取扱説明書とユーザーガイド - LGL22 LG

LGL22 LG の取扱説明書やユーザーガイドが1以上あります。

  • LG LGL22 (ページ: 188)

    目次
    • p. 1/188
    • p. 2/188
      ii ごあいさつ このたびは、LGL22(以下、 「本製品」と 表記します)をお買い上げいただき、誠にありがとうございました。ご使用の前に『取扱説明書』(本書)または『取扱説明書(詳細版)』をお読みいただき、正しくお使いください。お読みになった後は、いつでも見られるようお手元に大切に保管してください。『取扱説明書』 (本書)を紛失されたときは、auショップ もしくはお客さまセンターまでご連絡ください。
    • p. 3/188
      1 操作説明について ■ ■『取扱説明書』(本書)主な機能の主な操作のみ説明しています。さまざまな機能のより詳しい説明については、本体内で利用できる『取扱説明書アプリケーション』やauホームページより『取扱説明書(詳細版)』をご参照ください。http://www.au.kddi.com/support/mobile/guide/manual/• 本書に記載している会社名、製品名は、 各社の商標または登録商標です。 ■ ■ 取扱説明書アプリケーション本製品では、本体内で詳しい操作方法を確認できる『取扱説明書アプリケーション』を利用できます。また、機能によっては説明画面からその機能を起動することができます。
    • p. 4/188
      2 For■Those■Requiring■an■ English■Instruction■Manual■ 英語版の『取扱説明書』が必要な方へ You can download the English version of the Basic Manual from the au website (available from approximately one month after the product is released). 『取扱説明書・抜粋(英語版)』をauホー ムページに掲載しています(発売約1
    • p. 5/188
      3 本製品をご利用いただく にあたって • サービスエリア内でも電波の届かない 場所(トンネル・地下など)では通信できません。また、電波状態の悪い場所では通信できないこともあります。なお、通信中に電波状態の悪い場所へ移動すると、通信が途切れることがありますので、あらかじめご了承ください。 • 本製品は電波を使用しているため、第 三者に通信を傍受される可能性がないとは言えませんので、ご留意ください。 (ただし、LTE / CDMA / GSM / UMTS方式は通信上の高い秘話・秘匿機能を備えております。)
    • p. 6/188
      4 • 海外でご利用される場合は、その国/ 地域の法規制などの条件をあらかじめご確認ください。 • お子様がお使いになるときは、保護者 の方が「取扱説明書」(本書)をよくお読みになり、正しい使いかたをご指導ください。 こんな場所では、使用禁止! • 自動車・原動機付自転車・自転車運転 中に携帯電話を使用しないでください。交通事故の原因となります。自動車・原動機付自転車運転中の携帯電話の使用は法律で禁止されています。また、自転車運転中の携帯電話の使用も法律などで罰せられる場合があります。 • 航空機内で本製品を使用しないでくだ
    • p. 7/188
      5 マナーも携帯! • 通話中の声は大きすぎないようにしま しょう。 • 携帯電話のカメラを使って撮影などす る際は、相手の方の許可を得てからにしましょう。 • 本製品はパソコンなどと同様に、お客 様がインストールを行うアプリケーションなどによっては、お客様の本製品の動作が不安定になったり、お客様の位置情報や本製品に登録された個人情報などがインターネットを経由して外部に発信され不正に利用される可能性があります。このため、ご利用になるアプリケーションなどの提供元および動作状況について十分にご確認のうえご利用ください。
    • p. 8/188
      6 同梱品一覧 ご使用いただく前に、下記の同梱物がすべてそろっていることをご確認ください。●本体(背面カバー含む) ●ステレオイヤホンマイク(イヤーパッ ド:サイズS、M、L)(試供品) ●設定ガイド●取扱説明書(本書)●保証書 以下のものは同梱されていません。●microUSBケーブル●ACアダプタ●microSDメモリカード●卓上ホルダ ※ ステレオイヤホンマイク(試供品)は 防水/防塵性能を有しておりません。 ※ テレビ(ワンセグ)を視聴するときは、 必ずステレオイヤホンマイク(試供品)を本製品に接続してください。ステレオイヤホンマイク(試供品)がテレビアンテナとして機能します。
    • p. 9/188
      7 • 指定の充電用機器(別売)をお買い求 めください。 • 本文中で使用している携帯電話のイラ ストはイメージです。実際の製品と違う場合があります。 • 電池は本製品に内蔵されています。 au災害対策アプリを利用 する a u災害対策アプリは、災害用伝言板や、緊急速報メール(緊急地震速報、災害・避難情報、津波警報)、災害用音声お届けサービス、災害情報/義援金サイトを利用することができるアプリです。 a ホーム画面■u■[アプリ]■u■[設定/サポート]■u■[au災害対策] au災害対策メニューが表示されます。
    • p. 10/188
      8 災害用伝言板を利用する 災害用伝言板とは、震度6弱程度以上の地震などの大規模災害発生時に、被災地域のお客様がLTE NET上から自己の安否情報を登録することが可能となるサービスです。登録された安否情報はau電話をお使いの方の他、他通信事業者やパソコンなどからも確認していただくことが可能です。詳しくは、auホームページの、 「災害用伝 言板サービス」をご覧ください。 a au災害対策メニュー■u■[災害用伝言板] 画面に従って、登録/確認を行ってください。 • 安否情報の登録を行うには、Eメール アドレス(~
    • p. 11/188
      9 • 当社は、本サービスの品質を保証する ものではありません。本サービスへのアクセスの集中や設備障害に伴う安否情報の登録にかかわる不具合、安否情報の破損、滅失などによる損害または登録された安否情報に起因する損害につきましては原因の如何によらず、一切の責任を負いかねます点、ご了解のうえご利用ください。 緊急速報メールを利用する 緊急速報メールとは、気象庁が配信する緊急地震速報や津波警報、国や地方公共団体が配信する災害・避難情報を、特定エリアのau電話に一斉にお知らせするサービスです。お買い上げ時は、緊急速報メール(緊急地震速報および災害・避難情報)の「受信設定」は「受信する」に設定されています。津波警報の受信設定は、災害・避難情報の設定にてご利用いただけます。緊急地震速報を受信した場合は、周囲の状況に応じて身の安全を確保し、状況に応じた、落ち着きのある行動をお願いいたします。津波警報を受信した時は、直ちに海岸から離れ、高台や頑丈な高いビルなど安全な場所に避難してください。
    • p. 12/188
      10 a au災害対策メニュー■u■[緊急速報メール] 受信ボックスが表示されます。確認したいメールを選択するとメールの詳細を確認できます。 削除 受信したメールを削除します。 設定 受信設定 緊急地震速報:緊急地 震速報を受信するかどうかを設定します。災害・避難情報:災害・避難情報および津波警報を受信するかどうかを設定します。 設定 通知設定 音量:受信音の音量を 設定します。バイブ:受信時にバイブレータが動作するかどうかを設定します。マナー時の鳴動:マナーモード(サウンドプロフィールを「バイブレートのみ」、「サイレント」)設定中は、マナーモードの設定でお知らせするかどうかを設定します。
    • p. 13/188
      11 設定 受信音/ バイブ確認 緊急地震速報:緊急地震速報の受信音やバイブレータの動作を確認します。災害・避難情報:災害・避難情報および津波警報の受信音やバイブレータの動作を確認します。 • 緊急速報メール受信時は、専用の警報 音が鳴動します。警報音は変更できません。 • 緊急地震速報とは、最大震度5弱以上 と推定した地震の際に、強い揺れ(震度4以上)が予測される地域をお知らせするものです。 • 地震の発生直後に、震源近くで地震(P 波、初期微動)をキャッチし、位置、規模、想定される揺れの強さを自動計算し、地震による強い揺れ(S波、主要動)が始まる数秒~数十秒前に、可能な限り素早くお知らせします。
    • p. 14/188
      12 • 津波警報とは、気象庁から配信される 大津波警報、津波警報を、対象沿岸を含む地域へお知らせするものです。 • 災害・避難情報とは、国や自治体から 配信される避難勧告や避難指示、各種警報などの住民の安全にかかわる情報をお知らせするものです。 • 日本国内のみのサービスです(海外で はご利用になれません)。 • 緊急速報メールは、情報料・通信料と も無料です。 • 当社は、本サービスに関して、通信障 害やシステム障害による情報の不達・遅延、および情報の内容、その他当社の責に帰すべからざる事由に起因して発生したお客様の損害について責任を負いません。
    • p. 15/188
      13 • テレビやラジオ、その他伝達手段によ り提供される緊急地震速報とは配信するシステムが異なるため、緊急地震速報の到達時刻に差異が生じる場合があります。 • お客様の現在地と異なる地域に関する 情報を受信する場合があります。 災害用音声お届けサービスを 利用する 災害用音声お届けサービスとは、大規模災害時にスマートフォンで音声を録音し、安否を届けたい方へ音声メッセージとしてお届けするサービスです。 a au災害対策メニュー■u■[災害用音声お届けサービス] ■ ■ 音声を送る(送信) [声をお届け]を選択し、[①お届け先
    • p. 16/188
      14 ■ ■ 音声を受け取る(受信) 音声メッセージが届いたことが、ポップアップ画面、もしくは、SMSで通知されます。音声メッセージを受信(ダウンロード)し、再生することで、聞くことができます。 • 受け取る相手が災害用音声お届けサー ビスに対応したau災害対策アプリを立ち上げていないスマートフォンや、au携帯電話の場合、SMSでお知らせします。 • SMSで通知された場合、au災害対策 アプリに情報は保存されません。 • Wi-Fi ® でのご利用には、LTE/3Gネッ トワークにて初期設定が必要になります。
    • p. 17/188
      15 • 本体(メモリ)に空き容量がない場合 は、音声メッセージが保存・再生できない場合があります。 • 音声メッセージの受信に対応していな い端末があります。詳しくはa uホームページをご覧ください。 災害情報/義援金サイトを利 用する 自治体が配信した災害・避難情報の履歴や、災害情報ポータル、義援金サイトなどを確認できます。 a au災害対策メニュー■u■[災害情報/義援金サイト] b 画面の指示に従って操作
    • p. 18/188
      16 目次 ごあいさつ………………………………… ii操作説明について………………………… 1安全上のご注意…………………………… 2本製品をご利用いただくにあたって…… 3同梱品一覧………………………………… 6au災害対策アプリを利用する ………… 7 安全上のご注意 本書の表記方法について……………… 18免責事項について……………………… 20安全上のご注意(必ずお守りください) … 22取り扱い上のお願い…………………… 52防水性能に関するご注意……………… 70Bluetooth ® /無線LAN(Wi-Fi
    • p. 19/188
      17 電話 電話をかける……………………………127電話を受ける……………………………132自分の電話番号を確認する……………134 ファイル管理 microSDメモリカードを利用する …135 機能設定 設定メニューを表示する………………140 付録 周辺機器のご紹介………………………147故障とお考えになる前に………………150ステレオイヤホンマイク(試供品)を 使用する…………………………………154ソフトウェアを更新する………………154アフターサービスについて……………157主な仕様…………………………………163携帯電話機の比吸収率(SAR)に
    • p. 20/188
      18 安全上のご注意 本書の表記方法について ■ ■ 掲載されているキー表示について本書では、キーの図を次のように簡略化しています。 ■ ■ 項目/アイコン/キーなどを選択する 操作の表記方法について 本書では、操作手順を以下のように表記しています。タップとは、ディスプレイに表示されているボタンやアイコンを指で軽く叩いて選択する動作です。 表記 意味 ホーム画面 u [電話] u[1][4][1] u [ ] ホーム画面下部の [ (電話)]をタップします。続けて [ ][ ] [ ]の順にタッ プして、最後に
    • p. 21/188
      19 安全上のご注意 表記 意味 ホーム画面 u [ ] u [システム設定] ホーム画面で [ ] をタップします。続けて[システム設定]をタップします。 • 本書では縦表示の操作を基準に説明し ています。横表示では、メニューの項目/アイコン/画面上のキーなどが異なる場合があります。 • 本書に記載されているメニューの項目 や階層、アイコンはご利用になる機能や条件などにより異なる場合があります。 • 本書では「microSD™メモリカード」、 「microSDHC™メモリカード」およ び「microSDXC™メモリカード」の名称を、「microSDメモリカード」もしくは「microSD」と省略しています。
    • p. 22/188
      20 安全上のご注意 ■ ■ 掲載されているイラスト・画面表示に ついて 本書に記載されているイラスト・画面は、実際の製品・画面とは異なる場合があります。また、画面の一部を省略している場合がありますので、あらかじめご了承ください。 免責事項について • 地震・雷・風水害などの天災および当社 の責任以外の火災、第三者による行為、その他の事故、お客様の故意または過失・誤用・その他異常な条件下での使用により生じた損害に関して、当社は一切責任を負いません。 • 本製品の使用または使用不能から生ず る付随的な損害(記録内容の変化・消失、事業利益の損失、事業の中断など)に関して、当社は一切責任を負いません。
