取扱説明書とユーザーガイド - OptiPlex 745 Dell

OptiPlex 745 Dell の取扱説明書やユーザーガイドが2以上あります。

  • Dell OptiPlex 745 [ver. 1] (ページ: 118)

    目次

    Document Outline

  • Dell OptiPlex 745 [ver. 2] (ページ: 201)

    目次
    • p. 1/201
      Dell™ OptiPlex™ 745 Systems ユーザーズ ガイド ミニタワーコンピュータ デスクトップコンピュータ スモールフォームファクターコンピュータ ウルトラスモールフォームファクターコンピュータ
    • p. 2/201
      目次に戻る アドバンス機能 Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド LegacySelect テクノロジコントロール 管理機能 物理的なセキュリティ Trusted Platform Module(TPM) セキュリティ管理ソフトウェア コンピュータ追跡ソフトウェア スマートカードと指紋リーダー パスワードによる保護 セットアップユーティリティ USB デバイスからの起動 ジャンパ設定 忘れたパスワードの消去 CMOS 設定のリセット ハイパースレッディングおよびデュアルコアテクノロジ
    • p. 3/201
      IT Assistant は、企業のネットワーク上のコンピュータやその他のデバイスを設定、管理、監視します。 IT Assistant は、業界標準の管理ソフトウェアを装備したコンピュータの資産、設定、イベント(警告)、セキュリティを管理します。 また、SNMP および CIM の業界標準に準拠する計装をサポートします。 IT Assistant の情報は、デルサポートサイト(support.jp.dell.com)で入手できる『Dell™ OpenManage IT Assistant ユーザーズガイド』を参照してください。
    • p. 4/201
      Alert! Cover was previously removed.(警告 ! カバーが取り外されました。) Detected(検知)の設定をリセットするには、セットアップユーティリティを起動してください( セットアップユーティリティの起動 を参照)。Chassis Intrusion オプションで、左右矢印キーを押 して Reset を選択してから、On、On-Silent、または Off を選びます。 l On-Silent(オン - 警告メッセージなし、デフォルト) - コンピュータカバーが開けられると、設定が
    • p. 5/201
      l 個人情報管理 ソフトウェアの使い方およびさまざまなセキュリティ機能の詳細に関しては、ソフトウェアの『Getting Started Guide(はじめに)』を参照してください。 ス タ ー ト® す べ て の プ ロ グ ラ ム® Wave Systems Corp® は じ め に をクリックします。 コンピュータ追跡ソフトウェア コンピュータ追跡ソフトウェアは、コンピュータを紛失したり盗難に遭った場合に、コンピュータの位置を突き止めることができます。 コンピュータ追跡ソフトウェアはオプションです。このソフトウェアは
    • p. 6/201
      4. <Enter> を押します。 新しいシステムパスワードが 32 文字未満の場合、フィールド全部に「*」が挿入されます。 次に、オプション名が Verify Password に変わり、その後ろに 32 文字分の別の空のフィールドが現れます。 5. パスワードを確認するために、もう一度パスワードを入力して <Enter> を押します。 パスワード設定は Set に変わります。 6. セットアップユーティリティを終了します。 コンピュータを再起動すると、パスワード保護機能は有効になります。
    • p. 7/201
      管理者パスワードの設定 管理者 パ ス ワ ー ド とシステムパスワードは同じでも構いません。 1. セットアップユーティリティを起動し( セットアップユーティリティの起動 を参照)、 シ ス テ ム管 理 者パ ス ワ ー ド が Not Set(未設定)に設定されているか確認します。 2. Admin Password をハイライト表示して、左または右矢印キーを押します。 パスワードの入力と確認のプロンプトが表示されます。 パスワードに使用できない文字の場合、ビープ音が鳴ります。 3. パスワードを入力して確認します。
    • p. 8/201
      1. コンピュータの電源を入れます(または再起動します)。 2. 青色の DELL™ のロゴが表示された場合、すぐに <F2> を押します。 ここで時間をおきすぎてオペレーティングシステムのロゴが表示された場合、Microsoft Windows デスクトップが表示されるまで待ちます。次にコンピュータをシャットダウンして( コンピュータ の電源を切る を参照)もう一度やりなおしてみます。 セットアップ画面 セットアップユーティリティ画面は、お使いのコンピュータの現在のまたは変更可能な設定情報を表示します。
    • p. 9/201
      (Off デフォルト) Onboard Devices Integrated NIC (On デフォルト) 内蔵 NIC コントローラを有効または無効にします。設定値は、 On、Off、On w/RPL、On w/ PXE のいずれかです。On w/ PXE または On w/RPL に設定すると、ネットワークサーバーから起動ルーチンを実行できない場合は、起動順序に従って、次のデバイスから起動します。 Integrated Audio (On デフォルト) オンボードオーディオコントローラを有効または無効にします。
    • p. 10/201
      l Suggested - ハードドライブは、ハードドライブ製造元が推奨する速度レベルで動作します。 メ モ: Performance モードへ切り替えると、ドライブはより大きなノイズを発生する場合がありますが、動作に影響はありません。アコースティック設定を変 更しても、ハードドライブイメージは変わりません。 Security Unlock Setup (Locked デフォルト) システム管理者パスワードの使用中、ユーザーによるシステムセットアップの設定値の変更を許可します。プロンプトにシステム管理者パスワードを入力すると、セットアップユーティリティのロックが解除されます。
    • p. 11/201
      起動順序 この機能を使って、デバイスの起動順序を変更します。 オプション設定 l USB Device (USB デバイス)- USB デバイスからの起動を試みます。オペレーティングシステムがない場合、コンピュータはエラーメッセージを生成します。 l Onboard or USB Floppy Drive(オンボードまたは USB フロッピードライブ)- コンピュータはフロッピードライブからの起動を試みます。ドライブ内のフロッピーディスクが起動用でない場 合、またはフロッピーディスクがドライブにない場合、コンピュータはエラーメッセージを生成します。
    • p. 12/201
      1. USB デバイスから起動する場合、USB デバイスを USB コネクタに接続します。 2. コンピュータの電源を入れます(または再起動します)。 3. 画面の右上角に F2 = Setup, F12 = Boot Menu と表示されたら、<F12>を押します。 ここで時間をおきすぎてオペレーティングシステムのロゴが表示された場合、Microsoft Windows のデスクトップが表示されるまで待ちます。次にコンピュータをシャットダウンして( コンピュー タの電源を切る を参照)もう一度やりなおしてみます。
    • p. 13/201
      忘れたパスワードの消去 ス モ ー ル フ ォ ー ム フ ァ ク タ ー ウ ル ト ラ ス モ ー ル フ ォ ー ム フ ァ ク タ ー コ ン ピ ュ ー タ ジ ャ ン パ 設 定 説明 PSWD パスワード機能が有効になっています(デフォルト設定)。 パスワード機能が無効になっています。 RTCRST リアルタイムクロックはリセットされていません。 リアルタイムクロックはリセットされています(一時的にジャンパありの状態)。 ジャンパあり ジャンパなし
    • p. 14/201
      1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. システム基板の 2 ピンパスワードジャンパ(PSWD)の位置を確認し、ジャンパを取り外して、パスワードを消去します。 ジャンパ設定 を参照してください。 3. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 4. コンピュータとモニターをコンセントに接続して、電源を入れます。 5. コンピュータに Microsoft Windows のデスクトップが表示されたら、コンピュータをシャットダウンします( コンピュータの電源を切る
    • p. 15/201
      問い合わせください。ご使用中のコンピュータがハイパースレッディングテクノロジに対応しているかどうかは、セットアップユーティリティの Performance(パフォーマンス)タブにある Hyper-Threading(ハイパースレッディング)で確認できます( セットアップユーティリティ を参照)。 電力の管理 お使いのコンピュータは、作業しない場合に少ない電力で動作するよう設定できます。 電力使用の制御は、コンピュータにインストールされたオペレーティングシステムおよびセットアップユーティリティの特定のオプション設定で行います(
    • p. 16/201
      目次に戻る バッテリー Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド バッテリーの取り付け バッテリーの取り付け コイン型バッテリーは、コンピュータの設定、日付、時間の情報を保持します。 バッテリーの寿命は数年間です。 起動ルーチン中に日付や時刻が間違っていて、次のメッセージが表示される場合、バッテリーを交換する必要があります。 Time-of-day not set - please run SETUP program(日時が設定されていません。セットアップユーティリティを実行してください。)
    • p. 17/201
      5. 新しいシステムバッテリーを取り付けます。 a. コネクタのプラス側をしっかり押さえ込んで、バッテリーコネクタを支えます。 b. バッテリーの「+」側を上に向け、コネクタのプラス側にある固定タブの下にスライドさせます。 c. バッテリーがカチッと所定の位置に収まるまで、コネクタをまっすぐに押し下げます。 6. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 7. セットアップユーティリティを起動し( セットアップユーティリティの起動 を参照)、 1ステップ で記録しておいた設定に戻します。
    • p. 18/201
      目次に戻る 作業を開始する前に Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド 奨励するツール コンピュータの電源を切る コンピュータ内部の作業を始める前に 本章では、コンピュータのコンポーネントの取り付けおよび取り外しの手順について説明します。 特に指示がない限り、それぞれの手順では以下の条件を満たしていることを前提とします。 l コンピュータの電源を切る と コンピュータ内部の作業を始める前に の手順をすでに完了していること。 l お使いの Dell™ 『製品情報ガイド』の安全に関する情報を読んでいること。
    • p. 19/201
      4. コンピュータスタンドが取り付けられている場合は、コンピュータスタンドを取り外します(手順については、コンピュータスタンド付属のマニュアルを参照してください)。ケーブルカバーが取り付けられている場合は、ケーブルカバーも取り外してください( ケーブルカバー(オプション) を参照)。 5. コンピュータカバーを取り外します。 l ミニタワーコンピュータについては、 コンピュータカバーの取り外し を参照 l デスクトップコンピュータについては、 コンピュータカバーの取り外し を参照 l スモールフォームファクターコンピュータについては、
    • p. 20/201
      目次に戻る コンピュータのクリーニング Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド コンピュータ、キーボード、および モニター マウス フロッピードライブ CD および DVD コンピュータ、キーボード、および モニター l キーボードのキーの間のほこりをクリーニングするには、圧縮空気の缶スプレーを使用します。 l モニター画面をクリーニングするには、水で軽く湿らした柔らかくて清潔な布を使います。 可能であれば、画面クリーニング専用ティッシュまたはモニターの帯電防止コーティング用に適した溶液を使ってください。
    • p. 21/201
      市販のクリーニングキットでフロッピードライブをクリーニングします。 これらのキットには、通常の使用時にドライブヘッドに付いた汚れを落とすように前処理されたフロッピーディスクが入っています。 CD および DVD CD や DVD がスキップしたり、音質や画質が低下したりする場合、ディスクを掃除します。 1. ディスクの外側の縁を持ちます。 中心の穴の縁にも触ることができます。 2. 糸くずの出ない柔らかな布で、ディスクの裏面(ラベルのない面)をディスクの中心から外側に向けて丁寧にまっすぐ拭きます。 頑固な汚れは、水、または水と刺激性の少ない石鹸の希釈溶液で試してください。
    • p. 22/201
      目次に戻る デスクトップコンピュータ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド お使いのデスクトップコンピュータについて コンピュータ内部 お使いのデスクトップコンピュータについて 正 面図 1 USB 2.0 コネクタ(2) ジョイスティックやカメラ、または起動可能な USB デバイスなど、時々接続するデバイスには、前面 USB コネクタを使用します(USB デバイスからの起動については、 セットアップユーティリティ を参照してください)。 プリンタやキーボードなど通常接続したままのデバイスには、背面
    • p. 23/201
      背 面図 背 面パネルコネクタ イ 1 カードスロット 取り付けられたすべての PCI および PCI Express カード用のアクセスコネクタです。 2 背面パネルコ ネクタ シリアル デバイスや USB デバイスなどを、正しいコネクタに接続します( 背面パネルコネクタ を 参照してください)。 3 電源コネクタ 電源ケーブルを差し込みます。 4 電圧切り替え スイッチ お使いのコンピュータには、手動の電圧切り替えスイッチが装備されています。 手動電圧切り替えスイッチが付いているコンピュータへの損傷を防ぐため、スイッチはお使いになる地域の
    • p. 24/201
      コンピュータ内部 システム基 板コンポーネント カテゴリ 5 のケーブルを使用して、ネットワークを接続することをお勧めします。 カテゴリ 3 のケーブルを使用する必要がある場合、ネットワーク速度を 10 Mbps にして動作の信頼性を確保します。 4 ネットワー ク動作ライト 黄色のライトは、コンピュータがネットワークデータを送信、または受信している時に点滅します。 ネットワークトラフィックが多い場合、このライトが「点灯」の状態に見えることがあります。 5 ライン出力 コネクタ 緑色のライン出力コネクタを使って、ヘッドフォンおよび内蔵アンプの付いたほとんどのスピーカーを接続します。
    • p. 25/201
      目次に戻る 1 内蔵スピーカー(INT_SPKR) 11 イントルージョンスイッチコネクタ (INTRUDER) 2 プロセッサコネクタ(CPU) 12 バッテリーソケット(BATT) 3 プロセッサ電源コネクタ(12 V 電源) 13 PCI Express x16 コネクタ(SLOT1) 4 メモリモジュールコネクタ (DIMM_1、DIMM_2、DIMM_3、DIMM_4) 14 PCI コネクタ(SLOT3) 5 RTC リセットジャンパ(RTCRST) 15 PCI コネクタ(SLOT2) 6
    • p. 26/201
      Dell™ OptiPlex™ 745 ユーザーズ ガイド メモ、注意、警告 Dell n シリーズコンピュータをご購入いただいた場合は、このマニュアルの Microsoft Windows オペレーティングシステムについての説明は適用されません。 こ の文 書の 情 報は 、 事 前の 通 知な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 2006 す べ て の著 作権 は Dell Inc. に あ り ま す。 Dell Inc. の書面による許可のない複写は、いかなる形態においても厳重に禁じられています。
