取扱説明書とユーザーガイド - SoundPlate v4.1 LG

SoundPlate v4.1 LG の取扱説明書やユーザーガイドが1以上あります。

  • LG SoundPlate v4.1 (ページ: 22)

    目次
    • p. 1/22
      取扱説明書 SoundPlate™ 4.1チャンネルサウンドシステム・サウンドプレート このたびはLG製品をお買い求めいただきまして、誠にありがとうございます。 ご使用前にこの取扱説明書をよくお読みになり、ご理解のうえ正しくお使いください。 お読みになったあとは保証書と共に大切に保管してください。 http://www.lg.com/jp LAP340 日本語 LAP340-NB.DJPNLLK.indd 1 2014-02-05 10:39:45
    • p. 2/22
      1 はじめに はじめに 2 はじめに 1 異常や故障のときは yy 本機を倒したり、キャビネッ トを破損したりしたときはす ぐに電源プラグを抜く。 そのまま使用すると火災や感 電の原因となります。すぐに 当社カスタマーサポートセン ターにご相談ください。 yy 故障や異常に気づいたら本機 の電源を切り電源プラグを抜 く。 ‒ 煙やにおい、異臭がする。 ‒ 画面が映らない、音が出ない。 ‒ 内部に水やものが入った。 そのまま使用すると火災や感電 の原因になります。すぐ当社カ スタマーサポートセンターに修
    • p. 3/22
      はじめに 3 はじめに 1 電源について yy 電源コードを傷つけたり、加 工したり、無理に曲げたり、 加熱したりしない。 火災や感電の原因になりま す。コードが破損した場合 は、すぐに当社カスタマーサ ポートセンターにコードの交 換をご依頼ください。 yy 電源コードは、LGyElectronics が供給する純正の部品のみを 使用してください。他の製品 は使用しないでください。 火災、感電の原因となりま す。 yy 電源プラグは根元までしっか りと差し込む。 電源コンセントに差し込んだ 電源プラグが外れかけたまま
    • p. 4/22
      はじめに 4 はじめに 1 設置について yy 転倒・落下防止の処置をする。 地震などによる転倒、落下に よるけがなどの危害を軽減す るため、転倒・落下防止の処 置をしてください。 yy 温度の高い場所に置かない。 直射日光のあたる場所、閉め 切った自動車内、ストーブの そばなどに置かないでくださ い。キャビネットの変形や故 障による火災や感電の原因と なる場合があります。 yy 湿気やほこりの多い場所、油 煙の当たる場所に置かない。 調理器や加湿器などのそばや ほこりの多い場所に置くと、 火災や感電の原因となる場合
    • p. 5/22
      はじめに 5 はじめに 1 お手入れについて ‒ 電池を火の中に没入したり、 加熱したりしないでくださ い。 ‒ 電池は、極端な温度条件下 で保管しないでください。 yy お手入れのときは電源プラグ を抜く。 感電の原因となる場合があり ます。 本機のリモコンには電池が内蔵されていま す。リモコンから電池を安全に取り外す方法: 古 い電池を取り外すには、取付け作業を逆の順 に行います。環境汚染を防止し、人間や動物 の健康に害を及ぼさないように、古い電池は 適正な容器に入れて、指定場所に置いてくだ さい。電池を他の廃棄物と一緒に捨てないで
    • p. 6/22
      目次 6 目次 1 はじめに 2 安全にお使いいただくために 8 本機の特長 8 本書の記号について 8 付属品を確認する 9 本機(前面) 9 本機(背面) 10 リモコン12 設置する 2 操作する 15 基本的な使いかた15 ‒ テレビを光ケーブルで接続する15 ‒ LGサウンドシンクを使用する16 ‒ オートパワー機能17 Bluetoothのご使用について17 ‒ Bluetooth機器の音楽をワイヤレスで 再生する 18 CINEMA SOUND LAP340-NB.DJPNLLK.indd
    • p. 7/22
      目次 7 1 2 3 4 3 困ったときは 19 故障かな?と思ったら 4 付録 20 仕様21 商標およびライセンスについて21 使用上のご注意 LAP340-NB.DJPNLLK.indd 7 2014-02-05 10:39:48
    • p. 8/22
