取扱説明書とユーザーガイド - U2410 Monitor Dell

U2410 Monitor Dell の取扱説明書やユーザーガイドが1以上あります。

  • Dell U2410 Monitor (ページ: 44)

    目次
    • p. 1/44
      Dell™ U2410 フラットパネルカラーモニターユーザーズガイド 注、注意、警告 このガイドには、アイコンが先頭に付いた文章があります(一部については太字で示されています)。 これらの文章は、メモ、注意、警告を表します。 警告には、表記方法が異なるものやアイコンがないものもあります。この場合、警告の特別な表記法が認可機関により義務づけられています。 本 書に記 載さ れ て い る事 項は 事 前 通 告な し に変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 © 2009-2011 す べ て
    • p. 2/44
      目次へ戻る モニターについて Dell™ U2410 フラットパネルモニター ユーザーガイド パッケージの内容 主な特徴 パーツおよび制御機能の説明 モニター仕様 ユニバーサルシリアルバス(USB)インターフェスス カードリーダーの仕様 プラグ・アンド・プレイ機能 LCDモニタ品質とピクセルポリシー メンテナンス・ガイドライン パッケージの内容 モニターには、以下に示すコンポーネント:がすべて付属しています。コンポーネント:がすべて揃っているかを確認し、コンポーネントが足りないときは Dellにご連絡ください
    • p. 3/44
      主な特徴 U2410フラットパネルディスプレイには、AM-TFT 液晶ディスプレイ技術を使用しています。 モニターの主な特徴は以下のとおりです。 ■ 24インチ (518.4x324.0 mm) ディスプレイ ■ 1920 x 1200 の高解像度に加え、低解像度のフルスクリーン表示をサポート ■ 座っていても、立っていても、横に動いても見ることができる広視野角ディスプレイ ■傾き、旋回、回転および高さ調整機能。 ■ 取り付けを自由に行える取り外し可能なペデスタルおよび VESA (Video Electronics
    • p. 4/44
      背面図 背 面図 スタンド取り付け時の背 面図 前 面図 フロントパネルの制 御 機 能 ラベル 説明 1-3 ショートカットキー *既定の設定はプリセットモードの選択、輝度/コントラストの選択、入力ソースの選択です。 1 プリセットモードの選択 2 輝度/コントラストの選択 3 入力ソースの選択 4 OSD メニューの選択 5 終了 6 電源ボタン (電源ライトインジケータ付き) 注: 1~5 これらは静電タッチセンサーキーで、青いLEDボタンに指を置くことでアクティブになります。
    • p. 5/44
      側面図 ラ ベ ル 説明 1 VESA 取り付け穴 (100mm) (同梱のベースプレートの裏側にあります) モニタの取り付けに使用します。 2 コネクタラベル コネクタの位置とタイプが表示されています。 3 セキュリティロック スロット モニタを盗難から防止します。 4 Dell サウンドバー マウント用ブラケット Dell サウンドバー (オプション) の取り付け。 5 バーコード シリアル番号ラベル Dell テクニカルサポート部に問い合わせる必要があるときに参照してください。 6 規定ラベル 適合規定がリストされています。
    • p. 6/44
      底面図 底 面図 右 側 面図 左 側 面図 ラ ベ ル 説明 1 カードリーダー:詳細は、 カードリーダーの仕様 をお読みくだ さい 2 USB ダウンストリームポート
    • p. 7/44
      モニター仕様 以下では、様々なパワーマネージメントモードモードやコネクタピンの割り当てについて説明いたします。 パワーマネージメントモード お使いのコンピュータに VESA の DPMS 準拠ディスプレイカードやソフトウェアがインストールされている場合、モニターを長時間使用しないと、自動的に消費電力を抑えます。これは省電力モードと呼ばれています。 キーボードやマウス、その他の入力デバイスからの入力信号を検知すると、モニターは自動的に通常の動作に戻ります。以下の表は、消費電力および自動省電力機能の信号の一覧です。
    • p. 8/44
      DVI コネクタ Composite video (コンポジットビデオ ) コネクタ 8 GND-B 9 PC 5V/3.3V 10 GND-sync 11 GND 12 DDC データ 13 水平同期信号 14 垂直同期信号 15 DDC クロック信号 ピ ン番号 接続す る信号ケ ー ブ ル の24ピンコネクタ 1 TMDS RX2- 2 TMDS RX2- 3 TMDS Ground 4 フローティング信号 5 フローティング信号 6 DDC クロック信号 7 DDC データ 8 フローティング信号
