取扱説明書とユーザーガイド - SX7 MarkII Canon

SX7 MarkII Canon の取扱説明書やユーザーガイドが2以上あります。

  • Canon SX7 MarkII (ページ: 142)

    目次
    • p. 1/142
      YT1-5336-0070210N0.5
    • p. 2/142
       
    • p. 3/142
       
    • p. 4/142
       目 次 目 次 早わかり・投写までの手順……………………………………………………… 2目 次 ……………………………………………………………………………… 4安全にお使いいただくために…………………………………………………… 7 使用上のご注意… ………………………………………………………………… 8リモコンの電池に関するご注意… ……………………………………………… 10ランプについての安全上のご注意… …………………………………………… 11持ち運び/輸送時のご注意… ……………………………………………………
    • p. 5/142
       目 次 投写画面の比率を選ぶ(スクリーンアスペクト)… …………………………… 71 プレゼンテーションで使える便利な機能……………………………………… 74 画像を一時的に消す… ………………………………… NO…SHOW………………… 74 静止画にする… ………………………………………… FREEZE…………………… 74 音声を一時的に消す… ………………………………… MUTE… …………………… 75 音量を調節する… ……………………………………… VOL………………………… 75 経過時間を表示する…
    • p. 6/142
       目 次  シャープネスを調整する… …………………………… シャープネス… ………… 100 ガンマ補正を行う… …………………………………… ガンマ… ………………… 100 色の調整を行う(SX7…II)……………………………… 色調整… ……… 101 ~ 102 高度な色調整を行う (1)…… ダイナミックガンマ/記憶色補正/6軸色調整…… 102 ~ 103 環境光にあわせた調整(SX7…II)… ………………… アンビエントライト… … 104 ランプの明るさを絞る… ………………………………
    • p. 7/142
       安全にお使いいただくために 安全上の注意を表す記号 この使用説明書で使用しているマークについて説明します。本書では製品を安全にお使いいただくため、大切な記載事項には次のようなマークを使用しています。これらの記載事項は必ずお守りください。 この表示を無視して取り扱いを誤った場合に、死亡または傷害が発生する可能性が想定される内容を示しています。安全にお使いいただくために、必ずこの注意事項をお守りください。 この表示を無視して取り扱いを誤った場合に、傷害が発生する可能性が想定される内容を示しています。安全にお使いいただくために、必ずこの注意事項をお守りください。
    • p. 8/142
       安全にお使いいただくために 使用上のご注意 安全に関する重要な内容ですので、ご使用の前によくお読みの上、正しくお使いください。 警 告 万一、煙が出ている、変なにおいや音がするなどの異常状態のまま使用すると、火災・感電の原因となります。すぐに本機の電源を切り、その後必ず電源プラグをコンセントから抜いてください。煙が出なくなるのを確認して販売店に修理をご依頼ください。お客様による修理は危険ですから絶対おやめください。 万一キャビネットを破損した場合は、本機の電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いて販売店にご連絡ください。そのまま使用すると火災・感電の原因となります。
    • p. 9/142
       安全にお使いいただくために 警 告 雷が鳴り出したら、本体、電源コード、ケーブルに触れないでください。感電の原因となります。 • 本機を移動させる場合は、電源を切り、必ず電源プラグをコンセントから抜き、機 器間のケーブル類を外してから行ってください。コードが傷つき、火災・感電の原因となります。 • お手入れの際は、安全のため必ず電源プラグをコンセントから抜いて行ってください。 感電の原因となります。 電源プラグを抜くときは、電源コードを引っ張らず、必ずプラグを持って抜いてください。コードが傷つき、火災・感電の原因となります。
    • p. 10/142
      10 安全にお使いいただくために 注 意 電源コードや接続ケーブルを床の上にはわせないでください。足を引っ掛けて転倒して、けがの原因となります。 コンセント付き延長コードを使う場合は、つなぐ機器の消費電力の合計が延長コードの定格電力を超えない範囲でお使いください。超えて使用すると電源コードが発熱し、火災の原因となります。 電源プラグとコンセントは定期的に点検し、プラグとコンセントの間にたまったホコリ・ごみ・汚れなどを取り除いてください。それらがたまって湿気を帯びると、火災の原因となります。 冷却ファンの吸気口および排気口をふさがないでください。吸気口・排気口をふさぐと内部に熱がこもり、火災の原因となります。
    • p. 11/142
      11 安全にお使いいただくために ランプについての安全上のご注意 本プロジェクターの光源には、内部圧力の高い水銀ランプを使用しています。この水銀ランプには、次のような性質があります。 •… 衝撃やキズ、使用時間の経過による劣化などで、大きな音をともなって破裂したり、不点灯状態と なって寿命が尽きたりします。 •… ランプの個体差や使用条件によって破裂や不点灯、寿命に至るまでの時間は大きく異なります。使 用開始後まもなく破裂したり、不点灯になる場合もあります。 •… ランプは使用時間の経過による劣化などで、次第に暗くなります。
    • p. 12/142
      1 安全にお使いいただくために 設置のときのご注意 注 意 動作中は排気口周辺や排気口上部のキャビネットが高温になります。• やけどの原因になりますので手で触れたりしないでください。特に小さいお子様にはご注意ください。また、 熱で変形や変色の恐れのあるものを上に置かないでください。 排気口からは温風が吹き出します。次の点にご注意ください。• スプレー缶を置かないでください。熱で缶内の圧力が上がり、 爆発の原因となります。 • 金属を置かないでください。高温になり、事故やけがの原因 となります。 • 排気口付近には視聴席を設けないでください。やけどの原因
    • p. 13/142
      1 安全にお使いいただくために 注 意 低温の場所から高温の場所へ急に持ち込んだときや、部屋の温度を急に上げたとき、空気中の水分が本機のレンズやミラーに結露して、画像がぼやけることがあります。結露が消えて通常の画像が映るまでお待ちください。 高温、低温になる場所に設置しないでください。故障の原因になります。なお使用温度と保管温度の範囲は次の通りです。• 使用温度範囲 +5℃~ +35℃・湿度85%まで• 保管温度範囲 -10℃~ +60℃・湿度90%まで 海抜2300m以上の高地でご使用のお客様へ•
    • p. 14/142
      1 パワープロジェクター SX7 MarkII/SX60/X700の特長 キヤノン製品のお買い上げ、誠にありがとうございます。 パワープロジェクター…SX7…MarkII/SX60/X700 は、コンピューターの画像や、DVD などの映像を大画面に投写できる高性能プロジェクターです。 主な特長 なめらかで美しい描写性能 キヤノン独自の光学エンジン・AISYS と LCOS(反射型液晶パネル)の採用により、高輝度・高コントラストで格子感の少ないなめらかで美しい描写を実現しています。 27dB*の超静粛駆動(SX60)
    • p. 15/142
      1 使用説明書の読みかた/表記について 使用説明書について 使用説明書(本書) 本書はパワープロジェクター SX7…MarkII、SX60 および X700 共通の使用説明書です。プロジェクターの使いかたが詳しく説明されています。プロジェクターを安全にお使いいただくため、またプロジェクターの機能を十分に活用していただくため、お使いになる前によくお読みください。 クイックスタートガイド(別紙) 投写までの手順や、終了の手順、投写中に使える機能などが 1 枚のシートにまとめられています。 ボタン操作を表す記号
    • p. 16/142
    • p. 17/142
      お使いになる前に
    • p. 18/142
      1 お使いになる前に 付属品の確認 プロジェクター本体のほかに、次の付属品がそろっていることを確かめてください。 ◦リモコン… ◦リモコン用乾電池… ◦コンピューター接続ケーブル(1.8m) … (単 4 形 2 本)… (DVI/ ミニ D-sub15 ピン用) ◦電源コード(1.8m)… ◦ USB ケーブル(1.8m)… ◦コンポーネントケーブル … … (RCA/ ミニ D-sub15 ピン用) (0.4 m) アース線にはキャップが付いています。 ◦キャリーバッグ… ◦レンズキャップ… ◦レンズキャップ用のひも
    • p. 19/142
      1 お使いになる前に レンズキャップの取り付けかた 図のようにレンズキャップの穴にひもを通してから、本体側面の取り付け穴にひもを通します。 ◦…本プロジェクターを使用しないときは、ホコリやキズか らレンズを守るため、レンズキャップをはめてください。 キャリーバッグへの収納のしかた プロジェクターおよび付属品は下の図のように収納してください。キャリーバッグは簡易的な持ち運びのときに、プロジェクターの表面をキズや汚れから守るための収納具です。外部の衝撃から保護するように設計されていません。 レンズを緩衝材のくぼみに合わせる
    • p. 20/142
      0 お使いになる前に 各部のなまえ プロジェクター本体 (イラストはSX7 MarkIIです) 前 面 スクリーンとの間に障害物 を置かないでください。オー トフォーカスが正しく動作 しません。 投 写 の 際 に は 必 ず レ ン ズ キャップを外してください。 キャップを付けたまま投写 すると、キャップの変形や 火災の原因となります。 背 面 排気口 本体パネル(P22、23、26) リモコン受光部(P27) スピーカー リモコン受光部(P27) レンズ 電源コード接続部(P38) 入出力端子
    • p. 21/142
      1 お使いになる前に 底 面 吊り下げ型の設置について 本機は天井から吊り下げてご利用いただくこともできます。吊り下げには、オプション(別売)の天吊り金具(品番 :RS-CL07)と、必要に応じて天吊りパイプ… (品番:RS-CL08、または RS-CL09)が必要です。 詳しくは、販売店にお問い合わせください。 ◦必ず専用の天吊り金具を使用してください。◦…お客様による天吊り金具の設置は絶対におやめください。 ◦…本機を吊り下げてご使用になる際は、メニューの[反転表示]で投写画像を反転する必要があり
    • p. 22/142
       お使いになる前に リモコンと本体パネルのボタン リモコン ② ⑪ ⑩ ⑦ ⑬ ⑭ ④ ⑰ ⑳⑱ ③ ⑤ ⑥ ⑫ ⑧ ⑨ ⑯ ⑮ ⑲   ① 本プロジェクターは、リモコンまたは本体パネルのボタンを使って操作します。リモコンからは、本プロジェクターのすべての機能が利用できます。 ①リモコン発光部 リモコンの信号を本体に送ります。 ②P パ ワ ー OWERボタン(P38、58) 電源の入 / 切を行います。 ③A オ ー ト UTO S セット ETボタン(P44、67) 入力信号の選択、フォーカス、キーストーン、スクリーン色補正などの調整を自動で行います(オートセットアップ)。
    • p. 23/142
       お使いになる前に ② ③ ⑤ ⑥ ⑦ ⑨ ⑧ ⑪ ⑫ ⑩ 本体パネル ⑩方向ボタン(P83) メニューなどで上下左右の方向を指定します。USB 接続時は、マウスカーソルの移動にも使用できます。なお、本体パネルでは【<】ボタンで音量を下げ、 【>】ボタンで音量を上げることもできます。 (P75) ⑪K キ ー ス ト ー ン EYSTONEボタン(P50、P57) 画面の台形ひずみを調整します(キーストーン調整)。なお…[スクリーンアスペクト]… で[16:9Dイメージシフト]…が選択されている時はDイメージシフト調整画面を表示します。
    • p. 24/142
       お使いになる前に 本体の接続端子 SX7 MarkII/X700 SX60 ① ② ③ ⑤ ⑧ ⑨ ⑥ ⑦ ⑩ ⑩ ① ② ③ ④ ⑨ ⑤ ⑧ ⑩ ⑩ ⑦ ⑥
    • p. 25/142
       お使いになる前に ①入力端子-1(DIGITAL IN/ANALOG IN-1)(P34、35、63) デジタル信号(デジタル PC)、アナログ PC…信号(アナログ PC-1)の入力端子です。デジタルコンテンツの映像信号(デジタルビデオ)の入力端子です。 ②入力端子-2(ANALOG IN-2)(P34、35、62) アナログ PC…信号(アナログ PC-2)の入力端子です。コンポーネント映像(コンポーネント)の入力端子です。 ③モニター出力端子( )(P36) 外部モニターに映像を出力するためのアナログ
    • p. 26/142
       お使いになる前に 本体パネルの表示ランプ ①POWERランプ(P38、58、107) プロジェクターの状態をランプの点灯で知らせます。赤く点灯… 電源を入れることができます。 赤く点滅… 電源を切るための処理中(ランプの冷却中)です。 緑に点灯… 電源が入っている状態です。 緑に点滅… 投写の準備をしています。 赤と緑の点滅(交互)… パワーマネージメントの動作中です。 ②WARNINGランプ(P122) プロジェクターの異常を赤いランプの点滅で知らせます。 ③LEDイルミネーションランプ(P111)
    • p. 27/142
       お使いになる前に リモコンの準備 電池の入れかた 1 電池カバーを開く。 押しながらスライドさせて外します。 2 電池を入れる。 新しい単4乾電池2本を+プラスと−マイナスの向きに注意して入れます。 3 電池カバーを閉じる。 ◦…リモコンの電池は、リモコンの【LIGHT】ボタンで確認できます。… ボタンを押してもリモコンのボタンが点灯しない場合や、リモコンでの操作ができない場合は、 新しい電池と交換してください。 ◦…プレゼンテーションなどを行う前には、必ずリモコンの電池を確認することをお勧めします。
    • p. 28/142
    • p. 29/142
      プロジェクターを 設置する
    • p. 30/142
      0 プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する スクリーンまでの距離を決める 投写画面のサイズは、プロジェクターのレンズからスクリーンまでの距離で決まります。以下を参考に、設置位置を決めてください。 画面サイズ(型) (幅×高さcm) 40 81Ч61 60 122Ч91 80 163Ч122 100 203Ч152 150 305Ч229 182 370Ч277 200 406Ч305 250 508Ч381 300
    • p. 31/142
      プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する 1 プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する 置き場所を決める スクリーンの正面に置く プロジェクターは、スクリーンに対してなるべく直角に置いてください。 ◦…スクリーンに対して直角でないと、台形ひ ずみが出ますが、ある程度のひずみはキーストーン調整で補正できます。(P50) 水平な場所に置く プロジェクターは、なるべく水平に置いてください。 ◦…ある程度の傾きは、後部調整脚で微調整でき ます。(P41) ◦…本体右側の排気口(ファン)、底面の吸気口
    • p. 32/142
    • p. 33/142
      コンピューターの 画像を投写する
    • p. 34/142
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターを接続する プロジェクターとコンピューターを接続します。 映像端子への接続 付属のコンピューター接続ケーブルで接続 入力信号:[アナログ PC-1]を選択(P46) VGAケーブルで接続 入力信号:[アナログ PC-2]を選択(P48) ◦…高精細な画像を高画質で投写するために、高性能ケーブルのご使用をお薦めします。◦…コンピューターのコネクター形状によっては、変換アダプターが必要な場合があります。…
    • p. 35/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ◦…プロジェクターとコンピューターの両方の電源を切ってから接続してください。◦…デジタルPCで1280×1024ドットまたは1400×1050ドットの投写を行う場合、コンピュー ターや DVI ケーブルの種類によっては画像が正しく投写されない場合があります(SX7…II/SX60のみ)。 ◦…USB 端子はリモコンのマウス操作用です。USB ケーブルの接続では画面は投写できません。
    • p. 36/142
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 外部モニターへの接続 外部モニターに投写画面を表示できます。… 音声入力端子への接続(SX7 II/X700) 本機のスピーカーを使用するときは、各映像入力に対応する音声入力端子に音声ケーブルで接続します。 VGAケーブルで接続 音声ケーブルで接続 ◦…外部モニター 1 台を接続できます。複数 のモニターに接続するような使い方はできません。 ◦…外部モニターには投写されている映像が
    • p. 37/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 音声入力端子への接続(SX60) 本機のスピーカーを使用するときは、音声入力端子に音声ケーブルを接続します。 音声ケーブルで接続 ◦…音声ケーブルは、抵抗が内蔵されていな いものをご使用ください。抵抗内蔵タイプでは、音声が小さくなります。 ◦…内蔵スピーカーはモノラル出力です。◦…スピーカーからは映像の入力信号に関係 なく、音声ケーブルを接続した機器の音声が出力されます。
    • p. 38/142
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 電源を入れる 電源コードをつなぎ、プロジェクターの電源を入れると、投写が始まります。 ◦…電源を切った後しばらくは、電源を入れ直すことができません。光源ランプの冷却が終わって [POWER]ランプが赤く点灯するまでお待ちください。 アース端子を接続してください 電源プラグのアース端子を設置しないと、コンピューターの電波障害やテレビ・ラジオの受信障害の原因となることがあります。
    • p. 39/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 操作でピントを合わせてください。(P44、49)投写が始まるまでの間、本体の LED イルミネーションランプが青く点滅します。すぐに投写を始めたいときは、【OK】ボタンを押します。 ◦…パスワードの入力画面が表示された場合は、パスワードを入力してください。(P112、113)◦… 【POWER】ボタンを使わずに、電源コードを接続するだけで電源を入れることができます。(ダ
    • p. 40/142
      0 コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 画面のサイズと高さを調整する 画面のサイズを調整する(ズーム) スクリーンの大きさに合わせて画面サイズを調整します。 1 【ZOOM】ボタンを押す。 「ズーム調整」画面が表示されます。 2 画面サイズを調整する。 3 【OK】ボタンを押す。 ◦…ズームで調整しきれない場合は、プロジェクターの設置位置を変えてください。(P30) 大きくするおおまかに調整する… 【Λ】微調整する…
