取扱説明書とユーザーガイド - Digital Photo Expert Ver3.21 Canon

Digital Photo Expert Ver3.21 Canon の取扱説明書やユーザーガイドが1以上あります。

  • Canon Digital Photo Expert Ver3.21 (ページ: 33)

    目次
    • p. 1/33
      写プリステーション Digital Photo Expert Ver3.21 スタートガイド キヤノンマーケティングジャパン株式会社
    • p. 2/33
      1 目次 電源ON P2 電源OFF P3 同時プリント その1~その2 P4 カードリーダからのメディアの抜き方 P6 画像データをコピーする方法 P7 デジタル出力 その1~その2 P8 証明写真 その1~その2 P10 フォトレイアウト その1~その3 P12 カレンダー その1~その3 、大伸ばし時の設定 P15 オーダーマネージャ –オーダー管理 P19 オーダーマネージャ –アートワーク管理 P20 CP9000D/CP9500D 用紙交換方法 P21 CP8000D 用紙交換方法 その1~その4
    • p. 3/33
      2 写プリステーション 電源ON ①接続されているスキャナ・プリンタ等の周辺機器の電源を入れます。 ※集中電源付テーブルタップを使用の場合にはメインスイッチをONにします。 ②パソコンの電源を入れます。③デスクトップのオーダーマネージャのアイコンをダブルクリックします。④オーダーマネージャが起動します。 ①②スキャナやプリンタの電源を入れてからパソコンの電源をON ③オーダーマネージャのアイコンをダブルクリック ④オーダーマネージャが起動 ① ②
    • p. 4/33
      3 写プリステーション 電源OFF ①オーダーマネージャの「終了」ボタンをクリックします。②「スタート」ボタンから「終了オプション」を選択します。③メニューから「電源を切る」を選択し、クリックします。しばらくするとパソコンの電源が 切れます。 ④接続されているスキャナ・プリンタ等の周辺機器の電源を落とします。 ※集中電源付テーブルタップを使用の場合にはメインスイッチをOFFにします。 ①オーダーマネージャの終了をクリック ②「スタート」ボタンから「終了オプション」を選択 ③「電源を切る」を選び、クリックしてください
    • p. 5/33
      4 DPEアプリ 同時プリント その1 ①オーダーマネージャから「デジタル同プリ」をクリックします。②メディアをセットし左側の入力アイコンをクリックします。③取り込みたい画像が白くなっている状態で「OK」をクリックします。 ①オーダーマネージャから「デジタル同プリ」をクリック ・「オーダーマネージャ」でオーダー画面が選ばれている場合は、ツールバーの「新規」ボタンをクリック・既に作成してあるオーダーをもう一度使いたい場合はダブルクリックします ②メディアをセットして入力アイコンをクリック ・スキャナの場合は、スキャナのアイコンをクリックすると、取り込み用のTWAINドライバが開きます。・クリック後、メディアの中身の画像がサムネール表示されます。
    • p. 6/33
      5 DPEアプリ 同時プリント その2 ④枚数・色補正を行いたい画像をダブルクリックしてプレビュー表示させ、設定します。⑤「印刷設定」ボタンをクリックし、印刷内容を確認し「OK」をクリックします。⑥「クイック印刷」ボタンをクリックします。 ④枚数・補正の設定・調整・画像をダブルクリックするとプレビュー表示 ・プレビュー表示後、プレビュー下の枚数・補正指定エリアで設定を行います。・「全画像適用」ボタンで選択中の画像全てに同じ枚数・補正を適用できます。 ⑤「印刷設定」をクリック ・印刷設定を変更する必要が無ければ⑤は飛ばして⑥に進んでください。・インデックスが不要な場合は「インデックスも同時にプリント」のチェックをはずしてください。
    • p. 7/33