    • p. 9/44
      ルミナスコンポジットクロマ Component video (コンポーネントビデオ ) コネクタ DisplayPort コネクタ ピ ン番号 信号ケ ー ブ ル に 3 ピ ン側 (ケ ー ブ ル は含ま れ て い ま せ ん) 1 Y (輝度信号) 2 Pb (色差信号) 3 Pr (色差信号) ピ ン番号 接続し た信号ケ ー ブ ル の20ピ ン側 1 ML0(p) 2 GND 3 ML0(n) 4 ML1(p) 5 GND 6 ML1(n) 7 ML2(p) 8 GND 9 ML2(n) 10
    • p. 10/44
      HDMI コネクタ ピ ン番号 接続し た信号ケ ー ブ ル の19ピ ン側 1 TMDS DATA 2+ 2 TMDS DATA 2 SHIELD 3 TMDS DATA 2- 4 TMDS DATA 1+ 5 TMDS DATA 1 SHIELD 6 TMDS DATA 1- 7 TMDS DATA 0+ 8 TMDS DATA 0 SHIELD 9 TMDS DATA 0- 10 TMDS クロック+ 11 TMDS CLOCK SHIELD 12 TMDS クロック- 13 Floatingフローティング信号
    • p. 11/44
      解像度 水平スキャン範囲 30 kHz ~ 81 kHz(自動) 垂直スキャン範囲 56 Hz ~ 76 Hz 最適プリセット解像度 1920x 1200 (60 Hz) 最大プリセット解像度 1920 x 1200 (60 Hz) ビデオサポートモード ビデオ表示機能 (DVI 再生) 480i/480p/576i/576p/720p/1080i/1080p (HDCP 対応) ビデオ表示機能 (コンポジット再生) NTSC/PAL ビデオ表示機能 (HDMI 再生) 480i/480p/576i/576p/720p/1080i/1080p
    • p. 12/44
      l Composite l Component l HDMI 信号ケ ー ブ ル タ イ プ l D-Sub: 15 ピン、アナログ(取り外し可能)、出荷時はモニターに接続されています。 l DVI-D:デジタル(取り外し可能)、24 ピン、出荷時はモニターに接続されています。 l DisplayPort: 取り外し可能、デジタル、20ピン、モニターからは外された状態で出荷されます l Composite l Component l HDMI 注: コンポジット、コンポーネント、HDMI などのケーブルはモニターには含まれていませ
    • p. 13/44
      ユニバーサルシリアルバス(USB)インターフェース USB アップストリームコネクタ USB ダウンストリームコネクタ USB ポート: l アップストリーム(1) - 背面 運転時 10% ~ 80% (結露なきこと) 非運転時 保管時: 5% ~ 90% (結露なきこと) 輸送時: 5% ~ 90% (結露なきこと) 海抜: 運転時 3,657.6 m (12,000 ft) 最大 非運転時 12,192 m (40,000 ft) 最大 熱 放 散 375 BTU/時(最大) 195 BTU/時(標準)
    • p. 14/44
      l ダウンストリーム(4) - 背面(2)、左側面(2) カードリーダーの仕様 概要 l Flash Memory Card Reader は メモリカードに情報を書き込んだり、カード上の情報を読み取ったりするための USB ストレージデバイスです。 l Flash Memory Card Reader は Microsoft® Windows® 2000, Windows® XP および Windows Vista® が自動的に読み取ります。 l メモリカード(スロット)がインストールされ、識別されると、個別にドライブ/ドライブ文字として表示されます。
    • p. 15/44
      性 能 プラグ・アンド・プレイ機 能 このモニターは、あらゆるプラグアンドプレイ対応システムでご利用いただけます。モニターは、DDC(ディスプレイデータチャネル)プロトコルを使用して EDID(拡張ディスプレイ認識データ)をコンピュータシステムに自動的に出力するため、システムが自動設定され、モニタ設定が最適化されます。ユーザーは必要に応じて異なる設定を選択できますが、多くの場合、モニタの設定は自動的に行われます。 LCDモニタ品質とピクセルポリシー LCD モニターの製造プロセスにおいて、いくつかのピクセルが特定の状態に固定されることはよくあります。見つけにくく、表示品質および使い勝手に影響しません。Dell