    • p. 23/188
      21 安全上のご注意 • 当社が関与しない接続機器、ソフト ウェアとの組み合わせによる誤動作などから生じた損害に関して、当社は一切責任を負いません。 • 本製品の故障・修理・その他取り扱いに よって、撮影した画像データやダウンロードされたデータなどが変化または消失することがありますが、これらのデータの修復により生じた損害・逸失利益に関して、当社は一切責任を負いません。 • 大切なデータはコンピュータのハード ディスクなどに保存しておくことをおすすめします。万一、登録された情報内容が変化・消失してしまうことがあっても、故障や障害の原因にかかわらず当社としては責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
    • p. 24/188
      22 安全上のご注意 安全上のご注意 (必ずお守りください) ■ ■ ご使用の前に、この「安全上のご注意」 をよくお読みの上、正しくお使いください。また、お読みになった後は大切に保管してください。 ● この「安全上のご注意」には、本製品 を使用するお客様や他の人々への危害や財産への損害を未然に防止するために、守っていただきたい事項を記載しています。 ● 各事項は以下の区分に分けて記載して います。 ■ ■ 表示の説明 危険 この表示は「人が死亡または重傷 ※1 を負う危険が差し 迫って生じることが想定される内容」を示しています。
    • p. 25/188
      23 安全上のご注意 ※2 傷害:治療に入院や長期の通院を要さな い、けが・やけど(高温・低温)・感電などを指します。 ※3 物的損害:家屋・家財および家畜・ペット にかかわる拡大損害を指します。 ■ ■ 図記号の説明 禁止(してはいけないこと)を示す記号です。 濡れた手で扱ってはいけないことを示す記号です。 分解してはいけないことを示す記号です。 水がかかる場所で使用したり、水に濡らしたりしてはいけないことを示す記号です。 必ず実行していただくこと(強制)を示す記号です。 電源プラグをコンセントから抜いていただく(強制)内容を示しています。
    • p. 26/188
      24 安全上のご注意 ■ ■ 本体、内蔵電池、充電用機器、au■ Nano■IC■Card(LTE)、周辺機器共通 危険 必ず下記の危険事項をお読みになってからご使用ください。 必ず指定の周辺機器をご使用ください。指定の周辺機器以外を使用した場合、発熱・発火・破裂・故障・漏液の原因となります。 高温になる場所(火のそば、暖房器具のそば、こたつの中、直射日光の当たる場所、炎天下の車内など)で使用、保管、放置しないでください。発火・破裂・故障・火災・傷害の原因となります。 ガソリンスタンドなど、引火性ガスが発生する場所に立ち入る場合は、必ず事前に本製品の電源をお切りください。また、充電もしないでください。ガスに引火するおそれがあります。また、ガソリンスタンド構内などでおサイフケータイ
    • p. 27/188
      25 安全上のご注意 火の中に投入したり、加熱したりしないでください。発火・破裂・火災の原因となります。 接続端子をショートさせないでください。また、接続端子に導電性異物(金属片・鉛筆の芯など)が触れたり、内部に入らないようにしてください。火災や故障の原因となります。 金属製のアクセサリーなどをご使用になる場合は、充電の際に接続端子やコンセントなどに触れないように十分ご注意ください。感電・発火・傷害・故障の原因となります。 カメラのレンズに直射日光などを長時間あてないようにしてください。レンズの集光作用により、発火・破裂・火災の原因となります。
    • p. 28/188
      26 安全上のご注意 警告 必ず下記の警告事項をお読みになってからご使用ください。 落下させる、投げつけるなど強い衝撃を与えないでください。破裂・発熱・発火・故障の原因となります。 屋外で雷鳴が聞こえたときは使用しないでください。落雷・感電のおそれがあります。 接続端子に手や指など身体の一部が触れないようにしてください。感電・傷害・故障の原因となる場合があります。 本製品が落下などによって破損し、ディスプレイが割れたり、機器内部が露出した場合、割れたディスプレイや露出部に手を触れないでください。感電したり、破損部でけがをする場合があります。auショップまたは安心ケータイサポートセンターまでご連絡ください。
    • p. 29/188
      27 安全上のご注意 水などの液体をかけないでください。また、水やペットの尿などが直接かかる場所や風呂場など湿気の多い場所での使用、または濡れた手での使用は絶対にしないでください。感電や電子回路のショート、腐食による故障の原因となります。万一、液体がかかってしまった場合には直ちにACアダプタの電源プラグを抜いてください。水濡れや湿気による故障は、保証の対象外となり有償修理となります。 本製品は防水性能を有する機種ですが、万一、水などの液体が背面カバーなどから本体などに入った場合には、ご使用をやめてください。そのまま使用すると、発熱・発火・故障の原因となります。
    • p. 30/188
      28 安全上のご注意 所定の充電時間を超えても充電が完了しない場合は、充電をおやめください。漏液・発熱・破裂・発火の原因となります。 乳幼児の手が届く場所には置かないでください。小さな部品などの誤飲で窒息したり、誤って落下させたりするなど、事故や傷害の原因となる場合があります。 注意 必ず下記の注意事項をお読みになってからご使用ください。 直射日光の当たる場所(自動車内など)や高温になる場所、極端に低温になる場所、湿気やほこりの多い場所に保管しないでください。発熱・発火・変形や故障の原因となる場合があります。
    • p. 31/188
      29 安全上のご注意 使用中や充電中に、布団などで覆ったり、包んだりしないでください。火災、故障、傷害の原因となります。 外部から電源が供給されている状態の本体、指定のACアダプタ (別売)に長時間触れないでくだ さい。低温やけどの原因となる場合があります。 本製品を長時間ご使用になる場合、特に高温環境では熱くなることがありますので、ご注意ください。長時間肌に触れたまま使用していると、低温やけどの原因となる場合があります。 コンセントや配線器具は定格を超えて使用しないでください。たこ足配線などで定格を超えると、発熱による火災の原因となります。
    • p. 32/188
      30 安全上のご注意 使用中に煙が出たり、異臭や異音がする、過剰に発熱しているなど異常が起きたときは使用をやめてください。充電中であれば、指定の充電用機器(別売)をコンセントまたはソケットから抜き、熱くないことを確認してから電源を切り、auショップまたは安心ケータイサポートセンターまでご連絡ください。また、落下したり、破損した場合なども、そのまま使用せず、auショップまたは安心ケータイサポートセンターまでご連絡ください。 ステレオイヤホンマイク(試供品)などを本製品に挿入して使用する場合は、適度な音量に調節してください。音量が大きすぎたり、長時間連続して使用したりすると耳に悪い影響を与えるおそれがあります。
    • p. 33/188
      31 安全上のご注意 ステレオイヤホンマイク(試供品)などを本製品に挿入し音量を調節する場合は、少しずつ音量を上げて調節してください。始めから音量を上げすぎると、突然大きな音が出て耳に悪い影響を与えるおそれがあります。 充電用機器や外部機器などをお使いになるときは、接続する端子に対してコネクタをまっすぐに抜き差ししてください。また、正しい方向で抜き差ししてください。破損・故障の原因となります。 ■ ■ 本体について 警告 必ず下記の警告事項をお読みになってからご使用ください。 自動車・原動機付自転車・自転車運転中に携帯電話を使用しないでください。交通事故の原因となります。自動車・原動機付自転車運転中の携帯電話の使用は法律で禁止されています。また、自転車運転中の携帯電話の使用も法律などで罰せられる場合があります。
    • p. 34/188
      32 安全上のご注意 航空機内で本製品を使用しないでください。航空機内での電波を発する電子機器の使用は法律で禁止されています。ただし、一部の航空会社ではご利用いただける場合もございます。詳細はご搭乗される航空会社にお問い合わせください。 高精度な電子機器の近くでは本製品の電源をお切りください。電子機器に影響を与える場合があります。(影響を与えるおそれがある機器の例:心臓ペースメーカー ・補聴器・その他医用電気機器・火災報知機・自動ドアなど。医用電気機器をお使いの場合は機器メーカーまたは販売者に電波による影響についてご確認ください。)
    • p. 35/188
      33 安全上のご注意 植込み型心臓ペースメーカーおよび植込み型除細動器や医用電気機器の近くで本製品を使用する場合は、電波によりそれらの装置・機器に影響を与えるおそれがありますので、次のことをお守りください。1. 植込み型心臓ペースメーカー および植込み型除細動器を装着されている方は、本製品を植込み型心臓ペースメーカーおよび植込み型除細動器の装着部位から15cm以上離して携行および使用してください。 2. 身動きが自由に取れない状況 など、15cm以上の離隔距離が確保できないおそれがある場合、付近に植込み型心臓ペースメーカーおよび植込み型除細動器を装着している方がいる可能性がありますので、事前に本製品の「機内モード」へ切り替える、もしくは電源を切ってください。
    • p. 36/188
      34 安全上のご注意 • ロビーなどであっても付近に 医用電気機器がある場合は本製品の電源をお切りください。 • 医療機関が個々に使用禁止、 持ち込み禁止などの場所を定めている場合は、その医療機関の指示に従ってください。 4. 医療機関の外で植込み型心臓 ペースメーカーおよび植込み型除細動器以外の医用電気機器を使用される場合(自宅療養など)は、電波による影響について個別に医療用電気機器メーカーなどにご確認ください。 通話・メール・インターネット・撮影・ゲームなどをするときや、テレビ(ワンセグ)視聴したり、音楽を聴くときなどは周囲の安全を確認してください。転倒・交通事故の原因となります。
    • p. 37/188
      35 安全上のご注意 撮影ライトをご使用になる場合は、人の目の前で発光させないでください。また、撮影ライト点灯時は発光部を直視しないようにしてください。視力低下などの障がいを引き起こす原因となります。特に乳幼児に対して至近距離で撮影しないでください。 自動車や原動機付自転車、自転車などの運転者に向けて撮影ライトを点灯させないでください。目がくらんで運転不能になり、事故を起こす原因となります。 ごくまれに点滅を繰り返す画面を見ていると、一時的に筋肉のけいれんや意識の喪失などの症状を起こす人がいます。こうした経験のある人は、事前に医師とご相談ください。
    • p. 38/188
      36 安全上のご注意 皮膚に異常を感じたときは直ちに使用を止め、皮膚科専門医へご相談ください。お客様の体質・体調によっては、かゆみ・かぶれ・湿疹などが生じる場合があります。
    • p. 39/188
      37 安全上のご注意 ■ ■ 本製品で使用している各部品の材質は以下のとおりです。 使用箇所 使用材質 表面処理 外装ケース(ディスプレイ枠部) PC樹脂 UVコーティング 外装ケース(側面) アルミニウム合金 陽極処理 外装ケース (外部接続端子挿入部周辺) PBT樹脂 - 背面カバー PC+ABS+GF 樹脂 IML 電源キー アルミニウム合金 陽極処理 音量キー アルミニウム合金 陽極処理 ディスプレイ 強化ガラス 防汚コーティング 受話口 PET 蒸着 アウトカメラ サファイア クリスタル -
    • p. 40/188
      38 安全上のご注意 キャッシュカード・フロッピーディスク・クレジットカード・テレホンカードなどの磁気を帯びたものを近づけたりしないでください。記録内容が消失される場合があります。 microSDメモリカードスロットに液体、金属体、燃えやすいものなどの異物を入れないでください。火災・感電・故障の原因となります。 ステレオイヤホンマイク(試供品)などを持って、本製品を振りまわさないでください。けがなどの事故や破損の原因となります。 通常はmicroSDメモリカードスロットカバーなどを閉めた状態で使用してください。カバーを閉めずに使用すると、ほこり・水などが入り故障の原因となります。
    • p. 41/188
      39 安全上のご注意 ■ ■ 内蔵電池について Li-ion00 (本製品の内蔵電池は、リ チウムポリマー電池です。)内蔵電池はお買い上げ時には、十分充電されていません。充電してからお使いください。 砂浜などの上に直に置かないでください。受話口、送話口、スピーカー部などに砂などが入り音が小さくなったり、本製品本体内に砂などが混入すると発熱や故障の原因となります。 通話・通信中などの使用中は、本体が熱くなることがありますので、長時間直接肌に触れさせたり、紙・布・布団などをかぶせたりしないでください。火災・やけど・故障の原因となる場合があります。
    • p. 42/188
      40 安全上のご注意 内蔵電池は消耗品です。充電しても使用時間が極端に短いなど、機能が回復しない場合には寿命ですのでご使用をおやめください。発熱・発火・破裂・漏液の原因となります。電池は内蔵型のため、auショップなどでお預かりの後、有償修理となります。また、ご利用いただけない期間が発生する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。なお、寿命は使用状態などにより異なります。 危険 必ず下記の危険事項をよくお読みになってからご使用ください。 液漏れして皮膚や衣服に付着した場合は、傷害を起こすおそれがありますので直ちに水で洗い流してください。また、目に入った場合は失明のおそれがありますので、こすらずに水で洗ったあと直ちに医師の診断を受けてください。機器に付着した場合は、液に直接触れないで拭き取ってください。