      6 カードリーダからのメディアの抜き方 カードリーダからメディアを抜く際には下記の手順をお守りください。①オーダーマネージャを起動する前にWindows画面のマイコンピュータを開いておきます。②DPEアプリにてカードリーダを使用してデータを読み込んだあと、メディアを抜く際に、 画面下部のWindowsバー上の「マイコンピュータ」ボタンをクリックします。 ③抜きたいメディアのアイコン上で右クリックし、表示されるメニューから「取り出し」を選 びます。 ①オーダーマネージャから「デジタル同プリ」をクリック ・「オーダーマネージャ」やDPEアプリの他のサービスメニューが既に起動している場合は、ウインドウ画面右上3個目の「最小化」ボタンをクリックして、マイコンピュータを開きます。
    • p. 8/33
      7 画像データをコピーする方法 オーダーマネージャの画像は、Dドライブのorderフォルダで管理されています。コピーする必要性があった場合、以下の手順で移したいメディアにコピーしてください。 ①Dドライブのorderフォルダをダブルクリックして開きます。②orderフォルダの中に、現在オーダーマネージャーで管理されているオーダーが フォルダごとに分かれています。 ※フォルダの番号はオーダーマネージャーのオーダーIDとは必ずしも一緒ではありません ③コピーしたいファイルを選んで、右クリックから送るを選択してコピーしてください。
    • p. 9/33
      8 DPEアプリ デジタル出力 その1 ①オーダーマネージャから「デジタル出力」をクリックします。②メディアをセットし左側の入力アイコンをクリックします。③取り込みたい画像が白くなっている状態で「OK」をクリックします。 ①オーダーマネージャから「デジタル出力」をクリック ・「オーダーマネージャ」でオーダー画面が選ばれている場合は、ツールバーの「新規」ボタンをクリック・既に作成してあるオーダーをもう一度使いたい場合はダブルクリックします ②メディアをセットして入力アイコンをクリック ・スキャナの場合は、スキャナのアイコンをクリックすると、取り込み用のTWAINドライバが開きます。
    • p. 10/33
      9 DPEアプリ デジタル出力 その2 ④色補正を行いたい画像をダブルクリックしてプレビュー表示します。⑤「ファイル」メニューから「QuickCD出力設定」または「シンプル出力設定」、及び「印 刷設定」を選択し、設定を確認します。 ⑥ ツールバーの「QuickCD出力」または「シンプル出力」ボタンをクリックし、メディアを セットします。 ④色補正を行いたい場合は画像をダブルクリック ・「デジタル同プリ」と異なり、プレビューエリアは初期設定では表示されません。・プレビュー表示後、プレビュー下の補正指定エリアで設定を行います。
    • p. 11/33
      10 DPEアプリ 証明写真 その1 ①オーダーマネージャから「証明写真」をクリックします。②メディアをセットし左側上部の入力アイコンをクリックします。③取り込みたい画像が白くなっている状態で「OK」をクリックします。 ①オーダーマネージャから「証明写真」をクリック ・「オーダーマネージャ」でオーダー画面が選ばれている場合は、ツールバーの「新規」ボタンをクリックします。・既に作成してあるオーダーをもう一度使いたい場合はダブルクリックします。 ②メディアをセットして入力アイコンをクリック ・スキャナの場合は、スキャナのアイコンをクリックすると、取り込み用のTWAINドライバが開きます。
    • p. 12/33
      11 DPEアプリ 証明写真 その2 ④画像を選択し、画像の回転と顔位置設定を行います。⑤写真用途一覧から希望のサイズをクリックします。⑥「クイック印刷」ボタンをクリックし、印刷を開始します。 ※クイック印刷は、1枚のみのプリントとなります。複数枚プリントしたい方は、ファイルメニューの印刷から 部数を設定してプリントを行ってください。 ④画像の選択/回転/顔位置設定 ・プレビュー表示後、プレビュー下の枚数・補正指定エリアで設定を行います。・「全画像適用」ボタンで選択中の画像全てに同じ枚数・補正を適用できます。・「画像補正」メニュー
    • p. 13/33
