取扱説明書とユーザーガイド - SyncMaster 204B Samsung

SyncMaster 204B Samsung の取扱説明書やユーザーガイドが1以上あります。

  • Samsung SyncMaster 204B (ページ: 73)

    目次
    • p. 1/73
      㫖 㫖 㫖 㫖 SyncMaster 204B
    • p. 2/73
      表示について この警告や注意を守らずに誤った取り扱いをすると、けがをしたり物的損害を受ける恐れがあります。 禁止 重要 分解禁止 電源プラグを抜く 触らない アースすること 電源 -長時間使用しないときはPCをDPMS(省電力モード)に設定してください。スクリーンセーバを利用する場合は、電源オプションのプロパティーから設定してください。 -同梱の電源コードセットは、他の電気機器では使用できません。ご注意ください。 壊れたプラグを使用しないでください。
    • p. 3/73
      z 感電や火災の原因になることがあります。 プラグを抜くときはコードを引っ張らず、必ずプラグを持って抜いてください。また、濡れた手でプラグを触らないでください。 z 感電や火災の原因になることがあります。 接地接続は必ず電源プラグを電源につなぐ前に行ってください。また、接地接続を外す場合は、必ず電源プラグを電源から切り離してから行ってください。 z 感電の原因となることがあります。 電源プラグをしっかりと挿入して、緩まないようにしてください。 z 接続状態が悪いと火災の原因となることがあります。 プラグやコードを曲げたり、重いものをのせたりしないでください。
    • p. 4/73
      z けがや破損の原因となることがあります。 モニターベースをショーケースや棚に設置する場合には、ベースがショーケースや棚から突き出すことがないようにしてください。 z 製品が落下すると、製品の損傷や人体への傷害の原因になることがあります。 製品を安定していない場所、または狭い場所に置かないでください。 z 製品が落下して、特に子供などの近くにいる人に傷害を負わせる可能性があるため、平らで安定した面に置いてください。 製品を床に置かないでください。 z 特に子供がつまづく可能性があります。 ろうそく、殺虫剤またはタバコなど、燃えやすいものを製品の近くに置かないでください。
    • p. 5/73
      z ユーザー自身による工事はけがの原因になることがあります。 z 弊社指定外の取り付け器具を使用しないでください。 製品を設置するときには、換気のために壁から 10cm程度離してください。 z 換気が不十分な場合には、製品内部の温度が上昇して、部品の寿命が短くなったり性能が低下したりします。 お手入れ 本体や液晶表面のお手入れは、よく絞った柔らかい布で拭いてください。 水や洗剤をモニターに直接かけないでください。 z 感電や火災の原因になることがあります。 クリーナーを少量使用し、柔らかい布で拭き取ってください。
    • p. 6/73
      モニター内部の清掃については、 CSセンターまでご連絡ください。 z 製品の内部は清潔を保ってください。 長期にわたって堆積したほこりは、動作不良や火災の原因となることがあります。 その他 カバー(または背面)を開けないでください。 z 感電または火災の原因となることがあります。 z 修理は専門の技術者にご相談ください。 異常な音や臭いがするなど、モニターが正しく動作しないときはすぐに電源プラグを抜き、CSセンターにご連絡ください。 z 感電や火災の原因になることがあります。 オイル、煙または湿気にさらされる場所に製品を置かないでください。自動車内に設置しないでください。
    • p. 7/73
      本体の通気孔をふさがないでください。 z 故障や火災の原因になることがあります。 モニターの上に水が入った容器、化学製品、金属物を置かないででください。 z 動作不良、感電、火災の原因となることがあります。 z 異物がモニター内に入った場合には、電源プラグを抜いて CSセンター にご連絡くだ さい。 可燃性の化学薬品のスプレーや可燃物は、製品から遠ざけてください。 z 爆発や火災の原因になることがあります。 内部に金属を入れないでください。 z 感電や火災、けがの原因になることがあります。 工具器具、針金などの金属製品や、紙切れやマッチなどの燃えやすいものを、通気孔などに入れないでください。
    • p. 8/73
      製品を不安定で平らでない場所や、振動の多い場所に設置しないでください。 z 製品が落下すると、製品の損傷や人体への傷害の原因になることがあります。振動の多い場所で製品を使用すると、製品の寿命が短くなったり出火の原因となる場合があります。 モニターを移動するときには、電源をオフにして電源プラグを抜いてください。 モニターを動かす前に、アンテナ用ケーブルやその他の装置に接続するケーブルなど、すべてのケーブルが外れていることを確認してください。 z ケーブルを外さないと、ケーブルの損傷、火災や感電の原因となることがあります。
    • p. 9/73
      ご使用前に、以下の付属品が揃っているか確認してください。 万一不足するものがあった場合、 お客様ご相談ダイヤルか CSセンター までご連絡ください。 別売品の購入については、 販売店までお問い合わせください。 内容物 ピボットスタンド 本体 取扱説明書 簡単セットアップガイド 保証書 (日本国内において のみ有効となります。) インストール CD (ユーザーガイド、 モニタードライバ) Natural Color、MagicTune™、 MagicRotation ケーブル類
