取扱説明書とユーザーガイド - Latitude E6520 (Early 2011) Dell

Latitude E6520 (Early 2011) Dell の取扱説明書やユーザーガイドが4以上あります。

  • Dell Latitude E6520 (Early 2011) (ページ: 108)

    目次
    • p. 1/108
      Intel Active Management Technology v7.0 管理者ガイド 概要 製品概要 Out of Box Experience動作モード セットアップおよび設定の概要 メニューおよびデフォルト MEBx 設定の概要 ME General Settings(ME 一般設定) AMT 設定 Intel Fast Call for Help MEBx のデフォルト ME General Settings(ME 一般設定) AMT 設定 Setup and Configuration
    • p. 2/108
      製品概要 Intel Active Management Technology(Intel AMT)により、企業はネットワークコンピュータを容易に管理できます。 コンピュータの電源が入っているかどうかに関わらず、ネットワーク上のコンピュータ資産を検出 – Intel AMT は、不揮発性システム メモリに保存されている情報を使用してコンピュータにアクセスします。このため、コンピュータの電源が切断されている場合でもアク セス可能です(帯域外または OOB アクセスとも呼ばれます)。 オペレーティングシステムに障害が発生した後でも、リモートでシステムを修復
    • p. 3/108
      LAN ARP のサポート Sx のコンソールシステムをウェイクせずに通知することによって、ME が LAN ARP 要求(IPV4)および近隣探索パケット(IPV6)に応答し ます。 Win7 LAN の新しい要件 5MB SKU および電源ポリシー 2 のみ ディープ S4/S5 AMT が PP2 でプロビジョニングされると、これは自動的に無効になります。 Identify Protection Technology(IPT) ワンタイムパスワードによるセキュアログインと、ME ベースの認証による
    • p. 4/108
      Out of Box Experience Intel Active Management Technology(Intel AMT)コンピュータには次の資料をご利用いただけます。 工場出荷時のインストール Intel AMT 7.0 はデルの工場から工場出荷時の設定で発送されます。 セットアップおよびクイックリファレンスガイド Dell テクノロジガイドへのリンク付き Intel AMT 概要です。 Dell テクノロジガイド 高レベルの Intel AMT 概要、セットアップ、プロビジョニング、およびサポートです。
    • p. 5/108
      動作モード Intel AMT 5.0 以前のバージョンでは、SMB と Enterprise(エンタープライズ)の 2 つの操作モードがありました。Intel AMT 6.0 および AMT 7.0 では、これらの機能は統合され、以前の Enterprise(エンタープライズ)モードと同じ機能が提供されます。 新しい設定オプションには次のものがあります。 Manual Setup and Configuration(手動セットアップと設定)(SMB 顧客向け) Automatic Setup(自動セットアップ)
    • p. 6/108
      セットアップおよび設定の概要 Intel AMT のセットアップおよび設定に関する重要な用語を以下に示します。 セットアップおよび設定 — Intel AMT によって管理されるコンピュータに、リモート管理を可能にするためのユーザー名、パスワー ド、ネットワークパラメータを設定するプロセス。 設定サービス — Intel AMT のプロビジョニングを完了するためのサードパーティ製アプリケーション。 Intel AMT WebGUI — 制限付きでリモートコンピュータの管理を行える Web ブラウザをベースとしたインタフェース。
    • p. 7/108
      す。これらのキーは 52 文字で構成され、SCS によって作成することができます。次の 2 種類の方法でデスク側から対応することによっ て、AMT コンピュータに展開されます。 このキーは、手動で MEBx に入力できます。 SCS はカスタムキーのリストを作成し、専用にフォーマットされた USB サムドライブにこれらのキーを記録できます。各 AMT コン ピュータは、BIOS の起動中に、専用にフォーマットされた USB サムドライブからカスタムキーを取得します。詳細は、本書の設定 サービスの項に記載されています。
    • p. 8/108
      MEBx 設定の概要 Intel Management Engine BIOS Extension(MEBx)で提供されるプラットフォームレベルの設定オプションにより、Management Engine(ME)プラットフォームの動作を設定できます。オプションには、各機能を有効および無効にしたり、電源に関する設定などがありま す。 本項では、MEBx 設定オプションの詳細および制約(該当する場合)について説明します。 MEBx 設定ユーザーインタフェースへのアクセス コンピュータの MEBx 設定ユーザーインタフェースにアクセスするには、次の手順を実行します。
    • p. 9/108
      デフォルトのパスワードは admin で、新しく展開されるプラットフォームですべて同じです。機能の設定オプションを変更する前に、デフォ ルトパスワードを変更する必要があります。 IT 管理者がデフォルトのパスワードで最初に Intel MEBx 設定メニューを起動したとき、その管理者はデフォルトのパスワードを変更するま でどの機能も使用できません。 新しいパスワードには必ず次の要素を含めます。 8 文字(32 文字以下) 大文字 1 文字 小文字 1 文字 数字 1 文字 英数字以外の特殊文字( !、$、;
    • p. 10/108
      ME General Settings(ME 一般設定) Intel Management Engine (ME) Platform Configuration (Intel Management Engine(ME)プラットフォーム設定)ページを 表示するには、次の手順を実行します。 111 Management Engine BIOS Extension(MEBx)(Management Engine BIOS Extension(MEBx))メインメニューで、Intel ME General Settings(Intel
    • p. 11/108
      Set PRTC(PRTC の設定) Intel ME Platform Configuration(Intel ME プラットフォーム設定)メニューで Set PRC(PRC の設定)を選択し、<Enter> を押しま す。 有効な日付の範囲は、1/1/2004~1/4/2021 です。設定した PRTC 値は、電源オフ(G3)状態の場合に PRTC を事実上保持するのに使用さ れます。 PRTC を GMT(UTC)形式(YYYY:MM:DD:HH:MM:SS)で入力し、<Enter>
    • p. 12/108
