取扱説明書とユーザーガイド - PR655 Brother

PR655 Brother の取扱説明書やユーザーガイドが5以上あります。

  • Brother PR655 (ページ: 2)

    目次
    • p. 1/2
      SC 注意 此支架仅用于放置绣花机,请勿将其用于其它用途。 • 请勿尝试坐、蹬踏或悬吊于支架之上或将支架放置在机器的上面,以免造成人身伤害。 • 切勿让儿童玩耍支架。支架翻倒会造成严重或者致命的挤压伤害。 • 确保将支架放于水平、平稳的表面。将支架放于倾斜表面可能造成人身伤害。 • 注意 安装此支架前,请仔细阅读本使用说明书中的注意事项。 • 从包装箱中取出所有部件后,请参照本使用说明书以确保所有部件均未缺失或损坏。如果任何部件出现缺失或损坏,请联系购买此产品时 • 的经销商。此支架应由两名人员安装。
    • p. 2/2
      F G H 8 5 9 6 10 7 3 4 A B C 1 A A B C 2 1 2 ×36 A + B + C + E(4) 1 + A + E(10) 2 + E(6) 3 + I + F + G + H 4 + D + E(8) 5 + J 6 + E(8) 7 + K + E(4) L (2) + M + N 8 + 9 + E(4) + O + P F,G H XF6868-101-1.indd 2 2013/10/08 15:30:18
  • Brother PR655 [ver. 1] (ページ: 12)

    目次
    • p. 1/12
      ՘੥ᝢ஥ంˁҝё ᐳഈႊҨȪɘșʩʁʽ ÐÒÔ°¹ʁʴ˂ʄ
    • p. 2/12
    • p. 3/12
      1 本製品をお使いになる前に必ず、本書(取扱説明書・別冊)と取扱説明書をよくお読みになってください。 目次 LED ポインターで刺しゅうの針落ち位置を確認する........................................................................................ 2 LED ポインター設定 ..............................................................................................................2
    • p. 4/12
      2 LED ポインターで刺しゅうの針落ち位置を確認する LED ポインターが刺しゅう開始位置を示すので、模様位置合わせが楽にできます。 1 針落ち位置 ミシンの縫製画面が表示されると、自動的に LEDポインターが点灯します。刺しゅうを開始すると同時に、LED ポインターは消えます。設定画面で、LED ポインター機能を設定/解除することができます。 お願い ● 使用する刺しゅう枠の種類によっては、 LED ポインター機能を使用することができません ● 布地の表面が、あまりにでこぼこしてい たり、ざらざらしている場合は、LED
    • p. 5/12
      3 様々な刺しゅう枠を選ぶ このミシンでは、台枠を取り替えることによって、様々なタイプの刺しゅう枠を使用することができます。 台枠に つ い て このミシンには、2 種類の台枠(台枠 A と台枠B)が付属されています。台枠 A は、付属の 4 つの刺しゅう枠を使うときに取り付けます。台枠 B は、別売の刺しゅう枠を使用するときに取り付けます。さらに、別売の台枠 C を取り付けると、別売の丸枠シリーズを使用することができます。台枠と刺しゅう枠の組み合わせについて詳しくは、取扱説明書の「刺しゅう枠/台枠の種類と用途」を参照してください。
    • p. 6/12
      4 刺しゅう位置を変更するときの移動速度を切り替える で刺しゅう位置を移動させる前に、1 か 2 を選択すると、それぞれ刺しゅう位置が1 0.1mm、2 0.5mm ずつ移動するように設定さ れます。3 を選択すると、 を押し続けたと きに最高速度で刺しゅう位置が移動します。刺しゅう位置の変更については、取扱説明書3章:その他の基本操作「思い通りの位置にぬうには」を参照ください。 アップリケぬいのときの画面表示 アップリケについては、取扱説明書 7 章「アップリケ模様のぬい方」を参照してください。ポーズについては、取扱説明書
    • p. 7/12
      5 一時的針棒設定を解除する を押します。設定した一時的針棒設定が解除され、 の表示が消えます。 一時的針棒設定については、取扱説明書 4 章:縫製設定「一時的針棒設定」を参照ください。 針棒設定をクリアする を押して、針棒設定をクリアします。取扱説明書と実際の画面では、キーのデザインが異なります。 針棒設定クリアについては、取扱説明書 3 章:その他の基本操作「液晶画面上で糸色を交換する」を参 照ください。 1 針棒設定クリアキー 1
    • p. 8/12
      6 ネームモードの画面について ネームモード中のキーの配置は、取扱説明書と実際の画面では異なります。ネームモードの詳細は、取扱説明書 5 章:模様の選択/編集/記憶「ネーム刺しゅうをする(ネーム モード)」を参照ください。 1 ロックキー2 針棒番号設定キー3 枠速度切り替えキー 4 拡大キー:模様表示エリアの表示が小さい場合は、 を押すと拡大表示でき ます。 もう一度 を押すと元に戻ります。 3 1 2 4 3 1
    • p. 9/12
      7 新しいアルファベット・文字模様 アルファベット・文字
    • p. 10/12
      8
    • p. 11/12
      9 実寸大 横書き/縦書き を切 り替え る を押すと、日本語の文字(ひらがな/カタカ ナ/漢字)の横書き/縦書きが切り替わります。 1 25.0 mm 12.5 mm 8.3 mm 2 27.8 mm 13.8 mm 9.0 mm 横書き 縦書き
    • p. 12/12
      884-T09 Printed in Taiwan XF2174-001
  • Brother PR655 [ver. 2] (ページ: 296)

    目次
    • p. 1/296
      http://www.brother.co.jp/ http://solutions.brother.co.jp/sewing_support/index.html ՘੥ᝢ஥ం ᐳഈႊҨȪɘșʩʁʽ ÐÒÔ°¹ʁʴ˂ʄ ǴȧΈႊȾȽɞҰȾ॒ȭటంᴥ՘੥ᝢ஥ంᴦȝɛɆ՘੥ᝢ஥ంˁҝёɥȝᝣɒȾȽɝǾඩȪȢȝΈȗȢȳȨȗǿǴȝᝣɒȾȽȶȲऻɕǾȽȢȨȽȗɛșȾ۾ҒȾίከȪǾȗȷȺɕਖ਼ȾȻȶȹ᛻ɜɟɞɛșȾȪȹȢȳȨȗǿ 884-T09 Printed in Taiwan XF2161-001 ᐳ ഈ ႊ Ҩ
    • p. 2/296
      商標について FlashFX ® is a registered trademark of Datalight, Inc. FlashFX ® Copyright 1998-2007 Datalight, Inc. U.S.Patent Office 5,860,082/6,260,156 FlashFX ® Pro™ is a trademark of Datalight, Inc. Datalight ® is a registered trademark of Datalight, Inc. Copyright
    • p. 3/296
      はじめに 1 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— はじめに このたびは、当社の製品をお買い上げいただき、まことにありがとうございます。本製品はパソコンに接続して使用することができる、たいへん優れた職業用刺しゅうミシンです。この取扱説明書をよくお読みになり、性能や使い方を正しくご理解いただいた上で、本製品を末永くご愛用ください。また、お使いになる前には必ず、次の「安全にお使いいただくために」をお読みください。
    • p. 4/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 2 本製品を安全にお使いいただくために、以下のことがらを守ってください。 ● 一般家庭用電源AC100Vの電源以外では、絶対に使用しないでください。火災・感電・故障 の原因となります。 ● 以下のようなときは電源スイッチを切り、電源プラグを抜いてください。火災・感電・故障 の原因となります。・ ミシンのそばを離れるとき・ ミシンを使用したあと・
    • p. 5/296
      安全にお使いいただくために 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ● 長期間使用しないときは、必ず電源プラグをコンセントから抜いてください。火災の原因と なります。 ● 直射日光の当たるところや、ストーブ、アイロンのそばなど温度の高いところでは使用しな いでください。ミシンの使用温度は5~40℃です。ミシン内部の温度が上がったり、ミシン本体や電源コードの被膜が溶けて火災・感電の原因となります。
    • p. 6/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 ● ミシン本体の上に花びんや水の入った容器を置くなどして、ミシン本体に水をこぼさないで ください。万一、内部に水などが入った場合は、電源スイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜いて販売店または「PR専用ダイヤル」にご連絡ください。そのまま使用すると火災・感電の原因となります。 ● 換気口や内部に異物を入れたり、ドライバーなどを差し込まないでください。高圧部に触れ
    • p. 7/296
      安全にお使いいただくために 5 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— お願い ● このミシンは日本国内向け、職業用です。日本国外では使用できません。 This sewing machine can not be used in a foreign country as designed for Japan. ● 仕様および外観は品質改良のため、予告なく変更することがありますのでご了承ください。●
    • p. 8/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 6 ライセンス契約書 重要!: 必ずお読みください 本製品に含まれている刺しゅうデータ(以下、「刺しゅうデータ」 )に関する著作権は、ブラザー工業株 式会社(以下、「ブラザー」 )もしくはそのライセンサーが保有しています。ブラザーは、下記契約条件 に従い、お客様に刺しゅうデータの使用を許諾致します。なお、お客様は、刺しゅうデータを使用することにより、下記契約条件に同意されたものとみなされます。
    • p. 9/296
      警告ラベルについて 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 警告ラベルについて ミシンには下記の警告ラベルが表示されています。警告表示の注意事項を守って作業を行ってください。 1 2 ラベルの場所 毎日 1 回、釜のレース面に注油をしてからお使いください。
    • p. 10/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 8 取り扱い上の注意 著作権に つ い て ミシンまたは別売の刺しゅうカードに内蔵されている刺しゅうデータのうち、当社が著作権を有するもの ( 「 © Disney」等の他社著作権表示が付されているものを除きます)については、これらのデータを用いて縫製 された刺しゅう模様を一般家庭用としてのみならず、営利用または業務用としても、自由にご利用(販売・譲渡等を含みます)いただけます。ただし、これら刺しゅうデータ自体に関する著作権は弊社が留保し、
    • p. 11/296
      製品のしくみと特長 9 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 製品のしくみと特長 6 本針 ミ シ ン の縫製 に つ い て このミシンは、それぞれ違う色の糸を通した 6 本の針を替えながら自動的に糸色を替え、刺しゅうをぬいます。針を上下に動かす機械部分を「針棒」と呼び、それらは針棒ケースに収められています。針棒は右から順に 1 番針棒、2 番針棒、3 番針棒、4 番針棒、5番針棒、6
    • p. 12/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 10 縫製は、6 本の針で同時にぬうのではなく、縫製位置にある 1 本の針でぬいます。ぬい順に従い、針棒ケースが左右に動いてその色がかけられた針棒・針が縫製位置に移動します。 1 縫製位置の針 針が 2 針板の針穴の上に位置します。 ミシンをスタートすると、自動的に押えが下がり、ぬい始め/ぬい終わりの糸の処理や糸替え(縫製する針を交替)をしながら縫製し、ぬい終わると止まります。7
    • p. 13/296
      製品のしくみと特長 11 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— その他の特長 ■ 見やすく、使いやすい 液晶画面 大きなカラー液晶画面を採用、刺しゅう模様の色確認もより仕上がりに近い状態で確認できます。また、この画面はタッチパネルになっており、ここに表示されるキーで簡単に操作できます。 ■ 安全設計 ミシンロック機構の採用で、誤操作によるケガを防ぎます。通常、ミシンはスタートできない(ロックされた)状態になっており、ロック解除キーを押して、ロックを解除するとミシンをスタートできる状態になります。ミシンロックの状態は、スタート/ストップスイッチが色を変えてお知らせします。
    • p. 14/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 12 ■ USB ポートを標準搭載 付属のUSBケーブルでパソコンと接続すれば、パソコンから模様を呼び出すことができます。 (P.156「パソコン(USB) 」参照) ミシンがパソコンから遠く、USBケーブルで接続することができない場合など、USBメディアに一時的に模様データを保存して、ミシンに接続して模様を送ることができます。 (P.160
    • p. 15/296
      この本の読み方 13 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— この本の読み方 この本は次のような構成になっています。 必ずお読み く だ さ い 第 1 章 ミシンの準備ミシンの設置のしかたや必要な準備について説明します。 第 2 章 使ってみましょう 【チュートリアル】電源を入れるところから、1 つの模様をぬい上げ、作業を終了するまでの基本的な操作を、順を追って説明します。実際に操作しながら読んで、使い方をマスターしましょう。
    • p. 16/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 14 目次 商標についてはじめに........................................................................................................................................................................
    • p. 17/296
      目次 15 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 上糸に関する注意 .....................................................................................................36 布地に関する注意 .....................................................................................................36
    • p. 18/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 16 編集画面の見方 .........................................................................................................79 縫製設定画面の見方 ..................................................................................................81
    • p. 19/296
      目次 17 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 一時的針棒設定 ....................................................................................................................................................131 連続した刺しゅう(
    • p. 20/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 18 繰り返し模様をつくる ............................................................................................186 ユーザーパレットを作る ........................................................................................190
    • p. 21/296
      目次 19 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 色パレットについて ...............................................................................................237 タジマフォーマット( .dst)の刺しゅうデータの色について ................................238
    • p. 22/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 20
    • p. 23/296
      1 ミシンの準備 箱を開けたら、まず P.24 の「付属品を確認してください」をご覧になり、付属品が揃って いるか確認してください。すべて揃っていることが確認できたら、ミシンを準備します。ここでは、ミシンの設置のしかたや必要な準備について説明します。 各部の名前とはたらき .............................................................................................................................
    • p. 24/296
      ミシンの準備 ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 22 各部の名前とはたらき ミシンの各部の名前とはたらきを説明します。ミシンを使用する前に、名前を覚えておきましょう。 前面 1 糸調子つまみ 上糸の糸調子を調整します。 2 針棒ケース 左右に動いて、針を縫製位置に移動します。 3 下糸案内 4 キャリッジ ここに刺しゅう枠をセットします。電源を入れたときや縫製中、左右前後に動きます。 5
    • p. 25/296
      各部の名前とはたらき 23 1 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 右側面 ・ 背面 1 USB メディア用高速 USB ポート(上)USB メディアを USB ポートに差し込んで、刺しゅう模様データをやりとりできます。 2 マウス接続用 USB ポート 3 パソコン接続用 USB ポート USB ケーブルを USB ポートに差し込み、ミシンとパソコン間での刺しゅう模様データのやりとりが可能です。
    • p. 26/296
      24 ミシンの準備 ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 付属品を確認してください このミシンには以下のものが付属されております。付属品は必ずこのミシン専用の付属品を使用してください。 付属品 箱を開けたら、まず以下の付属品が揃っているか確認してください。不足しているときや破損しているときは、お買い上げの販売店にお問い合わせください。 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10.
    • p. 27/296
      付属品を確認してください 25 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 1 お知らせ ● 付属のタッチペンは、操作パネルの裏側 上部にあるタッチペンホルダーに収納できます。 (P.23 参照) 下糸巻き装置 と 付属品 ಕ փ 35. 35-1. 1 電源スイッチ2 ボビン押え3 糸案内用穴 4 糸立棒用穴5 DC 入力端子 35-2. 35-3. 35-4. 35-5.
