取扱説明書とユーザーガイド - SyncMaster 740BX Samsung

SyncMaster 740BX Samsung の取扱説明書やユーザーガイドが1以上あります。

  • Samsung SyncMaster 740BX (ページ: 62)

    目次
    • p. 1/62
      インストールドライバ インストールプログラム SyncMaster 740BX / 940BX
    • p. 2/62
      表示について この警告や注意を守らずに誤った取り扱いをすると、けがをしたり物的損害を受ける恐れがあります。 禁止 重要 分解禁止 電源プラグを抜く 触らない アースすること 電源 長時間使用しないときはPCをDPMS(省電力モード)に設定してください。 スクリーンセーバーを利用する場合は、電源オプションのプロパティから設定してください。 同梱の電源コードセットは、他の電気機器では使用できません。ご注意ください。 図は参照の目的のみのために掲載されているもので、すべての場合(または国)に当てはまるものではありません。
    • p. 3/62
      壊れたプラグを使用しないでください。 z 感電や火災の原因になることがあります。 プラグを抜くときはコードを引っ張らず、必ずプラグを持って抜いてください。また、濡れた手でプラグを触らないでください。 z 感電や火災の原因になることがあります。 アース接続は必ず電源プラグを電源につなぐ前に行ってください。また、アース接続を外す場合は、必ず電源プラグを電源から切り離してから行ってください。 z 感電の原因となることがあります。 電源プラグをしっかりと挿入して、緩まないようにしてください。 z 接続状態が悪いと火災の原因となることがあります。
    • p. 4/62
      設置 ほこりが多い場所、極端に高温・低温にさらされる場所、湿度の高い場所、化学物質が使 用されている場所、および空港や駅など 24時間使用する場所に設置する場合には、事前 にサービスエンジニアまでご相談ください。 ご相談せずに設置した場合、モニターに重大な損傷が発生することがあります。 湿気やほこりの多い場所に置かないでください。 z 感電や火災の原因になることがあります。 移動するときはしっかりと持ってください。 z けがや破損の原因となることがあります。 モニターベースをショーケースや棚に設置する場合には、ベースがショーケースや棚から突き出すことがないようにしてください。
    • p. 5/62
      手荒に取り扱わないでください。 z 破損や故障の原因になることがあります。 画面を下向きに置かないでください。 z 液晶表面の破損の原因になります。 必ず柔らかい布かクッションを敷いて液晶表面を保護してください。 壁面への取り付け工事は専門技術者に依頼してください。 z ユーザー自身による工事はけがの原因になることがあります。 z 弊社指定外の取り付け器具を使用しないでください。 製品を設置するときには、換気のために壁から 10 cm離してください。 z 換気が不十分な場合には、製品内部の温度が上昇して、部品の寿命が短くなったり性能が低下したりします。
    • p. 6/62
      プラグ・ピンのほこりや汚れは、乾いた布で拭き取ってください。 z 接続部分が汚れていると、感電や火災の原因になることがあります。 製品の清掃を行うときには、必ず電源プラグを抜いてください。 z 漏電または火災の原因となることがあります。 電源プラグをコンセントから抜いて、柔らかい乾いた布で拭いてください。 z ワックス、ベンジン、アルコール、シンナー、空気清浄スプレー、潤滑剤、または溶媒などの化学薬品は使用しないでください。 モニター内部の清掃については、 お客様相談窓口までご連絡ください。 z 製品の内部は清潔を保ってください。
    • p. 7/62
      雷のときは電源プラグを抜き、落雷の恐れがなくなるまで使用しないでください。 z 故障や感電、火災の原因になることがあります。 コードや信号ケーブルを引っ張ってモニターを動かさないようにしてください。 z 故障や感電、火災の原因になることがあります。 ケーブル類を引っ張って画面を動かさないでください。 z 故障や感電、火災の原因になることがあります。 本体の通気孔をふさがないでください。 z 故障や火災の原因になることがあります。 モニターの上に水が入った容器、化学製品、金属物を置かないででください。 z
    • p. 8/62
