取扱説明書とユーザーガイド - XA20 Canon

XA20 Canon の取扱説明書やユーザーガイドが2以上あります。

  • Canon XA20 [ver. 1] (ページ: 276)

    目次
    • p. 1/276
      PUB. DIJ-0407-000 HD Video Camera © CANON INC. 2013 PUB. DIJ-0407-000 108-8011 2-16-6 2013 4 PRINTED IN JAPAN 0000Ni0.0 050-555-90004 9:00 12:00 13:00 17:00 043-211-9790 http://canon.jp/prodv http://canon.jp/support PUB .DIJ-0407-000
    • p. 2/276
      本機 の 特長 高画質 HD 記録システム 291 1/2.84 HD CMOS PRO DIGIC DV 4 有効画素数約 291 万画素( 2136 × 1362 )の 1/2.84 型単板式 CMOS イメージセンサーと映像エンジン 「 DIGIC DV 4 」を搭載。防振機能や低照度での画 質に優れ、さまざまな撮影ニーズに応えます。 高画質ワイドズームレンズ 新開発のコンパクト光学 20 倍ズームレンズを搭 載。 35mm 換算でワイド 26.8 ㎜ * からと多様な撮 影シーンに応えます。 *
    • p. 3/276
      AVCHD と MP4 の動画形式に対応。 2 つのカードス ロットを搭載し、片方の SD カードの残量がなく なったら自動的に他方の SD カードへ記録したり (リレー記録)、同じ映像を同時に記録したり(同 時記録)することができます * 。 * 同時記録は、同じ形式または異なる形式でカードに記録することができます。 EL 静電容量方式タッチパネルの有機 EL パネルを採 用。クリアな画面表示と軽快な操作感覚を実現しています。また、ビューファインダーは、上方約 45 °までの角度調整ができますので、ローア
    • p. 4/276
      Contents 本機の特長 ....................................................2 本書の読みかた .............................................8 はじめに 商品を確認する ...........................................10 各部の名称 ..................................................12 本体の名称 ..............................................12
    • p. 5/276
      「安全上のご注意」と「取り扱い上のご注意」を必ずお読みください( 237 ~ 244 ページ)。 グリップズーム/ハンドルズーム/リモコンのズームで操作する ............................69 ズームの操作を滑らかにする(ソフトズームコントロール) ......................................74 画面のズームボタンで操作する ..............75 画面中央を拡大して撮る(デジタルテレコン) ..76 手ブレをおさえて撮る ................................77
    • p. 6/276
      機能を変更する .....................................130 メニューデータの保存と読み出し ...........131 メニューデータをカードに保存する ....131 メニューデータをカードから読み込む ...132 再生/編集 シーンを再生する .....................................134 再生する ................................................134 映像を写真として切りとる(あとからフォト)
    • p. 7/276
      Android / iOS のスマートフォンなどの Web ブ ラウザーで見る .........................................183 iOS 機器からアップロードする .................185 パソコンなどで見る ..................................187 パソコンなどに転送する ...........................189 アクセスポイントに Wi-Fi 接続する ............192 必要なものを確認する
    • p. 8/276
      本書 の 読みかた A 参照ページを示す = 参考になるページなどを示す 画面 ファインダーの画面、また は 有 機 EL パネル の 画 面 のこと カード SD/SDHC/SDXC メモリーカー ドのこと カメラモード 動画撮影モードのこと メディアモード 再生モードのこと Data Import Utility 付属のソフトウェア「 Data Import Utility 」のこと ● 表紙写真、本書で使用している画面やイラストは XA25 です。また、作例写真はスチル カメラで撮影したものです。
    • p. 9/276
      1 はじめに 商品を確認する ................................ 10 各部の名称 ....................................... 12
    • p. 10/276
      商品 を 確認 する XA20 / XA25 には、次のものが付属しています。ご使用になる前に足りないものはないか確認してください。 ビデオカメラ本体 ハンドルユニット HDU-1 Data Import Utility (動画の取り込み用) * 1 リモコン(ワイヤレスコン トローラー) WL-D89 コイン型リチウム電池 CR2025 (リモコン用) コンパクトパワーアダプター ( AC アダプター) CA-570 バッテリーパック BP-820 ハイスピード HDMI ケーブル HTC-100/S
    • p. 11/276
      映像を撮るときは、必ず事前にためし撮りをし、正常に録画・録音されていることを確認してください。万一、ビデオカメラが正常に動作しないときは、 「トラブルシューティング」 (A 224 ) をご確認ください。 ビデオカメラや SD カードなどの不具合により、記録や再生ができなかった場合であっても、記 録内容の補償はご容赦ください。 録画・録音したビデオは、個人として楽しむなどのほかは、著作権法上、権利者に無断で使用できません。なお、実演や興行、展示物などの中には、個人として楽しむなどの目的であっても、撮影を制限している場合がありますのでご注意ください。
    • p. 12/276
      各部 の 名称 各部の機能と使いかたについては、 Aに記載されているページをご覧ください。 █ 本体の名称 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 カードスロット 2 / 3 A 37 2 u (レックレビュー)/アサイン 5 ボタン A 51 3 DISP. (ディスプレイ) A 121 / BATT. INFO (バッテリー情報)ボタン A 23 4 INFRARED (赤外撮影)切り換えスイッチ A 122 5 CUSTOM (カスタム)ボタン A 126 6 CUSTOM (カスタム)ダイヤル
    • p. 13/276
      10 1415 11 12 13 16 17 18 19 10 1415 11 12 16 17 18 19 10 MIC (マイク)端子 A 96 、 123 11 HDMI OUT 端子 A 144 12 REMOTE (リモート)端子 ● 市販のリモコンなどを接続する 13 HD/SD-SDI 端子 A 144 14 × (ヘッドホン)端子 A 115 15 USB 端子 A A 124 、 158 16 グリップベルト A 27 17 内蔵スピーカー A 137 18 AV OUT A 144
    • p. 14/276
      20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 20 ハイスピード AF 用外部センサー A 64 21 有機 EL パネル(タッチパネル) A 27 、 33 22 フォーカス/ズームリング切り換えスイッチ A 60 、 68 23 ビューファインダー A 26 24 視度調整レバー A 26 25 ジョイスティック A 34 26 ストラップ取り付け部 A 28 27 FUNC. (ファンクション)ボタン A 34 28 START/STOP (スタート/ストップ)ボタン
    • p. 15/276
      36 37 38 39 40 41 41 42 43 36 内蔵マイク A 106 37 コールドシュー/ハンドルユニット * 固定ネジ差し込み部 A 24 ハンドルユニット HDU-1 を取り付けるときに使用します。 XA20 では別売。 38 カメラモード切り換えスイッチ A 32 、 45 39 グリップズーム A 69 40 ACCESS (アクセス)ランプ A 37 41 ハンドルユニット取り付けネジ差し込み部 * A 24 ハンドルユニット HDU-1 を取り付けるときに使用します。ご購入時は、カバーが付いています。
    • p. 16/276
      44 45 46 44 三脚ねじ穴 A 30 45 BATTERY RELEASE (バッテリー取り外し)スイッチ A 22 46 アイカップ A 26 16
    • p. 17/276
      █ ハンドルユニット HDU-1 の名称 1 2 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 3 4 5 1 外部マイク固定ネジ A 98 2 コールドシュー ● バッテリービデオライト(別売)などを取り付けます。 3 ハンドルズーム A 72 4 ロックレバー A 50 5 START/STOP (スタート/ストップ)ボタン A 46 6 INPUT 端子感度切り換えスイッチ( INPUT 1/INPUT 2 ) A 111 7 INPUT 端子入力切り換えスイッチ A 99 、 111
    • p. 18/276
      █ リモコン WL-D89 の名称 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1 PHOTO (フォト)ボタン A 46 2 ZOOM (ズーム)ボタン A 68 3 Н / О / П / Р ボタン 4 Ò(再生/一時停止)ボタン A 136 5 Ñ(停止)ボタン A 136 6 SET (設定)ボタン 7 DISP. (ディスプレイ)ボタン A 121 8 G ( インデックス選択)ボタン A 135 9 MENU (メニュー)ボタン A 38 10 START/STOP (スタート/ストップ)ボタン
    • p. 19/276
      2 準 備 バッテリーを充電する ..................... 20 カメラを準備する ............................ 24 カメラを操作する ............................ 31 日付/時刻を合わせる ..................... 35 カードを準備する ............................ 36 カードを初期化する ........................ 40 メニューの設定を変える .................
    • p. 20/276
      バッテリー を 充電 する 本機はバッテリーパックを取り付けるか、コンパクトパワーアダプター( AC アダプター)をつないで使用 できます。はじめてお使いになるときは、バッテリーパックを充電してから使います。 █ フェライトコアを取り付ける コンパクトパワーアダプター( AC アダプター)を使用するまえに、フェライトコアを取り付けてください。 フェライトコアを取り付けることで、発生するノイズを低減できます。 1 コンパクトパワーアダプタのプラグの端(ビデオカメラに接続しているプラグ)から約 6cm の位置で、フェライトコアを取り付ける。
    • p. 21/276
      3 電源 OFF で充電開始 赤く点灯点滅しているときは、「トラブルシューティング」の「表示やランプ」 (A 226 )をご覧ください。     4 点灯→消灯で充電おわり 21 バッテリーを充電する
    • p. 22/276
      バッテリーを取り外すとき バッテリー取り外しスイッチを矢印の方向に押して取り外す。 電源プラグを抜き差しするときは、まず電源を切って、電源ランプが消えていることを確認してください。撮影したデータが破損する恐れがあります。 ● 10 ºC ~ 30 ºC の場所で充電することをおすすめします。バッテリーや周囲の温度が約 0 ºC ~ 40 ºC (使用温度)の範囲外のときは、充電できません。 ● 充電するときは電源を切ってください。電源が入っているときは充電できません。 ● 充電中にコンセントまたは DC
    • p. 23/276
      バッテリーの残量を確認するには 電源 OFF のときに BATT.INFO ボタンを押すと、バッテリーの残量と撮影可能時間が 5 秒間表示されます。た だしバッテリーが消耗していると表示されないことがあります。 バッテリー残量の目安 撮影可能時間 23 バッテリーを充電する
    • p. 24/276
      カメラ を 準備 する ここではハンドルユニット HDU-1 、レンズフードの取り付け、ビューファインダーや有機 EL パネルの調整、 グリップベルトやストラップの調整など、はじめに行うカメラの準備について説明します。取り付ける際は、落下したりしないように、机などの安定した所で取り付けてください。 █ ハンドルユニットを取り付ける INPUT 端子(A 96 )、赤外ライト(A 122 )、タリーランプ(A 214 )を使用するときは、ハンドルユニットを取り 付けてください。  1 付属のネジでマイクホルダーをハンドルに取り付ける(①)
    • p. 25/276
      █ レンズフードとレンズキャップについて 撮影時はレンズフードを取り付けてください。ゴーストやフレアなどの低減に効果的です。また、レンズフードのバリアを閉じることで、レンズに指紋などの汚れがつきにくくなります。レンズキャップはビデオカメラの保管や持ち運びの際にご使用ください。レンズキャップが付いていると、フードを取り付けることができません。レンズキャップを外してから、レンズフードを取り付けてください。 1 レンズキャップを外す。 2 レンズ先端部にフードをはめ込み目印が真下に来るように取り付け(a)、時計方向にカチッと音がして止まるまで回す(b)
    • p. 26/276
      █ ビューファインダーの視度を調整する ビューファインダーの映像がはっきり見えるように、視力に合わせて視度を調整します。電源を入れ (A 45 )、視度調整レバーを左右に動かして調整してください。また、ビューファインダーは、角度を調 整できます。 a ビューファインダーを引き出す b はっきり見えるように視度調整レバーを動かす 必ずアイカップを装着した状態でご使用ください。 眼鏡装着時、アイカップのベロ部が邪魔になる場合は`部を押して、折り返してご使用ください。 ● 画面やビューファインダーの明るさを調整しても、記録される映像の明るさには影響しません。
    • p. 27/276
      █ 有機 EL パネルを使う 有機 EL パネルを開く    1 有機 EL パネルを手前に引き出し、見やすい位 置まで回転させる 有機 EL パネルを回転させた際、画面に一瞬ノイズが出ることがありますが、故障ではありません。 █ グリップベルトを調節する 親指がスタート/ストップボタンに、人さし指がグリップズームに、ちょうど合うようにベルトの長さを調節します。 27 カメラを準備する
    • p. 28/276
      █ リストストラップ(別売)を取り付ける █ ショルダーストラップ(別売)を取り付ける 28
    • p. 29/276
      █ リモコンを使う 電池を入れる     1 ツマミを押して(a) 引き抜く(b) 2 +側を上にして付属の電池を入れる(c) 3 リモコンに取り付ける(d) リモコンを使って操作する リモコン受光部 リモコン受光部に向けて、リモコンのボタンを押す。 ● リモコンのボタンを押しても動作しない、本体に近づかないと動作しないなどのときは、電池を交換してください。 ● リモコン受光部に直射日光や照明などの強い光が当たっていると、正常に動作しないことがあります。 29 カメラを準備する
    • p. 30/276
      █ 本体を三脚に取り付ける 取り付けネジの長さが 6.5mm 以下の三脚を取り付けることができます。 三脚ねじ穴 カメラを準備する 30
    • p. 31/276
      カメラ を 操作 する ここでは基本的なカメラの操作について説明します。 █ 電源を入れる/切る 本機には、撮影用のカメラモードと再生用のメディアモードとがあり、電源を入れるときに選択します。 POWER (電源)スイッチを「 CAMERA 」にして電源を入れるとカメラモードに、「 MEDIA 」にして電源を入れ るとメディアモードになります。 POWER (電源)スイッチを CAMERA にする POWER (電源)スイッチを MEDIA にする POWER (電源)スイッチを OFF にする 31
    • p. 32/276
      █ カメラモードを切り換える カメラモード切り換えスイッチで撮影時のモードを切り換えます。 N ビデオカメラまかせで、撮りたい状況に合わせた動画を撮影できます(A 45 )。 n ピント(フォーカス)や露出など、調整したい機能を自分で設定して撮影できます (A 49 )。 E 映像の色合いや雰囲気を変えて、映画のワンシーンのように撮影できます(A 58 )。 32
    • p. 33/276
      █ タッチパネルで操作する 有機 EL パネル(タッチパネル)を直接タッチして直観的に操作できます。 タッチ ● シーン(動画)の再生、項目の選択などに使います。 ドラッグ ● 指の動きに合わせて画面の表示が変わります。画面スクロールやメニュー操作などに使います。 ● 画面によっては、表示される三角マークのボタンをタッチして動かすこともできます。 タッチパネルは静電容量方式です。次の場合はタッチパネルが正常に動作しないことがあります。 ■ 爪先やボールペンなどとがったもので操作をしたとき。 ■ ぬれた手や手袋をしたままで操作したとき。
    • p. 34/276
      █ FUNC. (ファンクション)ボタン/ジョイスティックで操作する タッチパネルを使わず、 FUNC. (ファンクション)ボタンとジョイスティックを使って、本機を操作できます。 ジョイスティック上下左右に押すと、画面上のカーソルが上下左右に移動して、項目を選択できます。選択した内容を決定するときは SET を押します。 FUNC. (ファンクション)ボタン 「 FUNC. メニュー」を開始するとき に押して「 FUNC. メニュー」を表示 し、設定が終わったら再度押して 「 FUNC. メニュー」を消します。
    • p. 35/276
      日付/時刻 を合わせる はじめてお使いになるときは、日付、時刻を設定する画面が表示されます。時刻は、お住まいの地域と旅先の地域の 2 か所を設定できます。海外旅行先の日時を指定しておくと、現地時間で記録できます (A 247 )。 F 1 FUNC. Fをタッチまたは FUNC. ボタン(A 14 )を押す。 ● メニュー操作モードになり、画面に FUNC. メニューが表示される。 M q 2 / タッチパネルで操作するとき a M(メニュー)→qをタッチする。 b 上下にドラッグして「日付 / 時刻」をタッチする。
    • p. 36/276
      カード を準備する 本機では、動画や静止画を SD カードに記録します(下表)。 SD スピードクラス 4 、 6 、 10 のカードの使用を おすすめします。 * 1 █ 使用可能な SD カード( 2013 年 4 月現在) . SD メモリーカード、/ SDHC メモリーカード、 0 SDXC メモリーカード * 2 SD スピードクラス 、 、 、 128 MB 以上 * 3 * 1 「録画モード」 (A 52 )を「 28 Mbps 」または「 35Mbps 」に設定しているときは、 SD スピードクラス
    • p. 37/276
      █ カードを入れる はじめて使用するときは、初期化してからお使いください (A 40 )。    1 電源を OFF にする(a) 2 カードカバーを開ける(b) 3 カードのラベル面をレンズ側に向けて、カチッと音がするまで奥までしっかり入れる(c) ● カードスロット2と3いずれかに一枚ずつ入れることもできる。 カードを出すとき カードの端を押して、カードが出てきたら抜く。 4 カードカバーを閉じる ● カードが正しく入っていない状態で、カバーを無理に閉めない。 ● アクセスランプが赤色に点灯中は、次のことを必ず守ってください。データを破損する恐れがあります。
    • p. 38/276
      メニュー の 設定 を変える 本機のさまざまな機能をご購入時の状態からメニューで変更できます。ここではタッチパネルやジョイスティックを使って行うメニュー設定の基本操作について説明しますので、本書の各項目で説明されているメニュー設定を操作するときの参考にしてください。次ページ以降、本書では主にタッチパネルでの操作を説明しています。メニューの種類については「メニューの紹介」 (A 205 )をご覧ください。 例 「おしらせ音」を設定する F 1 FUNC. Fをタッチ、または FUNC. ボタン(A 14
    • p. 39/276
      ч ш 4 「ч 大」または「ø 小」を選ぶと、本機の操 作に応じて音が鳴る。 タッチパネルで操作するとき 「÷ 大」または「ø 小」をタッチする。 ジョイスティックで操作するとき ジョイスティックを上下に押して、「÷ 大」または「ø 小」を選んで SET を押す。 X 5 タッチパネルで操作するとき Xをタッチする。 ジョイスティックで操作するとき ジョイスティックを上下左右に押して、Xを選んで SET を押す。 ● リモコンの MENU ボタンを押してもメニューを表示できます。 ● Xをタッチしたり、
    • p. 40/276
      カードを 初期化 する カードをはじめて使用するときや、カードに記録した動画 / 静止画などすべての情報を消すときに初期 化します。初期化には「初期化」と「完全初期化」があり、データを完全に抹消する必要があるときは「完全初期化」を選びます。 1 AC ● 初期化中は取り外さない。 F 2 メディアモードのときは、この操作は不要。 M 3 a M(メニュー)→ →「初期化 」をタッチする。 b 「6 カード A 」または「7 カード B 」をタッチする。 4 a 「初期化する」をタッチする。 データを完全に消去するとき
    • p. 41/276
      動画形式 を 選 ぶ 本機では AVCHD 形式、 MP4 形式の 2 つの動画形式で動画を記録できます。 MP4 形式の場合、以下を行うことができます。 ・ iPhone などスマートフォンでの再生 ・ YouTube や Facebook へのアップロード F 1 M 2 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 「動画形式」をタッチする。 c 「· AVCHD 」または「¸ MP4 」を選ぶ。 d Kをタッチする。 X 3 ● 選択した動画形式のアイコンが画面に表示される。 41
    • p. 42/276
      記録先 を 選 ぶ 動画や静止画の記録先を選びます。 F 1 M 2 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 「記録先」をタッチする。 c 「v動画記録先」と「{静止画記録先」をそれ ぞれ「6 カード A 」または「7 カード B 」を選 んでタッチする。 d Kをタッチする。 X 3 ● 「動画記録先」で選択した記録先のアイコンが画面に表示される。 42
    • p. 43/276
      3 動画や静止画を撮影する ................. 44 画質を選ぶ ....................................... 52 記録方法を選ぶ ................................ 55 映像のなめらかさを選ぶ ................. 56 スロー&ファースト モーション記録を行う ..................... 57 映画のように撮る ............................ 58 ピントを合わせる
    • p. 44/276
      動画 や 静止画 を 撮影 する ここでは基本的な撮影について説明します。音声の記録については、 96 ページをご覧ください。 █ 準備する   1 充電したバッテリーパックを取り付ける(a) 2 SD カードを入れる(b) ● 「同時記録」 「リレー記録」 (A 55 )を行うときは、 カードを 2 枚入れる。   3 レンズバリア開閉スイッチを下げて、レンズバリアを開ける(c) 4 ビ ュ ー フ ァ インダ ー を 使 用 す る と き は、ビューファインダーを引き出して、視度や角度を調整する(d)
    • p. 45/276
      █ 撮影する N (オートモード) このモードでは、ビデオカメラにすべておまかせで気軽に撮影できます。 1 N ● モードスイッチを「 AUTO 」側にする(A 32 )。 2 POWER CAMERA ● 電源ランプが緑色に点灯。 45 動画や静止画を撮影する
    • p. 46/276
      3 START/STOP ● 撮影が始まる。ハンドルユニット HDU-1 を装着し ているときは、タリーランプが点灯し、画面に●が表示される。 ● ハンドルの START/STOP ボタンを押しても撮影開 始できる。 ● リモコンの場合、リモコンの START/STOP ボタンを 押す(A 18 )。 静止画を撮るとき PHOTO ボタンをタッチする ● 画面右上に{æと記録先のアイコンが表示される。記録先は、メニューの「記録先」の「静止画」で選んだカードとなる。 ● リモコンの場合、リモコンの PHOTO
    • p. 47/276
      こだわりオートの自動設定機能 ビデオカメラはシーンに応じて、ピント合わせや被写体の明るさ、色合い、手ブレ補正、画質が最適になるように自動的に調整します。判別した被写体やシーンに応じて、画面に次のようなマークが出ます。 背景 被写体 明るい (灰色) 青空 (水色) 鮮やかな色 (緑 / 黄 / 赤色) 夕景 (オレンジ色) 静止した人物 ( ) ( ) ( ) ― 動いている人物 ( ) ( ) ( ) ― 風景など、人物以外の被写体 ( ) ( ) ( ) 近くの被写体 / * ( / * ) / *
    • p. 48/276
      マルチシーン IS のマークについて N(オート)モードのときは、撮影状況によって自動的に設定された手ブレ補正に合わせて、マークの表示が変わります。n(マニュアル)モードの手ブレ補正については「手ブレをおさえて撮る」 (A 77 )をご 覧ください。 表示されるマーク 撮影状況 Ä (ダイナミック) ズームの広角側で撮影しているときズームの望遠側で、カメラを左右に動かして被写体を追いかけて撮影しているとき È (パワード IS ) * ズームの望遠側で、静止して撮影しているとき Â (マクロ IS )
    • p. 49/276
      n(マニュアル)モード このモードではピント(フォーカス)や露出など、自分で設定して撮影できます。 1 n ● モードスイッチを「n」側にする。 2 POWER CAMERA ● 電源ランプが緑色に点灯。 3 ● 操作のしかたは N (オート)モードと同じ(A 46 )。 ● ACCESS ランプが点滅している間は、次のことを必ず守ってください。データを破損する恐れ があります。 ■ カードカバーを開けない。 ■ 電源を切らない。バッテリーなどの電源を取り外さない。 ■ カメラモードスイッチを切り換えない。
    • p. 50/276
      ● ハンドルユニットの START/STOP ボタンには、誤操作防止用のロックレバーがあります。使用し ないときや撮影状態を保持したいときは、ロックレバーをC側にしてください。レバーを元の位置に戻すとロックは解除されます。 ● M (メニュー)→qの「記録コマンド」を「入」にして本機と HD/SD-SDI ( )または、 HDMI 記録コマンド対応機器を HD/SD-SDI 端子 ( )や HDMI OUT 端子でつなぐと、本機の 撮影/撮影一時停止操作( START/STOP ボタンの操作)と連動して、他機の記録/記録一時停止
    • p. 51/276
      █ いま撮ったシーンを確認する(レックレビュー) 直前に撮ったシーンを再生して、録画状態をチェックすることができます。このとき、音声は再生されません。初期設定ではアサインボタン 5 (A 12 )に割り当てられていますので、アサインボタン 5 を押し て操作します。 撮影が終了したあと、u(レックレビュー)ボタンを押す。 ● 直前に撮ったシーンの最後の 4 秒間が再 生される。 51 動画や静止画を撮影する
    • p. 52/276
      画質 を 選 ぶ 録画モード AVCHD と MP4 それぞれで録画モードを設定できます。 AVCHD で「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」または「 24 Mbps LPCM 」で撮影すると、音声はリニア PCM ( 16 ビット、 48kHz )の 2 チャンネル記録が可能です。また、 録画モード(A 52 )の「 3Mbps 」は、速報用データとして活用。 FTP ファイル転送機能を使い撮影後すぐに ファイルを転送して編集可能です。 · 28 Mbps LPCM (59.94P) 1920
    • p. 53/276
      録画時間の目安 AVCHD 8GB 16GB 32GB 64GB 128GB 28 Mbps LPCM (59.94P)28 Mbps (59.94P) 35 分 1 時間 15 分 2 時間 30 分 5 時間 05 分 10 時間 10 分 24 Mbps LPCM24 Mbps 40 分 1 時間 25 分 2 時間 55 分 5 時間 55 分 11 時間 55 分 17 Mbps 1 時間 2 時間 05 分 4 時間 10 分 8 時間 20 分 16 時間 45 分 5 Mbps 3 時間
    • p. 54/276
      ● お使いのスマートフォンや機器によっては再生できない場合があります(A 183 )。 ● 28 Mbps モード( AVCHD )の動画を使って、 AVCHD 規格の DVD を作成することはできません。 AVCHD Ver.2.0 に準拠した BD (ブルーレイディスク)レコーダーへのダビングはできます。 ● 以下の MP4 形式のシーンは、他の機器では複数のファイルとして認識されます。 ■ データ容量が 4GB を超えるもの。 ■ 録画モードが 35Mbps で 30 分以上のもの、または 35Mbps
    • p. 55/276
      記録方法 を 選 ぶ 同時記録/リレー記録 「同時記録」では、記録先に指定していないカードに、同時に映像を記録します。同じ動画形式や、異 なる動画形式、または、異なる画像サイズで記録し、映像をバックアップできます。「リレー記録」では記録先に指定したカードがいっぱいになったら、自動でもう一方のカードに切り換えて撮影を継続できます。記録先に設定したカードのみ記録するときは「通常記録」を選びます。 F 1 M 2 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 「同時記録 / リレー記録」をタッチする。 c いずれかをタッチする。
    • p. 56/276
      映像の なめらかさ を 選ぶ フレームレート 1 秒間に記録されるコマの数(フレームレート)を設定できます。フレームレートによって、記録され る動画のなめらかさが変わります。 AVCHD 形式では、通常は 59.94i を選びます。録画モードが 28 Mbps LPCM ( 59.94P ) / 28 Mbps ( 59.94P ) ( AVCHD )、 35 Mbps ( 59.94P ) ( MP4 )のときには、フレームレー トが同時に設定されますので、「フレームレート」設定画面では設定できません。
    • p. 57/276
      スロー&ファーストモーション記録 を行う Slow & Fast モーション記録 「記録形式」を「 MP4 」に設定しているとき、再生時と異なるフレームレートを設定して撮影できます。 再生時よりも高いフレームレートで撮影して、再生するとスローモーション効果になります。再生時よりも低いフレームレートで撮影して、再生するとファーストモーション効果になります。なお、記録中、音声は記録されません。 █ 撮影フレームレートを設定する F 1 M 2 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 上下にドラッグして、「
    • p. 58/276
      映画 のように 撮 る シネマモード/シネマルックフィルター お好みのシネマルックフィルターを選んで撮影すると、映像の色合いや雰囲気を変えて、映画のワンシーンのように撮影できます。 MP4 形式の動画に変換するときにシネマルックフィルターを使うことも できます(A 164 )。 1 CINEMA R 2 3 上下にドラッグして、いずれかのフィルターを選ぶ。 ● 画面の表示が、選んだフィルターの色合いに変わる。 w 4 シネマスタンダードの場合 a w をタッチする。 b 「 ON 」をタッチする。 c
    • p. 59/276
      ● カメラモードを「シネマ」にしているときは以下のことができません。 ■ 静止画の記録 ■ 同時記録 ■ 「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」、「 28 Mbps (59.94P) 」、「 35Mbps 」 (録画モード)での記録。 シネマルックフィルターの一覧 1 映画のような基本画質。 3 まるで夢の中にいるかのような柔らかな幻想世界。 5 渋い発色と引き締まる画で、昔の映画のように。 7 画面に揺れや傷、明滅をつけて映画館のように。 9 黒と白の階調を際立たせ、力強い臨場感に。 2
    • p. 60/276
      ピント を 合 わせる フォーカス 本機の、マニュアルフォーカスではフォーカスプリセットができます。オートフォーカスでは、フェイスオンリー AF ができます。 █ MF (マニュアルフォーカス)で調整する フォーカス/ズームリングを回して、手動でフォーカス調整を行います。フォーカス/ズームリングの回転速度に応じてフォーカスが移動します。フォーカス/ズームリングの操作方向、敏感度をメニューで設定することができます(A 215 )。 FUNC. メニューまたは AF/MF 切り換えボタンを使ってマニュアルフォーカスに設定します。
    • p. 61/276
      < 3 < (フォーカス)をタッチする。 D 4 D 画面の枠内の、ピントを合わせたい被写体をタッチすると、タッチした場所にIが点滅して、ピントが自動で調整された後にマニュアルフォーカスになる。 5 ● メニューの「フォーカスアシスト」を「入」に設定しているときは、フォーカス/ズームリングを回すと画面の中央が拡大され、くっきりと表示される。操作中は、操作方向の目安として被写体との距離表示が数秒間出る。 █ フォーカス位置をプリセットする FUNC メニューでマニュアルフォーカスにしたときは、プリセットしたフォーカス位置に、フォーカスを
    • p. 62/276
      プリセットしたフォーカス位置に戻る i 1 ● フォーカスがプリセットした位置に合って固定される。 プリセット位置をキャンセルするとき SET をタッチする ● 電源を切るとプリセットしたフォーカス位置はキャンセルされます。なお、オートモードではフォーカスプリセット機能が無効になります。 ● マニュアルフォーカスで、ズームしていないときにiがタッチできます。 █ ピントの合った被写体の輪郭に色をつける(ピーキング) FUNC メニューでマニュアルフォーカスにしたときは、ピント合わせをしやすくするために、ピントの
    • p. 63/276
      3 a いずれかをタッチする。 b Kをタッチする。 O 4 Oをタッチする。 ● ピントの合った被写体の輪郭に色が表示される。 「ピーキング時白黒」を入にしたとき 画面が白黒になり、ピーキング色がさらに強調される。 ピーキングを使わないとき もう一度Oをタッチする。 X 5 ピーキングを表示しても、記録される映像に影響はありません。 63 ピントを合わせる
    • p. 64/276
      █ AF (オートフォーカス)で調整する オートフォーカスは、画面の中央部にある被写体にピントが合うように、フォーカスを常に自動調整します。自動的にピント合わせが可能なのは 1cm (ワイド端、レンズ先端から)~∞(無限遠)または 60cm (ズーム全域、レンズ先端から)です。 1 AF/MF █ AF (オートフォーカス)のスピードを選ぶ F 1 M 2 AF a M(メニュー)をタッチする。 b 上下にドラッグして、「 AF モード」をタッチする。 c いずれかをタッチする。 > (ハイスピード
    • p. 65/276
      ● 晴れた日の屋外など明るいシーンを撮影するときは、絞りが絞り込まれ、小絞りによるボケが生じます。このボケは、テレ側よりワイド側の方が目立ちます(被写体が小さく撮影されるため)。このときは、撮影モードの「’(プログラム AE )」 「‚(シャッター優先 AE )」 「“(絞り優 先 AE )」 「n(マニュアル露出)」で、 ND フィルターを「オート」にしてください(A 207 )。 ● 別売のコンバージョンレンズを装着して、メニューの「コンバージョンレンズ」を「 TL-H58 」または 「 WA-H58
    • p. 66/276
      █ 顔を検出して AF や AE を合わせる(フェイスキャッチ & 追尾) 人物の顔を検出して、自動的にピントや明るさを調整します。主な被写体を変えたいときは、その人物の顔をタッチします。人物以外にもペットなどの動いている被写体を主な被写体にできます(追尾)。被写体を選ぶときはタッチパネルで操作してください。 F 1 M i X 2 & a M(メニュー)をタッチする。 b 上下にドラッグして、「フェイスキャッチ & 追 尾」をタッチする。 c i ( 入 ) } をタッチする。
    • p. 67/276
      █ フェイスオンリー AF 検出した顔に対して、自動的にピントや明るさを調整します。顔がない場合はマニュアルフォーカスになります。アサインボタンに「フェイスオンリー AF 」を割り当てると、アサインボタンを押して「フェイ スオンリー AF 」の ON/OFF を切り換えられます(A 129 )。 「フェイスオンリー AF 」を「 ON 」にすると ~ が表 示されます。「フェイスオンリー AF 」は、 AF モードがオートフォーカスのときのみ有効です。 ● 人物以外の被写体を、誤って顔として検出することがあります。その場合は「フェイスキャッチ
    • p. 68/276
      拡大 して 撮 る ズーム ズームは、フォーカス/ズームリング、グリップズーム、ハンドルズーム * 1 、画面上のズームボタン、ま たはリモコンで操作します。光学ズームで 20 倍まで拡大でき、デジタルズーム * 2 を使うと 400 倍まで拡 大できます(A 207 )。 *1 ハンドルユニット装着時のみ *2 デジタルズームは N(オート)モードやメニューの「コンバージョンレンズ」で「 WA-H58 」を設定しているときは使 えません。 █ フォーカス/ズームリングで操作する 1 ZOOM 2 ●
    • p. 69/276
      █ グリップズーム/ハンドルズーム/リモコンのズームで操作する グリップズームで操作する W T W T W T 広角にするときはT(ワイド)側を押し、望遠にするときはS(テレ)側を押します。グリップズームの押しかた(操作量)に応じてズーム速度が変わる「可変速」と、一定の速度でズームする「固定速」とを切り換えることができ、ズームスピードは「ズームスピードレベル」との組み合わせで決まります。ズームスピードレベルを「ハイ」にすると、ズーム音が大きくなることがあり、ズーム音が記録されることがあります。 グリップズーム操作のズームスピードを設定する
    • p. 70/276
      F 1 M K 2 a M(メニュー)をタッチする。 b 上下にドラッグして「ズームスピードレベル」をタッチする。 c 「Zハイ」、「[ミドル」、「]ロー」のいず れかをタッチする。 d Kをタッチする。 3 Y X a 上下にドラッグして「グリップズームスピード」をタッチする。 b Y または X をタッチする。 4 X a または をタッチして設定する。 ● メーターを左右にドラッグして選ぶこともできる。 b Xをタッチする。 「ハイスピードズーム」 (A 71 )を「入」にすると、撮影一時停止状態でのズームは、「ハイ」になり
    • p. 71/276
      ハイスピードズーム 撮影一時停止中のズームスピードレベルを「ハイ」にする機能。グリップズームスピードが「可変速」のときに有効です。撮影中は「ズームスピードレベル」で選んだ速度になります。 F 1 M 2 a M(メニュー)→「ハイスピードズーム」をタッチする。 b ハイスピードズームを使うとき 「i(入)」を選ぶ。 c Kをタッチする。 X 3 外部マイクを使って撮影するとき、ズーム音が記録されることがあります。 71 拡大して撮る
    • p. 72/276
      ハンドルズームで操作する 広角にするときはT(ワイド側)を押し、望遠にするときはS(テレ側)を押します。ズームのしかたは 「固定速」で、ズームスピードは「ズームスピードレベル」との組み合わせで決まります。ハンドルズーム を使用するときは、あらかじめハンドルユニットを取り付けてください(A 24 )。 ハンドルズーム操作のズームスピードを設定する Constant 16 X (固定速) 速度 1 (最低速) 約 4 分 45 秒 約 3 分 約 1 分 速度 16 (最高速) 約 4.0 秒 約 2.5
    • p. 73/276