    • p. 28/296
      ミシンの準備 ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 26 別売オプション オプション品として、以下の製品を用意しています。 * ボーダー枠またはキルト枠を使用する場合は、オプションのテーブルを使用することをお勧めします。 お願い ● 日本国外で売られている刺しゅうカード は使用できません。ご了承ください。また、国内で販売されている刺しゅうカードの中にも、ライセンス付きあるいは著作権で保護されているなどの理由により、一部利用できないものがあります。詳しくは、お買い上げの販売店にお問い合わせください。
    • p. 29/296
      ミシンの設置のしかた 27 1 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ミシンの設置のしかた ミシン本体を設置します。正しく設置しないと振動や騒音が大きくなったり、刺しゅうがきれいにぬい上がらないことがります。 別売の専用テーブル(斡旋品)もあります。 設置 ・ 移動に関す る注意 ಕ փ ● ミシンの使用温度は 5 ~ 40 ℃です。低温や高温はミシンの誤動作の原因となります。
    • p. 30/296
      ミシンの準備 ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 28 設置に適 し た場所 ミシンは、次のような場所に設置してください。 ● 本体と壁の間に 50mm 以上のすき間をあける ● ミシン本体が十分置けるスペースのある場所 ● 刺しゅう枠の稼動範囲には物を置かない ● コンセントから直接電源をとれる場所 ● 机の上など、水平で安定した場所 ● ミシン本体の重さ ( 約 37kg) に耐えられる場所
    • p. 31/296
      ミシンの設置のしかた 29 1 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ミ シ ン を据え付け る 脚を調節し、ガタつかないようにミシン本体を据え付けます。 1 ミシンに取り付けられている保護テープや保護材が、すべて取り外されていることを確認します。 2 設置スペースを確保して、ミシンを設置します。 3 ガタつかないよう脚を調節します。 調整したい脚のナットを、付属のスパナでゆるめます。
    • p. 32/296
      ミシンの準備 ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 30 操作パネルの位置を調整す る 操作パネルの向きや角度を調整して、使いやすい位置にします。 1 上下 2 本のつまみボルトをゆるめて、操作パネルを手前に引き寄せます。 2 使いやすい位置に操作パネルを合わせたら、つまみボルトを締めます。 3 向きを調整します。 つまみボルトをゆるめて使いやすい向きに調整し、つまみボルトを締めます。 4
    • p. 33/296
      ミシンの設置のしかた 31 1 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 糸案内を準備す る 糸案内を立てます。付属のプラスドライバーを用意します。 1 プラスドライバーで糸案内支持棒の左の 2 本のネジをゆるめ、糸案内を起こします。 1 のネジは外し、2 のネジは 3~4 回、回してゆるめます。 1 ねじを取り外します。2 ネジを 3 ~ 4 回、回してゆるめます。 2 糸案内を垂直になるまで起こし、左の
    • p. 34/296
      ミシンの準備 ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 32 糸立台を準備す る 糸立台を縫製位置で固定します。 1 つまみボルトをゆるめて、糸立台を左右に開きます。 2 いっぱいまで開いたら、つまみボルトを締め付けます。 X 糸立台が開いた状態で固定されます。 台枠を セ ッ ト す る キャリッジに台枠をセットします。 1 使用する刺しゅう枠用の台枠を用意します。(P.94 ~ 95 参照)
    • p. 35/296
      2 使ってみましょう 【チュートリアル】 電源を入れるところから、 1 つの模様をぬい上げ、作業を終了するまでの基本的な操作を、 順を追って説明します。実際に操作しながら、使い方をマスターしましょう。 使用上の注意 ................................................... 34 電源に関する注意 .......................................34針に関する注意.............................................35正しい針の見分け方..................................35ボビンに関する注意..................................35上糸に関する注意
    • p. 36/296
      34 使ってみましょう 【チュートリアル】 ———————————————————————————————————————————————————————————— 使用上の注意 このミシンを正しく使っていただくために守っていただきたいポイントを説明します。 電源に関す る注意 電源について気をつけなければいけないことを説明します。 ࠙ ࣬ ಕ փ ● 一般家庭用 AC100V の電源以外では、絶対に使用しないでください。火災・感電・故障の原因となります。 ● 電源プラグは、コンセントやミシンの電源ジャックにしっかりと差し込んでください。差込みが不完全ですと、感電や発熱による火災の原因となります。
    • p. 37/296
      使用上の注意 35 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 針に関す る注意 針を取り扱うときの注意を説明します。以下の注意を守らなければ、針が折れて飛び散るなど大変危険です。よく読んで必ず守ってください。 ಕ փ 正 し い針の見分け方 針が曲がった状態で使用すると、途中で折れてしまうことがあり非常に危険です。針の平らな面を平らな板に合わせ、針と板のすき間が平行である針を使用してください。曲がったり、針先がつぶれた針は、新しい針と交換してください。
    • p. 38/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 36 上糸に関す る注意 上糸に関して気をつけなければいけないことを説明します。 お願い ● 糸は、刺しゅう用のレーヨン糸またはポリエステル糸(den 120 x 2、#50)を使用してくださ い。 ● 糸によっては、糸切れ、糸調子不良が発生する場合があります。そのような場合は、糸を交換 してください 布地に関す る注意 布地に関して気をつけなければいけないことを説明します。
    • p. 39/296
      基本手順 37 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 基本手順 刺しゅうの基本手順は次のとおりです。操作を始める前に、どのような手順を踏んでいくか、全体の流れを確認してください。 次のページから各手順を説明します。ただし、模様の編集や縫製のしかたの設定はしないで進めます。模様の編集は P.176 を、縫製のしかたの設定 は P.121 を参照してください。 P.76
    • p. 40/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 38 1. 下糸をセットする 購入時は、ボビンケースのみが釜にセットされています。刺しゅう用の下糸を巻いたボビンをセットしてください。ボビンに関する注意については、 P.35 を参照してください。 お願い ● 下糸の残量はミシンに表示されません。 ぬい始める前に、下糸の量が十分かを確認してください。 ● ボビンを交換する度に、ボビンケースを 掃除してください。
    • p. 41/296
      下糸をセットする 39 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 下糸巻き装置の準備 下糸立棒、糸こまクッション、糸案内を下糸巻き装置に取り付けます。 1 下糸立棒と糸こまクッションを立てます。 受皿側を下にして、糸立棒用穴へ垂直に差し込んだ後、糸こまクッションを差し込みます。 1 下糸立棒2 受皿3 糸立棒用穴4 糸こまクッション 2 糸案内を立てます。 糸案内のピンと糸案内用穴の切り欠きを合わせて、垂直に差し込みます。
    • p. 42/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 40 下糸を巻 く 下糸用の糸こまと金属ボビンを用意します。下糸は、綿またはポリエステル糸(#90 ~ 120)を使用してください。 1 ボビンのミゾを下糸巻き台のバネに合わせ、ボビンを取り付けます。 2 下糸立棒に糸こまを立てます。 お願い ● 小さい糸こまを使う場合は、糸こまクッ ションを取り外してから糸こまを立て、糸こま押えを差し込んでください。
    • p. 43/296
      下糸をセットする 41 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 糸案内の右の穴に、手前から後方に向かって糸を通します。 6 図のように、時計回りに 4 ~ 5 回、糸を巻きつけます。 7 下糸巻き台の案内ミゾに糸の端を通して渡し、糸を引きます。カッターが糸を切ります。 1 案内ミゾ2 下糸巻き台 お願い ● 必ず手順に従ってください。糸がカッ ターで切られずにボビンが巻かれると、縫製時にボビンがゆっくりと動いている時、下糸がボビンの周りでもつれ、針が折れることがあります。
    • p. 44/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 42 a ボビンを外します。 お願い ● ボビンを外すときは、下糸巻き台をひっ ぱらないようにしてください。下糸巻き台が緩んだり外れたりして、下糸巻き装置が破損するおそれがあります。 b 糸を下糸巻き台の案内ミゾに通して引き、カッターで糸を切ります。 ■ 巻いている途中で止まってしまったら 下糸立棒に絡むなどして糸が送られなくなると、下糸巻き装置は自動的に止まります。このようなときは、糸を正しくかけ直して巻き直してください。
    • p. 45/296
      下糸をセットする 43 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ボビ ン を セ ッ ト す る 1 ボビンをボビンケースに入れます。 お願い ● 巻き方向が図のようになっていることを 確認してください。逆向きにボビンを入れると、下糸の空転が増え、縫製に不具合が生じることがあります。 2 糸を切りミゾから調子バネの下へ、すべり込ませます。 3 糸を調子バネの糸穴から引き出します。
    • p. 46/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 44 2. 電源を入れる 電源コードを用意し、電源を入れます。電源に関する注意については、 P.34 を参照してください。 1 電源コードを電源コードジャックに差し込みます。 2 電源プラグを家庭用電源コンセント (AC100V) に差し込みます。 3 本体右側面の電源スイッチの右側(I 側 ) を押します。 X 液晶画面が点灯します。 4 液晶画面にオープニング画面が表示されたら、液晶画面を押してください。液晶画面のどこを押しても、次の画面に変わります。
    • p. 47/296
      電源を入れる 45 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 画面の見方 電源スイッチを入れ、 を押すと、模様選択画面が表示されます。ここからは、操作パネル上での操作に 入ります。液晶画面の取り扱いに関する注意は、 P.36 を参照してください。 ※ ここで説明しているキーは、これから説明する画面で常に表示され、その機能を使うことができま す。 番号 画面表示 名称 説明
    • p. 48/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 46 操作画面の流れ 基本的な操作画面の流れは次のとおりです。 模様選択画面で、模様の種類を選びます。 (P.48、77 参照) 1 編集画面に進みます。 模様を選んでいないときは、表示されません。 模様一覧画面で、模様を選びます。 ( P.48 、 78 参照) 1 模様選択画面に戻ります。2 編集画面に進みます。 編集画面で、個々の模様の編集をします。
    • p. 49/296
      電源を入れる 47 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 縫製画面で、針棒にかける糸色を確認し、上糸をかけます。ロック解除キー( )を押すと、ス タート/ストップスイッチが緑色の点滅に替わり、ミシンがスタートできる状態になります。(P.59、83 参照) 1 縫製設定画面に戻ります。2 ロック解除キー 12
    • p. 50/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 48 3. 模様を選ぶ ここでは、内蔵ワンポイント模様の最終ページの模様を選びます。 (右図例) 模様選択画面で模様のカテゴリー(種類)を選びます。 模様選択画面(画面の見方は P.77 参照) 1 カテゴリーキー 模様一覧画面で目的の模様を探し、模様を選びます。 模様一覧画面(画面の見方は P.78 参照) 1 仕上がりイメージを確認するときに押します。2
    • p. 51/296
      模様を選ぶ 49 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ワ ンポイ ン ト 模様を選ぶ 1 を押して、ワンポイント模様 を選びます。 X ワンポイント模様一覧が表示されます。 2 、 を押して、目的のページを 表示します。 ● ワンポイント模様をやめて別の模様を選びたいとき: 1 戻るキーここを押すと、模様選択画面に戻ります。 ● 複数のページがあるとき: 2 現在開いているページナンバー
    • p. 52/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 50 4. 模様の編集 この画面で模様を編集することができます。 編集画面 (画面の見方は P.79 参照) 1 選択している模様の大きさを示します。 上段が縦の長さ、下段が横の長さです。複数の模様を組み合わせている場合は、すべての模様を含めた大きさが示されます。 2 選んだ模様をぬうことができる刺しゅう枠を 示します。 お知らせ ● 台枠がミシンに取り付けられていない場
    • p. 53/296
      縫製設定 51 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5. 縫製設定 この画面で模様全体の編集と縫製のしかたの設定をすることができます。また、縫製位置の確認、模様の記憶も、この画面で行います。 縫製設定画面(画面の見方は P.81 参照) 1 仕上がりイメージを確認するときに押します。2 編集する場合はこれらのキーを使います。3 編集画面に戻る場合に押します。4 縫製設定画面から、模様表示エリアの刺しゅ
    • p. 54/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 52 6. 仕上がりイメージを確認する 模様の仕上がりイメージを、よりぬい上がりに近い画像で確認します。 仕上が り イ メ ー ジの見方 希望通りのぬい上がりになるか、刺しゅうしたときのイメージで見てみます。 1 を押します。 X イメージが表示されます。 1 押すと、各々の大きさの刺しゅう枠で表示さ れます。グレーで表示されている刺しゅう枠は選ぶことができません。
    • p. 55/296
      刺しゅう枠に布地を張る 53 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 7. 刺しゅう枠に布地を張る ぬう模様が決まったら、使用可能な刺しゅう枠を確認し、その枠に布地を張ります。刺しゅう枠に布地を張る前に、薄い布地や伸びる布地は刺しゅう芯を貼っておいてください( P.96「布地に接 着芯を貼る」参照) 。布地に関する注意については、 P.36 を参照してください。 お願い
    • p. 56/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 54 ■ 小枠に布地を張る ここでは、小枠に布地を張ります。中枠に張る場合も、同様の手順で布地を張ってください。特大枠、大枠に張る場合は、P.97「布地の張り方」を参照してください。 2 刺しゅう枠の外枠調節ネジをゆるめます。 3 外枠の上に、布地をピッと伸ばしてのせます。 ● 外枠の表裏はありません。どちらの面が表になっても構いません。 4 内枠ではさみます。
    • p. 57/296
      刺しゅう枠をミシンにセットする 55 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 8. 刺しゅう枠をミシンにセットする 刺しゅう枠に布地を張ったら、ミシンにセットします。 ಕ փ お願い ● 刺しゅう枠をセットする前に、下糸残量が十分あることを確認してください。 刺 し ゅ う 枠のセ ッ ト の し かた セットする刺しゅう枠の大きさに台枠の幅を合わせてから、刺しゅう枠をセットします。ここでは、小枠をセットします。
    • p. 58/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 56 2 左アームを移動し、セットする刺しゅう枠のマークを右のネジに合わせ、つまみボルトを締めます。 ここでは、4 のマークを合わせます。 1 特大枠のマーク2 大枠のマーク3 中枠のマーク4 小枠のマーク5 マークを合わせるネジ お願い ● 付属のドライバーで、2本のつまみボルト をしっかりと締め付けてください。つまみボルトが締まっていないと、次のようなトラブルが発生するおそれがあります。・
    • p. 59/296
      縫製範囲を確認する 57 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 9. 縫製範囲を確認する 刺しゅうしたい場所とずれていないか、押えが枠に当たらないか、縫製範囲を確認します。刺しゅう枠が正位置にない場合は、 刺しゅう枠が正位置に移動してから縫製位置が示されます。 1 を押します。 X 押えが下がり、刺しゅう枠が動いて、縫製範囲を示します。 2 模様が内接する 8 角形の角を、縫製位置にある針の下で示します。
    • p. 60/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 58 縫製画面に進む 縫製設定画面で必要な操作が終わったら、縫製画面に進みます。 1 を押します。 X 縫製画面が表示されます。
    • p. 61/296
      上糸をセットする 59 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 10. 上糸をセットする 縫製画面で、何番の針棒にどの糸色を通すか確認し、上糸を通します。 針棒 と 糸色を確認す る 縫製設定画面で を押すと、縫製画面が表示され、上糸をセットする(次回からは糸こまを交換する) ように指示画面が表示されます。ここで、糸色を確認します。 縫製画面(画面の見方は P.83 参照)
    • p. 62/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 60 1 を押します。 X 現在の糸色割り当てがミシンに記憶され、糸こま交換指示画面が閉じます。 ● 縫製画面では糸色の確認のほかに、総針数や縫製時間などの確認や、縫製に関する設定ができます。 1 色替え数、針数、縫製時間、次にミシンが停 止するまでの時間を示します。 2 縫製に関する設定をする場合や縫製設定画面 に戻る場合に使います。 3 糸色のぬい順を示します。4
    • p. 63/296
      上糸をセットする 61 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 上糸をかけ る 刺しゅう用の糸を使用し、1 番針棒から順に糸をかけていきます。 → → → の順にキーを押すと、上糸かけの手順を動画で見ることができ ます。 (P.223 参照) ಕ փ お願い ● 糸は、刺しゅう用のレーヨン糸またはポリエステル糸(den 120 x 2、#50)を使用してくださ い。 お知らせ
    • p. 64/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 62 番号は、その針棒番号の糸が通る場所を示しています。まちがえないように注意して糸をかけてください。 1 1 番針棒に指定された糸色、キミドリの糸こまを、1 番の糸立棒に立てます。 ● 糸立台が V 字になっていることを確認してください。 ● 小さい糸こまを使用する場合、糸立棒に糸こまを立てる前に、糸立棒に付属の糸こまフェルトを取り付けてください。
    • p. 65/296
      上糸をセットする 63 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 3 1 番の糸道上の穴に通します。 糸案内側から手前に糸を通します。 4 1 番の糸道上に通します。 糸を両手で持ち、右から金具の下側に糸を通します。 5 1 番の回転調子皿に右回りに 1 回巻きつけます。 ● 糸が回転調子皿にきちんとかかっていることを確認してください。 お願い ● 回転調子皿には、糸を時計回りに巻きつ
    • p. 66/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 64 6 ミシン本体に示されている糸道に沿って糸を通し、1 番糸道中に通します。 ● 手順 5 から 6 の糸道上から回転調子皿に 巻き付け、糸道中までの糸の通り道は番号によって違います。糸案内ピンの左右を通すことで、糸が絡まないように設計されています。P.63 の図に従ってそれぞれの糸を通してください。 7 1 番のミゾにそって糸を通し、1 番の天びんの穴へ右から通します。
    • p. 67/296
      上糸をセットする 65 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 糸を針穴に通す 自動針穴糸通し装置を使って、糸を通します。 → → → の順 にキーを押すと、針穴糸通しの手順を動画で見るこ とができます。 (P.223 参照) 1 自動針穴糸通しスイッチを押します。 X 自動針穴糸通し装置のフックが針穴に入ります。 ಕ փ お願い ● 破損を避けるため、プーリーを回すと自
    • p. 68/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 66 3 押えの糸かけに糸をひっかけます。 ● 押えの糸かけの溝に、確実に糸がかかっていることを確認してください。 4 糸切り糸かけの溝にしっかりと糸を通し、糸を軽くひっぱって切ります。 お願い ● 糸が、糸切り糸かけの溝を正しく通って いないと“ワイパーエラー”画面が表示され、針穴に糸を通すことができません。溝にしっかりと糸を通してください。 ●
    • p. 69/296
      上糸をセットする 67 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ■ 糸通しをする針棒を縫製位置に移動する どの操作画面でも、縫製位置に針棒を移動して糸通しすることができます。 1 を押します。 X 針棒が縫製位置に移動します。 2 移動、あるいは糸通しをしたい針棒の針棒番号キーを押します。 X 選んだ針棒が縫製位置に移動します。 3 針棒移動画面を表示したまま、自動針穴糸通しスイッチを押します。
    • p. 70/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 68 ■ 糸通しをする針棒を縫製位置に移動する 縫製画面で、選んだ針棒を縫製位置に移動できます。 1 針に糸を通したい針棒の番号を押します。 X 針棒が縫製位置に移動します。 お願い ● 糸だるみがあると、回転調子皿から糸が 外れていることがあります。糸をかけ終わったら、回転調子皿にきちんと糸がかかっているか、再度確認してください。 (P.63 手順
    • p. 71/296
      刺しゅうをぬう 69 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 11. 刺しゅうをぬう それでは、ぬってみましょう。ミシンをスタートすると、自動的に押えが下がり、ぬい始め・ぬい終わりの糸の処理や糸替えをしながら縫製し、ぬい終わると止まります。 ಕ փ ■ ミシンロック機構について 安全のため、このミシンはミシンロック機構が採用されています。通常、ミシンはスタートできない(ロックされた)状態になっています。ロックを解除しないと、ミシンをスタートすることができません。ロック解除の状態は1
    • p. 72/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 70 2 スタート/ストップスイッチを押します。 スタート/ストップスイッチが緑色に点滅している間に押します。赤色の点灯に戻ってしまった場合は、手順 1 からやり直し てください。 X スタート/ストップスイッチが緑色の点灯に変わり、1 色目をぬい始めます。 1 現在縫製中あるいはすぐ後に縫製される針棒 の糸色が、ぬい順表示の先頭に表示されます。残りの糸色は、ぬい順に上から並んで表示されます。
    • p. 73/296