      画像が長時間固定されると、残像やぶれが生じることがあります。 z 長時間モニターから離れる場合は、節電モードに切り替えるかスクリーンセーバー(動画)を設定します。 使用するモデルにあった解像度と周波数を選択します。 z 視力を低下させる恐れがあるので、適切な解像度と周波数でご使用ください。 17 インチ - 1280 X 1024 ( 周波数 60 Hz )19 インチ - 1280 X 1024 ( 周波数 60 Hz ) モニターを近距離で長時間見続けると、視力に影響を与えることがあります。 眼精疲労を和らげるために、時々目を休ませるようにしてください。
    • p. 9/62
      モニターを持ち上げたり移動するときには、スタンドだけを持ってモニターを上下反対に持たないでください。 z モニターが落下して、破損したりケガをする恐れがあります。 モニターを使用するときには、正しい姿勢を保ってください z 背中を丸めないようにします。 z 目からモニターまでの距離を約 45~50cmに保ちます。画面を少し見上げる ようにし、モニターが正面に来るようにします。 z モニターを上方向に 10~20度傾けます。モニターの最上部が目の位置より 若干低くなるように、モニターの高さを調整します。
    • p. 10/62
      ご使用前に、以下の付属品が揃っているか確認してください。 万一不足するものがあった場合、 お客様相談ダイヤルまでご連絡ください。 内容物 モニター本体 モニター 取扱説明書 簡単セットアップガイド 保証書 ユーザーガイド , モニタードライバ , Natural Color, MagicTune™ ケーブル類
    • p. 11/62
      D-subケーブル (アナログ接続) 電源コード DVI ケーブル (デジタル接続) 前面 MENU ボタン [ ] OSD(On Screen Display)メニューを開きます。 OSD(On Screen Display)メニューの終了または前の メニューに戻るときにも使用します。 MagicBright™ [ ] MagicBright™は、ご覧になる映像の種類に応じて最適な視聴環境を提供するための新機能です。現在 6つのモードが使用可能です。ユ― ザ― 調整、テキスト、インターネット、ゲーム、スポーツ、そして映画で
    • p. 12/62
      輝度 ボタン [ ] 明るさを調整します。 調整ボタン [ ] OSD(On Screen Display)メニューの項目を移動/調整します。 エンターボタン [ ] / ソース ーボタン ハイライト表示された OSD(On Screen Display)メニュー項目を決定しま す。 〔 〕ボタンを押し、 OSD(On Screen Display)メニューがオフの間に ビデオ信号を選択します。 ( ボタンを押して入力モードを変更すると、画 面の左上に現在のモード を示すメッセージが表示されます。 )
    • p. 13/62
      ケーブル接続の詳細については、 モニタ一の接続 の項目を参照してください。
    • p. 14/62
      モニタ一の接続 1. モニターの電源コードをモニター背面の POWER(電源端子)に接続します。 電源コードをコンセントに差し込みます。 2 適切な接続方法でお使いのコンピュータに接続します。 2-1. ビデオカードのアナログ端子を使用します。 モニタ一背面にある 15ピンRGB IN端子に信号ケーブルを接続します。 [RGB IN] 2-2. ビデオカードのデジタル端子を使用します。 モニタ一背面にある DVI IN端子にDVIケーブルを接続します。 [DVI IN] 2-3. マッキントッシュへの接続
    • p. 15/62
      スタンドの使用 ピボットスタンド A.スタンドストッパー ベースの取付け このモニタ一では、 75mm×75mmのVESA互換マウンティングインターフェイスパッドを使用できます。 ピボットスタンド A. モニター B.マウンティングインターフェイスパッド (別売) 1. モニタ一の電源を切り、電源コードを抜きます。 2. 画面を保護するためにクッションを下に敷き、LCDモニタ一の表側を下にして平らな場所に置きま す。 3. 3本のねじを外し、LCDモニタ一からスタンドを取り外します。
    • p. 16/62
      4. マウンティングインターフェイスパッドをリヤカバーマウンティングパッドの穴に合わせ、アーム型ベ ース、壁掛けハンガー、その他のベースに付属の 4本のねじで固定します。 モニタードライバーのインストール (自動) モニタドライバのインストールを促すメッセージが表示されたら、同梱の CD-ROMをコンピュータの ドライブに挿入します。 インストール方法は OSによって多少異なります。 お使いのOS を確認のう え、それぞれのインストール方法に従ってください。 下記のウェブサイトからドライバプログラムファイルをダウンロードすることもできます。ディスクにコピーしてご利用ください。