    • p. 41/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 1 コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 画面の高さを調節する プロジェクターの調整脚を使って、投写の角度を調整します。 1 本体の前方を持ち上げて調整脚ロックボタンを 押す。調整脚が出ます。 2 調整脚ロックボタンを押したまま、画面の高さ を合わせてロックボタンを放す。調整脚が固定されます。 ◦…調整脚は最大 10°まで上がります。◦プロジェクターの左右の傾きが大きいときは、 左右の後部調整脚を繰り出して高さを調整してください。片側で最大
    • p. 42/142
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの準備を行う コンピューターの出力解像度を決める 本プロジェクターの表示性能を発揮するために、コンピューターの出力信号の解像度を最適な設定に調整してください。 Windows Vistaの場合1.…スタートメニューから[コントロールパネ ル]を選び、[コントロールパネルホーム]の[デスクトップのカスタマイズ]から[画面の解像度の調整]を表示します。 2.…[解像度]から「1400…×…1050…ピクセル」
    • p. 43/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する Macintosh OSXの場合1.…アップルメニューを開き、[システム環境設定]を 選びます。 2.…システム環境設定ウィンドウの[ディスプレイ]アイ コンをクリックし、ディスプレイの画面を表示します。 3.…[ディスプレイ]タブを選び、[解像度]の一覧から 1400 × 1050(X700 の場合は「1024…×…768ピクセル」)、または最も近い解像度を選びます。
    • p. 44/142
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する オートセットアップを行う コンピューターの画像を投写する場合に、オートセットアップを使用すると、次のような一連の画面の調整を自動で行うことができます。通常は、入力信号が合っていれば、この操作だけで、投写を始められます。 オートフォーカス ピントを自動で合わせます。 オートキーストーン 画面の台形ひずみ(縦方向)を自動で補正します。 オートインプット 映像の入力信号を自動で設定します。
    • p. 45/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 2 【AUTO SET】ボタンを押す。 オートセットアップ確認画面が表示されます。 3 もう一度【AUTO SET】ボタンを押す。 黒字で表示された機能が自動実行されます。 ◦… 【<】ボタンで[はい]を選び、【OK】ボタンを押しても実行できます。
    • p. 46/142
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 入力信号を選ぶ 投写する入力信号を選びます。 入力信号には次の 3 種類があります。 アナログ PC-1…:…アナログ信号… DVI- ミニ D-Sub15 ピン変換ケーブル(付属のケーブル)で接続デジタル PC… :…デジタル信号… DVI デジタルケーブルで接続アナログ PC-2…:…アナログ信号… VGA ケーブル、5-BNC ケーブルで接続 コンピューターとの接続を変えるなど、入力信号が変わったときは、オートセットアップの前に次の操作で入力信号を選んでください。
    • p. 47/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 3 左のリストに入力信号がない場合は、【>】ボタ ンを押し、【V】/【Λ】ボタンで右のリストから選ぶ。 4 【OK】ボタンを押す。
    • p. 48/142
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ■ アナログPC-2を選ぶ ◦…入力端子 -2 を使用するときは、[ アナログ PC-2] を選んでください。 1 【INPUT】ボタンを押す。 「インプット」画面が表示されます。 2 【INPUT】ボタンでメニューの上から2番目の項目を選ぶ。 ボタンを押すたびに選択可能な入力信号が上から順に選ばれます。 ◦… 【Λ】/【V】ボタンを使うと常にすべての入力信号が選べます。
    • p. 49/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ピントを合わせる 画面のピントを合わせます。オートセットアップ(オートフォーカス)で正しく調整されない場合は、この手順で手動調整してください。 1 【FOCUS】ボタンを押す。 「フォーカス調整」画面が表示されます。 2 方向ボタンでピントを合わせる。 おおまかに調整する…【Λ】【V】 微調整する… 【<】【>】 ◦…ここで[AUTO…SET]ボタンを押すとオートフォーカスが働きます。…
    • p. 50/142
      0 コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 画面の台形ひずみを調整する スクリーンに投写した画面が台形状にひずんでいる場合は、キーストーン調整を行います。オートセットアップ(オートキーストーン)は縦方向が自動調整されます。縦方向が正しく補正されない場合や横方向を調整する場合は、この手順で調整してください。 1 【KEYSTONE】ボタンを押す。 「キーストーン調整」画面が表示されます。 2 方向ボタンで調整する。
    • p. 51/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 1 コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 3 【OK】ボタンを押す。 ◦…キーストーン調整の状態は記憶されます。設置場所が同じであれば調整し直す必要はありません。◦キーストーン調整では、信号がデジタル処理されるため、元の画像と見え方が異なることがあり ます。 ◦…キーストーン調整を行うと、画面の縦横比が変わることがあります。◦…キーストーン調整量は上下、左右とも最大で± 20°です。なお調整量は光学ズーム、入力信号、
    • p. 52/142
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューター画像の自動調整を行う(AUTO PC) オート PC 機能を使用すると、信号形式(SXGA+、XGA など)に合わせて、ドット数やトラッキングなどの状態を最適に調整できます。[ オートセットアップ ] で正常に投写されている場合は、オート PC 機能による調整は必要ありません。オート PC 機能は、入力信号が [ アナログ PC-1] または [ アナログ
    • p. 53/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 画質のモードを選ぶ(IMAGE) イメージモード(画質)は、投写する画像の内容に合わせて選べます。また、画質(明るさ、コントラスト、シャープネス、ガンマ調整、色調整など)は、ユーザーの好みに合わせて細かく調整できます。 1 【IMAGE】ボタンを押す。 … (SX7…MarkII) イメージモードの選択画面が表示され、ボタンを押すたびに、次のモードが順に切り換わります。
    • p. 54/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ◦…それぞれのモードでは次のような細かい調整ができます。調整方法については「イメージ調整メ ニュー」をご参照ください。(P98 ~ 106) … ・明るさ… 明るすぎる、暗すぎるときに調整します。 … ・コントラスト… 全体の明るさ、暗さにメリハリがないときに調整します。… ・シャープネス… ぼやけた画像をくっきりさせたいときに調整します。… ・ガンマ… 明るいところや暗いところがはっきりしない画像を調整します。
    • p. 55/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 画面の表示モードを選ぶ(アスペクト) コンピューター画面の縦横の比率 ( アスペクト比 ) や解像度に応じて、以下の投写方法を選びます。◦…アスペクトの設定は、メニューを使って設定します。メニューの[アスペクト]の項をご参照くださ い。(P86) ◦…[ スクリーンアスペクト ] の設定により、選択できるモードは異なります。詳しくは [ スクリーンア スペクト ] の項をご参照ください。(P57)
    • p. 56/142
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ■リアル コンピューターの画面をオリジナルサイズで写したいときに選びます。画像処理が行われないため、鮮明な画像が得られます。 ◦…コンピューターの画面の解像度が、1400×1050ドット(X700の場合は1024×768ドット) を超える場合は、[リアル]を選べません。投写の前にコンピューターを低い解像度に再設定してください。 ◦…アスペクトの設定によっては、投写画面の上下、左右に画像のない部分ができます。
    • p. 57/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 投写画面の比率を選ぶ(スクリーンアスペクト) 投写するスクリーンの縦横の比率(アスペクト比)に応じて、投写画面の比率を次の 3 つから選ぶことができます。[ スクリーンアスペクト ] を設定することで、スクリーンを最大に活かした効率の良い投写ができます。◦…スクリーンアスペクトの設定は、メニューを使って設定します。メニューの[スクリーンアスペクト] の項をご参照ください。(P97)
    • p. 58/142
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 電源を切る ◦…電源を入れた後、ランプが安定しない状態で電源を切ると、ランプの寿命を縮める原因になりま す。電源を入れたら 5 分以上経ってから切るようにしてください。 ◦…電源切後に再度電源を入れる場合は、5 分以上経ってから電源を入れるようにしてください。… 電源切後すぐに電源を入れると、ランプの寿命を縮める原因になります。◦…連続使用は、ランプおよび内部光学部品の寿命を縮める原因になります。
    • p. 59/142
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ◦…使用後すぐにプロジェクターを持ち運ぶことができます。(『オフ&ゴー』機能)◦… 【POWER】ボタンを使わずに、電源コードを抜くだけで電源を切ることができます。 ◦…電源プラグが接続されている場合は、本体パネルの LED イルミネーションランプが点灯し て、ランプの冷却中であることをお知らせします。 省電力のモードを使う(パワーマネージメント) 入力信号がない状態が続いたときにランプを自動的に消す、省電力のモード(パワーマネージメントモード)があります。パワーマネージメントモードを使用する設定にすると、入力信号がないままプロジェクターの操作が
    • p. 60/142
    • p. 61/142
      AV機器の映像を 投写する
    • p. 62/142
       AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV機器の映像を投写する AV機器と接続する プロジェクターと AV 機器を接続します。 映像端子への接続 付属のコンポーネントケーブルで接続 RCA コンポーネント端子に接続する場合 D 端子に接続する場合 入力信号:[コンポーネント]の自動選択 ◦…プロジェクターと AV 機器の両方の電源を切ってから接続してください。◦…上の図はあくまでも一例です。詳しくは、接続する AV 機器の使用説明書をご参照ください。
    • p. 63/142
      AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する  AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する デジタルケーブルで接続 HDMI 端 子 やDVI 端 子 に つ な い で デ ジ タ ル…コンテンツの映像が投写できます。 入力信号:[デジタルビデオ]を選択(P68) S端子ビデオケーブルで接続 入力信号:[S- ビデオ]の自動選択 ◦…本機のスピーカーを使用するときは、音声ケーブルを接続します。… (SX7…II/X700:P65、SX60:P37) ◦…ホールなどで映像制御機器を介して
    • p. 64/142
       AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 音声出力端子への接続(SX7 II/X700) 本機の音声を外部AV機器に出力するときは、音声出力端子からAV機器に音声ケーブルで接続します。 ビデオケーブルで接続 入力信号:[ビデオ]の自動選択 音声ケーブルで接続 ◦…音声ケーブルは、抵抗が内蔵されていな いものをご使用ください。抵抗内蔵タイプでは、音声が小さくなります。 ◦…リモコンまたは本体の操作で AV 機器へ 出力する音量を調節することが出来ます。
    • p. 65/142
      AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する  AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 音声入力端子への接続(SX7 II/X700) 本機のスピーカーを使用するときは、各映像入力に対応する音声信号を音声ケーブルで接続します。… 音声ケーブルで接続 ◦…スピーカーからは、現在選択されている映像信号に対応する音声が出力されます。◦…音声ケーブルは、抵抗が内蔵されていないものをご使用ください。抵抗内蔵タイプでは、音声が 小さくなります。 ◦…本機の音声を外部 AV 機器に出力するときは、音声ケーブルで音声出力端子に
    • p. 66/142
       AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV機器の投写までの手順 AV 機器の投写までの手順は、基本的にコンピューターと接続する場合と同じです。ここでは、AV 機器の投写特有の内容を中心に説明します。 手順を示す以下の図をご覧になり、必要な項目をご参照ください。 1 電源を入れる P38* ◦電源コードを接続し、プロジェクターの電源を入れます。 … P38 ◦投写画面の高さを調整します。 … P41 ◦初めて電源を入れたときは、表示言語を選んでください。
    • p. 67/142
      AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する  AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する オートセットアップを行う AV 機器の映像を投写する場合に、オートセットアップを使用すると、画面のピント合わせや台形ひずみの補正など、一連の画面の調整や設定を自動で行うことができます。通常は、入力信号が合っていればこの操作だけで投写を始められます。オートセットアップで自動調整される内容については 44 ページをご参照ください。 1 [デジタルビデオ]を選ぶ。 デジタル映像を投写するときは、オートセットアップの前に
    • p. 68/142
       AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 入力信号を選ぶ 以下の 4 種類の入力信号のうち、デジタル信号を投写するときは、オートセットアップの前に、次の『デジタルビデオを選ぶ』の操作で[デジタルビデオ]を選んでください。 デジタルビデオ…:…デジタル信号… …HDMI/DVI ケーブルまたは DVI デジタルケーブルで接続 コンポーネント…:…コンポーネント信号… コンポーネントケーブル(付属のケーブル)で接続ビデオ… :…ビデオ信号…
    • p. 69/142
      AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する  AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 3 デジタルビデオが左のリストに表示されていな い場合は、【>】ボタンを押し、【V】/【Λ】ボタンで[デジタルビデオ]を右のリストから選ぶ。 4 【OK】ボタンを押す。
    • p. 70/142
      0 AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 画面の表示モードを選ぶ(アスペクト) AV 機器や再生する映像ソフトの画面比(アスペクト比)に応じて、以下の投写方法を選びます。 ◦…アスペクトの設定は、メニューで設定します。メニューの[アスペクト]の項をご参照ください。 (P86、87) ◦…[ スクリーンアスペクト ] の設定により、選択できるモードは異なります。詳しくは [ スクリーンア スペクト ] の項をご参照ください。(P71)
    • p. 71/142
      AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 1 AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 投写画面の比率を選ぶ(スクリーンアスペクト) 投写するスクリーンの縦横の比率 (…アスペクト比 )…に応じて、投写画面の比率を次の 3 つから選ぶことができます。[ スクリーンアスペクト ] を設定することで、スクリーンサイズを最大に活かした効率の良い投写ができます。 ◦…スクリーンアスペクトの設定は、メニューを使って設定します。メニューの[スクリーンアスペクト] の項をご参照ください。(P97)
    • p. 72/142
       AV 機器の映像を投写する セクション ■16:9 Dイメージシフト スクリーンのアスペクト比が 16:9 のときに選びます。キーストーン調整なしのゆがみのない画面を、上下方向に移動・微調整ができます。画面の移動は P57 をご参照ください。入力信号と選択可能な [ アスペクト ] のモードの関係は下の表の通りです。 入力信号 選択可能な [ アスペクト ] のモード ビデオ S- ビデオ 4:3 ワイド コンポーネント (480i/575i/480p/575p)デジタルビデオ (480p/575p)
    • p. 73/142
      プレゼンテーションで 使える便利な機能
    • p. 74/142
       プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 画像を一時的に消す …こんなときに便利…プレゼンテーションを終えたとき…出席者の注意をスクリーンからそらすとき 投写中の画像を一時的に消します。 画像を消す 画面が黒または青のみの表示になります。 再び画像を表示するもう一回… …を押すと画像が表示されます。 ◦…独自のロゴを登録することができます。 (SX60/X700
    • p. 75/142
      プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能  プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 音声を一時的に消す …こんなときに便利…プロジェクターのスピーカーから流れる不 要な音声を消したいとき 音声を一時的に消します。 音声を消す 画面に「MUTE」表示が出ます。 音声を元に戻すさらに1回… …を押すと、音声が元に戻ります。 …ボタンでも音声を元に戻せます。 ◦…SX7…MarkII/X700…で音声を外部 AV 機 器に出力している場合でも、同様の操作で音声を一時的に消すことができます。