      刺しゅうをぬう 71 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ■ 続けて刺しゅうをするときは もう1 度同じ模様をぬいたい場合は を 押します。 X 縫製画面が表示され、続けて同じ模様をぬうことができます。 新しい模様を選びたい場合は を押します。 X 模様選択画面が表示されます。 お願い ● 模様のぬい始めや色替え後のぬい始め、 糸切り時に、自動止めぬいの設定ができます。
    • p. 74/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 72 ■ 一旦電源を切ってから続きをぬう 1 スタート/ストップスイッチを押します。 X ミシンが止まり、スタート/ストップスイッチが赤色の点灯に変わります。 ● 糸は切れていません。 2 を押し、ミシンロックを解 除します。 3 糸切りスイッチを押します。 X 上糸と下糸が切れます。 ● 一旦電源スイッチを切る場合は、必ず糸を切ってください。 4
    • p. 75/296
      糸調子を確認する 73 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 12. 糸調子を確認する 正しい糸調子で仕上がっているか、刺しゅうを見てみましょう。糸調子が正しく調整されていないと、ぬい目がきたなくなったり布地にしわがよったりします。 ■ 正しい糸調子 布地の裏側に、下糸がぬい目の幅の3 分の 1程度見えるくらいです。 次のように仕上がっていたら、糸調子不良です。正しい糸調子に調整してください。
    • p. 76/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 74 13. 刺しゅう枠、布地を外す ぬい終わったら、刺しゅう枠を外し、布地を刺しゅう枠から外します。 刺し ゅ う 枠の外し方 ಕ փ 1 刺しゅう枠の左右の取付部を両手で持ち上げ、少し浮かせます。 取付部の穴を台枠のアームのピンから外します。 2 そのまま、刺しゅう枠を手前に引いて取り外します。 布地の外 し 方 1 外枠調節ネジをゆるめます。
    • p. 77/296
      電源を切って終了する 75 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 14. 電源を切って終了する ミシンを使い終わったら、電源を切って作業を終了します。 1 電源スイッチの左側(○側)を押します。 X 電源が切れ、液晶画面とスタート/ストップスイッチの点灯が消えます。 2 電源プラグをコンセントから抜きます。 電源プラグを持って抜いてください。 3 必要に応じて、電源コードをミシンから抜きます。
    • p. 78/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 76 画面早見一覧 各画面の表示やキーの説明を一覧にしています。 キ ー表示に つ い て キーの色は、次の意味を表しています。 各画面共通表示 ここで説明するキーは、設定キー以外は、各画面で表示され、いつでも使うことができます。設定キーは、縫製画面では使うことができません。 (通常表示) : 選ばれていません。 (選ぶことができます。) (濃い色の表示)
    • p. 79/296
      画面早見一覧 77 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 模様選択画面の見方 「模様選択画面」で、模様の種類を選びます。 番号 画面表示 説明 参照 ページ 名称 1 内蔵模様 内蔵されている絵柄の刺しゅう模様が選べます。 p. 142 ワンポイント 模様キー 2 ○型や□型など 10種類の枠型に 12 種類のステッチを組み合わせて選ぶことができます。 p. 142
    • p. 80/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 78 模様一覧画面の見方 「模様一覧画面」で、模様(模様データ)を選びます。 ※ 0、A は、模様によっては編集できるものとできないものがあります。 番号 画面表示 説明 参照 ページ 名称 1 模様キーを押して選んだ模様の縦の長さを示しています。 - 大きさ(縦) 2 模様キーを押して選んだ模様の横の長さを示しています。 - 大きさ(横) 3 模様の絵柄がキーに表示されます。このキー
    • p. 81/296
      画面早見一覧 79 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 編集画面の見方 「編集画面」で、模様を個別に編集します。 (ここでは模様全体を編集することはできません。 )模様表示エリ アに表示され、選択されている模様の配置、大きさの変更、左右回転、文字間隔の変更、配列の調整、配色の変更等を編集することができます。また、複数の模様を選択して模様を組み合わせることができます。
    • p. 82/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 80 番号 画面表示 説明 参照 ページ 名称 1 編集対象となっている模様を回転することができます。 p.179 回転キー 2 編集対象となっている模様の大きさを変えることができます。 p.178 大きさキー 3 アルファベット模様を 1 文字ずつ色を変えることができます。アルファベット模様を選んでいる場合のみ使えます。 p.184 色替えキー
    • p. 83/296
      画面早見一覧 81 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 縫製設定画面の見方 「縫製設定画面」で、模様全体を編集します。 (ここでは模様を個別に編集することはできません。 )模様表示 エリアに表示されている模様全体の配置、回転角度等を編集することができます。また、模様表示エリアに表示されているデザインを記憶することができます。 番号 画面表示 説明 参照 ページ 名称
    • p. 84/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 82 ● 6 イメージキーは、編集画面、縫製設定画面の両方の画面にあり、どちらの画面でも機能・操作のしかたは同じです。 番号 画面表示 説明 参照 ページ 名称 1 布に接着芯が貼られていない場合、模様の周囲にしつけぬいをして、ぬい目が縮んだり模様がずれた りするのを防ぐことができます。 p. 122 しつけぬい キー 2 複数の模様を組み合わせている場合は、模様全体を回転することができます。
    • p. 85/296
      画面早見一覧 83 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 縫製画面の見方 「縫製画面」で、糸色や針数、ぬい順、縫製時間を確認します。また、一時的針棒設定や、ぬい目を戻す/進 める設定をすることができます。 番号 画面表示 説明 参照 ページ 名称 1 下段は模様の総色替え数、上段は現在ぬっている糸色の順番を示します。 - ぬい順数 2 次にミシンが停止す るまでの時間を示します。停止前の最後の糸色をぬっているとき、時間は赤色で表示されます。7色以上の模様の場合は、糸こま交換までの時間を示します。
    • p. 86/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 84 お知らせ ● ぬい順表示と色替え表示の糸番号は、色 名や他のブランドの糸番号などに切り替えることができます。(P.212「糸色表示を切り替える」参照。) 番号 画面表示 説明 参照 ページ 名称 1 縫製中に、次の色をぬう直前でミシンを停止したいときに押します。 p. 129 停止予約キー 2 一時的に針棒設定を手動で設定できます。 p. 131
    • p. 87/296
      わからないことがあるときの参考 85 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— わからないことがあるときの参考 専門用語 ■ DST 刺しゅう模様のフォーマットの1 つ、タジマフォーマットファイルの拡張子(*.dst)です。タジマフォーマットには色情報がないので、模様呼び出し時にミシンが自動的に色を割り当てます。 (P.238参照) ■ 針番号 針は右から左に番号が付いています。1
    • p. 88/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 86 ■ 糸調子が突然変わった - 糸が、上糸こまの端の粗い部分に引っか かった。 - 上糸が糸こまの下に引っかかった。- 糸のちりや糸くずがボビンケースの調子バ ネの下にたまっている。 - 回転調子皿に糸くずやほこりがたまってい ないかを確認し、たまっていれば取り除いてください。(P.263「糸調子つまみを分解して掃除する」参照) ■ 枠がキャリッジからはずれる
    • p. 89/296
      わからないことがあるときの参考 87 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— お知らせ ● USBメディアは広く使用されていますが、 このミシンで使用できないUSBメディアもあります。詳しい情報は、ブラザーミシンのウェブサイトにてご確認ください。 ● 使用しているUSBメディアの種類によっ て、USBメディアそのものをミシンに接続したり、USBメディアのリーダー/ライターをミシンに接続するなど、どちらの接続方法も可能です。
    • p. 90/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 88 ■ キーをクリックする マウスが接続されている間、画面にポインターが表示されます。操作したいキーの上にマウスのポインターを動かして、左ボタンをクリックしてください。 お知らせ ● ダブルクリックによる操作はできませ ん。 1 ポインター ■ 他のページを表示する マウスのホイールを回して、模様選択画面のタブを選ぶと他のページを表示させることができます。
    • p. 91/296
      わからないことがあるときの参考 89 2 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ■ 模様の大きさを変える P.178「大きさを変える」参照。 1 を押します。 2 模様の大きさを変えます。 ● マウスホイールを奥へ回すと、 を押 したときと同じように、模様が小さくなります。 ● マウスホイールを手前に回すと、 を 押したときと同じように、模様が大きくなります。
    • p. 92/296
      使ってみましょう 【チュートリアル】 ——————————————————————————————————————————————————————————— 90 ■ 模様を回転する P.102「角度を調整する」、 P.179「回転する」 参照。 1 を押します。 2 模様を回転させます。 ● マウスホイールを奥へ回すと、 を押 したときと同じように、模様が 10 度ずつ左へ回転します。 ● マウスホイールを手前に回すと、 を 押したときと同じように、模様が 10 度ずつ右へ回転します。
    • p. 93/296
      3 その他の基本操作 7 色以上の模様をぬう場合など 2 章とは違う想定での操作や、針や糸こまを交換したいときなど状況に応じた操作を、ケース別に説明します。 針を交換する ................................................................................................................................................. 92 針を交換する .........................................................................................................................................................
    • p. 94/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 92 針を交換する 曲がったり、針先がつぶれた針は、新しい針と交換してください。 P.35「正しい針の見分け方」で確認 したミシン専用の針、付属の針交換ドライバーと針交換ツールを用意してください。 針を交換す る 1 電源スイッチの“O 側”を押し、電源を切ります。 ಕ փ 2 針の止めネジをゆるめ、針を抜きます。 左手で針を持ちながら、右手で針交換ドライバーを左に回します。
    • p. 95/296
      針を交換する 93 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 針交換ツールは、図のように 1 を押すと針つかみ金具 2 が出ます。金具を針に引っ掛け押していた部分を離すと、針をつかみます。針を離すときは、再度 1 を押します。 1 針交換ツールの端2 針つかみ金具 4 針を針交換ツールで押さえたまま、止めネジを締めます。 針交換ドライバーを右に回します。 ಕ փ ● 針は必ずストッパーに当たるまで差し込み、止めネジを針交換ドライバーで確実にしめてください。針が十分に差し込まれていなかったり、ネジのしめ方がゆるいと、針折れや故障の原因となります。
    • p. 96/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 94 刺しゅう枠を上手に使うには 刺しゅう枠の種類や使い方について説明します。このミシンでは、様々なタイプの刺しゅう枠を使用することができます。付属の刺しゅう枠に加え、このミシンで使用できる刺しゅう枠が多数用意されています。 ( P.26「別売オ プション」および、ミシンに付属の取扱説明書・別冊を参照してください。) ಕ փ 刺 し ゅ う
    • p. 97/296
      刺しゅう枠を上手に使うには 95 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— お願い ● ミシンでの使用可能刺しゅう枠表示では、これからぬう刺しゅう模様が入る大きさの刺しゅう 枠がすべて使用可能として表示されますが、できるだけ大きさに合った刺しゅう枠を使ってください。大きすぎる刺しゅう枠を使うと、模様くずれやぬい縮みが起きることがあります。 お知らせ ● ネーム枠(別売)については、P.243を参照してください。
    • p. 98/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 96 布地に接着芯を貼る ぬい縮みや模様くずれをふせぐために、刺しゅう用接着芯の使用をおすすめします。 ಕ փ 1 布地の裏側にスチームアイロンをかけて貼ります。 ● アイロンがかけられない布地やアイロンのかけにくい場所に刺しゅうをするときは、接着しないで、布地の下に接着芯を重ねて刺しゅう枠に張ってください。 お願い ● 刺しゅう用接着芯は、刺しゅう枠よりも
    • p. 99/296
      布地の張り方 97 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 布地の張り方 特大枠、 大枠の布地の張 り 方 1 刺しゅう枠の外枠の調節ネジをゆるめます。 2 外枠の上に、布地をピンッと伸ばしてのせます。 ● 外枠の表裏はありません。どちらの面が表になっても構いません。 3 内枠ではさみます。 調節ネジのある角 A、その隣の角 B、その後に対角の角 C。最後に調節ネジのない角の対角の角
    • p. 100/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 98 刺 し ゅ う シ ー ト を使 う 布地に対して模様が水平にぬわれるように布地を刺しゅう枠に張るには、刺しゅうシートの基準線を目安にして張ると便利です。 1 チャコペンで刺しゅうしたい範囲にしるしを付けます。 2 内枠に刺しゅうシートを置きます。布に付けたしるしと刺しゅうシートのガイドラインを揃えます。 1 ガイドライン2 内枠 3
    • p. 101/296
      布地の張り方 99 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ■ 小さい布地の場合 布用スプレーのりを使って、刺しゅう枠に張った芯に小さい布地を貼ります。布用スプレーのりを使いたくない場合は、しつけします。 ■ 布地の隅にぬう場合 布用スプレーのりを使って芯に貼ってから、刺しゅう枠に張ります。布用スプレーのりを使いたくない場合は、しつけをします。 ■ リボンテープのような細いものにぬう場
    • p. 102/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 100 刺しゅう枠の位置と動きについて ミシンを操作する上で、刺しゅう枠について知っておいていただきたいことを説明します。 ■ 縫製できない刺しゅう枠 P.53で説明したとおり、画面上の使用可能刺しゅう枠で表示されている刺しゅう枠が、現在選んでいる模様をぬうことができる枠です。ぬいたい模様より小さい縫製範囲の刺しゅう枠は、使用できません。模様の大きさが縫製範囲より小さい場合でも、縫製位置がその枠の縫製範囲から外れているときもその枠は使うことはできません。模様より小さい縫製範囲の枠
    • p. 103/296
      思い通りの位置にぬうには 101 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 思い通りの位置にぬうには 購入時は、模様の中心からぬい始めるように設定されています。したがって、縫製位置にある針の針落ち位置に模様の中心がくるように、枠を移動してぬい位置を調整します。また、刺しゅう枠に対して布地を平行に張ることができず、布地に対して模様が傾いてしまう場合は、模様全体の角度を調整します。
    • p. 104/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 102 2 縫製設定画面の矢印キーを押して、針落ち位置に刺しゅうをぬいたい位置の中心がくるように、刺しゅう枠を移動します。 ■ 針棒ロックを解除するには 1 縫製画面を表示し、ロックした針棒以外の針棒キーを押します。 X 針棒ロックが解除されます。 角度を調整す る 布地によっては、刺しゅう枠に思い通りの角度で布地を張ることができない場合があります。このような場合は、布地に合わせて模様の角度を調整します。
    • p. 105/296
      思い通りの位置にぬうには 103 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 2 各キーを押して、布地に合わせて模様の角度を調整します。 キーを押すごとに、模様が回転します。 1 キーを押すごとに、変更後の回転角度を示し ます。 ● 元の角度(0 度)に戻したい場合は、 を押します。 3 必要に応じて、矢印キーを押して模様の位置を調整します。 操作のしかたは、P.101 を参照してください。
    • p. 106/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 104 液晶画面上で糸色を交換する 糸立て台の糸こまが、液晶画面で表示されている糸と異なる色だった場合、実際の糸立て台にセットされている糸こまと色を合わせるために、液晶画面上で糸色の表示を交換することができます。 1 を押します。 X 糸こま選択画面が表示されます。 2 交換する一つめの針棒番号キーを押してください。 ● 選んだ針棒番号をキャンセルするときは、同じキーをもう一度押してください。
    • p. 107/296
      液晶画面上で糸色を交換する 105 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ■ 針棒設定をクリアして新たに設定しなおす お願い ● 縫製中でも、この操作によって針棒設定 は完全にクリアされます。 1 を押します。 X 針棒設定がクリアされます。 2 を押します。 X 以前の針棒設定にかかわらず、糸色はミシンによって新たに割り振られます。 お願い ● 設定済みの手動針棒設定は、この操作に
    • p. 108/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 106 7 色以上の模様をぬうときは 7 色以上の模様をぬうときは、糸こま交換が必要です。糸こま交換の際には、ミシンが自動的に停止して、糸こま交換指示が表示されます。 ■ 針棒への糸色の割り当てのしくみ 糸色は、ぬわれる順の早い順に1 番針棒から6番針棒へ、ミシンが自動的に割り当てます。 (ただし、新しくぬう模様に前回ぬった模様と 同じ糸色がある場合は、ぬい順に関係なく前回と同じ針棒に割り当てられます。
    • p. 109/296
      7 色以上の模様をぬうときは 107 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ■ 糸こま交換マーク( ) 交換回数・時期は、ぬい目戻る/進む画面の糸こま交換マークで確認できます。 1 縫製画面で を押します。 X ぬい目戻る/進む画面が表示されます。 2 を押します。 X 1 回押すごとに 1 色ずつ次の色へ、色替表示がスクロールします。最後の色が色替表示の 1 番上にきた後は、最初の色に戻ります。
    • p. 110/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 108 7 色以上の模様で糸こま交換を指示されたときは 糸こま交換表示の見方と簡単な糸こま交換のしかたについて説明します。 糸 こ ま交換表示に つ い て 7 色以上の模様をぬう場合糸こま交換が必要なときは、ミシンは自動的に止まり、次の画面が表示されます。このほか、新しい模様をぬう場合に糸こま交換が必要なときも表示されます。新しい割り当てに従って、糸こまを交換してくさい。
    • p. 111/296
      7 色以上の模様で糸こま交換を指示されたときは 109 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 3 糸の端に、交換後の糸こまの糸を結び付けます。 4 糸道下の穴の下と針棒糸かけの間で、糸を引っ張ります。 糸の結び目が来るまで、引っ張ります。結び目を切ります。 5 糸を針棒糸かけに通し、自動針穴糸通し装置を使って針に通します。 (P.65 参照) X これで糸こま交換が完了しました。
    • p. 112/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 110 途中で糸が切れた/下糸がなくなったときは 縫製の途中で糸が切れたり、下糸がなくなったりしたときは、ミシンは自動的に止まります。何針か空ぬいがされてしまいますので、ぬわれている部分と少し重なるようにぬい目を戻してから続きをぬいます。 お願い ● 糸センサーが「OFF」になっていると、 刺しゅうが終わるまでミシンは止まりません。通常は、糸センサーを「ON」にしてお使いください。
    • p. 113/296
      途中で糸が切れた/下糸がなくなったときは 111 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 を押します。 X 縫製画面に戻ります。 5 (ロック解除キー)、スター ト/ストップスイッチを押して、続きをぬいます。 下糸が切れた/な く な っ た と き 1 画面の を押し、ミシンロッ クを解除したあとに、糸切りスイッチを押します。 X 上糸が切れます。 ● 下糸が切れた、またはなくなったときは、一旦上糸も切ってください。
    • p. 114/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 112 お願い 縫製の途中で刺しゅう枠を外す場合は、次のことに注意してください。模様くずれの原因となります。 ● 張られている布地に無理な力をかけて布 地をたるませない。 ● 刺しゅう枠を外したり、セットしたりす る際は、キャリッジや押えに当たらないようにする。キャリッジに当たってキャリッジが動いてしまった場合は、電源を入れ直してください。ミシンを止めたときの状態をミシンが記憶しており、正しい位置に戻ります。
    • p. 115/296
      始めまたは途中からぬいたいときは 113 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 始めまたは途中からぬいたいときは ぬってみて糸調子があっていなかったり、糸色をまちがえてしまったりしたときなど、始めからぬい直したいときはぬい目を戻してから新たにぬい直します。また、糸色・ぬい目を進めたり、戻したりして、ぬい始めたい糸色のぬい目からぬうことできます。 お願い ● ぬい目を戻したり、進めたりするとき
    • p. 116/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 114 ■ ぬい始めのぬい目を指定したいとき 3 を押して糸替え順の糸色部 分を、 、 、 、 、 、 、 、 を押して ぬい目を指定します。 1 糸替表示の 1 番上に表示されている糸色が現 在選ばれている色部分です。 2 押すと、この画面を閉じます。3 1 回押すと、そのときぬっていた色部分のぬ い始めに戻ります。2 回目から、1 回押すごとに
    • p. 117/296
      停止後、途中からぬうときは 115 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 停止後、途中からぬうときは 次のようなときは、ぬい終わったところまでのぬい目をミシンが記憶しています。 ● 縫製終了後に電源スイッチを切ったとき電源を入れキャリッジが初期設定の位置に移動したときに、糸が引っ張られたり、引っかかったりしないよう、電源を切る前に糸を切っておきます。 ● 縫製中に停電などで電源が切れたとき次に電源を入れたときに続きからぬうことができますが、ぬい目を少し戻してからぬい始めます。