    • p. 16/44
      目次へ戻る 付録: Dell™ U2410 フラットパネルモニター ユーザーガイド 注意:安全のしおり FCC規定 (米国のみ) およびその他の規定 Dell に問い合わせ 警告:安全のしおり 安全のための注意については、「安全のために」をお読みください。 FCC規定 (米国のみ) およびその他の規定 FCC規定およびその他の規定については、 www.dell.com\regulatory_compliance の適合規定サイトをご覧ください。 Dell に問い合わせ Dell へのお問い合わせは、以下のウェブサイト経由かあるいは電話でお願いいたします。
    • p. 17/44
      目次に戻る モニターのセットアップ Dell™ U2410 フラットパネルモニター Dell™のデスクトップコンピュータ、または、Dell™のポータブルコンピュータの使用で、インターネットの接続がある場合 1. http://support.dell.com を訪問し、サービスタグを入力し、画像カードに最新のドライバーをダウンロードします。 2. インストールを完 了し た ら、も う一度解像度を 1920 x 1200 に 設 定してみます。 目次に戻る 注 :もし解像度を1920 x 1200に設定できない場合は、解像度をサポートできるグラフィクアダプターを求める為に、Dell™
    • p. 18/44
      目次に戻る モニターのセットアップ Dell™ U2410 フラットパネルモニター Dell™以外のデスクトップ、ポータブル コンピュータ、グラフィックカードの場合 1. デスクトップ上で右クリックし、Properties(プロパティ)を選択します。 2. Settings(設定)タブを選択します。 3. Advanced(アドバンスト)を選択します。 4. ウインドーの最上端の記述を見て、グラフィックカードのベンダーを確認します。(例えば、NVIDIA, ATI, Intel)。 5. グラフィックカードの各ベンダーのウェブサイトで、最新のドライバーをダウンロードします
    • p. 19/44
      目次ページに戻る モニターの調整 Dell™ U2410フラットパネルカラーモニターユーザーズガイド 正面パネルボタンを使う OSDメニューを使う 最適解像度を設定する サウンドバー(オプション)を使う 傾き、回転、高さを利用する モニターの回転 システムの「ディスプレイ回転設定」の調整 正面パネルボタンを使う モニタ前面のボタンを使用して画像設定を調整します。これらは静電タッチセンサーキーで、青いLEDボタンに指を置くことでアクティブになります。 1-3 シ ョ ー ト カ ッ ト キ ー カスタマイズメニューで定義したコントロールメニューに直接アクセスするには、このキーを使用します。
    • p. 20/44
      l DVI-D 2 入力 l DisplayPort 入力 l HDMI 入力 l コンポーネントビデオ入力 l コンポジットビデオ入力 ソース選択バーを表示します。 と ボタンを使用すると、設定オプションを移動することができます。また をタッチすと、入力ソースを選択でき ます。 VGA 入力か DVI-D 入力を選択したのに、VGA ケーブルと DVI-D ケーブルがどちらも接続されていない場合は、下のようなダイアログボックスが表示されます。 コンポジット入力あるいはコンポーネント入力のいずれかが選択されており、ケーブルが接続されていない、またはビデオソースがオフになっている場合は、スクリーンには何も画像が映りません。
    • p. 21/44
      OSDメニューを使う 1. をタッチすと OSD メニューが開き、メインメニューが表示されます。 アナログ( VGA) 入 力のメインメニュー ま た は 非アナログ( 非VGA) 入 力のメインメニュー 2. 設定オプションを移動するには、 と ボタンを使います。あるアイコンから別のアイコンへ移動するとオプション名がハイライト表示されます。設定可能なオプションについては、表をご覧く ださい。 3. ボタンを 1 回タッチすと、ハイライトされたオプションが有効になります。 4. 任意のパラメータを選択するには
    • p. 22/44
      ア イ コ ン メ ニ ュ ー と サ ブ メ ニ ュ ー 説明 BRIGHTNESS & CONTRAST (輝 度と コ ン ト ラ ス ト) Brightness (輝 度) Contrast (コ ン ト ラ ス ト) Back (戻り) このメニューは輝度/コントラスト調整を有効にします。 [輝度]はバックライトの明るさを調整します。 ボタンをタッチすと輝度を高め、 ボタンをタッチすと輝度を下げます(最低 0 ~ 最高 100)。 まず[輝度]を調整し、その後さらに調整が必要な場合にのみ[コントラスト]を調整してください。
