取扱説明書とユーザーガイド - Latitude D620 Dell

Latitude D620 Dell の取扱説明書やユーザーガイドが2以上あります。

  • Dell Latitude D620 [ver. 1] (ページ: 96)

    目次
    • p. 1/96
      Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド お使いのコンピュータに含まれるその他のマニュアルに関しては、「 情報の検索方法 」を参照してください。 メモ、注意、および警告 略語について 略語の一覧表は、「 用語集 」を参照してください。 Dell™ n シリーズコンピュータをご購入いただいた場合、このマニュアルの Microsoft ® Windows® オペレーティングシステムについての説明は適用されません。 こ の文 書の 情 報は 、 事 前の 通 知な く変 更 さ れ る こ
    • p. 2/96
      目次に戻る お使いのコンピュータについて Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド 正面図 左側面図 右側面図 背面図 底面図 正面図 デ ィ ス プ レ イ ラ ッ チ — ディスプレイを閉じておくために使用します。 デ ィ ス プ レ イ — ディスプレイの詳細に関しては、「 ディスプレイの使い方 」を参照してください。 電 源ボタン — コンピュータの電源を入れるか、もしくは省電力モードを終了するときに電源ボタンを押します。「 省電力モード 」を参照してください。 コンピュータが応答しなくなった場合、コンピュータの電源が完全に切れるまで、電源ボタンを押し続けます(数秒かかることがあります)。
    • p. 3/96
      コンピュータがコンセントに接続されている場合、 のライトは以下のように動作します。 ¡ 緑色の点灯 — バッテリーの充電中。 ¡ 緑色の点滅 — バッテリーの充電完了。 ¡ 消灯 — バッテリーが十分に充電されています(または、バッテリーの充電に外部電源を使用できません)。 コンピュータをバッテリーでお使いの場合、 のライトは以下のように動作します。 ¡ 消灯 — バッテリーが十分に充電されています(または、コンピュータの電源が切れています)。 ¡ 橙色の点滅 — バッテリーの充電残量が低下しています。
    • p. 4/96
      キーボードの上にある緑色のライトの示す意味は、以下のとおりです。 ボリュームコントロールボタン — ボタンを押して、音量を調節します。 ミュートボタン — ボタンを押して、音を消します。 左側面図 通気孔 — コンピュータは内蔵ファンを使って、通気孔から空気が流れるようになっています。これによって、コンピュータがオーバーヒートすることを防止します。 セ キ ュ リ テ ィ ケ ー ブ ル ス ロ ッ ト — このスロットを使って、市販の盗難防止用品をコンピュータに取り付けることができます。 詳細に関しては、「
    • p. 5/96
      赤 外 線セ ン サ ー — ケーブルで接続せずにコンピュータから他の赤外線互換デバイスへファイルを転送することができます。 コンピュータがお手元に届いたときは、赤外線センサーは無効になっています。セットアップユーティリティ(「 セットアップユーティリティ 」を参照)を使って、赤外線センサーを有効にします。データ転送の 詳細に関しては、Windows ヘルプ、ヘルプとサポートセンター、または赤外線互換デバイスに付属のマニュアルを参照してください。 ス マ ー ト カ ー ド ス ロ ッ ト — スマートカードを
    • p. 6/96
      メ デ ィ ア ベ イ — フロッピードライブ、オプティカルドライブ、セカンドバッテリー、セカンドハードドライブ、または Dell TravelLite™ モジュールをサポートします。「 マルチメディアの使い方 」を参照してく ださい。 デ バ イ ス リ リ ー ス ラ ッ チ — デバイスを取り出すには、このリリースラッチを使用します。 USB コ ネ ク タ 背面図 ネ ッ ト ワ ー ク コ ネ ク タ (RJ-45) モ デ ム コ ネ ク タ(RJ-11) 1 メディアベイ 2 デバイスリリースラッチ
    • p. 7/96
      USB コ ネ ク タ シ リ ア ル コ ネ ク タ ビ デ オ コ ネ ク タ AC ア ダ プ タ コ ネ ク タ — AC アダプタをコンピュータに接続します。 AC アダプタは AC 電力をコンピュータに必要な DC 電力へと変換します。AC アダプタは、コンピュータの電源のオンまたはオフにかかわらず接続できます。 通気孔 — コンピュータは内蔵ファンを使って、通気孔から空気が流れるようになっています。これによって、コンピュータがオーバーヒートすることを防止します。 底面図 マウス、キーボード、またはプリンタなどの
    • p. 8/96
      メ モ リ モ ジ ュ ー ル カ バ ー — セカンドメモリモジュールの実装部のカバーです。「 メモリ 」を参照してください。 バ ッ テ リ ー充 電ゲ ー ジ — バッテリー充電の情報を提供します。「 バッテリーの充電チェック 」を参照してください。 バ ッ テ リ ー — バッテリーを取り付けると、コンピュータをコンセントに接続しなくてもコンピュータを使うことができます。「 バッテリーの使い方 」を参照してください。 バ ッ テ リ ー ベ イ リ リ ー ス ラ ッ チ — バッテリーを取り外すのに使用します。手順については、「
    • p. 9/96
      目次に戻る 付録 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド コンピュータのクリーニング Macrovision 製品通知 FCC の通達(アメリカ合衆国のみ) コンピュータのクリーニング コンピュータ、キーボード、およびディスプレイ l キーボードのキーの間のほこりをクリーニングするには、圧縮空気の缶スプレーを使用します。 l 水またはディスプレイ用クリーナーで湿らせた、柔らかく糸くずの出ない布でディスプレイをきれいになるまで拭きます。 l 水で湿らせた柔らかく糸くずの出ない布で、コンピュータとキーボードを拭きます。布から水がにじみ出てタッチパッドやパームレストにしみ込まないようにしてください。
    • p. 10/96
      Macrovision 製品通知 この製品には、米国特許権および知的所有権によって保護されている著作権保護技術が組み込まれています。本製品の著作権保護テクノロジは Macrovision に使用権限があり、同社の許可がない限り、家庭内および限定的な表示にのみ使用することを目的としています。リバースエンジニアリングや分解は禁止されています。 FCC の通達(アメリカ合衆国のみ) FCC クラス B この装置は、ラジオ周波数のエネルギーを発生、使用、放射する可能性があります。製造元のマニュアルに従わずに取り付けて使用した場合、ラジオおよびテレビの受信を妨げる電波障害を生じさせる場合があります。本装置は、試験の結果、FCC
    • p. 11/96
      目次に戻る バッテリーの使い方 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド バッテリーの性能 バッテリーの充電チェック バッテリー電源の節約 省電力モード 電源管理の設定 バッテリーの充電 バッテリーの交換 バッテリーの保管 バッテリーの性能 コンピュータの性能を最大に保ち BIOS の設定を保持するため、Dell ノートブックコンピュータは、常にメインバッテリーを搭載した状態でお使いください。バッテリーベイにはバッテリーが 1 つ、標準で搭載されています。 バッテリーの動作時間は、使用状況によって異なります。
    • p. 12/96
      Microsoft® Windows® 電 源メーター Windows の電源メーターは、バッテリーの充電残量を示します。電源メーターを確認するには、タスクバーの アイコンをダブルクリックします。 コンピュータがコンセントに接続されている場合 アイコンが表示されます。 充 電ゲージ バッテリーを挿入する前に、バッテリーの充電ゲージにあるボタンを押すと、充電レベルインジケータライトが点灯します。各々のライトはバッテリーの総充電量の約 20%を表します。たとえば、バッテリーの充電残量が 80 %なら 4 つのライトが点灯します。どのライトも点灯していない場合、バッテリーの充電残量が残っていないことになります。
    • p. 13/96
      または l 電 源オ プ シ ョ ン の プ ロ パ テ ィ ウィンドウの詳細設定タブで、ご自分で設定した電源管理のオプションに従い、次の方法の一つを実行します。 ¡ 電源ボタンを押します。 ¡ ディスプレイを閉じます。 ¡ <Fn><Esc> を押します。 スタンバイモードから通常の動作状態に戻るには、詳細設定タブのオプション設定に応じて電源ボタンを押すか、またはディスプレイを開きます。キーを押したり、タッチパッドやトラックスティックに触れてもコンピュータはスタンバイモードから復帰しません。
    • p. 14/96
      バッテリー交換の詳細については、「 メディアベイ 」を参照してください(該当する場合)。 バッテリーを取り外すには次の手順を実行します。 1. コンピュータをドッキングデバイスに接続している場合は、ドッキングを解除します。ドッキングデバイスの手順については、付属のマニュアルを参照してください。 2. コンピュータが電源オフまたは休止状態になっていることを確認します(「 休止状態モード 」を参照)。コンピュータの底部にある 2 つのバッテリーベイリリースラッチを、コンピュータの側面方向に スライドさせて外します。
    • p. 15/96
      目次に戻る カードの使い方 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド カードタイプ PC カードまたは ExpressCard のインストール カードまたはダミーカードの取り外し カードタイプ PC カード サポートされている PC カードに関しては、「 仕様 」を参照してください。 PC カードスロットには、タイプ I またはタイプ II カード 1 枚に対応するコネクタが 1 つあります。PC カードスロットは、カードバステクノロジおよび拡張型 PC カードをサポートしています。PC
    • p. 16/96
      カードがきちんと入らないときは、無理にカードを押し込まないでください。カードの向きが合っているかを確認して再度試してみてください。 コンピュータはほとんどの PC カードを認識し、自動的に適切なデバイスドライバをロードします。設定プログラムで製造元のドライバをロードするよう表示されたら、PC カードに付属のフロッピーディスクまたは CD を使用します。 ExpressCard を取り付けるには次の手順を実行します。 1. ExpressCard をアダプタに差し込みます。 2. アダプタに差し込んだ ExpressCard
    • p. 17/96