    • p. 76/142
       プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 経過時間を表示する …こんなときに便利…プレゼンテーションの進行を管理したいとき… 00:00 ~ 59:59 までの経過時間を画面の右下に表示します。 カウントを始める 1 回押すと、タイマーが表示されます。 カウントを止めるもう 1 回… … を押すと、タイマーが停止しま す。 カウント表示を消すさらに 1 回… … を押すと、タイマーの表示が
    • p. 77/142
      プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能  プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 画像を拡大する …こんなときに便利…細かいグラフなどを大きく見せたいとき…不要な情報を画面の外に出し、説明箇所を 強調したいとき 投写中の画像を拡大します。 拡大する 目的の大きさになるまで何回か押します。 ◦… 【D.ZOOM】ボタンを押すと、画面に拡大 率が表示されます。 ◦…1 ~ 12 倍まで拡大できます。◦…画像を拡大した状態で静止画にすること
    • p. 78/142
       プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 リモコンでマウス操作する …こんなときに便利…リモコンを使ってパソコンのマウス操作を したいとき 付属のリモコンをコンピューターのワイヤレスマウスとして使用できます。 USBケーブルの接続コンピューターとプロジェクターの電源が切になっていることを確認し、付属の USB ケーブルで、コンピューターの USB 端子と本機のUSB 端子を接続します。 ◦…この機能は、Windows…7、Windows…Vista、
    • p. 79/142
      プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能  プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 スポットライトで位置を示す …こんなときに便利…注目すべきポイントを指し示したいとき 投写中の画像の特定部分にスポットライトマークを表示します。 スポットライトマークを置く 画面中央にスポットライトマークが現れ、マーク以外の部分が暗くなります。 …ボタンを押すたびに、マークの形が変わり ます。 スポットライトマークを移動する マークを目的の位置に合わせます。
    • p. 80/142
    • p. 81/142
      メニューによる 機能設定
    • p. 82/142
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューの使いかた プロジェクターの機能には、メニュー画面を表示して利用するものがあります。 メニューは次の 3 つから構成されています。 メニューによる機能設定 ※…メニューの項目は、入力信号によって違いがあります。… また、設定した内容は、入力信号(7 種)ごと、イメージモード(最大 5 種)ごとに記憶されます。 メニュー説明の内容を表す記号 メニュー項目の中には、入力信号によって表示されるもの、表示されないものがあります。それぞれの入力信号で利用できる項目は、次のシンボルで表しています。
    • p. 83/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 ここでは、メニューの基本操作を説明します。 1 【MENU】ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 ◦…もう一度【MENU】を押すとメニューが消 えます。 2 【<】/【>】ボタンでメニューのタブを選ぶ。 タブ位置(一番上)にカーソルがないときは、【Λ】ボタンで上がります。 3 【Λ】/【V】ボタンでメニュー項目を選ぶ。 ◦…1 つの項目がさらに細かいメニュー項目に 分かれている場合もあります。
    • p. 84/142
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 4 設定や調整を行う。 操作のタイプは次の 4 種類です。 ・設定を直接変更する項目・設定をリストから選ぶ項目・スライダーで調整する項目・別画面が表示されて設定する項目 ・…設定を直接変更する項目 … 例:トラッキング 【<】【>】ボタンで増減します。 ・…設定をリストから選ぶ項目 … 例:アスペクト 【OK】ボタンを押すとリストが表示されます。【Λ】/【V】ボタンで設定を選びます。 ・…スライダーで調整する項目
    • p. 85/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 5 【OK】ボタンを押す。 項目によっては設定を選んだだけで有効になるものもあります。 6 設定が終わったら、【MENU】ボタンを押す。 メニューが消えます。
    • p. 86/142
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 表示状態を設定する 画面の表示モードを選ぶ (1) [アスペクト] … デジタルPC … アナログPC スクリーンに対して投写した画像の縦横の比率 (アスペクト比)が合っていないときに設定します。 ▼ 表示設定 ▼ アスペクト フルスクリーン 4:3のスクリーンで解像度が横4: 縦3のコンピューター画面をスクリーンいっぱいに投写します。 4:3 16:9のスクリーンの内側に横4:縦 3の比率のコンピューター画面を投写します。
    • p. 87/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  表示状態を設定する メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 画面の表示モードを選ぶ (3) [アスペクト] … ビデオ/Sビデオ スクリーンに対して投写した画像の縦横の比率 (アスペクト比)が合っていないときに設定します。 ▼ 表示設定 ▼ アスペクト フルスクリーン 4:3のスクリーンで横4:縦3の通 常の画面を投写します。 4:3 16:9のスクリーンの内側に横4:縦 3の比率の画面を投写します。 ワイド 横16:縦 9のワイド画面のサイズで
    • p. 88/142
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 入力信号を選ぶ (2) [入力信号選択] … ビデオ/Sビデオ AV機器の映像が正しく投写されない(色や映像が出ない)ときに入力信号を手動で設定できます。 ▼ 表示設定 ▼ 入力信号選択 オート 入力信号が自動的に設定されます。 NTSC PAL SECAM NTSC4.43 PAL-M PAL-N オートで映像が正しく投写されない場合に、左の項目から入力信号を選びます。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。
    • p. 89/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  表示状態を設定する メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 総ドット数を調整する [総ドット数] … アナログPC 画面を構成する水平方向のドット数です。画面が崩れたり、画面の左右に不要なノイズなどが表示されるときに調整します。 ▼ 表示設定 ▼ 入力信号設定 ▼ 総ドット数 > 総ドット数を上げます。 < 総ドット数を下げます。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…オート PC 機能を行っても画像が正しく表 示されない場合に調整します。
    • p. 90/142
      0 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 水平位置を調整する [水平位置] … アナログPC 画面が左右にずれて表示されるときに画面の水平方向の位置を調整します。 ▼ 表示設定 ▼ 入力信号設定 ▼ 水平位置 > 画面を右にずらします。 < 画面を左にずらします。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…オート PC 機能を行っても画像が正しく表 示されない場合に調整します。 ◦…設定は[アナログPC-1]、[アナログPC-2] で別々に記憶されます。
    • p. 91/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 1 表示状態を設定する メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 水平表示ドット数を調整する [水平表示ドット数] … アナログPC 画面が左右に広いまたは狭い場合、投写画面サイズに合わせて画面の水平方向のドット数を調整します。 ▼ 表示設定 ▼ 入力信号設定 ▼ 水平表示ドット数 > 水平ドット数を増やします。 < 水平ドット数を減らします。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…オート PC 機能を行っても画像が正しく表 示されない場合に調整します。
    • p. 92/142
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 プログレッシブ処理を行う [プログレッシブ] … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 解像度の低い映像信号の情報を蓄積・合成し、高解像度の画面に変換します。 ▼ 表示設定 ▼ プログレッシブ 切 プログレッシブ処理を行いません。 入 プログレッシブ処理を行います。 オート 入力信号に応じて自動的にプログレッ シブ処理を切り替えます。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押 します。 ◦…入力信号がビデオ/S-ビデオ信号、または
    • p. 93/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  表示状態を設定する メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 天吊り/リア投写で使う [反転表示] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 本機を天井から吊り下げたり、透過型スクリーンに投写する場合に設定します。 ▼ 表示設定 ▼ 反転表示 なし 通常の投写を行います。 天吊り 天井から逆さに吊り下げて投写すると きに選びます。上下左右を反転して投写します。 リア スクリーンの裏から投写するときに選
    • p. 94/142
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 スクリーンの色補正を行う [スクリーン色補正] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 画像の白の部分が正しく表示できるようにホワイトバランスを調整します。 ▼ 表示設定 ▼ スクリーン色補正 標準 標準的なスクリーンを使用したとき、 自然光に近い色調で投写します。 黒板 黒板(濃緑色)をスクリーンに使用した とき、標準に近い色調で投写します。
    • p. 95/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  表示状態を設定する メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 ロゴの表示位置を選ぶ(SX60/X700) [ユーザー画像位置] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ ロゴの表示位置を選びます。ロゴは画面の中央や四隅に表示できます。 ▼ 表示設定 ▼ ユーザー画面設定 ▼ ユーザー画像位置 左上 右上 中央 左下 右下 ロゴの表示位置を選び、【OK】ボタンを押します。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。
    • p. 96/142
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 ロゴを表示する(NO SHOW 時) [NO SHOW時画面] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ リモコンの【NO…SHOW】ボタンを押して画像を一時的に消したときに、登録した[ユーザー画像]を表示します。(SX60/X700)SX7…MarkII では画面を黒または青にします。 ▼ 表示設定 ▼ ユーザー画面設定 ▼ NO SHOW時画面
    • p. 97/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  表示状態を設定する メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 スクリーンの比率を選ぶ [スクリーンアスペクト] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 投写するスクリーンの縦横比(アスペクト比)を設定します。 ▼ 表示設定 ▼ スクリーンアスペクト 4:3 スクリーンのアスペクト比が4:3 の ときに選びます。 16:9 スクリーンのアスペクト比が16:9 のときに選びます。 16:9
    • p. 98/142
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 画質を調整する 画質を選ぶ [イメージモード設定] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 投写する画像に適した画質を選びます。 ▼ イメージ調整 ▼ イメージモード設定 (SX7…MarkII) スタンダード 白の色味を重視した、オリジナルに近 い画質で投写します。明るい部屋でのテレビ番組、DVDなどによる動画鑑賞にも適しています。 プレゼンテーション
    • p. 99/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 明るさを調整する [明るさ] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 画像が明るすぎるときや、暗すぎるときに画像の明るさを調整します。 ▼ イメージ調整 ▼ 明るさ (SX7…MarkII) > 画像が明るくなります。 < 画像が暗くなります。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…現在選ばれている入力信号とイメージ モードの設定として保存されます。
    • p. 100/142
      100 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 シャープネスを調整する [シャープネス] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 画像を鮮明にしたいときや、ぼかしたいときに画像のシャープネスを調整します。 ▼ イメージ調整 ▼ シャープネス (SX7…MarkII) > 画像が鮮明になります。 < 画像がぼやけます。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…現在選ばれている入力信号とイメージ
    • p. 101/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 101 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 色の調整を行う (1)(SX7 II) [色調整] … デジタルPC … アナログPC 色の濃さや明るさの調整や、各色(赤、緑、青)ごとの色調整を行います。 ▼ イメージ調整 ▼ 色調整 色温度※ 色味を調整します。 > 青味がかった色になります。(寒 色系) < 赤みがかった色になります。(暖 色系) 赤/緑/青ゲイン 赤、緑、青の色味の強さを調整します。 > 色味が強くなります。 < 色味が弱くなります。
    • p. 102/142
      10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 色の調整を行う (3) [色調整] … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 色の濃さや明るさの調整や、各色(赤、緑、青)ごとの色調整を行います。 ▼ イメージ調整 ▼ 色調整 (SX60/X700) 色の濃さ 色の濃さを調整します。 > 色が濃くなります。 < 色が淡くなります。 色合い 紫がかった映像、緑がかった映像の 色合いを調整します。 > 紫がかった映像が補正されます。 < 緑がかった映像が補正されます。
    • p. 103/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 高度な色調整を行う (2) [記憶色補正] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 青空など、人の記憶にある色をよりあざやかに表現するための補正を行います。 ▼ イメージ調整 ▼ 高度な調整 ▼ 記憶色補正 切 弱 中 強 記憶色補正を行いません。 記憶色補正を3段階で指定します。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…現在選ばれている入力信号とイメージ
    • p. 104/142
      10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 環境光にあわせた調整(SX7 II) [アンビエントライト] … デジタルPC … アナログPC イメージモードが[フォト]の時、スクリーン上に届く環境光に対し、より好ましく補正した映像を投写します。 ▼ イメージ調整 ▼ アンビエントライト 切 調整せずに投写します。 調整 環境光の種類とレベル(明るさ)を設定 します。 種類 電球 環境光が電球、または電球色蛍 光灯の場合選びます。 蛍光灯 環境光が昼白色蛍光灯の場合選
    • p. 105/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 10 表示状態を設定する メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 ランプの明るさを絞る [ランプモード] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 明るさを制限したい場合、ファンの音が気になる場合は、ランプの光量を落とします。 ▼ イメージ調整 ▼ ランプモード (SX7…MarkII) 標準 標準の明るさで投写します。 静音 ランプの光量を落とし、ファンの音を 静かにします。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押
    • p. 106/142
