取扱説明書とユーザーガイド - Latitude C800 Dell

Latitude C800 Dell の取扱説明書やユーザーガイドが2以上あります。

  • Dell Latitude C800 [ver. 1] (ページ: 4)

    目次
    • p. 1/4
      I/Oコネクタのピンの構成 Dell™Latitude™C800 USBコネクタ シリアルコネクタ パラレルコネクタ USBコネクタ PS/2 コネクタ シリアルコネクタ Sビデオ TV出力 コネクタ パラレルコネクタ ドッキングコネクタ ビデオコネクタ IEEE 1394コネクタ ピ ン 信号 1 VCC 2 -Data 3 +Data 4 Ground ピ ン 信号 1 DCD 2 RXDA 3 TXDA 4 DTR 5 GND 6 DSR 7 RTS 8 CTS 9 RI ピン 信号 1 STRB#/5V
    • p. 2/4
      ビデオコネクタ PS/2 コネクタ Sビデオ TV出力 コネクタ 2 PD0/INDEX# 3 PD1/TRK0# 4 PD2/WP# 5 PD3/RDATA# 6 PD4/DSKCHG# 7 PD5F 8 PD6F 9 PD7F 10 ACK#/DRV# 13 SLCT/WGATE# 14 AFDF# 15 ERROR#HDSEL# 16 INIT#/DIR# 17 SLCT_IN#STEP# 18-23 GND 24 NC 25 GND ピ ン 信号 1 RED 2 GREEN 3 BLUE 4 NC
    • p. 3/4
      ドッキングコネクタ Sビデオ ピン 信号 1 GND 2 GND 3 DLUMA-L 4 DCRMA-L コンポジット ピン 信号 5 SPDIF 6 DCMPS-L 7 SPGND ピン 信号 1 STRB#/5V 2 PD0 3 PD1 4 PD2 5 PD3 6 PD4 7 PD5 8 PD6 9 PD7 10 GND 11 DOCK_SPKR 12 DOCK_MIC 13 DOCK_LINE 14 DOCK_CDROM 15 GND 16 M_SEN# 17 POWER_SW# 18 QPCIEN#
    • p. 4/4
      IEEE 1394 コネクタ こ の マ ニ ュ ア ル の内 容 は 、 予 告な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 © 2 0 0 0 す べ て の著 作権は、 Dell Computer Corporationに あ り ま す。 Dell Computer Corporationからの文書による許可なしには、いかなる方法においても本書の複写、転載を禁じます。 このマニュアルに使用されている商標:DellおよびLatitudeは、Dell Computer Corporationの商標です。
  • Dell Latitude C800 [ver. 3] (ページ: 94)

    目次
    • p. 1/94
      Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド Model PP01X メ モ、注意および警告 このマニュアルの内容は予 告な し に変更されることがあります。 © 2 0 0 0-2 0 0 1 すべての著 作権はDell Computer Corporationにあります。 Dell Computer Corporationからの許可なしには、いかなる方法においてもこのマニュアルの複写、転載を禁じます。 このマニュアルに使用されている商標: D e l l、D i m e n s i o
    • p. 2/94
      目次ページに戻る ACアダプタおよびバッテリ: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド ACアダプタについて l コンピュータの電源を入れた状態でも切った状態でもACアダプタに接続できます。 l ACアダプタは世界各国のAC電源に適合します。ただし、電源コネクタは国によって異なります。国外でAC電源を使用するときは、その国に適した電源コードアダプタが必要になる場合があります。 l コンピュータが、Dellドッキングデバイスに接続されている場合、ドッキングデバイスにACアダプタを接続してAC電源で使用できます。
    • p. 3/94
      l バッテリは、室温で約400回のフル充電を繰り返すことができます。 l スタンバイモードを起動すると、コンピュータはバッテリで約1週間稼動します。 l コンピュータを保管する場合は、すべての機器を取り外してコンピュータの電源を切ります。コンピュータを長期間保管しておく場合は、バッテリを取り外します。バッテリは使用しなくても、長期の保管中に消耗します。長期保管後は、バッテリをフル充電してからコンピュータを起動させてください。 l リチウムイオンバッテリを家庭用の一般ごみと一緒に捨てないでください。詳細は、
    • p. 4/94
      注 意:データの損 失を防ぐ た め、コンピュータの電 源が入っ た状態でバッテリを取り替えないで下さ い。た だ し、コンピュータが電 源コンセントに接続されているか、あるいはセカンドバッテリが取り付けられている場 合は、こ の限りではありません。 注意:コンピュータには、リチウムイオンバッテリのみを使 用してください。ニッケルメタル水 素(NiMH)バッテリはサポートしていません。 1. 作業中のファイルを保存し、開いているファイルを全て閉じます。アプリケーションプログラムを終了します。 2. コンピュータがドッキングされている場合、ドッキングを解除します。
    • p. 5/94
      バッテリの低 下を知らせるアラーム 注 意:バッテリの低 下を知らせるアラームが発せられた場 合は、すぐに作業中のファイルを保 存し、バッテリを交 換するか、またはコンピュータをA C電 源に接続してください。 注 意: データの損 失(およびハードディスクドライブのデータ領 域の破 損)を避けるために、バッテリの低 下を知ら せ る2回 目の警 告が発せられた ら、すぐに作業中のファイルを保 存してください。そ の後 、コンピュータをA C電 源に接続するか、コンピュータをスタンバイモードにしてください。バッテリが完
    • p. 6/94
      バッテリの破棄 バッテリが充電できなくなったため廃棄する場合は、お近くの廃棄物取扱所または環境機関にご連絡ください。新しいバッテリをお求めになる場合は、 Dellにお問い合わせ いただくかDellのウェブサイト http://www.dell.com/jp/をご覧ください。 目次ページに戻る l 電源ボタンを押す 橙色が小刻みに点滅 バッテリの不良 バッテリを交換します。 Dellにお問い合わせ いただくか、Dellウェブサイト http://www.dell.com/jp/をご覧ください。 警告:破損したり充
    • p. 7/94
      目次ページへ戻る デバイスの接続: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド コンピュータの背 面 注意: 外付けデバイスをコンピュータの背 面か ら取り外す場 合 、システム基 盤へ の損 傷を避けるため、コンピュータの電 源を切ってから5秒 待ってデバイスの接続を外してください。 注意: コンピュータのオーバーヒートを避けるため、 通気孔やファンにものを近づけないでください。ま た、 覆わないよう注 意してください。 コンピュータの左 側 コンピュータの背面 シリアルデバイス コンピュータの左側
    • p. 8/94