      リモコン操作のズームスピードを設定する 付属のリモコンのズームスピードを切り換えるときは、次の設定を行います。 速度 1 (最低速) 約 4 分 45 秒 約 3 分 約 1 分 速度 16 (最高速) 約 4.0 秒 約 2.5 秒 約 1.9 秒 * * ズームスピードが約 1.9 秒のときは、ズーム中にオートフォーカスが合いにくくなることがあります。 F 1 M K 2 a M(メニュー)をタッチする。 b 上下にドラッグして「ズームスピードレベル」をタッチする。 c 「Zハイ」、「[ミドル」、「]ロー」のいずれかをタッチする。
    • p. 74/276
      █ ズームの操作を滑らかにする(ソフトズームコントロール) ズームスタート時の加速、ズームストップ時の減速を緩やかにします。 F 1 M 2 a M(メニュー)をタッチする。 b 上下にドラッグして、「ソフトズームコントロール」をタッチする。 c いずれかをタッチする。 ¬(スタート) スタート時のみ有効にする ®(ストップ) ストップ時のみ有効にする ¯(スタート&ストップ) スタート/ストップ時有効にする X 3 74
    • p. 75/276
      █ 画面のズームボタンで操作する F 12 a 上下にドラッグして、「 ZOOM 」 (ズーム)をタッチする。 ● ズーム画面が出る。 b 画面上のズームボタン「S」または「T」をタッチして、ズーム操作をする。 速い 中間 遅い ● ズームのスピードは、タッチする場所によって、「速い」、「中間」、「遅い」を選べる。 X 3 75 拡大して撮る
    • p. 76/276
      █ 画面中央を拡大して撮る(デジタルテレコン) ズーム画面でfをタッチすると、焦点距離を 2 倍にして撮影できます。 F 1 M X f 2 a M(メニュー)をタッチする。 b 「デジタルズーム」をタッチする。 c 「 f デジタルテレコン」をタッチする。 d Xをタッチする。 F 3 f 4 a 上下にドラッグして、 「 ZOOM 」 (ズーム)をタッ チする。 b f (デジタルテレコン)をタッチする。 ● 画面の中央が拡大される。 解除するとき もう一度 f をタッチする。 X 5 ● 別売のテレコンバーターをあわせて使用すると、さらに拡大した映像を記録できます。
    • p. 77/276
      手ブレ をおさえて 撮る 手ブレ補正 手ブレの少ない安定した映像を撮影できます。撮影のしかたによって補正方式を選べます。 F 1 Ä 2 a 上下にドラッグして、Ä(手ブレ補正)をタッチする。 b いずれかをタッチする。 Ä ダイナミック 歩きながら撮影するときなどの大きな手ブレを補正。ズームを広角側にするほど効果が大きい。 Å スタンダード 静止して手持ちで撮影するときなどの比較的小さな手ブレを補正。自然な映像が撮影できる。 Ì 切 三脚などを使って撮影するとき。 X 3 「ダイナミック」設定時と「スタンダード」
    • p. 78/276
      ● 手ブレが大きすぎると、補正しきれないことがあります。 ● カメラを左右や上下に動かして撮るときは、手ブレ補正を「ダイナミック」または「スタンダード」にすることをおすすめします。 ● 手ブレ補正を「切」に設定している場合でも、 「パワード IS 」を割り当てたアサインボタン(A 129 ) の操作によりパワード IS は有効になります。 望遠撮影時の大きな手ブレをおさえる(パワード IS ) パワード IS を使うと、手ブレ補正を強化することができます。静止して撮影するときに、ズームを望遠側 にするほど効果的です。画面に左手をそえると、より安定して撮影できます。パワード
    • p. 79/276
      ゲインリミット を 調整 する AGC リミット 被写体の明るさに応じて映像アンプのゲインの上限を設定できます。 F 1 x n 2 AGC x ( AGC リミット)→n(マニュアル)をタッチす る。 ● nが ON になり、メーターが出る。 3 または をタッチして、感度を選ぶ。 ● メーターを左右にドラッグして選ぶこともできる。 ● 数値を小さくする程、感度の上限が低くなる。 感度の上限を解除するとき m(オート)をタッチする。 X 4 AGC ■ 撮影モードが「マニュアル露出」または「 SCN
    • p. 80/276
      動きの 速 いものを 撮 る /背景 をぼかして 撮 る シャッタースピード/しぼり シャッタースピードが速いと、動きの速い被写体を一瞬でとらえ、遅いと水の流れのような流動感を表現できます。しぼり数値が小さい(開く)と背景をぼかしたポートレートが、しぼり数値が大きい(閉じる)と風景の近くから遠くまでボケを少なくして撮影できます。 F 1 ’ ÏÐ 2 a ’(撮影モード)をタッチする。 b いずれかをタッチする。 ’ (プログラム AE ) : シャッタースピードとしぼりが自動設定になる。 ‚ (シャッター優先
    • p. 81/276
      ‚ ■ 暗いところでスローシャッターを使うと、明るく撮影できますが、通常の撮影に比べて画質が多少劣化したり、ピントが自動では合いにくいことがあります。 ■ 高速シャッターでは、映像がちらついて、なめらかに見えないことがあります。 ■ 蛍光灯下で動画を撮影する場合、画面のちらつきがとれないときは、‚を選んでから 1/100 秒を選んでください。 “ ■ しぼり数値 F1.8 、 F2.0 、 F2.2 、 F2.4 、 F2.6 、 F2.8 、 F3.2 、 F3.4 、 F3.7 、 F4.0 、 F4.4
    • p. 82/276
      マニュアル で 明るさ を 調整 する マニュアル露出 しぼり、シャッタースピード、ゲインの 3 種類を自由に設定できます。設定するときにゼブラパターン (A 86 )を表示すると便利です。 強制逆光補正機能 (A 85 )も同時に使用できます。 F 1 n ÏÐ 2 a ’(撮影モード)をタッチする。 b 「n(マニュアル露出)」をタッチする。 c しぼり、シャッタースピード、ゲインの項目を選択する。 d ÏまたはÐをタッチして好みの数値を選ぶ。 ● メーターを左右にドラッグして選ぶこともできる。 X
    • p. 83/276
      明 るさを 調整 する 露出 逆光のときに被写体が黒くなったり、強い光が当たったときに白くとんでしまうことがあります。このようなときは明るさ(露出)の調整をします。なお、撮影モードを「打上げ花火」や「マニュアル露出」 * に設定しているときや、赤外撮影( A 122 )を設定しているときは、使用できません。 * 「強制逆光補正」や「ゼブラパターン」は「マニュアル露出」設定時でも使用できます。 F 1 y 2 a y (露出)をタッチする。 ÏÐ 3 a 画面上の、露出を合わせたい被写体をタッチする。 ●
    • p. 84/276
      █ 明るい部分にタッチして明るさを補正する(ハイライト AE ) 画面の中の明るい部分(ハイライト)にタッチして、露出を補正できます。タッチした部分が明るくなりすぎないように補正するので、白い雲などでも白とびしない範囲で明るく撮影できます。なお、タッチした部分が暗いときや、極端に明るいときは適切な補正にならないことがあります。 1 83 ページの操作 2 までを行う。 w 2 K 3 「ハイライト」→Kをタッチする。 K 4 83 ページの操作 3 を行う。 ハイライトを使わないとき 操作 3 で「ノーマル」をタッチする。
    • p. 85/276
      █ 強制逆光補正 強制逆光補正を使うと、露出とガンマを変更し、暗い部分を明るくします。 F 1 ° 2 a ° (強制逆光補正)をタッチする。 b 「 ON 」をタッチする。 ● 「 OFF 」をタッチするまで、逆光に適した露出になる。 X 3 自動逆光補正 逆光になっていることを検知して自動的に補正し、被写体を明るく撮影できます。光の状態が変わる場合に便利です。メニューで「切」にすることもできます(A 205 )。 ● アサインボタンに「強制逆光補正」を割り当てると、アサインボタンを押して「強制逆光補正」の
    • p. 86/276
      █ 明るさの目安を表示する(ゼブラパターン) ゼブラパターンを使うと映像の明るい部分に縞模様が表示されます。「 100% 」では白とびするような明 るさのとき、「 70% 」ではそれに近い明るさのときに縞模様が表示されます。明るさのバランスを確認し たいときに使うと安心です。 1 83 ページの操作 2 までを行う。 w 2 K 3 a 「 70 %」または「 100% 」のいずれかをタッチ する。 b Kをタッチする。 z { 4 a 「z」ま た は「{」の い ず れ か を タ ッ チ する。
    • p. 87/276
      色合い を 調整 する ホワイトバランス 太陽光や蛍光灯など周りの光によって、白い壁や白い紙などはオレンジっぽくなったり、青っぽくなったりします。撮影時の光に応じて「白いものを白く」写すように色を調整できます。撮影モードが’、‚、“、nのときに調整できます。 F 1 Ä 2 a Ä(ホワイトバランス)をタッチする。 b いずれかをタッチする。 ● 撮影する環境に合わせて目的のホワイトバランスを選ぶ。 Ã オート 通常はÃ(オート) * を選択。自動的に自然な色合いに 調整される。 ¼ 太陽光 晴天の屋外で撮影するときに選択。
    • p. 88/276
      X 3 ● Ж 1 З 2 ■ メニューの「デジタルズーム」を「切」にしてください(A 207 )。 ■ 場所や明るさが変わったときは再調整してください。 ■ 光によっては、ごくまれにÅ(セット)が点滅→消灯に変わらないことがありますが、自動調整よりも適切なホワイトバランスに調整されていますのでそのままお使いください。 Ã 次のような条件で撮影するとき、画面の色が不自然であればÆ(セット 1 )またはÇ(セット 2 ) で調整をしてください。 ■ 照明条件が急に変わる場所での撮影。 ■ クローズアップ撮影。
    • p. 89/276
      場面 や 目的 に合わせて 撮る SCN (シーン)モード 照り返しの強いスキー場や、海に沈む夕日、夜空を彩る打上げ花火など、場所や被写体に合わせてきれいに撮影します。 F 1 ’ ú 2 a ’(撮影モード)→ú(ポートレート)をタッチする。 b いずれかをタッチする。 シーンモードで選べる項目 ú 背景をぼかして、被写体を引き立たせる。 ü 夜景をきれいに撮る。 þ 照り返しの強い海岸で被写体が暗くなるのを防ぐ。 Œ 暗い場所で被写体を明るく撮る。 Š 打上げ花火をきれいに撮る。 û 動きの速い被写体を撮る。
    • p. 90/276
      ● ポートレート、スポーツ、スノー、ビーチの各モードで撮影した映像を再生すると、なめらかに見えなかったり、ちらつくことがあります。 ● ポートレートのときにズームをS側にすると、より効果的に背景がぼけます。 ● スノー/ビーチのとき、曇りや日陰など周囲が暗いときには、被写体が明るくなりすぎることがあります。画面で映像をご確認ください。 ■ 動きのある被写体は、残像が目立つ映像になることがあります。 ■ 明るく撮影できる分、通常の撮影に比べて画質が多少劣化することがあります。 ■ 画面に白い点などが出ることがあります。
    • p. 91/276
      好みの 画質 にする ピクチャー設定 色の濃さ、シャープネス、コントラスト、明るさを調整して撮影することができます。撮影モードが’、‚、“、nのときに設定できます。赤外撮影(A 122 )を設定しているときは使用できません。 F 1 c ÏÐ 2 a 上下にドラッグしてc(ピクチャー設定)→ 「 ON 」をタッチする。 b いずれかの調整項目をタッチする。 c ÏまたはÐをタッチして調整する。 色の濃さ :- 2 (薄い)~+ 2 (濃い) シャープネス :- 2 (弱い)~+ 2 (強い) コントラスト
    • p. 92/276
      タイムコード を 設定 する 撮影時に内蔵のタイムコードジェネレーターでタイムコードを生成できます。生成したタイムコードは、映像とともにカードに記録されるほか、 HD/SD-SDI 端子( ) HDMI OUT 端子に出力される映像にも 表示されます。また、 HDMI OUT 端子に対して、タイムコードを出力させるか、メニューで切り換えるこ とができます(A 215 )。 タイムコードのカウントアップ方式には次の 3 種類があります。また、ドロップフレームとノンドロップ フレームを選択できます。 Rec
    • p. 93/276
      4 「 Preset 」を選んだ場合 a 「タイムコードスタート値」をタッチする。 ● タイムコードの設定画面が表示され、「時」の桁が選択される。 ● 「リセット」をタッチすると、タイムコードが「 00:00:00.00 」にリセットされる。「 Free Run 」を選んでいるときは、リセット後のタイム コードから歩進を続ける。 ● 設定を途中で中止するときは「キャンセル」をタッチする。 b Í / Îをタッチして数値を選ぶ。 c b の操作を繰り返して、 「分」、 「秒」、 「フレーム」の数値を選ぶ→「
    • p. 94/276
      ユーザービット を 設定 する 8 桁の 16 進数( 0 ~ 9 、 A ~ F の英数字)をユーザービットとして設定し、映像と一緒にカードに記録でき ます。ユーザービットには撮影情報や記録した映像の管理情報など、映像に付加したい情報を自由に設定することができます。 █ 任意の 16 進数を設定する F 1 M 2 16 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 上下にドラッグして「ユーザービットタイプ」→「設定」をタッチする。 ● ユーザービットの設定画面が表示され、一番左の桁が選択される。 ● 「リセット」をタッチすると、ユーザービットが「
    • p. 95/276
      █ ユーザービットを出力する 設定したユーザービットを HD/SD-SDI 端子( ) HDMI OUT 端子から出力します。フレームレートが 「 23.98P 」の場合、「ユーザービット出力モード」を「プルダウン」にすると、ユーザービットが 2 : 3 プルダ ウン情報になります。 MEDIA モードで、 MP4 形式の動画を再生しているとき、 HD/SD-SDI OUT / HDMI OUT 端子に重畳さ れるユーザービットは固定値0が出力されます。 95 ユーザービットを設定する
    • p. 96/276
      音声 を 記録 する 本機では、収録する音声は、内蔵マイク、外部マイク入力(Φ 3.5mm マイク/ INPUT 端子 * )、外部ライ ン入力( INPUT 端子 * )から選択できます。 INPUT 端子のとき、 INPUT 1 / INPUT 2 の音声入力方法はそれぞ れ個別に選択できます。 AVCHD 形式の場合、録画モード(A 52 )を「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」または「 24 Mbps LPCM 」で設定すると、 2 チャンネルのリニア PCM 記録方式で音声を記録/再生できます。サンプリング周波数は
    • p. 97/276
      内蔵マイク INPUT 端子 MIC (マイク)端子 録音レベル調整つまみ ( CH1/CH2 ) 録音レベル切り換えスイッチ ( CH1/CH2 ) INPUT 端子感度切り換えスイッチ ( INPUT 1 / INPUT 2 ) INPUT 端子入力切り 換えスイッチ 97 音声を記録する
    • p. 98/276
      █ 外部マイク/外部ライン入力を本機に接続する マイクホルダーや INPUT 端子を使用するときは、ハンドルユニットを取り付けてください(A 24 )。   外部マイク 固定ネジ 1 マイクのとき 外部マイク 固定ねじをゆるめ( a )、外 部 マイクホルダ ー を 開 く ( b )    INPUT 端子 ケーブルクランプ 2 マイクのとき 外部マイク を取り付けて固定し( c )、 ケーブルをクランプにとめる( d ) 98
    • p. 99/276
       MIC (マイク)端子 3 外部マイク/外部ライン入力機器のケーブルを本機に接続する(  ) █ 内蔵マイク/外部マイク(Φ 3.5mm )の音声を選択する ハンドルを装着したまま内蔵マイク/外部マイク(Φ 3.5mm )で音声を収録する ときは、 INPUT 端子入力切り換えスイッチを OFF にする。 ● Φ 3.5mm マイク端子にマイクを接続すると、内蔵マイクからΦ 3.5mm マイクへ自 動的に切り換わる。 99 音声を記録する
    • p. 100/276
      █ 場面に合わせて音の設定を選択する(オーディオシーン) 内蔵マイクの音質を撮影場面に合わせて選べます。音にこだわった臨場感あふれるシーンが簡単に撮影できます。 F 12 a 上下にドラッグして、—(オーディオシーン)をタッチする。 b いずれかをタッチする。 ● 撮影する場面に合わせて録音設定を選ぶ。 ‘ スタンダード カメラまかせの標準的な設定で録音するとき。 ’ 音楽 音楽の演奏や歌声を豊かに録音。屋内での演奏や歌声を撮影するとき。 ‚ スピーチ 声の集音力を高めて録音。スピーチをしている人などを撮影するとき。
    • p. 101/276
      オーディオシーンの各設定一覧 スタン ダード ‘ 音楽 ’ スピーチ ‚ 森と野鳥 “ ノイズ カット ” カスタム „ マイクレベル マニュアル 70 マニュアル 70 マニュアル 86 マニュアル 80 マニュアル 70 オート / マニュアル 内蔵マイク ウィンドカット オートハイ オートロー オートハイ オートハイ オートハイ オートハイ / オートロー / 切 内蔵マイク アッテネー ター オート オート オート オート オート オート / 入 / 切 内蔵マイク 指向性切替 ノーマル ワイド
    • p. 102/276
      █ 内蔵マイク/外部マイク(Φ 3.5mm )の録音レベルを調整する 内蔵マイクや外部マイク(Φ 3.5mm )の録音時の音量(マイクレベル)を手動で調整できます。「オーディ オシーン」であらかじめ「カスタム」を設定してください(A 100 )。 F 1 ä n 2 上下にドラッグして、ä(マイクレベル)→n(マニュアル)をタッチする。 ● レベルメーターと調整用のÏ / Ðが出る。 自動調整に戻すとき m(オート)をタッチする。 ПР 3 ÏまたはÐをタッチして調整する。 ● レベルメーターの表示が
    • p. 103/276
      ● レベルメーターの「 0 」の位置が赤く表示されているときは、音がひずむことがあります。 ● マイクレベルを調整したり、「内蔵マイクアッテネーター」を「入」に設定しているときは、ヘッドホンで音量を確認することをおすすめします(A 115 )。 103 音声を記録する
    • p. 104/276
      █ 内蔵マイクウィンドカットを使う 屋外で撮影するときに風の影響を受けて発生する、「ボコボコ」というノイズ音を自動的に低減します。なお、その際、風の音と一緒に低音の一部も低減されますので、風の影響を受けない場所で撮影する ときや、低音まで収録するときは、「切」を選びます。「オーディオシーン」であらかじめ「カスタム」を設定してください(A 100 )。 F 1 M 2 a M(メニ ュ ー)→「 内 蔵 マイクウ ィ ンドカット」をタッチする。 b 「 オートハイ」または「L オートロー 」 をタッチする。
    • p. 105/276
      █ 内蔵マイクのアッテネーターを使う 内蔵マイクの信号に対しアッテネータ( 12dB )を使用します。「オーディオシーン」であらかじめ「カスタ ム」を設定してください(A 100 )。 F 1 M 2 a M(メニ ュ ー)→「 内 蔵 マイクア ッ テネ ーター」をタッチする。 b いずれかをタッチする。 k(オート) カメラがマイク音量に合わせて、アッテネーターを自動的に入/切します。大音量はひずまない音量に、大音量以外は最適な音量で記録できる。 i(入) アッテネーターが常に働き、音の強弱をより忠実に記録できます。
    • p. 106/276
      █ 内蔵マイクの周波数特性を変える 収録する音に合わせて最適特性で録音できます。「オーディオシーン」であらかじめ「カスタム」を設定してください(A 100 )。 F 1 M 2 M(メニュー)→「内蔵マイク周波数特性」をタッチする。 3 上下にドラッグしていずれかの周波数特性をタッチする。 ノーマル 最も使用頻度が高く、バランスのとれた録音ができる。 低域強調 低域を強調し、迫力ある録音ができる。 低域カット 風雑音や自動車走行音などの低域の環境音を低減する。 中域強調 人の声を中心に録音する。 低高域強調
    • p. 107/276
      █ 内蔵マイクの指向性を切り換える 内蔵マイクの指向性を切り換えることで、正面の音に重点をおいて周囲のノイズを少なくしたり、音の広がりを強調したりすることができます。「オーディオシーン」であらかじめ「カスタム」を設定してください(A 100 )。 F 1 M 2 M(メニュー)→「内蔵マイク指向性」をタッチする。 3 いずれかの指向性をタッチする。 モノラル マイク正面の音声を重点的に記録するモノラル録音。 ノーマル ワイドとモノラルの中間。標準的な 2ch 録音。 ワイド 音の広がりを強調した 2ch
    • p. 108/276
      █ 外部マイク(Φ 3.5mm )のアッテネーターを使う MIC 端子の信号に対しアッテネーター( 20dB )を使用します。 F 1 M 2 MIC a M(メニュー)→「 MIC アッテネーター」を タッチする。 b いずれかをタッチする。 k(オート) カメラがマイク音量に合わせて、アッテネーターを自動的に入/切します。大音量はひずまない音量に、大音量以外は最適な音量で記録できる。 i(入) アッテネーターが常に働き、音の強弱をより忠実に記録できます。 「入」にすると画面にåが出る。 j(切) X
    • p. 109/276
      █ MIC ローカットを使う MIC 端子の信号に適用する低周波数のカットオフ特性を変更します。 F 1 M 2 MIC a M(メニュー)→「 MIC ローカット」をタッ チする。 b 「 ON 」または「 OFF 」をタッチする。 X 3 109 音声を記録する
    • p. 110/276
      █ MIC 端子入力選択 MIC 端子に入力する信号を選択します。オーディオプレーヤーなどの外部機器か市販の外部マイクかを 選択します。 F 1 M K 2 MIC a M(メニュー)→「 MIC 端子入力選択」を タッチする。 b 接続した機器に応じて、いずれかをタッチ→Kをタッチする。 外部音源 オーディオプレーヤーなどの外部機器を使用するとき。 マイク 市販の外部マイクを使用するとき。 ● ワイヤレスマイクロホン WM-V1 を取り付けている場合、この操作は不要。 110
    • p. 111/276
      █ 外部マイク( INPUT 端子)/外部ライン入力( INPUT 端子)の音声を選択する 外部マイクまたは外部ライン入力を選ぶ 1 INPUT ON 2 INPUT INPUT 1/INPUT 2 LINE MIC ● ファンタム電源が必要なマイクを使うときは MIC + 48V に切り換える。ファンタム電源を ON にするときはマイクを接続してから行い、 OFF にするときは接続したまま行う。 CH2 を選択する チャンネル 2 に記録する入力信号はメニューで「 INPUT 1 」 「 INPUT
    • p. 112/276
      █ INPUT 端子の録音レベルを調整する INPUT 端子の録音レベルはチャンネルごとにオート/マニュアルを個別に設定できます。 オートで調整する 録音レベル切り換えスイッチを A (オート)にすると、そのチャンネルの録音レベルが オートになり、自動調整されます。 INPUT CH1 CH2 INPUT 端子の CH1/CH2 が同じ音声入力(外部ライン入力または外部マイク)に設定されている場 合、録音レベルをオートに設定すると、 CH1 と CH2 のレベル調整を連動させることができます。 p→「
    • p. 113/276
      ● レベルメーターの「 0 」の位置が赤く表示されているときは、音がひずむことがあります。 ● レベルメーターが適切に表示されているのに音がひずむときは、 INPUT 端子に接続した機器で はメニューで「 INPUT1 ( 2 ) マイクアッテネーター」を「入」にしてください(A 114 )。 ● 録音レベルを調整したり、「 INPUT1 ( 2 ) マイクアッテネーター」を「入」に設定したりしている ときは、ヘッドホンで音量を確認することをおすすめします(A 115 )。 過大な音声入力によるひずみを防止するために、音声信号レベルを制限することができます。録音レベルをマニュアルで調整するときに、入力レベルが
    • p. 114/276
      █ 外部マイク( INPUT 端子)のアッテネーターを使う INPUT 1 または INPUT2 の信号に対し、アッテネーター( 20dB )を使用します。 INPUT 端子感度切り換えス イッチが MIC または MIC+48V のとき、使用できます。 F 1 M 2 INPUT 1 INPUT 2 a M(メニュー)→「 INPUT 1 マイクアッテ ネーター」または「 INPUT 2 マイクアッテネー ター」をタッチする。 b 「i(入)」をタッチする。 ● マイク信号は 20dB 減衰する。 X
    • p. 115/276
      ヘッドホン を使う 撮影時や再生時にヘッドホンで音声を聞くことができます。 █ ヘッドホンで音声を聞きながら撮影/再生する ヘッドホンを(ヘッドホン)端子に接続して、ヘッドホンで撮影や再生される音声をモニターできます。 F 1 ● MEDIA モードのときは、この操作は不要。 Ф Х 2 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 上下にドラッグして、「ヘッドホン音量」をタッチする。 c Ô またはÕをタッチして調整する。 ● メーターを左右にドラッグしても調整できる。 X 3 ● 調整した位置で音量が固定される。
    • p. 116/276
      █ 再生中にヘッドホン音量を調整する Ф Х 1 再生中 a 画面上をタッチして、操作ボタンを出す。 b をタッチする。 c ヘッドホン音量のÔまたはÕをタッチして音量を調整する。 ヘッドホンを使うときは、音量を一度下げてください。 モニターする際、音声を映像に同期させるか、リアルタイムの音声をモニターするかをq→ 「モニターディレイ」で設定できます。なお、リアルタイムの音声をモニターすると、映像と音声 に少しズレが生じます。記録される映像と音声は、設定にかかわらず同期されます(A 149 )。 ヘッドホンを使う
    • p. 117/276
      カラーバー/テストトーン を 記録 する カラーバー & テストトーン テレビや外部モニターの色や明るさの調整用に、カラーバーを出力/記録することができます。また同時に 1kHZ のテストトーンを出力/記録することもできます。カラーバーとテストトーンは次の端子にも 出力されます。 1 kHz AV OUT 端子 ● ● HDMI OUT 端子 ● ● HD/SD-SDI 端子 ● ● × (ヘッドホン)端子 ― ● █ カラーバーを記録する 出力/記録するカラーバーは、 SMPTE 準拠( Type
    • p. 118/276
      █ テストトーンを記録する カラーバーとともに 1 kHz のテストトーンを出力/記録することができます。本機を他機につないで再 生する場合、本機のテストトーンを使って接続した機器のレベルを調整することができます。テストトーンのレベルは、接続する機器に合わせて、「 -12dB 」、「 -18dB 」、「 -20dB 」から選べます。 F 1 M 2 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 上下にドラッグして「 1 kHz テストトーン」を タッチする。 c 「 -12dB 」、「 -18dB 」、「
    • p. 119/276
      ビデオスナップ を 撮 る ビデオスナップモードを使って撮影すると、 4 秒間の短い映像(ビデオスナップ)が記録できます。ビデ オスナップはアサインボタン(A 129 )に「ビデオスナップ」を割り当てて操作します。 1 A 129 2 a 「ビデオスナップ」を割り当てたアサインボタ ンを押す。 ● 「ビデオスナップ記録時間」アイコンが表示される。 3 ● 約 4 秒間撮影し、自動的に撮影が一時停止する。 ● 記録後、シャッターを切ったときのように画面が一度黒くなる。 ● メニューの「ビデオスナップ記録時間」
    • p. 120/276
      撮影チャンス を逃さない PRE REC (プレ REC ) 3 秒前からの映像を自動的に記録できます。 初期設定では、アサインボタン 2 (A 14 、 129 ) に「 PRE REC 」が割り当てられていますので、 PRE REC を使うとき は、このボタンを押して操作します。 1 PRE REC a 画面にzが出る。 解除するとき もう一度 PRE REC ボタンを押す。 2 ● ボタンを押す 3 秒前からの映像が記録される。 PRE REC の設定直後や撮影終了後から約 3 秒以内に撮影を始めると、
    • p. 121/276
      画面の 表示 を 切 り 換 える 画面に表示する撮影情報などを切り換えられます。 ● 表示される撮影情報は、押すたびに切り換わる。 █ 表示される内容や切り換わりかた 動画撮影中 すべて表示 → (マーカー表示) * 1 → 表示なし 動画再生中 * 2 静止画再生中 * 2 メニューの「データコード表示」の設定情報を表示 → すべて表示 * 1 メニューで「マーカー表示」を設定しているときのみ表示される。 * 2 DISP. ボタンを押したり、画面をタッチしたりすると、設定内容にかかわらず操作ボタンが出る。
    • p. 122/276
      赤外撮影 ( INFRARED )を行う INFRARED スイッチを ON にすると、赤外撮影ができます。撮影時は、赤外撮影色(高輝度部分色)を白と 緑から選択できます。また、赤外ライトを発光できます。赤外ライトは、メニューの「赤外ライト」または、アサインボタン(A 129 )に「赤外ライト」を割り当てて ON/OFF を操作します。赤外ライトを使用するときは、 ハンドルユニットを取り付けてください(A 24 )。 █ 赤外撮影を設定する 1 ● INFRARED 切り換えスイッチを ON にする。
    • p. 123/276
      別売アクセサリー を使う █ ワイヤレスマイクロホン WM-V1 (別売)を使う ワイヤレスマイクロホン WM-V1 を使用すると、内蔵マイクではとらえられない離れた場所の音声を記録 することができます。 WM-V1 の取り付けかたや操作については、 WM-V1 の使用説明書をご覧ください。 レシーバー マイク MIC 端子 123
    • p. 124/276
      █ GPS レシーバー GP-E2 を使う 本機と GPS レシーバー GP-E2 (別売)を接続して使用すると、 GPS 情報を取得して、本機で記録した動画 や静止画に GPS 情報を付加することができます。 GP-E2 の取り付けかたや操作については GPS レシーバー GP-E2 の説明書も合わせてご覧ください。 GP-E2 付属接続ケーブル 本機と GPS レシーバー GP-E2 を接続するときは、 GP-E2 付属のケーブルで接続してください。なお、 GP-E2 を本機に取り付けるときは、グリップベルトへの取り付け、または
    • p. 125/276
      4 カスタマイズ よく使う機能を設定する ............... 126 アサインボタンの機能を変更する ... 129 メニューデータの保存と読み出し ... 131
    • p. 126/276
      よく使う 機能を設定 する CUSTOM ダイヤル&ボタン よく使う機能を選んで設定しておくと、その機能を簡単に切り換えられます。割り当てる機能はメニューまたは専用メニューで設定します。 CUSTOM (カスタム)ボタン CUSTOM (カスタム)ダイヤル █ 機能を割り当てる メニューで割り当てる F 1 M q 2 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 上下にドラッグして、「 CUSTOM ダイヤル&ボ タン」をタッチする。 c いずれかをタッチする。 設定した機能を解除するとき c でj(切)をタッチする。
    • p. 127/276
      3 操作 2 のcで選んだ項目によって以下の操作を行う。 「 Tv/Av 」を選んだとき a 撮影モードを‚または“にする(A 80 )。 b CUSTOM (カスタム)ダイヤルを回してシャッタースピードまたはしぼり値を調整する。 「マニュアル露出」を選んだとき a 撮影モードをnにする(A 82 )。 ● CUSTOM (カスタム)ボタンを押すたび、項目が移動する。 b CUSTOM (カスタム)ダイヤルを回して選んだ項目の数値を調整する。 「 AGC リミット」を選んだとき a CUSTOM (カスタム)ボタンを押して
    • p. 128/276
      3 127 ページの手順 3 を行う。 █ CUSTOM (カスタム)ボタン/ CUSTOM (カスタム)ダイヤルの操作 CUSTOM CUSTOM ” TV/AV - シャッタースピード/しぼり値の調整 n マニュアル露出 しぼり、シャッタースピード、 ゲインの項目移動 CUSTOM (カスタム)ボタンで選んだ 項目の値を調整 x AGC リミット ON/OFF AGC リミット値の調整 y 露出 ON/OFF 露出値の調整 よく使う機能を設定する 128
    • p. 129/276
      アサインボタン の 機能 を 変更 する 本機には 5 個のアサインボタンがありますので、使用頻度の高い機能を割り当てて、より使いやすくカ スタマイズすることができます。 アサインボタンの番号とボタン名、初期設定は次のとおりです。 アサインボタン 1 AF/MF アサインボタン 2 z プレ REC アサインボタン 3 - アサインボタン 4 - アサインボタン 5 レックレビュー アサインボタンには次の機能を割り当てることができます。 È パワード IS* 1 パワード IS の ON/OFF を切り換える。
    • p. 130/276
      AGC リミット * 1 Fメニューの「 AGC リミット」を表示する。 フォーカス * 1 Fメニューの「フォーカス」を表示する。 露出 * 1 Fメニューの「露出」を表示する。 オーディオシーン Fメニューの「オーディオシーン」を表示する。 マイクレベル * 1 Fメニューの「マイクレベル」を表示する。 ズーム Fメニューの「ズーム」を表示する。 手ブレ補正 * 1 Fメニューの「手ブレ補正」を表示する。 ピクチャー設定 * 1 Fメニューの「ピクチャー設定」を表示する。 Wi-Fi Remote
    • p. 131/276
      メニューデータ の 保存 と 読み出し FUNC. メニュー、メニュー、シネマルックフィルター(A 58 )で行った各種の設定情報をメニューデータ (設定データ)としてカードに保存することができます。メニューデータ(設定データ)は必要に応じて 本機に読み出して再利用できます。複数のカメラを同じ設定にするときに便利です。 █ メニューデータをカードに保存する 1 3 F 2 M q 3 7 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 上下にドラッグして、「メニュー設定保存 」 をタッチする。 c 「保存」→「はい」をタッチする。
    • p. 132/276
      █ メニューデータをカードから読み込む カードに保存されている設定データを読み込んで本機に設定します。 1 3 F 2 M q 3 7 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 上下にドラッグして、「メニュー設定保存 」 をタッチする。 c 「読み込み」→「はい」をタッチする。 ● カードから読み込んだメニュー設定の内容に設定される。 ● 設定データが本機に読み込まれたあと、画面が一度消え、本機が再起動する(メニュー画面は閉じます)。 設定データは、 XA20 と XA25 の間で相互に読み込んで使用できます。一度読み込むと、共通のメ
    • p. 133/276
      5 再生/編集 シーンを再生する .......................... 134 シーンを消す ................................. 139 シーンを分割する .......................... 141
    • p. 134/276
      134 シーン を 再生 する ここでは、撮影した映像(シーン)の再生について説明します。外部のモニターに接続して再生するときは、「接続」をご覧ください(A 144 )。 █ 再生する 1 POWER MEDIA ● インデックス画面が表示される。
    • p. 135/276
      135 シーンを再生する 2 タッチして左右に画面を切り換える シーン情報 左にドラッグで次の画面へ 右にドラッグで前の画面へ カードと動画形式を切り換えるとき a をタッチする。 b タッチして、カード A とカード B を切り換える。 c タッチして、·( AVCHD 形式)と¸( MP4 形式)を切り換える。
    • p. 136/276
      136 3 ● タッチしたシーンの再 生が終わると、インデックス画面の最後のシーンまで自動的に再生される。 ● 画面上をタッチすると、操作ボタンが出る。操作しないと数秒で消える(再生中のみ)。もう一度タッチしても消える。 前スキップ 早戻し 次スキップ 再生停止 早送り 再生一時停止 データコード * 音量 逆スロー再生 再生一時停止 スロー再生 再生 あとからフォト * MP4 形式の動画のときは記録が開始された日付が表示されます。 Ø(早戻し)×(早送り) 操作するたびに再生速度が 5 倍→ 15
    • p. 137/276
      137 シーンを再生する 1. 再生中に画面をタッチ→ 「 」 をタッチする。 ヘッドホン音量とスピーカー音量の調整バーが出る。 2. 調整バーの左右のマークをタッチするか、バー上を左右にドラッグして調節する→Kをタッチする。 シーン情報を表示することができます。 1. AVCHD 形式または MP4 形式の動画インデックス画面でIをタッチする。 2. シーンをタッチする。 3. Kを 2 回タッチする。 ● 別売の GP-E2 を使って撮影した場合は GPS 情報も表示されます。 ● ACCESS ランプが点滅している間は、次のことを必ず守ってください。データを破損する恐れ
    • p. 138/276
      シーンを再生する 138 █ 映像を写真として切りとる(あとからフォト) 撮影した映像から、気に入った場面を静止画として切りとれます。 1 A 134 2 画面上のÝをタッチする。 Z 3 ● 記録される静止画のサイズは 1920 × 1080 です。 ● 切りとった静止画の撮影日時は、元の動画を撮影したときの日付と時刻が設定されます。 ● 動きの速い映像を静止画として切りとると、ブレた静止画になることがあります。 ● 静止画は、カメラモードの「記録先」→「静止画記録先」で選んだカードに記録されます (A
    • p. 139/276
      139 シーン を 消す 消去 不要なシーンを複数選んでまとめて消すことができます。日付を指定して一括消去したり、表示しているメモリー内のすべてのシーンを消したりすることもできます。 █ ある日のシーン、選んだシーン、すべてのシーンをまとめて消す 1 A 135 特定の日に撮った全シーンを消すとき 左右にドラッグして、消去するシーンの日付を画面上部に出す。 F 2 F→「消去」をタッチする。 3 特定の日に撮った全シーンを消すとき * (操作 5 へ) シーンを選んで消すとき すべてのシーンを消すとき
    • p. 140/276
      シーンを消す 140 5 a 「はい」をタッチする。 中止するとき 「中止」をタッチする。一部のシーンは消去される。 b 「 OK 」をタッチする。 █ 再生一時停止中のシーンを消す Ý 1 a シーンをタッチする。 ● 再生が始まる。 b 画面上をタッチ→Ýをタッチする。 ● 一時停止する。 F 2 a F→「消去」→「はい」をタッチする。 b 「 OK 」をタッチする。 ● ● 大切な映像データは、あらかじめバックアップしてください(A 158 、 160 、 164 、 167 )。 ● シーン消去中、
    • p. 141/276
      141 シーン を 分割する 分割 AVCHD 形式のシーンを分割できます。分割することで、不要なシーンを消去できます。 1 A 134 Ý 2 画面上をタッチ→Ýをタッチする。 F 3 F→「分割」をタッチする。 Ð 4 a 分割する位置を探す。 ● Ðをタッチすると再生する。もう一度タッチすると一時停止する。 再生中 Ш / Ч 早戻し/早送り 一時停止中 Ф / У コマ戻し/コマ送り b 分割する位置で一時停止にする。 µ 5 「µ分割」→「はい」をタッチする。 ● 分割した元のシーンの次に挿入される。
    • p. 142/276
      142 シーン を 切りとる トリミング MP4 形式のシーンから不要な部分を切りとって消去できます。指定した位置より前、または後ろの部分 を消去します。 1 A 134 Ý 2 画面上をタッチする→Ýをタッチする。 F 3 F→「トリミング」をタッチする。 Ð 4 a 位置を探す ● Ðをタッチすると再生する。もう一度タッチすると一時停止になる。 再生中 Ш / Ч 早戻し/早送り 一時停止中 Ф / У コマ戻し/コマ送り b 切りとる位置で一時停止にする。 5 ① 「トリミング」をタッチする。 ②
    • p. 143/276
      6 接 続 外部モニターを接続する ............... 144 出力端子・出力信号形式を選択する ... 145 音声出力を選択する ...................... 149
    • p. 144/276
      外部モニター を 接続 する 撮影・再生映像をモニターに表示するときは、外部モニターに応じて使用する端子を選び本機と外部モニターを接続したあと、使用する端子の出力信号形式をメニューで設定します。 AV OUT と HDMI 出力は自動的に切り換わります。 █ 接続のしかた HDMI OUT 端子 AV 端子 ハイスピード HDMI ケーブル HTC-100/S (付属) ステレオビデオケーブル STV-250N (付属) BNC ケーブル (市販) HD/SD-SDI 端子 SDI IN VIDEO IN
    • p. 145/276