    • p. 118/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 116 5 を押します。 X ぬい目戻る/進む画面が表示されます。 6 を 2 ~ 3 回押して、2 ~ 3 針ぬい 目を戻します。 1 1 回押すごとに 1 針ずつ戻ります。 ● 針落ち位置がぬわれている部分と少し重なったところになっているか、確認してください。 7 を押します。 X 縫製画面に戻ります。 8 (ロック解除キー)、スター ト/ストップスイッチを押して、続きをぬいます。
    • p. 119/296
      糸調子を調整する 117 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 糸調子を調整する P.73で説明したように正しい糸調子になっていない場合の、糸調子の調整のしかたを説明します。まず下糸の糸調子を調整してから、各針棒の上糸の調子を調整します。 お願い ● ボビンを交換したあとは、必ず下糸の糸調子を確認してください。 下糸の糸調子は、下糸やボビンの種類によって異なります。例えば、紙ボビンを同種のボビンと交換したときなども、下糸の糸調子を確認し、必要に応じて糸調子を調整してください。
    • p. 120/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 118 4 調整ができたら、すべての針棒でためしぬいをして糸調子を確認します。 お知らせ ● 内蔵ワンポイント模様の中に、糸調子確 認用の模様があります。この模様をぬって糸調子を確認すると便利です。詳しくは、P.235 を参照してください。 上糸の調子を調整す る 上糸のぬい目が布地の裏側から少しのぞく程度に、糸調子を調整してください。 1
    • p. 121/296
      糸調子を調整する 119 3 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ■ 糸調子が弱いとき 上糸が弱すぎて、上糸がたるみ糸の締まりがゆるくなったり、表側に糸のループができています。 矢印の方向に回して、強くします。 ນ ၔ
    • p. 122/296
      その他の基本操作 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————— 120
    • p. 123/296
      4 縫製設定 縫製設定について説明します。知っておくと便利な機能です。 刺しゅうのしつけぬい ...........................................................................................................................122自動止めぬい設定 .....................................................................................................................................123ぬい始め/終わり位置設定
    • p. 124/296
      縫製設定 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 122 刺しゅうのしつけぬい 接着芯を貼り付けられないような布地をぬうとき、模様のまわりにしつけぬいをして芯が動かないようにします。接着芯を使うと、ぬい目が縮みや模様のずれが少なくなり、刺しゅうがきれいに仕上がります。 お願い ● 模様の組み合わせや編集が終わった後 で、しつけぬいを設定してください。しつけぬい設定をした後で、模様を組み合わせたり編集したりすると、縫製後に模様の下にしつけぬいがされてしまい、しつけ糸を外すのが難しくなります。
    • p. 125/296
      自動止めぬい設定 123 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 自動止めぬい設定 模様のぬい始めと糸替え後のぬい始め、糸切り前に、ほつれ止めのための止めぬいを自動でするように設定できます。 購入時は、模様のぬい始めと糸切り後のぬい始め、糸切り前ともに、自動止めぬいをするように設定されています。 ■ 模様のぬい始めと糸切り後のぬい始めに 止めぬいをする 1 を押して、
    • p. 126/296
      縫製設定 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 124 ぬい始め/終わり位置設定 刺しゅう模様のぬい始めとぬい終わりの針位置を、模様の左上、左中央、左下、上中央、中心、下中央、右上、右中央、右下の 9 点のいずれかにそれぞれ設定できます。 この機能を使うと斜めの繰り返しぬいができます。 縫製設定画面で設定します。購入時は、ぬい始め/終わりとも中心に設定されています。 1 を押します。 X
    • p. 127/296
      ぬい始め/終わり位置設定 125 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 斜め に繰 り 返 し ぬい を す る 例 1 ぬい始めを左上、ぬい終わりを右下に指定します。 縫製設定画面で を押して、ぬい始め /終わり位置設定画面を表示します。 ぬい始めの を押して、 にします。 ぬい終わりの を押して、 にします。 を押して、ぬい始め/終わり位置設 定画面を閉じます。
    • p. 128/296
      縫製設定 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 126 文字を つなげて刺 し ゅ う す る 刺しゅう枠からはみ出して、文字模様をつなげて刺しゅうするには、以下の手順のようにします。例: 「DEF」を「ABC」につなげる場合 1 「ABC」の文字模様を選びます。 2 縫製設定画面で、 を押します。 3 を押します。 X 針棒の位置は模様の左下隅となります。針が正しい位置にくるように、刺しゅう枠が移動します。
    • p. 129/296
      ぬい始め/終わり位置設定 127 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 8 縫製設定画面で、 を押します。 9 を押します。 X 針棒の位置は模様の左下隅となります。針が正しい位置になるように、刺しゅう枠が移動します。 0 を押します。 a を使い、前の模様の刺しゅう 終わり位置に針を合わせます。 お願い ● 前の刺しゅうの終わり位置の真上に針が あるか、よく見えるようにするには、101
    • p. 130/296
      縫製設定 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 128 縫製最高速度設定 縫製最高速度を、 1 分間に 400 ~ 1000 回転の間の 100 回転ごと 7 段階から設定できます。帽子枠を使用時は 400 ~ 600 回転の間の 50 回転ごと 5 段階から設定できます。 縫製最高速度表 縫製画面で設定します。購入時は、1000 回転に設定されています(帽子枠は 400 回転) 。 帽子枠およびシリンダー枠、平枠は別売です。
    • p. 131/296
      糸替え時停止設定 129 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 糸替え時停止設定 ミシンはいつでも止めることができますが、縫製の途中で止めると次のぬい始めは、ぬい目を少し戻さなくてはなりません。糸替え時に止めるとぬい目の調整をしなくてすみます。 次の糸替え時に停止す る 次の色をぬう前でミシンを停止することができます。 1 ミシンを停止したい糸替え時の前 の色部分をぬっているときに
    • p. 132/296
      縫製設定 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 130 3 を押す。 X マークが表示され、ここで停止す ることを示します。 1 マーク 4 停止したい回数分、手順 2 ~ 3 を繰 り返して設定します。 ● 停止設定は何回でもできます。 5 設定し終わったら、 を押しま す。 ● 縫製後、設定したところで停止したとき、一旦電源を切って続きをぬう場合は、次に電源を入れたときにミシンが続きをぬうか、新しく模様を選ぶか尋ねてきます。
    • p. 133/296
      一時的針棒設定 131 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 一時的針棒設定 縫製開始後、糸替え時で停止して、次でぬう色部分を現在糸がかけられている別の針棒に変えてぬうことができます。糸残量が少なくなった場合など現在かけられている上糸を代用し、糸こま交換を省きたいときにこの機能を使うと便利です。 1 変更したい色部分の前の色部分を ぬっているときに、 を押して にします。
    • p. 134/296
      縫製設定 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 132 お知らせ ● この機能での糸色(針棒)変更は、指定 したときの色部分についてのみ有効になります。その模様の次の同じ色でぬう部分や、次回同じ模様をぬうときは、オリジナルの色でぬわれます。 ● 糸こま交換、ポーズ設定で停止したとき も、一時的針棒設定で糸色(針棒)変更することができます。 ● 色部分をぬっている途中で、スタート/ ストップスイッチを押してミシンを止めたときは、一時的針棒設定は使えません。色部分の途中からの糸色(針棒)変更はできません。
    • p. 135/296
      一時的針棒設定 133 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 4 を押します。 お知らせ ● 連続刺しゅうを設定した場合でも、DST 糸切り機能を使用することができます (P.216参照)。 ● 手順 4 で を押した後でも、縫製画 面で針棒を選択することができます。 ● 刺しゅうが終わると、連続刺しゅうが キャンセルされます。
    • p. 136/296
      縫製設定 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 134 手動針棒設定 通常、糸色の割り当てはミシンが自動的に行いますが、特定の針棒に任意の糸色を自分で設定することができます。設定を行うと、その針棒はミシンの自動割り当ての対象から外れ、常に設定した糸色が割り当てられます。よく使う糸色を設定しておくと、糸こま交換の手間を省くことができ便利です。 お願い ● この機能は、縫製画面からは設定に進めません。
    • p. 137/296
      手動針棒設定 135 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 ■ 設定を解除したいときは 設定し直したいときも、一旦解除してから設定し直してください。 1 解除したい針棒の番号の を押します。 1 選択した針棒番号が青色に変わります。 2 を押します。 1 碇マークが消えます。 X これで針棒設定が解除されました。 1 1
    • p. 138/296
      縫製設定 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 136
    • p. 139/296
      5 模様の選択/編集/記憶 刺しゅう模様の選び方、編集のしかた、記憶のしかたについて説明します。 刺しゅうデータに関する注意.............. 138 刺しゅうカード(別売)について ......140USB メディア(市販品)について.......140 刺しゅう模様を選ぶ ................................. 141 基本的な模様の選び方..........................141ワンポイント ...............................................142枠模様
    • p. 140/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 138 刺しゅうデータに関する注意 このミシンで作成・記憶したデータ以外の刺しゅうデータを扱うときは、次の点に注意してください。 ಕ փ ■ 使用可能な刺しゅうデータの種類 • このミシンで扱える刺しゅうデータは、 .pes、.phc、.dst ファイルのみです。当社正規 のデータ作成装置およびミシンで記憶された模様以外のデータを扱うと、ミシンが誤作動するおそれがあります。
    • p. 141/296
      刺しゅうデータに関する注意 139 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 お知らせ ● フォルダーを作成する場合は、パソコンを使用してください。● フォルダー名、および模様データのファイル名には、英数字、またはダッシュ(-)、アンダー バー( _ )を使用することができます。フォルダー名の長さが8文字以下の場合は、フォルダー名全体が画面に表示されます。9文字以上の場合は、始めの6文字の後が「~」と数字に変わります。
    • p. 142/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 140 刺 し ゅ う カ ー ド (別売) に つ い て • 分解したり改造しないでください。 • 無理に曲げる、落とす、傷つける、上に重いものを載せることはしないでください。 • 水・溶剤類・飲み物など、液体でぬらさないでください。 • 強い静電気、電気的ノイズの発生しない環境で使用、保管してください。 • 振動や衝撃が加わる場所、直射日光の当たる場所、糸くず等のほこりっぽい場所、高温多湿の場所、温度差の激しい場所、スピーカー等の強い磁気の近くで使用、保管しないでください。
    • p. 143/296
      刺しゅう模様を選ぶ 141 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 刺しゅう模様を選ぶ このミシンには、刺しゅう模様が内蔵されています。それらの模様のほか、刺しゅうカード(別売)やUSB メディア(市販品)、パソコンから模様を呼び出すことができます。 お知らせ ● 刺しゅうカード(別売)から模様を呼び出す方法については、P.153を参照してください。 基本的な模様の選び方
    • p. 144/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 142 ワ ンポイ ン ト 1 を押します。 X ワンポイント模様一覧が表示されます。 2 模様を選びます。 選びたい模様キーを押します。 X 模様表示エリアに模様が表示されます。 ● まちがえて模様を選んだときや模様を選び直したいときは、選びたい模様キーを押し直します。 3 を押します。 これで模様の選択が確定されます。 X 編集画面が表示されます。
    • p. 145/296
      刺しゅう模様を選ぶ 143 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 ● まちがえて模様を選んだときや模様を選び直したいときは、選びたい模様キーを押し直します。 4 を押します。 これで模様の選択が確定されます。 X 編集画面が表示されます。 モ ノ グ ラ ム と 枠デザイ ン 2 つまたは 3 つの文字、またはフレーム模様を組み合わせてモノグラムを作ることができます。
    • p. 146/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 144 3 文字を選びます。 1 つの文字に対し、まず対応する字形タブを押した上で、文字を入力します。配置したい文字数分、字形タブ選択、文字入力を繰り返します。 * 文字の形がすべて同じであるため、字形タブを都度選ぶ必要(選択肢)はありません。 1 字形タブ2 文字のフォントを変更するには、 を押 してデザイン選択画面に戻ってください。 X 選んだ文字が模様表示エリアに表示されます。
    • p. 147/296
      刺しゅう模様を選ぶ 145 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 ■ サイズを変更する 最初の文字を選んだ後、その文字が希望の大 きさになるまで を押します。 ● 次に選ぶ文字も、ここで新たに設定した大きさになります。 ● 文字を組み合わせた後では、入力したすべての文字の大きさを変えることができなくなります。(模様全体の大きさは、模様編集画面から変更することができます。)
    • p. 148/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 146 0 文字の大きさを変更した場合は、枠模様も同じ大きさに変更します。 を押して、枠模様を文字の大きさに合 わせます。 1 このキーを繰り返し押して、好みの大きさに 変更します。 a を押します。 これにより、枠選択が確定します。 X 模様編集画面が表示されます。 ● を押して、組み合わせた模様をグ ループ化できます。 (P.193「2 つ以上の
    • p. 149/296
      刺しゅう模様を選ぶ 147 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 3 選びたい文字種が表示されていないときは、選びたい文字種のタブを押します。 1 大文字2 小文字3 数字・記号4 欧州特殊文字5 書体を選び直すときに押します。 X タブキーに示されている文字種の文字入力画面が表示されます。 ● 書体を選び直したいときは、 を押し ます。書体選択画面に戻ります。 4
    • p. 150/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 148 7 を押して、スペースを入れます。 8 を押して、「C」を押します。 9 を押して、「olor」と順に押し ます。 0 文字が小さくて画面表示が見にくいときは、 を押すと文字の確認 ができます。 a 確認ができたら、 を押して文 字入力画面に戻ります。 b すべての文字を入力し終わったら、 を押します。 これで模様の選択が確定します。 X
    • p. 151/296
      刺しゅう模様を選ぶ 149 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 6 急な曲線の内側に配列します。7 曲線の配列を選んだ場合、押すごとに曲線の 度合いを強く(急に)できます。 8 曲線の配列を選んだ場合、押すごとに曲線の 度合いを弱く(ゆるく)できます。 ● この画面で配列を変更すると、より多くの文字を入力することができます。 お知らせ ● 文字の色は黒に設定されています。色を
    • p. 152/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 150 X 模様表示エリアに模様が表示されます。 ● まちがえて模様を選んだときや模様を選び直したいときは、選びたい模様キーを押し直します。 3 必要に応じて、模様を編集します。 1 押すと、サイズを変更できます。 4 を押します。 これで模様の選択が確定されます。 X 編集画面が表示されます。 ア ッ プ リ ケアルフ ァ ベ ッ ト 1 を押します。
    • p. 153/296
      刺しゅう模様を選ぶ 151 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 3 下段で模様を選びます。 選びたい模様キーを押します。 1 大きさを選び直すとき押します。 X 模様表示エリアに模様が表されます。 ● まちがえて模様を選んだときや模様を選び直したいときは、選びたい模様キーを押し直します。 4 を押します。 これで模様の選択が確定されます。 X 編集画面が表示されます。
    • p. 154/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 152 ミ シ ン に記憶 し た 刺 し ゅ う 模様 ミシンに記憶した刺しゅう模様を呼び出します。記憶のしかたは、P.201「刺しゅう模様を記憶する」を参照してください。 1 を押します。 X 模様一覧が表示されます。 2 模様を選びます。 選びたい模様キーを押します。 X 模様表示エリアに模様が表示されます。 1 選ばれた模様のデータサイズを示します。2
    • p. 155/296
      刺しゅう模様を選ぶ 153 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 刺 し ゅ う カ ー ド (別売) ■ 刺しゅうカード(別売)について ● このミシン用に作られた刺しゅうカード以外は使用しないでください。対応していないカードを使用すると、ミシンが誤作動するおそれがあります。 ● 日本国外で販売されている刺しゅうカードは、このミシンでは使用できません。また、国内で販売されている刺しゅうカードの中にも、ライセンス付きあるいは著作権で保護されているなどの理由により、一部利用できないものがあります。詳しくは、お買い上げの販売店にお問い合わせください。
    • p. 156/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 154 3 カードリーダーホルダーのハンドルをタッチペンホルダーにはめ込みながら、アームを操作パネルの背面中央のくぼみに差し込みます。 1 カードリーダーホルダーのハンドル2 操作パネルのタッチペンホルダー 4 カチッという音がするまでカードリーダーホルダーを押し下げ、所定の位置に取り付けます。 5 操作パネルの背面のフックにカードリーダーのケーブルを巻き付け、カードリーダーのケーブルを
    • p. 157/296
      刺しゅう模様を選ぶ 155 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 2 カードリーダーホルダーのツメを指で押しながらカードリーダーホルダーを引き上げて、操作パネルから取り外します。 3 刺しゅうカードリーダーとタッチペンをカードリーダーホルダーから取り外します。タッチペンは、操作パネルのタッチペンホルダーに戻してください。 ■ カードリーダーホルダーを使わずに刺 しゅうカードリーダーを使用するには
    • p. 158/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 156 お知らせ ● カードリーダー/カードライターは、ミ シンの中央ポートにつなぐこともできます。 3 カードリーダー/カードライターがつながれている USB ポートのキーを押します。 X 刺しゅうカードの模様一覧が表示されます。 4 142ページ~151ページを参照して、模様を選びます。 ■ タテ200 mm×ヨコ300 mmよりも大きな模
    • p. 159/296
      刺しゅう模様を選ぶ 157 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 ■ 接続のしかた 1 付属の USB ケーブルを、パソコンのUSB ポートおよびミシンの USBポート(B タイプ)に差し込みます。 1 USB ポート(B タイプ)2 USB ケーブル ● パソコン・ミシンへの USB ポートの差し込みは、パソコン・ミシンの電源が入っている状態でも入っていない状態でも可能です。
    • p. 160/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 158 2 を押します。 X 模様一覧が表示されます。 3 模様を選びます。 選びたい模様キーを押します。 ● を押すと、模様を呼び出さずに前 画面に戻ります。 X 模様表示エリアに、模様が表示されます。 ● まちがえて模様を選んだときや模様を選び直したいときは、選びたい模様キーを押し直します。 お知らせ ● 分割模様についての詳細は、P.232「分
    • p. 161/296
      刺しゅう模様を選ぶ 159 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 ■ 呼び出したい模様を呼び出せないときは パソコンからの模様データの呼び出しは、パソコンから直接データを読み込むのではなく、模様データをミシンに一時的に書き込み、その書き込まれた模様データを呼び出しています。合計で約3MB の模様を「リムーバブルディスク」にコピーすることができます。そのデータ量を超えると模様データを呼び出すことができません。
    • p. 162/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 160 USB メ デ ィ ア (市販品) USBメディアに記憶した刺しゅう模様を呼び出します。記憶のしかたは、P.203「USBメディア (市販品) 」を参照してください。 お願い ● USBメディアと呼び出し/書き込み装置 は、電機店またはコンピューター小売店で購入できます。 ● USBメディアの種類によっては、このミ シンで使用できないことがあります。使用可能なUSBメディアについての詳細は、ブラザーソリューションセンター
    • p. 163/296
      刺しゅう模様を選ぶ 161 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 3 下位フォルダーに模様がある場合は、フォルダーを選びます。 X 選んだフォルダー内のフォルダー、模様の順で一覧が表示されます。 1 現在のフォルダー名を示します。2 現在のフォルダー内にあるフォルダーを示し ます。フォルダー名が 9 文字以上の場合、始めの 6 文字の後が「~」と数字に変わります。 3
    • p. 164/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 162 ■ 模様を削除するときは USBメディアの刺しゅうデータを整理するために不要データを削除することができます。手順 4 で、削除したい模様を模様表示エリア に表示させてから、 を押すと、次の画面 が表示されます。 1 データを削除して、模様が何も選ばれていな い状態に戻ります。 2 データの削除をキャンセルして、 を押 す前の状態に戻ります。