      Power Control(電源制御) Intel ME Platform Configuration(Intel ME プラットフォーム設定)メニューで Power Control(電源制御)を選択し、<Enter> を押 します。 Intel Power Control(Intel 電源制御)ページが表示されます。 ENERGY STAR* および EUP LOT6 要件に準拠するため、各種スリープ状態で Intel ME をオフにすることができます。Intel ME Power Control(Intel
    • p. 13/108
      エンドユーザー管理者は、システム使用状況に応じて使用する電源パッケージを選択できます。 Intel ME WoL では、タイムアウトタイマーが切れた後、コマンドが ME に送信されるまで、Intel ME は引き続き M-Off 状態になります。こ のコマンドが送信されると、Intel ME は M0 または M3 状態に移行し、次に送信されるコマンドに応答します。Intel ME への Ping で も、Intel ME が M0 または M3 状態になります。 Intel ME が M-off 状態から
    • p. 14/108
      この設定はタイムアウト値を設定するために使用され、M3 状態での Intel ME のアイドルタイムアウトを定義します。この値は、分単位で入 力します。この値は、Intel ME が M-off 状態に移行する前に M3 のアイドル状態を維持できる時間を示します。 メモ: Intel ME が M0 の場合は、M-off に移行しません。 Previous Menu(前のメニュー) Intel ME Platform Configuration(Intel ME プラットフォーム設定)メニューで Previous
    • p. 15/108
      AMT 設定 Intel Management Engine(ME)機能の設定完了後は、Intel AMT を設定する前にまずシステムを再起動して、システムがクリーンブート できるようにする必要があります。次の図は、Intel AMT configuration(Intel AMT 設定)メニューを示しています。このメニュー は、Intel AMT Configuration(Intel AMT 設定)オプションを Management Engine BIOS Extension (MEBx)(Management
    • p. 16/108
      Activate Network Access(ネットワークアクセスの有効化) Unconfigure Network Access(ネットワークアクセスの設定解除) Remote Setup And Configuration(リモートセットアップおよび設定) Current Provisioning Mode(現在のプロビジョニングモード) Provisioning Record(プロビジョニング記録) RCFG Start Configuration(設定の開始) Previous Menu(前のメニュー)
    • p. 17/108
      Manageability Feature Selection(管理選択機能)が有効になると、Intel ME Manageability Feature(Intel ME 管理機能)メニューが表 示されます。これを無効のままにしておくと、管理機能は有効化されません。 SOL/IDER/KVM (Intel AMT を有効にしている場合)Intel AMT Configuration(Intel AMT 設定)ページで SOL/IDER/KVM を選択して <Enter> を押 します。 Intel
    • p. 18/108
      クライアントシステムで SOL がサポートされている場合は、SOL を使用して、Intel AMT で管理されているクライアントのコンソールの入出 力を管理サーバーコンソールにリダイレクトできます。SOL がサポートされていない場合は、この値で有効にすることはできません。 オプション 説明 Enabled(有効) SOL は有効です。 Disabled(無効) SOL は無効です。 メモ: SOL を無効化してもこの機能は削除されず、使用が阻止されるだけです。 IDER SOL/IDER ページで IDER
    • p. 19/108
      IDER を使用すると、Intel AMT で管理されたクライアントを、リモートディスクイメージから管理コンソールで起動できます。クライアント システムで IDER がサポートされていない場合は、この値を指定しても有効にすることはできません。 オプション 説明 Enabled(有効) IDER は有効です。 Disabled(無効) IDER は無効です。 メモ: IDER を無効化してもこの機能は削除されず、使用が阻止されるだけです。 Legacy Redirection Mode(Legacy リダイレクションモード)
    • p. 20/108
      Legacy リダイレクションモードは、リダイレクションがどう機能するかを制御します。無効に設定されていると、各セッションの前に、コン ソールでリダイレクションポートを開放する必要があります。これは、リダイレクションポートの開放をサポートする Enterprise(エンター プライズ)コンソールおよび新しい SMB コンソール用です。リダイレクションポートを開放する機能をサポートしない古い SMB コンソール (Intel AMT 6.0 以前)では、この Intel MEBx オプションを介してリダイレクションポートを手動でオンにする必要があります。
    • p. 21/108
      効) Legacy リダイレクションモードは無効です(デフォルト)。 Enabled(有 効) Intel MEBx でリダイレクションを有効にすると、常にポートが開放されたままになりま す。Intel AMT 6.0 以前の SMB コンソールでは、リダイレクションセッション用にこのモード を有効にする必要があります。 KVM SOL/IDER ページで KVM を選択して <Enter> を押します。 オプション 説明 Disabled(無効) KVM 機能が無効です。 Enabled(有効)
    • p. 22/108
      次のオプションを選択することができます。 オプション 説明 None(な し) リモートコンピュータが KVM リモートコントロールセッションを確立するのに、ローカルユー ザーの同意は必要ありません。 KVM リモートコンピュータが KVM リモートコントロールセッションを確立するのに、ローカルユー ザーの同意が必要です。 All(すべ て) SOL、IDER、および KVM についてローカルユーザーの同意が必要です。 メモ: ホストベースのプロビジョニングを使用するときは、この設定よりもクライアントモードが優先され、「ALL」(すべて)オプ
    • p. 23/108
      オプション 説明 Disable Remote Control of KVM Opt-in Policy(KVM 選択ポリシーのリモートコントロールの無 効化) リモートユーザーがユーザー選択ポリシーを選択できないようにしま す。この場合、ローカルユーザーのみがオプトインポリシーを制御でき ます。 Enable Remote Control of KVM Opt-in Policy(KVM オプトインポリシーのリモートコントロー ルの有効化) リモートユーザーがユーザー選択ポリシーを選択できるようにします。
