取扱説明書とユーザーガイド - Designjet 4000 series HP

Designjet 4000 series HP の取扱説明書やユーザーガイドが2以上あります。

  • HP Designjet 4000 series (ページ: 401)

    目次

    Document Outline

  • HP Designjet 4000 series (ページ: 282)

    目次
    • p. 1/282
    • p. 2/282
      法律に関する注記 このマニュアルに記載した内容は、予告なしに変更することがあります。 弊社は、本マニュアルの特殊目的に対する適合性、市場性などについて、一切の保証をいたしかねます。 また、本マニュアルにおける誤り、あるいは備品、パフォーマンス等に関連した損傷についても保証いたしかねます。 本マニュアルの内容の一部または全部を、無断でコピーしたり他の言語に翻訳することは、法律で禁止されています。 商標 Adobe®、Acrobat®、Adobe Photoshop®、およびPostScript®は、Adobe
    • p. 3/282
      目次 1 はじめに .....................................................................................................7 このガイドの使用方法 ...............................................................................7 プリンタの主な機能 ...................................................................................8
    • p. 4/282
      内蔵 Webサーバをパスワードで保護するには .........................................79 特定のエラーが発生した際に電子メールで通知されるようにするには ..............................................................................................................80 スリープ モード設定を変更するには ......................................................80
    • p. 5/282
      用紙の印刷の向きを変更するには .........................................................133 イメージを回転するには ........................................................................134 左右反転印刷を行うには ........................................................................134 イメージを拡大縮小するには
    • p. 6/282
      問題が解決されない場合には ................................................................184 12 拡張精度キャリブレーションを実行するには........................................18513 印刷品質の問題.......................................................................................191 一般的なヒント
    • p. 7/282
      プリントヘッドの軸合わせで大量の用紙が使用される ........................220 17 その他の問題...........................................................................................221 プリンタのスタートアップが完了しない ..............................................221 フロントパネルにメッセージが表示される ..........................................222
    • p. 8/282
      24 困ったときにご利用できるサービスについて........................................261 HPインスタント サポートについて .......................................................261HPカスタマ・ケアについて ...................................................................261HP Designjet Onlineについて ................................................................263その他の情報について
    • p. 9/282
      1 はじめに ● 7 ページの [このガイドの使用方法] ● 8 ページの [プリンタの主な機能] ● 9 ページの [プリンタの主なコンポーネント] ● 10 ページの [フロントパネル] ● 12 ページの [プリンタ ソフトウェア] このガイドの使用方法 [ユーザーズ ガイド] および [クイック リファレンス ガイド] は、以下の章で構成されています。 はじめに この章では、本プリンタを初めて使用するユーザのために、本プリンタおよびマニュアルについて簡単に説明します。 使用方法 この章では、用紙の取り付け方法やインクカートリッジの交換方法など、さまざまな操作の手順について説明します。
    • p. 10/282
      プリンタの主な機能 このプリンタは、最大幅 1.06m (42インチ) の用紙に高品質のイメージを印刷 するために設計されたカラー インクジェット プリンタです。 主な機能を以 下に示します。● 最大印刷速度 1.5m²/分 (16ft²/分) (HPスタンダード普通紙で [高速] 印刷品 質オプションと [描画/テキスト] 最適化オプションを使用した場合) ● 入力時 1200 × 1200dpiのイメージを最大2400 × 1200dpiの最適化された 解像度で印刷 ( [高品質] 印刷品質オプション、[高精細]
    • p. 11/282
      プリンタの主なコンポーネント 以下のプリンタ前面図および背面図で、主なコンポーネントについて説明します。 前面図 1. インクカートリッジ2. プラテン3. プリントヘッド キャリッジ4. プリントヘッド5. プリントヘッド クリーナ6. フロントパネル7. スピンドル8. 青いストッパ (取り外し可能)9. 用紙スタッカ10. インクカートリッジ用の引き出し11. スピンドル レバー12. 用紙取り付けレバー 9 はじめに
    • p. 12/282
      背面図 1. 『クイック リファレンス ガイド』フォルダ2. AC電源コンセントおよび電源スイッチ3. 接続ケーブルおよびオプション アクセサリ用ソケット フロントパネル プリンタのフロントパネルは、プリンタ前面の向かって右側にあります。 フ ロントパネルには、以下の重要な機能があります。● 用紙の取り付け、取り外しなどの操作を実行する際に使用します。 ● プリンタ、インクカートリッジ、プリントヘッド、用紙、印刷ジョブのステータスに関して、最新情報が表示されます。 ● プリンタの使用手順が表示されます。
    • p. 13/282
      フロントパネルには、以下のコンポーネントがあります。1. ディスプレイ部分。情報、アイコン、メニューが表示されます。2. 電源 ボタン。プリンタの電源のオンとオフを切り替えます。 プリンタが スリープ モードの状態にある場合は、このボタンを押すと起動します。 3. プリンタの電源がオフの状態にある場合、電源ランプは消灯していま す。スリープ モードの場合は黄色、電源がオンの場合は緑色に点灯し、 プリンタの電源がオフからオン、またはその逆へ移行中の場合は、緑色に点滅します。 4. 排紙/カット ボタン。通常は、カット紙が取り付けられている場合は用紙
    • p. 14/282
      9. 選択(チェックマーク) ボタン。現在ハイライトされている項目を選択し ます。 10. 戻る ボタン。前のメニューに戻ります。 このボタンを繰り返し押すか、 押したままにすると、直ちにメイン メニューに戻ります。 11. 下矢印 ボタン。リストの次の項目に移動したり、数値を減らします。 フロントパネルのメニュー項目をハイライトさせるには、その項目がハイライトするまで 上矢印 または 下矢印 ボタンを繰り返し押します。 フロントパネルのメニュー項目を選択するには、まずその項目をハイライトさせ、次に 選択(チェックマーク)
    • p. 15/282
      2 プリンタを組み立てるには ● 13 ページの [はじめに] ● 14 ページの [プリンタを開梱するには] ● 16 ページの [スタンドを組み立てるには] ● 21 ページの [プリンタにスタンドを取り付けるには] ● 25 ページの [プリンタから梱包材を取り除くには] ● 28 ページの [用紙スタッカを取り付けるには] ● 33 ページの [初めてプリンタの電源をオンにするには] ● 34 ページの [インクカートリッジを取り付けるには] ● 38 ページの [付属のプリントヘッドを取り外すには]
    • p. 16/282
      プリンタを開梱するには 開梱する前に、組み立てたプリンタの設置場所を決めてください。 プリンタ の前面と背面に、スペースが必要になります。 推奨するスペースは以下のよ うになります。 設置する場所を決めたら、開梱を始めます。1. 両横のカバーを取り外します。 次に、箱の横に取り付けられているプラ スチックのハンドル 4つ (両横に2つずつ) をすべて取り外します。 2. ボックスを固定しているストラップを切断します。このとき、ボックス が落下する危険があるので注意してください。 第 2 章 14 プ リ
    • p. 17/282
      3. プリンタ本体が収められている箱の上部から、ボックスをすべて取り外 します。 4. 箱の前面と背面の左右に取り付けられているプラスチックのハンドル8つ をすべて取り外します。 5. プリンタ本体が収められている箱を取り外します。 15 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 18/282
      6. 2つある梱包材を取り除きます。 スタンドを組み立てるには 警告 脚部アセンブリを開梱し、足部の一方のキャスタに滑り止めが 付いていることを確認してください。 この滑り止めは、この時点では まだ 取り外さないでください。 1. スタンド/用紙スタッカの箱を開け、一番上のトレイを取り出します。 2. 取り出したトレイから、L (左) およびR (右) という文字が書かれている2 つの箱を取り出し、 図のように床の上に置きます。 第 2 章 16 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 19/282
      3. LおよびRの箱の上にクロスブレイスを置きます。 4. クロスブレイスの左右の向きが合っていることを確認します。 (1) 左 (2) 右 (3) 穴 (1つ) (4) 穴 (2つ) 5. 付属のネジとドライバを用意します。 このドライバは磁石になっていま す。 17 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 20/282
      6. 左脚部から、2枚ある脚部カバーを取り外します。 7. 左脚部を、クロスブレイスの左側に差し込みます。 左脚部は、クロスブ レイスの左側にのみ取り付けることができます。 8. 左脚部を、内側からネジ4本でクロスブレイスに固定します。 第 2 章 18 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 21/282
      9. 左脚部を、外側からネジ2本でクロスブレイスに固定します。 10. 右脚部を、クロスブレイスの右側に差し込みます。 右脚部は、クロスブ レイスの右側にのみ取り付けることができます。 11. 右脚部を、内側からネジ4本でクロスブレイスに固定します。 19 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 22/282
      12. 右脚部を、外側からネジ2本でクロスブレイスに固定します。 13. 足部の一方を、左脚部の所定の位置に合わせます。 足部のピンを利用し て、正しい位置に合わせてください。 注記 キャスタに付いている滑り止めは取り外さないでください。 14. 左足部をネジ4本で固定します。 15. 足部のもう一方を、右脚部の所定の位置に合わせます。 足部のピンを利 用して、正しい位置に合わせてください。 注記 キャスタに付いている滑り止めは取り外さないでください。 第 2 章 20 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 23/282
      16. 右足部をネジ4本で固定します。 プリンタにスタンドを取り付けるには 1. プリンタの左右の向きを確認してください。 プリンタの左右の向きにつ いては、梱包用発泡スチロールの表面にも記載されています。 プリンタ の背面がどちらかも確認してください。 (RIGHT=右、REAR=背面) 2. 保護用ビニール シートを引っ張って開き、プリンタの底部が見えるよう にします。 プリンタの背面側には、3mの空きスペースを確保してくださ い。2つある乾燥剤の袋を取り除きます。 21 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 24/282
      3. この後の手順では、スタンドのピンを必ずプリンタ本体のブラケットの 中心にある穴に合わせるようにしてください。 組み立てたスタンドを、プリンタ本体の上に載せます。 滑り止めが、プ リンタの背面側を向くようにしてください。 4. スタンドの右側を、ネジ1本でプリンタに固定します。 ネジはしっかり 締めてください。 第 2 章 22 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 25/282
      5. スタンドの左側を、ネジ2本でプリンタに固定します。 ネジはしっかり 締めてください。 6. 消耗品の箱と予備の箱を、プリンタの箱の背面側に密着させて置きま す。 箱に記載されている矢印が、プリンタの側を向くようにしてくださ い。左右の後部キャスタに滑り止めが付いていることを確認します。 7. 4人で、消耗品の箱と予備の箱の上にプリンタを載せて回転させます。 23 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 26/282
      プリンタの背面を 2つの箱の上に完全に載せます。次に、プリンタを滑り 止めの付いたキャスタが床に着くまで起こします。 8. プリンタを垂直に立たせる前に、パレットを取り除きます。 9. 手でプリンタ本体の背面を押さえながら、4人で協力してプリンタを慎重 に持ち上げます。 滑り止めがあるので、プリンタが手前側に滑ることは ありません。 第 2 章 24 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 27/282
      プリンタから梱包材を取り除くには 1. 2つの梱包用発泡スチロールと、プリンタを覆っているシートを取り除き ます。 2. 左脚部のカバーを左脚部の前面の側に合わせ (1)、後ろ側の下端を所定の 位置にはめ込みます (2)。 25 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 28/282
      3. 右脚部のカバーを右脚部の前面の側に合わせ (1)、後ろ側の下端を所定の 位置にはめ込みます (2)。 4. 組み立てたスタンドの左右の後部キャスタに付いている滑り止めを取り 外します。 5. 梱包テープ1~8を剥がします。 ウィンドウを開いて、ウィンドウ緩衝材 9、10を取り外します。 第 2 章 26 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 29/282
      6. ウィンドウとフロントパネルの保護カバーを剥がします。 7. スピンドルの固定用部品を取り外します。 8. 右のドアを開き、梱包材を取り除いてから、 ドアを閉じます。 27 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 30/282
      9. スピンドルのレバーを下に押すと、スピンドルの右端の固定が解除され ます。 まずスピンドルの右側を取り外してから、左側を取り外します。 このとき、右端を先に引き出します。 10. スピンドルの固定用梱包材を取り除いてから、 スピンドルを取り付け直 します。 11. 『クイック リファレンス ガイド』フォルダを取り付けます。 フォルダ 上部を斜めにして (1)、2つのフックをプリンタ背面の所定の位置に合わ せ、フォルダ下部を所定の位置にはめ込みます (2)。 用紙スタッカを取り付けるには 1. 用紙スタッカの部品を用意します。
    • p. 31/282
      2. スタンドの左脚部の内側に、ネジを1本取り付けます。 3. ネジは完全に締めないでください。 4. スタンドの右脚部の内側に、ネジを1本取り付けます。 5. ネジは完全に締めないでください。 29 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 32/282
      6. 用紙スタッカの外枠をプリンタ前面の所定の位置に合わせます。 7. 用紙スタッカの上部アームを、先ほど取り付けた2本のネジに引っ掛けて 取り付けます。 8. 用紙スタッカの下部アームを、スタンドの左右の脚部にそれぞれネジで 固定します。 第 2 章 30 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 33/282
      9. 上部の2本のネジをしっかり締めます。 10. 6つのループすべてを、用紙スタッカの枠にはめ込みます。 後部が長く なっているループは、図の 2、4、6の位置にはめ込んでください。 11. 6つのループすべてを、それぞれ2本のクリップで枠に固定します。 31 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 34/282
      12. 3つの可動式ストッパすべてを、図のようにそれぞれ3つのループに取り 付けます。 13. 可動式ストッパを軽く握って幅を狭くし、ループの所定の位置に合わせ ます。 14. 所定の位置に合わせ、手を離し、ストッパの幅を元に戻します。 15. 3つの可動式ストッパを図のように格納します。 可動式ストッパは、長 さが 900mm未満の用紙 (最大A1サイズ) に印刷する場合にのみ使用しま す。 第 2 章 32 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 35/282
      初めてプリンタの電源をオンにするには 1. 電源ケーブルをプリンタ背面に差し込み、反対側をAC電源コンセントに 差し込みます。 2. プリンタ背面の電源スイッチをオンにします。 3. フロントパネルの電源ランプが点灯しない場合は、電源 ボタンを押して プリンタの電源を入れます。 33 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 36/282
      4. しばらくすると、図のようなメニューがフロントパネルに表示されま す。 上矢印 および 下矢印 ボタンを使用して、フロントパネルで使用す る言語をハイライトさせ、 選択(チェックマーク) ボタンを押します。 5. フロントパネルに図のようなメッセージが表示されます。 インクカートリッジを取り付けるには 1. 消耗品の箱からプリントヘッド、プリントヘッド クリーナ、インクカー トリッジを取り出します。 第 2 章 34 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 37/282
