取扱説明書とユーザーガイド - Latitude D610 Dell

Latitude D610 Dell の取扱説明書やユーザーガイドが3以上あります。

  • Dell Latitude D610 [ver. 1] (ページ: 134)

    目次

    Document Outline

  • Dell Latitude D610 [ver. 2] (ページ: 47)

    目次
    • p. 1/47
      Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル メモ、注意、警告 ____________________ こ の文 書の 情 報は 、 事 前の 通 知な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 © 2004–2005 す べ て の著 作権 は Dell Inc. に あ り ま す。 Dell Inc. の書面による許可のない複写は、いかなる形態においても厳重に禁じられています。 この文書に使用されている商標について: Dell、DELL のロゴ、および Latitude
    • p. 2/47
      目次に戻る 作業を開始する前に Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル コンピュータ内部の作業を始める前に 奨励するツール コンピュータの向き ネジの識別 コンピュータ内部の作業を始める前に 1. コンピュータカバーを傷つけないように、平らな作業台を使用し、台の上をきれいにしておきます。 2. コンピュータで実行している作業を保存し、開いているすべてのプログラムを終了します。 3. コンピュータおよび接続されているすべてのデバイスの電源を切ります。 4. コンピュータがドッキングデバイスに接続されている場合、ドッキングを解除します。
    • p. 3/47
      11. メモリモジュール、ミニ PCI カード、セカンドバッテリーが取り付けられている場合はそのバッテリーを含むすべてのデバイスを取り外します。 12. ハードドライブを取り外します(「 ハードドライブの取り外し 」を参照)。 奨励するツール このマニュアルで説明する操作には、以下のようなツールが必要です。 l 細めのプラスドライバ l 細めのマイナスドライバ l 細めのプラスチックスクライブ l フラッシュ BIOS アップデートプログラムフロッピーまたは CD コンピュータの向き ネジの識別 コンポーネントの取り付けおよび取り外しをする場合、ネジを配置したり元の位置を覚えておくためのツールとして「
    • p. 4/47
      目次に戻る ディスプレイアセンブリ: (各 4) ディスプレイベゼル: (各 6) ディスプレイパネル: (各 4) ディスプレイラッチ: (各 1) パームレスト: (上面に各 2) (底面に各 13) ファン: (各 2) スピーカー: (各 2、各側面に 1) モデム: (各 1) システム基板: (各 5)
    • p. 5/47
      目次に戻る フラッシュ BIOS Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル 1. AC アダプタがプラグに差し込まれており、メインバッテリーが適切にインストールされていることを確認します。 2. BIOS アップデートプログラムのフロッピーまたは CD を挿入して、コンピュータの電源を入れます。 画面の指示に従ってください。コンピュータは起動し続け、新しい BIOS をアップデートします。フラッシュアップデートが完了すると、コンピュータは自動的に再起動します。 3. POST 中に
    • p. 6/47
      目次に戻る Bluetooth® ワイヤレステクノロジ内蔵カード Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル Bluetooth® ワイヤレステクノロジ内蔵カードの取り外し Bluetooth® ワイヤレステクノロジ内蔵カードの取り付け Bluetooth® ワイヤレステクノロジ内蔵カードの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. バッテリーを取り外します。 3. タブを下に押してから引き出し、カードドアを開きます。 4. カードからカードケーブルコネクタを外し、コンピュータからカードごとドアを取り外します。
    • p. 7/47
      2. カードをカードケーブルコネクタに接続し、ドアをカードごとカード実装部にスライドさせて、ドアを所定の位置に注意深く押し込みます。 3. バッテリーを取り付けます。 目次に戻る
    • p. 8/47
      目次に戻る コイン型電池 Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル コイン型電池の取り外し コイン型電池の取り付け コイン型電池の取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. コンピュータを裏返して、モデムカバーの拘束ネジを緩め、カバーを持ち上げてコンピュータから取り外します。 3. コイン型電池ケーブルコネクタをシステム基板上のバッテリーコネクタから外し、コイン型電池を固定スリーブから引き出します。 警 告 : 本 項の手 順を開 始す る前に、
    • p. 9/47
      コイン型電池の取り付け 1. コイン型電池ケーブルコネクタをシステム基板上のバッテリーコネクタに接続します。 2. 電池を固定スリーブの中にスライドさせます。 3. モデムカバーを取り付けます。 目次に戻る 4 固定スリーブ
    • p. 10/47
      目次に戻る マイクロプロセッサモジュール Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル マイクロプロセッサモジュールの取り外し マイクロプロセッサモジュールの取り付け マイクロプロセッサモジュールの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「 センターコントロールカバーの取り外し 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボードの取り外し 」を参照)。 4. ディスプレイアセンブリを取り外します(「
    • p. 11/47
      マイクロプロセッサモジュールの取り付け 1. マイクロプロセッサモジュールのピン 1 の角を、ZIP ソケットのピン 1 の角に合わせ、マイクロプロセッサモジュールを挿入します。 マイクロプロセッサモジュールが正しく装着されると、すべての 4 つの角が同じ高さになります。モジュールの角が一つでも他の角より高い場合、モジュールは正しく装着されていません。 2. ZIF ソケットカムネジをそれ以上回せなくなるまで時計回りに回して締め、マイクロプロセッサモジュールをシステム基板に固定します。 3. この手順の中で、先に取り外したコンピュータの部品を取り付けます。
    • p. 12/47
      目次に戻る ディスプレイアセンブリおよびディスプレイラッチ Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル ディスプレイアセンブリ ディスプレイベゼル ディスプレイパネル ディスプレイラッチ ディスプレイアセンブリ ディスプレイアセンブリの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「 センターコントロールカバーの取り外し 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボードの取り外し 」を参照)。
    • p. 13/47
      8. ディスプレイアセンブリを持ち上げて、コンピュータベースから取り出します。 ディスプレイアセンブリの取り付け 1. ディスプレイアセンブリをコンピュータベースのネジ穴に合わせます。 2. 4 本の M2.5 x 5 mm ネジを締めます。 3. 2 本のアンテナケーブルを配線用クリップの下に配線します。 4. キーボードを取り付けます(「 キーボードの取り付け 」を参照)。 5. センターコントロールカバーを取り付けます(「 センターコントロールカバーの取り付け 」を参照)。 ディスプレイベゼル ディスプレイベゼルの取り外し
    • p. 14/47
      6. ベゼルの前面にある 6 本の M2.5 x 5 mm ネジを外します。 7. ディスプレイパネルの下部(Dell™ ロゴの近く)から開始して、指を使ってベゼルの内側の端を持ち上げ、トップカバーから引き離し、ベゼルをトップカバーから回転させながら取り外します。 ディスプレイベゼルの取り付け 1. いずれかの角から開始して、指を使ってベゼルを所定の位置に注意深くはめ込み、ディスプレイパネルを固定します。 2. ベゼルの前面にある 6 本の M2.5 x 5 mm ネジを締めます。 3. ディスプレイアセンブリの周囲に
    • p. 15/47
      ディスプレイパネルの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「 センターコントロールカバーの取り外し 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボードの取り外し 」を参照)。 4. ディスプレイアセンブリを取り外します(「 ディスプレイアセンブリの取り外し 」を参照)。 5. ディスプレイベゼルを取り外します(「 ディスプレイベゼルの取り外し 」を参照)。 6. アンテナケーブルをディスプレイパネルの側部にある配線用クリップから取り外します。
    • p. 16/47
      8. トップカバーからディスプレイパネルを取り外します。 9. プルタブを使って、インバータコネクタからボトムフレックスケーブルコネクタを取り外します。 10. トップディスプレイケーブルコネクタの両側を押し込み、ディスプレイケーブルコネクタをトップフレックスケーブルコネクタから引き離します。 ディスプレイパネルの取り付け 1. トップフレックスケーブルコネクタにトップディスプレイケーブルコネクタを取り付けます。 2. インバータコネクタにボトムフレックスケーブルコネクタを取り付けます。 3. トップカバーの中にディスプレイパネルを取り付けます。
    • p. 17/47
      5. ディスプレイベゼルを取り外します(「 ディスプレイベゼルの取り外し 」を参照)。 6. ディスプレイラッチをトップカバーに固定している M2.5 x 5 mm ネジを外します。 7. ディスプレイラッチを取り外します(「 ディスプレイラッチの取り外し 」を参照)。 ディスプレイラッチの取り付け 1. トップカバー上にあるガイドピンにラッチを合わせます。 2. ディスプレイラッチをトップカバーに固定する M2.5 x 5 mm ネジを差し込んで締めます。 目次に戻る 1 M2.5 x 5 mm ネジ
    • p. 18/47
      目次に戻る ファン Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル ファンの取り外し ファンの取り付け ファンの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「 センターコントロールカバーの取り外し 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボードの取り外し 」を参照)。 4. ディスプレイアセンブリを取り外します(「 ディスプレイアセンブリの取り外し 」を参照)。 5. パームレストを取り外します(「
    • p. 19/47
      目次に戻る
    • p. 20/47
      目次に戻る ハードドライブ Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル ハードドライブの取り外し ハードドライブの取り付け ハードドライブの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. コンピュータを裏返します。細めのプラスドライバを使って、2 本の M3 x 3 mm ネジを外します。 3. ハードドライブをコンピュータから引き出します。 ハードドライブの取り付け 1. 完全にベイに収まるまでドライブをスライドします。 2. ネジを締めます。 3.
