取扱説明書とユーザーガイド - Precision M60 Dell

Precision M60 Dell の取扱説明書やユーザーガイドが3以上あります。

  • Dell Precision M60 [ver. 1] (ページ: 41)

    目次
    • p. 1/41
      Dell Precision™ M60 サービスマニュアル はじめに システムコンポーネント メモリモジュール、ミニ PCI カード、モデム、およびモジュール ハードドライブ Bluetooth™ カード ファン ドッキングドア キーボード ディスプレイアセンブリ ビデオカード マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリ パームレスト マイクロプロセッサモジュール フラッシュ BIOS のアップデート 予備バッテリー システム基板 スピーカー ベースラッチ I/O コネクタのピンの構成 メモ、注意、および警告
    • p. 2/41
      目次ページに戻る はじめに D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル コンピュータ内部の作業を始める前に 推奨ツール コンピュータの向き ネジの識別 コンピュータ内部の作業を始める前に 1. コンピュータカバーを傷つけないように、平らな作業台を使用し、台の上を片付けます。 2. 作業中のファイルを保存して、開いているプログラムをすべて閉じます。 3. コンピュータとすべてのデバイスの電源を切ります。 4. コンピュータがドッキングステーションに接続されている場合、ドッキングを解除します。
    • p. 3/41
      l 1/4 インチマイナスドライバ l 小型プラスチックスクライブ l フラッシュ BIOS アップデートプログラムのフロッピーディスクまたは CD コンピュータの向き ネジの識別 コンポーネントを取り付けたり取り外す場合、レイアウト用のツールとして 「 ネジの識別 」 をコピーし、ネジをなくさないようにします。 この配置マットには、ネジの数とサイズが示してあります。 1 背面 2 右側 3 正面 4 左側 オプションモジュール (各 1) モデム (各 1) ハードドライブ (各 1) ファン キーボード
    • p. 4/41
      (各 2) (各 2) (各 2) ディスプレイベゼル (ディスプレイバンパー、各 8) (各 8) ディスプレイパネル (各 9) ディスプレイラッチ (各 2) ビデオカード (各 4) パームレスト (各 2) (各 13) スピーカー (各 1) システム基板 (各 3)
    • p. 5/41
      目次ページに戻る (各 2) (各 1)
    • p. 6/41
      目次ページに戻る フラッシュ BIOS のアップデート D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル 1. AC アダプタがプラグに差し込まれていて、メインバッテリーが適切に取り付けられていることを確認します。 2. フラッシュ BIOS アップデートプログラムのフロッピーディスクまたは CD を挿入して、コンピュータの電源を入れます。 画面に表示される指示に従います。 コンピュータは起動を続け、新しい BIOS をアップデートします。 アップデートが完了したら、コンピュータは自動的に再起動します。
    • p. 7/41
      目次ページに戻る Bluetooth™ カード D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル Bluetooth カードをコンピュータと一緒にご購入された場合、カードは既に取り付けられています。 1. ハードドライブ を取り外します。 2. Bluetooth カードコネクタを引っ張り、システム基板コネクタから取り外します。 3. ケーブルを引っ張り、Bluetooth カードをコンピュータから取り外します。 目次ページに戻る 警 告 : 次の手 順を始め る前に、
    • p. 8/41
      目次ページに戻る マイクロプロセッサモジュール D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル マイクロプロセッサモジュールの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. キーボード を取り外します。 3. ファン を取り外します。 4. マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリ を取り外します。 5. 小型のマイナスドライバを使用して、ZIF ソケットを緩めます。 次に、ZIF ソケットカムネジをカムが止まるまで反時計回りに回します。
    • p. 9/41
      1. マイクロプロセッサモジュールの 1 番ピンの角に、ZIP ソケットの 1 番ピンの角を合わせ、マイクロプロセッサモジュールに挿入します。 マイクロプロセッサモジュールが正しく装着されると、すべての 4 つの角が同じ高さになります。 モジュールの角が 1 つでも他の角より高い場合、モジュールは正しく装着されていません。 2. カムネジを時計回りに回して ZIF ソケットを締め、マイクロプロセッサモジュールをシステム基板に固定します。 3. 「 マイクロプロセッサモジュールの取り外し 」 と逆の手順を実行して、
    • p. 10/41
      目次ページに戻る ディスプレイアセンブリ D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル ディスプレイアセンブリ ディスプレイベゼル ディスプレイパネル ディスプレイアセンブリ 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」の手順に従います。 2. コンピュータを裏返し、コンピュータ底部にある 「D」 とラベルの付いた 2 本の M2.5 × 12 mm ネジを外します。 3. コンピュータを表にして、ディスプレイを開きます。 4. セントラルコントロールカバー
    • p. 11/41
      ディスプレイベゼル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. セントラルコントロールカバー を取り外します。 3. ディスプレイアセンブリ を取り外します。 4. プラスチックスクライブを使用して、8 本のディスプレイバンパーをベゼル前面にあるネジ穴から引き抜きます。 5. ベゼル前面にある 8 本の M2.5 × 6 mm ネジを外します。 6. ディスプレイパネルの底部 (Dell™ ロゴのある側) で外側を押し込みながらベゼルの内側を持ち上げ、指を使ってベゼルをトップカバーから離します。
    • p. 12/41
      1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. セントラルコントロールカバー を取り外します。 3. ディスプレイアセンブリ を取り外します。 4. ディスプレイベゼル を取り外します。 5. 9 本の M2 × 3 mm ネジをディスプレイパネルから外します。 6. ディスプレイパネルを持ち上げ、トップカバーからディスプレイパネルを取り外します。 7. 黄色のテープをトップディスプレイコネクタから取り外します。 8. トップディスプレイケーブルコネクタの両側にあるタブを押し込み、トップフレックスケーブルコネクタからディスプレイケーブルコネクタを取り外します。
    • p. 13/41
      目次ページに戻る
    • p. 14/41
      目次ページに戻る ドッキングドア D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル ドッキングドアの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. ドッキングカバーを軽く曲げて、コンピュータベースから持ち上げて取り外します。 ドッキングドアの取り付け スプリング付きのドッキングカバーの端を長い方のポストにスライドさせます。 目次ページに戻る 警 告 : コ ン ピ ュ ー タ内部の作 業を始め る前に、 『シ ス テ ム情 報ガ
    • p. 15/41
    • p. 16/41
      目次ページに戻る ファン D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. 2 本の M2.5 × 12 mm ネジをファンカバーから外します。 3. ファンを持ち上げて、コンピュータから取り外します。 目次ページに戻る 警 告 : 次の手 順を始め る前に、 『シ ス テ ム情 報ガ イ ド』 の安 全に お使いいただくための注 意 事 項を参照してください。 注 意 : ESD による損傷を防ぐため、静電気防止用リストバンドを使用するか、コンピュータの塗装されていない金属面
    • p. 17/41
      目次ページに戻る ハードドライブ D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. コンピュータを裏返します。 標準の 1 番のプラスドライバを使って M3 × 3 mm ネジを外します。 3. ハードドライブをコンピュータから引き出します。 目次ページに戻る 警 告 : ド ラ イ ブ が高温のときにハードドライブをコンピュータから取り外す 際は、ハードドライブの金属部 分に触れないでください。
    • p. 18/41
      目次ページに戻る キーボード D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. コンピュータを表側にして開きます。 3. センターコントロールカバーを取り外します。 a. ディスプレイを完全に開き (180 度)、作業台の上に水平に置きます。 b. コンピュータの左側にプラスチックスクライブまたはマイナスドライバを差し込み、てこの要領でセンターコントロールカバーをこじ開けます。 c. センターコントロールカバーフレックスケーブルを、プルタブを使ってシステム基板コネクタから取り外します。
    • p. 19/41
      4. キーボードを取り外します。 a. キーボードの上部にある 2 本の M2.5 × 6 mm ネジを外します。 b. キーボードの上部を引き上げて、前方へスライドさせます。 c. キーボードを慎重に前方へ持ち上げて、キーボードコネクタに手が届くようにします。 d. キーボードコネクタタブを引き上げて、システム基板からキーボードコネクタを取り外します。 目次ページに戻る 1 センターコントロールカバー 2 システム基板コネクタ 注 意 : キーボード上のキーキャップは壊れたり、外れやすく、また取り付けに時間がかかります。
    • p. 20/41
      目次ページに戻る ベースラッチ D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. ハードドライブ を取り外します。 3. キーボード を取り外します。 4. ディスプレイアセンブリ を取り外します。 5. パームレスト を取り外します。 6. システム基板 を取り外します。 7. スピーカー を取り外します。 8. ベースラッチをまっすぐ引き上げて、コンピュータベースから取り外します。 目次ページに戻る