    • p. 27/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド 拡張カード 拡張カード お使いの Dell™ コンピュータはシリアルポートアダプタをサポートしており、PCI カードおよび PCI Express カード用に以下のスロットを備えています。 l ロープロファイル PCI カードスロットを 2 つ l ロープロファイル PCI Express x16 カードスロットを 1 つ PCI カード 拡張カードの取り付け 拡張カードを交換する場合、現在のカード用のドライバをオペレーティングシステムから削除します。
    • p. 28/201
      5. コンピュータに既に取り付けられているカードを交換する場合、カードを取り外します。 必要に応じて、カードに接続されたケーブルを外します。 6. カードを取り付ける準備をします。 7. PCI Express カードを取り付ける場合は、固定タブのレバーを押し、カードコネクタから外れた状態で新しいカードを挿入します。 8. カードをコネクタに置き、しっかりと下に押します。 カードがスロットにしっかりと装着されているか確認します。 1 PCI Express x16 カード 2 レバー 3 固定スロット(すべてのカードに付いているわけではありません)
    • p. 29/201
      9. PCI Express カードを取り付ける場合は、固定タブのレバーを押して、カード前面端にある切り込みに固定タブを合わせます。 10. カード固定ラッチを軽く下に押して、カードを固定します。 11. シリアルポートアダプタの取り付けでは、システム基板のシリアルポートアダプタコネクタ(SER2)にアダプタケーブルを接続します( システム基板コンポーネント を参照)。 1 完全に装着されたカード 2 完全に装着されていないカード 3 スロット内のブラケット 4 スロットの外側にはみ出したブラケット 1
    • p. 30/201
      12. 必要なすべてのケーブルをカードに接続します。 13. コンピュータカバーを取り付け ( コンピュータカバーの取り外し を参照)、コンピュータとデバイスをコンセントに差し込んで電源を入れます。 14. サウンドカードを取り付けた場合、次の手順を実行します。 a. セットアップユーティリティを起動し、オ ー デ ィ オ コ ン ト ロ ー ラ を選んでから設定を Off(オフ)にします( セットアップユーティリティの起動 を参照)。 b. 外付けオーディオデバイスをサウンドカードのコネクタに接続します。
    • p. 31/201
      5. カードの上端の角をつかみ、コネクタから引き抜きます。 6. カードを取り外したままにする場合、空のカードスロット開口部にフィラーブラケットを取り付けます。 7. カード固定ラッチを所定の位置にはめ込みます。 8. コンピュータカバーを取り付け、 ( コンピュータカバーの取り外し を参照)、コンピュータとデバイスをコンセントに差し込んで電源を入れます。 9. カードのドライバをアンインストールします。 手順については、カードに付属しているマニュアルを参照してください。 10. サウンドカードを取り外した場合、次の手順を実行します。
    • p. 32/201
      5. 新しいカードを取り付ける準備をします。 6. リリースタブを押して、カード保持ラッチを上げます。 7. カードをライザーカードケージのカードコネクタにしっかりと挿入します。 8. カード固定ラッチを下ろして所定の位置に押し込み、カードをコンピュータに固定します。 9. ライザーカードケージを取り付けるには、次の手順を実行します。 a. ライザーカードケージ側面のタブをコンピュータ側面のスロットに合わせ、ライザーカードケージを所定の位置へ押し下げます。 b. ライザーカードがシステム基板のコネクタにしっかりと装着されているか確認します。
    • p. 33/201
      a. セットアップユーティリティを起動し、オ ー デ ィ オ コ ン ト ロ ー ラ を選んでから、設定を Off(オフ)にします( セットアップユーティリティの起動 を参照)。 b. 外付けオーディオデバイスをサウンドカードのコネクタに接続します。 外付けオーディオデバイスを、背面パネルのマイクコネクタ、スピーカー / ヘッドフォンコネクタ、またはライン入力コ ネクタに接続しないでください。 14. ネットワークアダプタカードを取り付けており、内蔵ネットワークアダプタを無効にする場合は、次の手順を実行します。
    • p. 34/201
      9. コンピュータカバーを取り付け ( コンピュータカバーの取り外し を参照)、コンピュータとデバイスをコンセントに差し込んで電源を入れます。 10. カードのドライバをアンインストールします。 手順については、カードに付属しているマニュアルを参照してください。 11. サウンドカードを取り外した場合、次の手順を実行します。 a. セットアップユーティリティを起動し、 Audio Controller(オーディオコントローラ)を選んでから設定を On(オン)にします ( セットアップユーティリティの起動
    • p. 35/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド プロセッサ プロセッサ プロセッサの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. ヒートシンクアセンブリの両端にある拘束ネジを緩めます。 3. ヒートシンクアセンブリを上向きに回転させ、コンピュータから取り外します。 サーマルグリースが付いた面を上に向けて、ヒートシンクを上向きに置きます。 4. ソケット上にあるセンターカバーラッチの下からリリースレバーをスライドさせて、プロセッサカバーを開きます。 次にレバーを後方に引いて、プロセッサを取り出します。
    • p. 36/201
      5. 注意深くプロセッサをソケットから取り外します。 新しいプロセッサをソケットにすぐに取り付けられるように、リリースレバーはリリース位置に広げたままにしておきます。 プロセッサの取り付け 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. プロセッサの底部に触らないように気をつけながら、新しいプロセッサを梱包から取り出します。 3. ソケット上のリリースレバーが完全に開いていない場合、その位置まで動かします。 4. プロセッサの前面と背面の位置合わせ用の切り込みを、ソケットの前面と背面の位置合わせ用の切り込みに合わせます。
    • p. 37/201
      8. カチッと所定の位置に収まるまで、ソケットリリースレバーをソケットの方に戻して、プロセッサを固定します。 9. ヒートシンクの下面からサーマルグリースを除去してください。 10. プロセッサの表面に、新しいサーマルグリースを塗ります。 11. ヒートシンクアセンブリを取り付けます。 a. ヒートシンクアセンブリをヒートシンクアセンブリブラケットに元のように配置します。 b. ヒートシンクアセンブリをコンピュータの底面方向に動かし、 2 つの拘束ネジを締めます。 12. コンピュータカバーを取り付けます(
    • p. 38/201
      目次に戻る ドライブ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド オプティカルドライブ フロッピードライブとメディアカードリーダー ハードドライブ お使いのコンピュータは、次のドライブをサポートします。 l SATA(シリアルATA)ハードドライブを 1 台 l オプションのフロッピードライブまたはメディアカードリーダーを 1 台 l オプションの SATA オプティカルドライブを 1 台 一般的な取り付けガイドライン SATA ハードドライブまたはオプティカルドライブを、システム基板の「SATA」というラベルのコネクタに接続します(
    • p. 39/201
      大半のインタフェースコネクタは、正しく接続されるように設計されています。つまり、片方のコネクタの切り込みやピンの欠けが、もう一方のコネクタのタブや差し込み穴と一致します。 これらのコネクタによって、ケーブルの 1 番ピンワイヤ(ケーブルの片側に色帯が付いています。シリアル ATA ケーブルには色帯は付いていません)が、コネクタの 1 番ピンの端に正しく接続されます。 基板またはカード上にあるコネクタの 1 番ピンの端を示すために、通常、基板やカード上に直接「1」とシルクスクリーン印刷されています。 電
    • p. 40/201
      3. 電源ケーブルおよびデータケーブルを、ドライブの背面から取り外します。 4. オプティカルドライブを実装しない場合は、オプティカルドライブベイカバーをドライブベイに挿入し、カチッと所定の位置に収まるまで押し込みます。ドライブベイカバーが必要な場合は、デルにお問い合わせください。 オプティカルドライブの取り付け 1. ドライブを箱から出して、取り付けの準備をします。 ドライブに付属のマニュアルを参照して、ドライブの設定がお使いのコンピュータに合っているか確認します。 2. 新しいドライブを取り付ける場合は、以下の手順を行います。
    • p. 41/201
      3. 既存のドライブを交換する場合は、以下の作業を行います。 a. 既存のドライブから 3 本の肩付きネジを外します。 b. 3 本の肩付きネジを新しいフロッピードライブの側面に挿入して締めます。 4. 電源ケーブルおよびデータケーブルをドライブに接続します。 5. 肩付きネジをネジガイドに合わせ、カチッと所定の位置に収まるまでドライブをベイにスライドさせます。 6. すべてのケーブル接続を確認します。冷却ファンや通風孔の妨げにならないように、ケーブルをまとめておきます。 7. コンピュータカバーを取り付けます(
    • p. 42/201
      フロッピードライブとメディアカードリーダー フロッピードライブまたはメディアカードリーダーの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. オプティカルドライブを慎重に取り外します( オプティカルドライブ を参照)。 3. ドライブリリースラッチを引き上げ、フロッピードライブまたはメディアカードリーダーをコンピュータ背面の方向にスライドさせます。 次に、ドライブをコンピュータから持ち上げて取り外します。 4. フロッピードライブまたはメディアカードリーダーの背面から電源ケーブルおよびデータケーブルを取り外します。
    • p. 43/201
      が必要な場合は、デルにお問い合わせください。 フロッピードライブまたはメディアカードリーダーの取り付け 1. 新しいドライブまたはメディアカードリーダーを取り付ける場合 a. ドライブベイカバーの背面で、細めのマイナスドライバを使って、慎重にベイカバーを外します。 b. ドライブベイカバーから 4 本の肩付きネジを外します。 c. ドライブベイに取り付けられているフロッピードライブベイカバーを引っ張って外します。 2. 既存のドライブまたはメディアカードリーダーを取り付ける場合 既存のドライブまたはメディアカードリーダーから
    • p. 44/201
      6. オプティカルドライブを取り付けます( オプティカルドライブ を参照)。 7. すべてのケーブル接続を確認します。冷却ファンや通風孔の妨げにならないように、ケーブルをまとめておきます。 8. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 9. セットアップユーティリティを起動し、FD ド ラ イ ブ オプションで新しいフロッピードライブを有効に設定します。( セットアップユーティリティ を参照)。 10. Dell Diagnostics(診断)プログラムを実行して、コンピュータが正しく動作するか確認します(
    • p. 45/201
      ハードドライブの取り付け 1. ドライブのマニュアルを参照して、ドライブがお使いのコンピュータに合わせて設定されているか確認します。 2. 交換用のハードドライブを箱から出し、取り付けの準備をします。 3. 交換用のハードドライブにプラスチックのハードドライブブラケットがない場合は、既存のドライブからブラケットをカチッと取り外します。 4. ブラケットを新しいドライブにはめ込んで取り付けます。 5. 電源ケーブルおよびデータケーブルをドライブに接続します。 6. ドライブの正しいスロットの位置を確認し、カチッと所定の位置に収まるまでドライブをベイにスライドさせます。
    • p. 46/201
      7. フロッピードライブとオプティカルドライブを取り外します。 8. すべてのコネクタが正しく接続され、しっかりと装着されているか確認します。 9. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 10. プライマリドライブを取り付けた場合、起動可能なメディアをお使いの起動ドライブに挿入します。 11. コンピュータの電源を入れます。 12. セットアップユーティリティを起動して、適切なPrimary Drive(プライマリドライブ)オプション(0 または 2)をアップデートします。(
    • p. 47/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド I/O パネル I/O パネル I/O パネルの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. ケーブルのプルループを引っ張って、I/O パネルからケーブルを外します。 3. I/O パネルをデスクトップコンピュータに固定しているネジを外します。 4. I/O パネルを慎重に動かして、コンピュータから引き出します。 I/O パネルの取り付け 1. I/O パネルを取り付けるには、取り外し手順を逆の順序で実行します。
    • p. 48/201
    • p. 49/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド 電源装置 電源装置 電 源装置の交 換 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. DC 電源ケーブルをシステム基板およびドライブから取り外します。 DC 電源ケーブルをシステム基板およびドライブから取り外す際は、コンピュータシャーシ内のタブの下の配線経路をメモしておいてください。 これらのケーブルを再び取り付ける際は、挟まれたり折れ曲がったりしないように、適切に配線してください。 3. コンピュータシャーシの背面に電源装置を取り付けている
    • p. 50/201
      11. オプティカルドライブを取り付けます( オプティカルドライブ を参照)。 12. AC 電源ケーブルをコネクタに接続します。 13. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 DC 電 源コネクタ DC 電 源コネクタ P1 ピ ン番号 信号名 18 AWG ワ イ ヤ 1 +3.3 VDC 橙色 2 +3.3 VDC 橙色 3 GND 黒色 4 +5 VDC 赤色 5 GND 黒色 6 +5 VDC 赤色 7 GND 黒色 8 PS_PWRGOOD* 灰色 9
    • p. 51/201
      DC 電 源コネクタ P2 DC 電 源コネクタ P3 DC 電 源コネクタ P4 DC 電 源コネクタ P5 および P6 22 +5 VDC 赤色 23 +5 VDC 赤色 24 GND 黒色 * 18 AWG ワイヤの代わりに 22 AWG ワイヤを使用 ピ ン番号 信号名 18 AWG ワ イ ヤ 1 GND 黒色 2 GND 黒色 3 +12 VDC 黄色 4 +12 VDC 黄色 ピ ン番号 信号名 18 AWG ワ イ ヤ 1 +12VDC 黄色 2 GND 黒色 3 GND 黒色 4 +5
    • p. 52/201
      目 次に戻る ピ ン番号 信号名 18 AWG ワ イ ヤ 1 +3.3 VDC 橙色 2 GND 黒色 3 +5 VDC 赤色 4 GND 黒色 5 +12 VDC 黄色
    • p. 53/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド コンピュータカバーの取り外し コンピュータカバーの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. 背面パネルのパドロックリングにパドロックを取り付けている場合、パドロックを取り外します。 3. 図に示されているカバーリリースラッチを確認します。 次に、カバーを持ち上げながらリリースラッチを後方にスライドさせます。 4. コンピュータカバーの側面を持ち、ヒンジタブをてこの支点としてカバーを上に動かします。 5.