      出力端子・出力信号形式 を選択する 使用する出力端子、出力信号形式を、メニューから選びます。 █ HD/SD-SDI 端子を使用する HD/SD-SDI 端子から出力される映像信号は、オーディオ信号とタイムコード信号が重畳されます。画面表 示を重畳することもできます(A 215 )。 F 1 M q 2 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「出力端子」をタッチする。 c 「 HD/SD-SDI 」を選ぶ。 X 3 █ HDMI OUT 端子を使用する HDMI OUT 端子を使用すると、映像と音声をデジタル信号で出力することができます。
    • p. 146/276
      ● 「出力端子」で「 HD/SD-SDI & HDMI 」を選ぶと、「 HD/SD-SDI 出力」と同じ信号形式になり ます。 ● HDMI OUT 端子は出力専用です。他の出力端子と接続しないでください。故障の原因となります。 ● HDMI OUT 端子で接続していると、 AV OUT 端子から映像は出力されません。 ● DVI 対応モニターとの接続は保証していません。 ● モニターによっては正しく表示されないことがあります。そのときは、 AV OUT 端子を使って接 続してください。 146
    • p. 147/276
      █ コンポジット出力端子を使用する コンポジット出力端子( AV OUT 端子)からは、ダウンコンバートされた SD アナログコンポジット信号を出 力します。 F 1 M q 2 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「出力端子」をタッチする。 c 「 AV OUT 」を選ぶ。 X 3 ● モニターがビデオ ID-1 方式に対応していれば、自動的にワイド画面( 16 : 9 )に切り換わります。 ● ワイド( 16 : 9 )モードのない標準画質のテレビ( 4 : 3 )につなぐときは、メニューの「テレビタイプ」
    • p. 148/276
      █ 出力信号形式を選ぶ HD/SD-SDI 出力のとき F 1 M q 2 HD/SD-SDI a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「 HD/SD-SDI 出力」をタッチする。 c いずれかを選ぶ。 HDMI 出力のとき F 1 M q 2 HDMI a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「 HDMI 出力」をタッチする。 c いずれかを選ぶ。 「 HDMI 出力」でk以外を選択したとき、設定した出力信号形式にモニターが対応していない場 合、 HDMI 出力は停止します。 出力端子・出力信号形式を選択する
    • p. 149/276
      音声出力 を 選択 する HD/SD-SDI 端子( )、 HDMI OUT 端子、 AV OUT 端子、×(ヘッドホン)端子から音声を出力できます。 AV OUT 端子、×(ヘッドホン)端子から出力される音声はチャンネルを選択できます。 █ 映像と音声のタイミングを選ぶ(モニターディレイ) AV OUT 端子、×(ヘッドホン)端子から出力される音声について、映像とタイミングを合わせて遅延させ るかどうかを設定することができます。 F 1 M q 2 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「モニターディレイ」をタッチする。
    • p. 150/276
      █ 音声出力チャンネルを選ぶ AV OUT 端子、×(ヘッドホン)端子から出力される音声のチャンネルを選択することができます。 CAMERA モードでは、 INPUT 端子入力切り換えスイッチを ON にしているときのみ操作できます。 F 1 M q 2 CH a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「オーディオ出力 CH 」をタッチする。 c いずれかを選ぶ。 ƒ 出力音声の L ch に CH1 を、 R ch に CH 2 を割り当てる。 š 出力音声の L ch と R ch の両方に CH
    • p. 151/276
      7 静止画 写真を見る ..................................... 152 写真を消す ..................................... 155
    • p. 152/276
      写真 を 見 る 1 POWER MEDIA ● インデックス画面が表示される。 2 ▼ b a 3 左にドラッグで次の画面へ 右にドラッグで前の画面へ タッチして左右に画面を切り換える カードを切り換えるとき a タッチしてカード A とカード B を切り換える 152
    • p. 153/276
      4 ● 静止画が再生される( 1 枚表示画面)。 ● 再生中、左右にドラッグで次または前の静止画に切り換わる。 ● 別売の GP-E2 を使って撮影した場合は GPS 情報も表示される。 █ 再生中に他の静止画にジャンプする(静止画ジャンプ) 1 静止画再生中 ● 操作ボタンが出る。 h 2 3 ● ジャンプ先の静止画が再生される。 K 4 153 写真を見る
    • p. 154/276
      █ インデックス画面を出す 静止画再生中にインデックス画面に切り換える方法です。 1 静止画再生中 ● 操作ボタンが出る。 f 2 ● ACCESS ランプが点滅している間は、次のことを必ず守ってください。データを破損する恐れ があります。 ■ カードカバーを開けない。 ■ 電源を切らない。バッテリーなどの電源を取り外さない。 ■ カメラモードスイッチを切り換えない。 ● 次の静止画は正しく再生されないことがあります。 ■ 本機以外の製品で記録したとき。 ■ パソコンで作成や加工をしたとき。 ■ パソコンでファイル名を変更したとき。
    • p. 155/276
      写真 を 消す 静止画消去 不要な静止画は消去できます。再生中の静止画を消す方法と、選んだ静止画やすべての静止画をまとめて消す方法とがあります。 █ 再生中の静止画を消す 1 静止画再生中 ● 操作ボタンが出る。 F 2 a F →「消去」をタッチする。 ● 消去画面が出る。 ● 左右にドラッグで別の静止画を選ぶこともできる。 b 「 実行」→「はい」をタッチする。 X 3 █ ある日の静止画、選んだ静止画、すべての静止画をまとめて消す 1 A 152 F 2 F →「消去」をタッチする。 3 特定の日に撮ったすべての静止画を消すとき
    • p. 156/276
      4 a 消す静止画をタッチする。 ● 静止画が選択され!が付く。 ● もう一度タッチすると選択が解除される。 b a の操作を繰り返して、消す静止画をすべて 選ぶ。 選択をすべて解除するとき 「全解除」→「はい」をタッチする。 J 5 a 静止画を選んで消すとき J をタッチする。 b 「はい」をタッチする。 中止するとき 「中止」をタッチする。一部の静止画は消去される。 c 「 OK 」をタッチする。 ● 他機でプロテクトされている静止画は消せません。 写真を消す 156
    • p. 157/276
      8 パソコンに保存する ....................... 158 ビデオ/写真をカードにコピーする ... 160 MP4 形式の動画に変換する ............ 164 BD レコーダーなどに ダビングする .................................. 167 撮影データの保存/共有
    • p. 158/276
      パソコンに保存 する 付属のソフトウェア Data Import Utility を使うと、分割されたシーンを 1 つのファイルに結合してパソコン に取り込むことができます。 Data Import Utility ● シーンをパソコンに取り込む。 ● リレー記録(A 55 )を使用して分割されたシーンを 1 つのファイルに結合してパソコンに取り込む。 ● 4GB ごとに分割された AVCHD 形式や MP4 形式のシーンを 1 つのファイルに結合してパソコンに取り込む。 ソフトウェアをインストールする前に、
    • p. 159/276
      インストール操作手順については、 Data Import Utility の取扱説明書( PDF ファイル)をご覧ください。 USB ケーブル IFC-300PCU/S (付属) 1 本機 AC 2 本機 MEDIA 3 本機 A 135 付属の USB ケーブル 4 「接続するメモリーを選択してください」が出たとき 「すべて(パソコン)」をタッチする。 ● 左のアイコンをダブルクリックすると、パソコンの画面に Data Import Utility の起動画面が出る。 5 パソコン Data Import
    • p. 160/276
      ビデオ/写真を カード に コピー する コピー カードに記録された動画や静止画を、もう一方のカードへコピーできます。選んだシーンや静止画、すべてのシーンや静止画をまとめてコピーします。 AVCHD 形式の動画は特定の日に撮影したシーンをす べて、 MP4 形式の動画や静止画は日付ごとに作成されたフォルダーごとコピーできます。 █ 動画をコピーする 12 A 135 特定の日に撮ったシーンをコピーするとき 左右にドラッグして、コピーするシーンの日付を画面上部に出す。 F 6`77`6 3 F →「コピー
    • p. 161/276
      6 a 「はい」をタッチする。 中止するとき 「中止」をタッチする。 b 「 OK 」をタッチする。 █ 静止画をコピーする 再生中の静止画をコピーする 12 1 ● カード A またはカード B に保存されている静止画を選ぶ。 3 ● 操作ボタンが出る。 F 4 a F →「コピー [ 6`7 ] 」または「コピー [ 7`6」をタッチする。 ● コピー画面が出る。 ● 左右にドラッグして別の静止画を選ぶこともできる。 b 「¨実行」→「はい」をタッチする。 X 5 161 ビデオ/写真をカードにコピーする
    • p. 162/276
      静止画を選んでまとめてコピーする 12 A B A 152 F 3 F →「コピー [ 6`7 ] 」または「コピー [ 7`6」をタッチする。 4 特定の日に撮った全静止画をコピーするとき静止画を選んでコピーするときすべての静止画をコピーするとき J 5 静止画を選んでコピーするとき a コピーする静止画をすべてタッチする。 ● 静止画が選択され、!が付く。 ● もう一度タッチすると選択が解除される。 選択をすべて解除するとき 「全解除」→「はい」をタッチする。 b J をタッチする。 6 a 「はい」をタッチする。
    • p. 163/276
      ● ACCESS ランプが点滅している間は、次のことを必ず守ってください。データを破損する恐れ があります。 ■ カードカバーを開けない。 ■ 電源を切らない。バッテリーなどの電源を取り外さない。 ■ カメラモードスイッチを切り換えない。 ■ カードカバーが開いていたり、カードの誤消去防止ツマミが LOCK 側になっているとき。 ■ カード内のフォルダー数とファイル数が最大になり、新しくファイル番号が作成できないとき(A 211 )。 ● 静止画の場合、カードの空き容量が足りなくなると、コピーを中止します。
    • p. 164/276
      MP4 形式 の 動画 に変換する カードに記録した AVCHD 形式や MP4 形式の動画を、より容量の少ない MP4 形式の動画に変換して、もう 一方のカードにコピーします。インターネットにアップロードするときなどに便利です。変換するときに、シネマルックフィルター * を使うこともできます。 * 撮影時にシネマルックフィルターを使用した動画と MP4 変換時にシネマルックフィルターを使用した動画では、効果 が異なることがあります。 1 A 134 F 2 MP4 a F→「 MP4 変換 [ 6 →7
    • p. 165/276
      R 5 シネマルックフィルターを選ぶとき a Rをタッチする。 b いずれかを中央に表示してOをタッチする。 ● 解除するときは「 FILTER1 ~ 9 」をタッチする。 6 a 「 START 」をタッチする。 ● MP4 形式の動画に変換される。 中止するとき 「 STOP 」をタッチする。 b Oをタッチする。 165 MP4 形式の動画に変換する
    • p. 166/276
      ● 以下のように変換してコピーします。 MP4 35 Mbps 24 Mbps 17 Mbps 4 Mbps 3 Mbps · 28 Mbps LPCM (59.94P) 、 28 Mbps (59.94P) ― 24 Mbps LPCM 、 24 Mbps (59.94i / PF29.97 / 23.98P) ― ● (29.97P / 23.98P) 17 Mbps (59.94i / PF29.97 / 23.98P) ― ● (29.97P / 23.98P) 5 Mbps (59.94i /
    • p. 167/276
      BD レコーダー などに ダビング する 撮影した映像を他の BD (ブルーレイディスク)レコーダーや DVD レコーダーなどにダビングすることがで きます。 █ ハイビジョン画質のままダビングする USB ケーブル(付属)で AVCHD 規格対応のレコーダーなどと接続すれば、ハイビジョン画質のままダビング できます。また、レコーダーがお使いのカードに対応している場合は、カードからダビング可能です。なお、本機との動作確認については、お使いのレコーダーの説明書やホームページなどでご確認ください。 1 本機
    • p. 168/276
      █ 標準画質に変換してダビングする 本機で撮った動画を映像/音声端子付きの DVD レコーダーなどにダビングできます。画質は標準画質に 変換されます。 接続する AV OUT STV-250N 168
    • p. 169/276
      ダビングする 1 本機 AC 2 本機 AVCHD A 135 3 レコーダー 4 本機 ● メニューの「データコード表示」で、画面の日時表示を変更することができる(A 209 )。 5 レコーダー 6 レコーダー e 7 本機 画面上をタッチ→eをタッチする。 169 BD レコーダーなどにダビングする
    • p. 170/276
      MEMO
    • p. 171/276
      9 Wi-Fi でできること ................................ 172 スマートフォンをリモコン として使って操作する ................... 176 Android / iOS のスマートフォンなどの Web ブラウザーで見る .................... 183 iOS 機器からアップロードする ...... 185 パソコンなどで見る ....................... 187 パソコンなどに転送する ................
    • p. 172/276
      Wi-Fi YouTube Facebook FTP iOS * 1 Web Movie Uploader * 2 iOS A 183 A 176 Wi-Fi でできること Wi-Fi (ワイファイ) Wi-Fi 機能でスマートフォンなどと接続すると、撮影データの保存・再生・アップロードなどをワイヤ レスで行えます。また、スマートフォンやタブレットの画面で、離れた場所にあるビデオカメラをリモートコントロールできます。なお、この章で使われている Wi-Fi 関連の用語については、「用語の説明」 (A 199
    • p. 173/276
      *1 アクセスポイント経由で接続したパソコンから見ることもできます(A 187 )。 *2 株式会社ピクセラから、アップル社の App Store を通じて 提供されます(無料)。 Wi-Fi YouTube Facebook FTP iOS * 1 Web Movie Uploader * 2 iOS A 185 173 Wi-Fi でできること
    • p. 174/276
      █ Wi-Fi 機能を使う前に Wi-Fi 接続には、スマートフォンなどの Wi-Fi 機器と直接接続する方法と、アクセスポイント(無線親機) * を使用して接続する方法の 2 つがあり、使用する Wi-Fi 機能によってどちらかに決まります。使いたい機 能を選んで画面に従って操作して接続します。 * 無線 LAN 親機、無線 LAN ルーターなど、メーカーによって名称が異なることがあります。 ● セキュリティで保護されていない無線 LAN やネットワーク環境に接続することは避けてくださ い。お客様の個人情報などのデータが第三者に漏洩する危険性があります。
    • p. 175/276
      ● Wi-Fi 接続するときや接続中は、内蔵ワイヤレスアンテナ付近を 手などで覆わないでください。通信電波がさえぎられ、 Wi-Fi の通信状態が悪くなります。 ● Wi-Fi Remote 以外での Wi-Fi 機能使用中は、カードカバーを開け ないでください。 ● ワイヤレスマイクロホン WM-V1 (別売)を取り付けているとき は、 Wi-Fi 機能を使用することはできません。 ワイヤレスアンテナ(内蔵) 175 Wi-Fi でできること
    • p. 176/276
      スマートフォンを リモコン として使って 操作 する Wi-Fi Remote スマートフォンやタブレットの画面で、離れた場所に設置したビデオカメラをリモートコントロールできます。動画撮影、撮影モード、露出補正、ホワイトバランス、絞り、ゲイン、シャッタースピード、フォーカス、ズームを操作できます。 OS 、 Web ブラウザー * などの詳細については、キヤノンのホームページな どをご覧ください。 * JavaScript (ジャバスクリプト)、 Cookie (クッキー)が有効になっている必要があります。
    • p. 177/276
      █ Wi-Fi Remote を使用する F 1 本機 2 本機 Wi-Fi Remote 「 Wi-Fi Remote 」→「 ON 」をタッチする。 ● 画面に「カメラ SSID 」 ( Wi-Fi ネットワーク名)と Web ブラウザに入力する URL が表示され、スマー トフォンからの接続待ち状態になる。 3 スマートフォンなど Wi-Fi a 設定画面で Wi-Fi を有効にする。 ● 見つかった Wi-Fi ネットワークが一覧表示される。 b 操作 2 で本機の画面に表示された SSID と同じ
    • p. 178/276
      █ Wi-Fi Remote 中の画面表示 Wi-Fi Remote 画面には、画面が大きい機器向けの「詳細操作」と、画面が小さい機器向けの「簡易操作」 画面とがあります。設定できるモードや値などは各機能のページも合わせてご覧ください。 例:撮影モード「マニュアル露出」時 2 13 14 12 11 10 9 8 7 6 15 16 17 18 19 20 21 22 5 4 3 2 1 例:撮影モード「 AV 」時 12 10 178
    • p. 179/276
      1 画面切り換えタブ 「詳細操作」、「簡易操作」の各画面を切り換 える。 2 撮影モード A 80 、 82 、 89 3 タイムコード A 92 4 Wi-Fi Remote 接続状態表示 5 撮影状況 6 D (キーロック)ボタン 押すとアイコンがオレンジに変わり、画面がロックされ、誤操作を防止できる。ロック中は画面全体が灰色で表示されます。 7 バッテリーの残量の目安 A 219 8 カード状態/撮影可能時間(分) A 220 選択しているカードアイコンの上にÎが表 示されます。 9 SLOT SELECT
    • p. 180/276
      █ Wi-Fi Remote 画面での操作 撮影する a LIVE VIEW (ライブビュー) ON/OFF ボタンをタッチする。 ● ライブビュー映像が表示される。 b START/STOP (スタートストップ)ボタンをタッチする。 ● 撮影が開始され、撮影状態表示が「● REC 」に変わり、 START/STOP (スタートストップ) ボタン中央の●が赤色に変わる。 ● 撮影中はタイムコードが歩進する。 c 再度 START/STOP (スタートストップ)ボタンをタッチして撮影を終える。 ● 撮影状態表示が「
    • p. 181/276
      F 値 a F 値設定をタッチする。 ● 選択可能な F 値が表示される。 b いずれかの値を選ぶ。 IRIS ボタンで調整するとき -ボタン:絞りを約 1/4 段刻みで絞る。 +ボタン:絞りを約 1/4 段刻みで開く。 ゲイン a ゲイン設定をタッチする。 ● 選択可能なゲインの値が表示される。 b いずれかの値を選ぶ。 シャッタースピード a シャッタースピード設定をタッチする。 ● 選択可能な F 値が表示される。 b いずれかの値を選ぶ。 181 スマートフォンをリモコンとして使って操作する
    • p. 182/276
      フォーカス a D をタッチする。 b フォーカス操作ボタンを押す。 ● NEAR のボタン( 、 、 )をタッチすると至近方 向に、 FAR のボタン( 、 、 )をタッチすると無限 方向に調整します。 ● 調整量はボタンによって異なり、 / は小、 / は中、 / は大となる。 ズーム ZOOM (ズーム調整)ボタンを タッチする 。 ● WIDE のボタン( 、 、 )をタッチすると広角に、 TELE のボタン( 、 、 )をタッチすると望遠に調整 します。 ● 調整量はボタンによって異なり、 /
    • p. 183/276
      Android / iOS のスマートフォンなどの Web ブラウザー で 見 る リモートブラウズ 本機に記録した動画や静止画を、スマートフォン、タブレットやパソコンなどの Web ブラウザーで一覧表 示したり、再生やダウンロードしたりすることができます * 。アクセスポイントが不要なので、外出先 でも使用できます。 * お使いの機器、 OS 、ブラウザーや動画形式、録画モードによっては、再生やダウンロードができないことがあります。 動作を確認した OS 、ブラウザーなどの詳細情報については、キヤノンのホームページなどをご覧ください。
    • p. 184/276
      4 スマートフォンなど Web 本機の画面に表示されている URL を Web ブラウ ザーに入力する。 ● リモートブラウズの画面が出る。 ● ポートを変更しない限り、 URL は固定のため、 Web ブラウザでブックマークしておけば、 2 回目 からは入力不要。 5 スマートフォンなど a 左上の をタッチ→ SD カードと形式をタッチ。 b 一覧から再生する画像をタッチ→画像をタッチする。 ● 選択した動画または静止画が再生される。 c をタッチすると、一覧画面に戻る。 動画または静止画をスマートフォンに保存するとき
    • p. 185/276
      iOS 機器 から アップロード する Movie Uploader ( iOS アプリ) iPhone や iPad などの iOS 機器に iOS アプリ Movie Uploader* 1 をインストールすれば、外出先でも YouTube や Facebook に動画や静止画をアップロードすることができます。また、 MP4 形式の動画や静止画は、 iOS 機 器に保存 * 2 したり再生したりすることもできます。 *1 株式会社ピクセラから、アップル社の App Store を通じて提供されます(無料)。
    • p. 186/276
      5 iOS 機器 a 操作 1 でインストールしたアプリ Movie Uploader を起動する。 b Movie Uploader を操作して、動画をアップロードする。 6 本機 ● Wi-Fi 接続が終了し、インデックス画面に戻る。 ● 通信状態によっては、アップロードの時間が長くなることがあります。 ● お使いの機器の iOS バージョンによっては、 Wi-Fi 接続の操作が異なることがあります。 ● iOS アプリの詳細については、株式会社ピクセラのホームページをご覧ください。 http://www.pixela.co.jp/oem/canon/j/movieuploader/
    • p. 187/276
      パソコン などで 見 る メディアサーバー 本機のメディアサーバー機能を使うと、本機に記録した動画や静止画を、パソコンなどで再生できます。この機能を使用するには、家庭内ネットワークに接続されたアクセスポイント(無線親機)と、メディアサーバーの動画/静止画を再生できるソフトウェアが必要です。また、パソコンなどとアクセスポイン トは、 LAN ケーブルを使用して有線で接続することをおすすめします。アクセスポイントやパソコンなど については、それぞれの説明書をご覧ください。 LAN 12 本機 M(メニュー)→s→「
    • p. 188/276
      5 本機 ● メディアサーバーを終了する。 ● アクセスポイントの性能や設定、通信状態によっては、再生までに時間がかかることや、スムーズに動画が再生されないことがあります。詳しくは、「故障かな?」の「動画がパソコンなどからスムーズに再生されない」 (A 229 )をご覧ください。 ● 操作 3 で出る 「動作中」の画面で「情報表示」をタッチすると、アクセスポイントの SSID 、接続規格、 本機の IP アドレス、本機の MAC アドレスを確認できます。接続先を変更するときは「接続先変 更」をタッチしてください。本機に記憶されている
    • p. 189/276
      パソコンなどに転送する FTP 転送 本機の FTP 転送機能を使うと、本機に記録した動画や静止画を、 FTP サーバーにワイヤレスで転送できま す。この機能を使用するためには、家庭内ネットワークに接続されたアクセスポイント(無線親機)と、 FTP サーバーの接続情報( FTP サーバーの IP アドレス、ポート、ユーザー名、パスワード、転送先にするフォ ルダーの場所(パス))の入力が必要です。あらかじめご確認ください。 FTP 12 FTP M(メニュー)→s→「 Wi-Fi 」→「 FTP 転送」
    • p. 190/276
      4 ● 「アクセスポイントに Wi-Fi 接続する」 (A 192 )であらかじめ選択しているアクセスポイント に接続する。 ● アクセスポイントが未登録のときは、「アクセスポイントを登録します」が出る。 a Oをタッチする。 b 「アクセスポイントに Wi-Fi 接続する」 (A 192 )の手順に沿ってアクセスポイントに接 続する。 5 a 転送元メモリーをタッチする。 ● 複数選択することもできる。 b 「すべてのファイル」または「未転送ファイル」 →Oをタッチする。 ● ファイルの転送がはじまる。
    • p. 191/276
      文字入力のしかた 手動で文字入力が必要なとき、キーボードが表示されます。キーボードを操作するときは、タッチパネルで操作してください。 1 9 2 8 3 4 5 6 7 1 9 2 8 3 6 1 O 入力を決定したあと、キーボードを終了 2 — 入力エリア 3 — 文字入力キー 4 п / с アルファベット/数字の切替 5 — スペースキー 6 バックスペースキー(カーソルの左の文字を削除) 7 р / о / н アルファベット入力設定時:大文字/小文字の切替数字入力設定時:記号入力 8 カーソル移動キー
    • p. 192/276
      アクセスポイント に Wi-Fi 接続 する アクセスポイント(無線親機)に接続します。アクセスポイントへの接続設定は、本機に 4 つまで記憶で きます。 █ 必要なものを確認する Wi-Fi 接続を行う前に、必要なものを確認してください。 ● アクセスポイントは、 Wi-Fi 認証を受け(右のロゴマークがある)、無線 LAN 規格 IEEE802.11a/ b/g/n 対応のものであること。 ● アクセスポイントと家庭内ネットワークが正しくセットアップされていること。 █ 接続方法を選ぶ 接続方法は次の
    • p. 193/276
      █ WPS で接続する お使いのアクセスポイント(無線親機)が WPS に対応していれば、本機とアクセスポ イントを簡単に接続できます。 WPS の接続には、プッシュボタン方式と PIN コード方 式があります。 「接続方法を選ぶ」 (A 192 )で選んだ方法の操作をご覧ください。なお、 WPS でうまく接続できないときは、「アクセスポイント検索で接続する」 (A 194 )をお試しください。 WPS 1 無線親機 WPS 4 4 4 WPS ● 長押しの時間は無線親機によって異なります。必ず、無線親機の説明書をご覧になってから操作を行い、無線親機が
    • p. 194/276
      █ アクセスポイント検索で接続する ビデオカメラが周囲のアクセスポイントを自動的に検出します。接続するアクセスポイントを選んでパスワード(暗号化キー)を入力し接続します。 1 ● 接続するアクセスポイントの SSID と暗号化キー(必要なとき)をあらかじめ確認する。 ÍÎ O 2 ● 検出されたアクセスポイントの SSID が出る。 a Í / Îをタッチして接続するアクセスポイントを選ぶ。 b Oをタッチする。 O 3 ● 操作 2 で選んだアクセスポイントにCが表示され ていない場合、この操作は不要。
    • p. 195/276
      █ 手動設定で接続する アクセスポイントへの接続を手動で設定できます。また、ステルス機能が有効になっているなどにより、 「アクセスポイント検索」でアクセスポイントが検出されないときも手動で接続できます。この接続方法 は、無線 LAN やネットワークに詳しい上級者の方のみご利用ください。 1 SSID a SSID 入力エリアをタッチする。 b SSID を入力→「次へ」をタッチする。 = 「文字入力のしかた」 (A 191 ) 2 - a 認証 - 暗号化方式エリアをタッチする。 b いずれかの認証・暗号化方式をタッチする。
    • p. 196/276
      6 IP a IP アドレスの入力エリアをタッチする。 b Í / Îをタッチして IP アドレスの各値を入 力→Oをタッチする。 c a ~ bと同じ要領でサブネットマスクを入力 →「次へ」をタッチする。 d a ~ bと同じ要領でデフォルトゲートウェ イを入力→「次へ」をタッチする。  a ~ bと同じ要領で各 DNS サーバーを入力 →「次へ」をタッチする。 O 7 Oをタッチする。 ● 設定が完了すると、選んだ機能の画面に戻る。 「パソコンなどで見る」へ A 187 「パソコンなどに転送する」へ
    • p. 197/276
      Wi-Fi 設定 を 表示/変更 する アクセスポイントへの Wi-Fi 接続や Wi-Fi 機器に直接接続するときの Wi-Fi 接続の設定内容を表示し、変更 することができます。 1 M(メニュー)→s→「 Wi-Fi 」をタッチする。 2 ● ビデオカメラの SSID が表示される。 ● Í / Îで表示内容を切り換えることができる。 ● 表示されるキーボードでカメラパスワード、ポート、使用無線帯域( 2.4 GHz または 5 GHz )を変更 する。 197
    • p. 198/276
      2 ● 本機に記憶されている 4 つの SSID が表示される。 ● 「未設定」をタッチすると、「アクセスポイントに Wi-Fi 接続する」 (A 192 )の操作に進み、接続が終 わるとこの画面に戻る。 ÍÎ 3 SSID の横のwをタッチする。 ● 設定内容が表示される。 ● Í / Îで表示内容を切り換えることができる。 アクセスポイントの設定を消去するとき いずれかの画面で「編集」→「消去」→「はい」をタッチする。 設定を変更するとき いずれかの画面で「編集」→「手動設定」をタッチする。 ● 「手動設定で接続する」
    • p. 199/276
      █ 用語の説明 この章の説明で使われている用語をまとめました。 Wi-Fi 関連の名称や略語の意味を知りたいときにご 覧ください。 A 暗号化キー セキュリティで保護(暗号化)された Wi-Fi ネットワークに接続するための パスワード。アクセスポイントに設定され、使用される文字や文字数は、暗号化方式によって異なる。 195 暗号化方式 Wi-Fi 通信を暗号化するための方式。暗号の破られにくい順に「 WPA2-PSK AES / WPA-PSK AES 」、「 WPA2-PSK TKIP / WPA-PSK
    • p. 200/276
      MEMO
    • p. 201/276
      10 メニュー FUNC. メニューの紹介 ................... 202 メニューの紹介 .............................. 205
    • p. 202/276
      FUNC. メニューの紹介 撮影時の設定に使用する FUNC. メニューと、再生時に様々な編集操作を行うための編集メニューとがあ ります。ご購入時、 FUNC. メニューは がついた内容に設定されています。各機能の詳細は、A欄 のページをご覧ください。 █ 撮影時に使う「 FUNC. メニュー」 N n E A MENU メニュー ― ● ● ● 38 撮影モード ’(プログラム AE )、‚(シャッター優先 AE )、 “(絞り優先 AE ) nマニュアル露出 ● ● 80 úポートレート、ûスポーツ、ü夜景、ýスノー、þビーチ、ÿ夕焼け、Œローライト、œスポットライト、Š打上げ花火
    • p. 203/276
      N n E A Wi-Fi Remote ON 、 OFF ● ● ● 176 * 1 動画撮影時のみ。 * 2 N(オート)モードに切り換えたとき、n(マニュアル)モードまたはE(シネマ)モードで設定した内容が保持されます(オーディオシーンはカスタムを除く)。 █ 再生時に使う「 FUNC. メニュー」 1 シーンごと、選んだシーン、全シーン、特定の日に撮ったシーンなど、表示している画面によって、 操作できる動画/静止画の数が異なります。 動画 A y コピー * 1 [6'7][7'6] ある日に撮ったシーン、選択シーン、全シーン
    • p. 204/276
      静止画 } A コピー [6'7][7'6] ある日に撮った静止画、選択した静止画、全静止画 1 枚 161 消去 ある日に撮った静止画、選択した静止画、全静止画 1 枚 155 他の機能の設定内容などにより設定できない機能は、灰色で表示されます。 FUNC. メニューの紹介 204
    • p. 205/276
      メニューの紹介 撮影/再生のモードによって設定できる機能が異なります。設定できる機能は表中に ● で示しています。 ご購入時は、 .......... の内容に設定されています。各機能の詳細は、A欄のページかまたは欄外に説明が あります。設定のしかたについては「メニューの設定を変える」 (A 38 )をご覧ください。 v カメラ設定 v A デジタルズーム j切、s 400x ● ― f デジタルテレコン ● 76 ソフトズームコントロール j切、¬スタート、®ストップ、¯スタート & ストップ
    • p. 206/276
      v A INPUT 1 マイクトリミング +12 dB 、 + 6dB 、ù 0 dB 、 -6 dB 、 ü -12 dB ● 113 INPUT 2 マイクトリミング +12 dB 、 + 6dB 、ù 0 dB 、 -6 dB 、 ü -12 dB ● 113 INPUT 1 マイクアッテネーター i入、j切 ● 114 INPUT 2 マイクアッテネーター i入、j切 ● 114 INPUT 1/2 ALC リンク 連動、 独立 ● 112 INPUT 1/2 リミッター i入、j切 ● 113
    • p. 207/276
      デジタルズームの倍率(最高倍率)を選びます。 ● デジタルズームの倍率を設定してからズームを使うと、光学ズーム領域を越えた時点で自動的にデジタルズームになります。 ● デジタルズーム領域では映像をデジタル処理するため、拡大するほど映像が粗くなります。 マニュアルフォーカス(A 60 )でピントを調整しやすくするために、画面の中央を拡大し、くっきりと表 示します。 ● 記録する動画 / 静止画には影響しません。撮影を開始するか、 4 秒経過すると拡大表示は解除されます。 明るさが不足する場所(暗めの室内など)で撮影する場合、シャッタースピードを自動的に遅くして、より明るい映像を記録します。
    • p. 208/276
      画面に水平線や格子状の線(グリッド)を表示します。被写体の水平・垂直を確認しながら撮影できます。 ● 水平線やグリッドは、撮影した動画 / 静止画には表示されません。 赤外ライトの発光状態を選びます。赤外ライトを使用するときは、ハンドルユニット HDU-1 を取り付け てください(A 24 )。 ON 入 赤外撮影時に赤外ライトを発光する OFF 切 赤外撮影時に赤外ライトを発光しない INPUT 1/2 ALC 録音レベルをオートで調整する場合、連動にすると、 INPUT 端子の CH1 と CH2
    • p. 209/276
      s / 再生設定 y } A データコード表示 · :j切、%日付、&時刻、'日付 & 時刻、 ( カメラデータ ¸ :j切、%日付 ● ● ― テレビタイプ + 4:3 テレビ、 , ワイドテレビ ● ● ― Wi-Fi Movie Uploader 、リモートブラウズ、メディアサーバー、 FTP 転送、スマートフォン接続設定、アクセスポイント接続設定、 FTP サーバー設定 ● 172 日付や時刻、カメラデータ(しぼり値やシャッタースピード)など、表示する撮影情報を選びます(A 121
    • p. 210/276
      v y } A ¸ Slow & Fast モーション 録画モード 35 Mbps (59.94P) 設定時:j切、 29.97P 、 23.98P 録画モード 24 Mbps または 17 Mbps 設定時 フレームレート 29.97P :j切、 59.94P 、 23.98P フレームレート 23.98P :j切、 59.94P 、 29.97P ● 57 ビデオスナップ記録時間 C 2 秒、D 4 秒、F 8 秒 ● 119 タイムコードモード Preset 、 Regen. ● 92 タイムコードラン
    • p. 211/276
      個々の MP4 動画/静止画に付けられる番号(ファイル番号)の付けかたを選びます。撮影された MP4 動 画/静止画は、自動的に 100-0001 、 100-0002 、 100-0003 のように順に番号が付けられ、カード内のフォ ルダーに保存されます。 オートリセット 初期化されたカードに記録する場合、ファイル番号は常に 100-0001 から始まる。 カード内にすでに MP4 動画/静止画が記録されているときは、その続きの番号に なる。 通し番号 ファイル番号は、最後に記録した MP4 動画/静止画の続き番号から始まる。ただし、
    • p. 212/276
      q その他機能 v y } A 言語 日本語、 ENGLISH ● ● ● エリア/サマータイム エリア:"(自宅)、#(旅行先)$ サマータイム: ON 、 OFF ● ● ● ― 日付/時刻 日付 / 時刻:― 日時スタイル: Y.M.D 、 M.D.Y 、 D.M.Y 24H 表示: ON 、 OFF ● ● ● 35 有機 EL パネル明るさ 高輝度、h通常、省電モード ● ● ● 有機 EL パネル対面ミラー i入、j切 ● 有機 EL パネルカラーバラ ンス [ B ] (青): -25
    • p. 213/276
      v y } A パワード IS ボタン Î 押し続け、Ï ON/OFF 切り換え ● ― 優先 WB 登録 Ãオート、¼太陽光、½日陰、¾くもり、¿蛍光灯、À蛍光灯 H 、Á電球、 色温度、 Æセット 1 、Çセット 2 ● ― フォーカスリング操作方向 hノーマル、Xリバース ● ― フォーカスリング敏感度 Z ハイ、[ミドル、]ロー ● ― フォーカス P. スピード Z ハイ、[ミドル、]ロー ● ― バッテリー情報 ― ● ● ● ― 出力端子 j切、 HD/SD-SDI 、 HD/SD-SDI
    • p. 214/276
      EL 有機 EL パネルの輝度を 2 段階で切り換えます。屋外撮影時、太陽光などで画面が見にくいときは明るく してください。「省電モード」を設定すると、照度センサー(A 14 )を使用し、撮影環境に応じて、パネル の輝度が自動的に切り換わります。画質調整等のモニター使用時は、 「省電モード」を解除してください。 ● 記録される映像や、テレビで再生する映像の明るさは変わりません。 ● 画面を明るくすると、バッテリーの使用時間が短くなります。 ● 「デモモード」が「 ON 」、デモモードが動作していないときにコンパクトパワーアダプター(
    • p. 215/276
      IS アサインボタン(A 129 )に割り当てたパワード IS の操作のしかたを選びます。 押し続け ボタンを押している間だけ、パワード IS が働く。 ON/OFF 切り替え ボタンを押すとパワード IS が ON になり、もう一度押すと OFF になる。 WB アサインボタンで優先 WB を使用時、設定する項目を選択します。 フォーカス/ズームリングの操作方向を設定します。 フォーカス/ズームリングの敏感度を設定します。 P. フォーカスプリセットのスピードを設定します。 バッテリーの残量( % )と撮影/再生可能時間(分単位まで)を確認できます。
    • p. 216/276
      以下のときに表示される単位を選びます。 ● マニュアルフォーカス時、ピントを合わせたときの被写体までの距離。 ● GP-E2 使用時の標高表示。 GPS GPS から得られる時刻情報を本機に設定できます。機能の詳細については、 GP-E2 の使用説明書「 GPS の 時刻をカメラに設定する」のページも合わせてご確認ください。 GPS 機能の詳細については、 GP-E2 の使用説明書「 GPS の信号を受信する」の「 GPS 情報を表示する」のページ も合わせてご確認ください。 本機が対応している認証マークの一部を確認できます。
    • p. 217/276
      11 その他 画面の見かた ................................. 218 トラブルシューティング ................ 224 メッセージが出たら? ................... 230 安全上のご注意 .............................. 237 取り扱い上のご注意 ...................... 240 日常のお手入れ .............................. 245 海外で使う .....................................