    • p. 10/73
      ミニ D-Sub15ピン ケーブル (アナログ接続) 電源コード DVI-Dケーブル (デジタル接続) 別売 壁掛け用ブラケット ねじ (4EA) 前面(スタンドの形状は製品ごとに異なります) MENU(メニュー) ボタン [ ] OSD(On Screen Display)メニューを開きます。 OSDメニューの終了または前のメニューに戻るときにも使用します。 MagicBright ボタン [ ] MagicBrightは、ご覧になる映像の種類に応じて最適な視聴環境を提供するための新機能です。現在 6つのモードが使用可能です。ユ―ザ―
    • p. 11/73
      >>アニメーション・クリップを見るには、ここをクリックします。 輝度( Brightness) ボタン [ ] 明るさを調整します。 >>アニメーション・クリップを見るには、ここをクリックします。 調整ボタン [ ] メニューの項目を移動 /調整します。 エンターボタン [ ] / ソース( SOURCE)ボタ ン ハイライト表示されたメニュー項目を決定します。 / ボタンを押し、 OSDがオフの間にビデオ信号を選択します。 (ソースボタンを押して入力モードを変更すると、画面の左上に現在のモード
    • p. 12/73
      DVI IN : DVIケーブルをモニター背面のDVI IN(デジタル端子)に接続します。 (ソース : デジタル) RGB IN : 信号ケーブルをモニター背面のRGB IN(アナログ端子)に接続します。 (ソース : アナログ) ケンジントンロック : ケンジントン ロックは、公共の場所で使用するときに システムを固定するのに使用する装置です。 (ロック装置は、別途購入する必要があります) ロック装置は、別途販売店等でご購入ください。 スタンドストッパー : スタンドの固定ピンを取り外して、モニターを上下に動かします。
    • p. 13/73
      ケーブル固定リング : ケーブルの接続が終了したら、 ケーブルをケーブル固定リングに固定します。 ケーブル接続の詳細については、 モニターを接続する の項を参照してください。
    • p. 14/73
      モニターの接続 1. 電源コードをモ ニタ背面の POWER(電源端子)に接続します。 電源コードをコンセントに差し込みま す。 2-1. ビデオカードのアナログ端子を使用します。 モニター背面にある 15 ピンの RGB IN ポートに信号ケーブルを接続します。 2-2. ビデオカードのデジタル端子を使用します。 モニター背面にある DVI IN ポートに DVI ケーブルを接続します。 2-3. マッキントッシュへの接続 D-SUB接続ケーブルを使用してモニターをマッキントッシュコンピュータに接続します。
    • p. 15/73
      ベースの取り外し 1. 2. 3. モニターの電源をオフにして、電源コードをはずします。 LCDモニターの前面を下にして、画面を保護するためにクッションを置いた平らな面に置きます。 2本のネジ(A)を取り外し、スタンドをLCDモニターから外します。 スタンドの使用 A. スタンドストッパー オートピボット機能はサポートされておりません。 画面を最も高い位置まで持ち上げずに回転させると、画面の端が床に当たって損傷する場合があります。 ベースの取付け このモニターでは、 100mm×100mmのVESA互換マウンティングインターフェイスパッドを使用できます。
    • p. 16/73
      A. モニター B. マウンティングインターフェイスパッド (別売) 1. モニターの電源を切り、電源コードを抜きます。 2. 画面を保護するためにクッションを下に敷き、LCDモニターの表側を下にして平らな場所に置きます。 3. 2本のネジを取り外し、スタンドをLCDモニターから外します。 4. マウンティングインターフェイスパッドをリヤカバーマウンティングパッドの穴に合わせ、アーム型ベース、壁掛 けハンガー、その他のベースに付属の 4本のねじで固定します。 モニタードライバーのインストール (自動)
    • p. 17/73
      4. 「Warning」ウィンドウが表示されますので、「Install」ボタンをクリックします・br> 5. モニタードライバのインストールはこれで完了です。 Windows XP/2000 1. CDをCD-ROMドライブに挿入します。 2. 「Windows XP/2000」をクリックします。 3. リストからモニターのモデルを選択し、「OK」ボタンをクリックします。 4. 次のような「Message」ウィンドウが表示された場合、「Continue Anyway」ボタンをクリックします。 続
    • p. 18/73
      Microsoft ® Windows ® XP Operating System 1. CDをCD-Romドライブに挿入します 2. 〔スタート〕をクリックし、〔設 定〕から〔コントロールパネル〕を選 択します。 3. 〔クラシック表示に切り替える〕 をクリックし、〔画面〕のアイコンを クリックします。 4. コントロールパネルの〔画面〕をクリ ックします。