    • p. 17/62
      モニタードライバーのインストール (手動) Windows XP | Windows 2000 | Windows Me | Windows NT モニタ一ドライバのインストールを促すメッセージが表示されたら、同梱の CD-ROMをコンピュータ のドライブに挿入します。 インストール方 法は OSによって多少異なります。 お使いのOS を確認のうえ、それぞれのインス トール方法に 従ってくだ さい。 下記のウェブサイトから ドライバプログラムファイルをダウンロード することもできます。ハードディスクにコピーしてご
    • p. 18/62
      4. コントロールパネルの〔画面〕をダブルクリックします。 5. 〔画面のプロパティ〕から〔設定〕- 〔詳細設定〕を選択します。 6. タブの中から〔モニタ〕をクリック。〔プロパティ〕ボタン をクリックし、次の画面で〔ドライバ の更新〕を 選択します。
    • p. 19/62
      7. 〔ハードウェアの更新ウィザード〕か ら〔一覧または特定の…〕を選択しま す。 8. 次の画面で〔検索しないで、インス トールするドライバを選択する〕をク リックし、〔次へ〕進みます。 9. 〔ディスクを使用〕をクリック します。
    • p. 20/62
      10. 〔参照〕をクリックすると〔ファイ ルの場所〕が表示されます。 11. 〔ファイルの場所〕でCD-ROMドラ イブを選択し、更に〔Driver〕フォルダ をダブルクリックし、〔開く〕 をクリ ックします。 12. 「製造元のファイルのコピー元」に選択したドライブの「Driver」フォルダ名が表示されたら〔OK〕をク リックし、該当するモニタ一のドライバを選択します。 〔次へ〕をクリックします。
    • p. 21/62
      13. ソフトウェアをインストールする画 面から、完了画面に移ります。〔完 了〕ボタンをクリックし、続けて 〔閉 じる〕をクリックします。
    • p. 22/62
      14. モニタドライバのインストールは これで完了です。 Microsoft ® Windows ® 2000 Operating System 1. 同梱されているCD-ROMをCD-ROMドライブに挿入して下さい。 2. [スタート]-[設定]-[コントロールパネル]をクリックし、[画面]アイコンをクリックして下さい。 3. [設定]タブをクリックし、[詳細]ボタンをクリックして下さい。 4. [モニタ]タブをクリックし、[プロパティ]ボタンをクリックして下さい。 5. [ドライバ]タブをクリックし、[ドライバの更新]ボタンをクリックして下さい。
    • p. 23/62
      Microsoft ® Windows ® NT Operating System 1. 〔スタート〕、〔設定〕、〔コントロールパネル〕をクリックし、〔画面〕のアイコンをダブルクリックします。 2. 〔登録情報表示〕ウィンドウで、〔設定〕タブをクリックしてから、〔全ディスプレイモード〕をクリックしま す。 3. 使用モード(解像度、カラー数、垂直周波数)を選択し、〔OK〕をクリックします。 4. 〔テスト〕をクリックした後、画面が正常に機能しているか調べるには、〔適用〕ボタンをクリックしま す。 画面が正常に表示されない場合は、別のモードに変更します(解像度、カラーまたは周波数の下位モード)。
    • p. 24/62
      1. [ ]このボタンは、画面のメニューを開く、メニュー画面の終了または画面調整メニューを閉じる場合に 使用します。 2. [ ]これらのボタンにより、メニューの項目を移動/調整します。 3. [ ]ハイライト表示されたメニュー項目を決定にします。 4. [AUTO]受信PC信号に合わせた設定値を自動調整する場合に押します。 fine<微調整>、coarse<粗調 整 >、およびposition<ポジション>の値が自動的に調整されます。 自動
    • p. 25/62
      メニュー 説明 自動 'AUTO' ボタンを押すと、画面に自動調整画面が表示されます。自動調整によって、受信ビデオ信号に合わせてモニターの設定値が自動調整されます。 fine< 微調整 >、coarse<粗調整>、およびposition<ポジション>の値が自動的に調整 されます。 自動調整機能をより厳密にするには、 AUTO PATTERN がオンの状態で 〔 AUTO〕機能を実行します。 - 自動調整が正しく機能していない場合、AUTO(オート)ボタンをもう一回押してより正確に画像を調整します。