      はじめに 8 はじめに 1 本機の特長 LGサウンドシンク機能 「LGサウンドシンク」を使うと、テレビのリ モコンで、本機の音量を調節したり、消音し たりできます。 Bluetooth機能 簡単な接続でBluetooth機器の音楽を楽しめま す。 本書の記号について k ヒント 特に注意すべきことや、操作上の特記事項を 示します。 > 注意 誤った取り扱いによる故障を防ぐための注意 事項を示します。 付属品を確認する 以下の付属品が揃っているか確認してくださ い。付属品のデザインや仕様は、断りなく変更さ
    • p. 9/22
      はじめに 9 はじめに 1 A リモコン受光部 B LEDインジケーター インジケーターの色と表示の組み合わせにより、下記のように本機の状態を確認できます。 色 表示 赤色 オレンジ色 緑色 白色 オフ 本機を操作していない、または、 本機に電源コードが接続されていない状態 オン スタンバイ - - - 2回だけ点滅する CINEMA SOUND オフ - CINEMA SOUND オン - 速く点滅する 起動中 Bluetooth 接続待機中 - LGサウンドシンク 接続待機中 ゆっくり点滅する 消音中
    • p. 10/22
      はじめに 10 はじめに 1 リモコン 1 (電源)ボタン 音量-ボタン 音量を下げます。 i (消音)ボタン 本機を消音します。 もう一度押すと、元に戻ります。 LG TVボタン 「LG TV」ファンクションを選びます。 CINEMA SOUND (シネマサウンド)ボタン CINEMA SOUNDの オン/オフを切り替えます。 音量+ボタン 音量を上げます。 OPTICAL(光)ボタン 光ファンクションを選びます。 h (Bluetooth)ボタン Bluetoothファンクションを 選びます。 y
    • p. 11/22
      はじめに 11 はじめに 1 リモコンに電池を入れる 電池カバーを指先で開けないでくださ い。爪などを痛める恐れがあります。 > 注意 1. 電池カバーの溝に硬貨などを挟み、反時計 回りに回して電池カバーを取りはずす。 2. 電池カバーの内側の記載に合わせて、+面 を上にして電池を入れる。 3. 電池カバーを時計回りに回して、しっかり 閉める。 y 電池を口の中に入れないでください。 化学火傷を引き起こすおそれがありま す。 y 電池の使用を誤ると、発火や化学火傷 の原因となる場合があります。充電し
    • p. 12/22
      はじめに 12 はじめに 1 設置する 本機はテレビの下に設置してください。あらかじめ、テレビの重さやスタンドの大き さが、以下に合致しているか確認してくださ い。 y 本機に設置可能なテレビの重さ 最大38 kg y 本機に設置可能なスタンドの大きさ 最長680 mm 最長270 mm y 本機の設置は1人で行わないでくださ い。テレビを持ち上げるために、最低 2人の人員が必要となる場合がありま す。1人で設置すると、けがや家財の破 損などの原因となる場合があります。 y 本機にブラウン管テレビを接続しない
    • p. 13/22
      はじめに 13 はじめに 1 2. 光ケーブルと電源コードを本機に接続す る。 3. 光ケーブルをテレビに接続する。 付属のケーブルホルダーを使って、余っ たケーブルをまとめることができます。1. ケーブルホルダーをねじで固定する。 2. ケーブルを調節する。 k ヒント 4. テレビを本機の中央に置く。 5. 本機の電源コードをコンセントにつなぐ。 LAP340-NB.DJPNLLK.indd 13 2014-02-05 10:39:56
    • p. 14/22
      はじめに 14 はじめに 1 y 必要に応じて、テレビに転倒防止対策 をしてください。詳しくはテレビの取 扱説明書などでご確認ください。 y テレビを本機の端に置かないでくださ い。けがや家財の破損などの原因とな る場合があります。 y 重さが本機の推奨重量(最大38 kg)を 超えたり、スタンドの大きさが本機よ りも大きいテレビを、本機の上に乗せ ないでください。 上記のような場合は、本機をテレビ台 の棚の上などに設置してください。 > 注意 音声にノイズが発生する場合は 電気的な干渉により発生する音声ノイズを軽
    • p. 15/22
      2 操作する 操作する 15 操作する 2 基本的な使いかた テレビを光ケーブルで接続する あらかじめ、テレビのスピーカーの音量 をオフにしてください。本機とテレビの 両方のスピーカーから同時に音声を出力 すると、音声が二重に聞こえる場合があ ります。以下のように、テレビを設定し てください。 y テレビの音声を消音する。 y テレビの音声設定メニューで[オフ] を選び、テレビから音声が出力されな い設定にする。 y テレビの音声設定メニューで[光出 力]を選び、本機から音声が出力され る設定にする。