    • p. 21/47
      5. ハードドライブカバーをベイに完全に装着されるまで押し込み、ネジを締めます。 6. オペレーティングシステムをコンピュータにインストールします。 7. ドライバおよびユーティリティをコンピュータにインストールします。 目次に戻る
    • p. 22/47
      目次に戻る センターコントロールカバー Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル センターコントロールカバーの取り外し センターコントロールカバーの取り付け センターコントロールカバーの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ディスプレイを完全に(180 度)開いて、作業面に対して平らになるようにします。 3. コンピュータの右側から、プラスティック製のスクライブを使ってセンターコントロールカバーをてこのようにして慎重に持ち上げます。 センターコントロールカバーの取り付け
    • p. 23/47
      目次に戻る キーボード Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル キーボードの取り外し キーボードの取り付け キーボードの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「 センターコントロールカバーの取り外し 」を参照)。 3. キーボード上部にある 2 本の M2.5 x 5 mm ネジを外します。 4. キーボードを持ち上げ、時計回りに 90 度回してプルタブにアクセスします。 5. キーボードケーブルのプルタブを引き上げて、キーボードケーブルコネクタをシステム基板のキーボードコネクタから外します。
    • p. 24/47
      2. キーボード底面のキーボードタブをコンピュータのベースにスライドさせて入れます。 3. キーボード上部で 2 本の M2.5 x 5 mm ネジを締めます。 4. センターコントロールカバーを取り付けます(「 センターコントロールカバーの取り付け 」を参照)。 目次に戻る メ モ: キーボードタブをコンピュータのベースに少し押して入れなければならない場合があります。
    • p. 25/47
      目次に戻る ベースラッチ Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル ベースラッチの取り外し ベースラッチの取り付け ベースラッチの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「 センターコントロールカバーの取り外し 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボードの取り外し 」を参照)。 4. ディスプレイアセンブリを取り外します(「 ディスプレイアセンブリの取り外し 」を参照)。 5. パームレストを取り外します(「
    • p. 26/47
      目次に戻る ミニ PCI カード Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル ミニ PCI カードの取り外し ミニ PCI カードの取り付け ミニ PCI カードの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「 センターコントロールカバーの取り外し 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボードの取り外し 」を参照)。 4. アンテナケーブルを配線用クリップから外します。 5. アンテナケーブルをミニ
    • p. 27/47
      ミニ PCI カードの取り付け 1. ミニ PCI カードを 45 度の角度でコネクタに合わせ、カチッという感触が得られるまで、ミニ PCI カードをコネクタに押し込みます。 2. アンテナケーブルをミニ PCI カードに接続します。 1 ミニ PCI カード 2 金属製固定タブ(2) 注 意 : アンテナケーブルやミニ PCI カードの損傷を防ぐため、ケーブルは絶対にカードの下に置かないでください。 注 意 : コネクタは正しく挿入できるよう設計されています。抵抗を感じる場合は、コネクタを確認しカードを再調整してください。
    • p. 28/47
      3. キーボードを取り付けます(「 キーボードの取り付け 」を参照)。 4. センターコントロールカバーを取り付けます(「 センターコントロールカバーの取り付け 」を参照)。 目次に戻る 1 ミニ PCI カード 2 アンテナワイヤ(2)
    • p. 29/47
      目次に戻る パームレスト Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル パームレストの取り外し パームレストの取り付け パームレストの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「 センターコントロールカバーの取り外し 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボードの取り外し 」を参照)。 4. ディスプレイアセンブリを取り外します(「 ディスプレイアセンブリの取り外し 」を参照)。 5. パームレストの上部にある
    • p. 30/47
      8. パームレストの後部中央で外側から押しながらパームレストの内側を持ち上げ、指を使ってパームレストをコンピュータベースから取り外します。 パームレストの取り付け 1. パームレストをコンピュータベースに合わせてはめ込みます。 2. タッチパッドケーブルをシステム基板上のコネクタに接続します。 3. パームレストの上部にある 2 本の M2.5 x 5 mm ネジを取り付けます。 4. コンピュータを裏返し、13 本の M2.5 x 8 mm ネジを取り付けます。 5. ディスプレイアセンブリを取り付けます。
    • p. 31/47
      目次に戻る I/O コネクタのピンの構成 Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル USB コネクタ ビデオコネクタ パラレルコネクタ USB コネクタ ビデオコネクタ パラレルコネクタ ピ ン 信号 1 USB5V+ 2 USBP– 3 USBP+ 4 GND ピ ン 信号 ピ ン 信号 1 CRT_R 9 5V+ 2 CRT_G 10 GND 3 CRT_B 11 MONITOR_DETECT– 4 NC 12 DDC_DATA 5 GND 13 CRT_HS 6 GND 14
    • p. 32/47
      目次に戻る ピ ン 信号 ピ ン 信号 1 STROBE– 10 ACK– 2 PD0 11 BUSY 3 PD1 12 P E 4 PD2 13 SLCT 5 PD3 14 AFD/3M– 6 PD4 15 ERROR– 7 PD5 16 INIT– 8 PD6 17 SLIN– 9 PD7 18~25 GND
    • p. 33/47
      目次に戻る スピーカーアセンブリ Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル スピーカーアセンブリの取り外し スピーカーアセンブリの取り付け スピーカーアセンブリの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「 センターコントロールカバーの取り外し 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボードの取り外し 」を参照)。 4. ディスプレイアセンブリを取り外します(「 ディスプレイアセンブリの取り外し
    • p. 34/47
      目次に戻る
    • p. 35/47
      目次に戻る システム基板 Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル システム基板の取り外し システム基板の取り付け システム基板の取り外し システム基板の BIOS チップにはサービスタグがあり、コンピュータ底面のバーコードラベルにも記してあります。システム基板用の交換キットには、サービスタグを交換するシステム基板に転送するためのユーティリティを提供する CD が含まれています。 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「
    • p. 36/47
      12. コンピュータを裏返し、システム基板アセンブリをコンピュータベースに固定している「B」とラベル表示された 5 本の M2 x 3 mm ネジを外します。 13. パームレスト前面から始め、システム基板アセンブリを引き出します。 システム基板の取り付け 1. 「 システム基板の取り外し 」をすべて逆の順序で実行します。 2. コンピュータの電源を入れます。 3. 交換用のシステム基板に付属の CD を適切なドライブに挿入します。 画面の指示に従ってください。 目次に戻る 1 M2.5 x 4 mm
    • p. 37/47
    • p. 38/47
      目次に戻る システム部品 Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル 目次に戻る 注 意 : コンピュータシステムの修理は、技術者のみが行ってください。デルが許可していない修理による損傷は、保証できません。 注 意 : 特に記載のない限り、このマニュアルのすべての手順で、取り外す手順と逆の順序で取り付けなおすことができます。 1 ディスプレイアセンブリ 2 センターコントロールカバー 3 キーボード 4 パームレスト 5 システム基板アセンブリ 6 オプティカルデバイス 7 コンピュータベース
    • p. 39/47
      目次に戻る マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリ Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリの取り外し マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリの取り付け マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「 センターコントロールカバーの取り外し 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボードの取り外し 」を参照)。
    • p. 40/47
      目次に戻る
    • p. 41/47
      目次に戻る Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル ____________________ こ の文 書の 情 報は 、 事 前の 通 知な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 © 2004~ 2005 す べ て の著 作権 は Dell Inc. に あ り ま す。 Dell Inc. の書面による許可のない複写は、いかなる形態においても厳重に禁じられています。 本書に使用されている商標: Dell、DELL のロゴ、および Latitude は、Dell
    • p. 42/47
      目次に戻る メモリモジュール、モデム、およびデバイス Dell™ Latitude™ D610 サービスマニュアル メモリモジュール モデム デバイス メモリモジュール コンピュータにユーザーがアクセス可能な SODIMM ソケットが 2 つあります。1 つはキーボードの下からアクセスし(DIMM A)、もう 1 つはコンピュータの底面からアクセスします(DIMM B)。 メモリモジュールの DIMM A からの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. センターコントロールカバーを取り外します(「