    • p. 218/276
      画面 の見かた 撮影中や再生中に表示される情報です。 █ 撮影時の画面表示 N(オート)モード 1 2 3 9 10 4 7 6 5 8 N(オート)モード(ズームボタン使用時) 3 4 6 12 1 2 11 9 10 218
    • p. 219/276
      1 Zボタン A 46 / Fメニュー A 202 2 こだわりオート A 47 3 タイムコード (時:分:秒:フレーム数) A 92 4 撮影状況 Ü:撮影 ( 録画 ) Û:撮影一時停止 5 D ビデオスナップ A 119 z プレ REC A 120 6 手ブレ補正 A 48 、 77 7 バッテリー残量の目安 バッテリーの残量の目安をマークで、撮影または再生可能な時間を分で表示します。 が赤く表示されたら、バッテリーが消耗 しています。充電したバッテリーと交換してください。本機やバッテリーの状態によっては、実際のバッテリー残量と表示内容が一致しない場合があります。
    • p. 220/276
      n(マニュアル)モード 1 13 1415 1617 18 19 23 4 24 6 25 726 26 27 29 30 33 32 35 36 38 34 31 39 28 37 20 21 22 3 27 13 ’撮影モード; INFRARED モード、 = 赤外ライト ON/OFF A 122 14 露出 A 83 15 AGC リミット A 79 16 ホワイトバランス A 87 17 フォーカス A 60 18 } フェイスキャッチ&追尾 A 66 ~ フェイスオンリー AF A 67 19
    • p. 221/276
      34 ゼブラパターン A 86 35 マイクアッテネーター A 105 36 INPUT1/2 リミッター A 113 37 レベルメーター A 102 、 112 38 音声記録形式 A 52 、 96 「録画モード」で「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」ま たは「 24 Mbps LPCM 」を選択しているとき、 表示されます。 39 オーディオ出力 CH A 150 E(シネマ)モード 43 44 42 41 40 45 40 しぼり数値/ ND フィルター A 82 41 シャッタースピード
    • p. 222/276
      █ 再生のときの画面 動画のとき(操作ボタン表示時) 46 46 52 47 51 51 4849 4953 50 50 MP4 動画のとき 46 46 52 47 51 51 4849 4953 50 50 46 操作ボタン(動画) 47 再生状況 Ð:再生 Ý:再生一時停止 ×:早送り Ø:早戻し Ц / Х:逆スロー再生/スロー再生 Ф / У:コマ戻し/コマ送り 48 タイムコード 49 再生シーン番号 50 データコード A 209 51 ヘッドホン音量 / スピーカー音量 A 115 、 137
    • p. 223/276
      静止画のとき(操作ボタン表示時) 54 53 55 50 54 操作ボタン(静止画) 55 表示枚数/全枚数 223 画面の見かた
    • p. 224/276
      トラブルシューティング 修理に出す前にこの「トラブルシューティング」で説明する内容をもう一度確認してください。それでも直らないときは、カメラ修理受付センター(A 275 )またはご購入になった販売店にご相談ください。 █ まずココを確認しよう! □ バッテリーは充電されていますか?(A 20 ) □ 本機はコンパクトパワーアダプター( AC アダプター)で正しく接続されていますか?(A 20 ) □ 電源を入れて CAMERA モードにしていますか? MEDIA モードになっているときは CAMERA
    • p. 225/276
      A コンパクトパワーアダプター( AC アダプター) から音がする。 ● コンパクトパワーアダプター( AC アダプター)を使用中に小さな音がす ることがある。故障ではない。 ― 常温でバッテリーの消耗が極端に早い。 ● バッテリーの寿命と考えられる。新しいバッテリーを購入する。 ― █ 撮影中 A START/STOP ボタンを 押しても録画しない。 ● 撮影した映像を本機に書き込んでいる間は録画できない。書き込み終了まで待つ。 ― ● メモリーに空き容量がない。または 3999 シーン記録されている。不要
    • p. 226/276
      █ 再生中 A シーンの消去ができ ない。 ● 他機で記録・編集したシーンは消去できないことがある。 ― シーンの消去に時間がかかる。 ● シーン数が多いとこのようになることがある。動画と静止画をバックアップしてカードを初期化する。 40 158160164167 シーンを分割できない。 ● 他機で記録・編集したシーンは分割できない。 ● カードに空き容量がない。不要なシーンや静止画を消す。 ― 139155 シーンまたは静止画をコピーできない。 ● 他機で記録したシーンや静止画はコピーできないことがある。
    • p. 227/276
      A 充電中に CHG ランプが 速く点滅する。 ( 0.5 秒に 1 回の点滅) ● バッテリーの温度が使用温度(約 0 ˚C ~ 40 ˚C )の範囲外になったため 充電を停止した。バッテリーを取り外し、温めるかまたは放置して使用温度の範囲内になってから、充電を行う。 ● 周囲の温度が約 0 ˚C ~ 40 ˚C のときに充電する。 ● バッテリーが故障しているので、別のバッテリーを使用する。 ● コンパクトパワーアダプター( AC アダプター)、バッテリーに異常がある ため、充電が中止される。カメラ修理受付センターにご相談ください。
    • p. 228/276
      █ アクセサリー A カードが入らない。 ● 正しい向きでカードを入れる。 37 カードに記録できない。 ● カードに空き容量がない。別のカードと入れ換えるか、不要なシーンや静止画を消す。 37 139155 ● はじめて使用するときは、カードを初期化する。 ● カードの誤消去防止ツマミが LOCK 側になっているので、反対側にする。 ● 動画を記録する場合は、対応しているカードを確認する。 403736 ● MP4 形式の動画や静止画に割り当てられるファイル番号が最大になっ たため、カードに記録できない。新しいカードを入れて、メニューの
    • p. 229/276
      █ Wi-Fi 接続 お使いのアクセスポイント(無線親機)の説明書も合わせてご覧ください。 A アクセスポイント(無線親機)に接続できない。 ● アクセスポイントが正常に起動しているか確認する。 ― ● 電波状況によっては通信可能な距離が短くなることがある。本機とアクセスポイントの距離を近づける。 ― ● コードレス電話機、電子レンジ、冷蔵庫などからの電波と干渉することがある。これらの機器から離れた場所で操作する。 241 ● Wi-Fi 設定をするとき、アクセスポイントでステルス機能を有効にして いると、アクセスポイントを検出できない。「手動設定」で接続するか、アクセスポイントのステルス機能を無効にする。
    • p. 230/276
      メッセージ が 出たら? 本機の画面にメッセージが出たときは、次のような対処をしてください。 Wi-Fi 機能使用時のメッセー ジについては 234 ページをご覧ください。 A 23.98P と 29.97P ( 59.94i と 23.98P ) ( PF29.97 と 23.98P )のシーンは結合 変換できません ● 「 23.98P 」と「 29.97P 」、「 59.94i 」と「 23.98P 」、「 PF29.97 」と「 23.98P 」の シーンは結合して MP4 変換できない。結合を解除して
    • p. 231/276
      A カードへの書き込みが間に合わないため記録を中止しました ● カードの書き込み速度が遅いため、記録を中止した。 SD スピードクラ ス 4 、 6 または 10 のカードを使用する。 * 録画モードを「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」や「 28 Mbps (59.94P) 」 「 35 Mbps (59.94P) 」に設定時は SD スピードクラス 6 、 10 のカードを使用する。 ● 「 Slow & Fast モーション」記録設定時は、クラス 10 のカードを使用する。
    • p. 232/276
      A 再生できません カードを確認してください ● カードに異常があるため、再生できない。 ● カードを完全初期化する。それでも解決しない場合は、別のカードと入れ換える。 40 再生できません 本機で初期化してお使いください ● パソコンで初期化されたカードを入れた。本機で初期化する。 40 使用するにはカメラモードをマニュアルまたはシネマに切り換えてください ● N(オート)モードでは使用できない CUSTOM ダイヤル&ボタンまた はアサインボタンを操作した。n(マニュアル)モードまたはE (シネマ)モードに切り換えて操作する。
    • p. 233/276
      A USB 接続 電源をはずさないでくださいパソコンで安全な取り外しをするまでは USB ケーブルをぬかないでください ● 動画再生時、本機を USB ケーブルでパソコンに接続しているときは、 本機の操作はできない。カードのデータが破損しないよう、パソコンで安全な取り外しのための操作を行った後、 USB ケーブルや電源をは ずしたり、本機を操作する。 ― バッテリーと通信できません このバッテリーを使用しますか? ● キヤノンの推奨以外のバッテリーを取り付けて、電源を入れた。 ● キヤノン推奨のバッテリーを使用している場合は、ビデオカメラまたはバッテリーの故障の可能性がある。カメラ修理受付センターにご相談ください。
    • p. 234/276
      █ Wi-Fi 機能使用時 お使いのアクセスポイント(無線親機)の説明書も合わせてご覧ください。 A アクセスポイントが見つかりませんでした ● 本機に記憶されているアクセスポイントが見つからなかった。 ― ● コードレス電話機、電子レンジ、冷蔵庫などからの電波と干渉することがある。これらの機器から離れた場所で本機を操作する。 241 ● アクセスポイントの SSID を確認して、同じ SSID を本機に設定する。 194 ● MAC アドレスでフィルタリングしているときは、同じ MAC アドレスを アクセスポイントに登録する。
    • p. 235/276
      A IP アドレスを取得でき ませんでした ● DHCP サーバーを使用していないときは、 Wi-Fi 接続を「手動設定」で行 い、 IP アドレスを「マニュアル」で設定する。 195 ● DHCP サーバーを確認する。 ・ DHCP サーバーは、電源が入っていて正常に動作しているか。 ・ DHCP サーバーに割り当てられるアドレスに余裕はあるか。 ― ● DNS サーバーを使用していないときは、 DNS アドレスを「 0.0.0.0 」に設 定する。 196 ● 使用する DNS サーバーと同じ IP
    • p. 236/276
      A WPS で接続できません でしたもう一度操作してください ● 無線親機(アクセスポイント)の説明書で指示されている時間、 WPS ボ タンを押し続ける。 ― ● 無線親機(アクセスポイント)の WPS ボタンを長押ししてから 2 分以内 に本機の「 OK 」をタッチする。 ― ● 無線親機(アクセスポイント)の設定画面で PIN コードを入力してから 2 分以内に本機の「 OK 」をタッチする。 ― [Wi-Fi 機器の画面 ] Another user is already controlling
    • p. 237/276
      安全上 のご 注意 お使いになる方だけでなく、他人への危害や損害を防ぐためにお守りください。 ● 煙が出ている ● へんなにおいがする ● 落として壊した ● 内部に水や異物が入った ▲ ▲ そのまま使用すると火災や感電の原因になりますので、カメラ修理受付センター(A 275 )にお問い合 わせください。 死亡や重傷を負う恐れがある内容です。 ➤ ➤ ➤ ➤ 降雨降雪時、海岸、水辺、湿度の高い場所などでの使用は特に気をつける。 ➤ 液が身体や衣服についたときは、水でよく洗い流す。目に入ったときは、きれいな水で十分洗った後、すぐに医師に相談。
    • p. 238/276
      ➤ ➤ ショートして、高熱や液漏れの恐れあり。 ➤ DC/AC ➤ ➤ 内部にほこりや水などが入る恐れあり。 60 ˚C ➤ 発熱や破裂の恐れあり。 ➤ ➤ 落下、転倒の恐れあり。 ➤ ➤ 内部に熱がこもる恐れあり。 ➤ 電波の影響で機器類が誤動作し、事故の原因となるおそれあり。 ➤ 電波の影響で機器類が誤動作し、事故の原因となるおそれあり。 ➤ 熱いと感じなくても、皮膚が赤くなったり、水ぶくれができたりするおそれあり。気温の高い場所で使用する場合や、血行の悪い方や皮膚感覚の弱い方などが使用する場合は、三脚などを使う。
    • p. 239/276
      ➤ ➤ ➤ ➤ ➤ ➤ 傷害、物的損害を負う恐れがある内容です。 ➤ 発熱の恐れあり。 ➤ 足を引っ掛けて転倒したり、製品が落下する恐れあり。 ➤ ➤ 機器から出る電磁波により、飛行機の計器に影響を与える恐れ。 撮影時に不用意にビデオカメラを揺らしたり、素早いズームを多用したりすると、再生時に乗り物酔いのような症状を起こす恐れがあります。その場合はすぐに再生を中止し、休息を取って目を休めてください。 239 安全上のご注意
    • p. 240/276
      取 り 扱 い上のご 注意 ここでは本機やバッテリーとメモリーカードなどを取り扱うときに注意していただきたいことを説明しています。 █ ビデオカメラ本体 故障などに備えて、撮影した動画や静止画はパソコンや DVD 、ビデオ機器 などにバックアップしてください。データ消失については、当社では一切の責任を負いかねます。 ホコリ・砂・水・泥・塩分の多い場所で使用・保管しないでください。本機は防水・防じん構造になっていませんので、これらが内部に入ると故障の原因となります。 プラズマテレビや携帯電話の近くなど、電磁波の出る場所で使うと映像や音声が乱れることがあります。
    • p. 241/276
      Wi-Fi ● 本製品の Wi-Fi 機能は国内でのみご使用いただけます。国外ではご使用になれません。 ● 本製品には、 ( 財 ) テレコムエンジニアリングセンターの電波法に基づく認証を受けた無線装置が内蔵 されており、証明ラベルは無線設備に添付されています。 ● 本製品のうち、外国為替、および外国貿易法の規定により、戦略物資等(または役務)に該当するも のについては、日本国外への輸出に際して、日本国政府の輸出許可(または役務取引許可)が必要です。 この機器の使用周波数帯では、電子レンジなどの家電製品や産業・科学・医療用機器のほか、工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)、および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)並びにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。a
    • p. 242/276
      █ バッテリー バッテリーと本体端子(充電器の端子)の間に異物が入り込まないようにしてください。接触不良、ショート、破損の原因となります。 バッテリーをフル充電してください。ただし、バッテリーの使用回数が多いとき、フル充電後に放置したとき、高温下で長時間使ったときは、正しく表示されないことがあります。なお、表示は目安としてご使用ください。 ● インテリジェントシステム(A 250 )に対応していないバッテリーを本機やバッテリーチャージャー CG-800D (別売)に取り付けて、充電することはできません。
    • p. 243/276
      █ カード 静電気、カードの故障などによるデータの損傷・消失に備えて、データはパソコンなどにバックアップしてください。なお、データ損傷および消失については、当社では一切の責任を負いかねます。 汚れが付着し、接触不良の原因となります。 強い磁気が発生する場所で使わないでください。 カード表面にシールなどを貼ると、シールが差し込み口につまる恐れがあります。 落とす、ぬらす、強い衝撃を与えるなどしないでください。分解は絶対にしないでください。 █ 充電式内蔵電池 本機には充電式のリチウム電池が内蔵されており、日付などの設定を保持しています。この電池は本機を使用中、自動的に充電されますが、約
    • p. 244/276
      █ その他のご注意 カードに記録されたデータは、消去や初期化をしても、ファイル管理情報が変更されるだけで、完全には消えません。譲渡・廃棄するときは、データを復元できないように、一度カードの完全初期化(A 40 )を行った後、本 機を箱などで覆って最後まで撮影し、再度完全初期化を行います。これによって、情報漏洩を防いでください。 室温が高いとき、冷水の入ったコップの表面に水滴がつくことがあります。この現象を結露といいます。本機が結露した場合、そのままの状態で使うと故障の原因になりますので注意してください。なお、次のような条件のときに結露が発生しやすくなります。
    • p. 245/276
      日常 の お手入 れ 大切なビデオカメラをより長くお使いいただくために、日常のお手入れには十分注意してください。 本体がよごれたときは 柔らかい布で拭こう ● 乾いた布で軽く拭いてください。 ● 化学ぞうきんやシンナーは表面を傷めますので使わないでください。 市販の眼鏡クリーナー(布製)で拭きます。水滴が付着しているときは柔らかい布で拭き 取ります。 レンズやハイスピード AF センサーが汚れて いると自動でピントが合わなくなることがあります。 ブロアでゴミやホコリを取ったら、市販の眼鏡クリーナー(布製)で拭きます。
    • p. 246/276
      海外 で使う 海外で使用するときの便利機能やマメ知識です。 █ 充電する 海外でも付属のコンパクトパワーアダプター( AC アダプター)( AC100 ~ 240 V 50 / 60 Hz までの電源に 対応)を使ってそのまま充電できます。コンセントの形が異なる国では、変換プラグを使用してください。 AC █ テレビで見る 本機は撮影した動画を NTSC 方式で記録します。以下の国や地域では NTSC 方式を採用しているため、本 機をテレビに接続するとそのまま映像を見ることができます。 • アメリカ合衆国
    • p. 247/276
      █ 旅行先の日時に合わせる 2 つの地域の日時を登録できるため、海外旅行先の日時を設定しておくと、撮影した映像を現地時間で 記録できます。 1. M(メニュー)→qをタッチする。 2. 上下にドラッグして、「エリア / サマータイム」をオレンジ色の バーに合わせ、オレンジ色の枠をタッチする。 3. # をタッチする。 4. Í / Îをタッチして、旅行先を選ぶ。 $ をタッチする。 5. Kをタッチする。 6. 上下にドラッグして、「日付 / 時刻」をタッチする。 7. 「日付/時刻を合わせる」 (A
    • p. 248/276
      アクセサリー紹介 本機の付属品または別売品について紹介しています。 WS-20 SS-600/SS-650 SC-2000 WA-H58 HDU-1* 1 TL-H58* 2, * 3 GPS GP-E2 WM-V1 PROTECT 58mm ND4L 58mm ND8L 58mm WL-D89 248
    • p. 249/276
      STV-250N USB IFC-300PCU/S* 5 / IFC-400PCU HDMI HTC-100/S* 5 / HTC-100 SD / SDHC / SDXC * 6 AC CA-570 PC USB / BP-820 / BP-828 * 4 CG-800D BD * 1 は別売、 は付属品です。 * 2 本機に付属のレンズフードと同時に使用できません。 * 3 本機に取り付けると、ピントの合う距離はズームの T 端で約 1.3 m となります。 * 4 改正電気用品安全法の要求により、これ以外のバッテリーチャージャーは本機で使用できません。
    • p. 250/276
      本製品は、キヤノン純正の専用アクセサリーと組み合わせて使用した場合に最適な性能を発揮するように設計されておりますので、キヤノン純正アクセサリーのご使用をおすすめいたします。なお、純正品以外のアクセサリーの不具合(例えばバッテリーの液漏れ、破裂など)に起因することが明らかな、故障や発火などの事故による損害については、弊社では一切責任を負いかねます。また、この場合のキヤノン製品の修理につきましては、保証の対象外となり、有償とさせていただきます。あらかじめご了承ください。 バッテリーパック BP-820/BP-828
    • p. 251/276
      主 な 仕様 █ XA20 / XA25 カード記録 動画: AVCHD 規格 Ver.2.0 準拠 映像: MPEG-4 AVC/H.264 音声:リニア PCM 2ch * 1 / Dolby Digital 2ch MP4 準拠 映像: MPEG-4 AVC/H.264 音声: MPEG-2 AAC-LC ( 2ch ) 静止画: DCF 準拠、 Exif Ver2.3 準拠 画像タイプ: JPEG * 1 メニューの「録画モード」で「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」または「 24
    • p. 252/276
      フィルター径 58 mm 最短撮影距離 ワイド端 1 cm 、ズーム全域 60 c m ホワイトバランス オート、太陽光、日陰、くもり、蛍光灯、蛍光灯 H 、電球、色温度、 セット 1 /セット 2 (白取り込み) 最低被写体照度 0.1 ルクス (ローライト(シーンモード)、シャッタースピード 1/2 秒時) 1.2 ルクス ( P (プログラム AE )モード(オートスローシャッターオン)、シャッ タースピード 1/30 秒時) 推奨被写体照度 100 ルクス以上 手ブレ補正機能 光学式 動画サイズ
    • p. 253/276
      ハンドルユニット HDU-1* 3 INPUT 端子: INPUT ( 3 ピンジャック) (①シールド、②ホット、③コールド)、 2 系統、平衡 感度( MIC 時): - 60 dBu (マニュアルボリュームセンター、 フルスケール- 18 dB )/ 600 Ω 感度( LINE 時): +4 dBu (マニュアルボリュームセンター、 フルスケール- 18 dB )/ 10k Ω Att : 20dB ヘッドホン端子 Φ 3.5mm ステレオミニジャック - 29dBV ( 16 Ω負荷、ボリューム最大)/
    • p. 254/276
      █ 付属品 AC CA-570 電源 AC 100 V - 240 V 、 50 / 60 Hz 出力/消費電力 公称 DC8.4 V 、 1.5 A/29 VA ( 100 V )~ 39 VA ( 240 V ) 使用温度 約 0 ˚C ~+ 40 ˚C 外形寸法 (幅×高さ×奥行き) 約 52 Ч 29 Ч 90 mm 本体質量 約 135 g BP-820 使用電池 リチウムイオン(インテリジェントリチウムイオンバッテリー) 使用温度 約 0 ˚C ~+ 40 ˚C 公称電圧 DC7.4 V 公称容量
    • p. 255/276
      █ バッテリーの充電時間/使用時間の目安 付属のバッテリー BP-820 と別売の BP-828 をフル充電したときの使用時間の目安は、次のとおりです。 AVCHD BP-820 BP-828 28 Mbps LPCM (59.94P) / 28 Mbps (59.94P) 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 25 分 3 時間 35 分 ビューファインダー 2 時間 25 分 3 時間 35 分 実撮影時間 有機 EL パネル 1 時間 25 分 2 時間 10 分 ビューファインダー 1 時間
    • p. 256/276
      MP4 BP-820 BP-828 35 Mbps (59.94P) 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 25 分 3 時間 35 分 ビューファインダー 2 時間 20 分 3 時間 35 分 実撮影時間 有機 EL パネル 1 時間 25 分 2 時間 10 分 ビューファインダー 1 時間 25 分 2 時間 10 分 再生時間 有機 EL パネル 3 時間 50 分 5 時間 50 分 24 Mbps 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 45 分 4 時間 5 分 ビューファインダー
    • p. 257/276
      AVCHD BP-820 BP-828 28 Mbps LPCM (59.94P) / 28 Mbps (59.94P) 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 20 分 3 時間 30 分 ビューファインダー 2 時間 20 分 3 時間 30 分 実撮影時間 有機 EL パネル 1 時間 25 分 2 時間 10 分 ビューファインダー 1 時間 25 分 2 時間 10 分 再生時間 有機 EL パネル 3 時間 40 分 5 時間 40 分 24 Mbps LPCM / 24 Mbps 連続撮影時間
    • p. 258/276
      MP4 BP-820 BP-828 35 Mbps (59.94P) 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 20 分 3 時間 30 分 ビューファインダー 2 時間 20 分 3 時間 30 分 実撮影時間 有機 EL パネル 1 時間 25 分 2 時間 10 分 ビューファインダー 1 時間 25 分 2 時間 10 分 再生時間 有機 EL パネル 3 時間 40 分 5 時間 40 分 24 Mbps 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 40 分 4 時間 0 分 ビューファインダー
    • p. 259/276
      █ Full HD 1080 について Full HD 1080 とは垂直画素(走査線)数 1080 画素(本)の HD ( High Definition )映像に 対応しているキヤノン製ビデオカメラを示しています。 「 XA20 / XA25 」は、 DCF に準拠しています。 DCF は、 (社)電子情報技術産業協会( JEITA ) で主として、デジタルカメラ等の画像ファイル等を、関連機器間で簡便に利用しあえる環境を整えることを目的に標準化された規格「 Design rule for Camera
    • p. 260/276
      MEMO
    • p. 261/276
      ア アサインボタン · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·129 あとからフォト · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·138 アフターサービス · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·274 安全上のご注意 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·237 インデックス画面 · · · · · · · · · · · · ·
    • p. 262/276
      タ タイムコード · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·92 タッチ(操作) · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·33 タッチパネル · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·33 データコード · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·121, 209 デジタルテレコン · · · · · ·
    • p. 263/276
      ローライト(シーンモード) · · · · · · · · · · · · ·89 録画モード · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·52 露出 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·83 ワ ワイヤレスマイクロホン · · · · · · · · · · · · · · ·123 その他 AGC リミット · · · · · · · · · · · ·
    • p. 264/276
      MEMO
    • p. 265/276
      MEMO
    • p. 266/276
      MEMO
    • p. 267/276
      MEMO
    • p. 268/276
      MEMO
    • p. 269/276
      MEMO
    • p. 270/276
      MEMO
    • p. 271/276
      MEMO
    • p. 272/276
      MEMO
    • p. 273/276
      ● SD 、 SDHC 、 SDXC ロゴは SD-3C, LLC の商標です。 ● Microsoft 、 Windows は、 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。 ● Macintosh 、 Mac OS 、 App Store 、 iTunes 、 iPhone 、 iPad 、 iPod touch は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の商標です。 ● HDMI 、 HDMI ロゴ、および High-Definition
    • p. 274/276
      保証書 と アフターサービス 本機の保証は日本国内を対象としています。万一、海外で故障した場合の現地でのアフターサービスはご容赦ください。 █ 保証書 本体には保証書が添付されています。必要事項が記入されていることをお確かめのうえ、大切に保管してください。 █ アフターサービス 製品の保証について ● 使用説明書、本体注意ラベルなどの注意書きに従った正常な使用状態で、保証期間中に本製品が万一故障した場合は、本保証書を製品に添付のうえ弊社修理受付窓口までご持参あるいはお送りいただければ、無料で修理いたします。この場合の交通費、送料および諸掛かりはお客様のご負担となります。修理受付窓口については、カメラ修理受付センター(A
    • p. 275/276
      修理 について █ 修理に出すまえに ● 不具合症状の再現・確認のために、記録メディアをお預かりすることがあります。その場合、修理の前に必ずデータをバックアップしてください。なお、修理によってデータが消去された場合の補償についてはご容赦ください。 ● 修理の際、必要最小限の範囲で記録メディア内のデータを確認させていただくことがあります。ただし、データを弊社が複製・保存することはありません。 █ 修理のお問い合わせは カメラ修理受付センター 050-555-99077 (全国共通) 平日・土曜日 9:00
    • p. 276/276
      PUB. DIJ-0407-000 HD Video Camera © CANON INC. 2013 PUB. DIJ-0407-000 108-8011 2-16-6 2013 4 050-555-90004 9:00 12:00 13:00 17:00 043-211-9790 http://canon.jp/prodv http://canon.jp/support PUB. DIJ-0407-000
  • Canon XA20 [ver. 2] (ページ: 276)

    目次
    • p. 1/276
      PUB. DIJ-0407-001 HD Video Camera © CANON INC. 2013 PUB. DIJ-0407-001 108-8011 2-16-6 2013 6 PRINTED IN JAPAN 0000Ni0.0 050-555-90004 9:00 12:00 13:00 17:00 043-211-9790 http://canon.jp/prodv http://canon.jp/support PUB. DIJ-0407-001
    • p. 2/276
      本機 の 特長 高画質 HD 記録システム 291 1/2.84 HD CMOS PRO DIGIC DV 4 有効画素数約 291 万画素( 2136 × 1362 )の 1/2.84 型単板式 CMOS イメージセンサーと映像エンジン 「 DIGIC DV 4 」を搭載。防振機能や低照度での画 質に優れ、さまざまな撮影ニーズに応えます。 高画質ワイドズームレンズ 新開発のコンパクト光学 20 倍ズームレンズを搭 載。 35mm 換算でワイド 26.8 ㎜ * からと多様な撮 影シーンに応えます。 *
    • p. 3/276
      AVCHD と MP4 の動画形式に対応。 2 つのカードス ロットを搭載し、片方の SD カードの残量がなく なったら自動的に他方の SD カードへ記録したり (リレー記録)、同じ映像を同時に記録したり(同 時記録)することができます * 。 * 同時記録は、同じ形式または異なる形式でカードに記録することができます。 EL 静電容量方式タッチパネルの有機 EL パネルを採 用。クリアな画面表示と軽快な操作感覚を実現しています。また、ビューファインダーは、上方約 45 °までの角度調整ができますので、ローア
    • p. 4/276
      Contents 本機の特長 ....................................................2 本書の読みかた .............................................8 はじめに 商品を確認する ...........................................10 各部の名称 ..................................................12 本体の名称 ..............................................12
    • p. 5/276
      「安全上のご注意」と「取り扱い上のご注意」を必ずお読みください( 237 ~ 244 ページ)。 グリップズーム/ハンドルズーム/リモコンのズームで操作する ............................69 ズームの操作を滑らかにする(ソフトズームコントロール) ......................................74 画面のズームボタンで操作する ..............75 画面中央を拡大して撮る(デジタルテレコン) ..76 手ブレをおさえて撮る ................................77
    • p. 6/276
      機能を変更する .....................................130 メニューデータの保存と読み出し ...........131 メニューデータをカードに保存する ....131 メニューデータをカードから読み込む ...132 再生/編集 シーンを再生する .....................................134 再生する ................................................134 映像を写真として切りとる(あとからフォト)
    • p. 7/276
      Android / iOS のスマートフォンなどの Web ブ ラウザーで見る .........................................183 iOS 機器からアップロードする .................185 パソコンなどで見る ..................................187 パソコンなどに転送する ...........................189 アクセスポイントに Wi-Fi 接続する ............192 必要なものを確認する
    • p. 8/276
      本書 の 読みかた A 参照ページを示す = 参考になるページなどを示す 画面 ファインダーの画面、また は 有 機 EL パネル の 画 面 のこと カード SD/SDHC/SDXC メモリーカー ドのこと カメラモード 動画撮影モードのこと メディアモード 再生モードのこと Data Import Utility 付属のソフトウェア「 Data Import Utility 」のこと ● 表紙写真、本書で使用している画面やイラストは XA25 です。イラストは別売のハンドル ユニットを取り付けた状態です。また、作例写真はスチルカメラで撮影したものです。
    • p. 9/276
      1 はじめに 商品を確認する ................................ 10 各部の名称 ....................................... 12
    • p. 10/276
      商品 を 確認 する XA20 / XA25 には、次のものが付属しています。ご使用になる前に足りないものはないか確認してください。 ビデオカメラ本体 Data Import Utility (動画の取り込み用) * 1 リモコン(ワイヤレスコン トローラー) WL-D89 コイン型リチウム電池 CR2025 (リモコン用) コンパクトパワーアダプター ( AC アダプター) CA-570 バッテリーパック BP-820 ハイスピード HDMI ケーブル HTC-100/S ステレオビデオケーブル STV-250N
    • p. 11/276
      映像を撮るときは、必ず事前にためし撮りをし、正常に録画・録音されていることを確認してください。万一、ビデオカメラが正常に動作しないときは、 「トラブルシューティング」 (A 224 ) をご確認ください。 ビデオカメラや SD カードなどの不具合により、記録や再生ができなかった場合であっても、記 録内容の補償はご容赦ください。 録画・録音したビデオは、個人として楽しむなどのほかは、著作権法上、権利者に無断で使用できません。なお、実演や興行、展示物などの中には、個人として楽しむなどの目的であっても、撮影を制限している場合がありますのでご注意ください。
    • p. 12/276
      各部 の 名称 各部の機能と使いかたについては、 Aに記載されているページをご覧ください。 █ 本体の名称 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 カードスロット 2 / 3 A 37 2 u (レックレビュー)/アサイン 5 ボタン A 51 3 DISP. (ディスプレイ) A 121 / BATT. INFO (バッテリー情報)ボタン A 23 4 INFRARED (赤外撮影)切り換えスイッチ A 122 5 CUSTOM (カスタム)ボタン A 126 6 CUSTOM (カスタム)ダイヤル
    • p. 13/276
      10 1415 11 12 13 16 17 18 19 10 1415 11 12 16 17 18 19 10 MIC (マイク)端子 A 96 、 123 11 HDMI OUT 端子 A 144 12 REMOTE (リモート)端子 ● 市販のリモコンなどを接続する 13 HD/SD-SDI 端子 A 144 14 × (ヘッドホン)端子 A 115 15 USB 端子 A A 124 、 158 16 グリップベルト A 27 17 内蔵スピーカー A 137 18 AV OUT A 144
    • p. 14/276
      20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 20 ハイスピード AF 用外部センサー A 64 21 有機 EL パネル(タッチパネル) A 27 、 33 22 フォーカス/ズームリング切り換えスイッチ A 60 、 68 23 ビューファインダー A 26 24 視度調整レバー A 26 25 ジョイスティック A 34 26 ストラップ取り付け部 A 28 27 FUNC. (ファンクション)ボタン A 34 28 START/STOP (スタート/ストップ)ボタン
    • p. 15/276
      36 37 38 39 40 41 41 42 43 36 A 106 37 * A 24 HDU-1 38 A 32 45 39 A 69 40 ACCESS A 37 41 * A 24 HDU-1 42 CHG A 20 43 POWER A 35 15
    • p. 16/276
      44 45 46 44 三脚ねじ穴 A 30 45 BATTERY RELEASE (バッテリー取り外し)スイッチ A 22 46 アイカップ A 26 16
    • p. 17/276
      █ ハンドルユニット HDU-1 (別売)の名称 1 2 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 3 4 5 1 外部マイク固定ネジ A 98 2 コールドシュー ● バッテリービデオライト(別売)などを取り付けます。 3 ハンドルズーム A 72 4 ロックレバー A 50 5 START/STOP (スタート/ストップ)ボタン A 46 6 INPUT 端子感度切り換えスイッチ( INPUT 1/INPUT 2 ) A 111 7 INPUT 端子入力切り換えスイッチ A 99 、
    • p. 18/276
      █ リモコン WL-D89 の名称 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1 PHOTO (フォト)ボタン A 46 2 ZOOM (ズーム)ボタン A 68 3 Н / О / П / Р ボタン 4 Ò(再生/一時停止)ボタン A 136 5 Ñ(停止)ボタン A 136 6 SET (設定)ボタン 7 DISP. (ディスプレイ)ボタン A 121 8 G ( インデックス選択)ボタン A 135 9 MENU (メニュー)ボタン A 38 10 START/STOP (スタート/ストップ)ボタン
    • p. 19/276
      2 準 備 バッテリーを充電する ..................... 20 カメラを準備する ............................ 24 カメラを操作する ............................ 31 日付/時刻を合わせる ..................... 35 カードを準備する ............................ 36 カードを初期化する ........................ 40 メニューの設定を変える .................