    • p. 24/108
      オプションは次のとおりです。 オプション 説明 Default Password Only(デフォルトのパ スワードのみ) デフォルトのパスワードがまだ変更されていない場合は、ネットワークインタフェースから Intel MEBx パ スワードを変更できます。 During Setup and Configuration(セッ トアップおよび設定時) Intel MEBx パスワードをネットワークインタフェースから変更できるのは、セットアップおよび設定のプ ロセスの間のみであり、これ以外のときには変更できません。セットアップと設定のプロセスが完了する
    • p. 25/108
      1. Host Name(ホスト名) Intel ME Network Name Settings(Intel ME ネットワーク名設定)で、Host Name(ホスト名)を選択して <Enter> を押します。 Intel AMT マシンにホスト名を割り当てることができます。これが Intel AMT 対応システムのホスト名になります。 2. Domain Name(ドメイン名)
    • p. 26/108
      Intel ME Network Name Settings(Intel ME ネットワーク名設定)で、Domain Name(ドメイン名)を選択して <Enter> を押しま す。 ドメイン名は Intel AMT マシンに割り当てることができます。 3. Shared/Dedicated FQDN(共有 / 専用 FQDN) Intel ME Network Name Settings(Intel ME ネットワーク名設定)で、Shared/Dedicated FQDN(共有 / 専用
    • p. 27/108
      この設定により、Intel ME の完全修飾ドメイン名(FQDN)(「ホスト名.ドメイン名」の形式)をホストと共有してオペレーティングシステ ムマシン名と同じにするか、Intel ME 専用にするかを決定します。 オプション 説明 Dedicated(専用) FQDN ドメイン名は ME 専用。 Shared(共有) FQDN ドメイン名をホストと共有。 4. Dynamic DNS Update(ダイナミック DNS アップデート) Intel ME Network Name Settings(Intel
    • p. 28/108
      メモ: Periodic Update Interval(定期アップデートの間隔)オプションは、ダイナミック DNS アップデートが有効になっている 場合にのみ選択可能です。 ファームウェア DDNS アップデートクライアントが定期的なアップデートを送信する間隔を定義します。これは、社内の DNS スカベンジン グポリシーに沿って設定してください。単位は分です。0 の値は定期アップデートを無効にします。設定する値は、20 分以上にするようにし てください。このプロパティのデフォルト値は 24 時間(1440
    • p. 29/108
      メモ: TTL オプションは、ダイナミック DNS アップデートが有効になっている場合にのみ選択可能です。 この設定では、TTL 時間を秒単位で設定することができます。値は 1 以上にしてください。0 に設定すると、ファームウェアは内蔵デフォル ト値である 15 分、または DHCP リース期間の 3 分の 1 を使用します。 7. Previous Menu(前のメニュー) Intel ME Network Name Settings(Intel ME ネットワーク名設定)で、Previous Menu(前のメニュー)を選択して
    • p. 30/108
      1. DHCP Mode(DHCP モード) Wired LAN IPv4 Configuration(有線 LAN IPv4 設定)で、DHCP Mode(DHCP モード)を選択して <Enter> を押します。 Wired LAN IPv4 Configuration(有線 LAN IPv4 設定)ページが表示されます。 オプション 説明 Disabled(無 効) DHCP Mode(DHCP モード)が無効な場合、Intel AMT には次の静的 TCP/IP 設定が必要 です。システムが静的モードの場合、第
    • p. 31/108
      DHCP モードが無効になりました。 2. IPv4 Address(IPv4 アドレス) IPv4 Address(IPv4 アドレス)を選択して <Enter> を押します。 アドレス列に IPv4 アドレスを入力して <Enter> を押します。
    • p. 32/108
      3. Subnet Mask Address(サブネットマスクアドレス) Subnet Mask Address(サブネットマスクアドレス)を選択して <Enter> を押します。 アドレス列にサブネットマスクアドレスを入力して <Enter> を押します。 4. Default Gateway Address(デフォルトゲートウェイアドレス)
    • p. 33/108
      Default Gateway Address(デフォルトゲートウェイアドレス)を選択して <Enter> を押します。 アドレス列にデフォルトゲートウェイアドレスを入力して <Enter> を押します。 5. Preferred DNS Address(優先 DNS アドレス) Preferred DNS Address(優先 DNS アドレス)を選択して <Enter> を押します。 アドレス列に優先 DNS アドレスを入力して <Enter> を押します。
    • p. 34/108
      6. Alternate DNS Address(代替 DNS アドレス) Alternate DNS Address(代替 DNS アドレス)を選択して <Enter> を押します。 アドレス列に代替 DNS アドレスを入力して <Enter> を押します。 7. Previous Menu(前のメニュー) Wired LAN IPv4 Configuration(有線 LAN IPv4 設定)で、Previous Menu(前のメニュー)を選択して <Enter>
    • p. 35/108
      メモ: Intel ME ネットワークスタックは、マルチホームの IPv6 インタフェースをサポートします。各ネットワークインタフェースに は次の IPv6 アドレスを設定することが可能です。 111 1 つのリンクローカル自動設定アドレス 111 3 つの自動設定グローバルアドレス 111 1 つの DHCPv6 設定アドレス 111 1 つの静的設定 IPv6 アドレス 1. IPv6 Feature Selection(IPv6 機能選択) Wired LAN IPv6 Configuration(有線
    • p. 36/108
      ENABLED:Enabled(有効)を選択して <Enter> を押します。 IPv6 機能選択が有効化され、追加設定が可能になります。 2. IPv6 Interface ID Type(IPv6 インタフェース ID タイプ) Wired LAN IPv6 Configuration(有線 LAN IPv6 設定)で、IPv6 Interface ID Type(IPv6 インタフェース ID タイプ)を選択して <Enter> を押します。 自動設定 IPv6 アドレスは