    • p. 54/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド デスクトップコンピュータの仕様 デスクトップコンピュータの仕様 マイクロプロセッサ マイクロプロセッサの種類 Intel® Pentium 4® プロセッサ、Pentium® D プロセッサ、Celeron® プロセッサ、Core™ プロセッサ 内蔵キャッシュ 512 KB 以上のパイプラインバースト、 8 ウェイセットアソシエィティ ブ、ライトバック SRAM メ モ リ タイプ 533 MHz、667 MHz、800 MHz の DDR2
    • p. 55/201
      PCI Express 1.0A SATA 1.0A および 2.0 USB 2.0 バス速度 PCI: 133 MB/s PCI Express x16:8 GB/s 双方向スピード SATA: 1.5 Gbps および 3.0 Gbps USB: 480 Mbps カード オプションのライザーカードケージでハーフレングスカードおよびフルハイトカードをサポート デフォルト: ライザーカードケージなし ロープロファイルカードをサポート PCI コネクタ 2 つ カードサイズ ロープロファイル コネクタサイズ
    • p. 56/201
      のヘッドフォンおよびマイク用の 2 つのコネクタ システム基板コネクタ: SATA 7 ピンコネクタ × 2 内蔵 USB オプションのメディアカードリーダー(3.5 インチベイデバイス)用の 10 ピンヘッダー フロッピードライブ 34 ピンコネクタ シリアル オプションのセカンドシリアルポートカード用 12 ピンコネクタ ファン 5 ピンコネクタ PCI 2.3 120 ピンコネクタ × 2 前面パネル 40 ピンコネクタ キ ー の組み合わ せ <Ctrl><Alt><Del>
    • p. 57/201
      目次に戻る 環 境 温度: 動作時 10~35 ℃ 保管時 -40~65 ℃ 相対湿度 20~80 %(結露しないこと) 最大耐久震度: 動作時 0.25 G(3~200 Hz、0.5 オクターブ / 分) 保管時 0.5 G(3~200 Hz、1 オクターブ / 分) 最大耐久衝撃: 動作時 50.8 cm / 秒の速度変化でボトムハーフサインパルス 保管時 508 cm / 秒の速度変化で 27 G フェアードスクエアウェーブ 高度: 動作時 -15.2~3,048 m 保管時 -15.2~10,668
    • p. 58/201
      FCC 規定(米国のみ) Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド FCC クラス B この装置は、ラジオ周波数のエネルギーを発生、使用、放射する可能性があります。製造元のマニュアルに従わずに取り付けて使用した場合、ラジオやテレビに受信障害を生じさせる場合があります。 本装置は、試験の結果、FCC 規則パート 15 に準拠するクラス B デジタル装置の規制に適合しています。 この装置は FCC(米国連邦通信委員会)規定の第 15 項に適合しています。 次の 2 つの条件にしたがって使用してください。
    • p. 59/201
      目次に戻る 情報の検索方法 Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド メ モ: 一部の機能やメディアはオプションなので、出荷時にコンピュータに搭載されていない場合があります。 特定の国では使用できない機能やメディアもあります。 メ モ: 追加の情報がコンピュータに同梱されている場合があります。 何を お探し で す か? こ ち ら を ご覧ください l コンピュータの診断プログラム l コンピュータのドライバ l コンピュータのマニュアル l デバイスのマニュアル l DSS(デスクトップシステムソフトウェア)
    • p. 60/201
      目次に戻る l サービスタグとエクスプレスサービスコード l Microsoft Windows ライセンスラベル サービスタグおよび Microsoft® Windows® ライセンス これらのラベルはお使いのコンピュータに貼られています。 l サービスタグは、 support.jp.dell.com をご参照の際に、またはサポートへのお問い合わせの 際に、コンピュータの識別に使用します。 l エクスプレスサービスコードを利用すると、サポートに直接電話で問い合わせることができます。 l 技術情報 -トラブル解決ナビ、Q&A
    • p. 61/201
      目次に戻る 困ったときは Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド テクニカルサポート ご注文に関する問題 製品情報 保証期間中の修理または返品について お問い合わせになる前に デルへのお問い合わせ テクニカルサポート 1. トラブルシューティングツールと ユーティリティ の手順を完了します。 2. Dell Diagnostics(診断)プログラムを実行します( Dell Diagnostics(診断)プログラム を参照)。 3. Diagnostics(診断)チェックリスト を印刷して(
    • p. 62/201
      24 時間納期案内電 話サービス 注文した Dell™ 製品の状況を確認するには、support.jp.dell.com にアクセスするか、または、24 時間納期案内電話サービスにお問い合わせください。 音声による案内で、注文について調べて報告するために必要な情報をお伺いします。 サポートサービス デル製品に関するお問い合わせは、デルのサポートサービスをご利用ください。 サポートスタッフはその情報を元に、正確な回答を迅速に提供します。 テクニカルサポートにお問い合わせになる場合は、まず 困ったときは を参照してから、
    • p. 63/201
      インターネット上でのデルへのアクセスは、次のアドレスをご利用ください。 l www.dell.com/jp l support.jp.dell.com(サポート) デルへお問い合わせになる場合、次の表の E-メールアドレス、電話番号、およびコードをご利用ください。 国際電話のかけ方については、国内または国際電話会社にお問い合わせください。 目次に戻る メ モ: デルへの問い合わせ情報は、本書の印刷時で確定している内容であり、変更される場合があります。 国( 市 ) 国際 電 話ア ク セ ス コ ー ド
    • p. 64/201
      目次に戻る 用語集 Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド A B C D E F G H I K L M N P R S T U V W X Z あ か さ た な は ま や ら この用語集に収録されている用語は、情報の目的として提供されています。お使いのコンピュータに搭載されている機能についての記載がない場合もあります。 A AC - alternating current(交流)- コンピュータの AC アダプタ電源ケーブルをコンセントに差し込むと流れる電気の様式です。 ACPI
    • p. 65/201
      DIN コ ネ ク タ - 丸い、6 ピンのコネクタで、DIN(ドイツ工業規格)に準拠しています。通常は、PS/2 キーボードまたはマウスケーブルのコネクタを接続するために使用します。 DMA - direct memory access - DMA チャネルを使うと、ある種の RAM とデバイス間でのデータ転送がプロセッサを介さずに行えるようになります。 DMTF - Distributed Management Task Force - 分散型デスクトップ、ネットワーク、企業、およびインターネット環境における管理基準を開発するハードウェアおよびソフトウェア会社の団体です。
    • p. 66/201
      I IC - integrated circuit(集積回路)- コンピュータ、オーディオ、およびビデオ装置用に製造された、何百万もの小電子コンポーネントが搭載されている半導体基板、またはチップです。 IDE - integrated device electronics - ハードドライブまたは CD ドライブにコントローラが内蔵されている大容量ストレージデバイス用のインタフェースです。 IEEE 1394 - Institute of Electrical and Electronics Engineers,
    • p. 67/201
      PC カ ー ド - PCMCIA 規格に準拠している取り外し可能な I/O カードです。 PC カードの一般的なものに、モデムやネットワークアダプタがあります。 PCI - peripheral component interconnect - PCI は、32 ビットおよび 64 ビットのデータ経路をサポートするローカルバスで、プロセッサとビデオ、各種ドライブ、ネットワークなどのデバイス間に高速データ経路を提供します。 PCI Express - プロセッサとそれに取り付けられたデバイスとのデータ転送速度を向上させる、PCI
    • p. 68/201
      TPM - trusted platform module - ハードウェアベースのセキュリティ機能です。セキュリティソフトウェアと併用して、ファイル保護や E-メール保護などの機能を有効にすることにより、ネットワークおよびコンピュータのセキュリティを強化します。 U UMA - unified memory allocation(統合メモリ振り分け)- ビデオに動的に振り分けられるシステムメモリです。 UPS - uninterruptible power supply(無停電電源装置)- 電気的な障害が起きた場合や、電圧レベルが低下した場合に使用されるバックアップ電源です。
    • p. 69/201
      び CD-RW/DVD コンボドライブが含まれます。 オンボード - 通常、コンピュータのシステム基板上に物理的に搭載されているコンポーネントを指します。 ビルトインとも呼ばれます。 か カ ー ソ ル - キーボード、タッチパッド、またはマウスが次にどこで動作するかを示すディスプレイや画面上の目印です。 通常は点滅する棒線かアンダーライン、または小さな矢印で表示されます。 解 像 度 - プリンタで印刷される画像や、またはモニターに表示される画像がどのくらい鮮明かという度合です。 解像度を高い数値に設定しているほど鮮明です。
    • p. 70/201
      セ ッ ト ア ッ プ ユ ー テ ィ リ テ ィ - コンピュータのハードウェアとオペレーティングシステム間のインタフェース機能を持つユーティリティです。 セットアップユーティリティは BIOS で日時やシステムパスワードなどのようなユーザーが選択可能なオプションの設定ができます。 設定がコンピュータにどのような影響を与えるのか理解できていない場合は、このプログラムの設定を変更しないでください。 た 通 行 許 可 証 - 物品を外国へ一時的に持ち込む場合、一時輸入通関ができる通関手帳です。 商品パスポートとも呼ばれます。
    • p. 71/201
      ピ ク セ ル - ディスプレイ画面の構成単位である点です。 ピクセルが縦と横に並び、イメージを作ります。 ビデオの解像度(800 × 600 など)は、上下左右に並ぶピクセルの数で表します。 フ ァ ー レ ン ハ イ ト( 華 氏 ) - 温度の単位で、水の氷点を 32 度、沸点を 212 度としています。 フ ォ ー マ ッ ト - ファイルを保存するためにドライブやディスクを準備することです。 ドライブまたはディスクをフォーマットするとデータはすべて消失します。 フ ォ ル ダ - ディスクやドライブ上のファイルを整頓したりグループ化したりする入れ物です。
    • p. 72/201
      目次に戻る メモリ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド DDR2 メモリの概要 4 GB 以上のメモリ構成でのアドレス指定(32 ビット オペレーティング システムのみ) メモリの取り外し メモリの取り付け ご使用のコンピュータは、非 ECC DDR2 メモリのみをサポートします。お使いのコンピュータでサポートされているメモリの種類については、お使いのコンピュータの仕様の「メモリ」を参照してください。 l ミニタワーコンピュータの仕様 l デスクトップコンピュータの仕様 l スモールフォームファクターコンピュータの仕様
    • p. 73/201
      4 GB 以上のメモリ構成でのアドレス指定(32 ビット オペレーティング システムのみ) このコンピュータでサポート可能な最大メモリ容量は 8 GB です。Microsoft Windows XP などの現在の 32 ビットオペレーティングシステムの最大アドレススペースは 4 GB です。ただし、オペレーティングシステムが使用できるメモリの容量はインストールされている容量より少なくなります。 コンピュータ内の特定のコンポーネントは、4 GB レンジ内にアドレススペースを必要とします。 これらのコンポーネント用に予約されたアドレススペースは、コンピュータメモリによっては使用されません。
    • p. 74/201
      1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. デスクトップコンピュータの場合、オプティカルドライブを取り外します( オプティカルドライブ を参照)。 3. メモリモジュールコネクタの両端にある固定クリップを押し開きます。 4. モジュールの底面の切り込みを、コネクタ内のクロスバーに合わせます。 5. メモリモジュールをカチッと所定の位置に収まるまで、しっかりと押し下げます。 モジュールが適切に挿入されると、固定クリップはモジュール両端の切り欠きにカチッと収まります。 6. デスクトップコンピュータの場合、オプティカルドライブを取り外します(
    • p. 75/201
      7. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 8. 新しいメモリ容量が既存の設定情報と一致しないことをコンピュータが検出して、次のメッセージを表示します。 The amount of system memory has changed.(システムメモリの容量が変わりました。) Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility(続けるには F1 キーを、セットアップユーティリティを起動するには F2
    • p. 76/201
      Dell™ OptiPlex™ 745 ユーザーズ ガイド メモ、注意、警告 Dell n シリーズコンピュータをご購入いただいた場合は、このマニュアルの Microsoft Windows オペレーティングシステムについての説明は適用されません。 こ の文 書の 情 報は 、 事 前の 通 知な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 2006 す べ て の著 作権 は Dell Inc. に あ り ま す。 Dell Inc. の書面による許可のない複写は、いかなる形態においても厳重に禁じられています。
    • p. 77/201
      目次に戻る 拡張カード Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド 拡張カードの取り付け 拡張カードの取り外し お使いの Dell™ コンピュータはシリアルアダプタをサポートしており、PCI カードおよび PCI Express カード用に以下のコネクタを搭載しています。 l PCI カードスロットが 2 つ l PCI Express x16 カードスロットが 1 つ l PCI Express x1 カードスロットが 1 つ 拡張カードの取り付け 新しいカードに交換する場合は、既存のカードのドライバをアンインストールします。
    • p. 78/201
      3. 新しいカードを取り付ける場合、フィラーブラケットを取り外してカードスロット開口部を空にします。次に手順 5 に進みます。 4. コンピュータに既に取り付けられているカードを交換する場合、カードを取り外します。 必要に応じて、カードに接続されたケーブルを外します。 5. カードにカード保持バーが付いている場合は、このバーを外します。 固定タブを軽く引き、カードの上端の角を両手でつかみ、コネクタから取り外します。 6. 新しいカードを取り付ける準備をします。 7. シリアルポートアダプタの取り付けでは、システム基板のシリアルポートアダプタコネクタ(SER2)にアダプタケーブルを接続します。
    • p. 79/201
      10. カード固定装置を下げる前に、次の点を確認してください。 l すべてのカードの上部とフィラーブラケットの高さが、位置合わせバーと同じ高さに揃っている l カードの上部のノッチまたはフィラーブラケットが、位置合わせガイドと合っている 11. カード固定ラッチを閉じて所定の位置に押し込み、カードを固定します。 12. 必要なすべてのケーブルをカードに接続します。 カードのケーブル接続については、カードに付属のマニュアルを参照してください。 13. コンピュータカバーを取り付け ( コンピュータカバーの取り外し
    • p. 80/201
