取扱説明書とユーザーガイド - Latitude X300 Dell

Latitude X300 Dell の取扱説明書やユーザーガイドが3以上あります。

  • Dell Latitude X300 [ver. 1] (ページ: 101)

    目次
    • p. 1/101
      Dell™ Latitude™ X300 ユーザーズガイド 左側のリンクをクリックすると、コンピュータの機能や操作方法についての説明がご覧になれます。 お使いのコンピュータに含まれるその他のマニュアルについては、「 コンピュータについて調べる 」 を参 照してください。 メモ、注意、および警告 略語について 略語の一覧表は、「 用語集 」 を参照してください。 ____________________ こ の マ ニ ュ ア ル の内 容 は 予 告な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。
    • p. 2/101
      コンピュータについて コンピュータの正面 コンピュータの左側面 コンピュータの右側面 コンピュータの背面 コンピュータの底面 コンピュータの正面 デ ィ ス プ レ イ ラ ッ チ - ディスプレイを閉じておきます。 デ ィ ス プ レ イ - カラーディスプレイの使用方法については、「 ディスプレイの使い方 」 を参照してください。 このボタンを押すと、デフォルトのインターネットブラウザなど頻繁に使うプログラムが起動します。 このボタンは初期設定ではデフォルトのインターネットブラウザを起動するようにプログラムされています。
    • p. 3/101
      コンピュータがコンセントに接続されている場合、 のライトは次のように動作します。 ¡ 緑色の点灯: バッテリーの充電中 ¡ 緑色の点滅: バッテリーの充電がほぼ完了 ¡ 消灯: バッテリーの充電完了 コンピュータをバッテリーでお使いの場合、 のライトは次のように動作します。 ¡ 消灯: バッテリーが十分に充電されています (または、コンピュータの電源が切れています)。 ¡ 橙色の点滅: バッテリーの充電残量が低下 しています。 ¡ 橙色の点灯: バッテリーの充電残量が非常に低下しています。 キ ー ボ
    • p. 4/101
      タッチパッドボタン - 標準マウスの左右のボタンに相当します。 ス ピ ー カ ー - コンピュータのスピーカーは本体の前面中央の先端に内蔵されています。 音量を調節するショートカットキーを押して、内蔵スピーカーの音量を調節します。 詳細については、「 キーボ ードとタッチパッドの使い方 」 を参照してください。 タッチパッド - マウスの機能と同じように、タッチパッドおよびタッチパッドボタンを使うことができます。 詳細については、「 キーボードとタッチパッドの使い方 」 を参照してください。 電 源ボタン
    • p. 5/101
      A C ア ダ プ タ コ ネ ク タ - このコネクタを使って、AC アダプタをコンピュータに接続します。 AC アダプタは、AC 電力をコンピュータに必要な DC 電力へと変換します。 AC アダプタはコンピュータの電 源が入っていても、入っていなくても、コンピュータに接続することができます。 AC アダプタの電源ケーブルマネージャは取り外すことができます。 詳細については、AC アダプタに付いているラベルを参照してください。 D / B a y コ ネ ク タ 1 3 9 4 コ ネ ク タ 右側のライトが消灯している場合、メディアベースはネットワーク接続を検出していません。
    • p. 6/101
      オ ー デ ィ オ コ ネ ク タ P C カ ー ド ス ロ ッ ト - PC カードスロットはモデムやネットワークアダプタなどの PC カードを 1 枚だけサポートします。 コンピュータには出荷時に、プラスチック製のダミーカードが PC カードスロットに 取り付けられています。 詳細については、「 PC カードの使い方 」 を参照してください。 S e c u r e D i g i t a l メ モ リ カ ー ド ス ロ ッ ト - Secure Digital メモリカードスロットは、Secure
    • p. 7/101
      U S B コ ネ ク タ ビ デ オ コ ネ ク タ コンピュータの背面 セ キ ュ リ テ ィ ケ ー ブ ル ス ロ ッ ト - このスロットを使って、市販の盗難防止用品をコンピュータに取り付けることができます。 盗難防止用品の取り付け方法は、 通常、購入された盗難防止用品に付属し ています。 コンピュータの底面 警 告 : 通気孔を塞い だ り、 物を押し込ん だ り、 埃や異 物が入らないようにしてください。 火 災の原 因に な っ た り、コンピュータを損 傷す る恐れ が あ り ま す。
    • p. 8/101
      バ ッ テ リ ー リ リ ー ス ラ ッ チ - バッテリーを取り外します。 詳細については、「 バッテリーの取り外し 」 を参照してください。 バ ッ テ リ ー充 電ゲ ー ジ - バッテリー充電の情報を提供します。 「 充電ゲージ 」 を参照してください。 ドッキングデバイスコネクタ - コンピュータをメディアベースドッキングデバイスに取り付けます。 詳細については、ドッキングデバイスに付属しているマニュアルを参照してください。 バ ッ テ リ ー / バ ッ テ リ ー ベ イ - バッテリーが取り付けられていると、コンピュータをコンセントに接続しなくてもコンピュータを使うことができます。「
    • p. 9/101
      補足事項 快適な使い方 認可機関の情報 品質の保証について 快適な使い方 コンピュータワークステーションを快適に効率よく使用するため、コンピュータワークステーションの設置と使用に関しては、以下の注意事項を守ってください。 l 作業中は、コンピュータが身体の正面にくるように配置します。 l コンピュータのディスプレイの角度、コントラストや輝度設定、および周囲の照明 (天井の照明、卓上ライト、周囲の窓にかかっているカーテンやブラインド) を調整し、ディスプレイの反射を最小限に抑えます。 l コンピュータに外付けモニターを接続する場合、モニターは適度に離して
    • p. 10/101
      l クラスB - 主として住宅環境用 情報技術装置 (ITE; Information Technology Equipment) は、周辺機器、拡張カード、プリンタ、入出力 (I/O) 装置、モニターなどを含み、コンピュータに統合または接続されるもので、コンピュータの電磁環境の類別に適合しなければなりません。 シ ー ル ド付き信号ケ ー ブ ル に関す る注 意 : 周辺機 器の デ ル製装置へ の接続にはシールド付きケーブルのみを使 用し て、 無 線 通 信サ ー ビ ス と の干渉の可 能 性を減らしてください。
    • p. 11/101
      ENERGY STAR® へ の準拠 特定の Dell コンピュータは、省エネコンピュータを目指した EPA (米国環境保護局) が規定する要件を満たしています。 お使いのコンピュータに ENERGY STAR® エンブレムが付いている場合、このコンピュータの出荷時の構成はこの規格に準拠しており、コンピュータの ENERGY STAR® 省電力機能のすべてが使用できます。 メ モ: ENERGY STAR® エンブレムの付いた Dell コンピュータは、デルからの出荷時に EPA ENERGY STAR®
    • p. 12/101
      ASF (Alert Standard Format) ASF (Alert Standrard Format) は、「プリオペレーティングシステム」 または 「オペレーティングシステム不在」 警告技術を指定する DMTF (Distributed Management Task Force) 管理基準です。 オペレーティングシステムがスリープ状態にあるとき、またはシステムの電源が切れているときに、セキュリティの問題および障害が発生している可能性があるという警告を発するよう設定されています。 ASF は、以前のオペレーティングシステムの不在警告テクノロジに代わるものとして設計されています。
    • p. 13/101
      バッテリーの使い方 バッテリーの性能 バッテリーの充電チェック バッテリーの充電 バッテリーの取り外し バッテリーの取り付け バッテリーの保管 バッテリーの性能 コンピュータを最適な性能で使用し、BIOS の設定を維持するため、Dell™ ノートブックコンピュータは常にメインバッテリーを搭載した状態でお使いください。 コンピュータがコンセントに接続されていない場合、バッテリーを使用してコンピュータを起動します。 バッテリーベイにはバッテリーが 1 つ、標準で搭載されています。 バッテリーの動作時間は、使用状況に応じて異なります。
    • p. 14/101
      バ ッ テ リ メ ー タ ー ウィンドウは、コンピュータのバッテリーの充電レベル、および充電完了時間を表示します。 また、コンピュータがメディアベースに接続されている場合 (ドッキング)、バ ッ テ リ メ ー タ ー ウィンドウには、充電レベルおよびメディアベースバッテリーの現在の状況を表示する バッテリのドッキング タブが含まれます。 バ ッ テ リ メ ー タ ー ウィンドウでは、以下のアイコンが表示されます。 QuickSet の詳細については、タスクバーにある アイコンを右クリックして、ヘ
    • p. 15/101