    • p. 20/276
      バッテリー を 充電 する 本機はバッテリーパックを取り付けるか、コンパクトパワーアダプター( AC アダプター)をつないで使用 できます。はじめてお使いになるときは、バッテリーパックを充電してから使います。 █ フェライトコアを取り付ける コンパクトパワーアダプター( AC アダプター)を使用するまえに、フェライトコアを取り付けてください。 フェライトコアを取り付けることで、発生するノイズを低減できます。 1 コンパクトパワーアダプタのプラグの端(ビデオカメラに接続しているプラグ)から約 6cm の位置で、フェライトコアを取り付ける。
    • p. 21/276
      3 電源 OFF で充電開始 赤く点灯点滅しているときは、「トラブルシューティング」の「表示やランプ」 (A 226 )をご覧ください。     4 点灯→消灯で充電おわり 21 バッテリーを充電する
    • p. 22/276
      バッテリーを取り外すとき バッテリー取り外しスイッチを矢印の方向に押して取り外す。 電源プラグを抜き差しするときは、まず電源を切って、電源ランプが消えていることを確認してください。撮影したデータが破損する恐れがあります。 ● 10 ºC ~ 30 ºC の場所で充電することをおすすめします。バッテリーや周囲の温度が約 0 ºC ~ 40 ºC (使用温度)の範囲外のときは、充電できません。 ● 充電するときは電源を切ってください。電源が入っているときは充電できません。 ● 充電中にコンセントまたは DC
    • p. 23/276
      バッテリーの残量を確認するには 電源 OFF のときに BATT.INFO ボタンを押すと、バッテリーの残量と撮影可能時間が 5 秒間表示されます。た だしバッテリーが消耗していると表示されないことがあります。 バッテリー残量の目安 撮影可能時間 23 バッテリーを充電する
    • p. 24/276
      カメラ を 準備 する ここではハンドルユニット HDU-1 (別売)、レンズフードの取り付け、ビューファインダーや有機 EL パネル の調整、グリップベルトやストラップの調整など、はじめに行うカメラの準備について説明します。取り付ける際は、落下したりしないように、机などの安定した所で取り付けてください。 █ 別売のハンドルユニットを取り付ける INPUT 端子(A 96 )、赤外ライト(A 122 )、タリーランプ(A 214 )を使用するときは、ハンドルユニットを取り 付けてください。  1 付属のネジでマイクホルダーをハンドルに取り付ける(①)
    • p. 25/276
      █ レンズフードとレンズキャップについて 撮影時はレンズフードを取り付けてください。ゴーストやフレアなどの低減に効果的です。また、レンズフードのバリアを閉じることで、レンズに指紋などの汚れがつきにくくなります。レンズキャップはビデオカメラの保管や持ち運びの際にご使用ください。レンズキャップが付いていると、フードを取り付けることができません。レンズキャップを外してから、レンズフードを取り付けてください。 1 レンズキャップを外す。 2 レンズ先端部にフードをはめ込み目印が真下に来るように取り付け(a)、時計方向にカチッと音がして止まるまで回す(b)
    • p. 26/276
      █ ビューファインダーの視度を調整する ビューファインダーの映像がはっきり見えるように、視力に合わせて視度を調整します。電源を入れ (A 45 )、視度調整レバーを左右に動かして調整してください。また、ビューファインダーは、角度を調 整できます。 a ビューファインダーを引き出す b はっきり見えるように視度調整レバーを動かす 必ずアイカップを装着した状態でご使用ください。 眼鏡装着時、アイカップのベロ部が邪魔になる場合は`部を押して、折り返してご使用ください。 ● 画面やビューファインダーの明るさを調整しても、記録される映像の明るさには影響しません。
    • p. 27/276
      █ 有機 EL パネルを使う 有機 EL パネルを開く    1 有機 EL パネルを手前に引き出し、見やすい位 置まで回転させる 有機 EL パネルを回転させた際、画面に一瞬ノイズが出ることがありますが、故障ではありません。 █ グリップベルトを調節する 親指がスタート/ストップボタンに、人さし指がグリップズームに、ちょうど合うようにベルトの長さを調節します。 27 カメラを準備する
    • p. 28/276
      █ リストストラップ(別売)を取り付ける █ ショルダーストラップ(別売)を取り付ける 28
    • p. 29/276
      █ リモコンを使う 電池を入れる     1 ツマミを押して(a) 引き抜く(b) 2 +側を上にして付属の電池を入れる(c) 3 リモコンに取り付ける(d) リモコンを使って操作する リモコン受光部 リモコン受光部に向けて、リモコンのボタンを押す。 ● リモコンのボタンを押しても動作しない、本体に近づかないと動作しないなどのときは、電池を交換してください。 ● リモコン受光部に直射日光や照明などの強い光が当たっていると、正常に動作しないことがあります。 29 カメラを準備する
    • p. 30/276
      █ 本体を三脚に取り付ける 取り付けネジの長さが 6.5mm 以下の三脚を取り付けることができます。 三脚ねじ穴 カメラを準備する 30
    • p. 31/276
      カメラ を 操作 する ここでは基本的なカメラの操作について説明します。 █ 電源を入れる/切る 本機には、撮影用のカメラモードと再生用のメディアモードとがあり、電源を入れるときに選択します。 POWER (電源)スイッチを「 CAMERA 」にして電源を入れるとカメラモードに、「 MEDIA 」にして電源を入れ るとメディアモードになります。 POWER (電源)スイッチを CAMERA にする POWER (電源)スイッチを MEDIA にする POWER (電源)スイッチを OFF にする 31
    • p. 32/276
      █ カメラモードを切り換える カメラモード切り換えスイッチで撮影時のモードを切り換えます。 N ビデオカメラまかせで、撮りたい状況に合わせた動画を撮影できます(A 45 )。 n ピント(フォーカス)や露出など、調整したい機能を自分で設定して撮影できます (A 49 )。 E 映像の色合いや雰囲気を変えて、映画のワンシーンのように撮影できます(A 58 )。 32
    • p. 33/276
      █ タッチパネルで操作する 有機 EL パネル(タッチパネル)を直接タッチして直観的に操作できます。 タッチ ● シーン(動画)の再生、項目の選択などに使います。 ドラッグ ● 指の動きに合わせて画面の表示が変わります。画面スクロールやメニュー操作などに使います。 ● 画面によっては、表示される三角マークのボタンをタッチして動かすこともできます。 タッチパネルは静電容量方式です。次の場合はタッチパネルが正常に動作しないことがあります。 ■ 爪先やボールペンなどとがったもので操作をしたとき。 ■ ぬれた手や手袋をしたままで操作したとき。
    • p. 34/276
      █ FUNC. (ファンクション)ボタン/ジョイスティックで操作する タッチパネルを使わず、 FUNC. (ファンクション)ボタンとジョイスティックを使って、本機を操作できます。 ジョイスティック上下左右に押すと、画面上のカーソルが上下左右に移動して、項目を選択できます。選択した内容を決定するときは SET を押します。 FUNC. (ファンクション)ボタン 「 FUNC. メニュー」を開始するとき に押して「 FUNC. メニュー」を表示 し、設定が終わったら再度押して 「 FUNC. メニュー」を消します。
    • p. 35/276
      日付/時刻 を合わせる はじめてお使いになるときは、日付、時刻を設定する画面が表示されます。時刻は、お住まいの地域と旅先の地域の 2 か所を設定できます。海外旅行先の日時を指定しておくと、現地時間で記録できます (A 247 )。 F 1 FUNC. Fをタッチまたは FUNC. ボタン(A 14 )を押す。 ● メニュー操作モードになり、画面に FUNC. メニューが表示される。 M q 2 / タッチパネルで操作するとき a M(メニュー)→qをタッチする。 b 上下にドラッグして「日付 / 時刻」をタッチする。
    • p. 36/276
      カード を準備する 本機では、動画や静止画を SD カードに記録します(下表)。 SD スピードクラス 4 、 6 、 10 のカードの使用を おすすめします。 * 1 █ 使用可能な SD カード( 2013 年 4 月現在) . SD メモリーカード、/ SDHC メモリーカード、 0 SDXC メモリーカード * 2 SD スピードクラス 、 、 、 128 MB 以上 * 3 * 1 「録画モード」 (A 52 )を「 28 Mbps 」または「 35Mbps 」に設定しているときは、 SD スピードクラス
    • p. 37/276
      █ カードを入れる はじめて使用するときは、初期化してからお使いください (A 40 )。    1 電源を OFF にする(a) 2 カードカバーを開ける(b) 3 カードのラベル面をレンズ側に向けて、カチッと音がするまで奥までしっかり入れる(c) ● カードスロット2と3いずれかに一枚ずつ入れることもできる。 カードを出すとき カードの端を押して、カードが出てきたら抜く。 4 カードカバーを閉じる ● カードが正しく入っていない状態で、カバーを無理に閉めない。 ● アクセスランプが赤色に点灯中は、次のことを必ず守ってください。データを破損する恐れがあります。
    • p. 38/276
      メニュー の 設定 を変える 本機のさまざまな機能をご購入時の状態からメニューで変更できます。ここではタッチパネルやジョイスティックを使って行うメニュー設定の基本操作について説明しますので、本書の各項目で説明されているメニュー設定を操作するときの参考にしてください。次ページ以降、本書では主にタッチパネルでの操作を説明しています。メニューの種類については「メニューの紹介」 (A 205 )をご覧ください。 例 「おしらせ音」を設定する F 1 FUNC. Fをタッチ、または FUNC. ボタン(A 14
    • p. 39/276
      ч ш 4 「ч 大」または「ø 小」を選ぶと、本機の操 作に応じて音が鳴る。 タッチパネルで操作するとき 「÷ 大」または「ø 小」をタッチする。 ジョイスティックで操作するとき ジョイスティックを上下に押して、「÷ 大」または「ø 小」を選んで SET を押す。 X 5 タッチパネルで操作するとき Xをタッチする。 ジョイスティックで操作するとき ジョイスティックを上下左右に押して、Xを選んで SET を押す。 ● リモコンの MENU ボタンを押してもメニューを表示できます。 ● Xをタッチしたり、
    • p. 40/276
      カードを 初期化 する カードをはじめて使用するときや、カードに記録した動画 / 静止画などすべての情報を消すときに初期 化します。初期化には「初期化」と「完全初期化」があり、データを完全に抹消する必要があるときは「完全初期化」を選びます。 1 AC ● 初期化中は取り外さない。 F 2 メディアモードのときは、この操作は不要。 M 3 a M(メニュー)→ →「初期化 」をタッチする。 b 「6 カード A 」または「7 カード B 」をタッチする。 4 a 「初期化する」をタッチする。 データを完全に消去するとき
    • p. 41/276
      動画形式 を 選 ぶ 本機では AVCHD 形式、 MP4 形式の 2 つの動画形式で動画を記録できます。 MP4 形式の場合、以下を行うことができます。 ・ iPhone などスマートフォンでの再生 ・ YouTube や Facebook へのアップロード F 1 M 2 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 「動画形式」をタッチする。 c 「· AVCHD 」または「¸ MP4 」を選ぶ。 d Kをタッチする。 X 3 ● 選択した動画形式のアイコンが画面に表示される。 41
    • p. 42/276
      記録先 を 選 ぶ 動画や静止画の記録先を選びます。 F 1 M 2 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 「記録先」をタッチする。 c 「v動画記録先」と「{静止画記録先」をそれ ぞれ「6 カード A 」または「7 カード B 」を選 んでタッチする。 d Kをタッチする。 X 3 ● 「動画記録先」で選択した記録先のアイコンが画面に表示される。 42
    • p. 43/276
      3 動画や静止画を撮影する ................. 44 画質を選ぶ ....................................... 52 記録方法を選ぶ ................................ 55 映像のなめらかさを選ぶ ................. 56 スロー&ファースト モーション記録を行う ..................... 57 映画のように撮る ............................ 58 ピントを合わせる
    • p. 44/276
      動画 や 静止画 を 撮影 する ここでは基本的な撮影について説明します。音声の記録については、 96 ページをご覧ください。 █ 準備する   1 充電したバッテリーパックを取り付ける(a) 2 SD カードを入れる(b) ● 「同時記録」 「リレー記録」 (A 55 )を行うときは、 カードを 2 枚入れる。   3 レンズバリア開閉スイッチを下げて、レンズバリアを開ける(c) 4 ビ ュ ー フ ァ インダ ー を 使 用 す る と き は、ビューファインダーを引き出して、視度や角度を調整する(d)
    • p. 45/276
      █ 撮影する N (オートモード) このモードでは、ビデオカメラにすべておまかせで気軽に撮影できます。 1 N ● モードスイッチを「 AUTO 」側にする(A 32 )。 2 POWER CAMERA ● 電源ランプが緑色に点灯。 45 動画や静止画を撮影する
    • p. 46/276
      3 START/STOP ● 撮影が始まる。ハンドルユニット HDU-1 (別売)を 装着しているときは、タリーランプが点灯し、画面に●が表示される。 ● ハンドルの START/STOP ボタンを押しても撮影開 始できる。 ● リモコンの場合、リモコンの START/STOP ボタンを 押す(A 18 )。 静止画を撮るとき PHOTO ボタンをタッチする ● 画面右上に{æと記録先のアイコンが表示される。記録先は、メニューの「記録先」の「静止画」で選んだカードとなる。 ● リモコンの場合、リモコンの
    • p. 47/276
      こだわりオートの自動設定機能 ビデオカメラはシーンに応じて、ピント合わせや被写体の明るさ、色合い、手ブレ補正、画質が最適になるように自動的に調整します。判別した被写体やシーンに応じて、画面に次のようなマークが出ます。 背景 被写体 明るい (灰色) 青空 (水色) 鮮やかな色 (緑 / 黄 / 赤色) 夕景 (オレンジ色) 静止した人物 ( ) ( ) ( ) ― 動いている人物 ( ) ( ) ( ) ― 風景など、人物以外の被写体 ( ) ( ) ( ) 近くの被写体 / * ( / * ) / *
    • p. 48/276
      マルチシーン IS のマークについて N(オート)モードのときは、撮影状況によって自動的に設定された手ブレ補正に合わせて、マークの表示が変わります。n(マニュアル)モードの手ブレ補正については「手ブレをおさえて撮る」 (A 77 )をご 覧ください。 表示されるマーク 撮影状況 Ä (ダイナミック) ズームの広角側で撮影しているときズームの望遠側で、カメラを左右に動かして被写体を追いかけて撮影しているとき È (パワード IS ) * ズームの望遠側で、静止して撮影しているとき Â (マクロ IS )
    • p. 49/276
      n(マニュアル)モード このモードではピント(フォーカス)や露出など、自分で設定して撮影できます。 1 n ● モードスイッチを「n」側にする。 2 POWER CAMERA ● 電源ランプが緑色に点灯。 3 ● 操作のしかたは N (オート)モードと同じ(A 46 )。 ● ACCESS ランプが点滅している間は、次のことを必ず守ってください。データを破損する恐れ があります。 ■ カードカバーを開けない。 ■ 電源を切らない。バッテリーなどの電源を取り外さない。 ■ カメラモードスイッチを切り換えない。
    • p. 50/276
      ● 別売のハンドルユニットの START/STOP ボタンには、誤操作防止用のロックレバーがあります。 使用しないときや撮影状態を保持したいときは、ロックレバーをC側にしてください。レバーを元の位置に戻すとロックは解除されます。 ● M (メニュー)→qの「記録コマンド」を「入」にして本機と HD/SD-SDI ( )または、 HDMI 記録コマンド対応機器を HD/SD-SDI 端子 ( )や HDMI OUT 端子でつなぐと、本機の 撮影/撮影一時停止操作( START/STOP ボタンの操作)と連動して、他機の記録/記録一時停止
    • p. 51/276
      █ いま撮ったシーンを確認する(レックレビュー) 直前に撮ったシーンを再生して、録画状態をチェックすることができます。このとき、音声は再生されません。初期設定ではアサインボタン 5 (A 12 )に割り当てられていますので、アサインボタン 5 を押し て操作します。 撮影が終了したあと、u(レックレビュー)ボタンを押す。 ● 直前に撮ったシーンの最後の 4 秒間が再 生される。 51 動画や静止画を撮影する
    • p. 52/276
      画質 を 選 ぶ 録画モード AVCHD と MP4 それぞれで録画モードを設定できます。 AVCHD で「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」または「 24 Mbps LPCM 」で撮影すると、音声はリニア PCM ( 16 ビット、 48kHz )の 2 チャンネル記録が可能です。また、 録画モード(A 52 )の「 3Mbps 」は、速報用データとして活用。 FTP ファイル転送機能を使い撮影後すぐに ファイルを転送して編集可能です。 · 28 Mbps LPCM (59.94P) 1920
    • p. 53/276
      録画時間の目安 AVCHD 8GB 16GB 32GB 64GB 128GB 28 Mbps LPCM (59.94P)28 Mbps (59.94P) 35 分 1 時間 15 分 2 時間 30 分 5 時間 05 分 10 時間 10 分 24 Mbps LPCM24 Mbps 40 分 1 時間 25 分 2 時間 55 分 5 時間 55 分 11 時間 55 分 17 Mbps 1 時間 2 時間 05 分 4 時間 10 分 8 時間 20 分 16 時間 45 分 5 Mbps 3 時間
    • p. 54/276
      ● お使いのスマートフォンや機器によっては再生できない場合があります(A 183 )。 ● 28 Mbps モード( AVCHD )の動画を使って、 AVCHD 規格の DVD を作成することはできません。 AVCHD Ver.2.0 に準拠した BD (ブルーレイディスク)レコーダーへのダビングはできます。 ● 以下の MP4 形式のシーンは、他の機器では複数のファイルとして認識されます。 ■ データ容量が 4GB を超えるもの。 ■ 録画モードが 35Mbps で 30 分以上のもの、または 35Mbps
    • p. 55/276
      記録方法 を 選 ぶ 同時記録/リレー記録 「同時記録」では、記録先に指定していないカードに、同時に映像を記録します。同じ動画形式や、異 なる動画形式、または、異なる画像サイズで記録し、映像をバックアップできます。「リレー記録」では記録先に指定したカードがいっぱいになったら、自動でもう一方のカードに切り換えて撮影を継続できます。記録先に設定したカードのみ記録するときは「通常記録」を選びます。 F 1 M 2 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 「同時記録 / リレー記録」をタッチする。 c いずれかをタッチする。
    • p. 56/276
      映像の なめらかさ を 選ぶ フレームレート 1 秒間に記録されるコマの数(フレームレート)を設定できます。フレームレートによって、記録され る動画のなめらかさが変わります。 AVCHD 形式では、通常は 59.94i を選びます。録画モードが 28 Mbps LPCM ( 59.94P ) / 28 Mbps ( 59.94P ) ( AVCHD )、 35 Mbps ( 59.94P ) ( MP4 )のときには、フレームレー トが同時に設定されますので、「フレームレート」設定画面では設定できません。
    • p. 57/276
      スロー&ファーストモーション記録 を行う Slow & Fast モーション記録 「記録形式」を「 MP4 」に設定しているとき、再生時と異なるフレームレートを設定して撮影できます。 再生時よりも高いフレームレートで撮影して、再生するとスローモーション効果になります。再生時よりも低いフレームレートで撮影して、再生するとファーストモーション効果になります。なお、記録中、音声は記録されません。 █ 撮影フレームレートを設定する F 1 M 2 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 上下にドラッグして、「
    • p. 58/276
      映画 のように 撮 る シネマモード/シネマルックフィルター お好みのシネマルックフィルターを選んで撮影すると、映像の色合いや雰囲気を変えて、映画のワンシーンのように撮影できます。 MP4 形式の動画に変換するときにシネマルックフィルターを使うことも できます(A 164 )。 1 CINEMA R 2 3 上下にドラッグして、いずれかのフィルターを選ぶ。 ● 画面の表示が、選んだフィルターの色合いに変わる。 w 4 シネマスタンダードの場合 a w をタッチする。 b 「 ON 」をタッチする。 c
    • p. 59/276
      ● カメラモードを「シネマ」にしているときは以下のことができません。 ■ 静止画の記録 ■ 同時記録 ■ 「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」、「 28 Mbps (59.94P) 」、「 35Mbps 」 (録画モード)での記録。 シネマルックフィルターの一覧 1 映画のような基本画質。 3 まるで夢の中にいるかのような柔らかな幻想世界。 5 渋い発色と引き締まる画で、昔の映画のように。 7 画面に揺れや傷、明滅をつけて映画館のように。 9 黒と白の階調を際立たせ、力強い臨場感に。 2
    • p. 60/276
      ピント を 合 わせる フォーカス 本機の、マニュアルフォーカスではフォーカスプリセットができます。オートフォーカスでは、フェイスオンリー AF ができます。 █ MF (マニュアルフォーカス)で調整する フォーカス/ズームリングを回して、手動でフォーカス調整を行います。フォーカス/ズームリングの回転速度に応じてフォーカスが移動します。フォーカス/ズームリングの操作方向、敏感度をメニューで設定することができます(A 215 )。 FUNC. メニューまたは AF/MF 切り換えボタンを使ってマニュアルフォーカスに設定します。
    • p. 61/276
      < 3 < (フォーカス)をタッチする。 D 4 D 画面の枠内の、ピントを合わせたい被写体をタッチすると、タッチした場所にIが点滅して、ピントが自動で調整された後にマニュアルフォーカスになる。 5 ● メニューの「フォーカスアシスト」を「入」に設定しているときは、フォーカス/ズームリングを回すと画面の中央が拡大され、くっきりと表示される。操作中は、操作方向の目安として被写体との距離表示が数秒間出る。 █ フォーカス位置をプリセットする FUNC メニューでマニュアルフォーカスにしたときは、プリセットしたフォーカス位置に、フォーカスを
    • p. 62/276
      プリセットしたフォーカス位置に戻る i 1 ● フォーカスがプリセットした位置に合って固定される。 プリセット位置をキャンセルするとき SET をタッチする ● 電源を切るとプリセットしたフォーカス位置はキャンセルされます。なお、オートモードではフォーカスプリセット機能が無効になります。 ● マニュアルフォーカスで、ズームしていないときにiがタッチできます。 █ ピントの合った被写体の輪郭に色をつける(ピーキング) FUNC メニューでマニュアルフォーカスにしたときは、ピント合わせをしやすくするために、ピントの
    • p. 63/276
      3 a いずれかをタッチする。 b Kをタッチする。 O 4 Oをタッチする。 ● ピントの合った被写体の輪郭に色が表示される。 「ピーキング時白黒」を入にしたとき 画面が白黒になり、ピーキング色がさらに強調される。 ピーキングを使わないとき もう一度Oをタッチする。 X 5 ピーキングを表示しても、記録される映像に影響はありません。 63 ピントを合わせる
    • p. 64/276
      █ AF (オートフォーカス)で調整する オートフォーカスは、画面の中央部にある被写体にピントが合うように、フォーカスを常に自動調整します。自動的にピント合わせが可能なのは 1cm (ワイド端、レンズ先端から)~∞(無限遠)または 60cm (ズーム全域、レンズ先端から)です。 1 AF/MF █ AF (オートフォーカス)のスピードを選ぶ F 1 M 2 AF a M(メニュー)をタッチする。 b 上下にドラッグして、「 AF モード」をタッチする。 c いずれかをタッチする。 > (ハイスピード
    • p. 65/276
      ● 晴れた日の屋外など明るいシーンを撮影するときは、絞りが絞り込まれ、小絞りによるボケが生じます。このボケは、テレ側よりワイド側の方が目立ちます(被写体が小さく撮影されるため)。このときは、撮影モードの「’(プログラム AE )」 「‚(シャッター優先 AE )」 「“(絞り優 先 AE )」 「n(マニュアル露出)」で、 ND フィルターを「オート」にしてください(A 207 )。 ● 別売のコンバージョンレンズを装着して、メニューの「コンバージョンレンズ」を「 TL-H58 」または 「 WA-H58
    • p. 66/276
      █ 顔を検出して AF や AE を合わせる(フェイスキャッチ & 追尾) 人物の顔を検出して、自動的にピントや明るさを調整します。主な被写体を変えたいときは、その人物の顔をタッチします。人物以外にもペットなどの動いている被写体を主な被写体にできます(追尾)。被写体を選ぶときはタッチパネルで操作してください。 F 1 M i X 2 & a M(メニュー)をタッチする。 b 上下にドラッグして、「フェイスキャッチ & 追 尾」をタッチする。 c i ( 入 ) } をタッチする。
    • p. 67/276
      █ フェイスオンリー AF 検出した顔に対して、自動的にピントや明るさを調整します。顔がない場合はマニュアルフォーカスになります。アサインボタンに「フェイスオンリー AF 」を割り当てると、アサインボタンを押して「フェイ スオンリー AF 」の ON/OFF を切り換えられます(A 129 )。 「フェイスオンリー AF 」を「 ON 」にすると ~ が表 示されます。「フェイスオンリー AF 」は、 AF モードがオートフォーカスのときのみ有効です。 ● 人物以外の被写体を、誤って顔として検出することがあります。その場合は「フェイスキャッチ
    • p. 68/276
      拡大 して 撮 る ズーム ズームは、フォーカス/ズームリング、グリップズーム、ハンドルズーム * 1 、画面上のズームボタン、ま たはリモコンで操作します。光学ズームで 20 倍まで拡大でき、デジタルズーム * 2 を使うと 400 倍まで拡 大できます(A 207 )。 *1 別売のハンドルユニット装着時のみ *2 デジタルズームは N(オート)モードやメニューの「コンバージョンレンズ」で「 WA-H58 」を設定しているときは使 えません。 █ フォーカス/ズームリングで操作する 1 ZOOM 2
    • p. 69/276
      █ グリップズーム/ハンドルズーム/リモコンのズームで操作する グリップズームで操作する W T W T W T 広角にするときはT(ワイド)側を押し、望遠にするときはS(テレ)側を押します。グリップズームの押しかた(操作量)に応じてズーム速度が変わる「可変速」と、一定の速度でズームする「固定速」とを切り換えることができ、ズームスピードは「ズームスピードレベル」との組み合わせで決まります。ズームスピードレベルを「ハイ」にすると、ズーム音が大きくなることがあり、ズーム音が記録されることがあります。 グリップズーム操作のズームスピードを設定する
    • p. 70/276
      F 1 M K 2 a M(メニュー)をタッチする。 b 上下にドラッグして「ズームスピードレベル」をタッチする。 c 「Zハイ」、「[ミドル」、「]ロー」のいず れかをタッチする。 d Kをタッチする。 3 Y X a 上下にドラッグして「グリップズームスピード」をタッチする。 b Y または X をタッチする。 4 X a または をタッチして設定する。 ● メーターを左右にドラッグして選ぶこともできる。 b Xをタッチする。 「ハイスピードズーム」 (A 71 )を「入」にすると、撮影一時停止状態でのズームは、「ハイ」になり
    • p. 71/276
      ハイスピードズーム 撮影一時停止中のズームスピードレベルを「ハイ」にする機能。グリップズームスピードが「可変速」のときに有効です。撮影中は「ズームスピードレベル」で選んだ速度になります。 F 1 M 2 a M(メニュー)→「ハイスピードズーム」をタッチする。 b ハイスピードズームを使うとき 「i(入)」を選ぶ。 c Kをタッチする。 X 3 外部マイクを使って撮影するとき、ズーム音が記録されることがあります。 71 拡大して撮る
    • p. 72/276
      ハンドルズームで操作する 広角にするときはT(ワイド側)を押し、望遠にするときはS(テレ側)を押します。ズームのしかたは 「固定速」で、ズームスピードは「ズームスピードレベル」との組み合わせで決まります。ハンドルズーム を使用するときは、あらかじめハンドルユニット HDU-1 (別売)を取り付けてください(A 24 )。 ハンドルズーム操作のズームスピードを設定する Constant 16 X (固定速) 速度 1 (最低速) 約 4 分 45 秒 約 3 分 約 1 分 速度 16 (最高速) 約 4.0
    • p. 73/276
      リモコン操作のズームスピードを設定する 付属のリモコンのズームスピードを切り換えるときは、次の設定を行います。 速度 1 (最低速) 約 4 分 45 秒 約 3 分 約 1 分 速度 16 (最高速) 約 4.0 秒 約 2.5 秒 約 1.9 秒 * * ズームスピードが約 1.9 秒のときは、ズーム中にオートフォーカスが合いにくくなることがあります。 F 1 M K 2 a M(メニュー)をタッチする。 b 上下にドラッグして「ズームスピードレベル」をタッチする。 c 「Zハイ」、「[ミドル」、「]ロー」のいずれかをタッチする。
    • p. 74/276
      █ ズームの操作を滑らかにする(ソフトズームコントロール) ズームスタート時の加速、ズームストップ時の減速を緩やかにします。 F 1 M 2 a M(メニュー)をタッチする。 b 上下にドラッグして、「ソフトズームコントロール」をタッチする。 c いずれかをタッチする。 ¬(スタート) スタート時のみ有効にする ®(ストップ) ストップ時のみ有効にする ¯(スタート&ストップ) スタート/ストップ時有効にする X 3 74
    • p. 75/276
      █ 画面のズームボタンで操作する F 12 a 上下にドラッグして、「 ZOOM 」 (ズーム)をタッチする。 ● ズーム画面が出る。 b 画面上のズームボタン「S」または「T」をタッチして、ズーム操作をする。 速い 中間 遅い ● ズームのスピードは、タッチする場所によって、「速い」、「中間」、「遅い」を選べる。 X 3 75 拡大して撮る
    • p. 76/276
      █ 画面中央を拡大して撮る(デジタルテレコン) ズーム画面でfをタッチすると、焦点距離を 2 倍にして撮影できます。 F 1 M X f 2 a M(メニュー)をタッチする。 b 「デジタルズーム」をタッチする。 c 「 f デジタルテレコン」をタッチする。 d Xをタッチする。 F 3 f 4 a 上下にドラッグして、 「 ZOOM 」 (ズーム)をタッ チする。 b f (デジタルテレコン)をタッチする。 ● 画面の中央が拡大される。 解除するとき もう一度 f をタッチする。 X 5 ● 別売のテレコンバーターをあわせて使用すると、さらに拡大した映像を記録できます。
    • p. 77/276
      手ブレ をおさえて 撮る 手ブレ補正 手ブレの少ない安定した映像を撮影できます。撮影のしかたによって補正方式を選べます。 F 1 Ä 2 a 上下にドラッグして、Ä(手ブレ補正)をタッチする。 b いずれかをタッチする。 Ä ダイナミック 歩きながら撮影するときなどの大きな手ブレを補正。ズームを広角側にするほど効果が大きい。 Å スタンダード 静止して手持ちで撮影するときなどの比較的小さな手ブレを補正。自然な映像が撮影できる。 Ì 切 三脚などを使って撮影するとき。 X 3 「ダイナミック」設定時と「スタンダード」
    • p. 78/276
      ● 手ブレが大きすぎると、補正しきれないことがあります。 ● カメラを左右や上下に動かして撮るときは、手ブレ補正を「ダイナミック」または「スタンダード」にすることをおすすめします。 ● 手ブレ補正を「切」に設定している場合でも、 「パワード IS 」を割り当てたアサインボタン(A 129 ) の操作によりパワード IS は有効になります。 望遠撮影時の大きな手ブレをおさえる(パワード IS ) パワード IS を使うと、手ブレ補正を強化することができます。静止して撮影するときに、ズームを望遠側 にするほど効果的です。画面に左手をそえると、より安定して撮影できます。パワード
    • p. 79/276
      ゲインリミット を 調整 する AGC リミット 被写体の明るさに応じて映像アンプのゲインの上限を設定できます。 F 1 x n 2 AGC x ( AGC リミット)→n(マニュアル)をタッチす る。 ● nが ON になり、メーターが出る。 3 または をタッチして、感度を選ぶ。 ● メーターを左右にドラッグして選ぶこともできる。 ● 数値を小さくする程、感度の上限が低くなる。 感度の上限を解除するとき m(オート)をタッチする。 X 4 AGC ■ 撮影モードが「マニュアル露出」または「 SCN
    • p. 80/276
      動きの 速 いものを 撮 る /背景 をぼかして 撮 る シャッタースピード/しぼり シャッタースピードが速いと、動きの速い被写体を一瞬でとらえ、遅いと水の流れのような流動感を表現できます。しぼり数値が小さい(開く)と背景をぼかしたポートレートが、しぼり数値が大きい(閉じる)と風景の近くから遠くまでボケを少なくして撮影できます。 F 1 ’ ÏÐ 2 a ’(撮影モード)をタッチする。 b いずれかをタッチする。 ’ (プログラム AE ) : シャッタースピードとしぼりが自動設定になる。 ‚ (シャッター優先
    • p. 81/276
      ‚ ■ 暗いところでスローシャッターを使うと、明るく撮影できますが、通常の撮影に比べて画質が多少劣化したり、ピントが自動では合いにくいことがあります。 ■ 高速シャッターでは、映像がちらついて、なめらかに見えないことがあります。 ■ 蛍光灯下で動画を撮影する場合、画面のちらつきがとれないときは、‚を選んでから 1/100 秒を選んでください。 “ ■ しぼり数値 F1.8 、 F2.0 、 F2.2 、 F2.4 、 F2.6 、 F2.8 、 F3.2 、 F3.4 、 F3.7 、 F4.0 、 F4.4
    • p. 82/276
      マニュアル で 明るさ を 調整 する マニュアル露出 しぼり、シャッタースピード、ゲインの 3 種類を自由に設定できます。設定するときにゼブラパターン (A 86 )を表示すると便利です。 強制逆光補正機能 (A 85 )も同時に使用できます。 F 1 n ÏÐ 2 a ’(撮影モード)をタッチする。 b 「n(マニュアル露出)」をタッチする。 c しぼり、シャッタースピード、ゲインの項目を選択する。 d ÏまたはÐをタッチして好みの数値を選ぶ。 ● メーターを左右にドラッグして選ぶこともできる。 X
    • p. 83/276
      明 るさを 調整 する 露出 逆光のときに被写体が黒くなったり、強い光が当たったときに白くとんでしまうことがあります。このようなときは明るさ(露出)の調整をします。なお、撮影モードを「打上げ花火」や「マニュアル露出」 * に設定しているときや、赤外撮影( A 122 )を設定しているときは、使用できません。 * 「強制逆光補正」や「ゼブラパターン」は「マニュアル露出」設定時でも使用できます。 F 1 y 2 a y (露出)をタッチする。 ÏÐ 3 a 画面上の、露出を合わせたい被写体をタッチする。 ●
    • p. 84/276
      █ 明るい部分にタッチして明るさを補正する(ハイライト AE ) 画面の中の明るい部分(ハイライト)にタッチして、露出を補正できます。タッチした部分が明るくなりすぎないように補正するので、白い雲などでも白とびしない範囲で明るく撮影できます。なお、タッチした部分が暗いときや、極端に明るいときは適切な補正にならないことがあります。 1 83 ページの操作 2 までを行う。 w 2 K 3 「ハイライト」→Kをタッチする。 K 4 83 ページの操作 3 を行う。 ハイライトを使わないとき 操作 3 で「ノーマル」をタッチする。
    • p. 85/276
      █ 強制逆光補正 強制逆光補正を使うと、露出とガンマを変更し、暗い部分を明るくします。 F 1 ° 2 a ° (強制逆光補正)をタッチする。 b 「 ON 」をタッチする。 ● 「 OFF 」をタッチするまで、逆光に適した露出になる。 X 3 自動逆光補正 逆光になっていることを検知して自動的に補正し、被写体を明るく撮影できます。光の状態が変わる場合に便利です。メニューで「切」にすることもできます(A 205 )。 ● アサインボタンに「強制逆光補正」を割り当てると、アサインボタンを押して「強制逆光補正」の