    • p. 37/108
      オプション 説明 Random ID(ランダム ID) IPv6 インタフェース ID は RFC 3041 で説明されているランダムな番号を使用して自動的に生成されま す。これはデフォルトオプションです。 Intel ID IPv6 インタフェース ID は、MAC アドレスを使用して自動的に生成されます。 Manual ID(手動 ID) IPv6 インタフェース ID は手動で定義されます。このタイプを選択するには、有効な値で手動インタフェー ス ID を設定する必要があります。 手動 ID を選択するには
    • p. 38/108
      3. IPv6 Address(IPv6 アドレス) Wired LAN IPv6 Configuration(有線 LAN IPv6 設定)で、IPv6 Address(IPv6 アドレス)を選択して <Enter> を押します。 IPv6 アドレスを入力して <Enter> を押します。 4. IPv6 Default Router(IPv6 デフォルトルータ) Wired LAN IPv6 Configuration(有線 LAN IPv6 設定)で、IPv6 Default
    • p. 39/108
      します。 IPv6 デフォルトルータを入力して <Enter> を押します。 5. Preferred DNS IPv6 Address(優先 DNS IPv6 アドレス) Wired LAN IPv6 Configuration(有線 LAN IPv6 設定)で、Preferred DNS IPv6 Address(優先 DNS IPv6 アドレス)を選択して <Enter> を押します。 優先 DNS IPv6 アドレスを入力して <Enter> を押します。 6.
    • p. 40/108
      <Enter> を押します。 代替 DNS IPv6 アドレスを入力して <Enter> を押します。 7. Previous Menu(前のメニュー) Wired LAN IPv6 Configuration(有線 LAN IPv6 設定)で、Previous Menu(前のメニュー)を選択して <Enter> を押します。 TCP/IP Settings(TCP/IP 設定)メニューが表示されます。 Wireless LAN IPv6 Configuration(ワイヤレス
    • p. 41/108
      1. IPv6 Feature Selection(IPv6 機能選択) Wireless LAN IPv6 Configuration(ワイヤレス LAN IPv6 設定)で、IPv6 Feature Selection(IPv6 機能選択)を選択して <Enter> を押します。 2. IPv6 Interface ID Type(IPv6 インタフェース ID タイプ) Wired LAN IPv6 Configuration(有線 LAN IPv6 設定)で、IPv6 Interface
    • p. 42/108
      <Enter> を押します。 自動設定 IPv6 アドレスは 2 つの部分で構成されています。 IPv6 プレフィックス(IPv6 ルータによって設定される) インタフェース ID(各 64 ビット) オプション 説明 Random ID(ランダム ID) IPv6 インタフェース ID は RFC 3041 で説明されているランダムな番号を使用して自動的に生成されま す。これはデフォルトオプションです。 Intel ID IPv6 インタフェース ID は、MAC アドレスを使用して自動的に生成されます。
    • p. 43/108
      3. Previous Menu(前のメニュー) Wireless LAN IPv6 Configuration(ワイヤレス LAN IPv6 設定)で、Previous Menu(前のメニュー)を選択して <Enter> を押しま す。 TCP/IP Settings(TCP/IP 設定)メニューが表示されます。 Previous Menu(前のメニュー) TCP/IP Setting(TCP/IP 設定)メニューで、Previous Menu(前のメニュー)を選択して <Enter>
    • p. 44/108
      メモ: デフォルトの電源ポリシーが PP1 に設定されている場合、有効化の後に電源ポリシーが PP2 に変更されます。 Unconfigure Network Access(ネットワークアクセスの設定解除) Intel ME Platform Configuration(Intel ME プラットフォーム設定)メニューで、Unconfigure Network Access(ネットワークアク セスの設定解除)を選択して <Enter> を押します。 メモ: これにより、Intel ME はプロビジョニング前の状態に推移します。
    • p. 45/108
      Full Unprovisioning(完全なプロビジョニング解除)を選択して <Enter> を押します。 オプション 説明 Full Unprovision(完全な プロビジョニング解除) IPv6 インタフェース ID は RFC 3041 で説明されているランダムな番号を使用して 自動的に生成されます。これがデフォルトです。 完全なプロビジョニング解除を選択すると、AMT のプロビジョニングが解除され、す べての PID/PPS 情報または入力済みの新規認証情報(ある場合)が削除されます。
    • p. 46/108
      Unprovision(部分的 なプロビジョニング解 除) 的なプロビジョニング解除を選択すると、AMT のプロビジョニングが解除されます が、入力済みの PID/PPD 情報または新規認証情報(ある場合)は保持されます。 プロビジョニング解除が進行中です。 Remote Setup and Configuration(リモートセットアップおよび設定) Intel AMT Configuration(Intel AMT 設定)メニューで Remote Setup and Configuration(リモートセットアップおよび設定)を選
    • p. 47/108
      Current Provisioning Mode(現在のプロビジョニングモード) Automated Setup and Configuration(自動セットアップと設定)で、Current Provisioning Mode(現在のプロビジョニングモード) を選択して <Enter> を押します。 Current Provisioning Mode(現在のプロビジョニングモード)– 現在のプロビジョニング TLS モード(None(なし)、PKI、または PSK)を表示します。
    • p. 48/108
      Provisioning Record(プロビジョニング記録) Automated Setup and Configuration(自動セットアップと設定)で、Provisioning Record(プロビジョニング記録)を選択して <Enter> を押します。 Provisioning Record(プロビジョニング記録)– システムのプロビジョニング PSK/PKI 記録データを表示します。データが未入力の場合 は、Intel MEBx で次のメッセージが表示されます。 「Provision