      目次に戻る ディスプレイの使い方 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド 輝度の調整 画面モードの操作 画面解像度とリフレッシュレートの設定 デュアルディスプレイモード プライマリディスプレイおよびセカンダリディスプレイの交換 環境照明センサーの使い方 輝度の調整 Dell™ コンピュータがバッテリーで動作している場合、 <Fn> とキーボードの上下矢印キーを押して、輝度を快適に使用できる最低の設定にして節電することができます。 次のキーを押すと、ディスプレイの輝度を調節できます。
    • p. 18/96
      1. 外付けモニター、TV、またはプロジェクタをコンピュータに接続します。 2. 作 業す る分 野を選び ま す にある、デ ス ク ト ッ プ の表 示と テ ー マ をクリックします。 3. 作 業を選び ま す で、変更したい項目をクリックします。または コントロールパネルを選ん で実行し ま す で、 画面 をクリックします。 4. 画面の プ ロ パ テ ィ ウィンドウで 設 定 タブをクリックします。 5. モニタ 2 のアイコンをクリックし、Windows デ ス ク ト ッ プ を こ
    • p. 19/96
      コンピュータがお手元に届いたときは、ALS は無効になっています。ALS を有効にしてから、ディスプレイ輝度のキーの組み合わせを使用した場合、ALS は無効になり、ディスプレイの輝度はキーの組み合わせに従って増減されます。 Dell™ QuickSet を使用して、 ALS 機能を有効または無効にできます。最大および最小輝度の設定も調整できます。この設定は、ALS 機能を有効にすると使用できるようになります。QuickSet の詳 細については、タスクバーにある アイコンを右クリックし、ヘ ル プ をクリックしてください。
    • p. 20/96
      目次に戻る ソフトウェアの再インストール Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド ドライバ ソフトウェアおよびハードウェアの非互換性の解決 Microsoft® Windows® XP システムの復元の使い方 オペレーティングシステム CD の使い方 ドライバ ドライバとは ? ドライバは、プリンタ、マウス、キーボードなどのデバイスを制御するプログラムです。すべてのデバイスにドライバプログラムが必要です。 ドライバは、デバイスとそのデバイスを使用するプログラム間の通訳のような役目をします。各デバイスは、そのデバイスのドライバだけが認識する専用のコマンドセットを持っています。
    • p. 21/96
      3. シ ス テ ム をクリックします。 4. シ ス テ ム の プ ロ パ テ ィ ウインドウの ハ ー ド ウ ェ ア タブをクリックします。 5. デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ をクリックします。 6. 新しいドライバがインストールされたデバイスを右クリックして、プ ロ パ テ ィ をクリックします。 7. ド ラ イ バ タブをクリックします。 8. ドライバのロールバック をクリックします。 デバイスドライバのロールバックで問題が解決しない場合、システムの復元を使用して、オペレーティングシステムを新しいドライバがインストールされる前の動作状態に戻してみます。
    • p. 22/96
      7. 一覧ま た は特 定の場 所か ら イ ン ス ト ー ル す る( 詳 細 設 定 )をクリックして、次へ をクリックします。 8. 参照 をクリックして、あらかじめドライバファイルをコピーしておいた場所を参照します。 9. 適切なドライバの名前が表示されたら、次へ をクリックします。 10. 完 了 をクリックして、コンピュータを再起動します。 ソフトウェアおよびハードウェアの非互換性の解決 オペレーティングシステムのセットアップ中にデバイスが検知されないか、検知されても間違って設定されている場合は、ハードウェアに関するトラブルシューティングを使って非互換性の問題を解決します。
    • p. 23/96
      最 後のシステムの復 元の取り消し 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、す べ て の プ ロ グ ラ ム®ア ク セ サ リ® シ ス テ ム ツ ー ル とポイントしてから シ ス テ ム の復 元 をクリックします。 2. 以 前の復 元を取り消す を選択して、次へ をクリックします。 3. 次へ をクリックします。 シ ス テ ム の復 元 画面が表示され、コンピュータが再起動します。 4. コンピュータが再起動したら、OK クリックします。 システムの復 元の有効化 200 MB より空容量が少ないハードディスクにWindows
    • p. 24/96
      4. DELL™ ロゴが表示されたら、すぐに <F12> を押します。 オペレーティングシステムのロゴが表示された場合、Windows のデスクトップが表示されるのを待ってから、コンピュータをシャットダウンして、再度試みます。 5. 画面の指示に従ってインストールを完了します。 目次に戻る
    • p. 25/96
      目次に戻る 情報の検索方法 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド メ モ: 一部の機能やメディアはオプションなので、出荷時にコンピュータに搭載されていない場合があります。特定の国では使用できない機能やメディアもあります。 メ モ: 追加の情報がコンピュータに同梱されている場合もあります。 何を お探し で す か? こ ち ら を ご覧ください l コンピュータの Diagnostics(診断)プログラム l コンピュータのドライバ l デバイスのマニュアル l ノートブックシステムソフトウェア(
    • p. 26/96
      1. ス タ ー ト ボタンをクリックして ヘルプとサポート をクリックします。 2. ユーザーズガイドおよびシステムガイド をクリックし、シ ス テ ム ガ イ ド をクリックします。 3. お使いのコンピュータのユーザーズガイドをクリックします。 l サービスタグおよびエクスプレスサービスコード l Microsoft Windows ライセンスラベル サービスタグおよび Microsoft® Windows® ライセンス これらのラベルはお使いのコンピュータの底面に貼られています。 l サービスタグは、
    • p. 27/96
      目次に戻る メ モ: 注文されたオペレーティングシステムによって、CD の色が違います。
    • p. 28/96
      目次に戻る 用語集 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド この用語集に収録されている用語は、情報の目的として提供されています。お使いのコンピュータに搭載されている機能についての記載がない場合もあります。 A AC — alternating current(交流)— コンピュータの AC アダプタ電源ケーブルコンセントに差し込むと流れる電流の様式です。 ACPI — advanced configuration and power interface — Microsoft® Windows®
    • p. 29/96
      です。 DRAM — dynamic random-access memory — コンデンサを含む集積回路内に情報を保存するメモリです。 DSL — Digital Subscriber Line(デジタル加入者回線)— アナログ電話回線を介して、安定した高速インターネット接続を提供するテクノロジです。 DVD-R — DVD recordable — 書き込み可能な DVD です。DVD-R にはデータを一度だけ記録できます。一度記録したデータは消去したり、上書きしたりすることはできません。 DVD+RW
    • p. 30/96
      IC — integrated circuit(集積回路)— コンピュータ、オーディオ、およびビデオ装置用に製造された、何百万もの極小電子コンポーネントが搭載されている半導体基板またはチップです。 IDE — integrated device electronics — ハードドライブまたは CD ドライブにコントローラが内蔵されている大容量ストレージデバイス用のインタフェースです。 IEEE 1394 — Institute of Electrical and Electronics Engineers,
    • p. 31/96
      PCI Express — プロセッサとそれに取り付けられたデバイスとのデータ転送速度を向上させる、PCI インタフェースの修正版です。PCI Express は、250 MB/sec ~ 4 GB/sec の速度でデータを転送できます。PCI Express チップセットおよびデバイスが異なる速度で使用できる場合は、動作速度が遅くなります。 PCMCIA — Personal Computer Memory Card International Association — PC カードの規格を協議する国際的組織です。
    • p. 32/96
      U UMA — unified memory allocation(統合メモリ振り分け)— ビデオに動的に振り分けられるシステムメモリです。 UPS — uninterruptible power supply(無停電電源装置)— 電気的な障害が起きた場合や、電圧レベルが低下した場合に使用されるバックアップ電源です。UPS を設置すると、電源が切れた場合でも限られた時間コンピュータは動作することができます。通常、UPS システムは、過電流を抑え電圧を調整します。小型の UPS システムで数分間電力を供給するので、コンピュータをシャットダウンすることが可能です。
    • p. 33/96
      か カ ー ソ ル — キーボード、タッチパッド、またはマウスが次にどこで動作するかを示すディスプレイや画面上の目印です。通常は点滅する棒線かアンダーライン、または小さな矢印で表示されます。 解 像 度 — プリンタに印刷される、またはモニターに表示される画像がどのくらい鮮明かという度合いです。解像度を高い数値に設定しているほど鮮明です。 書き込み保 護 — ファイルやメディアに、データの内容を変更不可に設定することです。書き込み保護を設定しデータを変更または破壊されることのないように保護します。3.5
    • p. 34/96
      ードなどのようなユーザーが選択可能なオプションの設定ができます。設定がコンピュータにどのような影響を与えるのか理解できていない場合は、このプログラムの設定を変更しないでください。 た 通 知 領 域 Windows のタスクバーにあり、プログラムや、時計、音量調節、プリンタの状態といったコンピュータの機能にすばやくアクセスするためのアイコンを含んでいます。システムトレイとも呼ばれます。 テ キ ス ト エ デ ィ タ — たとえば、Windows のメモ帳など、テキストファイルを作成、および編集するためのアプリケーションプログラムです。テキストエディタには通常、ワードラップやフォーマット(アンダーラインのオプションやフォントの変換など)の機能はありません。