    • p. 26/62
      - OSD(On Screen Display)メニュー をロックした後にMENU(メニュー)ボタンを押したとき メニュー 説明 ロック設定 (Locked) これは、 OSD(On Screen Display)メニュー をロックして現在の設定状態を維持 し、他のユーザーが現在の設定を変更できないようにする機能です。 Lock (ロック) : MENU(メニュー)ボタンを5秒以上押したままにして、OSD(On Screen Display)メニュー 調整ロック機能を有効にします。 Unlock (ロック解除)
    • p. 27/62
      MagicBright™ メニュー 説明 MagicBright™ MagicBrightボタンを再度押し、有効なプリセットモードを実行します。 - 6種類のモード(ユーザー調整 /テキスト/インターネット/ゲーム/スポーツ/映画 ) 明るさ メニュー 説明 明るさ OSD(On Screen Display)メニュー がスクリーンに表示されていない状態でこのボタンを押すと、明るさを調整できます。
    • p. 28/62
      ソース メニュー 説明 ソース OSD(On Screen Display)メニュー が画面に表示されていない場合は、このボタンを押してビデオ入力信号( DVI-DまたはDVI-I)を切り換えます。 映像 明るさ コントラスト 色調 MagicColor 色温度 色調 ガンマ 画質 粗調整 微調整 シャープネス H-ポジション V-ポジション OSD 言語 H-ポジション V-ポジション 透明 表示時間 設定 自動ソース検出 画像リセット カラーリセット インフォメー ション 映像
    • p. 29/62
      メニュー 説明 再生 / 停止 明るさ オンスクリーンメニューからお好みの明るさに変更できます。 ダイレクト操作 : OSD(On Screen Display)メニュー がスクリ ーンに表示されていない状態でこのボタンを押すと、明るさを調整できます。 [MENU → → → , → MENU] コントラスト オンスクリーンメニューからお好みのコントラストに変更できます。 ( フルおよびインテリジェントの MagicColorモードでは使用でき ません。 ) [MENU → → , → → , → MENU]
    • p. 30/62
      メニュー 説明 プレイ / ストップ MagicColor MagicColorはSamsung独自の新技術で、画質を落とすことなく天然色をより鮮明に表示し、デジタル画質を向上させます。 1) オフ - オリジナルモードに戻ります。 2) デモ - MagicColor適用前の画面は右のようになり、MagicColor適用後の画面は左のようになります。 3) フル - 強い色を鮮明に表示します。4) インテリジェント - 強い色だけでなく、自然な肌色もより鮮やかに表示します。 5) MagicZone
    • p. 31/62
      色温度 青色系、標準、赤色系、ユーザー調整の 4つのモードから1つを 選択し、お好みの色温度に調整します。 ( フルおよびインテリジェントの MagicColorモードでは使用でき ません。 ) [MENU → , → → , → → , → MENU] 色調 赤、緑、青の各カラーバランスをお好みの色調に調整します。 ( フルおよびインテリジェントの MagicColorモードでは使用でき ません。 ) [MENU → , → → , → → , → → , → MENU] ガンマ ガンマ補正は、色の輝度を中間的な輝度に変更します。
    • p. 32/62
      シャープネス ( フルおよびインテリジェントの MagicColorモードでは使用でき ません。 ) [MENU → , → → , → → , → MENU] H-ポジション 画像の位置を左右方向に調整します。 (アナログ入力端子モードのみで使用可 ) [MENU → , → → , → → , → MENU] V-ポジション 画像の位置を上下方向に調整します。 (アナログ入力端子モードのみで使用可 ) [MENU → , → → , → → , → MENU] OSD メニュー 説明 プレイ / ストップ
    • p. 33/62
      表示時間 します。 [MENU → , → → , → → , → MENU] 設定 メニュー 説明 プレイ / ストップ 自動ソース検出 自動ソースを選択し、モニターで信号ソースが自動的に選択されるようにします。 [MENU → , → → → , → MENU] 画像リセット 画像パラメータは工場出荷時の初期値に戻されます。 [MENU → , → → , → → , → MENU] カラーリセット カラーパラメータは工場出荷時の初期値に戻されます。 [MENU → , → → , → → , →