    • p. 165/296
      Link 機能~パソコンからミシンへ刺しゅうデータを転送する~ 163 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 Link機能~パソコンからミシンへ刺しゅうデータを転送する~ このミシンは、 Link機能に対応しています。この機能を使用すると、刺しゅうPRO NEXT以降のバージョ ンで、 Link機能付きの刺しゅう編集ソフトウェアで編集した刺しゅう模様を、パソコンから複数の刺しゅ
    • p. 166/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 164 Link 機能を使 っ て刺 し ゅ う す る まず、刺しゅう編集ソフトウェアを使用してパソコンで刺しゅうミシンに転送する刺しゅう模様を作ります。 お願い ● Link機能を使って刺しゅうできるのは、 PES 形式(.pes)の刺しゅうデータのみです。 ● Link機能は、分割模様(P.232参照)には 対応していません。 ● 刺しゅうミシンに送信する模様の大きさ
    • p. 167/296
      Link 機能~パソコンからミシンへ刺しゅうデータを転送する~ 165 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 7 以下のメッセージが表示されたら、 を押します。 X ミシンがパソコンに接続されている間は、ミシンの液晶画面にメッセージが表示されます。 お願い ● 刺しゅう編集ソフトウェアについて詳し くは、付属の取扱説明書を参照してください。 このLinkダイアログボックスは、刺しゅうPRO
    • p. 168/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 166 8 ミシンに刺しゅう模様が転送されると、縫製画面が表示されます。 X 刺しゅう模様が、Link 機能のアイコン付きで模様表示エリアに表示されます。 1 Link 機能のアイコン2 10 桁のミシン ID3 処理待ち中の模様の数 ● 模様を消すときは、 を押します。 お知らせ ● 刺しゅうミシンをパソコンに接続してい る間は、刺しゅう編集ソフトウェアの機能を使用してミシンの状態が表示されます。複数の刺しゅうミシンを同時に接続している場合は、ミシンの画面に表示されている10
    • p. 169/296
      Link 機能~パソコンからミシンへ刺しゅうデータを転送する~ 167 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 a を押してから、スタート/ ストップスイッチを押して刺しゅうを開始します。 X 刺しゅうが終わったら、以下のメッセージが表示されます。 b コンピューターから送られた別の模様を開くには、 を押し、手順 8 から繰り返して刺しゅうを続け ます。 刺しゅうを停止するか、同じ模様をもう一
    • p. 170/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 168 ネーム刺しゅうをする(ネームモード) ブラザーの刺しゅうネームソフトウェア「ネーム PRO」 (別売)を使って編集したネーム刺しゅうデータ を、 USBケーブル接続で直接ミシンに送ることができます。 別売のネーム枠を合わせて使用すれば、ミシンの画面で仕上がりイメージを実際の縫製に近いかたちで確認できます。ネーム枠の種類や取り付け方の概要については、
    • p. 171/296
      ネーム刺しゅうをする(ネームモード) 169 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 4 付属のUSB ケーブルを、パソコンのUSB ポートおよびミシンの USBポートに差し込みます。 5 ミシンの電源を入れます。 6 画面の注意事項を確認して、 を 押します。 X 次の画面が表示されます。画面の内容を 確認して、 を押します。 7 を押し、 または を押し て、設定画面の
    • p. 172/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 170 a ブラザーの刺しゅうネームソフトウェア「ネーム PRO」を使って、パソコンからネームデータを転送します。 お願い ●「ネームPRO」の使い方については、 「ネーム PRO」に付属の取扱説明書を参 照してください。 X 模様表示エリアに転送したネームデータが表示されます。 1 ネームモードアイコン :模様データを受信/更新できます。 :模様データを受信/更新できません。
    • p. 173/296
      ネーム刺しゅうをする(ネームモード) 171 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 ● ネームデータが、横171 mm × 縦118 mm よりも大きい場合や、表示エリアの外にはみ出すまで模様を移動した場合など、画面表示におさまらないときは、次の画面が表示されます。 ・ を押すと、拡大イメージとして 表示されます(模様が画面に収まらない場合は、一度拡大されると元に戻りません)
    • p. 174/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 172 お知らせ ● 選択したネーム枠は、ミシンの電源を 切った後も記憶されます。 ● 購入時は、ワクCクミ(ネーム枠記号: C)が設定されていますが、いったんネームデータが読み込まれると、読み込まれたデータより小さいネーム枠は選べなくなります。 d 必要に応じて他の設定をします。 1 単色ぬいキーが になっている場合は、 にします。 ● 縫製設定画面の各種設定については、P.83
    • p. 175/296
      ネーム刺しゅうをする(ネームモード) 173 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 2 色以上の糸を使 っ て ネ ー ム刺 し ゅ う す る ここでは単色ぬいを解除して、模様を 2 色以上でぬう場合について説明します。 1 ブラザーの刺しゅうネームソフトウェア「ネーム PRO」を使って、パソコンから色替情報を設定したネームデータを転送します。 ● ネームデータに色替情報を設定する方法については、「ネーム
    • p. 176/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 174 5 を押します。 X 針棒選択画面が表示されます。 6 糸色を変更したい部分を、 で選びます。 7 設定したい針棒番号を押します。 ● 糸色設定されている針棒には、糸色が表示されます。糸色設定された針棒番号を押した場合、模様表示エリアに設定された糸色で模様が表示されます。 1 糸色設定された糸色で表示されます。2 針棒番号3 糸色設定された針棒
    • p. 177/296
      ネーム刺しゅうをする(ネームモード) 175 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 9 を押して、ポーズ設定を解 除します。 糸こまが替わっても一時停止せず最後まで連続して刺しゅうをぬうことができます。 1 ポーズ設定された糸こま お知らせ ● あらかじめ設定した糸色をそのときだけ 変更したいときには、ポーズ設定を解除 (手順 8 、 9 )しないで手順 0 に進んで
    • p. 178/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 176 刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面) 「編集画面」では個々の模様の編集を行います。編集結果は模様表示エリアで確認できます。 模様を組み合わせ る ワンポイントと枠模様、内蔵の文字と別売の刺しゅうカードの模様など、いろいろな模様の組み合わせが簡単にできます。 1 を押します。 X 模様選択画面に戻ります。 1 組み合わせをやめるときに押します。編集画
    • p. 179/296
      刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面) 177 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 編集す る模様を選ぶ 複数の模様を組み合わせている場合は、いくつかある模様パーツのうち、編集対象となる模様を選びます。 1 または を押します。 赤い枠で囲まれている模様が編集対象となる模様です。編集したい模様が赤枠で囲まれるまで、 または を押します。 X 模様を選んだ順または逆順で、模様が選ばれていきます。
    • p. 180/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 178 ● 移動する前の位置(刺しゅう枠の中心) に戻したときは、 を押します。 お願い ● 模様を動かせるのは、画面上に矢印が表 示されているときのみです。 お知らせ ● 各編集キーを押して表示される画面の矢 印キーでも、移動できます。 ● 縫製設定画面の矢印キーは、枠を移動し て縫製位置を決めるために使います。 左右反転す る 1 を押して、
    • p. 181/296
      刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面) 179 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 2 各キーを押して、希望の大きさにします。 キーを押すごとに、変更後の大きさを示します。 キーを押して大きさを変更した後に、模様の大きさが表示されます。 1 縦の長さ2 横の長さ ● 模様や文字によって、拡大できる模様の大きさが異なります。 ● 模様や文字によっては、90 度回転するとさらに拡大されるものもあります。
    • p. 182/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 180 2 各キーを押して、希望の角度にします。 キーを押すごとに模様が回転します。 1 キーを押すごとに、変更後の回転角度を示し ます。 ● 元の角度(0 度)に戻したい場合は、 を押します。 3 必要に応じて、矢印キーを押して模様の位置を調整します。 操作のしかたは、P.177 を参照してください。 4 変更し終わったら を押します。 X 編集画面に戻ります。
    • p. 183/296
      刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面) 181 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 3 曲線の配列を選んだ場合は、曲線の度合いを調整できます。必要に応じて、 を押して調整しま す。 お知らせ ● を選んだときは、 、 はそ れぞれ、 、 にキーが変わります。 傾きの度合いを調整できます。 4 必要に応じて、矢印キーを押して模様の位置を調整します。 操作のしかたは、P.177
    • p. 184/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 182 組み合わせた文字模様を分割す る すべての文字を入力した後、組み合わせた文字模様を分割し、文字間隔を調整したり、模様を個別に編集したりできます。 1 を押します。 2 を押します。 X キーは、 に変わります。 3 で分割する場所を選び、 を押します。この例では、模 様は「T」と「a」との間で分割さ れます。 お願い ● 分割した文字模様を再び組み合わせるこ
    • p. 185/296
      刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面) 183 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 5 を押します。 文字間で糸を切る 文字間糸切りを設定すると、文字間の渡り糸がなくなり、縫製後の渡り糸の処理を省くことができます。ただし、文字ごとに糸切りを行うので縫製時間が長くなります。 1 必要に応じて、文字間糸を切るよう設定します。 を押して にします。 ● キーを 1 回押すとに、切り替わります。
    • p. 186/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 184 ■ 糸密度をあらくする ■ 糸密度を細かくする 2 各キーを押して、希望の糸密度にします。 キーを押すごとに、少しずつあらくまたは細かくなります。 ● 元の糸密度(標準)に戻したい場合は、100% にします。 3 変更し終わったら、 を押しま す。 X 編集画面に戻ります。 1 文字ずつ色を変え る P.146 の、アルファベットで選択した文字は、黒色に設定されています。文字の色を変えたいときは、配色キーで変更しますが、1
    • p. 187/296
      刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面) 185 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 2 を押して、色替表示の 1 番 上に変えたい色を表示させます。 1 1 番上に表示される部分の糸色が変更されま す。 3 を押して、パレットの 中から新しい色を選びます。 1 大きく表示されている□が選ばれている色で す。 2 選んだ色の色糸名が表示されます。 X 模様表示エリアの、模様の変更をした部分の色が変わります。
    • p. 188/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 186 繰 り 返 し 模様を つ く る ■ 模様を繰り返してぬうには 指定した回数分繰り返して、模様全体をコピーします。繰り返しのできる数は縦方向、横方向とも縫製エリア内で最大20 回までです。 1 を押します。 X 次の画面が表示されます。 2 模様を繰り返す方向を選びます。 1 水平方向2 垂直方向3 水平方向の繰り返しと削除のキー4 垂直方向の繰り返しと削除のキー5
    • p. 189/296
      刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面) 187 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 4 繰り返した模様の間隔を調整します。 ● 間隔を広げるには、 を押します。 ● 間隔を狭めるには、 を押します。 1 を押すと、繰り返しがリセットされ ます。 お知らせ ● 模様の間隔の調整ができるのは、赤枠の 内側のみです。 5 手順 2 から 4 を繰り返して、繰り返 し模様を仕上げます。
    • p. 190/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 188 2 または で、切り取り線を 選びます。 X 切り取り線が移動します。 3 を押します。 X 繰り返し模様が要素に分割されます。 4 を押します。 5 または で、繰り返す要素を選 びます。 6 任意の方向に要素を繰り返します。 7 変更し終わったら、 を押しま す。 模様編集画面が再度表示されます。 お願い ● 繰り返し模様を分割した要素に切り取っ
    • p. 191/296
      刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面) 189 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 ■ 糸印をつける 模様を続けてぬうときに糸印をつけておくと、模様合わせが簡単にできます。模様が終わると、最後の糸で矢印の形の糸印がぬわれます。模様を続けてぬうときには、矢印の尖端に次の模様位置を合わせます。 お知らせ ● 個別の模様を繰り返しぬうときは、模様 の周囲のみに糸印をぬうこともできます。
    • p. 192/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 190 ユーザーパレ ッ ト を作る お手持ちの糸だけを使った「ユーザーパレット」を作ることができます。糸ブランド 9 社の糸色リストから、お手持ちの糸の糸色を選んで、色パレットに設定します。 1 を押して、 を押します。 2 、 、 、 で、ユーザー パレットのどこに色を追加するかを選びます。 ● タッチペンで直接画面を押し、ユーザーパレットの糸色から色を選ぶことができます。
    • p. 193/296
      刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面) 191 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 5 を押します。 1 選ばれた糸色 X 選ばれた糸色がユーザーパレットに設定されます。 お願い ● を押さなければ、糸色番号は変 更されません。 6 ここまでの手順を繰り返して、お好みの色をすべて指定します。 ● 指定した色をパレットから削除するには、 を押します。 7 を押して、元の画面に戻りま
    • p. 194/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 192 ユ ー ザーパ レ ッ ト か ら 色 を選ぶ ユーザーパレットに設定した最大 300 色の糸色から 1 色を選ぶことができます。 1 を押します。 X 64 色の刺しゅう糸色リストが表示されます。 2 を押します。 1 糸色変更キー X 糸色(300 色の刺しゅう糸)画面が表示されます。 3 、 、 、 で、ユーザーパ レットから新しい色を選びます。
    • p. 195/296
      刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面) 193 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 模様を複製す る 1 を押します。 X 複製された模様は、元の模様の上に配置されます。 1 複製された模様 お願い ● 複数の模様を画面に表示している場合 は、 または で選んだ模様のみが複 製されます。 ● 複製された模様を個別に移動し、編集し ます。 2 つ以上の模様を グルー
    • p. 196/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 194 模様を削除す る 1 を押します。 X 次の画面が表示されます。 2 を押します。 X 模様が削除されます。 ● 削除をやめる場合は、 を押しま す。 お願い ● 複数の模様が表示されている場合は、選 んだ模様のみが削除されます。
    • p. 197/296
      刺しゅう模様全体を編集する(縫製設定画面) 195 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 刺しゅう模様全体を編集する(縫製設定画面) 縫製設定画面では、編集画面で組み合わせをしなかった場合は 1 つの模様に対して、組み合わせをした場合は 模様全体を 1 つの模様として編集します。 また矢印キーは、編集画面では模様を移動するために使いましたが、縫製設定画面では枠を移動するために使います。キーを押すと、枠が動きますので注意してください。
    • p. 198/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 196 組み合わせの編集 花アルファベット模様に文字を組み合わせてを編集してみましょう。 1 を押します。 2 を選びます。 X 模様は刺しゅう範囲の中心にレイアウトされます。 3 模様を選んだら、 を押します。 X 編集画面が表示されます。 4 を押します。 X 模様選択画面が表示されます。 例)
    • p. 199/296
      組み合わせの編集 197 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 5 を押します。 6 を押します。 7 「ood」を入力します。 小文字タブキーを押して小文字入力画面を表示させてから、「o」、 「o」 、「d」を押しま す。 X 選んだ文字は、刺しゅう範囲の中心に表示されます。 ● 大きさを変えたい場合は、「o」 を選んで から を押して大きさを選択してくだ さい。
    • p. 200/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 198 a 同様にして、 を押します。 b 同じ書体 を押してから、 「Luck」を入力します。 「L」 を押した後、小文字タブキーを押して 小文字入力画面を表示させてから、「u」、 「c」 、「k」を押します。 X 選んだ文字は、刺しゅう範囲の中心に表示されます。 c 文字を選んだら、 を押します。 X 編集画面が表示されます。 d を押して、バランスよ
    • p. 201/296
      組み合わせの編集 199 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 例) のサイズを小さくしたいとき。 f を押して、赤い枠を に 移します。 g を押します。 h を押して、サイズを小さくし ます。 i サイズを小さくしたら を押し て、編集画面に戻ります。 ● 続けて他の模様を修正したいときは、再 度 を押して修正します。 ● 文字や全体が分かりにくいときは を 押し、
    • p. 202/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 200 j すべての編集が終わったら、 と を押します。 X 縫製設定画面が表示されます。 ● を押すと編集画面に戻り、編集を し直すことができます。
    • p. 203/296
      刺しゅう模様を記憶する 201 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 刺しゅう模様を記憶する ミ シ ン に記憶す る 編集した模様をミシンに記憶しておくことができます。また、よく使う模様などもミシンに記憶しておくと、すぐに見つけることができ便利です。 お願い ●「記憶中」の画面が表示されているとき は、絶対に電源スイッチを切らないでください。記憶されている模様データが消えるおそれがあります。
    • p. 204/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 202 2 削除する模様を選びます。 模様キーを押します。 X 模様表示エリアに選択した模様が表示されます。 1 選ばれた模様のデータサイズを示します。2 ミシンのメモリーの空き容量を示します。3 押すと、選んだ模様を削除します。 ● まちがえて模様を選んだときや模様を選び直したいときは、選びたい模様キーを押し直します。 3 を押します。 X 次の画面が表示されます。
    • p. 205/296
      刺しゅう模様を記憶する 203 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 USB メ デ ィ ア (市販品) 刺しゅう模様を USB メディアに記憶します。 お知らせ ● USBメディアと呼び出し/書き込み装置 は、電器店またはコンピューター小売店で購入できます。 ● USBメディアの種類によっては、このミ シンで使用できないことがあります。使用可能なUSB メディアについての詳細は、ブラザーソリューションセンター
    • p. 206/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 204 3 を押します。 ● 記憶をやめる場合は、 を押します。 X 記憶されると、自動的に縫製設定画面に戻りす。 お願い ●「記憶中」の画面が表示されているとき は、絶対にUSBメディアを抜かないでください。USBメディアが破損するおそれがあります。また、記憶されている模様データが消えることがあります。 ● USBメディアは、差し込んだ直後に抜か
    • p. 207/296
      刺しゅう模様を記憶する 205 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 3 記憶させたい模様を表示した状態で、縫製設定画面で を押しま す。 4 を押します。 ● を押すと、保存せずに元の画面に 戻ります。 X 模様は、 「コンピューター(マイコン ピュータ) 」の「リムーバブルディスク」 に一時的に保存されます。 5 「リムーバブルディスク」内の、保 存した模様データをパソコンに移動/コピーしてください。
    • p. 208/296
      模様の選択/編集/記憶 ——————————————————————————————————————————————————————————————————— 206
    • p. 209/296
      6 基本設定とヘルプ機能 P.45 で紹介した設定キー、ミシンの使い方キーの使用方法を説明します。ミシンの基本設定の変更をしたり、画面上で操作のしかたなどを調べたりできます。 設定キーの使い方 .....................................................................................................................................208 設定画面の見方.................................................................................................................................................