      コンピュータの右 側 注意: コンピュータのオーバーヒートを避けるため、 通気孔やファンにものを近づけないでください。ま た、 覆わないよう注 意してください。 1 固定オプティカルドライブプルタブ 4 セキュリティケーブルスロット 2 固定オプティカルドライブ 5 スピーカー 3 Sビデオ TV出力 コネクタ 1 スピーカー 6 IRセンサー 2 ネットワークコネクタ (オプション) 7 IEEE 1394コネクタ 3 モデムコネクタ (オプション) 8 PCカードスロット 4 セキュリティケーブル
    • p. 9/94
      外 付けモニタ デュアルディスプレイ モードでMicrosoft® Windows® Meオペレーティングシステムを実行している場合、ディスプレイの延長として外付けモニタを使用で きます。 注 意: ノートブックコンピュータのディスプレイの開 閉に関わ ら ず、コンピュータの上に は外 付けモニタを載せないでください。 コンピュータケースやディスプレイパネルが破 損することがあります。 1. 外付けモニタの電源が入っていないことを確認します。モニタをコンピュータの近くの水平な場所(机やモニタスタンドなど)に置きます。
    • p. 10/94
      ドッキングデバイス USBデバイス マウス、外付けキーボードおよび外 付けテンキーパッド マウス セットアップユーティリティ のPointing Device項目が、Touch Pad-PS/2 Mouse (デフォルト)に設定してある場合、PS/2互換マウスが取り付けられて いれば、デュアルポイントデバイスも外付けPS/2互換マウスも使用できます。マウスを取り外す場合、デュアルポイントデバイスの拡張機能を使うためには、システムをシャットダウンするか、スタンバイモードを起動すると再び有効になります。そうしない場合は、デュアルポイントデバイスは通常のPS/2モードになります。このとき、設定されている機能の多くは無効になります。
    • p. 11/94
      ACアダプタ をACアダプタコネクタに接続します。ACアダプタは、AC電源をコンピュータに必要なDC電源に変換します。 ACアダプタは、コンピュータの電源のオン・オフにかかわらず接続できます。 ACアダプタは世界各国のAC電源に適合します。ただし、電源コネクタは国によって異なります。国外でAC電源を使用するときは、その国に適した電源コードが必要になる場合があります。 赤外線(IR)センサー コンピュータの赤外線(IR)センサーは、ケーブルで接続することなく、コンピュータから、他のIR互換機器へのファイルの転送をおこなうことができます。お客様がコンピュータを受け取った際は、赤外線センサーは、無効です。セットアップユーティリティを使って、
    • p. 12/94
      ネットワークアダプタの使い方に関する詳細については、システムに付属しているオンラインネットワークアダプタマニュアルを参照してください。マニュアルにアクセスするには、デスクトップのユーザーズガイドアイコンをダブルクリックし、システム情 報をクリックしてから 通 信をクリックします。 T Vおよびデジタルオーディオ お使いのTVに複合ケーブルが付属している場合、コンピュータに付属のTV/デジタルオーディオアダプタケーブルを使用してTVをコンピュータに接続します。複合ビデオケーブルをTV/デジタルオーディオアダプタケーブルの複合コネクタに接続したことを確認してください。複合ケーブルまたはSビデオデバイスの接続についての手順は、お使いのテレビに付属のユーザーズマニュアルを参照してください。
    • p. 13/94
      3. 画面の領 域にあるバーをクリックしてドラッグし、バーを左右に動かしながら 800×600ピクセルに設定を変更します。 4. 画面の色の下にあるプルダウンメニューをクリックし、High Color (16 bit)をクリックします。 5. O Kをクリックします。 オーディオデバイス コネクタにはヘッドフォンあるいはスピーカー、 コネクタにはマイク、 コネクタにはカセットプレーヤーおよびCDプレーヤーのような録音/再生装 置を接続します。 コンピュータの音量などの調節には、Windowsタスクバーのボリュームアイコン、セットアップユーティリティおよび
    • p. 14/94
      目次ページに戻る Dell™へのお問い合わせ:Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド 概要 Dellへお問い合わせになる場合は、次の電話番号、電子アドレスをご利用ください。 「 国際電話コード 」は、長距離電話と国際電話をおかけになる際に 必要な番号の一覧です。 「 南北アメリカお問い合わせ番号 」、「 ヨーロッパお問い合わせ番号 」、および 「 アジアおよびその他の地域のお問い合わせ番 号 」 は、世界各国の支所またはサービス拠点の、市外局番、フリーダイヤル番号、ウェブサイトおよび電子メールアドレスの一覧です。
    • p. 15/94
      南 北アメリカお問い合わ せ番号 香港 001 852 不要 アイルランド (チェリーウッド) 16 353 1 イタリア (ミラノ) 00 39 02 日本 (川崎) 001 81 44 韓国 (ソウル) 001 82 2 ルクセンブルグ 00 352 ― マカオ ― 853 不要 マレーシア (ペナン) 00 60 4 メキシコ 95 52 5 オランダ (アムステルダム) 00 31 20 ニュージーランド 00 64 ― ノルウェー (リサケー) 00 47 不要 ポーランド (ワルシャワ) 011
    • p. 16/94
      ヨーロッパお問い合わ せ番号 ラテンアメリカ メモ:ラテンアメリカからセールス、カスタマーケア、テクニカルサポートにお問い合わせの場合は米国の番号をご利用ください。 カスタマーテクニカルサポート(米国、テキサス州オースチン) 512 728-4093 カスタマーケア(米国、テキサス州オースチン) 512 728-3619 Fax(テクニカルサポートおよびカスタマーケア) (米国、テキサス州オースチン) 512 728-3883 セールス (米国、テキサス州オースチン) 512 728-4397 セールスFax
    • p. 17/94
      びカスタマーケアのお問い合わせは、ドイツのランゲンの電話番号をご利用ください。 Home/Small Business カスタマーケア 01 795676-03 優先アカウント/法人カスタマーケア 0660-8056 Home/Small Business テクニカルサポート 01 795676-04 優先アカウント/法人テクニカルサポート 0660-8779 ウェブサイト http://support.euro.dell.com 電子メール:tech_support_central_urope@dell.com
    • p. 18/94
      ウェブサイト: http://support.euro.dell.com 電子メール: web_fr_tech@dell.com 法 人 テクニカルサポート 0825 004 719 カスタマーケア 0825 338 339 代表 01 55 94 71 00 セールス 01 55 94 71 00 Fax 01 55 94 71 01 ウェブサイト: http://support.euro.dell.com 電子メール: web_fr_tech@dell.com ドイツ (ランゲン) テクニカルサポート
    • p. 19/94
      ら、セールス、カスタマーケア、およびテクニカルサポートにお問い合わせの場合はベルギーの番号をご利用ください。 法人セールス (ベルギー、ブリュッセル) 02 481 91 00 カスタマーケア(ベルギー、ブリュッセル) 02 481 91 19 代表(ベルギー、ブリュッセル) 02 481 91 00 Fax(ベルギー、ブリュッセル) 02 481 92 99 ウェブサイト: http://support.euro.dell.com 電子メール: tech_be@dell.com オランダ (アムステルダム)