      バッテリーの充電容量の約 90 % を消費すると、バッテリーの低下を知らせる警告が鳴ります。 コンピュータから 1 回ビープ音が発せられたら、バッテリーの動作時間が最低限になったことを示しています。 その間、スピーカーは定期的にビープ音を鳴らします。 バッテリーを 2 つ取り付けている場合、バッテリーの低下を知らせる警告は、両方のバッテリーを合わせた充電残量が約 90 % 消費していることを意味します。 バッテリーの充電残量が極端に少なくなると、コンピュータは休止状態モードに入ります。 バッテリーの低下を知らせる警告の詳細については、「
    • p. 16/101
      1. リリースラッチがカチッと所定の位置に収まるまで、バッテリーをベイにスライドします。 オプションの拡張バッテリーの取り付け バッテリーの保管 長期間コンピュータを保管する場合、バッテリーを取り外してください。 バッテリーは、長期間保管していると放電してしまいます。 長期間保管後にコンピュータをお使いになるときは、完全に バッテリーを 再充電 してください。
    • p. 17/101
      Dell™ D/Bay の使い方 Dell D/Bay の使い方 コンピュータの電源が切れている場合のデバイスの取り外しと取り付け コンピュータの電源が入っている場合のデバイスの取り外しと取り付け CD または DVD トレイの使い方 Dell D/Bay の使い方 フロッピードライブやオプティカルドライブなどのような Dell Latitude™ D シリーズのデバイスを取り付けることができます。 コンピュータの電源が切れている場合のデバイスの取り外しと取り付け 1. デバイスリリースラッチを押すと、リリースラッチが飛び出します。
    • p. 18/101
      3. デバイスリリースラッチを押すと、リリースラッチが飛び出します。 4. リリースラッチを引いて、デバイスを D/Bay から取り外します。 5. 新しいデバイスをベイの中に挿入し、カチッという感触が持てるまでデバイスを押して、デバイスリリースラッチをベイと揃うように押し込みます。 Windows XP は自動的に新しいデバイスを認識します。 6. 必要に応じて、パスワードを入力してドライブのロックを解除します。 Windows 2000 1. タスクバーにある ハードウェアの取り外し ま た は取り出し
    • p. 19/101
      5. 新しいデバイスをベイの中に挿入し、カチッという感触が持てるまでデバイスを押して、デバイスリリースラッチをコンピュータと揃うように押し込みます。 6. オペレーティングシステムが新しいデバイスを認識したら、閉じ る をクリックします。 CD または DVD トレイの使い方 1. ドライブの前面にある取り出しボタンを押します。 2. トレイを引き出します。 3. トレイの中央に、ラベルのある方を上にしてディスクを置きます。 4. ディスクを回転軸にきちんとはめ込みます。 5. トレイを押してドライブに戻します。
    • p. 20/101
      ボリュームコントロールのオプションの詳細については、ボ リ ュ ー ム コ ン ト ロ ー ル ウィンドウの ヘ ル プ をクリックしてください。 音量メーターにミュートを含む現在のボリュームレベルが表示されます。 タスクバーにある アイコンを右クリックするか、ボリュームコントロールボタンをクリックして、画面上の音量メーターを有効ま たは無効にします ( Dell QuickSet がインストールされている場合)。 メーターが有効の場合、音量を調節するにはボリュームコントロールボタンを使用するか、または以下のキーを押します。
    • p. 21/101
      コンピュータをクリーニングする コンピュータ、キーボード、ディスプレイ タッチパッド フロッピードライブ CD および DVD コンピュータ、キーボード、ディスプレイ l 掃除機のブラシを使って、コンピュータのスロット部分や穴の開いている部分、およびキーボード上のキーの間のゴミを慎重に取り除きます。 l 水、または LCD 用クリーナーで湿らせた柔らかく、糸くずの出ない布でディスプレイをきれいになるまで拭きます。 l 水で湿らせた柔らかく、糸くずの出ない布でコンピュータとキーボードを拭きます。 布から水がにじみ出てタッチパッドやパームレストに染み込まないようにしてください。
    • p. 22/101
      Dell Diagnostics (診断) プログラム Dell Diagnostics ( 診断) プログラムを使 用する場 合 お使いのコンピュータに問題が発生した場合、デルテクニカルサポートにお問い合わせになる前に、「 問題の解決 」 にあるチェック事項を実行し、Dell Diagnostics (診断) プログラムを実行します。 Dell Diagnostics (診断) プログラムを実行すると、デルにお問い合わせにならなくても、ご自分で問題を解決することができます。 デルにお問い合わせになる際に、そのテスト結果がデルのテクニカルサポート担当者に重要な情報を提供します。
    • p. 23/101
      2. テスト中に問題を検出すると、エラーコードと問題の説明を示すメッセージが表示されます。 エラーコードと問題の説明を記録して、画面の指示に従います。 エラーが解決できない場合、 デルにお問い合わせください 。 3. Custom Test または Symptom Tree オプションからテストを実行する場合、該当するタブをクリックします (詳細については、以下の表を参照)。 4. テストが完了したら、画面を閉じて、M a i n M e n u 画面に戻ります。 Dell Diagnostics (診断)
    • p. 24/101
      ディスプレイの使い方 輝度の調整 画面モードの操作 ディスプレイ解像度の設定 デュアルインディペンデントディスプレイモード 輝度の調整 Dell™ コンピュータがバッテリーで動作している場合、該当するディスプレイの キーボードショートカット を使って、輝度を快適に使用できる最低の設定にして、節電することができます。 Dell QuickSet の輝度メーターは、現在の輝度の設定をディスプレイに表示します。 タスクバーにある アイコンを右クリックして、画面上の輝度メーターを有効または無効にします。 QuickSet
    • p. 25/101
      Microsoft® Windows® XP 1. ス タ ー ト ボタンをクリックして、コントロールパネル をクリックします。 2. 作 業す る分 野を選び ま す で、デ ス ク ト ッ プ の表 示と テ ー マ をクリックします。 3. 作 業を選び ま す で、変更する項目をクリックします。 または コントロールパネルを選ん で実行し ま す で、画面 をクリックします。 4. 画面の色 および 画面の解 像 度 で、別の設定にしてみます。 Windows 2000 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、設
    • p. 26/101
      ソフトウェアの再インストール ドライバおよびユーティリティの再インストール ソフトウェアおよびハードウェアの非互換性の解決 Microsoft® Windows® XP システムの復元の使い方 Microsoft® Windows® XP の再インストール Microsoft Windows 2000 の再インストール ドライバおよびユーティリティの再インストール ドライバとは ? ドライバは、プリンタ、マウス、キーボードなどのデバイスを制御するプログラムです。 すべてのデバイスにドライバプログラムが必要です。
    • p. 27/101
      Windows XP デバイスドライバのロールバックの使い方 新たにドライバをインストールまたはアップデートした後にシステムに問題が生じた場合、Windows XP デバイスドライバのロールバックにより、以前にインストールしたバージョンのドライバに置き換えることができます。 1. ス タ ー ト ボタンをクリックして、コントロールパネル をクリックします。 2. 作 業す る分 野を選び ま す で、パフォーマンスとメンテナンス をクリックします。 3. シ ス テ ム をクリックします。 4. シ ス
    • p. 28/101
      1. 前項で記述されているように、お使いのハードドライブにドライバファイルを解凍してから、ス タ ー ト ボタンをクリックし、設 定 をポイントして、コントロールパネル をクリックします。 2. シ ス テ ム アイコンをダブルクリックします。 3. ハ ー ド ウ ェ ア タブをクリックします。 4. デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ をクリックします。 5. インストールするドライバのデバイスタイプをダブルクリックします (たとえば、モ デ ム または 赤 外 線デ バ イ ス)。 6. デバイスの名前をダブルクリックします。
    • p. 29/101
      Microsoft® Windows® XP システムの復元の使い方 ハードウェア、ソフトウェア、またはその他のシステム設定を変更したために、コンピュータが正常に動作しなくなってしまった場合、Microsoft Windows XP オペレーティングシステムのシステムの復元を使用して、コンピュータを以前の動作状態に復元することができます (データファイルへの影響はありません)。 システムの復元の使い方については、 ヘルプとサポートセンター を参照してください。 復 元ポイントの作 成 1. ス タ ー