    • p. 86/276
      █ 明るさの目安を表示する(ゼブラパターン) ゼブラパターンを使うと映像の明るい部分に縞模様が表示されます。「 100% 」では白とびするような明 るさのとき、「 70% 」ではそれに近い明るさのときに縞模様が表示されます。明るさのバランスを確認し たいときに使うと安心です。 1 83 ページの操作 2 までを行う。 w 2 K 3 a 「 70 %」または「 100% 」のいずれかをタッチ する。 b Kをタッチする。 z { 4 a 「z」ま た は「{」の い ず れ か を タ ッ チ する。
    • p. 87/276
      色合い を 調整 する ホワイトバランス 太陽光や蛍光灯など周りの光によって、白い壁や白い紙などはオレンジっぽくなったり、青っぽくなったりします。撮影時の光に応じて「白いものを白く」写すように色を調整できます。撮影モードが’、‚、“、nのときに調整できます。 F 1 Ä 2 a Ä(ホワイトバランス)をタッチする。 b いずれかをタッチする。 ● 撮影する環境に合わせて目的のホワイトバランスを選ぶ。 Ã オート 通常はÃ(オート) * を選択。自動的に自然な色合いに 調整される。 ¼ 太陽光 晴天の屋外で撮影するときに選択。
    • p. 88/276
      X 3 ● Ж 1 З 2 ■ メニューの「デジタルズーム」を「切」にしてください(A 207 )。 ■ 場所や明るさが変わったときは再調整してください。 ■ 光によっては、ごくまれにÅ(セット)が点滅→消灯に変わらないことがありますが、自動調整よりも適切なホワイトバランスに調整されていますのでそのままお使いください。 Ã 次のような条件で撮影するとき、画面の色が不自然であればÆ(セット 1 )またはÇ(セット 2 ) で調整をしてください。 ■ 照明条件が急に変わる場所での撮影。 ■ クローズアップ撮影。
    • p. 89/276
      場面 や 目的 に合わせて 撮る SCN (シーン)モード 照り返しの強いスキー場や、海に沈む夕日、夜空を彩る打上げ花火など、場所や被写体に合わせてきれいに撮影します。 F 1 ’ ú 2 a ’(撮影モード)→ú(ポートレート)をタッチする。 b いずれかをタッチする。 シーンモードで選べる項目 ú 背景をぼかして、被写体を引き立たせる。 ü 夜景をきれいに撮る。 þ 照り返しの強い海岸で被写体が暗くなるのを防ぐ。 Œ 暗い場所で被写体を明るく撮る。 Š 打上げ花火をきれいに撮る。 û 動きの速い被写体を撮る。
    • p. 90/276
      ● ポートレート、スポーツ、スノー、ビーチの各モードで撮影した映像を再生すると、なめらかに見えなかったり、ちらつくことがあります。 ● ポートレートのときにズームをS側にすると、より効果的に背景がぼけます。 ● スノー/ビーチのとき、曇りや日陰など周囲が暗いときには、被写体が明るくなりすぎることがあります。画面で映像をご確認ください。 ■ 動きのある被写体は、残像が目立つ映像になることがあります。 ■ 明るく撮影できる分、通常の撮影に比べて画質が多少劣化することがあります。 ■ 画面に白い点などが出ることがあります。
    • p. 91/276
      好みの 画質 にする ピクチャー設定 色の濃さ、シャープネス、コントラスト、明るさを調整して撮影することができます。撮影モードが’、‚、“、nのときに設定できます。赤外撮影(A 122 )を設定しているときは使用できません。 F 1 c ÏÐ 2 a 上下にドラッグしてc(ピクチャー設定)→ 「 ON 」をタッチする。 b いずれかの調整項目をタッチする。 c ÏまたはÐをタッチして調整する。 色の濃さ :- 2 (薄い)~+ 2 (濃い) シャープネス :- 2 (弱い)~+ 2 (強い) コントラスト
    • p. 92/276
      タイムコード を 設定 する 撮影時に内蔵のタイムコードジェネレーターでタイムコードを生成できます。生成したタイムコードは、映像とともにカードに記録されるほか、 HD/SD-SDI 端子( ) HDMI OUT 端子に出力される映像にも 表示されます。また、 HDMI OUT 端子に対して、タイムコードを出力させるか、メニューで切り換えるこ とができます(A 215 )。 タイムコードのカウントアップ方式には次の 3 種類があります。また、ドロップフレームとノンドロップ フレームを選択できます。 Rec
    • p. 93/276
      4 「 Preset 」を選んだ場合 a 「タイムコードスタート値」をタッチする。 ● タイムコードの設定画面が表示され、「時」の桁が選択される。 ● 「リセット」をタッチすると、タイムコードが「 00:00:00.00 」にリセットされる。「 Free Run 」を選んでいるときは、リセット後のタイム コードから歩進を続ける。 ● 設定を途中で中止するときは「キャンセル」をタッチする。 b Í / Îをタッチして数値を選ぶ。 c b の操作を繰り返して、 「分」、 「秒」、 「フレーム」の数値を選ぶ→「
    • p. 94/276
      ユーザービット を 設定 する 8 桁の 16 進数( 0 ~ 9 、 A ~ F の英数字)をユーザービットとして設定し、映像と一緒にカードに記録でき ます。ユーザービットには撮影情報や記録した映像の管理情報など、映像に付加したい情報を自由に設定することができます。 █ 任意の 16 進数を設定する F 1 M 2 16 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 上下にドラッグして「ユーザービットタイプ」→「設定」をタッチする。 ● ユーザービットの設定画面が表示され、一番左の桁が選択される。 ● 「リセット」をタッチすると、ユーザービットが「
    • p. 95/276
      █ ユーザービットを出力する 設定したユーザービットを HD/SD-SDI 端子( ) HDMI OUT 端子から出力します。フレームレートが 「 23.98P 」の場合、「ユーザービット出力モード」を「プルダウン」にすると、ユーザービットが 2 : 3 プルダ ウン情報になります。 MEDIA モードで、 MP4 形式の動画を再生しているとき、 HD/SD-SDI OUT / HDMI OUT 端子に重畳さ れるユーザービットは固定値0が出力されます。 95 ユーザービットを設定する
    • p. 96/276
      音声 を 記録 する 本機では、収録する音声は、内蔵マイク、外部マイク入力(Φ 3.5mm マイク/ INPUT 端子 * )、外部ライ ン入力( INPUT 端子 * )から選択できます。 INPUT 端子のとき、 INPUT 1 / INPUT 2 の音声入力方法はそれぞ れ個別に選択できます。 AVCHD 形式の場合、録画モード(A 52 )を「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」または「 24 Mbps LPCM 」で設定すると、 2 チャンネルのリニア PCM 記録方式で音声を記録/再生できます。サンプリング周波数は
    • p. 97/276
      内蔵マイク INPUT 端子 MIC (マイク)端子 録音レベル調整つまみ ( CH1/CH2 ) 録音レベル切り換えスイッチ ( CH1/CH2 ) INPUT 端子感度切り換えスイッチ ( INPUT 1 / INPUT 2 ) INPUT 端子入力切り 換えスイッチ 97 音声を記録する
    • p. 98/276
      █ 外部マイク/外部ライン入力を本機に接続する マイクホルダーや INPUT 端子を使用するときは、ハンドルユニット HDU-1 (別売)を取り付けてください (A 24 )。   外部マイク 固定ネジ 1 マイクのとき 外部マイク 固定ねじをゆるめ( a )、外 部 マイクホルダ ー を 開 く ( b )    INPUT 端子 ケーブルクランプ 2 マイクのとき 外部マイク を取り付けて固定し( c )、 ケーブルをクランプにとめる( d ) 98
    • p. 99/276
       MIC (マイク)端子 3 外部マイク/外部ライン入力機器のケーブルを本機に接続する(  ) █ 内蔵マイク/外部マイク(Φ 3.5mm )の音声を選択する 別売のハンドルユニットを装着したまま内蔵マイク/外部マイク(Φ 3.5mm )で 音声を収録するときは、 INPUT 端子入力切り換えスイッチを OFF にする。 ● Φ 3.5mm マイク端子にマイクを接続すると、内蔵マイクからΦ 3.5mm マイクへ自 動的に切り換わる。 99 音声を記録する
    • p. 100/276
      █ 場面に合わせて音の設定を選択する(オーディオシーン) 内蔵マイクの音質を撮影場面に合わせて選べます。音にこだわった臨場感あふれるシーンが簡単に撮影できます。 F 12 a 上下にドラッグして、—(オーディオシーン)をタッチする。 b いずれかをタッチする。 ● 撮影する場面に合わせて録音設定を選ぶ。 ‘ スタンダード カメラまかせの標準的な設定で録音するとき。 ’ 音楽 音楽の演奏や歌声を豊かに録音。屋内での演奏や歌声を撮影するとき。 ‚ スピーチ 声の集音力を高めて録音。スピーチをしている人などを撮影するとき。
    • p. 101/276
      オーディオシーンの各設定一覧 スタン ダード ‘ 音楽 ’ スピーチ ‚ 森と野鳥 “ ノイズ カット ” カスタム „ マイクレベル マニュアル 70 マニュアル 70 マニュアル 86 マニュアル 80 マニュアル 70 オート / マニュアル 内蔵マイク ウィンドカット オートハイ オートロー オートハイ オートハイ オートハイ オートハイ / オートロー / 切 内蔵マイク アッテネー ター オート オート オート オート オート オート / 入 / 切 内蔵マイク 指向性切替 ノーマル ワイド
    • p. 102/276
      █ 内蔵マイク/外部マイク(Φ 3.5mm )の録音レベルを調整する 内蔵マイクや外部マイク(Φ 3.5mm )の録音時の音量(マイクレベル)を手動で調整できます。「オーディ オシーン」であらかじめ「カスタム」を設定してください(A 100 )。 F 1 ä n 2 上下にドラッグして、ä(マイクレベル)→n(マニュアル)をタッチする。 ● レベルメーターと調整用のÏ / Ðが出る。 自動調整に戻すとき m(オート)をタッチする。 ПР 3 ÏまたはÐをタッチして調整する。 ● レベルメーターの表示が
    • p. 103/276
      ● レベルメーターの「 0 」の位置が赤く表示されているときは、音がひずむことがあります。 ● マイクレベルを調整したり、「内蔵マイクアッテネーター」を「入」に設定しているときは、ヘッドホンで音量を確認することをおすすめします(A 115 )。 103 音声を記録する
    • p. 104/276
      █ 内蔵マイクウィンドカットを使う 屋外で撮影するときに風の影響を受けて発生する、「ボコボコ」というノイズ音を自動的に低減します。なお、その際、風の音と一緒に低音の一部も低減されますので、風の影響を受けない場所で撮影する ときや、低音まで収録するときは、「切」を選びます。「オーディオシーン」であらかじめ「カスタム」を設定してください(A 100 )。 F 1 M 2 a M(メニ ュ ー)→「 内 蔵 マイクウ ィ ンドカット」をタッチする。 b 「 オートハイ」または「L オートロー 」 をタッチする。
    • p. 105/276
      █ 内蔵マイクのアッテネーターを使う 内蔵マイクの信号に対しアッテネータ( 12dB )を使用します。「オーディオシーン」であらかじめ「カスタ ム」を設定してください(A 100 )。 F 1 M 2 a M(メニ ュ ー)→「 内 蔵 マイクア ッ テネ ーター」をタッチする。 b いずれかをタッチする。 k(オート) カメラがマイク音量に合わせて、アッテネーターを自動的に入/切します。大音量はひずまない音量に、大音量以外は最適な音量で記録できる。 i(入) アッテネーターが常に働き、音の強弱をより忠実に記録できます。
    • p. 106/276
      █ 内蔵マイクの周波数特性を変える 収録する音に合わせて最適特性で録音できます。「オーディオシーン」であらかじめ「カスタム」を設定してください(A 100 )。 F 1 M 2 M(メニュー)→「内蔵マイク周波数特性」をタッチする。 3 上下にドラッグしていずれかの周波数特性をタッチする。 ノーマル 最も使用頻度が高く、バランスのとれた録音ができる。 低域強調 低域を強調し、迫力ある録音ができる。 低域カット 風雑音や自動車走行音などの低域の環境音を低減する。 中域強調 人の声を中心に録音する。 低高域強調
    • p. 107/276
      █ 内蔵マイクの指向性を切り換える 内蔵マイクの指向性を切り換えることで、正面の音に重点をおいて周囲のノイズを少なくしたり、音の広がりを強調したりすることができます。「オーディオシーン」であらかじめ「カスタム」を設定してください(A 100 )。 F 1 M 2 M(メニュー)→「内蔵マイク指向性」をタッチする。 3 いずれかの指向性をタッチする。 モノラル マイク正面の音声を重点的に記録するモノラル録音。 ノーマル ワイドとモノラルの中間。標準的な 2ch 録音。 ワイド 音の広がりを強調した 2ch
    • p. 108/276
      █ 外部マイク(Φ 3.5mm )のアッテネーターを使う MIC 端子の信号に対しアッテネーター( 20dB )を使用します。 F 1 M 2 MIC a M(メニュー)→「 MIC アッテネーター」を タッチする。 b いずれかをタッチする。 k(オート) カメラがマイク音量に合わせて、アッテネーターを自動的に入/切します。大音量はひずまない音量に、大音量以外は最適な音量で記録できる。 i(入) アッテネーターが常に働き、音の強弱をより忠実に記録できます。 「入」にすると画面にåが出る。 j(切) X
    • p. 109/276
      █ MIC ローカットを使う MIC 端子の信号に適用する低周波数のカットオフ特性を変更します。 F 1 M 2 MIC a M(メニュー)→「 MIC ローカット」をタッ チする。 b 「 ON 」または「 OFF 」をタッチする。 X 3 109 音声を記録する
    • p. 110/276
      █ MIC 端子入力選択 MIC 端子に入力する信号を選択します。オーディオプレーヤーなどの外部機器か市販の外部マイクかを 選択します。 F 1 M K 2 MIC a M(メニュー)→「 MIC 端子入力選択」を タッチする。 b 接続した機器に応じて、いずれかをタッチ→Kをタッチする。 外部音源 オーディオプレーヤーなどの外部機器を使用するとき。 マイク 市販の外部マイクを使用するとき。 ● ワイヤレスマイクロホン WM-V1 を取り付けている場合、この操作は不要。 110
    • p. 111/276
      █ 外部マイク( INPUT 端子)/外部ライン入力( INPUT 端子)の音声を選択する 外部マイクまたは外部ライン入力を選ぶ 1 INPUT ON 2 INPUT INPUT 1/INPUT 2 LINE MIC ● ファンタム電源が必要なマイクを使うときは MIC + 48V に切り換える。ファンタム電源を ON にするときはマイクを接続してから行い、 OFF にするときは接続したまま行う。 CH2 を選択する チャンネル 2 に記録する入力信号はメニューで「 INPUT 1 」 「 INPUT
    • p. 112/276
      █ INPUT 端子の録音レベルを調整する INPUT 端子の録音レベルはチャンネルごとにオート/マニュアルを個別に設定できます。 オートで調整する 録音レベル切り換えスイッチを A (オート)にすると、そのチャンネルの録音レベルが オートになり、自動調整されます。 INPUT CH1 CH2 INPUT 端子の CH1/CH2 が同じ音声入力(外部ライン入力または外部マイク)に設定されている場 合、録音レベルをオートに設定すると、 CH1 と CH2 のレベル調整を連動させることができます。 p→「
    • p. 113/276
      ● レベルメーターの「 0 」の位置が赤く表示されているときは、音がひずむことがあります。 ● レベルメーターが適切に表示されているのに音がひずむときは、 INPUT 端子に接続した機器で はメニューで「 INPUT1 ( 2 ) マイクアッテネーター」を「入」にしてください(A 114 )。 ● 録音レベルを調整したり、「 INPUT1 ( 2 ) マイクアッテネーター」を「入」に設定したりしている ときは、ヘッドホンで音量を確認することをおすすめします(A 115 )。 過大な音声入力によるひずみを防止するために、音声信号レベルを制限することができます。録音レベルをマニュアルで調整するときに、入力レベルが
    • p. 114/276
      █ 外部マイク( INPUT 端子)のアッテネーターを使う INPUT 1 または INPUT2 の信号に対し、アッテネーター( 20dB )を使用します。 INPUT 端子感度切り換えス イッチが MIC または MIC+48V のとき、使用できます。 F 1 M 2 INPUT 1 INPUT 2 a M(メニュー)→「 INPUT 1 マイクアッテ ネーター」または「 INPUT 2 マイクアッテネー ター」をタッチする。 b 「i(入)」をタッチする。 ● マイク信号は 20dB 減衰する。 X
    • p. 115/276
      ヘッドホン を使う 撮影時や再生時にヘッドホンで音声を聞くことができます。 █ ヘッドホンで音声を聞きながら撮影/再生する ヘッドホンを(ヘッドホン)端子に接続して、ヘッドホンで撮影や再生される音声をモニターできます。 F 1 ● MEDIA モードのときは、この操作は不要。 Ф Х 2 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 上下にドラッグして、「ヘッドホン音量」をタッチする。 c Ô またはÕをタッチして調整する。 ● メーターを左右にドラッグしても調整できる。 X 3 ● 調整した位置で音量が固定される。
    • p. 116/276
      █ 再生中にヘッドホン音量を調整する Ф Х 1 再生中 a 画面上をタッチして、操作ボタンを出す。 b をタッチする。 c ヘッドホン音量のÔまたはÕをタッチして音量を調整する。 ヘッドホンを使うときは、音量を一度下げてください。 モニターする際、音声を映像に同期させるか、リアルタイムの音声をモニターするかをq→ 「モニターディレイ」で設定できます。なお、リアルタイムの音声をモニターすると、映像と音声 に少しズレが生じます。記録される映像と音声は、設定にかかわらず同期されます(A 149 )。 ヘッドホンを使う
    • p. 117/276
      カラーバー/テストトーン を 記録 する カラーバー & テストトーン テレビや外部モニターの色や明るさの調整用に、カラーバーを出力/記録することができます。また同時に 1kHZ のテストトーンを出力/記録することもできます。カラーバーとテストトーンは次の端子にも 出力されます。 1 kHz AV OUT 端子 ● ● HDMI OUT 端子 ● ● HD/SD-SDI 端子 ● ● × (ヘッドホン)端子 ― ● █ カラーバーを記録する 出力/記録するカラーバーは、 SMPTE 準拠と ARIB
    • p. 118/276
      █ テストトーンを記録する カラーバーとともに 1 kHz のテストトーンを出力/記録することができます。本機を他機につないで再 生する場合、本機のテストトーンを使って接続した機器のレベルを調整することができます。テストトーンのレベルは、接続する機器に合わせて、「 -12dB 」、「 -18dB 」、「 -20dB 」から選べます。 F 1 M 2 a M(メニュー)→ をタッチする。 b 上下にドラッグして「 1 kHz テストトーン」を タッチする。 c 「 -12dB 」、「 -18dB 」、「
    • p. 119/276
      ビデオスナップ を 撮 る ビデオスナップモードを使って撮影すると、 4 秒間の短い映像(ビデオスナップ)が記録できます。ビデ オスナップはアサインボタン(A 129 )に「ビデオスナップ」を割り当てて操作します。 1 A 129 2 a 「ビデオスナップ」を割り当てたアサインボタ ンを押す。 ● 「ビデオスナップ記録時間」アイコンが表示される。 3 ● 約 4 秒間撮影し、自動的に撮影が一時停止する。 ● 記録後、シャッターを切ったときのように画面が一度黒くなる。 ● メニューの「ビデオスナップ記録時間」
    • p. 120/276
      撮影チャンス を逃さない PRE REC (プレ REC ) 3 秒前からの映像を自動的に記録できます。 初期設定では、アサインボタン 2 (A 14 、 129 ) に「 PRE REC 」が割り当てられていますので、 PRE REC を使うとき は、このボタンを押して操作します。 1 PRE REC a 画面にzが出る。 解除するとき もう一度 PRE REC ボタンを押す。 2 ● ボタンを押す 3 秒前からの映像が記録される。 PRE REC の設定直後や撮影終了後から約 3 秒以内に撮影を始めると、
    • p. 121/276
      画面の 表示 を 切 り 換 える 画面に表示する撮影情報などを切り換えられます。 ● 表示される撮影情報は、押すたびに切り換わる。 █ 表示される内容や切り換わりかた 動画撮影中 すべて表示 → (マーカー表示) * 1 → 表示なし 動画再生中 * 2 静止画再生中 * 2 メニューの「データコード表示」の設定情報を表示 → すべて表示 * 1 メニューで「マーカー表示」を設定しているときのみ表示される。 * 2 DISP. ボタンを押したり、画面をタッチしたりすると、設定内容にかかわらず操作ボタンが出る。
    • p. 122/276
      赤外撮影 ( INFRARED )を行う INFRARED スイッチを ON にすると、赤外撮影ができます。撮影時は、赤外撮影色(高輝度部分色)を白と 緑から選択できます。また、赤外ライトを発光できます。赤外ライトは、メニューの「赤外ライト」または、アサインボタン(A 129 )に「赤外ライト」を割り当てて ON/OFF を操作します。赤外ライトを使用するときは、 ハンドルユニット HDU-1 (別売)を取り付けてください(A 24 )。 █ 赤外撮影を設定する 1 ● INFRARED 切り換えスイッチを
    • p. 123/276
      別売アクセサリー を使う █ ワイヤレスマイクロホン WM-V1 (別売)を使う ワイヤレスマイクロホン WM-V1 を使用すると、内蔵マイクではとらえられない離れた場所の音声を記録 することができます。 WM-V1 の取り付けかたや操作については、 WM-V1 の使用説明書をご覧ください。 レシーバー マイク MIC 端子 123
    • p. 124/276
      █ GPS レシーバー GP-E2 を使う 本機と GPS レシーバー GP-E2 (別売)を接続して使用すると、 GPS 情報を取得して、本機で記録した動画 や静止画に GPS 情報を付加することができます。 GP-E2 の取り付けかたや操作については GPS レシーバー GP-E2 の説明書も合わせてご覧ください。 GP-E2 付属接続ケーブル 本機と GPS レシーバー GP-E2 を接続するときは、 GP-E2 付属のケーブルで接続してください。なお、 GP-E2 を本機に取り付けるときは、グリップベルトへの取り付け、または
    • p. 125/276
      4 カスタマイズ よく使う機能を設定する ............... 126 アサインボタンの機能を変更する ... 129 メニューデータの保存と読み出し ... 131
    • p. 126/276
      よく使う 機能を設定 する CUSTOM ダイヤル&ボタン よく使う機能を選んで設定しておくと、その機能を簡単に切り換えられます。割り当てる機能はメニューまたは専用メニューで設定します。 CUSTOM (カスタム)ボタン CUSTOM (カスタム)ダイヤル █ 機能を割り当てる メニューで割り当てる F 1 M q 2 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 上下にドラッグして、「 CUSTOM ダイヤル&ボ タン」をタッチする。 c いずれかをタッチする。 設定した機能を解除するとき c でj(切)をタッチする。
    • p. 127/276
      3 操作 2 のcで選んだ項目によって以下の操作を行う。 「 Tv/Av 」を選んだとき a 撮影モードを‚または“にする(A 80 )。 b CUSTOM (カスタム)ダイヤルを回してシャッタースピードまたはしぼり値を調整する。 「マニュアル露出」を選んだとき a 撮影モードをnにする(A 82 )。 ● CUSTOM (カスタム)ボタンを押すたび、項目が移動する。 b CUSTOM (カスタム)ダイヤルを回して選んだ項目の数値を調整する。 「 AGC リミット」を選んだとき a CUSTOM (カスタム)ボタンを押して
    • p. 128/276
      3 127 ページの手順 3 を行う。 █ CUSTOM (カスタム)ボタン/ CUSTOM (カスタム)ダイヤルの操作 CUSTOM CUSTOM ” TV/AV - シャッタースピード/しぼり値の調整 n マニュアル露出 しぼり、シャッタースピード、 ゲインの項目移動 CUSTOM (カスタム)ボタンで選んだ 項目の値を調整 x AGC リミット ON/OFF AGC リミット値の調整 y 露出 ON/OFF 露出値の調整 よく使う機能を設定する 128
    • p. 129/276
      アサインボタン の 機能 を 変更 する 本機には 5 個のアサインボタンがありますので、使用頻度の高い機能を割り当てて、より使いやすくカ スタマイズすることができます。 アサインボタンの番号とボタン名、初期設定は次のとおりです。 アサインボタン 1 AF/MF アサインボタン 2 z プレ REC アサインボタン 3 - アサインボタン 4 - アサインボタン 5 レックレビュー アサインボタンには次の機能を割り当てることができます。 È パワード IS* 1 パワード IS の ON/OFF を切り換える。
    • p. 130/276
      AGC リミット * 1 Fメニューの「 AGC リミット」を表示する。 フォーカス * 1 Fメニューの「フォーカス」を表示する。 露出 * 1 Fメニューの「露出」を表示する。 オーディオシーン Fメニューの「オーディオシーン」を表示する。 マイクレベル * 1 Fメニューの「マイクレベル」を表示する。 ズーム Fメニューの「ズーム」を表示する。 手ブレ補正 * 1 Fメニューの「手ブレ補正」を表示する。 ピクチャー設定 * 1 Fメニューの「ピクチャー設定」を表示する。 Wi-Fi Remote
    • p. 131/276
      メニューデータ の 保存 と 読み出し FUNC. メニュー、メニュー、シネマルックフィルター(A 58 )で行った各種の設定情報をメニューデータ (設定データ)としてカードに保存することができます。メニューデータ(設定データ)は必要に応じて 本機に読み出して再利用できます。複数のカメラを同じ設定にするときに便利です。 █ メニューデータをカードに保存する 1 3 F 2 M q 3 7 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 上下にドラッグして、「メニュー設定保存 」 をタッチする。 c 「保存」→「はい」をタッチする。
    • p. 132/276
      █ メニューデータをカードから読み込む カードに保存されている設定データを読み込んで本機に設定します。 1 3 F 2 M q 3 7 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 上下にドラッグして、「メニュー設定保存 」 をタッチする。 c 「読み込み」→「はい」をタッチする。 ● カードから読み込んだメニュー設定の内容に設定される。 ● 設定データが本機に読み込まれたあと、画面が一度消え、本機が再起動する(メニュー画面は閉じます)。 設定データは、 XA20 と XA25 の間で相互に読み込んで使用できます。一度読み込むと、共通のメ
    • p. 133/276
      5 再生/編集 シーンを再生する .......................... 134 シーンを消す ................................. 139 シーンを分割する .......................... 141
    • p. 134/276
      134 シーン を 再生 する ここでは、撮影した映像(シーン)の再生について説明します。外部のモニターに接続して再生するときは、「接続」をご覧ください(A 144 )。 █ 再生する 1 POWER MEDIA ● インデックス画面が表示される。
    • p. 135/276
      135 シーンを再生する 2 タッチして左右に画面を切り換える シーン情報 左にドラッグで次の画面へ 右にドラッグで前の画面へ カードと動画形式を切り換えるとき a をタッチする。 b タッチして、カード A とカード B を切り換える。 c タッチして、·( AVCHD 形式)と¸( MP4 形式)を切り換える。
    • p. 136/276
      136 3 ● タッチしたシーンの再 生が終わると、インデックス画面の最後のシーンまで自動的に再生される。 ● 画面上をタッチすると、操作ボタンが出る。操作しないと数秒で消える(再生中のみ)。もう一度タッチしても消える。 前スキップ 早戻し 次スキップ 再生停止 早送り 再生一時停止 データコード * 音量 逆スロー再生 再生一時停止 スロー再生 再生 あとからフォト * MP4 形式の動画のときは記録が開始された日付が表示されます。 Ø(早戻し)×(早送り) 操作するたびに再生速度が 5 倍→ 15
    • p. 137/276
      137 シーンを再生する 1. 再生中に画面をタッチ→ 「 」 をタッチする。 ヘッドホン音量とスピーカー音量の調整バーが出る。 2. 調整バーの左右のマークをタッチするか、バー上を左右にドラッグして調節する→Kをタッチする。 シーン情報を表示することができます。 1. AVCHD 形式または MP4 形式の動画インデックス画面でIをタッチする。 2. シーンをタッチする。 3. Kを 2 回タッチする。 ● 別売の GP-E2 を使って撮影した場合は GPS 情報も表示されます。 ● ACCESS ランプが点滅している間は、次のことを必ず守ってください。データを破損する恐れ
    • p. 138/276
      シーンを再生する 138 █ 映像を写真として切りとる(あとからフォト) 撮影した映像から、気に入った場面を静止画として切りとれます。 1 A 134 2 画面上のÝをタッチする。 Z 3 ● 記録される静止画のサイズは 1920 × 1080 です。 ● 切りとった静止画の撮影日時は、元の動画を撮影したときの日付と時刻が設定されます。 ● 動きの速い映像を静止画として切りとると、ブレた静止画になることがあります。 ● 静止画は、メニューの「記録先」→「静止画記録先」で選んだカードに記録されます(A 42
    • p. 139/276
      139 シーン を 消す 消去 不要なシーンを複数選んでまとめて消すことができます。日付を指定して一括消去したり、表示しているメモリー内のすべてのシーンを消したりすることもできます。 █ ある日のシーン、選んだシーン、すべてのシーンをまとめて消す 1 A 135 特定の日に撮った全シーンを消すとき 左右にドラッグして、消去するシーンの日付を画面に出す。 F 2 F→「消去」をタッチする。 3 特定の日に撮った全シーンを消すとき * (操作 5 へ) シーンを選んで消すとき すべてのシーンを消すとき *
    • p. 140/276
      シーンを消す 140 5 a 「はい」をタッチする。 中止するとき 「中止」をタッチする。一部のシーンは消去される。 b 「 OK 」をタッチする。 █ 再生一時停止中のシーンを消す Ý 1 a シーンをタッチする。 ● 再生が始まる。 b 画面上をタッチ→Ýをタッチする。 ● 一時停止する。 F 2 a F→「消去」→「はい」をタッチする。 b 「 OK 」をタッチする。 ● ● 大切な映像データは、あらかじめバックアップしてください(A 158 、 160 、 164 、 167 )。 ● シーン消去中、
    • p. 141/276
      141 シーン を 分割する 分割 AVCHD 形式のシーンを分割できます。分割することで、不要なシーンを消去できます。 1 A 134 Ý 2 画面上をタッチ→Ýをタッチする。 F 3 F→「分割」をタッチする。 Ð 4 a 分割する位置を探す。 ● Ðをタッチすると再生する。もう一度タッチすると一時停止する。 再生中 Ш / Ч 早戻し/早送り 一時停止中 Ф / У コマ戻し/コマ送り b 分割する位置で一時停止にする。 µ 5 「µ分割」→「はい」をタッチする。 ● 分割した元のシーンの次に挿入される。
    • p. 142/276
      142 シーン を 切りとる トリミング MP4 形式のシーンから不要な部分を切りとって消去できます。指定した位置より前、または後ろの部分 を消去します。 1 A 134 Ý 2 画面上をタッチする→Ýをタッチする。 F 3 F→「トリミング」をタッチする。 Ð 4 a 位置を探す ● Ðをタッチすると再生する。もう一度タッチすると一時停止になる。 再生中 Ш / Ч 早戻し/早送り 一時停止中 Ф / У コマ戻し/コマ送り b 切りとる位置で一時停止にする。 5 ① 「トリミング」をタッチする。 ②
    • p. 143/276
      6 接 続 外部モニターを接続する ............... 144 出力端子・出力信号形式を選択する ... 145 音声出力を選択する ...................... 149
    • p. 144/276
      外部モニター を 接続 する 撮影・再生映像をモニターに表示するときは、外部モニターに応じて使用する端子を選び本機と外部モニターを接続したあと、使用する端子の出力信号形式をメニューで設定します。 AV OUT と HDMI 出力は自動的に切り換わります。 █ 接続のしかた HDMI OUT 端子 AV 端子 ハイスピード HDMI ケーブル HTC-100/S (付属) ステレオビデオケーブル STV-250N (付属) BNC ケーブル (市販) HD/SD-SDI 端子 SDI IN VIDEO IN
    • p. 145/276
      出力端子・出力信号形式 を選択する 使用する出力端子、出力信号形式を、メニューから選びます。 █ HD/SD-SDI 端子を使用する HD/SD-SDI 端子から出力される映像信号は、オーディオ信号とタイムコード信号が重畳されます。画面表 示を重畳することもできます(A 215 )。 F 1 M q 2 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「出力端子」をタッチする。 c 「 HD/SD-SDI 」を選ぶ。 X 3 █ HDMI OUT 端子を使用する HDMI OUT 端子を使用すると、映像と音声をデジタル信号で出力することができます。
    • p. 146/276
      ● 「出力端子」で「 HD/SD-SDI & HDMI 」を選ぶと、「 HD/SD-SDI 出力」と同じ信号形式になり ます。 ● HDMI OUT 端子は出力専用です。他の出力端子と接続しないでください。故障の原因となります。 ● HDMI OUT 端子で接続していると、 AV OUT 端子から映像は出力されません。 ● DVI 対応モニターとの接続は保証していません。 ● モニターによっては正しく表示されないことがあります。そのときは、 AV OUT 端子を使って接 続してください。 146
    • p. 147/276
      █ コンポジット出力端子を使用する コンポジット出力端子( AV OUT 端子)からは、ダウンコンバートされた SD アナログコンポジット信号を出 力します。 F 1 M q 2 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「出力端子」をタッチする。 c 「 AV OUT 」を選ぶ。 X 3 ● モニターがビデオ ID-1 方式に対応していれば、自動的にワイド画面( 16 : 9 )に切り換わります。 ● ワイド( 16 : 9 )モードのない標準画質のテレビ( 4 : 3 )につなぐときは、メニューの「テレビタイプ」
    • p. 148/276
      █ 出力信号形式を選ぶ HD/SD-SDI 出力のとき F 1 M q 2 HD/SD-SDI a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「 HD/SD-SDI 出力」をタッチする。 c いずれかを選ぶ。 HDMI 出力のとき F 1 M q 2 HDMI a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「 HDMI 出力」をタッチする。 c いずれかを選ぶ。 「 HDMI 出力」でk以外を選択したとき、設定した出力信号形式にモニターが対応していない場 合、 HDMI 出力は停止します。 出力端子・出力信号形式を選択する
    • p. 149/276
      音声出力 を 選択 する HD/SD-SDI 端子( )、 HDMI OUT 端子、 AV OUT 端子、×(ヘッドホン)端子から音声を出力できます。 AV OUT 端子、×(ヘッドホン)端子から出力される音声はチャンネルを選択できます。 █ 映像と音声のタイミングを選ぶ(モニターディレイ) AV OUT 端子、×(ヘッドホン)端子から出力される音声について、映像とタイミングを合わせて遅延させ るかどうかを設定することができます。 F 1 M q 2 a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「モニターディレイ」をタッチする。
    • p. 150/276
      █ 音声出力チャンネルを選ぶ AV OUT 端子、×(ヘッドホン)端子から出力される音声のチャンネルを選択することができます。 CAMERA モードでは、 INPUT 端子入力切り換えスイッチを ON にしているときのみ操作できます。 F 1 M q 2 CH a M(メニュー)→qをタッチする。 b 「オーディオ出力 CH 」をタッチする。 c いずれかを選ぶ。 ƒ 出力音声の L ch に CH1 を、 R ch に CH 2 を割り当てる。 š 出力音声の L ch と R ch の両方に CH