    • p. 19/73
      5. 〔画面のプロパティ〕から〔設定〕- 〔詳細設定〕を選択します。 6. 〔プラグアンドプレイ…〕からモニ タをクリック。〔プロパティ〕ボタン をクリックし、次の画面で〔ドライバ の更 新〕を選択します。 7. 〔ハードウェアの更新ウィザード〕か ら〔一覧または特定の…〕を選択しま す。
    • p. 20/73
      8. 次の画面で〔検索しないで、インス トールするドライバを選択する〕をク リックし、〔次へ〕進みます。 9. 〔ディスクを使用〕をクリック します。 10. 〔参照〕をクリックすると〔ファイ ルの場所〕が表示されます。
    • p. 21/73
      11. 〔ファイルの場所〕でCD-ROMドラ イブを選択し、更に〔Driver〕フォルダ をダブルクリックし、〔開く〕をクリ ッ クします。 12. 製造元のファイルのコピー元が表示 されたら〔OK〕をクリックし、該当す るモニターのドライバを選択しま す。 〔次へ〕をクリックします。 13. ソフトウェアをインストールする画 面から、完了画面に移ります。〔完 了〕ボタンをクリックし、続けて〔閉 じ る〕をクリックします。
    • p. 22/73
      14. モニタードライバのインストールは これで完了です。 Microsoft ® Windows ® 2000 Operating System 1. 同梱されているCD-ROMをCD-ROMドライブに挿入して下さい。 2. [スタート]-[設定]-[コントロールパネル]をクリックし、[画面]アイコンをクリックして下さい。 3. [設定]タブをクリックし、[詳細]ボタンをクリックして下さい。 4. [モニター]タブをクリックし、[プロパティ]ボタンをクリックして下さい。 5. [ドライバ]タブをクリックし、[ドライバの更新]ボタンをクリックして下さい。
    • p. 23/73
      ックして下さい。 11. 「モデル」欄に一覧が表示されます。ご使用しているモデルを選択し、[次へ]ボタンをクリックして下さい。 12. 表示されているモデル名が正しければ[次へ]ボタンをクリックして下さい。 13. [完了]ボタンをクリックして下さい。 以上で設定は終了です。 Microsoft ® Windows ® Millennium Operating System 1. 同梱されているCD-ROMをCD-ROMドライブに挿入して下さい。 2. [スタート]-[設定]-[コントロールパネル]をクリックし、[画面]アイコンをクリックして下さい。
    • p. 24/73
      ElectronicsがKorea Electronics & Telecommunications Research Institute (ETRI)と協力して開発され、モニターに表示される色を調整することができます。詳しくは、プログラムからヘルプ( F1)を参照してください。 Natural Colorのインストール方法 Samsungモニター付属の CDをCD-ROMドライブに挿入します。 続いてインストールの初期画面が表示されます。 インストールを開始するには、初期画面の Natural
    • p. 25/73
      1. [ MENU] このボタンは、画面のメニューを開く、メニュー画面の終了または画面調整メニューを閉じる場合に使 用します。 2. [ ] これらのボタンにより、メニューの項目を移動/調整します。 3. [ ] ハイライト表示されたメニュー項目を決定にします。 4. [AUTO] このボタンを押して、入力されるAnalog信号に対する自動調整を行います。(アナログ入力端子モードの みで使用可 ) fine<微調整>、coarse<粗調整>、およびposition<ポジション>の値が自動的に調整されます。
    • p. 26/73
      メニュー 説明 AUTO 〔 AUTO〕 ボタンをオスと、自動調整画面が中央のアニメーション画面に表示されます。 自動調整を実行すると、入力されるアナログ信号に合わせてモニターが自動的に調整されます。細かさ、荒さ、位置などの値が自動的に調整されます。 (アナログ入力端子モードのみで使用可 ) 自動調整機能をより厳密にするには、 AUTO PATTERN がオンの状態で 〔 AUTO〕機能を実行します。 z 自動調整が正しく機能していない場合、〔 AUTO〕(オート)ボタンをもう一回押して より正確に画像を調整します。
    • p. 27/73
      メニュー 説明 OSDロック/ロック解除 MENU”ボタンを5秒間以上押すと、OSD機能がロック(ロック解除)されます。 OSD調整ロック機能で、モニターの輝度およびコントラストを調整することもできます。 MagicBright™ メニュー 説明 MagicBright™ MagicBrightボタンを再度押し、有効なプリセットモードを実行します。 - 6種類のモード(ユーザー調整/テキスト/インターネット/ゲーム/スポーツ/映画) 明るさ メニュー 説明
    • p. 28/73
      明るさ ダイレクト操作: OSDがスクリーンに表示されていない状態でこのボタンを押すと、明る さを調整できます。 SOURCE メニュー 説明 SOURCE OSDがオフ状態で、ビデオ信号を選択します。 1. 映像 明るさ コントラスト 2. 色調 色温度 色調 ガンマ 3. 画質 粗調整 微調整 シャープネス H-ポジション V-ポジション 4. OSD 言語 H-ポジション V-ポジション 透明 表示時間 5. 設定 自動ソース検出 画像リセット カラーリセット 6. インフォメーション 映像