    • p. 43/47
      メモリモジュールの DIMM B からの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. コンピュータを裏返し、メモリモジュールカバーの拘束ネジを緩めて、カバーを取り外します。 3. メモリモジュールコネクタの両端にある固定クリップをモジュールが持ち上がるまで指先で慎重に広げます。 4. モジュールをコネクタから取り外します。 メモリモジュールの取り付け 注 意 : メモリモジュールを 2 つのコネクタに取り付ける必要がある場合、メモリモジュールは、まず「DIMM A」というラベルの付いているコネクタに取り付け、次に「DIMM
    • p. 44/47
      1. 身体の静電気を除去してから、新しいメモリモジュールを取り付けます。 a. モジュールの切り込みをコネクタの中央にあるスロットに合わせます。 b. モジュールの端をスライドさせてコネクタにしっかりとはめ、カチッという感触が得られるまでモジュールを押し下げます。カチッという感触が持てない場合、モジュールを取り外して、もう一度取り付けます。 2. カバーを取り付けて、拘束ネジを締めます。 3. バッテリーをバッテリーベイに取り付けるか、または AC アダプタをコンピュータおよびコンセントに接続します。
    • p. 45/47
      4. モデムに取り付けられている M2 x 3 mm ネジを外します。 5. プルタブを引き上げて、システム基板上のコネクタからモデムを取り外します。 6. モデムケーブルをモデムから外します。 モデムの取り付け 1. モデムケーブルをモデムに接続します。 2. モデムの底面にあるコネクタをシステム基板上のモデムコネクタの位置に合わせ、モデムの右側を押し下げて両方のコネクタを装着します。 3. M2 x 3 mm ネジを取り付けます。 1 拘束ネジ 1 M2 x 3 mm ネジ 2 モデム 注 意 :
    • p. 46/47
      4. モデムカバーを取り付けます。 デバイス お使いのコンピュータには、出荷時にオプティカルドライブがモジュールベイに取り付けられています。ただし、オプティカルドライブにデバイス固定ネジは取り付けられていません。別に梱包されています。モジュールベイにデバイスを取り付ける際に、デバイス固定ネジを取り付けてください。 固 定ネジが取り付けられていない場 合のデバイスの取り外し方 1. デバイスリリースラッチを押してリリースラッチを解除します。 2. リリースラッチを持ってデバイスを引き出し、モジュールベイからデバイスを取り外します。
    • p. 47/47
      4. デバイスリリースラッチを押してリリースラッチを解除します。 5. リリースラッチを持ってデバイスを引き出し、モジュールベイからデバイスを取り外します。 デバイスの取り付け 1. カチッという感触が得られるまで、デバイスをベイにスライドさせます。 2. リリースラッチを元の位置に押し戻し、必要であれば固定ネジを取り付けます。 目次に戻る 1 M2 x 3 mm ネジ
  • Dell Latitude D610 [ver. 3] (ページ: 102)

    目次
    • p. 1/102
      Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド 左側のリンクをクリックすると、コンピュータの機能や操作方法についての説明がご覧になれます。お使いのコンピュータに含まれるその他のマニュアルに関しては、「 情報の検索方法 」を参照してくださ い。 メモ、注意、警告 略語について 略語の一覧表は、「 用語集 」を参照してください。 Dell™ n シリーズコンピュータをご購入いただいた場合、このマニュアルの Microsoft® Windows® オペレーティングシステムについての説明は適用されません。
    • p. 2/102
      目次に戻る お使いのコンピュータについて Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド 正面図 左側面図 右側面図 背面図 底面図 正面図 デ ィ ス プ レ イ — ディスプレイの詳細に関しては、「 ディスプレイの使い方 」を参照してください。 電 源ボタン — コンピュータの電源を入れるか、もしくは省電力モードを終了するときに電源ボタンを押します。 コンピュータが応答しなくなった場合、コンピュータの電源が完全に切れるまで、電源ボタンを押し続けます(数秒かかることがあります)。 デ バ
    • p. 3/102
      コンピュータがコンセントに接続されている場合、 のライトは以下のように動作します。 ¡ 緑色の点灯 — バッテリーの充電中。 ¡ 緑色の点滅 — バッテリーの充電完了。 コンピュータをバッテリーでお使いの場合、 のライトは以下のように動作します。 ¡ 消灯 — バッテリーが十分に充電されています(または、コンピュータの電源が切れています)。 ¡ 橙色の点滅 — バッテリーの充電残量が低下しています。 ¡ 橙色の点灯 — バッテリーの充電残量が非常に低下しています。 キ ー ボ ー ド — キーボードにはテンキーパッドや、Microsoft®
    • p. 4/102
      キーボードの上にある緑色のライトの示す意味は、以下のとおりです。 左側面図 PC カ ー ド ス ロ ッ ト — モデムまたはネットワークアダプタなどの PC カードを 1 枚サポートします。 コンピュータには、PC カードスロットにプラスチック製のダミーカードが取り付けられています。詳細 に関しては、「 PC カードの使い方 」を参照してください。 ス マ ー ト カ ー ド ス ロ ッ ト — スマートカードを 1 枚サポートします。詳細に関しては、「 スマートカードの使い方 」を参照してください。
    • p. 5/102
      コンピュータがお手元に届いたときは、赤外線センサーは無効になっています。セットアップユーティリティを使って、センサーを有効にします。データ転送の詳細に関しては、Windows『ヘルプ』、ヘルプとサポートセンターまたは赤外線互換デバイスに付属のマニュアルを参照してください。 オ ー デ ィ オ コ ネ ク タ ハ ー ド ド ラ イ ブ — ソフトウェアおよびデータを保存します。 セ キ ュ リ テ ィ ケ ー ブ ル ス ロ ッ ト — このスロットを使って、市販の盗難防止用品をコンピュータに取り付けることができます。
    • p. 6/102
      モ ジ ュ ー ル ベ イ — オプティカルドライブや Dell TravelLite™ モジュールなどのデバイスをモジュールベイに取り付けることができます。詳細に関しては、「 モジュールベイの使い方 」を参照してくださ い。 デ バ イ ス リ リ ー ス ラ ッ チ — モジュールベイデバイスを取り外すのに使用します。手順については、「 モジュールベイの使い方 」を参照してください。 背面図 USB コ ネ ク タ S ビ デ オ TV 出 力コ ネ ク タ モ デ ム コ ネ ク タ (RJ-11)
    • p. 7/102
      ビ デ オ コ ネ ク タ シ リ ア ル コ ネ ク タ AC ア ダ プ タ コ ネ ク タ — AC アダプタをコンピュータに接続します。 AC アダプタは AC 電力をコンピュータに必要な DC 電力へと変換します。AC アダプタは、コンピュータの電源のオンまたはオフにかかわらず接続できます。 通気孔 — コンピュータは内蔵ファンを使って、通気孔から空気が流れるようになっています。これによって、コンピュータがオーバーヒートすることを防止します。 底面図 プリンタなどのパラレルデバイスを接続します。
    • p. 8/102
      メ モ リ モ ジ ュ ー ル カ バ ー — メモリモジュールの実装部のカバーです。「 部品の拡張および交換 」を参照してください。 バ ッ テ リ ー ベ イ リ リ ー ス ラ ッ チ — バッテリーを取り外すのに使用します。手順については「 バッテリーの使い方 」を参照してください。 バ ッ テ リ ー充 電ゲ ー ジ — バッテリー充電の情報を提供します。「 バッテリーの使い方 」を参照してください。 バ ッ テ リ ー — バッテリーを取り付けると、コンピュータをコンセントに接続しなくてもコンピュータを使うことができます。「
    • p. 9/102
      目次に戻る 付録 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド Macrovision 製品通知 Macrovision 製品通知 この製品には、Macrovision Corporation および他の権利所有者が所有する一定の米国特許権および知的所有権によって保護されている著作権保護技術が組み込まれています。本製品の著作権保護テクノロジは Macrovision Corporation に使用権限があり、同社の許可がない限り、家庭内および限定的な表示にのみ使用することを目的としています。リバースエンジニアリングや分解は禁止されています。
    • p. 10/102
      目次に戻る ASF(Alert Standard Format) Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド ASF(Alert Standard Format)は Distributed Management Task Force(DMTF)管理標準で、「オペレーティングシステム確立以前」または「オペレーティングシステム不在」の警告テクノロジを詳細に示します。オペレーティングシステムがスリープ状態にあるとき、またはコンピュータの電源が切れているときに、セキュリティの問題および障害が発生している可能性があるという警告を発するよう設定されています。ASF
    • p. 11/102
      目次に戻る バッテリーの使い方 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド バッテリーの性能 コンピュータの性能を最大に保ち BIOS の設定を保持するため、Dell™ ノートブックコンピュータは、常にメインバッテリーを搭載した状態でお使いください。バッテリーベイにはバッテリーが 1 つ、標準で搭載されています。 バッテリーの動作時間は、使用状況によって異なります。オプションのセカンドバッテリーをメディアベイに取り付けると、動作時間を大幅に長くすることができます。 次のような場合、バッテリーの持続時間は著しく短くなりますが、これらの場合に限定されません。
    • p. 12/102
      コンピュータがコンセントに接続されている場合 アイコンが表示されます。 充 電ゲージ バッテリーの充電ゲージにあるステータスボタンを 1 度押す、または押し続けると、次のことが確認できます。 l バッテリーの充電量(ステータスボタンを短く押して確認します) l バッテリー性能(ステータスボタンを押し続けて確認します) バッテリーの動作時間は、充電される回数によって大きく左右されます。充放電を何百回も繰り返すと、バッテリーの充電機能またはバッテリー性能は次第に低下します。つまり、バッテリーに「充電済み」のステータスが表示されても、充電容量(性能)は低下したままの場合があります。
    • p. 13/102
      ¡ 電源ボタンを押します。 ¡ ディスプレイを閉じます。 ¡ <Fn><Esc> を押します。 スタンバイモードから通常の動作状態に戻るには、電源管理オプション設定に応じて電源ボタンを押すか、またはディスプレイを開きます。キーを押したり、タッチパッドやトラックスティックに触れてもコンピュータはスタンバイモードから復帰しません。 休 止状態モード 休止状態モードでは、システム情報をハードドライブの予約領域にコピーしてから、コンピュータの電源を切ることによって電力を節約します。休止状態モードから復帰すると、コンピュータは休止状態モードに入る前と同じ動作状態に戻ります。
    • p. 14/102