    • p. 210/296
      基本設定とヘルプ機能 ————————————————————————————————————————————————————————————————————— 208 設定キーの使い方 (設定)キーを押すと、いろいろなミシン本体の基本設定を変えることができます 設定画面の見方 設定画面は 6 ページあります。右下の 、 を押して、目的のページを表示します。 は全ページ で表示されます。 ■ 1 ページ 1 設定し終わったら押します。設定を確定して、 設定キーを押す前の画面に戻ります。 2 模様表示エリアのガイド(刺しゅう枠の範囲、
    • p. 211/296
      設定キーの使い方 209 6 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ■ 3 ページ B 糸こま固定 特定の針棒に任意の糸色を設定できます。ここで設定された針棒は、解除するまで設定された糸色が割り当てられます。この機能は縫製画面からは設定できません。設定のしかたは、P.134「手動針棒設定」を参照してください。 ■ 4 ページ C スクリーンセーバー スクリーンセーバーに切り替わるまでの時間を選び、スクリーンセーバーの画像を変更します。
    • p. 212/296
      基本設定とヘルプ機能 ————————————————————————————————————————————————————————————————————— 210 ■ 5 ページ I Link(リンク) Link 機能の ON / OFF が設定できます。 (P.163 参照 ) J ネームモード ネームモードの ON / OFF が設定できます。 (P.168 参照) K 単位 画面に表示される長さの単位を設定できます。 (P.222 参照) L 言語 言語の切り替えができます。指定した言語でキーやメッセージが表示されます。
    • p. 213/296
      設定キーの使い方 211 6 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ガ イ ド 表示を切 り 替え る 模様表示エリアに表示されるガイドは、使用する枠にあわせて、表示を切り替えることができます。設定画面の 1 ページで設定します。詳細については、取扱説明書・別冊を参照してください。 1 設定するガイドがどのように表示されるか、 ここで確認します。 2 台枠の種類 台枠の種類を設定します。
    • p. 214/296
      基本設定とヘルプ機能 ————————————————————————————————————————————————————————————————————— 212 お知らせ ● ネームモード(P.168参照)では、上記 の枠種を選択することはできません。 ● ネームモードにおいて、模様を拡大表示 したときは(P.172 参照) 、グリッド表示 されません。 ■ 中心表示、グリッド 中心表示は、赤色の+マークで表示されます。購入時は、 「OFF」に設定されています。 1 または で、中心表示とグ リッド表示/非表示を選びます。
    • p. 215/296
      設定キーの使い方 213 6 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ■ 表示例 お知らせ ● 通常、ぬい順表示や模様表示エリアの模 様の糸色は、専用色(ミシン内蔵の色パレットの色)で表示されます。ぬい順表示や色替表示の糸番号は、その色に一番近い、ここで設定したブランドの色番号が表示されます。したがって、仕上がりの色とは多少色味が異なっていることがあります。 ● 液晶画面で表現される色と実際の糸色は
    • p. 216/296
      基本設定とヘルプ機能 ————————————————————————————————————————————————————————————————————— 214 「PES」 形式デー タ の糸色情報を優先 さ せ る ミシン設定、または刺しゅう PRO・ハートステッチズ DL(刺しゅう編集ソフトウェア)の設定に従い、「PES」形式データの糸色を優先して表示することができます。 (糸色のミシン設定については、P.212「糸色表示 を切り替える」を参照してください。)設定画面の 1ページで設定します。ON:刺しゅう
    • p. 217/296
      設定キーの使い方 215 6 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 縫製エ リ ア の表示色/模様キ ー の表示色を変更す る 模様の色に応じて、66 色の中から背景色が選べます。縫製エリアの表示色と模様キーの表示色には、異なる色を選ぶことができます。購入時は、グレーに設定されています。設定画面の 1 ページで設定します。 1 を押します。 2 または を押して、縫製エリ
    • p. 218/296
      基本設定とヘルプ機能 ————————————————————————————————————————————————————————————————————— 216 渡 り 糸切 り / DST 設定 渡り糸の糸切りする/しないを設定できます。タジマフォーマット (.dst) の刺しゅうデータを使う場合は、ジャンプコード数の指定により糸切りする/しないを設定できます。ON : 次のラインで指定された数に基づいて、糸 切りコードに変換する OFF :糸切りコードに変換しない購入時は「ON」、ジャンプコード回数「3」に設定されています。設定画面の
    • p. 219/296
      設定キーの使い方 217 6 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 小 ピ ッ チのステ ッ チを削除す る 当社正規の模様以外の刺しゅうデータを使用すると、ピッチが細かすぎる場合があり、糸切れや針折れが発生するおそれがあります。このようなことを防ぐために、あらかじめ細かいピッチのステッチを削除するように設定することができます。ここで設定したピッチ以下のステッチが削除されます。購入時は
    • p. 220/296
      基本設定とヘルプ機能 ————————————————————————————————————————————————————————————————————— 218 ス ク リ ー ン セ ーバー の設 定を変更す る ■ スクリーンセーバーが表示されるまでの 時間を設定する ミシンを一定時間操作しないと、スクリーンセーバーが起動します。 「切」(0)から「60」分までの間で、1分単位 で指定することができます。購入時は、 「5 分」に設定されています。 設定画面の4 ページ設定します。 1 または
    • p. 221/296
      設定キーの使い方 219 6 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 を押し、最初 の画像を選びます。 ● この画面の一覧に画像が表示されます。番号を選んで画像を指定します。 5 接続されている装置を選びます。 ● 1 番目(上)の USB ポートに USB メディア を接続している場合は を押します。 ● 中央ポートに USB メディアを接続してい る場合は を押します。
    • p. 222/296
      基本設定とヘルプ機能 ————————————————————————————————————————————————————————————————————— 220 針 も と ラ イ ト の ON /OFF を切 り 替え る 針もとライトの ON / OFF を切り替えることができます。購入時は、「ON」に設定されています。設定画面の 4 ページで設定します。 1 または を押して設定します。 ス ピ ー カ ー音量を変更 す る 操作音(画面のキーや操作パネルのボタンを押したときに鳴る音)やアラーム音(エラーの発生を通知する音)の音量を変更することができます。スピーカー音量は、「OFF」か「1」~「5」の範囲で設定できます。「OFF」を選択すると、スピーカーから音が聞こえなくなります。購入時は、「5」に設定されています。設定画面の
    • p. 223/296
      設定キーの使い方 221 6 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 糸セ ン サ ー を設定す る 糸センサーが「OFF」に設定されていると、糸が切れるか、ボビンに糸がなくなっても、刺しゅうが終わるまでミシンは停止しません。糸センサーは、「OFF」に設定する必要がある場合を除き、必ず「入」に設定してください。購入時は、「ON」に設定されています。設定画面の 4 ページで設定します。
    • p. 224/296
      基本設定とヘルプ機能 ————————————————————————————————————————————————————————————————————— 222 長 さ の単位を切 り 替え る 長さの単位を、mm、inch から選ぶことができます。購入時は、 「mm」に設定されています。 設定画面の 5 ページで設定します。 1 または で、単位を選びます。 希望の単位を表示させます。 言語を切 り 替え る 画面の表示言語を選ぶことができます。購入時は、「日本語」に設定されています。設定画面の
    • p. 225/296
      ミシンの使い方キーの使い方 223 6 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ミシンの使い方キーの使い方 このミシンに、ミシンの基本操作など取扱説明書に準じた内容が記憶されています。 (ミシンの使い 方)キーを押して画面に表示される 4 つの項目を選ぶと、その内容を確認することができす。 ■ 各項目の内容 各部の名前とはたらきミシンの重要な部品とそれぞれのはたらきを表示して説明します。
    • p. 226/296
      基本設定とヘルプ機能 ————————————————————————————————————————————————————————————————————— 224 例)上糸の通し方を知りたいとき 1 を押します。 X ミシンの使い方画面が表示されます。 2 を押します。 X 基本操作の一覧が表示されます。 3 を押します。 X 上糸通しの手順が表示されます。 4 を押すと、次のページが表示さ れます。 1 次のページへキー 押すと、次のページが表示されます。 2 前のページへキー 押すと、前のページが表示されます。
    • p. 227/296
      ミシンの使い方キーの使い方 225 6 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— が表示されたら、キーを押してくださ い。 動画の再生中は、 に変わります。 1 押すと、動画を中止しイラスト表示に戻りま す。 2 一時停止した動画の続きを再生します。3 押すと、動画を一時停止します。4 押すと、動画を早送りします。5 押すと、動画を巻き戻します。6 押すと、現在開いているページの最初に戻っ
    • p. 228/296
      基本設定とヘルプ機能 ————————————————————————————————————————————————————————————————————— 226
    • p. 229/296
      7 付録 応用ぬいのテクニックや、きれいな刺しゅうに仕上げるためのポイント、ミシンのお手入れと困ったときの対処方法などを紹介します。 アップリケぬい ........................................... 228 アップリケ模様のぬい方 ....................228枠模様を使ってアップリケをするには(1)...............................................229枠模様を使ってアップリケをするには(2)...............................................230
    • p. 230/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 228 アップリケぬい アップリケのぬい方を説明します。 ア ッ プ リ ケ模様のぬい方 刺しゅうの中にはアップリケを使用した模様があります。色替表示の部分に「アップリケピース」 、 「アップリケノイチ」 、 「アップリケ」と表示された 場合は、以下の手順でアップリケをします。 ※ 糸色表示設定によって または のように表示されることがあります。
    • p. 231/296
      アップリケぬい 229 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 6 アップリケピースを貼り付けたら、 「アップリケ」をぬいます。アップ リケができます。 ● 模様によっては、「アップリケ」が表示されないものがあります。この場合、「アップリケ」ぬいは、刺しゅうの 1 部分として色糸で表示され、その色糸でぬわれます。 7 残りの刺しゅうをぬいます。 枠模様を使 っ て ア
    • p. 232/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 230 3 手順 1 で切り取ったアップリケ布の 裏側に薄く、のりまたは布用スプレーのりを付け、土台布のぬい目にあわせて貼り付けます。 4 同じ形のサテンぬいの枠模様を選び、手順 3 の布に刺しゅうをする とアップリケができます。 お願い ● 直線ぬいの枠模様を選んだときに、大き さやぬう位置を変えた場合は、サテンぬいの枠模様も同じ大きさ、同じ位置になるように変えてください。
    • p. 233/296
      アップリケぬい 231 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 3 アップリケ布の上からもう 1 度、同じ枠模様を刺しゅうします。 ● 中心の十字をぬう前に、ミシンを止めてください。 4 刺しゅう枠を外し、ぬい目の外側を切り取ります。 お願い ● 布地は刺しゅう枠にはめたまま、切って ください。また、張られている布地に無理な力をかけると、布地がたるんでしまうで注意してください。
    • p. 234/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 232 分割模様をぬう 刺しゅう PROバージョン7以降で作成した分割模様をぬうことがきます。大型の刺しゅう模様の場合は、 刺しゅう枠よりも大きな刺しゅうデザインが複数のセクションに分割され、それぞれのセクションをぬい終わった後にそれを組み合わせて 1つの模様を作ることになります。 分割模様の作成およびより詳しいぬい方については、刺しゅう
    • p. 235/296
      分割模様をぬう 233 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 3 必要に応じて、模様を編集し、 を押します。 ● 詳しくは、P.176「刺しゅう模様を個別に編集する(編集画面)」を参照してください。 4 模様の大きさを確認した上で、適切な布地と刺しゅう枠を選びます。 ● 組み合わされた模様の大きさに合った布地を選ぶようにしてください。 5 布地の適切な部分に刺しゅう枠をセットします。この場合は、布地の左上の部分に刺しゅう枠をセットします。
    • p. 236/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 234 8 刺しゅうが終わったら、以下の画面が表示されます。 を押しま す。 X 分割模様の部位を選択するための画面が表示されます。 9 を押し、模様の次の部位を選ん でから を押します。 0 を押して、 を押します。 a 位置合わせのぬい目にあわせて次のデザイン部位の布地を刺しゅう枠にセットします。この場合は、手順 6 で刺しゅうしたデザイン部
    • p. 237/296
      豆知識 235 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 豆知識 さらにこのミシンを使いこなしていただくための操作を紹介します。 内蔵模様で糸調子を確認す る 内蔵ワンポイント模様の最終ページに、糸調子確認用の模様があります。この模様をぬって糸調子を確認しましょう。 1 を押します。 ● 模様の選択画面のキーデザインが、実際とは一部異なります。キーデザインについては、取扱説明書・別冊を参照してください。
    • p. 238/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 236 6 (ロック解除キー)、スター ト/ストップスイッチを押して、ぬいます。 7 糸調子を修正します。下糸は、布の裏側からぬい幅の約 3 分の 1 になるようにします。 お願い ● 調整が必要な場合は、P.73、117、118 の説明を参照してください。 布地の ラ イ ン に合わせて模様をぬ う ぬい始め/終わり位置設定で模様の細かな位置を確認することができます。例えば、布地の柄のラインに沿って文字模様をぬうときに、ぬい始め/終わり設定のぬい始めを左下に設定して位置を確かめてから、再度ぬい始めを設定し直します。今度は右下に設定して位置を確かめます。最初の点と次の点を結ぶ直線が文字のベースラインになります。そのラインが文字を沿わせようとしている布地の柄とずれていたら、位置の調整が必要です。
    • p. 239/296
      豆知識 237 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 5 チャコペンなどで、その位置に印を付けます。 6 刺しゅう枠をミシンから外して、最初の点と最後の点を結んで確認します。 ● ずれていたり、交差していたら、布地の張り直しか、模様の位置調整が必要です。 色パ レ ッ ト に つ い て ミシン内蔵の色パレットとユーザーパレットについて補足説明します。通常、ぬい順表示の糸こまや色替表示の糸こま、模様表示エリアの模様の糸色は、専用色(ミシン内蔵の色パレットの色)で表示されます。ぬい順表示や色替表示の糸番号は、その色に一番近い、設定画面の
    • p. 240/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 238 タ ジ マ フ ォ ー マ ッ ト (.dst) の刺 し ゅ う デー タ の色に つ い て タジマフォーマット(.dst)には、模様の色情報がありません。形だけの部分の集合で作られています。例えば、次の刺しゅうデータは、タジマフォーマット(.dst)では、 となっています。そこで、模様の部分を分かりやすくするため、このミシンでタジマフォーマットデータを扱うときは、自動的に当社指定の糸色順で色がつけられて表示されます。この糸色は、模様のデザインに関係なく、適当な色が部分のぬい順に従ってつけられていますので、例えば、果物のオレンジの色が青になっていたり、模様のデザインによっては違和感のある色付けになってしまうこともあります。タジマフォーマットデータを扱うときは、画面上ででき上がりイメージを確認しながら、糸色編集画面で色を変更してお使いください。
    • p. 241/296
      きれいな刺しゅうに仕上げるために 239 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— きれいな刺しゅうに仕上げるために よりきれいな刺しゅうに仕上げるために、糸、刺しゅう枠、接着芯について、注意していただきたいことを説明します。 糸 刺しゅう糸は高価なものですので、取り扱いには万全の注意を払ってください。どんなに良い糸でも、きちんと縫製するためには正しく保管する必要があります。特に、糸がお客様のもとへ届いてから実際にミシンでご使用になるまでの期間は注意してください。刺しゅう糸は、過度の熱や光、または湿気のように、損傷を与えるようなものがない環境で保管してください。
    • p. 242/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 240 4. はがすタイプの接着芯 キャンバス地やポプリン、デニムのような普通の重さの織物と、丈夫な布に使用します。この接着芯は、2 枚以上重ねて使用することで、多くのぬい目数に耐えることができます。この種類の接着芯は織り込まれていないので、縫製が終わったあとに、刺しゅうデザインの端から簡単にはがすことができます。はがすタイプの接着芯にも黒色があります。
    • p. 243/296
      きれいな刺しゅうに仕上げるために 241 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 布/接着芯の適合表 布/衣服 裏張りの枚数 表張りの枚数 詳細 タオル地 はがすタイプ 1 枚 水に溶けるタイプ 1 枚 密度または縦ぬい幅を大きくしてください。細かい模様や小さな文字は、毛羽の輪に引っ掛かりやすくなります。 サテンのジャケット 厚い裏地 なし薄い裏地または裏地 なしはがすタイプ