    • p. 30/101
      新しくインストールしたドライバの問題を解消するために Windows XP オペレーティングシステムを再インストールする場合、Windows XP の デバイスドライバのロールバック を試してみます。 デバイスド ライバのロールバックを実行しても問題が解決されない場合、 システムの復元 を使ってオペレーティングシステムを新しいデバイスドライバがインストールされる前の動作状態に戻します。 Windows XP を再インストールするには、以下のアイテムが必要です。 l Dell™ 『オペレーティングシステム
    • p. 31/101
      13. M i c r o s o f t W i n d o w s へようこそ 画面が表示されたら、次へ をクリックします。 14. インターネットに接続す る方 法を指 定してください というメッセージが表示されたら、省 略 をクリックします。 15. M i c r o s o f t に ユ ー ザ ー登録す る準 備は で き ま し た か ? 画面が表示されたら、い い え、 今 回は ユ ー ザ ー登録し ま せ ん を選び、次へ をクリックします。 16. このコンピュータを使う ユ
    • p. 32/101
      コンピュータについて調べる 何を お探し で す か ? こ ち ら を ご覧ください l コンピュータの Diagnostics (診断) プログラム l コンピュータのドライバ l コンピュータのマニュアル l デバイスのマニュアル 『 Drivers and Utilities CD』 ( 『R e s o u r c e C D』 と も呼ば れ ま す) マニュアルとドライバは、出荷時にコンピュータにプリインストールされています。 CD を使用して、ドライバを再インストールしたり、 Dell
    • p. 33/101
      l オペレーティングシステムの再インストール 『 オペレーティングシステム C D』 『オペレーティングシステム CD』 を使って、オペレーティングシステムを再インストールした後、『Drivers and Utilities CD』 を使って、お使いのコンピュータに付属しているデバイス用のドライバを再インストールします。 オペレーティングシステムの Product Key (プロダクトキー) は、コンピュータの側面に記載されています。
    • p. 34/101
      困ったときは テクニカルサポート ご注文に関する問題 製品情報 保証期間中の修理と返品について お問い合わせになる前に デルへのお問い合わせ テクニカルサポート 技術上の問題のサポートを受けなければならないときは、以下の手順に従います。 1. 「 問題の解決 」 の手順を完了します。 2. Dell Diagnostics (診断) プログラム を実行します。 3. Diagnostics (診断) チェックリスト を印刷して、それに記入します。 4. インストールとトラブルシューティングの手順については、デルサポート
    • p. 35/101
      2 4 時間納期案内電 話サービス 注文したデル製品の状況を確認するには、support.jp.dell.com にアクセスするか、または、24 時間納期案内電話サービスにお問い合わせください。電話番号については、お住まいの地域の お問い合 わせ番号 を参照してください。 テクニカルサポートサービス デル製品に関するお問い合わせは、デルテクニカルサポートをご利用ください。 テクニカルサポートに電話をおかけになると、サポートスタッフがお問い合わせ内容の確認のために、ご使用のシステムの詳細をお聞きすることがあります。サポートスタッフはその情報を元に、正確な回答を迅速に提供します。
    • p. 36/101
      デルへのお問い合わせ インターネット上でのデルへのアクセスは、次のアドレスをご利用ください。 l www.dell.com/jp l support.jp.dell.com (テクニカルサポート) メ モ: フリーコールは、サービスを提供している国内のみでご利用になれます。 デルへお問い合わせになるときは、各国のデルの電話番号、 E メールアドレスをまとめた次の表を参照してください。どのコードを選択するかは、どこから電話をかけるか、また受信先によっても異なります。さらに、国によって国際電話のかけ方も変わってきます。国際電話のかけ方については、国内または国際電話会社にお問い合わせください。
    • p. 37/101
      代表 0820 240 530 00 バ ハ マ 一般サポート フリーコール:1-866-278-6818 バルバドス 一般サポート 1-800-534-3066 ベ ル ギ ー (ブ リ ュ ッ セ ル) 国際電話アクセスコード:0 0 国番号:3 2 市外局番:2 ウェブサイト: support.euro.dell.com E メール: tech_be@dell.com E メール (フランス語用): support.euro.dell.com/be/fr/emaildell/ テクニカルサポート
    • p. 38/101
      市外局番:2 Fax 02 2186 27 14 TechFax 02 2186 27 28 代表 02 2186 27 11 デ ン マ ー ク (コ ペ ン ハ ー ゲ ン) 国際電話アクセスコード:0 0 国番号:4 5 ウェブサイト: support.euro.dell.com E メールサポート (ノートブックコンピュータ): den_nbk_support@dell.com E メールサポート (デスクトップコンピュータ): den_support@dell.com E メールサポート (サーバー):
    • p. 39/101
      香 港 国際電話アクセスコード:0 0 1 国番号:8 5 2 ウェブサイト: support.ap.dell.com E メール: ap_support@dell.com テクニカルサポート (Dimension / Inspiron) 296 93188 テクニカルサポート(Dell Precision / OptiPlex / Latitude) 296 93191 カスタマーサービス (テクニカル以外、ポストセールス) 800 93 8291 Dimension / Inspiron セールス
    • p. 40/101
      国番号:6 0 市外局番:4 Dimension / Inspiron セールス フリーコール:1 800 888 202 法人セールス フリーコール:1 800 888 213 メ キ シ コ 国際電話アクセスコード:0 0 国番号:5 2 カスタマーテクニカルサポート 001-877-384-8979 または 001-877-269-3383 セールス 50-81-8800 または 01-800-888-3355 カスタマーサービス 001-877-384-8979 または 001-877-269-3383
    • p. 41/101
      ポルトガル 国際電話アクセスコード:0 0 国番号:3 5 1 ウェブサイト: support.euro.dell.com E メール: support.euro.dell.com/pt/en/emaildell/ テクニカルサポート 707200149 カスタマーケア 800 300 413 セールス 800 300 410 または 800 300 411 または 800 300 412 または 21 422 07 10 Fax 21 424 01 12 プ エ ル ト リ コ 一般サポート 1-800-805-7545
    • p. 42/101
      または 0800 33 556 法人セールス フリーコール:0080 651 227 または 0800 33 555 タ イ 国際電話アクセスコード:0 0 1 国番号:6 6 テクニカルサポート フリーコール:0880 060 07 カスタマーサービス (マレーシア、ペナン) 604 633 4949 セールス フリーコール:0880 060 09 ト リ ニ ダ ー ド ・ ト バ コ 一般サポート 1-800-805-8035 タ ー ク ス&カ イ コ ス諸 島 一般サポート フリーコール:1-866-540-3355
    • p. 43/101
      用語集 A B C D E F G H I K L M N P R S T U V W X Z あ か さ た な は ま や ら この用語集に収録されている用語は、情報の目的として提供されています。お使いのコンピュータに搭載されている機能についての記載がない場合もあります。 A A C - alternating current (交流) - コンピュータの AC アダプタ電源ケーブルをコンセントに差し込むと供給される電気の様式です。 A C P I - advanced configuration
    • p. 44/101
      C D-R W ド ラ イ ブ - CD のデータを読み取ったり、CD-RW (書き換え可能な CD) ディスクや CD-R (書き込み可能な CD)ディスクにデータを書き込むことができるドライブです。 CD-RW ディスクに は、繰り返し書き込むことが可能ですが、CD-R ディスクには一度しか書き込むことができません。 C D-R W / D V D ド ラ イ ブ - コンボドライブとも呼ばれます。CD および DVD のデータを読み取ったり、CD-RW (書き換え可能な CD) ディスクや CD-R