    • p. 34/62
      メニュー 説明 インフォメーション OSD(On Screen Display)メニュー 画面に、表示情報を表示します。 [MENU → , → MENU]
    • p. 35/62
      概要 | インストール | OSDモード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング 概要 MagicTune™ とは モニターのパフォーマンスはグラフィックカード、ホストコンピュータ、ライティングコンディションなどの各種要因によって変化します。 最高の画像を得るには、各モニターに独自の設定が必要です。 しかし、手動による設定はしばしば困難が伴います。 そこでステップ バイ ステップ方式のわかりやすいプログラムで適切な設定(tuning)を行い、ベストな画質を実現します。
    • p. 36/62
      概要 | インストール | OSDモード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング インストール 1. インストールCDをCD-ROMドライブに挿入します。 2. MagicTune™インストールファイルをクリックします。 3. インストール時の言語を選択し、“次へ”をクリックします。 4. インストールシールドウィザードのウィンドウが表示されたら、“次へ”をクリックします。 5. “使用許諾契約条件に同意します”を選択して、使用条件に同意します。 6. MagicTune™をインストールするフォルダを選択します。
    • p. 37/62
      概要 | インストール | OSD モード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング MagicTune™はユーザーに最適なモニター設定の簡単な保存および利用を可能にすることで、ディスプレイの素早く正確な調整を実現します。 { 各モニターの仕様によってOSDモードがヘルプ画面と多少異なる場合がございます。 { 回転中は、MagicTune™プログラムの部分は正常に動作しません。 { 自動回転 : モ ニターを回転すると、画面の表示が自動的に回転します。 AutoRotationを実行するには、以下の指示に従います。
    • p. 38/62
      コントラスト 画面の明るい部分と暗い部分の差を調整します。 画像のメリハリを決定します。 解像度 プログラムがサポートするすべての画面解像度を一覧表示します。 MagicBright™ MagicBright™ ヘ、ご覧になる映像の種類に応じて最適な視聴環境を提供する新機能です。 現在7つのモードが使用可能です。 テキスト、インターネット、エンターテインメント、そしてメモリー です。 各モードに明るさの値がプリセットされています。 1. テキスト:文書作成や大量のテキストを含む作業に。 2. インターネット:テキストや画像が混在する画面での作業に。
    • p. 39/62
      MagicColor きますが、問題が発生することがあります。 { Trayメニュー 色調 色合いを調整します。 色濃度 色の飽和度を調整します。 明るさ 輝度を調整します。 シャープネス 表示領域の最も明るい部分と最もくらい部分との差を調整します。 ゾーンオフ キャプチャーしたゾーンを消します。 初期化 出荷時のデフォルト設定に戻します。 z MagicTune™は、MagicZoneを実行すると非表示になり、調整が終わってMagicZoneを終了すると、再度MagicTune™が表示されます。 System
    • p. 40/62
      粗調整:縦縞などのノイズを除去します。 粗調整により画面の表示域が乱れることがあります。その場合は、水平コントロールメニューを使用して画面を中央に戻します。 z 自動設定 : 自動調整によって、受信ビデオ信号に合わせてモニター の設定値が自動調整されます。 fine、coarse、およびpositionの値が自動的に調整されます。 位置 画面の位置を縦横に調整します。 シャープネス お好み応じて文字/画像のキレ(シャープ / ぼやかす)を調整します。 オプションタブ定義 次のオプションを使用してMagicTune™を設定できます。
    • p. 41/62