    • p. 21/41
      目次ページに戻る パームレスト D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. キーボード を取り外します。 3. ディスプレイアセンブリ を取り外します。 4. マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリ を取り外します。 5. ビデオカード を取り外します。 6. 13本の M2.5 × 12 mm ネジをコンピュータの底部から外します。 7. パームレストの上部にある 2 本の M2.5
    • p. 22/41
      8. システム基板からタッチパッドコネクタを取り外します。 9. 指を使ってパームレストをコンピュータベースから離します。 目次ページに戻る 1 M2.5 × 4 mm ネジ (2) 2 パームレストの上部 1 パームレストの後部中央 2 タッチパッドコネクタ 3 システム基板コネクタ 4 コンピュータベース 注 意 : パームレストに損傷を与えないよう、コンピュータベースからパームレストを慎重に取り外します。
    • p. 23/41
      目次ページに戻る I/O コネクタのピンの構成 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル USB コネクタ ビデオコネクタ パラレルコネクタ S ビデオ TV 出力コネクタ シリアルコネクタ Dell D/Bay コネクタ USB コネクタ ビデオコネクタ パラレルコネクタ ピ ン 信号 1 USB5V+ 2 USBP- 3 USBP+ 4 GND ピ ン 信号 ピ ン 信号 1 CRT_R 9 5V+ 2 CRT_G 10 GND 3 CRT_B 11 MONITOR_DETECT-
    • p. 24/41
      S ビデオ TV 出力コネクタ シリアルコネクタ ピ ン 信号 ピ ン 信号 1 STROBE- 10 ACK- 2 PD0 11 BUSY 3 PD1 12 PE 4 PD2 13 SLCT 5 PD3 14 AFD/3M- 6 PD4 15 ERROR- 7 PD5 16 INIT- 8 PD6 17 SLIN- 9 PD7 18-25 GND S ビ デ オ ピ ン 信号 1 GND 2 GND 3 DLUMA-L 4 DCRMA-L コンポジットビデオ ピ ン 信号 5 SP_DIF 6 DCMPS-L
    • p. 25/41
      Dell D/Bay コネクタ 目次ページに戻る ピ ン 信号 ピ ン 信号 1 DCD 6 DSR 2 RXDA 7 RTS 3 TXDA 8 CTS 4 DTR 9 RI 5 GND ピ ン 信号 ピ ン 信号 1 USB_VCC 8 SMB_CLK 2 USB_D- 9 GND 3 USB_D+ 10 SHIELD GND 4 USB_GND 11 SHIELD GND 5 PWR_SRC 12 SHIELD GND 6 SMB_DAT 13 SHIELD GND 7 MODPRES# 14 SHIELD
    • p. 26/41
      目次ページに戻る 予備バッテリー D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. バッテリーを取り外します 。 3. バッテリーラッチを押して手前に引き、予備バッテリーカバーを取り外します。 4. コンピュータベースから予備バッテリーをまっすぐ引き出します。 5. スピーカーコネクタから予備バッテリーケーブルコネクタを取り外します。 目次ページに戻る 警 告 : D e l l ™ コ ン
    • p. 27/41
      目次ページに戻る スピーカー D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. キーボード を取り外します。 3. ディスプレイアセンブリ を取り外します。 4. パームレスト を取り外します。 5. システム基板 を取り外します。 6. スピーカーから M2.5 × 3 mm ネジを外します。 7. スピーカーから 予備バッテリー を取り外して、スピーカーを持ち上げます。 目次ページに戻る
    • p. 28/41
      目次ページに戻る システム基板 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル システム基 板の取り外し システム基板の BIOS チップには、サービスタグナンバーが記されています。サービスタグナンバーは、コンピュータ底面のバーコードラベルにも記されています。 システム基板用の交換キットには、交換するシステム基板用にサービスタグナンバーを変換するユーティリティを提供する CD が含まれています。 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。
    • p. 29/41
      11. コンピュータベースから (B) とラベルの付いた M2.5 × 12 mm のネジを外します。 12. システム基板をコンピュータベースから取り外します。 1 M2.5 × 4 mm ネジ (3) 2 システム基板 1 M2.5 × 12 mm ネジ (1)
    • p. 30/41
      システム基 板の取り付け 1. 「 システム基板の取り外し 」 をすべて逆の手順で実行します。 2. コンピュータの電源を入れます。 3. 交換用のシステム基板に付属のフロッピーディスクまたは CD を適切なドライブに挿入します。 画面の指示に従います。 目次ページに戻る 1 システム基板 2 スピーカーコネクタ 3 スピーカー 注 意 : コンピュータの電源を入れる前にすべてのネジを取り付け、コンピュータ内部にネジが残っていないか確認します。 コンピュータ内部にネジが残っていると、コンピュータに損傷を与える恐
    • p. 31/41
      目次ページに戻る システムコンポーネント D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル 目次ページに戻る 注 意 : コンピュータの修理は、認可された技術者のみがおこなってください。 デルで認められていない修理による損傷は、保証の対象となりません。 注 意 : 特に記載のない限り、このマニュアルのすべての手順で、取り外し手順と逆の順序で取り付けなおすことができます。 1 ディスプレイアセンブリ 10 バッテリー 2 ディスプレイケーブル 11 リリースラッチ 3
    • p. 32/41
      目次ページに戻る マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリ D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリの取り外し 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. キーボード を取り外します。 3. ファン を取り外します。 4. マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリをシステム基板に固定している 「1」 ~ 「4」 とラベルの付いた 4 本の固定ネジを順番に緩めます。 5. マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリをコンピュータの側面に向けて引き上げ、システム基板から取り外します。
    • p. 33/41
      マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリの取り付け 1. マイクロプロセッササーマル冷却アセンブリの左側をパームレストの下に置き、アセンブリをシステム基板上に設置します。 2. 「1」 ~ 「4」 とラベルの付いた 4 本の固定ネジを順番に締めます。 目次ページに戻る
    • p. 34/41
      目次ページに戻る メモリモジュール、ミニ PCI カード、モデム、およびモジュール D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル メモリモジュール ミニ PCI カード モデム モジュール メモリモジュール 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. コンピュータを裏返し、メモリモジュールカバーの固定ネジを緩めて、カバーを持ち上げます。 3. メモリモジュールを交換する場合、既存のモジュールを取り外します。 a. メモリモジュールコネクタの両端にある固定クリップを、モジュールが持ち上がるまで指先で慎重に広げます。
    • p. 35/41
      4. 身体の静電気を逃がしてから、新しいメモリモジュールを取り付けます。 a. モジュールのノッチをコネクタの中央にあるスロットに合わせます。 b. モジュールの端をコネクタにしっかりとスライドさせ、カチッという感触が持てるまでモジュールを下側に押し込みます。 カチッという感触が持てない場合、モジュールを取り外して、再度取り付けます。 5. カバーとネジを取り付けます。 6. バッテリーをバッテリーベイに取り付けるか、または AC アダプタをコンピュータおよびコンセントに接続します。 7. コンピュータの電源を入れます。
    • p. 36/41
      3. ミニ PCI カードがまだ取り付けられていない場合、 手順 4 に進みます。 ミニ PCI カードを交換する場合、既存のカードを取り外します。 a. ミニ PCI カードに取り付けられているすべてのケーブルを取り外します。 b. ミニ PCI カードを取り外すには、カードがわずかに浮き上がるまで金属製の固定タブを広げます。 c. ミニ PCI カードをコネクタから持ち上げます。 4. ミニ PCI カードを 45 度の角度でコネクタに合わせ、カチッという感触が持てるまでミニ PCI カードをコネクタにしっかりと押し込みます。
    • p. 37/41
      6. カバーとネジを取り付けます。 モデム 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. コンピュータを裏返し、ミニ PCI カード / モデムカバーから固定ネジを緩めます。 3. モデムが取り付けられていない場合、 手順 4 に進みます。 モデムを交換する場合、既存のモデムを取り外します。 a. モデムをシステム基板に固定しているネジを取り外して、横へ置きます。 b. 取り付けられているプルタブをまっすぐ持ち上げ、モデムをシステム基板上のコネクタから引き上げて、モデムケーブルを取り外します。
    • p. 38/41
      4. モデムケーブルをモデムに取り付けます。 5. モデムをネジ穴に合わせ、直接モデムをシステム基板のコネクタ上にまっすぐ押し込みます。 モジュール お使いのコンピュータには、出荷時にオプティカルドライブがモジュールベイに取り付けられています。 ただし、オプティカルドライブにデバイスネジは取り付けられていません。別に梱包されています。 モジュールベイにデバイスを取り付ける際に、デバイスネジを取り付けてください。 デバイスネジが取り付けられていない場 合 1. デバイスリリースラッチを押してリリースラッチを解除します。
    • p. 39/41