    • p. 49/108
      IsDefault(デ フォルト) ハッシュアルゴリズムがデフォルトのアルゴリズムとして選択されている場合は、「Yes」が表示されま す。ハッシュアルゴリズムがデフォルトのアルゴリズムとして使用されていない場合は、「No」と表示 されます(PKI のみ)。 FQDN 証明書に記載されているプロビジョニングサーバーの FQDN(PKI のみ)。 Serial Number(シリア ル番号) 認証局シリアルナンバーを示す 32 文字のストリングです。 Time Validity Pass(時間有効性 合格)
    • p. 50/108
      Previous Menu(前のメニュー) Intel Remote Configuration(Intel リモート 設定)メニューで、Previous Menu(前のメニュー)を選択して <Enter> を押します。 Intel Automated Setup and Configuration(Intel 自動セットアップと設定)ページが表示されます。 Provisioning Server IPv4/IPv6(プロビジョニングサーバー IPv4/IPv6) Intel Automated
    • p. 51/108
      2. プロビジョニングサーバーのポート番号を入力して <Enter> を押します。 Intel AMT プロビジョニングサーバーのポート番号(0~65535)です。デフォルトのポート番号は 9971 です。 プロビジョニングサーバー FQDN Intel Automated Remote Setup and Configuration(自動リモートセットアップおよび設定)メニューで、Provisioning Server FQDN(プロビジョニングサーバー FQDN)を選択して <Enter>
    • p. 52/108
      証明書に記載されているプロビジョニングサーバーの FQDN(PKI のみ)。これは、AMT が PSK および PKI の両方にハローパケットを送 付するサーバーの FQDN でもあります。 TLS PSK Intel Automated Setup and Configuration(Intel 自動リモートセットアップおよび設定)メニューで、TLS PSK を選択して <Enter> を押します。 Intel TLS PSK Configuration(Intel TLS PSK 設定)ページが表示されます。
    • p. 53/108
      Set PID and PPS(PID および PPS の設定) Intel TLS PSK Configuration(Intel TLS PSK 設定)メニューで、Set PID and PPS(PID および PPS の設定)を選択して <Enter> を 押します。 PID を入力して <Enter> を押します。 PPS を入力して <Enter> を押します。 セットアップと設定が「処理中」の場合に PID/PPS を設定すると、部分的なプロビジョニング解除の原因となります。PID
    • p. 54/108
      ダッシュ形式で入力するようにしてください(例:PID:1234-ABCD、PPS:1234-ABCD-1234-ABCD-1234-ABCD-1234-ABCD)。 メモ: PPS 値 0000-0000-0000-0000-0000-0000-0000-0000 では、セットアップおよび設定状態は変更されません。この値が使 用されている場合は、セットアップおよび設定状態は Not-started(起動しない)のままになります。 無効な入力が試行された場合、エラーメッセージが表示されます。 Delete
    • p. 55/108
      Previous Menu(前のメニュー) Intel TLS PSK Configuration(Intel TLS PSK 設定)メニューで、Previous Menu(前のメニュー)を選択して <Enter> を押します。 Intel Automated Setup and Configuration(Intel 自動セットアップと設定)ページが表示されます。 TLS PKI Intel Automated Setup and Configuration(Intel 自動リモートセットアップおよび設定)メニューで、TLS
    • p. 56/108
      PKI DNS Suffix(PKI DNS サフィックス) Intel Remote Configuration(Intel リモート設定)メニューで、PKI DNS Suffix(PKI DNS サフィックス)を選択して <Enter> を押 します。 PKI DNS サフィックスを入力して <Enter> を押します。キーの値は EPS に保持されます。 Manage Hashes(ハッシュの管理)
    • p. 57/108
      Intel Remote Configuration(Intel リモート設定)メニューで、Manage Hashes(ハッシュの管理)を選択して <Enter> を押します。 このオプションを選択することによって、システムのハッシュが列挙され、ハッシュ名、アクティブ状態、およびデフォルト状態を表示しま す。システムにハッシュがない場合、Intel MEBx は次の画面を表示します。 「Yes」と応答すると、カスタマイズされたハッシュの追加プロセスが開始されます。管理証明書ハッシュ画面では、システムのハッシュを管
    • p. 58/108
      +(+ キー) 現在選択されている証明書ハッシュのアクティブな状態を変更します。 <Enter> 現在選択されている証明書ハッシュの詳細を表示します。 Adding Customized Hash(カスタマイズされたハッシュの追加) Manage Certificate Hash(証明書ハッシュの管理)画面で 挿入キーを押すと、次の画面が表示されます。 カスタマイズされた証明書ハッシュの追加:ハッシュ名を入力します(最大 32 文字)。<Enter> を押すと、PKI プロビジョニングに使用さ
    • p. 59/108
      サポートされるハッシュアルゴリズムは次のとおりです。 111 SHA1 111 SHA2-256 111 SHA2-384 SHA1 を選択しない場合、次の画面で、サポートされている SHA2 アルゴリズムのオプションを選択するプロンプトが表示されま す。SHA256 が使用されている場合は Y と入力し、それ以外の場合は N と入力します。 SHA256 を選択しない場合、次の画面で Y と入力し、SHA2-384 を選択します。
    • p. 60/108
      N と入力すると、エラーメッセージが表示され、サポートされるいずれかのアルゴリズムを選択するプロンプトが表示されます。 希望のハッシュアルゴリズムを選択したら、証明書のハッシュ値を入力するプロンプトが表示されます。
    • p. 61/108
      証明書ハッシュの値は16 進数です(SHA-1 には 20 バイト、SHA-2 には 32 バイト)。値が正しい形式で入力されなかった場合、 「Invalid Hash Certificate Entered - Try Again」(無効なハッシュ証明書が入力されました - 再試行してください)というメッセージが表 示されます。<Enter> を押すと、ハッシュのアクティブ状態を設定するプロンプトが表示されます。 選択によって、カスタマイズされたハッシュのアクティブ状態が次のように設定されます。