      12 DPEアプリ フォトレイアウト その1 ①オーダーマネージャから「フォトレイアウト」をクリックします。②「フォト」ボタンをクリックし、メディアをセットし左側上部の入力アイコンをクリックします。③取り込みたい画像が白くなっている状態で「OK」をクリックします。 ①オーダーマネージャから「フォトレイアウト」をクリック ・「オーダーマネージャ」でオーダー画面が選ばれている場合は、ツールバーの「新規」ボタンをクリックします。・既に作成してあるオーダーをもう一度使いたい場合はダブルクリックします。 ②画面左上の「フォト」ボタンをクリックし、メディアをセットして入力アイコンをクリック
    • p. 14/33
      13 DPEアプリ フォトレイアウト その2 ④「テンプレート」ボタンをクリックし、プリントサイズを選択し、縦横/余白有り無しのテン プレートをダブルクリックします。 ⑤画像の入るフォトエリアをクリックしてから、左側「フォト」欄の入力画像をクリックします。⑥(テキストエリアがある場合)テキストエリアをクリックし、文字の入力・編集をI行います。 ④画面左上の「テンプレート」ボタンをクリックし、プリントサイズを選択し、希望のテンプレートをダブルクリック ・テンプレートを選択し、画像を取り込んだりテキストを入力した後に、テンプレートを変更すると、初期段階からやり直しになります。
    • p. 15/33
      14 DPEアプリ フォトレイアウト その3 ⑦フォト/テキストエリアの移動・拡大縮小を行います。⑧「印刷」ボタンをクリックして印刷設定を行います。⑨「印刷プレビュー」ボタンをクリックして印刷状態を確認し、よろしければ「印刷」ボタン をクリックします。 ⑦フォト/テキストエリアの調整 ・フォト/テキストエリアの移動は移動したいフレームをクリックしてから中央をドラッグします。・拡大縮小は左右上下の□をドラッグします。 ⑧「印刷」ボタンをクリックし、印刷設定 ・プリンタ/用紙サイズ/部数の設定を行います。・「印刷」ダイアログ下の「印刷」ボタンをクリックすると直接印刷を開始します。
    • p. 16/33
      15 DPEアプリ カレンダー その1 ①オーダーマネージャから「カレンダー」をクリックします。②「フォト」ボタンをクリックし、メディアをセットし左側上部の入力アイコンをクリックします。③取り込みたい画像が白くなっている状態で「OK」をクリックします。 ①オーダーマネージャから「カレンダー」をクリック ・「オーダーマネージャ」でオーダー画面が選ばれている場合は、ツールバーの「新規」ボタンをクリックします。・既に作成してあるオーダーをもう一度使いたい場合はダブルクリックします。 ②画面左上の「フォト」ボタンをクリックし、メディアをセットして入力アイコンをクリック
    • p. 17/33
      16 DPEアプリ カレンダー その2 ④「テンプレート」ボタンをクリックし、カレンダーの月数とプリントサイズを選択し、テンプ レートをダブルクリックします。 ⑤画像の入るフォトエリアをクリックしてから、左側「フォト」欄の入力画像をクリックします。⑥(テキストエリアがある場合)テキストエリアをクリックし、文字の入力・編集をI行います。 ④画面左上の「テンプレート」ボタンをクリックし、カレンダーの月数とプリントサイズを選択し、希望のテンプレートをダブルクリック ・テンプレートを選択し、画像を取り込んだりテキストを入力した後に、テンプレートを変更すると、初期段階からやり直しになります。
    • p. 18/33
      17 DPEアプリ カレンダー その3 ⑦フォト/テキスト/カレンダーエリアの移動・拡大縮小を行います。⑧カレンダーエリアをダブルクリックし玉のフォント・サイズ・位置の変更を行い、「ツール メニュー」から「カレンダーの開始年月」を選び月の設定を行います。 ⑨ 「印刷」ボタンをクリックして印刷設定を行います。⑩「印刷プレビュー」ボタンをクリックし、内容を確認後「印刷」ボタンをクリックします。 ⑦フォト/テキスト/カレンダーエリアの調整 ・フォト/テキスト/カレンダーエリアの移動は移動したいフレームをクリックしてから中央をドラッグします。・拡大縮小は左右上下の□をドラッグします。
    • p. 19/33