    • p. 29/73
      メニュー 説明 プレイ /ストップ 明るさ オンスクリーンメニューからお好みの明るさに変更できます。 ダイレクト操作: OSDがスクリーンに表示されていない状態でこのボ タンを押すと、明るさを調整できます。 コントラスト オンスクリーンメニューからお好みのコントラストに変更できます。 色調 メニュー 説明 プレイ /ストップ 青色系、標準、赤色系、ユーザー調整の 4つのモードから1つを選択
    • p. 30/73
      色温度 し、お好みの色温度に調整します。 色調 赤、緑、青の各カラーバランスをお好みの色調に調整します。 ガンマ ガンマ補正は、色の輝度を中間的な輝度に変更します。 z モード 1 z モード 2 z モード 3 画質 メニュー 説明 プレイ /ストップ 粗調整 縦縞などのノイズを除去します。粗調整により、画面の画像領域が動く場合があります。 [H-ポジション]メニューを使用して画面を中央に 戻して下さい。 微調整 横縞などのノイズを除去します。微調整後もノイズが残っている場合は、周波数(クロック速度)を調整し、もう一度調整して下さい。
    • p. 31/73
      メニュー 説明 プレイ /ストップ 言語 OSDの表示言語を変更します。 日本語・ English(英語)の選択が出来ます。 言語の選択は、 OSD の言語にのみ反映されます。コンピュータ上で 実行されるソフトウェアには影響しません。 H-ポジション OSDメニューの位置を左右方向に調整します。 V-ポジション OSDメニューの位置を上下方向に調整します。 透明 OSDのバックグラウンドを半透明に変更します。 表示時間 一定時間内に調整が行われない場合、 OSDメニューは自動的に消 えます。 OSDメニューが消えるまでの待機時間を設定します。
    • p. 32/73
      メニュー 説明 プレイ /ストップ 自動ソース検出 モニターに自動的に信号ソースを選択させるには、 [Auto Source (自動ソース)] を選択します。 画像リセット 画像パラメータは工場出荷時の初期値に戻されます。 カラーリセット カラーパラメータは工場出荷時の初期値に戻されます。 インフォメーション メニュー 説明
    • p. 33/73
      インフォメーション OSD画面に、表示情報を表示します。
    • p. 34/73
      概要 | インストール | OSDモード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング 概要 MagicTune™ とは モニタのパフォーマンスはグラフィックカード、ホストコンピュータ、ライティングコンディションなどの各種要因によって変化します。 最高の画像を得るには、各モニタに独自の設定が必要です。 しかし、手動による設定はしばしば困難が伴います。 そこでステップ バイ ステップ方式のわかりやすいプログラムで適切な設定(tuning)を行い、ベストな画質を実現します。
    • p. 35/73
      概要 | インストール | OSDモード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング インストール 1. インストールCDをCD-ROMドライブに挿入します。 2. MagicTune™インストールファイルをクリックします。 3. インストール時の言語を選択し、“次へ”をクリックします。 4. インストールシールドウィザードのウィンドウが表示されたら、“次へ”をクリックします。 5. “使用許諾契約条件に同意します”を選択して、使用条件に同意します。 6. MagicTune™をインストールするフォルダを選択します。
    • p. 36/73
      7. “インストール”クリックします。 8. “インストール状況”のウィンドウが表示されます。 9. “完了”をクリックします。 10. インストールが終了すると、MagicTune™ の実行アイコンがデスクトップに表示されます。
    • p. 37/73
      アイコンをダブルクリックしてプログラムを起動します。 インストール時の問題 MagicTune™ のインストールは、ビデオカード、マザーボード、ネットワーク環境などの要因から影響を受けることがあります インストール中にトラブルが発生した場合は、 “トラブルシューティング” を参照してください。 システム要件 オペレーティングシステム z Windows™ 98 SE z Windows™ Me z Windows™ 2000 z Windows™ XP Home Edition z Windows™ XP
    • p. 38/73
      概要 | インストール | OSD モード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング OSD モード OSDモードは、すべてのモニターの調整設定を簡単にします。これを選択すると、調整サブメニュー項目の概要がコントロールウィンドウ上の各タブに表示されます。また各タブを選択すると、メニューのリストが表示されます。モニター設定の素早い調整のために、OSDモードはすべてのタブおよびサブメニュー項目へ簡単で便利なアクセスを可能にします。 ボタン定義 MagicTune™はユーザーに最適なモニター設定の簡単な保存および利用を可能にすることで、ディスプレイの素早く正確な調整を実現します。