      色温度 カスタマイズされたキ―を色温度に設定します サポートタブ アセットIDおよびプログラムのバージョン番号を表示します。また、ヘルプ機能を利用できます。 ヘルプ MagicTune™のインストールや実行に関してヘルプが必要な場合はMagicTune™ウェブサイトにアクセスするか、クリックしてヘルプファ イルを開きます。 ユーザーマニュアルがブラウザで開かれます。 アセット ID クライアントモニターを制御するには、サーバーを使用します。 (このプログラムをクライアントとして使用するには、サーバープログラムがインストールされていなければなりません)
    • p. 42/62
      概要 | インストール | OSDモード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング カラーキャリブレーション 1. カラーキャリブレーション “カラーキャリブレーション”によってモニターに最適なカラーコンディションを取得します。 最適なモニターカラーコンディションを得るには、次の5ステップを実行します。 1. “明るさコントロールバー”を調節して、コントロールパッチの明るさと背景パターンの明るさを一致 させます。 2. “コントロールパッチ”上で特定の色調を検出した場合は、“カラーリファレンスサークル”上の同じ
    • p. 43/62
      概要 | インストール | OSDモード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング アンインストール MagicTune™プログラムは、Windows™コントロール パネルの“プログラムの追加と削除”からのみ削除できます。 MagicTune™を削除するには次のステップを行います。 1. [スタート]>[設定]から[コントロールパネル]を選択します。 Windows™XPの場合は、[スタート]メニ ューの[コントロール パネル]を選択します。 2. コントロール パネルの“プログラムの追加と削除”をクリックします。
    • p. 44/62
      概要 | インストール | OSDモード | カラーキャリブレーション | アンインストール | トラブルシューティング トラブルシューティング 現在のコンピュータ システムは、MagicTune™との互換性がありません。 [OK]を押して[MagicTune ™サイトへのショートカット]をクリックし、ホームページで詳細について参照してください。 ビデオ/グラフィック カードが[Available]リストにない場合は、エラーが発生することがあ ります。 (最新または最も古いビデオカードは互換性がない場合があります)
    • p. 45/62
      使用前にシステムを再起動します。 MagicTune™の性能を最大に引き出すために、最適な解像度に調整します 。 最適な解像度については、ユーザーガイドを参照してください。 最適な解像度に調整して色キャリブレーションを実行しない場合には、モニターを最適な状 態に調整することができません。 最適な解像度については、マニュアルを参照してください。 このビデオカードは、MagicTune™をサポートしていません。 新しいビデオカードドライバをインストールしてください。 ビデオカードドライバが適切にインストールされていない場合には、エラーが発生します。
    • p. 46/62
    • p. 47/62
      お問い合わせの前に お客様ご相談ダイヤルもしくはお客様相談窓口へ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確認ください。 それでも解決ができない場合は、この取扱説明書に記載されている お客様相談ダイヤルにご連絡ください 。 症状 チェックリスト 解決法 画面に何も表示されない。 電源コードは正しく接続されていますか。 電源コードを確認してください。 "信号ケーブルを確認してください "というメッセージが画面に 表 示されていますか。 ( D-Subケーブルを使用して接続)
    • p. 48/62
      分間表示されてから消えます。 この 1分間の間に推奨されるモードに変更してく ださい。 (システムが再起動されると、メッセージは再度表示されます) 画面に何も表示されない。 モニタ一の電源インジケータは 1 秒間隔で点滅しているか。 モニタ一は PowerSaverモードです。 何かキーを押すかマウスを動 かすと、モニタ一が再びアクティブになり画面の 表示 が戻ります。 点滅しているにもかかわらず、画像が表示されない場合は、 ' 'ボタンを押します。次に、再度 キーボードの任意のキーを押してモニタ一をアクティブにし、画面に画像を表示させます。