      18 DPEアプリ カレンダーの大伸ばしプリント テンプレートサイズ設定 カレンダー・フォトレイアウトのテンプレートを利用して、 ARCH-D (A1ノビ)サイズに大伸ばしプリントをする場合は、ARCH-Bのテンプレートを利用してください。(ARCH-Cとは、縦横比が異なります) ARCH-D (A1ノビ)サイズにプリントしたいときは、ARCH-Bを選択してくざい。 2 3 3 4 ARCH-C
    • p. 20/33
      19 DPEアプリ オーダーマネージャ- オーダー管理 オーダー管理画面は、過去の作業の再編集・変更・保存・明細表示等を行います。 ①「再利用」は、既に作成したオーダーの画像を元に新規にオーダーを作成します。②「再編集」は、既に作成したオーダーを呼び出して編集を続けます。 ※オーダーをダブルクリック ③「保存」「復元」は既に作成したオーダーのバックアップ/再読込みに使用します。④「明細」は、オーダーが出力した枚数・サイズ・日時をブラウザに表示します。 ①オーダー一覧から特定のオーダーを選択し、「再利用」ボタンをクリックし、サービスを選択
    • p. 21/33
      20 DPEアプリ オーダーマネージャ - アートワーク管理 「アートワーク」画面はテンプレート/フレームの登録・削除を行う際に使用します。 ①デスクトップから「デザインフレーム」アプリをダブルクリックし、オーダーマネージャと は切り離して単独でアプリを起動し、元となるテンプレートを作成し、保存します。 ②「オーダーマネージャ」を起動し、「アートワーク」ボタンをクリックします。③「テンプレート」を選択し、カレンダーかフォトレイアウトかを選び、カテゴリを指定します。④テンプレートの「登録」ボタンをクリックし、①で保存したファイルを選択します。
    • p. 22/33
      21 CP9000D/CP9500D 用紙交換方法 ①印刷中に「用紙切れ」メッセージが表示されるか、用紙サイズを変更したい場合、まず、 CP9000D/CP9500Dの「DOOR OPEN」ボタンを押してドアを開けます。 ②インクカセットを取り出し、インクリボンを交換し、再セットします。③ペーパーを取り出し、新しいペーパーの両側にスペーサ-とアタッチメントをつけます。 ※スペーサーはKG・A5Wのペーパー使用時は不要ですが廃却しないようにご注意ください。 ①CP9000D/CP9500D前面の「DOOR
    • p. 23/33
      22 CP9000D/CP9500D 用紙交換方法 ④ペーパーを本体にセットし、シールをはがし、プリント用紙を先端をローラーの間に通 し、黒いカバーにあたるまで送ります。 ⑤ドア中央を押して、ドアを閉じます。 ④ペーパーのセットを行い、先端のローラーへ用紙を通します。黒いカバーにあたるまで送ってください。 →CP9000D 取説P17 ⑤ドアを閉じてください。 自動的に3回のフィード&カットを行います。
    • p. 24/33
      23 CP9000D/CP9500D 用紙交換方法 -用紙サイズ変更時のみ 〈以下、用紙サイズ変更時のみ〉⑩「スタート」ボタンから「設定」→「プリンタとFAX」を選択します。⑪「MITSUBISHI CP9000D」のアイコンを右クリックし「プロパティ」を選択します。⑫「印刷設定」をクリックし、「用紙」タブ内の「用紙サイズ」を変更し「OK」を選択します。 CP9000Dは、L判とKG判のみの表示となります ※「同時プリント」他各アプリにて個別の設定を行っている場合は、各アプリ内のプリンタ設定にてサイズを変更します。
    • p. 25/33
      24 CP8000D 用紙交換方法 その1 ①印刷中に「用紙切れ」メッセージが表示されるか、用紙サイズを変更したい場合、まず、 CP8000Dの「OPEN」ボタンを押してドアを開けます。 ②インクカセットを取り出し、インクシートを交換し、再セットします。③ペーパーを取り出し、新しいペーパーの両側にスペーサ-とアタッチメントをつけます。 ※スペーサーはKG・A5Wのペーパー使用時は不要ですが廃却しないようにご注意ください。 ①CP8000D前面の「OPEN」ボタンを押してドアをオープン ・排紙トレイははずしておいてください。・用紙交換は電源ONの状態で行ってください。・画面の「用紙切れ」メッセージ内の「再試行」ボタンはそのままにしておきます。
    • p. 26/33