      10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 イメージ調整をリセットする [リセット] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ イメージ調整をやり直したいときに、現在の設定をリセットし、購入時の状態に戻します。 ▼ イメージ調整 ▼ リセット はい イメージ調整の設定をリセットします。 いいえ リセットを中止します。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押 します。 ◦…イメージ調整の設定は、入力信号(7
    • p. 107/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 動作を設定する オートセットアップの項目を選ぶ [オートセットアップ] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ オートセットアップで実行する項目を選びます。 ▼ システム設定 ▼ オートセットアップ 次の項目について、オートセットアップで実行する場合は[入]、実行しない場合は[切]を選びます。 オートフォーカス ピントの調整 オートキーストーン
    • p. 108/142
      10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 POWER ボタン操作を省略する [ダイレクトパワーオン] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 電源コードの接続と同時に電源が入るようにできます。 ▼ システム設定 ▼ ダイレクトパワーオン 切 ダイレクトパワーオンを使用しません。 入 ダイレクトパワーオンを使用します。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押 します。 ◦…ダイレクトパワーオン機能を使用して電
    • p. 109/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 表示言語を選ぶ [言語] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ メニューに表示される言語を選びます。20 種類の言語が選べます。 ▼ システム設定 ▼ 言語 表示する言語を選びます。 英語 ドイツ語 フランス語 イタリア語 スペイン語 ポルトガル語 スウェーデン語 ロシア語 オランダ語 フィンランド語 ノルウェー語 トルコ語 ポーランド語 ハンガリー語
    • p. 110/142
      110 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 プロジェクターの操作を禁止する [キーロック] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 本体パネルやリモコンのボタンの使用を禁止し、プロジェクターが誤って操作されるのを防ぎます。 ▼ システム設定 ▼ キーロック 切 キーロック機能を使用しません。 本体 本体パネルの使用を禁止します。 リモコン リモコンの使用を禁止します。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押
    • p. 111/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 111 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 LED の点灯の入/切 [LEDイルミネーション] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 接続端子の LED ランプと本体パネルの LED イルミネーションランプの入 / 切を選べます。 (P24、25、26) ▼ システム設定 ▼ LEDイルミネーション 切 LEDランプはいっさい点灯しません。 入 必要なときにLEDランプが点灯します。
    • p. 112/142
      11 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 デジタルビデオの入力信号を設定する [デジタルビデオ] … デジタルビデオ デジタル映像の入力信号の規格を選択します。 ▼ システム設定 ▼ その他の設定 ▼ デジタルビデオ F フルレンジでデジタル信号を投写しま す。 L リミテッドレンジでデジタル信号を投 写します。 [OK]ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押 します。 ◦…設定については、お使いのデジタル AV 機 器の説明書を併せてご参照ください。
    • p. 113/142
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 11 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 パスワードを登録する [パスワード登録] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ プロジェクターの電源を入れるためのパスワードを登録します。 ▼ システム設定 ▼ その他の設定 ▼ パスワード登録 【OK】ボタンを押すと、パスワード入力画面が表示 されます。 【∧】、【>】、【V】、【<】ボタンを使い、1〜4 の数 字の組み合わせで 4桁のパスワードを入力します。
    • p. 114/142
      11 メニューによる機能設定 セクション ランプカウンターをリセットする [ランプカウンター] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ ランプを交換した際に、ランプの交換時期を知らせるカウンターをリセットします。 ▼ システム設定 ▼ その他の設定 ▼ ランプカウンター ランプを交換したとき以外はリセットしないでください。ランプの交換時期を正しく知らせることができなくなり危険です。 ランプカウンターの表示例● 使用時間が SX7 MarkII/X700
    • p. 115/142
      日常のお手入れ
    • p. 116/142
      11 日常のお手入れ 日常のお手入れ 日常のお手入れ 日常のお手入れ プロジェクター本体を清掃する プロジェクターは、ホコリなどがたまらないようにこまめに清掃してください。レンズ表面が汚れると、投写する映像に影響が出る場合があります。 ◦…電源を切った直後は、本体が大変高温になっているため、十分冷えるのを待ってから(1 時間以上)清掃や片づけを行ってください。やけどやけがの原因になる場合があります。 ◦…清掃は、必ず電源プラグをコンセントから抜いてから行ってください。感電や火災の原 因になる場合があります。
    • p. 117/142
      日常のお手入れ 日常のお手入れ 11 日常のお手入れ 日常のお手入れ エアフィルターを清掃・交換する 本体の底面にある吸気口のエアフィルターは、内部のレンズやミラーをホコリや汚れから守っています。エアフィルターにホコリがたまると、空気の流れが悪くなり、内部の温度が上昇して故障の原因となります。 ◦…電源を切った直後は、本体が大変高温になっているため、十分に冷えるのを待ってから (1 時間以上)エアフィルターの清掃や交換を行ってください。やけどやけがの原因にな る場合があります。 ◦…エアフィルターの清掃や交換は、必ず電源プラグをコンセントから抜いてから行ってく
    • p. 118/142
      11 日常のお手入れ 日常のお手入れ 日常のお手入れ 日常のお手入れ ランプを交換する ランプの使用時間が一定の時間を超えると、プロジェクターの電源を入れるたびに、次の画面(2 種類)が 10 秒間表示されます。 ●使用時間が SX7 MarkII/X700 1800 〜 2000時間 SX60 2400 〜 2500時間までの場合 ●使用時間が SX7 MarkII/X700 2000時間以上 SX60 2500時間以上の場合 ◦…「今後もこのメッセージを表示しますか? 」で[いいえ]を選ぶと、この画面は表示されなくなります。◦…ランプの使用時間はシステム設定メニューの[ランプカウンター]で確認してください。(P114)
    • p. 119/142
      日常のお手入れ 日常のお手入れ 11 日常のお手入れ 日常のお手入れ ランプ交換手順 1 プロジェクターの電源を切り、電源プラグ を抜いて1時間以上放置します。 2 マイナスドライバーでねじをゆるめ、ラン プカバーを外します。 3 ねじ2本をゆるめ、ハンドルを起こしてラ ンプを取り外します。 4 新しいランプを奥までしっかり押し込み、 ねじ2本で固定します。※ 取り付け後、ハンドルは必ず倒してくだ さい。 5 ランプカバーを取り付け、ねじをしめます。 6 電源を入れます。 7 メニューを表示し、 [システム設定]ー[その
    • p. 120/142
    • p. 121/142
      困ったときには
    • p. 122/142
      1 困ったときには 困ったときには 困ったときには 困ったときには WARNINGランプの見かた プロジェクターに異常が発生すると、電源が切れた後本体パネル上の WARNING ランプが点滅し続けます。 ◦…プロジェクターの冷却が終了した後に、電源コードを抜いてから対処してください。 点滅の回数 内容 原因と対処 1 回 温度の異常 プロジェクター内部の温度が何らかの異常で高温になっているか、外気温度が規定以上になっています。プロジェクター側の異常の場合は、設置や操作が正しく行われているか確認し、電源プラグをコンセントから抜き、プロジェクターの内部をしばらく冷やしてから投写してください。吸気口または排気口がふさがれているときは、ふさいでいるものを取り除いてください。再度、同じワーニングが出る場合は、本体の故障が考えられます。キヤノンお客様相談センターにご連絡ください。
    • p. 123/142
      困ったときには 困ったときには 1 困ったときには 困ったときには 困ったときのアドバイス 電源が入らない 原 因 対処のしかた 電源コードが正しく接続されていない 電源コードがきちんと接続されていることを確認してください。(P38) 電源コードを接続した直後である 電源プラグを接続して【POWER】ボタンが赤く点灯するまでは、電源を入れることができません。(P38) 電源を切ったあと、すぐに入れようとしている 電源を切った後は、すぐには電源を入れることができません。しばらく経ってから、再度【POWER】ボタンを押してください。(P58)
    • p. 124/142
      1 困ったときには 困ったときには 困ったときには 困ったときには 音声が出ない 原 因 対処のしかた 音声ケーブルが正しく接続されていない 音声ケーブルの接続を確認してください。(P36) 【MUTE】になっている リモコンの【MUTE】ボタンを押してください。(P75) 音量が最小に調整されている リモコンの【VOL】ボタンまたは本体パネルの【VOL+】ボタンを押して音量を調整してください。(P75) 抵抗内蔵の音声ケーブルが使用されている 音声ケーブルは、抵抗なしのものをご使用ください。 映像が鮮明でない
    • p. 125/142
      困ったときには 困ったときには 1 困ったときには 困ったときには ノートパソコン側の外部モニターへの出力が正しく設定されていない ノートパソコンの外部モニターへの出力をオンに設定してください。外部モニターへの出力をオンにするには、パソコンのキーボードの [Fn] を押しながら、[LCD] や [VGA]または画面のアイコンが表記されたファンクションキーを押します。(P43)なお、キー操作はノートパソコンの種類によって異なります。詳しくは、ご使用のノートパソコンの使用説明書などでご確認ください。 ノートパソコンの画面と同じ画像が表示されない
    • p. 126/142
      1 困ったときには セクション リモコンの操作ができない 原 因 対処のしかた 電池が正しく入っていない / 電池が切れている 電池が正しく入っているか確認してください。電池が入っている場合は、電池を交換してお試しください。(P27) リモコンの届かない位置から操作している プロジェクターのリモコン受光範囲内で操作しているか確認してください。また、プロジェクターのリモコン受光部とリモコンの間に障害物がないことを確認してください。(P27) リモコンの使用環境が適正でない プロジェクターのリモコン受光部に直射日光や照明器具の強い光が当たっていないか確認してください。(P27)
    • p. 127/142
      付録 付録 目次 対応信号形式.......................................P128画面サイズと投写距離の関係…...........P129用語集…..................................................P130製品の仕様…..........................................P134索引…......................................................P136保証とアフターサービス…...................P138メニューの構成…...................................P140
    • p. 128/142
      1 付録 付録 付録 付録 対応信号形式 本プロジェクターには、次の信号形式が用意されています。コンピューターまたは AV 機器が下の表のいずれかに対応していれば、オート PC 機能などにより入力信号が自動的に判断され、正しい画像を投写することができます。 付録 アナログPC 解像度(ドット) 信号形式 水平周波数(KHz) 垂直周波数(Hz) 640 × 480 VGA 31.469 59.94… 31.469 70.09… 37.50… 75.00… 37.861 72.81… 37.861 74.38…
    • p. 129/142
      付録 付録 1 付録 付録 画面サイズと投写距離の関係 4:3のときの画面サイズ 型-幅×高さ(cm) 投写距離(m) ズーム最大 投写距離(m) ズーム最小 H1(cm) H2(cm) 16:9のときの画面サイズ 幅×高さ(cm) 40 型 81 Ч 61 1.2 2.0 55 6 81 Ч 46 50 型 102 Ч 76 1.5 2.5 69 8 102 Ч 57 60 型 122 Ч 91 1.8 2.9 82 9 122 Ч 69 70 型 142 Ч 107 2.1 3.4 96 11
    • p. 130/142
      10 付録 付録 付録 付録 用語集 * は SX7 MarkIIのみです。 6軸色調整 (P103) 本格派ユーザー向けの高度な色調整機能です。投写映像をR(赤) / G(緑) / B(青)およびC(シアン)/M(マゼンタ)/Y(黄)の6軸における色合いと色の濃さで、きめ細かく調整できます。6軸色調整はイメージ調整メニューで行います。 AdobeRGB (P53、98) アドビシステムズ社提唱の色空間の規格で、高性能なデジタルカメラやディスプレイ等で採用されています。sRGBよりも広い色空間が設定されているため、より忠実な色再現が可能になります。SX7…MarkIIでは、イメージモードで「Adobe…RGB」を選ぶことにより、AdobeRGB規格に対応した映像を最適な画質で投写することができます。なお、AdobeRGB規格に対応した映像を[sRGB]モードで投写する場合、またはsRGB規格に対応した映像を[AdobeRGB]モードで投写する場合は、元の映像の色と投写映像の色が異なってしまうため注意が必要です。
    • p. 131/142
      付録 付録 11 付録 付録 S- 端子ビデオケーブルで接続し、[S- ビデオ]を選んで投写します。 アスペクト (P55、70、86) 画面の横方向(長辺)の長さと縦方向(短辺)の長さの比率がアスペクト(比)です。 [長辺:短辺] で表されます。一般的には次のアスペクトがよく使用されます。 [4:3]… 従来型のテレビをはじめ、パソコンでもVGA(640×480)やXGA(1024× 768) など標準的な画像解像度で幅広く使用されているアスペクトです。本機のアスペクト比も[4:3] です。 [5:4]…
    • p. 132/142
      1 付録 付録 付録 付録 オフセット (P101) 映像信号に含まれる黒から白までの輝度信号の画面上での再現幅全体を、高輝度側か低輝度側へ調整するパラメータです。主に暗い部分の諧調の再現性が変化します。本機では RGB 各色ごとにオフセットを調整することが出来ますので、色味を調整することもできます。通常はゲインとともに調整します。 解像度 (P42、87) コンピューターのディスプレイ上に表示できるドット数(横方向×縦方向)をディスプレイの解像度といいます。この解像度は、表示領域の広さ(情報量の多さ)を表しています。
    • p. 133/142
      付録 付録 1 付録 付録 コンポーネント (P25、62、88) 輝度信号 (Y)、色信号 (C) を B-Y 色差信号と R-Y色差信号に分けて送信する信号方式で、コンポジットより高画質の投写ができます。AV 機器のコンポーネント映像端子と本プロジェクターの ANALOG…IN-2 入力端子をコンポーネントケーブルで接続し、[コンポーネント]を選んで投写します。 コンポジット (P25、64) 輝度信号(Y)と色信号(C)を映像信号にまとめて送信するビデオ信号の方式です。AV 機器のコンポジット出力端子(RCA)と本プロジェクターのビデオ入力端子をビデオケーブルで接続し、[ビデオ]を選んで投写します。
    • p. 134/142
      1 付録 付録 付録 付録 製品の仕様 プロジェクター本体 型名 SX7 MarkII/SX60/X700 表示方式 3 原色液晶方式 光学方式 ダイクロイックミラー、偏光ビームスプリッターによる色分離・プリズムによる色合成方式 表示素子 形式 反射型液晶パネル サイズ/アスペクト比 0.7 型× 3 / 4:3 駆動方式 アクティブマトリックス方式 画素数/総画素数 SX7 MarkII/SX60:1,470,000(1400 Ч 1050)Ч 3 枚/ 4,410,000 X700:786,432(1024
    • p. 135/142
      付録 付録 1 付録 付録 外観図 入力端子-2(ANALOG IN-2) (アナログPC-2入力/コンポーネント入力端子) コンピューターのアナログ PC 入力、コンポーネント入力端子として動作します。接続には、D-sub用コンピューター接続ケーブルをご使用ください。 ミニD-sub15ピン 1 R 9 + 5V パワー 2 G 10 接地(垂直同期) 3 B 11 モニター ID0 4 モニター ID2 12 DDC データ 5 接地(水平同期) 13 水平同期 6 接地(R) 14 垂直同期
    • p. 136/142
      1 索引 索引 索引 索引 索引 英数字 6 軸色調整………………………… 103、130AdobeRGB…………………… 53、98、130ANALOG…IN-1/DIGITAL…IN……25、34、63ANALOG…IN-2… ………………25、34、62AUTO…PC…………………………………… 52AUTO…SET…………………………… 44、67DVI……………………………… 35、63、130D.ZOOM… ………………………………… 77FOCUS……………………………………… 49FREEZE…
    • p. 137/142