    • p. 35/96
      フ ォ ル ダ — ディスクやドライブ上のファイルを整頓したりグループ化したりする入れ物です。フォルダ中のファイルは、名前や日付やサイズなどの順番で表示できます。 プラグアンドプレイ — コンピュータがデバイスを自動的に設定できる機能。BIOS、オペレーティングシステム、およびすべてのデバイスがプラグアンドプレイ対応の場合、プラグアンドプレイは、自動インストール、設定、既存のハードウェアとの互換性を提供します。 プ ロ セ ッ サ — コンピュータ内部で中心的に演算を行うコンピュータチップです。プロセッサは、CPU(中央演算処理装置)とも呼ばれます。
    • p. 36/96
      目次に戻る 困ったときは Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド サポートを受けるには ご注文に関する問題 製品情報 保証期間中の修理と返品について お問い合わせになる前に デルへのお問い合わせ サポートを受けるには 1. 「 トラブルシューティング 」の手順を完了します。 2. Dell Diagnostics(診断)プログラム を実行します。 3. Diagnostics(診断)チェックリスト を印刷して、それに記入します。 4. インストールとトラブルシューティングの手順については、デルサポート(support.jp.dell.com)から、広範囲をカバーするオンラインサービスを利用してください。
    • p. 37/96
      サポートサービス デルのサポートサービスは年中無休で、デルのハードウェアに関するお客様のご質問にお答えします。サポートスタッフはコンピュータによる診断を使用して、正確な回答を迅速に提供します。 デルのサポートにお問い合わせになる場合、まず「 サポートを受けるには 」を参照してから、「 デルへのお問い合わせ 」に記載されているお住まいの地域の番号にご連絡ください。 ご注文に関する問題 欠品、誤った部品、間違った請求書などの注文に関する問題があれば、デルカスタマーケアにご連絡ください。お電話の際は、納品書または出荷伝票をご用意ください。
    • p. 38/96
      デルへお問い合わせになる場合、次の表の E-メールアドレス、電話番号、およびコードをご利用ください。国際電話のかけ方については、国内または国際電話会社にお問い合わせください。 目次に戻る 国( 都 市 ) 国際 電 話ア ク セ ス コ ー ド 国番号 市 外 局 番 部 署 名ま た は サ ー ビ ス地 域 、 ウェブサイトおよび E-メールアドレス 市内番号 フ リ ー ダ イ ヤ ル 日 本 ( 川 崎 ) 国際電話アクセスコード: 001 国番号: 81 市外局番: 44 Web サイト: support.jp.dell.com
    • p. 39/96
      目次に戻る キーボードの使い方 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド テンキーパッド キーの組み合わせ タッチパッド トラックスティックキャップの取り替え テンキーパッド テンキーパッドは、外付けキーボードのテンキーパッドの機能と同じように使用できます。キーパッドの各キーには、複数の機能があります。キーパッドの数字と記号文字は、キーパッドキーの右側に青色で記されています。数字または記号を入力するには、<Fn> を押したまま、ご希望のキーを押します。 l キーパッドを有効にするには、
    • p. 40/96
      電 力の管 理 Microsoft® Windows ® ロゴキー関連 文字の表示間隔など、キーボードの動作を調整するには、コントロールパネルを開いて プリンタとその他のハードウェア をクリックし、キ ー ボ ー ド をクリックします。コントロールパネルについては、Windows ヘルプとサポートセンターを参照してください。ヘルプとサポートセンターにアクセスするには、「 Windows ヘルプとサポートセンター 」を参照してください。 タッチパッド タッチパッドは、指の圧力と動きを検知して画面のカーソルを動かします。マウスの機能と同じように、タッチパッドとタッチパッドボタンを使うことができます。
    • p. 41/96
      l ポインタ タブをクリックして、タッチパッドおよびトラックスティックの設定を調節します。 3. OK をクリックして設定を保存し、ウィンドウを閉じます。 トラックスティックキャップの取り替え トラックスティックキャップが長期の使用で磨耗した場合またはキャップを違う色にしたい場合、取り替えることができます。 1. トラックスティックからキャップを取り外します。 2. 新しいキャップを四角いトラックスティック軸に合わせ、慎重に軸にかぶせます。 3. トラックスティックを動かして、キャップが正しく装着されているか確認します。
    • p. 42/96
      目次に戻る マルチメディアの使い方 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド CD または DVD の再生 ボリュームの調整 画像の調整 CD または DVD の再生 1. ドライブの前面にある取り出しボタンを押します。 2. トレイを引き出します。 3. トレイの中央にラベルのある方を上にしてディスクを置き、ディスクをスピンドルにきちんとはめ込みます。 4. トレイをドライブに押し戻します。 データ保存のための CD フォーマット、ミュージック CD の作成、CD のコピーについては、コンピュータに付属の
    • p. 43/96
      ボリュームコントロールボタン コンピュータのボリュームコントロールボタンを使用して、音量を調節できます。「 ボリュームコントロールボタン 」を参照してください。 音量調節キー 次のキーを押すと、音量を調節できます。 l 音量を上げるには、 <Fn><PageUp> を押します。 l 音量を下げるには、 <Fn><PageDn> を押します。 l 音量をミュートするには、 <Fn><End> を押します。 画像の調整 現在設定している解像度と色数はメモリの使用量が多すぎて
    • p. 44/96
      目次に戻る 部品の増設および交換 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド 作業を開始する前に 本章では、コンピュータのコンポーネントの取り付けおよび取り外しの手順について説明します。特に指示がない限り、それぞれの手順では以下の条件を満たしていることを前提とします。 l 「 コンピュータの電源を切る 」および「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順をすでに終えていること。 l Dell™ の『製品情報ガイド』の安全に関する情報をすでに読んでいること。 l コンポーネントを交換するか、または別途購入している場合は、取り外し手順と逆の順番で取り付けができること。
    • p. 45/96
      3. コンピュータがドッキングデバイスに接続されている場合、ドッキングを解除します。ドッキングデバイスの手順については、付属のマニュアルを参照してください。 4. 電話ケーブルとネットワークケーブルをすべてコンピュータから外します。 5. ディスプレイを閉じ、平らな作業台の上にコンピュータを裏返します。 6. 取り付けられているすべてのモジュール(セカンドバッテリーも含む)を取り外します(「 メディアベイ 」を参照)。 7. コンピュータ、および取り付けられているすべてのデバイスをコンセントから外します。
    • p. 46/96
      1. 「 作業を開始する前に 」にある安全手順に従います。 2. コンピュータの表面を上にして、開きます。 3. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 4. キーボードの上部にある 3 本のネジを外します。 5. キーボードを上向きに 90 度回してパームレストの上に置き、キーボードコネクタにアクセスできるようにします。 6. キーボードケーブルが、キーボードコネクタ横のキーボードロックアームに入っている場合は、ロックアームを慎重に上方向にまわしてケーブルが見えるようにします。 注
    • p. 47/96
      7. プルタブを引き上げて、キーボードケーブルコネクタをシステム基板のキーボードコネクタから外します。 Bluetooth® ワイヤレステクノロジ内蔵カード Bluetooth ワイヤレステクノロジ内蔵カードを購入された場合は、お使いのコンピュータにすでに取り付けられています。 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. カードケーブルを経路指定ガイドから慎重に取り外します。 4. 一方の手でカードケーブルを持ちながら、もう一方の手でプラスチックスクライブを使って、金属製タブの下からカードを慎重に引き出します。
    • p. 48/96
      1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 4. バッテリーコネクタをシステム基板のコネクタから外します。 5. プラスチックを破損しないよう注意しながら、透明シートの隅をバッテリーの上に少し持ち上げます。 6. 透明シートを持ち上げたまま、バッテリーを実装部から引き出します。 メモリ システム基板にメモリモジュールを取り付けると、コンピュータのメモリ容量を増やすことができます。お使いのコンピュータに対応するメモリの情報については、「
    • p. 49/96
      4. メモリモジュールを交換する場合には、身体の静電気を除去してから既存のモジュールを取り外します。 a. メモリモジュールコネクタの両端にある固定クリップを、モジュールが持ち上がるまで指先で慎重に広げます。 b. モジュールをコネクタから取り外します。 5. 身体の静電気を除去してから、新しいメモリモジュールを取り付けます。 a. モジュールコネクタの切り込みをコネクタスロットに合わせます。 b. モジュールを 45 度の角度でスロットに合わせてしっかりと押し込み、カチッと所定の位置に収まるまでモジュールを押し下げます。カチッという感触が得られない場合、モジュールを取
    • p. 50/96
      3. メモリモジュールを交換する場合には、身体の静電気を除去してから既存のモジュールを取り外します。 a. メモリモジュールコネクタの両端にある固定クリップを、モジュールが持ち上がるまで指先で慎重に広げます。 b. モジュールをコネクタから取り外します。 4. 身体の静電気を除去してから、新しいメモリモジュールを取り付けます。 a. モジュールエッジコネクタの切り込みをコネクタスロットに合わせます。 b. モジュールを 45 度の角度でスロットに合わせてしっかりと押し込み、カチッと所定の位置に収まるまでモジュールを押し下げます。カチッという感触が得られない場合、モジュールを取