      2. リリースラッチを持ってデバイスを引き出し、モジュールベイからデバイスを取り外します。 デバイスネジが取り付けられている場 合 1. コンピュータがドッキングデバイスに接続 (ドッキング) されている場合、ドッキングを解除します。 ドッキングデバイスの手順については、ドッキングデバイスに付属のマニュアルを参照してください。 2. ディスプレイを閉じて、コンピュータを裏返します。 3. 1 番のプラスドライバを使って、コンピュータの底面から M2 × 3 mm を外します。 4. デバイスリリースラッチを押してリリースラッチを解除します。
    • p. 40/41
      目次ページに戻る 注 意 : デバイスをモジュールベイに取り付けてから、コンピュータをドッキングデバイスに接続して、コンピュータの電源を入れます。
    • p. 41/41
      目次ページに戻る ビデオカード D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 サービスマニュアル 1. 「 コンピュータ内部の作業を始める前に 」 の手順に従います。 2. キーボード を取り外します。 3. ディスプレイ を取り外します。 4. 4 本の M2.5 × 6 mm ネジをビデオカードから外します。 5. ビデオカードを持ち上げて、コンピュータから取り外します。 目次ページに戻る 警 告 : 次の手 順を始め る前に、 『シ ス テ ム情 報ガ イ ド』 の安 全に
  • Dell Precision M60 [ver. 2] (ページ: 138)

    目次

    Document Outline

  • Dell Precision M60 [ver. 3] (ページ: 108)

    目次
    • p. 1/108
      Dell Precision™ M60 シリーズ Mobile Workstation ユーザーズガイド メモ、注意、および警告 略語について 略語の一覧表は、「 用語集 」 を参照してください。 Dell™ n シリーズコンピュータをご購入された場合、このマニュアル内の Microsoft® Windows® オペレーティングシステムに関する記述は適用されません。 情報の検索 マニュアルのアップデート Microsoft® Windows® の使い方 デバイスの使い方 Dell™ Drivers and
    • p. 2/108
      こ の マ ニ ュ ア ル の内 容 は 予 告な く変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 © 2 0 0 3 す べ て の著 作権 は Dell Computer Corporation に あ り ま す。 Dell Computer Corporation からの書面による許可なしには、いかなる方法においてもこのマニュアルの複写、転載を禁じます。 このマニュアルに使用されている商標: D e l l、D E L L のロゴ、I n s p i r o n、Dell Precision、D
    • p. 3/108
      目次ページに戻る コンピュータについて D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド コンピュータの正面 コンピュータの左側面 コンピュータの右側面 コンピュータの背面 コンピュータの底面 コンピュータの正面 デ ィ ス プ レ イ ラ ッ チ ― ディスプレイを閉じておきます。 デ ィ ス プ レ イ ― ディスプレイの詳細については、「 ディスプレイの使い方 」 を参照してください。 電 源ボタン ― 電源ボタンを押してコンピュータに電源を入れるか、または
    • p. 4/108
      コンピュータがコンセントに接続されている場合、 のライトは次のように動作します。 ¡ 緑色の点灯 ― バッテリーの充電中 ¡ 緑色の点滅 ― バッテリーの充電完了 コンピュータをバッテリーでお使いの場合、 のライトは次のように動作します。 ¡ 消灯 ― バッテリーが十分に充電されているか、コンピュータの電源が切れています。あるいはバッテリーがコンピュータに取り付けられていません。 ¡ 橙色の点滅 ― バッテリーの充電残量が低下しています。 ¡ 橙色の点灯 ― バッテリーの充電残量が非常に低下しています。
    • p. 5/108
      キーボードの上にある緑色のライトの示す意味は、以下のとおりです。 コンピュータの左側面 通気孔 ― コンピュータは内蔵ファンを使って、通気孔から空気が流れるようにします。 これにより、コンピュータが過熱することを防ぎます。 I E E E 1 3 9 4 コ ネ ク タ (4 ピ ン) ― このコネクタを使って、デジタルビデオカメラなど高速なデータ転送速度をもつ IEEE 1394 対応のデバイスをコンピュータに接続します。 P C カ ー ド ス ロ ッ ト ― モデムまたはネットワークアダプタなどの
    • p. 6/108
      ハ ー ド ド ラ イ ブ ― ソフトウェアおよびデータを保存します。 セ キ ュ リ テ ィ ケ ー ブ ル ス ロ ッ ト ― このスロットを使って、市販の盗難防止用品をコンピュータに取り付けることができます。 詳細については、デバイスに付属のマニュアルを参照してください。 コンピュータの右側面 セ キ ュ リ テ ィ ケ ー ブ ル ス ロ ッ ト ― このスロットを使って、市販の盗難防止用品をコンピュータに取り付けることができます。 詳細については、デバイスに付属のマニュアルを参照してください。
    • p. 7/108
      モ ジ ュ ー ル ベ イ ― オプティカルドライブや Dell TravelLite™ モジュールなどのデバイスをモジュールベイに取り付けることができます。 詳細については、「 モジュールベイの使い方 」 を参照してくださ い。 デ バ イ ス リ リ ー ス ラ ッ チ ― デバイスを取り外します。 手順については、「 モジュールベイの使い方 」 または 「 バッテリーの使い方 」 を参照してください。 パ ワ ー U S B コ ネ ク タ コンピュータの背面 S ビ デ オ T V 出 力コ ネ
    • p. 8/108
      ネ ッ ト ワ ー ク コ ネ ク タ (R J-4 5) モ デ ム コ ネ ク タ (R J-1 1) (オ プ シ ョ ン) 通気孔 ― コンピュータは内蔵ファンを使って、通気孔から空気が流れるようにします。 これにより、コンピュータが過熱することを防ぎます。 パ ラ レ ル コ ネ ク タ ビ デ オ コ ネ ク タ シ リ ア ル コ ネ ク タ A C ア ダ プ タ コ ネ ク タ ― AC アダプタをコンピュータに接続します。 注 意 : ネットワークコネクタは、モデムコネクタよりも若干大きめです。
    • p. 9/108
      AC アダプタは AC 電力をコンピュータに必要な DC 電力へと変換します。 AC アダプタは、コンピュータの電源のオンまたはオフにかかわらず接続できます。 通気孔 ― コンピュータは内蔵ファンを使って、通気孔から空気が流れるようにします。 これにより、コンピュータが過熱することを防ぎます。 コンピュータの底面 ハ ー ド ド ラ イ ブ ― ソフトウェアおよびデータを保存します。 ミ ニ P C I カ ー ド / モ デ ム カ バ ー ― オプションのミニ PCI カードおよびオプションのモデムのコンパートメントのカバーです。「
    • p. 10/108
      目次ページに戻る メ モ: コンピュータは熱を持った場合にのみファンを動作させます。 ファンからノイズが聞こえる場合がありますが、これは一般的な現象で、ファンやコンピュータに問題が発生したわけではあり ません。 警 告 : 通気孔を塞い だ り、 物を押し込ん だ り、 埃や異 物が入らないようにしてください。 コ ン ピ ュ ー タ が稼 動 中は、ブ リ ー フ ケ ー ス の中な ど空気の流れ の悪い環 境にコンピュータ を置かないでください。 火 災の原 因に な っ た り、コンピュータに損
    • p. 11/108
      目次ページに戻る 補足事項 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド Macrovision 製品通知 快適な使い方 認可機関の情報 品質の保証について Macrovision 製品通知 この製品は、Macrovision Corporation および他の権利所有者が所有する一定の米国特許権および知的所有権によって保護されている著作権保護技術を組み込んでいます。 この著作権保護技術の使用は、Macrovision
    • p. 12/108
      さらに詳しいことは、デルのテクニカルサポート担当者またはラジオ / テレビの技術者にご相談ください。 Dell™ コンピュータは、下記の使用環境目的に合わせた設計、試験、類別がなされています。 これらの電磁環境の類別は、一般に以下の統一定義を表しています。 l クラス A ― 主として商工業環境用 l クラス B ― 主として住宅環境用 情報技術装置 (ITE; Information Technology Equipment) は、周辺機器、拡張カード、プリンタ、入出力 (I/O) 装置、モニターなどを含み、コンピュータに統合または接続されるもので、コンピュータの電磁環境の類別に適合しなければなりません。
    • p. 13/108
      ENERGY STAR® へ の準拠 特定の Dell コンピュータは、省エネコンピュータを目指した EPA (米国環境保護局) が規定する要件を満たしています。 お使いのコンピュータに ENERGY STAR® エンブレムが付いている場合、このコンピュータの出荷時の構成はこの規格に準拠しており、コンピュータの ENERGY STAR® 省電力機能のすべてが使用できます。 メ モ: ENERGY STAR® エンブレムの付いた Dell コンピュータは、デルからの出荷時に EPA ENERGY STAR®
    • p. 14/108
      目次ページに戻る ASF (Alert Standard Format) D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド ASF は、「プリオペレーティングシステム」 または 「オペレーティングシステム不在」 警告技術を指定する DMTF 管理標準です。 オペレーティングシステムがスリープ状態にあるとき、またはコンピュータの電源が切れているときに、セキュリティの問題および障害が発生している可能性があるという警告を発するよう設定されています。
    • p. 15/108
      目次ページに戻る バッテリーの使い方 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド バッテリーの性能 バッテリーの充電チェック バッテリーの充電 バッテリーの取り外し バッテリーの取り付け バッテリーの保管 バッテリーの性能 コンピュータがコンセントに接続されていない場合、バッテリーを使用してコンピュータを起動します。 バッテリーベイにはバッテリーが 1 つ、標準で搭載されています。 バッテリーの動作時間は、使用状況に応じて異なります。
    • p. 16/108