    • p. 39/73
      映像定義 ユーザーに、希望する値への画面設定の調整を可能にします。 初期化 アクティブコントロールウィンドウに表示されたモニターの各値を、製造元推奨の値に戻します。 取り消し 変更を適用せずにMagicTune™を終了します。コントロールウィンドウで何も変更してない場合は、“キャンセル”をクリックしても何も起こりません。 明るさ コントラスト 解像度 MagicBright n m l k j i n m l k j n m l k j n m l k j 明るさ 画面全体を明るく、または暗くします。明るさが適切な水準に調節されない場合、暗い部分の画像詳細データが失われることがあります。
    • p. 40/73
      カラータブ定義 モニターカラーやモニター背景色の“暖かさ”を調整します。 ット, エンターテイメント, ユーザー調整) MagicColorおよびガンマは、これらの機能をサポートしているモニターでのみ表示されます。 色温度 カラーコントロール 調整 MagicColor ガンマ n m l k j i n m l k j n m l k j n m l k j n m l k j 色温度 色の階調を変更できます。 z 暖色2 - 暖色1 -涼色 1 - 涼色 2 - 涼色 3 - 涼色 4 - 涼色 5
    • p. 41/73
      MagicColor MagicColorはSamsung独自の新技術で、画質を落とすことなく天然色をより鮮明に表示し、デジタル画質を向上させます。 1. オフ : オリジナルモードに戻ります。 2. デモ : MagicColor適用前の画面は右のようになり、MagicColor適用後の画面は左のようになり ます。 3. フル : 強い色を鮮明に表示します。 4. インテリジェント : 強い色だけでなく、自然な肌色もより鮮やかに表示します。 5. MagicZone { MagicZoneは、画面の一部の輝度、シャープネス、色飽和度、色調を高めることにより、動画マルチメディアや写真画像をくっきりと明確に表示します。
    • p. 42/73
      ジオメトリ定義 画像を調整します。 オプションタブ定義 次のオプションを使用してMagicTune™を設定できます。 ード2, モード3) 画像設定 位置 シャープネス n m l k j i n m l k j n m l k j 画像設定 z 微調整:横縞などのノイズを除去します。Fine調整後もノイズが残る場合は、周波数(クロックスピード)調整後に再度調整します。 z 粗調整:縦縞などのノイズを除去します。 粗調整により画面の表示域が乱れることがあります。その場合は、水平コントロールメニューを使用して画面を中央に戻します。
    • p. 43/73
      サポートタブ アセットIDおよびプログラムのバージョン番号を表示します。また、ヘルプ機能を利用できます。 プリファレンス プリファレンスのダイアログボックスをロードします。使用されているものは、チェックボックスに“V”が表示されます。オフまたはオンにするには、ボックスの上にカーソルを置いてクリックします。 z タスクトレイメニューを有効にする。 -MagicTune™メニューにアクセスするには、[タスクトレイメニュー]のアイコンをクリックします。 [オプション]の[基本設定]で[システムトレイを有効にする]が選択されていない場合、メニューは表示されません。
    • p. 44/73
      ルされていなければなりません) ユーザー名 PCに登録されているユーザー名を表示します。 ユーザー ID PCに登録されているユーザーIDを表示します。 サーバ IP サーバーIPを書き出します。 部署 部門を書き出します。 勤務地 場所を書き出します。 バージョン MagicTune™のバージョン番号。
    • p. 45/73
      概要 | インストール | OSDモード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング カラーキャリブレーション 1. カラーキャリブレーション “カラーキャリブレーション”によってモニターに最適なカラーコンディションを取得します。 最適なモニターカラーコンディションを得るには、次の5ステップを実行します。 1. “明るさコントロールバー”を調節して、コントロールパッチの明るさと背景パターンの明るさを一致させま す。 2. “コントロールパッチ”上で特定の色調を検出した場合は、“カラーリファレンスサークル”上の同じ色調へコ
    • p. 46/73
      “カラーキャリブレーション"の“プレビュー"ボタンを押します。 上の図のような画面が表示されます。 1. 無調整の表示を押して、調整したキャリブレーション結果を確認します。 2. 調整の表示を押して、オリジナルの画像を確認します。
    • p. 47/73