      3. 必要に応じて、カードに接続されたケーブルを外します。 4. カードの上端の角をつかみ、コネクタから引き抜きます。 5. カードを取り外したままにする場合、空のカードスロット開口部にフィラーブラケットを取り付けます。 6. カード固定装置を取り付けて下げる前に、次の点を確認してください。 l すべてのカードの上部とフィラーブラケットの高さが、位置合わせバーと同じ高さに揃っている l カードの上部のノッチまたはフィラーブラケットが、位置合わせガイドと合っている 7. カード固定ラッチを所定の位置に押し込んで閉じます。
    • p. 81/201
      10. サウンドカードを取り外した場合、次の手順を実行します。 a. セットアップユーティリティを起動し、 オ ー デ ィ オ コ ン ト ロ ー ラ を選択して設定を On(オン)に変更します ( セットアップユーティリティ を参照)。 b. 外付けオーディオデバイスをコンピュータ背面パネルのオーディオコネクタに接続します。 11. ネットワークアダプタカードコネクタを取り外した場合、次の手順を実行します。 a. セットアップユーティリティを起動し、 Network Controller(ネットワークコントローラ)を選択して、設定を
    • p. 82/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド プロセッサ プロセッサ プロセッサの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. ヒートシンクアセンブリの両端にある拘束ネジを緩めます。 3. ヒートシンクアセンブリを上向きに回転させ、コンピュータから取り外します。 サーマルグリースが付いた面を上に向けて、ヒートシンクを上向きに置きます。 4. ソケット上にあるセンターカバーラッチの下からリリースレバーをスライドさせて、プロセッサカバーを開きます。 次にレバーを後方に引いて、プロセッサを取り出します。
    • p. 83/201
      5. 注意深くプロセッサをソケットから取り外します。 新しいプロセッサをソケットにすぐに取り付けられるように、リリースレバーはリリース位置に広げたままにしておきます。 プロセッサの取り付け 1. 作業を開始する前に」 の手順に従って操作してください。 2. プロセッサの底部に触らないように気をつけながら、新しいプロセッサを梱包から取り出します。 3. ソケット上のリリースレバーが完全に開いていない場合、その位置まで動かします。 4. プロセッサの前面と背面の位置合わせ用の切り込みを、ソケットの前面と背面の位置合わせ用の切り込みに合わせます。
    • p. 84/201
      6. プロセッサをソケットに軽く置いて、プロセッサが正しい位置にあるか確認します。 7. プロセッサがソケットに完全に装着されたら、プロセッサカバーを閉じます。 プロセッサカバーのタブがソケットのセンターカバーラッチの下にあるか確認します。 8. カチッと所定の位置に収まるまで、ソケットリリースレバーをソケットの方に戻して、プロセッサを固定します。 9. ヒートシンクの下面からサーマルグリースを除去してください。 10. プロセッサの表面に、新しいサーマルグリースを塗ります。 11. ヒートシンクアセンブリを取り付けます。
    • p. 85/201
      目次に戻る ドライブ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド 一般的な取り付けガイドライン ハードドライブ ドライブベイカバー フロッピードライブまたはメディアカードリーダー オプティカルドライブ お使いのコンピュータは、次のドライブをサポートします。 l SATA(シリアル ATA)ハードドライブ 2 台 l フロッピードライブまたはメディアカードリーダー 1 台 l SATA オプティカルドライブ 2 台 一般的な取り付けガイドライン SATA ハードドライブは、「SATA0」または「SATA1」のラベルが付いたシステム基板のコネクタに接続します。SATA
    • p. 86/201
      大半のインタフェースコネクタは、正しく接続されるように設計されています。つまり、片方のコネクタの切り込みやピンの欠けが、もう一方のコネクタのタブや差し込み穴と一致します。 切り込みを合わせることにより、ケーブルの 1 番ピンワイヤ(ケーブル端の色帯でわかります。SATA ケーブルには、色帯はありません)がコネクタの 1 番ピンの端に正しく接続されます。基板またはカード上にあるコネクタの 1 番ピンの端を示すために、通常、基板やカード上に直接「1」とシルクスクリーン印刷されています。 電 源ケーブルコネクタ
    • p. 87/201
      5. ドライブ両端の青色のリリースタブを押し、ドライブを上にスライドさせてコンピュータから出します。 ハードドライブの取り付け 1. 交換用のハードドライブを箱から出し、取り付けの準備をします。 2. ドライブのマニュアルを参照して、ドライブがお使いのコンピュータに合わせて設定されているか確認します。 3. 交換用のハードドライブにプラスチックのハードドライブブラケットがない場合は、既存のドライブからブラケットをカチッと取り外します。 このブラケットを新しいドライブにカチッとはめ込みます。 1 データケーブル
    • p. 88/201
      4. ドライバが所定の位置にカチッと収まるまで、ドライブバスケットの横を軽く広げ、ハードドライブをスライドさせてブラケットに取り付けます。 5. カチッと所定の位置に収まるまで、慎重にハードドライブをドライブベイにスライドします。 6. 電源ケーブルおよびデータケーブルをドライブに接続します。 7. データケーブルがシステム基板のコネクタにしっかりと接続されているか確認します 8. すべてのコネクタが正しく接続され、しっかりと装着されているか確認します。 9. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し
    • p. 89/201
      11. セットアップユーティリティを起動し( セットアップユーティリティの起動 を参照)適切な Primary Drive オプション(0 または 1)をアップデートします。 12. セットアップユーティリティを終了して、コンピュータを再起動します。 13. 次の手順に進む前に、ドライブにパーティションを作成し、論理フォーマットを実行します。 手順については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。 14. Dell Diagnostics(診断)プログラムを実行して、 ハードドライブをテストします(
    • p. 90/201
      8. 5ステップ で取り外した SATA コネクタを 1 台目のハードドライブに取り付けます。 9. システム基板の未使用の SATA コネクタの位置を確認し、データケーブルをこのコネクタと 2 台目のハードドライブに接続します。 10. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 ドライブベイカバー フロッピードライブまたはオプティカルドライブを交換するのではなく、新しいものを取り付ける場合は、ドライブベイカバーを取り外します。 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。
    • p. 91/201
      3. 使用するドライブベイの前面にあるドライブベイカバーを選択します。 4. ドライブベイカバーのリリースタブを軽く押して、ドライブパネルから取り外します。 5. ドライブパネルをコンピュータの前面に元のとおりに取り付けます。 ドライブパネルは一方向にしか取り付けられません。 1 ドライブパネル 2 リリースタブ 3 ドライブベイカバー 1 オプティカルドライブベイカバー 2 フロッピードライブベイカバー 3 肩付きネジ用ホルダ
    • p. 92/201
      フロッピードライブまたはメディアカードリーダー フロッピードライブまたはメディアカードリーダーの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. ドライブリリースラッチを下方向にスライドさせてドライブパネルを開き、取り外します。次に、ヒンジからドライブパネルを取り外します。 3. フロッピードライブまたはメディアカードリーダーの背面から電源ケーブルおよびデータケーブルを取り外します。 4. スライドプレートレバーをつかみ、上方向に上げてドライブパネルを開きます。レバーを持った状態で、ドライブまたはメディアカードリーダーを取り出します。
    • p. 93/201
      4. フロッピードライブまたはメディアカードリーダーに電源ケーブルおよびデータケーブルを取り付けます。 5. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 6. セットアップユーティリティを起動し( セットアップユーティリティの起動 を参照)、 Diskette Drive オプションで新しいフロッピードライブを有効にします。 7. Dell Diagnostics(診断)プログラムを実行して、コンピュータが正しく動作するか確認します( Dell Diagnostics(診断)プログラム
    • p. 94/201
      1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. 電源ケーブルおよびデータケーブルを、ドライブの背面から取り外します。 3. スライドプレートレバーをつかみ、上方向に上げてドライブパネルを開き、レバーを持ったままの状態で、ドライブを取り出します。 オプティカルドライブの取り付け 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. オプティカルドライブを交換する場合、肩付きネジを既存のドライブから取り外し、このネジを交換用ドライブに取り付けます。 3. 新しいオプティカルドライブを取り付ける場合は、新しいドライブのドライブベイカバーを取り外し、肩付きネジをドライブベイカバーから外して、このネジを新しいドライブに取り付けます。
    • p. 95/201
      6. 電源ケーブルとデータケーブルをドライブとシステム基板に接続します。 7. すべてのケーブル接続を確認します。冷却ファンや通風孔の妨げにならないように、ケーブルをまとめておきます。 8. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 9. Drives で適切な Drive オプション(0 または 1)を設定して、セットアップユーティリティで設定情報を更新します。 セットアップユーティリティ を参照してください。 10. Dell Diagnostics(診断)プログラムを実行して、コンピュータが正しく動作するか確認します(
    • p. 96/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド I/O パネル I/O パネル I/O パネルの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. I/O パネルを固定しているネジを外します。 リリースボタンを押してループを引っ張り、カードをコンピュータから引き出します。 3. すべてのケーブルを I/O パネルから外し、パネルをコンピュータから取り外します。 I/O パネルの取り付け 1. I/O パネルを取り付けるには、取り外し手順と逆の順序で実行します。
    • p. 97/201
      目次に戻る
    • p. 98/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド 電源装置 電源装置 電 源装置の交 換 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. DC 電源ケーブルをシステム基板およびドライブから取り外します。 DC 電源ケーブルをシステム基板およびドライブから取り外す際は、コンピュータシャーシ内のタブの下の配線経路をメモしておいてください。 これらのケーブルを再び取り付ける際は、挟まれたり折れ曲がったりしないように、適切に配線してください。 3. 電源装置をコンピュータシャーシの背面に取り付けている
    • p. 99/201
      9. DC 電源ケーブルを電源装置に再接続します。 10. AC 電源ケーブルを AC 電源コネクタに接続します。 11. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 DC 電 源コネクタ DC 電 源コネクタ P1 ピ ン番号 信号名 18 AWG ワ イヤ 1 +3.3 VDC 橙色 2 +3.3 VDC 橙色 3 GND 黒色 4 +5 VDC 赤色 5 GND 黒色 6 +5 VDC 赤色 7 GND 黒色 8 PS_PWRGOOD 灰色 9 P5AUX 紫色
    • p. 100/201
      DC 電 源コネクタ P2 DC 電 源コネクタ P3、 P5、 P8、 P9 DC 電 源コネクタ P7 17 GND 黒色 18 GND 黒色 19 GND 黒色 20 NC NC 21 +5 VDC 赤色 22 +5 VDC 赤色 23 +5 VDC 赤色 24 GND 黒色 * ワイヤはオプションです。18 AWG ワイヤの代わりに 22 AWG ワイヤを使用 ピ ン番号 信号名 18 AWG ワイ ヤ 1 GND 黒色 2 GND 黒色 3 +12 VADC 黄色 4 +12 VADC 黄色
    • p. 101/201
      DC 電 源コネクタ P10 目次に戻る ピ ン番号 信号名 18 AWG ワ イ ヤ 1 +12 VBDC 白色 2 GND 黒色 3 GND 黒色 4 +5 VDC 赤色
    • p. 102/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド コンピュータカバーの取り外し コンピュータカバーの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. 図に示されているように、コンピュータを横向きにします。 3. 図に示されているカバーリリースラッチを確認します。 次に、カバーを持ち上げながらリリースラッチを後方にスライドさせます。 4. コンピュータカバーの側面を持ち、ヒンジタブをてこの支点としてカバーを上に動かします。 5. カバーをヒンジタブから取り外し、柔らかく傷が付きにくい場所に置いておきます。
    • p. 103/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド ミニタワーコンピュータの仕様 ミニタワーコンピュータの仕様 マイクロプロセッサ マイクロプロセッサの種類 Intel® Pentium 4® プロセッサ、Pentium® D プロセッサ、Celeron® プロセッサ、Core™ プロセッサ 内蔵キャッシュ 512 KB 以上のパイプラインバースト、 8 ウェイセットアソシエィティ ブ、ライトバック SRAM メ モ リ タイプ 533 MHz、667 MHz、800 MHz DDR2
    • p. 104/201
      バスのタイプ PCI 2.3 PCI Express 1.0A SATA 1.0A および 2.0 USB 2.0 バス速度 PCI: 133 MB/s PCI Express x16: 8 GB/s 双方向スピード PCI Express x1: 5 Gbps SATA: 1.5 Gbps および 3.0 Gbps USB: 480 Mbps カード: フルハイトカードをサポート PCI: コネクタ 2 つ コネクタサイズ 120 ピン コネクタデータ幅 (最大) 32 ビット PCI Express:
    • p. 105/201
      目次に戻る 電源ボタン 押しボタン 電源ライト 緑色のライト - スリープモードのとき緑色に点滅、電源がオンのとき緑色に点灯 黄色のライト - 黄色の点滅は、インストールされたデバイスに問題があることを示し、黄色の点灯は内蔵電源の問題を示す( 電源の問 題 を参照) ハードドライブアクセスライト 緑色 リンクライト ネットワーク接続時は緑色の点灯 リンク保全ライト(内蔵ネットワークアダプタ上) 10 Mb 伝送時は緑色のライト 100 Mb 伝送時は橙色のライト 1000 Mb(1 Gb)伝送時は黄色のライト
    • p. 106/201
      目次に戻る Microsoft® Windows® XP の特徴 Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド 新しいコンピュータへの情報の転送 ユーザーアカウントとユーザーの簡易切り替え 家庭用および企業用ネットワークのセットアップ 新しいコンピュータへの情報の転送 Microsoft ® Windows ® XP オペレーティングシステムには、データを元のコンピュータから新しいコンピュータに転送する、フ ァ イ ル と設 定の転送ウ ィ ザ ー ド があります。 下記のデータが転送でき ます。
    • p. 107/201
      新しいコンピュータにデータを転送するには次の手順を実行します。 1. 新しいコンピュータの 今 、 古いコンピュータに行ってください 画面で、次へ をクリックします。 2. フ ァ イ ル と設 定は ど こ に あ り ま す か? 画面で設定とファイルの転送方法を選択し、次へ をクリックします。 ウィザードは収集されたファイルと設定を読み取り、それらを新しいコンピュータに適用します。 設定とファイルがすべて適用されると、収集フ ェ ー ズ を処理し て い ま す... 画面が表示されます。 3.