      バッテリーを取り外すには: 1. コンピュータをドッキングデバイスに接続している場合は、ドッキングを解除します。ドッキングデバイスの手順については、付属のマニュアルを参照してください。 2. コンピュータの電源が切れている、またはコンピュータが省電力モードでサスペンドされていることを確認します。 3. バッテリーベイ(またはモジュールベイ)リリースラッチをスライドしたまま保持し、ベイからバッテリーを取り外します。 バッテリーを取り付けるには、取り外し手順を逆の順序で実行します。 バッテリーの保管 長期間コンピュータを保管する場合は、バッテリーを取り外してください。バッテリーは、長期間保管していると放電してしまいます。長期保管後にコンピュータをお使いになる際は、完全にバッテリーを再充電してからお使いください(「
    • p. 15/102
      目次に戻る モジュールベイの使い方 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド モジュールベイについて デバイス固定ネジについて コンピュータの電源が切れている場合のデバイスの取り外しと取り付け コンピュータの電源が入っている場合のデバイスの取り外しと取り付け モジュールベイについて フロッピードライブ、CD ドライブ、CD-RWドライブ、DVD ドライブ、CD-RW/DVD ドライブ、DVD+RW、セカンドバッテリー、またはセカンドハードドライブなどのデバイスをモジュールベイに取り付けることができます。
    • p. 16/102
      3. デバイスをモジュールべイから取り出します。 4. 新しいデバイスがベイにカチッと収まるまで押します。 コンピュータの電源が入っている場合のデバイスの取り外しと取り付け 1. デバイスを取り出す前に、タスクバーにある ハードウェアの安 全な取り外し アイコンをダブルクリックし、取り出すデバイスをクリックして 停 止 をクリックします。 2. デバイスリリースラッチを押します。 3. デバイスをモジュールべイから取り出します。 注 意 : デバイス固定ネジが取り付けてある場合、ネジを取り外す前に、コンピュータの電源を切る必要があります。
    • p. 17/102
      4. 新しいデバイスがベイにカチッと収まるまで押します。 オペレーティングシステムは自動的に新しいデバイスを認識します。 5. 必要に応じて、パスワードを入力してコンピュータのロックを解除します。 目次に戻る
    • p. 18/102
      目次に戻る CD、DVD、およびその他のマルチメディアの使い方 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド CD または DVD の再生 ボリュームの調整 画像の調整 テレビまたはオーディオデバイスへのコンピュータの接続 CD または DVD の再生 1. ドライブの前面にある取り出しボタンを押します。 2. トレイを引き出します。 3. トレイの中央にラベルのある方を上にしてディスクを置き、ディスクをスピンドルにきちんとはめ込みます。 4. トレイをドライブに押し戻します。 データ保存のための
    • p. 19/102
      メーターが有効の場合、音量を調節するにはボリュームコントロールボタンを使用するか、または以下のキーを押します。 l 音量を上げるには、 <Fn><PageUp> を押します。 l 音量を下げるには、 <Fn><PageDn> を押します。 l 音量をミュートするには、 <Fn><End> を押します。 QuickSet の詳細に関しては、タスクバーにある アイコンを右クリックして、ヘ ル プ をクリックしてください。 画像の調整 現在設定している解像度と色数はメモリの使用量が多すぎて
    • p. 20/102
      でテレビの画面設定を有効にする 」を参照し、コンピュータがテレビを認識し、正常に動作していることを確認します。 S ビデオおよび標 準オーディオ 1. 接続するコンピュータ、テレビ、およびオーディオデバイスの電源を切ります。 2. S ビデオケーブルの一端をコンピュータの S ビデオ入力コネクタに差し込みます。 3. S ビデオケーブルのもう片方の端を、テレビの S ビデオ入力コネクタに差し込みます。 4. コネクタが 1 つ付いている方のオーディオケーブルの端を、コンピュータのヘッドフォンコネクタに差し込みます。
    • p. 21/102
      1. 接続するコンピュータ、テレビ、およびオーディオデバイスの電源を切ります。 2. 標準ビデオ→コンポジットビデオアダプタケーブルを、コンピュータの S ビデオ TV 出力コネクタに接続します。 3. コンポジットビデオケーブルの片方の端を、標準ビデオ→コンポジットビデオアダプタケーブルのコンポジットビデオ入力コネクタに接続します。 4. コンポジットビデオケーブルのもう一方の端を、テレビのコンポジットビデオ入力コネクタに差し込みます。 5. コネクタが 1 つ付いている方のオーディオケーブルの端を、コンピュータのヘッドフォンコネクタに差し込みます。
    • p. 22/102
      4. ム ー ビ ー オプションをクリックします。 5. 音声設 定 アイコンをクリックします。 6. ス ピ ー カ設 定 の横にある矢印をクリックしてオプションをスクロールし、S/PDIF オプションを選択します。 7. 戻る ボタンを一度クリックし、もう一度 戻る ボタンをクリックしてメインメニュー画面に戻ります。 Windows オーディオドライバで S/PDIF を有効にする 1. Windows の通知領域でスピーカーアイコンをダブルクリックします。 2. オ プ シ ョ ン メニューをクリックしてから、ト
    • p. 23/102
      4. ム ー ビ ー オプションをクリックします。 5. 音声設 定 アイコンをクリックします。 6. ス ピ ー カ設 定 の横にある矢印をクリックしてオプションをスクロールし、Headphones(ヘッドフォン)オプションを選択します。 7. サラウンド 設定をクリックしてオプションをスクロールし、CL Headphone(CL ヘッドフォン)オプションをクリックします。 8. サウンド環 境 設 定 オプションの横にある矢印をクリックし、最適なオプションを選択します。 9. 戻る ボタンを一度クリックし、もう一度
    • p. 24/102
      6. グ ラ フ ィ ッ ク の プ ロ パ テ ィ をクリックします。 7. コンピュータのディスプレイおよびその他のディスプレイのオプションを一切使わずに TV だけを使いたい場合は、次の操作を行います。 a. 新しいウィンドウで、 TV をクリックしてテレビアイコンの上に赤いチェックマークを付けます。 b. 設定が正しいことを確認します。 8. TV とコンピュータのディスプレイを同時に使いたい場合は、次の操作を行います。 a. 新しいウィンドウで Intel(R)Dual Display Clone
    • p. 25/102
      目次に戻る コンピュータのクリーニング Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド コンピュータ、キーボード、およびディスプレイ フロッピードライブ CD および DVD コンピュータ、キーボード、およびディスプレイ l キーボードのキーの間のほこりをクリーニングするには、圧縮空気の缶スプレーを使用します。 l 水、または LCD 用クリーナーで湿らせた柔らかく、糸くずの出ない布でディスプレイをきれいになるまで拭きます。 l 水で湿らせた柔らかく糸くずの出ない布で、コンピュータとキーボードを拭きます。布から水がにじみ出てタッチパッドやパームレストにしみ込まないようにしてください。
    • p. 26/102
      目次に戻る Dell Diagnostics(診断)プログラムの使い方 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド Dell Diagnostics(診断)プログラム Dell Diagnostics( 診断)プログラム Dell Diagnostics( 診断)プログラムを使 用するとき コンピュータに問題が発生した場合、テクニカルサポートに問い合わせる前に、「 問題の解決 」のチェック事項を実行してから、Dell Diagnostics(診断)プログラムを実行してください。 作業を始める前に、これらの手順を印刷しておくことをお勧めします。
    • p. 27/102
      デルのロゴが表示されたら、すぐに <F12> を押します。 ここで時間をおきすぎて Windows のロゴが表示された場合、Windows のデスクトップが表示されるまで待ちます。次に、 コンピュータをシャットダウン して、もう一度やりなおします。 3. 起動デバイスの一覧が表示されたら、CD/DVD/CD-RW Drive をハイライト表示して <Enter> を押します。 4. CD 起動メニューから CD/DVD/CD-RW Drive オプションを選択します。 5. 表示されたメニューから
    • p. 28/102
      目次に戻る ディスプレイの使い方 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド 輝度の調整 画面モードの操作 画面解像度とリフレッシュレートの設定 デュアルディスプレイモード プライマリディスプレイおよびセカンダリディスプレイの交換 輝度の調整 Dell™ コンピュータがバッテリーで動作している場合、キーボードの <Fn> と上下矢印キーを押して、輝度を快適に使用できる最低の設定にして節電することができます。 次のキーを押すと、ディスプレイの輝度を調節できます。 l <Fn>
    • p. 29/102
      1. 外付けモニター、TV、またはプロジェクタをコンピュータに接続します。 2. 作 業す る分 野を選び ま す にある、デ ス ク ト ッ プ の表 示と テ ー マ をクリックします。 3. 作 業を選び ま す で、変更したい項目をクリックします。または コントロールパネルを選ん で実行し ま す で、画面 をクリックします。 4. 画面の プ ロ パ テ ィ ウィンドウで 設 定 タブをクリックします。 5. モニタ 2 アイコンをクリックし、Windows デ ス ク ト ッ プ を こ の
    • p. 30/102
      目次に戻る ソフトウェアの再インストール Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド ドライバ ソフトウェアおよびハードウェアの非互換性の解決 Microsoft® Windows® XP システムの復元の使い方 Microsoft® Windows® XP の再インストール ドライバ ドライバとは ? ドライバは、プリンタ、マウス、キーボードなどのデバイスを制御するプログラムです。すべてのデバイスにドライバプログラムが必要です。 ドライバは、デバイスとそのデバイスを使用するプログラム間の通訳のような役目をします。各デバイスは、そのデバイスのドライバだけが認識する専用のコマンドセットを持っています。
    • p. 31/102
      3. シ ス テ ム をクリックします。 4. シ ス テ ム の プ ロ パ テ ィ ウインドウの ハ ー ド ウ ェ ア タブをクリックします。 5. デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ をクリックします。 6. 新しいドライバがインストールされたデバイスを右クリックして、プ ロ パ テ ィ をクリックします。 7. ド ラ イ バ タブをクリックします。 8. ドライバのロールバック をクリックします。 デバイスドライバのロールバックを実行しても問題が解決されない場合は、 システムの復元 を使って、新しいデバイスドライバがインストールされる前の動作状態にコンピュータを戻します。
    • p. 32/102