      2. インクカートリッジは、プリンタの左側に取り付けます。 3. カチッと音がするまでドアを押します。 4. ドアが開きます。 35 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 38/282
      5. 青いタブを下げると、インクカートリッジ用の引き出しのロックが解除 されます。 6. インクカートリッジ用の引き出しを手前に引きます。 7. インクカートリッジを引き出しの上に設置します。 注記 引き出しには、取り付ける位置が示されています。 8. 印に従って、インクカートリッジを引き出しの奥に置きます。 第 2 章 36 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 39/282
      9. インクカートリッジ用の引き出しを、所定の位置に固定されるまでプリ ンタの中に押し込みます。 取り付けにくい場合は、 「 211 ページの [インクカートリッジを取り付け られない ]」を参照してください。 10. 同じ方法で、残りの3つのインクカートリッジを取り付けます。 11. ドアを閉じます (カチッと音がするまで押します)。 37 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 40/282
      12. 1分ほどすると、図のようなメッセージがフロントパネルに表示されま す。 付属のプリントヘッドを取り外すには 1. ウィンドウを開きます。 2. プリントヘッド キャリッジ ラッチを固定している梱包テープを剥がしま す。 第 2 章 38 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 41/282
      3. キャリッジ上部のラッチを引き上げて、ロックを解除します。 4. カバーを持ち上げ、付属のプリントヘッドを確認してください。 5. 付属のプリントヘッドを取り外す前に、各プリントヘッドの上部にある 窓からインクがあるかどうかを確認してください。 インクがない場合 は、カスタマ サービスにお問い合わせください。 39 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 42/282
      6. 付属のプリントヘッドを取り外すには、青いハンドルを持ち上げます。 7. 持ち上げた青いハンドルを使って、キャリッジから付属のプリントヘッ ドを静かに取り外します。 8. そのまま、キャリッジから取り外します。 他のプリントヘッドも、同様 にして取り外します。 第 2 章 40 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 43/282
      プリントヘッドを取り付けるには 1. プリントヘッドから青い保護キャップを取り外し、透明の保護テープを 剥がします。 2. すべてのプリントヘッドを、正しい位置に垂直に差し込みます。 3. 所定の位置に、静かに注意して取り付けます。 41 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 44/282
      取り付けにくい場合は、 「 211 ページの [プリントヘッドを取り付けられ ない ]」を参照してください。 4. プリントヘッドが正しい位置に取り付けられていることを確認します。 すべてのプリントヘッドを取り付けると、フロントパネルに「プリントヘッド カバーとウィンドウを閉じます」というメッセージが表示されま す。 5. フロントパネルに[ プリントヘッドエラー:交換してください ]というメッ セージが表示される場合は、 「 212 ページの [フロントパネルにプリント ヘッドを取り付け直す、または交換するようにメッセージが表示される
    • p. 45/282
      8. ウィンドウを閉じます。 9. プリンタによるプリントヘッドのチェックが終了するまで、1分ほど待ち ます。 プリントヘッド クリーナを取り付けるには 1. プリントヘッドを取り付けてしばらくすると、図のようなメッセージが フロントパネルに表示されます。 2. プリンタの右のドアを押します。 43 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 46/282
      3. ドアが開きます。 4. プリントヘッド クリーナを、該当する色のスロットに挿入します。 5. プリントヘッド クリーナを奥まで挿入し、カチッと音がして所定の位置 に収まるまで上から押し込みます。 第 2 章 44 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 47/282
      取り付けにくい場合は、 「 211 ページの [プリントヘッド クリーナを取 り付けられない ]」を参照してください。 6. 残りの7つのプリントヘッド クリーナを、該当するスロットに挿入しま す。 7. ドアを閉じます。 8. しばらくすると、図のようなメッセージがフロントパネルに表示される ので、表示されたら 選択(チェックマーク) ボタンを押します。 45 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 48/282
      ロール紙をスピンドルに取り付けるには 1. スピンドル レバーを下げます。 2. まずスピンドルの右端 (1) をプリンタから取り外し、次に右に移動させて スピンドルの左端 (2) を取り外します。 このとき、右端を先に引き出し ます。 3. スピンドルの左端から青いストッパ (1) を取り外します。 スピンドルは 水平のままにしておきます。 第 2 章 46 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 49/282
      4. プリンタに同梱されているロール紙をスピンドルにスライドさせて取り 付けます。 ロール紙の向きが図のようになっていることを確認してくだ さい。 注記 スピンドルのラベルにも、正しい向きが表示されています。 5. 青いストッパをスピンドルに取り付け、押し込めるところまで適度な力 で押し込みます。 6. 青いストッパが正しく取り付けられていることを確認してください。 7. 青いストッパが左側に来るように、スピンドルをプリンタにスライドさ せて取り付けます。 スピンドルを挿入すると、青いスピンドル レバーが
    • p. 50/282
      8. 動かなくなるところまで挿入したら、青いレバーを持ち上げてスピンド ルを正しく取り付けます。 9. スピンドルが正しく挿入されると、スピンドル レバーは水平になりま す。 用紙をプリンタに取り付けるには 1. フロントパネルで、 アイコンをハイライトさせ、選択(チェックマー ク ) ボタンを押します。 第 2 章 48 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 51/282
      2. [ロール紙] をハイライトさせ、選択(チェックマーク) ボタンを押しま す。 3. [ロール紙を取り付ける] をハイライトさせ、選択(チェックマーク) ボタ ンを押します。 4. 取り付けた用紙の種類をハイライトさせ、選択(チェックマーク) ボタン を押します。 5. しばらくすると、「ウィンドウを開けます」というメッセージが表示さ れます。 49 プリ ンタ を組み立て るには
    • p. 52/282
      6. ウィンドウを開けます。 7. 用紙取り付けレバーを上げます。 8. ロール紙を約1m (3フィート) 引き出します。 9. ロール紙の先端を、黒いローラーの上に挿入します。 第 2 章 50 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 53/282
      警告 用紙を取り付ける作業中、プラテンのゴムのホイールに触れ ないようにしてください。ホイールが回転して皮膚や髪、衣服を巻き込むおそれがあります。 10. そのまましばらくすると、用紙が下の図のようにプリンタから出てきま す。 注記 用紙の取り付け作業中に予期しない問題が発生した場合 は、 「 215 ページの [用紙が正しく取り付けられない]」を参照して ください。 11. 用紙がプラテン上の青い線と半円の位置に来るようにします。 12. 用紙取り付けレバーを下げます。 51 プリ ンタ を組み立て
    • p. 54/282
      13. フロントパネルに、図のようなメッセージが表示されます。 14. ストッパを使用して、用紙の余分な部分をスピンドルに巻き戻します。 15. ウィンドウを閉じます。 16. 用紙が送られたり巻き戻されたりして調整が行われますが、その後フロ ントパネルに、下の図のようなメッセージが表示されます。 第 2 章 52 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 55/282
      17. ストッパを使用して、用紙の余分な部分をスピンドルに巻き戻します。 18. 取り付けた用紙の種類に合わせて、プリントヘッドの軸合わせとカラー キャリブレーションが自動的に実行されます。 この処理中、実際の印刷 を開始する前に、最大で 3m (≈10フィート) の用紙が排出されます。 プリ ントヘッドの軸合わせを正常に行うために必要ですので、この用紙送りは停止しないでください。 軸合わせとキャリブレーションの処理には約 20分かかります。この間にプリンタの接続作業を開始することができます。 詳細は、
    • p. 56/282
      (3) サーバ(4) PC、Macintosh、またはワークステーション 2. プリンタ背面にあるコネクタに、コンピュータまたはネットワークを接 続するか、別売のオプションを取り付けます。 3. ネットワーク接続用のファスト イーサネット ソケットは1つ用意されて います。 4. コンピュータに直接接続するためのIEEE1394ソケットは2つ用意されて います。 注記 このプリンタには、 IEEE1394ケーブルは付属していません が、 1394 Trade Association推奨ケーブルならどれでも使用するこ
    • p. 57/282
      注意 このソケットには、別売のオプション以外接続しないでくだ さい。 6. ネットワーク ケーブルは、プリンタ背面のフックにかけます。 アクセサリを取り付けるには 別売オプションとしてさまざまなアクセサリが発売されており、プリンタをお使いの間は、いつでも取り付けることができます。 各アクセサリの取り付 け方法については、アクセサリに同梱されているポスターに図で説明されています (Jetdirectプリント サーバについてのみ例外として、以下に説明が記 載されています )。 ここでは、アクセサリを取り付ける作業が完了した後の
    • p. 58/282
      ギガビット イーサネット ソケット ギガビット イーサネット ソケットが正しく取り付けられていることを確認す るには、フロントパネルで アイコンを選択し、次に [I/Oの設定] - [ギガビ ットイーサネット ] の順に選択します。 フロントパネルに、ソケットの状況に応じて [インストール済み] または [イ ンストールされていません ] のいずれかが表示されます。 それぞれ該当する手順に従って、プリンタをネットワークに接続します。● 62 ページの [プリンタをネットワークに接続するには (Windows)]
    • p. 59/282
      USB 2.0ソケット USB 2.0ソケットが正しく取り付けられていることを確認するには、フロントパネルで アイコンを選択し、次に [I/Oの設定] - [USB] の順に選択しま す。 フロントパネルに、ソケットの状況に応じて [インストール済み] または [イ ンストールされていません ] のいずれかが表示されます。 それぞれ該当する手順に従って、プリンタをコンピュータに接続します。● 69 ページの [プリンタをコンピュータに直接接続するには (Windows)] ● 69 ページの [プリンタをコンピュータに直接接続するには
    • p. 60/282
      2. Jetdirectカードを挿入し、カードに付属のネジでしっかりと固定します。 第 2 章 58 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 61/282
      3. カバー板とネジは、Jetdirectカードを外す場合に備えて保管しておきま す。 カードが正しく取り付けられていることを確認するには、フロントパネルで アイコンを選択し、次に [I/Oの設定] - [Jetdirect EIO] の順に選択しま す。 フロントパネルに、プリント サーバの状況に応じて [インストール済み] また は [インストールされていません] のいずれかが表示されます。 それぞれ該当する手順に従って、プリンタをネットワークに接続します。● 62 ページの [プリンタをネットワークに接続するには
    • p. 62/282
      メモリ拡張カード 256MBメモリ拡張カードが正しく取り付けられていることを確認するには、フロントパネルで アイコンを選択し、次に [情報メニュー] - [プリンタ情 報の表示 ] の順に選択します。 フロントパネルに、プリンタに関するさまざ まな情報項目が表示され、その中に [メモリ]も表示されています。 ここでメモリ サイズが512MBと表示されていたら、メモリ拡張カードは正し く取り付けられています。 第 2 章 60 プ リ ン タ を 組み立て るには
    • p. 63/282
      3 プリンタ ソフトウェアを設定する には ● 61 ページの [使用する接続方法を選択するには] ● 62 ページの [プリンタをネットワークに接続するには (Windows)] ● 64 ページの [プリンタをネットワークに接続するには (Mac OS X)] ● 67 ページの [プリンタをネットワークに接続するには (Mac OS 9)] ● 69 ページの [プリンタをコンピュータに直接接続するには (Windows)] ● 69 ページの [プリンタをコンピュータに直接接続するには (Mac
    • p. 64/282
      注記 1 ネットワーク接続速度は、ネットワーク上のすべてのコンポー ネントに左右されます。これには、ネットワーク インタフェース カー ド、ハブ、ルータ、スイッチ、ケーブルなどがあります。 コンポーネ ントのいずれかが高速処理に対応していない場合、接続速度は遅くなります。 また、ネットワーク上の他のデバイスから送信される総トラ フィック量も、接続速度に影響を与えます。 注記 2 ギガビット イーサネット アクセサリおよびUSB2.0アクセサリ は、プリンタの同じスロットが取り付け先となるため、同時に両方のアクセサリを接続することはできません。
    • p. 65/282
      3. コンピュータに、[HP Designjet 4000 シリーズ プリンタ ソフトウェア セ ットアップ (HP Designjet 4000 Series Printer Software Setup) Windows 版 ] CDを挿入します。 4. 言語を選択します。5. [HP Designjet 4000 シリーズ (日本語版) セットアップ ウィザードへよう こそ ] ダイアログの情報を読み、[次へ] をクリックします。 6. 使用許諾書を読み、同意する場合は [使用許諾契約の条項に同意します]
    • p. 66/282
      3. コンピュータに、[HP Designjet 4000 シリーズ プリンタ ソフトウェア セ ットアップ (HP Designjet 4000 Series Printer Software Setup) Windows 版 ] CDを挿入します。 4. 言語を選択します。5. [HP Designjet 4000 シリーズ (日本語版) セットアップウィザードへよう こそ ] ダイアログの情報を読み、[次へ] をクリックします。 6. 使用許諾書を読み、同意する場合は [使用許諾契約の条項に同意します]
    • p. 67/282
      Rendezvousによる方法 手順を実行する前に、以下のことを確認してください。● プリンタがセットアップされていて、電源が入っている。 ● イーサネット ハブまたはルータの電源が入っていて、正常に機能してい る。 ● ネットワーク上のすべてのコンピュータの電源が入っていて、ネットワークに接続されている。 ● プリンタがネットワークに接続されている。 ● プリンタ ドライバがインストールされている。 ドライバをインストール するには、ドライバの CDを挿入して画面の指示に従います。 Rendezvousを使用してプリンタを接続するには、以下の手順に従います。1.
    • p. 68/282
      ● プリンタがネットワークに接続されている。 ● プリンタ ドライバがインストールされている。 ドライバをインストール するには、ドライバの CDを挿入して画面の指示に従います。 AppleTalkを使用してプリンタを接続するには、以下の手順に従います。1. フロントパネルで、 アイコンを選択し、次に [I/Oの設定] - [Jetdirect EIO] - [設定の表示] を選択します。 2. フロントパネルに、プリンタのAppleTalk名などの情報が表示されます。 AppleTalk名をメモします。
    • p. 69/282
      2. フロントパネルに、プリンタのIPアドレスなどの情報が表示されます。 IPアドレスをメモします。 3. デスクトップ上の [Finder] アイコンを選択して、[プリンタ設定ユーティ リティ ] を開きます。 [Finder] 画面の右上隅にある [アプリケーション] ア イコンをクリックし、リストから [ユーティリティ] を選択します。 [ユー ティリティ ] リストから、[プリンタ設定ユーティリティ] を選択します。 4. [追加] ボタンをクリックします。 [プリンタリスト] ダイアログ ボックス
    • p. 70/282
      3. コンピュータで、デスクトップ プリンタ ユーティリティを開きます。こ れは、ハードディスクの [HP Designjet 4000ps] フォルダにあります。 4. [プリンタ] には [AdobePS] を、[デスクトップに作成...] には [プリンタ (LPR)] を選択します。 [OK] をクリックします。 5. [PostScriptプリンタ記述 (PPD) ファイル] の [変更] をクリックして、 PostScriptプリンタ記述 (PPD) ファイルに [HP Designjet
    • p. 71/282
      4. [AppleTalkゾーン] リストで、プリンタが配置されている (存在している 場合 ) AppleTalkゾーンを選択します。 AppleTalkプロトコルが [使用] に なっていることを確認します。 5. セレクタにより、ゾーン内のAppleTalkで接続されているすべてのHP Designjetプリンタが検出されます。 6. プリンタを選択します。 類似したプリンタが複数ある場合は、AppleTalk 名を使用して正しいプリンタを識別します。 7. [セレクタ] 内の [作成] ボタンをクリックして、プリンタをセットアップ
    • p. 72/282
      2. CDドライブに、[HP Designjet ソフトウェア セットアップ (HP Designjet Software Setup)] CDを挿入します。 3. FinderでCDを表示します。4. [OS X HP DJ 4000ps Install] をダブルクリックして、インストーラを起 動します。 5. 画面の指示に従って、インストール用のダイアログ ボックスを表示しま す。 6. [インストール] ボタンをクリックします。7. プリンタ ドライバがインストールされ、ステータス バーが表示されま
    • p. 73/282
      プリンタの共有 注記 Macユーザ間でのプリンタの共有は、Mac OS X v10.2.xおよび v10.3でサポートされています。 コンピュータがネットワークに接続されている場合に、コンピュータに直接接続されたプリンタを同じネットワーク上にある別のコンピュータで使用できます。1. デスクトップ上のDockメニュー バーの [システム環境設定] アイコンをク リックします。 2. プリンタの共有を有効にするには、[共有] - [サービス] - [プリンタ共有] を選択します。 3. クライアント コンピュータの