      バ ッ テ リ メ ー タ ー 画面では、以下のアイコンが表示されます。 QuickSet の詳細については、タスクバーにある アイコンを右クリックして、ヘ ル プ をクリックしてください。 Microsoft Windows 電 源メーター Windows 電源メーターは、バッテリーの充電残量を示します。 電源メーターを確認するには、タスクバーの アイコンをダブルクリックします。 電 源メ ー タ ー タブの詳細については、「 電力の管理 」 を参照してください。 コンピュータがコンセントに接続されている場合、
    • p. 17/108
      1. コンピュータの電源が切れているか、省電力モードのサスペンドモードに入っているか、またはコンセントに接続されているか確認します。 2. コンピュータがドッキングデバイスに接続されている場合、ドッキングを解除します。 ドッキングデバイスの取り扱いについては、ドッキングデバイスに付属のマニュアルを参照してください。 3. コンピュータの底面にあるバッテリーベイリリースラッチをスライドしたまま、ベイからバッテリーを取り外します。 バッテリーの取り付け リリースラッチがカチッと所定の位置に収まるまで、バッテリーをベイにスライドします。
    • p. 18/108
      目次ページに戻る モジュールベイの使い方 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド モジュールベイについて セカンドバッテリーの充電チェック コンピュータの電源が切れている場合のデバイスの取り外しと取り付け コンピュータの電源が入っている場合のデバイスの取り外しと取り付け CD または DVD トレイの使い方 モジュールベイについて フロッピードライブ、CD ドライブ、CD‐RW ドライブ、DVD ドライブ、CD-RW/DVD
    • p. 19/108
      1. デバイスリリースラッチを押します。 2. デバイスをモジュールベイから取り出します。 3. 新しいデバイスをベイに挿入して、カチッという感触が持てるまでデバイスを押し込みます。 デバイスネジが取り付けられている場 合 1. 開いているファイルをすべて保存してから閉じ、実行中のプログラムをすべて終了してから、コンピュータをシャットダウンします。 2. コンピュータがドッキングデバイスに接続されている場合、ドッキングを解除します。 ドッキングデバイスの取り扱いについては、ドッキングデバイスに付属のマニュアルを参照してください。
    • p. 20/108
      6. デバイスをモジュールベイから取り出します。 7. 新しいデバイスをベイに挿入して、カチッという感触が持てるまでデバイスを押し込みます。 8. ドライブネジを取り付けます。 9. コンピュータの電源を入れます。 コンピュータの電源が入っている場合のデバイスの取り外しと取り付け お使いのコンピュータには、出荷時にオプティカルドライブがモジュールベイに取り付けられています。 ただし、オプティカルドライブにデバイスネジは取り付けられていません。別に梱包されています。 モジュールベイにデバイスを取り付ける際に、デバイスネジを取り付けてください。
    • p. 21/108
      4. デバイスをモジュールベイから取り出します。 5. 新しいデバイスをベイに挿入して、カチッという感触が持てるまでデバイスを押し込みます。 Windows XP は自動的に新しいデバイスを認識します。 6. 必要に応じて、パスワードを入力して、コンピュータのロックを解除します。 Windows 2000 1. タスクバーにある ハードウェアの取り外し ま た は取り出し アイコンをダブルクリックします。 2. 取り外すデバイスをクリックして、停 止 をクリックします。 3. デバイスリリースラッチを押します。
    • p. 22/108
      4. デバイスをベイから取り出します。 5. 新しいデバイスをベイに挿入して、カチッという感触が持てるまでデバイスを押し込みます。 6. Windows オペレーティングシステムが新しいデバイスを認識したら、閉じ る をクリックします。 デバイスネジが取り付けられている場 合 Windows XP 1. タスクバーにある ハードウェアの安 全な取り外し アイコンをダブルクリックします。 2. 取り外すデバイスをクリックします。 3. コンピュータがドッキングデバイスに接続されている場合、ドッキングを解除します。
    • p. 23/108
      7. 新しいデバイスをベイに挿入し、カチッという感触が持てるまでデバイスを押し込んでから、ネジを取り付けなおします。 Windows XP は自動的に新しいデバイスを認識します。 8. 必要に応じて、パスワードを入力して、コンピュータのロックを解除します。 Windows 2000 1. タスクバーにある ハードウェアの取り外し ま た は取り出し アイコンをダブルクリックします。 2. 取り外すデバイスをクリックして、停 止 をクリックします。 3. 1 番のプラスドライバを使って、コンピュータの底面からデバイスネジを外します。
    • p. 24/108
      CD または DVD トレイの使い方 1. ドライブの前面にある取り出しボタンを押します。 2. トレイを引き出します。 3. トレイの中央に、ラベルの付いている面を上にしてディスクを置きます。 4. ディスクを回転軸にきちんとはめ込みます。 5. トレイをドライブに押し戻します。 お使いのコンピュータと一緒に DVD ドライブ、または CD-RW/DVD コンボドライブをご購入された場合、お使いのコンピュータで DVD が再生できます。 お使いのコンピュータと一緒に CD-RW または CD-RW/DVD
    • p. 25/108
      メーターが有効の場合、音量を調整するにはボリュームコントロールボタンを使うか、次のキーを押します。 l ボリュームを上げるには、 を押します。 l ボリュームを下げるには、 を押します。 l ミュートするには、 を押します。 QuickSet の詳細については、タスクバーにある アイコンを右クリックして、ヘ ル プ をクリックしてください。 画像の調 整 現在設定している解像度と色数はメモリの使用量が多すぎて DVD を再生できません、というエラーメッセージが表示された場合、画面のプロパティで画像設定を調整します。
    • p. 26/108
      目次ページに戻る コンピュータのクリーニング D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド 1. ス タ ー ト メニューからコンピュータをシャットダウンします。 2. コンピュータおよび取り付けられているデバイスの電源が切れていることを確認します。 コンピュータをシャットダウンした際に、コンピュータおよび取り付けられているデバイスの電源が自動的に切れなかった場合、ここでそれらの電源を切ります。 3. 取り付けられているすべてのバッテリーを取り外して
    • p. 27/108
      3. コンピュータカバーを閉じます。 4. コンピュータスタンドを取り付けます (オプション)。 5. コンピュータおよびデバイスをコンセントに接続して、電源を入れます。 目次ページに戻る 注 意: ネットワークケーブルを接続するには、まずケーブルを壁のネットワークジャックに差し込み、次に、コンピュータに差し込みます。
    • p. 28/108
      目次ページに戻る Dell Diagnostics (診断) プログラムの使い方 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド Dell Diagnostics (診断) プログラムを使用する場合 Dell Diagnostics (診断) プログラムの特徴 Dell Diagnostics (診断) プログラムの起動 Dell Diagnostics ( 診断) プログラムを使用する場合 コンピュータの主要コンポーネントやデバイスが正しく機能しない場合、コンポーネントが故障している可能性があります。
    • p. 29/108
      テストを続けるには、 を押します。 障害のあるコンポーネントを再テストするには、 を押します。 l 起動前システムアセスメント中に障害が検出された場合、エラーコードが表示されます。 Dell Diagnostics (診断) プログラムを続ける前に、 デルにお問い合わせください 。 l Diagnostics (診断) ユーティリティパーティションが検出されませんでしたというメッセージが表示された場合、『Drivers and Utilities CD』 から画面に表示された手順に従って、Dell Diagnostics
    • p. 30/108
      目次ページに戻る ディスプレイの使い方 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド 輝度の調節 画面モードの操作 画面解像度の設定 輝度の調節 Dell™ コンピュータがバッテリーで動作している場合、該当するディスプレイの キーボードショートカット を使って、輝度を快適に使用できる最低の設定にして、節電することができます。 Dell QuickSet 輝 度メ ー タ ー は、現在の輝度の設定をディスプレイに表示します。
    • p. 31/108
      Windows 2000 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、設 定 をポイントして、コントロールパネル をクリックします。 2. 画面 アイコンをダブルクリックして、設 定 タブをクリックします。 3. 色 および 画面の領 域 で別の設定にしてみます。 ビデオ解像度の設定が画面のサポートする範囲よりも高い場合、コンピュータ画面はパンモードに入ります。 パンモードでは、画面が完全に表示されないことがあります。 たとえば、通常デスクトップの下に表示されているタスクバーが見えないことがあります。 画面の見えない部分を表示するには、タッチパッドまたはトラックスティックを使って、カーソルを画面の上下左右の端に動かします。
    • p. 32/108
      目次ページに戻る ソフトウェアの再インストール D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド ドライバおよびユーティリティの再インストール ソフトウェアおよびハードウェアの非互換性の解決 Microsoft® Windows® システムの復元の使い方 Microsoft® Windows® XP の再インストール Windows 2000 の再インストール ドライバおよびユーティリティの再インストール お使いのコンピュータには、出荷時に必要なドライバおよびユーティリティがプリインストールされているので、新たにインストールしたり設定する必要はありません。
    • p. 33/108
      状態に戻してみます。 デバイスドライバのロールバックを使うには、次の手順を実行します。 1. ス タ ー ト ボタンをクリックして、マ イ コ ン ピ ュ ー タ を右クリックします。 2. プ ロ パ テ ィ をクリックします。 3. ハ ー ド ウ ェ ア タブをクリックして、デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ をクリックします。 4. デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ ウィンドウで、新しいドライバをインストールしたデバイスを右クリックして、プ ロ パ テ ィ をクリックします。 5. ド ラ イ