    • p. 45/101
      E I D E - enhanced integrated device electronics - ハードドライブと CD ドライブ用の IDE インタフェースの改良バージョンです。 E M I - electromagnetic interference (電磁波障害) - 電磁放射線が原因で起こる電気障害です。 E N E R G Y S T A R® - Environmental Protection Agency (米国環境保護局) が規定する、全体的な電力の消費量を減らす要件です。 E P
    • p. 46/101
      I C - integrated circuit (集積回路) - コンピュータ、オーディオ、およびビデオ装置用に製造された、何百万もの極小電子コンポーネントが搭載されている半導体ウェーハー、またはチップです。 I D E - integrated device electronics - ハードドライブまたは CD ドライブにコントローラが内蔵されている大容量ストレージデバイス用のインタフェースです。 I E E E 1 3 9 4 - Institute of Electrical and Electronics
    • p. 47/101
      M B - メガバイト - データの単位です。1 MB は 1,048,576 バイトです。 1 MB は 1,024 KB です。 ハードドライブの記憶領域容量を示す場合に、1,000,000 バイトに切り捨てられることもあります。 M B / s e c - メガバイト / 秒 - 1,000,000 バイト / 秒です。 通常、データの転送速度の計測単位に使用します。 M H z - メガヘルツ - 周波数の単位です。1,000,000 サイクル / 秒です。 通常、コンピュータのマイクロプロセッサ、バス、インタフェースの処理速度は
    • p. 48/101
      R A M - random-access memory (ランダムアクセスメモリ) - プログラムの命令やデータを保存するコンピュータの主要な一時記憶領域です。 RAM に保存されている情報は、コンピュータをシャット ダウンすると失われます。 r e a d m e フ ァ イ ル - ソフトウェアのパッケージまたはハードウェア製品に添付されているテキストファイルです。 通常、readme ファイルには、インストール手順、新しく付け加えられた機能の説明、マ ニュアルに記載されていない修正などが記載されています。
    • p. 49/101
      U T P - unshielded twisted pair (シールドなしツイストペア) - ほとんどの電話回線利用のネットワークやその他の一部のネットワークで利用されているケーブルの種類です。 電磁波障害から保護 するためにワイヤのペアに金属製の被覆をほどこす代わりに、シールドなしのワイヤのペアがねじられています。 U X G A - ultra extended graphics array - 1600 × 1200 までの解像度をサポートするビデオカードやコントローラのビデオ標準です。 V
    • p. 50/101
      か カ ー ソ ル - キーボード、タッチパッド、またはマウスが次にどこで動作するかを示すディスプレイや画面上の目印です。 通常は点滅する棒線、アンダーライン、または小さな矢印で表示されます。 解 像 度 - プリンタで印刷される画像や、モニターに表示される画像がどのくらい鮮明かという度合です。 解像度を高い数値に設定しているほど鮮明です。 書き込み保 護 - ファイルやメディアにデータの内容を変更不可に設定することです。 書き込み保護を設定しデータを変更または破壊されることのないようにデータを保護します。
    • p. 51/101
      さ サ ー ジ プ ロ テ ク タ - コンセントを介してコンピュータに影響を与える電圧変動 (雷などの原因で) から、コンピュータを保護します。 サージプロテクタは、落雷や AC 電圧が 20 % 以上低下する電圧変 動で起こる停電からはコンピュータを保護することはできません。 ネットワーク接続はサージプロテクタでは保護できません。 雷雨時は、必ずネットワークケーブルをネットワークコネクタから外してください。 サービスタグ - コンピュータに貼ってあるバーコードラベルのことです。デルサポート support.jp.dell.com
    • p. 52/101
      デ バ イ ス - コンピュータ内部に取り付けられているか、またはコンピュータに接続されているディスクドライブ、プリンタ、キーボードなどのハードウェアです。 デ バ イ ス ド ラ イ バ - ド ラ イ バ を参照してください。 デ ュ ア ル デ ィ ス プ レ イ モ ー ド - お使いのディスプレイの拡張として、2 台目のモニターを使えるようにするディスプレイの設定です。 拡張ディスプレイモードとも呼ばれます。 ドッキングデバイス - A P R を参照してください。 ド メ イ ン - ネットワーク上のコンピュータ、プログラム、およびデバイスのグループで、特定のユーザーグループによって使用される共通のルールと手順のある単位として管理されます。
    • p. 53/101
      ヒ ー ト シ ン ク - 放熱の役目をするマイクロプロセッサに付属する金属板です。 ピ ク セ ル - ディスプレイ画面のシングルポイントです。 ピクセルが縦と横に並び、イメージを作ります。 ビデオの解像度 (800 × 600 など) は、上下左右に並ぶピクセルの数で表します。 ビ ッ ト - コンピュータが認識するデータの最小単位です。 ビ デ オ解 像 度 - 解 像 度 を参照してください。 ビ デ オ コ ン ト ロ ー ラ - お使いのコンピュータに (モニターの組み合わせにおいて) ビデオ機能を提供する、ビデオカードまたは
    • p. 54/101
      モ デ ム - アナログ電話回線を介して他のコンピュータと通信するためのデバイスです。モデムには、外付けモデム、PC カード、および内蔵モデムの 3 種類があります。 通常、モデムはインターネット への接続や E メールの交換に使用されます。 モ ニ タ ー - 高解像度のテレビのようなデバイスで、コンピュータの出力を表示します。 や 読み取り専用 - 表示することはできますが、編集したり削除できないデータやファイルです。 次のような場合にファイルを読み取り専用に設定できます。 l フロッピーディスク、CD、または
    • p. 55/101
      1. セットアップユーティリティを起動します。 a. コンピュータの電源を入れます。 b. DELL™ ロゴが表示されたら、 を押します。 2. B a s i c D e v i c e C o n f i g u r a t i o n にある Infrared Data Port が表示されるまで、 を押します。 3. 下矢印キーを押して、Infrared Data Port 設定を選択し、右矢印キーを押して COM ポートの設定を変更します。 4. 下矢印キーを押して、Infrared Mode
    • p. 56/101
      キーボードとタッチパッドの使い方 テンキーパッド キーボードショートカット タッチパッド テンキーパッド テンキーパッドは、外付けキーボードのテンキーパッドの機能と同じように使用できます。 キーパッドの各キーは、複数の機能があります。 l テンキーパッドを有効にするには、<Fn> を押したまま <F4> を押します。 のライトが点灯して、<Num Lk> が有効であることを示します。 l キーパッドを無効にするには、もう一度 <Fn><F4>
    • p. 57/101
      ディスプレイ関連 無線通信 (ワイヤレスネットワークおよび Bluetooth™ を含む) 電 力の管 理 スピーカー関連 Microsoft® Windows® ロゴキー関連 画面モードの表示を次の画面オプションに切り替えます。 このオプションには、内蔵ディスプレイ、外付けモニター、内蔵ディスプレイと外付けモニターの同時表示が含まれています。 内蔵ディスプレイの輝度を上げます (外付けモニターには適用されません)。 内蔵ディスプレイの輝度を下げます (外付けモニターには適用されません)。 ワイヤレスネットワークおよび
    • p. 58/101
      文字の表示間隔など、キーボードの動作を調節するには、次の手順を実行します。 l Windows XP の場合、ス タ ー ト ボタンをクリックして、コントロールパネル をクリックします。 次に、プリンタとその他のハードウェア をクリックして、キ ー ボ ー ド をクリックします。 l Windows 2000 の場合、ス タ ー ト ボタンをクリックし、設 定 をポイントして、コントロールパネル をクリックしてから、キ ー ボ ー ド アイコンをダブルクリックします。 タッチパッド タッチパッドは、指の圧力と動きを検知して画面上のカーソルを動かします。
    • p. 59/101
      パスワード パスワードについて プライマリパスワードの使い方 システム管理者パスワードの使い方 ハードドライブパスワードの使い方 管理タグの割り当て パスワードについて プライマリパスワードは、使用を許可されていないユーザーによるコンピュータの起動を防ぐことができます。 プライマリパスワードの代わりに、システム管理者パスワードを使用することができます。 ドライブが別のコンピュータに取り付けられている場合でも、ハードドライブパスワードを設定すると、使用を許可されていないユーザーのデータへのアクセスができなくなります。