    • p. 51/96
      7. コンピュータの電源を入れます。 コンピュータは起動時に、増設されたメモリを検出してシステム構成情報を自動的に更新します。 コンピュータに取り付けられたメモリ容量を確認するには、ス タ ー ト® ヘルプとサポート をクリックして、コンピュータの情 報 をクリックします。 8. メモリモジュールカバーを取り付けます。 ワイヤレス LAN(WLAN)カード コンピュータと一緒にワイヤレス LAN カードを注文された場合、カードはすでに取り付けられています。 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。
    • p. 52/96
      5. ワイヤレス LAN カードを取り付けるには、次の手順を実行します。 a. 邪魔になるアンテナケーブルを移動し、ワイヤレス LAN カードの場所を確保します。 b. ワイヤレス LAN カードを 45 度の角度でコネクタに合わせ、カチッという感触があるまでカードをコネクタに押し込みます。 c. アンテナケーブルをワイヤレス LAN カードに接続します。ケーブルが正しく配線されていることを確認してください。 モバイルブロードバンドカード お使いのコンピュータと一緒にモバイルブロードバンドカードを注文された場合は、カードはすでに取り付けられています。
    • p. 53/96
      2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 4. モバイルブロードバンドカードがまだ取り付けられていない場合は、手順 5 に進みます。モバイルブロードバンドカードを交換する場合は、既存のカードを取り外します。 a. モバイルブロードバンドカードに取り付けられているすべてのケーブルを外します。 b. カードが少し持ち上がるまで、指先で慎重に金属製固定タブを広げます。 c. モバイルブロードバンドカードをスライドさせて、コネクタから取り外します。
    • p. 54/96
      c. 白いアンテナケーブルは、白色の三角マークのあるカードのコネクタに接続し、黒いアンテナケーブルは、黒色の三角マークのあるカードのコネクタに接続してください。 加入者識別モジュール( SIM)カード 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. バッテリーを取り外します(「 バッテリーの交換 」を参照)。 3. 角が切り取られている方をカードスロットから遠ざけて持ち、SIM カードをスロットに差し込み、両側面の金属製タブの下にスライドさせます。 ハードドライブ 1 モバイルブロードバンドカード
    • p. 55/96
      ハードドライブベイのハードドライブを交換するには、次の手順を実行します。 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. コンピュータを裏返し、ハードドライブの 2 本のネジを外します。 3. ハードドライブをコンピュータから引き出します。 4. 新しいドライブを梱包から取り出します。 ハードドライブを保管するためや配送のために、梱包を保管しておいてください。 5. ハードドライブが完全にベイに収まるまでスライドします。 6. 2 本のネジを元に戻して締めます。 7. 『オペレーティングシステム
    • p. 56/96
      3. デバイスリリースラッチを押します。 4. デバイスをメディアべイから取り出します。 デバイスを取り付けるには、新しいデバイスをカチッという感触があるまでベイに押し込みます。 目次に戻る
    • p. 57/96
      目次に戻る Dell™ QuickSet の機能 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド Dell™ QuickSet を使用すると、以下の設定タイプに簡単にアクセスして設定または表示することができます。 l ネットワーク接続性 l 電力の管理 l ディスプレイ l システム情報 Dell™ QuickSet で実行する内容に応じて、 Microsoft® Windows® タスクバーにある QuickSet アイコンをクリック、ダブルクリック、または右クリックして、QuickSet
    • p. 58/96
      目次に戻る コンピュータのセキュリティ保護 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド セキュリティケーブルロック スマートカードの使い方 パスワード Trusted Platform Module (TPM) セキュリティ管理ソフトウェア コンピュータ追跡ソフトウェア コンピュータを紛失したり盗難に遭った場合 セキュリティケーブルロック セキュリティケーブルロックは市販の盗難防止用品です。セキュリティケーブルロックは、お使いの Dell™ コンピュータのセキュリティケーブルスロットに取り付けて使用します。詳細に関しては、盗難防止用品に付属のマニュアルを参照してください。
    • p. 59/96
      2. スマートカードがコネクタに完全に装着されるまで、カードをスマートカードスロットに差し込みます。スマートカードはスロットから約 1.5 cm 突き出ます。スマートカードスロットは、PC カードスロットの下にあります。 カードがきちんと入らないときは、無理にカードを押し込まないでください。カードの向きが合っているかを確認して再度試してみてください。 パスワード パスワードについて プライマリ(またはシステム)パスワード、システム管理者パスワード、およびハードドライブパスワードはすべて、異なる方法によりコンピュータへの不正アクセスを防止します。以下の表に、お使いのコンピュータで利用可能なパスワードの種類と機能について示します。
    • p. 60/96
      パスワードを忘れてしまった場合は、デルにお問い合わせください(「 デルへのお問い合わせ 」を参照)。その際、使用を許可されていないユーザーによる不正使用を防ぐため、デルのテクニカルサポート 担当者はお客様がコンピュータの所有者であるかどうかを確認します。 プライマリ(またはシステム)パスワードの使い方 プライマリパスワードは、使用を許可されていないユーザーのアクセスからコンピュータを保護するために使用します。 コンピュータを初めてスタートさせた際、プロンプトでプライマリパスワードを割り当てる必要があります。
    • p. 61/96
      TPM 機 能の有効化 1. TPM ソフトウェアを有効にするには、次の手順を実行します。 a. コンピュータを再スタートし、 Power On Self Test(POST)の間に <F2> を押してセットアップユーティリティに入ります。 b. Security® TPM Security を選択し、<Enter> を押します。 c. TPM Security の下で On を選択します。 d. <Esc> を押して、セットアッププログラムを終了します。 e. プロンプトが表示されたら、
    • p. 62/96
      コンピュータを紛失したり盗難に遭った場合 l 警察等の公的機関に、コンピュータの紛失または盗難を届け出ます。コンピュータの説明をする際に、サービスタグをお知らせください。届け出番号などをもらったら控えておきます。できれば、応対した担当者の名前も尋ねておきます。 l コンピュータが会社所有の場合は、会社の担当部署へ連絡します。 l デルカスタマーサービスに、コンピュータの紛失を届け出ます。コンピュータのサービスタグ、警察への届け出番号、コンピュータの紛失を届け出た警察の名称、住所、電話番号をお知らせください。できれば、担当者名もお知らせください。
    • p. 63/96
      目次に戻る セットアップユーティリティ Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド 概要 セットアップユーティリティ画面の表示 セットアップユーティリティ画面 通常使用する設定 概要 セットアップユーティリティは以下のような場合に使用します。 l コンピュータのパスワードなどの選択可能な機能を設定または変更する場合 l システムのメモリ容量など現在の設定情報を確認する場合 コンピュータをセットアップしたら、セットアップユーティリティを起動して、システム設定情報とオプション設定を確認します。後で参照できるように、画面の情報を控えておいてください。
    • p. 64/96
      l Diskette Drive l Modular bay HDD l Internal HDD l CD/DVD/CD-RW drive 起動ルーチン中に、コンピュータは有効なデバイスをリストの先頭からスキャンし、オペレーティングシステムのスタートアップファイルを検索します。コンピュータがファイルを検出すると、検索を終了してオペレーティングシステムを起動します。 起動デバイスを制御するには、上矢印キーまたは下矢印キーを押してデバイスを選び(ハイライト表示し)ます。これでデバイスを有効または無効にしたり、一覧の順序を変更したりできます。
    • p. 65/96
      目次に戻る 仕様 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド プ ロ セ ッ サ プロセッサタイプ Intel® Core™ Solo および Intel Core Duo プロセッサ L1 キャッシュ 64 KB (内蔵) L2 キャッシュ 2 MB (ダイ) 外付けバスの周波数 667 MHz シ ス テ ム情 報 システムチップセット モバイル Intel 945GM Express または 945PM データバス幅 64 ビット DRAM バス幅 64 ビット プロセッサアドレスバス幅
    • p. 66/96
      ビデオ 15 ピンコネクタ(メス) オーディオ マイクミニコネクタ、ステレオヘッドフォン / スピーカーミニコネクタ USB 4 ピン USB 2.0 対応コネクタ X 4 赤外線センサー IrDA Standard 1.1(Fast IR)および IrDA Standard 1.0(Slow IR)センサー モデム RJ-11 サポート ネットワークアダプタ RJ-45 ポート D-Dock 標準 D-Dock コネクタ(D-Dock 拡張ポートレプリケータおよび拡張ステーションなどのデバイス用) D
    • p. 67/96
      オーディオコントローラ SigmaTel STAC9200 ステレオ変換 24 ビット(ステレオ DA 変換) 24 ビット(ステレオ AD 変換) インタフェース: 内蔵 PCI バス / HDA(ハイ・デフィニッション・オーディオ) 外付け マイクミニコネクタ、ステレオヘッドフォン / スピーカーミニコネクタ スピーカー 4 Ω スピーカー 内蔵スピーカーアンプ 1 チャネル につき 2 W(4 Ω) ボリュームコントロール ショートカットキーまたはプログラムメニュー デ ィ ス プ レ イ タイプ(アクティブマトリックス
    • p. 68/96