    • p. 49/62
      れる。 か、ビ デオカー ドの取扱説明書を参照してください。 MagicTune™が正しく機能しない場合に確認します。 MagicTune™は、プラグアンドプレイをサポートする Windows OSを搭載したPC(VGA)でのみ機能します。 * ご利用のPCでMagicTune™が使用可能か確認するには、以下の手順に従います。 (Windows XPの場合) コントロールパネル ->パフォーマンスとメンテナ ンス ->システム->ハードウェア->デバイスマネー ジャ ->モニタ一->プラグアンドプレイモニタ一を
    • p. 50/62
      * 詳しくはビデオカードの製造元 にお問い合わせください。 Power Saving機能はどのように設 定しますか。 Windows ME/XP/2000: スクリー ンセーバまたはコンピュータの BIOSで機能設定してください。 本体や液晶パネルはどのようにし て清掃しますか。 電源コードを抜き、クリーナーまたは 水を湿らせた柔らかい布で拭いてください。 クリーナーが残ったり、傷がつかない ように注意してください。 モニタ一内部に水分が 入らないように注意してください。 セルフテス ト機能によるチェック
    • p. 51/62
      2. ラジオ、扇風機、時計、電話 などの電化製品はモニタ一から1m以上離してくだ さ い。 その他のヒント z モニタ一は、 PCから送られ る映像信号を再生します。 そのためPCやビデ オカードに 問題がある と、モニタ一にブランクスクリーン、 色の劣化、ノイズ、ビデオモードの非サポートなどの現象が発生することがあり ます。モニタ一自身の問題であるか、その他の問題であるかを確認してから、 お客 様相談窓口までご連絡ください 。 z モニタ一の動作状況を診断します。 画面に何も表示されないか、 "最適なモードではありません",
    • p. 52/62
      主な仕様 主な仕様 モデル名 SyncMaster 740BX LCD パネル サイズ 17インチ (対角) 表示域サイズ 337.92 mm (水平) x 270.336 mm (垂直) ピクセルピッチ 0.264 mm (水平) x 0.264 mm (垂直) 同期化 水平 30 ~ 81 k Hz 垂直 56 ~ 75 Hz 表示色 約 16.2万色 解像度 最適解像度 1280 x 1024@60 Hz 最大解像度 1280 x 1024@75 Hz 入力信号 , 終端 RGBアナロ グ, DVI準拠デジタルRGB
    • p. 53/62
      366 x 391.2 x 200.0 mm / 4.7 kg VESAマウンティングインターフェイス 75 mm x 75 mm (専用マウント器具用) 環境条件 動作 温度 : 50°F ~ 104°F(10°C ~ 40°C) 湿度 : 10% ~ 80%, 非凝縮 保存 温度 : -4°F ~113°F (-20°C ~ 45°C) 湿度 : 5% ~ 95%, 非凝縮 プラグ &プレイ機能 このモニターは、プラグ &プレイ機能と互換性のあるシステムにインストールすることができます。モニターと
    • p. 54/62
      プリセットタイミングモード コンピュータから送られた信号が次のプリセットタイミングモードと一致したとき、画面が自動調整されます。 信号が異なる場合は、電源 LEDがオンでもブランクスクリーンになることがあります。 ビデオカードの取扱説 明書を参照して、次のように画面を調整してください。 Table 1. プリセットタイミングモード ディスプレイモード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセルクロック (MHz) 同期極性 (H/V) IBM, 640 x 350 31.469 70.086
    • p. 55/62
      主な仕様 主な仕様 モデル名 SyncMaster 940BX LCD パネル サイズ 19インチ (対角) 表示域サイズ 376.32 mm (水平) x 301.056 mm (垂直) ピクセルピッチ 0.294 mm (水平) x 0.294 mm (垂直) 同期化 水平 30 ~ 81 k Hz 垂直 56 ~ 75 Hz 表示色 約 16.2万色 解像度 最適解像度 1280 x 1024@60 Hz 最大解像度 1280 x 1024@75 Hz 入力信号 , 終端 RGBアナロ グ, DVI準拠デジタルRGB
    • p. 56/62