    • p. 60/101
      システム管理者パスワードの使い方 システム管理者パスワードは、コンピュータを修理または再設定するシステム管理者またはサービス技術者がアクセスします。システム管理者または技術者が複数のコンピュータに同一のシステム管理者パスワードを登録すると、ユーザーはプライマリパスワードを設定することができます。 システム管理者パスワードを設定すると、セットアップユーティリティの Configure Setup オプションが有効になります。 Configure Setup オプションでは、プライマリパスワードによってシステムへのアクセスを制限できるのと同様に、セットアップユーティリティへのアクセスも制限できます。
    • p. 61/101
      『Drivers and Utilities CD』 を使って起動ディスクを作成します。 その後、起動ディスクを使って管理タグを割り当てます。 1. 開いているファイルをすべて保存してから閉じ、実行中のプログラムをすべて終了します。 フロッピードライブを搭載した Dell™ D/Bay をコンピュータの左側にあるパワー USB コネクタに接続します。 または、USB フロッピードライブをコンピュータの右側にある USB コネクタに接続します。 2. 『Drivers and Utilities CD』
    • p. 62/101
      管理タグオプション (次の表を参照) の 1 つを使用するには、次の手順を実行します。 1. 「 管理タグの割り当て 」 で作成した起動ディスクを使って、コンピュータを起動します。 2. asset と入力し、スペースを 1 つ入れてからオプションを入力して、<Enter> を押します。 管 理タグオプション 説明 /d 管理タグを削除します。 /o owner tag 新しい所有者タグを設定します。 /o /d 所有者タグを削除します。 /? 管理タグ設定ユーティリティのヘルプ画面を表示します。
    • p. 63/101
      PC カードの使い方 PC カードについて PC カードのダミーカード 拡張型 PC カード PC カードの取り付け PC カードまたはダミーカードの取り外し PC カードについて サポートされている PC カードについては、「 仕様 」 を参照してください。 PC カードスロットにはコネクタが 1 つあり、Type I または Type II カードを 1 枚サポートします。 PC カードスロットは、CardBus テクノロジおよび拡張型 PC カードをサポートしています。 PC カードの 「Type」
    • p. 64/101
      コンピュータは大半の PC カードを認識し、自動的に適切なデバイスドライバをロードします。 設定プログラムで製造元のドライバをロードするよう指示が画面に表示されたら、PC カードに付属しているフロッピーディスクまたは CD を使用します。 PC カードまたはダミーカードの取り外し ラッチを押してカードまたはダミーカードを慎重に取り外します。 ラッチによっては、ラッチを 2 回押す必要があります。 1 回目でラッチが外れ、2 回目でカードが出てきます。 1. 取り出しボタンを押します。 2. もう一度取り出しボタンを押します。
    • p. 65/101
      問題の解決 電源の問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 エラーメッセージ メッセージが一覧にない場合、オペレーティングシステムのマニュアル、またはメッセージが表示された際に実行していたプログラムのマニュアルを参照してください。 電源の問題 エラーメッセージ ビデオとディスプレイの問題 サウンドとスピーカーの問題 プリンタの問題 モデムおよびインターネット接続の問題 タッチパッドまたはマウスの問題 外付けキーボードの問題 入力時の問題
    • p. 66/101
      接続を確認します。 セットアップユーティリティで P o i n t i n g D e v i c e オプションの設定を有効にします。 問題が解決しない場合、 デルにお問い合わせください 。 B a d c o m m a n d o r f i l e n a m e (コ マ ン ド名ま た は フ ァ イ ル名が違う) - 正しいコマンドを入力したか、スペースの位置は正しいか、パス名は正しいか確認します。 Cache disabled due to failure ( 障 害に よ り キ ャ
    • p. 67/101
      Invalid configuration information-please run System Setup Program (シ ス テ ム情 報が間 違っ て い ま す - セ ッ ト ア ッ プ ユ ー テ ィ リ テ ィ を実行し ま す ) - システ ム設定情報がハードウェア構成と一致しません。 メモリモジュールの取り付け後などにこのメッセージが表示されることがあります。 セットアップユーティリティで対応するオプションを修正します。 「 よく使用されるオプション 」 を参照してください。
    • p. 68/101
      ビデオとディスプレイの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 画面に何も表 示されない場 合 Sector not found (セ ク タ ー が見つ か り ま せ ん) - オペレーティングシステムがフロッピーまたはハードドライブ上のセクターを見つけることができません。 フロッピーディス クまたはハードドライブが不良セクターを持っているか、FAT が破壊されている可能性があります。 Windows のエラーチェックユーティリティを実行して、フロッピーディスクまたはハードドライブのファイル構造を調べます。
    • p. 69/101
      画面が見づらい場 合 画面の一 部し か表 示されない場 合 サウンドとスピーカーの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 内 蔵スピーカーに問 題がある場 合 画面モ ー ド を操 作し ま す - コンピュータが外付けモニターに接続されている場合、<Fn><F8> を押して、画面モードを切り換えます。 輝 度を調 整し ま す - 輝度の調整については、「 輝度の調整 」 を参照してください。 サブウーハーをコンピュータまたはモニターから遠ざ
    • p. 70/101
      外 付けスピーカーに問 題がある場 合 プリンタの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 メ モ: MP3 プレーヤーの音量調節は、Windows の音量設定より優先されることがあります。 MP3 の音楽を聴く場合、プレーヤーの音量が十分か確認してください。 ス ピ ー カ ー ケ ー ブ ル の接続を確 認し ま す - スピーカーに付属しているセットアップ図を参照してください。 コンセントを確 認し ま す - 電気スタンドなどの別の電化製品で試して、コンセントに問題がないか確認します。
    • p. 71/101
      モデムおよびインターネット接続の問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 プリンタが一覧に表示されている場合、プリンタのアイコンを右クリックします。 2. プ ロ パ テ ィ をクリックして、ポ ー ト タブをクリックします。 3. 印 刷す る ポ ー ト オプションが、 以下のプリンタの種類に応じて設定されているか確認します。 l パラレルプリンタ - LPT1 (プリンタポート) l USB プリンタ - U S B プリンタドライバを再イ
    • p. 72/101
      タッチパッドまたはマウスの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 外付けキーボードの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト を記入してください。 すべてのコマンドに応答がある場合、モデムは正しく動作しています。 Windows 2000 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、設 定 をポイントして、コントロールパネル をクリックします。 2. 電 話と モ デ ム の オ プ シ ョ ン をダブルクリックします。
    • p. 73/101
      入力時の問題 文字の代わりに数字が表示される場合、<Fn><F4> を押して、テンキーパットを無効にします。 NumLock ライトが点灯していないことを確認します。 ドライブの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 フロッピードライブにファイルを保 存できない場 合 キーボード延長ケーブルを使用している場合、延長ケーブルを外してキーボードを直接コンピュータに接続します。 外 付けキーボードを確 認し ま す
    • p. 74/101