      索引 索引 1 索引 索引 ズーム(画面サイズ)… …………………… 40スクリーンアスペクト… …………… 57、71スクリーンアスペクト設定… …………… 97スクリーン色補正… ……………………… 94スポットライト… ………………………… 79接続端子… ………………………………… 24接続端子(AV 機器との接続)……………… 62接続端子(コンピューターとの接続)… … 34総ドット数… ……………………………… 89 た 台形ひずみ調整… ………………………… 50ダイナミックガンマ…
    • p. 138/142
      1 保証とアフターサービス ■この商品には保証書がついています 保証書は、本プロジェクターに付属しています。お買い上げ日、販売店名などが記入されていることをお確かめの上、内容をお読みいただき、大切に保管してください。なお、保証内容については保証書に記載しております。 ■修理サービスのご相談 修理サービスのご相談は、裏表紙のキヤノンお客様相談センターにご相談ください。 (ランプはキヤノンホームページからもご購入い ただけます。) ■修理を依頼される前に 122 ~ 126 ページの「困ったときには」にそって故障かどうかお確かめください。それでも直らない場合は、ただちに電源プラグをコンセントから抜き、修理をご依頼ください。
    • p. 139/142
      1
    • p. 140/142
      10 メニューの構成
    • p. 141/142
      11
    • p. 142/142
      YT1-5336-0070210N0.5
  • Canon SX7 MarkII (ページ: 138)

    目次
    • p. 1/138
      YT1-5336-0080711N0.5
    • p. 2/138
       
    • p. 3/138
       
    • p. 4/138
       目 次 目 次 早わかり・投写までの手順……………………………………………………… 2目 次 ……………………………………………………………………………… 4安全にお使いいただくために…………………………………………………… 7 使用上のご注意… ………………………………………………………………… 8リモコンの電池に関するご注意… ……………………………………………… 10ランプについての安全上のご注意… …………………………………………… 11持ち運び/輸送時のご注意… ……………………………………………………
    • p. 5/138
       目 次 投写画面の比率を選ぶ(スクリーンアスペクト)… …………………………… 69 プレゼンテーションで使える便利な機能……………………………………… 72 画像を一時的に消す… ………………………………… NO…SHOW … …………… 72 静止画にする… ………………………………………… FREEZE … ……………… 72 音声を一時的に消す… ………………………………… MUTE …………………… 73 音量を調節する… ……………………………………… VOL ……………………… 73
    • p. 6/138
       目 次  色の調整を行う… ……………………………………… 色調整 … ………………… 98 高度な色調整を行う… ……… ダイナミックガンマ/記憶色補正/6軸色調整 …… 98 ~ 99 環境光にあわせた調整…………………………………… アンビエントライト … … 100 ランプの明るさを絞る… ……………………………… ランプモード …………… 101 イメージ調整をリセットする… ……………………… リセット … …………… 102 動作を設定する…………………………………………………………………
    • p. 7/138
       安全にお使いいただくために 安全上の注意を表す記号 この使用説明書で使用しているマークについて説明します。本書では製品を安全にお使いいただくため、大切な記載事項には次のようなマークを使用しています。これらの記載事項は必ずお守りください。 この表示を無視して取り扱いを誤った場合に、死亡または傷害が発生する可能性が想定される内容を示しています。安全にお使いいただくために、必ずこの注意事項をお守りください。 この表示を無視して取り扱いを誤った場合に、傷害が発生する可能性が想定される内容を示しています。安全にお使いいただくために、必ずこの注意事項をお守りください。
    • p. 8/138
       安全にお使いいただくために 使用上のご注意 安全に関する重要な内容ですので、ご使用の前によくお読みの上、正しくお使いください。 警 告 万一、煙が出ている、変なにおいや音がするなどの異常状態のまま使用すると、火災・感電の原因となります。すぐに本機の電源を切り、その後必ず電源プラグをコンセントから抜いてください。煙が出なくなるのを確認して販売店に修理をご依頼ください。お客様による修理は危険ですから絶対おやめください。 万一キャビネットを破損した場合は、本機の電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いて販売店にご連絡ください。そのまま使用すると火災・感電の原因となります。
    • p. 9/138
       安全にお使いいただくために 警 告 雷が鳴り出したら、本体、電源コード、ケーブルに触れないでください。感電の原因となります。 • 本機を移動させる場合は、電源を切り、必ず電源プラグをコンセントから抜き、機 器間のケーブル類を外してから行ってください。コードが傷つき、火災・感電の原因となります。 • お手入れの際は、安全のため必ず電源プラグをコンセントから抜いて行ってください。 感電の原因となります。 電源プラグを抜くときは、電源コードを引っ張らず、必ずプラグを持って抜いてください。コードが傷つき、火災・感電の原因となります。
    • p. 10/138
      10 安全にお使いいただくために 注 意 電源コードや接続ケーブルを床の上にはわせないでください。足を引っ掛けて転倒して、けがの原因となります。 コンセント付き延長コードを使う場合は、つなぐ機器の消費電力の合計が延長コードの定格電力を超えない範囲でお使いください。超えて使用すると電源コードが発熱し、火災の原因となります。 電源プラグとコンセントは定期的に点検し、プラグとコンセントの間にたまったホコリ・ごみ・汚れなどを取り除いてください。それらがたまって湿気を帯びると、火災の原因となります。 冷却ファンの吸気口および排気口をふさがないでください。吸気口・排気口をふさぐと内部に熱がこもり、火災の原因となります。
    • p. 11/138
      11 安全にお使いいただくために ランプについての安全上のご注意 本プロジェクターの光源には、内部圧力の高い水銀ランプを使用しています。この水銀ランプには、次のような性質があります。 •… 衝撃やキズ、使用時間の経過による劣化などで、大きな音をともなって破裂したり、不点灯状態と なって寿命が尽きたりします。 •… ランプの個体差や使用条件によって破裂や不点灯、寿命に至るまでの時間は大きく異なります。使 用開始後まもなく破裂したり、不点灯になる場合もあります。 •… ランプは使用時間の経過による劣化などで、次第に暗くなります。
    • p. 12/138
      1 安全にお使いいただくために 設置のときのご注意 注 意 動作中は排気口周辺や排気口上部のキャビネットが高温になります。• やけどの原因になりますので手で触れたりしないでください。特に小さいお子様にはご注意ください。また、 熱で変形や変色の恐れのあるものを上に置かないでください。 排気口からは温風が吹き出します。次の点にご注意ください。• スプレー缶を置かないでください。熱で缶内の圧力が上がり、 爆発の原因となります。 • 金属を置かないでください。高温になり、事故やけがの原因 となります。 • 排気口付近には視聴席を設けないでください。やけどの原因
    • p. 13/138
      1 安全にお使いいただくために 注 意 低温の場所から高温の場所へ急に持ち込んだときや、部屋の温度を急に上げたとき、空気中の水分が本機のレンズやミラーに結露して、画像がぼやけることがあります。結露が消えて通常の画像が映るまでお待ちください。 高温、低温になる場所に設置しないでください。故障の原因になります。なお使用温度と保管温度の範囲は次の通りです。• 使用温度範囲 +5℃~ +35℃・湿度85%まで• 保管温度範囲 -10℃~ +60℃ 海抜2300m以上の高地でご使用のお客様へ• 本機を海抜2300m
    • p. 14/138
      1 パワープロジェクター SX7 MarkIIの特長 キヤノン製品のお買い上げ、誠にありがとうございます。 パワープロジェクター…SX7…MarkII は、コンピューターの画像や、DVD などの映像を大画面に投写できる高性能プロジェクターです。 主な特長 なめらかで美しい描写性能 キヤノン独自の光学エンジン・AISYS と LCOS(反射型液晶パネル)の採用により、高輝度・高コントラストで格子感の少ないなめらかで美しい描写を実現しています。 SXGA+までの解像度にリアル対応 SXGA+(1400 ×
    • p. 15/138
      1 使用説明書の読みかた/表記について 使用説明書について 使用説明書(本書) 本書はパワープロジェクター SX7…MarkII の使用説明書です。プロジェクターの使いかたが詳しく説明されています。プロジェクターを安全にお使いいただくため、またプロジェクターの機能を十分に活用していただくため、お使いになる前によくお読みください。 クイックスタートガイド(別紙) 投写までの手順や、終了の手順、投写中に使える機能などが 1 枚のシートにまとめられています。 ボタン操作を表す記号 本プロジェクターは、付属のリモコンまたは本体の操作パネル(本体パネル)のボタンを使って操作します。なお、本プロジェクターはリモコンですべての機能が操作できます。本書では、ボタン操作を次のように表記しています。
    • p. 16/138
    • p. 17/138
      お使いになる前に
    • p. 18/138
      1 お使いになる前に 付属品の確認 プロジェクター本体のほかに、次の付属品がそろっていることを確かめてください。 ◦リモコン… ◦リモコン用乾電池… ◦コンピューター接続ケーブル(1.8m) … (単 4 形 2 本)… (DVI/ ミニ D-sub15 ピン用) ◦電源コード(1.8m)… ◦ USB ケーブル(1.8m)… ◦コンポーネントケーブル … … (RCA/ ミニ D-sub15 ピン用) (0.4 m) アース線にはキャップが付いています。 ◦キャリーバッグ… ◦レンズキャップ… ◦レンズキャップ用のひも
    • p. 19/138
      1 お使いになる前に レンズキャップの取り付けかた 図のようにレンズキャップの穴にひもを通してから、本体側面の取り付け穴にひもを通します。 ◦…本プロジェクターを使用しないときは、ホコリやキズか らレンズを守るため、レンズキャップをはめてください。 キャリーバッグへの収納のしかた プロジェクターおよび付属品は下の図のように収納してください。キャリーバッグは簡易的な持ち運びのときに、プロジェクターの表面をキズや汚れから守るための収納具です。外部の衝撃から保護するように設計されていません。 レンズを緩衝材のくぼみに合わせる
    • p. 20/138
      0 お使いになる前に 各部のなまえ プロジェクター本体 前 面 スクリーンとの間に障害物 を置かないでください。オー トフォーカスが正しく動作 しません。 投 写 の 際 に は 必 ず レ ン ズ キャップを外してください。 キャップを付けたまま投写 すると、キャップの変形や 火災の原因となります。 背 面 排気口 本体パネル(P22、23、26) リモコン受光部(P27) スピーカー リモコン受光部(P27) レンズ 電源コード接続部(P37) 入出力端子 盗難防止用ロック穴 市販の盗難防止用ワイヤケーブルを接続できます。
    • p. 21/138
      1 お使いになる前に 底 面 吊り下げ型の設置について 本機は天井から吊り下げてご利用いただくこともできます。吊り下げには、オプション(別売)の天吊り金具(品番 :RS-CL07)と、必要に応じて天吊りパイプ… (品番:RS-CL08、または RS-CL09)が必要です。 詳しくは、販売店にお問い合わせください。 ◦必ず専用の天吊り金具を使用してください。◦…お客様による天吊り金具の設置は絶対におやめください。 ◦…本機を吊り下げてご使用になる際は、メニューの[反転表示]で投写画像を反転する必要があり
    • p. 22/138
       お使いになる前に リモコンと本体パネルのボタン リモコン ② ⑪ ⑩ ⑦ ⑬ ⑭ ④ ⑰ ⑳⑱ ③ ⑤ ⑥ ⑫ ⑧ ⑨ ⑯ ⑮ ⑲   ① 本プロジェクターは、リモコンまたは本体パネルのボタンを使って操作します。リモコンからは、本プロジェクターのすべての機能が利用できます。 ①リモコン発光部 リモコンの信号を本体に送ります。 ②P パ ワ ー OWERボタン(P37、57) 電源の入 / 切を行います。 ③A オ ー ト UTO S セット ETボタン(P43、65) 入力信号の選択、フォーカス、キーストーン、スクリーン色補正などの調整を自動で行います(オートセットアップ)。
    • p. 23/138
       お使いになる前に ② ③ ⑤ ⑥ ⑦ ⑨ ⑧ ⑪ ⑫ ⑩ 本体パネル ⑩方向ボタン(P81) メニューなどで上下左右の方向を指定します。USB 接続時は、マウスカーソルの移動にも使用できます。なお、本体パネルでは【<】ボタンで音量を下げ、 【>】ボタンで音量を上げることもできます。 (P73) ⑪K キ ー ス ト ー ン EYSTONEボタン(P49、P56) 画面の台形ひずみを調整します(キーストーン調整)。なお…[スクリーンアスペクト]… で[16:9Dイメージシフト]…が選択されている時はDイメージシフト調整画面を表示します。
    • p. 24/138
       お使いになる前に 本体の接続端子 ① ② ③ ④ ⑨ ⑤ ⑧ ⑩ ⑩ ⑦ ⑥
    • p. 25/138
       お使いになる前に ①入力端子-1(DIGITAL IN/ANALOG IN-1)(P34、35、61) デジタル信号(デジタル PC)、アナログ PC…信号(アナログ PC-1)の入力端子です。デジタルコンテンツの映像信号(デジタルビデオ)の入力端子です。 ②入力端子-2(ANALOG IN-2)(P34、35、60) アナログ PC…信号(アナログ PC-2)の入力端子です。コンポーネント映像(コンポーネント)の入力端子です。 ③モニター出力端子( )(P36) 外部モニターに映像を出力するためのアナログ
    • p. 26/138
       お使いになる前に 本体パネルの表示ランプ ①POWERランプ(P37、57、103) プロジェクターの状態をランプの点灯で知らせます。赤く点灯… 電源を入れることができます。 赤く点滅… 電源を切るための処理中(ランプの冷却中)です。 緑に点灯… 電源が入っている状態です。 緑に点滅… 投写の準備をしています。 赤と緑の点滅(交互)… パワーマネージメントの動作中です。 ②WARNINGランプ(P118) プロジェクターの異常を赤いランプの点滅で知らせます。 ③LEDイルミネーションランプ(P107)
    • p. 27/138
       お使いになる前に リモコンの準備 電池の入れかた 1 電池カバーを開く。 押しながらスライドさせて外します。 2 電池を入れる。 新しい単4乾電池2本を+プラスと−マイナスの向きに注意して入れます。 3 電池カバーを閉じる。 ◦…リモコンの電池は、リモコンの【LIGHT】ボタンで確認できます。… ボタンを押してもリモコンのボタンが点灯しない場合や、リモコンでの操作ができない場合は、 新しい電池と交換してください。 ◦…プレゼンテーションなどを行う前には、必ずリモコンの電池を確認することをお勧めします。
    • p. 28/138
    • p. 29/138
      プロジェクターを 設置する
    • p. 30/138
      0 プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する スクリーンまでの距離を決める 投写画面のサイズは、プロジェクターのレンズからスクリーンまでの距離で決まります。以下を参考に、設置位置を決めてください。 画面サイズ(型) (幅×高さcm) 40 81Ч61 60 122Ч91 80 163Ч122 100 203Ч152 150 305Ч229 182 370Ч277 200 406Ч305 250 508Ч381 300
    • p. 31/138
      プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する 1 プロジェクターを設置する プロジェクターを設置する 置き場所を決める スクリーンの正面に置く プロジェクターは、スクリーンに対してなるべく直角に置いてください。 ◦…スクリーンに対して直角でないと、台形ひず みが出ますが、ある程度のひずみはキーストーン調整で補正できます。(P49) 水平な場所に置く プロジェクターは、なるべく水平に置いてください。 ◦…ある程度の傾きは、後部調整脚で微調整でき ます。(P40) ◦…本体右側の排気口(ファン)、底面の吸気口
    • p. 32/138
    • p. 33/138
      コンピューターの 画像を投写する
    • p. 34/138
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターを接続する プロジェクターとコンピューターを接続します。 映像端子への接続 付属のコンピューター接続ケーブルで接続 入力信号:[アナログ PC-1]を選択(P45) VGAケーブルで接続 入力信号:[アナログ PC-2]を選択(P47) ◦…高精細な画像を高画質で投写するために、高性能ケーブルのご使用をお薦めします。◦…コンピューターのコネクター形状によっては、変換アダプターが必要な場合があります。…
    • p. 35/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ◦…プロジェクターとコンピューターの両方の電源を切ってから接続してください。◦…デジタルPCで1280×1024ドットまたは1400×1050ドットの投写を行う場合、コンピュー ターや DVI ケーブルの種類によっては画像が正しく投写されない場合があります。 ◦…USB 端子はリモコンのマウス操作用です。USB ケーブルの接続では画面は投写できません。 DVIケーブルで接続
    • p. 36/138
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 外部モニターへの接続 外部モニターに投写画面を表示できます。… 音声入力端子への接続 本機のスピーカーを使用するときは、各映像入力に対応する音声入力端子に音声ケーブルで接続します。 VGAケーブルで接続 音声ケーブルで接続 ◦…外部モニター 1 台を接続できます。複数 のモニターに接続するような使い方はできません。 ◦…外部モニターには投写されている映像が 出力されます。
    • p. 37/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 電源を入れる 電源コードをつなぎ、プロジェクターの電源を入れると、投写が始まります。 ◦…電源を切った後しばらくは、電源を入れ直すことができません。光源ランプの冷却が終わって [POWER]ランプが赤く点灯するまでお待ちください。 アース端子を接続してください 電源プラグのアース端子を設置しないと、コンピューターの電波障害やテレビ・ラジオの受信障害の原因となることがあります。
    • p. 38/138
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 操作でピントを合わせてください。(P43、48)投写が始まるまでの間、本体の LED イルミネーションランプが青く点滅します。すぐに投写を始めたいときは、【OK】ボタンを押します。 ◦…パスワードの入力画面が表示された場合は、パスワードを入力してください。(P108、109)◦… 【POWER】ボタンを使わずに、電源コードを接続するだけで電源を入れることができます。(ダ