    • p. 74/282
      プリンタの共有 Mac OS 9.1以降を使用し、コンピュータがTCP/IP経由でネットワークに接続されている場合は、コンピュータに直接接続されたプリンタを同じネットワーク上にある別のコンピュータで使用できます。1. Appleメニューで、[コントロールパネル] - [USB Printer Sharing] を選択 します。 2. [開始] ボタンをクリックします。3. [マイ プリンタ] タブをクリックします。 プリンタが表示されます。 プリ ンタ名の横にあるボックスをオンにして、共有を有効にします。
    • p. 75/282
      2. FinderでCDを表示します。3. [OS 9 HP DJ 4000ps Install] をダブルクリックして、インストーラを起 動します。 4. 画面の指示に従って、インストール用のダイアログ ボックスを表示しま す。 以下の2つのオプションが表示されます。 – [簡易インストール] – [アンインストール] [アンインストール] を選択します。 5. プリンタ ドライバがアンインストールされ、ステータス バーが表示され ます。 アンインストールが完了したら、インストーラを終了します。 73
    • p. 76/282
      第 3 章 74 プリンタ ソフトウ ェアを設定 する には
    • p. 77/282
      4 プリンタを操作するには ● 75 ページの [プリンタの電源のオン/オフを切り替えるには] ● 76 ページの [プリンタを再起動するには] ● 77 ページの [フロントパネルの言語を変更するには] ● 77 ページの [内蔵Webサーバにアクセスするには] ● 79 ページの [内蔵Webサーバの言語を変更するには] ● 79 ページの [内蔵Webサーバをパスワードで保護するには] ● 80 ページの [特定のエラーが発生した際に電子メールで通知されるようにするには ] ● 80 ページの [スリープ
    • p. 78/282
      電源を入れ直すには、背面の電源スイッチをオンにしてから、電源 ボタンを 押します。 一定時間 (デフォルトでは30分) 使用しない場合、プリンタはスリープ モー ドに移行して電力を節約します。 ただし、少しでも何らかの操作を行うと直 ちにアクティブ モードに戻り、印刷を再開できます。 プリンタを再起動するには 状況によって、プリンタの再起動を勧めるメッセージが表示される場合があります。 その場合は、以下の手順に従います。 1. フロントパネルの 電源 ボタンを押してプリンタの電源を切り、しばらく 待ちます。次に
    • p. 79/282
      フロントパネルの言語を変更するには フロントパネルのメニューおよびメッセージの言語を変更するには、まずプリンタの電源をオフにします。1. フロントパネルで、選択(チェックマーク) ボタンを押します。2. 選択(チェックマーク) ボタンを押したままの状態で、電源 ボタンを押し ます。 3. フロントパネルの左側にある緑色のランプが点滅し始めるまで、両方の ボタンを押したままにします。 これには約1秒かかります。 緑色のラン プがすぐに点滅し始めた場合は、やり直す必要があります。 4. 選択(チェックマーク)
    • p. 80/282
      内蔵 Webサーバにアクセスするには、以下のいずれかの方法を使用します。 ● コンピュータ上で Webブラウザを開き、プリンタのアドレスを入力しま す。 プリンタのアドレス (http:から始まる) を確認するには、フロントパ ネルで アイコンをハイライトさせます。 ● プリンタ ドライバの [サービス] タブ (Windows) または [サービス] パネ ル (Mac OS) から、[プリンタのステータス]、[使用できるメディアの確 認 ]、または [プリンタのキュー管理] を選択します。 ● プリンタ
    • p. 81/282
      Webサーバにアクセスすることもできません。 ただし、FireWireを使用して印刷を行うことはできます。 また、プリンタを FireWireで共有している場合も、リモート ユーザは、[プリ ンタ ] ダイアログ ボックスから内蔵Webサーバにアクセスすることはできま せんが、印刷を行うことはできます。 内蔵 Webサーバの言語を変更するには 内蔵 Webサーバは、日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語、フランス 語、イタリア語、ドイツ語、簡体中国語、繁体中国語、韓国語に対応しています。 Webブラウザのオプションで指定された言語がここでは選択されま
    • p. 82/282
      特定のエラーが発生した際に電子メールで通知されるようにするには 1. 内蔵Webサーバで、[設定] タブにある [メール サーバ] ページに移動し、 以下のフィールドが正しく入力されていることを確認します。– [SMTP サーバ]:プリンタから送信されるすべての電子メール メッセージを処理する送信メール サーバ (SMTP) のIPアドレスです。 メ ール サーバに認証が必要な場合は、電子メール通知は機能しませ ん。 – [プリンタのメール アドレス]:プリンタから送信される各電子メール メッセージには、返信用アドレスを含める必要があり、このアド
    • p. 83/282
      矢印 ボタンで値を選択します。 選択したら、選択(チェックマーク) ボタンを 押して、その値を設定します。 測定単位を変更するには フロントパネルに表示される測定単位を変更するには、 アイコンを選択 し、次に [設定メニュー] - [単位の選択] を選択して、[インチ] または [メート ル ] を選択します。 標高を調整するには およその値でも標高を設定しておくと、プリンタの動作が向上します。 標高 を設定するには、フロントパネルで アイコンを選択し、次に [設定メニュ ー ] - [標高] を選択して、範囲を選択します。
    • p. 84/282
      第 4 章 82 プリンタ を操作す るには
    • p. 85/282
      5 用紙を取り付けるには ● 83 ページの [ロール紙をスピンドルに取り付けるには] ● 86 ページの [ロール紙をプリンタに取り付けるには] ● 91 ページの [ロール紙をプリンタから取り外すには] ● 92 ページの [カット紙を取り付けるには] ● 96 ページの [カット紙を取り外すには] ● 96 ページの [サポートされている用紙の種類を選択するには] ● 98 ページの [用紙に関する情報を表示するには] ● 99 ページの [メディア プロファイルをダウンロードするには] ● 99
    • p. 86/282
      スピンドルの両端には、ロール紙を正しい位置に固定するストッパが付いています。 左端の青いストッパは、新しいロール紙を取り付けるため に取り外すことができます。また、どのような幅のロール紙でも固定できるように、スピンドルに沿ってスライドさせることができます。 4. スピンドルの左端から青いストッパ (1) を取り外します。 5. 厚紙製3インチ芯のロール紙を使用する場合は、プリンタに同梱されてい る芯アダプタを取り付けます。 下の図を参照してください。 6. ロール紙は非常に長いため、スピンドルは台に水平に置き、その台の上
    • p. 87/282
      8. スピンドルの左端に青いストッパを取り付け、ロール紙の端に向けて押 し込みます。 9. ロール紙の端に突き当たるまで押し込みます。無理やり押し込まないよ うにしてください。 10. 青いストッパを左側にして、図の矢印 (1) と (2) が示すように、スピンド ルの左側をまずプリンタに差し込み、次に右側を差し込みます。 85 用紙を取 り付けるに は
    • p. 88/282
      11. スピンドルの右端が所定の位置にあるかどうかは、スピンドル レバーの 位置が上 (水平) になっているかどうかで確認できます。 必要に応じて、 レバーを動かしてください。 さまざまな種類の用紙を日常的に使用する場合は、異なる種類の用紙をあらかじめ取り付けたスピンドルを複数準備しておくと、ロール紙の交換をすばやく行うことができます。 追加のスピンドルは別途購入できます。 ロール紙をプリンタに取り付けるには 注記 この手順を始める前に、ロール紙をスピンドルに取り付けてお く必要があります。 詳細は、
    • p. 89/282
      2. フロントパネルに、用紙の種類のリストが表示されます。 3. 使用する用紙の種類を選択します。 どれを選択すべきか分からない場合 は、 「 96 ページの [サポートされている用紙の種類を選択するには]」 を参照してください。 4. しばらくすると、フロントパネルにウィンドウを開くように要求するメ ッセージが表示されます。 5. 用紙取り付けレバーを持ち上げます。 87 用紙を取 り付けるに は
    • p. 90/282
      6. 用紙を1m (3フィート) ほど引き出します。 7. ロール紙の先端を、黒いローラーの上に慎重に挿入します。 警告 1 用紙を取り付ける作業中、プラテンのゴムのホイールに触 れないようにしてください。ホイールが回転して皮膚や髪、衣服を巻き込むおそれがあります。 警告 2 プリンタの用紙経路に指を入れないように注意してくださ い。 指が入る十分なスペースがないため、怪我をするおそれがあ ります。 第 5 章 88 用紙を取 り付けるに は
    • p. 91/282
      8. そのまましばらくすると、用紙が下の図のようにプリンタから出てきま す。 注記 用紙の取り付け作業中に予期しない問題が発生した場合は、 「 215 ページの [用紙が正しく取り付けられない]」を参照してくだ さい。 9. 用紙の右端を、プラテンの右側にある青い線と半円マークの左端の位置 に合わせます。 10. 用紙を青い線と半円の位置に正しく合わせたら、用紙取り付けレバーを 下げます。 89 用紙を取 り付けるに は
    • p. 92/282
      11. フロントパネルに、用紙のたるんだ部分をロール紙に巻き直すよう要求 するメッセージが表示されます。 12. 用紙のたるんだ部分をロール紙に巻き直します。 それには、ストッパを 使用してロール紙を図の方向に回転させます。 13. ウィンドウを閉じます。14. フロントパネルに、用紙のたるんだ部分をロール紙に巻き直すよう要求 するメッセージが再度表示されます。 第 5 章 90 用紙を取 り付けるに は
    • p. 93/282
      15. 使用する用紙の種類でまだキャリブレーションが行われていない場合、 カラー キャリブレーション機能がオンになっていると、ここでカラー キ ャリブレーションが実行されます。 詳細は、 「 139 ページの [カラー キ ャリブレーションを実行するには ]」を参照してください。 16. フロントパネルに、[ 印刷可能です ]というメッセージが表示され、プリン タが印刷できる状態になります。 ロール紙をプリンタから取り外すには ロール紙の残りが 30cm以上ある場合は、以下の手順に従います。 1. プリンタのフロントパネルで、
    • p. 94/282
      ロール紙の残りが 30cm以下の場合は、以下の手順に従います。 1. フロントパネルで [用紙を取り外す] を選択した場合は、キャンセル ボタ ンを押して、操作をキャンセルします。 2. 用紙取り付けレバーが下向きになっていることを確認して、排紙/カット ボタンを 2回 (または用紙が排出されるまで) 押します。 3. 用紙取り付けレバーを上げて、用紙を手動で引き出します。4. スピンドル レバー (2) を押し下げ、プリンタからスピンドルを取り外し ます。 このとき、右端を先に引き出します。 カット紙を取り付けるには
    • p. 95/282
      3. 使用する用紙の種類を選択します。 どれを選択すべきか分からない場合 は、 「 96 ページの [サポートされている用紙の種類を選択するには]」 を参照してください。 4. しばらくすると、フロントパネルにウィンドウを開くように要求するメ ッセージが表示されます。 5. 用紙取り付けレバーを持ち上げます。 6. 下の図のように、カット紙をプリンタに挿入します。 93 用紙を取 り付けるに は
    • p. 96/282
      7. 下の図のように、用紙の先端がプリンタから出てくるまで挿入します。 警告 1 用紙を取り付ける作業中、プラテンのゴムのホイールに触 れないようにしてください。ホイールが回転して皮膚や髪、衣服を巻き込むおそれがあります。 警告 2 プリンタの用紙経路に指を入れないように注意してくださ い。 指が入る十分なスペースがないため、怪我をするおそれがあ ります。 8. 上の位置からカット紙を引き出します。 第 5 章 94 用紙を取 り付けるに は
    • p. 97/282
      9. 用紙の先端を、プラテンの棒状の金属突起に合わせます。 用紙の右端は、下の図のようにプラテン上の半円マークの左端の位置に合わせます。 10. ウィンドウを閉じます。11. 用紙取り付けレバーを下げます。 95 用紙を取 り付けるに は
    • p. 98/282
      12. 用紙が正しく取り付けられた場合は、フロントパネルに[ 印刷可能です ]と いうメッセージが表示され、プリンタが印刷できる状態になります。 用 紙の取り付け位置や合わせ方に問題がある場合は、フロントパネルに表示される指示に従います。 13. 長さが900mm未満の用紙 (最大A1サイズ) に印刷する場合は、用紙スタッ カの 3つの可動式ストッパを起こします。 注記 1 カット紙に印刷する場合は、印刷品質を [標準] または [高品 質 ] に選択することをお勧めします。詳細については、 「 129
    • p. 99/282
      推奨する用紙の種類 製品名 フロントパネルでの表示名 HPインクジェット普通紙 インクジェット普通紙 インクジェット普通紙 (最高速) HPマットフィルム マット フィルム HPクリア フィルム クリアフィルム HPモノクロ&カラー トレーシングペーパ トレーシングペーパ HP半透明ボンド紙 半透明ボンド紙 HPベラム紙 ベラム紙 HPコート紙 コート紙 HP厚手コート紙 厚手コート紙 HP厚手コート紙 (long roll) 厚手コート紙 HP光沢フォト用紙2 光沢フォト用紙 2 HP半光沢フォト用紙2
    • p. 100/282
      製品名 フロントパネルでの表示名 HPスタンダードスーパー厚手コート紙 スーパー厚手コート紙 HPバナーマテリアル (Tyvek) スーパー厚手コート紙 HPビニール (粘着タイプ) 光沢フォト用紙 HP Backlit Film Reverse Print Matte マット フィルム HPキャンバス キャンバス (140g) HP Outdoor Billboard Paper BlueBack スーパー厚手コート紙 HP Canvas Matte キャンバス (140g) HP Outdoor Paper
    • p. 101/282
      メディア プロファイルをダウンロードするには サポートされている用紙の種類にはそれぞれ独自の特徴があります。 最適な 印刷品質を実現するため、使用する用紙の種類によってプリンタの印刷方法が変更されます。 たとえば、多量のインクを必要とする用紙もあれば、乾燥 に長い時間を要する用紙もあります。 したがって、用紙の種類ごとに必要な 設定の詳細をプリンタに伝える必要があります。 この詳細を「メディア プロ ファイル」といいます。 メディア プロファイルには、用紙の色の特徴を記述 する ICCプロファイルが含まれます。また、色とは直接関連がない用紙の特
    • p. 102/282
      乾燥時間をキャンセルするには フロントパネルの 排紙/カット ボタン (1) を押します。 注意 乾燥時間が足りないと、印刷品質が低下することがあります。 乾燥時間を変更するには 印刷状況によっては、乾燥時間を変更する必要があります。 アイコンを選択し、次に [乾燥時間の設定] - [乾燥時間] を選択します。 次 に、 [長い]、[最適]、[短い]、[なし] のいずれかを選択します。 詳細は、 「 248 ページの [乾燥時間について]」を参照してください。 第 5 章 100 用紙を取 り付けるに
    • p. 103/282
      6 インク システムを取り扱うには ● 101 ページの [インクカートリッジを取り外すには] ● 105 ページの [インクカートリッジを取り付けるには] ● 107 ページの [プリントヘッドを取り外すには] ● 111 ページの [プリントヘッドを取り付けるには] ● 114 ページの [プリントヘッドのモニタ状況を管理するには] ● 114 ページの [プリントヘッドを修復 (クリーニング) するには] ● 114 ページの [プリントヘッドの電極部分をクリーニングするには] ● 120 ページの
    • p. 104/282
      警告 プリンタのキャスタがロックされ (ブレーキ レバーが押し下げら れている状態 )、プリンタが動かないようになっていることを確認して ください。 1. プリンタのフロントパネルで、 アイコンを選択し、[インクカートリ ッジ ] - [インクカートリッジの交換] を選択します。 2. インクカートリッジは、プリンタの左側に取り付けます。 3. カチッと音がするまでドアの上部を押して、ドアを緩めます。 第 6 章 102 インク システ ムを取り扱 うには
    • p. 105/282
      4. ドアを引いて完全に開きます。 5. 取り外すカートリッジの前面にある青いタブをつかみます。 6. 青いタブを下げます。 103 インク システ ムを取 り 扱うには
    • p. 106/282
      7. 次に、タブを手前に引きます。 8. カートリッジが引き出しに載って出てきます。 9. インクカートリッジを引き出しから取り出します。 第 6 章 104 インク システ ムを取り扱 うには
    • p. 107/282
      注記 1 プリンタとの接続部分には触らないでください。接続部分 にインクが付着していることがあります。 注記 2 一部使用済みのインクカートリッジを保管する場合は、接 続部分を下にしないようにしてください。 10. フロントパネルに、取り付けられていないインクカートリッジがあるこ とが表示されます。 インクカートリッジを取り付けるには 1. 新しいインクカートリッジを用意し、ラベルを参照してインクの色を確 認してください。 色が記載されたラベルが手前から見て上部に見えるよ うにインクカートリッジを持ちます。
    • p. 108/282
      カートリッジは、下の図のように引き出しの奥に置きます。 4. カートリッジを設置した引き出しをスロットの中にスライドさせ、所定 の位置に固定されるまで押し込みます。 取り付けにくい場合は、 「 211 ページの [インクカートリッジを取り付け られない ]」を参照してください。 5. すべてのカートリッジを取り付けたら、ドアを閉めます (カチッと音がす るまで押します )。 第 6 章 106 インク システ ムを取り扱 うには
    • p. 109/282
      6. フロントパネルに、すべてのカートリッジが正しく取り付けられたこと が示されます。 プリントヘッドを取り外すには 警告 プリンタのキャスタがロックされ (ブレーキ レバーが押し下げら れている状態 )、プリンタが動かないようになっていることを確認して ください。 プリントヘッドの交換は、プリンタの電源スイッチをオンにしたままで行ってください。1. プリンタのフロントパネルで、 アイコンを選択し、[プリントヘッド] - [プリントヘッドの交換] を選択します。 2. キャリッジが適切な位置に移動します。
    • p. 110/282
      注意 キャリッジは、プリンタの中央部分に移動してから 7分以上 そのまま放置されると、 右端の通常の位置に戻ります。 3. キャリッジが停止したら、ウィンドウを開くようフロントパネルにメッ セージが表示されます。 4. キャリッジを確認します。 5. キャリッジ上部のラッチを引き上げて、ロックを解除します。 第 6 章 108 インク システ ムを取り扱 うには
    • p. 111/282
      6. キャリッジのラッチを解除する カバーを持ち上げ、プリントヘッドを確 認してください。 7. 取り外すプリントヘッドの青いハンドルを持ち上げます。 8. 持ち上げた青いハンドルを使って、プリントヘッドを静かに取り外しま す。 109 インク システ ムを取 り 扱うには