      概要 | インストール | OSDモード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング アンインストール MagicTune™プログラムは、Windows™コントロール パネルの“プログラムの追加と削除”からのみ削除できます。 MagicTune™を削除するには次のステップを行います。 1. [タスクトレイ][スタート][設定]から、メニューの[コントロール パネル]を選択します。Windows™ XPの場合は、[スタート]メニューの[コントロール パネル]を選択します。
    • p. 48/73
      概要 | インストール | OSDモード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング トラブルシューティング 現在のコンピュータ システムは、 MagicTune™との互換性がありません。 [OK]を押して[MagicTune™サイトへのショートカット]をクリックし、ホームページで詳細について参照し てください。 ビデオ /グラフィック カードが[Available]リストにない場合は、エラーが発生することがあ ります。 (最新または最も古いビデオカードは互換性がない場合があります)
    • p. 49/73
      プタ ]で確認することができます。 ビデオカードメーカーのホームページから最新のドライバをダウンロードしてインストールしま す。 ビデオカードの詳細については、カードメーカーにお問い合わせください。 正常な動作をさせるには、システムを再起動してください。 MagicTune™のインストール後にシステムを再起動しないと、エラーが発生します。 ( Win98SEおよびWinMeの場合のみ) 使用前にシステムを再起動します。 MagicTune™の性能を最大に引き出すために、最適な解像度に調整します。最適な解像度について
    • p. 50/73
      z MagicTune™の技術サポート、FAQ(よくある質問と回答)、およびソフトウェアのアップグレードに関してはMagicTune™の ウェブサイト にアクセスしてください。 z MagicTune™ MACのインストールソフトウェアを弊社 ウェブサイト からダウンロードしてくださ い。 MagicTune™ は、モニターの追加ソフトウェアです。一部のグラフィックカードでは、お使いのモニターをサポートしていません。グラフィックカードに問題がある場合には、互換性のあるグラフィックカードについて弊社Webサイトで提供しているリストを確認してください。
    • p. 51/73
      概要 | インストール | インターフェイス | アンインストール | トラブルシューティング 概要 MagicRotationとは? サムスンのMagicRotationソフトウェアは、ユーザーの多様な作業環境やニーズに応えるべく、コンテンツ全体を画面に表示する機能です。縦位置での表示により、作業効率の向上を図り、またユーザーが縦と横の表示(90°、180°、270°回転)を簡単に切り替えることを可能としています。 基本機能 MagicRotationは、Windows™ 98 SE、Me、NT 4.0、2000、XP
    • p. 52/73
      概要 | インストール | インターフェイス | アンインストール | トラブルシューティング インストール 1. CDをCD-ROMドライブに挿入します。 2. MagicRotationのインストールファイルをクリックします。 3. インストールに使用する言語を選択して、[Next]をクリックします。 4. InstallationShield Wizardウィンドウが表示されたら、[Next]をクリックします。 5. 「使用許契約の全条項に同意します。」を選択して、 使用条件を承諾します。
    • p. 53/73
      6. MagicRotationプログラムをインストールするフォルダを選択します。 7. [インストール]をクリックします。 8. [インストール状況]ウィンドウが表示されます。
    • p. 54/73
      9. [完了]をクリックします。 MagicRotationが適切に動作するためには、システムを再起動する必要があります。 10. インストールが完了すると、デスクトップにMagicRotationの実行アイコンが表示されます。 インストール時のトラブル MagicRotationのインストールは、ビデオカード、マザーボードおよびネットワーク環境などの要素に影響を受けます。 インストール中にトラブルが発生した場合には、 「トラブルシューティング」 を参照してください。 制限 1. MagicRotationが適切に動作するには、「ディスプレイドライバ」が正しくロードされていなければ
    • p. 55/73
      2. Windows™ Media Player、Real Playerなどのアプリケーションでは、90、180および270°の方向で は正常に動画ファイルを表示できない場合があります。この場合は、以下の操作を行ってください。 { アプリケーションを閉じます。 { アプリケーションで表示する方向(90、180、270)を選択します。 { アプリケーションを再起動します。 ほとんどの場合、この操作で問題が解決します。 3. OpenGLおよびDirectDraw(3D描画)を使用するユーザーアプリケーションは、選択した方向モード
    • p. 56/73