    • p. 39/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 画面のサイズと高さを調整する 画面のサイズを調整する(ズーム) スクリーンの大きさに合わせて画面サイズを調整します。 1 【ZOOM】ボタンを押す。 「ズーム調整」画面が表示されます。 2 画面サイズを調整する。 3 【OK】ボタンを押す。 ◦…ズームで調整しきれない場合は、プロジェクターの設置位置を変えてください。(P30) 大きくするおおまかに調整する… 【Λ】微調整する…
    • p. 40/138
      0 コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 画面の高さを調節する プロジェクターの調整脚を使って、投写の角度を調整します。 1 本体の前方を持ち上げて調整脚ロックボタンを 押す。調整脚が出ます。 2 調整脚ロックボタンを押したまま、画面の高さ を合わせてロックボタンを放す。調整脚が固定されます。 ◦…調整脚は最大 10°まで上がります。◦プロジェクターの左右の傾きが大きいときは、 左右の後部調整脚を繰り出して高さを調整してください。片側で最大
    • p. 41/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 1 コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの準備を行う コンピューターの出力解像度を決める 本プロジェクターの表示性能を発揮するために、コンピューターの出力信号の解像度を最適な設定に調整してください。 Windows Vistaの場合1.…スタートメニューから[コントロールパネ ル]を選び、[コントロールパネルホーム]の[デスクトップのカスタマイズ]から[画面の解像度の調整]を表示します。 2.…[解像度]から「1400…×…1050…ピクセル」
    • p. 42/138
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する Macintosh OSXの場合1.…アップルメニューを開き、[システム環境設定]を 選びます。 2.…システム環境設定ウィンドウの[ディスプレイ]アイ コンをクリックし、ディスプレイの画面を表示します。 3.…[ディスプレイ]タブを選び、[解像度]の一覧から 1400 × 1050、または最も近い解像度を選びます。 4.…[システム環境設定]のウィンドウを閉じます。 ◦…コンピューターの解像度をSXGA(1280×1024)またはWXGA(1280×768)にしたときは、
    • p. 43/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する オートセットアップを行う コンピューターの画像を投写する場合に、オートセットアップを使用すると、次のような一連の画面の調整を自動で行うことができます。通常は、入力信号が合っていれば、この操作だけで、投写を始められます。 オートフォーカス ピントを自動で合わせます。 オートキーストーン 画面の台形ひずみ(縦方向)を自動で補正します。 オートインプット 映像の入力信号を自動で設定します。
    • p. 44/138
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 2 【AUTO SET】ボタンを押す。 オートセットアップ確認画面が表示されます。 3 もう一度【AUTO SET】ボタンを押す。 黒字で表示された機能が自動実行されます。 ◦… 【<】ボタンで[はい]を選び、【OK】ボタンを押しても実行できます。
    • p. 45/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 入力信号を選ぶ 投写する入力信号を選びます。 入力信号には次の 3 種類があります。 アナログ PC-1…:…アナログ信号… DVI- ミニ D-Sub15 ピン変換ケーブル(付属のケーブル)で接続デジタル PC… :…デジタル信号… DVI デジタルケーブルで接続アナログ PC-2…:…アナログ信号… VGA ケーブル、5-BNC ケーブルで接続 コンピューターとの接続を変えるなど、入力信号が変わったときは、オートセットアップの前に次の操作で入力信号を選んでください。
    • p. 46/138
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 3 左のリストに入力信号がない場合は、【>】ボタ ンを押し、【V】/【Λ】ボタンで右のリストから選ぶ。 4 【OK】ボタンを押す。
    • p. 47/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ■ アナログPC-2を選ぶ ◦…入力端子 -2 を使用するときは、[ アナログ PC-2] を選んでください。 1 【INPUT】ボタンを押す。 「インプット」画面が表示されます。 2 【INPUT】ボタンでメニューの上から2番目の項目を選ぶ。 ボタンを押すたびに選択可能な入力信号が上から順に選ばれます。 ◦… 【Λ】/【V】ボタンを使うと常にすべての入力信号が選べます。
    • p. 48/138
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ピントを合わせる 画面のピントを合わせます。オートセットアップ(オートフォーカス)で正しく調整されない場合は、この手順で手動調整してください。 1 【FOCUS】ボタンを押す。 「フォーカス調整」画面が表示されます。 2 方向ボタンでピントを合わせる。 おおまかに調整する…【Λ】【V】 微調整する… 【<】【>】 ◦…ここで[AUTO…SET]ボタンを押すとオートフォーカスが働きます。…
    • p. 49/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 画面の台形ひずみを調整する スクリーンに投写した画面が台形状にひずんでいる場合は、キーストーン調整を行います。オートセットアップ(オートキーストーン)は縦方向が自動調整されます。縦方向が正しく補正されない場合や横方向を調整する場合は、この手順で調整してください。 1 【KEYSTONE】ボタンを押す。 「キーストーン調整」画面が表示されます。 2 方向ボタンで調整する。
    • p. 50/138
      0 コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 3 【OK】ボタンを押す。 ◦…キーストーン調整の状態は記憶されます。設置場所が同じであれば調整し直す必要はありません。◦キーストーン調整では、信号がデジタル処理されるため、元の画像と見え方が異なることがあり ます。 ◦…キーストーン調整を行うと、画面の縦横比が変わることがあります。◦…キーストーン調整量は上下、左右とも最大で± 20°です。なお調整量は光学ズーム、入力信号、
    • p. 51/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 1 コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューター画像の自動調整を行う(AUTO PC) オート PC 機能を使用すると、信号形式(SXGA+、XGA など)に合わせて、ドット数やトラッキングなどの状態を最適に調整できます。[ オートセットアップ ] で正常に投写されている場合は、オート PC 機能による調整は必要ありません。オート PC 機能は、入力信号が [ アナログ PC-1] または [ アナログ
    • p. 52/138
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 画質のモードを選ぶ(IMAGE) イメージモード(画質)は、投写する画像の内容に合わせて選べます。また、画質(明るさ、コントラスト、シャープネス、ガンマ調整、色調整など)は、ユーザーの好みに合わせて細かく調整できます。 1 【IMAGE】ボタンを押す。 … イメージモードの選択画面が表示され、ボタンを押すたびに、次のモードが順に切り換わります。 [スタンダード]… 白の色味を重視した、オリジナルに近い画質で投写します。明るい部屋でのテレビ番組、DVD
    • p. 53/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ◦…それぞれのモードでは次のような細かい調整ができます。調整方法については「イメージ調整メ ニュー」をご参照ください。(P95 ~ 102) … ・明るさ… 明るすぎる、暗すぎるときに調整します。 … ・コントラスト… 全体の明るさ、暗さにメリハリがないときに調整します。… ・シャープネス… ぼやけた画像をくっきりさせたいときに調整します。… ・ガンマ… 明るいところや暗いところがはっきりしない画像を調整します。
    • p. 54/138
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 画面の表示モードを選ぶ(アスペクト) コンピューター画面の縦横の比率 ( アスペクト比 ) や解像度に応じて、以下の投写方法を選びます。◦…アスペクトの設定は、メニューを使って設定します。メニューの[アスペクト]の項をご参照くださ い。(P84) ◦…[ スクリーンアスペクト ] の設定により、選択できるモードは異なります。詳しくは [ スクリーンア スペクト ] の項をご参照ください。(P56)
    • p. 55/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する ■リアル コンピューターの画面をオリジナルサイズで写したいときに選びます。画像処理が行われないため、鮮明な画像が得られます。 ◦…コンピューターの画面の解像度が、1400 × 1050 ドットを超える場合は、[リアル]を選べま せん。投写の前にコンピューターを低い解像度に再設定してください。 ◦…アスペクトの設定によっては、投写画面の上下、左右に画像のない部分ができます。
    • p. 56/138
       コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 投写画面の比率を選ぶ(スクリーンアスペクト) 投写するスクリーンの縦横の比率(アスペクト比)に応じて、投写画面の比率を次の 3 つから選ぶことができます。[ スクリーンアスペクト ] を設定することで、スクリーンを最大に活かした効率の良い投写ができます。◦…スクリーンアスペクトの設定は、メニューを使って設定します。メニューの[スクリーンアスペクト] の項をご参照ください。(P94)
    • p. 57/138
      コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する  コンピューターの画像を投写する コンピューターの画像を投写する 電源を切る ◦…電源を入れた後、ランプが安定しない状態で電源を切ると、ランプの寿命を縮める原因になりま す。電源を入れたら 5 分以上経ってから切るようにしてください。 ◦…電源切後に再度電源を入れる場合は、5 分以上経ってから電源を入れるようにしてください。… 電源切後すぐに電源を入れると、ランプの寿命を縮める原因になります。◦…連続使用は、ランプおよび内部光学部品の寿命を縮める原因になります。
    • p. 58/138
       コンピューターの画像を投写する セクション ◦…使用後すぐにプロジェクターを持ち運ぶことができます。(『オフ&ゴー』機能)◦… 【POWER】ボタンを使わずに、電源コードを抜くだけで電源を切ることができます。 ◦…電源プラグが接続されている場合は、本体パネルの LED イルミネーションランプが点灯し て、ランプの冷却中であることをお知らせします。 省電力のモードを使う(パワーマネージメント) 入力信号がない状態が続いたときにランプを自動的に消す、省電力のモード(パワーマネージメントモード)があります。パワーマネージメントモードを使用する設定にすると、入力信号がないままプロジェクターの操作が
    • p. 59/138
      AV機器の映像を 投写する
    • p. 60/138
      0 AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV機器の映像を投写する AV機器と接続する プロジェクターと AV 機器を接続します。 映像端子への接続 付属のコンポーネントケーブルで接続 RCA コンポーネント端子に接続する場合 D 端子に接続する場合 入力信号:[コンポーネント]の自動選択 ◦…プロジェクターと AV 機器の両方の電源を切ってから接続してください。◦…上の図はあくまでも一例です。詳しくは、接続する AV 機器の使用説明書をご参照ください。
    • p. 61/138
      AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 1 AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する デジタルケーブルで接続 HDMI 端 子 やDVI 端 子 に つ な い で デ ジ タ ル…コンテンツの映像が投写できます。 入力信号:[デジタルビデオ]を選択(P66) S端子ビデオケーブルで接続 入力信号:[S- ビデオ]の自動選択 ◦…本機のスピーカーを使用するときは、音声ケーブルを接続します。(P63)◦…ホールなどで映像制御機器を介して AV 機器とプロジェクターを延長 BNC
    • p. 62/138
       AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 音声出力端子への接続 本機の音声を外部AV機器に出力するときは、音声出力端子からAV機器に音声ケーブルで接続します。 ビデオケーブルで接続 入力信号:[ビデオ]の自動選択 音声ケーブルで接続 ◦…音声ケーブルは、抵抗が内蔵されていな いものをご使用ください。抵抗内蔵タイプでは、音声が小さくなります。 ◦…リモコンまたは本体の操作で AV 機器へ 出力する音量を調節することが出来ます。 ◦…音声出力端子に音声ケーブルを差し込む
    • p. 63/138
      AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する  AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 音声入力端子への接続 本機のスピーカーを使用するときは、各映像入力に対応する音声信号を音声ケーブルで接続します。… 音声ケーブルで接続 ◦…スピーカーからは、現在選択されている映像信号に対応する音声が出力されます。◦…音声ケーブルは、抵抗が内蔵されていないものをご使用ください。抵抗内蔵タイプでは、音声が 小さくなります。 ◦…本機の音声を外部 AV 機器に出力するときは、音声ケーブルで音声出力端子に
    • p. 64/138
       AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV機器の投写までの手順 AV 機器の投写までの手順は、基本的にコンピューターと接続する場合と同じです。ここでは、AV 機器の投写特有の内容を中心に説明します。 手順を示す以下の図をご覧になり、必要な項目をご参照ください。 1 電源を入れる P37* ◦電源コードを接続し、プロジェクターの電源を入れます。 … P37 ◦投写画面の高さを調整します。 … P40 ◦初めて電源を入れたときは、表示言語を選んでください。
    • p. 65/138
      AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する  AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する オートセットアップを行う AV 機器の映像を投写する場合に、オートセットアップを使用すると、画面のピント合わせや台形ひずみの補正など、一連の画面の調整や設定を自動で行うことができます。通常は、入力信号が合っていればこの操作だけで投写を始められます。オートセットアップで自動調整される内容については 43 ページをご参照ください。 1 [デジタルビデオ]を選ぶ。 デジタル映像を投写するときは、オートセットアップの前に
    • p. 66/138
       AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 入力信号を選ぶ 以下の 4 種類の入力信号のうち、デジタル信号を投写するときは、オートセットアップの前に、次の『デジタルビデオを選ぶ』の操作で[デジタルビデオ]を選んでください。 デジタルビデオ…:…デジタル信号… …HDMI/DVI ケーブルまたは DVI デジタルケーブルで接続 コンポーネント…:…コンポーネント信号… コンポーネントケーブル(付属のケーブル)で接続ビデオ… :…ビデオ信号…
    • p. 67/138
      AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する  AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 3 デジタルビデオが左のリストに表示されていな い場合は、【>】ボタンを押し、【V】/【Λ】ボタンで[デジタルビデオ]を右のリストから選ぶ。 4 【OK】ボタンを押す。
    • p. 68/138
       AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 画面の表示モードを選ぶ(アスペクト) AV 機器や再生する映像ソフトの画面比(アスペクト比)に応じて、以下の投写方法を選びます。 ◦…アスペクトの設定は、メニューで設定します。メニューの[アスペクト]の項をご参照ください。 (P84、85) ◦…[ スクリーンアスペクト ] の設定により、選択できるモードは異なります。詳しくは [ スクリーンア スペクト ] の項をご参照ください。(P69)
    • p. 69/138
      AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する  AV 機器の映像を投写する AV 機器の映像を投写する 投写画面の比率を選ぶ(スクリーンアスペクト) 投写するスクリーンの縦横の比率 (…アスペクト比 )…に応じて、投写画面の比率を次の 3 つから選ぶことができます。[ スクリーンアスペクト ] を設定することで、スクリーンサイズを最大に活かした効率の良い投写ができます。 ◦…スクリーンアスペクトの設定は、メニューを使って設定します。メニューの[スクリーンアスペクト] の項をご参照ください。(P94)
    • p. 70/138
      0 AV 機器の映像を投写する セクション ■16:9 Dイメージシフト スクリーンのアスペクト比が 16:9 のときに選びます。キーストーン調整なしのゆがみのない画面を、上下方向に移動・微調整ができます。画面の移動は P56 をご参照ください。入力信号と選択可能な [ アスペクト ] のモードの関係は下の表の通りです。 入力信号 選択可能な [ アスペクト ] のモード ビデオ S- ビデオ 4:3 ワイド コンポーネント (480i/575i/480p/575p)デジタルビデオ (480p/575p)
    • p. 71/138
      プレゼンテーションで 使える便利な機能
    • p. 72/138
       プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 画像を一時的に消す …こんなときに便利…プレゼンテーションを終えたとき…出席者の注意をスクリーンからそらすとき 投写中の画像を一時的に消します。 画像を消す 画面が黒または青のみの表示になります。 再び画像を表示するもう一回… …を押すと画像が表示されます。 ◦…画像が消えている間、本体パネルの LED イルミネーションランプ(中央)がゆっくり点滅します。
    • p. 73/138
      プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能  プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 音声を一時的に消す …こんなときに便利…プロジェクターのスピーカーから流れる不 要な音声を消したいとき 音声を一時的に消します。 音声を消す 画面に「MUTE」表示が出ます。 音声を元に戻すさらに1回… …を押すと、音声が元に戻ります。 …ボタンでも音声を元に戻せます。 ◦…音声を外部 AV 機器に出力している場合 でも、同様の操作で音声を一時的に消すことができます。
    • p. 74/138
       プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 経過時間を表示する …こんなときに便利…プレゼンテーションの進行を管理したいとき… 00:00 ~ 59:59 までの経過時間を画面の右下に表示します。 カウントを始める 1 回押すと、タイマーが表示されます。 カウントを止めるもう 1 回… … を押すと、タイマーが停止しま す。 カウント表示を消すさらに 1 回… … を押すと、タイマーの表示が
    • p. 75/138
      プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能  プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 画像を拡大する …こんなときに便利…細かいグラフなどを大きく見せたいとき…不要な情報を画面の外に出し、説明箇所を 強調したいとき 投写中の画像を拡大します。 拡大する 目的の大きさになるまで何回か押します。 ◦… 【D.ZOOM】ボタンを押すと、画面に拡大 率が表示されます。 ◦…1 ~ 12 倍まで拡大できます。◦…画像を拡大した状態で静止画にすること
    • p. 76/138
       プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 リモコンでマウス操作する …こんなときに便利…リモコンを使ってパソコンのマウス操作を したいとき 付属のリモコンをコンピューターのワイヤレスマウスとして使用できます。 USBケーブルの接続コンピューターとプロジェクターの電源が切になっていることを確認し、付属の USB ケーブルで、コンピューターの USB 端子と本機のUSB 端子を接続します。 ◦…この機能は、Windows…7、Windows…Vista、
    • p. 77/138
      プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能  プレゼンテーションで使える便利な機能 プレゼンテーションで使える便利な機能 スポットライトで位置を示す …こんなときに便利…注目すべきポイントを指し示したいとき 投写中の画像の特定部分にスポットライトマークを表示します。 スポットライトマークを置く 画面中央にスポットライトマークが現れ、マーク以外の部分が暗くなります。 …ボタンを押すたびに、マークの形が変わり ます。 スポットライトマークを移動する マークを目的の位置に合わせます。
    • p. 78/138
    • p. 79/138
      メニューによる 機能設定
    • p. 80/138
      0 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューの使いかた プロジェクターの機能には、メニュー画面を表示して利用するものがあります。 メニューは次の 3 つから構成されています。 メニューによる機能設定 ※…メニューの項目は、入力信号によって違いがあります。… また、設定した内容は、入力信号(7 種)ごと、イメージモード(最大 5 種)ごとに記憶されます。 メニュー説明の内容を表す記号 メニュー項目の中には、入力信号によって表示されるもの、表示されないものがあります。それぞれの入力信号で利用できる項目は、次のシンボルで表しています。
    • p. 81/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 1 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 ここでは、メニューの基本操作を説明します。 1 【MENU】ボタンを押す。 メニュー画面が表示されます。 ◦…もう一度【MENU】を押すとメニューが消 えます。 2 【<】/【>】ボタンでメニューのタブを選ぶ。 タブ位置(一番上)にカーソルがないときは、【Λ】ボタンで上がります。 3 【Λ】/【V】ボタンでメニュー項目を選ぶ。 ◦…1 つの項目がさらに細かいメニュー項目に 分かれている場合もあります。
    • p. 82/138
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 4 設定や調整を行う。 操作のタイプは次の 4 種類です。 ・設定を直接変更する項目・設定をリストから選ぶ項目・スライダーで調整する項目・別画面が表示されて設定する項目 ・…設定を直接変更する項目 … 例:トラッキング 【<】【>】ボタンで増減します。 ・…設定をリストから選ぶ項目 … 例:アスペクト 【OK】ボタンを押すとリストが表示されます。【Λ】/【V】ボタンで設定を選びます。 ・…スライダーで調整する項目
    • p. 83/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 5 【OK】ボタンを押す。 項目によっては設定を選んだだけで有効になるものもあります。 6 設定が終わったら、【MENU】ボタンを押す。 メニューが消えます。
    • p. 84/138
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 表示状態を設定する 画面の表示モードを選ぶ (1) [アスペクト] … デジタルPC … アナログPC スクリーンに対して投写した画像の縦横の比率 (アスペクト比)が合っていないときに設定します。 ▼ 表示設定 ▼ アスペクト フルスクリーン 4:3のスクリーンで解像度が横4: 縦3のコンピューター画面をスクリーンいっぱいに投写します。 4:3 16:9のスクリーンの内側に横4:縦 3の比率のコンピューター画面を投写します。
    • p. 85/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 画面の表示モードを選ぶ (3) [アスペクト] … ビデオ/Sビデオ スクリーンに対して投写した画像の縦横の比率 (アスペクト比)が合っていないときに設定します。 ▼ 表示設定 ▼ アスペクト フルスクリーン 4:3のスクリーンで横4:縦3の通 常の画面を投写します。 4:3 16:9のスクリーンの内側に横4:縦 3の比率の画面を投写します。 ワイド 横16:縦 9のワイド画面のサイズで 投写します。
    • p. 86/138
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 入力信号を選ぶ (2) [入力信号選択] … ビデオ/Sビデオ AV機器の映像が正しく投写されない(色や映像が出ない)ときに入力信号を手動で設定できます。 ▼ 表示設定 ▼ 入力信号選択 オート 入力信号が自動的に設定されます。 NTSC PAL SECAM NTSC4.43 PAL-M PAL-N オートで映像が正しく投写されない場合に、左の項目から入力信号を選びます。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。
    • p. 87/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 総ドット数を調整する [総ドット数] … アナログPC 画面を構成する水平方向のドット数です。画面が崩れたり、画面の左右に不要なノイズなどが表示されるときに調整します。 ▼ 表示設定 ▼ 入力信号設定 ▼ 総ドット数 > 総ドット数を上げます。 < 総ドット数を下げます。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…オート PC 機能を行っても画像が正しく表 示されない場合に調整します。 ◦…設定は[アナログPC-1]、[アナログPC-2]
    • p. 88/138
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 水平位置を調整する [水平位置] … アナログPC 画面が左右にずれて表示されるときに画面の水平方向の位置を調整します。 ▼ 表示設定 ▼ 入力信号設定 ▼ 水平位置 > 画面を右にずらします。 < 画面を左にずらします。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…オート PC 機能を行っても画像が正しく表 示されない場合に調整します。 ◦…設定は[アナログPC-1]、[アナログPC-2] で別々に記憶されます。
    • p. 89/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 水平表示ドット数を調整する [水平表示ドット数] … アナログPC 画面が左右に広いまたは狭い場合、投写画面サイズに合わせて画面の水平方向のドット数を調整します。 ▼ 表示設定 ▼ 入力信号設定 ▼ 水平表示ドット数 > 水平ドット数を増やします。 < 水平ドット数を減らします。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…オート PC 機能を行っても画像が正しく表 示されない場合に調整します。
    • p. 90/138
      0 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 プログレッシブ処理を行う [プログレッシブ] … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 解像度の低い映像信号の情報を蓄積・合成し、高解像度の画面に変換します。 ▼ 表示設定 ▼ プログレッシブ 切 プログレッシブ処理を行いません。 入 プログレッシブ処理を行います。 オート 入力信号に応じて自動的にプログレッ シブ処理を切り替えます。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押 します。 ◦…入力信号がビデオ/S-ビデオ信号、または
    • p. 91/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 1 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 天吊り/リア投写で使う [反転表示] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 本機を天井から吊り下げたり、透過型スクリーンに投写する場合に設定します。 ▼ 表示設定 ▼ 反転表示 なし 通常の投写を行います。 天吊り 天井から逆さに吊り下げて投写すると きに選びます。上下左右を反転して投写します。 リア スクリーンの裏から投写するときに選 びます。左右を反転して投写します。
    • p. 92/138
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 スクリーンの色補正を行う [スクリーン色補正] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 画像の白の部分が正しく表示できるようにホワイトバランスを調整します。 ▼ 表示設定 ▼ スクリーン色補正 標準 標準的なスクリーンを使用したとき、 自然光に近い色調で投写します。 黒板 黒板(濃緑色)をスクリーンに使用した とき、標準に近い色調で投写します。
    • p. 93/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 NO SHOW 時の画面 [NO SHOW時画面] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 画面を黒または青にします。 ▼ 表示設定 ▼ ユーザー画面設定 ▼ NO SHOW時画面 黒 黒画面を表示します。 青 青画面を表示します。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押 します。 電源入力時の画面を選ぶ [起動時画面] … デジタルPC
    • p. 94/138
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 スクリーンの比率を選ぶ [スクリーンアスペクト] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 投写するスクリーンの縦横比(アスペクト比)を設定します。 ▼ 表示設定 ▼ スクリーンアスペクト 4:3 スクリーンのアスペクト比が4:3 の ときに選びます。 16:9 スクリーンのアスペクト比が16:9 のときに選びます。 16:9 Dイメージシフト スクリーンのアスペクト比が16:9で、
    • p. 95/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 画質を調整する 画質を選ぶ [イメージモード設定] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 投写する画像に適した画質を選びます。 ▼ イメージ調整 ▼ イメージモード設定 スタンダード 白の色味を重視した、オリジナルに近 い画質で投写します。明るい部屋でのテレビ番組、DVDなどによる動画鑑賞にも適しています。 プレゼンテーション プレゼンテーションに適した画質で投
    • p. 96/138
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 明るさを調整する [明るさ] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 画像が明るすぎるときや、暗すぎるときに画像の明るさを調整します。 ▼ イメージ調整 ▼ 明るさ > 画像が明るくなります。 < 画像が暗くなります。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…現在選ばれている入力信号とイメージ モードの設定として保存されます。 コントラストを調整する
    • p. 97/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 シャープネスを調整する [シャープネス] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 画像を鮮明にしたいときや、ぼかしたいときに画像のシャープネスを調整します。 ▼ イメージ調整 ▼ シャープネス > 画像が鮮明になります。 < 画像がぼやけます。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…現在選ばれている入力信号とイメージ モードの設定として保存されます。
    • p. 98/138
       メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 色の調整を行う [色調整] … デジタルPC … アナログPC 色の濃さや明るさの調整や、各色(赤、緑、青)ごとの色調整を行います。 ▼ イメージ調整 ▼ 色調整 色温度※ 色味を調整します。 > 青味がかった色になります。(寒 色系) < 赤みがかった色になります。(暖 色系) 赤/緑/青ゲイン 赤、緑、青の色味の強さを調整します。 > 色味が強くなります。 < 色味が弱くなります。 赤/緑/青オフセット
    • p. 99/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定  メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 高度な色調整を行う (2) [記憶色補正] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 青空など、人の記憶にある色をよりあざやかに表現するための補正を行います。 ▼ イメージ調整 ▼ 高度な調整 ▼ 記憶色補正 切 弱 中 強 記憶色補正を行いません。 記憶色補正を3段階で指定します。 設定が終わったら【MENU】ボタンを押します。 ◦…現在選ばれている入力信号とイメージ
    • p. 100/138
      100 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 環境光にあわせた調整 [アンビエントライト] … デジタルPC … アナログPC イメージモードが[フォト]の時、スクリーン上に届く環境光に対し、より好ましく補正した映像を投写します。 ▼ イメージ調整 ▼ アンビエントライト 切 調整せずに投写します。 調整 環境光の種類とレベル(明るさ)を設定 します。 種類 電球 環境光が電球、または電球色蛍 光灯の場合選びます。 蛍光灯 環境光が昼白色蛍光灯の場合選
    • p. 101/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 101 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 ランプの明るさを絞る [ランプモード] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 明るさを制限したい場合、ファンの音が気になる場合は、ランプの光量を落とします。 ▼ イメージ調整 ▼ ランプモード 標準 標準の明るさで投写します。 静音 ランプの光量を落とし、ファンの音を 静かにします。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押 します。
    • p. 102/138
      10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 イメージ調整をリセットする [リセット] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ イメージ調整をやり直したいときに、現在の設定をリセットし、購入時の状態に戻します。 ▼ イメージ調整 ▼ リセット はい イメージ調整の設定をリセットします。 いいえ リセットを中止します。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押 します。 ◦…イメージ調整の設定は、入力信号(7
    • p. 103/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 動作を設定する オートセットアップの項目を選ぶ [オートセットアップ] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ オートセットアップで実行する項目を選びます。 ▼ システム設定 ▼ オートセットアップ 次の項目について、オートセットアップで実行する場合は[入]、実行しない場合は[切]を選びます。 オートフォーカス ピントの調整 オートキーストーン