    • p. 43/188
      41 安全上のご注意 指定以外の電源電圧では使用しないでください。発火・火災・発熱・感電などの原因となります。• ACアダプタ(別売): AC100V ~ 240V • DCアダプタ(別売): DC12V・24V(マイナスアース車専用) ■ ■ 充電用機器について 警告 必ず下記の警告事項をよくお読みになってからご使用ください。 指定以外の電源電圧では使用しないでください。発火・火災・発熱・感電などの原因となります。日本国内家庭用AC100Vを使用してください。
    • p. 44/188
      42 安全上のご注意 共通DCアダプタ03(別売)のヒューズが切れたときは、指定 (定格250V、1A)のヒューズ と交換してください。指定以外のヒューズと交換すると、発熱・発火の原因となります。(ヒューズの交換は、共通DCアダプタ03 (別売)の取扱説明書をよくご確 認ください。) 指定の充電用機器(別売)のケーブルを傷つけたり、加工したり、ねじったり、引っ張ったり、重いものを載せたりしないでください。また、傷んだケーブルは使用しないでください。感電・ショート・火災の原因となります。 指定の充電用機器(別売)の電源プラグはコンセントまたはシガーライタソケットに根元まで確実に差し込んでください。差し込みが不完全だと、感電や発熱・発火による火災の原因となります。指定の充電用機器(別売)が傷んでいるときや、コンセントまたはシガーライタソケットの差し込み口がゆるいときは使用しないでください。
    • p. 45/188
      43 安全上のご注意 電源プラグについたほこりは、拭き取ってください。火災、やけど、感電の原因となります。 車載機器などは、運転操作やエアーバッグなどの安全装置の妨げにならない位置に設置・配置してください。交通事故の原因となります。車載機器の取扱説明書に従って設置してください。 長時間使用しない場合はACアダプタの電源プラグをコンセントから抜いておいてください。感電・火災・故障の原因となります。 接続端子に手や指など身体の一部が触れないようにしてください。感電・傷害・故障の原因となる場合があります。 雷が鳴り出したら電源プラグに触れないようにしてください。落雷による感電などの原因となります。
    • p. 46/188
      44 安全上のご注意 注意 必ず下記の注意事項をよくお読みになってからご使用ください。 風呂場などの湿気の多い場所で使用したり、濡れた手でACアダプタを抜き差ししないでください。感電や故障の原因となります。 水やペットの尿など液体が直接かからない場所でご使用ください。発熱・火災・感電・電子回路のショートによる故障の原因となります。万一、液体がかかってしまった場合には直ちにACアダプタの電源プラグを抜いてください。
    • p. 47/188
      45 安全上のご注意 共通DCアダプタ03(別売)は、車のエンジンを切ったまま使用しないでください。車のバッテリー消耗の原因となります。 充電は安定した場所で行ってください。傾いたところやぐらついた台などに置くと、落下してけがや破損の原因となります。特にバイブレータ設定中はご注意ください。また、布や布団をかぶせたり、包んだりしないでください。火災・故障の原因となります。 指定の充電用機器(別売)の電源プラグをコンセントまたはシガーライタソケットから抜くときは、電源プラグを持って抜いてください。ケーブルを引っ張るとケーブルが損傷するおそれがあります。
    • p. 48/188
      46 安全上のご注意 注意 必ず下記の注意事項をお読みになってからご使用ください。 au Nano IC Card(LTE)の取り付け・取り外しの際にご注意ください。手や指を傷付ける可能性があります。 au Nano IC Card(LTE)を使用する機器は、当社が指定したものをご使用ください。指定品以外のものを使用した場合はデータの消失や故障の原因となります。指定品については、auショップもしくはお客さまセンターまでお問い合わせください。 ■ ■ au■Nano■IC■Card(LTE)について 警告
    • p. 49/188
      47 安全上のご注意 au Nano IC Card(LTE)のIC(金属)部分に不用意に触れたり、ショートさせたりしないでください。データの消失・故障の原因となります。 au Nano IC Card(LTE)を落としたり、衝撃を与えたりしないでください。故障の原因となります。 au Nano IC Card(LTE)を折ったり、曲げたり、重い物を載せたりしないでください。故障の原因となります。 au Nano IC Card(LTE)を濡らさないでください。故障の原因となります。 au Nano IC
    • p. 50/188
      48 安全上のご注意 ■ ■ ステレオイヤホンマイク(試供品)に ついて 警告 必ず下記の警告事項をよくお読みになってからご使用ください。 ステレオイヤホンマイク(試供品)は防水性能を有しておりません。水などの液体をかけないでください。また、水やペットの尿などが直接かかる場所や風呂場など湿気の多い場所での使用、または濡れた手での使用は絶対にしないでください。発熱・火災・感電・電子回路のショート、腐食による故障の原因となります。 au Nano IC Card(LTE)のIC(金属)部分を傷付けないでください。故障の原因となります。
    • p. 51/188
      49 安全上のご注意 注意 必ず下記の注意事項をお読みになってからご使用ください。 ゲームや音楽再生などをする場合は、適度な音量に調節してください。音量が大きすぎたり長時間連続して使用したりすると難聴の原因となります。適度な音量であっても長時間の使用によっては難聴になるおそれがあります。また、音量を上げすぎると外部の音が聞こえにくくなり、踏切や横断歩道などで交通事故の原因となります。 自転車や自動車などの運転中や歩きながらのゲームや音楽再生に使用しないでください。安全性を損ない事故の原因となります。
    • p. 52/188
      50 安全上のご注意 音量を調節する場合は、少しずつ上げて調節してください。始めから音量を上げすぎると、突然大きな音が出て耳に悪い影響を与えるおそれがあります。 皮膚に異常を感じたときはすぐに使用を止め、皮膚科専門医へご相談ください。お客様の体質・体調によっては、かゆみ・かぶれ・湿疹などを生じる場合があります。 ケーブルを本体に巻き付けて使用しないでください。感度が落ちて音声が途切れたり、雑音が入る場合があります。ケーブルを引っ張って抜かないようにしてください。また、ケーブルを持って本体を吊り上げないでください。ケーブルや接続プラグ、本体のイヤホン端子が破損するおそれがあります。
    • p. 53/188
      51 安全上のご注意 ■ ■ ステレオイヤホンマイク(試供品)で使用している各部品の材質は以下のとおりです。 使用箇所 使用材質 表面処理 イヤーパッド シリコン - イヤホン外装 PC樹脂 UVコーティング ロゴ部分 アルミニウム 陽極処理 マイクボタン PC樹脂 - マイクボタンケース PC樹脂 - プラグ外装 ラバー - ケーブル ラバー - プラグ Ni(YR3541-2034) ニッケルメッキ
    • p. 54/188
      52 安全上のご注意 また、外部接続器を外部接続端子やイヤホン接続端子に差した状態の場合、コネクタ破損、故障の原因となります。外部に損傷がなくても保証の対象外となります。 ● 本製品の防水性能(IPX5、IPX7相当) を発揮するために、背面カバーをしっかりと取り付けた状態で、ご使用ください。 ただし、すべてのご使用状況について保証するものではありません。本製品内部に水を浸入させたり、充電用機器、オプション品に水をかけたりしないでください。雨の中や水滴がついたままでの背面カバーの取り付け/取り外しは行わないでください。水が浸入して内部が腐食する原因となります。
    • p. 55/188
      53 安全上のご注意 ● お手入れは乾いた柔らかい布(めがね 拭きなど)で拭いてください。乾いた布などで強く擦ると、ディスプレイに傷がつく場合があります。ディスプレイに水滴や汚れなどが付着したまま放置すると、シミになることがあります。またアルコール、シンナー、ベンジン、洗剤などで拭くと、外装の印刷が消えたり、色があせたりすることがあります。 ● 一般電話・テレビ・ラジオをお使いに なっている近くで使用すると影響を与える場合がありますので、なるべく離れてご使用ください。 ● 充電中など、ご使用状況によっては本
    • p. 56/188
      54 安全上のご注意 以下の場合はタッチパネルに触れても動作しないことがあります。また、誤動作の原因となりますのでご注意ください。 • 手袋をしたままでの操作• 爪の先での操作• 異物を操作面に乗せたままでの 操作 • 保護シートやシールなどを貼っ ての操作 • ディスプレイに水滴が付着また は結露している状態での操作 • 濡れた指または汗で湿った指で の操作 • 水中での操作 ● お子様がお使いになるときは、保護者 の方が『取扱説明書』(本書)をよくお読みになり、正しい使いかたをご指導ください。 ■
    • p. 57/188
      55 安全上のご注意 本製品本体のネジを外して内部の改造を行った場合、技術基準適合証明などが無効となります。技術基準適合証明などが無効となった状態で使用すると、電波法に抵触しますので、絶対に使用されないようにお願いいたします。 ● 本製品は不正改造を防止するために容 易に分解できない構造になっています。また、改造することは電波法で禁止されています。 ● 背面カバーを外したところに貼ってある IMEIの印刷されたシールは、お客様が使用されている本製品および通信モジュールが電波法および電気通信事業法に適合したものであることを証明するものですので、はがさないでください。
    • p. 58/188
      56 安全上のご注意 ● 本製品はディスプレイに液晶を使用し ております。低温時は表示応答速度が遅くなることもありますが、液晶の性質によるもので故障ではありません。常温になれば正常に戻ります。 ● 本製品で使用しているディスプレイ は、非常に高度な技術で作られていますが、一部に点灯しないドット(点)や常時点灯するドット(点)が存在する場合があります。これらは故障ではありませんので、あらかじめご了承ください。 ● 公共の場でご使用の際は、周りの方の 迷惑にならないようにご注意ください。 ● 本製品に登録された連絡先・メール・お
    • p. 59/188
      57 安全上のご注意 ● ポケットやかばんなどに収納するとき は、ディスプレイが金属などの硬い部材に当たらないようにしてください。傷の発生や破損の原因となります。また金属などの硬い部材がディスプレイに触れるストラップは、傷の発生や破損の原因となる場合がありますのでご注意ください。 ● 寒い場所から急に暖かい場所に移動さ せた場合や、湿度の高い場所、エアコンの吹き出し口の近くなど温度が急激に変化するような場所で使用された場合、本製品内部に水滴が付くことがあります(結露といいます)。このような条件下でのご使用は湿気による腐食や故障の原因となりますのでご注意ください。
    • p. 60/188
      58 安全上のご注意 ● 本製品のmicroSDメモリカードス ロットには、microSDメモリカード以外のものは挿入しないでください。 ● m i c r o S Dメモリカードの取り付け・ 取り外しの際に、必要以上の力を入れないでください。手や指を傷付ける場合があります。 ● microSDメモリカードのデータ書き 込み中や読み出し中に、振動や衝撃を与えたり、電源を切ったりしないでください。データの消失・故障の原因となります。 ● 受話音声をお聞きになるときは、受話 口が耳の中央にあたるようにしてお使いください。受話口(音声穴)が耳周囲にふさがれて音声が聞きづらくなる場合があります。
    • p. 61/188
      59 安全上のご注意 ● 近接センサーの上にシールなどを貼る と、センサーが誤動作し着信中や通話中にディスプレイの表示が常に消え、操作が行えなくなる場合がありますのでご注意ください。 ■ ■ タッチパネルについて ● タッチ操作は指で行ってください。 ボールペンや鉛筆など先が鋭いもので操作しないでください。正しく動作しないだけでなく、ディスプレイへの傷の発生や、破損の原因となる場合があります。 ● ディスプレイにシールやシート類(市 販の保護フィルムや覗き見防止シートなど)を貼らないでください。タッチパネルが正しく動作しない原因となる場合があります。
    • p. 62/188
      60 安全上のご注意 ■ ■ 内蔵電池について ● 夏期、閉めきった(自動車)車内に放 置するなど、極端な高温や低温環境では内蔵電池の容量が低下し、ご利用できる時間が短くなります。また、内蔵電池の寿命も短くなります。できるだけ、常温でお使いください。 ● 初めてお使いのときや、長時間ご使用 にならなかったときは、ご使用前に充電してください。 ● 爪先でタッチ操作をしないでくださ い。爪が割れたり、突き指などけがの原因となる場合があります。 ● ディスプレイ表面が汚れていたり、汗 や水で濡れていると、誤動作の原因となります。その場合は柔らかい布でディスプレイ表面を乾拭きしてください。
    • p. 63/188
      61 安全上のご注意 ■ ■ 充電用機器について ● ご使用にならないときは、指定の充電 用機器(別売)の電源プラグをコンセントまたはシガーライタソケットから外してください。 ● 指定の充電用機器(別売)の電源コー ドをアダプタ本体に巻き付けないでください。感電、発熱、火災の原因となります。 ● 充電用機器のプラグやコネクタと電源 コードの接続部を無理に曲げたりしないでください。感電、発熱、火災の原因となります。 ● 内蔵電池は消耗品です。充電しても機 能が回復しない場合は寿命ですのでご使用をおやめください。電池は内蔵型のため、a
    • p. 64/188
