取扱説明書とユーザーガイド - SM-R130 Samsung

SM-R130 Samsung の取扱説明書やユーザーガイドが1以上あります。

  • Samsung SM-R130 [ver. 1] (ページ: 28)

    目次
    • p. 1/28
      www.samsung.com/jp Japanese. 10/2014. Rev.1.0 ユーザーマニュアル SM-R130
    • p. 2/28
      2 目次 ご利用の注意事項 はじめに 4 Gear Circleについて 5 パッケージの内容 5 Circleのレイアウト 7 バッテリーを充電する 9 Circleの電源オン/オフ 10 Circleの装着12 音量の調整 Bluetoothによる接続 13 Bluetooth14 モバイル端末への接続16 2台のモバイル端末との同時接続17 Bluetoothの再接続と、接続の切断 Circleの使用 18 Circleの装着状態19 通話21 音楽の再生21 Sボイスの起動 Samsung Gearアプリの使
    • p. 3/28
      3 ご利用の注意事項 安全かつ適切にご使用いただくため、本製品を使用する前に本マニュアルをよくお読みください。 • 説明は、本製品の初期設定に基づいています。• マニュアル上の画像は、実際の外観と異なる場合があります。本内容は事前の通知な く変更されることがあります。 アイコンの説明 Warning(警告): ご使用になる方、および他の人々に傷害が発生する可能性が ある内容を示します。 Caution(注意): 本製品、および他の機器に損害が発生する可能性がある内容を 示します。 Note(ノート):補足文、ご使用上のヒント、および追加情報が記載されていま
    • p. 4/28
      4 はじめに Gear Circleについて このBluetoothヘッドセット(本文書内ではCircleとも記載)は、スマートフォンやタブレットなどのBluetooth対応のモバイル端末に接続できます。接続しているモバイル端末の電話着信への応答や、音楽の再生が行えます。また、次の機能もご利用いただけます。 • ネックバンドが振動して着信をお知らせします。• イヤホン内蔵の磁石で、イヤホン同士を接続することができます。イヤホン同士を接 続することで、通話を終了したり、音楽を停止することができます。 •
    • p. 5/28
      はじめに 5 パッケージの内容 本製品のパッケージに以下の同梱品が入っていることを確認してください。 • Circle• イヤーチップ(3組、S/M/L)• ネックガイド(アウトドア用、S/M/L)• USB接続ケーブル• クイックスタートガイド • Circleに付属する品目やご利用可能なアクセサリは地域により変更されることが あります。 • 提供するアクセサリは、Circleのためにデザインされており、他の製品との互換 性がないことがあります。 • 外観および仕様は、予告なく変更されることがあります。
    • p. 6/28
      はじめに 6 操作装置 名称 機能 電源スイッチ • 上/下にスライドさせると、Circleの電源オン/オフを切り替える ことができます。 Play/Talkキー • 電話着信の応答や、通話を終了したい場合に押します。• 音楽の再生や一時停止をしたい場合に押します。• Bluetoothペアリングモードに移行する場合に押します。• 音楽再生中に2回押すと、次の曲にスキップします。• 着信を拒否する場合、またはSボイスを起動する場合は、1 秒間 長押しします。 • Bluetoothペアリングモードに移行するには、3秒間長押ししま
    • p. 7/28
      はじめに 7 ステータスインジケータ ステータス 色 Bluetoothペアリ ングモード • 緑色、青色、赤色の順に3分間点滅 電源オン • 青色で3回点滅 電源オフ • 赤色で3回点滅 着信 • 青色で点滅 充電インジケータ ステータス 色 充電中 • 赤色 充電完了 • 緑色 バッテリーを充電する Circleを初めて使用する場合やCircleを長期間使用していなかった場合は、バッテリーを充電する必要があります。CircleをUSB接続ケーブルでパソコンに接続することで充電することもできます。 Samsung認定の充電器やバッテリー、USB接続ケーブルをご使用ください。認定されていない充電器やUSB接続ケーブルを使うと、バッテリーが破裂したり、ヘッドセットが損傷する恐れがあります。Samsungのホームページ(http://www.samsung.com/jp)
    • p. 8/28