      概要 | インストール | インターフェイス | アンインストール | トラブルシューティング z 回転中は、MagicTune™プログラムの部分は正常に動作しません。 z 自動回転 : モ ニターを回転すると、画面の表示が自動的に回転します。 Auto Rotationを実行するには、以下の指示に従います。 z MagicRotation™およびMagicTune™ 3.6プログラムの両方をお使いのコンピュータにインストールしてください。 z MagicTune 3.6の起動 z オプション → プリファレンス
    • p. 57/73
      回転 90 :表示が現在の角度から90°回転します。。 回転 180 :表示が現在の角度から180°回転します。。
    • p. 58/73
      回転 270 :表示が現在の角度から270°回転します。 ホットキー :ホットキーは、デフォルトで有効になっておりユーザーが変更することができます。 既存のホットキーを変更して、ユーザーがキーボードに直接割り当てることができます。ユーザーは、Shift、Ctrl、Altおよび汎用のキーを組み合わせてホットキーを作成することができます。汎用キーだけが押された場合には、Alt+汎用キーの組み合わせでホットキーが作成されます。 ヘルプ :MagicRotation™プログラムのHELP(ヘルプ)を表示します。
    • p. 59/73
    • p. 60/73
      概要 | インストール | インターフェイス | アンインストール | トラブルシューティング アンインストール MagicRotationプログラムは、Windows™のコントロールパネルの[プログラムの追加と削除]オプションでのみ削除することができます。 MagicNet を削除するには、以下の手順に従います。 1. [スタート]>[設定]から[コントロールパネル]を選択します。 Windows™ XPでプログラムを使用している場合には、[スタート]メニューの[コントロール パネル]に移動します。
    • p. 61/73
      概要 | インストール | インターフェイス | アンインストール | トラブルシューティング トラブルシューティング テクニカルサポートに電話をする前に z MagicRotationソフトウェアは、グラフィックカードのメーカーが提供しインストールされている「ディスプレイドライバ」を使用して、画面を回転する機能を提供しています。インストールされている「ディスプレイドライバ」が正しく動作していないかバグがある場合、これらのバグはMagicRotationソフトウェアのインストール後も存在します。 インストールされている「ディスプレイドライバ」の問題が原因で発生する不正または異常な動作は、MagicRotationソフトウェアの問題ではありません。
    • p. 62/73
      お問い合わせの前に お客様ご相談ダイヤルもしくは CSセンターへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていない かご確認ください。 それでも解決ができない場合は、この取扱説明書に記載されている お客樣ご相談ダイ セルもしくは CSセンターにご連絡ください 。 症状 チェックリスト 解決法 画面に何も表示されない。 電源コード は正しく接続されていますか? 電源コード を確認してください "信号ケーブルを確認してください"というメッセージが画面に 表示されていますか? ( D-Subケーブルを使用して接続)
    • p. 63/73
      ードに調整してください。 (システムが再起動さ れる場合は、このメッセージが再表示されます。 ) 画面に何も表示されない モニターの電源インジケータは 1秒間隔 で点滅しているか。 モニターは PowerSaverモードです。 何かキーを押すかマウスを動 かすと、モニターが再びアクティブになり画面の 表示 が戻ります。 画像が表示されない場合は、 〔ソース /エン タ〕 ボタンを押します。 次にキーボードのキーを押して、再度モニターをアクティブにして画面上の画像を復元します。 モニターを DVI ケーブルで接続してい
    • p. 64/73
      イスマネージャ ->モニター->プラグアンドプ レイモニターを削除してから、ハードウェアの追加で「プラグアンドプレイモニター」を検索します。 MagicTune™ は、モニターの追加ソフトウェアです。一部のグラフィックカードでは、お使いのモニターをサポートしていません。グラフィックカードに問題がある場合には、互換性のあるグラフィックカードについて弊社 Webサイトで提供し ているリストを確認してください。 http://www.samsung.com/monitor/magictune MagicTune™
    • p. 65/73
      セルフテスト機能によるチェック 1. コンピュータとモニターの電源を切ります。 2. コンピュータ背面のビデオケーブルを抜きます。 3. モニターの電源を入れます。 モニターが正しく動作していれば、下図のようにカラーボックスとテキストが表示 されます。それぞれ赤、緑、青のボックスです。 いずれかの表示に異常があれば、モニターが正しく動作していない可能性があります。 この表示は、ビデオケーブルが未接続または損傷している場合にも表示されます。 4. モニターの電源を切ってビデオ ケーブルを再接続します。それからコンピュータとモニターの電源を入れま
    • p. 66/73