    • p. 20/94
      アジアおよびその他地域の お問い合わ せ番号 電子メール: web_esp_tech@dell.com 法 人 テクニカルサポート 902 100 130 カスタマーケア 902 118 546 代表 91 722 92 00 Fax 91 722 95 83 ウェブサイト: http://support.euro.dell.com 電子メール: web_esp_tech@dell.com スウェーデン (アップランズヴェスビー) テクニカルサポート 08 590 05 199 リレーショナルカスタマーケア(OptiPlex™、Workstation、Latitude™)
    • p. 21/94
      カスタマーケア フリーダイヤル: 1-800-819-339 法人セールス フリーダイヤル: 1-800-808-385 Dimension/Inspironセールス フリーダイヤル: 1-800-808-312 Fax フリーダイヤル: 1-800-818-341 ブルネイ メモ:ブルネイから、カスタマーケアにお問い合わせの場合はマレーシアの番号をご利用ください。 カスタマーテクニカルサポート (マレーシア、ペナン) 633 4966 カスタマーサービス (マレーシア、ペナン) 633 4949 Dimension/Inspironセールス(マレーシア、ペナン)
    • p. 22/94
      目次ページに戻る マレーシア (ペナン) テクニカルサポート フリーダイヤル: 1 800 888 298 カスタマーサービス 04 633 4949 Dimension/Inspironセールス フリーダイヤル: 1 800 888 202 法人セールス フリーダイヤル: 1 800 888 213 ニュージーランド Home/Small Business 0800 446 255 Government/Business 0800 444 617 セールス 0800 441 567 Fax 0800
    • p. 23/94
      目次ページに戻る Dell™診断プログラム: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド Dell診断プログラムを使 用す る場 合 コンピュータの主要コンポーネントやデバイスが正しく機能しない場合は、構成部品が故障している可能性があります。コンピュータに不具合が生じたら、Dellのテクニカルサポートにお問い合わせになる前に「 解決策を見つけるには 」にあるチェック事項を実行し、Dell診断プログラムを実行するようお勧 めします。 コンピュータのマイクロプロセッサとI/O装置(ディスプレイ、キーボード、フロッピードライブなど)が機能している限り、Dell診断プログラムをご使用になれます。Dell診断プログラムを実行すると、Dellのテクニカルサポートにお問い合わせにならなくてもご自分で問題を解決することが可能です。
    • p. 24/94
      l Boot Second Device: CD/DVD/CD-RW Drive l Boot Third Device: Internal HDD 6. お使いのコンピュータに付属のDrivers and Utilities CDをCDドライブに挿入します。 7. コンピュータの電源を切ります。 8. コンピュータの電源を入れます。システムが再起動し、自動的にDell診断プログラムが起動します。 9. 診断プログラムを実行したら、Drivers and Utilities CD をCDドライブから取り出します。
    • p. 25/94
      Advanced Testing画面には次のような情報が表示されています。 l 画面の左側は Device Groups エリアになっており、実行されるテストグループのリストが表示されます。メニューから Run tests を選択し、続いて All を選択すると、テストはこのエリアに表示された順序で実行されます。テストグループを選択するためのハイライト表示には、↑または↓キーを押してください。 l 画面右側のDevices for Highlighted Groupエリアに、コンピュータが現在検出しているハードウェアの一覧とその関連する設定が表示されます。
    • p. 26/94
      システム設定情報の確 認 Drivers and Utilities CDからコンピュータを起動すると、診断プログラムによりシステム情報がチェックされ、その内容がメイン画面の Device Groupsに表示されます。 診断プログラムは、次の情報を元にして設定をチェックします。 l セットアップユーティリティで選択したシステム設定情報の設定(不揮発性ランダムアクセスメモリ[NVRAM]に格納されています) l マイクロプロセッサ、ビデオコントローラ、キーボードコントローラ、およびその他の主要部品の識別テスト
    • p. 27/94
      目次ページに戻る ソフトウェアの再インストール:Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド ドライバおよびユーティリティのインストール お使いのコンピュータに付属のDell Drivers and Utilities CDには、お使いのコンピュータに搭載されていないオペレーティングシステムのドライバも含まれています。インストールするドライバがお使いのオペレーティングシステムのサブディレクトリにあることを確認してください。 Dellのテクニカルサポートウェブサイトhttp://support.jp.dell.comでも、ドライバ、システムツール、およびマニュアルにアクセスしたり、ダウンロードできます。コンピュータにプリインストールされているオペレーティングシステムの使い方については、コンピュータに付属のオペレーティングのマニュアルを参照してください。
    • p. 28/94
      6. Drivers and Utilities CDにあるAsset Tagユーティリティをハードドライブのc:\dell\utilディレクトリにコピーします。 このユーティリティを使用するには、「 管理タグの割り当て 」を参照してください。 内 蔵モデムおよびネットワークアダプタ用ドライバ(オプション)のインストール 内蔵モデムが必要な場合、モデムドライバを再インストールする必要があります。 モデム/ネットワークアダプタの組み合わせが必要な場合、モデムおよびネットワークアダプタドライバの両方を再インストールする必要があります。
    • p. 29/94
      1. 開いているすべてのアプリケーションプログラムで作業中のファイルを保存します。 2. Drivers and Utilities CDをCDドライブまたはDVDドライブに挿入します。 3. スタートボタンをクリックし、ファイル名を指 定して実行をクリックします。 4. ファイル名を指 定して実行ウィンドウで、次の行を入力します。 x:\start.htm x は、CDのドライブ文字です。 5. 適切な言語をクリックして選択します。 6. All Software(すべてのソフトウェア)をクリックします。
    • p. 30/94
      4. 適切な言語をクリックして選択します。 5. All Software(すべてのソフトウェア)をクリックします。 6. Name(名前)で、インストールするデバイスへのリンクをクリックします。 7. CD Directoryリンクをクリックします。 8. Drivers(ドライバ)をダブルクリックします。 9. Modem(モデム)をダブルクリックします。 10. NTをダブルクリックします。 11. MdmSetupをダブルクリックします。 12. setup.exeをダブルクリックします。 13.