      X/Y 位置解像度(グラフィックステーブルモード) 250 カウント / 秒 @ 100 gf サイズ キーボードより 0.5 mm 高い バ ッ テ リ ー タイプ: 9 セルリチウムイオンバッテリー メ モ: 9 セルバッテリーに Auto/Air アダプタは使用できません。 85 WHr 6 セルリチウムイオンバッテリー 56 WHr 4 セルリチウムイオンバッテリー 35 WHr 寸法:185.22 4 セルおよび 6 セルリチウムイオンバッテリー 長さ 66.6 mm 縦幅 19.2 mm 横幅
    • p. 69/96
      目次に戻る 重量(ケーブルを除く) 0.36 kg(65 W) 0.46 kg(90 W) 温度範囲: 動作時 0~35 ℃(両方) 保管時 – 40 ℃~65 ℃(両方) サ イ ズ と重 量 縦幅 32 mm 横幅 337 mm 長さ 238 mm 重量: トラベルモジュール搭載 1.98 kg(4 セル) CD ドライブ搭載 2.27 kg(6 セル) 環 境 温度範囲: 動作時 0~35 ℃ 保管時 – 40~65 ℃ 相対湿度(最大): 動作時 10~90 %(結露しないこと) 保管時 5~95
    • p. 70/96
      目次に戻る Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド お使いのコンピュータに含まれるその他のマニュアルに関しては、「 情報の検索方法 」を参照してください。 略語の一覧表は、「 用語集 」を参照してください。 Dell™ n シリーズコンピュータをご購入いただいた場合、このマニュアルの Microsoft® Windows® オペレーティングシステムについての説明は適用されません。 こ の文 書の 情 報は 、 事 前の 通 知な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 ©
    • p. 71/96
      目次に戻る ノートブックコンピュータを携帯するときは Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド コンピュータの所有者の証明 コンピュータの梱包 携帯中のヒントとアドバイス コンピュータの所有者の証明 l コンピュータにネームタグまたはビジネスカードを取り付けます。 l サービスタグをメモして、コンピュータやキャリングケースとは別の安全な場所に保管します。コンピュータを紛失したり盗難に遭ったりした場合、警察等の公的機関およびデルに連絡する際に、このサービスタグをお知らせください。 l Microsoft®
    • p. 72/96
      l 飛行機に搭乗する前に、コンピュータの使用が許可されていることを確認してください。航空会社によっては、飛行中の電子機器の使用を禁止している場合があります。すべての航空会社が離着陸の際の使用を禁止しています。 目次に戻る
    • p. 73/96
      目次に戻る トラブルシューティング Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド Dell テクニカル Update Service Dell テクニカル Update Service は、お使いのソフトウェアおよびハードウェアのアップデートについて、E-メールで事前に通知するサービスです。このサービスは無料で提供され、コンテンツ、フォーマット、通知を受け取る頻度をカスタマイズすることができます。 Dell テクニカル Update Service へのご登録は、support.dell.com/technicalupdate(英語)にアクセスしてください。
    • p. 74/96
      l このアセスメント中に、表示される質問に答えます。 l 問題が検出された場合、コンピュータはビープ音を出して停止します。評価を停止してコンピュータを再起動するには、 <Esc> を押します。次のテストを続けるには、<y> を押します。 障害のあるコンポーネントを再テストするには <r> を押します。 l 起動前システムアセスメントで、問題が検出された場合は、そのエラーコードを書き留め、デルまでお問い合わせください(「 デルへのお問い合わせ 」を参照)。 起動前システムアセスメントが無事に終了した場合、
    • p. 75/96
      4. 『Drivers and Utilities CD』から Dell Diagnostics(診断)プログラムを実行している場合、テストが終了したら CD を取り出します。 5. テストが完了したら、画面を閉じて Main Menu 画面に戻ります。 Dell Diagnostics(診断)プログラムを終了しコンピュータを再起動するには、Main Menu 画面を閉じます。 デルサポートユーティリティ デルサポートユーティリティは、お使いのコンピュータにインストールされており、タスクバーのデルサポートアイコンまたは
    • p. 76/96
      l 別のフロッピーディスク、 CD、または DVD を挿入して、元のフロッピーディスク、CD、または DVD に問題がないか確認します。 l 起動ディスクを挿入して、コンピュータを再起動します。 ドライブまたはディスクをクリーニングします — 「 コンピュータのクリーニング 」を参照してください。 CD ドライブトレイのスピンドルに CD がきちんとはまっていることを確 認し ま す ケ ー ブ ル の接続を チ ェ ッ ク し ま す ハードウェアの互 換 性を チ ェ ッ ク し ま す — 「 ソフトウェアおよびハードウェアの非互換性の解決
    • p. 77/96
      2. ロ ー カ ル デ ィ ス ク C: を右クリックします。 3. プ ロ パ テ ィ をクリックします。 4. ツ ー ル タブをクリックします。 5. エ ラ ー チ ェ ッ ク で、チ ェ ッ ク す る をクリックします。 6. 不 良なセクタをスキャンし、 回 復す る をクリックします。 7. 開 始 をクリックします。 E-メール、モデム、およびインターネットの問題 Microsoft Outlook® Express の セ キ ュ リ テ ィ設 定を確 認し ま す — E-メールの添付ファイルが開けない場合、次の手順を実行します。
    • p. 78/96
      エラーメッセージ 以下を確認しながら Diagnostics(診断)チェックリスト(「 Diagnostics(診断)チェックリスト 」を参照)に必要事項を記入します。 メッセージが一覧にない場合、オペレーティングシステムまたはメッセージが表示された際に実行していたプログラムのマニュアルを参照してください。 補 助デ バ イ ス エ ラ ー — タッチパッド、トラックスティック、または外付けマウスに問題がある可能性があります。外付けマウスを使用している場合、ケーブル接続を確認します。セットアップユーティリテ
    • p. 79/96
      ハ ー ド デ ィ ス ク ド ラ イ ブ エ ラ ー — ハードドライブがコンピュータからのコマンドに応答しません。コンピュータをシャットダウンし、ハードドライブを取り外し(「 ハードドライブ 」を参照)、コンピュータを CD から起動します。次に、コンピュータをシャットダウンし、ハードドライブを再度取り付けて、コンピュータを再起動します。問題が解決しない場合、別のドライブを取り付けます。Dell Diagnostics(診断)プログラムの Hard-Disk Drive テストを実行します(「 Dell
    • p. 80/96
      タ イ マ ー チ ッ ク割り込み信号が あ り ま せ ん — システム基板上のチップが誤動作している可能性があります。Dell Diagnostics(診断)プログラムの System Set テストを実行します(「 Dell Diagnostics(診断)プログラム 」を参照)。 メ モ リ ま た は リ ソ ー ス が不 足し て い ま す。プログラムをいくつか終 了し、やりなおしてください — 開いているプログラムの数が多すぎます。すべてのウィンドウを閉じ、使用するプログラムのみを 開きます。
    • p. 81/96
      キーボードの問題 さまざまなチェックを実行しながら Diagnostics(診断)チェックリストに記入します(「 Diagnostics(診断)チェックリスト 」を参照)。 外 付けキーボードの問 題 キ ー ボ ー ド ケ ー ブ ル を確 認し ま す — コンピュータをシャットダウンします。キーボードケーブルを取り外し、損傷していないか確認して、ケーブルをしっかりと接続しなおします。 キーボード延長ケーブルを使用している場合、延長ケーブルを外してキーボードを直接コンピュータに接続します。 外 付けキーボードを確
    • p. 82/96
      AC アダプタがコンピュータとコンセントにしっかりと接続されているか確 認し ま す コンピュータの反応が停 止し た場 合 コ ン ピ ュ ー タ の電 源を切り ま す — キーボードのキーを押したり、マウスを動かしてもコンピュータが応答しない場合、コンピュータの電源が切れるまで、電源ボタンを 8~10 秒以上押し続けます。次 に、コンピュータを再起動します。 プログラムが応答しなくなった場 合 プログラムが繰り返しクラッシュする場 合 プ ロ グ ラ ム を終 了し ま す — 1. <Ctrl><Shift><Del>
    • p. 83/96
      ビ デ オ の品 質に問 題が あ り ま す — Use Hardware Acceleration(ハードウェア加速を使用する)オプションをオフにします。この機能は、DVD や特定タイプのビデオファイルを再生するとき に、一部のグラフィックスカードの特別な処理を利用して、プロセッサ要件を軽減します。 再 生で き な い メ デ ィ ア フ ァ イ ル が あ り ま す — Dell MediaDirect では、Windows XP オペレーティングシステム環境外のメディアファイルへのアクセスが可能であるため、ライセンス付きコンテン
    • p. 84/96
      以下を確認しながら、 Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入してください。 一般的注意事項 ネットワークケーブルコネクタを確 認し ま す — ネットワークケーブルが、コンピュータ背面のネットワークコネクタとネットワークジャックの両方にしっかりと挿入されているか確認します。 ネットワークコネクタにあるネットワークライトを確 認し ま す — インジケータが点灯しない場合、ネットワークと通信していないことを示しています。ネットワークケーブルを取り替えます。 コンピュータを再 起 動し
    • p. 85/96
      します。 デ ル か ら購 入したカードに問 題がある場 合 — デルにお問い合わせください(「 デルへのお問い合わせ 」を参照)。 デ ル以 外か ら購 入したカードに問 題がある場 合 — PC カードの製造元にお問い合わせください。 電源の問題 以下を確認しながら Diagnostics(診断)チェックリスト(「 Diagnostics(診断)チェックリスト 」を参照)に必要事項を記入します。 電 源ラ イ ト を確 認し ま す — 電源ライトが点灯または点滅している場合は、コンピュータの電源が入っています。電源ライトが点滅している場合、コンピュータはスタンバイモードに入っています。電源ボ