    • p. 151/276
      7 静止画 写真を見る ..................................... 152 写真を消す ..................................... 155
    • p. 152/276
      写真 を 見 る 1 POWER MEDIA ● インデックス画面が表示される。 2 ▼ b a 3 左にドラッグで次の画面へ 右にドラッグで前の画面へ タッチして左右に画面を切り換える カードを切り換えるとき a タッチしてカード A とカード B を切り換える 152
    • p. 153/276
      4 ● 静止画が再生される( 1 枚表示画面)。 ● 再生中、左右にドラッグで次または前の静止画に切り換わる。 ● 別売の GP-E2 を使って撮影した場合は GPS 情報も表示される。 █ 再生中に他の静止画にジャンプする(静止画ジャンプ) 1 静止画再生中 ● 操作ボタンが出る。 h 2 3 ● ジャンプ先の静止画が再生される。 K 4 153 写真を見る
    • p. 154/276
      █ インデックス画面を出す 静止画再生中にインデックス画面に切り換える方法です。 1 静止画再生中 ● 操作ボタンが出る。 f 2 ● ACCESS ランプが点滅している間は、次のことを必ず守ってください。データを破損する恐れ があります。 ■ カードカバーを開けない。 ■ 電源を切らない。バッテリーなどの電源を取り外さない。 ■ カメラモードスイッチを切り換えない。 ● 次の静止画は正しく再生されないことがあります。 ■ 本機以外の製品で記録したとき。 ■ パソコンで作成や加工をしたとき。 ■ パソコンでファイル名を変更したとき。
    • p. 155/276
      写真 を 消す 静止画消去 不要な静止画は消去できます。再生中の静止画を消す方法と、選んだ静止画やすべての静止画をまとめて消す方法とがあります。 █ 再生中の静止画を消す 1 静止画再生中 ● 操作ボタンが出る。 F 2 a F →「消去」をタッチする。 ● 消去画面が出る。 ● 左右にドラッグで別の静止画を選ぶこともできる。 b 「 実行」→「はい」をタッチする。 X 3 █ ある日の静止画、選んだ静止画、すべての静止画をまとめて消す 1 A 152 F 2 F →「消去」をタッチする。 3 特定の日に撮ったすべての静止画を消すとき
    • p. 156/276
      4 a 消す静止画をタッチする。 ● 静止画が選択され!が付く。 ● もう一度タッチすると選択が解除される。 b a の操作を繰り返して、消す静止画をすべて 選ぶ。 選択をすべて解除するとき 「全解除」→「はい」をタッチする。 J 5 a 静止画を選んで消すとき J をタッチする。 b 「はい」をタッチする。 中止するとき 「中止」をタッチする。一部の静止画は消去される。 c 「 OK 」をタッチする。 ● 他機でプロテクトされている静止画は消せません。 写真を消す 156
    • p. 157/276
      8 パソコンに保存する ....................... 158 ビデオ/写真をカードにコピーする ... 160 MP4 形式の動画に変換する ............ 164 BD レコーダーなどに ダビングする .................................. 167 撮影データの保存/共有
    • p. 158/276
      パソコンに保存 する 付属のソフトウェア Data Import Utility を使うと、分割されたシーンを 1 つのファイルに結合してパソコン に取り込むことができます。 Data Import Utility ● シーンをパソコンに取り込む。 ● リレー記録(A 55 )を使用して分割されたシーンを 1 つのファイルに結合してパソコンに取り込む。 ● 4GB ごとに分割された AVCHD 形式や MP4 形式のシーンを 1 つのファイルに結合してパソコンに取り込む。 ソフトウェアをインストールする前に、
    • p. 159/276
      インストール操作手順については、 Data Import Utility の取扱説明書( PDF ファイル)をご覧ください。 USB ケーブル IFC-300PCU/S (付属) 1 本機 AC 2 本機 MEDIA 3 本機 A 135 付属の USB ケーブル 4 「接続するメモリーを選択してください」が出たとき 「すべて(パソコン)」をタッチする。 ● 左のアイコンをダブルクリックすると、パソコンの画面に Data Import Utility の起動画面が出る。 5 パソコン Data Import
    • p. 160/276
      ビデオ/写真を カード に コピー する コピー カードに記録された動画や静止画を、もう一方のカードへコピーできます。選んだシーンや静止画、すべてのシーンや静止画をまとめてコピーします。 AVCHD 形式の動画は特定の日に撮影したシーンをす べて、 MP4 形式の動画や静止画は日付ごとに作成されたフォルダーごとコピーできます。 █ 動画をコピーする 12 A 135 特定の日に撮ったシーンをコピーするとき 左右にドラッグして、コピーするシーンの日付を画面に出す。 F 6`77`6 3 F →「コピー [
    • p. 161/276
      6 a 「はい」をタッチする。 中止するとき 「中止」をタッチする。 b 「 OK 」をタッチする。 █ 静止画をコピーする 再生中の静止画をコピーする 12 1 ● カード A またはカード B に保存されている静止画を選ぶ。 3 ● 操作ボタンが出る。 F 4 a F →「コピー [ 6`7 ] 」または「コピー [ 7`6」をタッチする。 ● コピー画面が出る。 ● 左右にドラッグして別の静止画を選ぶこともできる。 b 「¨実行」→「はい」をタッチする。 X 5 161 ビデオ/写真をカードにコピーする
    • p. 162/276
      静止画を選んでまとめてコピーする 12 A B A 152 F 3 F →「コピー [ 6`7 ] 」または「コピー [ 7`6」をタッチする。 4 特定の日に撮った全静止画をコピーするとき静止画を選んでコピーするときすべての静止画をコピーするとき J 5 静止画を選んでコピーするとき a コピーする静止画をすべてタッチする。 ● 静止画が選択され、!が付く。 ● もう一度タッチすると選択が解除される。 選択をすべて解除するとき 「全解除」→「はい」をタッチする。 b J をタッチする。 6 a 「はい」をタッチする。
    • p. 163/276
      ● ACCESS ランプが点滅している間は、次のことを必ず守ってください。データを破損する恐れ があります。 ■ カードカバーを開けない。 ■ 電源を切らない。バッテリーなどの電源を取り外さない。 ■ カメラモードスイッチを切り換えない。 ■ カードカバーが開いていたり、カードの誤消去防止ツマミが LOCK 側になっているとき。 ■ カード内のフォルダー数とファイル数が最大になり、新しくファイル番号が作成できないとき(A 211 )。 ● 静止画の場合、カードの空き容量が足りなくなると、コピーを中止します。
    • p. 164/276
      MP4 形式 の 動画 に変換する カードに記録した AVCHD 形式や MP4 形式の動画を、より容量の少ない MP4 形式の動画に変換して、もう 一方のカードにコピーします。インターネットにアップロードするときなどに便利です。変換するときに、シネマルックフィルター * を使うこともできます。 * 撮影時にシネマルックフィルターを使用した動画と MP4 変換時にシネマルックフィルターを使用した動画では、効果 が異なることがあります。 1 A 134 F 2 MP4 a F→「 MP4 変換 [ 6 →7
    • p. 165/276
      R 5 シネマルックフィルターを選ぶとき a Rをタッチする。 b いずれかを中央に表示してOをタッチする。 ● 解除するときは「 FILTER1 ~ 9 」をタッチする。 6 a 「 START 」をタッチする。 ● MP4 形式の動画に変換される。 中止するとき 「 STOP 」をタッチする。 b Oをタッチする。 165 MP4 形式の動画に変換する
    • p. 166/276
      ● 以下のように変換してコピーします。 MP4 35 Mbps 24 Mbps 17 Mbps 4 Mbps 3 Mbps · 28 Mbps LPCM (59.94P) 、 28 Mbps (59.94P) ― 24 Mbps LPCM 、 24 Mbps (59.94i / PF29.97 / 23.98P) ― ● (29.97P / 23.98P) 17 Mbps (59.94i / PF29.97 / 23.98P) ― ● (29.97P / 23.98P) 5 Mbps (59.94i /
    • p. 167/276
      BD レコーダー などに ダビング する 撮影した映像を他の BD (ブルーレイディスク)レコーダーや DVD レコーダーなどにダビングすることがで きます。 █ ハイビジョン画質のままダビングする USB ケーブル(付属)で AVCHD 規格対応のレコーダーなどと接続すれば、ハイビジョン画質のままダビング できます。また、レコーダーがお使いのカードに対応している場合は、カードからダビング可能です。なお、本機との動作確認については、お使いのレコーダーの説明書やホームページなどでご確認ください。 1 本機
    • p. 168/276
      █ 標準画質に変換してダビングする 本機で撮った動画を映像/音声端子付きの DVD レコーダーなどにダビングできます。画質は標準画質に 変換されます。 接続する AV OUT STV-250N 168
    • p. 169/276
      ダビングする 1 本機 AC 2 本機 AVCHD A 135 3 レコーダー 4 本機 ● メニューの「データコード表示」で、画面の日時表示を変更することができる(A 209 )。 5 レコーダー 6 レコーダー e 7 本機 画面上をタッチ→eをタッチする。 169 BD レコーダーなどにダビングする
    • p. 170/276
      MEMO
    • p. 171/276
      9 Wi-Fi でできること ................................ 172 スマートフォンをリモコン として使って操作する ................... 176 Android / iOS のスマートフォンなどの Web ブラウザーで見る .................... 183 iOS 機器からアップロードする ...... 185 パソコンなどで見る ....................... 187 パソコンなどに転送する ................
    • p. 172/276
      Wi-Fi YouTube Facebook FTP iOS * 1 Web Movie Uploader * 2 iOS A 183 A 176 Wi-Fi でできること Wi-Fi (ワイファイ) Wi-Fi 機能でスマートフォンなどと接続すると、撮影データの保存・再生・アップロードなどをワイヤ レスで行えます。また、スマートフォンやタブレットの画面で、離れた場所にあるビデオカメラをリモートコントロールできます。なお、この章で使われている Wi-Fi 関連の用語については、「用語の説明」 (A 199
    • p. 173/276
      *1 アクセスポイント経由で接続したパソコンから見ることもできます(A 187 )。 *2 株式会社ピクセラから、アップル社の App Store を通じて 提供されます(無料)。 Wi-Fi YouTube Facebook FTP iOS * 1 Web Movie Uploader * 2 iOS A 185 173 Wi-Fi でできること
    • p. 174/276
      █ Wi-Fi 機能を使う前に Wi-Fi 接続には、スマートフォンなどの Wi-Fi 機器と直接接続する方法と、アクセスポイント(無線親機) * を使用して接続する方法の 2 つがあり、使用する Wi-Fi 機能によってどちらかに決まります。使いたい機 能を選んで画面に従って操作して接続します。 * 無線 LAN 親機、無線 LAN ルーターなど、メーカーによって名称が異なることがあります。 ● セキュリティで保護されていない無線 LAN やネットワーク環境に接続することは避けてくださ い。お客様の個人情報などのデータが第三者に漏洩する危険性があります。
    • p. 175/276
      ● Wi-Fi 接続するときや接続中は、内蔵ワイヤレスアンテナ付近を 手などで覆わないでください。通信電波がさえぎられ、 Wi-Fi の通信状態が悪くなります。 ● Wi-Fi Remote 以外での Wi-Fi 機能使用中は、カードカバーを開け ないでください。 ● ワイヤレスマイクロホン WM-V1 (別売)を取り付けているとき は、 Wi-Fi 機能を使用することはできません。 ワイヤレスアンテナ(内蔵) 175 Wi-Fi でできること
    • p. 176/276
      スマートフォンを リモコン として使って 操作 する Wi-Fi Remote スマートフォンやタブレットの画面で、離れた場所に設置したビデオカメラをリモートコントロールできます。動画撮影、撮影モード、露出補正、ホワイトバランス、絞り、ゲイン、シャッタースピード、フォーカス、ズームを操作できます。 OS 、 Web ブラウザー * などの詳細については、キヤノンのホームページな どをご覧ください。 * JavaScript (ジャバスクリプト)、 Cookie (クッキー)が有効になっている必要があります。
    • p. 177/276
      █ Wi-Fi Remote を使用する F 1 本機 2 本機 Wi-Fi Remote 「 Wi-Fi Remote 」→「 ON 」をタッチする。 ● 画面に「カメラ SSID 」 ( Wi-Fi ネットワーク名)と Web ブラウザに入力する URL が表示され、スマー トフォンからの接続待ち状態になる。 3 スマートフォンなど Wi-Fi a 設定画面で Wi-Fi を有効にする。 ● 見つかった Wi-Fi ネットワークが一覧表示される。 b 操作 2 で本機の画面に表示された SSID と同じ
    • p. 178/276
      █ Wi-Fi Remote 中の画面表示 Wi-Fi Remote 画面には、画面が大きい機器向けの「詳細操作」と、画面が小さい機器向けの「簡易操作」 画面とがあります。設定できるモードや値などは各機能のページも合わせてご覧ください。 例:撮影モード「マニュアル露出」時 2 13 14 12 11 10 9 8 7 6 15 16 17 18 19 20 21 22 5 4 3 2 1 例:撮影モード「 AV 」時 12 10 178
    • p. 179/276
      1 画面切り換えタブ 「詳細操作」、「簡易操作」の各画面を切り換 える。 2 撮影モード A 80 、 82 、 89 3 タイムコード A 92 4 Wi-Fi Remote 接続状態表示 5 撮影状況 6 D(キーロック)ボタン押すとアイコンがオレンジに変わり、画面がロックされ、誤操作を防止できる。ロック中は画面全体が灰色で表示されます。 7 バッテリーの残量の目安 A 219 8 カード状態/撮影可能時間(分) A 220 選択しているカードアイコンの上にÎが表 示されます。 9 SLOT SELECT
    • p. 180/276
      █ Wi-Fi Remote 画面での操作 撮影する a LIVE VIEW (ライブビュー) ON/OFF ボタンをタッチする。 ● ライブビュー映像が表示される。 b START/STOP (スタートストップ)ボタンをタッチする。 ● 撮影が開始され、撮影状態表示が「● REC 」に変わり、 START/STOP (スタートストップ) ボタン中央の●が赤色に変わる。 ● 撮影中はタイムコードが歩進する。 c 再度 START/STOP (スタートストップ)ボタンをタッチして撮影を終える。 ● 撮影状態表示が「
    • p. 181/276
      F 値 a F 値設定をタッチする。 ● 選択可能な F 値が表示される。 b いずれかの値を選ぶ。 IRIS ボタンで調整するとき -ボタン:絞りを約 1/4 段刻みで絞る。 +ボタン:絞りを約 1/4 段刻みで開く。 ゲイン a ゲイン設定をタッチする。 ● 選択可能なゲインの値が表示される。 b いずれかの値を選ぶ。 シャッタースピード a シャッタースピード設定をタッチする。 ● 選択可能なシャッタースピードが表示される。 b いずれかの値を選ぶ。 181 スマートフォンをリモコンとして使って操作する
    • p. 182/276
      フォーカス a D をタッチする。 b フォーカス操作ボタンを押す。 ● NEAR のボタン( 、 、 )をタッチすると至近方 向に、 FAR のボタン( 、 、 )をタッチすると無限 方向に調整します。 ● 調整量はボタンによって異なり、 / は小、 / は中、 / は大となる。 ズーム ZOOM (ズーム調整)ボタンを タッチする 。 ● WIDE のボタン( 、 、 )をタッチすると広角に、 TELE のボタン( 、 、 )をタッチすると望遠に調整 します。 ● 調整量はボタンによって異なり、 /
    • p. 183/276
      Android / iOS のスマートフォンなどの Web ブラウザー で 見 る リモートブラウズ 本機に記録した動画や静止画を、スマートフォン、タブレットやパソコンなどの Web ブラウザーで一覧表 示したり、再生やダウンロードしたりすることができます * 。アクセスポイントが不要なので、外出先 でも使用できます。 * お使いの機器、 OS 、ブラウザーや動画形式、録画モードによっては、再生やダウンロードができないことがあります。 動作を確認した OS 、ブラウザーなどの詳細情報については、キヤノンのホームページなどをご覧ください。
    • p. 184/276
      4 スマートフォンなど Web 本機の画面に表示されている URL を Web ブラウ ザーに入力する。 ● リモートブラウズの画面が出る。 ● ポートを変更しない限り、 URL は固定のため、 Web ブラウザでブックマークしておけば、 2 回目 からは入力不要。 5 スマートフォンなど a 左上の をタッチ→ SD カードと形式をタッチ。 b 一覧から再生する画像をタッチ→画像をタッチする。 ● 選択した動画または静止画が再生される。 c をタッチすると、一覧画面に戻る。 動画または静止画をスマートフォンに保存するとき
    • p. 185/276
      iOS 機器 から アップロード する Movie Uploader ( iOS アプリ) iPhone や iPad などの iOS 機器に iOS アプリ Movie Uploader* 1 をインストールすれば、外出先でも YouTube や Facebook に動画や静止画をアップロードすることができます。また、 MP4 形式の動画や静止画は、 iOS 機 器に保存 * 2 したり再生したりすることもできます。 *1 株式会社ピクセラから、アップル社の App Store を通じて提供されます(無料)。
    • p. 186/276
      5 iOS 機器 a 操作 1 でインストールしたアプリ Movie Uploader を起動する。 b Movie Uploader を操作して、動画をアップロードする。 6 本機 ● Wi-Fi 接続が終了し、インデックス画面に戻る。 ● 通信状態によっては、アップロードの時間が長くなることがあります。 ● お使いの機器の iOS バージョンによっては、 Wi-Fi 接続の操作が異なることがあります。 ● iOS アプリの詳細については、株式会社ピクセラのホームページをご覧ください。 http://www.pixela.co.jp/oem/canon/j/movieuploader/
    • p. 187/276
      パソコン などで 見 る メディアサーバー 本機のメディアサーバー機能を使うと、本機に記録した動画や静止画を、パソコンなどで再生できます。この機能を使用するには、家庭内ネットワークに接続されたアクセスポイント(無線親機)と、メディアサーバーの動画/静止画を再生できるソフトウェアが必要です。また、パソコンなどとアクセスポイン トは、 LAN ケーブルを使用して有線で接続することをおすすめします。アクセスポイントやパソコンなど については、それぞれの説明書をご覧ください。 LAN 12 本機 M(メニュー)→s→「
    • p. 188/276
      5 本機 ● メディアサーバーを終了する。 ● アクセスポイントの性能や設定、通信状態によっては、再生までに時間がかかることや、スムーズに動画が再生されないことがあります。詳しくは、「故障かな?」の「動画がパソコンなどからスムーズに再生されない」 (A 229 )をご覧ください。 ● 操作 3 で出る 「動作中」の画面で「情報表示」をタッチすると、アクセスポイントの SSID 、接続規格、 本機の IP アドレス、本機の MAC アドレスを確認できます。接続先を変更するときは「接続先変 更」をタッチしてください。本機に記憶されている
    • p. 189/276
      パソコンなどに転送する FTP 転送 本機の FTP 転送機能を使うと、本機に記録した動画や静止画を、 FTP サーバーにワイヤレスで転送できま す。この機能を使用するためには、家庭内ネットワークに接続されたアクセスポイント(無線親機)と、 FTP サーバーの接続情報( FTP サーバーの IP アドレス、ポート、ユーザー名、パスワード、転送先にするフォ ルダーの場所(パス))の入力が必要です。あらかじめご確認ください。 FTP 12 FTP M(メニュー)→s→「 Wi-Fi 」→「 FTP 転送」
    • p. 190/276
      4 ● 「アクセスポイントに Wi-Fi 接続する」 (A 192 )であらかじめ選択しているアクセスポイント に接続する。 ● アクセスポイントが未登録のときは、「アクセスポイントを登録します」が出る。 a Oをタッチする。 b 「アクセスポイントに Wi-Fi 接続する」 (A 192 )の手順に沿ってアクセスポイントに接 続する。 5 a 転送元メモリーをタッチする。 ● 複数選択することもできる。 b 「すべてのファイル」または「未転送ファイル」 →Oをタッチする。 ● ファイルの転送がはじまる。
    • p. 191/276
      文字入力のしかた 手動で文字入力が必要なとき、キーボードが表示されます。キーボードを操作するときは、タッチパネルで操作してください。 1 9 2 8 3 4 5 6 7 1 9 2 8 3 6 1 O 入力を決定したあと、キーボードを終了 2 — 入力エリア 3 — 文字入力キー 4 п / с アルファベット/数字の切替 5 — スペースキー 6 バックスペースキー(カーソルの左の文字を削除) 7 р / о / н アルファベット入力設定時:大文字/小文字の切替数字入力設定時:記号入力 8 カーソル移動キー
    • p. 192/276
      アクセスポイント に Wi-Fi 接続 する アクセスポイント(無線親機)に接続します。アクセスポイントへの接続設定は、本機に 4 つまで記憶で きます。 █ 必要なものを確認する Wi-Fi 接続を行う前に、必要なものを確認してください。 ● アクセスポイントは、 Wi-Fi 認証を受け(右のロゴマークがある)、無線 LAN 規格 IEEE802.11a/ b/g/n 対応のものであること。 ● アクセスポイントと家庭内ネットワークが正しくセットアップされていること。 █ 接続方法を選ぶ 接続方法は次の
    • p. 193/276
      █ WPS で接続する お使いのアクセスポイント(無線親機)が WPS に対応していれば、本機とアクセスポ イントを簡単に接続できます。 WPS の接続には、プッシュボタン方式と PIN コード方 式があります。 「接続方法を選ぶ」 (A 192 )で選んだ方法の操作をご覧ください。なお、 WPS でうまく接続できないときは、「アクセスポイント検索で接続する」 (A 194 )をお試しください。 WPS 1 無線親機 WPS 4 4 4 WPS ● 長押しの時間は無線親機によって異なります。必ず、無線親機の説明書をご覧になってから操作を行い、無線親機が
    • p. 194/276
      █ アクセスポイント検索で接続する ビデオカメラが周囲のアクセスポイントを自動的に検出します。接続するアクセスポイントを選んでパスワード(暗号化キー)を入力し接続します。 1 ● 接続するアクセスポイントの SSID と暗号化キー(必要なとき)をあらかじめ確認する。 ÍÎ O 2 ● 検出されたアクセスポイントの SSID が出る。 a Í / Îをタッチして接続するアクセスポイントを選ぶ。 b Oをタッチする。 O 3 ● 操作 2 で選んだアクセスポイントにCが表示され ていない場合、この操作は不要。
    • p. 195/276
      █ 手動設定で接続する アクセスポイントへの接続を手動で設定できます。また、ステルス機能が有効になっているなどにより、 「アクセスポイント検索」でアクセスポイントが検出されないときも手動で接続できます。この接続方法 は、無線 LAN やネットワークに詳しい上級者の方のみご利用ください。 1 SSID a SSID 入力エリアをタッチする。 b SSID を入力→「次へ」をタッチする。 = 「文字入力のしかた」 (A 191 ) 2 - a 認証 - 暗号化方式エリアをタッチする。 b いずれかの認証・暗号化方式をタッチする。
    • p. 196/276
      6 IP a IP アドレスの入力エリアをタッチする。 b Í / Îをタッチして IP アドレスの各値を入 力→Oをタッチする。 c a ~ bと同じ要領でサブネットマスクを入力 →「次へ」をタッチする。 d a ~ bと同じ要領でデフォルトゲートウェ イを入力→「次へ」をタッチする。  a ~ bと同じ要領で各 DNS サーバーを入力 →「次へ」をタッチする。 O 7 Oをタッチする。 ● 設定が完了すると、選んだ機能の画面に戻る。 「パソコンなどで見る」へ A 187 「パソコンなどに転送する」へ
    • p. 197/276
      Wi-Fi 設定 を 表示/変更 する アクセスポイントへの Wi-Fi 接続や Wi-Fi 機器に直接接続するときの Wi-Fi 接続の設定内容を表示し、変更 することができます。 1 M(メニュー)→s→「 Wi-Fi 」をタッチする。 2 ● ビデオカメラの SSID が表示される。 ● Í / Îで表示内容を切り換えることができる。 ● 表示されるキーボードでカメラパスワード、ポート、使用無線帯域( 2.4 GHz または 5 GHz )を変更 する。 197
    • p. 198/276
      2 ● 本機に記憶されている 4 つの SSID が表示される。 ● 「未設定」をタッチすると、「アクセスポイントに Wi-Fi 接続する」 (A 192 )の操作に進み、接続が終 わるとこの画面に戻る。 ÍÎ 3 SSID の横のwをタッチする。 ● 設定内容が表示される。 ● Í / Îで表示内容を切り換えることができる。 アクセスポイントの設定を消去するとき いずれかの画面で「編集」→「消去」→「はい」をタッチする。 設定を変更するとき いずれかの画面で「編集」→「手動設定」をタッチする。 ● 「手動設定で接続する」
    • p. 199/276
      █ 用語の説明 この章の説明で使われている用語をまとめました。 Wi-Fi 関連の名称や略語の意味を知りたいときにご 覧ください。 A 暗号化キー セキュリティで保護(暗号化)された Wi-Fi ネットワークに接続するための パスワード。アクセスポイントに設定され、使用される文字や文字数は、暗号化方式によって異なる。 195 暗号化方式 Wi-Fi 通信を暗号化するための方式。暗号の破られにくい順に「 WPA2-PSK AES / WPA-PSK AES 」、「 WPA2-PSK TKIP / WPA-PSK
    • p. 200/276
      MEMO
    • p. 201/276
      10 メニュー FUNC. メニューの紹介 ................... 202 メニューの紹介 .............................. 205
    • p. 202/276
      FUNC. メニューの紹介 撮影時の設定に使用する FUNC. メニューと、再生時に様々な編集操作を行うための編集メニューとがあ ります。ご購入時、 FUNC. メニューは がついた内容に設定されています。各機能の詳細は、A欄 のページをご覧ください。 █ 撮影時に使う「 FUNC. メニュー」 N n E A MENU メニュー ― ● ● ● 38 撮影モード ’(プログラム AE )、‚(シャッター優先 AE )、 “(絞り優先 AE ) nマニュアル露出 ● ● 80 úポートレート、ûスポーツ、ü夜景、ýスノー、þビーチ、ÿ夕焼け、Œローライト、œスポットライト、Š打上げ花火
    • p. 203/276
      N n E A Wi-Fi Remote ON 、 OFF ● ● ● 176 * 1 動画撮影時のみ。 * 2 N(オート)モードに切り換えたとき、n(マニュアル)モードまたはE(シネマ)モードで設定した内容が保持されます(オーディオシーンはカスタムを除く)。 █ 再生時に使う「 FUNC. メニュー」 1 シーンごと、選んだシーン、全シーン、特定の日に撮ったシーンなど、表示している画面によって、 操作できる動画/静止画の数が異なります。 動画 A y コピー * 1 [6'7][7'6] ある日に撮ったシーン、選択シーン、全シーン
    • p. 204/276
      静止画 } A コピー [6'7][7'6] ある日に撮った静止画、選択した静止画、全静止画 1 枚 161 消去 ある日に撮った静止画、選択した静止画、全静止画 1 枚 155 他の機能の設定内容などにより設定できない機能は、灰色で表示されます。 FUNC. メニューの紹介 204
    • p. 205/276
      メニューの紹介 撮影/再生のモードによって設定できる機能が異なります。設定できる機能は表中に ● で示しています。 ご購入時は、 .......... の内容に設定されています。各機能の詳細は、A欄のページかまたは欄外に説明が あります。設定のしかたについては「メニューの設定を変える」 (A 38 )をご覧ください。 v カメラ設定 v A デジタルズーム j切、s 400x ● ― f デジタルテレコン ● 76 ソフトズームコントロール j切、¬スタート、®ストップ、¯スタート & ストップ
    • p. 206/276
      v A INPUT 1 マイクトリミング +12 dB 、 + 6dB 、ù 0 dB 、 -6 dB 、 ü -12 dB ● 113 INPUT 2 マイクトリミング +12 dB 、 + 6dB 、ù 0 dB 、 -6 dB 、 ü -12 dB ● 113 INPUT 1 マイクアッテネーター i入、j切 ● 114 INPUT 2 マイクアッテネーター i入、j切 ● 114 INPUT 1/2 ALC リンク 連動、 独立 ● 112 INPUT 1/2 リミッター i入、j切 ● 113
    • p. 207/276
      デジタルズームの倍率(最高倍率)を選びます。 ● デジタルズームの倍率を設定してからズームを使うと、光学ズーム領域を越えた時点で自動的にデジタルズームになります。 ● デジタルズーム領域では映像をデジタル処理するため、拡大するほど映像が粗くなります。 マニュアルフォーカス(A 60 )でピントを調整しやすくするために、画面の中央を拡大し、くっきりと表 示します。 ● 記録する動画 / 静止画には影響しません。撮影を開始するか、 4 秒経過すると拡大表示は解除されます。 明るさが不足する場所(暗めの室内など)で撮影する場合、シャッタースピードを自動的に遅くして、より明るい映像を記録します。
    • p. 208/276
      画面に水平線や格子状の線(グリッド)を表示します。被写体の水平・垂直を確認しながら撮影できます。 ● 水平線やグリッドは、撮影した動画 / 静止画には表示されません。 赤外ライトの発光状態を選びます。赤外ライトを使用するときは、ハンドルユニット HDU-1 (別売)を取 り付けてください(A 24 )。 ON 入 赤外撮影時に赤外ライトを発光する OFF 切 赤外撮影時に赤外ライトを発光しない INPUT 1/2 ALC 録音レベルをオートで調整する場合、連動にすると、 INPUT 端子の CH1 と
    • p. 209/276
      s / 再生設定 y } A データコード表示 · :j切、%日付、&時刻、'日付 & 時刻、 ( カメラデータ ¸ :j切、%日付 ● ● ― テレビタイプ + 4:3 テレビ、 , ワイドテレビ ● ● ― Wi-Fi Movie Uploader 、リモートブラウズ、メディアサーバー、 FTP 転送、スマートフォン接続設定、アクセスポイント接続設定、 FTP サーバー設定 ● 172 日付や時刻、カメラデータ(しぼり値やシャッタースピード)など、表示する撮影情報を選びます(A 121
    • p. 210/276
      v y } A ¸ Slow & Fast モーション 録画モード 35 Mbps (59.94P) 設定時:j切、 29.97P 、 23.98P 録画モード 24 Mbps または 17 Mbps 設定時 フレームレート 29.97P :j切、 59.94P 、 23.98P フレームレート 23.98P :j切、 59.94P 、 29.97P ● 57 ビデオスナップ記録時間 C 2 秒、D 4 秒、F 8 秒 ● 119 タイムコードモード Preset 、 Regen. ● 92 タイムコードラン
    • p. 211/276
      個々の MP4 動画/静止画に付けられる番号(ファイル番号)の付けかたを選びます。撮影された MP4 動 画/静止画は、自動的に 100-0001 、 100-0002 、 100-0003 のように順に番号が付けられ、カード内のフォ ルダーに保存されます。 オートリセット 初期化されたカードに記録する場合、ファイル番号は常に 100-0001 から始まる。 カード内にすでに MP4 動画/静止画が記録されているときは、その続きの番号に なる。 通し番号 ファイル番号は、最後に記録した MP4 動画/静止画の続き番号から始まる。ただし、
    • p. 212/276
      q その他機能 v y } A 言語 日本語、 ENGLISH ● ● ● エリア/サマータイム エリア:"(自宅)、#(旅行先)$ サマータイム: ON 、 OFF ● ● ● ― 日付/時刻 日付 / 時刻:― 日時スタイル: Y.M.D 、 M.D.Y 、 D.M.Y 24H 表示: ON 、 OFF ● ● ● 35 有機 EL パネル明るさ 高輝度、h通常、省電モード ● ● ● 有機 EL パネル対面ミラー i入、j切 ● 有機 EL パネルカラーバラ ンス [ B ] (青): -25
    • p. 213/276
      v y } A パワード IS ボタン Î 押し続け、Ï ON/OFF 切り換え ● ― 優先 WB 登録 Ãオート、¼太陽光、½日陰、¾くもり、¿蛍光灯、À蛍光灯 H 、Á電球、 色温度、 Æセット 1 、Çセット 2 ● ― フォーカスリング操作方向 hノーマル、Xリバース ● ― フォーカスリング敏感度 Z ハイ、[ミドル、]ロー ● ― フォーカス P. スピード Z ハイ、[ミドル、]ロー ● ― バッテリー情報 ― ● ● ● ― 出力端子 j切、 HD/SD-SDI 、 HD/SD-SDI
    • p. 214/276
      EL 有機 EL パネルの輝度を 2 段階で切り換えます。屋外撮影時、太陽光などで画面が見にくいときは明るく してください。「省電モード」を設定すると、照度センサー(A 14 )を使用し、撮影環境に応じて、パネル の輝度が自動的に切り換わります。画質調整等のモニター使用時は、 「省電モード」を解除してください。 ● 記録される映像や、テレビで再生する映像の明るさは変わりません。 ● 画面を明るくすると、バッテリーの使用時間が短くなります。 ● 「デモモード」が「 ON 」、デモモードが動作していないときにコンパクトパワーアダプター(
    • p. 215/276
      IS アサインボタン(A 129 )に割り当てたパワード IS の操作のしかたを選びます。 押し続け ボタンを押している間だけ、パワード IS が働く。 ON/OFF 切り替え ボタンを押すとパワード IS が ON になり、もう一度押すと OFF になる。 WB アサインボタンで優先 WB を使用時、設定する項目を選択します。 フォーカス/ズームリングの操作方向を設定します。 フォーカス/ズームリングの敏感度を設定します。 P. フォーカスプリセットのスピードを設定します。 バッテリーの残量( % )と撮影/再生可能時間(分単位まで)を確認できます。
    • p. 216/276
      以下のときに表示される単位を選びます。 ● マニュアルフォーカス時、ピントを合わせたときの被写体までの距離。 ● GP-E2 使用時の標高表示。 GPS GPS から得られる時刻情報を本機に設定できます。機能の詳細については、 GP-E2 の使用説明書「 GPS の 時刻をカメラに設定する」のページも合わせてご確認ください。 GPS 機能の詳細については、 GP-E2 の使用説明書「 GPS の信号を受信する」の「 GPS 情報を表示する」のページ も合わせてご確認ください。 本機が対応している認証マークの一部を確認できます。
    • p. 217/276
      11 その他 画面の見かた ................................. 218 トラブルシューティング ................ 224 メッセージが出たら? ................... 230 安全上のご注意 .............................. 237 取り扱い上のご注意 ...................... 240 日常のお手入れ .............................. 245 海外で使う .....................................