      25 CP8000D 用紙交換方法 その2 ④ペーパーを本体にセットし、先端をローラーの間に通し、LEDランプが点灯したら、用 紙装着ボタンを押し、プリンタの扉を閉じます。 ⑤本体前面のONLINEボタンを押して、オフライン状態にし、FEED&CUTボタンを押して 用紙の先端を排出します。(3回繰り返し) ⑥<印刷中の紙切れ時のみ> COPYボタンを押し、2画面分のプリントを行います。 ④ペーパーの再セットと先端のローラーへの挿入及びLEDランプ点灯後に用紙装着ボタンを押しドアを閉じます。
    • p. 27/33
      26 CP8000D 用紙交換方法 その3 ⑦ONLINEボタンを押し、点灯状態にします。⑧<印刷中の紙切れ時のみ> 「再試行」ボタンをクリックします。⑨ <印刷中の紙切れ時のみ> 「プリンタが接続されていません。または「ON LINE」ス イッチがOFFになっています。」 とのメッセージが表示されたら、一度OFFLINE状態にしてから再度ON LINE状態にし、エラーメッセージの「OK」ボタンをクリックします。 ⑦ONLINEボタンを押して、点灯状態(オンライン)へ ⑧ 〈印刷中の紙切れ時のみ〉用紙切れメッセージの「再試行」ボタンをクリック
    • p. 28/33
      27 CP8000D 用紙交換方法 その4 -用紙サイズ変更時のみ 〈以下、用紙サイズ変更時のみ〉①「スタート」ボタンから「設定」→「プリンタ」を選択します。②「MITSUBISHI CP8000D」のアイコンを右クリックし「プロパティ」を選択します。⑫「印刷設定」をクリックし、「用紙」タブ内の「用紙サイズ」を変更し「OK」を選択します。 用紙サイズはL判が「M」、KG判が「L」、2L判が「X」、A5W判が「W」です。 ※「同時プリント」他各アプリにて個別の設定を行っている場合は、各アプリ内のプリンタ設定にてサイズを変更します。
    • p. 29/33
      28 プリント順番の変更 同時プリントを多数枚出力中に証明写真等を割り込ませたい場合等 (Windows2000の場合) ①印刷命令後、画面右下の「プリントキュー」アイコンをダブルクリックします。②順番を優先したいプリントキューを右クリックし「プロパティ」を選択します。③「全般」タブ内の優先順位を「高」に設定して「OK」をクリックします。 ※CP8000Dには内部に2画面分のメモリを持っていますので、優先順位を上げても出力はその後になります。※Windows98では、プリントキューをドラッグして上部に移動すれば順番を変更できます。
    • p. 30/33
      29 プリントサイズ・NS-P1S(U)入力対応サイズについて プリント出力サイズ サイズ名称 長さ(mm) 幅(mm) 対応プリンタ L判 127 89 CP8000D、PIXUS950i KG判 152 102 CP8000D はがき 148 100 PIXUS950i 2L判 178 127 CP8000D、PIXUS950i A5W 229 152 CP8000D A4 297 210 PIXUS950i、W2200、W7250、W7200 A3 420 297 W2200、W7250、W7200
    • p. 31/33
      30 W6200の用紙サイズの確認方法 ①印刷設定のアイコンをクリックし、大伸ばしのタブからプロパティを開きます ②プロパティの基本設定から用紙の種類を確認します。⇒ 例) 「フォト半光沢紙」 また、ページ設定から出力用紙サイズを選びます。⇒「A1・・・ARCH Dフチなし(幅24“)」 「 A2・・・ARCH C横フチなし(幅24“) 」 設定したら、「OK」ボタンを押し、画面を閉じます。
    • p. 32/33
      31 参考 : W6200で使用できる用紙サイズ
    • p. 33/33
      32 参考 : 大判系プリント 用紙サイズの大きさ 10inch 254mm 14inch 356mm 20.28inch 515mm 24inch 610mm 六切四切 半切 JIS B2JIS B3 ARCH D(A1ノビ)ARCH C(A2ノビ)大全
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.