    • p. 31/94
      目次ページに戻る エラーメッセージの理解: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド アプリケーションプログラム、オペレーティングシステム、およびコンピュータ自体には、問題の発生を知らせる機能があります。問題が発生すると、コンピュータの内蔵ディスプレイまたは外付けモニタ(取り付けられている場合)にメッセージが表示されたり、フラッシュコードが出たりします。 エラーメッセージが表示されたときは、メッセージの内容をメモしてください。メッセージの説明と解決方法については、 システムエラーメッセージ
    • p. 32/94
      策に従ってください。 Hard-disk drive configuration error コンピュータがドライブの種類を識別できません。 コンピュータの電源を切り、ドライブを取り外し、コンピュータを起動可能フロッピーディスクから起動します。次に、コンピュータの電源を切り、ドライブを取り付け、コンピュータを再起動します。 Dell診断プログラム のhard drive テスト を実行しま す。 Hard-disk drive controller failure 0 ハードドライブがコンピュータからのコマンドに応答しません。
    • p. 33/94
      目次ページに戻る value No boot device available コンピュータがフロッピーまたはハードドライブを見つけることができません。 フロッピードライブがブートデバイスの場合は、ドライブ内に起動可能フロッピーディスクがあることを確認します。ハードドライブがブートデバイスの場合は、ドライブが正しく取り付けられ、ブートデバイスとしてパーティション分割されていることを確認します。 No boot sector on hard drive オペレーティングシステムが壊れている可能性があります。
    • p. 34/94
      目次ページに戻る 機能およびオプション: Dell ™ Latitude ™ C800 ユーザーズガイド l 15インチまたは14.1インチSXGA+(super extended graphics array plus)、TFT 1400 x 1050アクティブマトリクスカラーディスプレイ。 l 15インチUXGA(ultra extended graphics array)、TFT 1600 x 1200アクティブマトリクスカラーディスプレイ。 l 16 MB(メガバイト)ビデオメモリ(32 MBにアップグレード可能)を搭載した128ビットハードウェアアクセラレート式ビデオのサポート。
    • p. 35/94
      目次ページに戻る
    • p. 36/94
      目次ページに戻る コンピュータの正面: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド 注意:コンピュータのオーバーヒートを避けるために、 通気孔あるいはファンにものを近づけないでください。 コンピュータのコネクタおよびデバイスの使い方に関する詳細については、 コンピュータの使い方 および デバイスの接続 を参照してください。 ステータスライト 注 意: こ の インジケータ点 灯中は絶対にコンピュータの電 源を切らないでください。データが失われる場 合があります。すべてのアプリケー ションを閉じてから、コンピュータの電
    • p. 37/94
      目次ページに戻る ドライブアクセスインジケータ Caps Lock バッテリインジケータ Scroll Lock
    • p. 38/94
      目次ページに戻る ヘルプの概要: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド テクニカルサポート 技術上の問題に関するサポートを受けなければならないときは、以下の手順に従ってください。 1. Dell診断プログラムを実行します。 2. 診断チェックリスト を印刷し、それに記入します。 3. インストールとトラブルシューティングの手順に関しては、DellのWorld Wide Webサイト(http://support.jp.dell.com)のサポートページをご覧くださ い。 4. これまでの手順で問題が解決しない場合、Dellのテクニカルサポートへお電話ください。
    • p. 39/94
      テクニカルサポートサービス Dell製品に関するお問い合わせは、Dellのテクニカルサポートをご利用ください。 テクニカルサポートに電話をおかけになると、サポートスタッフがお問い合わせ内容の確認のために、ご使用のシステムの詳細をお聞きすることがあります。サポートスタッフはその情報を元に、正確な回答を迅速に提供します。 テクニカルサポートにお問い合わせになる場合は、まず「 お問い合わせになる前に 」を参照してから、「 Dellへのお問い合わせ 」に記載の番号にご連絡く ださい。 ご注 文に関す る問 題
    • p. 40/94
      目次ページに戻る プログラムとバージョン: システムのスタートアップファイルの内容を確認するときは、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。コンピュータがプリンタに接続されている場合は、各ファイルを印刷します。それ以外は、各ファイルの内容を記録してからDellに電話してください。 エラーメッセージ、ビープコードまたは診断コード: 問題点の説明と実行したトラブルシューティング手順 :
    • p. 41/94
      目次ページに戻る はじめにお読みください: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド 情 報の検索 コンピュータには、このマニュアルの他に次のマニュアルが付属しています。 l オペレーティングシステムの『セットアップガイド』は、オペレーティングシステムをセットアップする方法について説明しています。 l モデムなどのコンピュータデバイスと、コンピュータとは別に購入されたオプション製品のためのオンラインマニュアルが用意されています。この補助マニュアルにアクセスするには、Microsoft®Windows®デスクトップのユーザーズガイドアイコンをダブルクリックし、システム情
    • p. 42/94
      電 源(安 全に お使いいただくための注 意 、続き) バッテリ(安 全に お使いいただくための注 意 、続き) l お使いのコンピュータに内蔵またはオプション(PCカード)のモデムが搭載されている場合は、電話回線を介した落雷による電撃のわずかな危険も避けるため、激しい雷雨時にはモデムケーブルを外してください。 l 感電を防止するため、雷雨時にはケーブルの接続や取り外し、および本製品のメンテナンスや再設定作業をおこなわないでください。すべてのケーブルを外してバッテリ電源でコンピュータを駆動する場合を除き、雷雨時はコンピュータを使用しないでください。
    • p. 43/94
      飛行機に よ る移 動(安 全に お使いいただくための注 意 、続き) EMC指 令 l シールド付き信号ケーブルの使用により、目的の環境に適用されるEMC分類基準を満たすことができます。パラレルプリンタのケーブルは、Dellでお求めになれます。ご希望の場合、ケーブルはDellのWebサイト http://www.dell.com/jp/ からご注文いただけます。 l 静電気は、コンピュータの内部の電子部品を損傷する可能性があります。静電気による損傷を防ぐため、メモリモジュールなどのコンピュータの電子部品に触れる前に、身体の静電気を放電してください。コンピュータのI/Oパネルの塗装されていない金属面に触れると、静電気を除去できます。
    • p. 44/94
      快 適な使い方 コンピュータを快適に、効率よく使用するために、システムの設置と使用に関しては、次の注意事項を守ってください。 l 作業中にモニタとキーボードが身体の正面にくるようにシステムを配置します。 l モニタの角度、コントラスト、輝度、および周囲の照明(天井の照明、卓上ライト、周囲の窓にかかっているカーテンやブラインド)を調整し、モニタ画面の反射を最小限に抑えます。 l コンピュータに外付けモニタを接続する場合、モニタは適度に離して(通常は目から50センチから60センチ)見やすい距離でお使いください。モニタの正面に座った時に、モニタ画面が目と同じ高さか、やや低くなるようにしてください。