    • p. 86/96
      ドッキング電 力の考 慮 コンピュータが Dell D/Dock ドッキングデバイスに接続されている場合、電力の消費が増加するために、バッテリーのみでの通常のコンピュータの動作はできません。コンピュータが Dell D/Dock ドッキングデバイスに接続されている場合は、AC アダプタがコンピュータに接続されているか確認します。 コンピュータの電 源が入っている状態でのドッキング コンピュータが動作中に Dell D/Dock ドッキングデバイスまたは Dell D/Port ドッキングデバイスに接続されている場合、AC
    • p. 87/96
      コンピュータを再 起 動し て、も う一 度ス キ ャ ン し て み ま す ケ ー ブ ル の接続を チ ェ ッ ク し ま す — l ケーブル接続の詳細に関しては、スキャナーのマニュアルを参照してください。 l スキャナーのケーブルがスキャナーとコンピュータにしっかりと接続されているか確認します。 Microsoft Windows が ス キ ャ ナ ー を認 識しているか確 認し ま す — 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、コントロールパネル をクリックして、プリンタとその他のハードウェア
    • p. 88/96
      ヘッドフォンから音が出な い場 合 ヘッドフォンケーブルの接続を確 認し ま す — ヘッドフォンケーブルがヘッドフォンコネクタにしっかりと接続されているか確認します。 Windows の音 量を調 整し ま す — 画面の右下角のスピーカーアイコンをクリックまたはダブルクリックします。音量が上げてあること、ミュートが選択されていないことを確認します。 タッチパッドまたはマウスの問題 タッチパッドの設 定を確 認し ま す — 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、コントロールパネル をクリックして、プリンタとその他のハードウェア
    • p. 89/96
      バ ッ テ リ ー を確 認し ま す — コンピュータをバッテリーで動作している場合は、バッテリー充電残量が消耗されています。AC アダプタを使ってコンピュータをコンセントに接続して、コンピュータの電源を 入れます。 コンセントを確 認し ま す — 電気スタンドなどの電化製品でコンセントに問題がないか確認します。 AC ア ダ プ タ を確 認し ま す — AC アダプタケーブルの接続を確認します。AC アダプタにライトがある場合、ライトが点灯しているか確認します。 コンピュータを直 接コンセントに接続し
    • p. 90/96
      目次に戻る
    • p. 91/96
      目次に戻る ネットワークの使い方 Dell™ Latitude™ D620 ユーザーズガイド ネットワークまたはブロードバンドモデムへの物理的接続 ネットワークセットアップウィザード ワイヤレス LAN(ローカルエリアネットワーク) モバイルブロードバンドネットワーク Dell QuickSet ロケーションプロファイラを使用したネットワーク設定の管理 Dell™ Wi -Fi Catcher™ ネットワークロケータ インターネット接続ファイアウォール ネットワークまたはブロードバンドモデムへの物理的接続
    • p. 92/96
      ワイヤレス LAN 接続の設定に必要なもの ワイヤレス LAN をセットアップする前に、次のものが必要です。 l 高速(ブロードバンド)インターネットアクセス(ケーブルまたは DSL など) l 接続済みで作動中のブロードバンドモデム l ワイヤレスルーターまたはアクセスポイント l ワイヤレスネットワークカード(ワイヤレス LAN に接続する各コンピュータに必要) l ネットワーク( RJ-45)コネクタ付きネットワークケーブル ワイヤレスネットワークカードの確 認 コンピュータの構成は、コンピュータ購入時の選択に応じて異なります。お使いのコンピュータにワイヤレスネットワークカードがあるかどうかを確認し、カードのタイプを調べるには、次のいずれかを使用します。
    • p. 93/96
      6. AC アダプタケーブルをワイヤレスルーターから外し、ルーターに電源が接続されていないことを確認します。 7. ネットワークケーブルを、電源の入っていないブロードバンドモデムのネットワーク(RJ-45)コネクタに接続します。 8. ネットワークケーブルのもう一方の端を、電源の入っていないワイヤレスルーターのインターネットネットワーク(RJ-45)コネクタに接続します。 9. モデムとワイヤレスルーターを接続しているネットワークケーブル以外に、ブロードバンドモデムにネットワークケーブルまたは USB
    • p. 94/96
      3. デ バ イ ス ガ イ ド でお使いのワイヤレスネットワークカードのマニュアルを選択します。 ワイヤレス LAN(ローカルエリアネットワーク)へ の接続の完 了 コンピュータの電源投入時にその地域で(コンピュータに設定のない)ネットワークが検出されると、通知領域(Windows デスクトップの右下隅)にあるネットワークアイコン付近にポップアップが表示されます。 画面に表示されるユーティリティのプロンプトの手順に従ってください。 選択したワイヤレスネットワークをお使いのコンピュータに設定すると、もう一度ポップアップが表示され、コンピュータがそのネットワークに接続されたことが通知されます。
    • p. 95/96
      マイコンピュータの情 報 - ハードウェア 画面に、お使いのコンピュータに取り付けられたモバイルブロードバンドカードのタイプとその他のハードウェアコンポーネントが表示されます。 モバイルブロードバンドネットワークへの接続 Dell モバイルブロードバンドカードユーティリティを使用して、モバイルブロードバンドネットワークを介したインターネットへの接続を設定および管理するには、次の手順を実行します。 1. Windows デスクトップの Dell モバイルブロードバンドカードユーティリティアイコン をクリックして、ユーティリティを起動します。
    • p. 96/96
      インターネット接続ファイアウォール インターネット接続ファイアウォールでは、インターネット接続時に、許可されていないユーザーのコンピュータへのアクセスに対する基本的な保護が提供されます。ファイアウォールはネットワークセットアップウィザードを実行するときに自動的に有効になります。ネットワーク接続にファイアウォールが有効になると、コントロールパネルの ネ ッ ト ワ ー ク接続 に赤い背景のあるファイアウォールアイコンが表示されます。 Microsoft® Windows® XP オペレーティングシステムの詳細に関しては、ヘルプとサポートセンターを参照してください。ヘルプとサポートセンターにアクセスするには、「
  • Dell Latitude D620 [ver. 2] (ページ: 43)

    目次
    • p. 1/43
      Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル モデル PP18L メモ、注意、警告 こ の文 書の 情 報は 、 事 前の 通 知な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 © 2006 す べ て の著 作権 は Dell Inc. に あ り ま す。 Dell Inc. の書面による許可のない複製は、いかなる形態においても厳重に禁じられています。 この文書に使用されている商標について: Dell、DELL のロゴ、および Latitude は、Dell Inc. の商標です。Microsoft
    • p. 2/43
      目次に戻る ベース Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ハードドライブを取り外します(「 ハードドライブ 」を参照)。 3. 取り付けられているメディアベイデバイスをすべて取り外します(「 メディアベイデバイス 」を参照)。 4. メモリモジュールを取り外します(「 メモリ 」を参照)。 5. 取り付けられているワイヤレス通信カードをすべて取り外します(「 通信カード 」を参照)。 6. プロセッササーマル冷却アセンブリを取り外します(「
    • p. 3/43
    • p. 4/43
      目次に戻る 作業を開始する前に Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 奨励するツール コンピュータの電源を切る コンピュータ内部の作業を始める前に コンピュータの向き ネジの識別 本章では、コンピュータのコンポーネントの取り付けおよび取り外しの手順について説明します。特に指示がない限り、それぞれの手順では以下の条件を満たしていることを前提とします。 l 「 コンピュータの電源を切る 」および「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順をすでに終えていること。 l 『製品情報ガイド』の安全に関する情報をすでに読んでいること。
    • p. 5/43
      3. 電話ケーブル、ネットワークケーブル、および USB ケーブルをすべてコンピュータから外します。 4. コンピュータ、および取り付けられているすべてのデバイスをコンセントから外します。 5. コンピュータを裏返します。 6. 次の手順で、バッテリーを取り外します。 a. コンピュータの底面にある 2 つのバッテリーベイリリースラッチを、カチッとはまるまでコンピュータの両側面にスライドさせます。 b. バッテリータブでバッテリーをつかみ、バッテリーをコンピュータの前面に向かって水平にスライドさせます。
    • p. 6/43
      目次に戻る オプティカルドライブ: (各 1) メ モ: このネジはオプションなので、お 使いのコンピュータに取り付けられていない場合があります。 ファンモジュール: (各 4) ディスプレイアセンブリ (コンピュータベースに): (各 4) モデム(システム基板に): (各 2) ディスプレイベゼル: (各 6) ディスプレイパネル: (各 8) パームレストの上部 (コンピュータベースに): (各 3) ベースプラスチック (底面からパームレストに): (各 7) ハードドライブキャリア (ハードドライブに):
    • p. 7/43
      目次に戻る フラッシュ BIOS Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル CD から BIOS をフラッシュする ハードドライブから BIOS をフラッシュする BIOS アップデートプログラム CD が新しいシステム基板に付属している場合、CD から BIOS をフラッシュします。BIOS アップデートプログラム CD がない場合は、ハードドライブから BIOS をフラッシュします。 CD から BIOS をフラッシュする 1. AC アダプタがプラグに差し込まれており、メインバッテリーが適切にインストールされていることを確認します。