      9. 適切なドライバの名前が表示されたら、次へ をクリックします。 10. 完 了 をクリックして、コンピュータを再起動します。 ソフトウェアおよびハードウェアの非互換性の解決 オペレーティングシステムのセットアップ中にデバイスが検知されないか、検知されても間違って設定されている場合は、ハードウェアに関するトラブルシューティングを使って非互換性の問題を解決します。 1. ス タ ー ト ボタンをクリックして ヘルプとサポート をクリックします。 2. 検索 フィールドにハードウェアに関するトラブルシューティングと入力し次に、矢印をクリックして検索を始めます。
    • p. 33/102
      1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、す べ て の プ ロ グ ラ ム® ア ク セ サ リ® シ ス テ ム ツ ー ル とポイントしてから シ ス テ ム の復 元 をクリックします。 2. 以 前の復 元を取り消す を選択して、次へ をクリックします。 3. 次へ をクリックします。 シ ス テ ム の復 元 画面が表示され、コンピュータが再起動します。 4. コンピュータが再起動したら、OK クリックします。 システムの復 元の有効化 200 MB より空容量が少ないハードディスクにWindows
    • p. 34/102
      2. 『オペレーティングシステム CD』を挿入します。 Install Windows XP のメッセージが表示されたら、Exit をクリックします。 3. コンピュータを再起動します。 4. DELL™ ロゴが表示されたら、すぐに <F12> を押します。 オペレーティングシステムのロゴが表示された場合、Windows のデスクトップが表示されるのを待ってから、コンピュータをシャットダウンして、再度試みます。 5. 矢印キーを使って CD-ROM を選択し、<Enter> を押します。
    • p. 35/102
      21. プログラムを再インストールします。 目次に戻る メ モ: Microsoft Office または Microsoft Works Suite プログラムを再インストールして有効にするには、Microsoft Office または Microsoft Works Suite の CD ケースの裏面にあ る Product Key(プロダクトキー)ナンバーが必要です。
    • p. 36/102
      目次に戻る 情報の検索方法 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド メ モ: 一部の機能やメディアはオプションなので、出荷時にコンピュータに搭載されていない場合があります。特定の国では使用できない機能やメディアもあります。 メ モ: 追加の情報がコンピュータに同梱されている場合があります。 何を お探し で す か? こ ち ら を ご覧ください l コンピュータの Diagnostics(診断)プログラム l コンピュータのドライバ l デバイスのマニュアル l ノートブックシステムソフトウェア(
    • p. 37/102
      目次に戻る わせの際に、コンピュータの識別に使用します。 l エクスプレスサービスコードを利用すると、テクニカルサポートに直接電話で問い合わせることができます。 l 技術情報 — トラブル解決ナビ、Q&A l サービスと保証 — 問い合わせ先、サービスのお問い合わせ、保証、および修理 に関する情報 l サービスおよびサポート —サービス契約 l 参考資料 — コンピュータのマニュアル、コンピュータ設定の詳細、製品仕様、およ びホワイトペーパー l ダウンロード — 承認ドライバ、パッチ、およびソフトウェアのアップデート
    • p. 38/102
      目次に戻る 困ったときは Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド テクニカルサポート ご注文に関する問題 製品情報 保証期間中の修理と返品について お問い合わせになる前に デルへのお問い合わせ テクニカルサポート 技術上の問題のサポートを受けなければならないときは、いつでもデルにお問い合わせください。 1. 「 問題の解決 」の手順を完了します。 2. Dell Diagnostics(診断)プログラム(「 Dell Diagnostics(診断)プログラムの使い方 」を参照)を実行します。
    • p. 39/102
      24 時間納期案内電 話サービス 注文した Dell™ 製品の状況を確認するには、support.jp.dell.com にアクセスするか、または、24 時間納期案内電話サービスにお問い合わせください。音声による案内で、注文について調べて報告するために必要な情報をお伺いします。 テクニカルサポートサービス デル製品に関するお問い合わせは、デルのテクニカルサポートをご利用ください。サポートスタッフはその情報を元に、正確な回答を迅速に提供します。 デルテクニカルサポートサービスにお問い合わせになるには、「
    • p. 40/102
      l www.dell.com/jp l support.jp.dell.com(サポート) デルへお問い合わせになる場合、次の表の E-メールアドレス、電話番号、およびコードをご利用ください。国際電話のかけ方については、国内または国際電話会社にお問い合わせください。 目次に戻る 国( 都 市 ) 国際 電 話ア ク セ ス コ ー ド 国番号 市 外 局 番 部 署 名ま た は サ ー ビ ス地 域 、 ウェブサイトおよび E-メールアドレス 市内番号 フ リ ー ダ イ ヤ ル 日 本 ( 川 崎
    • p. 41/102
      目次に戻る 用語集 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド この用語集に収録されている用語は、情報の目的として提供されています。お使いのコンピュータに搭載されている機能についての記載がない場合もあります。 A AC — alternating current(交流)— コンピュータの AC アダプタ電源ケーブルコンセントに差し込むと流れる電流の様式です。 ACPI — advanced configuration and power interface — Microsoft® Windows®
    • p. 42/102
      DMTF — Distributed Management Task Force — 分散型デスクトップ、ネットワーク、企業、およびインターネット環境における管理基準を開発するハードウェアおよびソフトウェア会社の団体です。 DRAM — dynamic random-access memory — コンデンサを含む集積回路内に情報を保存するメモリです。 DSL — Digital Subscriber Line(デジタル加入者回線)— アナログ電話回線を介して、安定した高速インターネット接続を提供するテクノロジです。
    • p. 43/102
      I IC — Industry Canada — 米国の FCC と同様、電子装置からの放射を規制するカナダの規制団体です。 IC — integrated circuit(集積回路)— コンピュータ、オーディオ、およびビデオ装置用に製造された、何百万もの極小電子コンポーネントが搭載されている半導体基板またはチップです。 IDE — integrated device electronics — ハードドライブまたは CD ドライブにコントローラが内蔵されている大容量ストレージデバイス用のインタフェースです。
    • p. 44/102
      PC カ ー ド — PCMCIA 規格に準拠している取り外し可能な I/O カードです。PC カードの一般的なものに、モデムやネットワークアダプタがあります。 PCI — peripheral component interconnect — PCI は、32 ビットおよび 64 ビットのデータ経路をサポートするローカルバスで、プロセッサとビデオ、各種ドライブ、ネットワークなどのデバイス間に高速データ経路を提供します。 PCI Express — プロセッサとそれに取り付けられたデバイスとのデータ転送速度を向上させる、PCI
    • p. 45/102
      UPS — uninterruptible power supply(無停電電源装置)— 電気的な障害が起きた場合や、電圧レベルが低下した場合に使用されるバックアップ電源です。UPS を設置すると、電源が切れた場合でも限られた時間コンピュータは動作することができます。通常、UPS システムは、過電流を抑え電圧を調整します。小型の UPS システムで数分間電力を供給するので、コンピュータをシャットダウンすることが可能です。 USB — universal serial bus — USB 互換キーボード、マウス、ジョイスティック、スキャナー、スピーカー、プリンタ、ブロードバンドデバイス(DSL
    • p. 46/102
      拡張 型 PC カ ー ド ー 拡張型 PC カードは、取り付けたときに PC カードスロットからカードの端がはみ出しています。 拡張ス ロ ッ ト — 拡張カードを挿入してシステムバスに接続する、システム基板上のコネクタです(コンピュータによって異なる場合もあります)。 拡張デ ィ ス プ レ イ モ ー ド — お使いのディスプレイの拡張として、2 台目のモニターを使えるようにするディスプレイの設定です。デュアルディスプレイモードとも呼ばれます。 壁 紙 — Windows デスクトップの背景となる模様や絵柄です。壁紙を変更するには
    • p. 47/102
      通 知 領 域 — Windows のタスクバーにあり、プログラムや、時計、音量調節、プリンタの状態といったコンピュータの機能にすばやくアクセスするためのアイコンを含んでいます。システムトレイとも呼ばれます。 デ ィ ス ク ス ト ラ イ ピ ン グ — 複数のディスクドライブにまたがってデータを分散させる技術です。ディスクのストライピングは、ディスクストレージからデータを取り出す動作を高速化します。通常、ディスクのストライピングを利用しているコンピュータではユーザーがデータユニットサイズまたはストライプ幅を選ぶことができます。
    • p. 48/102
      プ ロ グ ラ ム — 表計算ソフト、ワープロソフト、データベースソフト、ゲームソフトなどデータ処理をするソフトウェアです。これらのプログラムは、オペレーティングシステムの実行を必要とします。 プ ロ セ ッ サ — コンピュータ内部で中心的に演算を行うコンピュータチップです。プロセッサは、CPU(中央演算処理装置)とも呼ばれます。 フ ロ ッ ピ ー ド ラ イ ブ — フロッピーでの読み取りおよび書き込みができるディスクドライブです。 ヘ ル プ フ ァ イ ル — 製品の説明や各種手順を示したファイルです。ヘルプファイルの中には、Microsoft
    • p. 49/102
      目次に戻る キーボードとタッチパッドの使い方 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド テンキーパッド キーの組み合わせ タッチパッド トラックスティックキャップの取り替え テンキーパッド テンキーパッドは、外付けキーボードのテンキーパッドの機能と同じように使用できます。キーパッドの各キーには、複数の機能があります。キーパッドの数字と記号文字は、キーパッドキーの右側に青色で記されています。数字または記号を入力するには、<Fn> を押したまま、ご希望のキーを押します。 l キーパッドを有効にするには、
    • p. 50/102
      無線通信(ワイヤレスネットワークおよび Bluetooth® ワイヤレステクノロジを含む) 電 力の管 理 スピーカー関連 Microsoft® Windows® ロゴキー関連 文字の表示間隔など、キーボードの動作を調整するには、 コントロールパネル を開いて プリンタとその他のハードウェア をクリックし、キ ー ボ ー ド をクリックします。 タッチパッド タッチパッドは、指の圧力と動きを検知して画面のカーソルを動かします。マウスの機能と同じように、タッチパッドとタッチパッドボタンを使うことができます。