    • p. 45/94
      2. けがまたは感電を防止するため、コンピュータおよび周辺機器をAC電源から切断します。また、電話回線や通信回線もコンピュータから切断しま す。 3. メインバッテリをバッテリボックスから取り外し、必要に応じて、セカンドバッテリをオプションベイから取り外します。 4. コンピュータ背面にあるI/Oパネルの塗装されていない金属面に触れて身体の静電気を除去します。 作業中は定期的にI/Oパネルに触れて、静電気による内部コンポーネントの損傷を防止してください。 静電気放 出へ の対 処 静電気は、コンピュータ内部の電気を伝える部品を損傷する恐れがあります。静電気による損傷を防ぐために、メモリモジュールなどのコンピュータの電子部品に触れる前に、身体から静電気を除去してください。コンピュータI/Oパネルの塗装されていない金属面に触れることにより、静電気を除去することができます。
    • p. 46/94
      目次ページに戻る 省電力について: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド 省電力のヒント l Microsoft® Windows® 2000およびWindows Meにおいて、コンピュータは、操作の停止中に速度を緩めたり、電源を切ることで スタンバイモード あ るいは 休止状態 を起動します。 l Windows NT®において、コンピュータは、操作の停止中に速度を緩めたり、電源を切ることで サスペンドモード あるいは suspend-to-disk (S2D) を 起動します。
    • p. 47/94
      休 止状態 休止状態では、メモリにあるすべての内容をハードドライブにコピーしてから、コンピュータへのすべての電源を切ります。通常の操作を再開すると、休止状態を有効にする前にロードされたプログラムがそのまま実行され、同じファイルが開きます。 注意:休止状態 中に、デバイスを取り外したり、ドッキングを解 除することはできません。 バッテリ充電レベルが極端に低くなった場合や、電源ボタンの省電力のキーの組み合わせ(スリープボタン)<Fn><Esc>、あるいは 電 源オプションのプ ロパティ
    • p. 48/94
      l アラーム — バッテリ低 下アラーム(Windows 2000)またはバッテリ低 下の警 告(Windows Me)およびバッテリ切れアラーム(Windows 2000)またはバッテリ消 耗の警 告(Windows Me)を設定して、システムのバッテリ残量が一定レベルより低くなった場合に警告を表示することができます。出荷時には、バッテリ低 下アラーム(Windows 2000)またはバッテリ低 下の警 告(Windows Me)およびバッテリ切れアラーム(Windows 2000)またはバッテリ消
    • p. 49/94
      l <Fn><Esc> を押します(セットアップユーティリティでExternal Hot Key項目が有効になっている場合、外付けキーボードでは<Scroll Lock><Esc>を押します)。サスペンドモードから復帰するには、電源ボタンを押します。コンピュータが動作を再開するのに数秒かかることがあります。 l ディスプレイを閉じます。セットアップユーティリティでDisplay Close項目をSuspendに設定している場合、ディスプレイが閉じられるとコンピュータはサスペンドモードに入ります。コンピュータを使い始めるにはディスプレイを開けます。コンピュータが動作を再開するのに数秒かかることがあります。
    • p. 50/94
      目次ページに戻る 認可機関の情報 : Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド 概要 EMI(電磁波障害)とは、自由空間に放射されたり、電源コードや信号線に伝導する信号あるいは放射電磁波のことで、無線航法やその他の安全対策業務を危険にさらしたり、認可された無線通信サービスの著しい品位低下、妨害、あるいは度重なる中断を発生させます。無線通信サービスには、AM/FMの商業放送、テレビ、および携帯電話の各種サービス、レーダー、航空交通管制、ポケットベル、PCS(Personal Communication
    • p. 51/94
      図1 VCCIクラスA情報技術装置基準認可機関マーク クラスB基 準 VCCIクラスB情報技術装置基準認可機関マーク 目次ページに戻る
    • p. 52/94
      目次ページに戻る 部品の取り付けおよび取り外し: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド コンピュータ内部作業の準 備 コンピュータの作業を始める前に、次の手順に従ってください。 注意:次の手 順に従わない場 合 、コンピュータに損 傷を与え る可能性があります。 1. 作業中のファイルを保存し、開いているアプリケーションをすべて閉じます。 2. コンピュータと、接続しているデバイスの電源をすべて切ります。 3. コンピュータがドッキングされている場合、ドッキングを解除します。 けがや感電をしないように、コンピュータおよび接続されているすべてのデバイスを電源コンセントから外します。電話線や電気通信回線をコンピュータから取り外します。
    • p. 53/94
      4. 箱から新しいドライブを取り出します。 箱は保管しておき、ハードドライブを保管または輸送する場合に使用します。 注 意:ドライブがなかなか入らない場 合は、いったん引き出してからもう一度入れ直してください。 損 傷を防ぐためにドライブをドライブベイに無理に差し込まないでください。 5. 新しいハードドライブをドライブベイに、ドライブドアがコンピュータケースと面が揃うまで丁寧に押し込みます。 6. きちんと納まるまでドライブドアに押し込みます。 7. 手順3で取り外した2つのネジを取り付けます。 ネジを強く締めすぎないように注意してください。
    • p. 54/94
      2. ディスプレイを閉じて、コンピュータを裏返します。 3. メモリモジュールカバーからネジを取り外し("K/M"と表示されてあるアイコンの隣にあります)、メモリモジュールカバーを取り外します。 4. メモリモジュールを取り付ける場合、すでに取り付けてあるモジュールを取り外します。 メモリモジュールソケットの金属タブを注意深く離します。次にメモリモジュールをソケットから取り出します。 5. 静電気を除去して、アップグレードキットから新しいメモリモジュールを取り出します。 6. 2つのソケットにメモリモジュールを取り付ける場合、まず「JDIM
    • p. 55/94
      メモリモジュールは、一定の向きでソケットに差し込むように設計されています。またシステム基板のソケットもメモリモジュールを一定方向でのみきちんと取り付けられるように設計されています。 7. メモリモジュールの端が金属タブにカチッと音をたてて固定されない場合は、メモリモジュールを取り外し、もう一度やり直してください。 注 意: メモリモジュールを取り付け た後 、メモリモジュールカバーが取り付けられない、またはきちんと閉まらない場 合はメモリモジュールを間違えて別のスロットに取り付けている可能性があります。メモリモジュールを取り外し、も
    • p. 56/94
      目次ページに戻る パスワードおよびセキュリティ機能:Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド パスワードについて 電源投入時パスワードは、使用を許可されていないユーザによるコンピュータの起動を防ぐことができます。電源投入時パスワードの代わりにシステム管理者パスワードを入力してコンピュータを起動することもできます。ドライブが別のコンピュータに取り付けられている場合でも、ハードドライブパスワードを設定すると、許可無しにはデータへのアクセスができなくなります。 パスワードを忘れてしまった場合は、
    • p. 57/94
