取扱説明書とユーザーガイド - Canofax L250 Canon

Canofax L250 Canon の取扱説明書やユーザーガイドが2以上あります。

  • Canon Canofax L250 [ver. 1] (ページ: 28)

    目次
    • p. 1/28
      1 はじめに 次ページ 2 本製品の設置と設定 P.6 ソフトウェアをインストールし、コンピューターと接続する P.18 3 付録 P. 付 -1 最初にお読みください。 ご使用前に必ず本書をお読みください。 安全にお使いいただくための注意事項は 「基本操作ガイド」に記載されています。 こちらもあわせてお読みください。 将来いつでも使用できるように大切に保 管してください。
    • p. 2/28
      2 目的の機能を使用するための設定 お使いになれる機能 お使いになれる機能を紹介します。 :使用できる機能 :使用できない機能 コピー プリント ファクス (PC ファクス送信) ADF (片面) L250 各機能(コピー、プリント、ファクス、PC ファクス)を使用するには、以下の流れに沿って設定してください。 コピー ファクス プリント PC ファクス 必ず行う操作 トナーカートリッジを準備する P.7 電源コードを接続する P.12 ハンドセットを接続する P.12 設 定 が 完 了 し ま し
    • p. 3/28
      3 同梱品を確認する 1. 同梱品が揃っているか確認する 不足しているものや破損しているものがあったときは、 お買い求めの販売店までご連絡ください。 本体 次のものが取り付けられています。 ● 小サイズ用紙ガイド ● トナーカートリッジ 電源コード 同梱されているトナーカートリッジについて 同梱されているトナーカートリッジの平均印字可能枚数は次のとおりです。 Canon Cartridge 328 Starter (キヤノン カートリッジ 328 スターター) 平均印字可能枚数 * 1 : 1,000
    • p. 4/28
      4 User Software CD-ROM について ドライバーとソフトウェアについて 本製品に付属の CD-ROM に収められているドライバーとソフトウェアは、次のとおりです。 ファクス L ドライバー プリンタードライバー プリンタードライバーをコンピューターにインストールすると、アプリケーションから本製品でプリントできるようになります。 ファクスドライバー ファクスドライバーをコンピューターにインストールすると、アプリケーションから「印刷」を選択したり、Canon ファクスドライバーをプリンターとして選択したり、出力先とオプションを設定したりできるようになります。ファクスドライバーによって、送信先のファクス機でプリントしたり保存したりできるように、標準のファクスプロトコルに合わせてデータが画像に変換されます。
    • p. 5/28
      5 同梱されているマニュアルについて 最初にお読みください。 本製品の設定およびソフトウェアのインストールについて説明しています。ご使用前に必ず本書をお読みください。 スタートアップガイド 基本操作ガイド 次にお読みください。 本製品の基本的な操作について説明しています。 本書 ● はじめに ● 本製品の設置と設定 ● ソフトウェアをインストールし、コンピューターと接続する ● 付録 ● 基本的な操作 ● コピー ● プリント ● ファクス ● メンテナンスと管理 ● 困ったときには e-マニュアル 目的にあわせて必要な
    • p. 6/28
      6 1. 本製品をビニール袋から取り出し、設置場所へ運ぶ 設置場所に運び、梱包材を取り外す 2. 梱包材を取り外す * 梱包材は予告なく位置・形状が変更されたり、追加や削除されることがあります。 * USB ポートのキャップ は取り 外さないでください。 このキャップは USB接続のインストール時に取り外します。 次の梱包材が完全に取り外されていることを確認してください。 Check! テープ x 9 取っ手を持つ 運ぶ 取り外す(1 箇所) 取り外す(6 箇所) 開けながら、取り外す (1 箇所) 取り外す(1
    • p. 7/28
      7 持ち上げる 持つ 2. トナーカバーを開ける 1. 上部ユニットを持ち上げる 開ける 持つ 3. トナーカートリッジの梱包材を取り外し、 トナーカートリッジを本製品に取り付ける 取り外す 持ち上げる 取り出す トナーカートリッジを準備する
    • p. 8/28
      8 5 ~ 6 回振る 取り外す タブを折る 平らな場所に置き、タブを折ります。 引き抜く シーリングテープの長さは、約 50 cm です。 取り付ける 左右の突起をガイドに合わせて、奥に当たるまで押し込みます。 梱包材はすべて取り外しましたか? Check! 梱包材 x2 用紙付き梱包材 x1 シーリングテープ x1 取り外す
    • p. 9/28
      9 4. トナーカバーを閉め、上部ユニットをおろす おろす 閉める
    • p. 10/28