      C D、C D-R W、または DVD を再 生できない場 合 高速 CD ドライブの振動は異常ではなく、通常、ノイズを引き起こすこともあります。 このノイズは、ドライブや CD の異常ではありません。 CD または DVD/CD-RW ドライブトレイが取り出せない場 合 聞きなれない摩擦音またはきしむ音がする場 合 DVD/CD-RW ドライブに書き込みができない場 合 ド ラ イ ブ の エ ラ ー を確 認し ま す l ドライブのエラーメッセージが表示される場合、「 エラーメッセージ 」 の説明を参照してください。
    • p. 75/101
      ハードドライブに問 題がある場 合 PC カードの問題 ネットワークの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 プログラムの一般的な問題 実行 中の そ の他すべてのプログラムを閉じ ま す - CD-RW に書き込む前に、実行中のその他すべてのプログラムを閉じることで、問題を回避できる場合があります。 コンピュータを室温に戻し て か ら電 源を入れ ま す - ハードドライブが高温になっているため、オペレーティングシステムが起動しないことがあります。
    • p. 76/101
      以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 プログラムが壊れ た場 合 プログラムの反応が停 止し た場 合 画面が青一 色になった場 合 エラーメッセージが表 示される場 合 コンピュータが濡れた場合 1. コンピュータの電源を切り、コンピュータおよびコンセントから AC アダプタを外します。 2. コンピュータに接続されている外付けデバイスの電源を切り、各電源ケーブルを抜いた上で、コンピュータから外します。 3. コンピュータ背面にある塗装されていない金属製のコネクタに触れて、身体の静電気を逃がします。
    • p. 77/101
      9. コンピュータ背面にある塗装されていない金属製のコネクタに触れて、身体の静電気を逃がします。 10. メモリモジュール、メモリモジュールカバー、およびネジを取り付けます。 11. 取り外したすべての PC カードを取り付けます。 12. バッテリーを取り付けます。 13. コンピュータの電源を入れて、コンピュータが正しく動作しているか確認します。 コンピュータが起動しない場合や、どのコンポーネントが損傷を受けたのかわからない場合、 デルにお問い合わせください 。 コンピュータを落としたり損傷を与えた場合
    • p. 78/101
      電力の管理 電力管理のヒント 電力の管理ウィザード 省電力モード 電源オプションのプロパティ 電力管理のヒント l バッテリーの寿命は、充電される回数によって大きく異なりますので、コンピュータはできるだけコンセントに接続してお使いください。 l 長時間コンピュータから離れるときは、コンピュータを スタンバイモード または 休止状態モード にしてください。 l 省電力モードを終了するには、電源ボタンを押します。 電力の管理ウィザード アイコンをクリックまたはダブルクリックして、電 力の管 理ウ ィ ザ ー
    • p. 79/101
      ¡ Microsoft Windows をシャットダウンして、コンピュータの電源を切る (電 源オ フ) ¡ 画面上でユーザーに指示を出す (必 要な操 作) 電源設定の選択 この画面で電源設定の選択、作成、および編集ができます。 また、お客様が作成した電源設定を削除することはできますが、Dell™ QuickSet の既定の電源設定 (最 大バ ッ テ リ、 最 大パ フ ォ ー マ ンス、 プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン、および ネ ッ ト ワ ー ク無効) は削除できません。 すべての QuickSet
    • p. 80/101
      または l 電 源オ プ シ ョ ン の プ ロ パ テ ィ ウィンドウの 詳 細 設 定 (または 詳 細) タブ で、ご自分で設定した電源管理のオプションに従い、次の方法の 1 つを実行します。 ¡ 電源ボタンを押します。 ¡ ディスプレイを閉じます。 ¡ <Fn> と <Esc> を押します。 スタンバイモードから通常の動作状態に戻るには、 詳 細 設 定 (または 詳 細) タブ のオプション設定に応じて電源ボタンを押すか、またはディスプレイを開きます。 キーを押したり、タッチパッドに触れて
    • p. 81/101
      バ ッ テ リ低 下ア ラ ー ム と バ ッ テ リ切れ ア ラ ー ム 設定は、バッテリーの充電量が一定以下になったというメッセージを表示して警告します。 コンピュータがお手元に届いたときには、バ ッ テ リ低 下アラ ー ム と バ ッ テ リ切れ ア ラ ー ム のチェックボックスが選択されています。 これらの設定を変えずにお使いになることをお勧めします。 バッテリー低下アラームの詳細については、「 バッテリーの使い 方 」 を参照してください。 電 源メータータブ 電 源メ ー タ ー タブは、現在の供給電源と、バッテリーの充電残量を表示します。
    • p. 82/101
      Dell™ QuickSet 機能 QuickSet アイコンのクリック QuickSet アイコンのダブルクリック QuickSet アイコンの右クリック Dell™ QuickSet は、タスクバーにある アイコンから実行しますが、機能はアイコンをクリック、ダブルクリック、右クリックする場合でそれぞれ異なります。 QuickSet アイコンのクリック アイコンをクリックして、以下の機能を実行します。 l 電力の管理ウィザード を使った電源管理設定の調整 l アイコンとツールバーのサイズの調整 l 電力の管理ウィザード
    • p. 83/101
      部品の拡張および交換 メモリの増設 モデムの取り付け ミニ PCI カードの取り付け メモリの増設 システム基板にメモリモジュールを取り付けると、コンピュータのメモリ容量を増やすことができます。 お使いのコンピュータに対応するメモリの情報については、「 仕様 」 を参照してください。 必ずお使い のコンピュータ用のメモリモジュールのみを追加してください。 1. コンピュータカバーを傷つけないように、平らな作業台を使用して、台の上を片付けます。 2. 開いているファイルをすべて保存してから閉じ、実行中のプログラムをすべて終了してから、コンピュータをシャットダウンします。
    • p. 84/101
      9. 身体の静電気を逃がしてから、新しいメモリモジュールを取り付けます。 a. モジュールエッジコネクタの切り込みをコネクタスロットの中央にあるタブに合わせます。 b. モジュールを 45 度の角度でスロットに合わせてしっかりと押し込み、モジュールがカチッと所定の位置に収まるまで押し下げます。 カチッという感触が持てない場合は、モジュールを取り外し、もう一度取り付けます。 10. カバーを取り付けます。 1 メモリモジュール 2 固定クリップ (2) メ モ: メモリモジュールが正しく取り付けられていない場合、コンピュータは起動しないことがあります。
    • p. 85/101
      11. バッテリーをバッテリーベイに取り付けるか、または AC アダプタをコンピュータおよびコンセントに接続します。 12. コンピュータの電源を入れます。 コンピュータは起動時に、増設されたメモリを検出してシステム構成情報を自動的に更新します。 コンピュータに取り付けられたメモリ容量を確認します。 l Microsoft® Windows® XP オペレーティングシステムの場合、ス タ ー ト ボタンをクリックし、ヘルプとサポート をクリックして、コ ン ピ ュ ー タ の情 報 をクリックします。
    • p. 86/101
      8. モデムが取り付けられていない場合、 手順 11 に進みます。モデムを交換する場合、既存のモデムを取り外します。 a. モデムをシステム基板に固定しているネジを外して、横に置きます。 b. 取り付けられているプルタブをまっすぐ引き上げ、モデムをシステム基板上のコネクタから持ち上げて、モデムケーブルを取り外します。 9. モデムケーブルをモデムに接続します。 10. モデムをネジ穴に合わせ、システム基板のコネクタに押し込みます。 11. ネジを取り付けて、モデムをシステム基板に固定します。 12. カバーを取り付けます。
    • p. 87/101
      コンピュータと一緒にミニ PCI カードをご購入された場合、カードは既に取り付けられています。 1. コンピュータカバーを傷つけないように、平らな作業台を使用して、台の上を片付けます。 2. 開いているファイルをすべて保存してから閉じ、実行中のプログラムをすべて終了してから、コンピュータをシャットダウンします。 3. コンピュータがメディアベースに接続されている場合 (ドッキング)、ドッキングを解除します。 手順については、メディアベースに付属しているマニュアルを参照してください。 4. コンピュータをコンセントから外します。
    • p. 88/101
      b. ミニ PCI カードを取り外すには、カードがわずかに浮き上がるまで金属製の固定タブを広げます。 c. ミニ PCI カードをコネクタから持ち上げて、取り外します。 9. ミニ PCI カードを 45 度の角度でコネクタに合わせ、ミニ PCI カードをコネクタに押し込みます。 10. アンテナケーブルをミニ PCI カード上のアンテナコネクタに接続します。 注 意 : ミニ PCI カードの損傷を防ぐため、ケーブルは絶対にカードの上下に置かないでください。 1 コネクタ 2 ミニ PCI カード 注
    • p. 89/101