      ハードドライブパスワードの使い方 ハードドライブパスワードは、使用を許可されていないユーザのアクセスからハード上のデータを保護するために使用します。モジュラーハードドライブをご使用の場合は、そのドライブにプライマリハードドライブと同じ、または異なるパスワードを設定することもできます。 ハードドライブパスワードの設定後は、コンピュータの電源を入れるたびにパスワードを入力する必要があります。またサスペンドモードまたはスタンバイモードから通常の動作に復帰する際にも、必ず入力する必要があります。 ハードドライブパスワードを有効にした後は、コンピュータを起動するたびに次のようなメッセージが毎回表示されます。
    • p. 58/94
      2. cd c:\Dell\Utilと入力し<Enter>キーを押します。 3. asset /dと入力してから<Enter>キーを押します。 所有者タ グ番号の割り当て 所有者タグ番号は最大48文字で、組み合わせには、任意の文字のほか数字やスペースも有効です。 1. MS-DOSフロッピーディスクまたはCDからコンピュータを起動します。 2. cd c:\Dell\Utilと入力し、<Enter>キーを押します。 3. asset /oと入力し、スペース1つを入れてから所有者タグを入力し、
    • p. 59/94
      目次ページに戻る メ モ:盗難防止装置を お買い求め の際に は、ご使 用のコンピュータのセキュリティケーブルスロットに装 着できるかどうかを確 認してくださ い。
    • p. 60/94
      目次ページに戻る セットアップユーティリティの使い方: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド 概要 次のような場合には、セットアップユーティリティを実行してください。 l 電力管理機能やパスワードなどの選択可能な機能を設定または変更する場合 l システムのメモリ量など現在の設定情報を確認する場合 設定項目によっては、変更した内容がすぐに有効になるものもあれば、内容を有効にするためにコンピュータを再起動しなければならないものもあります。再起動しなければならない場合は、画面の右上に補足説明が表示されます。
    • p. 61/94
      各画面の右側下半分には、コンピュータのシステム情報が表示されます。 l Key functions 各画面の最下段には、セットアップユーティリティで使用できるキーの機能が表示されます。 起動順序の変更 コンピュータの起動順序を変更するには、Boot First Device(第一起動デバイス)、Boot Second Device(第二起動デバイス)、あるいはBoot Third Device (第三起動デバイス)項目のデバイス設定を変更します。 起動順序項目の変更を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。
    • p. 62/94
      目次ページに戻る 解決策を見つけるには:Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド 概要 テクニカルサポートについてDellにお問い合わせいただく前に、コンピュータの問題解決に役立つ以下の作業をおこなってください。 1. 『システム情報ガイド』にある「安全にお使いいただくための注意」および「 はじめにお読みください 」をお読みください。 2. Dell診断プログラム を実行すると、問題をすばやく発見することができます。 3. 動作不良を起こしているコンポーネントまたは装置に該当する手順をおこなってください。手順については、このページの最初にある
    • p. 63/94
      液体をこぼしたり、湿気のある場所にコンピュータを置くことは、コンピュ ータの損傷の原因となります。 続されている場 合 、Dellでは、サーキットブレーカーのA C電 源を切ってから電 源ケーブルを電 源コンセントか ら抜くようお勧めします。 濡れたケーブルを通電中の電 源か ら抜く場合、細心の注 意を払ってください。 1. コンピュータの電源を切り、ACアダプタから切断します。次に、ACアダプタを電源コンセントから抜きます。 接続されているすべての周辺機器の電源スイッチを切って電源コンセントから外し、次にコンピュータから外します。
    • p. 64/94
      6. すべての取り付けられているバッテリ を取り外して、ACアダプタを切断します。次にバッテリを再び取り付 け、ACアダプタを接続してからコンピュータの電源を入れます。 ライトは点灯しましたか? は い。手順8に進みます。 いいえ。手順7に進みます。 7. コンピュータの電源を切り、数秒待ってからコンピュータの電源を再び入れます。 ライトは点灯しました か? は い。コンピュータは通電しました。手順8に進みます。 いいえ。コンピュータは通電していません。手順9に進みます。 8. コンピュータは正常に起動しますか?
    • p. 65/94
      5. バッテリが充電されていることを示す ライトは(点滅ではなく)常に点灯していますか? は い。手順6に進みます。 いいえ。バッテリ不良の可能性があります。 Dellへお問い合わせ の上、テクニカルサポートを受けてく ださい。 6. 電源ボタンを押します。コンピュータの電源は入りましたか? は い。バッテリを充電する必要があります。問題は解決しました。 いいえ。 Dellへお問い合わせ の上、テクニカルサポートを受けてください。 部分的にのみ電源が入る場合 ライトがコンピュータに電源が入 っていることを示しているのに画面には何も表示されない場合、コンピュータの一部に電気の届いていないところがあります。「
    • p. 66/94
      は い。フロッピードライブの問題は解決しました。問題が解決しない場合、 Dellへお問い合わせ の上、 テクニカルサポートを受けてください。 いいえ。手順9に進みます。 9. Dellへお問い合わせの上、テクニカルサポートを受けてください。 CD、CD-RW、DVDドライブの問題 POSTの実行中、コンピュータは、ドライブをシステム構成情報にある特 性と比較しながらチェックします。コンピュ ータがこのチェックを実行している間、 ラ イトが点滅しています。 CDメディアの製造上のばらつきにより、高速のCDドライブの中には他のドライブよりも振動が大きくなる場合があります。こうした振動やそれに伴う音は、ドライブまたはCDの不良を示しているわけではありません。
    • p. 67/94
      いいえ。ドライバをロードし、手順1に戻ってこの手順を始めからやり直します。(ドライバをロードするには、お使いのDellコンピュータに付属のDrivers and Utilities CDを使用します。) 8. 起動フロッピーディスクをドライブAに挿入し、コンピュータを再起動します。 9. 「x:」と入力し(xはドライブ文字です)、<Enter>キーを押します。「dir」と入力して<Enter>キーを押します。 MS-DOSでドライブのルートディレクトリの内容が表示されますか? は
    • p. 68/94
      クをドライブAから取り出して、コンピュータを再起動します。オペレーティングシステムがロードされていますか? は い。autoexec.bat またはconfig.sysファイルのエラーです。テキストエディタを使用して、これらのファイルの内容を調べてエラーの場所を確認します。これらのファイルの正しいコマンドの構文については、お使いのオペレーティングシステムに付属のマニュアルを参照してください。 いいえ。手順7に進みます。 7. Drivers and Utilities CDを挿入して、コンピュータを再起動します。次に、IDE
    • p. 69/94
      2. すべての開いているファイルを保存して閉じ、すべての実行中のプログラムを終了して、すべての取り付け られているバッテリを取り外します。 3. コンピュータの電源を切り、ACアダプタから切断します。次に、ACアダプタを電源コンセントから抜きます。 接続されているすべてのデバイスの電源を切って電源コンセントから外し、次にコンピュータから外します。 4. コンピュータ背面にある金属コネクタのどこかに触れて体から静電気を逃します。 5. コンピュータを裏返し、 メモリモジュールカバー およびメモリモジュールを取り外します。
    • p. 70/94