      403.2 x 406.4 x 200.0 mm / 5.35 kg VESAマウンティングインターフェイス 75 mm x 75 mm (専用マウント器具用) 環境条件 動作 温度 : 50°F ~ 104°F(10°C ~ 40°C) 湿度 : 10% ~ 80%, 非凝縮 保存 温度 : -4°F ~113°F (-20°C ~ 45°C) 湿度 : 5% ~ 95%, 非凝縮 プラグ &プレイ機能 このモニターは、プラグ &プレイ機能と互換性のあるシステムにインストールすることができます。モニターと
    • p. 57/62
      プリセットタイミングモード コンピュータから送られた信号が次のプリセットタイミングモードと一致したとき、画面が自動調整されます。 信号が異なる場合は、電源 LEDがオンでもブランクスクリーンになることがあります。 ビデオカードの取扱説 明書を参照して、次のように画面を調整してください。 Table 1. プリセットタイミングモード ディスプレイモード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセルクロック (MHz) 同期極性 (H/V) IBM, 640 x 350 31.469 70.086
    • p. 58/62
      お客様相談窓口 お客様相談ダイヤル 東雲サービスセンター 受付時間 平日(土日祭日を除く) 9:00~17:00 ※ ホームページ http://www.samsung.com/jp/ 〒 135-0062 東京都江東区東雲 2-6-38 Fax 03-3527-5533 ※ 予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。 用語集 同期信号 同期信号とは、モニターに色を表示するために必要とされる基本的な信号のことです。 同期信号には垂直と水平があります。 解像度と周波数にあった標準的な画像を表示するための信号です。
    • p. 59/62
      例: 解像度が 1280 X 1024の場合、画面は1280 個の水平ドット (水平解像度) と1024個の垂直 ライン (垂直解像度 ) で構成されています。 より良い画質を得るには 1. 最高の画質を得るには、コンピュータのControl Panelから解像度とリフレッシュレートを次のように 調整してください。 TFT液晶の設定が最適でない場合、画面にむらが出ることがあります。 { 解像度: 1280 X 1024 { 垂直周波数(リフレッシュレート): 60 Hz 2. この製品には、100万分の1以上の精度を持つ先進の半導体技術で製造されたTFT液晶パネルが
    • p. 60/62
      VCCIについて この装置は、情報処理装 置等電波障害自主規制協議会 (VCCI)の基準に基 づくクラスB情報技術装置で す。 この装置は、家庭環境で使用 することを目的としていますが、この装置がラ ジオやテレビジョン受信機に近接して使用され ると、受 信障害を引き起こすことがありま す。取扱説明書に従って正しい取り扱いをして 下さい。 製品ユーザー登録 この度はサムスン製品をお買い上げいただき、誠にありがとう ございます。 ご購入いただきましたサムスン製品は下記の URLで製品ユーザー 登録が行えます。
    • p. 61/62
      製品情報(残像フリーについて) LCDモニターやLCDテレビには、長時間表示させた後に別の画面へ切り替えた時、画面に残像が残ることがあります。 ここでは、残像を防止するための LCD製品の扱い方を紹介します。 保証画像の残像によって発生する損傷は、保証の対象外です。 画面の焼き付きは保証の対象外です。 残像とは?LCDパネルの通常作動中には、画素の残像は発生しませんが、長時間同じ画面が表示されると、液晶周辺の 2電極間に電気量のわずかな差が蓄積されます。これにより、ディスプレイ の一定領域で液晶層が傾くことがあり、新しい画面に切り替わるときに以前の画面が残像として残ります。
    • p. 62/62
      モニターを残像から保護する最も良い方法は、 PCやシステムでスクリーンセーバープログラ ムを設定することです。 通常動作時に残像が発生することはほとんどありません。 通常動作とは、画面が次々に切り替わる状態をいいます。 LCDパネルが固定された画面で 長時間( 12時間以上)動作すると、画素内の液晶の電極間に電圧のわずかな差異が発生す ることがあります。 電極間の電圧差は時間とともに増加し、液晶層を傾けることがあります。 このような状況下で、画面の切り換え時に以前の画面が残像として残ることがあります。
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.