      62 安全上のご注意 ● 他のI Cカードリーダー/ライターな どに、au Nano IC Card(LTE)を挿入して故障した場合は、お客様の責任となりますのでご注意ください。 ● au Nano IC Card(LTE)のIC(金属) 部分はいつもきれいな状態でご使用ください。お手入れは乾いた柔らかい布 (めがね拭きなど)などで拭いてくだ さい。 ● au Nano IC Card(LTE)にシールな どを貼らないでください。 ■ ■ カメラ機能について ● カメラ機能をご使用の際は、一般的な モラルをお守りのうえご使用ください。
    • p. 65/188
      63 安全上のご注意 ■ ■ 音楽/動画/テレビ(ワンセグ)機能に ついて ● 自動車や原動機付自転車、自転車など の運転中は、音楽や動画およびテレビ (ワンセグ)を視聴しないでください。 自動車・原動機付自転車運転中の携帯電話の使用は法律で禁止されています (自転車運転中の使用も法律などで罰 せられる場合があります)。また、歩行中でも周囲の交通に十分ご注意ください。周囲の音が聞こえにくく、表示に気を取られ交通事故の原因となります。特に踏切、駅のホームや横断歩道ではご注意ください。 ● 本製品の故障・修理・その他の取り扱い
    • p. 66/188
      64 安全上のご注意 ■ ■ 著作権・肖像権について ● お客様が本製品で撮影・録音したデー タやインターネット上からダウンロードなどで取得したデータの全部または一部が、第三者の有する著作権で保護されている場合、個人で楽しむなどの他は、著作権法により、権利者に無断で複製、頒布、公衆送信、改変などはできません。 また、他人の肖像や氏名を無断で使用・改変などをすると肖像権の侵害となるおそれがありますので、そのようなご利用もお控えください。 なお、実演や興行、展示物などでは、個人で楽しむなどの目的であっても、撮影・録音を制限している場合がありますのでご注意ください。
    • p. 67/188
      65 安全上のご注意 添付して送信したり、パソコンに転送しておいてください。ただし、上記の手段でも控えが作成できないデータがあります。あらかじめ、ご了承ください。 ● 撮影したフォトなどをインターネット ホームページなどで公開する場合は、著作権や肖像権に十分ご注意ください。 ■ ■ 本製品の記録内容の控え作成のお願い ● ご自分で本製品に登録された内容や、 外部から本製品に取り込んだ内容で、重要なものは控え ※ をお取りくださ い。本製品のメモリは、静電気・故障などの不測の要因や、修理・誤った操作などにより、記録内容が消えたり変化する場合があります。
    • p. 68/188
      66 安全上のご注意 ● PINコード 使用例 第三者によるau Nano IC Card(LTE)の無断使用を防ぐ場合 初期値 1234 ● ロックNo.(NFC /おサイフケー タイロック) 使用例 「NFC /おサイフケータイ ロック」を利用する場合 初期値 1234 ご利用いただく各種暗証番号 について 本製品をご使用いただく場合に、各種の暗証番号をご利用いただきます。ご利用いただく暗証番号は次の通りとなります。設定された各種の暗証番号は各種操作・ご契約に必要となりますので、お忘れにならないようご注意ください。
    • p. 69/188
      67 安全上のご注意 PINコードについて ■ ■ PINコード第三者によるau Nano IC Card(LTE)の無断使用を防ぐために、電源を入れるたびにPINコードの入力を必要にすることができます。また、PINコードの入力要否を設定する場合にも入力が必要となります。PINコードは3回連続で間違えるとコードがロックされます。ロックされた場合は、PINロック解除コードを利用して解除できます。• お買い上げ時はPINコードの入力が不 要な設定になっていますが、 「UIMカー ドのロック」(uP.69)で入力が必要な設定に変更できます。
    • p. 70/188
      68 安全上のご注意 なお、「UIMカードのロック」を設定する場合にもPINコードの入力が必要です。 • お買い上げ時のPINコードは「1234」 に設定されていますが、「UIM PINの変更」でお客様の必要に応じて4 ~ 8桁のお好きな番号に変更できます。 ■ ■ PINロック解除コードPINコードがロックされた場合に入力することでロックを解除できます。• PINロック解除コードは、au Nano IC Card(LTE)が取り付けられていたプラスティックカード裏面に印字されている8桁の番号で、お買い上げ時にはすでに決められています。
    • p. 71/188
      69 安全上のご注意 ■ ■ UIMカードのロック a ホーム画面■u■[■ ■]■u■[シス テム設定]u■[一般] b [セキュリティ]■u■[UIMカード のロック設定] c [UIMカードのロック] d PINコードの入力■u■[OK] ■ ■ UIM■PINの変更 a ホーム画面■u■[■ ■]■u■[シス テム設定]u■[一般] b [セキュリティ]■u■[UIMカード のロック設定] c [UIM■PINの変更]
    • p. 72/188
      70 安全上のご注意 防水性能に関するご注意 本製品は背面カバーが完全に装着された状態でIPX5 ※1 相当、IPX7 ※2 相当の防水 性能を有しております(当社試験方法による)。具体的には、雨(1時間の雨量が20mm未満)の中、傘をささずに濡れた手で持って通話したり、お風呂やキッチンなど水がある場所でもお使いいただけます。正しくお使いいただくために、「ご使用にあたっての重要事項」「快適にお使いいただくために」の内容をよくお読みになってからご使用ください。記載されている内容を守らずにご使用になると、浸水や砂・異物などの混入の原因となり、発熱・発火・感電・傷害・故障のおそれがあります。
    • p. 73/188
      71 安全上のご注意 • 手や本体が濡れている状態での背面カ バーの開閉は絶対にしないでください。 ● 石けん、洗剤、入浴剤の入った水には 浸けないでください。 ● 海水、プール、温泉の中に浸けないで ください。 ■ ■ ご使用にあたっての重要事項 ● 防水のため、下図の線を指でなぞり、 背面カバーに浮きがないよう確実に閉じてください。 • 完全に閉まっていることで防水性能が 発揮されます。 • 接触面に微細なゴミ(髪の毛1本など) がわずかでも挟まると浸水の原因となります。
    • p. 74/188
      72 安全上のご注意 ● 水以外の液体(アルコールなど)に浸 けないでください。 ● 砂浜などの上に直に置かないでくださ い。受話口、送話口、スピーカーなどに砂などが入り音が小さくなったり、本製品本体内に砂などが混入すると発熱や故障の原因となります。 ● 水中で使用しないでください。 ● お風呂、台所など、湿気の多い場所に は長時間放置しないでください。 ■ ■ 快適にお使いいただくために• 水濡れ後は本体の隙間に水がたまって いる場合があります。よく振って水を抜いてください。特に背面カバーおよびキー部内の水を抜いてください。
    • p. 75/188
      73 安全上のご注意 『洗う』 :やや弱めの水流(6リットル/分 以下)で蛇口やシャワーより約10cm離れた位置で常温(5℃~ 35℃)の水道水で洗えます。• 耐水圧設計ではないので高い水圧を直 接かけたり、長時間水中に沈めたりしないでください。 • 洗うときは背面カバーをしっかり閉じ た状態で、ブラシやスポンジなどは使用せず手で洗ってください。 • 洗濯機や超音波洗浄機などで洗わない でください。 • 石けん、洗剤などの水道水以外のもの をかけたり浸けたりしないでください。 ■ ■ 利用シーン別注意事項
    • p. 76/188
      74 安全上のご注意 『お風呂』:お風呂で使用できます。濡れ た手で通話できますが、湯船には浸けないでください。耐熱設計ではありません。• お風呂場での長時間のご使用はおやめ ください。防湿仕様ではありません。 • 温泉や石けん、洗剤、入浴剤の入った 水には浸けないでください。また、水中で使用しないでください。故障の原因となります。 • 急激な温度変化は、結露の原因となり ます。寒い場所から暖かいお風呂場などに本製品を持ち込むときは、本体が常温になってから持ち込んでください。 • ディスプレイの内側に結露が発生した
    • p. 77/188
      75 安全上のご注意 • 水以外が付着した場合 万一、水以外(海水・洗剤・アルコールなど)が付着してしまった場合、すぐに水で洗い流してください。やや弱めの水流(6リットル/分以下)で蛇口やシャワーより約10c m離れた位置で常温(5℃~ 35℃)の水道水で洗えます。汚れた場合、ブラシなどは使用せず、背面カバーが開かないように押さえながら手で洗ってください。 • 水に濡れた後は 水濡れ後は水抜きをし、背面カバーを外さないで、本体、背面カバーとも乾いた清潔な布で水を拭き取ってください。寒冷地では本体に水滴が付着していると、凍結することがあります。凍結したままで使用すると故障の原因となり
    • p. 78/188
      76 安全上のご注意 ます。水滴が付着したまま放置しないでください。(本製品は、結露に関しては特別な対策を実施しておりません。) • ゴムパッキンについて au Nano IC Card(LTE)トレイ、microSDメモリカードスロットカバーのゴムパッキンは、防水性能を維持するため大切な役割をしています。傷付けたり、はがしたりしないでください。au Nano IC Card(LTE)トレイ、microSDメモリカードスロットカバーを閉める際はゴムパッキンを噛み込まないようご注意ください。噛み込んだまま無理に閉めようとすると、ゴムパッキンが傷付き、防水性能が維持できなくなる場合があります。接触面に微細なゴミ(髪の毛1本など)がわずかでも挟まると浸水の原因となり
    • p. 79/188
      77 安全上のご注意 本製品は水に浮きません。 • 耐熱性について 熱湯・サウナ・熱風(ドライヤーなど)は使用しないでください。本製品は耐熱設計ではありません。 • 衝撃について 本製品は耐衝撃性能を有しておりません。落下させたり、衝撃を与えないでください。また、受話口、送話口、スピーカーなどを綿棒やとがったものでつつかないでください。本体が破損・変形するおそれがあり、浸水の原因となります。 • 充電について 本体が濡れている状態では、絶対に充電しないでください。付属品、オプション品は防水性能を有しておりません。
    • p. 80/188
      78 安全上のご注意 ■ ■ 水に濡れたときの水抜きについて■■本製品を水に濡らした場合、非耐水エリアがありますので、そのまま使用すると衣服やかばんなどを濡らす場合や音が聞こえにくくなる場合があります。下記手順で水抜きを行ってください。 a 本体に付着した水分を乾いたタオルや布などでよく拭き取ってください。 b 本製品をしっかり持ち、図のように矢印の方向に20回程度水滴が飛ばなくなるまで振ってください。 本製品を振るときは、周囲の安全を確認し、落とさないようにしっかり握ってください。 c 電源キー、音量キーをタオルや布などでおおい、各キーを2
    • p. 81/188
      79 安全上のご注意 乾燥が不十分の場合、音が聞こえにくくなります。十分に放置して乾燥させてからご使用ください。 ■ ■ 充電のときは付属品、オプション品は防水性能を有しておりません。充電時、および充電後には次の点をご確認ください。• 本体が濡れている状態では絶対に充電 しないでください。感電や電子回路のショートなどによる火災・故障の原因となります。 • 本体が濡れていないかご確認くださ い。水に濡れた後に充電する場合は、よく水抜きをして乾いた清潔な布などで拭き取ってから、指定の充電用機器 (別売)、卓上ホルダ(別売)と接続し
    • p. 82/188
      80 安全上のご注意 Bluetooth ® /無線LAN (Wi-Fi ® )機能について • 本製品のBluetooth ® 機能および無線 LAN(Wi-Fi ® )機能は、日本国内規格、 FCC規格およびEC指令に準拠し、認定を取得しています。 • 無線LAN(Wi-Fi ® )やBluetooth ® 機 器が使用する2.4GHz帯は、さまざまな機器が運用されています。場合によっては他の機器の影響によって通信速度や通信距離が低下することや、通信が切断することがあります。 • 電気製品・AV・OA機器などの磁気を
    • p. 83/188
      81 安全上のご注意 • 通信機器間の距離や障害物、接続する 機器により、通信速度や通信できる距離は異なります。 2.4GHz帯ご使用上の注意 本製品のBluetooth ® 機能/無線LAN (Wi-Fi ® )機能は2.4GHz帯を使用します。 この周波数帯では、電子レンジなどの家電製品や産業・科学・医療用機器のほか、ほかの同種無線局、工場の製造ラインなどで使用される免許を要する移動体識別用構内無線局、免許を要しない特定の小電力無線局、アマチュア無線局など(以下 「ほかの無線局」と略す)が運用されてい
    • p. 84/188
      82 安全上のご注意 • 無 線 通 信 時 の セ キ ュ リ テ ィ と し て、 Bluetooth ® ・無線LAN(Wi-Fi ® )の標 準仕様に準拠したセキュリティ機能に対応しておりますが、使用環境および設定内容によってはセキュリティが十分でない場合が考えられます。Bluetooth ® ・ 無線LAN(Wi-Fi ® )によるデータ通信を 行う際はご注意ください。 • 無線LAN(Wi-Fi ® )は、電波を利用し て情報のやりとりを行うため、電波の届く範囲であれば自由にLAN接続できる利点があります。その反面、セキュリティの設定を行っていないときは、悪意ある第三者により不正に侵入されるなどの行為をされてしまう可能性があります。お客様の判断と責任において、セキュリティの設定を行い、使用することを推奨します。
    • p. 85/188