    • p. 34/108
      7. コンフリクトの起こっているデバイスのどれかをダブルクリックして、プ ロ パ テ ィ ウィンドウを開きます。 そして、デバイスマネージャから再設定または削除する必要があるものは何かを決定します。 特定のデバイスを調べる前に、これらのコンフリクトを解消します。 8. デ バ イ ス マ ネ ー ジ ャ 一覧から誤動作しているデバイスをダブルクリックします。 9. 一覧を展開していき、特定のデバイスのアイコンをダブルクリックします。 プ ロ パ テ ィ ウィンドウが表示されます。 IRQ コンフリクトが起こっている場合、プ
    • p. 35/108
      復 元ポイントの選択 画面に、復元ポイントを確認して選択できるカレンダーが表示されます。 復元ポイントが利用できる日付は太字で表示されます。 4. 復元ポイントを選んで、次へ をクリックします。 カレンダーに復元ポイントが 1 つしか表示されない場合、その復元ポイントが自動的に選択されます。 複数の復元ポイントがある場合、使用したい復元ポイントをクリックします。 5. 次へ をクリックします。 Windows XP では、システムの復元によるデータの収集が完了したら 復 元は完 了し ま し た 画面が表示され、コンピュータが自動的に再起動します。
    • p. 36/108
      4. 新たに Windows XP をインストールする場合、 を押してオプションを選択します。 5. を押して、ハイライトされたパーティション (推奨) を選び、画面の指示に従います。 W i n d o w s X P セ ッ ト ア ッ プ 画面が表示され、オペレーティングシステムは、ファイルのコピーおよびデバイスのインストールを開始します。 コンピュータは自動的に数回再起動します。 6. 地 域と言 語の オ プ シ ョ ン 画面が表示されたら、お住まいの地域の設定を選び、次へ をクリックします。
    • p. 37/108
      2. ラ イ セ ン ス契 約 ウィンドウの内容を読み、 を押して続行します。 3. Windows 2000 Professional セ ッ ト ア ッ プ ウィンドウが表示されたら、矢印キーを使って Windows 2000 パーティションオプションを選択します。 選択したパーティションで任意のキーを押します。 4. Windows 2000 Professional セ ッ ト ア ッ プ ウィンドウが再度表示されたら、矢印キーを使って Windows 2000 で使用するファイルシステムを選択して、
    • p. 38/108
      目次ページに戻る 情報の検索 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド 安全にお使いいただくために マニュアルのアップデート Microsoft® Windows® の使い方 デバイスの使い方 Dell™ Drivers and Utilities CD の使い方 問題を解決するには 部品の取り付け 安全に お使いいただくために マニュアルのアップデート コンピュータやソフトウェアの変更内容を説明するマニュアルのアップデートがコンピュータに添付されていることがあります。
    • p. 39/108
      デルサポート ご質問に対するオンラインサポート、ドライバのアップデート、および問題の解決をお急ぎの場合、support.jp.dell.com でデルサポートにアクセスしてください。 部品の取り付け コンピュータへの部品の拡張および交換の手順については、「 部品の拡張および交換 」 を参照してください。 コンピュータの部品とアセンブリ、およびそれらの取り付けと取り外し方法の詳細については、 support.jp.dell.com でコンピュータの 『サービスマニュアル』 を参照してください。 目次ページに戻る
    • p. 40/108
      目次ページに戻る 困ったときは D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド テクニカルサポート ご注文に関する問題 製品情報 保証期間中の修理と返品について お問い合わせになる前に デルへのお問い合わせ テクニカルサポート 技術上の問題のサポートを受けなければならないときは、以下の手順に従います。 1. 「 問題の解決 」 の手順を完了します。 2. Dell Diagnostics (診断) プログラム を実行します。
    • p. 41/108
      デル製品に関するお問い合わせは、デルテクニカルサポートをご利用ください。 テクニカルサポートに電話をおかけになると、サポートスタッフがお問い合わせ内容の確認のために、ご使用のシステムの詳細をお聞きすることがあります。サポートスタッフはその情報を元に、正確な回答を迅速に提供します。 テクニカルサポートにお問い合わせになる場合、まず 「 テクニカルサポート 」 を参照してから、「 デルへのお問い合わせ 」 に記載されているお住まいの地域の番号にご連絡ください。 ご注文に関する問題 欠損品、誤った部品、間違った請求書などの注文に関する問題があれば、デルカスタマーケアにご連絡ください。お電話の際は、納品書または出荷伝票をご用意ください。電話番号については、お住まいの地域の
    • p. 42/108
      インターネット上でのデルへのアクセスは、次のアドレスをご利用ください。 l www.dell.com/jp l support.jp.dell.com (テクニカルサポート) メ モ: フリーコール番号は、その番号が記載されている国でのみ使用できます。 デルへお問い合わせになるときは、各国のデルの電話番号、E メ-ルアドレスをまとめた次の表を参照してください。どのコードを選択するかは、どこから電話をかけるか、また受信先によっても異なります。さらに、国によって国際電話のかけ方も変わってきます。国際電話のかけ方については、国内または国際電話会社にお問い合わせください。
    • p. 43/108
      代表 02 481 91 00 バ ミ ュ ー ダ 一般サポート 1-800-342-0671 ボリビア 一般サポート フリーコール:800-10-0238 ブ ラ ジ ル 国際電話アクセスコード:0 0 国番号:5 5 市外局番:5 1 ウェブサイト: www.dell.com/br カスタマーサポート、テクニカルサポート 0800 90 3355 テクニカルサポート Fax 51 481 5470 カスタマーケア Fax 51 481 5480 セールス 0800 90 3390 英国領バ ー ジ
    • p. 44/108
      Fax 代表 (Dell Precision / OptiPlex / Latitude) 3287 1201 代表 (Home / Small Business) 3287 5000 Fax 代表 (Home / Small Business) 3287 5001 ド ミ ニ カ 一般サポート フリーコール:1-866-278-6821 ド ミ ニ カ共 和国 一般サポート 1-800-148-0530 エ ク ア ド ル 一般サポート フリーコール:999-119 エルサルバドル 一般サポート 01-899-753-0777
    • p. 45/108
      アイルランド (チェリーウッド) 国際電話アクセスコード:1 6 国番号:3 5 3 市外局番:1 ウェブサイト: support.euro.dell.com E メール: dell_direct_support@dell.com アイルランドテクニカルサポート 1850 543 543 UK テクニカルサポート (UK 国内からかける場合のみ) 0870 908 0800 ホームユーザーカスタマーケア 01 204 4014 Small Business カスタマーケア 01 204 4014 UK
    • p. 46/108
      代表 50-81-8800 または 01-800-888-3355 モ ン ト セ ラ ト 一般サポート フリーコール:1-866-278-6822 オ ラ ン ダ領ア ン テ ィ ル諸 島 一般サポート 001-800-882-1519 オ ラ ン ダ (ア ム ス テ ル ダ ム) 国際電話アクセスコード:0 0 国番号:3 1 市外局番:2 0 ウェブサイト: support.euro.dell.com E メール (テクニカルサポート): (Enterprise): nl_server_support@dell.com
    • p. 47/108
      セントビンセントおよびグレナディン諸 島 一般サポート フリーコール:1-877-270-4609 シ ン ガ ポ ー ル (シンガポール) 国際電話アクセスコード:0 0 5 国番号:6 5 テクニカルサポート フリーコール:800 6011 051 カスタマーサービス (マレーシア、ペナン) 604 633 4949 Dimension / Inspiron セールス フリーコール:800 6011 054 法人セールス フリーコール:800 6011 053 南ア フ リ カ (ヨ ハ ネ ス ブ
    • p. 48/108
      目次ページに戻る 国際電話アクセスコード:0 0 国番号:4 4 市外局番:1 3 4 4 カスタマーケアウェブサイト: support.euro.dell.com/uk/en/ECare/Form/Home.asp E メール: dell_direct_support@dell.com テクニカルサポート (法人 / 優先アカウント / PAD [従業員 1000 名以上]) 0870 908 0500 テクニカルサポート (ダイレクト / PAD および一般) 0870 908 0800 グローバルアカウントカスタマーケア
    • p. 49/108
      目次ページに戻る 用語集 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド A B C D E F G H I K L M N P R S T U V W X Z あ か さ た な は ま や ら この用語集に収録されている用語は、情報の目的として提供されています。お使いのコンピュータに搭載されている機能についての記載がない場合もあります。 A A C ― alternating current (交流) ― コンピュータの
    • p. 50/108
      D V D プ レ ー ヤ ー ― DVD 映画を鑑賞するときに使用するソフトウェアです。 DVD プレーヤーのウィンドウに表示されるボタンを使用して映画を鑑賞することができます。 D V D + R W ― DVD rewritable ― 書き換え可能な DVD です。 データを DVD+RW ディスクに書き込んだ後、削除したり上書きできます (再書き込み)。 (DVD+RW テクノロジは DVD-RW テクノロジと は異なります。) D V D + R W ド ラ イ ブ ― DVD とほとんどの
    • p. 51/108
      K K b ― キロビット ― データの単位です。1 Kbは、1,024 ビットです。 メモリ集積回路の容量の単位です。 K B ― キロバイト ― データの単位です。 1 KB は 1,024 バイトです。または、1,000 バイトとすることもあります。 k H z ― キロヘルツ ― 周波数の単位です。1 kHz は、1,000 Hz です。 L L A N ― local area network (ローカルエリアネットワーク) ― 狭い範囲にわたるコンピュータネットワークです。 LAN は通常、1