    • p. 244/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 242 お願い ● 上記は、布地と接着芯の多くの組み合わせの中から、最適な組み合わせを選ぶための目安とし てご利用ください。布地と接着芯の組み合わせが不確かである場合は、実際の衣類で本ぬいする前に、試しぬいをしてくだい。 スウェットシャツ 切るタイプ(軽)または粘着性のはがすタイプ 1 枚 任意 細かいデザインには切るタイプ(軽)の接着芯を
    • p. 245/296
      ネーム枠を使う 243 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ネーム枠を使う 別売のネーム枠を使うと、ネームとワンポイント刺しゅうを美しく仕上げることができます。 お知らせ ● ブラザーの刺しゅうネームソフトウェア 「ネーム PRO」を使って編集したネーム 刺しゅうデータを、USBケーブル接続で直接ミシンに送ることができます。このとき、ネーム枠(別売)と合わせて使用すれば、ミシンの画面で仕上がりイメージを実際の縫製に近いかたちで確認できます。
    • p. 246/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 244 ネ ー ム枠 (別売) の種類 ネーム枠はネーム刺しゅう専用の刺しゅう枠です。7 種類の大きさや形があり、ネーム枠専用の台枠にセットして使用します。模様の大きさや形に合わせて、枠を選んでください。ミシンにネーム枠専用の台枠をセットした上でネームデータをミシンに送ると、大きさや形に適応するネーム枠が次のように表示されます。作成したネームデータの大きさや形が、お持ちのネーム枠に合わない場合は、ネーム枠に収まるように編集して送り直してください。
    • p. 247/296
      ネーム枠を使う 245 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— *1 実際には、そのとき使用可能なネーム枠のみが、強調(白抜き)表示されます。 *2 縫製画面ではこの記号でネーム枠を選びます。 お知らせ ● 取り付け方については、ネーム枠(別売)に付属の取扱説明書を参照してください。 5. ワク E クミ 楕円 36 × 64mm E S32949-001 6. ワク
    • p. 248/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 246 帽子枠(別売)を使う 別売の帽子枠を使うと、帽子に刺しゅうをすることができます。帽子枠の使い方を説明します。 帽子枠 と 付属品 以下の帽子枠、帽子枠ドライバー、ゲージと付属品が揃っているか確認してください。不足しているときや破損しているときは、お買い上げの販売店にお問い合わせください。 お願い ● 帽子枠を取り付ける前に、必ず帽子枠ドライバーのリングとL型取付金具の高さを調整してくだ
    • p. 249/296
      帽子枠(別売)を使う 247 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 帽子の種類 このミシンで刺しゅうする帽子は、次の種類の帽子をお勧めします。 ■ 標準タイプ(円筒型) 1 正面:円筒型2 6 分割 ■ ロープロタイプ(球面型) 1 正面:球面型2 6 分割 ■ ゴルフタイプ 1 正面分割なし2 5 分割 お知らせ ● メッシュの有無は、1の部分を確認して ください。
    • p. 250/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 248 ■ 刺しゅうできない帽子 ● サンバイザーなど、帽子の正面の高さが50mm 以下の帽子 ● 子供用帽子 ● ヒサシの長さが 80mm より大きい帽子 布地に関す る注意 ■ 推奨布地 ● 木綿 35%、ポリエステル 65% ● 木綿 100% ● ウール 80%、ナイロン 20% ● ウール 15%、アクリル 85% ■ 推奨できない布地
    • p. 251/296
      帽子枠(別売)を使う 249 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 帽子枠ドライバーの下のつまみボルト 2 本が、キャリッジの切り欠きにはさみ込まれるようにして、帽子枠ドライバーの取付プレートを X キャリッジの上に重ねます。 1 キャリッジの切り欠き2 帽子枠ドライバーのつまみボルト3 帽子枠ドライバーの取付プレート4 X キャリッジ 5 X キャリッジのピンに、帽子枠ドライバーの取付プレートの穴を差し込みます。
    • p. 252/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 250 2 2 本の六角ネジを、付属の T 型六角レンチ (2.5mm) で 1 回、矢印の方向に回してゆるめます。 1 六角ネジ2 付属の T 型六角レンチ (2.5mm) お願い ● 六角ネジは、完全に外さないでくださ い。 3 L 型取付金具がミシンベッドにあたるように調整したあと、2 本の六角ネジを T 型六角レンチ (2.5mm)
    • p. 253/296
      帽子枠(別売)を使う 251 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 6 リングを軽く押し下げたあと、リング内側の 4 本の六角ネジを、T 型六角レンチ (3mm) でしっかりと締め付けます。 ಕ փ 7 手順 5 で差し込んだ、調整シートを 取り外ます。 ■ 針板カバーを取り付ける 針板に針板カバーを取り付けます。 1 針板カバー ■ ゲージを準備する ストッパーを下げ、ゲージを机などに取り付けます。
    • p. 254/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 252 4 取付金具を取付箇所に十分にはめ込んで、つまみボルトを締めます。 1 取付金具2 取付プレート(作業台、机など)3 つまみボルトを締めます。 お知らせ ● 取付金具と取り付けプレートの間にすき まができる場合は、取り付けプレートの下に付属の調整シートを差し込んでください。 1 取付金具2 取付プレート(作業台、机など)3 調整シート4
    • p. 255/296
      帽子枠(別売)を使う 253 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 帽子枠のセ ッ ト の し かた → → (4 ページへ) → の順にキーを押すと、帽子枠への帽子の張り 方、帽子枠のセットの手順を動画で見ることができます。 (P.223 参照) ゲージにセットした帽子枠に帽子をセットし、ゲージから帽子枠を外します。そして、帽子枠を帽子枠ドライバーに取り付けます。
    • p. 256/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 254 このとき、帽子の中心線と帽子枠のアセトリ留めの中心線を合わせながら、アセトリをアセトリ留めの下側にもぐり込ませます。 1 アセトリ留め2 アセトリ留めの中心線3 帽子の中心線 5 帽子の中心線とゲージの凹みを合わせます。 1 帽子の中心線2 ゲージの凹み 6 帽子のアセトリを帽子枠の切り欠き部の内側に入れます。 1 帽子枠の切り欠き部
    • p. 257/296
      帽子枠(別売)を使う 255 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 9 反対側も同様に合わせます。 0 パチン錠の留金具を留めます。 1 パチン錠の留金具 お願い ● 帽子の布地が厚くてフタ枠が閉まらない 場合や、布地が薄くてフタ枠の閉まりがゆるい場合は、内側のネジをゆるめて内側のフタ枠を調整することができます。 1 内側のフタ枠2 内側のネジ a 帽子の中央から端に向かってたるみを取り除きます。
    • p. 258/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 256 d 図のように、ヒサシがふくらまないように、両手で形を整えます。 X これで帽子が帽子枠にセットできました。 e 帽子枠をゲージから取り外します。 図のように、ゲージの 2 つの留具を両手の親指で押え、刺しゅう枠を引き抜きます。 1 留具 ■ 帽子枠をミシンにセットする 帽子枠をミシンにセットするには、帽子枠ドライバーが必要です。帽子枠をミシンにセットする前に、キャリッジに帽子枠ドライバーを取り付けてください。
    • p. 259/296
      帽子枠(別売)を使う 257 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ■ 帽子枠の外し方 ぬい上がったら、帽子枠を取り外し、帽子を外します。 1 帽子枠を帽子枠ドライバーから取り外します。 図のように、帽子枠ベースの 2 つの留具を両手の親指で押え、刺しゅう枠を引き抜きます。 1 留具 帽子のヒサシがミシンに当たらないように、図のように縫製面を横にして取り外します。 ●
    • p. 260/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 258 4 帽子枠ドライバーを取り外します。 お願い ● 帽子枠ドライバーが押えなど周りの部品 に当たらないよう、注意してください。 5 帽子枠ドライバーのアセトリ留めの穴と台形金具の中心線の位置を合わせ、天面の穴に、手順 3 で外 した 2 本のつまみボルトを締め付けます。 1 アセトリ留めの穴2 台形金具の中心線3 天面の穴 ● つまみボルトが元々付いていた帽子枠ドライバーの穴(P.248
    • p. 261/296
      帽子枠(別売)を使う 259 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 刺 し ゅ う デー タ作成上の注意 布じわや布縮みによる柄ずれを防ぐため、帽子用の刺しゅう模様データを作成するときに、次の点に注意してください。 1 必ず、地ぬい ( 下打ち ) を入れます。 2 中心から左右両サイドに向かってぬわれるよう、ぬい順、ぬい方向を指定します。 このミシンでは、模様の組み合わせ時に模様を選んだ順が、ぬい順となります。下記の例の場合は、「E」→「A」→「B」→「R」の順で模様を選び、「BEAR」と配置してください。
    • p. 262/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 260 お手入れ 簡単なミシンのお手入れ方法を説明します。故障の原因となる場合がありますので、いつも清潔にしておきましょう。 画面の汚れの掃除 液晶画面が汚れた場合は、乾いたやわらかい布地等で軽くふき取ってください。有機溶剤や洗剤は使用しないでください。 本体表面の掃除 軽い汚れは、やわらかい乾いた布でふき取ります。ひどい汚れは、中性洗剤を薄めて布に浸して固くしぼり、ふき取ります。洗剤でふいたあとは、乾いた布でふき取ります。
    • p. 263/296
      お手入れ 261 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 掃除し終わったら、ボビンケースをセットし、釜カバーを閉めます。 (P.43 参照) 針板ま わ り の掃除 移動刃、固定刃、糸保持板の周囲に糸くずやほこりがたまると、糸切り不良が発生したり、部品が破損するおそれがあります。月に 1 回は掃除してください。Z 型ドライバー、付属のミシンブラシを用意します。 1
    • p. 264/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 262 4 掃除し終わったら、手順 2 と逆の手 順で針板を取り付けます。 ボビ ン ケ ー スの掃除 ボビンケースの調子バネの糸穴の周囲は、糸のワックスやゴミがたまりやすく、糸調子不良の原因となります。そのため、ボビンを交換するときは毎回掃除してください。名刺と同等の厚さの紙を用意します。 1 釜カバーを開け、ボビンケースを取り出し、ボビンを取り出します。
    • p. 265/296
      お手入れ 263 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 掃除が終わったら、ボビンをボビンケースに入れ、ボビンケースをセットし、釜カバーを閉めます。 (P.43 参照) 上糸の糸道の掃除 上糸の糸道の糸案内や糸調子つまみにほこりや糸くずがたまると、刺しゅう中に糸が切れるおそれがあります。糸道を定期的に掃除してください。 ■ 糸案内を掃除する 1 付属の掃除ブラシを使用し、糸案内プレートの下から糸くずやほこりを取り除きます。
    • p. 266/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 264 3 糸調子ダイヤルを組み立てなおします。 お願い ● 糸調子ダイヤルを組み立て直すときに、 回転調子皿の取り付け方向が逆にならないよう注意してください。底部にマグネットがついています。 1 マグネット ● 糸調子番号4は、他の糸調子よりも部品 が1つ多いため、組み立て直すときに注意してください。 1 フェルトワッシャー(下)2 回転調子皿
    • p. 267/296
      お手入れ 265 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 3 プーリーを回し(約 50 度)、釜のレース部を注油しやすい位置にします。 ● プーリーは反時計回りに回してください。 4 釜のレース部に一滴注油します。 1 小さい穴を空けます。2 この部分に注油します。 ● 付属の油差しの先に、小さい穴を空けてから注油してください。 5 注油し終わったら、ボビンケースをセットし、釜カバーを閉めます。
    • p. 268/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 266 メ ン テナ ン ス メ ッ セ ー ジ に つ い て このメッセージが表示されたら、ミシンを正規販売店かお近くの正規サービスセンターに持ち込み、定期メンテナンスチェックを受けることをお すすめします。 を押すと、このメッセージ は消え、ミシンを使い続けることができますが、適切なメンテナンスが実行されるまで、このメッセージは繰り返し表示されます。適切なメンテナンスで、継続して快適にミシンをご使用いただけるようになります。
    • p. 269/296
      困ったとき 267 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 困ったとき ト ラ ブルチ ェ ッ ク機構 このミシンには、ぬっていて困ったときのために簡単なトラブルチェック機構がついています。あてはまる項目を押して、原因を確かめてください。 1 を押します。 2 を押します。 3 トラブルの内容に当てはまる項目を選びます。 4 表示されたチェック項目を点検してください。
    • p. 270/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 268 ト ラ ブルチ ェ ッ ク ミシンが思いどおりに動かないときは、修理を依頼する前に以下の項目を確認してください。それでも改善されない場合は、お買い上げの販売店、または「PR 専用ダイヤル」にご相談ください。 こんなとき 原因 対処のしかた 参照ページ ミシンが動かない 電源が入っていない。 電源を入れます。 p.44 ミシンロックが解除されていない
    • p. 271/296
      困ったとき 269 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 針が折れる 押えの穴の周辺に傷がある。 押えを交換します。お買い上げの販売店、または 「PR 専用ダイヤル」にご相談 ください。 - 釜の糸すべり面に傷がある。 お買い上げの販売店、または 「PR 専用ダイヤル」にご相談 ください。 - ボビンまたはボビンケースが正しくセットされてない。 ボビンまたはボビンケースを一旦外して、セットし直してください。
    • p. 272/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 270 自動糸切り後、上糸が短く切れて針から抜けてしまう 針板まわり(移動刃、固定刃、糸保持板)に糸くずやほこりなどがたまっている。 針板まわりの糸くずやほこりを取り除いてください。 p.261 上糸が切れる 針が正しく取り付けられていない。 針を正しく取り付けます。 p.92 針の止めネジがゆるんでいる。 針交換ドライバーを使って止 めネジをしっかり締めます。
    • p. 273/296
      困ったとき 271 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 上糸が切れる メタリック糸など、弱い糸を使用している。 縫製速度を遅くします。 p.128 釜の糸すべり面に傷がある。 お買い上げの販売店、または 「PR 専用ダイヤル」にご相談 ください。 - 糸がからまって、釜などに詰まっている。 からんだ糸を取り除きます。釜に詰まっていた場合は、掃除します。 p.260
    • p. 274/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 272 上糸が切れる 針に粘着剤などが付着している。 針を交換します。 p.92 布地の張りが弱い。 たるみの無いようにしっかり布地を刺しゅう枠に張り直します。 p.53、97 糸の品質が悪い。 撚りが甘い糸や古く弱い糸を、品質の良い糸と交換します。 - 刺しゅうデータにゼロステッチが含まれている。 ゼロステッチを削除します。 p.217
    • p. 275/296
      困ったとき 273 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 刺しゅう模様がくずれる 接着芯を貼っていない。 特に伸びる布地、薄い布地、目の粗い布地、ぬい縮みしやすい布地には、必ず刺しゅう用接着芯を貼ります。<帽子枠使用時>やわらかい素材の帽子の場合は固めの芯を使用します。 p.96 刺しゅう枠が正しくキャリッジにセットされていない。 刺しゅう枠を正しくキャリッジにセットします。台枠の左右のアームのピンが、刺しゅう枠の取付部の穴にきちんと入っているか確認します。
    • p. 276/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 274 上糸のぬい目が浮く(ルーピングの発生) 糸調子つまみの締め込み量に見合った糸調子になっていない。 糸調子が出ていない場合は、糸調子つまみの前後にあるサブテンションの糸調子皿に、糸のワックスやゴミが入って糸調子皿が浮いている場合がありますので、掃除します。 p.263 糸調子皿付近で糸が正しく通されていない。 糸調子皿を掃除してください。上糸を通し直し、糸を引いてみて糸調子皿が回転することを確認してください。
    • p. 277/296
      困ったとき 275 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ಕ փ 渡糸が長い 回転調子皿に糸くずやほこりがたまっている。 糸調子ダイヤルのつまみを外し、中のフェルトに付着している糸くずやほこりを取り除いてください。 p.263 布に針による傷か穴がある 針がとがってない 針を交換します。針がとがっていないと布を押し上げ、布に傷がつきます。 p.35、92 布が弱すぎる。
    • p. 278/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 276 エ ラ ー メ ッ セ ー ジ ミシンが正しく準備できていない状態でスタート/ストップスイッチを押したときや、まちがった操作をしたときは、ミシンは停止し、ブザーとエラーメッセージでお知らせします。エラーメッセージが表示されたときは、メッセージの内容に従って対処してください。 表示中のメッセ-ジは、 を押すか、対処をしてから を押すと消えます。エラーメッセージが再
    • p. 279/296
      困ったとき 277 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 針板まわり(移動刃、固定刃、糸保持板)に糸くずやほこりなどがたまっている針板まわりの掃除をしてください。 (P.261 参照) 縫製画面または縫製設定画面以外の画面が表示されているときに糸切りスイッチを押した縫製画面または縫製設定画面に進んでください。 ロック解除をせずに糸切りスイッチを押した を押してから、糸切り
    • p. 280/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 278 が押されたため、選択中の 模様が削除されようとしている 画像を削除しようとした コピープロテクトがかかっている模様を USBメディアまたはパ ソコンに保存しようとしたこの模様は著作権法により、USBメディアおよびパソコンに保存して再生/編集することはできません。 ミシン本体のメモ リーに保存してください。 差し込んだ USB メディアは使
    • p. 281/296