      83 安全上のご注意 本製品のBluetooth ® 機能および無線 LAN(Wi-Fi ® )機能は、2.4GHz帯の周 波数を使用します • Bluetooth ® 機能:2.4FH1 本製品は2.4GHz帯を使用します。変調方式としてFH-SS変調方式を採用し、与干渉距離は約10m以下です。 • 無線LAN(Wi-Fi ® )機能:2.4DS/ OF4 本製品は2.4GHz帯を使用します。変調方式としてDS-SS方式およびOFDM方式を採用しています。与干渉距離は約40m以下です。 • 使用帯域:全帯域
    • p. 86/188
      84 安全上のご注意 ■ ■ HT40W52 (5.2GHz帯 / 38, 46ch)W53 (5.3GHz帯 / 54, 62ch)W56 (5.6GHz帯 / 102, 110, 118, 126, 134ch) ■ ■ HT80W52 (5.2GHz帯 / 42ch)W53 (5.3GHz帯 / 58ch)W56 (5.6GHz帯 / 106, 122ch) パケット通信料について のご注意 • 本製品は常時インターネットに接続さ れる仕様であるため、アプリケーションなどにより自動的にパケット通信が行われる場合があります。このため、ご利用の際はパケット通信料が高額になる場合がありますので、パケット通信料定額/割引サービスへのご加入をおすすめします。
    • p. 87/188
      85 安全上のご注意 ※ 無線LAN(Wi-Fi ® )接続の場合 はパケット通信料はかかりません。 アプリケーションについて • アプリケーションのインストールは安 全であることをご確認のうえ、自己責任において実施してください。アプリケーションによっては、ウイルスへの感染や各種データの破壊、お客様の位置情報や利用履歴、携帯電話内に保存されている個人情報などがインターネットを通じて外部に送信される可能性があります。 • 万一、お客様がインストールを行った アプリケーションなどにより不具合が生じた場合、当社では責任を負いかねます。この場合、保証期間内であっても有償修理となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
    • p. 88/188
      86 安全上のご注意 • お客様がインストールを行ったアプリ ケーションなどによりお客様ご自身または第三者への不利益が生じた場合、当社では責任を負いかねます。 • アプリケーションによっては、 microSDメモリカードをセットしていないと利用できない場合があります。 • アプリケーションの中には動作中ス リープモードに入らなくなったり、バックグラウンドで動作して電池の消耗が激しくなるものがあります。 • 本製品に搭載されているアプリケーショ ンやインストールしたアプリケーションは、アプリケーションのバージョンアップによって操作方法や画面表示が予告なく変更される場合があります。また、本書に記載の操作と異なる場合がありますのであらかじめご了承ください。
    • p. 89/188
      87 ご利用の準備 各部の名称と機能 a h j k i c g d b f e q p m l o tu rs n a microSDメモリカードスロット/カバー b インカメラ(レンズ部) c 受話口(レシーバー) 通話中の相手の方の声、留守番電話の再生音などが聞こえます。 d 通知LED
    • p. 90/188
      88 ご利用の準備 e 近接センサー/明るさセンサー 近接センサーは通話中にタッチパネルの誤動作を防ぎます。明るさセンサーは周囲の明るさを検知して、ディスプレイの明るさを調整します。 f ■音量キー(DOWN / UP) 音量を調節します。 g ■電源キー スリープモードの移行/解除に使用します。 電源キーを長押しすると、マナー モード(サウンドプロフィールの設定)や機内モードの設定/解除、電源ON /OFF、再起動を行えます。 h ディスプレイ(タッチパネル) i イヤホン端子 j 外部接続端子 指定のACアダプタ(別売)などの接続時に使用します。
    • p. 91/188
      89 ご利用の準備 n 内蔵アンテナ部■ ■ (GPS、サブアンテナ) GPS利用時、通話時、インターネット利用時は、内蔵アンテナ部を手でおおわないでください。また、内蔵アンテナ部にシールなどを貼らないでください。通話/通信品質が悪くなります。 o au■Nano■IC■Card(LTE)スロット p フラッシュ q 赤外線ポート r ■マーク リーダー/ライターにかざすと、N F C データ/ FeliCaチップ内のデータのやりとりができます。 s 背面カバー t スピーカー 着信音やアラーム音などが聞こえます。
    • p. 92/188
      90 ご利用の準備 背面カバーを取り付ける /取り外す • 背面カバーの取り付け/取り外しは、 本製品本体の電源を切ってから行ってください。 • 本製品専用の背面カバーをご利用くだ さい。 背面カバーを取り付ける a 背面カバーの向きを確認して本体に合わせるように装着し、ツメ部分を1つずつしっかりと押して閉じる • 防水性能を維持するために、浮い ている箇所がないことを確認しながら確実に取り付けてください。 ※ 「防水性能に関するご注意」 (u P .70)を ご 参 照 く だ さい。
    • p. 93/188
      91 ご利用の準備 背面カバーを取り外す a 本体下部にある凹部に指(爪)をあてて、矢印( a )の方向に 押さえながら矢印( b )の方向 に持ち上げて隙間を空ける b 側面の隙間に爪を引っかけて、角から矢印( c )の方向に持ち 上げて軽く開く c 背面カバーを取り外す( d ) b a c d a b c
    • p. 94/188
      92 ご利用の準備 au Nano IC Card(LTE) を利用する au■Nano■IC■Card(LTE)にはお客様の電話番号などが記録されています。 本製品はau■Nano■IC■Card(LTE)にのみ対応しております。au携帯電話、スマートフォンとau■IC■カード、micro■au■ICカードまたはau■Micro■IC■Card(LTE)を差し替えてのご利用はできません。 au Nano IC Card(LTE)を取り扱うときは、故障や破損の原因となりますので、次のことにご注意ください。•
    • p. 95/188
      93 ご利用の準備 ■ ■ au■Nano■IC■Card(LTE)が挿入され ていない場合 au Nano IC Card(LTE)以外のカードを挿入して本製品を使用することはできません。au Nano IC Card(LTE)が挿入されていない、もしくはau Nano IC Card(LTE)以外のカードを挿入し電源を入れた場合は、 が通知エリアに表示され、次の操作を行うことができません。• 電話をかける ※ /受ける • 3G / LTEデータ通信• Eメール(@ezweb.ne.jp)の初期設
    • p. 96/188
      94 ご利用の準備 au Nano IC Card(LTE) を取り付ける/取り外す au■Nano■IC■Card(LTE)の取り付け/取り外しは、本製品の電源を切り、背面カバーを取り外してから行います。 au■Nano■IC■Card(LTE)を 取り付ける au Nano IC Card(LTE)の取り付けは、本製品の電源を切り、背面カバーを取り外してから行います。(uP.91「背面カバーを取り外す」) a 背面カバーを取り外す b ミゾに指の先をかけてトレイを引き出す c au■Nano■IC■Card(LTE)のIC
    • p. 97/188
      95 ご利用の準備 d 図の向きでトレイをau■Nano■IC■Card(LTE)スロットに差し込む • 切り欠きの方向にご注意ください。 au■Nano■IC■Card(LTE)を 取り外す au Nano IC Card(LTE)の取り外しは、本製品の電源を切り、背面カバーを取り外してから行います。(uP.91「背面カバーを取り外す」) a 背面カバーを取り外す
    • p. 98/188
      96 ご利用の準備 b ミゾに指の先をかけてトレイを引き出す c トレイを指の先で押さえながら、手前にすべり出すように取り出す d トレイからau■Nano■IC■Card■(LTE)を取り出す
    • p. 99/188
      97 ご利用の準備 充電する お買い上げ時には、内蔵電池は十分に充電されていません。初めてお使いになるときや電池残量が少なくなったときは、充電してからお使いください。ご利用可能時間は、次のとおりです。 連続待受時間 ※ 約530時間(LTE使用時)約550時間(3G使用時) 連続通話時間 ※ 約1000分 ※ 日本国内でご利用の場合の時間です。 使用環境や内蔵電池の状態によって使用時間は異なります。 • 充電中、本製品と内蔵電池が温かくな ることがありますが異常ではありません。(充電しながら、カメラの起動や通信を行うと、内蔵電池の温度が高くなります。)
    • p. 100/188
      98 ご利用の準備 指定のACアダプタ(別売)を 使って充電する 共通ACアダプタ04(別売)を接続して充電する方法を説明します。指定のACアダプタ(別売)については、 「周辺機器のご紹介」(uP.147)をご参 照ください。充電時間は、約130分です。 a 共通ACアダプタ04(別売)のmicroUSBコネクタを本製品の外部接続端子に差し込む • microUSBケーブルは、「B」の刻 印がある面を上にしてまっすぐに差し込んでください。
    • p. 101/188
      99 ご利用の準備 b 共通ACアダプタ04(別売)の電源プラグをAC100Vコンセントに差し込む 画面上部のステータスバー(u P.115)に が表示され、充電が開始されます。充電が完了するとステータスバーに が表示されます。 c 充電が終わったら本製品の外部接続端子から共通ACアダプタ04(別売)のmicroUSBコネクタをまっすぐ引き抜く d 共通ACアダプタ04(別売)の電源プラグをコンセントから抜く
    • p. 102/188
      100 ご利用の準備 が表示されない場合 • 画面上部のステータスバーに が表 示されるまでしばらくお待ちください。しばらく待っても表示されないときは接触不良が考えられます。共通A Cアダプタ04(別売)が確実に接続されているかご確認ください。それでも表示されない場合は充電を中止して、a uショップもしくは安心ケータイサポートセンターまでご連絡ください。 パソコンを使って充電する a microUSBケーブル(別売)のmicroUSBコネクタを本製品の外部接続端子にまっすぐに差し込む • microUSBケーブルは、「B」の刻
    • p. 103/188
      101 ご利用の準備 b microUSBケーブル(別売)のUSBコネクタをパソコンのUSBポートにまっすぐに差し込む a b • 本製品の電源を入れたままでも充電で きますが、充電時間は長くなります。 • USB充電を行った場合、指定のACア ダプタ(別売)での充電と比べて、時間が長くかかる場合があります。 • パソコン上に「新しいハードウェアの 検出ウィザード」画面が表示された場合は、「キャンセル」を選択してください。
    • p. 104/188
      102 ご利用の準備 電源を入れる/切る ■電源を入れる a ■電源キー(2秒以上長押 し) ロック解除画面が表示されます。画面をスワイプすると、ロックが解除されます。 • 電源を入れてから「au」のロゴが表示 されている間は、タッチパネルの初期設定を行っているため、画面に触れないでください。タッチパネルが正常に動作しなくなる場合があります。 電源を切る a ■電源キー(2秒以上長押 し) 携帯電話オプション画面が表示されます。 b [電源を切る]■u■[OK] • 8秒以上 電源キーを押し続 けると、本製品が再起動します。
    • p. 105/188
      103 ご利用の準備 強制的に電源を切る 本製品の電池は内蔵電池になっており、取り外せません。「画面が動かない」などの症状が発生した際に強制的に電源を切るには、以下の操作を行ってください。 a ■電源キー(10秒以上長 押し) 強制的に電源がOFFになります。 初期設定を行う お買い上げ後、初めて電源を入れたときは、自動的に初期設定画面が表示されます。画面の指示に従って、各機能の設定を行います。• ネットワークとの接続や設定の省略な どによっては手順が異なります。 • [スキップ]、[今は設定しない]など
    • p. 106/188
      104 ご利用の準備 c インターネット接続設定を選択して、[次へ] d Googleアカウントの設定を行い、[■ ■] • G o o g l eアカウントの追加画面が表 示されます。G o o g l eアカウントのセットアップについて詳しくは、同梱の「設定ガイド」をご参照ください。 • 文字入力方法について詳しくは、同 梱の「設定ガイド」をご参照ください。 e フロントタッチボタンの設定を行い、[次へ] f 「新しい体験をしましょう」画面 で[完了] g 「auかんたん設定」を必要に応 じて設定する
    • p. 107/188
      105 ご利用の準備 • Googleアカウントを設定しない場 合でも本製品をお使いになれますが、Googleハングアウト、Gmail、Google PlayなどのGoogleサービスがご利用になれません。 • サインインするためにはGoogleアカ ウントおよびパスワードが必要です。 au■IDを設定する au IDを設定すると、auスマートパスやGoogle Playに掲載されているアプリケーションの購入ができる「auかんたん決済」の利用をはじめとする、au提供のさまざまなサービスがご利用になれます。au
    • p. 108/188
      106 基本操作 タッチパネルの使い方 本製品のディスプレイはタッチパネルになっており、指で直接触れて操作します。• タッチパネルは指で軽く触れるように 設計されています。指で強く押したり、先のとがったもの(爪/ボールペン/ピンなど)を押し付けたりしないでください。 • 以下の場合はタッチパネルに触れても 動作しないことがあります。また、誤動作の原因となりますのでご注意ください。 - 手袋をしたままでの操作 - 爪の先での操作 - 異物を操作面に乗せたままでの 操作 - 保護シートやシールなどを貼っ ての操作