    • p. 51/102
      l オブジェクトを選択して移動(またはドラッグ)するには、選択したいオブジェクトにカーソルを合わせてタッチパッドを 2 回たたきます。2 回目にたたいたときにタッチパッドから指を離さずに、その ままタッチパッドの表面で指をスライドしてオブジェクトを移動させます。 l オブジェクトをダブルクリックするには、ダブルクリックするオブジェクトにカーソルを動かしてタッチパッドを 2 回たたくか、または親指で左のタッチパットボタンを 2 回押します。 トラックスティックを使ってカーソルを移動することもできます。トラックスティックを上下左右に押して、ディスプレイ上のカーソルの向きを変更します。マウスの機能と同じように、トラックスティックとトラックスティックボタンを使用します。
    • p. 52/102
      目次に戻る パスワード Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド パスワードについて プライマリパスワードの使い方 システム管理者パスワードの使い方 ハードドライブパスワードの使い方 管理タグについて Trusted Platform Module(TPM)の有効化 パスワードについて プライマリパスワード、システム管理者パスワード、およびハードドライブパスワードはすべて、異なる方法によりコンピュータへの不正アクセスを防止します。以下の表に、お使いのコンピュータで利用可能なパスワードの種類と機能について示します。
    • p. 53/102
      システム管理者パスワードを設定すると、セットアップユーティリティの Configure Setup オプションが有効になります。Configure Setup オプションは、プライマリパスワードによってコンピュータへのアクセスを制限できるのと同様に、セットアップユーティリティへのアクセスが制限できます。 システム管理者パスワードは、プライマリパスワードの代わりに使用することもできます。プライマリパスワードの入力を求められた場合、常にシステム管理者パスワードで代用できます。 システム管理者パスワードを設定せずに、プライマリパスワードを忘れてしまった場合、または両方のパスワードを設定し、どちらも忘れてしまった場合は、システム管理者に尋ねるか、
    • p. 54/102
      たとえば、次のようにコマンドを入力し、<Enter>キーを押します。 asset 1234$ABCD& 3. 管理タグの確認を求めるプロンプトが表示されたら、y と入力します。 コンピュータに、新規または変更後の管理タグとサービスタグが表示されます。 4. コンピュータを再起動して、Asset Tag ユーティリティを終了します。 既存の Asset Tag とサービスタグの表示 1. 起動フロッピーディスクを使って、コンピュータを起動します。 2. asset と入力して <Enter>
    • p. 55/102
      Trusted Platform Module(TPM)の有効化 TPM は、コンピュータ生成の暗号キーを作成および管理することができる、ハードウェアベースの保護機能です。保護ソフトウェアと共に使用することにより、TPM はファイルプロテクション機能や E-メール保護などの機能を有効にして、既存のネットワークおよびコンピュータセキュリティをさらに強化します。TPM 機能は、TPM システムセットアップオプションから有効にします。 TPM 機 能の有効化 1. コンピュータの電源を入れます。 2. 必要であれば、TPM
    • p. 56/102
      b. ス タ ー ト® プ ロ グ ラ ム® Broadcom Security Platforms Tools(Broadcom セキュリティプラットフォームツール)をクリックします。次に、Security Platform Initialization Wizard(セキュリティプラットフォーム初期化ウィザード)のアイコンをクリックします。 c. 手順に従って、 TPM オーナー、ユーザーパスワード、および証明書を作成します。 目次に戻る
    • p. 57/102
      目次に戻る PC カードの使い方 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド PC カードのタイプ PC カードのダミーカード 拡張型 PC カード PC カードの取り付け PC カードまたはダミーカードの取り外し PC カードのタイプ サポートされている PC カードについては、「 仕様 」を参照してください。 PC カードスロットには、タイプ I またはタイプ II カード 1 枚に対応するコネクタが 1 つあります。PC カードスロットは、カードバステクノロジおよび拡張型 PC カードをサポートしています。PC
    • p. 58/102
      コンピュータはほとんどの PC カードを認識し、自動的に適切なデバイスドライバをロードします。設定プログラムで製造元のドライバをロードするよう表示されたら、PC カードに付属のフロッピーまたは CD を使用します。 PC カードまたはダミーカードの取り外し 1. ラッチの端を必要に応じて 1 回または 2 回押します。 2. PC カードまたはダミーカードを取り外します。 スロットに PC カードを取り付けない場合に使用するダミーカードは保管しておきます。ダミーカードは、埃や他の異物から未使用のスロットを保護します。
    • p. 59/102
      目次に戻る Dell™ QuickSet Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド Dell™ QuickSet を使用すると、以下の設定を容易に行ったり、表示したりできます。 l ネットワークの接続性 l 電力の管理 l ディスプレイ l システム情報 Dell™ QuickSet で実行する内容に応じて、 Microsoft® Windows® タスクバーにある QuickSet アイコン をクリック、ダブルクリック、または右クリックして、QuickSet を起動します。タス クバーは画面の右下隅にあります。
    • p. 60/102
      目次に戻る 部品の拡張および交換 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド 作業を開始する前に この項では、コンピュータのコンポーネントの取り外しおよび取り付けについて説明します。特に指示がない限り、それぞれの手順では以下の条件を満たしていることを前提とします。 l 「 コンピュータの電源を切る 」および「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順をすでに終えていること。 l Dell™ の『製品情報ガイド』の安全に関する情報をすでに読んでいること。 l コンポーネントを交換するか、または別途購入している場合は、取り外し手順と逆の順番で取り付けができること。
    • p. 61/102
      2. コンピュータの電源を切ります 。 3. コンピュータをドッキングデバイスに接続している場合は、ドッキングを解除します。ドッキングデバイスの手順については、付属のマニュアルを参照してください。 4. 電話ケーブルとネットワークケーブルをすべてコンピュータから外します。 5. ディスプレイを閉じ、コンピュータを平らな作業台に裏返します。 6. 取り付けられているモジュールは、セカンドバッテリー(取り付けられている場合)も含めてすべて外します。 7. コンピュータおよび取り付けられているデバイスをすべてコンセントから外し、コンピュータの底面にあるバッテリーベイリリースラッチをスライドさせたまま、バッテリーをベイから取り外し、電源ボタンを押してシステム基板の静電気を除去します。
    • p. 62/102
      3. メモリモジュールを交換する場合には、身体の静電気を除去してから既存のモジュールを取り外します。 a. メモリモジュールコネクタの両端にある固定クリップを、モジュールが持ち上がるまで指先で慎重に広げます。 b. モジュールをコネクタから取り外します。 4. 身体の静電気を除去してから、新しいメモリモジュールを取り付けます。 a. モジュールエッジコネクタの切り込みをコネクタスロットに合わせます。 b. モジュールを 45 度の角度でスロットに合わせてしっかりと押し込み、カチッと所定の位置に収まるまでモジュールを押し下げます。カチッという感触が得られない場合、モジュールを取
    • p. 63/102
      3. メモリモジュールを交換する場合には、身体の静電気を除去してから既存のモジュールを取り外します。 a. メモリモジュールコネクタの両端にある固定クリップを、モジュールが持ち上がるまで指先で慎重に広げます。 b. モジュールをコネクタから取り外します。 4. 身体の静電気を除去してから、新しいメモリモジュールを取り付けます。 a. モジュールエッジコネクタの切り込みをコネクタスロットに合わせます。 b. モジュールを 45 度の角度でスロットに合わせてしっかりと押し込み、カチッと所定の位置に収まるまでモジュールを押し下げます。カチッという感触が得られない場合、モジュールを取
    • p. 64/102
      6. バッテリーをバッテリーベイに取り付けるか、または AC アダプタをコンピュータおよびコンセントに接続します。 7. コンピュータの電源を入れます。 コンピュータは起動時に、増設されたメモリを検出してシステム構成情報を自動的に更新します。 コンピュータに取り付けられたメモリ容量を確認します。 1. ス タ ー ト ボタンをクリックして ヘルプとサポート をクリックし、コ ン ピ ュ ー タ の情 報 をクリックします。 モデム コンピュータの注文時にオプションのモデムも注文された場合、モデムは既に取り付けられています。
    • p. 65/102
      4. モデムが取り付けられていない場合、 手順 5 に進みます。モデムを交換する場合、既存のモデムを取り外します。 a. モデムをシステム基板に固定しているネジを外し、横に置きます。 b. 取り付けられているプルタブをまっすぐ引き上げてモデムをシステム基板上のコネクタから持ち上げて取り出し、モデムケーブルを外します。 5. モデムケーブルをモデムに接続します。 6. モデムをネジ穴に合わせ、システム基板のコネクタに押し入れます。 7. ネジを取り付けて、モデムをシステム基板に固定します。 8. カバーを取り付けます。
    • p. 66/102
      b. ミニ PCI カードを取り外すには、カードがわずかに浮き上がるまで金属製の固定タブを広げます。 c. ミニ PCI カードをコネクタから取り外します。 4. ミニ PCI カードアセンブリを 45 度の角度でコネクタに合わせ、カチッという感触が持てるまでミニ PCI カードをコネクタに押し込みます。 1 ミニ PCI カード 2 金属製固定タブ(2) 注 意 : コネクタは確実に挿入できるよう設計されています。抵抗を感じる場合は、コネクタを確認しカードを再調整してください。 1 ミニ PCI カード
    • p. 67/102
      5. アンテナケーブルをミニ PCI カードに接続します。 6. キーボードとセンターコントロールカバーを取り付ける場合は、キーボード のセクションの手順を逆に実行してください。 7. カバーとネジを取り付けます。 ハードドライブ ハードドライブベイのハードドライブを交換するには、次の手順を実行します。 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 1 ミニ PCI カード 2 アンテナワイヤ(2) 注 意 : ミニ PCI カードの損傷を防ぐため、ケーブルは絶対にカードの上下に置かないでください。
    • p. 68/102