    • p. 62/108
      ハッシュの削除 Manage Certificate Hash(証明書ハッシュの管理)画面で削除が押されると、次の画面が表示されます。 メモ: デフォルトに設定された証明書ハッシュは削除できません。 このオプションでは、選択した証明書ハッシュを削除できます。 Yes(はい)– Intel MEBx は、選択したハッシュを削除するようファームウェアにメッセージを送信します。 No(いいえ)– Intel MEBx は、選択されたハッシュを削除せず、Remote Configuration(リモート設定)に戻ります。
    • p. 63/108
      証明書ハッシュの表示 Manage Certificate Hash(証明書ハッシュの管理)画面で <Enter> が押されると、次の画面が表示されます。 次を含む、選択された証明書ハッシュの詳細がユーザーに表示されます。 Hash Name(ハッシュ名) Certificate Hash Data(証明書ハッシュデータ) Active and Default States(アクティブおよびデフォルト状態) Previous Menu(前のメニュー) Intel Remote Configuration(Intel
    • p. 64/108
      Intel Fast Call for Help Intel Fast Call for help は、VPro SKU で使用可能な機能です。Intel Fast Call for help 接続では、VPro システムが企業ネットワーク外に 存在する場合にエンドユーザーがサポートを要求することを可能にします。 メモ: <F12> を押して、Fast Call for Help を選択することをお勧めします。この機能は、IT 管理者が機能をサポートするようにシ ステムを設定した場合にのみ、利用可能になります。
    • p. 65/108
      ME General Settings(ME 一般設定) 次の表では、一般設定ページにある Intel Management Engine BIOS Extension(MEBx)のデフォルト設定をリストします。 Password(パスワード) Password(パスワード) admin Change Intel ME Password(Intel ME パスワードの変更) Change Intel ME Password(Intel ME パスワードの 変更) 空白 Set PRTC(PRTC の設定)
    • p. 66/108
      AMT 設定 次の表に、AMT Configuration(AMT 設定)ページでの Intel Management Engine BIOS Extension(MEBx)のデフォルト設定を記載し ています。 管理性/機能選択 SOL/IDER Username and Password(ユーザー名と パスワード) Disabled(無効) Enabled(有効)* SOL Disabled(無効) Enabled(有効)* IDER Disabled(無効) Enabled(有効)* Legacy
    • p. 67/108
      Wired LAN IPv4 Configuration(有線 LAN IPv4 設定) DHCP Mode(DHCP モード) Disabled(無効) Enabled(有効)* Enabled(有効)が選択されている場合のみ、下の設定ページが表示される IPv4 Address(IPv4 アドレス) 0.0.0.0 Subnet Mask Address(サブネットマ スクアドレス) 0.0.0.0 Default Gateway Address(デフォル トゲートウェイアドレス) 0.0.0.0
    • p. 68/108
      Set PID and PPS(PID および PPS の 設定) 空白 Delete PID and PPS(PID および PPS の削除) Y/N(はい / いいえ) TLS PKI Remote Configuration(リモート設 定) Disabled(無効) Enabled(有効)* PKI DNS Suffix(PKI DNS サフィック ス) 空白 Manage Hashes(ハッシュの管理) *デフォルト設定 **Intel AMT が部分的にプロビジョニング解除される可能性があります。
    • p. 69/108
      設定方法の概要 セットアップおよび設定の概要で説明したとおり、Intel AMT 機能を管理アプリケーションで使用できるようにする前に、コンピュータを設定 する必要があります。プロビジョニングプロセスを完了するには 3 通りの方法があります(単純な方法から最も複雑な方法まで)。 設定サービス — 設定サービスを使用すると、サーバーの GUI コンソールからワンタッチで各 Intel AMT 対応コンピュータのプロビ ジョニングプロセスを完了できます。PPS および PID フィールドは、USB 大容量ストレージデバイスに保存されている、設定サービ
    • p. 70/108
      USB デバイスの使い方 本項では、USB ストレージデバイスを使用した Intel AMT のセットアップおよび設定について説明します。USB ドライブキーを使用して、 セットアップ、ローカルでのパスワード、プロビジョニング ID(PID)、プロビジョニングパスフレーズ(PPS)情報の設定を行えます。この 操作は、USB プロビジョニングとも呼ばれます。USB プロビジョニングでは、コンピュータを手動でセットアップおよび設定でき、エントリ での手動入力に関連する問題も発生しません。 メモ: USB プロビジョニングは、MEBx
    • p. 71/108
      USB デバイスでの手順 デフォルトで提供されるコンソールパッケージは、Dell Client Management(DCM)アプリケーションです。本項では、DCM パッケージを 使用して Intel AMT をセットアップおよび設定する手順を説明します。本ドキュメントで既に説明したとおり、上記以外の複数のパッケージ がサードパーティベンダーから提供されています。 このプロセスを開始する前に、コンピュータを設定して DNS サーバーから認識されることが必要です。また、USB ストレージデバイスも必要 であり、
    • p. 72/108
      111 <+> をクリックして、Intel AMT Getting Started(はじめに)セクションを展開します。
    • p. 73/108
      111 <+> をクリックして、Section 1. Provisioning(セクション 1. プロビジョニング)セクションを展開します。
    • p. 74/108
      111 <+> をクリックして、Basic Provisioning (without TLS)(基本プロビジョニング(TLS なし))セクションを展開します。
    • p. 75/108
      111 Step 1. Configure DNS(手順 1.DNS の設定)を選択します。 111 帯域外管理ソリューションがインストールされた通知サーバーを「ProvisionServer」として DNS に登録しておく必要があります。
    • p. 76/108