    • p. 108/201
      ユーザーアカウントとユーザーの簡易切り替え ユーザーアカウントの追 加 Microsoft Windows XP オペレーティングシステムがインストールされると、コンピュータ管理者または管理者権限を持つユーザーは、追加するユーザーアカウントを作成することができます。 1. ス タ ー ト ボタンをクリックして、コントロールパネル をクリックします。 2. コントロールパネル ウィンドウで、ユ ー ザ ー ア カ ウ ン ト をクリックします。 3. 作 業を選び ま す で、新しいアカウントを作 成す
    • p. 109/201
      ネットワークセットアップウィザード Microsoft ® Windows ® XP には家庭または小企業のコンピュータ間で、ファイル、プリンタ、またはインターネット接続を共有するための手順を案内するネットワークセットアップウィザードがありま す。 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、す べ て の プ ロ グ ラ ム → ア ク セ サ リ → 通 信 とポイントして、ネットワークセットアップウィザード をクリックします。 2. ネットワークセットアップウィザードの開 始 画面で、次へ をクリックします。
    • p. 110/201
      目次に戻る コンピュータカバーの取り外し Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド 1. すべてのケーブルがしっかり接続され、ケーブルが邪魔にならない場所に束ねられているか確認します。 電源ケーブルがドライブの下に挟まらないように、電源ケーブルを慎重に手前に引きます。 2. コンピュータの内部に工具や余った部品が残っていないか確認します。 3. カバーを取り付けるには、次の手順を実行します。 a. カバーの下側を、コンピュータの底面の縁に沿ってあるヒンジタブに合わせます。 b. ヒンジタブをてこのように使い、カバーを下方向に動かして閉じます。
    • p. 111/201
      目次に戻る 拡張カード Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド 拡張カードの取り付け 拡張カードの取り外し お使いの Dell™ コンピュータはシリアルアダプタをサポートしており、PCI Express カード用に以下のコネクタを搭載しています。 l PCI Express x16 カードスロットが 1 つ お使いのコンピュータは 1 つの PCI Express x16 カードをサポートしています。 PCI Express カードを取り付けるか交換する場合、次の手順を実行します。 カードを取り外すだけで取り付けなおさない場合、
    • p. 112/201
      8. カード保持装置を取り付ける前に以下のことを確認します。 l すべてのカードの上部とフィラーブラケットの高さが、位置合わせバーと同じ高さに揃っている l カードの上部のノッチまたはフィラーブラケットが、位置合わせガイドと合っている 9. カード保持装置を所定の位置に押し込み、カードをコンピュータに固定します。 10. シリアルポートアダプタの取り付けでは、システム基板のシリアルポートアダプタコネクタ(SER2)にアダプタケーブルを接続します。 11. 必要なすべてのケーブルをカードに接続します。 カードのケーブル接続については、カードに付属のマニュアルを参照してください。
    • p. 113/201
      14. ネットワークアダプタカードを取り付けており、内蔵ネットワークアダプタを無効にする場合は、次の手順を実行します。 a. セットアップユーティリティを起動し、 Network Controller(ネットワークコントローラ)を選択し、設定を Off(オフ)に変更します( セットアップユーティリティの起動 を参照)。 b. ネットワークケーブルをネットワークアダプタカードのコネクタに接続します。 ネットワークケーブルをコンピュータの背面パネルの内蔵ネットワークコネクタに接続しないでください。 15.
    • p. 114/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド プロセッサ プロセッサ プロセッサの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. ヒートシンクアセンブリの両端にある拘束ネジを緩めます。 3. ヒートシンクアセンブリを上向きに回転させ、コンピュータから取り外します。 サーマルグリースが付いた面を上に向けて、ヒートシンクを上向きに置きます。 4. ソケット上にあるセンターカバーラッチの下からリリースレバーをスライドさせて、プロセッサカバーを開きます。 次にレバーを後方に引いて、プロセッサを取り出します。
    • p. 115/201
      5. 注意深くプロセッサをソケットから取り外します。 新しいプロセッサをソケットにすぐに取り付けられるように、リリースレバーはリリース位置に広げたままにしておきます。 プロセッサの取り付け 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. プロセッサの底部に触らないように気をつけながら、新しいプロセッサを梱包から取り出します。 3. ソケット上のリリースレバーが完全に開いていない場合、その位置まで動かします。 4. プロセッサの前面と背面の位置合わせ用の切り込みを、ソケットの前面と背面の位置合わせ用の切り込みに合わせます。
    • p. 116/201
      6. プロセッサをソケットに軽く置いて、プロセッサが正しい位置にあるか確認します。 7. プロセッサがソケットに完全に装着されたら、プロセッサカバーを閉じます。 プロセッサカバーのタブがソケットのセンターカバーラッチの下にあるか確認します。 8. カチッと所定の位置に収まるまで、ソケットリリースレバーをソケットの方に戻して、プロセッサを固定します。 9. ヒートシンクの下面からサーマルグリースを除去してください。 10. プロセッサの表面に、新しいサーマルグリースを塗ります。 11. ヒートシンクアセンブリを取り付けます。
    • p. 117/201
      12. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 目次に戻る 1 ヒートシンクアセンブリ 2 ヒートシンクアセンブリブラケット 3 ハウジングの拘束ネジ(2)
    • p. 118/201
      目次に戻る ドライブ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド ハードドライブ ハードドライブファンの交換(一部の構成のみで必要) オプティカルドライブ フロッピードライブまたはメディアカードリーダー お使いのコンピュータは、次のドライブをサポートします。 l SATA(シリアルATA)ドライブを 1 台 l フロッピードライブまたはメディアカードリーダーを 1 台 l SATA オプティカルドライブを 1 台 一般的な取り付けガイドライン SATA ハードドライブまたはオプティカルドライブを、システム基板の「SATA」というラベルのコネクタに接続します(
    • p. 119/201
      電 源ケーブルコネクタ ドライブケーブルの接続と取り外し SATA データケーブルを接続または取り外す場合、それぞれの端にある黒色のコネクタを持ち、ケーブルを外します。 SATA インタフェースコネクタは、正しく接続されるように設計されています。つまり、片方のコネクタの切り込みやピンの欠けが、もう一方のコネクタのタブや差し込み穴と一致します。 ハードドライブ ハードドライブの取り外し 1. 残しておきたいデータを保存しているハードドライブを交換する場合、ファイルのバックアップを取ってから、次の手順を開始します。
    • p. 120/201
      7. 電源ケーブルとデータケーブルをドライブから外します。 ハードドライブの取り付け 1. ドライブのマニュアルを参照して、ドライブがお使いのコンピュータに合わせて設定されているか確認します。 2. 交換用のハードドライブを箱から出し、取り付けの準備をします。 3. 交換用のハードドライブにプラスチックのドライブブラケットがない場合は、既存のドライブからブラケットをカチッと取り外します。 1 固定タブ(2) 2 ハードドライブ 1 電源ケーブル 2 SATA データケーブル 注 意: ドライブへの損傷を避けるため、ドライブを硬い所に置かないでください。
    • p. 121/201
      4. 電源ケーブルおよびデータケーブルをドライブに接続します。 5. すべてのコネクタが正しく接続され、しっかりと装着されているか確認します。 6. カチッと所定の位置に収まるまで、慎重にドライブを置きます。 7. すべてのコネクタが正しく接続され、しっかりと装着されているか確認します。 8. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 9. プライマリドライブを取り付けた場合、起動可能なメディアをお使いの起動ドライブに挿入します。 10. コンピュータの電源を入れます。
    • p. 122/201
      15. ハードドライブにオペレーティングシステムをインストールします。 手順については、オペレーティングシステムに付属のマニュアルを参照してください。 ハードドライブファンの交換(一部の構成のみで必要) 1. 作業を開始する前に の手順に従います。 2. ハードドライブを取り外します( ハードドライブの取り外し を参照)。 3. ハードドライブを上下逆さまにすると、ドライブブラケットの下にハードドライブファンが見えます。 4. 次の手順で、ハードドライブファンを取り外します。 a. ファンのケーブルを抜きます。
    • p. 123/201
      3. ドライブリリースラッチを引き上げ、ドライブをコンピュータの背面方向にスライドさせます。 次に、ドライブをコンピュータから持ち上げて取り外します。 4. データケーブルをシステム基板のコネクタから取り外します( システム基板のコンポーネント を参照)。 5. データケーブルをドライブの背面から外します。 オプティカルドライブの取り付け 1. ドライブを箱から出して、取り付けの準備をします。 ドライブに付属のマニュアルを参照して、ドライブの設定がお使いのコンピュータに合っているか確認します。 2. データケーブルをドライブに接続します。
    • p. 124/201
      3. カチッと所定の位置に収まるまで、慎重にドライブを置きます。 4. すべてのケーブル接続を確認します。冷却ファンや通風孔の妨げにならないように、ケーブルをまとめておきます。 5. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 6. ドライブの動作に必要なソフトウェアをインストールする手順については、ドライブに付属のマニュアルを参照してください。 7. セットアップユーティリティを起動し、適切な ド ラ イ ブ オプションを選択します( セットアップユーティリティの起動
    • p. 125/201
      6. フロッピードライブを取り外す場合は、ケーブルリリースタブを引き上げて、ロックを解除します。 7. データケーブルコネクタをシステム基板から取り外します。 8. ドライブリリースラッチを引き上げ、フロッピードライブまたはメディアカードリーダーをコンピュータ背面の方向にスライドさせます。ドライブまたはメディアカードリーダーを持ち上げて取り外します。 フロッピードライブまたはメディアカードリーダーの取り付け 1. ドライブを交換する場合は、フロッピードライブまたはメディアカードリーダーを取り外します(
    • p. 126/201
      4. フロッピードライブの取り付けでは、システム基板のケーブルリリースタブにデータケーブルを入れて、タブを押しカチッとロックします。 メディアカードリーダーの取り付けでは、システム基板の「USB」とラベルが付いたコネクタにケーブルを接続します。 5. すべてのケーブル接続を確認します。冷却ファンや通風孔の妨げにならないように、ケーブルをまとめておきます。 6. オプティカルドライブを取り付けます( オプティカルドライブ を参照)。 7. すべてのケーブル接続を確認します。冷却ファンや通風孔の妨げにならないように、ケーブルをまとめておきます。
    • p. 127/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド I/O パネル I/O パネル I/O パネルの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. オプティカルドライブとフロッピードライブを取り付けている場合は、ドライブベイから取り外します( ドライブ を参照)。 3. プロセッサヒートシンクを外します( プロセッサ を参照)。 4. 前面のファンを取り外します。 ファンを固定しているタブを内側に押し込み、本体からファンを持ち上げて、ファンをシャーシから外します。
    • p. 128/201
      I/O パネルの取り付け 1. I/O パネルを取り付けるには、取り外し手順を逆の順序で実行します。 目次に戻る メ モ: I/O パネルブラケットにあるガイドを使って I/O カードを正しい位置に合わせ、I/O パネルブラケットにある切り込みを使ってカードを設置してください。
    • p. 129/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド 電源装置 電源装置 電 源装置の交 換 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. コンピュータシャーシの背面に電源装置を取り付けている 3 本のネジを外します。 3. DC 電源ケーブルをシステム基板およびドライブから取り外します。 DC 電源ケーブルをシステム基板およびドライブから取り外す際は、コンピュータフレーム内のタブの下の配線経路をメモしておいてください。 これらのケーブルを再び取り付ける際は、挟まれたり折れ曲がったりしないように、適切に配線してください。
    • p. 130/201
      DC 電 源コネクタ DC 電 源コネクタ P1 ピ ン番号 信号名 18 AWG ワ イ ヤ 1 +3.3 VDC 橙色 2 +3.3 VDC 橙色 3 GND 黒色 4 +5 VDC 赤色 5 GND 黒色 6 +5 VDC 赤色 7 GND 黒色 8 PS_PWRGOOD* 灰色 9 P5AUX 紫色 10 +12 VDC 黄色 11 +12 VDC 黄色 12 +3.3 VDC 橙色 13 (optional) +3.3VDC/SE* 橙色 14 -12 VDC* 青色 15 GND 黒色 16
    • p. 131/201
      DC 電 源コネクタ P2 DC 電 源コネクタ P3 DC 電 源コネクタ P5 目次に戻る ピ ン番号 信号名 18 AWG ワ イ ヤ 1 GND 黒色 2 GND 黒色 3 +12 VDC 黄色 4 +12 VDC 黄色 ピ ン番号 信号名 18 AWG ワ イ ヤ 1 +3.3 VDC 橙色 2 GND 黒色 3 +5 VDC 赤色 4 GND 黒色 5 +12 VDC 黄色 ピ ン番号 信号名 24 AWG ワ イ ヤ 1 GND 黒色 2 +5 VDC 赤色 3 NA NA 4 +3.3
    • p. 132/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド コンピュータカバーの取り外し コンピュータカバーの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. 背面パネルのパドロックリングにパドロックを取り付けている場合、パドロックを取り外します。 3. 図に示されているカバーリリースラッチを確認します。 次に、カバーを持ち上げながらリリースラッチを後方にスライドさせます。 4. コンピュータカバーの側面を持ち、底面のヒンジをてこの支点としてカバーを上に動かします。 5.