      2. コンピュータを裏返し、ハードドライブのネジを外します。 3. ハードドライブをコンピュータから引き出します。 4. 新しいドライブを梱包から取り出します。 ハードドライブを保管するためや持ち運ぶために、梱包を保管しておいてください。 5. ハードドライブが完全にベイに収まるまでスライドします。 6. ネジを締めます。 7. 『オペレーティングシステム CD』を使用して、お使いのコンピュータで使用する オペレーティングシステム をインストールします。 8. 『Drivers and Utilities
    • p. 69/102
      4. キーボードを取り外します。 a. キーボードの上部にある 2 本の M2.5 x 6 mm ネジを外します。 b. キーボードを上に 90 度回して前方に引き出し、キーボードコネクタにアクセスできるようにします。 c. キーボードコネクタタブを引き上げて、システム基板からキーボードコネクタを取り外します。 5. キーボードを取り付ける場合は、上記のセクションの手順を逆に実行してください。 Bluetooth® ワイヤレステクノロジ内蔵カード 1 センターコントロールカバー 注 意 : キーボード上のキーキャップは壊れたり外れたりしやすく、また取り付けに時間がかかります。キーボードの取り外しや取り扱いには注意してください。
    • p. 70/102
      Bluetooth ワイヤレステクノロジ内蔵カードを購入された場合は、お使いのコンピュータにすでに取り付けられています。 1. バッテリーを取り外します。 2. カードのドアを開きます。 3. プラスチックスクライブまたはドライバをてこのように使って、モジュールをプラスチック製のガイドブラケットおよび実装部から取り出し、カードをケーブルから外してコンピュータから取り外します。 4. Bluetooth カードを取り付ける場合は、取り外しの手順を逆に実行してください。 コイン型電池 1. 「 作業を開始する前に
    • p. 71/102
      4. コイン型電池をコイン型電池ポケットから慎重に引き出し、バッテリーケーブルを外します。 5. コイン型バッテリーを取り付ける場合は、上記のセクションの手順を逆に実行してください。 6. カバーを取り付けます。 目次に戻る 1 拘束ネジ 注 意 : 両面テープをコイン型電池から外す際、システム基板への損傷を避けるため、バッテリーとシステム基板の間にあるビニールフィルムがはがれないようにしてください。 注 意 : システム基板やモデムカードへの損傷を避けるため、両面テープを取っておき、バッテリーとシステム基板の間にあるビニールフィルムに交換用のコイン型電池を固定します。
    • p. 72/102
      目次に戻る セットアップユーティリティの使い方 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド 概要 セットアップユーティリティ画面の表示 セットアップユーティリティ画面 通常使用するオプション 概要 セットアップユーティリティは以下のような場合に使用します。 l コンピュータのパスワードなどの選択可能な機能を設定または変更する場合 l システムのメモリ容量など現在の設定情報を確認する場合 コンピュータをセットアップしたら、セットアップユーティリティを起動して、システム設定情報とオプション設定を確認します。後で参照できるように、画面の情報を控えておいてください。
    • p. 73/102
      l Diskette Drive l Modular Bay HDD l Internal HDD l CD/DVD/CD-RW Drive 起動ルーチン中に、コンピュータは有効なデバイスをリストの先頭からスキャンし、オペレーティングシステムのスタートアップファイルを検索します。コンピュータがファイルを検出すると、検索を終了してオペレーティングシステムを起動します。 起動デバイスを制御するには、上矢印キーまたは下矢印キーを押してデバイスを選び(ハイライト表示し)ます。これでデバイスを有効または無効にしたり、一覧の順序を変更したりできます。
    • p. 74/102
      目次に戻る スマートカードの使い方 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド スマートカードについて スマートカードの取り付け スマートカードについて スマートカードは集積回路が内蔵された、持ち運びのできる、クレジットカードと同じ形のデバイスです。スマートカードの表の面には通常、金製の導体パッドの下に内蔵プロセッサが搭載されています。スマートカードは小型で集積回路が内蔵されていますので、安全性、データストレージ、および特殊なプログラム用の便利なツールとして利用できます。スマートカードを使って、ユーザーが持っているもの(スマートカード)とユーザーが知っているもの(暗証番号)を組み合わせて、パスワードだけの場合よりも確実なユーザー認証を提供し、システムの安全性を向上することができます。
    • p. 75/102
      目次に戻る 問題の解決 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド Dell テクニカル Update Service Dell テクニカル Update Service では、お使いのコンピュータのソフトウェアとハードウェアのアップデートについて E-メールで事前に通知します。このサービスは無料で、通知の内容、形式、頻度をカスタマイズできます。 Dell テクニカル Update Service に登録するには、support.jp.dell.com/technicalupdate(英語)にアクセスしてください。
    • p. 76/102
      アイコンをダブルクリックすると、お使いのコンピュータ環境の手動チェック、よくあるお問い合わせ(FAQ)の表示、デルサポートユーティリティのヘルプファイルへのアクセス、デルサポート設定の 表示を実行できます。 デルサポートユーティリティの詳細に関しては、デルサポート画面の上部にある疑問符(? )をクリックしてください。 ドライブの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入してください。 CD および DVD ドライブの問 題 CD/DVD-RW ドライブに書き込みができない場合
    • p. 77/102
      聞き慣れない摩擦音またはきしむ音がする場 合 ハードドライブの問 題 E-メール、モデム、およびインターネットの問題 l 実行中のプログラムによる音ではないことを確認します。 l ディスクが正しく挿入されているか確認します。 コンピュータを室温に戻し て か ら電 源を入れ ま す — ハードドライブが高温になっているため、オペレーティングシステムが起動しないことがあります。コンピュータが室温に戻 るまで待ってから電源を入れます。 チ ェ ッ ク デ ィ ス ク を実行し ま す — 1. ス タ ー
    • p. 78/102
      エラーメッセージ 以下を確認しながら、 Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入してください。 メッセージが一覧にない場合、オペレーティングシステムまたはメッセージが表示された際に実行していたプログラムのマニュアルを参照してください。 6. モデムが Windows と通信していることを確認するため、プ ロ パ テ ィ をクリックし、診断 タブをクリックして、モ デ ム の照会 をクリックします。 インターネットに接続されているか確 認し ま す — インターネットプロバイダとの契約が済んでいることを確認します。E-メールプログラム
    • p. 79/102
      から起動します。次に、コンピュータをシャットダウンし、ハードドライブを再度取り付けて、コンピュータを再起動します。問題が解決しない場合、別のドライブを取り付けます。「 Dell Diagnostics(診断)プログラムの使い方 」の Hard-Disk Drive テストを実行します。 ハ ー ド デ ィ ス ク ド ラ イ ブ読み取り エ ラ ー — ハードドライブに問題がある可能性があります。コンピュータをシャットダウンし、 ハードドライブ を取り外して、コンピュータを CD から 起動します。次に、コンピュータをシャットダウンし、ハードドライブを再度取り付けて、コンピュータを再起動します。問題が解決しない場合、別のドライブを取り付けます。「
    • p. 80/102
      IEEE 1394 デバイスの問題 キーボードの問題 4. 削 除 ボタンまたは 変更と削 除 ボタンをクリックして、画面の指示に従います。 5. インストール手順については、プログラムのマニュアルを参照してください。 セ ク タ ー が見つ か り ま せ ん — オペレーティングシステムがハードドライブ上のセクターを見つけることができません。ハードドライブが不良セクターを持っているか、FAT が破壊 されている可能性があります。Windows のエラーチェックユーティリティを実行して、ハードドライブのファイル構造を調べます。手順については、ヘルプとサポートセンターを参照してください。多くのセクターに障害がある場合、可能であればデータをバックアップして、ハードドライブを再フォーマットします。
    • p. 81/102
      以下を確認しながら、 Diagnostics(診断)チェックリスト を記入してください。 外 付けキーボードの問 題 入力時の問 題 フリーズおよびソフトウェアの問題 コンピュータが起 動しない場 合 コンピュータの応答が停 止し た場 合 プログラムが応答しなくなった場 合 メ モ: MS-DOS® モードで動作しているとき、または Dell Diagnostics(診断)プログラムまたは セットアップユーティリティ を実行するときは、内蔵キーボードを使用します。外付けキーボード をコンピュータに接続しても、内蔵キーボードの機能はそのまま使用できます。
    • p. 82/102
      プログラムが繰り返しクラッシュする場 合 プログラムが以 前の Microsoft® Windows® オペレーティングシステム用に設計されている場合 画面が青色 (ブルースクリーン)になった場 合 そ の他のソフトウェアの問 題 プ ロ グ ラ ム を終 了し ま す — 1. <Ctrl><Shift><Esc> を同時に押します。 2. ア プ リ ケ ー シ ョ ン をクリックします。 3. 応答しなくなったプログラムをクリックします。 4. タ ス ク の終
    • p. 83/102
      メモリの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入してください。 ネットワークの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入してください。 PC カードの問題 電源の問題 以下を確認しながら、 Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入してください。 警 告 : 本 項の手 順を開 始す る前に、 『 製 品 情 報ガ イ ド』の安 全 手 順に従ってください。 メ モ リ不 足を示す メ
    • p. 84/102
      コンピュータへの十 分な電 力の確 保 お使いのコンピュータは、90 W の AC アダプタを使用するように設計されています。 お使いのコンピュータに、他の Dell™ ノートブックコンピュータで使用している 65 W の AC アダプタを使用することはできますが、システムの性能が低下します。65 W の AC アダプタを含む低電力の AC アダプタを使用すると、WARNING(警告)メッセージが表示されることがあります。 ドッキング電 力の考 慮 コンピュータが Dell D/Dock ドッキングデバイスに接続されている場合、電力の消費が増加するために、バッテリーのみでの通常のコンピュータの動作はできません。コンピュータが
    • p. 85/102