    • p. 52/108
      R F I ― radio frequency interference (無線電波障害) ― 10 kHz から 100,000 MHz までの範囲の通常の無線周波数で発生する障害です。 無線周波は電磁周波数帯域の低域に属し、赤外線や光 などの高周波よりも障害を起こしやすい傾向があります。 R O M ― read-only memory (読み取り専用メモリ) ― コンピュータが削除したり書き込みできないデータやプログラムを保存するメモリです。 RAM と異なり、ROM はコンピュータの電源が切れても内
    • p. 53/108
      スクよりもやや大きく約二倍の厚みがあり、100 MB のデータを保持できます。 あ アンチウイルスソフトウェア ― お使いのコンピュータからウイルスを見つけ出して隔離し、検疫して、除去するように設計されたプログラムです。 ウ イ ル ス ― 嫌がらせ、またはコンピュータのデータを破壊する目的で作られたプログラムです。 ウイルスプログラムは、ウイルス感染したディスク、インターネットからダウンロードしたソフトウェア、ま たは E メールの添付ファイルを経由してコンピュータからまた別のコンピュータへ感染します。
    • p. 54/108
      シ ス テ ム ト レ イ ― 通 知 領 域 を参照してください。 シ ス テ ム基 板 ― コンピュータに搭載されている主要回路基板です。 マザーボードとも呼ばれます。 シ ャ ッ ト ダ ウ ン ― ウィンドウを閉じてプログラムを終了し、オペレーティングシステムを終了して、コンピュータの電源を切るプロセスです。 シャットダウンが完了する前にコンピュータの電源を切ると、 データを損失する恐れがあります。 シ ョ ー ト カ ッ ト ― 頻繁に使用するプログラム、ファイル、フォルダ、およびドライブにすばやくアクセスできるようにするアイコンです。
    • p. 55/108
      パ ラ レ ル コ ネ ク タ ― I/O ポートは、コンピュータにパラレルプリンタを接続する場合などに使用されます。 LPT ポートとも呼ばれます。 ヒ ー ト シ ン ク ― 放熱の役目をするマイクロプロセッサに付属する金属板です。 ピ ク セ ル ― ディスプレイ画面のシングルポイントです。 ピクセルが縦と横に並び、イメージを作ります。 ビデオの解像度 (800 × 600 など) は、上下左右に並ぶピクセルの数で表します。 ビ ッ ト ― コンピュータが認識するデータの最小単位です。 ビ デ オ解
    • p. 56/108
      目次ページに戻る キーボードとタッチパッドの使い方 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド テンキーパッド キーボードショートカット タッチパッド タッチパッドおよびトラックスティックのカスタマイズ テンキーパッド キーパッドの数字と記号文字は、キーパッドキーの右側に青色で記されています。 数字または記号を入力するには、キーパッドを有効にし、 を押して、ご希望のキーを押します。 のライト が点灯すると、キーパッドが有効であることを示しています。
    • p. 57/108
      ディスプレイ関連 無線通信 (ワイヤレスネットワークおよび Bluetooth™ を含む) 電 力の管 理 スピーカー関連 スピーカーから何も聞こえない場合、 を押して、ボリュームを調節します。 Microsoft® Windows® ロゴキー関連 画面モードの表示を次の順に切り替えます-内蔵ディスプレイのみ、内蔵ディスプレイと外付け CRT モニターの同時表示、外付け CRT モニターのみ、内蔵ディスプレイと外付け DVI モニターの同時表示、外付け DVI モニターのみ、または外付け CRT モニターと外付け
    • p. 58/108
      文字の表示間隔など、キーボードの動作を調節するには、次の手順を実行します。 l Windows XP の場合、ス タ ー ト ボタンをクリックして、コントロールパネル をクリックします。次に、 プリンタとその他のハードウェア をクリックして、キ ー ボ ー ド をクリックします。 l Windows 2000 の場合、ス タ ー ト ボタンをクリックし、設 定 をポイントして、コントロールパネル をクリックしてから、キ ー ボ ー ド アイコンをダブルクリックします。 タッチパッド タッチパッドは、指の圧力と動きを検知して画面のカーソルを動かします。
    • p. 59/108
      お使いのコンピュータには、予備のトラックスティックキャップが付いています。 トラックスティックキャップは長期の使用で磨耗した場合、取り替える必要があります。 1. トラックスティックからキャップを取り外します。 2. 新しいキャップを四角いトラックスティック軸に合わせ、慎重に軸にかぶせます。 3. トラックスティックを動かして、キャップが完全に収まっているか確認します。 目次ページに戻る
    • p. 60/108
      目次ページに戻る パスワード D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド パスワードについて プライマリパスワードの使い方 システム管理者パスワードの使い方 ハードドライブパスワードの使い方 管理タグの割り当て パスワードについて プライマリパスワードは、使用を許可されていないユーザーによるコンピュータの起動を防ぐことができます。 プライマリパスワードの代わりに、システム管理者パスワードを使用することができます。
    • p. 61/108
      システム管理者パスワードはプライマリパスワードの代わりに使用することもできます。 プライマリパスワードの入力を求められた場合、常にシステム管理者パスワードで代用できます。 システム管理者パスワードを設定せずに、プライマリパスワードを忘れてしまった場合、または両方のパスワードを設定して、どちらも忘れてしまった場合は、システム管理者に尋ねるか、デルにお問い合わせください。 ハードドライブパスワードの使い方 ハードドライブパスワードは、使用を許可されていないユーザーのアクセスからハードドライブ上のデータを保護するために使用します。
    • p. 62/108
      9. asset と入力し、スペースを 1 つ入れてから新しい管理タグを入力して、 を押します。 たとえば、次のようにコマンドラインを入力してから、 を押します。 asset 1234$ABCD& 10. 管理タグの確認を求めるプロンプトが表示されたら、y と入力します。 コンピュータは、新規または変更後の管理タグとサービスタグを表示します。 11. コンピュータを再起動して、管理タグ設定ユーティリティを終了します。 既存の管 理タグとサービスタグの表 示 1. 「 管理タグの割り当て 」 で作成した起動ディスクを使って、コンピュータを起動します。
    • p. 63/108
      目次ページに戻る /? 管理タグ設定ユーティリティのヘルプ画面を表示します。
    • p. 64/108
      目次ページに戻る PC カードの使い方 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド PC カードについて PC カードのダミーカード 拡張型 PC カード PC カードの取り付け PC カードまたはダミーカードの取り外し PC カードについて サポートされている PC カードについては、「 仕様 」 を参照してください。 PC カードスロットは、1 つのコネクタを持ち、Type I または Type II カードを
    • p. 65/108
      PC カードまたはダミーカードの取り外し ラッチを押してカードまたはダミーカードを慎重に取り外します。 ラッチによっては、ラッチを 2 回押す必要があります。 1 回目でラッチが外れ、2 回目でカードが出てきます。 1. 取り出しボタンを押します。 2. もう一度取り出しボタンを押します。 3. カードまたはダミーカードを慎重に取り外します。 スロットに PC カードを取り付けない場合に使用するダミーカードは保管しておきます。 ダミーカードは、埃や他の異物から未使用のスロットを保護します。 目次ページに戻る
    • p. 66/108
      目次ページに戻る 電力の管理 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド 電力管理のヒント 電力の管理ウィザード 省電力モード 電源オプションのプロパティ 電力管理のヒント l バッテリーの寿命は、充電される回数によって大きく異なりますので、コンピュータはできるだけコンセントに接続してお使いください。 l 長時間コンピュータから離れるときは、コンピュータを スタンバイモード または 休止状態モード にしてください。
    • p. 67/108
      この画面で電源設定の選択、作成、および編集ができます。 また、お客様が作成した電源設定を削除することはできますが、 Dell™ QuickSet の既定の電源設定 (最 大バ ッ テ リ、 最 大パ フ ォ ー マ ンス、 プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン、および ネ ッ ト ワ ー ク無効) は削除できません。 すべての QuickSet 電源設定は、画面中央近くのドロップダウンメニューに表示されます。 メニュー内の各電源設定は、メニューの下に表示されます。 コンピュータがバッテリーで稼動している時の電源設定と、コンセントに接続されている時の電源設定は別々に表示されます。
    • p. 68/108
      バッテリーの充電レベルが極端に低くなった場合、コンピュータは休止状態モードに入ります。 手動で休止状態モードを起動するには、次の手順を実行します。 l Windows XP の場合、ス タ ー ト ボタンをクリックし、終 了オ プ シ ョ ン をクリックして、 を押したまま 休 止状態 をクリックします。 Windows 2000 の場合、 休止状態をサポートする が設定されている場合、ス タ ー ト ボタンをクリックし、シ ャ ッ ト ダ ウ ン をクリックして、休 止状態 をクリックします。次に、O
    • p. 69/108
      お使いのオペレーティングシステムやマイクロプロセッサによって多少異なりますが、電 源オ プ シ ョ ン の プ ロ パ テ ィ ウィンドウは、I n t e l SpeedStep® テ ク ノ ロ ジ タブを含みます。 Intel SpeedStep テクノロジを使用すると、コンピュータがバッテリーまたは AC 電源のいずれかで動作している場合でも、マイクロプロセッサのパフォーマンスレベルを設定できます。 お使いのオペレーティングシステムによって多少異なりますが、一般的な設定は以下のとおりです。 l
    • p. 70/108
      目次ページに戻る 問題の解決 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド 電源の問題 エラーメッセージ ビデオとディスプレイの問題 サウンドとスピーカーの問題 プリンタの問題 モデムおよびインターネット接続の問題 タッチパッドまたはマウスの問題 外付けキーボードの問題 入力時の問題 ドライブの問題 PC カードの問題 スマートカードの問題 ネットワークの問題 プログラムの一般的な問題 Dell™ コンピュータが濡れた場合