      は い。問題は解決しました。 いいえ。手順8に進みます。 4. コンピュータおよびすべての取り付けられているデバイスの電源を切ります。すべてのデバイスをコンピュー タから切断します。 5. ACアダプタ がしっかりとコンピュータおよび電源コンセントに接続されていること、およびフル充電されたバ ッテリがベイに正しく取り付けられていることを確認します。 6. コンピュータの電源を入れます。画面の電源は入りましたか? コンピュータがコンポーネントを初期化するのに、1分間かかります。 は い。手順7に進みます。
    • p. 71/94
      3. コンピュータおよびすべての取り付けられているデバイスの電源を切ります。すべてのデバイスをコンピュー タから切断します。別の外付けモニタをコンピュータに接続します。 別の外付けモニタがない場合、 Dellへお問い合わせ の上、テクニカルサポートを受けてください。 4. コンピュータを再起動して、モニタの輝度およびコントラストを調整します。コンピュータがコンポーネントを 初期化するのに、1分間かかります。 モニタは読み取れますか? は い。元のモニタの不良によるものです。 Dellへお問い合わせ の上、テクニカルサポートを受けてく
    • p. 72/94
      いいえ。 Dellへお問い合わせ の上、テクニカルサポートを受けてください。 DualPointデバイス、タッチパッド、またはマウスの問題 基本チェック: l マウスを使用している場合、コネクタにしっかりと接続されていることを確認します。マウスの延長ケーブルを使用すると、問題を引き起こすことがあります。 l タッチパッドまたはマウスを使用している場合、「 Dell診断プログラム 」の説明に従ってPointing Devicesテ ストを実行します。 l セットアップユーティリティ のPointing Devices項目に正しいデバイスが一覧表示されていることを確認しま
    • p. 73/94
      コンピュータがコンポーネントを初期化するのに、1分間かかります。次にコンピュータの内蔵キーボードを使用して任意の文字を入力します。画面に文字が表示されますか? は い。外付けキーボードが原因である可能性があります。「 Dell診断プログラム 」のP C-AT Compatible Keyboardsデバイスグループを実行します。診断プログラムの実行後も問題が解決されない場合、 Dellへお問い合わせ の上、テクニカルサポートを受けてください。 いいえ。手順10に進みます。 10. Dellへお問い合わせ
    • p. 74/94
      ポートの問題が特定のアプリケーションプログラムに限られている場合、特定のポート設定条件についてアプリケーションプログラムのマニュアルを参照してください。 問題は解決しましたか? は い。問題は解決しました。 いいえ。手順5に進みます。 5. Drivers and Utilities CDをCDドライブに挿入してコンピュータを再起動し、 Dell診断プログラム のSerial PortsデバイスグループおよびParallel Portsデバイスグループ、またはそのいずれかを実行します。 Serial PortsデバイスグループおよびParallel
    • p. 75/94
      目次ページに戻る セージが表示された場合は、オペレーティングシステムまたはアプリケーションプログラムのマニュアルを調べてください。 l アプリケーションプログラムがコンピュータにインストールされているオペレーティングシステムと互換性のあること、およびお使いのコンピュータがソフトウェアを実行するためのハードウェア要件を最小限に満たしていることを確認します。 l ウイルススキャンアプリケーションプログラムを使用して、フロッピーディスクまたはCDのウイルスをチェックします。
    • p. 76/94
      目次ページに戻る 仕様:Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド プロセッサ ACアダプタ PCカード サイズと重量 メモリ 環境(コンピュータ) コネクタ タッチパッド オーディオ トラックスティック ビデオ モデム ディスプレイ サポートされているCD/DVDのフォーマット キーボード 固定オプティカルドライブ バッテリ プロセッサ マイクロプロセッサ Intel ® Mobile Pentium ® III マイクロプロセッサ システムチップセット Intel 815e L2 キャッシュ
    • p. 77/94
      メモリモジュールの容量およびタイプ 64、128および256-MB 3.3-V SDRAM SODIMMS 標準搭載RAM 64MB メモリモジュール 最大RAM 512 MB メモリクロックスピード 100 MHz メモリアクセスタイム CL2 (メモ:CASの待ち時間が2クロックの場合はCL2) コネクタ シリアル(DTE) 16,550互換、16バイトバッファコネクタ パラレル 片方向(標準AT)、双方向、またはECPコネクタ ビデオ VGAコネクタ PS/2 ミニDIN コネクタ 赤外線ポート
    • p. 78/94
      メ モ:ディスプレイの表示色数は、8ビットで256色 、1 6ビットで65,536色 、3 2ビットで4,294,967,296色です。 DVDと3 Dが装備されていない場 合のディスプレイの解像度と表示色数 解像度 表示色数 ュレート レ ビ に有効なリフレッシュレート 640 x 480 (VGA) 256 (8ビット) 60, 75, 85 Hz 60 Hz NTSC, 50 Hz PAL 640 x 480 (VGA) 65 K (16ビット) 60, 75, 85 Hz 60 Hz NTSC,
    • p. 79/94
      ディスプレイ タイプ SXGA+ アクティブマトリクスカラー(TFT) UXGAアクティブマトリクスカラー(TFT) サイズ(表示領域):15インチ 高さ 228.1 mm 幅 304.1 mm 対角線 380.1 mm サイズ(表示領域):14.1インチ 高さ 214.3 mm 幅 285.7 mm 対角線 357.1 mm 最大解像度/表示色 1400×1050ピクセル、32ビットカラー(SXGA+) 1600 x 1200ピクセル、32ビットカラー(UXGA) 応答時間(基準) 40ミリ秒(立ち上がり;30ミリ秒、立ち下がり:10ミリ秒)
    • p. 80/94
      幅 139.0 mm 重量 8穴: 0.39 kg 電圧 14.8 VDC 容量 8穴: 59.0 WH 充電時間(概算) 1 : コンピュータ電源オン 2.5時間 コンピュータ電源オフ 1時間 耐久期間(概算) 8穴標準バッテリでは2~4時間 寿命(概算) 1 400サイクル(充電/放電) 温度範囲: 充電 0℃~45℃ 保管時 -20℃~60℃ 1 充電時間、耐久期間などのバッテリ性能は、コンピュータとバッテリが使用される条件によって異なります。 ACアダプタ 入力電圧 90~135 VACおよび164~264
    • p. 81/94
      奥行き 276.0 mm 重量 2 2.98 kg (モジュラーベイにトラベルモジュールを取り付けた場合) 3.18 kg (モジュラーベイに標準フロッピードライブを取り付けた場合) 2 重量はコンピュータの構成により異なります。 環境(コンピュータ) 耐久温度範囲: 動作時 0℃~35℃ 保管時 -40℃~65℃ 耐久湿度(最大): 動作時 10%~90%(結露なきこと) 保管時 5%~95%(結露なきこと); 65℃で20% 最大耐久振動: 動作時 ユーザ環境をシミュレートするランダム振動スペクトラムを使った場合は0.9
    • p. 82/94
      目次ページに戻る ESD IEC-801-2(前部表面) トラックスティック インタフェース PS/2-互換 X/Y位置解像度 250 カウント/sec.@100gf サイズ: キーボードより0.5 mm 高い 電源: 入力電圧 5 V ±.5 VDC 出力電流 25 mA (トラックスティックとタッチパッドの最大稼動時) ESD IEC-801-2(前部表面) モデム データ/ファックスモデム 3Com ® 56K、V.90ミニPCIモデム556B(オプション)詳細は、モデムの オンラインマニュアル
    • p. 83/94