    • p. 104/138
      10 POWER ボタン操作を省略する [ダイレクトパワーオン] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 電源コードの接続と同時に電源が入るようにできます。 ▼ システム設定 ▼ ダイレクトパワーオン 切 ダイレクトパワーオンを使用しません。 入 ダイレクトパワーオンを使用します。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押 します。 ◦…ダイレクトパワーオン機能を使用して電 源を切った後、再度電源を入れる場合は、5 分以上経ってから電源を入れるようにしてください。
    • p. 105/138
      表示言語を選ぶ [言語] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ メニューに表示される言語を選びます。20 種類の言語が選べます。 ▼ システム設定 ▼ 言語 表示する言語を選びます。 英語 ドイツ語 フランス語 イタリア語 スペイン語 ポルトガル語 スウェーデン語 ロシア語 オランダ語 フィンランド語 ノルウェー語 トルコ語 ポーランド語 ハンガリー語 チェコ語 デンマーク語 中国語(簡体) 中国語(繁体) 韓国語 日本語 【OK】ボタンを押すと、すべての表示が指定の言語
    • p. 106/138
      10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 プロジェクターの操作を禁止する [キーロック] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 本体パネルやリモコンのボタンの使用を禁止し、プロジェクターが誤って操作されるのを防ぎます。 ▼ システム設定 ▼ キーロック 切 キーロック機能を使用しません。 本体 本体パネルの使用を禁止します。 リモコン リモコンの使用を禁止します。 【OK】ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押
    • p. 107/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 LED の点灯の入/切 [LEDイルミネーション] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ 接続端子の LED ランプと本体パネルの LED イルミネーションランプの入 / 切を選べます。 (P24、25、26) ▼ システム設定 ▼ LEDイルミネーション 切 LEDランプはいっさい点灯しません。 入 必要なときにLEDランプが点灯します。
    • p. 108/138
      10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 デジタルビデオの入力信号を設定する [デジタルビデオ] … デジタルビデオ デジタル映像の入力信号の規格を選択します。 ▼ システム設定 ▼ その他の設定 ▼ デジタルビデオ F フルレンジでデジタル信号を投写しま す。 L リミテッドレンジでデジタル信号を投 写します。 [OK]ボタンを押して確定し、【MENU】ボタンを押 します。 ◦…設定については、お使いのデジタル AV 機 器の説明書を併せてご参照ください。
    • p. 109/138
      メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 10 メニューによる機能設定 メニューによる機能設定 パスワードを登録する [パスワード登録] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ プロジェクターの電源を入れるためのパスワードを登録します。 ▼ システム設定 ▼ その他の設定 ▼ パスワード登録 【OK】ボタンを押すと、パスワード入力画面が表示 されます。 【∧】、【>】、【V】、【<】ボタンを使い、1〜4 の数 字の組み合わせで 4桁のパスワードを入力します。
    • p. 110/138
      110 メニューによる機能設定 セクション ランプカウンターをリセットする [ランプカウンター] … デジタルPC … アナログPC … デジタルビデオ … コンポーネント … ビデオ/Sビデオ ランプを交換した際に、ランプの交換時期を知らせるカウンターをリセットします。 ▼ システム設定 ▼ その他の設定 ▼ ランプカウンター ランプを交換したとき以外はリセットしないでください。ランプの交換時期を正しく知らせることができなくなり危険です。 ランプカウンターの表示例● 使用時間が1800時間 ● 使用時間が1800
    • p. 111/138
      日常のお手入れ
    • p. 112/138
      11 日常のお手入れ 日常のお手入れ 日常のお手入れ 日常のお手入れ プロジェクター本体を清掃する プロジェクターは、ホコリなどがたまらないようにこまめに清掃してください。レンズ表面が汚れると、投写する映像に影響が出る場合があります。 ◦…電源を切った直後は、本体が大変高温になっているため、十分冷えるのを待ってから(1 時間以上)清掃や片づけを行ってください。やけどやけがの原因になる場合があります。 ◦…清掃は、必ず電源プラグをコンセントから抜いてから行ってください。感電や火災の原 因になる場合があります。
    • p. 113/138
      日常のお手入れ 日常のお手入れ 11 日常のお手入れ 日常のお手入れ エアフィルターを清掃・交換する 本体の底面にある吸気口のエアフィルターは、内部のレンズやミラーをホコリや汚れから守っています。エアフィルターにホコリがたまると、空気の流れが悪くなり、内部の温度が上昇して故障の原因となります。 ◦…電源を切った直後は、本体が大変高温になっているため、十分に冷えるのを待ってから (1 時間以上)エアフィルターの清掃や交換を行ってください。やけどやけがの原因にな る場合があります。 ◦…エアフィルターの清掃や交換は、必ず電源プラグをコンセントから抜いてから行ってく
    • p. 114/138
      11 日常のお手入れ 日常のお手入れ 日常のお手入れ 日常のお手入れ ランプを交換する ランプの使用時間が一定の時間を超えると、プロジェクターの電源を入れるたびに、次の画面(2 種類)が 10 秒間表示されます。 ●使用時間が1800 〜 2000時間 ●使用時間が2000時間以上 ◦…「今後もこのメッセージを表示しますか? 」で[いいえ]を選ぶと、この画面は表示されなくなります。◦…ランプの使用時間はシステム設定メニューの[ランプカウンター]で確認してください。(P110) ◦ランプを交換するときは、本体の電源を切り、冷却ファンが停止してから電源プラグ
    • p. 115/138
      日常のお手入れ 日常のお手入れ 11 日常のお手入れ 日常のお手入れ ランプ交換手順 1 プロジェクターの電源を切り、電源プラグ を抜いて1時間以上放置します。 2 マイナスドライバーでねじをゆるめ、ラン プカバーを外します。 3 ねじ2本をゆるめ、ハンドルを起こしてラ ンプを取り外します。 4 新しいランプを奥までしっかり押し込み、 ねじ2本で固定します。※ 取り付け後、ハンドルは必ず倒してくだ さい。 5 ランプカバーを取り付け、ねじをしめます。 6 電源を入れます。 7 メニューを表示し、 [システム設定]ー[その
    • p. 116/138
    • p. 117/138
      困ったときには
    • p. 118/138
      11 困ったときには 困ったときには 困ったときには 困ったときには WARNINGランプの見かた プロジェクターに異常が発生すると、電源が切れた後本体パネル上の WARNING ランプが点滅し続けます。 ◦…プロジェクターの冷却が終了した後に、電源コードを抜いてから対処してください。 点滅の回数 内容 原因と対処 1 回 温度の異常 プロジェクター内部の温度が何らかの異常で高温になっているか、外気温度が規定以上になっています。プロジェクター側の異常の場合は、設置や操作が正しく行われているか確認し、電源プラグをコンセントから抜き、プロジェクターの内部をしばらく冷やしてから投写してください。吸気口または排気口がふさがれているときは、ふさいでいるものを取り除いてください。再度、同じワーニングが出る場合は、本体の故障が考えられます。キヤノンお客様相談センターにご連絡ください。
    • p. 119/138
      困ったときには 困ったときには 11 困ったときには 困ったときには 困ったときのアドバイス 電源が入らない 原 因 対処のしかた 電源コードが正しく接続されていない 電源コードがきちんと接続されていることを確認してください。(P37) 電源コードを接続した直後である 電源プラグを接続して【POWER】ボタンが赤く点灯するまでは、電源を入れることができません。(P37) 電源を切ったあと、すぐに入れようとしている 電源を切った後は、すぐには電源を入れることができません。しばらく経ってから、再度【POWER】ボタンを押してください。(P57)
    • p. 120/138
      10 困ったときには 困ったときには 困ったときには 困ったときには 音声が出ない 原 因 対処のしかた 音声ケーブルが正しく接続されていない 音声ケーブルの接続を確認してください。(P36) 【MUTE】になっている リモコンの【MUTE】ボタンを押してください。(P73) 音量が最小に調整されている リモコンの【VOL】ボタンまたは本体パネルの【VOL+】ボタンを押して音量を調整してください。(P73) 抵抗内蔵の音声ケーブルが使用されている 音声ケーブルは、抵抗なしのものをご使用ください。 映像が鮮明でない
    • p. 121/138
      困ったときには 困ったときには 11 困ったときには 困ったときには ノートパソコン側の外部モニターへの出力が正しく設定されていない ノートパソコンの外部モニターへの出力をオンに設定してください。外部モニターへの出力をオンにするには、パソコンのキーボードの [Fn] を押しながら、[LCD] や [VGA]または画面のアイコンが表記されたファンクションキーを押します。(P42)なお、キー操作はノートパソコンの種類によって異なります。詳しくは、ご使用のノートパソコンの使用説明書などでご確認ください。 ノートパソコンの画面と同じ画像が表示されない
    • p. 122/138
      1 困ったときには セクション リモコンの操作ができない 原 因 対処のしかた 電池が正しく入っていない / 電池が切れている 電池が正しく入っているか確認してください。電池が入っている場合は、電池を交換してお試しください。(P27) リモコンの届かない位置から操作している プロジェクターのリモコン受光範囲内で操作しているか確認してください。また、プロジェクターのリモコン受光部とリモコンの間に障害物がないことを確認してください。(P27) リモコンの使用環境が適正でない プロジェクターのリモコン受光部に直射日光や照明器具の強い光が当たっていないか確認してください。(P27)
    • p. 123/138
      付録 付録 目次 対応信号形式.......................................P124画面サイズと投写距離の関係…...........P125用語集…..................................................P126製品の仕様…..........................................P130索引…......................................................P132保証とアフターサービス…...................P134メニューの構成…...................................P136
    • p. 124/138
      1 付録 付録 付録 付録 対応信号形式 本プロジェクターには、次の信号形式が用意されています。コンピューターまたは AV 機器が下の表のいずれかに対応していれば、オート PC 機能などにより入力信号が自動的に判断され、正しい画像を投写することができます。 付録 アナログPC 解像度(ドット) 信号形式 水平周波数(KHz) 垂直周波数(Hz) 640 × 480 VGA 31.469 59.94… 31.469 70.09… 37.50… 75.00… 37.861 72.81… 37.861 74.38…
    • p. 125/138
      付録 付録 1 付録 付録 画面サイズと投写距離の関係 4:3のときの画面サイズ 型-幅×高さ(cm) 投写距離(m) ズーム最大 投写距離(m) ズーム最小 H1(cm) H2(cm) 16:9のときの画面サイズ 幅×高さ(cm) 40 型 81 Ч 61 1.2 2.0 55 6 81 Ч 46 50 型 102 Ч 76 1.5 2.5 69 8 102 Ч 57 60 型 122 Ч 91 1.8 2.9 82 9 122 Ч 69 70 型 142 Ч 107 2.1 3.4 96 11
    • p. 126/138
      1 付録 付録 付録 付録 用語集 6軸色調整 (P99) 本格派ユーザー向けの高度な色調整機能です。投写映像をR(赤) / G(緑) / B(青)およびC(シアン)/M(マゼンタ)/Y(黄)の6軸における色合いと色の濃さで、きめ細かく調整できます。6軸色調整はイメージ調整メニューで行います。 AdobeRGB (P52、95) アドビシステムズ社提唱の色空間の規格で、高性能なデジタルカメラやディスプレイ等で採用されています。sRGBよりも広い色空間が設定されているため、より忠実な色再現が可能になります。本プロジェクターでは、イメージモードで「Adobe…RGB」を選ぶことにより、AdobeRGB規格に対応した映像を最適な画質で投写することができます。なお、AdobeRGB規格に対応した映像を[sRGB]モードで投写する場合、またはsRGB規格に対応した映像を[AdobeRGB]モードで投写する場合は、元の映像の色と投写映像の色が異なってしまうため注意が必要です。
    • p. 127/138
      付録 付録 1 付録 付録 を選んで投写します。 アスペクト (P54、68、84) 画面の横方向(長辺)の長さと縦方向(短辺)の長さの比率がアスペクト(比)です。 [長辺:短辺] で表されます。一般的には次のアスペクトがよく使用されます。 [4:3]… 従来型のテレビをはじめ、パソコンでもVGA(640×480)やXGA(1024× 768) など標準的な画像解像度で幅広く使用されているアスペクトです。本機のアスペクト比も[4:3] です。 [5:4]… パ ソ コ ン でSXGA(1280×1024)などの画像解像度を選択すると、縦方向が多少長くなりアスペクトが
    • p. 128/138
      1 付録 付録 付録 付録 オフセット (P98) 映像信号に含まれる黒から白までの輝度信号の画面上での再現幅全体を、高輝度側か低輝度側へ調整するパラメータです。主に暗い部分の諧調の再現性が変化します。本機では RGB 各色ごとにオフセットを調整することが出来ますので、色味を調整することもできます。通常はゲインとともに調整します。 解像度 (P41、84) コンピューターのディスプレイ上に表示できるドット数(横方向×縦方向)をディスプレイの解像度といいます。この解像度は、表示領域の広さ(情報量の多さ)を表しています。
    • p. 129/138
      付録 付録 1 付録 付録 コンポーネント (P25、60、86) 輝度信号 (Y)、色信号 (C) を B-Y 色差信号と R-Y色差信号に分けて送信する信号方式で、コンポジットより高画質の投写ができます。AV 機器のコンポーネント映像端子と本プロジェクターの ANALOG…IN-2 入力端子をコンポーネントケーブルで接続し、[コンポーネント]を選んで投写します。 コンポジット (P25、62) 輝度信号(Y)と色信号(C)を映像信号にまとめて送信するビデオ信号の方式です。AV 機器のコンポジット出力端子(RCA)と本プロジェクターのビデオ入力端子をビデオケーブルで接続し、[ビデオ]を選んで投写します。
    • p. 130/138
      10 付録 付録 付録 付録 製品の仕様 プロジェクター本体 型名 SX7 MarkII 表示方式 3 原色液晶方式 光学方式 ダイクロイックミラー、偏光ビームスプリッターによる色分離・プリズムによる色合成方式 表示素子 形式 反射型液晶パネル サイズ/アスペクト比 0.7 型× 3 / 4:3 駆動方式 アクティブマトリックス方式 画素数/総画素数 1,470,000(1400 Ч 1050)Ч 3 枚/ 4,410,000 投 写 レ ン ズ ズーム比/焦点距離/F値 1.7 倍/f= 21.7
    • p. 131/138
      付録 付録 11 付録 付録 外観図 入力端子-2(ANALOG IN-2) (アナログPC-2入力/コンポーネント入力端子) コンピューターのアナログ PC 入力、コンポーネント入力端子として動作します。接続には、D-sub用コンピューター接続ケーブルをご使用ください。 ミニD-sub15ピン 1 R 9 + 5V パワー 2 G 10 接地(垂直同期) 3 B 11 モニター ID0 4 モニター ID2 12 DDC データ 5 接地(水平同期) 13 水平同期 6 接地(R) 14 垂直同期
    • p. 132/138
      1 索引 索引 索引 索引 索引 英数字 6 軸色調整…………………………… 99、126AdobeRGB…………………… 52、95、126ANALOG…IN-1/DIGITAL…IN… 25、34、61ANALOG…IN-2… ………………25、34、60AUTO…PC…………………………………… 51AUTO…SET…………………………… 43、65DVI……………………………… 35、61、126D.ZOOM… ………………………………… 75FOCUS……………………………………… 48FREEZE…
    • p. 133/138
      索引 索引 1 索引 索引 スクリーンアスペクト設定… …………… 94スクリーン色補正… ……………………… 92スポットライト… ………………………… 77接続端子… ………………………………… 24接続端子(AV 機器との接続)……………… 60接続端子(コンピューターとの接続)… … 34総ドット数… ……………………………… 87 た 台形ひずみ調整… ………………………… 49ダイナミックガンマ… …………………… 98ダイレクトパワーオン… ……………… 104チャンネル設定… ………………………
    • p. 134/138
      1 保証とアフターサービス ■この商品には保証書がついています 保証書は、本プロジェクターに付属しています。お買い上げ日、販売店名などが記入されていることをお確かめの上、内容をお読みいただき、大切に保管してください。なお、保証内容については保証書に記載しております。 ■修理サービスのご相談 修理サービスのご相談は、裏表紙のキヤノンお客様相談センターにご相談ください。 (ランプはキヤノンホームページからもご購入い ただけます。) ■修理を依頼される前に 118 ~ 122 ページの「困ったときには」にそって故障かどうかお確かめください。それでも直らない場合は、ただちに電源プラグをコンセントから抜き、修理をご依頼ください。
    • p. 135/138
      1
    • p. 136/138
      1 メニューの構成
    • p. 137/138
      1
    • p. 138/138
      YT1-5336-0080711N0.5
 

© 2012–2018, manyuaru.com
All rights reserved.