    • p. 112/282
      9. プリントヘッドがキャリッジから外れるまで、青いハンドルをゆっくり と引き上げます。 注意 あわてて引き上げるとプリントヘッドが破損することがあり ますので、ゆっくりと引き上げてください。 10. フロントパネルに、取り付けられていないプリントヘッドがあることが 示されます。 第 6 章 110 インク システ ムを取り扱 うには
    • p. 113/282
      プリントヘッドを取り付けるには 1. 新しいプリントヘッドを取り付ける場合は、以下の手順に従ってくださ い。a. 青い保護キャップを下に引っぱって取り外します。b. 紙のタブを引っぱって、プリントヘッドのノズルから透明の保護テ ープを剥がします。 プリントヘッドは、間違った位置には取り付けられないように設計されています。 プリントヘッドのラベルの色と、プリントヘッドを取り付け る先のキャリッジのラベルの色が合っていることを確認してください。 2. 新しいプリントヘッドを、キャリッジの該当する位置に取り付けます。
    • p. 114/282
      新しいプリントヘッドを取り付ける場合、いくらか抵抗感を感じることがあるので、しっかりと、ただしゆっくりと押し込んでください。取り付けにくい場合は、 「 211 ページの [プリントヘッドを取り付けられ ない ]」を参照してください。 4. 必要なプリントヘッドをすべて取り付けたら、キャリッジ カバーを閉じ ます。 すべてのプリントヘッドが正しく取り付けられてプリンタがそのことを認識すると、プリンタのブザーが鳴ります。 注記 プリントヘッドを取り付けてもブザーが鳴らず、フロントパ ネルに [ プリントヘッドエラー:交換して下さい
    • p. 115/282
      キャリッジのラッチが正しく固定されると、下の図のようになります。 6. ウィンドウを閉じます。7. フロントパネルに、すべてのプリントヘッドが正しく取り付けられたこ とが示されます。 8. 交換したプリントヘッドのプリントヘッド クリーナを交換します。 詳細 は、「 121 ページの [プリントヘッド クリーナを取り外すには]」および 「 123 ページの [プリントヘッド クリーナを取り付けるには]」を参照し てください。 113 インク システ ムを取 り 扱うには
    • p. 116/282
      注意 古いプリントヘッド クリーナをプリンタに残したままの場 合、新しいプリントヘッドの寿命が短くなり、プリンタが故障することがあります。 プリントヘッドのモニタ状況を管理するには プリンタは、時々プリントヘッドの状態を自動的にチェックして、プリントヘッドの調子をモニタし、印刷品質に影響を与える可能性のある問題を検出します。 このチェックの実行頻度を最適化することで、高いスループットを 維持することができます。 プリントヘッドのモニタの頻度を増やし、問題を早急に検出できるようにするには、 アイコンを選択し、次に
    • p. 117/282
      をお勧めします。 特に問題がなければ、電極部分を定期的にクリーニングす る必要はありません。 プリンタのメンテナンス キット ボックスには、キャリッジ接点ワイパーが入 っています。 フロントパネルに、 [ 取り付け ]または[ 交換 ]メッセージが表示され続ける場合 は、キャリッジ接点ワイパーを使用してプリントヘッド キャリッジとプリン トヘッドの両方の電極部分をクリーニングします。1. クリーニングは、フロントパネルでプリントヘッドの横に[ 再度取付けて 下さい ]または[ 交換して下さい ]というメッセージがずっと表示される場
    • p. 118/282
      3. スポンジをキャリッジ接点ワイパーに取り付けます。スポンジの短いほ うの端をキャリッジ接点ワイパーの取り付け用スロットに入れます。 4. キャリッジ接点ワイパーを閉じて、スポンジをはさみ込みます。 5. プリントヘッド キャリッジのラッチを開き、フロントパネルに表示され ている問題のプリントヘッドを取り外します。 詳細は、 「 107 ページの [プリントヘッドを取り外すには]」を参照してくださ い。 6. キャリッジ接点ワイパーをプリントヘッド スロットの奥に差し込みま す。 スロットの奥の電極部分とスチール製のバネの間に、スポンジが電
    • p. 119/282
      極の方を向くようにワイパーを入れ、電極を拭きます。 このとき、スロ ットの底にたまったインクをすくい上げないようにしてください。 注意 キャリッジは、プリンタの中央部分に移動してから 7分以上 そのまま放置されると、 右端の通常の位置に戻ります。 7. スポンジを軽く動かし、フレックス コネクタの底まで (何もしなくても ワイパーが止まるところまで )、電極を拭きます。 8. すべての電極を慎重にクリーニングします。コネクタの底の部分の電極 も忘れずにクリーニングしてください。 117 インク システ
    • p. 120/282
      9. プリントヘッドが新しいものではない場合は、同じスポンジを使用し て、プリントヘッドの下側にある電極ストリップをクリーニングします。上側の電極には触らないでください。 注意 ノズルがある面には触らないでください。破損しやすくなっ ています。 10. 両方のコネクタが乾くまでしばらく待ちます。乾いたら、プリントヘッ ドをプリントヘッド キャリッジに取り付けます。 詳細は、 「 111 ページの [プリントヘッドを取り付けるには]」を参照してくださ い。 11. クリーニング作業が完了したら、スポンジのタブを引いてキャリッジ接
    • p. 121/282
      12. キャリッジ接点ワイパーから汚れたスポンジを取り外します。 13. 手や服にインクが付かないように、汚れたスポンジは適切な場所に捨て てください。 フロントパネルに [ 再度取付けて下さい ]または[ 交換して下さい ]というメッセ ージがまだ表示される場合は、プリントヘッドを交換するか、カスタマ サー ビスにお問い合わせください。 119 インク システ ムを取 り 扱うには
    • p. 122/282
      プリントヘッドの軸合わせを行うには プリントヘッドを交換する毎に、通常はプリントヘッドの軸合わせが行われます。 プリントヘッドを交換した際に用紙が取り付けられていない場合は、 次に用紙を取り付けたときに軸合わせが行われます。 注記 この自動軸合わせはオフにすることができます。オフにするに は、フロントパネルで アイコンを選択し、次に [設定メニュー] - [プリントヘッド自動軸合わせ - オフ] を選択します。 また、プリントヘッドの軸合わせは、イメージ診断印刷で軸合わせエラーが確認された場合にも行う必要があります。
    • p. 123/282
      プリントヘッド クリーナを取り外すには プリントヘッドを交換すると、フロントパネルにプリントヘッド クリーナの 交換を求めるメッセージが表示されます。 注意 プリントヘッドを交換した場合、対応するプリントヘッド クリ ーナも必ず交換してください。 古いクリーナをプリンタに残したまま の場合、新しいプリントヘッドの寿命がきわめて短くなり、プリンタが故障することがあります。 新しいプリントヘッドには、新しいプリ ントヘッド クリーナが同梱されています。 プリントヘッド クリーナを取り外す場合は、以下のことに注意してくださ
    • p. 124/282
      3. 各プリントヘッド クリーナには、前面にハンドルがあります。 クリーナ を取り外すには、下の図の矢印のように奥に押しながら上向きに押し上げます。そうするとクリーナが固定位置から外れます。 4. プリントヘッド クリーナを持ち上げてスロットから取り外し、下の図の ように水平に取り出します。 詳細は、 「 123 ページの [プリントヘッド クリーナを取り付けるには]」を参 照してください。 第 6 章 122 インク システ ムを取り扱 うには
    • p. 125/282
      プリントヘッド クリーナを取り付けるには 新しいプリントヘッド クリーナが入っていた袋は、古いプリントヘッドとプ リントヘッド クリーナを捨てる際に使用できます。 1. 各プリントヘッド クリーナを、下の図の矢印の方向どおりに、サービス ステーション内の該当する色のスロットに挿入します。 2. プリントヘッド クリーナが奥まで入ったら、カチッと音がするまで、下 の図の矢印のように奥に押しながら下向きに押し下げます。 取り付けにくい場合は、 「 211 ページの [プリントヘッド クリーナを取 り付けられない
    • p. 126/282
      注記 印刷を続行するには、インクカートリッジ、プリントヘッ ド、プリントヘッド クリーナをすべて取り付ける必要がありま す。 4. 用紙が取り付けられていない場合は、フロントパネルに用紙の取り付け を指示するメッセージが表示されます。 新しいプリントヘッドとクリーナを取り付けると、通常はプリントヘッドの軸合わせとカラー キャリブレーションが実行されます。 最高の品質で印刷す るため、両方とも実行することをお勧めします。 場合によっては、もう少し 印刷作業を続け、それまでプリントヘッドの軸合わせを延期するということもあります。
    • p. 127/282
      2. [サプライ品] ページに移動します。 [サプライ品] ページには、インクカートリッジ (インク残量など)、プリントヘッド、プリントヘッド クリーナ、および取り付けられている用紙に関する ステータスが表示されます。 インクカートリッジ情報を確認するには インクカートリッジの情報を確認するには、以下の手順に従います。1. フロントパネルで、 アイコンを選択します。2. [インクカートリッジ] - [インクカートリッジ情報] を選択し、情報を確認 するカートリッジを選択します。 3. フロントパネルに、以下の情報が表示されます。
    • p. 128/282
      プリントヘッド情報を確認するには プリントヘッドの情報を確認するには、以下の手順に従います。1. フロントパネルで、 アイコンを選択します。2. [プリントヘッド] - [プリントヘッド情報] を選択し、情報を確認するプリ ントヘッドを選択します。 3. フロントパネルに、以下の情報が表示されます。 – 色 – 製品番号 – シリアル番号 – プリントヘッドのステータス – 使用済みインク量 – 保証期限 – クリーナのステータス 内蔵 Webサーバを使用すると、コンピュータから離れなくても上記の情報の
    • p. 129/282
      7 印刷イメージを調整するには ● 127 ページの [ページ サイズを変更するには] ● 127 ページの [カスタム ページ サイズを作成するには] ● 129 ページの [印刷品質を変更するには] ● 129 ページの [印刷品質設定を選択するには] ● 131 ページの [最高速度で印刷するには] ● 132 ページの [マージンを調整するには] ● 132 ページの [オーバーサイズの用紙サイズに印刷するには] ● 133 ページの [用紙の印刷の向きを変更するには] ● 134 ページの [イメージを回転するには]
    • p. 130/282
      3. 新しい [ユーザ定義用紙サイズ] に付ける名前に、[カスタム サイズ1:] から [カスタム サイズ5:] のいずれかを選択します。 4. 幅と長さの値を入力します。5. [OK] ボタンをクリックします。 PostScriptプリンタ ドライバ (Windows XPまたはWindows2000用) の場合 1. [用紙/品質] タブを選択します。2. [ユーザ設定] ボタンをクリックします。3. 新しい [ユーザ定義用紙サイズ] に付ける名前を入力します。4. 幅と長さの値を入力します。5.
    • p. 131/282
      内蔵 Webサーバを使用する場合 1. [ジョブの送信] ページの [ページ サイズ] セクションに移動します。2. [カスタム] オプションを選択します。3. ページ サイズの幅と長さを選択します。 印刷品質を変更するには このプリンタには、 3種類の印刷品質オプションが用意されています。[高品 質 ]、[標準] および [高速] の3種類です。 また、印刷品質に影響を与える補足 的なオプションとして、 [最適化:描画/テキスト] または [最適化:イメー ジ ]、および [高精細] の2種類も用意されています。
    • p. 132/282
      印刷内容 印刷品質の設定 用紙の種類 (フロン トパネル ) 印刷品質 最適化 高精細 線 (ドラフ ト ) 高速 描画 /テキス ト オン インクジェット普通紙 普通紙 半透明紙 * コート紙 線 標準 描画 /テキス ト オフ インクジェット普通紙 普通紙 半透明紙 * コート紙 線と塗りつぶし 高品質 描画 /テキス ト オフ インクジェット普通紙 普通紙 半透明紙 * コート紙 厚手コート紙 光沢フォト用紙 2 線とイメージ 高品質 描画 /テキス ト オン コート紙 厚手コート紙 光沢フォト用紙
    • p. 133/282
      印刷内容 印刷品質の設定 用紙の種類 (フロン トパネル ) 印刷品質 最適化 高精細 レンダリング 高品質 イメージ オフ 厚手コート紙 光沢フォト用紙 2 写真 高品質 イメージ オフ 光沢フォト用紙 2 *半透明紙には、ベラム紙、半透明ボンド紙、トレーシングペーパ、クリアフィルム、マット フィルムが含まれます。 印刷解像度の技術的な詳細については、 「 249 ページの [プリンタ機能の仕様 について ]」を参照してください。 最高速度で印刷するには フロントパネルには、最高速度で印刷するための用紙設定が
    • p. 134/282
      *インクジェット普通紙(最高速)を使用する場合は、HPインクジェット普通紙を取り付け、フロントパネルの用紙の種類のリストからインクジェット普通紙 (最高速)を選択してください。 †普通紙 (最高速)を使用する場合は、HPスタンダード普通紙を取り付け、フ ロントパネルの用紙の種類のリストから普通紙 (最高速)を選択してくださ い。 マージンを調整するには プリンタのマージンを調整することで、アプリケーションで使用できるページの印刷可能範囲を決めることができます。 マージンには、[広い] と [ふつ う ]
    • p. 135/282
      りイメージの周囲にマージンを残して A3より大きな用紙に印刷し、印刷後に マージンを切り落とすようにする必要があります。 オーバーサイズの用紙サイズは、この目的のために使用します。 この用紙サ イズはどれも、標準サイズの用紙にマージンを合わせても十分にカバーできるだけの大きさがあります。 オーバーサイズの用紙サイズは、以下の方法で指定することができます。● Windows HP-GL/2プリンタ ドライバの場合: [用紙サイズ] リストの [オーバーサイズ ] からいずれかの用紙サイズを選択します。 ●
    • p. 136/282
      ● PostScriptプリンタ ドライバ (Mac OS用) を使用する場合: [ファイル]メニューをクリックし、 [ページ設定] を選択して、[ページ属性] パネル の [方向] セクションに移動します。 ● 内蔵 Webサーバを使用する場合:[ジョブの送信] ページの [印刷の向き] セクションに移動します。 イメージを回転するには イメージは通常、縦方向に印刷されます。 用紙を節約するため、イメージを 90度回転させることができます。 イメージの回転は、以下の方法で行うことができます。● Windows用プリンタ
    • p. 137/282
      ージが投影されます。 アプリケーションでイメージを変更せずに左右反転さ せた印刷を行うには、以下の手順に従います。● Windows用プリンタ ドライバの場合:[レイアウト] タブを選択して [左右反転 ] を選択します。 ● Mac OS用プリンタ ドライバの場合:[仕上げ] パネルを選択して [左右反転 ] を選択します。 ● 内蔵 Webサーバを使用する場合:[ジョブの送信] ページを選択して [左右 反転 ] を選択します。 ● フロントパネルを使用する場合: アイコンを選択し、次に [印刷デフ
    • p. 138/282
      ● 内蔵 Webサーバを使用する場合:[ジョブの送信] ページを選択して [次の サイズに拡大 /縮小] を選択します。 ● フロントパネルを使用する場合: アイコンを選択し、次に [印刷デフ ォルト メニュー] - [用紙オプション] - [スケール] を選択します。 1枚の用紙に印刷する場合は、イメージをページ内に収めることができるか確認してください。イメージが途切れる可能性があります。 パレットの設定を変更するには デフォルトのパレットは変更できませんが、パレット AとパレットBは、選択 内容に応じて定義することができます。
    • p. 139/282
      8. このペンに割り当てられている現在のカラーが表示されます。たとえ ば、 [ カラー: 110 ]と表示されます。 これを変更するには、以下の手順に 従います。 9. 選択(チェックマーク)ボタンを押します。10. 指定するカラーの値までスクロールします。11. 選択(チェックマーク) ボタンをもう一度押します。12. 戻る ボタンを押すと、前のメニューに戻ります。13. 幅とカラーの値が正しければ、戻るボタンを押します。14. 次に変更するペン番号までスクロールし、選択(チェックマーク) ボタン を押して、上記の手順を繰り返します。
    • p. 140/282
      グラフィック言語の設定を変更するには 以下で説明する問題が発生していない場合は、デフォルト設定 ([自動]) を変 更する必要はありません。特定のグラフィック言語を設定すると、その言語のファイルしか印刷できなくなるため、設定の変更はお勧めできません。 グラフィック言語の設定を変更するには、 アイコンを選択し、次に [印刷 デフォルト メニュー] - [グラフィック言語] を選択して、メニュー項目の下に 表示されるオプションのいずれかを選択します。 ● [自動] を選択すると、プリンタにより受信ファイルの種類が特定されます。
    • p. 141/282
      8 プリンタで高いカラー精度を得る には ● 139 ページの [カラー キャリブレーションを実行するには] ● 140 ページの [黒点の補正を実行するには] ● 141 ページの [レンダリング用途を設定するには] ● 142 ページの [カラー エミュレーション モードを選択するには] ● 142 ページの [他のHP Designjetプリンタの印刷物と一致する印刷を実現するには ] ● 142 ページの [Adobe Photoshop CS (HP-GL/2 & RTLドライバ) で高いカラー精度を得るには
    • p. 142/282
      2. カラー キャリブレーションには以下のオプションがあります。 – [オン]:プリンタは、現在のプリントヘッドでキャリブレーションを実行したことがない、新しい用紙の種類を使用する場合には、必ずカラー キャリブレーションを実行します。 このキャリブレーション によって行われたカラー調整は、以後、この用紙の種類を使用した同じ印刷品質設定の印刷に使用されます。 – [オフ]:プリンタは、用紙の種類と印刷品質の設定ごとに、デフォルトのカラー調整を使用します。 3. プリンタは、キャリブレーション用の帯状のパターンを印刷して、それ
    • p. 143/282
      ● 内蔵 Webサーバを使用する場合:[ジョブの送信] ページを選択し、[黒点 の補正 ] を選択します。 ● フロントパネルを使用する場合: アイコンをクリックし、[印刷デフ ォルト メニュー] - [カラー オプション] - [黒点の補正] を選択します。 レンダリング用途を設定するには レンダリング用途とは、カラー変換を行う際の設定の 1つです。 印刷する色 によっては、プリンタでその色を再現できない場合があります。 レンダリン グ用途では、このような「色域外の色」を再現するための方法を、次の 4つの
    • p. 144/282
      カラー エミュレーション モードを選択するには カラー エミュレーション モードは、以下の方法で設定することができます。 ● Windows用プリンタ ドライバの場合:[カラー] タブの [カラーマネージメント ] セクションを選択します。 ● Mac OS用プリンタ ドライバの場合:[カラー オプション] パネルを選択します。 ● 内蔵 Webサーバを使用する場合:[ジョブの送信] ページの [カラーマネー ジメント ] セクションを選択します。 ● フロントパネルを使用する場合: アイコンを選択し、次に
