコネクタに USB フラッシュメモリーを差し込みます。 g を押します。 X USB フラッシュメモリーのルートフォルダー内にあるフォルダー、または模様データが表示されます。 お知らせ z 最初にフォルダー名が のアイコン上 にアルファベット順に表示され、次に .pesファイル、.pen
    • p. 173/204
      模様の記憶機能を使う 171 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺 しゅう h 呼び出す模様データが入ったフォルダー、または模様ファイルを選択します。 (前ページキー) (次ページ キー)で画面(ページ)を切り替えます。 ・ / を押すと、10 個前または 10 個後のフォルダー・模様表示に切り替えま す。 ■ フォルダーを選択したとき
    • p. 174/204
      172 刺しゅう — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 模様を記憶させる 名前などのよく使用する文字の組み合わせや、大きさや位置を調整した模様などをミシンに記憶させることができます。一度記憶した模様はミシンの電源を切っても消えることはありませんので、いつでも模様を呼び出すことができます。12 組までの模様または512KB までのデータ量を記憶させることができます。
    • p. 175/204
      5 付録 ここでは、ミシンのお手入れ方法と困ったときの対処方法などを紹介します。 お手入れ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 174 困ったとき. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
    • p. 176/204
      174 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — お手入れ 簡単なミシンのお手入れ方法を説明します。 注油に関して お客様ご自身による本製品への注油は行わないでください。故障の原因となります。本製品の動作に必要な油はあらかじめ十分に塗布されて出荷されていますので、定期的に注油する必要はありません。万一、プーリーを回すと重い、異常な音がするなどの症状が発生した場合は、ただちに使用をやめて、お買い上げの販売店またはお客様相談室(ミシン
    • p. 177/204
      お手入れ 175 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 e 付属のネジ回しで針板カバーのネジを外します。 f 針板カバーの向こう側に指を引っかけ、手前にスライドさせます。 X 針板カバーが外れます。 g 内かまを取り出します。 内かまの手前部分を持って、上に引き出します。 h 付属のミシンブラシや掃除機で、外かま周辺の糸くずやほこりを取り除きます。
    • p. 178/204
      176 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 困ったとき ミシンが思いどおりに動かないときは、修理を依頼する前に次の項目および弊社サポートページ、ブラザーソリューションセンター( http://solutions.brother.co.jp )の Q&A を確認してください。 それでも改善されない場合は、お買い上げの販売店、または「お客様相談室(ミシン
    • p. 179/204
      困ったとき 177 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 d ボビンを指で押さえながら糸を針板のミゾに通します。 ・ 右手でボビンを押さえ、左手で巻き終わりの 糸をツメに引っかけます。糸を引っぱりながら針板のミゾにそって糸を通し、最後に手前に引いてカッターで糸を切ります。 内かまにボビンの糸を正しくセットしなければ、正しい糸調子でぬうことができません。
    • p. 180/204
      178 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e (針上下スイッチ) を 1 回または 2 回 押して、針を上に上げます。 針上下スイッチで針を上に上げていなければ、上糸を正しくセットできません。 f 糸こまから糸を引き出し、上糸案内のツメ部分に糸をかけます。 g 糸を糸案内カバーの奥から手前にかけます。 引き出した糸がたるまないように右手で糸を持ち、左手で糸案内カバーにかけます。
    • p. 181/204
      困ったとき 179 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 糸調子が合わない ■ こんなとき ・ 症状① 布地の上側にポツポツと下糸が出ている。・ 症状② 布地の上側で上糸が直線になる。・ 症状③ 布地の下側にポツポツと上糸が出ている。・ 症状④ 布地の下側で下糸が直線になる。・ 症状⑤ 布地の下側のぬい目がゆるい、またはたるむ。
    • p. 182/204
      180 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 布がミシンに入り込んでとれなくなった 布がミシンに入り込んでとれない場合、糸が針板の下でからんでいることがあります。以下の手順で、布をミシンから取り外してください。操作が手順どおりに進まない場合は、無理に作業を続けず、お買い上げの販売店、または「お客様相談室(ミシン 119 番) 」 (フリーダイヤル