    • p. 16/22
      操作する 16 操作する 2 LGサウンドシンク(光ケーブル接続) 1. 光ケーブルでLG製テレビを本機に接続す る(13ページ)。 2. テレビの設定メニューの「音声」→「ス ピーカー設定」で「LGサウンドシンク (光デジタル)」を選ぶ。 3. リモコンの 1(電源)を押して、本機の 電源をオンにする。 4. リモコンのOPTICALを押して、光ファンク ションを選ぶ。 本機のLEDインジケーター(緑色)が約3 秒間点灯し、テレビの音声を出力できま す。 LGサウンドシンク(ワイヤレス接続) 1. テレビの設定メニューの「音声」→「ス
    • p. 17/22
      操作する 17 操作する 2 自動電源オフについて 消費電力を軽減するため、以下の状態のまま で本機を25分間操作しないと、本機の電源が 自動的にオフになります。 y 接続している外部機器の電源が入っ ていない(本機が信号を受信してい ない)。 y 本機を外部機器に接続していない。 Bluetoothのご使用につ いて 本機は 2.4 GHz 帯の周波数帯域を使用しま す。 この周波数帯域を使用する他の機器との 電波干渉を避けるために、下記事項をお読み のうえご使用ください。本機の使用周波数帯では、電子レンジなどの
    • p. 18/22
      操作する 18 操作する 2 y Bluetooth®テクノロジーを使用する際 は、本機とBluetooth機器とをできるだ け近づけて接続し、その距離を維持し てください。 以下の場合には、Bluetooth機能が正し く動作しないことがあります。 -本機とBluetooth機器との間に障害 物がある。 -医療機器、電子レンジ、無線LAN装 置などのBluetoothと同じ周波数を 用いた装置がある。 y 本機を他のファンクションに切り換え てから、もう一度Bluetoothファンク ションを選んだときは、接続が切断さ
    • p. 19/22
      3 困ったときは 困ったときは 19 困ったときは 3 故障かな?と思ったら 症状 原因と対処のしかた 電源が入らない。 y 電源コードが抜けている。 電源コードを差し込んでください。 y 停電などが発生していないか、室内の他の機器の動作状況を確認して ください。 音声が出力されな い。 y テレビの音声設定が正しく設定されていない。 テレビの音声出力先として外部スピーカーが選択されているかなど、 設定が正しいか確認してください。 y 本機が消音状態になっています。 リモコンのi(消音)ボタンを押すか、音量を上げて、消音状態を解
    • p. 20/22
      4 付録 付録 20 付録 4 仕様 一般電源 本機背面の機銘板をご覧ください。 消費電力 本機背面の機銘板をご覧ください。 外形寸法 (幅×高さ×奥行き) 700Ч35.0Ч320 mm700Ч38.5Ч320 mm(本体下部のゴム製インシュレーター含 む) 重量 約3.8 kg 動作温度 5 °C~35 °C 動作湿度 5 % ~ 90 % 入力デジタル入力 3.3 V (p-p)、光端子 利用可能なデジタル入力音声 サンプリング周波数 32 kHz、44.1 kHz、48 kHz、96 kHz アンプ部yy総出力
    • p. 21/22
      付録 21 付録 4 商標およびライセンス について ドルビーラボラトリーズからの実施権に基 づき製造されています。Dolby、ドルビー 及びダブルD記号はドルビーラボラトリー ズの商標です。 本製品は、米国特許5,956,674; 5,974,380; 6,487,535号、または米国およびその他の 国での登録済み特許、または特許申請中の 実施権に基づき製造されています。DTSは DTS社の登録商標であり、また、DTSロゴ、 記号、DTS 2.0チャンネルはDTS社の商標で す。© DTS社 不許複製。
    • p. 22/22
      携帯電話・PHSからもご利用いただけます。 IP電話などからフリーダイヤルがご利用いただけない場合は TEL:03-5675-7323までご連絡ください。 お客様からご提供いただいた個人情報はお問い合わせへの対応、修理およびその確認連絡に利用させていただきます。 利用目的の範囲内で当該製品に関連するグループ会社や協力会社にお客様の個人情報を提供する場合があります。 お客様の個人情報は適切に管理し、当社が必要と判断する期間保存させていただきます。 修理の受付・操作・故障に関するお問い合わせ窓口 受付時間
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.