    • p. 71/108
      エラーメッセージ メッセージが一覧にない場合、オペレーティングシステムのマニュアル、またはメッセージが表示された際に実行していたプログラムのマニュアルを参照してください。 A u x i l i a r y d e v i c e f a i l u r e ( 補 助デ バ イ ス エ ラ ー) ― タッチパッド、トラックスティック、または外付けマウスに問題がある可能性があります。 外付けマウスを使用している場 合、ケーブル接続を確認します。 セットアップユーティリティで P o i n t i n
    • p. 72/108
      ビデオとディスプレイの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 画面に何も表 示されない場 合 画面が見づらい場 合 1. ス タ ー ト ボタンをクリックして、コントロールパネル をクリックします。 2. プ ロ グ ラ ム の追 加と削 除 をクリックします。 3. 削除したいプログラムを選択します。 4. 削 除 ボタンまたは 変更と削 除 ボタンをクリックして、画面の指示に従います。 5. インストール手順については、プログラムのマニュアルを参照してください。
    • p. 73/108
      画面の一 部し か表 示されない場 合 サウンドとスピーカーの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 内 蔵スピーカーに問 題がある場 合 外 付けスピーカーに問 題がある場 合 2. 画面 アイコンをダブルクリックして、設 定 タブをクリックします。 3. 色、画面の領 域、および 詳 細 設 定 で別の設定にしてみます。 診断プ ロ グ ラ ム の V i d e o テ ス ト を実行し ま す ― エラーメッセージが表示されず、画面の問題があるにもかかわらず画面の一部は表示される場合、
    • p. 74/108
      プリンタの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 モデムおよびインターネット接続の問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 プ リ ン タ ケ ー ブ ル の接続を確 認し ま す ― プリンタケーブルがコンピュータに正しく接続されているか確認します。 プリンタケーブルを確 認し ま す 1. コンピュータをシャットダウンして、プリンタの電源を切ります。 2. プリンタケーブルを動作確認のとれているケーブルと交換します。
    • p. 75/108
      タッチパッドまたはマウスの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 外付けキーボードの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 Windows 2000 の場合 1. ス タ ー ト ボタンをクリックし、設 定 をポイントして、コントロールパネル をクリックします。 2. 電 話と モ デ ム の オ プ シ ョ ン アイコンをダブルクリックします。 3. ダ イ ヤ
    • p. 76/108
      入力時の問題 ドライブの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 C D、C D-R W、DVD、および DVD+RW を再 生できない場 合 高速 CD ドライブの振動は異常ではなく、通常、ノイズを引き起こすこともあります。 このノイズは、ドライブや CD の異常ではありません。 C D、C D-R W、DVD、または DVD+RW ドライブトレイが取り出せない場 合 聞きなれない摩擦音またはきしむ音がする場 合 外 付けキーボードを確
    • p. 77/108
      C D-RW または DVD+RW ドライブに書き込みができない場 合 ハードドライブに問 題がある場 合 PC カードの問題 スマートカードの問題 ネットワークの問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 プログラムの一般的な問題 以下を確認しながら、 Diagnostics (診断) チェックリスト に必要事項を記入してください。 C D-R W へ の書き込み の前に W i n d o w s のスタンバイモードまたは休 止状態モ
    • p. 78/108
      プログラムが壊れ た場 合 プログラムの反応が停 止し た場 合 画面が青一 色になった場 合 エラーメッセージが表 示される場 合 Dell™ コンピュータが濡れた場合 1. コンピュータをシャットダウンし、AC アダプタをコンピュータから取り外し、次に AC アダプタをコンセントから取り外します。 2. コンピュータに接続されている外付けデバイスの電源を切り、各電源ケーブルを抜いた上で、コンピュータから外します。 3. コンピュータ背面にある塗装されていない金属製のコネクタに触れて、身体の静電気を逃がします。
    • p. 79/108
      14. バッテリーを取り付けます。 15. コンピュータの電源を入れて、コンピュータが正しく動作しているか確認します。 コンピュータが起動しない場合や、どのコンポーネントが損傷を受けたのかわからない場合、 デルにお問い合わせください 。 コンピュータを落としたり損傷を与えた場合 1. 開いているファイルをすべて保存してから閉じ、実行中のプログラムをすべて終了してから、コンピュータをシャットダウンします。 2. AC アダプタをコンピュータおよびコンセントから取り外します。 3. コンピュータに接続されている外付けデバイスの電源を切り、各電源ケーブルを抜いた上で、コンピュータから外します。
    • p. 80/108
      目次ページに戻る Dell™ QuickSet 機能 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド QuickSet アイコンのクリック QuickSet アイコンのダブルクリック QuickSet アイコンの右クリック Dell™ QuickSet は、タスクバーにある アイコンから実行しますが、機能はアイコンをクリック、ダブルクリック、右クリックする場合でそれぞれ異なります。 QuickSet アイコンのクリック
    • p. 81/108
      目次ページに戻る 部品の拡張および交換 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド メモリの増設 ミニ PCI カードの追加 モデムの追加 ハードドライブの取り付け Bluetooth™ カードの取り付け コンピュータをテレビに接続する メモリの増設 システム基板にメモリモジュールを取り付けると、コンピュータのメモリ容量を増やすことができます。 お使いのコンピュータに対応するメモリの情報については、「 仕様
    • p. 82/108
      9. 身体の静電気を逃がしてから、新しいメモリモジュールを取り付けます。 a. モジュールエッジコネクタの切り込みをコネクタスロットのタブに合わせます。 b. メモリモジュールを 45 度の角度でしっかりスロットに押し込み、メモリモジュールがカチッと収まるまで押し下げます。 カチッという感触が持てない場合は、モジュールを取り外し、もう一度取り付けます。 10. カバーを取り付けます。 1 固定クリップ (各コネクタに 2) 2 メモリモジュール 注 意 : メモリモジュールを 2 つのコネクタに取り付ける必要がある場合、メモリモジュールは、まず
    • p. 83/108
      11. バッテリーをバッテリーベイに取り付けるか、または AC アダプタをコンピュータおよびコンセントに接続します。 12. コンピュータの電源を入れます。 コンピュータは起動時に、増設されたメモリを検出してシステム設定情報を自動的に更新します。 コンピュータに取り付けられたメモリの容量を確認するには、次の手順を実行します。 l Windows XP の場合、ス タ ー ト ボタンをクリックし、ヘルプとサポート をクリックして、コ ン ピ ュ ー タ の情 報 をクリックします。 l Windows 2000
    • p. 84/108
      9. ミニ PCI カードが取り付けられていない場合、 手順 10 に進みます。 ミニ PCI カードを交換する場合、既存のカードを以下のように取り外します。 a. ミニ PCI カードを取り付けられているすべてのケーブルから取り外します。 b. ミニ PCI カードを取り外すには、カードがわずかに浮き上がるまで金属製の固定タブを広げます。 c. ミニ PCI カードをコネクタから持ち上げます。 10. ミニ PCI カードアセンブリを 45 度の角度でコネクタに合わせ、カチッという感触が持てるまでミニ
    • p. 85/108
      12. カバーを取り付けて、ネジを締めます。 モデムの追加 コンピュータと一緒にオプションのモデムをご購入された場合、モデムは出荷時に取り付けられています。 1. コンピュータカバーを傷つけないように、平らな作業台を使用し、台の上を片付けます。 2. 開いているファイルをすべて保存してから閉じ、実行中のプログラムをすべて終了してから、コンピュータをシャットダウンします。 3. コンピュータがドッキングされている場合、ドッキングを解除します。 4. コンピュータをコンセントから抜きます。 5. 10 ~
    • p. 86/108
      a. モデムをシステム基板に固定しているネジを外して、横に置きます。 b. 取り付けられているプルタブをまっすぐ持ち上げ、モデムをシステム基板上のコネクタから引き上げて、モデムケーブルを取り外します。 10. モデムケーブルをモデムに接続します。 11. モデムとネジ穴を合わせて、モデムをシステム基板のコネクタに押し込みます。 12. ネジを取り付けて、モデムをシステム基板に固定します。 13. ミニ PCI カード / モデムカバーを取り付けます。 ハードドライブの取り付け ハードドライブベイのハードドライブを交換するには、次の手順を実行します。
    • p. 87/108
      7. コンピュータを裏返し、ハードドライブネジを外します。 8. ハードドライブをコンピュータから引き出します。 9. 新しいドライブを梱包から取り出します。 ハードドライブを保管するためや持ち運ぶために、梱包を保管しておいてください。 10. ハードドライブが完全にベイに収まるまでスライドします。 11. ネジを取り付けて、締めます。 12. 『オペレーティングシステム CD』 を使って、コンピュータで使用するオペレーティングシステムをインストールします。 13. 『Drivers and Utilities
    • p. 88/108