      111 DNS Configuration(DNS 設定)画面で Test(テスト)をクリックし、DNS に ProvisionServer エントリがあり、このエントリ によって適切な Intel セットアップおよび設定用サーバー(SCS)への接続が解決されていることを確認します。
    • p. 77/108
      1111 以上により、ProvisionServer と Intel SCS の IP アドレスが表示されます。
    • p. 78/108
      1111 Step 2. Discovery Capabilities(手順 2.機能の検出)を選択します。
    • p. 79/108
      1111 設定が Enabled(有効)になっていることを確認します。Disable(無効)の場合は、Disabled(無効)の横のチェックボックスを クリックして Apply(適用)をクリックします。
    • p. 80/108
      1111 Step 3. View Intel AMT Capable Computers(手順 3.Intel AMT 対応コンピュータの表示)を選択します。
    • p. 81/108
      1111 ネットワーク上の Intel AMT 対応コンピュータがリストに表示されます。
    • p. 82/108
      1111 Step 4. Create Profile(手順 4.プロファイルの作成)を選択します。
    • p. 83/108
      1111 プラス記号をクリックして新しいプロファイルを追加します。
    • p. 84/108
      1111 General(全般)タブで、管理者はプロファイル名と説明、およびパスワードを変更できます。管理者は、今後の保守を容易にするた め、標準的なパスワードを設定します。Manual(手動)ラジオボタンを選択し、新しいパスワードを入力します。
    • p. 85/108
      1111 Network(ネットワーク)タブには、Ping への応答、VLAN、WebUI、Serial over LAN(シリアルオーバー LAN)、および IDE Redirection(IDE リダイレクション)を有効にするオプションがあります。Intel AMT を手動で設定する場合、すべての設定値は MEBx でも使用できます。 1111 TLS(Transport Layer Security(トランスポート層セキュリティ))タブには、TLS を有効にする機能があります。この機能が有効 な場合、その他の情報(認証機関(CA)サーバー名、CA
    • p. 86/108
      1111 ACL(アクセスコントロールリスト)タブは、既にこのプロファイルと関連付けられているユーザーを表示したり、新しいユーザーを 追加してアクセス権を定義する際に使用します。 1111 Power Policy(電源ポリシー)タブには、Intel AMT のスリープ状態や Idle Timeout(アイドルタイムアウト)設定を選択する ための設定オプションがあります。最適な性能を確保するため、アイドルタイムアウトを常に 0 に設定することをお勧めします。 メモ: Power Policy(電源ポリシー)タブの設定は、E-Star
    • p. 87/108
      1111 Step 5. Generate Security Keys(手順 5. セキュリティキーの生成)を選択します。
    • p. 88/108
      1111 Export Security Keys to USB Key(セキュリティキーを USB キーにエクスポート)を指す矢印の付いたアイコンを選択しま す。
    • p. 89/108
      1111 Generate keys before export(エクスポート前にキーを生成)ラジオボタンを選択します。
    • p. 90/108
      1111 生成するキーの数を入力します(キーの数は設定が必要なコンピュータの台数によって異なります)。デフォルト値は 50 です。 1111 Intel ME のデフォルトのパスワードは admin です。環境に応じて新しい Intel ME パスワードを設定します。
    • p. 91/108
      1111 Generate(生成)をクリックします。キーが作成されると、Generate(生成)ボタンの左側にリンクが表示されます。 1111 あらかじめフォーマットした USB デバイスをプロビジョニングサーバーの USB コネクタに挿入します。
    • p. 92/108
      1111 Download USB key file(USB キーファイルのダウンロード)リンクをクリックして、setup.bin ファイルを USB デバイスにダ ウンロードします。デフォルトでは、USB デバイスが認識され、ファイルが USB デバイスに保存されます。 メモ: 今後追加のキーが必要になった場合、USB デバイスを再フォーマットしてから setup.bin ファイルを保存する必要があ ります。 111 File Download(ファイルのダウンロード)ダイアログボックスで Save(保存)をクリックします。
    • p. 93/108
      111 Download complete(ダウンロードの完了)ダイアログボックスで Close(閉じる)をクリックします。 1111 ドライブのエクスプローラウィンドウには setup.bin ファイルが表示されます。
    • p. 94/108
      1111 Export Security Keys to USB Key(セキュリティキーを USB キーにエクスポート)とドライブのエクスプローラウィンドウを 閉じて、Altiris Console に戻ります。 1111 USB デバイスを挿入し、コンピュータの電源を入れます。すぐに USB デバイスが認識され、以下のプロンプトが表示されます。 Continue with Auto Provisioning (Y/N) (自動設定を続行しますか(Y/N)) 1111 <Y> を押します。
    • p. 95/108
      1111 完了後、コンピュータの電源を切って、管理サーバーに戻ります。 1111 Step 6. Configure Automatic Profile Assignments(手順 6. 自動プロファイル割り当ての設定)を選択します。
    • p. 96/108
      1111 設定が有効になっていることを確認します。Intel AMT 2.0+ ドロップダウンで、事前に作成されたプロファイルを選択します。環境 に応じてその他の設定を行います。
    • p. 97/108
      1111 Step 7. Monitor Provisioning Process(手順 7.プロビジョニング処理の監視)を選択します。
    • p. 98/108
      1111 キーが適用されたコンピュータがシステムリストに表示されます。最初のうち、ステータスは Unprovisioned(プロビジョニング解 除)で、その後 In provisioning(プロビジョニング中)に変わり、プロセス終了時には Provisioned(プロビジョニング済み)と なります。
    • p. 99/108
      1111 Step 8. Monitor Profile Assignments(手順 8.プロファイル割り当ての監視)を選択します。