    • p. 109/188
      107 基本操作 ■ ■ タップ/ダブルタップ 画面に軽く触れて、すぐに指を離します。また、2回連続で同じ位置をタップする操作をダブルタップと呼びます。 ■ ■ ロングタッチ 項目やキーなどに指を触れた状態を保ちます。 ■ ■ スライド 画面内で表示しきれないときなど、画面に軽く触れたまま、目的の方向へなぞります。 ■ ■ フリック(スワイプ) 画面を指で素早く上下左右にはらうように操作します。 ■ ■ ピンチ 2本の指で画面に触れたまま指を開いたり(ピンチアウト)、閉じたり(ピンチイン)します。 ■
    • p. 110/188
      108 基本操作 ホーム画面を利用する ホーム画面の見かた ホーム画面は複数のデスクトップで構成されています。デスクトップを追加してショートカットやウィジェット、フォルダーを追加することができます。 f c a d b e g h i a ステータスバー b クイック検索ボックス c ショートカット/ウィジェット/■ フォルダー d クイックメニュー e デスクトップ
    • p. 111/188
      109 基本操作 f アプリ メインメニューが開き、アプリケー ション一覧が表示されます。 g 戻るキー 1つ前の画面に戻ります。 h ホームキー ホーム画面を表示します。 i メニューキー オプションメニューを表示します。 ホーム画面を利用する 本製品のホーム画面では、用途別に以下の5つのデスクトップが用意されています。これらを「isaiスクリーン」と呼びます。isaiスクリーンでは、特定のアプリケーションを起動することなく、さまざまな情報やコンテンツをホーム画面のみで利用できます。• センター 気象情報などを確認できます。
    • p. 112/188
      110 基本操作 • ビデオ ビデオパスやYouTubeなどの動画を閲覧できます。 • ニュース 各社ニュースを閲覧できます。 各デスクトップで上下方向にフリックすると、表示内容が時系列で切り替わります。 各デスクトップを利用するために 必要な設定 ■ ■ SNSを設定する a ホーム画面をスワイプして 「SNS」■u■[■ ■] b 追加するSNSを選択 • 追加するS N Sによって操作方法が 変わります。 • 画面に従って操作してください。 ■ ■ ニュースを登録するRSSフィードを登録し、ホーム画面に表示することができます。
    • p. 113/188
      111 基本操作 ■ ■ 天気予報を設定する a ホーム画面■u■天気エリアをタップ b 都市名を入力し、[■ ■] • 検索結果が表示されます。 c 検索結果から登録する都市名をタップ • ホーム画面 u 天気エリアをタッ プ u [ ] u 都市名を入力し、 [ ] u 検索結果から登録する 都市名をタップと操作すると都市を追加できます。 • 都市を追加した後に、ホーム画面 u 天気エリアをタップ u [ / ] と操作すると都市を切り替えられます。 • ホーム画面 u 天気エリアをタッ プ u[
    • p. 114/188
      112 基本操作 デスクトップを切り替える ホーム画面は複数のデスクトップで構成されており、左右にスライド/フリックすることで、デスクトップを切り替えることができます。 • 画面下部には、現在の表示位置を示す インジケーターが表示されます。 アプリケーションを起動する a ホーム画面■u■[アプリ] b アイコンをタップ タップしたアイコンのアプリケーションが起動します。フォルダーに格納されたアイコンは、フォルダーをタップすると表示されます。 • アプリケーションのアイコンをタップし てそれぞれの機能を使用すると、機能によっては通信料が発生する場合があります。
    • p. 115/188
      113 基本操作 主なアプリケーション プリインストールされている主なアプリケーションは以下のとおりです。 アイコン アプリ名 概要 Friends Note ケータイ電話のアドレス帳とFacebookやmixiなど複数のソーシャル・ネットワーキング・サービスの友人やメッセージを管理、投稿できるサービスです。 アイコン アプリ名 概要 auスマートパス 月額390円でアプリが取り放題!その他にもお得なクーポンやプレゼント、写真のお預かりサービスやセキュリティソフトなど、安心・快適なスマホライフが楽しめるサービスです。
    • p. 116/188
      114 基本操作 アイコン アプリ名 概要 au Wi-Fi 接続ツール au Wi-Fi SPOTの利用可能なスポットで簡単にWi-Fi ® を利用 できます。また、「かんたん接続」搭載の無線LANアクセスポイントと簡単にWi-Fi ® 設定できます。 リモートサポート スマートフォンの操作で困ったとき、お客様のスマートフォンの画面を共有し、お客様の操作をサポートするアプリです。 アイコン アプリ名 概要 3LM Security 本製品を盗難・紛失された場合に、本製品を遠隔操作でロックすることができます。
    • p. 117/188
      115 基本操作 本製品の状態を知る アイコンの見かた ステータスバーの左側には不在着信、新着メールや実行中の動作などをお知らせする通知アイコン、右側には本製品の状態を表すステータスアイコンが表示されます。また、ステータスバーを下方向にスライドすると通知パネルが表示されます。 ■ ■ 主な通知アイコン アイコン 概要 不在着信あり新着メールあり(Eメール)新着メールあり(PCメール)新着メールあり(Gmail)新着SMSありアラーム終了、スヌーズ中• アラーム終了操作を行わず にアラームが終了したときや、スヌーズ中に表示されます。
    • p. 118/188
      116 基本操作 アイコン 概要 着信中本体の空き容量が少ないときUSB接続中データのアップロード、ファイルの送信• アップロード中、ファイル 送信中のアイコンはアニメーション表示されます。 データ、アプリケーションのダウンロード中、ダウンロード完了、インストール中、ファイル受信中、ファイル受信完了、ファイル受信失敗• ダウンロード中、ファイル 受信中のアイコンはアニメーション表示されます。 アイコン 概要 利用可能なアップデートありGoogle Playでインストール完了、または更新完了VPN接続中メジャーアップデート(OSアップデート)更新ありまとめられたアイコンあり•
    • p. 119/188
      117 基本操作 ■ ■ 主なステータスアイコン アイコン 概要 時刻アラーム設定あり 電池レベル状態 十分/ 充電が必要/ 充電中 • 「十分」以外の充電中のア イコンはアニメーション表示されます。 機内モード 電波の強さ(受信電界) レベル4 / 圏外 LTEデータ通信状態3Gデータ通信状態 アイコン 概要 CDMA 1Xデータ通信状態ローミング中 文字種 ひらがな漢字入力/ 半角英字入力/ 半角数字入力/ 半角カタカナ 入力/ 全角英字入力/ 全角数字入力/ 全角カタ カナ入力バイブレートのみ設定中サイレント設定中
    • p. 120/188
      118 基本操作 アイコン 概要 GPS利用中• GPS取得中のアイコンは アニメーション表示されます。 データ同期中マイク付きイヤホン挿入状態イヤホン挿入状態 通知パネルについて ステータスバーに通知アイコンが表示されているときに、ステータスバーを下にスライドして通知パネルを開くと、通知の概要を確認したり、対応するアプリケーションを起動したりできます。 a ステータスバーを下方向にスライド
    • p. 121/188
      119 基本操作 b f c g h de a i a クイック設定 Qメ モ、 サ ウ ン ド プ ロ フ ィ ー ル、 GPS、Wi-Fi ® などをタップして起動 や設定の変更が行えます。 b Qスライドアプリ マルチタスクでアプリケーションを 起動できます。 c 画面の明るさ d ボリューム e 日付 日付を表示します。 f 設定 システム設定画面が表示されます。 g 消去 通知情報と通知アイコンの表示を消 去します。 通知内容によっては通知を消去でき ない場合があります。 h 通知情報 通知情報の詳細を表示します。
    • p. 122/188
      120 基本操作 通知LEDについて 通知L E Dの点灯/点滅により、充電を促したり、充電中の充電状態、不在着信やメールの受信などをお知らせしたりします。 LEDの色と点滅 通知内容 赤の点滅 充電中であることを示します。 緑の点滅 着信時、不在着信、PCメールに登録されたメールアカウントに未確認のEメールがあることを示します。 緑の点灯 充電が完了したことを示します。 虹色の点滅 アラーム鳴動中であることを示します。 LEDの色と点滅 通知内容 水色の点滅 カレンダーの通知があることを示します。 青の点滅
    • p. 123/188
      121 基本操作 スクリーンショットを撮る 表示している画面を画像として保存できます。 a ■電源キーと■ ■音 量キー (DOWN)を同時に1秒 以上押す 撮影したスクリーンショットは、ホーム画面 u [アプリ] u [基本機能] u [ギャラリー] u [ ] u [Screenshots]で見ることができ ます。 Qメモ機能を利用する 簡単にメモが作成できるアプリケーションです。紙と同じように自由に使用することができ、キャプチャした画面で重要な情報をハイライトすることなどもできます。 a 通知パネルを開き、
    • p. 124/188
      122 基本操作 / : 元に戻す/ やり直します。: ペンの種類やカラーを選 択できます。 : 消しゴムを利用できます。 「すべて消去」をタップす ると、作成したメモがすべて削除されます。 : 作成したメモを Bluetooth ® やEメールな どで送信できます。 : 作成したメモを保存しま す。 : タップすると、ツールバー を表示/非表示します。 : フロントタッチボタンを ロックまたはロック解除します。 c [■ ■]■u■保存先を選択 作成したメモが保存されます。保存先として以下の選択肢が表示されます。•
    • p. 125/188
      123 文字入力 文字を入力する 文字入力には、ソフトウェアキーボードを使用します。ソフトウェアキーボードは、連絡先の登録時やメール作成時などの文字入力画面で入力欄をタップすると表示されます。 ソフトウェアキーボードを■ 切り替える a 文字入力画面■u■[■ ■]をロングタッチ b [■ ■]/[■ ■] ■ ■ 10キーキーボード ■ ■ QWERTYキーボード
    • p. 126/188
      124 文字入力 • お買い上げ時には、入力ソフトとして 「LG 日本語キーボード」がインストー ルされています。 • L G 日本語キーボードでのキー操作時 の操作音やバイブレータなどを設定するには、文字入力画面 u [ ]をロングタッチ u [ ]u [キーボード設定]と操作します。 文字を入力する 10キーキーボードで入力する キーを繰り返しタップするか、上下左右にフリックすることで、入力したい文字を入力できます。 QWERTYキーボードで入力する 入力したい文字の文字入力キーをタップします。「ひらがな漢字」の場合は、ローマ字入力になります。
    • p. 127/188
      125 文字入力 文字入力画面の見方 c a def g h i jk b d 《文字入力画面(10キーキーボード)》 ※ ひらがな漢字入力中のキー表示です。 b a d l h e j c i f k 《文字入力画面(QWERTYキーボード)》 a 文字入力エリア b 通常変換候補リスト/予測変換候補 リスト c 音声入力キー/バックキー d カーソルキー
    • p. 128/188
      126 文字入力 e 記号・顔文字キー/英数・カナキー f 文字種切替キー 入力する文字種を切り替えます。 g 括弧キー/大文字・小文字切替キー h ソフトウェアキーボード 各キーに割り当てられた文字を入力 できます。 i DELキー 選択した文字やカーソルの左の文字 を削除します。 j 変換キー/スペースキー ひらがな入力中は通常変換候補リス トを表示します。カーソルの位置に スペースを挿入します。 k 確定キー/改行キー 入力中の文字を確定します。カーソ ルの位置で改行します。 l シフトキー 入力モードを切り替える
    • p. 129/188
      127 電話 電話をかける a ホーム画面■u■[電話] 電話番号入力画面が表示されます。 e c d b a f a 画面切替タブ b 電話番号入力欄 c 数字キー d SMSキー e 削除キー f 発信キー b 電話番号を入力 一般電話へかける場合には、同一市内でも市外局番から入力してください。 c [■ ■] 通話中画面が表示されます。通話中に 音量キー(DOWN / UP) を押すと、通話音量(相手の方の声の大きさ)を調節できます。 d [終了] 「通話設定」の「連絡先未登録番号追加」 を有効にすると、連絡先に未登録の電話番号との通話終了後に、連絡先に登録するかどうかの確認画面が表示されます。お買い上げ時は無効に設定されています。
    • p. 130/188
      128 電話 • 発信中/通話中に近接センサーをおお うと、画面が消灯します。 • 「1401」を付加して電話をかけた場 合の通話料は、a uのぷりペイドカードを購入し、ご登録された残高から引かれます。 • 送話口をおおっても、相手の方には声 が伝わりますのでご注意ください。 • 「機内モード」を設定中でも、緊急通 報番号(110、119、118)へは電話をかけることができます。また、緊急通報番号(110、119、118)へ電話をかけると「機内モード」の設定が解除されます。 履歴を利用して電話をかける
    • p. 131/188