    • p. 218/276
      画面 の見かた 撮影中や再生中に表示される情報です。 █ 撮影時の画面表示 N(オート)モード 1 2 3 9 10 4 7 6 5 8 N(オート)モード(ズームボタン使用時) 3 4 6 12 1 2 11 9 10 218
    • p. 219/276
      1 Zボタン A 46 / Fメニュー A 202 2 こだわりオート A 47 3 タイムコード (時:分:秒:フレーム数) A 92 4 撮影状況 Ü:撮影 ( 録画 ) Û:撮影一時停止 5 D ビデオスナップ A 119 z プレ REC A 120 6 手ブレ補正 A 48 、 77 7 バッテリー残量の目安 バッテリーの残量の目安をマークで、撮影または再生可能な時間を分で表示します。 が赤く表示されたら、バッテリーが消耗 しています。充電したバッテリーと交換してください。本機やバッテリーの状態によっては、実際のバッテリー残量と表示内容が一致しない場合があります。
    • p. 220/276
      n(マニュアル)モード 1 13 1415 1617 18 19 23 4 24 6 25 726 26 27 29 30 33 32 35 36 38 34 31 39 28 37 20 21 22 3 27 13 ’撮影モード; INFRARED モード、 = 赤外ライト ON/OFF A 122 14 露出 A 83 15 AGC リミット A 79 16 ホワイトバランス A 87 17 フォーカス A 60 18 } フェイスキャッチ&追尾 A 66 ~ フェイスオンリー AF A 67 19
    • p. 221/276
      34 ゼブラパターン A 86 35 マイクアッテネーター A 105 36 INPUT1/2 リミッター A 113 37 レベルメーター A 102 、 112 38 音声記録形式 A 52 、 96 「録画モード」で「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」ま たは「 24 Mbps LPCM 」を選択しているとき、 表示されます。 39 オーディオ出力 CH A 150 E(シネマ)モード 43 44 42 41 40 45 40 しぼり数値/ ND フィルター A 82 41 シャッタースピード
    • p. 222/276
      █ 再生のときの画面 動画のとき(操作ボタン表示時) 46 46 52 47 51 51 4849 4953 50 50 MP4 動画のとき 46 46 52 47 51 51 4849 4953 50 50 46 操作ボタン(動画) 47 再生状況 Ð:再生 Ý:再生一時停止 ×:早送り Ø:早戻し Ц / Х:逆スロー再生/スロー再生 Ф / У:コマ戻し/コマ送り 48 タイムコード 49 再生シーン番号 50 データコード A 209 51 ヘッドホン音量 / スピーカー音量 A 115 、 137
    • p. 223/276
      静止画のとき(操作ボタン表示時) 54 53 55 50 54 操作ボタン(静止画) 55 表示枚数/全枚数 223 画面の見かた
    • p. 224/276
      トラブルシューティング 修理に出す前にこの「トラブルシューティング」で説明する内容をもう一度確認してください。それでも直らないときは、カメラ修理受付センター(A 275 )またはご購入になった販売店にご相談ください。 █ まずココを確認しよう! □ バッテリーは充電されていますか?(A 20 ) □ 本機はコンパクトパワーアダプター( AC アダプター)で正しく接続されていますか?(A 20 ) □ 電源を入れて CAMERA モードにしていますか? MEDIA モードになっているときは CAMERA
    • p. 225/276
      A コンパクトパワーアダプター( AC アダプター) から音がする。 ● コンパクトパワーアダプター( AC アダプター)を使用中に小さな音がす ることがある。故障ではない。 ― 常温でバッテリーの消耗が極端に早い。 ● バッテリーの寿命と考えられる。新しいバッテリーを購入する。 ― █ 撮影中 A START/STOP ボタンを 押しても録画しない。 ● 撮影した映像を本機に書き込んでいる間は録画できない。書き込み終了まで待つ。 ― ● メモリーに空き容量がない。または 3999 シーン記録されている。不要
    • p. 226/276
      █ 再生中 A シーンの消去ができ ない。 ● 他機で記録・編集したシーンは消去できないことがある。 ― シーンの消去に時間がかかる。 ● シーン数が多いとこのようになることがある。動画と静止画をバックアップしてカードを初期化する。 40 158160164167 シーンを分割できない。 ● 他機で記録・編集したシーンは分割できない。 ● カードに空き容量がない。不要なシーンや静止画を消す。 ― 139155 シーンまたは静止画をコピーできない。 ● 他機で記録したシーンや静止画はコピーできないことがある。
    • p. 227/276
      A 充電中に CHG ランプが 速く点滅する。 ( 0.5 秒に 1 回の点滅) ● バッテリーの温度が使用温度(約 0 ˚C ~ 40 ˚C )の範囲外になったため 充電を停止した。バッテリーを取り外し、温めるかまたは放置して使用温度の範囲内になってから、充電を行う。 ● 周囲の温度が約 0 ˚C ~ 40 ˚C のときに充電する。 ● バッテリーが故障しているので、別のバッテリーを使用する。 ● コンパクトパワーアダプター( AC アダプター)、バッテリーに異常がある ため、充電が中止される。カメラ修理受付センターにご相談ください。
    • p. 228/276
      █ アクセサリー A カードが入らない。 ● 正しい向きでカードを入れる。 37 カードに記録できない。 ● カードに空き容量がない。別のカードと入れ換えるか、不要なシーンや静止画を消す。 37 139155 ● はじめて使用するときは、カードを初期化する。 ● カードの誤消去防止ツマミが LOCK 側になっているので、反対側にする。 ● 動画を記録する場合は、対応しているカードを確認する。 403736 ● MP4 形式の動画や静止画に割り当てられるファイル番号が最大になっ たため、カードに記録できない。新しいカードを入れて、メニューの
    • p. 229/276
      █ Wi-Fi 接続 お使いのアクセスポイント(無線親機)の説明書も合わせてご覧ください。 A アクセスポイント(無線親機)に接続できない。 ● アクセスポイントが正常に起動しているか確認する。 ― ● 電波状況によっては通信可能な距離が短くなることがある。本機とアクセスポイントの距離を近づける。 ― ● コードレス電話機、電子レンジ、冷蔵庫などからの電波と干渉することがある。これらの機器から離れた場所で操作する。 241 ● Wi-Fi 設定をするとき、アクセスポイントでステルス機能を有効にして いると、アクセスポイントを検出できない。「手動設定」で接続するか、アクセスポイントのステルス機能を無効にする。
    • p. 230/276
      メッセージ が 出たら? 本機の画面にメッセージが出たときは、次のような対処をしてください。 Wi-Fi 機能使用時のメッセー ジについては 234 ページをご覧ください。 A 23.98P と 29.97P ( 59.94i と 23.98P ) ( PF29.97 と 23.98P )のシーンは結合 変換できません ● 「 23.98P 」と「 29.97P 」、「 59.94i 」と「 23.98P 」、「 PF29.97 」と「 23.98P 」の シーンは結合して MP4 変換できない。結合を解除して
    • p. 231/276
      A カードへの書き込みが間に合わないため記録を中止しました ● カードの書き込み速度が遅いため、記録を中止した。 SD スピードクラ ス 4 、 6 または 10 のカードを使用する。 * 録画モードを「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」や「 28 Mbps (59.94P) 」 「 35 Mbps (59.94P) 」に設定時は SD スピードクラス 6 、 10 のカードを使用する。 ● 「 Slow & Fast モーション」記録設定時は、クラス 10 のカードを使用する。
    • p. 232/276
      A 再生できません カードを確認してください ● カードに異常があるため、再生できない。 ● カードを完全初期化する。それでも解決しない場合は、別のカードと入れ換える。 40 再生できません 本機で初期化してお使いください ● パソコンで初期化されたカードを入れた。本機で初期化する。 40 使用するにはカメラモードをマニュアルまたはシネマに切り換えてください ● N(オート)モードでは使用できない CUSTOM ダイヤル&ボタンまた はアサインボタンを操作した。n(マニュアル)モードまたはE (シネマ)モードに切り換えて操作する。
    • p. 233/276
      A USB 接続 電源をはずさないでくださいパソコンで安全な取り外しをするまでは USB ケーブルをぬかないでください ● 動画再生時、本機を USB ケーブルでパソコンに接続しているときは、 本機の操作はできない。カードのデータが破損しないよう、パソコンで安全な取り外しのための操作を行った後、 USB ケーブルや電源をは ずしたり、本機を操作する。 ― バッテリーと通信できません このバッテリーを使用しますか? ● キヤノンの推奨以外のバッテリーを取り付けて、電源を入れた。 ● キヤノン推奨のバッテリーを使用している場合は、ビデオカメラまたはバッテリーの故障の可能性がある。カメラ修理受付センターにご相談ください。
    • p. 234/276
      █ Wi-Fi 機能使用時 お使いのアクセスポイント(無線親機)の説明書も合わせてご覧ください。 A アクセスポイントが見つかりませんでした ● 本機に記憶されているアクセスポイントが見つからなかった。 ― ● コードレス電話機、電子レンジ、冷蔵庫などからの電波と干渉することがある。これらの機器から離れた場所で本機を操作する。 241 ● アクセスポイントの SSID を確認して、同じ SSID を本機に設定する。 194 ● MAC アドレスでフィルタリングしているときは、同じ MAC アドレスを アクセスポイントに登録する。
    • p. 235/276
      A IP アドレスを取得でき ませんでした ● DHCP サーバーを使用していないときは、 Wi-Fi 接続を「手動設定」で行 い、 IP アドレスを「マニュアル」で設定する。 195 ● DHCP サーバーを確認する。 ・ DHCP サーバーは、電源が入っていて正常に動作しているか。 ・ DHCP サーバーに割り当てられるアドレスに余裕はあるか。 ― ● DNS サーバーを使用していないときは、 DNS アドレスを「 0.0.0.0 」に設 定する。 196 ● 使用する DNS サーバーと同じ IP
    • p. 236/276
      A WPS で接続できません でしたもう一度操作してください ● 無線親機(アクセスポイント)の説明書で指示されている時間、 WPS ボ タンを押し続ける。 ― ● 無線親機(アクセスポイント)の WPS ボタンを長押ししてから 2 分以内 に本機の「 OK 」をタッチする。 ― ● 無線親機(アクセスポイント)の設定画面で PIN コードを入力してから 2 分以内に本機の「 OK 」をタッチする。 ― [Wi-Fi 機器の画面 ] Another user is already controlling
    • p. 237/276
      安全上 のご 注意 お使いになる方だけでなく、他人への危害や損害を防ぐためにお守りください。 ● 煙が出ている ● へんなにおいがする ● 落として壊した ● 内部に水や異物が入った ▲ ▲ そのまま使用すると火災や感電の原因になりますので、カメラ修理受付センター(A 275 )にお問い合 わせください。 死亡や重傷を負う恐れがある内容です。 ➤ ➤ ➤ ➤ 降雨降雪時、海岸、水辺、湿度の高い場所などでの使用は特に気をつける。 ➤ 液が身体や衣服についたときは、水でよく洗い流す。目に入ったときは、きれいな水で十分洗った後、すぐに医師に相談。
    • p. 238/276
      ➤ ➤ ショートして、高熱や液漏れの恐れあり。 ➤ DC/AC ➤ ➤ 内部にほこりや水などが入る恐れあり。 60 ˚C ➤ 発熱や破裂の恐れあり。 ➤ ➤ 落下、転倒の恐れあり。 ➤ ➤ 内部に熱がこもる恐れあり。 ➤ 電波の影響で機器類が誤動作し、事故の原因となるおそれあり。 ➤ 電波の影響で機器類が誤動作し、事故の原因となるおそれあり。 ➤ 熱いと感じなくても、皮膚が赤くなったり、水ぶくれができたりするおそれあり。気温の高い場所で使用する場合や、血行の悪い方や皮膚感覚の弱い方などが使用する場合は、三脚などを使う。
    • p. 239/276
      ➤ ➤ ➤ ➤ ➤ ➤ 傷害、物的損害を負う恐れがある内容です。 ➤ 発熱の恐れあり。 ➤ 足を引っ掛けて転倒したり、製品が落下する恐れあり。 ➤ ➤ 機器から出る電磁波により、飛行機の計器に影響を与える恐れ。 撮影時に不用意にビデオカメラを揺らしたり、素早いズームを多用したりすると、再生時に乗り物酔いのような症状を起こす恐れがあります。その場合はすぐに再生を中止し、休息を取って目を休めてください。 239 安全上のご注意
    • p. 240/276
      取 り 扱 い上のご 注意 ここでは本機やバッテリーとメモリーカードなどを取り扱うときに注意していただきたいことを説明しています。 █ ビデオカメラ本体 故障などに備えて、撮影した動画や静止画はパソコンや DVD 、ビデオ機器 などにバックアップしてください。データ消失については、当社では一切の責任を負いかねます。 ホコリ・砂・水・泥・塩分の多い場所で使用・保管しないでください。本機は防水・防じん構造になっていませんので、これらが内部に入ると故障の原因となります。 プラズマテレビや携帯電話の近くなど、電磁波の出る場所で使うと映像や音声が乱れることがあります。
    • p. 241/276
      Wi-Fi ● 本製品の Wi-Fi 機能は国内でのみご使用いただけます。国外ではご使用になれません。 ● 本製品には、 ( 財 ) テレコムエンジニアリングセンターの電波法に基づく認証を受けた無線装置が内蔵 されており、証明ラベルは無線設備に添付されています。 ● 本製品のうち、外国為替、および外国貿易法の規定により、戦略物資等(または役務)に該当するも のについては、日本国外への輸出に際して、日本国政府の輸出許可(または役務取引許可)が必要です。 この機器の使用周波数帯では、電子レンジなどの家電製品や産業・科学・医療用機器のほか、工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)、および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)並びにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。a
    • p. 242/276
      █ バッテリー バッテリーと本体端子(充電器の端子)の間に異物が入り込まないようにしてください。接触不良、ショート、破損の原因となります。 バッテリーをフル充電してください。ただし、バッテリーの使用回数が多いとき、フル充電後に放置したとき、高温下で長時間使ったときは、正しく表示されないことがあります。なお、表示は目安としてご使用ください。 ● インテリジェントシステム(A 250 )に対応していないバッテリーを本機やバッテリーチャージャー CG-800D (別売)に取り付けて、充電することはできません。
    • p. 243/276
      █ カード 静電気、カードの故障などによるデータの損傷・消失に備えて、データはパソコンなどにバックアップしてください。なお、データ損傷および消失については、当社では一切の責任を負いかねます。 汚れが付着し、接触不良の原因となります。 強い磁気が発生する場所で使わないでください。 カード表面にシールなどを貼ると、シールが差し込み口につまる恐れがあります。 落とす、ぬらす、強い衝撃を与えるなどしないでください。分解は絶対にしないでください。 █ 充電式内蔵電池 本機には充電式のリチウム電池が内蔵されており、日付などの設定を保持しています。この電池は本機を使用中、自動的に充電されますが、約
    • p. 244/276
      █ その他のご注意 カードに記録されたデータは、消去や初期化をしても、ファイル管理情報が変更されるだけで、完全には消えません。譲渡・廃棄するときは、データを復元できないように、一度カードの完全初期化(A 40 )を行った後、本 機を箱などで覆って最後まで撮影し、再度完全初期化を行います。これによって、情報漏洩を防いでください。 室温が高いとき、冷水の入ったコップの表面に水滴がつくことがあります。この現象を結露といいます。本機が結露した場合、そのままの状態で使うと故障の原因になりますので注意してください。なお、次のような条件のときに結露が発生しやすくなります。
    • p. 245/276
      日常 の お手入 れ 大切なビデオカメラをより長くお使いいただくために、日常のお手入れには十分注意してください。 本体がよごれたときは 柔らかい布で拭こう ● 乾いた布で軽く拭いてください。 ● 化学ぞうきんやシンナーは表面を傷めますので使わないでください。 市販の眼鏡クリーナー(布製)で拭きます。水滴が付着しているときは柔らかい布で拭き 取ります。 レンズやハイスピード AF センサーが汚れて いると自動でピントが合わなくなることがあります。 ブロアでゴミやホコリを取ったら、市販の眼鏡クリーナー(布製)で拭きます。
    • p. 246/276
      海外 で使う 海外で使用するときの便利機能やマメ知識です。 █ 充電する 海外でも付属のコンパクトパワーアダプター( AC アダプター)( AC100 ~ 240 V 50 / 60 Hz までの電源に 対応)を使ってそのまま充電できます。コンセントの形が異なる国では、変換プラグを使用してください。 AC █ テレビで見る 本機は撮影した動画を NTSC 方式で記録します。以下の国や地域では NTSC 方式を採用しているため、本 機をテレビに接続するとそのまま映像を見ることができます。 • アメリカ合衆国
    • p. 247/276
      █ 旅行先の日時に合わせる 2 つの地域の日時を登録できるため、海外旅行先の日時を設定しておくと、撮影した映像を現地時間で 記録できます。 1. M(メニュー)→qをタッチする。 2. 上下にドラッグして、「エリア / サマータイム」をオレンジ色の バーに合わせ、オレンジ色の枠をタッチする。 3. # をタッチする。 4. Í / Îをタッチして、旅行先を選ぶ。 $ をタッチする。 5. Kをタッチする。 6. 上下にドラッグして、「日付 / 時刻」をタッチする。 7. 「日付/時刻を合わせる」 (A
    • p. 248/276
      アクセサリー紹介 本機の付属品または別売品について紹介しています。 WS-20 SS-600/SS-650 SC-2000 WA-H58 HDU-1 TL-H58* 1, * 2 GPS GP-E2 WM-V1 PROTECT 58mm ND4L 58mm ND8L 58mm WL-D89 248
    • p. 249/276
      STV-250N USB IFC-300PCU/S* 4 / IFC-400PCU HDMI HTC-100/S* 4 / HTC-100 SD / SDHC / SDXC * 5 AC CA-570 PC USB / BP-820 / BP-828 * 3 CG-800D BD * 1 本機に付属のレンズフードと同時に使用できません。 * 2 本機に取り付けると、ピントの合う距離はズームの T 端で約 1.3 m となります。 * 3 改正電気用品安全法の要求により、これ以外のバッテリーチャージャーは本機で使用できません。
    • p. 250/276
      本製品は、キヤノン純正の専用アクセサリーと組み合わせて使用した場合に最適な性能を発揮するように設計されておりますので、キヤノン純正アクセサリーのご使用をおすすめいたします。なお、純正品以外のアクセサリーの不具合(例えばバッテリーの液漏れ、破裂など)に起因することが明らかな、故障や発火などの事故による損害については、弊社では一切責任を負いかねます。また、この場合のキヤノン製品の修理につきましては、保証の対象外となり、有償とさせていただきます。あらかじめご了承ください。 バッテリーパック BP-820/BP-828
    • p. 251/276
      主 な 仕様 █ XA20 / XA25 カード記録 動画: AVCHD 規格 Ver.2.0 準拠 映像: MPEG-4 AVC/H.264 音声:リニア PCM 2ch * 1 / Dolby Digital 2ch MP4 準拠 映像: MPEG-4 AVC/H.264 音声: MPEG-2 AAC-LC ( 2ch ) 静止画: DCF 準拠、 Exif Ver2.3 準拠 画像タイプ: JPEG * 1 メニューの「録画モード」で「 28 Mbps LPCM (59.94P) 」または「 24
    • p. 252/276
      フィルター径 58 mm 最短撮影距離 ワイド端 1 cm 、ズーム全域 60 c m ホワイトバランス オート、太陽光、日陰、くもり、蛍光灯、蛍光灯 H 、電球、色温度、 セット 1 /セット 2 (白取り込み) 最低被写体照度 0.1 ルクス (ローライト(シーンモード)、シャッタースピード 1/2 秒時) 1.2 ルクス ( P (プログラム AE )モード(オートスローシャッターオン)、シャッ タースピード 1/30 秒時) 推奨被写体照度 100 ルクス以上 手ブレ補正機能 光学式 動画サイズ
    • p. 253/276
      ハンドルユニット HDU-1* 3 INPUT 端子: INPUT ( 3 ピンジャック) (①シールド、②ホット、③コールド)、 2 系統、平衡 感度( MIC 時): - 60 dBu (マニュアルボリュームセンター、 フルスケール- 18 dB )/ 600 Ω 感度( LINE 時): +4 dBu (マニュアルボリュームセンター、 フルスケール- 18 dB )/ 10k Ω Att : 20dB ヘッドホン端子 Φ 3.5mm ステレオミニジャック - 29dBV ( 16 Ω負荷、ボリューム最大)/
    • p. 254/276
      █ 付属品 AC CA-570 電源 AC 100 V - 240 V 、 50 / 60 Hz 出力/消費電力 公称 DC8.4 V 、 1.5 A/29 VA ( 100 V )~ 39 VA ( 240 V ) 使用温度 約 0 ˚C ~+ 40 ˚C 外形寸法 (幅×高さ×奥行き) 約 52 Ч 29 Ч 90 mm 本体質量 約 135 g BP-820 使用電池 リチウムイオン(インテリジェントリチウムイオンバッテリー) 使用温度 約 0 ˚C ~+ 40 ˚C 公称電圧 DC7.4 V 公称容量
    • p. 255/276
      █ バッテリーの充電時間/使用時間の目安 付属のバッテリー BP-820 と別売の BP-828 をフル充電したときの使用時間の目安は、次のとおりです。 AVCHD BP-820 BP-828 28 Mbps LPCM (59.94P) / 28 Mbps (59.94P) 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 25 分 3 時間 35 分 ビューファインダー 2 時間 25 分 3 時間 35 分 実撮影時間 有機 EL パネル 1 時間 25 分 2 時間 10 分 ビューファインダー 1 時間
    • p. 256/276
      MP4 BP-820 BP-828 35 Mbps (59.94P) 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 25 分 3 時間 35 分 ビューファインダー 2 時間 20 分 3 時間 35 分 実撮影時間 有機 EL パネル 1 時間 25 分 2 時間 10 分 ビューファインダー 1 時間 25 分 2 時間 10 分 再生時間 有機 EL パネル 3 時間 50 分 5 時間 50 分 24 Mbps 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 45 分 4 時間 5 分 ビューファインダー
    • p. 257/276
      AVCHD BP-820 BP-828 28 Mbps LPCM (59.94P) / 28 Mbps (59.94P) 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 20 分 3 時間 30 分 ビューファインダー 2 時間 20 分 3 時間 30 分 実撮影時間 有機 EL パネル 1 時間 25 分 2 時間 10 分 ビューファインダー 1 時間 25 分 2 時間 10 分 再生時間 有機 EL パネル 3 時間 40 分 5 時間 40 分 24 Mbps LPCM / 24 Mbps 連続撮影時間
    • p. 258/276
      MP4 BP-820 BP-828 35 Mbps (59.94P) 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 20 分 3 時間 30 分 ビューファインダー 2 時間 20 分 3 時間 30 分 実撮影時間 有機 EL パネル 1 時間 25 分 2 時間 10 分 ビューファインダー 1 時間 25 分 2 時間 10 分 再生時間 有機 EL パネル 3 時間 40 分 5 時間 40 分 24 Mbps 連続撮影時間 有機 EL パネル 2 時間 40 分 4 時間 0 分 ビューファインダー
    • p. 259/276
      █ Full HD 1080 について Full HD 1080 とは垂直画素(走査線)数 1080 画素(本)の HD ( High Definition )映像に 対応しているキヤノン製ビデオカメラを示しています。 「 XA20 / XA25 」は、 DCF に準拠しています。 DCF は、 (社)電子情報技術産業協会( JEITA ) で主として、デジタルカメラ等の画像ファイル等を、関連機器間で簡便に利用しあえる環境を整えることを目的に標準化された規格「 Design rule for Camera
    • p. 260/276
      MEMO
    • p. 261/276
      ア アサインボタン · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·129 あとからフォト · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·138 アフターサービス · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·274 安全上のご注意 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·237 インデックス画面 · · · · · · · · · · · · ·
    • p. 262/276
      タ タイムコード · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·92 タッチ(操作) · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·33 タッチパネル · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·33 データコード · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·121, 209 デジタルテレコン · · · · · ·
    • p. 263/276
      ローライト(シーンモード) · · · · · · · · · · · · ·89 録画モード · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·52 露出 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·83 ワ ワイヤレスマイクロホン · · · · · · · · · · · · · · ·123 その他 AGC リミット · · · · · · · · · · · ·
    • p. 264/276
      MEMO
    • p. 265/276
      MEMO
    • p. 266/276
      MEMO
    • p. 267/276
      MEMO
    • p. 268/276
      MEMO
    • p. 269/276
      MEMO
    • p. 270/276
      MEMO
    • p. 271/276
      MEMO
    • p. 272/276
      MEMO
    • p. 273/276
      ● SD 、 SDHC 、 SDXC ロゴは SD-3C, LLC の商標です。 ● Microsoft 、 Windows は、 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。 ● Mac OS 、 App Store 、 iTunes 、 iPhone 、 iPad 、 iPod touch は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の 商標です。 ● HDMI 、 HDMI ロゴ、および High-Definition Multimedia
    • p. 274/276
      保証書 と アフターサービス 本機の保証は日本国内を対象としています。万一、海外で故障した場合の現地でのアフターサービスはご容赦ください。 █ 保証書 本体には保証書が添付されています。必要事項が記入されていることをお確かめのうえ、大切に保管してください。 █ アフターサービス 製品の保証について ● 使用説明書、本体注意ラベルなどの注意書きに従った正常な使用状態で、保証期間中に本製品が万一故障した場合は、本保証書を製品に添付のうえ当該保証期間内に弊社修理受付窓口までご持参あるいはお送りいただければ、無料で修理いたします。この場合の交通費、送料および諸掛かりはお客様のご負担となります。修理受付窓口については、カメラ修理受付センター(A
    • p. 275/276
      修理 について █ 修理に出すまえに ● 不具合症状の再現・確認のために、記録メディアをお預かりすることがあります。その場合、修理の前に必ずデータをバックアップしてください。なお、修理によってデータが消去された場合の補償についてはご容赦ください。 ● 修理の際、必要最小限の範囲で記録メディア内のデータを確認させていただくことがあります。ただし、データを弊社が複製・保存することはありません。 █ 修理のお問い合わせは カメラ修理受付センター 050-555-99077 (全国共通) 平日・土曜日 9:00
    • p. 276/276
      PUB. DIJ-0407-001 HD Video Camera © CANON INC. 2013 PUB. DIJ-0407-001 108-8011 2-16-6 2013 10 050-555-90004 9:00 12:00 13:00 17:00 043-211-9790 http://canon.jp/prodv http://canon.jp/support PUB. DIJ-0407-001
 

© 2012–2018, manyuaru.com
All rights reserved.