    • p. 23/44
      INPUT SOURCE (入 力ソ ー ス) ソ ー ス を ス キ ャ ン し ま す VGA DVI-D 1 & 2 DisplayPort HDMI Component Composite Back (戻る) 入力ソースメニューはモニタに接続されている別のビデオ信号を選択します。 ソ ー ス を ス キ ャ ン し ま す。 をタッチすと、有効な入力信号がスキャンされます。 アナログ(VGA)コネクタを使用している場合はVGA入力を選択してください。 をタッチして VGA 入力ソースを選択します。
    • p. 24/44
      Input Color Format (入 力カ ラ ー形 式) Gamma Mode Select (モ ー ド の選択) Preset Modes (プ リ セ ッ ト モ ー ド) VGA/DVI-D 入 力 Standard (標 準) Multimedia Mode (マ ル チ メ デ ィ ア モ ー ド) Game Mode (ゲ ー ム モ ー ド) Warm (暖 色) Cool (寒 色) Adobe RGB (Adobe RGB) sRGB (sRGB ) Custom Color
    • p. 25/44
      Hue (色 相) Saturation (彩 度) Reset Color Settings (カ ラ ー リ セ ッ ト) Back (戻り) この機能はビデオ映像の色を緑から紫にシフトさせます。 これを使って肌の色を調整してください。 色相は または を使って 0 から 100 の をタッチすとイメージの緑の色相が高められます。 をタッチすとイメージの紫の色相が高められます。 注 : 色相調整はビデオ入力専用です。 ビデオ映像の彩度を調整します。 彩度は または を使って 0 から 100 の範囲で調整してください。
    • p. 26/44
      Dynamic Contrast (動 的コ ン ト ラ ス ト) Display Info (デ ィ ス プ レ ー情 報) Reset Display Settings (デ ィ ス プ レ ー リ セ ッ ト) Back (戻り) 注 : Pixel Clock (周波数)と Phase (フェーズ)調整は VGA 入力でしか実行できません。 ダイナミックコントラストはコントラストのレベルを上げて、よりシャープで鮮明な画質を実現します。 すべての設定はこのモニターに関連します。 画像を工場出荷時の値に戻します。
    • p. 27/44
      Position (位 置 ) Contrast (コ ン ト ラ ス ト ) Hue (色 相 ) Saturaiton (彩 度 ) Back (戻り) PIP ウィンドウの位置を選択します。 か を使って参照し、 を使って選択します。 PIP/PBP モードの画像のコントラストを調整します。 コントラストを下げます。 コントラストを上げます。 この機能は PIP/PBP 画像の色を緑または紫にシフトします。これは肌色を調整するときに使用します。 画像の色を緑にシフトさせます。 画像の色を紫にシフトさせます。
    • p. 28/44
      Menu Rotation(メ ニ ュ ー回 転) Button Sound (ボタンの音) Power Save Audio (省 電 力 オ ー デ ィ オ) DDC/CI LCD Conditioning (LCD コ ン デ ィ シ ョ ニ ン グ) Factory Reset (リ セ ッ ト) Back (戻り) OSDを反時計回りに90度回転させます。モニタの回転に従ってメニューを調整することができます。 メモ:PIP/PBPがオンになっているとき、メニュー回転は使用できません。 メニューで新しいオプションを選択するたびに、ビーッという音がします。
    • p. 29/44
      OSD 警 告メッセージ モニタが特定の解像度モードに対応していない場合は、次のメッセージが表示されます: または または または このメッセージは、コンピュータから受信している信号にモニタが同期できていないことを示しています。 使このモニタで対応している垂直および水平周波数範囲については、 モニター仕様 を参照してください。 推奨モードは 1920 X 1200 です。 モニターが省エネルギーモードに入ると、以下のどちらかのメッセージが表示されます: また は または OSD を使用する場合は、コンピュータを起動し、モニターを復帰(ウェイクアップ)させてください。