    • p. 145/282
      – [マッチング方法]: 「 141 ページの [レンダリング用途を設定するには ]」を参照してください。 – [黒点の補正を使用]:[マッチング方法] に [相対的な色域を維持] を選択した場合は、このオプションをオンにすることをお勧めします。詳細は、 「 140 ページの [黒点の補正を実行するには]」を参照して ください。 2. イメージを開きます。 カラー プロファイルが埋め込まれている場合は、 それを使用します。 143 プリンタ で 高いカ ラー精度 を得る に は
    • p. 146/282
      埋め込まれていない場合は、デフォルト設定を使用します。 3. 作業に使用するカラー スペースを定義したら、必要に応じてソフトプル ーフを作成できます。ソフトプルーフでは、イメージが印刷されたときの結果を画面でエミュレートできます。 これを実行するには、モニタの ICCプロファイルが必要です。 [ビュー] - [校正設定] - [カスタム] を選択します。 [校正設定] ダイアログ ボックスで、以下のオプションを設定し ます。– [プロファイル]:使用するプリンタの機種、用紙の種類、印刷品質に応じて、プロファイルを選択します。
    • p. 147/282
      は、 「 141 ページの [レンダリング用途を設定するには]」を参照し てください。 – [黒点の補正を使用]:[マッチング方法] に [相対的な色域を維持] を選択した場合は、このオプションをオンにすることをお勧めします。詳細は、 「 140 ページの [黒点の補正を実行するには]」を参照して ください。 – [紙色]:このチェック ボックスをオンにすると、用紙の白さがモニタでエミュレートされます。 [マッチング方法] に [絶対的な色域を維 持 ] を選択したときと同じ効果が得られます。 – [黒インキ]:このチェック
    • p. 148/282
      ドライバの設定 [プロパティ] ダイアログ ボックスの [用紙/品質] タブで、[印刷品質] を [高品質 (最高画質)] に設定します。 [カラー] タブには、以下の [カラー マネージメント] オプションが用意されています。 上記の [プリント] ダイアログ ボックスの [プリントカラースペー ス ] の [プロファイル] で選択したものと同じオプションを選択します。 ● [sRGB]:デフォルトのカラー スペースです。 RGB入力データが、選択した用紙の種類と印刷品質に応じて、プリンタの内部カラー
    • p. 149/282
      ダイアログ ボックスで、[プリントカラースペース] の [プロファイル] に 適切なメディア プロファイルが選択されていることを確認してください (上記を参照)。 プリンタの設定 フロントパネルの 用紙の種類 に、使用する用紙と同じ種類の用紙が選択され ていることを確認します。 Adobe Photoshop CS (PostScriptドライバ) で高いカラー精度を得るには プリンタで印刷されるカラーの精度を高める方法は多数ありますが、このトピックでは、そのうちの 1つについて概略を説明します。ここではハードプル
    • p. 150/282
      [CMYK]:[U.S. Web Coated (SWOP) v2] (米国の場合)、または[Euroscale Coated v2] (米国以外)。 – [カラーマネージメントポリシー]:[埋め込まれたプロファイルの保持 ] を選択します。 – [マッチング方法]: 「 141 ページの [レンダリング用途を設定するには ]」を参照してください。 – [黒点の補正を使用]:[マッチング方法] に [相対的な色域を維持] を選択した場合は、このオプションをオンにすることをお勧めします。詳細は、 「 140
    • p. 151/282
      埋め込まれていない場合は、デフォルト設定を使用します。 3. 作業に使用するカラー スペースを定義したら、必要に応じてソフトプル ーフを作成できます。ソフトプルーフでは、イメージが印刷されたときの結果を画面でエミュレートできます。 これを実行するには、モニタの ICCプロファイルが必要です。 [ビュー] - [校正設定] - [カスタム] を選択します。 [校正設定] ダイアログ ボックスで、以下のオプションを設定し ます。– [プロファイル]:使用するプリンタの機種、用紙の種類、印刷品質に応じて、プロファイルを選択します。
    • p. 152/282
      は、 「 141 ページの [レンダリング用途を設定するには]」を参照し てください。 – [黒点の補正を使用]:[マッチング方法] に [相対的な色域を維持] を選択した場合は、このオプションをオンにすることをお勧めします。詳細は、 「 140 ページの [黒点の補正を実行するには]」を参照して ください。 – [紙色]:このチェック ボックスをオンにすると、用紙の白さがモニタでエミュレートされます。 [マッチング方法] に [絶対的な色域を維 持 ] を選択したときと同じ効果が得られます。 – [黒インキ]:このチェック
    • p. 153/282
      ドライバの設定 アプリケーションで [プリンタ側でカラーマネジメント] オプションが設定さ れている場合は、こちらがドライバのカラー設定 ([入力プロファイル] およ び [レンダリング用途]) よりも優先され、アプリケーションの「ドキュメン ト」プロファイルとレンダリング方法がドライバで使用されます。 ドライバ では、以下の設定のみを行います。● [プロパティ] ダイアログ ボックスの [用紙/品質] タブで、[印刷品質] を[高品質(最高画質)] に設定します。 ● [カラー] タブで、[自動PANTONE(R)キャリブレーション]
    • p. 154/282
      する用紙の種類のキャリブレーションが済んでいることを確認してください。 注記 EPS、PDF、およびグレースケール イメージは、ページレイア ウト アプリケーションでカラーを変更することはできません。 また、 これらのイメージはモニタ上ではきれいに表示されません。 アプリケーションの設定 1. Adobe InDesignを開き、[編集] メニュー (Windows) または [InDesign] メ ニュー (Mac OS) をクリックし [カラーマネージメント] をクリックしま す。– [作業領域]:作業領域は、イメージを操作するときに使用するカラースペースです。
    • p. 155/282
      2. 固有のまたは適切なカラー スペースのあるイメージを作成するか開きま す。 必要に応じてイメージを修正します。 3. イメージを出力デバイスに送信する準備ができたら、出力デバイスでど のように印刷されるかを、プリンタでシミュレートします。 イメージを ソース プロファイルまたは作業プロファイルから出力CMYKデバイスに 変換し、出力 CMYKデバイスからプリンタ プロファイルに変換 (キャリブ レーション ) します。 InDesignで、[校正設定] ([表示] - [校正設定] - [カスタム])
    • p. 156/282
      InDesignの各オブジェクトには、それぞれ固有のカラーマネージメントが設定されています。 InDesign要素 (ネイティブ) では、[カラーマネージ メント ] で定義した作業領域 (デフォルト プロファイル) とマッチング方 法が使用されます。配置されたオブジェクトには、それぞれプロファイルとマッチング方法が割り当てられます。 各要素は、固有のマッチング 方法で、それぞれのカラー スペースからシミュレーション カラー スペ ースに変換されます。– [プロファイル]:エミュレートするデバイスに合わせてプロファイル(通常は特定のプレス
    • p. 157/282
      ドライバの設定 ページレイアウト アプリケーションの場合、PostScriptドライバを使用する ことをお勧めします。 CMYKデータ、RGBデータ、または両方を同時にカラ ー管理できます。 [プロパティ] ダイアログ ボックスの [用紙/品質] タブで、[印刷品質] を [高品質 (最高画質)] に設定します。 [カラー] タブで、[アプリケーションで管理] を選択し、[自動PANTONE(R)キャリブレーション ] チェック ボックスをオンにします。 アプリケーションに よりカラーがプリンタのカラー
    • p. 158/282
      プリンタの設定 フロントパネルの 用紙の種類 に、使用する用紙と同じ種類の用紙が選択され ていることを確認します。 QuarkXPress 6で高いカラー精度を得るには プリンタで印刷されるカラーの精度を高める方法は多数ありますが、このトピックでは、そのうちの 1つについて概略を説明します。ここではハードプル ーフについて説明します。 ハードプルーフとは、印刷機で印刷したときのカ ラー再現状況をプリンタで印刷して確認するものです。 開始する前に、使用 する用紙の種類のキャリブレーションが済んでいることを確認してください。
    • p. 159/282
      の [カラー管理CMYKソースをCMYK保管先へ] チェック ボックスを オンにします。 – [ディスプレイシミュレーション] では、表示シミュレーションの方法を指定します。• [オフ] :表示シミュレーションを行いません。 • [モニターカラースペース] :ソース プロファイルからディスプレイ プロファイルへの変換を行う、表示のみのオプションで す。 • [コンポジット出力カラースペース] :コンポジット プリンタの表示シミュレーションを行います。インクジェット プリンタな ど、カラーごとのプレートがないプリンタ用のオプションです。
    • p. 160/282
      3. [ファイル] - [印刷] - [設定] - [プリンタ記述] をクリックし、プリンタを選 択します。 4. [ファイル] - [印刷] - [プロファイル] をクリックします。 – [色分解] (エミュレーション用) および [コンポジット] (プリンタ用)で、適切な出力プロファイルを選択します。 – シミュレーションを行う場合は、 [コンポジット時に色分解をシミュ レート ] チェック ボックスをオンにします。 注記 QuarkXpressの各オブジェクトには、それぞれ固有のカラー マ ネージメントが設定されています。
    • p. 161/282
      プリンタは、これらのカラーを変更せずにそのまま受け入れます。 [環境設 定 ] ダイアログ ボックスの [コンポジット出力] で適切なメディア プロファイ ルが選択されていることを確認してください。 プリンタの設定 フロントパネルの [用紙の種類] に、使用する用紙と同じ種類の用紙が選択さ れていることを確認します。 Autodesk AutoCAD 2002で高いカラー精度を得るには AutoCADにはカラー マネージメント設定がないため、ドライバを適切に設定する必要があります。 HP-GL/2 &
    • p. 162/282
      このオプションは、特定の状況では便利ですが、通常の使用にはお勧めできません。 ● [ArcPress] :ArcGISの印刷用拡張機能です。別途購入が必要です。 これはソフトウェア RIPで、元のメタファイルをプリンタに送信する前にラ スタ データに変換します。従って、プリンタでラスタ データに変換する 必要がなくなります。 プリンタにラスタ データへの変換機能がないか、 プリンタに大きなジョブを処理できるだけのメモリがない場合に便利です。 ArcPressは常にHP RTL (RGB) TrueColorで使用します。
    • p. 163/282
      5. [ファイル] - [印刷] をクリックします。 – [プリンタ エンジン]:[Windows Printer] を選択します (選択したラスタ ドライバが使用されます)。 – [出力画像の品質 (リサンプリング率)]:ArcMapの印刷ファイル生成時のサンプル ピクセル数を変更します。また、プリンタに送信する ファイルの作成に使用される、地図ドキュメントのピクセル数を指定します。• 粗い (速い) = 1:5 • 標準 = 1:3 • 精密 (遅い) = 1:1 (そのまま) [精密(遅い)] を選択すると、印刷ジョブの処理に大量のリソースを消費します。地図のサイズによっては、処理の完了に時間がかかるか、メモリ不足を示すメッセージが表示される場合があります。
    • p. 164/282
      2. 印刷する準備ができたら、[ファイル] - [ページ設定/印刷設定] をクリック します。ドライバを選択し (ドライバの設定は影響しません)、[OK] ボタ ンをクリックします。 3. [ファイル] - [印刷] をクリックします。 – [プリンタ エンジン]:[ArcPressプリンタ] を選択します。 – [プロパティ] ボタンをクリックします。HP RTL (RGB) TrueColorドライバを選択し、ドライバに送信される解像度を選択します。 – ガンマ、明るさ、コントラスト、または彩度を調整する場合は、
    • p. 165/282
      9 印刷ジョブを管理するには ● 163 ページの [ジョブを送信するには] ● 164 ページの [ジョブを保存するには] ● 164 ページの [保存したジョブを印刷するには] ● 164 ページの [ジョブのインクと用紙の使用状況を確認するには] ● 165 ページの [ジョブをキャンセルするには] ● 165 ページの [印刷キューを管理するには] ● 167 ページの [ジョブをネスティングしてロール紙を節約するには] ジョブを送信するには 1. 内蔵Webサーバにアクセスします (詳細は、
    • p. 166/282
      5. ジョブのオプションを設定します。 オプションを [デフォルト] のままにした場合、ジョブに保存されている 設定が使用されます。 ジョブにオプションが設定されていない場合は、 プリンタの設定が使用されます。 プリンタの設定はフロントパネルから 変更できます。内蔵 Webサーバの [デバイスの設定] ページで変更できる 場合もあります。 6. [印刷] ボタンをクリックします。 ジョブを保存するには ジョブ設定 (サイズや品質など) を後で変更してジョブを再印刷する場合は、 ジョブをプリンタに保存しておくと再送信する必要がなくなります。
    • p. 167/282
      2. [アカウンティング] ページに移動します。プリンタで最近印刷されたジ ョブの情報がすべて表示されます。または、 [ジョブ キュー] ページに移動し、情報を確認するジョブの名前 をクリックします。 ジョブのプロパティ ページが表示されます。 ジョブをキャンセルするには ジョブはキャンセルすることができます。それには、フロントパネルの キャ ンセル ボタンを押すか、内蔵Webサーバでジョブを選択し、[キャンセル] ア イコンを選択します。 印刷終了時と同じように用紙が排出されます。 注記 複数ページのジョブや大きいファイルの場合、他のファイルよ
    • p. 168/282
      キューにあるファイルの印刷を開始する時期を選択できます。 内蔵Webサー バで、 [設定] タブ - [デバイスの設定] - [印刷の開始] を選択します。または、 フロントパネルで、 アイコンを選択して [印刷の開始] を選択します。 選択できるオプションは 3つあります。 ● [処理後]:ページ全体の処理が終わってから印刷が開始されます。 処理速度は最低で、印刷品質は最高になります。 ● [すぐに]:ページを処理しながら印刷が行われます。 処理速度は最高ですが、データ処理のため印刷が途中で停止することがあります。
    • p. 169/282
      ファイルを削除することができます。ファイルを選択して [削除] (内蔵Web サーバまたはフロントパネル ) を選択します。 同じ方法で、まだ印刷されていないジョブを削除することもできます。 現在印刷中のジョブ (内蔵Webサーバでステータスが[ 印刷しています ]、また はフロントパネルでキューの位置が「 0」のジョブ) をキャンセルして削除す るには、内蔵 Webサーバで [キャンセル] アイコンをクリックするか、フロン トパネルの キャンセル ボタンを押し、次にジョブをキューから削除します。 キュー内のジョブのコピーを作成する
    • p. 170/282
      プリンタがページをネスティングする場合 次の両方に当てはまる場合に、ページがネスティングされます。● プリンタにカット紙ではなくロール紙が取り付けられている。 ● フロントパネルの [ジョブ管理] メニューまたは内蔵Webサーバの [デバイ ス設定 ] ページで、[ネスティング] がオンになっている。 ネスティングが可能なページ ページが大きすぎてロール紙に並べて収まらない場合を除いて、すべてのページをネスティングできます。 ネスティングに適したページ 同じネスト内にページを入れるには、個々のページが次のすべてに当てはまる必要があります。●
    • p. 171/282
      ルを受け取ってから、最後のネストを印刷するまでに最大 2分間待機すること になります。 この待ち時間は、プリンタのフロントパネルから変更できま す。 アイコンをクリックして、[ネスティングの設定] - [待ち時間] を選択 します。 使用可能な範囲は、1~99分です。 プリンタがネスティングのタイムアウトまで待機している間、残り時間がフロントパネルに表示されます。 ネストの印刷 (ネスティング待機のキャンセ ル ) は、キャンセル ボタンを押すことで実行できます。 169 印刷 ジョ ブを管理す るには
    • p. 172/282
      第 9 章 170 印 刷 ジ ョ ブ を管理す るには
    • p. 173/282
      10 プリンタの保守を行うには ● 171 ページの [プリンタの外側のクリーニングを行うには] ● 171 ページの [プラテンのクリーニングを行うには] ● 174 ページの [プリントヘッド キャリッジを潤滑にするには] ● 175 ページの [インクカートリッジの保守を行うには] ● 175 ページの [プリンタを移動または保管するには] ● 175 ページの [プリンタのファームウェアをアップデートするには] プリンタの外側のクリーニングを行うには プリンタの外側や、通常の操作で触れるその他の部分
    • p. 174/282
      3. 乾いたブラシで、カッターの溝からインクの付着を取り除きます。 4. 同じ乾いたブラシで、プラテンの表面からインクの付着を取り除きま す。 5. 吸収性のあるきれいな柔らかい布に、イソプロピル アルコールを少し付 けて、プラテンから落ちたインクの付着を拭き取ります。 注記 イソプロピル アルコールは、メンテナンス キットに含まれ ていません。 第 10 章 172 プ リ ン タ の 保守を行 うには
    • p. 175/282
      注意 市販の洗剤や研磨剤入り洗剤は使用しないでください。 プ ラテンに水分が残るため、プラテンを直接濡らさないでください。 また、ラバー ホイールを濡らさないでください (布の使用も 不可 )。 6. 湿った布で、カッターの傾斜面のクリーニングを行います。 7. 乾いた布で、ホイールの露出している部分のクリーニングを行います。 できれば、このホイールの周辺全体のクリーニングを行ってください。 173 プリ ンタ の保守を行 うには
    • p. 176/282
      プリントヘッド キャリッジを潤滑にするには プリントヘッド キャリッジは、年に1度程度、潤滑油をさして、スライダ ロ ッドがスライドしやすいようにします。1. キャリッジを所定の位置に移動するには、フロントパネルで アイコ ンを選択し、次に [プリントヘッド] - [プリントヘッドの交換] を選択しま す。 キャリッジがプリンタの中央部分にスライドします。 注意 キャリッジは、プリンタの中央部分に移動してから 7分以上 そのまま放置されると、 右端の通常の位置に戻ります。 2. プリンタに付属のメンテナンス
    • p. 177/282
      インクカートリッジの保守を行うには インクカートリッジは、通常の使用期間内であれば特別な保守は必要ありません。 ただし、最高の印刷品質を維持するため、使用期限に達したカートリ ッジは交換してください。 プリンタを移動または保管するには プリンタを移動したり、長期間保管する必要がある場合は、適切な準備作業を行い、プリンタの損傷を防ぐ必要があります。 プリンタの準備作業を行う には、以下の手順に従います。1. インクカートリッジ、プリントヘッド、またはプリントヘッド クリーナ は取り外さないでください。 2.