    • p. 100/108
      1111 プロファイルが割り当てられたコンピュータがリストに表示されます。各コンピュータは FQDN、UUID、および Profile Name(プロファイル名)の各列で識別されます。
    • p. 101/108
      1111 コンピュータはプロビジョニング後、All configured Intel AMT computers(設定済みの全 Intel AMT コンピュータ)の Collections(コレクション)フォルダに表示されます。
    • p. 102/108
    • p. 103/108
      システムの展開 コンピュータをユーザーに展開する準備ができたら、コンピュータを電源に接続してネットワークに接続します。内蔵 Intel 82566DM ネット ワークインタフェースカード(NIC)を使用します。Intel Active Management Technology(Intel AMT)はこれ以外の NIC では動作しま せん。 コンピュータは、電源を入れるとすぐに、セットアップおよび設定用サーバー(SCS)を検索します。このサーバーが見つかると、Intel AMT 対応コンピュータがこのサーバーに
    • p. 104/108
      オペレーティングシステムのドライバ オペレーティングシステム内で、デバイスマネージャにある不明デバイスを削除するには、AMT 統合ドライバがインストールされている必要 があります。以前のバージョン 3、4、5 とは異なり(これらには、ユーザーによる再インストールの観点で捉えると、2 つの別個の HECI ド ライバと LMS/SOL ドライバがありました)、これらは両方とも AMT 統合ドライバと呼ばれる共通パッケージに含まれています。統合ドラ イバパッケージがインストールされると、デバイスマネージャ内の
    • p. 105/108
      Intel AMT Web GUI Intel AMT WebGUI は、Web ブラウザをベースとしたインタフェースであり、制限付きでリモートコンピュータを管理できます。WebGUI は、多くの場合、Intel AMT のセットアップおよび設定がコンピュータで正しく行われたかどうかを確認するためのテストツールとして使用さ れます。リモートコンピュータと WebGUI を実行するホストコンピュータとの間でリモート接続が正常に行われた場合、リモートコンピュー タ上で Intel AMT が正しくセットアップおよび設定されていることになります。
    • p. 106/108
      AMT リダイレクションの概要 Intel AMT により、管理されているクライアントの起動および電源状態に関係なく、管理されているクライアントから管理コンソールへのシリ アル通信と IDE 通信をリダイレクトできます。クライアントで必要なのは、Intel AMT 機能、電源への接続、ネットワーク接続だけで す。Intel AMT は、TCP/IP 経由の Serial Over LAN(シリアルオーバー LAN、SOL、テキスト / キーボードリダイレクション)と IDE Redirection(IDER、CD-ROM
    • p. 107/108
      Intel Management and Security Status アプリケーション Intel Management and Security Status(IMSS)は、プラットフォームの Intel Active Management Technology(Intel AMT)および Intel Standard Manageability(Intel 標準管理機能)サービスに関する情報を表示するアプリケーションです。 IMSS アイコンは、Intel AMT および Intel Standard
    • p. 108/108
      トラブルシューティング ここでは、Intel AMT 設定時に問題が発生した場合の基本的なトラブルシューティング手順をいくつか説明します。詳しいトラブルシューティ ングオプションについては、DSN をチェックしてください。 デフォルトに戻す デフォルトに戻す操作は、プロビジョニング解除とも呼ばれます。Intel AMT がセットアップおよび設定されたコンピュータは、ME General Settings(ME 一般設定)画面の Unconfigure Network Access(ネットワークアクセスの設定解除)を使用してプロビジョニングを解
  • Dell Latitude E6520 (Early 2011) [ver. 1] (ページ: 117)

    目次

    Document Outline

  • Dell Latitude E6520 (Early 2011) [ver. 3] (ページ: 4)

    目次
    • p. 1/4
      2010 - 06 Replacing Your Hard Drive 更换硬盘驱动器 | 裝回硬碟機 | Remise en place de votre disque dur | Austauschen Ihres Festplattenlaufwerks | ハードドライブの交換 | 하드 드라이브 교체 | Como substituir o disco rígido | Sustitución de la unidad de disco duro Remove the old hard drive
    • p. 2/4
      2 Turn the computer over to ensure that it is the top side up.翻转计算机,确保正面朝上。翻轉電腦,以確保其正面朝上。Tournez l'ordinateur afin que le côté inférieur soit situé sur le dessus. Drehen Sie den Computer mit der Oberseite nach oben.コンピュータを裏返して表向きにします。컴퓨터의 상단이 위로 향하도록 컴퓨터를
    • p. 3/4
      Install the replacement 7 mm hard drive. CAUTION: If the hard drive is incorrectly inserted into the computer, it may damage the computer and/or the hard drive. 安装用于更换的 7 毫米硬盘驱动器。 警告:如果将硬盘驱动器错误插入计 算机,可能会损坏计算机和 /或硬盘驱 动器。 安裝 7 mm 的更換硬碟機。 警示:如果硬碟機未正確插入電腦,則
    • p. 4/4
      Information in this publication is subject to change without notice. © 2011 Dell Inc. All rights reserved. Printed in the USA.Reproduction of these materials in any manner whatsoever without the written permission of Dell Inc. is strictly forbidden. 本文中的信息如有更改,恕不另行通知。
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.