      はじめに 8 1 microUSB端子のカバーを開く。 2 USB接続ケーブルのmicroUSBプラグを、CircleのmicroUSB端子に差し込む。 USB接続ケーブルを不適切に接続すると、CircleやUSB接続ケーブルに深刻な損傷をもたらす恐れがあります。誤った使用により生じたあらゆる損傷は、保証の対象外となります。 3 コンセントに充電器の電源プラグを差し込む。 • 充電中、Circleが温かくなることがあります。この状態は正常であり、Circleの 寿命やパフォーマンスに影響を与えることはありません。バッテリーが通常より熱くなった場合、充電器は充電を停止することがあります。
    • p. 9/28
      はじめに 9 • 電池残量が少なくなると、Circleは通知音を発し、ステータスインジケータが赤 色で点滅します。 • Circleの電源がオフになると、Circleでの通話はモバイル端末に自動的に転送さ れます。 • Circleを充電中に使用することはできますが、バッテリーが充電完了になるまで に時間がかかることがあります。 Circleの電源オン/オフ 電源スイッチを上にスライドさせて、Circleの電源をオンにしてください。ステータスインジケータが青色で3回点滅します。Circleの電源をオフにするには、電源スイッチを下にスライドしてください。ステータスインジケータが赤色で3回点滅した後、Circleの電源が切れます。
    • p. 10/28
      はじめに 10 Circleの装着 1 付属のイヤーチップの中から自分の耳に一番合ったものを選ぶ。 2 左耳用または右耳用のイヤーチップを選ぶ。各イヤーチップには、左耳用には「L」、右耳用には「R」のマークがあります。 3 イヤホンの下側にあるキャップ留めにイヤーチップを引っかける。 4 イヤホンの下側を持ちながら、イヤホン全体にイヤーチップをかぶせる。 • イヤーチップを取り付けていない状態でイヤホンを耳に装着しないでくださ い。 • イヤーチップを取り外す際には、無理やり力を入れないでください。破損の原
    • p. 11/28
      はじめに 11 5 イヤホンを逆さにして、イヤーチップが正しく取り付けられていることを確認し、もう一方のイヤホンにもイヤーチップをかぶせる。 6 下図のようにCircleを装着する。 ネックガイドの使用 ネックガイド (アウトドア用) を使用してCircleを装着すると、ネックバンドが首から落ちないようにすることができます。 1 ネックガイドをネックバンドに取り付ける。
    • p. 12/28
      はじめに 12 2 下図のようにCircleを装着する。 音量の調整 イヤホンを装着している状態で音量を上げるには、音量コントロールタッチパッドを上にスワイプしてください。音量を下げるには、音量コントロールタッチパッドを下にスワイプしてください。 • イヤホン同士が接続されている状態では、音量コントロールタッチパッドを使 用することができません。 • 音量が最大または最小に設定されると、Circleが振動します。
    • p. 13/28
      13 Bluetoothによる接続 Bluetooth Bluetoothについて Bluetoothは、2.4 GHzの周波数帯を使用してさまざまなデバイスに近距離接続を行うための無線通信規格です。ケーブルを使用して接続することなくモバイル端末、パソコン、プリンター、デジタル家電など他のBluetooth対応機器と接続してデータ送受信を行うことができます。 Bluetoothに関するご注意 • モバイル端末に接続するときは、可能な限り本製品とモバイル端末を近づけて行って ください。 • 本製品とモバイル端末とは、見通し距離10m以内で接続してください。
    • p. 14/28
      Bluetoothによる接続 14 • 本製品のBluetooth®機能は、2.4GHz帯の周波数を使用します。 2.4 FH1 / XX8 • Bluetooth ® 機能︰2.4FH1/XX8 本製品は2.4GHz帯を使用します。FH1は変調方式としてFH-SS変調方式を採用し、与干渉距離は約10m以下です。XX8はその他の方式を採用し、与干渉距離は約80m以下です。 ︰全帯域を使用し、移動体識別装置の帯域を回避不可であることを意味し ます。 • 利用可能なチャンネルは、国により異なります。 航空機内の使用は、事前に各航空会社へご確認ください。
    • p. 15/28