      10 2. 用紙ガイドを移動し、用紙をセットする 1. 用紙カバーを開ける 用紙をセットする 奥にあたるまで差し込みます。 移動する 用紙より少し大きめの位置へ移動し ます。 用紙ガイドを用紙の長さに隙間なく合わせる 用紙ガイドを用紙の幅に隙間なく合わせる 封筒をセットする場合 「基本操作ガイド」を参照して ください。 用紙束は積載制限ガイドの下を通してください。 Check! セットする用紙サイズを変更する場合 必ず用紙のサイズと種類を登録してください。 「用紙のサイズと種類を設定する」 (P.17)
    • p. 11/28
      11 3. 用紙カバーを閉める 使用する前の準備 取り付ける 引き出す 取り付ける 持ち上げる 持ち上げる
    • p. 12/28
      12 電源コードを接続する ハンドセットを接続する 電源が入っていないことを確認する 差し込む USB ケーブルは接続しないでください。ソフトウェアのインストールのときに接続します。 OFF セットする 接続する 電源プラグを差し込む アース線を接続する
    • p. 13/28
      13 確認して、[OK]を押す テンキーで日時を入力して、[OK]を押す 日時設定の保存 日時設定の保存のため 24時間の充電が必要で す。他の設定を有効に するために主電源を入 2. 基本設定をする 1. 電源を入れる トナーカバーを開きオレンジ色の梱包材の取忘れがないか確認して下さい 次へ トナーカートリッジのタブ/テープの取り忘れがないか確認してください。 次へ カセット1に用紙をセットしたか確認してください。 次へ ● 一定時間何も操作をしないと、自動的に節電状態に移行します(スリープモード)。スリープモードを解除するには、操作パネルの[
    • p. 14/28
      14 次のキーを使用して、本体に情報(文字、記号、数字)を入力します。 ■ 文字や記号、数字を入力する テンキーや[ ](記号)で入力します。 使用するキー 入力モード: <カナ> 入力モード: < aA > 入力モード: < 12 > アイウエオァィゥェォ @.-_/ 1 カキクケコ ABCabc 2 サシスセソ DEFdef 3 タチツテトッ GHIghi 4 ナニヌネノ JKLjkl 5 ハヒフヘホ MNOmno 6 マミムメモ PQRSpqrs 7 ヤユヨャュョ TUVtuv 8 ラリルレロ WXYZwxyz
    • p. 15/28
      15 4. ファクスの受信モードを設定する ファクスや電話の着信に対し、本製品をどのように動作させるか を設定します。 画面に表示される質問に答えることで、次の 4 つの動作モードの いずれかに設定されます。 自動受信モードに設定されます。 →手順 5 に進みます。 ● ファクスは自動受信します。 ● ハンドセットまたは外付け電話機を 使用しません。 FAX/TEL 切替モードに設定されます。 →手順 5 に進みます。 ● ファクスは自動受信します。 ● 電話は受話器を取って応答します。 ● ハンドセットまたは外付け電話機が
    • p. 16/28
      16 5. 電話線を接続する [OK]を押す 設定した受信モードによって、表示される画面が異なります。 電話回線コネクタを接続する FAX/TEL 切替モード、留守 TEL 接続モード、手動受信モードで外付け電話機を使用する場合は接続する [ ]で選択し、[OK]を押す 接続が終了したら、 [OK]を押す ファクスの設定と接続が終了しました。 設定を有効にするため、本製品を再起動する 電源をいったん切り、10 秒以上たってから再度電源を入れます。※電話回線の種別を自動的に判別するには再起動が必要です。
    • p. 17/28
      17 用紙のサイズと種類を設定する [ ](用紙設定)を押す [▲][▼]で<カセット 1 >を 選択して、[OK]を押す [▲][▼]で選択して、[OK] を押す [▲][▼]で選択して、[OK] を押す [ ] (用紙設定)を押して、 <用紙設定>画面を閉じる 用紙設定 カセット1 用紙サイズ A4 A5B5長形3号 用紙種類 普通紙 (60~90 g/m 2 ) 普通紙L (60~90 g/ ... 厚紙1 (90~163 g/m 2 ) 厚紙2 (105~163 g/ ...
    • p. 18/28
      18 ソフトウェアをインストールする (Windows の場合) 1. コンピューターの電源を入れて、管理者権限のユーザーと してログオンする 2. ファクス L ドライバーをインストールする すでにログオンしている場合は、起動しているすべてのアプリケーションを終了させてください。 USB ケーブルはまだ接続しないでください ソフトウェアをインストールしてから USB ケーブルを接続してください。 セットする トップ画面が表示されないとき ● Windows XP 1.[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]
    • p. 19/28
      19 インストール結果を確認する P.20 3. USB ケーブルを接続する キャップ(A)を取り外す ひもを引っ張って取り外してください。 接続する ● 平たい側(A): コンピューターのUSBポートに接続します。 ● 四角い側(B): 本製品のUSBポートに接続します。 ダイアログボックスが表示されたときは 画面の指示にしたがってインストールを完了させてください。 ※ この画面が表示されたら、CD-ROM ドライブからCD-ROMを取り出すことができます。 (A) (B) (A) チェックマークを付ける