    • p. 178/282
      第 10 章 176 プ リ ン タ の 保守を行 うには
    • p. 179/282
      11 イメージ診断印刷を使用するには ● 177 ページの [イメージ診断印刷を印刷するには] ● 178 ページの [イメージ診断印刷を使用するには] ● 178 ページの [イメージ診断パート1を使用して問題を特定するには] ● 180 ページの [イメージ診断パート2を使用して問題を特定するには] ● 183 ページの [イメージ診断パート3を使用して問題を特定するには] ● 184 ページの [問題が解決されない場合には] イメージ診断印刷を印刷するには イメージ診断印刷では、印刷品質の問題を明確にするためのパターンが印刷されます。
    • p. 180/282
      プリンタが印刷可能になったら、 「 178 ページの [イメージ診断印刷を使用す るには ]」を参照してください。 イメージ診断印刷を使用するには イメージ診断印刷は、番号が付いた 3つのパートに分かれています。 1. パート1では、プリントヘッドの軸合わせのテストが行われています。 詳細は、 「 178 ページの [イメージ診断パート1を使用して問題を特定す るには ]」を参照してください。 2. パート2では、プリントヘッドの動作と用紙送り機構がテストされていま す。 詳細は、 「 180 ページの
    • p. 181/282
      垂直方向の軸合わせ不良がある場合、次のように表示されます。 両方向の軸合わせ不良がある場合、次のように表示されます。 補正処理 1. 可能であれば、印刷品質が不適切だったときと同じ用紙の種類を使用し て、プリントヘッドの軸合わせを行います (一部の用紙はプリントヘッド の軸合わせに適していません )。 詳細は、 「 120 ページの [プリントヘッ ドの軸合わせを行うには ]」を参照してください。 179 イメージ 診断印刷を 使用す るには
    • p. 182/282
      2. 印刷品質が改善されない場合は、カスタマ サービスにお問い合わせくだ さい。 イメージ診断パート 2を使用して問題を特定するには パート 2では、プリントヘッドおよび用紙送りの機構が正しく動作しているか どうかを確認できます。 このパートは、色の一貫性や精度の確認には使用し ないでください。 帯状のムラ 帯状のムラは、印刷したイメージに水平方向の帯状のムラが繰り返し表示される場合に発生します。 次のように、薄い帯状のムラが表示される場合があ ります。 次のように、濃い帯状のムラが表示される場合もあります。
    • p. 183/282
      または、次のように、段階的な波状のムラが表示される場合もあります。 特定の色にのみ表示される水平方向の帯状のムラ プリントヘッドに問題があると、特定の色にのみ、水平方向の帯状のムラが表示されます。または、特定の色に表示される水平方向のムラが、他の色のムラよりも顕著に表示されます。 注記 グリーンに表示されるムラはあまり目立ちません。このムラ は、イエローのプリントヘッドまたはシアンのプリントヘッドに原因がある場合があります。 グリーンにのみ帯状のムラが表示される場合 は、イエローのプリントヘッドが原因です。グリーンとシアンに帯状のムラが表示される場合は、シアンのプリントヘッドが原因です。
    • p. 184/282
      補正処理 1. 適切な印刷品質設定を使用しているかどうか確認してください。 詳細 は、 「 129 ページの [印刷品質設定を選択するには]」を参照してくださ い。 2. プリントヘッドをクリーニングします。 詳細は、 「 114 ページの [プリ ントヘッドを修復 (クリーニング) するには]」を参照してください。 3. もう一度、イメージ診断印刷を実行してください。 それでもムラが表示 される場合は、手順 4、5に進んでください。 4. 色ごとに2つのプリントヘッドがあるため、イメージ診断印刷のパート3
    • p. 185/282
      3. 最終印刷に使用するのと同じ用紙の種類で、拡張精度キャリブレーショ ンを実行します。 詳細は、 「 185 ページの [拡張精度キャリブレーショ ンを実行するには ]」を参照してください。 4. 印刷品質が改善されない場合は、カスタマ サービスにお問い合わせくだ さい。 イメージ診断パート 3を使用して問題を特定するには パート 2でプリントヘッドに問題があることを確認した場合、パート3では、 特定のプリントヘッドに問題があるかどうかを確認します。 このプロットの 各長方形には、印刷したプリントヘッドの番号のラベルが付いています。
    • p. 186/282
      上の図のうち左の 2例は、印刷されない線が多くあるため、プリントヘッドに 問題がある可能性があります。 左から3番目の例の場合、わずかに数行が欠 けていますが、プリンタにより問題が補正されるためプリントヘッドに問題はありません。 補正処理 パート 3でプリントヘッドの問題を検出し、パート2では問題がなかった場合 は、ただちに補正処理を行う必要はありません。これは、プリンタによって問題が補正され印刷品質が維持されているためです。 ただし、パート2でも 問題を検出した場合は、以下の手順に従います。1. プリントヘッドをクリーニングします。
    • p. 187/282
      12 拡張精度キャリブレーションを実 行するには プリンタは出荷時にキャリブレーションが行われているため、サポートされている用紙であれば、通常の環境条件では高い精度で用紙を送ります。 ただ し、状況によっては、キャリブレーションを行ったほうがよい場合があります。● サポートされていない用紙:他のメーカーから提供されている厚さや硬さの異なる用紙を使用する場合は、キャリブレーションを行うと効果的な場合があります。 HPの推奨用紙を使用すると、最高の印刷品質を実現 できます ( 「 96 ページの [サポートされている用紙の種類を選択するに
    • p. 188/282
      す。 特定の用紙の種類のキャリブレーションが行われる場合、その他 の用紙の種類の設定はどれも影響を受けません。 注記 2 [最適化:描画/テキスト] および [最適化:イメージ] ではそれ ぞれ別の用紙送り設定が行われるため、キャリブレーションは個別に実行する必要があります。 注記 3 メーカーが異なる用紙は、同じ種類であっても、それぞれ別の 用紙送り設定が必要な場合があります。そのため、キャリブレーションを行っていない用紙に対しては、その設定が効果的でない場合もあります。 キャリブレーションを実行すると、
    • p. 189/282
      または [イメージ] を選択した場合、各パターンは次のようになります。 5. [描画/テキスト] の場合、印刷には約3分、[イメージ] の場合は約5分かか ります。 キャリブレーションの印刷が完了すると、プリンタは用紙をカ ットします。 6. 印刷された各パターン (1~7) を見て、どのパターンが最高品質かを判断 します。 各パターンには、左側に連続したカラー階調度 (A) が表示さ れ、右側に別の内容のもの (B) が表示されます。 どちらも状況に合わせ て、最適なパターンを判断するのに役立ちます。
    • p. 190/282
      最適なパターンを特定できない場合は、以下の例の説明を参考にしてください。• 明らかに最適なパターンが 1つだけあり、上下のパターンには以 下に示す明るい帯または暗い帯がある場合は、このパターンを選択してください。 • 以下に示すように、帯状のムラがない、隣り合った 2つのパター ンがある場合は、この 2つのパターンの上下にあるパターンを参 考にして、最適なパターンを選択してください。 たとえば、同 じパターンが 2つあるときに、上のパターンの方が帯状のムラが 少ない場合は、すぐ下のパターンを選択してください。
    • p. 191/282
      • 帯状のムラがない 3つのパターンがある場合は、中央のパターン を選択してください。 – 印刷されたものの Bの部分を見ると、一部のパターンが他のパターン よりも暗く見える場合があります。 最適なパターンは、最も明る く、明るさが一定して、ざらつきが少なく見えるものです。 7. または アイコンを選択し、次に [拡張精度キャリブレーション] - [描画/テキスト] または [イメージ] - [パターンの選択] を選択します。 8. 最適な印刷のパターンの番号 (1~7) を選択します。 パターン3と4のよう
    • p. 192/282
      第 12 章 190 拡張 精度 キ ャ リブ レーショ ンを実 行 するには
    • p. 193/282
      13 印刷品質の問題 ● 191 ページの [一般的なヒント] ● 192 ページの [帯状のムラがある (イメージに横線)] ● 193 ページの [線が印刷されない、または細い印刷品質の問題] ● 193 ページの [イメージの上に帯状や線状の塗りつぶしが現れる] ● 195 ページの [ざらつきが発生する] ● 195 ページの [用紙が平らになっていない] ● 196 ページの [触れたときに印刷が汚れる] ● 196 ページの [用紙にインクが残る] ● 198 ページの [印刷の開始近くで不具合が発生する]
    • p. 194/282
      ● 印刷速度を遅くしても最高の印刷品質を維持する場合は、 [プリントヘッ ドのモニタ ] 設定を [強化] に設定します。 詳細は、 「 114 ページの [プ リントヘッドのモニタ状況を管理するには ]」を参照してください。 ● 環境状況 (温度、湿度など) が高品質の印刷に適しているか確認します。 詳細は、 「 253 ページの [動作環境の仕様について]」を参照してくださ い。 帯状のムラがある (イメージに横線) 以下のように、印刷イメージに横線が表示される場合 (色は異なる場合があ ります )
    • p. 195/282
      線が印刷されない、または細い印刷品質の問題 1. 線の太さおよび色の設定が正しいかどうかを、アプリケーションで確認 します。 2. プリントヘッドをクリーニングします。 詳細は、 「 114 ページの [プリ ントヘッドを修復 (クリーニング) するには]」を参照してください。 3. 問題が解決されない場合は、適切な印刷品質設定を使用しているかどう か確認して、イメージを印刷してください ( 「 129 ページの [印刷品質設 定を選択するには ]」を参照してください)。 4. 厚い用紙に変更してみてください。濃い色を印刷する場合は、HP厚手コ
    • p. 196/282
      いずれの場合でも、以下の手順に従うことをお勧めします。1. 問題があると思われるプリントヘッドの電極部分をクリーニングします (この例では、マゼンタのプリントヘッド)。 詳細は、 「 114 ページの [プリントヘッドの電極部分をクリーニングするには]」を参照してください。 2. プリントヘッドをクリーニングします。 詳細は、 「 114 ページの [プリ ントヘッドを修復 (クリーニング) するには]」を参照してください。 3. 前と同じ設定でイメージを印刷します。4. 問題が解決しない場合は、問題の原因になっていると考えられるプリン
    • p. 197/282
      ざらつきが発生する 1. 適切な印刷品質設定を使用しているかどうか確認してください。 詳細 は、 「 129 ページの [印刷品質設定を選択するには]」を参照してくださ い。 2. イメージ診断印刷を使用して、問題の詳細を確認します。 詳細は、 「 177 ページの [イメージ診断印刷を使用するには]」を参照してくださ い。 用紙が平らになっていない プリンタから排紙された用紙が平らになっておらず、浅く波打っている場合、印刷されたイメージに縦の筋などの不具合が発生することがあります。 195 印刷品質の問題
    • p. 198/282
      これは、インクが染み込んだ薄い用紙を使用した場合に発生する可能性があります。 厚い用紙に変更してみてください。濃い色を印刷する場合は、 HP厚手コート 紙または HP光沢フォト用紙2をお勧めします。 詳細は、 「 129 ページの [印 刷品質設定を選択するには ]」を参照してださい。 触れたときに印刷が汚れる 黒の顔料は、指やペンで触れると汚れます。 これは特に、ベラム紙、半透明 ボンド紙、フィルム、フォト用紙、およびトレーシングペーパを使用した場合に顕著です。 汚れを少なくするには、以下の手順に従ってください。●
    • p. 199/282
      コート紙の表面に汚れがある コート紙に使用するインクが多すぎると、インクが用紙に吸収され広がります。 プリントヘッドは、用紙の上を移動するときに用紙に触れるため、印刷 イメージが汚れます。 この問題が発生した場合は、印刷ジョブをただちにキャンセルする必要があります。 キャンセル ボタンを押して、コンピュータ アプリケーションのジ ョブをキャンセルします。 それ以外の場合、インクが染み込んだ用紙が原因 で、プリントヘッドが損傷する可能性があります。 この問題を解消するには、以下を方法を試してください。●
    • p. 200/282
      用紙の裏面にインクが付着する プラテンのインクが用紙の裏に付着する可能性があります。 詳細は、 「 171 ページの [プラテンのクリーニングを行うには]」を参照してくださ い。 印刷の開始近くで不具合が発生する 用紙の端から 5.5cm以内の、印刷の最初の部分にのみ不具合が発生すること があります。 色調がそろっていない細い帯または太い帯が現れます。 この問題を解消するには、以下の手順に従います。1. 最も簡単な解決方法は、プリンタ ドライバ、内蔵Webサーバ、またはフ ロントパネルで、 [マージン設定
    • p. 201/282
      3. [高精細] オプションをオンにします。 線が二重または間違った色で印刷される 以下に示すように、この問題にはさまざまな種類があります。● 色付きの線が、別の色で二重に印刷される。 ● 色付きのブロックの境界線の色が間違っている。 この問題を修正するには1. 適切な印刷品質設定を使用しているかどうか確認してください。 詳細 は、 「 129 ページの [印刷品質設定を選択するには]」を参照してくださ い。 2. プリントヘッドの軸合わせを行います。 詳細は、 「 120 ページの [プリ ントヘッドの軸合わせを行うには
    • p. 202/282
      線が連続していない問題 以下の図のように、線が連続していない場合は、以下の手順に従います。 1. 適切な印刷品質設定を使用しているかどうか確認してください。 詳細 は、 「 129 ページの [印刷品質設定を選択するには]」を参照してくださ い。 2. カット紙よりもロール紙を使用したほうが、縦線を鮮明に印刷できま す。 カット紙を使用する場合は、印刷品質を [高品質] に設定してくださ い。 3. HP厚手コート紙またはHP光沢フォト用紙2などの厚い紙に変更してみて ください。 詳細は、「 129 ページの
    • p. 203/282
      5. 印刷物が個別に乾燥する時間を確保します。印刷物を覆ったり重ねたり しないでください。 線が少しゆがんでいる 用紙自体がゆがんでいる可能性があります。 これは、用紙を不適切な環境で 使用または保管している場合に発生します。 詳細は、 「 253 ページの [動作 環境の仕様について ]」を参照してください。 カラー精度の問題 カラー精度を実現するには、 2つの基本的な要件があります。 1. 用紙の種類に対してキャリブレーションが実行済みであることを確認し ます。これにより、大量の印刷でも、またプリンタを変えても色の一貫性を実現できます。
    • p. 204/282
      CMYK値の推定値とPANTONE名が送信されます。 自動PANTONE(R)キャリブレーション機能は、 PANTONE名を認識して、プリンタ モデルおよび選択 した用紙の種類に基づいて、 CMYKに変換します。 これにより、アプリケーションによって送信された一般的な CMYK値よりも 精度の高いカラーのレンダリングが可能になります。 本機はPantoneで認定 されていますが、 PANTONEカラーを完全に再現できるわけではありませ ん。 自動 PANTONE(R)キャリブレーションの使用 (最良の選択)
    • p. 205/282
      他の HP Designjetと色が一致しない 異なる 2機種のプリンタ (HP Designjet 4000シリーズ プリンタとHP Designjet 1000シリーズ プリンタなど) でイメージを印刷した場合、2つの印刷物の色が一致しないことがあります。 それぞれの印刷デバイスで、インクの化学組成、用紙の化学組成、およびプリントヘッドが違っている場合、色を完全に一致させることはできません。ここでは、特定のプリンタを別のプリンタでエミュレートする最適な方法を説明します。 その場合でも、印刷結果は完全に一致するとは限りません。
    • p. 206/282
      ーションで選択したものと同じ HP Designjet 1000シリーズ プリンタのカ ラー スペース (エミュレーション カラー スペース) に設定します。 注記 別のプリンタのエミュレートを行う場合は、 RGBカラーでは なく必ず CMYKカラーを使用してください。 10. 用紙の白さをエミュレートする場合は、レンダリング用途を [相対カラ ー メトリック] または [絶対カラー メトリック] に設定します。 11. HP Designjet 4000シリーズ プリンタでイメージを印刷します。 別々の
    • p. 207/282
      2. カラー キャリブレーション機能がオンになっていることを確認します。 HP Designjet 4000シリーズ プリンタのフロントパネルで、 アイコン を選択し、次に [設定メニュー] - [カラー キャリブレーション] - [オン] を 選択します。 3. どちらのプリンタにも同じ種類の用紙を取り付けます。4. フロントパネルの [用紙の種類] に、取り付けられた用紙に合った設定が 選択されていることを確認します。 5. HP Designjet 1000シリーズ プリンタ用に生成したHP-GL/2ファイルを、
    • p. 208/282
      第 13 章 206 印刷品質の問題
    • p. 209/282
      14 イメージ エラーの問題 ● 207 ページの [まったく印刷されない] ● 207 ページの [一部しか印刷されない] ● 208 ページの [イメージの一部が印刷されない] ● 209 ページの [イメージが印刷可能の範囲に小さく印刷される] ● 209 ページの [イメージが誤った向きに回転される] ● 209 ページの [イメージが左右反対に印刷される] ● 210 ページの [印刷が歪むまたは不鮮明になる] ● 210 ページの [同じシート上でイメージが別のイメージと重なる] ● 210
    • p. 210/282
      ● ソフトウェアの設定が現在のページ サイズに適しているかどうかを確認 してください (長尺印刷など)。 ● ネットワーク ソフトウェアを使用している場合は、タイムアウトしてい ないかどうか確認してください。 イメージの一部が印刷されない これは通常、取り付けられている用紙の実際の印刷可能な範囲と、ソフトウェアで認識されている印刷可能な範囲が一致していない場合に発生します。● 取り付けた用紙サイズの、実際の印刷可能な範囲を確認します。印刷可能な範囲 = 用紙サイズ – マージン WindowsのHP-GL/2ドライバでは、[用紙/品質]
    • p. 211/282
      イメージが印刷可能の範囲に小さく印刷される ● アプリケーションで選択したページ サイズが小さすぎる可能性がありま す。 ● イメージがページの一部であるとアプリケーションで認識されている可能性があります。 イメージが誤った向きに回転される フロントパネルで アイコンを選択し、次に [印刷デフォルト メニュー] - [用紙オプション] - [回転] を選択して、 設定が正しいかどうかを確認してください。 PostScript以外のファイル: [ネスティング] が [オン]になっている場合、用紙を節約するためにページが自動的に回転することがあります。
    • p. 212/282