      Bluetoothによる接続 15 5 モバイル端末 検出結果からGear Circleをタップする。 6 モバイル端末 ご利用規約が表示されたら、内容をよく読み、条項にチェックを付け て完了をタップする。モバイル端末と正しく接続されると、Circleが通知音と共に振動します。 Bluetooth設定メニューによるモバイル端末への接続 1 Circle Circleをオンにする。 初回の電源オン時に、Circleは自動でBluetoothペアリングモードになります。ステータスインジケータが緑色、青色、赤色の順に3分間点滅します。
    • p. 16/28
      Bluetoothによる接続 16 2台のモバイル端末との同時接続 Circleは2台のモバイル端末と同時接続ができます。2台のモバイル端末に接続する場合、後から接続した方が主端末と認識され、先に接続した方は副端末として認識されます。Circleを2台のスマートフォンと接続する場合、Samsung Gearアプリを介して接続できるのは、どちらか1台のスマートフォンとなります。Samsung Gearアプリを介して接続しているスマートフォンが常に主端末として認識されます。2台の端末に同時に着信があった場合、主端末の電話に応答します。CircleのPlay/Talkキーを使ってSボイスを起動した場合、または電話に応答した場合、主端末が動作を実行します。
    • p. 17/28
      Bluetoothによる接続 17 Bluetoothの再接続と、接続の切断 Bluetoothの再接続 Bluetooth接続が切れると、Circleが通知音と共に振動します。Circleとモバイル端末が再接続されると、Circleは通知音と共に振動します。モバイル端末側の問題で接続が切れた場合、CircleのPlay/Talkキーを押すか、モバイル端末のBluetooth設定メニューを使用してください。イヤホン同士を接続している場合、一度イヤホン同士を離し、モバイル端末と再接続します。 Bluetooth接続の切断
    • p. 18/28
      18 Circleの使用 Circleの装着状態 イヤホン同士を磁石で接続することができます。イヤホン同士が接続されているか、離れている状態かによって着信応答の方法が異なります。 • Gear Circleのイヤホン本体には磁石が使用されています。アメリカ心臓協会 (US)と医薬品・医療製品規制庁(UK)は、磁石が15 cm(6インチ)以内にあった場合、埋め込み式のペースメーカー、カルジオバーター、デフィブリレーター、インスリンポンプなどの電気医療機器(以下、総称して「医療機器」)の動作に影響を与える可能性があると警告しています。これらの医療機器を使用している場合、GEAR
    • p. 19/28
      Circleの使用 19 • イヤホン同士の接続:イヤホン同士が接続されている状態です。 通話 着信の応答および拒否 応答 Circle装着時に着信があると、Circleが通知音と共に振動します。電話に応答するには、Play/Talkキーを押してください。イヤホン同士が接続された状態で着信があると、Circleが振動します。イヤホン同士を離して耳に装着します。イヤホン同士を離すと、すぐに電話に応答できます。 着信拒否 Play/Talkキーを1秒間長押しするか、イヤホン同士を接続します。 • Circleを2つのデバイスに接続していて両方のデバイスで電話を受信した場合、
    • p. 20/28
      Circleの使用 20 通話中のオプション使用 音量の調整 通話中に音量コントロールタッチパッドを上または下にスワイプしてください。 音声出力の切り替え モバイル端末の関連メニューで、Circleに接続されたモバイル端末とCircle間で音声出力を切り替えます。イヤホン同士を離すと、音声をCircleに自動的に切り替えることができます。 通話の保留 通話中にPlay/Talkキーを長押しします。保留を解除するには、Play/Talkキーを再度長押ししてください。 通話中の応答 通話中にさらに着信があると、Circleが振動します。現在の通話を終了して新たな着信に応答する場合、Play/Talkキーを押してください。現在の通話を保留にして新たな着信に応答する場合、Play/Talkキーを長押ししてください。保留を解除するには、Play/Talkキーを長押しします。
    • p. 21/28
      Circleの使用 21 音楽の再生 接続している機器の音楽を再生できます。音楽再生中に着信に応答した場合、再生は一時停止され、通話の終了後に自動的に再開されます。 音楽の再生 Play/Talkキーを押します。接続したモバイル端末にインストールされている音楽アプリで最後に再生された音楽が再生されます。 再生の一時停止と再開 再生を一時停止する場合は、Play/Talkキーを押すか、イヤホン同士を接続します。再生を再開する場合は、イヤホン同士を離し、Play/Talkキーを押します。 次の曲を再生 音楽の再生中に次の曲を再生する場合は、Play/Talkキーを2回押します。