    • p. 183/204
      困ったとき 181 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 k 針板を少し持ち上げ、絡んだ糸を切って、針板を取り外します。 針板から布と糸を取ります。 ここまでの手順を終えても布が取り外せない場合は、お買い上げの販売店、または「お客様相談室(ミシン 119 番) 」 (フリーダイヤル 0120- 340-233)にご相談ください。
    • p. 184/204
      182 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — r 針の状態を確認して、針をミシンに取り付けます。 曲がっているなど針が悪くなっている場合は、必ず新しい針を取り付けてください。 ・ 「正しい針の見分け方」 ( → P. 42)、 「針を交 換する」 ( → P. 42) を参照してください。 า৙ お願い ● ここまでの手順を終えたあとは、ミシンが正
    • p. 185/204
      困ったとき 183 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 こんなときには ■ ぬう前の準備 こんなとき 原因 対処 参照ページ 下糸がボビンにきれいに巻けない 下糸巻き案内に糸がしっかりかかっていない。 下糸巻き案内に糸をしっかりとかける。 P. 30 引き出した糸を正しく巻き付けていない。 引き出した糸は、時計回りに 5 ~ 6回ボビンに巻き付けます。
    • p. 186/204
      184 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ ぬっているとき こんなとき 原因 対処 参照ページ ミシンが動かない 電源が入っていない。 電源を入れます。 P. 23 スタート/ストップスイッチを押していない。 スタート/ストップスイッチを押します。 P. 56 押えレバーが上がっている。 押えレバーを下げます。 P. 55 フットコントローラーを接続した状態で、スタート/ストップスイッチを押している。
    • p. 187/204
      困ったとき 185 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 上糸が切れる 糸こまが正しくセットされていない。 糸こまを正しく取り付けます。 P. 29 糸こま押えの大きさが合っていない。 糸こまの大きさに合った糸こま押えを使用します。 P. 29 針棒糸かけから糸が外れている。 針棒糸かけに糸を正しく掛けます。 P. 38 糸に結び目やこぶがある。
    • p. 188/204
      186 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 布地にしわがよる 糸こまが正しく取り付けられていない。 糸こまを正しく取り付けます。 P. 29 布地に糸や針が合っていない。 布地に合った糸と針を使用します。 P. 41 針が曲がっている。針先がつぶれている。 新しい針に交換します。 P. 42 薄地の場合に、ぬい目があらすぎる。 ぬい目を細かくします。または布地
    • p. 189/204
      困ったとき 187 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 ■ 仕上がり こんなとき 原因 対処 参照ページ 布裏で糸がからまる 上糸のセットがまちがっている。 上糸を正しくセットします。 P. 36 糸調子が合わない 上糸のセットがまちがっている。 上糸を正しくセットします。 糸案内カバー左にあるバネに糸が正しくかかっていることを確認します。
    • p. 190/204
      188 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — きれいに刺しゅうできない 刺しゅう枠からはみ出した布地が、じゃまになっている。 刺しゅう枠からはみ出した布地がじゃまにならないように布地を張り替え、模様を回転させて刺しゅうをします。 - 重たい衣類に刺しゅうしていて、テーブルから布地が垂れ下がっている。 布地がテーブルから垂れ下がった状態で刺しゅうをすると、刺しゅう機の動きが悪くなります。布地が垂れ下がらないようにしてください。
    • p. 191/204
      困ったとき 189 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 液晶画面のメッセージ表示 誤った操作をしたときのメッセージや操作のアドバイスが、液晶画面に表示されます。表示された内容に従ってください。以下に記載のないメッセージが表示された場合は、お買い上げの「販売店」または「お客様相談室(ミシン 119番) 」までお問い合わせください。
    • p. 192/204
      190 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 71 文字以上の文字を組み合わせようとした。 刺しゅうカードがセットされていないときに、液晶画面の を 押した。 刺しゅう機が取り付けられていないときに、刺しゅうキーを押した。 刺しゅう機が取り付けられているときに、使用できない機能を使用しようとした。 刺しゅう機を取り付けた。 下糸がなくなった。下糸が残り少なくなった。
    • p. 193/204