      印刷が歪むまたは不鮮明になる ● プリンタをネットワーク (またはコンピュータ) に接続しているインタフ ェース ケーブルに問題が発生した可能性があります。 ケーブルを変えて 試してみます。 ● フロントパネルのグラフィック言語の設定が [自動] (デフォルト) の場合 は、他の設定を試してください。たとえば、 PostScriptファイルの場合 は [PostScript] 、HP-GL/2ファイルの場合は [HP-GL/2] になります ( 「 138 ページの [グラフィック言語の設定を変更するには]」を参照して
    • p. 213/282
      15 インク システムの問題 ● 211 ページの [インクカートリッジを取り付けられない] ● 211 ページの [プリントヘッドを取り付けられない] ● 211 ページの [プリントヘッド クリーナを取り付けられない] ● 212 ページの [フロントパネルにプリントヘッドを取り付け直す、または交換するようにメッセージが表示される ] ● 212 ページの [インクカートリッジのステータス メッセージが表示される] ● 212 ページの [プリントヘッドのステータス メッセージが表示される] ● 213
    • p. 214/282
      フロントパネルにプリントヘッドを取り付け直す、または交換するようにメッセージが表示される 1. プリントヘッドを取り外し、保護フィルムが剥がされていることを確認 します。 2. プリントヘッドとキャリッジ間の電極部分のクリーニングを行ってみま す。 詳細は、 「 114 ページの [プリントヘッドの電極部分をクリーニン グするには ]」を参照してください。 3. プリントヘッドをキャリッジに取り付け直して、フロントパネルのメッ セージを確認します。 4. 問題が解決しない場合は、新しいプリントヘッドを取り付けてみてくだ
    • p. 215/282
      うに推奨されますが、プリントヘッドは取り外さずに、フロントパネルの 選択(チェックマーク) ボタンを押してください。 ● [ プリントヘッドエラー:交換して下さい ]:プリントヘッドをいったん取 り外して、取り付け直してください。それでもメッセージが消えない場合は、電極部分をクリーニングしてください。それでもメッセージが消えない場合は、新しいプリントヘッドと交換してください。 ● [ 取り外して下さい ]:このプリントヘッドは印刷用途に適していません (付属のプリントヘッドなど)。 プリントヘッド クリーナのステータス
    • p. 216/282
      第 15 章 214 インク システムの問題
    • p. 217/282
      16 用紙の問題 ● 215 ページの [用紙が正しく取り付けられない] ● 217 ページの [紙詰まりの問題 (プリンタの紙詰まり)] ● 220 ページの [印刷物が用紙スタッカに正しく積み重ねられない] ● 220 ページの [プリントヘッドの軸合わせで大量の用紙が使用される] 用紙が正しく取り付けられない ● 用紙が斜めに取り付けられていることがあります。 用紙の右端が、プラ テンの右端にある半円に揃えられているかどうかを確認してください。特に、カット紙の場合には、先端がプラテンの金属バーに揃えられているかどうかを確認してください。
    • p. 218/282
      フロントパネル メッセ ージ 推奨する処理 カット紙の右端が取り付け線から離れています。 カット紙が正しく取り付けられていないか、右端がプラテンの取り付け線に合っていません。 選択(チェックマーク) ボタンを押して、 カット紙を取り付け直してください。 右端が見つかりません。 用紙の右端が見つかりません。用紙が正しく取り付けられていない可能性があります。 選 択 (チェックマーク) ボタンを押して、ロール 紙を取り付け直してください。 カット紙の端が見つかりません。 カット紙の端が見つかりません。用紙が正しく取り付けられていない可能性があります。選択
    • p. 219/282
      フロントパネル メッセ ージ 推奨する処理 直してください。 詳細は、 「 249 ページの [プ リンタ機能の仕様について ]」を参照してくだ さい。 レバーが上がっています。 用紙の取り付け中に、用紙取り付けレバーが上がっていました。 この状態では、プリンタ に用紙を取り付けることができません。 選択 (チェックマーク) ボタンを押して、用紙を取り付け直してください。 紙詰まりの問題 (プリンタの紙詰まり) 紙詰まりが発生した場合、通常は [ 紙詰まりの可能性があります ]というメッセ ージがフロントパネルに表示されます。このメッセージには、次の
    • p. 220/282
      2. ウィンドウを開きます。 3. プリントヘッド キャリッジを邪魔にならない場所に移動してみます。 4. 用紙取り付けレバーを上がるところまで持ち上げます。 第 16 章 218 用紙の問題
    • p. 221/282
      5. プリンタの上部から、詰まった用紙を慎重に取り除きます。 6. 残りのロール紙またはカット紙をプリンタから慎重に引き出します。7. プリンタの電源を入れます。8. ロール紙を取り付け直すか、新しいカット紙を取り付けます。 詳細は、 「 86 ページの [ロール紙をプリンタに取り付けるには]」または 「 92 ページの [カット紙を取り付けるには]」を参照してください。 9. プリンタ内の障害物が原因で詰まった用紙が残っている場合は、手差し 用紙をプリンタに取り付けることで、取り除くことができる場合があります。
    • p. 222/282
      印刷物が用紙スタッカに正しく積み重ねられない ● 小さいカット紙に印刷する場合は、 3つのループ ストッパを持ち上げま す。 ● 用紙はロールの端でカールすることが多いため、積み重ねの問題が発生します。 新しいロールを取り付けるか、印刷が完了したら手で取り出し ます。 ● 異なるサイズの印刷物が混じっていたり、ネスティングしている場合、スタッカに複数のサイズの用紙が積み重ねられるため、問題が発生することがあります。 プリントヘッドの軸合わせで大量の用紙が使用される プリントヘッドの軸合わせを正しく行うため、軸合わせ処理が開始される前に、最大
    • p. 223/282
      17 その他の問題 ● 221 ページの [プリンタのスタートアップが完了しない] ● 222 ページの [フロントパネルにメッセージが表示される] ● 225 ページの [「プリントヘッドのモニタリング中」というメッセージが表示される ] ● 226 ページの [「プリントヘッドの品質が低下しています」というメッセージが表示される ] ● 226 ページの [プリンタで印刷ができない] ● 227 ページの [印刷ジョブがタイムアウトまで待機している] ● 227 ページの [プリンタの印刷が遅い]
    • p. 224/282
      フロントパネルにメッセージが表示される フロントパネルには、プリンタの使用続行の許可、続行する前に必要な処理の指示など、さまざまなメッセージが表示されます。● 注意が必要な状況が検出された場合、メッセージが表示されてその情報が通知されます。 メッセージには、品質が低下している状態やプリンタ の保守の必要性を通知するものもあります。 メッセージを確認したら、 選択 (チェックマーク) ボタンを押すと表示が消去され、引き続きプリン タを使用することができます。 ● プリンタでエラーが発生した場合、エラー コードと短いメッセージがフ
    • p. 225/282
      コード メッセージ 推奨する処理 26.2:01 黒のインクカートリッジ を再度取り付けて下さい 黒のカートリッジが見つかりません。取り付け直してください。詳細については、「 101 ページの [インクカート リッジを取り外すには ]」および 「 105 ページの [インクカートリッジ を取り付けるには ]」を参照してくだ さい。 問題が解決しない場合は、カ スタマ サービスにお問い合わせくだ さい。 26.3:01 シアンのインクカートリ ッジを再度取り付けて下さい シアンのカートリッジが見つかりません。取り付け直してください。詳細については、「
    • p. 226/282
      コード メッセージ 推奨する処理 ください。 また、最新リリースのフ ァームウェアとドライバであることを確認してください。 61:04.1 ソフトウェア (ファームウ ェア ) をアップデートしま す プリンタに最新のバージョンがインストールされている場合でも、アップデート処理を繰り返して、このエラーを解決することができるか試してみることをお勧めします。 詳細は、 「 175 ページの [プリンタのファーム ウェアをアップデートするには ]」を 参照してください。 61:08.1 パスワードで保護された
    • p. 227/282
      コード メッセージ 推奨する処理 合は HPサポートへご連絡 下さい。 スクから不要なファイルを削除することをお勧めします。 詳細は、 「 76 ページの [プリンタを再起動す るには ]」を参照してください。 76:03 プリンタを再起動し、 そ れで問題が解決しない場合は HPサポートへご連絡 下さい。 ハード ディスクに空き容量がありま せん。 問題が解決しない場合は、内 蔵 Webサーバを使用して、ハード デ ィスクから不要なファイルを削除することをお勧めします。 詳細は、 「 76 ページの
    • p. 228/282
      は、 「 114 ページの [プリントヘッドのモニタ状況を管理するには]」を参照 してください。 「プリントヘッドの品質が低下しています」というメッセージが表示される このメッセージは、プリンタが最適に機能していないプリントヘッドの存在を検出し、品質を維持するために特別なパスを作成する必要がある場合に、印刷中のフロントパネルに表示されます。 このメッセージを消去するには、 以下のいずれかを選択します。● 印刷品質のレベルを上げます。詳細は、 「 129 ページの [印刷品質を変 更するには ]」を参照してください。
    • p. 229/282
      印刷ジョブがタイムアウトまで待機している すべての手順を正しい順序で実行しても (用紙およびインク コンポーネント を正しく装着し、ファイルのエラーがない状態 )、コンピュータから送信され たファイルが正しく印刷されない場合があります。● 印刷ファイルに適切なファイルの終了コマンドがないため、プリンタが印刷が完了するまで、指定の I/Oタイムアウトまで待機しています。 Mac OS環境でFireWireまたはUSB接続を使用している場合、 アイコ ンを選択し、次に [印刷デフォルト メニュー] - [PostScriptの設定]
    • p. 230/282
      ● プリントヘッドの状態が悪い場合。 プリントヘッドに問題があると、印 刷品質を維持するために印刷速度は遅くなります。 フロントパネルまた は内蔵 Webサーバでプリントヘッドのステータスを確認し、必要に応じ てプリントヘッドを修理するか交換してください。 ● イメージにインク濃度の高い黒い領域がある場合。 このような領域があ ると、品質を維持するため、一時的に遅い印刷品質オプションに切り替わることがあります。 コンピュータとプリンタの間の通信に問題がある 問題の例を以下に示します。● プリンタにイメージを送信しても、フロントパネルのディスプレイに「受信中です」というメッセージが表示されない。
    • p. 231/282
      ブラウザから内蔵 Webサーバにアクセスできない まだ目を通していない場合は、まず 「 77 ページの [内蔵Webサーバにアクセ スするには ]」を参照してください。 ● 内蔵 Webサーバにパスワードを設定し、そのパスワードを忘れてしまっ た場合は、 アイコンを選択し、[設定メニュー] -[内蔵Webサーバのパ スワードをリセット ] を選択します。 ● プリンタのフロントパネルで、 アイコンを選択し、次に [設定メニュ ー ] - [内蔵Webサーバを使用] を選択します。 このオプションがオフにな
    • p. 232/282
      す。 したがって、大きいファイルを以前に印刷できたとしても、メモリ不足 のために印刷できないという可能性もあります。 このような場合には、プリ ンタに対してメモリの追加が必要な場合もあります。 Windows HP-GL/2ドライバを使用している場合は、プリンタのメモリの問題を解決する方法として、 [サービス] タブを選択し、[ソフトウェアのトラブル シューティング ] - [ビットマップとしてジョブを送信 (コンピュータで処理)] を選択します。 注記 このオプションを選択すると、コンピュータでのジョブの処理
    • p. 233/282
      メンテナンス キット付属のオイルの容器を持ち、容器の先端を穴に差し 込んで、オイルを 3滴さします。 3. プラテンにある他の穴にも同じ手順を繰り返し、すべての穴にオイルを3 滴ずつさします。 4. オイルがプラテンにこぼれないように注意してください。 5. こぼれてしまった場合は、キットに付属の布で拭き取ってください。 231 その他の問題
    • p. 234/282
      6. ウィンドウを閉じます。 第 17 章 232 その他の問題
    • p. 235/282
      18 プリンタについて ● 233 ページの [カラー エミュレーション モードについて] ● 235 ページの [プリンタの接続について] ● 236 ページの [プリンタ背面のランプについて] ● 236 ページの [プリンタの印刷メニューについて] ● 237 ページの [予防保守について] カラー エミュレーション モードについて このプリンタでは、モニタなどの RGBデバイスや、印刷機、プリンタのよう な CMYKデバイスなど、他のデバイスで印刷した場合の色をエミュレートで きます。 詳細は、
    • p. 236/282
      ● [U.S. Sheetfed Coated v2] は、インクの総使用量350%、ネガ版、普通オフセット用紙の印刷条件下で、米国製インクを使用して高品質の色分解を行うように設計された仕様に準拠しています。 ● [U.S. Sheetfed Uncoated v2] は、インクの総使用量260%、ネガ版、オフセット用上質紙の印刷条件下で、米国製インクを使用して高品質の色分解を行うように設計された仕様に準拠に準拠しています。 ● [U.S. Web Coated (SWOP) v2] は、インクの総使用量300%、ネガ版、出版用コート紙の印刷条件下で、米国製インクを使用して高品質の色分解を行うように設計された仕様に準拠しています。
    • p. 237/282
      RGBカラー エミュレーション 以下のオプションは、 PDFファイル、PostScriptファイル、TIFFファイル、 JPEGファイルに使用できます。 HP-GL/2ファイルとRTLファイルの場合は、 sRGBとAdobeRGBのみ使用できます。 RGBイメージを印刷する場合は、CMYKデータに変換する必要があります(アプリケーションまたはオペレーティング システムで変換できる場合もあります )。 この変換を行うため、プリンタには以下のカラー プロファイルが 用意されています。● [なし (ネイティブ)]:エミュレーションを行いません。
    • p. 238/282
      プリンタのインタフェースに対応するソケットを確認するには、「 53 ページの [プリンタを接続するには]」を参照してください。 プリンタを使用できるようにオペレーティング システムを設定するには、以 下のセクションから該当するものを参照してください。● 62 ページの [プリンタをネットワークに接続するには (Windows)] ● 64 ページの [プリンタをネットワークに接続するには (Mac OS X)] ● 67 ページの [プリンタをネットワークに接続するには (Mac OS 9)] ● 69
    • p. 239/282
      印刷メニューを印刷するには、 アイコンを選択し、次に [情報メニュー] - [印刷メニュー] を選択し、必要な印刷メニューを選択します。 次の印刷メニューを使用できます。● [デモ印刷]:プリンタの機能の一部を表示します。 ● [メニュー マップの印刷]:すべてのフロントパネル メニューの詳細を表示します。 ● [現在の設定の印刷]:現在のフロントパネルの設定をすべて表示します。 ● [使用状況レポートの印刷]:印刷の合計数、用紙の種類別の印刷数、印刷品質オプション別の印刷数、および色ごとに使用されるインクの合計量を表示します。
    • p. 240/282
      ることをお勧めします。 サービスエンジニアは、消耗した部品を交換しま す。 これにより、プリンタの寿命が長くなります。 フロントパネルにこれらのメッセージが表示されたときに、サービスエンジニアの派遣を手配すると、以下の 2つの利点があります。 ● プリンタ コンポーネントをお客様の都合に合わせて交換することができ ます。 ● サービスエンジニアが予防保守を実行する場合、一度に複数の部品を交換するため、何度もお客様を訪問することはありません。 第 18 章 238 プリンタについて
    • p. 241/282
      19 内蔵 Webサーバについて 内蔵 Webサーバを使用して、プリンタをリモートで管理することができま す。 どのコンピュータからでも、通常のWebブラウザを使用して、プリンタ の内蔵 Webサーバにアクセスできます (詳細については 「 77 ページの [内蔵 Webサーバにアクセスするには]」を参照してください)。 内蔵 Webサーバを使用して、以下のことが実行できます。 ● ドライバやアプリケーションを使用することなく、ジョブをさまざまなファイル形式 (HP-GL/2、HP-RTL、PostScript、PDF、JPEG、TIFF、お
    • p. 242/282
      ● プリンタのファームウェアをアップデートできます。詳細は、「 175 ページの [プリンタのファームウェアをアップデートするには]」 を参照してください。 ● [デバイスの設定] ページでさまざまなプリンタ設定を変更できます。 ● パスワードを設定し、プリンタへの Webアクセスを制限できます。詳細 は、 「 79 ページの [内蔵Webサーバをパスワードで保護するには]」を 参照してください。 第 19 章 240 内蔵 Web サーバについて
    • p. 243/282
      20 インク システムについて ● 241 ページの [インクカートリッジについて] ● 243 ページの [プリントヘッドについて] ● 244 ページの [プリントヘッド クリーナについて] ● 245 ページの [インク システムに関するヒント] インクカートリッジについて プリンタの 4つのインクカートリッジから、イエロー、マゼンタ、黒、シアン の 4種類のインクがプリントヘッドに供給されます。 プリンタ付属のカラー カートリッジの容量は 225cm³、黒のカートリッジの容量は400cm³です。
    • p. 244/282
      インクカートリッジの交換 アイコンをハイライトさせると、すべてのインクカートリッジのインク残 量を確認できます (下図を参照)。 カートリッジのインク残量が少なくなると、フロントパネルに警告メッセージが表示されます。 カートリッジが空になると、印刷が停止し、フロントパ ネルに原因を示すメッセージが表示されます。 カートリッジが空になった場合は、新しい HPのカートリッジと交換すること をお勧めします。詳細は、「 101 ページの [インクカートリッジを取り外す には ]」および「 105 ページの [インクカートリッジを取り付けるには]」を参
    • p. 245/282
      補充したカートリッジまたは HP製以外のカートリッジを使用する場合は、以 下の手順に従い、プリンタがカートリッジを空として認識している状態でプリンタを使用します。1. プリンタにカートリッジを取り付けます ( 「 105 ページの [インクカート リッジを取り付けるには ]」を参照してください)。 2. フロントパネルに、カートリッジが空であるというメッセージが表示さ れ、カートリッジの自動取り外し処理が開始されます。 キャンセル ボタ ンを押し、自動取り外し処理を停止します。 3. フロントパネルで
    • p. 246/282