      プリンタの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入してください。 スキャナーの問題 警 告 : 本 項の手 順を開 始す る前に、 『 製 品 情 報ガ イ ド』の安 全 手 順に従ってください。 メ モ: プリンタのテクニカルサポートが必要な場合、プリンタの製造元にお問い合わせください。 プリンタのマニュアルを確 認し ま す — セットアップおよびトラブルシューティングについては、プリンタのマニュアルを参照してください。 プ リ ン タ の電 源がオンになっていることを確
    • p. 86/102
      サウンドとスピーカーの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入してください。 内 蔵スピーカーから音が出な い場 合 外 付けスピーカーから音が出な い場 合 ヘッドフォンから音が出な い場 合 タッチパッドまたはマウスの問題 お使いのスキャナーが一覧に表示されている場合、Windows はスキャナーを認識しています。 ス キ ャ ナ ー ド ラ イ バ を再イ ン ス ト ー ル し ま す — 手順については、スキャナーのマニュアルを参照してください。
    • p. 87/102
      ビデオとディスプレイの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入してください。 画面に何も表 示されない場 合 画面が見づらい場 合 タッチパッドの設 定を確 認し ま す — 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、コントロールパネル をクリックして、プリンタとその他のハードウェア をクリックします。 2. マ ウ ス をクリックします。 3. 設定を調整します。 マ ウ ス ケ ー ブ ル を確 認し ま す — コンピュータをシャットダウンします。マウスケーブルを取り外し、損傷していないか確認して、ケーブルをしっかりと接続しなおします。
    • p. 88/102
      画面の一 部し か表 示されない場 合 目次に戻る 外 付けサブウーハーをコンピュータまたはモニターから遠ざ け ま す — 外付けスピーカーのシステムにサブウーハーが含まれている場合、サブウーハーがコンピュータまた は外付けモニターから 60 cm 以上離れているか確認します。 電気的な妨 害を除 去し ま す — コンピュータの近くで使用している扇風機、蛍光灯、ハロゲンランプ、またはその他の機器の電源を切ってみます。 コ ン ピ ュ ー タ の向き を変え ま す — 画質低下の原因となる日光の反射を避けます。
    • p. 89/102
      目次に戻る 仕様 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド プ ロ セ ッ サ プロセッサの種類 Intel® Pentium® M L1 キャッシュ 32 KB インストラクションキャッシュおよび 32 KB ライトバックデータキャッシュ L2 キャッシュ 2 MB 外付けバスの周波数 533 MHz シ ス テ ム情 報 システムチップセット Intel 915GM(内蔵ビデオ)、ICH60M、または Intel 915PM(外付けビデオ)、ICH60M プロセッササイドデータバス幅
    • p. 90/102
      通 信 モデム: タイプ v.92 56K MDC(オプション) コントローラ ソフトモデム インタフェース 内蔵 AC'97 バス ネットワークアダプタ システム基板上に 10/100/1000 Ethernet LAN ワイヤレス 内蔵ミニ PCI Wi-Fi(802.11b、802.11b/g、または 802.11a/b/g)および Bluetooth® ワイヤレステクノロジ(オプション) ビ デ オ メ モ: お使いの Dell™ Latitude™ D610 コンピュータは内蔵および外付けビデオオプションを提供します。
    • p. 91/102
      動作角度 0°(閉じた状態)~180° 可視角度: 水平方向 ±40° 垂直方向 +10°/–30° ピクセルピッチ: XGA 0.28 mm(12.1 インチ)、0.297 mm(14.1 インチ) SXGA+ 0.204 mm(14.1 インチ) 消費電力(背面ライト付きパネル)(最大): XGA 6.0 W SXGA+ 6.5 W コントロール 輝度はショートカットキーによって調節可能 キ ー ボ ー ド キー数 87(アメリカ、カナダ)、88(ヨーロッパ)、91(日本) レイアウト QWERTY
    • p. 92/102
      目次に戻る 入力電流(最大) 1.7 A(両方) 入力周波数 47–63 Hz(両方) 出力電流: 90 W 5.62 A(4 秒パルスのとき最大)、4.62 A(継続) 65 W 4.34 A(4 秒パルスのとき最大)、3.34 A(継続) 出力電力 90 W または 65 W 定格出力電圧 19.5 VDC(両方) 寸法: 縦幅 33.8~34.6 mm(90 W) 27.8~28.6 mm(65 W) 横幅 60.9 mm(90 W) 57.9 mm(65 W) 奥行き 153.42 mm(90
    • p. 93/102
      目次に戻る Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド 左側のリンクをクリックすると、コンピュータの機能や操作方法についての説明がご覧になれます。お使いのコンピュータに含まれるその他のマニュアルに関しては、「 情報の検索方法 」を参照してくださ い。 略語の一覧表は、「 用語集 」を参照してください。 Dell™ n シリーズコンピュータをご購入いただいた場合、このマニュアルの Microsoft® Windows® オペレーティングシステムについての説明は適用されません。 こ の文 書の
    • p. 94/102
      目次に戻る ノートブックコンピュータを携帯するときは Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド コンピュータの所有者の証明 コンピュータの梱包 携帯中のヒントとアドバイス コンピュータの所有者の証明 l コンピュータにネームタグまたはビジネスカードを取り付けます。 l サービスタグをメモして、コンピュータやキャリングケースとは別の安全な場所に保管します。コンピュータを紛失したり盗難に遭ったりした場合、警察等の公的機関およびデルに連絡する際に、このサービスタグをお知らせください。 l Microsoft®
    • p. 95/102
      l 機内でコンピュータを使う場合、使用が許可されているかどうかを機内雑誌などで確認するか、乗務員にお尋ねください。航空会社によっては、飛行中の電子機器の使用を禁止している場合があります。すべての航空会社が離着陸の際の使用を禁止しています。 コンピュータを紛 失したり、盗難に遭っ た場 合 l 警察等の公的機関に、コンピュータの紛失または盗難を届け出ます。コンピュータの説明をする際に、サービスタグをお知らせください。届け出番号などをもらったら控えておきます。できれば、応対した担当者の名前も尋ねておきます。
    • p. 96/102
      目次に戻る ワイヤレス LAN(ローカルエリアネットワーク) Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド 概要 ワイヤレス LAN(ローカルエリアネットワーク)への接続 概要 ワイヤレスLAN は、各コンピュータに接続されたネットワークケーブルではなく、電波を介して通信を行う相互接続された一連のコンピュータです。ワイヤレスLAN では、アクセスポイントまたはワイヤレスルーターと呼ばれる無線通信デバイスがネットワークコンピュータ間を接続し、インターネットやネットワークへのアクセスを提供します。アクセスポイントまたはワイヤレスルーターとコンピュータ内のワイヤレスネットワークカードは、電波を介して各自のアンテナからデータをブロードキャストして通信します。
    • p. 97/102
      2. ワイヤレスインターネット接続をセットアップする前に、ブロードバンドモデムを経由して有線でインターネットにアクセスできる状態にあることを確認してください。 3. お使いのワイヤレスルーターに必要ないずれかのソフトウェアをインストールします。お使いのワイヤレスルーターには、インストール用の CD が付属している場合があります。インストール CD には、通常、インストールとトラブルシューティングに関する情報が含まれています。ルーターの製造元の指示に従って、必要なソフトウェアをインストールします。 4.
    • p. 98/102
      3. ワイヤレスネットワーク接続 アイコンを右クリックして、利 用できるワイヤレスネットワークの表 示 をクリックします。 ワイヤレスネットワークの選択 ウィンドウで Windows cannot configure this connection(Windows ではこの接続を設定できません)というメッセージが表示されたら、ワイヤレスネットワークカードのクライアントユーティリティがワイヤレスネットワークカードを管理しています。 ワイヤレスネットワークの選択 ウィンドウで Click an item in
    • p. 99/102
      目次に戻る Microsoft® Windows® XP の基本情報 Dell™ Latitude™ D610 ユーザーズガイド ヘルプとサポートセンター ヘルプとサポートセンターでは Windows XP のヘルプが提供されており、その他のサポートツールや教育ツールも用意されています。ヘルプとサポートセンターでは以下のことが出来ます。 l お使いのコンピュータのハードウェアおよびソフトウェアに関するユーザーズガイドにアクセスできます。 l 設定およびエラーログなど、お使いのコンピュータに関する詳細が得られます。
    • p. 100/102
      デスクトップクリーンアップウィザード お使いのコンピュータでは、デスクトップクリーンアップウィザードを使って、コンピュータを最初に起動してから 7 日後に(その後は 60 日おきに)、あまり使用されないプログラムアイコンがデスクトップから指定したフォルダに移動されます。プログラムが移動すると、ス タ ー ト メニューの外観が変わります。 デスクトップクリーンアップウィザードを終了するには、次の手順を実行します。 1. デスクトップ上の何もない場所を右クリックして、プ ロ パ テ ィ をクリックします。
    • p. 101/102
      5. これはどちらのコンピュータですか? 画面で 転送 元の古いコンピュータ をクリックし、次へ をクリックします。 6. 転送 方 法を選択してください 画面で希望の転送方法をクリックします。 7. 何を転送し ま す か? 画面で転送する項目を選択し、次へ をクリックします。 情報がコピーされた後、フ ァ イ ル と設 定の収集フ ェ ー ズ を処理し て い ま す... 画面が表示されます。 8. 完 了 をクリックします。 新しいコンピュータにデータを転送するには次の手順を実行します。 1.
    • p. 102/102
      1. ネットワークケーブルをコンピュータ背面のネットワークアダプタコネクタに接続します。 2. ネットワークケーブルのもう一方の端を、壁のネットワークコンセントコネクタなどのネットワーク接続デバイスに接続します。 ネットワークセットアップウィザード Microsoft® Windows® XP オペレーティングシステムには、家庭または小企業のコンピュータ間で、ファイル、プリンタ、またはインターネット接続を共有するための手順を案内するネットワークセットアップウィザードがあります。 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、す
 

© 2012–2021, manyuaru.com
All rights reserved.