      困ったとき 191 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 刺しゅう機が取り付けられているときに、実用/文字模様キーを押した。 針が下がった状態で、刺しゅう模様の選択やレイアウトの変更をしようとした。 針が下がっているときに、ミシンが動く動作をしようとした。 刺しゅうのときに、フットコントローラーを使用しようとした。フットコントローラーが取り付けられた状態で、スタート/ストップスイッチを押した。
    • p. 194/204
      192 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 刺しゅう枠に入りきらない文字数を設定しようとした。 記憶エリアがいっぱいのときに、さらに記憶させようとした。 ミシンに記憶した模様または USB ポートから入力した刺しゅう模様を選択した後、呼び出しキーを押さずにスタート / ストップスイッチを押した。 USB フラッシュメモリー(USB フラッシュドライブ)に
    • p. 195/204
      困ったとき 193 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 液晶画面に何も表示されないとき 電源を入れても液晶画面に何も表示されないときは、液晶画面の明るさが明るすぎる、または暗すぎるときです。その場合は、次の操作をしてください。 a 電源を切ります。 b 操作パネルの (設定キー)以外の キーを押しながら、電源を入れます。 c を押して、画面の明るさを調整
    • p. 196/204
      194 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — USB フラッシュメモリーを使ってのアップグレードの方法 USB フラッシュメモリーとパソコンを使用して、ミシンにインストールされているソフトウェアをアップグレードすることができます。アップグレード情報がブラザーソリューションセンター( http://solutions.brother.co.jp/
    • p. 197/204
      本体仕様 195 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 本体仕様 項目 仕様 本体寸法 幅 395mm ×高さ 278mm ×奥行 175mm 本体質量 ミシン本体 : 6.2kg 刺しゅう機 : 1.4kg 液晶画面 バックライト拡散式 操作パネル タッチパネル 使用ミシン針 家庭用ミシン針 HA × 1 ランプ 白色 LED
    • p. 198/204
      196 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — さくいん U USB フラッシュメモリ-(USB フラッシュドライブ) ...........................................................17 , 167 , 170 , 194 USB ポートコネクタ ...................................
    • p. 199/204
      さくいん 197 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 付録 刺しゅうカード差し込み口 ..........................................17 刺しゅう機 .......................................................... 12 , 137 刺しゅうキー
    • p. 200/204
      198 付録 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — はとめ穴パンチ ................................................... 10 , 114 針板 ..............................................................................17
    • p. 201/204
    • p. 202/204
    • p. 203/204
    • p. 204/204
      ਘၑͬջှ̧̳ͥ͂͞໐຦ͬࣔව̧̳͉ͥ͂Ȃ̤ฃ̞ષ̬͈์คഝȂ̹͉͘ȶ̤ݖအ௖౴৒ȪηΏϋIJIJĺ๔ȫȷ̤ͅ࿚̵̞ࣣ̩̺̯̞ͩȃ ɡġ༗બ੥̞̾̀ͅ ɜġ ̮ࣔව͈षȂ༗બ੥̤ͅฃ̞ષ̬඾Ȃ์คഝྴ̦ܱ̈́̓ව̱̜̥̮̀ͥږ෇͈ષȂ ์คഝ́਋̫̩̺̯̞৾̽̀ȃ༗બ੥͈ඤယ̩̤ͬ͢උ̧͙̞̹̺Ȃఱ୨ͅ༗ۯ̱̩̺̯̞̀ȃ ɜġ ൚২͉̭͈ηΏϋ͈༞ਘဥ଻ෝ໐຦ͬȂୋ௮఑̻୨ͤࢃड೩Ĺාۼ༗ခ̱̞̳̀͘ȃ ଻ෝ໐຦͉͂Ȃ̷͈ୋ຦͈ܥෝͬ֋঵̳̹ͥ͛ͅຈါ̈́໐຦̳́ȃ ɜġ ਘၑ̞͉̾̀ͅȂ̤ฃ̞ષ̬͈์คഝȂ̹͉͘ئܱ͈ȶ̤ݖအ௖౴৒ȪηΏϋIJIJĺ
  • Brother Family Marker Bf-1000E (ページ: 1)

    目次
    • p. 1/1
      最初にお読みください このたびは、本製品をお買い上げいただき、まことにありがとうございます。本製品は、一部の仕様が取扱説明書、使いこなし DVD の映像と異なりますので、ご注意ください。また、本書を読み終わったあとも、いつでもご覧になれるところに保管してください。 付属品について XF5484-001 本製品には、フットコントローラー(型式:MODEL T)が付属しています。使い方については、取扱説明書をご覧ください。
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.