      129 電話 au電話から海外へかける■ (au国際電話サービス) 本製品からは、特別な手続きなしで国際電話をかけることができます。例:本製品からアメリカの「212-123-XXXX」にかける場合 a 電話番号入力画面で国際アクセスコード、国コード、市外局番、相手の方の電話番号を入力■u■ [■ ■] 電話番号入力画面 u [ ] u [国 コード]で相手先の国名を選択して国際電話をかけることもできます。 国際アクセス コード ※1 国コード■ (アメリカ) 010 1 市外局番 ※2 相手の方の■ 電話番号
    • p. 132/188
      130 電話 • a u国際電話サービスは毎月のご利用 限度額を設定させていただきます。a uにて、ご利用限度額を超過したことが確認された時点から同月内の末日までの期間は、a u国際電話サービスをご利用いただけません。 • ご利用限度額超過によりご利用停止と なっても、翌月1日から再びご利用いただけます。また、ご利用停止中も国内通話は通常どおりご利用いただけます。 • 通話料は、a uより毎月のご利用料金 と一括してのご請求となります。 • ご利用を希望されない場合は、お申し 込みによりa u国際電話サービスを取り扱わないようにすることもできます。
    • p. 133/188
      131 電話 緊急通報位置通知について 本製品は、警察・消防機関・海上保安本部への緊急通報の際、お客様の現在地(GPS情報)が緊急通報先に通知されます。 • 警察(110)・消防機関(119)・海 上保安本部(118)について、ここでは緊急通報受理機関と記載します。 • 本機能は、一部の緊急通報受理機関で ご利用いただけない場合もあります。 • 緊 急 通 報 番 号(110、119、118) の 前 に「184」 を 付 加 し た 場 合 は、電話番号と同様にお客様の現在地を緊急通報受理機関に知らせることができません。
    • p. 134/188
      132 電話 • 緊急通報した際は、通話中もしくは通 話切断後一定の時間内であれば、緊急通報受理機関が、人の生命、身体などに差し迫った危険があると判断した場合には、発信者の位置情報を取得する場合があります。 電話を受ける a 着信中に■[■ ■]■をスライド(スワイプ) バックライト点灯中(ロック解除画面表示中を除く)に着信があった場合は、 [ ] をタップします。 b 通話■u■[終了] 「通話設定」の「連絡先未登録番号追加」 を有効にすると、連絡先に未登録の電話番号との通話終了後に、連絡先に登録するかどうかの確認画面が表示されます。お買い上げ時は無効に設定されています。
    • p. 135/188
      133 電話 ■ ■ 電話がかかってきた場合の表示について着信すると、次の内容が表示されます。• 相手の方から電話番号の通知がある と、画面に電話番号が表示されます。電話番号と名前が連絡先に登録されている場合は、名前などの情報も表示されます。 • 相手の方から電話番号の通知がない と、画面に理由が表示されます。 「非通知設定」「公衆電話」「通知不可 能 ※ 」 ※ 相手の方が通知できない電話からかけ ている場合です。 • LTE NET、LTE NET for DATAをご 契約いただいていない場合、「モバイルデータ」(uP.140)をオフにしてご利用ください。
    • p. 136/188
      134 電話 他の機能をご利用中に着信した場合は • 連絡先やメールなどをご利用中に着信 した場合は、着信が優先され、通話終了後に再度使用していた機能のご利用が可能となります。 • ボイスレコーダーなどで録音していた 場合は、電話に出ると録音が中断されて録音していたデータは保存されます。 自分の電話番号を確認する a ホーム画面■u■[■ ■]■u■[シス テム設定]■u■[一般]■u■[端末情報]■u■[ステータス] ステータス画面が表示され、電話番号欄に電話番号が表示されます。
    • p. 137/188
      135 ファイル管理 microSDメモリカード を利用する microSDメモリカード(microSDHCメモリカード、microSDXCメモリカードを含む)を本製品本体にセットすることにより、データを保存/移動/コピーすることができます。また、連絡先、Eメール、ブックマークなどをmicroSDメモリカードに控えておくことができます。• microSDメモリカードのデータにア クセスしているときに、電源を切ったり衝撃を与えたりしないでください。データが壊れるおそれがあります。 • 本製品はmicroSD/microSDHC/
    • p. 138/188
      136 ファイル管理 • 著作権保護されたデータによっては、 パソコンなどからmicroSDメモリカードへ移動/コピーは行えても本製品で再生できない場合があります。 microSDメモリカードを取り 付ける a 本体の電源を切る b microSDメモリカードスロットカバーを開ける c microSDメモリカードの挿入方向を確認し、カチッと音がするまでまっすぐにゆっくり差し込む カチッと音がするまで差し込んでください。音がする前に指を離すと、microSDメモリカードが飛び出すことがありますのでご注意ください。
    • p. 139/188
      137 ファイル管理 d microSDメモリカードスロットカバーを閉じる • microSDメモリカードには、表裏/ 前後の区別があります。無理に入れようとすると取り外せなくなったり、破損したりするおそれがあります。
    • p. 140/188
      138 ファイル管理 microSDメモリカードを取 り外す a ホーム画面で■[■ ■]■u■[システ ム設定]■u■[一般]■u■[ストレージ]■u■[SDカードのマウント解除] b 本体の電源を切る c microSDメモリカードスロットカバーを開ける d microSDメモリカードを軽く押し込む 強く押し込んだ状態で指を離すと、microSDメモリカードが飛び出すことがありますのでご注意ください。 e microSDメモリカードをゆっくり引き抜く まっすぐにゆっくりと引き抜いてください。 f microSDメモリカードスロットカバーを閉じる
    • p. 141/188
      139 ファイル管理 • microSDメモリカードにインストール されたアプリケーションは、microSDメモリカードを取り外すと利用できません。 • 長時間お使いになった後、取り外した microSDメモリカードが温かくなっている場合がありますが、故障ではありません。 • microSDメモリカードのマウントを解 除した後に再度microSDメモリカードをマウントする場合は、ホーム画面 u [ ] u [システム設定] u [一般] u [ストレージ] u[SDカードのマウン ト]と操作します。
    • p. 142/188
      140 機能設定 設定メニューを表示する a ■ホーム画面■u■[■ ■]■u■[シス テム設定] ■ ■ ネットワーク Wi-Fi 無線LAN(Wi-Fi ® )の設 定を行います。 Bluetooth Bluetooth ® の設定を行 います。 モバイルデータ モバイルデータ通信の設定や、通信量の確認などを行います。 通話設定 留守番電話、着信転送などネットワークサービスを設定します。 共有と接続 N F Cやデータの共有に関する設定を行います。 テザリングとネットワーク 機内モード、モバイルネットワーク設定など通信に関する設定を行います。
    • p. 143/188
      141 機能設定 着信音 音 声 着 信 音 に 設 定 す るデータを選択して登録します。 スマート 着信音 周囲が賑やかなときに、自動的に着信音を大きくするかどうかを設定します。 音声着信 バイブレート 音声着信時の振動パターン を 設 定 し ま す。 ま た、振動パターンを追加することもできます。 ジェントルバイブレート 振動の強さを現在の設定値まで徐々に強くしていくかどうかを設定します。 着信音と バイブレート 着信時にバイブレートさせるかどうかを設定します。 音声通知 音声着信時に発信者情報を読み上げるかどうかを設定します。
    • p. 144/188
      142 機能設定 ■ ■ 表示 ホームスクリーン テーマや壁紙などの設定を行います。 画面のロック 画面ロックに関する設定を行います。 フロントタッチボタン フロントタッチボタンの配列を選択したり、背景のテーマや透明な背景を使用するかどうかを設定します。 画面の明るさ 画面の明るさを設定しま す。[自動]にチェックを付けると、周囲の明るさに合わせて画面の明るさが自動的に調整されます。 バックライト点灯時間 バックライトの点灯時間を設定します。 画面OFF エフェクト 画 面O F Fし た と き の
    • p. 145/188
      143 機能設定 フォント タイプ 画面表示のフォントを設定します。 「フォント追加」 をタップするとS m a r t W o r l dからフォントをダウンロードできます。 フォント サイズ 「極小」、 「小」、 「中」、 「大」、 「特大」、「極大」から選択 します。 スマート スクリーン 画面を見ている間はバックライトを点灯するかどうかを設定します。 スマート ビデオ 画面を見みていないことを感知して、再生中の動画を一時停止するかどうかを設定します。 通知表示LED 不在着信通知、アラーム鳴動時などに通知LEDを使用するかどうかを設定します。
    • p. 146/188
      144 機能設定 ■ ■ 一般 ジェスチャー ジェスチャーに関する設定を行います。 片手操作モード 「ダイヤルキーパッド」、「LG キーボード」、「ロッ ク画面」表示時に、パッドやキーボードの位置を移動する左右ボタンを表示するかどうかを設定します。また、 「ジェスチャー コントロール」でLGキーボードの位置をスワイプで移動するかどうかを設定します。 ストレージ 外部機器と接続するための設定を行います。 バッテリー バッテリー情報の表示、電池残量が少なくなったときに各種機能の使用を抑えるような設定など、バッテリーに関する設定を行います。
    • p. 147/188
      145 機能設定 スライドウィンドウ アプリ表示中に3 本の指で画面を左側にフリックすると実行中のアプリを保存することができます。また、右側にフリックすることで保存しているアプリを戻すことができます。最大3つのアプリを保存できます。 アカウントと同期 オンラインサービスのアカウント管理や、データ同期に関する基本設定を行います。 クラウド クラウドアカウントの登録を行います。 ゲストモード あらかじめ選択したアプ リを専用のホーム画面に表示します。 位置情報アクセス GPS機能のオン/オフなどの位置情報に関する設定を行います。
    • p. 148/188
      146 機能設定 ユーザー 補助 通話終了時の動作や、ユーザー補助サービスを設定します。 PC接続 外部機器と接続するための設定を行います。 アクセサリー イヤホンなどのアクセサ リーを接続したときの動作に関する設定を行います。 端末情報 電話番号や電波状態などの情報を確認できます。ソフトウェア更新もここから行います。
    • p. 149/188
      147 付録 周辺機器のご紹介 ■ ■ 背面カバー(LGL22TFA) ■ ■ 背面カバー(LGL22TWA) ■ ■ 背面カバー(LGL22TKA) ■ ■ 背面カバー(LGL22TLA) ■ ■ 卓上ホルダ(LGL22PUA)(別売) ■ ■ auキャリングケースFブラック (0105FCA)(別売) ■ ■ auキャリングケースGブラック (0106FCA)(別売) ■ ■ ACアダプタ(別売) • 共通ACアダプタ03 (0301PQA) • 共通ACアダプタ03 ネイビー(0301PBA) •
    • p. 150/188
      148 付録 • AC Adapter JUPITRIS (ブルー)(L02P001L) • AC Adapter JUPITRIS (ピンク)(L02P001P) • AC Adapter JUPITRIS (シャンパンゴールド)(L02P001N) ■ ■ 共通ACアダプタ04■ (0401PWA)(別売) ■ ■ 共通DCアダプタ03■ (0301PEA)(別売)
    • p. 151/188
      149 付録 ■ ■ microUSBケーブル(別売) • microUSBケーブル01 (0301HVA) • microUSBケーブル01 ネイビー(0301HBA) • microUSBケーブル01 グリーン(0301HGA) • microUSBケーブル01 ピンク(0301HPA) • microUSBケーブル01 ブルー(0301HLA) ■ ■ ポータブル充電器02(0301PFA) (別売) • 最 新 の 対 応 周 辺 機 器 に つ き ま し て は、auホームページ(http://www.au.kddi.com/)にてご確認いただくか、お客さまセンターにお問い合わせください。
    • p. 152/188
      150 付録 故障とお考えになる前に 故障とお考えになる前に次の内容をご確認ください。 こんなときは ご確認ください 参照 電源が入らない 内蔵電池は充電されていますか? P.97 電源キーを長押ししていますか? P.102 充電ができない ACアダプタのプラグがコンセントに確実に差し込まれていますか? P.98 電池を利用できる時間が短い (圏外)が表示される場所での使用が多くあり ませんか? - 内蔵電池が寿命となっていませんか? P.60 タッチパネルで意図した通りに操作できない 手袋などをしたままで操作していませんか?
    • p. 153/188
      151 付録 こんなときは ご確認ください 参照 キー/タッチパネルの操作ができない 画面ロックが設定されていませんか? - 電源を切り、もう一度電源を入れ直してみてください。 P.102 画面をタップしたとき/キーを押したときの画面の反応が遅い 本製品に大量のデータが保存されているときや、本製品とmicroSDメモリカードの間で容量の大きいデータをやりとりしているときなどに起きる場合があります。 - 「UIMカードが挿入され ていません。」と表示される au Nano IC Card(LTE)が挿入されていますか?