      11. ミニ PCI カードを約 20 度の角度で、インナータブの方へ下げます。 12. ミニ PCI カードをカチッと収まるまで、コネクタのインナータブの方へ下げます。 13. カバーを取り付けて、ネジを締めます。 1 ケーブルコネクタ (2)
    • p. 90/101
      セットアップユーティリティの使い方 概要 セットアップユーティリティ画面の表示 セットアップユーティリティ画面 よく使用されるオプション 概要 以下のような場合に、セットアップユーティリティを使用します。 l コンピュータパスワードなどのユーザーが選択可能な機能を設定または変更する場合 l システムのメモリ容量など、コンピュータの現在の設定情報を確認する場合 コンピュータをセットアップしたら、セットアップユーティリティを起動して、システム設定情報とオプション設定を確認します。 後で参照できるように、画面の情報を控えておいてください。
    • p. 91/101
      起動順序の変更 Boot Order ページでは、お使いのコンピュータに搭載されている起動可能なデバイスの一般的なリストが表示されます。 以下のような項目がありますが、これ以外の項目が表示されることもあります。 l R e m o v a b l e D e v i c e s l H a r d D r i v e l C D-R O M D r i v e l Onboard NIC 一 回き り の起 動の実行 セットアップユーティリティを起動せずに一回だけ起動順序を設定できます。 (この手順を使って、ハードドライブ上の
    • p. 92/101
      仕様 マイクロプロセッサ システム情報 PC カード メモリ ポートとコネクタ 通信 ビデオ オーディオ ディスプレイ キーボード タッチパッド バッテリー AC アダプタ サイズと重量 環境 マイクロプロセッサ マイクロプロセッサのタイプ モバイル インテル® Pentium® L1 キャッシュ 32 KB (内蔵) L2 キャッシュ 1 MB 外付けバスの周波数 400 MHz シ ス テ ム情 報 システムチップセット Intel 855GM データバス幅 64 ビット DRAM バス幅 64 ビット
    • p. 93/101
      Secure Digital メモリスロット Secure Digital メモリスロット × 1 モデム RJ-11 ポート ネットワークアダプタ RJ-45 ポート 10/100 LAN IEEE 1394 4 ピンシリアルコネクタ 通 信 モデム: タイプ 56K v.92 対応モデムドーターカード内蔵 コントローラ ソフトモデム インタフェース 内蔵 AC97 バス ネットワークアダプタ 10/100 BaseTX Bus Master Ethernet ワイヤレス 内蔵ミニ PCI Wi-Fi
    • p. 94/101
      キー数 84 (アメリカ、カナダ)、85 (ヨーロッパ)、88 (日本語)、86 (ブラジル) キーストローク 2.4 mm キースペース 18.0 mm レイアウト QWERTY / AZERTY / 漢字 タッチパッド X/Y 位置解像度 (グラフィックステーブルモード) 240 cpi 寸法: 横幅 64.88 mm (センサー感知領域) 縦幅 48.88 mm (長方形) バ ッ テ リ ー タイプ 28 WHr スマートリチウムイオン 65 WHr スマートリチウムイオン 寸法: 縦幅 15.60
    • p. 95/101
      環 境 温度範囲: 動作時 0° ~ 35 ℃ 保管時 -40° ~ 65 ℃ 相対湿度(最大): 動作時 10 % ~ 90 % (結露しないこと) 保管時 5 % ~ 95 % (結露しないこと) 最大振動 (ユーザー環境をシミュレートするランダム振動スペクトラムを使用時): 動作時 0.66 GRMS 保管時 1.30 GRMS 最大衝撃 (HDD のヘッド停止位置で 2 ミリ秒のハーフサインパルスで測定): 動作時 122 G 保管時 163 G 高度 (最大): 動作時 -15.2 m ~ 3,048
    • p. 96/101
      ノートブックコンピュータを携帯するときは コンピュータの所有者の証明 コンピュータの梱包 携帯中のヒントとアドバイス コンピュータの所有者の証明 l 名札または名刺をコンピュータに付けるか、または油性マジックやステンシルなどの消えない筆記具で免許証番号など所有者であることを識別できる固有の印をコンピュータに記入します。 l サービスタグ をメモして、コンピュータやキャリングケースとは別の安全な場所に保管します。 コンピュータを紛失したり盗難に遭った場合、警察等の公的機関およびデルに連絡する際に、このサ
    • p. 97/101
      l 手荷物チェックの際にコンピュータの電源を入れるよう指示される場合がありますので、必ず充電されたバッテリーを携帯してください。 l 機内でコンピュータを使う場合、使用が許可されているかどうかを機内雑誌などで確認するか、乗務員にお尋ねください。 航空会社によっては、飛行中の電子機器の使用を禁止している場合があります。 すべての航空会社が、離着陸時の電子機器の使用を禁止しています。 コンピュータを紛 失したり、盗難に遭っ た場 合 l 警察に、コンピュータの紛失または盗難を届け出ます。 コンピュータの説明をする際に、サービスタグをお知らせください。
    • p. 98/101
      Microsoft® Windows® XP の使い方 ヘルプとサポートセンター クラシック表示への切り替え デスクトップクリーンアップウィザード 新しいコンピュータへの情報の転送 ユーザーアカウントおよびユーザーの簡易切り替え 家庭用および企業用ネットワークのセットアップ インターネット接続ファイアウォール ヘルプとサポートセンター ヘルプとサポートセンターは、Windows XP およびその他のサポートツールや教育ツールのヘルプを提供しています。 ヘルプとサポートセンターにアクセスするには、ス タ
    • p. 99/101
      4. O K をクリックします。 デスクトップクリーンアップウィザードを実行するには (いつでも実行できます)、次の手順を実行します。 1. デスクトップ上の何もない場所を右クリックして、プ ロ パ テ ィ をクリックします。 2. デ ス ク ト ッ プ タブをクリックして、デ ス ク ト ッ プ の カ ス タ マ イ ズ をクリックします。 3. デ ス ク ト ッ プ を ク リ ー ン ア ッ プ す る をクリックします。 4. デ ス ク ト ッ プ ク リ ー ン ア ッ プ ウ ィ ザ
    • p. 100/101
      ユーザーアカウントおよびユーザーの簡易切り替え ユーザーアカウントの追 加 Windows XP がインストールされると、コンピュータ管理者または管理者権限を持つユーザーは、追加のユーザーアカウントを作成することができます。 1. ス タ ー ト ボタンをクリックして、コントロールパネル をクリックします。 2. コントロールパネル ウィンドウで、ユ ー ザ ー ア カ ウ ン ト をクリックします。 3. 作 業を選び ま す で、新しいアカウントを作 成す る をクリックします。 4. 新しいアカウントに名
    • p. 101/101
      インターネット接続ファイアウォール インターネット接続ファイアウォールでは、インターネット接続時に、許可されていないユーザーのコンピュータへのアクセスに対する基本的な保護が提供されます。 ファイアウォールはネットワークセットアップウィザードを実行するときに自動的に有効になります。 ネットワーク接続にファイアウォールが有効になると、コントロールパネル の ネ ッ ト ワ ー ク接続 に赤い背景のあるファイアウォールアイコンが表示されます。 インターネット接続ファイアウォールを有効にしても、アンチウイルスソフトウェアは必要です。
  • Dell Latitude X300 [ver. 3] (ページ: 16)

    目次
    • p. 1/16
      Dell™ Latitude™ X300 および Inspiron™ 300m メディアベース ユーザーズガイド メディアベースの使い方 認可機関の情報 デル製品の保証および返品について メモ、注意、および警告 こ こ に記 載さ れ て い る内 容 は 予 告な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 © 2 0 0 3 す べ て の著 作権 は Dell Computer Corporation に あ り ま す。 Dell Computer Corporation の書面による許可のない複写は、いかなる形態においても厳重に禁じられています。
    • p. 2/16
      目次に戻る メディアベースの使い方 D e l l™ Latitude™ X300 and Inspiron™ 3 0 0 m メディアベース ユーザーズガイド 安全にお使いいただくために メディアベースを使用する際のご注意 情報の入手方法 メディアベースについて メディアベースのセットアップ メディアベースの固定 バッテリーの取り付け コンピュータのドッキング コンピュータのアンドック ドライブの取り付け ドライブの取り外し 外付けドライブの接続と取り外し コンピュータが動作中の外付けドライブの置き換え
    • p. 3/16