    • p. 133/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド スモールフォームファクターコンピュータの仕様 スモールフォームファクターコンピュータの仕様 マイクロプロセッサ マイクロプロセッサの種類 Intel® Pentium 4® プロセッサ、Pentium® D プロセッサ、Celeron® プロセッサ、Core™ プロセッサ 内蔵キャッシュ 512 KB 以上のパイプラインバースト、 8 ウェイセットアソシエィティ ブ、ライトバック SRAM メ モ リ タイプ 533 MHz、667 MHz、800
    • p. 134/201
      PCI Express 1.0A SATA 1.0A および 2.0 USB 2.0 バス速度 PCI: 133 MB/s PCI Express x16:8 GB/s 双方向スピード SATA:1.5 Gbps および 3.0 Gbps USB: 480 Mbps カード: ロープロファイルカードをサポート PCI: コネクタ 1 コネクタサイズ 120 ピン コネクタデータ幅(最大) 32 ビット PCI Express: コネクタ x16、1 つ 電源 25 W(最大) コネクタサイズ 164 ピン
    • p. 135/201
      目次に戻る 黄色のライト - 黄色の点滅は、インストールされたデバイスに問題があることを示し、黄色の点灯は内蔵電源の問題を示す( 電源の問 題 を参照)。 ハードドライブアクセスライト 緑色 リンクライト ネットワーク接続時は緑色の点灯 リンク保全ライト(内蔵ネットワークアダプタ上) 10 Mb 伝送時は緑色のライト 100 Mb 伝送時は橙色のライト 1000 Mb(1 Gb)伝送時は黄色のライト 動作ライト(内蔵ネットワークアダプタ上) 黄色の点滅ライト 診断ライト 前面パネルある 4 つのライト。
    • p. 136/201
      Dell™ OptiPlex™ 745 ユーザーズ ガイド メモ、注意、警告 Dell n シリーズコンピュータをご購入いただいた場合は、このマニュアルの Microsoft Windows オペレーティングシステムについての説明は適用されません。 こ の文 書の 情 報は 、 事 前の 通 知な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 2006 す べ て の著 作権 は Dell Inc. に あ り ま す。 Dell Inc. の書面による許可のない複写は、いかなる形態においても厳重に禁じられています。
    • p. 137/201
      目次に戻る スモールフォームファクターコンピュータ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド お使いのスモールフォームファクターコンピュータについて コンピュータ内部 お使いのスモールフォームファクターコンピュータについて 正 面図 1 USB 2.0 コネクタ(2) ジョイスティックやカメラ、または起動可能な USB デバイスなど、時々接続するデバイスには、前面 USB コネクタを使用します(USB デバイスからの起動については、 セットアップユーティリティ を参照してください)。 プリンタやキーボードなど通常接続したままのデバイスには、背面
    • p. 138/201
      背 面図 背 面パネルコネクタ イ 1 カードスロット 取り付けられたすべての PCI および PCI Express カード用のアクセスコネクタです。 2 背面パネルコ ネクタ シリアル デバイスや USB デバイスなどを、正しいコネクタに接続します( 背面パネルコネクタ を 参照)。 3 電源コネクタ 電源ケーブルを差し込みます。 4 電圧切り替え スイッチ お使いのコンピュータには、手動の電圧切り替えスイッチが装備されています。 手動電圧切り替えスイッチが付いているコンピュータへの損傷を防ぐため、スイッチはお使いになる地域の
    • p. 139/201
      コンピュータ内部 システム基 板のコンポーネント ルを使用する必要がある場合、ネットワーク速度を 10 Mbps にして動作の信頼性を確保します。 4 ネットワー ク動作ライト 黄色のライトは、コンピュータがネットワークデータを送信、または受信している時に点滅します。 ネットワークトラフィックが多い場合、このライトが「点灯」の状態に見えることがあります。 5 ライン出力 コネクタ 緑色のライン出力コネクタ(オンボードサウンドが搭載されたコンピュータで利用可能)を使って、ヘッドフォンおよび内蔵アンプの付いたほとんどのスピーカーを接続します。
    • p. 140/201
      目次に戻る 1 内蔵スピーカーコネクタ(INT_SPKR) 11 イントルージョンスイッチコネクタ (INTRUDER) 2 プロセッサコネクタ(CPU) 12 内蔵 USB コネクタ(USB) 3 プロセッサ電源コネクタ(12 V 電源) 13 バッテリーソケット(BATT) 4 メモリモジュールコネクタ (DIMM_1、DIMM_2、DIMM_3、DIMM_4) 14 PCI Express x16 コネクタ(SLOT1) 5 RTC リセットジャンパ(RTCRST) 15 PCI コネクタ(SLOT2)
    • p. 141/201
      目次に戻る ドライバとオペレーティングシステムの再インストール Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド ドライバ Microsoft® Windows® XP システムの復元の使い方 Microsoft Windows XP の再インストール ドライバ ドライバとは? ドライバは、プリンタ、マウス、キーボードなどのデバイスを制御するプログラムです。 すべてのデバイスにドライバプログラムが必要です。 ドライバは、デバイスとそのデバイスを使用するプログラム間の通訳のような役目をします。 各デバイスは、そのデバイスのドライバだけが認識する専用のコマンドセットを持っています。
    • p. 142/201
      1. ス タ ー ト ボタンをクリックして、コントロールパネル をクリックします。 2. 作 業す る分 野を選び ま す で、パフォーマンスとメンテナンス をクリックします。 3. シ ス テ ム をクリックします。 4. シ ス テ ム の プ ロ パ テ ィ ウインドウのハ ー ド ウ ェ ア タブをクリックします。 5. デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ ー をクリックします。 6. 新しいドライバをインストールしたデバイスを右クリックしてから、プ ロ パ テ ィ をクリックします。 7. ド
    • p. 143/201
      コンピュータの以 前の動 作状態へ の復 元 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、す べ て の プ ロ グ ラ ム → ア ク セ サ リ → シ ス テ ム ツ ー ル とポイントしてから、シ ス テ ム の復 元 をクリックします。 2. コンピュータを以 前の状態に復 元す る が選択されていることを確認して、次へ をクリックします。 3. コンピュータを復元したいカレンダーの日付をクリックします。 復 元ポイントの選択 画面に、復元ポイントが選べるカレンダーが表示されます。 復元ポイントが利用できる日付は太字で表示されます。
    • p. 144/201
      XP システムの復元の使い方 を参照)を使用して、オペレーティングシステムを新しいドライバがインストールされる前の動作状態に戻します。 Windows XP を再インストールするには、以下のアイテムが必要です。 l Dell™『オペレーティングシステム CD』 l Dell™『 Drivers and Utilities CD』 Windows XP の再インストール Windows XP を再インストールするには、次項で記載されている手順を順番通りに実行します。 再インストール処理を完了するには、1~2
    • p. 145/201
      10. 日 付と時 間の設 定 ウィンドウに、日付、時間、タイムゾーンを入力して、次へ をクリックします。 11. ネ ッ ト ワ ー ク の設 定 画面が表示されたら、標 準 設 定 をクリックして、次へ をクリックします。 12. Windows XP Professional を再インストールしている場合、ドメイン名やワークグループ名などのネットワーク設定に関するネットワーク情報が求められることがあります。該当するものを選びます。 設定がわからない場合、デフォルトの選択肢を選んでください。 Windows
    • p. 146/201
      目次に戻る 問題の解決 Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド トラブルシューティングのヒント バッテリーの問題 カードの問題 ドライブの問題 電子メール、モデム、およびインターネットの問題 キーボードの問題 ファンの問題 フリーズおよびソフトウェアの問題 メディアカードリーダーの問題 メモリの問題 マウスの問題 ネットワークの問題 電源の問題 プリンタの問題 デフォルト設定の復元 シリアルまたはパラレルデバイスの問題 サウンドおよびスピーカーの問題 ビデオとモニターの問題 トラブルシューティングのヒント
    • p. 147/201
      ドライブの問題 以下を確認しながら Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入します。 オプティカルドライブの問 題 1. コンピュータとデバイスの電源を切り、コンセントから抜いて 10~20 秒待ってから、コンピュータカバーを取り外します(「コンピュータカバーの取り外し」を参照)。 2. 各カードがコネクタにしっかり装着されているかを確認します。 しっかり装着されていないカードを装着しなおします。 3. カードのコネクタに対応するすべてのケーブルがしっかりと接続されているか確認します。
    • p. 148/201
      CD/DVD-RW ドライブへの書き込み問題 ハードドライブの問 題 電子メール、モデム、およびインターネットの問題 Windows で 音 量を調 節し ま す — l 画面右下角にあるスピーカーのアイコンをクリックします。 l スライドバーをクリックし、上にドラッグして、音量が上がることを確認します。 l チェックマークの付いたボックスをクリックして、サウンドがミュートに設定されていないか確認します。 スピーカーおよびサブウーハーを確 認し ま す — サウンドおよびスピーカーの問題 を参照してください。
    • p. 149/201
      キーボードの問題 ファンの問題 フリーズおよびソフトウェアの問題 コンピュータが起 動しない コンピュータの応答が停 止し た場 合 警 告: 本 項の手 順を開 始す る前に、 『 製 品 情 報ガ イ ド』の安 全 手 順に従ってください。 キ ー ボ ー ド ケ ー ブ ル を確 認し ま す — l キーボードケーブルがコンピュータにしっかり接続されているか確認します。 l コンピュータをシャットダウンし、キーボードケーブルを『クイックリファレンスガイド』を参照して 接続しなおし、コンピュータを再起動します。
    • p. 150/201
      プログラムが応答しない プログラムが繰り返しクラッシュする 画面が青色 (ブルースクリーン)になった そ の他のソフトウェアの問 題 メディアカードリーダーの問題 プ ロ グ ラ ム を終 了し ま す — 1. <Ctrl><Shift><Esc> を同時に押します。 2. ア プ リ ケ ー シ ョ ン をクリックします。 3. 反応がなくなったプログラムを選択します。 4. タ ス ク の終 了 をクリックします。 メ モ: 通常、ソフトウェアのインストール手順は、そのマニュアルまたはフロッピーディスクか
    • p. 151/201
      メモリの問題 以下を確認しながら Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入します。 マウスの問題 2. デ ィ ス ク の管 理 オプションを選択します。 3. 右のペインで、変更する必要のあるドライブ文字を右クリックします。 4. ド ラ イ ブ文 字と パ ス の変更 を選択します。 5. ドロップダウンリストから、メディアカードリーダーに割り当てる新しいドライブ文字を選択します。 6. OK をクリックして、選択内容を確定します。 メ モ: メディアカードリーダーの各スロットには、ドライブ文字が割り当てられています。スロットにメディアカードを挿入しないと、メディアカードリーダーのスロットは、マッピングされ
    • p. 152/201
      ネットワークの問題 以下を確認しながら Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入します。 電源の問題 チェック事項を確認し、 Diagnostics(診断)チェックリスト に記入してください。 マ ウ ス の設 定を確 認し ま す — 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、コントロールパネル をクリックして、プリンタとその他のハードウェア をクリックします。 2. マ ウ ス をクリックします。 3. 設定を変更してみます。 PS/2 マウスを使用している場合 1. セットアップユーティリティを起動して(
    • p. 153/201
      プリンタの問題 チェック事項を確認し、 Diagnostics(診断)チェックリスト に記入してください。 デフォルト設定の復元 電 源ラ イ ト が橙 色お よ び緑色に点 灯しているか、ま た は橙 色に点 灯している場 合 — デバイスが故障しているか、または正しく取り付けられていない可能性があります。 l メモリモジュールを取り外してから取り付けます。 l すべてのカードを取り外してから取り付けます。 l グラフィックスカードを取り付けている場合、取り外してから取り付けなおします。 電 源ラ イ