    • p. 8/43
      目次に戻る Bluetooth® ワイヤレステクノロジ内蔵カード Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル Bluetooth ワイヤレステクノロジ内蔵カードを購入された場合は、お使いのコンピュータにすでに取り付けられています。 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. Bluetooth ワイヤレステクノロジカード用ケーブルを左方向に慎重に引きます。 4. カードの右端とカードホルダの間に十分な隙間がある場合は、プラスチックスクライブを差し込み、左側にカードを押し付けて金属製クリップから外します。
    • p. 9/43
      目次に戻る コイン型電池 Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 4. コイン型電池のコネクタをシステム基盤のコネクタから外します。 5. プラスチックを破損しないよう注意しながら、プラスチックの透明シートの隅をバッテリーから少し持ち上げます。 6. 透明シートを持ち上げた状態でバッテリーをつかみ、実装部から引き出します。
    • p. 10/43
      目次に戻る プロセッサモジュール Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル プロセッサモジュールの取り外し プロセッサモジュールの取り付け プロセッサモジュールの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. オプティカルドライブを取り外します(「 メディアベイデバイス 」を参照)。 4. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 5. コイン型電池を取り外します(「
    • p. 11/43
      プロセッサモジュールの取り付け 1. プロセッサモジュールの 1 番ピンの角をシステム基板の三角部分に合わせて、プロセッサモジュールを ZIF ソケットに装着します。 プロセッサモジュールが正しく装着されると、すべての 4 つの角が同じ高さになります。モジュールの角が一つでも他の角より高い場合、モジュールは正しく装着されていません。 2. カムネジを時計回りに回して ZIF ソケットを締め、プロセッサモジュールをシステム基板に固定します。 3. サーマル冷却パッドの裏面をはがし、サーマル冷却アセンブリのプロセッサを覆う部分にパッド接着します。
    • p. 12/43
      目次に戻る ディスプレイアセンブリ Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル ディスプレイアセンブリの取り外し ディスプレイベゼルの取り外し ディスプレイパネルの取り外し ディスプレイパネルの取り付け ディスプレイヒンジの取り外し ディスプレイアセンブリの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 4. ディスプレイフィードフレックスケーブルに取り付けてあるプルタブをまっすぐ引き上げて、システム基板からケーブルを外します。
    • p. 13/43
      12. ディスプレイアセンブリをコンピュータベースから持ち上げて外します。 ディスプレイベゼルの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ディスプレイアセンブリを取り外します(「 ディスプレイアセンブリ 」を参照)。 3. プラスチック製スクライブを使用して、6 つの円形ネジカバー / バンパーをベゼル前面にあるネジ穴から取り外します。 4. ベゼルの正面にある 6 本の M2.5 x 5 mm ネジを外します。 5. ベゼルの内側の端から始めます。指先でベゼルを上外側に押し出し、ディスプレイパネルから取り外します。
    • p. 14/43
      ディスプレイパネルの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ディスプレイアセンブリを取り外します(「 ディスプレイアセンブリ 」を参照)。 3. ディスプレイベゼルを取り外します。(「 ディスプレイベゼルの取り外し 」を参照)。 4. ディスプレイパネルの両側面からそれぞれ 4 本の M2 x 3 mm ネジを外します。 5. トップカバーからディスプレイパネルを持ち上げて取り外します。 1 ネジカバー / ディスプレイバンパー(6) 2 M2.5 x 5 mm
    • p. 15/43
      ディスプレイパネルの取り付け 1. トップカバーにディスプレイパネルを固定する 8 本の M2 x 3 mm ネジを取り付けます。 2. ディスプレイフィードフレックスケーブルとアンテナケーブルは、トップカバーの下端にある切り込みに入れて配線します。 3. ディスプレイベゼルを取り付けます。 ディスプレイヒンジの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ディスプレイアセンブリを取り外します(「 ディスプレイアセンブリ 」を参照)。 3. ディスプレイベゼルを取り外します。(「
    • p. 16/43
      目次に戻る ファン Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ハードドライブを取り外します(「 ハードドライブ 」を参照)。 3. 取り付けられているメディアベイデバイスをすべて取り外します(「 メディアベイデバイス 」を参照)。 4. メモリモジュールを取り外します(「 メモリ 」を参照)。 5. 取り付けられているワイヤレス通信カードをすべて取り外します(「 通信カード 」を参照)。 6. プロセッササーマル冷却アセンブリを取り外します(「
    • p. 17/43
      目次に戻る
    • p. 18/43
      目次に戻る ハードドライブ Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル ハードドライブベイのハードドライブを交換するには、次の手順を実行します。 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. コンピュータを裏返し、ハードドライブの 2 本のネジを外します。 3. ハードドライブをコンピュータから引き出します。 4. 新しいドライブを梱包から取り出します。 ハードドライブを保管するためや持ち運ぶために、梱包を保管しておいてください。 5. ハードドライブが完全にベイに収まるまでスライドします。
    • p. 19/43
      目次に戻る ヒンジカバー Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. コンピュータの表側を上にしてディスプレイを約 180 度開き、作業面に対して平らになるようにします。 3. コンピュータの右側から、プラスチック製のスクライブを使ってヒンジカバーをてこのようにして持ち上げます。右側から左側に向かってカバーをコンピュータから持ち上げていき、カバーを取り外します。取り外したカバーは横において置きます。 ヒンジカバーを取り付ける前に、すべてのケーブルが正しく配線されていることを確認してください。ケーブルが適切に配線されていない場合、ケーブルに損傷を与える恐れがあります。
    • p. 20/43
      目次に戻る キーボード Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル キーボードの取り外し キーボードの取り付け キーボードの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. キーボードの上部にある 3 本 のネジを外します。 4. キーボードを持ち上げ、システム基板のキーボードコネクタが見えるまで少し前方へ傾けます。 5. キーボードケーブルコネクタをシステム基板から取り外します。 キーボードの取り付け
    • p. 21/43
      目次に戻る 1 キーボード 2 システム基板コネクタ
    • p. 22/43
      目次に戻る メモリ Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル DIMM A DIMM B コンピュータにユーザーがアクセス可能な SODIMM ソケットが 2 つあります。1 つはキーボードの下からアクセスし(DIMM A)、もう 1 つはコンピュータの底面からアクセスします(DIMM B)。 DIMM A 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。
    • p. 23/43
      5. 身体の静電気を除去してから、新しいメモリモジュールを取り付けます。 a. モジュールコネクタの切り込みをコネクタスロットに合わせます。 b. モジュールを 45 度の角度でスロットに合わせてしっかりと押し込み、カチッと所定の位置に収まるまでモジュールを回転させながら押し下げます。カチッという感触が得られない場合、 モジュールを取り外し、もう一度取り付けます。 DIMM B 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. コンピュータを裏返して、メモリモジュールカバーの拘束ネジを緩め、カバーを取り外します。
    • p. 24/43
      4. 身体の静電気を除去してから、新しいメモリモジュールを取り付けます。 a. モジュールエッジコネクタの切り込みをコネクタスロットのタブに合わせます。 b. モジュールを 45 度の角度でスロットに合わせてしっかりと押し込み、カチッと所定の位置に収まるまでモジュールを回転させながら押し下げます。カチッという感触が得られない場合、 モジュールを取り外し、もう一度取り付けます。 5. メモリモジュールカバーを取り付けます。 6. バッテリーをバッテリーベイに取り付けるか、または AC アダプタをコンピュータおよびコンセントに接続します。
    • p. 25/43
      目次に戻る 通信カード Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル ワイヤレス LAN(WLAN)カード モバイルブロードバンドカード 加入者識別モジュール(SIM)カード ワイヤレス LAN(WLAN)カード コンピュータと一緒にワイヤレス LAN カードを注文された場合、カードはすでに取り付けられています。 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。
    • p. 26/43