      バッテリー l 専用の Dell™ バッテリーモジュール以外はご使用にならないでください。その他のタイプのバッテリーモジュールを使用すると、発火や破裂の恐れがあります。 l バッテリーパックは、金属(車のキーやペーパークリップなど)がバッテリーの端子をショートさせる可能性があるポケット、バッグ、または入れ物にいれて持ち運ばないでください。過剰な電流が流れ、バッテリーが極めて高温になり、バッテリーパックが損傷したり、発火や火傷の原因になる場合があります。 l バッテリーは、不適切に取り扱うと、火傷を負う恐れがあります。バッテリーは分解しないでください。損傷または液洩れしているバッテリーパックは、特に注意して取り扱ってください。バッテリーが損傷している場合、バッテリーセルから電解液が漏れ、けがをする可能性があります。
    • p. 4/16
      情報の入手方法 さらに、静電気(ESD)による損傷を防止するために、以下の手順を実行することもお勧めします。 l 静電気に敏感な部品を梱包箱から取り出す場合は、部品を取り付ける用意ができるまで、その部品を静電気防止梱包材から取り出さないでください。静電気防止パッケージを開梱する直前に、必ず身体から静電気を除去してください。 l 静電気に敏感な部品を運ぶ場合は、最初に静電気防止容器またはパッケージに入れてください。 l 静電気に敏感な部品の取り扱いは、静電気の発生しない場所で行ってください。なるべく静電気防止用のフロアパッドと作業用パッドを使用してください。
    • p. 5/16
      メディアベースについて 正 面図 音 量ボタン — 音量の上げ下げを行います。 アンドックボタン — 動作中のコンピュータをアンドックします。 電 源ボタン — ドッキングされているコンピュータの電源をオン / オフにします。 ミュートボタン — 音量をミュートにします。 左側面図 l サービスタグは、support.jp.dell.com を使用の際、またはテクニカルサポートへのお問い合わせの際に、コンピュータの識別に使用します。 l エクスプレスサービスコードを利用すると、テクニカルサポートに直接電話で問い合わせることができます。エクスプレスサービスコードは、国によって利用できないことがあります。
    • p. 6/16
      サ ブ ウ ー ハ ー調 整ポ ー ト用 通気孔 — 調整ポートの空気循環に使用されます。 コ ン ピ ュ ー タ リ リ ー ス ラ ッ チ — コンピュータをメディアベースから取り外します(メディアベースが盗難防止デバイスで保護されていない場合に使用できます)。 右側面図 オプティカルドライブベイ — DVD、CD、CD-RW、フロッピードライブ、またはセカンドハードドライブなど、各種のドライブを使用できます。 背 面図 1 サブウーハー調整ポート用通気孔 2 コンピュータリリースラッチ 1 オプティカルドライブベイ
    • p. 7/16
      セ キ ュ リ テ ィ ケ ー ブ ル ス ロ ッ ト — 市販の盗難防止デバイスをメディアベースに取り付けることができます。盗難防止デバイスの取り付け方法は、デバイスに付属しています。詳細については、「 メディ アベースの固定 」を参照してください。 平 面図 R J-4 5 ネ ッ ト ワ ー ク コ ネ ク タ — メディアベースをネットワークに接続します。 ネットワークコネクタの両脇には、ステータスライトがあります。 右側のライトが点灯していない場合は、ネットワークとの接続がメディアベースで検出されていません。ネットワークケーブルを交換してみてください。右側のライトは、ネットワークがアクティブの場合に黄色で点滅表示します。
    • p. 8/16
      バ ッ テ リ ー ベ イ — 28-WHr バッテリーの充電を行います。 底 面図 メディアベースのセットアップ 1. AC アダプタを AC アダプタコネクタに接続し、コンセントに接続します。 2. コンピュータをドッキングする前に、オペレーティングシステムのセットアッププロセスを完了させる必要があります。オペレーティングシステムのセットアッププロセスが完了しているかを確認するには、以下の手順を実行します。 a. コンピュータがメディアベースに接続(ドッキング)されていないことを確認します。 b.
    • p. 9/16
      3. メディアベースのセキュリティケーブルスロットに、市販の盗難防止デバイスを取り付けます。 通常、盗難防止デバイスには、金属線をよったケーブルに、固定装置と鍵が付属しています。この種の盗難防止デバイスを取り付ける手順については、デバイスに付属するマニュアルを参照してください。 バッテリーの取り付け バッテリーをバッテリーベイに挿入するには、次の手順を実行します。 1. バッテリーベイラッチを手前に引きながら バッテリーベイカバー を持ち上げます。 2. バッテリーをバッテリーベイに挿入して、カチッと音がするまで押し込みます。
    • p. 10/16
      バッテリーをバッテリーベイから取り外すには、次の手順を実行します。 1. バッテリーベイカバー を持ち上げます。 2. バッテリーラッチを両方とも矢印の方向にスライドさせて、バッテリーをベイから取り外します。 コンピュータのドッキング 1. コンピュータの前面とメディアベースの前面が合う位置で、コンピュータをメディアベースの上に置きます。 1 バッテリーラッチ(2) 2 バッテリー 1 バッテリーリリースラッチ(2) 2 バッテリー メ モ: はじめてコンピュータをドッキングさせる際に「 メディアベースのセットアップ
    • p. 11/16
      2. コンピュータをカチッと音がするまで静かにメディアベースに押しつけると、コンピュータは所定の位置に収まります。 3. コンピュータの電源を入れます。 オペレーティングシステムがメディアベースを認識します。 コンピュータのアンドック 1. コンピュータをアンドックする前に、開いているファイルがあればすべて保存して閉じ、開いているプログラムをすべて終了します。 2. コンピュータの電源の管理の設定を使用して、ディスプレイを閉じた(下げた)場合にコンピュータがスタンバイモードまたは休止状態モードにならないようにするには、次の手順を実行します。
    • p. 12/16
      6. コンピュータをメディアベースから離します。 ドライブの取り付け 1. 開いているファイルがあればすべて保存して閉じ、開いているプログラムをすべて終了します。 2. ドライブをメディアベースのオプティカルドライブベイに挿入します(「 右側面図 」を参照してください)。 3. オペレーティングシステムにより新しいドライブが認識されます。 ドライブの取り外し 1. 開いているファイルがあればすべて保存して閉じ、開いているプログラムをすべて終了します。 2. ドライブのリリースラッチを押して、ドライブをベイから引き出します。(「
    • p. 13/16
      Windows 2000 の場 合 1. Windows タスクバーの ハードウェアの取り外し ま た は取り出し アイコンをダブルクリックします。 2. 取り出すドライブをクリックし、停 止 をクリックします。 3. O K をクリックし、取り出すドライブが ハードウェアの取り外し ウィンドウのデバイスリストから削除されるのを待ちます。 4. O K をクリックします。 5. USB コネクタからドライブケーブルを抜き取ります。 6. ドライブケーブルを USB コネクタに差し込んで、新しいドライブを接続します。
    • p. 14/16
      目次に戻る 認可機関の情報 D e l l™ Latitude™ X 3 0 0 および Inspiron™ 3 0 0 m メディアベース ユーザーズガイド EMI(電磁波障害:Electromagnetic Interference)とは、自由空間に放射または電源コードや信号線に伝導する信号または放射電磁波のことで、無線航海やその他の安全サービスを危険にさらしたり、認可された無線通信サービスの著しい質の低下、妨害、あるいは度重なる中断を発生させます。無線通信サービスとは、AM/FM の商業放送、テレビ、および携帯電話の各種サービス、レーダー、航空交通管制、ポケットベル、PCS(Personal
    • p. 15/16
      また、夜中や週末などに長時間コンピュータを使用しない場合は、コンピュータの電源をオフにすることにより、電気の消費量の削減に寄与できます。 VCCI 規定(情報処理装置等電波障害自主規制協議会規定 / 日本のみ) Dell コンピュータの大部分は、VCCI でクラス B 情報装置(住宅またはその隣接した地域にて使用されるべき情報装置)として分類されています。ただし、特定のオプションを追加することにより、その構成によっては クラス A となる場合があります。情報技術機器(ITE : Information
    • p. 16/16
      目次に戻る デル製品の保証および返品について D e l l™ Latitude™ X 3 0 0 および Inspiron™ 3 0 0 m メディアベース ユーザーズガイド Dell Computer Corporation(「Dell」)では自社のハードウェア製品を、業界標準の方法に従って、新品あるいは新品に同等の部品およびコンポーネントから製造しています。メディアベースに関する Dell の限定保証については、コンピュータに付属している冊子を参照してください。 目次に戻る
  • Dell Latitude X300 [ver. 4] (ページ: 152)

    目次

    Document Outline

 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.