    • p. 154/201
      シリアルまたはパラレルデバイスの問題 チェック事項を確認し、 Diagnostics(診断)チェックリスト に記入してください。 サウンドおよびスピーカーの問題 チェック事項を確認し、 Diagnostics(診断)チェックリスト に記入してください。 スピーカーから音が出な い場 合 1. コンピュータの電源を入れます(または再起動します)。 2. 画面の右上角に Press <F2> to Enter Setup と表示されたら、すぐに <F2>を押します。 ここで時間をおきすぎて
    • p. 155/201
      ヘッドフォンから音が出な い場 合 ビデオとモニターの問題 チェック事項を確認し、 Diagnostics(診断)チェックリスト に記入してください。 画面に何も表 示されない場 合 電気的な妨 害を解 消し ま す — コンピュータの近くで使用している扇風機、蛍光灯、またはハロゲンランプの電源を切ってみます。 ス ピ ー カ ー の診断プ ロ グ ラ ム を実行し ま す サウンドドライ オーディオ ールします — ドライバと ユーティリティの再インストール を参照してください。 デ バ イ ス オ
    • p. 156/201
      画面が見づらい場 合 目次に戻る モ ニ タ ー の電 源ラ イ ト を確 認し ま す — 電源ライトが消灯している場合、ボタンをしっかり押して、モニターの電源が入っているか確認します。 電源ライトが点灯または点滅して いる場合、モニターには電力が供給されています。 電源ライトが点滅する場合、キーボードのキーを押すかマウスを動かします。 コンセントを確 認し ま す — 電気スタンドなどの別の電化製品で試して、コンセントが機能しているか確認します。 モ ニ タ ー を確 認し ま す — 正常に機能している他のモニターをコンピュータに接続して、使用してみます。
    • p. 157/201
      目次に戻る シャーシイントルージョンスイッチ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド シャーシイントルージョンスイッチの取り外し シャーシイントルージョンスイッチの取り付け シャーシイントルージョンディテクタのリセット シャーシイントルージョンスイッチの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. シャーシイントルージョンスイッチケーブをシステム基板から取り外します。 シャーシからシャーシイントルージョンケーブルを外す際は、ケーブルの配線経路をメモしておいてください。
    • p. 158/201
      スモールフォームファクターコンピュータ ウルトラスモールフォームファクターコンピュータ シャーシイントルージョンスイッチの取り付け
    • p. 159/201
      1. シャーシイントルージョンスイッチをスライドさせて注意深くスロットに入れ、ケーブルをシステム基板に再接続します。 2. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 3. コンピュータスタンドを使用している場合は、コンピュータに取り付けます。 シャーシイントルージョンディテクタのリセット 1. コンピュータの電源を入れます(または再起動します)。 2. 青色の DELL™ のロゴが表示された場合、すぐに <F2> を押します。 ここで時間をおきすぎてオペレーティングシステムのロゴが表示された場合、Microsoft®
    • p. 160/201
      目次に戻る システム基板の交換 Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド システム基 板の交換:ミニタワー、デスクトップ、およびスモールフォームファクターコンピュータ 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. システム基板へのアクセスを制限しているコンポーネントをすべて取り外します(オプティカルドライブ、フロッピードライブ、ハードドライブ、I/O パネル)。 3. プロセッサおよびヒートシンクアセンブリを取り外します。 l ミニタワー、 プロセッサ を参照 l デスクトップ、
    • p. 161/201
      スモールフォームファクターのシステム基 板のネジ ウルトラスモールフォームファクターのシステム基 板のネジ 1 デスクトップのシステム基板 2 ネジ(10) 1 スモールフォームファクターのシステム基板 2 ネジ(8)
    • p. 162/201
      取り外したシステム基板アセンブリを交換用のシステム基板のそばに置き、同等であることを確認します。 システム基 板の交換: ミニタワー、デスクトップ、スモールフォームファクタ、ウルトラスモールフォームファクターコンピュー タ 1. 基板を注意深くシャーシの位置に合わせ、コンピュータ後方へスライドさせます。 2. システム基板にネジを取り付けます。 3. システム基板から取り外したコンポーネントおよびケーブルを取り付けます。 4. すべてのケーブルをコンピュータの背面にあるコネクタに接続しなおします。 5.
    • p. 163/201
      目次に戻る ミニタワーコンピュータ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド お使いのミニタワーコンピュータについて コンピュータ内部 お使いのミニタワーコンピュータについて 正 面図 1 5.25 インチドライブベイ オプティカルドライブ用に使用します。このドライブに、CDまたはDVD(サポート対象の場合)を挿入します。 2 3.5 インチドライブベイ オプションのフロッピードライブまたはオプションのメディアカードリーダー用に使用します。 3 USB 2.0 コネクタ(2) ジョイスティックやカメラ、または起動可能な
    • p. 164/201
      背 面図 背 面パネルコネクタ 省電力モードから復帰するには、電源ボタンを押すか、Windows デバイスマネージャで復帰デバイスが設定されている場合、キーボードかマウスを使います。 スリープモードおよび省電力モードからの復帰の詳細については、 電力の管理 を参照してください。 コンピュータのトラブルシューティングに役立つライトコードの説明は、 システムライト を参照してく ださい。 8 ハードドライブ動作ライト ハードドライブがアクセスされているときに、このライトが点滅します。 9 ヘッドフォンコネクタ
    • p. 165/201
      コンピュータ内部 1 パラレルコ ネクタ プリンタなどのパラレルデバイスをパラレルコネクタに接続します。 USB プリンタをお使いの場合、USB コネクタに差し込みます。 メ モ: パラレルコネクタを持つカードが内蔵パラレルコネクタと同じアドレスに設定されていることをコン ピュータが検出した場合、内蔵パラレルコネクタは自動的に無効になります。 詳細に関しては、 セット アップオプション を参照してください。 2 リンク保全 ライト l 緑色 - 10 Mbps ネットワークとコンピュータ間の接続が良好です。
    • p. 166/201
      システム基 板コンポーネント 1 オプティカルドライブ 5 システム基板 2 フロッピードライブまたはメディアカードリーダー 6 ヒートシンクアセンブリ 3 電源装置 7 ハードドライブ 4 オプションのシャーシイントルージョンスイッチ 1 ファンコネクタ(FAN) 11 内蔵 USB(INTERNAL_USB) 2 プロセッサコネクタ(CPU) 12 バッテリーソケット(BATT) 3 プロセッサ電源コネクタ(12 V 電源) 13 PCI Express x16 コネクタ (SLOT1) 4 メモリモジュールコネクタ
    • p. 167/201
      目次に戻る 9 電源コネクタ(POWER) 19 システム基板のスピーカー(BEEP) 10 イントルージョンスイッチコネクタ(INTRUDER) 20 スピーカーコネクタ(INT_SPKR)
    • p. 168/201
      目次に戻る トラブルシューティングツールとユーティリティ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド Dell Diagnostics(診断)プログラム システムライト 診断ライト ビープコード エラーメッセージ ソフトウェアおよびハードウェアの非互換性の解決 Dell Diagnostics( 診断)プログラム Dell Diagnostics( 診断)プログラムを使 用する場 合 コンピュータに問題が発生した場合、デルテクニカルサポートに問い合わせる前に、この項にあるチェック事項を実行してから、Dell
    • p. 169/201
      5. 表示されたメニューから Boot from CD-ROM オプションを選択します。 6. 1 と入力して『Drivers and Utilities CD』のメニューを起動します。 7. 2 と入力して Dell Diagnostics(診断)プログラムを起動します。 8. 番号の付いたリストから Run the 32 Bit Dell Diagnostics を選択します。 複数のバージョンがリストにある場合は、コンピュータに適切なバージョンを選択します。 9. Dell Diagnostics
    • p. 170/201
      診断ライト 問題のトラブルシューティングを容易にするため、お使いのコンピュータには前面または背面パネルに「1」、「2」、「3」、および「4」とラベルの付いた 4 つのライトが搭載されています。 これらのライトは、緑色に点灯するか消灯しています。 コンピュータが正常に起動すると、 起動プロセスが完了する際、ライトのパターンとコードが変化します。 システム起動プロセスの POST が正常に終了すると、4 つのライトはすべて緑色に点灯します。 POST プロセス中にコンピュータが誤動作した場合、LED に表示されるパターンで、プロセスのどこでコンピュータが停止したか識別できる場合があります。
    • p. 171/201
      ビープコード お使いのコンピュータの起動時に、モニターにエラーメッセージまたは問題を表示できない場合、ビープ音が連続して鳴ることがあります。 この連続したビープ音はビープコードと呼ばれ、問題を特定します。 連続したビープ音には、ビープ音がまず 1 回鳴り、次に連続して 3 回鳴ってから、1 回鳴るものがあります(コード 1-3-1)。 このビープコードは、コンピュータがメモリの問題を検出したことを知らせます。 起動時にコンピュータがビープ音を発する場合、次の手順を実行します。 1. 診断チェックリストにビープコードを書き込みます。
    • p. 172/201
      以下を確認しながら Diagnostics(診断)チェックリスト に必要事項を記入します。 メッセージが一覧にない場合、オペレーティングシステムまたはメッセージが表示された際に実行していたプログラムのマニュアルを参照してください。 警 告: 本 項の手 順を開 始す る前に、 『 製 品 情 報ガ イ ド』の安 全 手 順に従ってください。 フ ァ イ ル名に は次の文 字は使 用で き ま せ ん: / : * ? " < > | — これらの記号をファイル名に使用しないでください。
    • p. 173/201
      ハ ー ド デ ィ ス ク ド ラ イ ブ エ ラ ー ― ハ ー ド デ ィ ス ク ド ラ イ ブ エ ラ ー — ドライブの問題 を参照してください。 起 動 用メ デ ィ ア を挿入し ま す — 起動可能なフロッピーディスクまたは CD を挿入します。 無効な設 定 情 報 - セ ッ ト ア ッ プ ユ ー テ ィ リ テ ィ を実行してください — セットアップ ユーティリティを起動し、コンピュータの設定情報を修正します( セットアップユーティリテ ィの起動 を参照)。 キ ー ボ-ド エ
    • p. 174/201
      ソフトウェアおよびハードウェアの非互換性の解決 OS のセットアップ中にデバイスが検出されないか、検出されても間違って設定されている場合、デバイスマネージャまたはハードウェアに関するトラブルシューティングを使用して非互換性を解決することができます。 1. コンピュータの電源を切り、コンセントから取り外します。次に、カードを 1 枚だけ残してすべて取り外します。 2. コンピュータの電源プラグを差し込み、コンピュータを再起動します。 3. メッセージが表示される場合、取り付けられているカードが誤動作している可能性があります。
    • p. 175/201
      Microsoft® Windows® XP デバイスマネージャで非互換性の問題を解決するには、次の手順を実行します。 1. ス タ ー ト ボタンをクリックして、コントロールパネル をクリックします。 2. パフォーマンスとメンテナンス をクリックして、シ ス テ ム をクリックします。 3. ハ ー ド ウ ェ ア タブをクリックして、デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ をクリックします。 4. デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ リストで、間違って設定されているデバイスを確認します。 間違って設定されているデバイスは黄色い感嘆符(!)で示され、デバイスが無効になっている場合には赤い
    • p. 176/201
      目次に戻る ウルトラスモールフォームファクターコンピュータ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド お使いのウルトラスモールフォームファクターコンピュータについて コンピュータ内部 電源アダプタの接続 バッジ お使いのウルトラスモールフォームファクターコンピュータについて 正 面図 注 意: モニターをコンピュータの上に置かないでください。 モニタースタンドを使用してください。 注 意: コンピュータをセットアップする際は、ケーブルが引っ張られたり、もつれたり、踏まれないように、すべてのケーブルを作業場所の後側に置いてください。