    • p. 30/44
      詳細については、 問題を解決する を参照してください。 または または ビ デ オ入 力 または PIPモードでは、モニタが選択した第二信号入力を感知しない場合は、OSD スクリーンが閉じられているときに限り、選択した入力に基づいて次のいずれかのメッセージが表示されます。 1. VGA 2. DVI-D 1 3. DVI-D 2 4. HDMI ま た は ま た は ま た は 5. DisplayPort 6. Composite (コ ン ポ ジ ッ ト) 7. Component (コンポーネント)
    • p. 31/44
      最適解像度を設定する 1. デスクトップを右クリックして、プ ロ パ テ ィを選択します。 2. 設 定タブを選択します。 3. 画面解像度を1920 x 1200 に設定します。 4. OKをクリックします。 オプションとして1920 x 1200 がない場合は、グラフィック・ドライバを更新する必要があります。 コンピュータによっては、以下の手順のいずれかを完了してください。 Dellデスクトップまたはポータブル・コンピュータをご使用の場合: ¡ support.dell.comに進み、サービス・タグを入力し、グラフィックス・カードに最新のドライバをダウンロードします。
    • p. 32/44
      縦に伸ばす スタンドは縦に 100 mm + 5 mm まで引き伸ばすことができます。 モニターの回転 モニターを回転させる前に、モニターが垂直に拡張している ( 垂直拡張 )か、またはモニターの底部エッジの傾きを避けるために傾けてある( 傾き )かいずれかになっています。 注 :モニタはスタンドが取り付けられた状態で出荷されます。
    • p. 33/44
      システムの「ディスプレイ回転設定」の調整 モニタを回転させた後、以下の手順でシステムの「ディスプレイの回転設定」を調整する必要があります。 ディスプレイの回転設定を調整するには: 1. デスクトップを右クリックして、プ ロ パ テ ィをクリックします。 2. 設 定タブを選択し、アドバンストをクリックします。 3. ATIグラフィックスカードを使っていする場合は、回転タブを選択して、お気に入りの回転を設定します。 nVidiaグラフィックスカードを使っている場合は、nVidiaタブをクリックして、左カラムでNVRotateを選択し、次にお気に入りの回転を選択します。
    • p. 34/44
      目次ページに戻る 注 : 回転オプションがない場合、または正常に作動しない場合は、support.dell.comで、グラフィックス・カード用の最新ドライバをダウンロードしてください。
    • p. 35/44
      目次に戻る モニターのセットアップ Dell™ U2410 フラットパネルモニター 重要:ディスプレイの解像度を 1920 x 1200 (最大) に設定してください。 Microsoft® Windows® を使用する場合は、次の手順で、解像度を1920 x 1200にセットします。 1. デスクトップ上で右クリックし、Properties(プロパティ)を選択します。 2. Settings(設定)タブを選択します。 3. マウスの左ボタンを押すと、画面上のスライダーバーを右に移動して、スクリーンの解像度を
    • p. 36/44
      Dell™ U2410 フラットパネルモニター 本 書に記 載さ れ て い る事 項は 事 前 通 告な し に変 更 さ れ る こ と が あ り ま す。 © 2009-2011 す べ て の著 作権 は Dell™ Inc に あ り ま す。 Dell™ Inc.の書面による承諾書なしに本書を複製することは、いかなる方法といえども、固く禁止します。 本文における商標の使用: Dell および DELL のロゴは、Dell Inc. の登録商標です。Microsoft および Windows
    • p. 37/44
      目次へ戻る モニターを設定する Dell™ U2410 フラットパネルモニター ユーザーガイド スタンドを取り付ける モニターを接続する ケーブルの収納 モニターへのSoundbar(オプション)の取り付け スタンドを取り付ける モニタースタンドを取り付けるには: 1. カバーを外して、その上にモニターを載せます。 2. モニター背面の溝をスタンド上部の2つのタブに合わせます。 3. スタンドを押して、はめ込んでください。 モニターを接続する 以下の手順にしたがってコンピュータにモニターを接続します。
    • p. 38/44