      コンピュータをテレビに接続する お使いのコンピュータには S ビデオ TV 出力コネクタがあり、TV / デジタルオーディオアダプタケーブルが付属しています。 これらを使ってテレビやステレオオーディオデバイスとコンピュータを接続できます。 TV / デジタルオーディオアダプタケーブルには、S ビデオ、コンポジットビデオ、および S/PDIF デジタルオーディオ用のコネクタがあります。 S/PDIF デジタルオーディオに対応していないテレビやオーディオデバイスには、コンピュータ側面にあるオーディオコネクタを使って、テレビまたはオーディオデバイスにコンピュータを接続します。
    • p. 89/108
      作業を始める前に、以下のケーブルがお手元にあることを確認します。 1. 接続するコンピュータ、テレビ、およびオーディオデバイスの電源を切ります。 2. TV / デジタルオーディオアダプタケーブルを、コンピュータの S ビデオ TV 出力コネクタに接続します。 3. S ビデオケーブルの片方の端を、TV / デジタルオーディオアダプタケーブルの S ビデオ端子に差し込みます。 4. S ビデオケーブルのもう一方の端をテレビに差し込みます。 5. コネクタが 1 つ付いている方のオーディオケーブルの端を、コンピュータのヘッドフォンコネクタに差し込みます。
    • p. 90/108
      6. もう一方のオーディオケーブルの端にある 2 つの RCA コネクタを、テレビまたは他のオーディオデバイスのオーディオ入力コネクタに差し込みます。 7. テレビおよび接続したすべてのオーディオデバイスの電源を入れてから、コンピュータの電源を入れます。 8. 「 テレビの表示設定を有効にする 」 を参照して、コンピュータがテレビを認識し、正常に動作していることを確認します。 S ビデオおよびデジタルオーディオ 作業を始める前に、以下のケーブルがお手元にあることを確認します。 1. 接続するコンピュータ、テレビ、およびオーディオデバイスの電源を切ります。
    • p. 91/108
      4. S ビデオケーブルのもう片方の端を、テレビの S ビデオコネクタに差し込みます。 5. S/PDIF デジタルオーディオケーブルの片方の端を、TV / デジタルオーディオアダプタケーブルのデジタルオーディオコネクタに差し込みます。 6. S/PDIF デジタルオーディオケーブルのもう片方の端を、テレビまたは他のオーディオデバイスのオーディオ入力コネクタに差し込みます。 コンポジットビデオおよび標 準オーディオ 作業を始める前に、以下のケーブルがお手元にあることを確認します。 1. 接続するコンピュータ、テレビ、およびオーディオデバイスの電源を切ります。
    • p. 92/108
      4. コンポジットビデオケーブルのもう一方の端を、テレビのコンポジットビデオコネクタに差し込みます。 5. コネクタが 1 つ付いている方のオーディオケーブルの端を、コンピュータのヘッドフォンコネクタに差し込みます。 6. もう一方のオーディオケーブルの端にある 2 つの RCA コネクタを、テレビまたは他のオーディオデバイスのオーディオ入力コネクタに差し込みます。 コンポジットビデオおよびデジタルオーディオ 作業を始める前に、以下のケーブルがお手元にあることを確認します。 1. 接続するコンピュータ、テレビ、およびオーディオデバイスの電源を切ります。
    • p. 93/108
      2. TV / デジタルオーディオアダプタケーブルを、コンピュータの S ビデオ TV 出力コネクタに接続します。 3. コンポジットビデオケーブルの片方の端を、TV / デジタルオーディオアダプタケーブルのコンポジットビデオコネクタに差し込みます。 4. コンポジットビデオケーブルのもう一方の端を、テレビのコンポジットビデオコネクタに差し込みます。 5. S/PDIF デジタルオーディオケーブルの片方の端を、TV / デジタルオーディオアダプタケーブルの S/PDIF オーディオコネクタに差し込みます。
    • p. 94/108
      3. プロパティ (スパナ) のアイコンをクリックします。 4. オ ー デ ィ オ タブをクリックします。 5. S / P D I F 出 力を有効に す る をクリックします。 6. 適 用 をクリックします。 7. O K をクリックします。 Windows オーディオドライバで S/PDIF を有効にする 1. Windows の通知領域でスピーカーアイコンをダブルクリックします。 2. オ プ シ ョ ン メニューをクリックして、ト ー ン調 整 をクリックします。 3. ト ー ン をクリックします。
    • p. 95/108
      目次ページに戻る セットアップユーティリティの使い方 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド 概要 セットアップユーティリティ画面の表示 セットアップユーティリティ画面 よく使用されるオプション 概要 以下のような場合に、セットアップユーティリティを実行します。 l コンピュータのパスワードなどの選択可能な機能を設定または変更する場合 l システムのメモリ容量などコンピュータの現在の設定情報を確認する場合
    • p. 96/108
      l I n t e r n a l H D D l C D / D V D / C D-R W d r i v e 起動ルーチン中に、コンピュータは有効なデバイスをリストの先頭からスキャンし、オペレーティングシステムのスタートアップファイルを検索します。 コンピュータがファイルを検出すると、検索を終了してオペレーティングシステムを起動します。 起動デバイスを制御するには、 または キーを押して、デバイスを選び (ハイライト表示)、デバイスを有効または無効にしたり、一覧の順序を変更できます。 l デバイスを有効または無効にするには、アイテムをハイライト表示して、
    • p. 97/108
      目次ページに戻る
    • p. 98/108
      目次ページに戻る スマートカードの使い方 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド スマートカードについて スマートカードの取り付け スマートカードについて スマートカードは集積回路が搭載された、小型で持ち運びのできるクレジットカードと同じ形のデバイスです。 スマートカードには 2 種類あります (メモリおよびマイクロプロセッサ)。 メモリスマートカードは、データの保存はできますが情報を処理することはできません。
    • p. 99/108
      目次ページに戻る 1 PC カードスロット (上部) 2 スマートカードスロット (下部) 3 スマートカード
    • p. 100/108
      目次ページに戻る 仕様 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド マイクロプロセッサ マイクロプロセッサのタイプ Intel® Centrino™ Mobile テクノロジ または Intel Pentium® M L1 キャッシュ 8 KB (内蔵) L2 キャッシュ 1 MB (ダイ) 外付けバスの周波数 400 MHz シ ス テ ム情 報 システムチップセット Intel 855PM データバス幅
    • p. 101/108
      通 信 モデム: タイプ v.92 56K MDC コントローラ ソフトモデム インタフェース 内蔵 AC'97 バス ネットワークアダプタ システム基板上に 10/100/1000 Ethernet LAN ワイヤレス 内蔵ミニ PCI Wi-Fi (802.11b、802.11b/g、または 802.11a/b/g) ワイヤレスサポート、Bluetooth™ (オプション、販売時点管理のみ可能) ビ デ オ ビデオタイプ 128 ビットハードウェアアクセラレート ビデオコントローラ NVIDIA Quadro
    • p. 102/108
      ト ラ ッ ク ス テ ィ ッ ク X/Y 位置解像度 (グラフィックステーブルモード) 250 カウント / 秒 @ 100 gf サイズ キーボードより 0.5 mm 高い バ ッ テ リ ー タイプ 9 セルスマートリチウムイオン (72 WHr) 寸法: 奥行き 222.8 mm 高さ 22.5 mm 幅 67 mm 重量 0.48 kg 電圧 11.1 VDC コンピュータの電源が切れている場合の充電時間 80 % に達するまで 1 時間 動作時間 バッテリーの動作時間は、使用状況によって異なり、特定の
    • p. 103/108
      目次ページに戻る 動作時 122 G 保管時 163 G 高度 (最大): 動作時 -15.2 ~ 3,048 m 保管時 -15.2 ~ 10,668 m
    • p. 104/108
      目次ページに戻る ノートブックコンピュータを携帯するときは D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド コンピュータの所有者の証明 コンピュータの梱包 携帯中のヒントとアドバイス コンピュータの所有者の証明 l 名札または名刺をコンピュータに付けるか、または油性マジックやステンシルなどの消えない筆記具で免許証番号など所有者であることを識別できる固有の印をコンピュータに記入します。 l サービスタグをメモして、コンピュータやキャリングケースとは別の安全な場所に保管します。
    • p. 105/108
      あります。 すべての航空会社が、離着陸時の電子機器の使用を禁止しています。 コンピュータを紛 失したり、盗難に遭っ た場 合 l 警察等の公的機関に、コンピュータの紛失または盗難を届け出ます。 コンピュータの説明をする際に、サービスタグをお知らせください。 届け出番号などをもらったら書き留めておきます。 また、その警察署の名称、住所、電話番号、応対した担当者の名前も書き留めておきます。 l コンピュータが会社所有の場合は、会社の担当部署へ連絡します。 l デルカスタマーサービスに、コンピュータの紛失を届け出ます。
    • p. 106/108
      目次ページに戻る Microsoft® Windows® XP の使い方 D e l l P r e c i s i o n ™ M 6 0 シ リ ー ズ Mobile Workstation ユーザーズガイド ヘルプとサポートセンター クラシック表示への切り替え デスクトップクリーンアップウィザード ユーザーアカウントおよびユーザーの簡易切り替え ファイルと設定の転送ウィザード プログラム互換性ウィザード 家庭用および小企業用ネットワーク インターネット接続ファイアウォール ヘルプとサポートセンター
    • p. 107/108
      5. ショートカットの一覧で、デスクトップ上に残しておきたいショートカットのチェックマークを外して、次へ をクリックします。 6. 完 了 をクリックし、ショートカットを削除して、ウィザードを閉じます。 ユーザーアカウントおよびユーザーの簡易切り替え Windows XP がインストールされると、コンピュータ管理者または管理者権限を持つユーザーは、追加のユーザーアカウントを作成することができます。 1. ス タ ー ト ボタンをクリックして、コントロールパネル をクリックします。 2. コントロールパネル
    • p. 108/108
      コンが表示されます。 インターネット接続ファイアウォールを有効にしても、アンチウイルスソフトウェアは必要です。 詳細については、Windows ヘルプとサポートセンター を参照してください。 目次ページに戻る
 

© 2012–2018, manyuaru.com
All rights reserved.