      最適な印刷品質を維持するため、自動的に一定の間隔でプリントヘッドがテストされ、必要に応じて修復されます。 この処理には少し時間がかかり、印 刷速度が遅くなる場合もあります。 最終的にプリントヘッドの交換が必要になると、フロントパネルで、交換の必要なプリントヘッドの番号のところに Xマークが表示されます。 注意 新しいプリントヘッドを購入すると、新しいプリントヘッド ク リーナもそれに付属しています。 プリントヘッドを交換したときは、 必ずプリントヘッド クリーナも同時に交換してください。 古いプリン トヘッド
    • p. 247/282
      インク システムに関するヒント 最高の結果を得るために、以下の説明に従ってください。● インクカートリッジ、プリントヘッド、プリントヘッド クリーナは、パ ッケージに記載されている期限日より前に取り付けます。 ● 新しいプリントヘッドを取り付けたら、必ずプリントヘッド クリーナも 交換します。 ● 取り付け作業中は、フロントパネルに表示される指示に従います。 ● プリンタとプリントヘッド クリーナが、プリントヘッドを自動的にクリ ーニングできるようにします。 ● インクカートリッジとプリントヘッドは、できる限り取り外さないでください。
    • p. 248/282
      第 20 章 246 インク システムについて
    • p. 249/282
      21 用紙について ● 247 ページの [用紙の使用方法について] ● 248 ページの [乾燥時間について] 用紙の使用方法について 良好な印刷品質を得るためには、目的に合った適切な用紙を選択することが非常に重要です。 最適な印刷結果を得るには、信頼性とパフォーマンスが高 く、十分な検査を受けた推奨されている用紙 ( 「 96 ページの [サポートされ ている用紙の種類を選択するには ]」を参照) のみを使用してください。 すべ てのプリンタ関連製品 (プリンタ、インク システム、用紙) は、一緒に使用す
    • p. 250/282
      ● 適切な印刷品質設定 (高速、標準、高品質) を選択していることを確認し てください。 印刷品質は、ドライバ、内蔵Webサーバ、またはフロント パネルで設定できます。 ドライバまたは内蔵Webサーバの設定は、フロ ントパネルの設定よりも優先されます。 用紙の種類と印刷品質設定の組 み合わせによって、用紙に対するインクの転写方法が決定されます。たとえば、インク濃度、ハーフトーン、プリントヘッドの移動回数などが決定されます。 詳細は、 「 129 ページの [印刷品質設定を選択するに は ]」を参照してください。
    • p. 251/282
      22 プリンタの仕様について ● 249 ページの [プリンタ機能の仕様について] ● 252 ページの [物理的仕様について] ● 252 ページの [メモリの仕様について] ● 252 ページの [電源の仕様について] ● 253 ページの [エコロジーに関する仕様について] ● 253 ページの [動作環境の仕様について] ● 253 ページの [動作音に関する仕様について] プリンタ機能の仕様について HP No. 90インク サプライ品 プリントヘッド イエロー、マゼンタ、黒、シアン(各2個)
    • p. 252/282
      印刷解像度 印刷品質 高精細 描画 /テキスト用に最適化 イメージ用に最適化 レンダリング解像度 (dpi) 印刷解像度 (dpi) レンダリ ング解像度 (dpi) 印刷解像度 (dpi) 高品質 オン 1200 Ч1200 2400 Ч 1200 (光沢フォト用紙、キャンバス ) 1200 × 1200 (その他の用紙 ) 1200 Ч1200 2400 Ч 1200 (光沢フォト用紙2、光沢フォト用紙、キャンバス ) 1200 × 1200 (その他の用紙 ) オフ 600 Ч 600 1200
    • p. 253/282
      印刷品質 高精細 描画 /テキスト用に最適化 イメージ用に最適化 レンダリング解像度 (dpi) 印刷解像度 (dpi) レンダリ ング解像度 (dpi) 印刷解像度 (dpi) ンクジェット普通紙、普通紙 ) 1200 × 600 (その他の用紙 ) オフ 300 Ч 300 1200Ч1200 (光沢フォト用紙 ) 600 × 600 (高速印刷用 ) 1200 × 600 (その他の用紙 ) 300 Ч 300 1200Ч1200 (光沢フォト用紙 ) 600 × 600 (インクジェット普通紙
    • p. 254/282
      サポートされているグラフィック言語 HP Designjet 4000および4000psプリンタ HP-GL/2、RTL、TIFF、JPEG、CALS G4 HP Designjet 4000psプリンタのみ Adobe PostScript 3、PDF 1.5 物理的仕様について 重量 (スタンド部を含む) ≈ 115kg 幅 < 1930mm 奥行き < 800mm 高さ ≈ 1350mm メモリの仕様について 標準装備メモリ (DRAM) 256MB 最大メモリ (DRAM) 512MB
    • p. 255/282
      エコロジーに関する仕様について プリンタのエコロジーに関する仕様の最新情報については、http://www.hp.com/ にアクセスし、「ecological specifications」で検索してください。 動作環境の仕様について イメージを最高品質で印刷するための相対湿度範囲 20~80% (用紙の種類により変動) イメージを最高品質で印刷するための温度範囲 15~35°C (59~95°F) (用紙の種類により変動 ) 印刷時の温度範囲 5~40°C (41~104°F) 印刷時以外の温度範囲
    • p. 256/282
      第 22 章 254 プリンタ の仕様に ついて
    • p. 257/282
      23 注文できるサプライ品とアクセサ リについて ● 255 ページの [注文できるインク サプライ品について] ● 256 ページの [注文できる用紙について] ● 258 ページの [注文できるアクセサリについて] 注記 日本では販売されていない製品があります。ご購入の際には、 ご確認ください。 注文できるインク サプライ品について このプリンタ用にご注文いただけるインク サプライ品は以下のとおりです。 インクカートリッジ カートリッジ 容量 (cm³) 製品番号 HP 90シアン 225 C5060A
    • p. 258/282
      注文できる用紙について このプリンタに現在対応している用紙の種類は以下のとおりです。 注記 以下の表の内容は、将来変更される場合があります。 最新情報 については、 http://www.hp.com/go/designjetを参照してください。 高等技術を応用した用紙 名称 g/m² 24インチ幅 36インチ幅 42インチ幅 HPインクジェット普通紙 90 C1860A*C6035A† C1861A*C6036A† なし HPインクジェット普通紙 (長尺) 90 なし C6810A なし HPマットフィルム
    • p. 259/282
      プレミアム フォト用紙 名称 g/m² 24インチ幅 36インチ幅 42インチ幅 HP光沢フォト用紙2 245 なし Q1938A Q1939A HP半光沢フォト用紙2 245 なし Q1943A Q1944A HP Photo Paper RC Matte 200 なし C7946A なし HP Proofing Paper RC Satin 200 なし C7952A なし Universal Line 名称 g/m² 24インチ幅 36インチ幅 42インチ幅 HPスタンダード光沢フォト用紙 179
    • p. 260/282
      名称 g/m² 24インチ幅 36インチ幅 42インチ幅 HP Outdoor Billboard Paper BlueBack 140 なし C7949A なし グラフィック アート/屋内/ファイン アート 名称 g/m² 24インチ幅 36インチ幅 42インチ幅 HP Canvas Matte 340 C7966A C7967A C7968A HP Outdoor Paper 145 なし Q1730A なし HP Canvas Paper 140 gsm 140 なし Q1718A なし HP Canvas
    • p. 261/282
      名称 製品番号 HP Designjetロール フィード スピンドル42” (スペアのスピンドルがあれば、種類の異なるロール紙の交換作業が楽になります ) Q5675A (続き) 259 注文でき る サプラ イ品とア クセサ リ について
    • p. 262/282
      第 23 章 260 注文 でき る サ プラ イ品とア クセサ リ について
    • p. 263/282
      24 困ったときにご利用できるサービ スについて ● 261 ページの [HPインスタント サポートについて] ● 261 ページの [HPカスタマ・ケアについて] ● 263 ページの [HP Designjet Onlineについて] ● 263 ページの [その他の情報について] HPインスタント サポートについて HPインスタント サポートは、プリンタから診断情報を収集し、HPの知識ベースに蓄積された解決策と照合して迅速に問題を解決する、 HPのトラブルシ ューティング用のツールです。 HPインスタント
    • p. 264/282
      または、このプリンタに付属の [Customer Service Guide (カスタマ サービ ス ガイド)] に記載されている電話番号までお電話ください。 お問い合わせになる前に● 本書の「トラブルシューティング」で紹介されている解決策を確認してください。 ● 本製品のドライバ付属のマニュアル (PostScriptファイルを印刷する場 合、または Microsoft Windowsのユーザの場合) を参照してください。 ● サードパーティ社製のソフトウェア ドライバとRIPをインストールして いる場合は、それらのマニュアルを参照してください。
    • p. 265/282
      HP Designjet Onlineについて 専用のサービスとリソースを十分にご活用いただくことで、 HP Designjet製 品およびソリューションに関して最大級のパフォーマンスを実現することができます。 HP Designjet Onlineは、大判印刷に携わる方々のコミュニティです (http://www.hp.com/go/designjet/ )。ご登録いただくと、以下のリソースを無制限でご利用になれます。● ダウンロード:プリンタの最新のファームウェア、ドライバ、ソフトウェア、メディア
    • p. 266/282
      第 24 章 264 困っ たと き に ご利 用できる サービ ス について
    • p. 267/282
      25 法律情報 ● 265 ページの [全世界共通の無償保証 ― HP Designjet 4000プリンタ シリーズ ] ● 269 ページの [Hewlett-Packardソフトウェア使用許諾書] ● 270 ページの [オープン ソースについて] ● 271 ページの [規格適合情報] ● 274 ページの [適合宣言 (DECLARATION OF CONFORMITY)] 全世界共通の無償保証 ― HP Designjet 4000プリンタ シリー ズ HP製品 無償保証期間 プリンタおよび関連
    • p. 268/282
      無償保証期間内に上記 HP製品の修理または交換が必要になった場合、本 文書の条項に基づき保証サービスを受けることができます。 3. ソフトウェア製品について、弊社の無償保証は、プログラム命令が実行 されない欠陥に対してのみ適用されます。 弊社はいかなるソフトウェア 製品についても、動作の中断について、あるいはエラーが発生しないという保証はいたしません。 4. 弊社の無償保証は、製品を通常の用法に従って使用した結果発生した不 具合に対してのみ適用されます。以下のような場合には適用されません。a. お客様の不適切または不十分な保守による場合。b.
    • p. 269/282
      換部品を提供し、 (ii) 必要に応じて電話等による部品取り付けのサポ ートを行います。 c. 万一、この無償保証の対象となっている不具合のある製品の修理ま たは交換に対応ができない場合は、不具合の通知を受けてからしかるべき期間内に、製品の購入代金を返金いたします。 8. お客様から故障した製品またはコンポーネント部品を弊社にご返却いた だくまで、弊社には交換または返金の義務はありません。 この無償保証 による交換によって返却されたコンポーネント、部品、またはハードウェア製品は、弊社の所有物となります。
    • p. 270/282
      害、および通常のまたは特別な事情による損害その他一切の損害 (収益または 資金の損失を含む )に対していかなる責任も負いません。 C. 国/地域別の法律 1. この無償保証は、特定の法的権利をお客様に与えるものです。 その他の 権利は、米国とカナダでは州によって、またはその他の国 /地域ではその 国 /地域によって異なる可能性があります。 お客様が有するその他の権利 については、国 /地域の法律をご確認ください。 2. この無償保証の一部が特定の国/地域の法律と一致していない場合は、そ の国 /地域の法律に合致するよう修正されます。
    • p. 271/282
      Hewlett-Packardソフトウェア使用許諾書 注意:本ソフトウェアの使用にあたり、お客様は、以下に記載する HPソフト ウェア使用許諾条件に従うものとします。 本ソフトウェアを使用することに よって、お客様はこれらの使用許諾条件に同意したものとみなされます。 お 客様がこれらの条件に同意しない場合であって、本ソフトウェアの購入金額の払い戻しを受けるためには、本ソフトウェアをご返却していただく必要があります。 また、本ソフトウェアが他の製品と共に提供されている場合は、 払い戻しのために、当該製品全てを未使用でご返却していただく場合があります。
    • p. 272/282
      逆アセンブルまたは解読 HPの書面による事前の承諾を取得しない限り、お 客様は、本ソフトウェアを逆アセンブルまたは逆コンパイルすることはできません。 ただし、一部の地域の法律によっては、限定的な逆アセンブルまた は逆コンパイルに対し HPの合意が不要な場合があります。 要求された場 合、お客様は、逆アセンブルまたは逆コンパイルについて合理的な範囲の詳細情報を HPに提供しなければなりません。 お客様は、本ソフトウェアの使 用のために必要でない限り、本ソフトウェアを解読できません。 譲渡 本ソフトウェアを譲渡した時点で、お客様に対する本使用許諾は自動的
    • p. 273/282
      規格適合情報 プリンタで使用されているインク システムの最新のMaterial Safety Data Sheets (MSDS) を取得するには、次の住所宛にご請求ください。Hewlett-Packard Customer Information Center, 19310 Pruneridge Avenue, Dept.MSDS, Cupertino, CA 95014, U.S.A. また、次の Webページでもご請求いただけます。http://www.hp.com/ hpinfo/community/environment/productinfo/psis_inkjet.htm
    • p. 274/282
      Normes de sécurité (カナダ) Le présent appareil numérique n'émet pas de bruitsradioélectriquesdépassant les limites applicables aux appareils numériquesde Classe A prescritesdans le réglement sur le brouillage radioélectriqueédicté par le Ministéredes Communications
    • p. 275/282
      EMIステートメント (台湾) EMIステートメント (中国) 騒音 Geräuschemission (Germany) LpA < 70 dB, am Arbeitsplatz, imNormalbetrieb, nach DIN45635 T. 19. 273 法律情報
    • p. 276/282
      適合宣言 (DECLARATION OF CONFORMITY) according to ISO/IEC Guide 22 and EN 45014 Supplier's name: Hewlett-Packard Company Supplier's address: Avenida Graells, 50108174 Sant Cugat del VallèsBarcelona, Spain declares that the product Regulatory Model (3) : BCLAA-0401
    • p. 277/282
      this number should not be confused with the marketing name or theproduct numbers. Josep–Maria PujolHardware Quality ManagerSant Cugat del Vallès (Barcelona)July 9th, 2004 規格適合に関する問い合わせ先 ヨーロッパ: Hewlett-Packard GmbH, HQ-TRE, Herrenberger Strasse 140, D-71034
    • p. 278/282
      第 25 章 276 法律情報
    • p. 279/282
      索引 AArcGIS 159AutoCAD 159 CCALS/G4 138 DDesignjet Online 263 HHP Designjet Online 263HP-GL/2 138HPインスタント サポート261HPカスタマ・ケア 261HP純正以外の用紙 99HP製以外のインクカートリッジ 242 IIEEE1394接続 53InDesign 151 JJetdirectプリント サーバ 取り付ける 57 JPEG 138 MMicrosoft Office 159 PPDF 138Photoshop
    • p. 280/282
      ここのガイドの使用方法 7 コンポーネント (プリンタ) 9 さざらつき 195 サポート サービス HP Designjet Online 263HPインスタント サポート 261 HPカスタマ・ケア 261 サポートされている用紙 96 すスリープ モード待ち時間 80 そソフトウェア 12 ソフトウェア使用許諾 269 たタイムアウトの待機 227 ねネスティング 167 はハードディスクの仕様 252 パレット 設定の変更 136 ふファームウェアのアップデート 175 フロントパネル エラー
    • p. 281/282
      ろローラーからきしみ音がする230ローラーの潤滑 230 ロール紙 スピンドルに取り付ける83プリンタに取り付ける 86 取り外す 91 ロール紙をスピンドルに取り付ける 83 ロール紙をプリンタから取り外す 91 ロール紙をプリンタに取り付ける 86 ん『クイック リファレンス ガイ ド』フォルダ 28 一部のみ印刷 207 一部のイメージ 208 乾燥時間 キャンセル 100 変更 100 概要 248 予防保守 237 仕様 インク サプライ品 249 エコロジー 253 グラフィック言語 252
    • p. 282/282
      用紙スタッカ 積み重ねの問題 220 用紙スタッカでの積み重ねの問題 220 空白のページ 207 紙詰まり 217 細い線 193 縦置き 133 背面のランプ 236 芯アダプタ 84 解像度 250 言語 77 診断 177 誤った向きに回転 209 通信の問題 228 適合宣言 274 重なった線 137 重なっているイメージ 210 間違った色 199 電子メール アラート 80 電源の仕様 252 高速出力 131 黒点の補正 140 280
 

© 2012–2018, manyuaru.com
All rights reserved.