      主な仕様 主な仕様 モデル名 SyncMaster 204B LCD パネル サイズ 20.1インチ(対角) 表示域サイズ 408mm (水平) x 306mm (垂直) ピクセルピッチ 0.255mm (水平) x 0.255mm (垂直) タイプ a-si TFT アクティブマトリクス 同期化 水平 30 ~ 81kHz 垂直 56 ~ 75Hz 表示色 約 16.7M 万色 解像度 最適解像度 1600 x 1200@60Hz 最大解像度 1600 x 1200@60Hz 入力信号 , Terminated
    • p. 67/73
      444 x 200 x 427.6mm (スタンド使用時) / 7.7kg VESAマウンティングインターフェイス 100mm x 100mm (専用マウント器具用) 環境条件 動作 温度 : 10°C ~ 40°C (50°F ~ 104°F) 湿度 : 10% ~ 80%, 非凝縮 保存 温度 : -20°C ~ 45°C (-4°F ~113°F) 湿度 : 5% ~ 95%, 非凝縮 プラグ &プレイ機能 このモニターは、プラグ &プレイ機能と互換性のあるシステムにインストールすることができます。モニターとコンピュー
    • p. 68/73
      ディスプレイモード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセルクロック (MHz) 同期極性 (H/V) MAC,640X480 35.000 66.667 30.240 -/- MAC,832X624 49.726 74.551 57.284 -/- MAC,1152X870 68.681 75.062 100.00 -/- IBM,640X350 31.469 70.086 25.175 +/- IBM,720X400 31.469 70.087 28.322 -/+ IBM,720X400
    • p. 69/73
      CSセンター 日本サムスン株式会社 : お客樣ご相談ダイ ヤル 受付時間 平日(土日祭日を除 く) 9:00~17:00 ホームペー ジ http://www.samsung.com/jp/ 日本サムスン株式会社 CSセンター 〒 135-0062 東京都江東区東雲2-6-38 Tel 0120-327-527(代) Fax 03-3527-5533 受付時間 平日 (土日祭日を除く) 9:00~17:00 * * 予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。 用語集 同期信号 同期信号とは、モニターに色を表示するために必要とされる基本的な信号のことです。
    • p. 70/73
      水平周波数 ラインを右から左へ水平に走査する時間を水平サイクルといいます。 その逆数が水平周波数になります。 単位: kHz インタレースとノンインタレース方式 ラインを上から下に順番に表示する方式をノンインタレース、奇数ラインから偶数ラインの順に表示する方式をインタレースといいます。 ノンインタレース方式は画像が鮮明なため、ほとんどのモニターに採用されています。 インタレース方式はTVに採用されているものと同じです。 プラグ &プレイ コンピュータとモニターが自動的に情報交換し、最高の画質を実現する機能です。
    • p. 71/73
      クラス B この装置は、クラス Bのデジタル機器です。安全性とEMC準拠ガイドについては、「規制」ガイドを参照してください。 VCCIについて この装置は、情報処理装 置等電波障害自主規制協議会 (VCCI)の基準に基 づくクラスB情報技術装置です。 この装置は、家庭環境で使用 することを目的としていますが、この装置がラ ジオやテレビジョン受信機に近接して使用され ると、受 信障害を引き起こすことがありま す。取扱説明書に従って正しい取り扱いをして 下さい。 製品ユーザー登録 この度はサムスン製品をお買い上げいただき、誠にありがとう
    • p. 72/73
      製品情報(残像フリーについて) LCDモニターやLCDテレビには、長時間表示させた後に別の画面へ切り替えた時、画面に残像が残ることがあります。 ここでは、残像を防止するための LCD製品の扱い方を紹介します。 残像とは?LCDパネルの通常作動中には、画素の残像は発生しませんが、長時間同じ画面が表示されると、液晶周辺の 2電極間に電気量のわずかな差が蓄積されます。これにより、ディスプレイ の一定領域で液晶層が傾くことがあり、新しい画面に切り替わるときに以前の画面が残像として残ります。 LCDを含むディスプレイ製品は残像の影響は少なからず受けますが、これは製
    • p. 73/73
      モニターを残像から保護する最も良い方法は、 PCやシステムでスクリーンセーバープログラ ムを設定することです。 通常動作時に残像が発生することはほとんどありません。 通常動作とは、画面が次々に切り替わる状態をいいます。 LCDパネルが固定された画面で 長時間( 12時間以上)動作すると、画素内の液晶の電極間に電圧のわずかな差異が発生す ることがあります。 電極間の電圧差は時間とともに増加し、液晶層を傾けることがあります。 このような状況下で、画面の切り換え時に以前の画面が残像として残ることがあります。
 

© 2012–2018, manyuaru.com
All rights reserved.