      困ったとき 279 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 模様のステッチが多すぎて使用できない50 万ステッチを超えている模様は表示できません。 刺しゅうソ フトを使用して、ステッチの数を減らしてください。 分割模様を、別の模様に組み合わせようとしたこの模様は組み合わせることができません。 模様を 101個以上組み合わせよ うとした模様の組み合わせは100 個までです。
    • p. 282/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 280 針棒ケース停止位置不良 を押すと、自動復帰しま す。 針棒ケースが移動中に停止した を押すと、自動復帰しま す。 針棒ケースが開始位置に移動できなかった を押すと、自動復帰しま す。 針棒ケースモータロック を押すと、自動復帰しま す。 ピッカーが正常に動作しなかったピッカーに糸が絡んでいる場合は、糸を取り除いてから、 を押します。
    • p. 283/296
      困ったとき 281 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— セットされている刺しゅう枠に対し、組み合わせた模様が大き過ぎる模様を90度回転させた上で、模様を追加してください。 呼び出そうとした模様データに異常がある模様データを確認してください。 ● 模様データが破損している。 ● 他社製のデータ作成装置で作 成されたデータを呼び出そうとした。 (P.138 参照) ミシンを正常な状態に戻すため、電源を入れ直してください。
    • p. 284/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 282 次の画面が表示されたときは、お買い上げの販売店、または「 PR専用ダイヤル」にご相談ください。
    • p. 285/296
      困ったとき 283 7 —————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
    • p. 286/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 284 キ ー を押 し て も 反応 し ない と き は 画面上のキーを押しても変化がない(入力できない)場合や、キーがずれている場合は、次の手順で画面の調整をしてください。 1 画面(どの部分でもよい)を押しながら、電源スイッチを入れ直します。 ● 次の画面が表示されるまでずっと画面を押し続けてください。 ● スタート/ストップスイッチは点灯しません。
    • p. 287/296
      仕様 285 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 仕様 本体仕様 * 予告なく仕様を変更する場合があります。ご注意ください。 項目 仕様 製品質量 37 kg 本体寸法 幅 512mm×高さ 586mm ×奥行589mm ぬい速度 最大/筒:毎分 1000 針、帽子:毎分600針速度/最大:毎分 1000 針、最小:毎分400針 定格電圧/消費電力 100V(50
    • p. 288/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 286 ミシンのソフトウェアをアップグレードする USB メディアまたはパソコンを使用して、ミシンにインストールされているソフトウェアをアップグレードすることができます。アップグレード情報については、お近くの販売店または「 PR 専用ダイヤ ル」にお問い合わせいただくか、ブラザーソリューションセンター ( http://solutions.brother.co.jp/
    • p. 289/296
      ミシンのソフトウェアをアップグレードする 287 7 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 4 を押します。 X アップグレードファイルがダウンロードされます。 お願い ● エラーが発生すると、赤い文字のエラー メッセージが表示されます。ダウンロードが成功すると、以下のメッセージが表示されます。 5 USB メディアを取り外し、ミシンの電源を一旦切ってから再び入れます。
    • p. 290/296
      付録 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 288 5 を押します。 X アップグレードファイルがダウンロードされます。 お願い ● エラーが発生すると、赤い文字のエラー メッセージが表示されます。ダウンロードが成功すると、以下のメッセージが表示されます。 6 USB ケーブルを抜き、ミシンの電源を一旦切ってから再び入れます。
    • p. 291/296
      索引 289 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 索引 数字 6 本針ミシン .............................................................. 9 A AC アダプター ......................................................... 39 D DST ..........................................................................
    • p. 292/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 290 く 繰り返し模様 ..........................................................186 グループ化 ..............................................................193 グループ化キー ........................................................80
    • p. 293/296
      索引 291 ————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— て 停止予約キー .........................................84、 129、 131 適応ネーム枠表示 .................................................. 244 適応枠表示 .......................................................
    • p. 294/296
      ——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 292 も 文字間キー ...................................................... 80、 181 文字の色を変える ...................................................184 文字模様を分割する ...............................................182
    • p. 295/296
    • p. 296/296
      http://www.brother.co.jp/ http://solutions.brother.co.jp/sewing_support/index.html ՘੥ᝢ஥ం ᐳഈႊҨȪɘșʩʁʽ ÐÒÔ°¹ʁʴ˂ʄ ǴȧΈႊȾȽɞҰȾ॒ȭటంᴥ՘੥ᝢ஥ంᴦȝɛɆ՘੥ᝢ஥ంˁҝёɥȝᝣɒȾȽɝǾඩȪȢȝΈȗȢȳȨȗǿǴȝᝣɒȾȽȶȲऻɕǾȽȢȨȽȗɛșȾ۾ҒȾίከȪǾȗȷȺɕਖ਼ȾȻȶȹ᛻ɜɟɞɛșȾȪȹȢȳȨȗǿ 884-T09 Printed in Taiwan XF2161-001 ᐳ ഈ ႊ Ҩ
  • Brother PR655 (ページ: 44)

    目次
    • p. 1/44
      職業用刺しゅうミシン PRT09 シリーズ 操作早見表 ●ご使用になる前に、必ず取扱説明書と取扱説明書・別冊 をお読みになり正しくお使いください。 ●この本は、操作早見表としてお使いください。
    • p. 2/44
    • p. 3/44
      1 本書内の液晶画面は実際の画面と異なる場合がございます。 目次 下糸をセットする.................................................................. 2 ボビンケースを取り出す..................................................................2ボビンをセットする............................................................................3ボビンケースをセットする...............................................................3
    • p. 4/44
      2 下糸をセットする ボビンケースを取り出す ◆ ◆ 0 2 0 1 0 3 0 4 下糸のセット方法は次のとおりです。詳しくは、取扱説明書の2章「下糸をセットする」を参照してください。
    • p. 5/44
      3 ボビンをセットする ◆ ◆ 0 2 0 1 0 3 1 .糸端を5cmほど引き出します。 ボビンケースをセットする ◆ ◆ 0 2 0 1 0 3 下糸は、下糸巻き装置でお巻きください。詳細は、取扱説明書の2章「下糸巻き装置の準備」から「下糸 を巻く」を参照してください。 ※カチッと音がするまで、奥ま で押し込んでください。
    • p. 6/44
      4 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6 1 2 3 4 5 6 0 4 0 3 0 5 0 2 0 9 0 7 0 6 00 8 0 1 上糸通し 縫製画面で、何番の針棒にどの糸色を通すか確認し、以下の手順に従い自動針穴糸通し装置を使って 上糸を通します。詳しくは、取扱説明書の2章「上糸をセットする」を参照してください。
    • p. 7/44
      5 0 2 0 3 0 1 0 5 0 4 0 7 0 6 0 9 0 8
    • p. 8/44
      6 上糸通し 糸を針穴に通す ◆ ◆ A 0 3 2 0 1 0 5 0 6 0 7 1 たるみがないように糸を かけます。 押えの糸かけの溝1に糸を かけます。 糸を通す針棒番号のキーを押します。 または、針棒移動キーを押して、糸を通す針棒 番号のキーを押します。 0 4
    • p. 9/44
      7 刺しゅうの基本操作 A A A A A
    • p. 10/44
      8 模様を組み合わせる ◆ ◆ A A A A A A A A A A
    • p. 11/44
      9 基本設定 ◆ ◆ 刺しゅうの基本操作 A A A A A
    • p. 12/44
      10 模様一覧 ワンポイント ◆ ◆ 取扱説明書で例に 使われている模様 です。 糸調子確認用の 模様です。
    • p. 13/44
      11 枠模様 ◆ ◆
    • p. 14/44
      12 モノグラム模様 ◆ ◆
    • p. 15/44
      13 模様一覧 アルファベット ◆ ◆
    • p. 16/44
      14
    • p. 17/44
      15 模様一覧
    • p. 18/44
      16
    • p. 19/44
      17 模様一覧
    • p. 20/44
      18
    • p. 21/44
      19 模様一覧
    • p. 22/44
      20
    • p. 23/44
      21 模様一覧
    • p. 24/44
      22
    • p. 25/44
      23 模様一覧
    • p. 26/44
      24 花アルファベット ◆ ◆ 装飾アルファベット ◆ ◆
    • p. 27/44
      25 模様一覧 アップリケアルファベット ◆ ◆ ギリシャ文字 ◆ ◆
    • p. 28/44
      26 刺しゅう模様 ◆ ◆ No. 2 No. 3 No. 4 No. 1 ● No. 5 No. 6 刺しゅう色替え表 1 2 3 4 5 (534) (086) (214) (513) (707) 129.1 mm 251.7 mm 23 min 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 (027) (515) (339) (810) (010) (070) (058) (027) (339) (070) (058) ブラザー刺しゅう糸(ウルトラポス)の番号 82.1 mm 69.9 mm 9
    • p. 29/44
      27 No. 7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 (515) (058) (205) (030) (005) (001) (070) (205) (030) (900) (005) (001) (070) (205) (030) (900) 93.1 mm 79.1 mm 16 min No. 8 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 (843) (208) (030) (405) (007) (900) (030) (208) (339) (515)
    • p. 30/44
      28 番号に●印のある模様は、回転された状態でミシンに内蔵されています。縫製前に模様の配置を確認してください。.No.16は岡本苔泉の筆を刺しゅう模様にしています。 1 (323) 2 (328) 3 (517) 4 (513) 5 (070) 6 (328) 7 (206) 8 (807) 9 (405) 10 (209) 11 (807) 12 (030) 13 (209) 14 (206) 15 (807) 16 (070) 17 (405) 18 (513) 19 (209) 20 (328)
    • p. 31/44
      29 糸調子確認用の模様です。 1 2 3 4 5 (513) (515) (208) (800) (205) No. 24 取扱説明書で例に使われ ている模様です。 23.2 mm 36.3 mm 3 min 1 (205) 2 (208) 3 (030) 4 (019) 5 (415) 6 (513) 7 (509) 8 (001) 9 (704) No. 19 51.3 mm 61.9 mm 8 min 1 (019) 2 (513) 3 (509) 4 (507) 5 (513) No. 20
    • p. 32/44
      30 モノグラム模様 ◆ ◆
    • p. 33/44
      31 刺しゅう色替え表 (620) 1 2 3 4 5 (001) (058) (208) (707) (007) No. 1 1 (328) No. 6 1 No. 11 L: 94.4 mm 73.6 mmM: 64.1 mm 50.1 mmS: 40.9 mm 31.2 mm L: 77.5 mm 78.2 mmM: 50.0 mm 50.4 mmS: 29.7 mm 29.9 mm L: 25.2 mm 89.4 mmM: 16.8 mm 57.4 mmS: 9.1 mm 34.0 mm L:
    • p. 34/44
      32 No. 1 1 2 3 4 5 6 (017) (513) (810) (070) (612) (205) No. 2 1 2 3 4 5 6 (017) (513) (810) (205) (070) (612) No. 3 1 2 3 4 5 6 (017) (513) (810) (205) (612) (070) No. 4 1 2 3 4 5 6 (017) (513) (205) (810) (612) (070) No. 5 1 2 3 4 5 6 (017) (513) (810)
    • p. 35/44
      33 刺しゅう色替え表 No. 19 1 2 3 4 5 6 (017) (513) (810) (612) (205) (070) No. 20 1 2 3 4 5 6 (017) (513) (810) (205) (612) (070) No. 21 1 2 3 4 5 6 (017) (513) (810) (612) (070) (205) No. 26 1 2 3 4 5 6 (017) (513) (810) (205) (612) (070) No. 27 1 (017) No. 35
    • p. 36/44
      34 No. 51 1 (017) No. 52 1 (017) No. 43 No. 44 No. 45 No. 46 No. 47 No. 48 No. 49 No. 50 1 (017) 1 (017) 1 (017) 1 (017) 1 (017) 1 (017) 1 (017) 1 (017) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 (513) (070) (124) (086) (205) (513) (070) (124) (086) (205) No. 53 1 2 3 4 5 (513)
    • p. 37/44
      35 装飾アルファベット ◆ ◆ No. 1 No. 2 No. 3 No. 4 No. 5 No. 6 No. 7 No. 8 No. 9 No. 10 No. 11 No. 12 No. 13 No. 14 No. 15 1 2 3 4 5 (513) (807) (085) (420) (406) L: 49.9 mm 50.0 mmS: 33.0 mm 33.0 mm L: 49.9 mm 49.9 mmS: 32.9 mm 32.9 mm L: 50.0 mm 49.9 mmS: 32.9 mm
    • p. 38/44
      36 No. 16 No. 17 No. 18 No. 19 No. 20 No. 21 No. 22 No. 23 No. 24 No. 25 No. 26 No. 27 No. 28 No. 29 1 2 3 4 5 (513) (804) (070) (107) (807) 1 2 3 4 (534) (804) (810) (085) 1 2 3 4 (517) (614) (405) (406) 1 2 3 (420) (214) (405) 75.0 mm 79.9 mm 70.0 mm 49.9
    • p. 39/44
      37 アップリケアルファベット ◆ ◆ 12.2 cm (5 inch) 6.8 cm (2.8 inch) 4.9 cm (2 inch) アップリケのぬい方について詳しくは、取扱説明書の7章「アップリケぬい」を参照してください。 . ★ 刺しゅう色替え表
    • p. 40/44
      38 ギリシャ文字 ◆ ◆ No. 1 1 2 3 (209) (513) (405) No. 9 1 2 3 (209) (513) (405) No. 17 1 2 3 (209) (513) (405) No. 2 1 2 3 (209) (513) (405) No. 10 1 2 3 (209) (513) (405) No. 18 1 2 3 (209) (513) (405) No. 3 1 2 3 (209) (513) (405) No. 11 1 2 3 (209) (513) (405)
    • p. 41/44
      39 糸色名 ブラザー刺しゅう糸 ( ウルトラポス ) カントリー糸 Madeira◆Poly Madeira◆ Rayon Sulky Robison- Anton 1 クロ 900 100 1800 1000 1005 5596 2 シロ 001 000 1801 1002 1001 5597 3 アカ 800 149 1637 1037 1037 5678 4 ピンク 085 155 1921 1108 1224 5523 5 コイピンク 086 024 1721 1117 1154 9168 6
    • p. 42/44
      40 糸色名 ブラザー刺しゅう糸 ( ウルトラポス ) カントリー糸 Madeira◆Poly Madeira◆ Rayon Sulky Robison- Anton 41 ワカバイロ 027 442 1706 1102 1209 9153 42 キミドリ 513 444 1848 1049 1177 5622 43 モスグリーン 515 446 1770 1369 1176 9091 44 アオ 405 586 1829 1177 1076 5684 45 グンジョウイロ 406 575 1842 1076
    • p. 43/44
    • p. 44/44
      884-T09 Printed in Taiwan XF2229-001
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.