    • p. 154/188
      152 付録 こんなときは ご確認ください 参照 電話がかかってこない 電波は十分に届いていますか? P.115 サービスエリア外にいませんか? P.115 「機内モード」が設定されていませんか? P.140 「ネットワークモード」が間違っていませんか? - 着信転送サービスが設定されていませんか? P.140 画面照明が暗い 「画面の明るさ」が暗く設定されていませんか? P.142 相手の方の声が聞こえない 通話音量が最小に設定されていませんか? P.127 受話口を耳でふさいでいませんか?受話口が耳の穴に当たるようにしてください。
    • p. 155/188
      153 付録 こんなときは ご確認ください 参照 microSDメモリカードを認識しない microSDメモリカードは正しくセットされていますか? P.136 microSDメモリカードのマウントが解除されていませんか? P.139 上記の各項目を確認しても症状が改善されないときは、以下のauのホームページ、auお客さまサポートでご案内しております。http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/repair
    • p. 156/188
      154 付録 ステレオイヤホンマイク (試供品)を使用する 付属のステレオイヤホンマイク(試供品) を接続します。 a ステレオイヤホンマイク(試供品)のプラグを本製品のイヤホン端子に差し込む ※ ボタンを押すと音量操作などがで きます。詳細は『取扱説明書(詳 細版)』をご参照ください。 ソフトウェアを更新する ご利用上の注意 • パケット通信を利用して本製品からイ ンターネットに接続するとき、データ通信に課金が発生します。 • ソフトウェアの更新が必要な場合は、 auホームページなどでお客様にご案内させていただきます。詳細内容につきましては、auショップもしくはお客さまセンター(157
    • p. 157/188
      155 付録 • 十分に充電してから更新してくださ い。電池残量が少ない場合や、更新途中で電池残量が不足するとソフトウェア更新に失敗します。 • 電波状態をご確認ください。電波の受 信状態が悪い場所では、ソフトウェア更新に失敗することがあります。 • ソフトウェアを更新しても、本製品に 登録された各種データ(連絡先、メール、フォト、楽曲データなど)や設定情報は変更されません。 ただし、お客様の携帯電話の状態(故障・破損・水濡れなど)によってはデータの保護ができない場合もございますので、あらかじめご了承願います。
    • p. 158/188
      156 付録 ソフトウェア更新が実行できない場合などについて• ソフトウェア更新に失敗すると、 本製品が使用できなくなる場合があります。本製品が使用できなくなった場合は、auショップもしくはPiPit(一部ショップを除く)にお持ちください。 ソフトウェアをダウンロード して更新する a ホーム画面■u■[■ ■]■u■[シス テム設定]■u■[一般]■u■[端末情報]■u■[更新センター]u■[ソフトウェア更新]■u■[アップデートを確認] 新しいソフトウェアがあるか確認します。ソフトウェアを更新できる場合はソフトウェア更新画面が表示されます。
    • p. 159/188
      157 付録 c [ダウンロード] 新しいソフトウェアのダウンロードが開始されます。 d [インストールする] ソフトウェアの更新が開始されます。ソフトウェア更新中は本製品の再起動を1、2回ほど行います。 e [OK] アフターサービスについて ■ ■ 修理を依頼されるときは修理については安心ケータイサポートセンターまでお問い合わせください。 保証期間中 保証書に記載されている 当社無償修理規定に基づき修理いたします。 保証期間外 修理により使用できる場 合はお客様のご要望により、有償修理いたします。
    • p. 160/188
      158 付録 • メモリの内容などは、修理する際に消 えてしまうことがありますので、控えておいてください。なお、メモリの内容などが変化・消失した場合の損害および逸失利益につきましては、当社では一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。 • 修理の際、当社の品質基準に適合した 再利用部品を使用することがあります。 • 交換用携帯電話機お届けサービスに て回収した今までお使いのa u電話は、再生修理した上で交換用携帯電話機として再利用します。また、auアフターサービスにて交換した機械部品は、当社にて回収しリサイクルを行います。そのため、お客様へ返却することはできません。
    • p. 161/188
      159 付録 ■ ■ 保証書について保証書は、お買い上げの販売店で、「販売店名、お買い上げ日」などの記入をご確認のうえ、内容をよくお読みいただき、大切に保管してください。 ■ ■ 安心ケータイサポートプラスLTEにつ いて au電話を長期間安心してご利用いただくために、月額会員アフターサービス制度 「安心ケータイサポートプラスLTE」をご 用意しています(月額399円、税込)。故障や盗難・紛失など、あらゆるトラブルの補償を拡大するサービスです。本サービスの詳細については、auホームページをご確認いただくか、安心ケータイサポートセンターへお問い合わせください。
    • p. 162/188
      160 付録 • 機種変更・端末増設などにより、新し いau電話をご購入いただいた場合、以前にご利用のau電話に対する「安心ケータイサポートプラス」・「安心ケータイサポートプラスLTE」は自動的に退会となります。 • サービス内容は予告なく変更する場合 があります。 ■ ■ au■Nano■IC■Card(LTE)についてau Nano IC Card(LTE)は、auからお客様にお貸し出ししたものになります。紛失・破損の場合は、有償交換となりますので、ご注意ください。なお、故障と思われる場合、盗難・紛失の場合は、auショップもしくはPiPitまでお問い合わせください。
    • p. 163/188
      161 付録 ■ ■ auアフターサービスの内容について サービス内容 安心ケータイサポートプラスLTE 会員 非会員 交換用携帯電話機お届けサービス 自然故障 1年目 無料 補償なし 2年目以降 お客様負担額 1回目:5,250円2回目:8,400円 部分破損、水濡れ、全損、盗難、紛失 預かり修理 自然故障 1年目 無料 無料 2年目以降 無料(3年保証) 実費負担 部分破損 お客様負担額 上限5,250円 水濡れ、全損 10,500円 盗難、紛失 補償なし 補償なし (機種変更対応) ※ 金額はすべて税込
    • p. 164/188
      162 付録 交換用携帯電話機お届けサービス • a u電話がトラブルにあわれた際、お 電話いただくことでご指定の送付先に交換用携帯電話機(同一機種・同一色)をお届けします。故障した今までお使いのa u電話は、交換用携帯電話機がお手元に届いてから14日以内にご返却ください。 • 本サービスをご利用された日を起算日 として、1年間に2回までご利用可能です。本サービス申し込み時において過去1年以内に本サービスのご利用がない場合は1回目、ご利用がある場合は2回目となります。 ※ 詳細はa uホームページでご確認くだ
    • p. 165/188
      163 付録 主な仕様 ■ ■ 本製品 ディスプレイ 約5.2インチ、約1,677万色、AH IPS液晶1920×1080ドット(FHD) 質量 約152g(内蔵電池含む) サイズ(幅×高さ×厚さ) 約72mm × 144mm × 9.1mm(最厚部約9.7mm) CPU MSM8974 2.3GHz クアッドコア メモリ(内蔵) ROM:32GBRAM:2GB 連続通話時間 国内 約1000分海外(GSM) 約790分 連続待受時間 ※1 国内■ ■約530時間(LTE使用時) 約550時間(3G使用時)
    • p. 166/188
      164 付録 連続テザリング時間 約470分(WAN側LTE)約500分(WAN側3G) テザリング最大接続数 13台(Wi-Fi ® テザリング8台、Bluetooth ® テザリ ング4台、USBテザリング1台) 充電時間 ACアダプタ 約130分(共通ACアダプタ04(別売)使用時) DCアダプタ 約320分(共通DCアダプタ03(別売)使用時) カメラ (アウトカメラ) 撮影素子 CMOS 有効画素数 約1320万画素 ズーム 8倍ズーム カメラ (インカメラ) 撮影素子 CMOS 有効画素数
    • p. 167/188
      165 付録 Bluetooth ® 通信方式 Bluetooth ® 標準規格Ver.4.0 出力 Bluetooth ® 標準規格Power Class1 通信距離 ※2 見通しの良い状態で10m以内 対応Bluetooth ® プロファイル ※3 HSP (Headset Profile)HFP (Hands-Free Profile)A2DP (Advanced Audio Distribution Profile)AVRCP (Audio/Video Remote Control Profile)OPP
    • p. 168/188
      166 付録 ※2 通信機器間の障害物や電波状態により変化します。※3 Bluetooth ® 機器同士の使用目的に応じた仕様のことで、Bluetooth ® 標準規格で定められ ています。 ※4 電話帳データの内容によっては、相手側の機器で正しく表示されない場合があります。※5 一部のカーナビゲーションシステムのみに対応しています。ご利用にあたっては、auホー ムページをご参照ください。 ※6 使用条件により連続視聴可能時間は変わります。 • 連続通話時間・連続待受時間は、充電状態・気温などの使用環境・使用場所の電波状
    • p. 169/188
      167 付録 携帯電話機の比吸収率 (SAR)について この機種【LGL22】の携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収に関する技術基準および電波防護の国際ガイドラインに適合しています。この携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収に関する技術基準 ※1 ならびに、これと同等な国際ガイド ラインが推奨する電波防護の許容値を遵守するよう設計されています。この国際ガイドラインは世界保健機関 (WHO)と協力関係にある国際非電離 放射線防護委員会(ICNIRP)が定めたものであり、その許容値は使用者の年齢や健康状況に関係なく十分な安全率を含んでいます。国の技術基準および国際
    • p. 170/188
      168 付録 この携帯電話機は、側頭部以外の位置でも使用可能です。KDDI推奨のauキャリングケースFブラック(0105FCA)(別売)/ auキャリングケースGブラック (0106FCA)(別売)を用いて携帯電話 機を身体に装着して使用することで、この携帯電話機は電波防護の国際ガイドラインを満足します ※2 。 KDDI推奨のauキャリングケースFブラック(0105FCA)(別売)/ auキャリングケースGブラック(0106FCA) (別売) をご使用にならない場合には、身体から1.5cm以上の距離に携帯電話機を固定でき、金属部分の含まれていない製品をご使用ください。
    • p. 171/188
      169 付録 ○総務省のホームページ:http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/ele/index.htm○一般社団法人電波産業会のホームページ:http://www.arib-emf.org/index02.html○auのホームページ:http://www.au.kddi.com/○LG■Electronics■Inc.のホームページ:本製品の「仕様」のページをご確認ください。http://www.lg.com/jp/mobile-phones/all-phones/index.jsp
    • p. 172/188
      170 付録 FCC Notice This device complies with part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference
    • p. 173/188
      171 付録 - Reorient or relocate the receiving antenna.- Increase the separation between the equipment and receiver.- Connect the equipment into an outlet on circuit different from that to which the receiver is connected.- Consult the dealer or an experienced
    • p. 174/188
      172 付録 substantial safety margin designed to assure the safety of all persons, regardless of age and health.The exposure standard for wireless handsets employs a unit of measurement known as the Specific Absorption Rate, or SAR. The SAR limit set by the
    • p. 175/188
      173 付録 The FCC has granted an Equipment Authorization for this model handset with all reported SAR levels evaluated as in compliance with the FCC RF emission guidelines. SAR information on this model handset is on file with the FCC and can be found under
    • p. 176/188
      174 付録 輸出管理規制 本製品および付属品は、日本輸出管理規制(「外国為替及び外国貿易法」およびその関連法令)の適用を受ける場合があります。また米国再輸出規制(Export Administration Regulations)の適用を受ける場合があります。本製品および付属品を輸出および再輸出する場合は、お客様の責任および費用負担において必要となる手続きをお取りください。詳しい手続きについては経済産業省または米国商務省へお問い合わせください。 知的財産権について 商標について 本書に記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
    • p. 177/188
      175 付録 • Wi-Fi ® はWi-Fi Alliance ® の登録商標です。 • Google、Googleロゴ、Android、 Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴ、Googleハングアウト、Gmailは、Google, Inc.の商標または登録商標です。 • 文字変換は、オムロンソフトウェア株 式会社のiWnnを使用しています。iWnn© OMRON SOFTWARE Co., Ltd. 2008-2012 All Rights Reserved. •
    • p. 178/188
      176 付録 • 「mixi」「マイミク」は、株式会社ミク シィの登録商標です。 • TRENDMICRO、およびウイルスバ スターは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。 • Manufactured under license from DTS, Inc. DTS, the Symbol, & DTS and the Symbol together are registered trademarks & DTS 2.0 is a trademark of DTS, Inc. Product
    • p. 179/188
      177 付録 OpenSSL■License 【OpenSSL■License】 Copyright■©■1998-2011■The■OpenSSL■Project.■All■rights■reserved.This■product■includes■software■developed■by■the■OpenSSL■Project■for■use■in■the■OpenSSL■Toolkit.■(http://www.openssl.org/)THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY
    • p. 180/188
      178 付録 【Original■SSLeay■License】 Copyright■©■1995-1998■Eric■Young■(eay@cryptsoft.com)■All■rights■reserved.This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com)THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY ERIC YOUNG ''AS IS'' AND ANY EXPRESS
    • p. 181/188
      179 付録 その他 本製品に搭載されているソフトウェアまたはその一部につき、改変、翻訳・翻案、リバース・エンジニアリング、逆コンパイル、逆アッセンブルを行ったり、それに関与してはいけません。本製品は、MPEG-4■Visual■Patent■Portfolio■Licenseに基づきライセンスされており、お客様が個人的かつ非営利目的において以下に記載する場合においてのみ使用することが認められています。• MPEG-4 Visualの規格に準拠する動 画(以下、MPEG-4 Video)を記録する場合
    • p. 182/188
      180 付録 から入手したAVCビデオに限ります)を復号するライセンスが許諾されております。その他の使用については、黙示的にも一切のライセンス許諾がされておりません。さらに詳しい情報については、MPEG LA. LLCから入手できる可能性があります。http://www.mpegla.comをご参照ください。 • 本製品は、VC-1 Patent Portfolio Licenseに基づき、お客様が個人的に、且つ非商業的な使用のために(i)VC-1規格準拠のビデオ(以下「VC-1ビデオ」と記載します)を符号化するライセンス、および/または(ii)VC-1ビデオ(個人的で、且つ商業的活動に従事していないお客様により符号化されたVC-1ビデオ、および/またはVC-1ビデオを提供することにつ
    • p. 183/188
      181
    • p. 184/188
      182
    • p. 185/188
      183
    • p. 186/188
      184
    • p. 187/188
      大切な地球のために、 一人ひとりができること。 それは、たとえばケータイや取扱説明 書のリサイクルという、とても身近な ことから始められます。ケータイの本体や電池に含まれてい る希少金属や、取扱説明書などの紙類 はリサイクルすることができます。 取扱説明書などの紙類は古紙原料と して、製紙会社で再生紙となり、次の 印刷物に生まれ変わります。また、こ のリサイクルによる資源の売却金は、 国内の森林保全活動に役立てていま す。ご不要になったケータイや取扱説明 書は、お近くのauショップへ。 みなさまのご協力をお願いいたしま
    • p. 188/188
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.