      目次ページに戻る ノートブックコンピュータを携帯するときは: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド コンピュータの所有者の証明 l 名札または名刺をコンピュータに付けるか、または油性マジックやステンシルなどの消えない筆記具で免許証番号など所有者であることを識別できる固有の印をコンピュータに記入します。紛失または盗難に遭ったコンピュータが見つかった場合、こうした印でコンピュータの所有者であることが証明できます。 l サービスタグ番号をメモして、コンピュータやキャリングケースとは別の安全な場所に保管します。コンピュータを紛失したり盗難に遭った場合は、警察等の公的機関およびDellに報告する際に、このサービスタグ番号を知らせてください。
    • p. 84/94
      航空機の利用 l 手荷物チェックの際に、コンピュータに電源を入れてチェックする場合もあるので、必ず充電されたバッテリか、ACアダプタと電源ケーブルを携帯してください。 注 意: コンピュータを金属探知機に絶対に通さないでください。 l 空港でコンピュータのチェックを受ける場合には、担当者に必ず手で扱うように伝えてください。コンピュータを金属探知器に通すと、データが失われることがあります。どうしても金属探知機に通さなくてはならない場合は、その前にハードドライブを取り外します。 l 機内でコンピュータを使う場合は、使用が許可されているかどうかを機内雑誌などで事前にチェックするか、乗務員にお尋ねください。航空会社によっては飛行中の電子機器の使用を禁止している場合があります。すべての航空会社が離着陸の際の使用を禁止しています。
    • p. 85/94
      目次ページに戻る コンピュータの使い方: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド モジュラーベイ システムのモジュラーベイには フロッピードライブ が取り付けられています。モジュラーベイに他のデバイスを使用するには、初めにフロッピードライブを 取り外します( コンピュータの電源が切れている状態でのデバイスの交換 あるいは コンピュータの電源が入っている状態でのデバイスの交換 を参照して ください)。 注 意:ドライブは壊れやすいため、コンピュータから取り出し た後 、 傷つけないように注
    • p. 86/94
      4. 新しいデバイスを取り付けて、カチッと音がするまでデバイスを押し込みます。 コンピュータの電 源が入っている状態でのデバイスの交 換 注意: コンピュータがドッキングされている場 合 、ドライブの取り付けまたは取り外し の前にコンピュータのドッキングを解 除してください。 手 順については、ドッキングデバイスのマニュアルを参照してください。 Microsoft® Windows® M eの場 合 1. Microsoft Windowsタスクバーの アイコンを右クリックします。 2. ベイデバイスの取り外し/交
    • p. 87/94
      6. 新しいデバイスを取り付けて、カチッと音がするまでデバイスを押し込みます。 7. 電源ボタンを押して、スタンバイモードから復帰します。 8. 必要な場合、パスワードを入力してコンピュータのドッキングを解除します。 9. Windowsが再開して新しいデバイスを検出したら、閉じ るをクリックします。 フロッピードライブ フロッピードライブを使用するには: 1. ドライブに3.5インチフロッピーディスクを挿入します(ラベルの付いた面を上にして金属タブのある側から挿入します)。 2. ドライブケースの外にイジェクトボタンが突出するまで、ドライブにフロッピーディスクを押し込みます。
    • p. 88/94
      自動再生機能は、コンピュータの電源管理機能の妨げになります。Dellによりオペレーティングシステムがインストールされている場合、自動再生機能は無効になっています。オペレーティングシステムを再インストールした場合、またはご自分でインストールした場合は、ドライブを使用するときに自動再生機能が無効になっていることを確認してください。 省電力について を参照してください。 挿入の自動通知項目の変更手順については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。 ディスクに関す る注意 l 破損したり反っているディスクは、絶対に使用しないでください。
    • p. 89/94
      ことがあります。たとえば、通常デスクトップの下に表示されているタスクバーが見えないことがあります。画面の見えない部分を表示するには、タッチパッドまたはトラックスティックを使用して、上下左右に動かします。 注意:リフレッシュレートをサポートしていないモニタを使 用すると、モニタに損 傷を与え る場 合があります。 外 付けモニタのリフレッシュレートを調 整す る前に、モニタのマニュアルを参照してください。 コンピュータがサポートしていない解像度と色の組み合わせを選択した場合は、サポートしている中から近い値の組み合わせが自動的に選択されます。
    • p. 90/94
      省電力関連のキーの組み合わせ 電源オプションのプロパティを設定した場合、省電力のプロパティを有効にするには、 を押します。 省電力について を参照してください。 Dell AccessDirect™ キー Dell AccessDirectキーにより、 Microsoft Internet Explorerなどの頻繁に使用するプログラムに素早くアクセスできます。 AccessDirectキーの使い方、およびキーの割り当ての表示や変更についての詳細は、AccessDirectヘルプを参照してください。 1.
    • p. 91/94
      用することもできますし、 トラックスティック のみを使用することもできます。また、同時に両方を使用することもできます。 DualPointデバイスソフトウェアを使って、タッチパッドとトラックスティックのどちらについても感度、動作、ドラッグアンドドロップ機能などを設定できます。 タッチパッドの使い方 タッチパッドのすぐ下にある2つのボタンが、標準マウスの左右のボタンにあたります。 l カーソルを動かすには、センサーエリア内で指を軽くすべらします。 l オブジェクトを選択するには、タッチパッドの表面を軽く叩くか、親指で左のタッチパッドボタンを押します。
    • p. 92/94
      タスクバーのタッチパッドアイコンを右クリックし、Touchpadのプロパティをクリックして、マウスのプロパティウィンドウを開くことができます。 選択したタッチパッドまたはトラックスティックの設定を無効にするには、このデバイスを無効にするボックスをクリックします。コンピュータにマウスがドッキングされている場合、タッチパッドおよびトラックスティックの設定は自動的に無効になります。 トラックスティックキャップの取り替え お使いのコンピュータには、予備のトラックスティックキャップが付いています。トラックスティックキャップは長期の使用で磨耗した場合、取り替える必要があります。
    • p. 93/94
      3. カードまたはダミーカードを静かに取り外します。 ダミーカードは、PCカードを取り付けない時に使用するために保管しておきます。ダミーカードは、PCカードスロットをほこりやその他の異物から保護します。 P Cカードの取り付け PCカードを取り付ける前に、コンピュータの電源を切ったり、サスペンドモードまたはスタンバイモードから復帰する必要はありません。 1. 必要であれば、PCカードスロットから ダミーカードを取り外します 。 2. カードをスロットに挿入し、カードが完全に接続されるまでしっかりと押し込みます。
    • p. 94/94
      目次ページに戻る 保証に関するご案内: Dell™ Latitude™ C800 ユーザーズガイド 製 品の修 理のために返 送す る場合(引き取り対 応機 種の み) Dellのテクニカルサポート担当者は 、ご使用のコンピュータに関する問題の解決にあたりますが、修理が必要と判断された場合は修理のためにシステムやその備品を返送していただくことがあります。 テクニカルサポートにお電話ください。システムを引き取りに伺う日程、システム梱包用の箱の有無、引き取る場所、連絡先を確認させていただきます。システムに同梱するべきものがある場合は、その際にご案内いたします。
 

© 2012–2021, manyuaru.com
All rights reserved.