    • p. 22/28
      22 Samsung Gearアプリの使用 Samsung Gearアプリの起動 Samsung Gearアプリは、モバイル端末にGearアプリ対応デバイスを接続し、追加機能を使用することができます。Samsung Gearアプリを使用してCircleとモバイル端末を接続している場合、音響効果の調整や通知機能の設定などの機能を使用できます。 • Samsung製のモバイル端末(メモリ容量1 GB以上、Android 4.2.2以上) で、Samsung Gearアプリを使用できます。 • Samsung
    • p. 23/28
      Samsung Gearアプリの使用 23 対応デバイスの接続 Samsung Gearアプリのメイン画面で → 新しいデバイスを検索をタップします。Circle以 外の別のGearアプリ対応デバイスに接続する場合、Circleとの接続を切ってから接続してください。 Gear SoundAlive 音響効果を選択したり、手動で調整を行えます。Samsung Gearのメイン画面でGear SoundAliveをタップします。
    • p. 24/28
      Samsung Gearアプリの使用 24 通知 接続されたモバイル端末で受信した不在着信や新しいメッセージの着信を、音声通知を使用してCircleに通知するように設定します。Play/Talkキーを押して、次の通知にスキップすることができます。通知を停止するには、イヤホン同士を接続してください。Samsung Gearのメイン画面で通知をタップし、通知スイッチをタップして起動した後、 アプリを選択します。 通知のブロック 接続されたデバイスの画面がオンになっている場合にCircleへの音声通知を制限するように設定します。通知を制限にチェックを入れてください。
    • p. 25/28
      Samsung Gearアプリの使用 25 Sボイスの使用 CircleでPlay/Talkキーを1秒間長押しした場合にSボイスを起動するように設定します。音声コントロールをタップし、音声コントロールスイッチをタップして有効にします。優先的に音声操作を使用する機器を選択するには、標準音声コントロールデバイスをタッ プしてオプションを選択してください。音声操作で着信に応答したり、着信を拒否できるように設定するには、着信にチェックを 入れてください。 • 優先的に使用する機器の設定は、Circleがモバイル端末とGearアプリ対応デバイ
    • p. 26/28
      26 トラブルシューティング サムスンお客様ご相談窓口にご連絡いただく前に、次の解決策をお試しください。状況によっては、ご使用のCircleに適用されない場合があります。 Circleの電源が入りません バッテリーが完全に放電されている場合、Circleの電源はオンになりません。Circleの電源を入れる前にバッテリーを完全に充電してください。 バッテリーが正しく充電されません(Samsung認定充電器の場合) • 充電器が正しく接続されていることを確認します。• バッテリー端子が汚れている場合、バッテリーが正しく充電されない、あるい
    • p. 27/28
      トラブルシューティング 27 Bluetooth接続が頻繁に切断されます • Circleとモバイル端末間に障害物がないことを確認してください。障害物がある場合、 通信可能距離が短くなる可能性があります。 • Circleとモバイル端末が、Bluetoothの接続範囲内(10 m)にあることを確認します。 通話相手の声が聞こえません • Circleの音量を調整してください。• Circleを最大音量に設定しても音が聞こえない場合には、モバイル端末上で音量を調整 してください。 通話中にサウンドエコーが発生します
    • p. 28/28
      お問い合わせ先 サムスンお客様ご相談窓口0120-363-905営業日 年中無休受付時間 9:00 - 17:00 著作権 Copyright © 2014 Samsung Electronics本書は、国際著作権法により保護されています。本書はSamsung Electronicsの書面による事前の許可無しに、電子的、または機械的にかかわらず、いかなる形態、いかなる方法によっても、本書のすべての内容について複写(写真、録画/録音したデータを情報ストレージや検索システムに記録することを含む)、配布、翻訳、および転送を禁止します。
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.