    • p. 177/201
      側 面図 背 面図 背 面パネルコネクタ 1 通気孔 コンピュータ側面にある通気孔は、コンピュータのオーバーヒートを防ぎます。通気性を確保するため、これらの冷却用通気孔を塞がないでください。 1 診断ライト コンピュータのトラブルシューティングに役立つライトコードの説明は、 診断ライト を参照してください。 2 コンピュータカバーリリースノブ このノブを時計回りに回してカバーを取り外します。 3 背面パネルコネクタ コンピュータのコネクタ( 背面パネルコネクタ を参照) 4 電源コネクタ 電源ケーブルを差し込みます。
    • p. 178/201
      VGA モニターの接続 VGA モニターをお持ちの場合、アダプタケーブルを白い DVI モニターコネクタに差し込み、モニターケーブルをアダプタに接続します。 2 台のモニターの接続 ケーブルアダプタを使って VGA モニターと DVI モニターを背面パネルの DVI-I コネクタに接続します。 2 台のモニターを接続する場合、ドライバがこの接続を検出して、複数モニター機能を有効にします。 コンピュータ内部 4 ネットワーク動作ライト 黄色のライトは、コンピュータがネットワークデータを送信、または受信している時に点滅します。
    • p. 179/201
      システム基 板コンポーネント ケーブルカバー(オプション) カーブルカバーの取り付け 1 ファンエアフローカバー / ヒートシンクアセンブリ 4 ハードドライブ 2 スピーカー(オプション) 5 セキュリティケーブルスロット 3 メモリモジュール(2) 6 シャーシイントルージョンスイッチ 1 ファンコネクタ(FAN_FRONT) 8 CMOS ジャンパのクリア(RTCRST) 2 内蔵スピーカーコネクタ(INT_SPKR) 9 パスワードジャンパ(PSWD) 3 システム基板のスピーカー(BEEP)
    • p. 180/201
      1. すべての外付けデバイスケーブルをケーブルカバーの穴に通したかを確認します。 2. コンピュータの背面にあるコネクタにすべてのデバイスケーブルを接続します。 3. ケーブルカバーの下の部分を持ち、コンピュータの背面パネルにある 4 つのスロットに 4 つのタブを合わせます。 4. スロットにタブを差し込み、ケーブルカバーが確実に所定の場所に収まるで、タブを診断ライトの方向にスライドさせます(図を参照)。 5. セキュリティ用デバイスをセキュリティケーブルスロットに取り付けます(オプション)。 ケーブルカバーの取り外し
    • p. 181/201
      3. コンセントに接続するための緑色のアース線が AC 電源ケーブルに付いている場合、次の手順で金属製のアースコネクタをコンセントのアース端子に接続します(下図を参照)。 a. アース端子を緩めます。 b. 金属製のアースコネクタをアース端子の後ろ側へスライドし、アースのネジを締めます。 4. AC 電源ケーブルをコンセントに接続します。 電源アダプタにはステータスライトがあります。AC アダプタがコンセントに接続されていない場合は消灯し、以下のさまざまな状態では緑色または黄色に点灯します。 l 緑色のライト
    • p. 182/201
    • p. 183/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド モジュールベイ モジュールベイ フロッピードライブ、オプティカルドライブ、またはセカンドハードドライブなどの Dell™ ポータブルデバイスをモジュールベイに取り付けることができます。 お使いの Dell コンピュータは、モジュールベイにオプティカルドライブまたはエアベイ(ダミーカードフィラー)が取り付けられた状態で出荷されます。 次の 2 つの方法でデバイスをモジュールベイに固定できます。 l ロックスイッチ(コンピュータカバーを外して使用)
    • p. 184/201
      3. デバイスリリースラッチを押してリリースラッチを解除します。 4. リリースラッチを持ってデバイスを引き出し、モジュールベイからデバイスを取り外します。 5. 新しいデバイスをモジュールベイにスライドします。 6. モジュールロックスイッチをロック位置に動かして、新しいデバイスをモジュールベイにロックすることもできます。 7. モジュールベイのデバイスをロックするためにカバーを取り外した場合は、コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 Microsoft® Windows®
    • p. 185/201
      1. デバイスがモジュールに取り付けられている場合は、タスクバーの ハードウェアの安 全な取り外し アイコンをダブルクリックします。 2. 取り外すデバイスをクリックします。 3. デバイスを取り外すことができることを示すコンピュータメッセージが表示されたら、コンピュータからデバイスを取り外します。 4. 新しいデバイスをモジュールベイにスライドします。 デバイスのモジュルベイへの固 定 1. デバイスをモジュールベイに固定するために、コンピュータにはモジュールロックスイッチが装備されています。 このスイッチを使用するには、次の手順を実行します。
    • p. 186/201
      目次に戻る
    • p. 187/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド プロセッサ プロセッサ 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. ファンエアフローカバーを持ち上げてコンピュータから離し、ファンエアフローカバーを取り外します。 3. ヒートシンクを取り外します。 a. ヒートシンクに 1 番近いメモリモジュールを取り外します( メモリの取り付け を参照)。 b. ヒートシンクが外れるまで保持基板のリリースレバーを押します。 警 告: 本 項の手 順を開 始す る前に、 『 製
    • p. 188/201
      c. プロセッサからヒートシンクを慎重に持ち上げます。 d. サーマルグリースが付いた面を上に向けて、ヒートシンクを上向きに置きます。 4. プロセッサが外れるまでリリースレバーをまっすぐ引き上げ、プロセッサをソケットから取り外します。 5. プロセッサの底部に触らないように気をつけながら、新しいプロセッサを梱包から取り出します。 6. ソケット上のリリースレバーが完全に開いていない場合、その位置まで動かします。 7. プロセッサの前面と背面の位置合わせ用の切り込みを、ソケットの前面と背面の位置合わせ用の切り込みに合わせます。
    • p. 189/201
      デルのプロセッサ交換キットを取り付ける場合、プロセッサは交換キットが送付されてきた同じパッケージに梱包してデルへ返送してください。 11. ヒートシンクの下面からサーマルグリースを除去してください。 12. プロセッサの表面に、新しいサーマルグリースを塗ります。 13. リリースレバーと反対側の保持基板のタブの下に、ヒートシンクの片方の端を置きます。 14. ヒートシンクがもう一方の保持基板の端のタブの下にしっかり装着されるように、ヒートシンクをプロセッサの上に押し下げます。 15. コンピュータカバーを取り付けます(
    • p. 190/201
    • p. 191/201
      目次に戻る ドライブ Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド ハードドライブ ハードドライブファンの交換 お使いのコンピュータは、次のドライブをサポートします。 l SATA(シリアルATA)ハードドライブを 1 台 l モジュールベイのオプションの D モジュールドライブ、セカンドハードドライブ、またはフロッピードライブを 1 台 一般的な取り付けガイドライン SATAハードドライブは、システム基板の「SATA0」というラベルのコネクタに接続してください( システム基板コンポーネント
    • p. 192/201
      ドライブケーブルの接続と取り外し SATA データケーブルを接続または取り外す場合、それぞれの端にある黒色のコネクタを持って作業を行います。 プルタブが付いたケーブルを取り外す場合、色付きのプルタブをつかんで、コネクタが外れるまで引っ張ります。 ハードドライブ ハードドライブの取り付け 1. ドライブの交換ではなく新しいデバイスを取り付ける場合は、カバー内部にあるドライブレールを新しいドライブに取り付けて 8ステップ に進みます。 2. 残しておきたいデータを保存しているハードドライブを交換する場合、ファイルのバックアップを取ってから、次の手順を開始します。
    • p. 193/201
      6. データケーブルおよび電源ケーブルをドライブコネクタから外します。 7. 既存のハードドライブからドライブレールを取り外し、交換用のハードドライブに取り付けます。 8. データケーブルおよび電源ケーブルをハードドライブコネクタに取り付けます。ケーブルをドライブに接続する前に、コネクタを正しい方向に向けます。 9. ハードドライブをスライドさせてブラケットにはめ込みます。 1 ハードドライブ 2 ドライブレール(2) 3 電源ケーブルコネクタ 4 データケーブルコネクタ 1 ドライブ 2 ドライブレール(2)
    • p. 194/201
      10. コンピュータカバーを取り付けます( コンピュータカバーの取り外し を参照)。 11. ケーブルカバーを取り付けます(使用している場合)。 ドライブの動作に必要なソフトウェアをインストールする手順については、ドライブに付属のマニュアルを参照してください。 12. コンピュータを再起動します。 13. 次の手順に進む前に、ドライブにパーティションを作成し、論理フォーマットを実行します。 手順については、オペレーティングシステムに付属のマニュアルを参照してください。 14. Dell Diagnostics(診断)プログラムを実行して、
    • p. 195/201
      4. 次の手順で、ハードドライブファンを取り付けます。 a. 4 つのサイドタブとリリースタブの位置を、ハードドライブブラケットの 5 つのスロットに合わせます。 b. 金属製のスロットカバーの下にリリースタブをスライドさせ、コンピュータ背面方向にファンをスライドさせると、他の 4つのタブが留まります。 目次に戻る 1 ハードドライブブラケット 2 ファンリリースタブ 3 ファン 4 サイドタブ
    • p. 196/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド コンピュータカバーの取り外し コンピュータカバーの取り外し 1. 作業を開始する前に の手順に従って操作してください。 2. ケーブルカバーがある場合は、取り外します( ケーブルカバー(オプション) を参照)。 3. コンピュータカバーを取り外します。 a. 下図のように、カバーリリースノブを時計回りに回します。 b. コンピュータカバーを 1 cm またはカバーが止まるまで前にスライドし、カバーを持ち上げます。 目次に戻る 警 告:
    • p. 197/201
      目次に戻る Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド ウルトラスモールフォームファクターコンピュータの仕様 ウルトラスモールフォームファクターコンピュータの仕様 マイクロプロセッサ マイクロプロセッサの種類 Intel® Pentium 4® プロセッサ、Pentium D プロセッサ、Celeron® プロセッサ、Core™ プロセッサ 内蔵キャッシュ 512 KB 以上のパイプラインバースト、 8 ウェイセットアソシエィティ ブ、ライトバック SRAM メ モ リ タイプ 533 MHz
    • p. 198/201
      ド ラ イ ブ 外部アクセス可能 オプティカルドライブ、セカンドハードドライブ、またはフロッピードライブ用の D モジュールベイが 1 つ 内部アクセス可能 1 インチ幅ハードドライブ用ベイ × 1 コ ネ ク タ 外付けコネクタ: シリアル 9 ピンコネクタ、16550C 互換 パラレル 双方向 25 ピンコネクタ(メス) ビデオ 28 ピン DVI コネクタ ネットワークアダプタ RJ-45 コネクタ USB USB 2.0 互換コネクタ(前面パネルに 2 つ、背面パネルに 5 つ) オーディオ ライン入出力
    • p. 199/201
      目次に戻る で 180~265 V バックアップバッテリー 3 V CR2032 コイン型リチウムバッテリー 寸 法 ケーブルカバー非装着時: 縦幅 26.4 cm 横幅 8.9 cm 長さ 25.3 cm 重量 4.5 kg 標準ケーブルカバー装着時: 縦幅 26.4 cm 横幅 8.9 cm 長さ 33 cm 重量 4.9 kg 拡張ケーブルカバー装着時: 12.34 kg 縦幅 26.4 cm 横幅 8.9 cm 長さ 36.1 cm 環 境 温度: 動作時 10~30 ℃ 保管時 -40~65
    • p. 200/201
      Dell™ OptiPlex™ 745 ユーザーズ ガイド メモ、注意、警告 Dell n シリーズコンピュータをご購入いただいた場合は、このマニュアルの Microsoft Windows オペレーティングシステムについての説明は適用されません。 こ の文 書の 情 報は 、 事 前の 通 知な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 2006 す べ て の著 作権 は Dell Inc. に あ り ま す。 Dell Inc. の書面による許可のない複写は、いかなる形態においても厳重に禁じられています。
    • p. 201/201
      目次に戻る 保証について Dell™OptiPlex™745 ユーザーズ ガイド コンピュータに関するデル保証情報については、『サービス & サポートのご案内』を参照してください。 目次に戻る
 

© 2012–2018, manyuaru.com
All rights reserved.