    • p. 20/28
      20 インストール結果を確認する (Windows の場合) ファクス L ドライバーや e-マニュアルが正しくインストールされていることを確認します。 インストールしたソフトウェアのアイコンが、次のとおり追加されていることを確認してください。各ソフトウェアの機能については、User Software CD-ROM( P. 4)を参照してください。 ソフトウェア 場所 アイコン プリンタードライバー プリンターフォルダー ● Windows 2000 [スタート]メニューから[設定]→[プリンタ]を選択します。
    • p. 21/28
      21 ソフトウェアをインストールする (Macintosh の場合) インストール方法は User Software CD-ROM に収められている、以下のガイドを参照してください。 ■ プリンタードライバー ● Canon MFプリンタドライバガイド: [CARPS2]→[japanese]→[Documents]→[Guide]→[index.html] ■ ファクスドライバー ● Canon ファクスドライバガイド: [FAX]→[japanese]→[Documents]→[Guide]→[index.html]
    • p. 22/28
      付-1 e-マニュアルを使うには User Software CD-ROM をコンピューターにセットします。 [マニュアル]にのみチェックマークを付けます。 [インストール]をクリックします。 ■ e-マニュアルをコンピューターにインストールする [終了]をクリックします。 インストールした e-マニュアルを表示する場合は、デスクトップに作成されたショートカットアイコン [Canofax L250 Manual_jpn]をダブルクリックします。 ※ ActiveXがポップアップを背後でブロックすることがあります。e-マニュアルが正しく表示されなかった場合は、ページ上部の情報
    • p. 23/28
      付-2 付 -2 User Software CD-ROM をコンピューターにセットします。 [Manual]→[japanese]→[MF Guide]フォルダを開きます。 ■ e- マニュアルを CD-ROM から表示する Macintosh の場合 [index.html]をダブルクリックします。 User Software CD-ROM をコンピューターにセットします。 [Manual]→[japanese]フォルダを開きます。 インストールした e- マニュアルを表示する場合は、保存した[MF
    • p. 24/28
      付-3 [プログラムと機能]フォルダを開きます。 ● Windows XPの場合: [スタート]メニューから[コントロール パネル]を選択し、[プログラムの追加と削除]をダブルクリックします。 ● Windows Vista/7の場合 : [スタート]メニューから[コントロール パネル]を選択し、[プログラムのアンインストール]をクリックします。 インストールしたソフトウェアを削除したいときは 1. 以下のことを確認する 2. ソフトウェアを削除する [スタート]メニューから、[(すべての)プログラム]→[Canon]→[Fax
    • p. 25/28
      付-4 お問い合わせ窓口について 本製品に操作上問題が発生したときは、基本操作ガイド、e-マニュアル「困ったときには」を参照してください。問題が解決しない場合や点検が必要と考えられる場合には、お近くのキヤノン販売店またはキヤノンお客様相談センター(巻末参照)にご連絡ください。 商標 Canon、Canon ロゴ、および Canofax はキヤノン株式会社の商標です。Apple、Mac OS、Macintosh は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の商標です。Microsoft、Windows
    • p. 26/28
      付-5 付 -5 Windows 2000 をお使いのときは User Software CD-ROM をコンピューターにセットします。 User Software CD-ROM をセットします。 [マイコンピュータ]から CD-ROM アイコンを右クリックして、[開く]を選択します。 [マイコンピュータ]から CD-ROM アイコンを右クリックして、[開く]を選択します。 [次へ]をクリックします。 インストールした e- マニュアルを表示する場合は、[Source]フォルダーを開き、[index.html]をダブルクリックします。
    • p. 27/28
      付-6 Memo 付 -6
    • p. 28/28
      FT5-4659 (020) XXXXXXXXXX © CANON INC. 2013 PRINTED IN KOREA
  • Canon Canofax L250 [ver. 2] (ページ: 92)

    目次

    Document Outline

 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.