      5. ワイヤレス LAN カードを取り付けるには、次の手順を実行します。 a. ワイヤレス LAN カードのスペースを確保するため、アンテナケーブルを邪魔にならない位置に動かします。 b. ワイヤレス LAN カードを 45 度の角度でコネクタに合わせ、カチッという感触があるまでカードをコネクタに押し込みます。 c. アンテナケーブルをワイヤレス LAN カードに接続します。ケーブルが正しく配線されていることを確認してください。 モバイルブロードバンドカード お使いのコンピュータと一緒にモバイルブロードバンドカードを注文された場合は、カードはすでに取り付けられています。
    • p. 27/43
      1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 4. モバイルブロードバンドカードがまだ取り付けられていない場合は、手順 5 に進みます。モバイルブロードバンドカードを交換する場合は、既存のカードを取り外します。 a. モバイルブロードバンドカードに取り付けられているすべてのケーブルを外します。 b. モバイルブロードカードが少し持ち上がるまで、指先で慎重に金属製固定タブを広げます。
    • p. 28/43
      6. アンテナケーブルまたはケーブルをモバイルブロードバンドカードに接続します。各ケーブルが正しく配線されていることを確認してください。 加入者識別モジュール(SIM)カード 1. 「 作業を開始する前に 」の手順を実行します。 2. 角が切り取られている方をカードの実装部から遠ざけて持ち、SIM カードをスロットに差し込み、両側面の金属製タブの下にスライドさせます。 目次に戻る 1 モバイルブロードバンドカード 2 アンテナワイヤ(2) 注 意 : モバイルブロードバンドカードの損傷を防ぐため、ケーブルは絶対にカードの上下に置かないでください。
    • p. 29/43
      目次に戻る モデム Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. オプティカルドライブを取り外します(「 メディアベイデバイス 」を参照)。 4. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 5. コイン型電池を取り外します(「 コイン型電池 」を参照)。 6. ディスプレイアセンブリを取り外します(「 ディスプレイアセンブリ 」を参照)。
    • p. 30/43
      目次に戻る マイク Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. オプティカルドライブを取り外します(「 メディアベイデバイス 」を参照)。 4. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 5. コイン型電池を取り外します(「 コイン型電池 」を参照)。 6. パームレストを取り外します(「 パームレスト 」を参照)。 7. システム基板からマイク基板を外します。
    • p. 31/43
      目次に戻る メディアベイデバイス Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 1. デバイス固定ネジが取り付けられている場合は、コンピュータの底面からこのネジを外します。 2. コンピュータが動作中の場合、タスクバーにある ハードウェアの安 全な取り外し アイコンをダブルクリックし、取り出すデバイスをクリックして 停 止 をクリックします。 3. デバイスリリースラッチを押します。 4. デバイスをメディアべイから引き出します。 デバイスを取り付けるには、新しいデバイスをカチッという感触があるまでベイに押し込みます。
    • p. 32/43
      目次に戻る パームレスト Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. メディアベイに取り付けられているデバイスをすべて取り外します(「 メディアベイデバイス 」を参照)。 4. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 5. ディスプレイアセンブリを取り外します(「 ディスプレイアセンブリ 」を参照)。 6. Bluetooth® ワイヤレステクノロジ内蔵カードを取り外します(「
    • p. 33/43
      13. パームレストを取り外します。 a. パームレストの底面中央から開始します。パームレストの内側を持ち上げ、指を使ってパームレストをベースプラスチックから取り外します。 b. パームレストの背面を取り外したら、パームレストを前方に押し、パームレストの残りの部分をベースの前面から取り外します。 14. タッチパッドコネクタをシステム基板から取り外します。 目次に戻る 注 意 : パームレストの損傷を防ぐために、ベースプラスチックからパームレストを慎重に取り外してください。 1 タッチパッドコネクタ
    • p. 34/43
      目次に戻る PC カードリーダー Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. オプティカルドライブを取り外します(「 メディアベイデバイス 」を参照)。 4. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 5. コイン型電池を取り外します(「 コイン型電池 」を参照)。 6. パームレストを取り外します(「 パームレスト 」を参照)。 7.
    • p. 35/43
      目次に戻る スピーカー Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. オプティカルドライブを取り外します(「 メディアベイデバイス 」を参照)。 4. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。 5. コイン型電池を取り外します(「 コイン型電池 」を参照)。 6. パームレストを取り外します(「 パームレスト 」を参照)。 7. システム基板からスピーカーコネクタを外します。
    • p. 36/43
      目次に戻る システム基板 Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル システム基板の取り外し システム基板の取り付け システム基板の取り外し システム基板の BIOS チップにはサービスタグがあり、コンピュータ底面のバーコードラベルにも記してあります。システム基板用の交換キットには、サービスタグを交換するシステム基板に転送するためのユーティリティを提供する CD が含まれています。 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ヒンジカバーを取り外します(「
    • p. 37/43
      19. コンピュータ背面の 4 本の 5 mm 六角ネジを外します。 20. システム基板を持ち上げて、ベースプラスチックから取り外します。 システム基板の取り付け 1. 「 システム基板の取り外し 」をすべて逆の手順で実行します。 1 M2.5 x 5 mm ネジ(5) メ モ: システム基板を取り付ける際に、ベースのワイヤレススイッチとシステム基板のスイッチの位置が合っていることを確認してください。
    • p. 38/43
      2. バッテリーをバッテリーベイに差し込みます。「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」を参照してください。 3. AC アダプタをコンピュータおよび電源コンセントに接続します。 4. コンピュータの電源を入れます。 5. 交換用のシステム基板に付属の CD を適切なドライブに挿入します。画面に表示される指示に従ってください。 目次に戻る 注 意 : コンピュータの電源を入れる前にすべてのネジを交換し、コンピュータ内部にネジが残っていないかを確認してください。コンピュータ内部にネジが残っていると、コンピュータに損傷を与え
    • p. 39/43
      目次に戻る システム部品 Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル 警 告 : コ ン ピ ュ ー タ シ ス テ ム の修 理は、 資 格を持っているサービス技 術 者の み が行なってください。デ ル が許 可していない修 理による損 傷は、 保 証で き ま せ ん。 注 意 : 特に記載のない限り、このマニュアルのすべての手順において、取り外し手順と逆の順序で部品を取り替えられることを前提としています。 1 ディスプレイラッチ 2 ディスプレイ 3 ヒンジカバー 4 キーボード
    • p. 40/43
      目次に戻る 18 モバイルブロードバンドカード 19 ワイヤレス LAN カード 20 ディスプレイフィードフレックスケーブル 21 アンテナケーブル 22 ディスプレイヒンジ
    • p. 41/43
      目次に戻る プロセッササーマル冷却アセンブリ Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル プロセッササーマル冷却アセンブリの取り外し プロセッササーマル冷却アセンブリの取り付け プロセッササーマル冷却アセンブリの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. ヒンジカバーを取り外します(「 ヒンジカバー 」を参照)。 3. オプティカルドライブを取り外します(「 メディアベイデバイス 」を参照)。 4. キーボードを取り外します(「 キーボード 」を参照)。
    • p. 42/43
      1. プロセッササーマル冷却アセンブリを取り外します(「 プロセッササーマル冷却アセンブリ 」を参照)。 2. サーマル冷却パッドの裏面をはがし、サーマル冷却アセンブリのプロセッサを覆う部分にパッドを接着します。 3. アセンブリをシステム基板の上に置きます。 4. サーマル冷却アセンブリの「1」~「4」とラベルの付いた 4 本の拘束ネジを順番に締めます。 5. パームレストを取り付けます(「 パームレスト 」を参照)。 6. コイン型電池を取り付けます(「 コイン型電池 )」を参照)。 7. キーボードを取り付けます(「
    • p. 43/43
      目次に戻る Dell™ Latitude™ D620 サービスマニュアル こ の文 書の 情 報は 、 事 前の 通 知な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 © 2006 す べ て の著 作権 は Dell Inc. に あ り ま す。 Dell Inc. の書面による許可のない複製は、いかなる形態においても厳重に禁じられています。 本書に使用されている商標: Dell、DELL のロゴ、および Latitude は、Dell Inc. の商標です。Microsoft および Windows
 

© 2012–2018, manyuaru.com
All rights reserved.