      VGA(青)ケ ー ブ ル の接続 お よ び USBア ッ プ リ ン ク ケ ー ブ ル 黒いDisplayPort ケ ー ブ ル を接続 お よ び USBア ッ プ リ ン ク ケ ー ブ ル DVI/VGA/DisplayPort ケーブルを接続した後は、次の手順に従ってモニターの設定を完了してください。 l コンピューターとモニターの電源コードを近くにあるコンセントに差し込みます。 l モニタおよびコンピュータの電源をオンにします。次に、VGAまたはDVI入力対DisplayPort入力からOSDメニュー
    • p. 39/44
      モニターへのSoundbar(オプション)の取り付け 目次へ戻る 1. モニタの背面を表に向け、下のほうにある 2 つのツメを Soundbar の 2 つのスロットにはめ込みます。 2. 固定されるまで Soundbar を左にスライドさせます。 3. Soundbar に DC 電源のコネクタを接続します。 4. 緑色のステレオミニプラグの一方の端を Soundbar の背面に差し込み、もう一方の端をコンピュータのオーディオ出力ジャックへ差し込みます。 注 意: Dell サウンドバー以外のデバイスと一緒に使用しないでください。
    • p. 40/44
      目次へ戻る 問題を解決する Dell™ U2410 フラットパネルモニター ユーザーガイド モニタ固有のトラブルシューティング 内蔵診断 一般的な問題 ビデオに関する問題 製品固有の問題 ユニバーサルシリアルバス(USB)に特有の症状 Soundbar (オプション)のトラブルシューティング カードリーダーのトラブルシューティング モニタ固有のトラブルシューティング 自己診断機 能チ ェ ッ ク お使いのモニタには自己診断機能が搭載されており、モニタが適切に機能しているかどうかを確認できます。 モニターとコンピュータが正しく接続されているが、モニタ画面に何も表示されない場合、以下の手順でモニタの自己診断を行ってください。
    • p. 41/44
      内蔵診断を実行するには、以下の手順に従います。 1. 画面がきれいであること(または、画面の表面に塵粒がないこと)を確認します。 2. コンピュータの後ろかビデオ・ケーブルを外します。モニターが自己テストモードに入ります。 3. 正面パネルのボタン1 とボタン4ボタンを2秒間同時に押し続けます。グレイの画面が表示されます。 4. 画面に異常がないか、慎重に検査します。 5. 正面パネルのボタン1ボタンを 再び押します。画面の色が赤に変わります。 6. ディスプレイに異常がないか、検査します。 7. ステップ5と6を繰り返して、緑、青、白い色の画面についてもディスプレイを検査します。
    • p. 42/44
      ビデオに関する問題 製品固有の問題 l OSD で自動調整を実行してください。 l OSDで、明るさとコントラストを調整してください。 メ モ: 'DVI-D' を使用している場合、調整することができませんのでご注意ください。 水平/垂直線 画面に 1 本以上の線が表示される l モニターを初期設定にリセットしてください。 l OSD で自動調整を実行してください。 l OSDで位相とピクセルクロックを調整してください。 l モニターの自己診断機能チェックを実行して、これらの線が自己診断モードでも表示されるかどうか
    • p. 43/44
      ユニバーサルシリアルバス(USB)に特有の症状 Soundbar (オプション)のトラブルシューティング メニューキーを押すと、「No Composite input signal (コンポジット入力信号がありません)」または「No Component input signal (コンポーネント入力信号がありません)」というメッセージが表示されます。 OSD にアクセスして、オーディオとビデオの両方をオフにします。 画面調節ボタンを押しても、入力信号がない。 画像が表示されず、LED が青く点灯している。
    • p. 44/44
      カードリーダーのトラブルシューティング 目次へ戻る 音が小さい 音が非常に小さい。 l Soundbar とユーザーの間にある障害物を取り除きます。 l Soundbar の電源/ 音量コントロールを時計回りに回して、音量を最大に上げます l Windows のすべての音量コントロールを最大に設定します。 l オーディオアプリケーションの音量を上げます。 l 別の音源(ポータブル CD プレーヤーなど)を使用して Soundbar をテストします 注 意 : メディアに情報の書き込み、または読み取りが行われている間にデバイスを外すと、データが失われたり、メディアの故障の原因となります。
 

© 2012–2018, manyuaru.com
All rights reserved.